トッカータ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トッカータ
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2015年3月31日生
調教師和田雄二(美浦)
馬主門野 重雄
生産者フジワラフアーム
生産地新ひだか町
戦績23戦[2-1-1-19]
総賞金1,810万円
収得賞金900万円
英字表記Toccata
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ペルセクション
血統 ][ 産駒 ]
Invasor
Star Mullein
兄弟 クロキシネローネ
前走 2020/10/17 飛翼特別
次走予定

トッカータの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/17 新潟 11 飛翼特別 2勝クラス 芝1000 1848156.71618** 牡5 57.0 柴山雄一和田雄二478(+4)0.57.5 2.034.0--ファストアズエバー
20/09/12 中山 12 3歳以上2勝クラス ダ1200 1636106.21613** 牡5 57.0 野中悠太和田雄二474(-12)1.12.1 1.437.2⑯⑭サンライズカラマ
20/04/12 中山 12 4歳以上2勝クラス ダ1200 163559.31311** 牡5 57.0 野中悠太和田雄二486(+2)1.12.1 0.936.0⑯⑮アポロビビ
20/04/04 中山 12 4歳以上2勝クラス ダ1200 16611159.4143** 牡5 54▲ 秋山稔樹和田雄二484(-2)1.11.5 0.435.1⑮⑭トウカイパシオン
20/03/15 中山 12 4歳以上2勝クラス ダ1200 164733.6108** 牡5 57.0 武藤雅和田雄二486(-2)1.11.2 0.736.1⑬⑬ローレルジャック
20/01/19 中山 8 4歳以上2勝クラス ダ1200 1581594.81210** 牡5 57.0 武藤雅和田雄二488(-8)1.12.6 1.136.6⑮⑪ハルサカエ
19/12/15 中山 9 舞浜特別 2勝クラス ダ1200 163538.8912** 牡4 57.0 武藤雅和田雄二496(+8)1.12.1 1.536.8⑯⑬オリオンパッチ
19/09/16 中山 10 Mエルコンド 2勝クラス ダ1200 1661156.3119** 牡4 57.0 武藤雅和田雄二488(+4)1.10.5 0.535.0⑮⑮アカネサス
19/06/01 阪神 9 洲本特別 2勝クラス ダ1200 163635.2119** 牡4 57.0 森裕太朗和田雄二484(0)1.12.7 1.236.4⑭⑪クリノケンリュウ
19/03/24 中山 12 4歳以上1000万下 ダ1200 165962.1146** 牡4 56☆ 武藤雅和田雄二484(+6)1.11.9 0.435.5⑯⑯シアーライン
19/02/24 中山 12 4歳以上1000万下 ダ1200 1671335.0911** 牡4 57.0 柴田大知和田雄二478(-2)1.12.1 0.936.7⑩⑩ノーフィアー
19/01/20 中山 8 4歳以上1000万下 ダ1200 164748.699** 牡4 55☆ 武藤雅和田雄二480(0)1.11.9 0.936.9⑪⑫エニグマ
19/01/13 中山 5 4歳以上500万下 ダ1200 16510111.3121** 牡4 55☆ 武藤雅和田雄二480(+4)1.12.0 -0.036.6⑭⑬ルーチェソラーレ
18/11/03 東京 7 3歳以上500万下 ダ1600 16612215.11414** 牡3 56.0 柴田大知和田雄二476(-2)1.40.1 2.938.9⑩⑩トーホウフライト
18/10/21 東京 7 3歳以上500万下 ダ1400 14711132.71410** 牡3 54☆ 武藤雅和田雄二478(+16)1.25.9 0.936.4⑫⑩クーリュ
18/04/07 中山 7 3歳500万下 ダ1200 1671427.0811** 牡3 56.0 柴田大知和田雄二462(0)1.14.7 1.738.8リードザウインド
18/03/10 中京 10 Fウォーク賞 500万下 芝1600 83358.867** 牡3 56.0 丸山元気和田雄二462(-6)1.37.0 1.436.0⑥⑥⑥ミュージアムヒル
18/02/11 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 1268562.31211** 牡3 56.0 丸田恭介和田雄二468(-2)1.48.7 1.334.9オウケンムーン
18/01/21 中山 9 若竹賞 500万下 芝1800 95527.457** 牡3 56.0 柴田大知和田雄二470(+8)1.51.4 1.336.2レノヴァール
17/09/09 中山 9 アスター賞 500万下 芝1600 82220.256** 牡2 54.0 丸田恭介和田雄二462(-2)1.35.9 0.834.2④⑤④ノームコア

⇒もっと見る


トッカータの関連ニュース

 ◆ミナリク騎手(エイムアンドエンド3着) 「いいリズムで走れた。直線は手応えがよく、ワクワクしたほど。最後まで諦めないで走ってくれたね」

 ◆田辺騎手(ゴーフォザサミット4着) 「ゲートを出て寄られて、行き脚がつかなかったが、ゴーサインを出してからの反応はよかった」

 ◆内田騎手(カフジバンガード5着) 「長くいい脚を使ったが、最後は力でねじ伏せられた感じ」

 ◆松永幹調教師(ブラゾンダムール6着) 「上手に流れに乗れていたが、直線は左にもたれて追いづらそうだった」

 ◆柴田大騎手(コスモイグナーツ8着) 「ハミを替えて、道中も我慢できていた。内容は悪くない」

 ◆浜中騎手(アメリカンワールド9着) 「初めての左回りで、コーナーを逆手前で走ったり、直線でもたれたりしていた」

 ◆中谷騎手(ステイフーリッシュ10着) 「反応がなかった。体も(12キロ)減っていたし、目に見えない疲れがあるのかも…」

 ◆丸田騎手(トッカータ11着) 「メンバーは強かったが、今までの中で一番上手に走れていた」

 ◆吉原寛騎手(リュウノユキナ12着) 「初めての左回りに戸惑っていた」

★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

【共同通信杯】グレイルが1番人気/13:00時点 2018年2月11日() 13:07

 東京の日曜メインレースには、3歳重賞・共同通信杯(2月11日、GIII、芝1800メートル)が組まれている。



 近年はゴールドシップイスラボニータリアルスティールディーマジェスティといった勝ち馬がのちにGIを制しており、過去にさかのぼればクラシック三冠馬となったナリタブライアンもここをステップに飛躍を遂げているように、屈指の出世レース。



 3歳クラシック戦線、さらにその後のGI戦線まで見据える意味でも注目の一戦だ。単勝1番人気はデビュー2連勝で京都2歳Sを制している出走メンバー唯一の重賞ウイナー・グレイルで2.0倍、GIホープフルSで3着に善戦しているステイフーリッシュが5.3倍で続き、3番人気はR.ムーア騎手騎乗のサトノソルタスで5.9倍となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 サトノソルタス    5.92- 2 カフジバンガード  26.63- 3 アメリカンワールド  8.34- 4 エイムアンドエンド 96.75- 5 コスモイグナーツ  71.85- 6 オウケンムーン   14.46- 7 ブラゾンダムール  54.06- 8 トッカータ    303.67- 9 ステイフーリッシュ  5.37-10 ゴーフォザサミット  7.78-11 リュウノユキナ  155.88-12 グレイル       2.0



共同通信杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】グレイルが単勝1.6倍で1番人気 2018年2月10日() 17:59

 2月2週目の中央競馬は今年2度目の3日間開催。日曜は東京競馬場で3歳馬によるGIII共同通信杯(11日、芝1800メートル)が行われる。クラシックとの関連が強いレースで、過去10年の勝ち馬では2012年ゴールドシップ皐月賞菊花賞、14年イスラボニータ、16年ディーマジェスティ皐月賞を制し、2着馬も12年ディープブリランテがダービー、15年ドゥラメンテ皐月賞、ダービーを勝っている。昨年Vのスワーヴリチャードもダービーで2着に好走しており、今年も目が離せない。



 前日最終オッズは以下のとおり。デビュー2連勝で京都2歳Sを制している出走メンバー唯一の重賞ウイナー・グレイルが単勝1.6倍で1番人気、キャリア1戦で挑んだホープフルSで3着に善戦しているステイフーリッシュが単勝4.9倍で2番人気、新馬Vに続きこのレースが2戦目となるサトノソルタスが単勝6.8倍で3番人気、未勝利→500万下と連勝中のゴーフォザサミットが単勝7.3倍で4番人気、同じく連勝中のオウケンムーンが単勝7.3倍で5番人気となっている。



 共同通信杯は2月11日、東京競馬場(11R)で、午後3時45分にスタートが切られる。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 サトノソルタス    6.82- 2 カフジバンガード  43.73- 3 アメリカンワールド 19.94- 4 エイムアンドエンド106.35- 5 コスモイグナーツ  98.15- 6 オウケンムーン   16.36- 7 ブラゾンダムール  59.76- 8 トッカータ    354.27- 9 ステイフーリッシュ  4.97-10 ゴーフォザサミット  7.38-11 リュウノユキナ  193.08-12 グレイル       1.6



共同通信杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】厩舎の話2018年2月9日(金) 05:09

 ◆アメリカンワールド・浜中騎手 「一戦ごとに力がついてきて、しっかりしてきた印象」

 ◆エイムアンドエンド・佐々木助手 「ゆったり運べる東京に替わるのはいいが、まだキャリアが浅いので…」

 ◆オウケンムーン・国枝師 「もともとけいこは動かないタイプ。まずまずの動きだね」

 ◆カフジバンガード・金折助手 「左回りは結果を出している。ゲートをちゃんと出れば」

 ◆グレイル・野中師 「目いっぱいではないけど、いい調教ができた」

 ◆コスモイグナーツ・高橋祥師 「追い切りはいい動き。乗り方は枠や馬場次第で考えたい」

 ◆ゴーフォザサミット・田辺騎手 「休み明けでも息遣いはいい。調教では乗りやすい」

 ◆ステイフーリッシュ・中谷騎手 「体はできあがっているから、単走でサラッと。時計的にも十分だね」

 ◆トッカータ・和田雄師 「休み明けを使って上積みを感じる。1800メートルの適性もある」

 ◆ブラゾンダムール・松永幹師 「前回はテンションが高かったけど、今回はずっと落ち着いていて状態はいい」

 ◆リュウノユキナ・斉藤敏師 「タイムはそれほど出ていないが、ほぼ予定通りの調教だった」

共同通信杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】特別登録馬2018年2月4日() 17:30

[もっと見る]

【新潟2歳S】レースを終えて…関係者談話2017年8月28日(月) 05:05

 ◆北村宏騎手(テンクウ3着) 「前めでスムーズな競馬をさせて、後ろを待たずに追い出した。手先が軽くて反応もいい」

 ◆木幡巧騎手(エングローサー4着) 「思った通りに乗れて、しまいもいい脚を使った」

 ◆高倉騎手(キボウノダイチ5着) 「だいぶ舞い上がっていた。きょうは能力を出せたが、今後はイレ込みが鍵」

 ◆柴田善騎手(オーデットエール6着) 「窮屈になって、みんなと同じようについて行けなかった」

 ◆吉田隼騎手(プレトリア7着) 「返し馬からわれを忘れている感じ。このあたりが解消しないと…」

 ◆石橋騎手(マイネルサイルーン8着) 「ゲートを上手に出て、いい位置をキープ。最後は同じ脚いろになった」

 ◆中谷騎手(シンデレラメイク9着) 「最後は伸びそうで伸びなかったが、経験を積めば…」

 ◆柴田大騎手(フィルハーモニー10着) 「うまく立ち回れたが、ヨーイドンで切れ負けした感じ」

 ◆丸田騎手(トッカータ11着) 「落ち着いて走れていたが、3コーナーからいきなり引っ掛かった」

 ◆大野騎手(ムスコローソ12着) 「内枠でスローペース。位置取りが悪くなってタイトな競馬。道中も気負ったぶん、最後までもたなかった」

 ◆田中勝騎手(ダンツセイケイ13着) 「いい感じで走れていたが、思ったほど伸び切れなかった」

 ◆吉田豊騎手(ラインギャラント14着) 「掛からずに競馬はできたが、この距離は少し長いかな」

 ◆柴山騎手(グランデウィーク15着) 「ペースが遅くて力んでいた」



★27日新潟11R「新潟2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トッカータの関連コラム

閲覧 1,003ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は”中山マイスター”と称して田辺騎手を絶賛したのだが、その週末に1勝止まり。しかもメインのAJCC・ジェネラーレウーノも微妙な騎乗となってしまい、少々当コラムとしてもバツが悪い。

さて、早いもので今年もひと開催が終わった。まだまだ1年は長いが、我々ファンと同様に騎手たちも好調不調といった勢力図が僅かながら見えて来たのではないか。

そこで今回は、「2019年、好調なスタートを切った騎手」としてひと開催目を振り返ってみたい。


~目下の全国リーディングは岩田!

というわけで、現在のリーディングを眺めてみると、トップに立っているのはなんと11勝を挙げている岩田康誠騎手である。

岩田騎手ほどの名手を相手に「なんと」というのも少々失礼かもしれないが、3年前は重賞未勝利、昨年もレインボーラインでの2勝のみと、近年はかつてほどの輝きを放てていない。そんな現状を踏まえれば、意外性のある名前だろう。もちろん開幕週の3日間開催におけるデムルメ2人の不在などイレギュラーな条件下ではあるが、それを加味しても好調ぶりが光っている。

岩田騎手といえば荒々しくインを突くイメージからか、”積極性のあるジョッキー”と勘違いされやすいのだが、実はどちらかといえば溜める競馬が目立つ。今年も、淀短距離Sではナインテイルズに騎乗し鮮やかに追い込み勝ちを決めるなど、特に上級条件では溜める競馬で末脚を生かすことが多い。いわゆる”バキューン!”のイメージだ。

現在の京都の時計が掛かる芝、そしてタフなダートが合っている印象もあり、同様の馬場状態が続くようならば今後も注意が必要だろう。何より、今年の3月には息子である岩田望来騎手がデビューを迎えるという大きなイベントが控えている。父親としてカッコ悪いところは見せられないというモチベーションもあることは容易に想像できるので、2019年は久々に元気な岩田康誠が見られるかもしれない。


~飛躍の年となりそうな北村友、関東で注目なのは…?

関西を見てもうひとり目を引くのが、北村友一騎手である。昨年はキャリアハイとなる成績を残したが、年が明けても好調ぶりは持続している。現状の騎乗ぶりを見ていると、好調…というよりは関西のトップジョッキーとして確固たる地位を築き上げそうな気がしている。

印象に残っているのはレノヴァールで制した1/14(月)の京都12R。2.8倍の2番人気馬を持ってきただけなのだが、ジリ脚タイプで差し届かずも多かったこの馬を好位に促し、逃げた人気のテリトーリアルをキッチリ捉えたレースぶりは見所があった。

騎手が一流の階段を上って行けるかどうかの分かれ道は、期待された人気馬をキッチリ勝たせられるかどうか…という部分も大きい。その点で北村友騎手は信頼できる存在になって来ている。シンザン記念ではヴァルディゼールで迷わずインに突っ込むなど思い切りの良い騎乗も健在で、今年はケガさえなければ100勝も見えて来そうな気配だ。多少リスクを取った騎乗をするので、とにかく大きなケガのないことだけを祈りたい。ノーザンF中心に乗り馬にも恵まれており、無事に1年間乗り続けることができれば、おのずと結果はついてくるだろう。

また、北村友一騎手と同じ中堅騎手で注目したいのが、関東の石橋脩騎手だ。故障での休養からようやく復帰したが、先週はシャケトラでAJCCを制するなど、復帰早々に活躍を見せてくれている。

北村友騎手同様にノーザンFを中心に乗り馬にも恵まれているし、そのチャンスを生かすだけの騎乗ができている。とにかく積極的に流れに乗って、最後までビッシリ追って来てくれるので、ファンとしても納得できるジョッキーの一人だろう。

また、ベテランの味を存分に発揮しているのが横山典騎手。年明けから元祖・中山マイスターとしての存在感を十分に示している。特に鮮やかな追い込みでの勝利が目につくのは同騎手らしい特徴だ。モアニケアラで制した初春Sなどは、世界中でも横山典騎手以外勝たせることはできなかったんじゃないかと思えるほど、プロの技を見せてくれた。

ちなみに今年挙げている5勝はすべて継続騎乗によるもの。馬との信頼関係を築き上げた上での一発を狙うのがセオリーだろう。


~好調の武藤雅他、注目の若手騎手

さて、若手にも少し目を向けてみたい。

まず、リーディングを見ても好調ぶりが目につくのが、武藤雅騎手だ。まだ3年目ながら、今年は既に6勝を挙げる活躍を見せている。いずれもダートの下級条件が中心だが、減量を生かした積極策だけでなく、トッカータでは鮮やかな追い込みを決めた。若手騎手ながら東京での活躍も目立つタイプなので、開催替わりでも注目したい。

関西の若手の中では、荻野極騎手にも注目したい。昨年はやや停滞の一年となったが、もともと腕のあるジョッキーで乗り馬の質も高め。昨年の後半あたりから復調気配を見せており、今年はもうワンランク上での活躍に期待できそうだ。

また、穴っぽいジョッキーでは森裕太朗騎手、また3年目を迎える川又賢治騎手にも注目したい。

もちろん、ビッグレースになればデムーロ&ルメール他外国人騎手を中心に回ることは変わらないだろう。だが、馬券ということでいえば、まだあまり知られていない若手騎手の買いどころを掴んでおくことは大きなアドバンテージになる。

”上手い騎手よりわかる騎手”

というのが、騎手で馬券を獲る上での基本的な考え方である。マイジョッキーを見つけて、上手く馬券に生かしていきたい。


根岸ステークスの注目馬

さて、今週末はフェブラリーSへ向けても注目の根岸Sが行われる。

上位人気を形成しそうなコパノキッキングだが、果たしてマーフィー騎手との相性はどうだろうか? 先週はメートルダールを持って来るなど、中山では再三好騎乗を見せていた同騎手だが、やや当たりのキツイところがある。距離延長となるコパノキッキングとのコンビは、イメージ的にはあまり合っていないと思うがどうだろうか。

現時点で注目は、四位騎手が騎乗するクインズサターン。意外にも1400mは初となるが、末脚が生きるこのコースは合いそうだ。四位騎手とのコンビでは過去3度騎乗し、すべて重賞で3着以内と手が合っている印象だ。我が道を行くベテラン騎手の腕にも期待したい。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

トッカータの口コミ


口コミ一覧
閲覧 184ビュー コメント 32 ナイス 134

**************************
2019中央競馬開幕!飾る中山第1回。

開催リーディング最終!↓↓↓

https://umanity.jp/circle/photo_detail.php?id=7261b57658&photoid=11

----------

2開催目の参戦となった【マーフイ】
前開催も8勝で3位につけてましたが。。。今回堂々のトップ!

先週も4勝をあげて逃げ切りました!
60以上乗って3着内率4割越えは、全国ただ一人。

最終週に4勝積み上げた2位【三浦さん】
1週目の4勝とで8勝。2週目がからっきしでした。波⁉︎
あとは、重賞ですね。ヾ(ーー )

騎乗数がマーフィ騎手の約半分で7勝の【クリストフ】3位
まーここからあげあげですね。
この間全て4番人気以内。
3着内率5割越えでも見積もってもこんなところでしょうか?

4位【武藤さん】馬の質が極端ですが、人気馬なら掲示板は堅そうです。
トッカータの単勝万馬券でも穴貢献とかもあるので、常に競馬love。ヾ(ーー )

5位【ミナリク】意外とやってます。ヾ(ーー )
ほぼほぼダート戦ですが、若竹賞の「ヒシイグアス」は、無難に◎

----------

姫は、おいおい載せる事となるでしょう。(´`〃)ゞ

***********

【シルクロードS】の過去5!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=d42ee35eb5&owner_id=4a85df85ef

****************************

 tntn 2019年1月14日(月) 00:25
一転、差し馬天国! 
閲覧 187ビュー コメント 33 ナイス 173

**********************************
Are You Ready?--)!yeah
ハイハイハイハイペ~ス♪ヾ(ーー )

今週も猪突猛進、逃馬驀進!とか言ってましたら。。。
日曜日は一転、『差し馬天国』

2019/1/13
--------------------
※逃げ馬~
中山【2勝3着1回】。。。2勝と言っても障害のメドウラークの1つ含み。ヾ(ーー )
京都【2勝2着3回】

※結果~
中山【先行2勝/差し馬8勝】
京都【先行8勝/差し追い込み2勝】

------------------
これでもかって言うほどハイペースだらけ。。。
中山も京都も。。。なんで?(・・?

なかでも【中山6R】4歳以上500万円以下 (ダ1200)

1番人気マローメダリコ(クリストフ)
2番人気ダノンチャンス(マーフィ)

最初から、その2頭を含む3頭がやりあい。
3コーナーで2頭が突出!

直線向いて、2頭のマッチレースかと思いきや。
マローメダリコが置いてかれ、そこへ後続馬殺到。。。
ほぼ最後方に居た12番人気『トッカータ(武藤)』が追い込み、勝利!

2頭がやり合って、力強いレースを見せれば、そうなんだろう!
と思いますが。。。これでは?

--------------------

まーこれもJRAのシナリオかっ!ヾ(ーー )

最終日はどうする?JRA。


***********

新成人の3人J。今年もビックリシタナもう?

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=a4a1ac350c&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

 モズ@ 2018年2月9日(金) 15:15
共同通信杯追い切り
閲覧 287ビュー コメント 0 ナイス 5



1枠1番サトノソルタス

直線半ばからの映像で
反応の良さなどは何も分からず。

伸び脚が少し物足りない気はするが、
フォーム自体は悪くなさそう。



2枠2番カフジバンガード

軽めながらも走りはしっかり。
前走と同様の状態か。



3枠3番アメリカンワールド

鋭く伸びるイメージが湧かない走法。
良い動きだと思うけど東京1800がどうか。



4枠4番エイムアンドエンド

体はしっかり伸ばせているが、
全体的にモタつき気味。



5枠5番コスモイグナーツ

軽快な走りで状態自体は良さそう。
あとは単純に能力が足りるかどうか。



5枠6番オウケンムーン

レースでは加速の良さを見せていたが、
追い切りでは良い所が何も見られず。



6枠7番ブラゾンダムール

前傾姿勢でいかにも一瞬の脚なイメージ。
悪くはないけど展開には大きく左右されるか。



6枠8番トッカータ

このメンツに入ると
迫力不足が顕著に出てしまう。



7枠9番ステイフーリッシュ

脚取りはしっかり。
上ずった走りで推進力に欠けるのが残念。



7枠10番ゴーフォザサミット

直線でスッと相手に並んだが、
終いの脚がもう一つ物足りず。

馬体は良いけど伸びが浅い印象。



8枠11番リュウノユキナ

追い切り映像なし。



8枠12番グレイル

首使いは硬く映るが、
大きく走れているし力強さは十分。






現時点での迫力はグレイルが一歩リード。

サトノソルタスは
不良馬場の新馬戦が参考になりにくいので
追い切りで動きを確かめたかったが、結構残念な映像。
ただ、今回のメンバーの中では良い部類にも映る。

ステイフーリッシュは
無理にケチを付ける必要はない動きだけど、
走法的にはそこまで見栄えがしないし、
前走も展開利が結構あったので今の所は3~4番手評価。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トッカータの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トッカータの写真

トッカータ

トッカータの厩舎情報 VIP

2020年10月17日飛翼特別18着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トッカータの取材メモ VIP

2020年4月4日 4歳以上2勝クラス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。