スマハマ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2015年2月16日生
調教師高橋亮(栗東)
馬主株式会社 山紫水明
生産者千代田牧場
生産地新ひだか町
戦績 5戦[3-1-0-1]
総賞金3,892万円
収得賞金1,900万円
英字表記Sumahama
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
サウンドザビーチ
血統 ][ 産駒 ]
アフリート
ナギサ
兄弟 ユニバーサルビーチヴァタルサイビーチ
前走 2018/05/13 青竜ステークス OP
次走予定 出走権あるんだからケンタッキーダービー(5月5日)に出るべきだっ

スマハマの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/13 東京 10 青竜S OP ダ1600 12562.312** 牡3 57.0 藤岡佑介高橋亮534(+6)1.36.9 0.035.8⑥⑦グリム
18/02/18 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 167133.711** 牡3 56.0 藤岡佑介高橋亮528(+4)1.38.5 -0.436.8タイキフェルヴール
18/01/14 京都 6 3歳500万下 ダ1800 7116.021** 牡3 56.0 藤岡佑介高橋亮524(-12)1.52.7 -0.337.1グレートタイム
17/12/10 阪神 2 2歳未勝利 ダ1800 167144.531** 牡2 55.0 藤岡佑介高橋亮536(+6)1.54.7 -1.037.7マグマ
17/11/11 京都 6 2歳新馬 ダ1800 13118.944** 牡2 55.0 藤岡佑介高橋亮530(--)1.56.2 1.437.9⑫⑬⑧⑦テーオーエナジー

スマハマの関連ニュース

 JRAの上半期で唯一の3歳限定ダート重賞となるユニコーンステークス(17日、GIII、ダ1600メートル)が今週の東京メイン。ダート路線の出世レースとして知られる一戦は、ここ3年、青竜Sの勝ち馬が好走している。今年の該当馬はグリム。ひと叩きされた上積みが見込める今回、陣営の期待は前走以上のものがある。重賞初Vのチャンスだ。

 タイトル奪取を目指して再び東上だ。同舞台のオープン特別・青竜Sを制したグリムが、連勝の勢いに乗って重賞に初挑戦する。

 「もう少し(活躍するのは)先かなと思っていましたが、こちらが思ったより早めに頑張ってくれていますね」

 全休日の11日朝、担当の湯浅助手が充実ぶりを伝えた。ダートに転じてからは4戦3勝。特に強調できるのが、初の1600メートルに難なく対応した前走の青竜Sだ。好位で折り合い、直線で早めに先頭に立って押し切る好内容。2着スマハマがOPヒヤシンスS勝ちの実力馬で、3着オメガパフュームも、先週の加古川特別(1000万下)で年長馬相手に勝つなど、ハイレベルな一戦だった。

 「距離は“もしかしたら長いかも”と思っていましたが、あっさり克服してくれました。短距離馬かなと思っていた馬に申し訳ないですね」と、同助手は適応能力の高さに目を細める。

 上昇度も見逃せない。約3カ月ぶりだった前走時は、思い通りに調整が進まず、予定していた端午Sから2週スライドしての出走。「まだ100%という感じではなかった」と世話役が振り返るように、万全とはいえなかった。今回は叩き2走目で上積み十分。また、過去3年の青竜Sの勝ち馬は、全て馬券に絡んでおり、舞台実績も大きな強みになる。

 「目に見えて劇的には変わりませんが、中身が違います。(100%に)近づいてきましたし、2回目で慣れも見込めます。レースが上手で勝負強いですね」

 過去5年の勝ち馬のうち、3頭がのちのGIを制している出世レース。湯浅助手の期待は大きい。ここで狙い通りタイトルを奪取し、さらなる飛躍へとつなげる。 (斉藤弘樹)

★昨年Vノヴァ、先週OP勝ち

 ユニコーンSは、2013年1着ベストウォーリア(南部杯連覇)、15年1着ノンコノユメ(ジャパンダートダービー、フェブラリーS)、16年1着ゴールドドリームフェブラリーS、チャンピオンズC、かしわ記念)と、勝ち馬がのちにGIを制覇している。昨年の勝ち馬サンライズノヴァも先週のアハルテケSをV。勝てば前途洋々だ。



ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ユニコーンS】レース展望 2018年6月11日(月) 20:03

 4月21日から行われてきた東京開催は残り2週となったが、今週は最後の平地重賞となる3歳ダートGIIIユニコーンS(1600メートル)が17日に行われる。1996年の第1回のシンコウウインディに始まり、97年タイキシャトル、98年ウイングアロー、99年ゴールドティアラ、2000年アグネスデジタル、03年ユートピア、05年カネヒキリ、13年ベストウォーリア、15年ノンコノユメ、16年ゴールドドリームと、優勝馬の約半分が後にGIを制している出世レース。世代のダートの猛者が一挙に集結するレースだけあり、この一戦を勝った馬は将来の飛躍が約束されているといっても大げさではない。

 今年の登録馬は全て牡馬で、ハイレベルな顔触れとなっている。なかでも最有力視されるのがルヴァンスレーヴ(美浦・萩原清厩舎)だ。昨夏の新潟で7馬身差Vの圧巻デビューを果たすと、今回と同じ舞台で行われたプラタナス賞も全くの馬なりでダート1600メートルの2歳JRAレコードとなる1分36秒2(不良)で大楽勝。交流GI全日本2歳優駿は出負けしたうえに両サイドから挟まれる不利がありながら、3コーナーからのひとまくりで最後は流す余裕すら見せての勝利で、2歳時は3戦全て圧勝の怪物ぶりだった。3歳初戦の前走、伏竜Sは初の右回りのため4コーナーでモタつき2着を確保するのがやっとだったが、休み明けとしては及第点の内容。走り慣れた左回りに戻る今回は不安材料は少なく、スタートさえ決めればVに最も近い存在だろう。

 そのGI馬を脅かすまで力をつけてきたのがグリム(栗東・野中賢二厩舎)だ。前走の青竜Sはマイルへの1ハロン延長がポイントだったが、安定した先行力に加え、最後は実力派のスマハマに前へ出ることを許さない勝負根性を披露してV。3着オメガパフュームも先週の加古川特別で古馬を破っており、メンバーに恵まれての勝利ではないことも裏付けられた。ユニコーンSと同舞台の青竜S組は、レースが創設された14年からの4年で6頭が馬券に絡む活躍を見せており、3連勝で重賞初制覇の可能性は十分だ。

 鳳雛(ほうすう)Sを勝ったハーベストムーン(栗東・浅見秀一厩舎)は逃げ・差し自在の立ち回りが魅力。初の左回りとワンターンのコースが鍵だが、1800メートルで3勝のスタミナは東京マイルをこなす上で武器となる。

[もっと見る]

【ユニコーンS】グリム出世街道まっしぐら! 2018年6月11日(月) 11:57

 17日の東京は3歳のダート決戦「第23回ユニコーンS」(GIII、ダ1600メートル)がメーン。交流GIジャパンダートダービー(7月11日、大井、ダ2000メートル)につながる重要な一戦だ。OP勝ち馬6頭からグリムにスポットライトを当てる。

 おとぎ話のようなトントン拍子の出世劇だ。グリムはダートに転じて4戦3勝。前走の青竜Sは早め先頭から、ヒヤシンスS勝ちのスマハマを振り切ってみせた。昇級&初距離&初遠征を克服、しかも体調が万全ではなく2週前の端午Sを見送っていた経緯も合わせて考えれば、額面以上に価値のある勝利だ。

 「前走は少し太くて距離にも不安があったけど、結果を出してくれた。輸送も含めて収穫の多い一戦だった」と、野中調教師は振り返る。母ブランシュネージュ、半兄ヴァイサーリッターとも全4勝を芝1200メートルであげた快速馬で、自身のデビューも芝6F。それだけに、マイルをこなせたのは今後に向けて大きな財産だ。

 中間の調整は順調で、6日にCWコースで6F84秒2、ラスト1F12秒2をマーク。「いい動きだったね。状態は前走よりはるかに良くなっている」と、指揮官はデキに太鼓判を押す。

 前走が青竜Sだった馬は過去、15年にノンコノユメノボバカラがワンツーを決め、昨年はハルクンノテソーロが2着とユニコーンSで好成績を残している。「今回も条件は同じだから期待できる。スムーズに運べればしぶといし、ゲートが速くてセンスもいい。また好位で競馬ができると思う」。再び後続をシャットアウトだ。(夕刊フジ)

ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

青竜S2着のスマハマ、左膝を故障 2018年5月17日(木) 05:00

 ヒヤシンスS勝ち馬で、青竜S2着のスマハマ(栗・高橋亮、牡3)が、左膝を故障したことが16日、わかった。高橋亮調教師は「きのう(15日)の午後に診てもらったところ、左膝の骨片が飛んでいました。近日中に栗東で骨片を除去する手術を行う予定で、全治6カ月くらい」と説明した。

スマハマの競走成績はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】青竜S2着スマハマはユニコーンSへ 2018年5月16日(水) 12:02

 ★青竜S2着のスマハマ(栗・高橋亮、牡)は引き続き藤岡佑騎手でユニコーンS(6月17日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。13日東京の500万下条件戦(ダ1400メートル)を勝ったエングローサー(栗・清水久、牡)も同レースに進む。

 ★4月7日阪神の500万下条件戦(ダ1400メートル)を勝ったシヴァージ(栗・野中、牡)はユニコーンSか青梅特別(6月17日、東京、1000万下、ダ1600メートル)を視野に入れる。

 ★13日京都の500万下条件戦(芝1600メートル)を快勝したサウンドキアラ(栗・安達、牝)は白百合S(27日、京都、OP、芝1800メートル)か三木特別(6月2日、阪神、1000万下、芝1800メートル)の両にらみ。

スマハマの競走成績はこちら

[もっと見る]

【青竜S】グリム、叩き合いを頭差で制し3勝目 2018年5月14日(月) 05:01

 13日の東京10R青竜S(3歳OP、ダ1600メートル)は、好位4番手から伸びた5番人気グリム(栗・野中、牡、父ゼンノロブロイ)が1番人気スマハマとの叩き合いを頭差で制し、3勝目(5戦)をマークした。タイム1分36秒9(稍重)。「1600メートルでもスムーズに競馬ができましたし、ゴール前は強い馬を差し返してくれました」と川田騎手。次走はユニコーンS(6月17日、東京、GIII、ダ1600メートル)の予定。

★13日東京10R「青竜S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

スマハマの関連コラム

関連コラムはありません。

スマハマの口コミ


口コミ一覧
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 3

◎:⑭グレートタイム
〇:④ドンフォルティス
▲:⑥グリム
△:②アルクトス
×:⑦オノリス
×:⑧プロスパラスデイズ
×:⑨エングローサー
×:⑤アドマイヤビクター


【買い目】
※オッズにより、変更する可能性アリ

馬連流し
⑭→④⑥②⑦⑧⑨⑤
④→⑭⑥②⑦⑧⑨⑤

◎は⑭グレートタイムにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価1位
ユニコーンSで2着、交流重賞のジャパンダートダービーで3着。
このメンバーでも実績は最上位。
レース間隔が詰まっているのと外枠が気になるところですが、
レース間隔が詰まっている点は、調教評価も高いことから状態は悪くないと思います。
外枠からの発送もルメール騎手の手腕で何とかしてくれると思います。
前走から距離短縮もプラスだと思います。

○は④ドンフォルティスにしました。
指数1位。
前走のジャパンダートダービーはよもやの6着。
最後で伸びを欠いたのはやはり距離の壁と考えれば巻き返しは可能。
先行力を生かすには、良い枠を引いたと思います。
距離が千八のあるのはプラス。
石橋騎手に乗り替わるのも良いと思います。
この馬と手が合っていると思います。
ルヴァンスレーヴに勝っている馬なので、力はあると思います。

▲は⑥グリムにしました。
指数3位。某スポーツ紙調教評価3位
ユニコーンSは9着と大崩れしましたが
青竜Sでは強い内容でスマハマに勝ったほどの馬。
素質は高いと思います。
距離が1ハロン伸びますが、新潟コースなら問題ないと思います。
ある程度、前で競馬ができるか。

△以下では、⑧プロスパラスデイズに注目しています。
前走の古馬混合の1000万下の濃尾特別を勝ちました。
古馬相手の1000万下を勝つことは力がないとできないので
それなりの力はあると思います。
調教評価からも状態は悪くないと思います。
左回りの千八を経験したことも大きいですね。
右回りより左回りのが走りやすいのかもしれませんね。
そのレースぶりに注目したいですね。
 

 ちびざる 2018年6月17日() 13:40
【GⅢ】ユニコーンステークスの予想
閲覧 125ビュー コメント 0 ナイス 1

◎:⑭ルヴァンスレーヴ
〇:⑦グリム
▲:⑤グレートタイム
△:⑧ハーベストムーン
△:⑬リョーノテソーロ
×:⑩バイラ



【買い目】
※オッズにより、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑭⑦→⑤⑧⑬⑩



◎は⑭⑭ルヴァンスレーヴにしました。
指数1位。
個人的には、3歳のダートならこの馬が一番強いと思っています。
前走の負けは不可解な負けでしたが、体重が増えたとはいえ、こんな負け方をする馬ではないので、
それを理由にはしたくはないですね。敢えていうなら右回りでしょうか。
走りがちぐはぐだったように見えました。
ただ今回は左まわりのマイル戦なら、違う走りを見せてくれるはず。
鞍上もミルコ・デムーロ騎手に戻るのも良いと思います。


○は⑦グリムにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価2位。
前走の青龍Sの勝ち方は良かったですね。
スマハマに競り勝ったことはさらに価値が高いと思います。
調教の評価も高いですし、状態は維持できていて力は発揮できると思います。


▲は⑤グレートタイムにしました。
 指数3位。某スポーツ紙調教評価3位。
抽選対象から抽選を突破しての参戦で運は持っています。
鞍上にルメール騎手が確保できたことも運があります。(笑)
前走から距離を縮めての臨戦過程は良いにしても
前々走のヒヤシンスステークスが4着という結果が気になりますね。
左回りがどうかというのとマイル戦のペースがどうかの2点は気になりますね。
能力はあると思うので、その辺に期待ですね。

△以下では、⑬リョーノテソーロに注目しています。
近走は芝のオープンや重賞(GⅠ)に出走していました。
重賞ではスピード不足という感じはありました。
そういう意味では、久々のダートでどんなレースを見せるか楽しみですね。
ただ、状態は良いと思います。
某スポーツ紙調教評価1位ですし、この馬の力を出せる状態だと思います。

[もっと見る]

 激闘競馬野郎【穴馬探 2018年6月16日() 12:34
ユニコーンS 注目馬
閲覧 185ビュー コメント 1 ナイス 4

久しぶりに中央のレースを予想してみます。ユニコーンSは基本は波乱を警戒しなければ行けないレースです。
と言うのも新興勢力と既存勢力のぶつかり合いとなる場所がここ。
既存勢力は芝に挑戦したり、交流重賞に向かったりなど力の比較が難しいために波乱となる傾向があります。

所が今年はルヴァンスレーヴと言う強い馬が出走しています。
この馬の粗探しをするとすれば、伏竜Sの実力を疑うぐらいでしょうか。
4着、三馬身半差のワカミヤオウジは八王子特別で7着。3歳馬も多数出走していたレースなので、その点が少し不安材料です。

ハーベストムーン、グレートタイム辺りもコマビショウと比較するとルヴァンスレーヴと互角の評価が出来るのではないかと思います。


☆注目馬

・グリム

ここで気になるのがグレートタイムがヒヤシンスSで負けたスマハマと言う存在です。
スマハマは、今回出てくるグリムと言う馬に青竜Sで負けています。この時3着だったオメガパヒュームは加古川特別で快勝。前崩れ気味だったとはいえ、古馬相手に勝ったという事を考えるとグリムも同じぐらいの実力があっても驚けません。

むしろ、この馬が混戦の人気になるなら、この馬からの流す馬連ワイドで勝負を仕掛けてみたい所です。

以上です。
ご拝読ありがとうございました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

スマハマの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:1人 2018年6月11日(月) 11:50:36
青龍Sを取りこぼしてもユニコーンSで巻き返すだろうと思っていただけにとにかく残念。
裏を返せばこれで今年のユニコーンSは混戦必至となるのでレース自体は面白味は高まるだろうが、それでも馬に関しては本当に残念でならない。
1:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:32人 2018年5月24日(木) 19:09:49
出走権あるんだから優勝は無理と分かっていても栄光のケンタッキーダービーに出るのが勝負師。
確勝を期した青竜Sでアタマ差届かずの2着に負けたのは弱気さが原因では…

しかも全治6か月のケガまで…

スマハマの写真

投稿写真はありません。

スマハマの厩舎情報 VIP

2018年5月13日青竜ステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

スマハマの取材メモ VIP

2018年5月13日 青竜ステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。