ポポカテペトル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ポポカテペトル
ポポカテペトル
ポポカテペトル
ポポカテペトル
写真一覧
現役 牡6 芦毛 2014年2月22日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績20戦[5-1-1-13]
総賞金13,074万円
収得賞金2,100万円
英字表記Popocatepetl
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミスパスカリ
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
ブルーアヴェニュー
兄弟 マウントロブソンミヤマザクラ
前走 2020/05/31 目黒記念 G2
次走予定

ポポカテペトルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1823114.91612** 牡6 55.0 北村友一友道康夫486(0)2.30.6 1.036.1⑪⑩⑩⑧キングオブコージ
20/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 162333.1811** 牡6 55.0 北村宏司友道康夫486(+4)3.34.2 3.040.7⑧⑦⑥ミライヘノツバサ
19/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 135645.9116** 牡5 55.0 北村宏司友道康夫482(-4)2.31.9 0.434.0⑤⑤⑦⑦ムイトオブリガード
19/07/14 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165910.2510** 牡5 55.0 岩田康誠友道康夫486(-6)2.01.0 1.435.6⑧⑧⑩⑩マイスタイル
19/05/26 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1371116.0712** 牡5 55.0 M.デムー友道康夫492(+4)2.33.4 5.240.3ルックトゥワイス
18/08/18 新潟 11 日本海S 1600万下 芝2200 7442.011** 牡4 57.0 M.デムー友道康夫488(+6)2.14.0 -0.134.1⑥④ケイティクレバー
18/05/27 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1681610.764** 牡4 55.0 川田将雅友道康夫482(-2)2.29.9 0.234.5ウインテンダネス
18/04/28 京都 10 烏丸S 1600万下 芝2400 12682.611** 牡4 57.0 川田将雅友道康夫484(+6)2.25.6 -0.234.6⑧⑦アドマイヤエイカン
18/02/24 阪神 9 尼崎S 1600万下 芝2200 7554.532** 牡4 56.0 岩田康誠友道康夫478(+4)2.14.2 0.233.6ベストアプローチ
18/01/28 東京 10 早春S 1600万下 芝2400 11223.725** 牡4 56.0 岩田康誠友道康夫474(+8)2.27.3 0.334.9チェスナットコート
17/12/23 中山 11 グレイトフル 1600万下 芝2500 166126.5314** 牡3 55.0 内田博幸友道康夫466(-12)2.35.3 1.236.2④④④⑤パフォーマプロミス
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1871444.2133** 牡3 57.0 和田竜二友道康夫478(-4)3.19.2 0.340.1⑨⑦⑦キセキ
17/08/20 新潟 10 阿賀野川特別 1000万下 芝2200 128123.721** 牡3 54.0 岩田康誠友道康夫482(+4)2.11.7 -0.234.8カレンラストショー
17/07/16 中京 10 シンガポール 1000万下 芝2000 15226.946** 牡3 54.0 和田竜二友道康夫478(-2)1.59.9 0.334.2⑭⑭⑧⑧キンショーユキヒメ
17/07/02 中京 9 木曽川特別 1000万下 芝2200 18476.735** 牡3 54.0 和田竜二友道康夫480(+6)2.13.3 0.235.1④④④④マウントゴールド
17/04/29 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 12449.134** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫474(-8)2.24.2 0.635.2⑥④アドミラブル
17/03/11 阪神 9 ゆきやなぎ賞 500万下 芝2400 8228.131** 牡3 56.0 和田竜二友道康夫482(+6)2.28.4 -0.334.4エーティーラッセン
17/01/15 中山 11 京成杯 G3 芝2000 15347.8410** 牡3 56.0 戸崎圭太友道康夫476(-2)2.03.3 0.836.8④④④コマノインパルス
16/12/25 阪神 6 2歳500万下 芝2000 8114.935** 牡2 55.0 A.シュタ友道康夫478(-6)2.05.2 0.235.5④④ダノンディスタンス
16/11/20 京都 5 2歳新馬 芝2000 10113.321** 牡2 55.0 R.ムーア友道康夫484(--)2.03.6 -0.034.8シャドウマリア

ポポカテペトルの関連ニュース

【目黒記念】追って一言

2020年5月28日(木) 04:46

 ◆アイスバブル・池江師 「瞬時に反応できなかったけど、坂路では特に動かないので。上積みはあると思う」

 ◆アフリカンゴールド・西園師 「いい動き。コース実績もあるし、リズム良く運べれば」

 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師 「馬体回復がうまくいって、稽古はいい動き。逃げなくていいし、自分のタイミングで動いていければ」

 ◆オセアグレイト・菊川師 「中2週でもいい状態。東京は得意だし、ハンデも55キロなら改めて」

 ◆キングオブコージ・安田翔師 「1週前に強い負荷をかけて、最終追いはリラックスさせることに専念。左回りも特に気になりません」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「動きは良かった。気分良く行くよりも、メリハリをつけた方がいいかなと思う」

 ◆ステイフーリッシュ・矢作師 「とても順調にきた。積極的にいきたいが、ハンデを背負っているのがどうか」

 ◆タイセイトレイル・矢作師 「順調にきている。ハンデが55キロなので期待している」

 ◆ニシノデイジー・高木師 「いい感じだった。ある程度ペースが流れてリズム良く走れれば楽しみ」

 ◆バラックパリンカ・横畑助手 「いい動きだった。2歳の頃から左回りは合うと思っていたので、東京は歓迎です」

 ◆ボスジラ・国枝師 「前走は思ったほど走れなかった。東京の2500メートルで54キロなら前走よりも戦いやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「この馬なりに動いていたし、具合はいい。前走は距離が長かった。2400メートル前後がいいと思う」

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【目黒記念】特別登録馬 2020年5月24日() 17:30

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】ミヤマザクラに絶好舞台 2020年5月22日(金) 04:59

 オークスの枠順が21日、確定した。GI出走馬の気になる点を関係者に取材する連載「俺のチェックポイント」で、4日目を担当する大阪サンスポの山口大輝記者は、木曜追いで調教評価「A」のミヤマザクラに注目。桜花賞は5着だったが、舞台替わりで巻き返しの可能性を探った。

 ◇

 桜花賞5着馬ミヤマザクラは、これまで全5戦で5着以内を確保。先行力があり、しまいの脚も使える。牡馬相手の京都2歳Sも2着と、能力的に侮れない存在だ。

 この日は、坂路で最終追い。前半は僚馬リシュブール(2勝クラス)を目標にゆったり運ぶと、ラスト1ハロン12秒2(4ハロン56秒3)で1馬身半先着した。反応よく一瞬でかわし、素軽い動きが目を引いた。

 騎乗した岩田望騎手(レースは武豊騎手)は、「反応もよく、動きもよかったです」と話せば、藤原英調教師も「いい追い切りやった。予定通りやな。今の3歳牝馬としてはすべてにおいてレベルが高い」と合格点を与えた。東京への長距離輸送を控えるなかでの木曜追いとなったが、「計算通り。先週である程度、馬はできているので。馬主体に計算してやっている」と師は順調ぶりを強調した。

 ポイントは、舞台替わりだ。前回の阪神マイルが合わなかったとは思わないが、今回は重賞(クイーンC)勝ちのある東京コース。2000メートル戦で1勝、2着1回の実績があり、2400メートルへの距離延長はプラスに働きそう。これについて指揮官に聞くと、「今回の方が、条件は合っていると思う」と思っていた通りの答え。続けて「前走は、さすがに馬場が悪化しすぎた。血統的なこともあって新馬戦も1800メートルから使いだしたぐらい。距離は合っているし、東京もいいやろう」と力強かった。全兄ポポカテペトル菊花賞(京都芝3000メートル)で3着と、スタミナ豊富な血統だ。

 枠順は〔5〕枠(10)番に決定。「理想的な、競馬のしやすい枠に入った」と藤原英調教師は歓迎ムード。印は△△としたが、要注意の1頭だ。(山口大輝)



オークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載



■「GI・俺のチェックポイント」 現場記者が週末のGI出走馬のなかで、自分が気になる馬を独自の焦点をもとに取材。記者は日替わりで、火~土曜付に掲載する。

[もっと見る]

【現場記者走る】快速ミヤマザクラ開花女王!? 2020年4月7日(火) 05:05

 GI勝ち馬を探る連載『現場記者走る』。クラシック初戦の桜花賞は大阪サンスポの斉藤弘樹記者(40)が担当。栗東トレセンで、初日はクイーンCを制したミヤマザクラに注目した。牡馬路線への挑戦プランも上がっていたほどの素質馬で、スピード、スタミナ、パワーを全て兼備。桜花賞馬にふさわしいその名の通り、一気に頂点に駆け上がる可能性を感じた。

 春のGIは高松宮記念大阪杯と2週連続で牝馬がワンツーフィニッシュと、“女の時代”を実感した。今週は3歳牝馬の頂点を決める桜花賞。クラシック競走としては1944年の菊花賞以来、76年ぶりの無観客開催となる。満開の桜の下にファンの歓声がないのは寂しいが、かなりの豪華メンバーが顔をそろえた。連載では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し、栗東に腰をすえてじっくりと狙いを絞っていきたい。

 阪神JFの上位3頭がそのまま上位を独占したチューリップ賞組は強力だが、別路線組にも魅力あふれる素質馬は多い。初日は、ディープインパクト産駒のミヤマザクラに注目した。

 デビュー2戦目の昨夏の札幌未勝利戦(芝2000メートル)を2歳コースレコードで5馬身差V。続く京都2歳Sは、クラシック戦線でも注目を集めるマイラプソディの2着に敗れたが、その結果次第では日本ダービー挑戦も視野に入っていたそうだ。田中博助手は「勝てばホープフルSに登録するような話もあったし、それくらいスケールは感じていた」と期待度の高さを証言した。

 牝馬路線に切り替えた前走のクイーンCで、重賞初制覇。初のマイルの流れにも戸惑うことなく2番手をキープし、長い府中の直線を堂々と押し切った。伯父に芝&ダートでGIを制したクロフネがおり、全兄には菊花賞3着馬ポポカテペトルをはじめ中長距離の活躍馬が並ぶ。血統背景からはスタミナとパワー型だが、ディープ産駒としては6頭目で誕生した初めての牝馬。「上と違うタイプに出て、スピード負けするとは思っていなかった」とうなずく。

 近3走はすべて4コーナー2番手から早めに抜け出す形だが、決して意図したものではなくスピードの違いによるもの。

 「前に馬がいたら、抜こうとする意思がすごく強い。GIの強いメンバーで早め先頭になることはないと思うし、初めてこの馬の本当の能力が見られそう。突き抜けるか、善戦止まりか。ある程度、今回でわかると思う」と同助手。半信半疑の言葉のなかにも、不安を大きく上回る期待値を感じた。 (斉藤弘樹)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】阪神大賞典2020 無印にはできない昨年の京都大賞典勝ち馬!決め脚を問われる展開ならトーセンに出番あり! 2020年3月21日() 17:00

日曜日に行われる阪神大賞典の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


レノヴァール
母はアルゼンチンの芝1400mG1 2着馬で、その全兄は同国マイルG1の3着馬。それだけを見ると、短距離に適性があるようにも思えるが、母の父ロイは持続力に富む南米種牡馬。加えて、欧州の長距離系種牡馬バリモス、そしてシーホークの系統やネヴァーベンドなど持久力に秀でた血脈が潜在している。その母方にハーツクライを重ねているのだから、本馬が距離を延ばして頭角を現してきたのもうなずける。父産駒の阪神大賞典における相性も良く、ここで通用してもおかしくない下地はある。浮上の場面があっても驚けない。

メロディーレーン
母は丹頂S(札幌芝2600m)の勝ち馬で、父は三冠馬のオルフェーヴル。母父のモティヴェーターは現役時に英ダービーを制し、種牡馬としても凱旋門賞連覇などG1 6勝のトレヴを送り出している。力を要する馬場の持久力勝負に適したタイプとみていいだろう。とはいえ、父系祖父ステイゴールドの隔世遺伝からくるものなのか、小兵と称するのもためらうほどの小さな馬体。前回から4キロの斤量増は大きな負担となる。菊花賞で5着に健闘したポテンシャルは認めても、今回の条件で評価を上げるまでには至らない。

ムイトオブリガード
キングカメハメハ系×サンデーサイレンス系という、主流系統同士の組み合わせ。マイルCSを制したシンコウラブリイを祖母に擁することでスピードを補完。加えて、父母父のトニービン、欧州にさかのぼる牝系にて最低限のスタミナが供給されている。バランスのとれた好配合だが、その一方で父キングマンボ系の当レースにおけるパフォーマンスが下り坂なのは気がかり。3か月以上の休み明けで3戦3勝という鉄砲実績は評価できるものの、ヒモあってもアタマなし、とみるのが妥当ではないか。

トーセンカンビーナ
愛国産の母はアメリカンオークスを制するなど欧米で活躍。全弟にはスプリングSに出走予定のファルコニアがいる。ファミリーの近況が活気付いている点は好感度が高い。母の父ホークウィングはエクリプスS勝ちなど欧州で活躍、祖母の父パントレセレブルは凱旋門賞勝ち馬で、スタミナ必須の今回の舞台に適した能力を備えているものと判断できる。持ち味の決め脚を問われる展開になれば、ここでも好戦可能だろう。

タイセイトレイル
祖母はシンコウラブリイで、その父はニジンスキー直仔のカーリアン。そこにシンボリクリスエスハーツクライを重ねている。中距離以上の持続力勝負で能力を発揮するタイプとみていい。やや母方の持久力が強く出ているぶん、後半のスピード勝負になると辛い面がある一方で、上がりを要する展開と化せば、上位圏内まで視野に入る。父×母の父シンボリクリスエスの配合は昨年2着のカフジプリンスと同じ。侮りがたい1頭だ。

メイショウテンゲン
多数の活躍馬を送り出している、ディープインパクト×フレンチデピュティ配合馬。母は重賞2勝、エリザベス女王杯2着のメイショウベルーガというように、額面上の血統構成はG1級を相手に回しても通用する下地はある。一方で、サドラーズウェルズ×ドローンの配合馬である祖母が強く出ているせいか、現状はパワーと持久力が勝っている印象。それゆえ、後半のスピード勝負になると分が悪い。前回以上の結果を残すには、上がりを要する馬場の出現、もしくは前崩れの展開が必須となる。

ボスジラ
全兄にスプリングS勝ちのマウントロブソン菊花賞3着のポポカテペトル、全妹には今年のクイーンCを制したミヤマザクラクロフネを叔父に持ち、近親にはグリュイエールアイスバブルといった面々が並ぶ。スピードの持続力に優れ、一定以上のスタミナも備えた一族だ。本馬はパワー色が濃い母方の影響が強く、字面の配合以上にタフな競馬が合うタイプだろう。その点、東京→阪神のコース替わり+距離延長はプラスに作用する可能性もある。互角以上の戦いを繰り広げても不思議はない。

ドレッドノータス
祖母は亜ナショナル大賞と亜オークスを制した女傑。母は現役時に重賞3勝を挙げ、G1で3着3回。繁殖牝馬としても4頭の重賞好走馬を送り出している。本馬は母の切れ味と、父ハービンジャーのフィジカルの強さが相互補完されたバランスタイプだろう。やや決め手に欠ける面もあるが、追ってバテない持久力はなかなかのもの。瞬発力よりもしぶとさを求められる、当レースの傾向に即したキャラクターとみてとれる。ノーマークにはできない存在だ。

キセキ
キングカメハメハ×エアグルーヴの父に、ディープインパクト直仔の肌馬を組み合わせた血統馬。近親にはG1戦線で活躍した馬が多数いるので、活力と底力についての不足はない。ただ、持続力型×スピード型牝馬の配合をみるに、長くいい脚を使える馬が幅を利かせやすい大箱コースがベター。宝塚記念大阪杯の2着が示すとおり、阪神内回りでもそれなりに力を出せるとは思うが、アタマ鉄板とまでは言い切れない。地力でどこまでカバーできるかが、今回の最大の焦点となる。

ユーキャンスマイル
母の父ダンスインザダークは、本邦屈指の長距離砲。サンデーサイレンス系×キングカメハメハの配合は、2015年に7番人気の低評価を覆して2着好走を果たしたデニムアンドルビーの逆パターンにあたる。一見すると好配合のようにも思えるが、阪神大賞典におけるキングカメハメハ産駒の好走例はゼロ。母の父にダンスインザダークを配する馬の相性も良いとはいえない。そのあたりを踏まえると、中心とするには頼りない印象。近走の内容をそのまま評価しての連下扱いが正解ではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】ダイヤモンドS2020 前走4角先頭馬は劣勢!前走5着以下敗退の高齢馬は見込み薄! 2020年2月22日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、ダイヤモンドSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
7歳以上、かつ前走5着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

ウインテンダネス
リッジマン
ステイブラビッシモ
サトノティターン
ミライヘノツバサ

前走G3戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アドマイヤジャスタ
ダノンキングダム

前走の馬体重が530キロを超えていた馬の連対例はなし(2009年以降)

レノヴァール
サトノティターン

【人気】
7番人気以下、かつ栗東所属馬の連対例は皆無(2009年以降)
※10時30分現在の7番人気以下、かつ栗東所属馬

ウインテンダネス
ポポカテペトル
リッジマン
アドマイヤジャスタ
ダノンキングダム
ヴァントシルム

【脚質】
前走(国内のレースに限る)の4角通過順が1番手だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ロサグラウカ

【枠順】
馬番枠11番の連対例は皆無(東京競馬場リニューアルの2004年以降)

タイセイトレイル

3000m以上のレースで勝利経験のある馬を除くと、6枠の連対はゼロ(2000年以降)

タイセイトレイル
ダノンキングダム


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
オセアグレイト
タガノディアマンテ
メイショウテンゲン
バレリオ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポポカテペトルの関連コラム

閲覧 1,877ビュー コメント 1 ナイス 9


ヴィクトリアマイルも的中で今春は乗ってきました。穴で期待のセラピアは取り消しとなってしまいましたが、アーモンドアイはやはり圧倒的に強いし、2着3着もズバリで稼がせてもらいました。
以前は早さが大事かと思って、前週の日曜段階でほぼ仕上げていましたが、意外に(それが普通か・・・)読まれる方の多くは週の後半のようなので、水曜の追い切りまでみてからの原稿のほうが予想精度が上がり、良いようです。
北海道は引き続きコロナの件で、仕事はまだまだ大変ですが、終息したら予想コメントを各レースで入れられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト桜花賞でもレシステンシアをズバッと差し切っての3戦3勝と、全勝のままオークス参戦となる。マイルよりは中距離が元々良さそうなタイプで、ここも当然最有力。エピファネイア産駒は、シンボリクリスエスシーザリオから高い能力を引き継ぎ、また前進気勢を持つためか、思った以上にやれているという印象。正直もっとズブい感じの怠け者が多いのかと思っていたのだが、闘争心豊富で観ていて楽しい(エピファネイア自身は、福永騎手が折り合いを気にするあまり、下げ過ぎて現役時代を終わってしまったが、怯え逃げでなくボス逃げのタイプで、もっと前に行っていれば更に結果残せていたのではと、私自身は考えている馬)。能力が一枚上なので、負けなしでの二冠達成も十分期待できるのでは。

2番人気想定 デゼル:2戦2勝で、ディープインパクト×母がフランスのオークス馬という良血で、かつこの距離に強いトップ厩舎・友道厩舎ということもあるのだが、さすがにちょっと人気先行では、との印象。前走スイートピーSも後方から余裕の差し切りだったとはいえ、相手が正直かなり弱かった。先々楽しみではあるが、この段階でこの人気で、上りの速さに飛びつくのはちょっと早計では。

3番人気想定 クラヴァシュドール:阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着と世代上位の力はあるが、成長力がいまひとつな感じもあるし、ハーツクライ産駒だからといって距離延長がそう良さそうにも思えず。この人気だと妙味はなく、微妙な扱いの馬か。

4番人気想定 ミヤマザクラ:京都2歳Sで2着、クイーンC勝ち、桜花賞は5着止まりだったが、ポポカテペトルマウントロブソンの下のおなじみの芦毛馬。距離延長は当然良さそうなのだが、晩成血統で完成は先か。春時点だと、まだ物足りない走りのままかも。

5番人気想定 サンクテュエール:アルテミスS2着、シンザン記念勝ちの実績。前走の桜花賞6着は藤沢和厩舎の苦手な道悪ととることもできるが、この厩舎らしくマイル以下ベストと思われる。桜花賞でも終い止まっただけに、オークス向きとは感じない。

6番人気想定 リアアメリア:昨秋はアルテミスSを勝ったが阪神JF6着、桜花賞10着と成績は下降気味。アルテミスS勝ちの頃は世代トップレベル評価だったが、気難しさを増してきており、掛かる面もあってこの距離は向かない。

7番人気想定 ウインマリリン:4戦3勝で前走はフローラSを勝っての参戦。スクリーンヒーロー×フサイチペガサスと、地味だが能力を秘めそうな配合で、距離延長もそう苦にしないのでは。3勝すべてをあげている横山武騎手が騎乗停止で、父に乗り替わるのもいまやマイナスに思えるが・・・・・・。

8番人気想定 マルターズディオサ:阪神JF2着、チューリップ賞勝ちと人気以上に走ったが桜花賞は8着止まり。思っていた以上にスタミナ型に出ることが多いキズナ産駒だけに、この距離延長はプラスに出る可能性があり、穴にはいいのでは。

9番人気想定 ホウオウピースフルブラストワンピースの半妹で、フローラS2着とようやく上昇してきた。距離をこなす力もありそうで、穴で楽しみ。

10番人気以下想定
スマイルカナ:フェアリーS勝ち、桜花賞でも道悪で差しにくい馬場状態を生かして3着と粘り込んだ。ただ、東京の長い直線を粘り込めるだけの力はなさそう。

リリーピュアハート:早い時期から福永騎手がこの馬でオークスに行きたいと言っていたように、母父ガリレオでもあり距離適性十分。同じ東京2400mのゆりかもめ賞勝ちもあり、前走の忘れな草賞3着は距離不足か(笑) 前走で権利をとれずだが、抽選を通って出てくるようならヒモで買いたい馬。(→出走確定)

アブレイズ:2戦2勝でフラワーC勝ち。約2ヶ月空いたキズナ×ジャングルポケットのスタミナ配合で、状態さえ良ければ穴で狙えるか。

マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックという、それなりの活躍は手堅い血統だが……。ファンタジーS2着、クイーンC2着と頑張ってきたが、桜花賞は12着とトップレベルとは少し差がある感じ。デビュー戦が福島1200mだったように、2400m向きではない。

ウインマイティーゴールドシップ産駒らしく距離延長の忘れな草賞を勝ち、重馬場巧者であることも示した。この距離は更に良さそう。道悪での穴候補か。

ウーマンズハート:昨夏の新潟2歳S勝ちの頃は期待されていたのだが、阪神JF4着、チューリップ賞6着、桜花賞16着とトップとは離される一方。晩成と思われているハーツクライ産駒でも、早い時期から活躍する反面、やる気を無くしてしまう(気性の問題で尻すぼみになる)、結果的には早熟に映る馬も結構いて、そのタイプに思える。

チェーンオブラブ:フェアリーS2着がオープンでは最高着順で、チューリップ賞9着、桜花賞14着と厳しそう。

フィオリキアリ桜花賞でのめりながらも最後方から7着まで押し上げてきて、キズナ産駒らしくこの距離になるのはいいのかも。

インターミッション:アネモネS勝ちで臨んだ桜花賞が13番人気14着と、まだ上とは差がある状況。



<まとめ>
最有力:デアリングタクト

ヒモに:ミヤマザクラウインマリリン

穴で:マルターズディオサリリーピュアハートアブレイズホウオウピースフル


登録済みの方はこちらからログイン

2020年4月9日(木) 13:30 覆面ドクター・英
桜花賞・2020
閲覧 1,738ビュー コメント 0 ナイス 7



先週の大阪杯は、WIN5の4つ目まで的中で(4つ目まで1番人気4戦全敗だったので)高配当の期待が膨らむリーチのかかった状況で迎えました。WIN5の買い目はブラストワンピース1点だったのですが、スタート直後に前をカットされて流れに乗れず、後方から外々を回って直線も相変わらず末脚は切れないので、先行勢をつかまえられるはずもなく4つ止まり・・・・・・。
もうとっくに、牝馬の時代になっているんでしょうね。育成とか斤量差とか、フケもホルモン剤の注射でずらすことのできる時代となり、なかなか牡牝混合のG1で牝馬を軸にはしにくいのですがもうそれは古いんでしょうね。ウオッカのダービーも、指数的には頭をとれる存在だけど、本命は打てずに後悔したのですが、13年経っても牝馬に本命を打てない保守的?な自分にがっかりです。マイルまでなら、シンコウラブリイとかノースフライトとかニシノフラワーとか、本命を打てたんですが中距離以降はなかなか......。
いつもはプライベートが大変な時には、100万馬券など大きい馬券が当たる傾向にあったのですが、いつも以上に働かなくてはならない状況なのに今回は、今のところかすってもさっぱり当たらず(実馬券を買えていない香港競馬では、時折大きいの当たるんですが)。ここのところコロナの影響で東京から応援の出張医は来れない、非常勤医師も学校がなく子供のこともあり更なる時短シフトもしくは休んでもらうなどの異常事態で、腰痛はひどくなるわ、湿布を貼ると蕁麻疹が出るわ......。競馬が開催続行されているだけで幸せなのですが、いい加減これからなのでは(大きいの当たってくれるのでは)と期待しているところです。
今週も、兼務している看護学校長としての入学式業務を遂行し、バタバタではありますが、しっかり食べて寝不足にならず、余分に出歩かずに元気さを保って、この状況を乗り切っていきたいと思っています(入学式も、競馬の“無観客”みたいな特殊開催でした)。そして、桜花賞を当てて気分よく過ごしましょう。


<全頭診断>
1番人気想定 レシステンシア:阪神JFでの5馬身差圧勝からチューリップ賞は1番人気に推されたが、掛かり気味に逃げて3着と休み明けという部分を加味しても微妙な内容に終わった。能力は高いが流れ次第か。先々は1200m~1400mなのだろうが、栗東坂路で武豊騎手が騎乗して49秒台の猛時計と脚力あり。武豊騎手への乗り替わりで、あえて競りかけてくる騎手は不在とみられ、阪神JF再現の圧勝もあるか。

2番人気想定 リアアメリア:新馬戦を8馬身差の圧勝、2戦目のG3アルテミスSも差は小さくとも単勝1.3倍の断然人気に応える重賞勝ち。2戦2勝で臨んだ3戦目、ここも1番人気の支持を集めた阪神JFだったが、後方から差を詰めるも6着と冴えず、気性的に難しい感じを垣間見せた。能力は高いのだろうが、もまれて激しい競馬になりやすい桜花賞向きではないか。普段は安定感のある川田騎手も、G1では案外なことが多い。

3番人気想定 デアリングタクト:新馬勝ちで臨んだエルフィンSは4馬身差の楽勝で、着差もすごいが松山騎手が「着差以上に強い」とコメントしているように、ここまであまり大物を出していないエピファネイア産駒の代表産駒となりうる存在かもしれない。母母デアリングハートは、SS×ダンジグ牝馬でG1では好走止まりだったものの、重賞を複数勝っている(ちなみに、同馬は同門の先輩医師(今も馬産地で活躍されている)が社台RHで一口持っていて「いいなあ」と話していた馬。いつのまにかその孫の世代ですか……、時間が過ぎるの早いものだなあ^^;)。そして、地味ながら、今、日本で最も馬のポテンシャル以上に走らせている、松山騎手の力量込みで戴冠まであるのでは。

4番人気想定 サンクテュエール:新馬勝ち、アルテミスSではリアアメリアに完敗も、シンザン記念を勝ち、藤沢和厩舎でルメールが乗ってくれば人気になりそう。ただ、それなりにやれそうでも突き抜けた強さもないか。

5番人気想定 マルターズディオサ:新馬戦は逃げてウーマンズハートにつかまったが、未勝利戦、500万下と勝って、阪神JFも2着まで来た。さらにチューリップ賞では、阪神JFで負けたレシステンシアや競り合ったクラヴァシュドールも下して勝利。キズナ産駒らしくスタミナがあり、追って味があり、ここはもちろんのことオークスも当然楽しみ。思ったより人気にならなそうで、馬券的にも楽しみ。

6番人気想定 クラヴァシュドール:新馬勝ち後のサウジアラビアRCでは、後に朝日杯FS制覇を果たす強豪牡馬サリオスに敗れ、阪神JFでは3着、チューリップ賞ではハナ差2着と惜敗が続く。ただ実力はトップレベルと遜色なく、妙味たっぷり。

7番人気想定 ミヤマザクラ:ハワイ関連の命名の多い金子さんの馬らしからぬ和風馬名で地味に感じるが(実はハワイ関連なのかもしれないが)、藤原英厩舎だし、上にマウントロブソンポポカテペトルボスジラなどがいる良血ディープインパクト産駒。前走は底力を問われる東京マイルのクイーンCを勝っており、人気よりやれるタイプと思われる。

8番人気想定 マジックキャッスル:新馬勝ちの後は、500万下でマルターズディオサの2着、ファンタジーSではレシステンシアの2着、クイーンCはミヤマザクラの2着と、1勝止まりだが強い相手に毎回善戦しており、ここも通用する器の良血馬という印象。

9番人気想定 ヤマカツマーメイド:フィリーズRではエーポスの2着だったが、阪神JF5着時からの成長力はいまひとつな感じで、激走期待できず。

10番人気以下想定
ウーマンズハート:新潟2歳S勝ち後は期待されていた馬だが、阪神JFでは2番人気4着、チューリップ賞では3番人気6着と、どんどんトップとは差が開いてきている現況。能力というより気性面や、完成が先ということなのかもしれないが、ここで激走という感じではない。

エーポス:フィリーズRは5番人気ながら豪快に道中10番手から差し切ったが、この相手だと厳しそう。

スマイルカナ:フェアリーSを逃げ切ったが、ディープインパクト産駒にしては追って伸びるタイプではなく身体も410kg台と小柄。ここのところさっぱりの柴田大騎手も含め、厳しそう。

フィオリキアリキズナ産駒らしい末脚で、地味な前哨戦のアネモネSで2着とはいえ良い末脚を見せた。母系の印象から1400m~1600mばかり使っているがもっと距離が延びての馬か。

チェーンオブラブチューリップ賞で6番人気9着とトップレベルとは差がありそう。

インターミッション:3戦2勝のディープインパクト産駒だが、使う毎に体重が減って前走アネモネS勝ちの際には400kgと使い減りするタイプ。調教で強く追えない状況で、能力は高いのかもしれないがここでは厳しいタイプ。

ナイントゥファイブ:フィリーズRで3着だが5戦使ってもそう上向く感じはなく、能力的に激走は厳しそう。

イズジョーノキセキチューリップ賞では4着まで来たが、1勝クラスでさえ勝ち切れないように能力が足りない。

ウインマイティー:中山1800mで2勝目をあげてきたように、ゴールドシップ×カコイーシーズの血統の通り、阪神マイルでの瞬発力比べ向きではないか。

ケープコッド:6戦3勝馬だが3勝全てを1200mであげていて、1400mのファンタジーSとフィリーズRをともに惨敗しており、さらに距離が延びるここは向かない。

ヒルノマリブ:前走の紅梅Sは松山騎手の好騎乗もあり勝ったが、オープン勝ちとはいえ1勝クラスでも負けていたように今回のメンバー相手ではきついのでは。


<まとめ>
有力:デアリングタクトレシステンシア

ヒモに:クラヴァシュドールマルターズディオサミヤマザクラリアアメリアマジックキャッスル

[もっと見る]

2017年10月25日(水) 16:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(10/21~10/22)kmプロが日曜新潟2Rで162万6,800円の大ホームラン!
閲覧 1,229ビュー コメント 0 ナイス 1



先週は、22(日)に京都競馬場でG1菊花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1菊花賞は、土曜からの雨が台風接近に伴い時折強くなるなか、不良馬場でレースの時を迎えます。混沌とした上位人気オッズから、最終的に1番人気に推されたのはキセキで4.5倍。以下、アルアインミッキースワローダンビュライトまでが10倍未満で続き、単勝10倍台にも5頭横並び、以下18番人気までが単勝100倍未満の構成。
スタートはややバラつき、人気どころではキセキが後方からとなり1週目の3コーナーへ向かっていきます。ウインガナドルがスムーズにハナに。しかしこれを目がけて後方から大外を通ってマイスタイルも押し上げて行き、4コーナーを通過して入れ替わって先頭はマイスタイル。3番手にアダムバローズが続き、以下は一団でスティッフェリオベストアプローチトリコロールブルーダンビュライトサトノクロニクルアルアインミッキースワローポポカテペトルキセキクリノヤマトノオー、ここから馬群が途切れ途切れでクリンチャーサトノアーサーマイネルヴンシュブレスジャーニー、最後方に出遅れたプラチナヴォイスと続き、スタンド前を通過していきます。
水しぶきを跳ね上げ、まさに“田んぼ馬場”の中を、大半の馬が内を大きく開けての追走。向こう正面に向かうにつれ馬群は徐々に凝縮していき、2週目に突入します。人気馬の動きは、ミッキースワローが後方から進出を開始し、その直後にいたキセキもほぼ同じタイミングでの動き出し。一方のアルアインは終始この2頭を後ろに見る形で、3頭の中では最も前目の位置取りで引き続きのレース運び。その他の各馬も早めの動き出しを開始すると、3コーナーで早くも馬群は横に大きく広がって横一線の状況に。
手応え良く先頭に躍り出たダンビュライトの外から、こちらも力強い伸びでクリンチャーが並び掛け、この2頭が引き連れる形で最後の直線へ。直後の内にポポカテペトル、中アルアイン、外ミッキースワローで、さらに1列後ろから大外をまわしてはキセキの追撃。鞍上の激しいアクションに応えてクリンチャーがクビ差抜け出すと、内で食い下がるポポカテペトルダンビュライト、外から迫るミッキースワローキセキの態勢。アルアインはこの争いから脱落し、ゴールに近づくにつれダンビュライトミッキースワローも徐々に後退。クリンチャーポポカテペトルキセキの3頭の争いを、最後は外から1番人気キセキがねじ伏せるように差し切って優勝。クラシックラスト1冠を手中にしています。2馬身差の2着には10番人気クリンチャーが入り、ハナ差の3着には13番人気ポポカテペトルが入っています。
公認プロ予想家では山崎エリカプロシムーンプロマカロニスタンダーズプロ霧プロ夢月プロら5名が的中しています。 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
22(日)新潟2Rで、◎カクリョウ(単勝18.9倍)からの3連単を的中。1,000円分的中で払戻しは162万6,800円の大ホームランとなりました!週末のトータル回収率338%、収支114万6,800円プラスで、週間トップ成績をマークしました。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
21(土)京都1Rを、○エスシーハンコック(単勝44.9倍)-◎ピッパ(単勝28.2倍)-▲ウインタイムリープ(単勝64.1倍)の驚異のパーフェクト予想で的中!3連複771倍を含め計11万790円払戻しのスマッシュヒットとなりました。他にも先週は、G3富士S(◎エアスピネル)、22(日)の新潟11R(◎パイメイメイ)、同G1菊花(◎ポポカテペトル)など、先週も好調予想を連発!4開催日連続のプラス達成とともに、トータル回収率127%の好成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
21(土)のG3富士Sで○◎馬連本線的中を披露すると、22(日)にはG1菊花を◎クリンチャーから的中!複勝&馬連計12万3,780円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。週末のトータルでは、回収率220%、収支10万8,080円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
21(土)東京9Rで◎コスモイグナーツ(単勝64.8倍)の予想を披露し、42万1,500円払戻しのビッグヒット!週末トータル回収率151%、収支21万8,210円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
21(土)京都4Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、計12万6,960円を払戻し。さらに、馬単2点勝負で臨んだ京都7Rでは◎○的中で13万5,000円払戻しを記録。22(日)にも京都9Rなどでの的中を披露した先週は、週末トータル回収率115%、収支11万円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(145%)、霧プロ(118%)、サラマッポプロ(111%)、エース2号プロ【予想マイレージクラブ限定】(111%)、馬券生活プロ(105%)、おかべプロ(104%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年10月25日(水) 12:45 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』10/21,22の結果(菊花賞,富士S)
閲覧 965ビュー コメント 0 ナイス 1

10月22日(日)に行われました京都11Rの「菊花賞 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】キセキ(4.5倍)
2着:総合ポイント【11位】クリンチャー(30.9倍)
3着:総合ポイント【8位】ポポカテペトル(44.2倍)

第2グループ・総合ポイント3位のキセキが1着、第4グループ・総合ポイント11位のクリンチャーが2着、第4グループ・総合ポイント8位のポポカテペトルが3着という結果でした。

大波乱を期待しての作戦だったので素直に完敗です。クリンチャーが先頭の時は心が躍っていましたが(笑)。キセキは悪条件の中、素晴らしい走りでした(^^)/


【馬連ボックス】
2,3,4,5,6,10,11,15


計28点 払い戻し0円


続いて、10月21日(土)に行われました東京11Rの「富士ステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◎エアスピネル(3.9倍)
2着:総合ポイント【3位】△イスラボニータ(5.0倍)
3着:総合ポイント【5位】△クルーガー(35.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のエアスピネルが1着、第2グループ・総合ポイント3位のイスラボニータが2着、第3グループ・総合ポイント5位のクルーガーが3着という結果でした。


こちらは△クルーガーの頑張りに尽きます。ゴール前、本当に良く伸びてくれました(^^)/ しかし◎エアスピネルは重巧者ですね、今後も悪天候の時は評価を上げたいと思います。


【馬連】
6

7,10,11,13,15

【ワイド】
6

7,10,13

【3連複流し】
6

7,10,11,13,15


計18点 払い戻し16,150円

[もっと見る]

2017年10月22日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(菊花賞 G1)
閲覧 1,548ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『菊花賞 G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎アルアインとなっていて、その勝率は23.6%。指数差にも現れている通りここは頭ひとつ抜けた存在となっているようです。買い目的にはポポカテペトルに好配を期待といった様子ですね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎アルアインで、勝率は21.4%。先のポポカテペトルに加えて、穴っぽいところからスティッフェリオが浮上してきており、こちらもアルアインからのヒモ荒れを期待の配置ですね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命は◎アルアイン。22.0%の勝率でトップに評価されています。他では、競走馬ロボ・血統ロボにはなかったベストアプローチの名前が浮上してきており、買い目にも組み込まれていますね。


【まとめ】
アルアインが全てのロボで本命となっていて、先週同様に当コラム的には不動の中心馬の状況に。しかし、どうなんでしょうか......馬場や、スタミナの問われるレースになりそうな展開面・メンバー構成等々から、◎アルアインの勝利はこの勝率ほど楽なことではないように感じていますが......。個人的には、好枠・好位・タフなレースなど好条件が揃いそうなあの人気薄に、叩き2戦目での激変を期待しています。いずれにしても、近年ではなかなか見ることのできないヘヴィな菊花賞を今から楽しみにしています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年10月18日(水) 11:00 覆面ドクター・英
菊花賞・2017
閲覧 5,919ビュー コメント 0 ナイス 14



秋華賞は、なんだかんだであまり荒れず。ハービンジャー産駒の1着、3着だったように重馬場が大きく影響したようです。菊花賞も、週間天気予報でも木曜日くらいまでは降りそうで、パンパンの良馬場で京都らしい高速決着、とは今年はならなそうです。
ダービー馬で神戸新聞杯も完勝したレイデオロは、菊花賞に向かわずJCに直行で不在。ダービー1番人気だったアドミラブルは故障で戦線離脱、ダービー2着だったスワーヴリチャードは左回りを求めてかアルゼンチン共和国杯からの始動、皐月賞2着だったペルシアンナイトもマイル路線ということで富士Sから……。適性重視といえば聞こえはいいのですが、昔みたいにどう考えても短距離向きでも、同世代同士なら能力でカバーできる、と出られる賞金あれば出走してきてのガチンコ勝負が懐かしいし楽しかったなあ、と思うのは年をとった証拠でしょうか(笑)

<優先出走馬(5頭)>
いきなりですが、今年はこの5頭の馬券でいいんじゃないでしょうか。前哨戦好走はかなり有利。ぶっつけ本番の大物や新星は特におらず、この中での序列よく考えるのが的中の近道では。

ミッキースワローセントライト記念の勝ち馬で、アルアインを一瞬で置き去りにした末脚は鋭く、まだ余裕あったゴール前からもこの秋になっての上昇が著しい。父トーセンホマレボシはダービー3着で引退となり現役時代の実績は地味だが能力は高かったし、母母ツィンクルブライドとスケール負けしない。調教良ければ本命まである。

アルアイン:なぜか世間的にはマイラー寄りの評価だが、ダービーでもそれなり、セントライト記念でも直線一旦先頭で2着と世代で能力上位の皐月賞馬。3000mに距離が延び、特に有利ではもちろんないが、かかるタイプでもなく、無難にこなせておかしくない。

サトノクロニクル:デビューから6戦連続1番人気だったのが初めて1番人気でなくなったセントライト記念だったが、直線つまりながらも3着で、人気先行型だった馬がようやく実力も追いついてきた感じ。

キセキ:春は毎日杯3着までで一線級には力及ばなかったが夏からルーラーシップ産駒らしい成長見せ、神戸新聞杯でも最後にすごい脚で追い込んできて2着した。ただ、父同様エンジンかかるまで時間かかるタイプで、引き続きM・デムーロ騎手なのは良いが踏み遅れての不発の可能性が高いタイプ。

サトノアーサー:デビューから2連勝して高い能力を見せたが、3戦目きさらぎ賞で1.4倍の人気で2着、4戦目の毎日杯でも1.2倍のすごい人気で2着に負けて多くのファンにがっかりされ、ダービーも5番人気で10着と結果を残せず。14kg増で秋の始動戦は3着ではあったが、初めてといっていいくらいレースの流れにスムーズに乗れており、本番での激走を予感させる好内容だった。

<賞金上位馬>
ブレスジャーニー:昨秋は2歳重賞を連勝して主役だったのだがさすがに休養が長く、完成早かったタイプで真の大物だとは思えない。

アダムバローズ:若駒Sと若葉Sを連勝して臨んだ皐月賞は逃げバテ惨敗、骨折までして神戸新聞杯逃げバテ10着と立て直しは時間がかかりそうで……。

マイスタイル:ダービーで、どスローの逃げで4着に粘って、今回出走メンバーではダービー再先着なのだが、神戸新聞杯で先行して7着とトップクラスにはちょっと足りない感じ。

ウインガナドルステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合だが大物感はあまり無い。

クリノヤマトノオー:前走は豪快な末脚での差し切り勝ちを見せ、春は白百合Sでサトノクロニクルに差されたが秋2連勝と上昇してきた。ただキレるだけに、あまり距離長いのはそう良くないかも。

トリコロールブルー:春はいまひとつ勝ち切れなかったし、昨年7月デビューの割には6戦のキャリアしか無く、9月に+32kgで出てきた札幌の1000万下を勝利。パワーアップしてきたのだろうが、一線級に追いつくのはもう少し先か。

ベストアプローチ青葉賞2着の後が2戦物足りない内容。

ポポカテペトルマウントロブソンの下で中距離の方が良さそうだし、良くなるのももう少し先か。

マイネルヴンシュ:ここ4戦3勝で、隠れステイヤー活躍の九十九里特別を勝ってきたが、今年はレベルいまひとつだった感あり。

クリンチャー:すみれS勝ちの後は逃げれなかったダービーで批判されたりもあったが、セントライト記念がパッとしなかったようにこの後はダートへ転向がよいか。凱旋門賞とかヨーロッパの競馬向きそうだが(笑)

プラチナヴォイス:昨秋は未勝利、萩Sと連勝したが気性難で大成せず。去勢やダートへの路線転向がよいか。

ダンビュライト皐月賞で3着に入るも、セントライト記念は完敗の4着。トップとは差が少しあるか。

<抽選対象馬(7分の1)>
アドマイヤウイナー青葉賞で3着に入ったワークフォースらしくスピードが足りないステイヤー。先々はステイヤーズSや万葉Sあたりで活躍か。

アルムチャレンジ:ダート実績しか無く厳しい。

サンデームーティエ:未勝利、500万下と連勝して臨んだセントライト記念で逃げて6着と上位陣とはまだ実力差がある印象。

スティッフェリオセントライト記念で4着には入ったが、1000万下でも勝てなかったように力が落ちる。

ダノンディスタンス京都新聞杯3着で秋の成長を楽しみにしていたが、兵庫特別(1000万下)で1番人気5着とちょっとがっかりな結果で期待薄。

チャロネグロ:金子さんの勝負服で強そうに見えるのだが、1000万下で2戦連続人気で3着と物足りない現状。

メイショウテンシャ:母メイショウベルーガは、日経新春杯京都大賞典を勝った女傑だったが、息子は父ディープインパクトでイマイチで……。


<まとめ>
トライアル好走の5頭が優位で、調教を見て序列つけての比較的人気サイド少点数勝負の予定。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポポカテペトルの口コミ


口コミ一覧

目黒記念

 競馬が大好き(複勝男 2020年5月27日(水) 23:55

閲覧 184ビュー コメント 0 ナイス 10

目黒記念

芝2500m GⅡ 4歳以上ハンデ 東京競馬場

サンデーサイレンス系    5-9-7
ミスタープロスペクター系  2-0-2
ヘイルトゥリーズン系    2-0-0
ナスルーラ系        1-1-0
ノーザンダンサー系     0-0-1

傾向としては連対までなら5歳馬
ハンデ頭は不振、くるパターンは前年の勝ち馬の場合だけかな(ヒットザターゲット3着)
重賞成績は最近関係なくなっている。上がり馬でも問題ない

登録馬の個人的な評価

57.5
ステイフーリッシュ
(左回りでどうかもあるしハンデ頭で距離延長でどうなるか?GⅡまでの実績は高い)

56
ノーブルマーズ
(距離実績はあるので注意、踏ん張る流れになれば浮上すると思うが、今の馬場では不安はある)

ニシノデイジー
(コースは合うと思っているので、穴馬として外せないかな、ただ久しく馬券に絡んでないんですよね)

サトノクロニクル
(復帰して4戦目そろそろ激走しそうな感じなので、タフな展開になれば地力もあるはずなので)

ミライヘノツバサ
(コースは向くと思うが、速い時計と瞬発力を求められるのが苦手なので)

メートルダール
(距離延長は微妙ですが叩き2走目で展開が向けば差し込める可能性はあるかなと)

55
アフリカンゴールド
(上積みあれば東京コースは合うはずなので、理想は前に行けるかどうか)

タイセイトレイル
(前走の瞬発力に見どころがあったので、相手強化でも善戦タイプなので侮れないと思う)

アイズバブル
(ちょっと個人的にはスランプな気がするので、ただ前走の脚33.7で兆しは見えたのかなと思うところもあるから穴候補かな)

オセアグレイト
(前走は進路見つけられずにもったいない競馬内容。ルメール騎手で期待は出来ると思う)

ポポカテペトル
(スローペース向きな馬ですが、あまり瞬発力がないので、今回の条件では厳しいのかな、展開と馬場次第となりそう)

54
ウラヌスチャーム
(前走みたいに逃げるかどうかが気になるところ、コースと距離延長はさほど問題ないと思う)

キングオブコージ
(3連勝中で上がり馬ですから、勢いは無視できないと思う。気になるのは東京コースに替わることだけかな実績が乏しいので)
 
ボスジラ
(東京コースと距離短縮で巻き返せるか?タフな展開になりやすいここも馬的には向くと思うので)

バラックパリンカ
(上がり馬でどうか?左回りで輸送もあるから楽ではないと思う。瞬発力勝負では辛いので積極的な競馬をするかなと)

53
アドマイヤアルバ
(相手強化なのでしんどいと思うし距離的にも微妙と思う。)

 グラニースミス 2020年5月27日(水) 09:43
ニコニコ?ニヤニヤ? ~目黒記念GⅡ~ 
閲覧 304ビュー コメント 8 ナイス 86

ダービーDayの最終12Rなので、
このレース直前は、気分が高揚しているといいなぁ~と妄想。

春季競馬番組の最終レース
突発的なコロナで、番組変更が多発しました。
2/29から無観客競馬
4/11から特指の中止 等々
本来であれば、富士SのGⅡ昇格と春季GⅡ・GⅢの特指変更がメインだったのに・・・

「特指定戦への変更」
年明けから、計15レース。大きく分けて、4つのグループに分類されています。
(1) GⅡ 別定戦  (2) GⅡハンデ戦 (3) GⅢ 別定戦 (4) GⅢ ハンデ戦
目黒記念は(2)に該当します。
このパターンは、変更15レース中、1つしかありません。
第67回 日経新春杯 GⅡ(国際)(特指) ハンデ
第134回 目黒記念 GⅡ(国際)(特指) ハンデ

134を2で割ると67になります。
その昔、目黒記念は1年に2度行われていた時期があったので、
この件からも参考にしていいのではと推理します。
また日経新春杯時は、小倉では12日間開催期間というのも追い風だと妄想

第67回 日経新春杯 GⅡ(国際)(特指) ハンデ
1着 モズベッロ → 前走3勝クラス4着
2着 レッドレオン → 前走3勝クラス1着
3着 エーティーラッセン → 前走3勝クラス2着
馬券になった馬は、条件馬だった。
また、古馬になっての重賞出走歴がなく、2・3歳時に京都の重賞に出走していました。

そんなことを妄想して、目黒記念を眺めると面白い馬がいます
バラックパリンカ → 前走御堂筋S(3勝クラス)1着 特指中止レース
今年の小倉12日間開催中にも、京都で出走歴があります。
さらに3歳時に青葉賞出走 2着ランフォザローゼス逆番

そしてそして、
JRAのHP今週の注目レース 
8頭になぜか条件馬のバラックパリンカ キングオブコージ が掲載
www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2020/0531_2/horse.html
ポポカテペトルの全弟ボスジラ や 重賞勝ちのミライヘノツバサ を差し置いてです。

きっと人気がないようなので、この馬と同枠・対角馬をニコニコ?ニヤニヤ?しながら
枠順を待ちたいと思います。


では

[もっと見る]

 元【穴党専者】愛飢男 2020年5月20日(水) 01:27
優駿牝馬【オークス】『フェアウェイ系のサイアーライン』◉ミ...
閲覧 388ビュー コメント 2 ナイス 9

『フェアウェイ系のサイアーライン』というて

クイーンカップで◉打っで見事結果に応えてくてた本馬ですわ✧︎( ̄▽+ ̄*)🤞◉ミヤマザクラ

んで、巷で囁かれてる馬場に関してだろうけど、全兄のマウントロブソンやらポポカテペトルも難なく道悪をこなしているから大丈夫やろ( ̄▽ ̄)  

[もっと見る]

⇒もっと見る

ポポカテペトルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ポポカテペトルの写真

ポポカテペトルの厩舎情報 VIP

2020年5月31日目黒記念 G212着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ポポカテペトルの取材メモ VIP

2020年2月22日 ダイヤモンドS G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。