タイセイトレイル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
タイセイトレイル
タイセイトレイル
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2015年2月5日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主田中 成奉
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績29戦[4-4-6-15]
総賞金13,836万円
収得賞金3,550万円
英字表記Taisei Trail
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
マザーウェル
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シンコウラブリイ
兄弟 ジュンザワールドリミットブレイク
前走 2020/11/08 アルゼンチン共和国杯 G2
次走予定 2020/12/05 ステイヤーズS G2

タイセイトレイルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/08 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1871357.2135** 牡5 55.0 坂井瑠星矢作芳人490(-4)2.32.0 0.434.7⑥⑥⑥④オーソリティ
20/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 172471.31114** 牡5 56.0 川須栄彦矢作芳人494(-2)2.27.3 1.735.9⑨⑨⑨⑨グローリーヴェイズ
20/09/06 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 144611.673** 牡5 55.0 菱田裕二矢作芳人496(-2)2.39.3 0.636.2⑫⑫⑩④ボスジラ
20/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 18116.2315** 牡5 55.0 M.デムー矢作芳人498(+2)2.31.8 2.237.0⑱⑯⑯⑮キングオブコージ
20/05/09 東京 10 メトロポリタ (L) 芝2400 11335.633** 牡5 57.0 M.デムー矢作芳人496(-2)2.25.9 0.133.5⑪⑪⑤ウラヌスチャーム
20/03/22 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 105525.976** 牡5 56.0 福永祐一矢作芳人498(+6)3.03.5 0.536.8ユーキャンスマイル
20/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 1661110.955** 牡5 55.0 中谷雄太矢作芳人492(-8)3.32.5 1.338.8⑫⑫⑩⑦ミライヘノツバサ
20/01/19 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 14576.344** 牡5 55.0 川田将雅矢作芳人500(+14)2.27.4 0.534.8⑩⑩⑦⑧モズベッロ
19/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1571258.01315** 牡4 57.0 M.デムー矢作芳人486(+2)2.29.8 3.939.5⑭⑭⑭⑬スワーヴリチャード
19/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 132211.252** 牡4 55.0 戸崎圭太矢作芳人484(+4)2.31.7 0.233.5⑩⑨⑩⑩ムイトオブリガード
19/09/01 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 14455.733** 牡4 55.0 中谷雄太矢作芳人480(-8)2.41.5 0.736.5ポンデザール
19/08/03 札幌 11 札幌日経OP (L) 芝2600 10556.453** 牡4 56.0 中谷雄太矢作芳人488(0)2.40.8 0.135.7⑤④カフジプリンス
19/06/02 阪神 11 グリーンS 3勝クラス 芝2400 7552.811** 牡4 57.0 中谷雄太矢作芳人488(0)2.27.0 -0.035.5④④⑤④マイネルヴンシュ
19/05/11 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 9118.742** 牡4 55.0 坂井瑠星矢作芳人488(-6)2.23.1 0.034.9ヴァントシルム
19/04/29 京都 10 烏丸S 1600万下 芝2400 12338.853** 牡4 55.0 中谷雄太矢作芳人494(+6)2.25.5 0.234.3④④レノヴァール
19/03/09 中山 10 サンシャイン 1600万下 芝2500 12559.752** 牡4 54.0 岩田康誠矢作芳人488(+4)2.36.0 0.334.6パリンジェネシス
19/02/24 小倉 12 皿倉山特別 1000万下 芝2600 1561111.651** 牡4 54.0 中谷雄太矢作芳人484(-8)2.38.4 -0.135.6⑤④マスターコード
19/02/10 小倉 7 4歳以上500万下 芝2600 13445.231** 牡4 56.0 中谷雄太矢作芳人492(-4)2.43.2 -0.236.2⑥⑥④④コマノジャスパ
19/01/12 京都 8 4歳以上500万下 芝2200 16125.533** 牡4 55☆ 坂井瑠星矢作芳人496(+2)2.16.4 0.635.3⑥⑧⑦⑩プラチナアッシュ
18/12/28 阪神 8 3歳以上500万下 芝1600 1781516.378** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人494(0)1.35.5 0.435.7⑬⑧ヴァイザー

⇒もっと見る


タイセイトレイルの関連ニュース

【アルゼンチン】レースを終えて…関係者談話 2020年11月9日(月) 04:57

 ◆柴田善騎手(サンアップルトン3着)「走りのバランスがよくなり、いい感じに成長している。まだ、頭が高かったりと課題はあるが、もう一段階、よくなりそう。きょうは“いいね”が3つぐらいかな」

 ◆坂井騎手(タイセイトレイル5着)「近走はポジションが取れず、見せ場を作れませんでしたが、きょうは工夫していいポジションを取りにいった。勝ち馬を見る形で進んで、最後までしっかり走っています」

 ◆荻野極騎手(サンレイポケット6着)「向こう正面で他馬と何度かぶつかったが、最後は内の悪い箇所を通りながらも頑張っています」

 ◆江田照騎手(ベストアプローチ7着)「最後はいっぱいになったが、しっかりと走れていた。長い距離はいいと思う」

 ◆長岡騎手(アールスター8着)「道中はいい感じで走れていたが、最後でジリっぽくなった」

 ◆三浦騎手(オセアグレイト11着)「馬がしっかりとしてよくなっている。距離は今なら2000メートルぐらいの方がよさそう」

 ◆津村騎手(バレリオ15着)「ポジションを取りにいったぶん、最後は少し甘くなってしまった」

 ◆池添騎手(メイショウテンゲン17着)「体が(12キロ)減っていたし、レースに集中できていなかった」

★8日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】アルゼンチン共和国杯2020 徳光和夫さん、ジャンポケ・斉藤さんほかズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2020年11月8日() 05:30


※当欄ではアルゼンチン共和国杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
ラストドラフト
ベストアプローチ
ユーキャンスマイル
サンレイポケット
サトノルークス
アールスター
ワイド流し
②-④⑤⑧⑪⑭⑮⑯⑰

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦アイスバブル
単勝


【DAIGO】
◎⑫メイショウテンゲン

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑭オセアグレイト
○⑤ユーキャンスマイル
▲⑬タイセイトレイル
△⑫メイショウテンゲン
△⑩サンアップルトン
△①バレリオ
△⑰ゴールドギア
3連単1頭軸流しマルチ
⑭→①⑤⑩⑫⑬⑰

【杉本清】
◎⑤ユーキャンスマイル
○⑫メイショウテンゲン
▲⑧サンレイポケット
☆⑱オーソリティ
△①バレリオ
△②ラストドラフト
△⑥トーセンカンビーナ
△⑮サトノルークス

【林修】
注目馬
メイショウテンゲン

【井森美幸】
◎⑤ユーキャンスマイル

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑧サンレイポケット
○⑤ユーキャンスマイル
▲⑦アイスバブル
△①バレリオ
△⑭オセアグレイト
△⑱オーソリティ

【橋本マナミ】
◎⑧サンレイポケット
○⑤ユーキャンスマイル
▲⑱オーソリティ
△⑥トーセンカンビーナ
△①バレリオ
△⑦アイスバブル
△⑫メイショウテンゲン
△⑮サトノルークス

【神部美咲】
◎⑤ユーキャンスマイル

【小木茂光】
注目馬
ユーキャンスマイル
トーセンカンビーナ
メイショウテンゲン
3連単フォーメーション
⑤⑥⑫→①②⑤⑥⑦⑧⑫⑬⑭⑮⑱→⑤⑥⑫

【キャプテン渡辺】
◎①バレリオ
馬連・ワイド
①-⑤ユーキャンスマイル

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧サンレイポケット

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑫メイショウテンゲン
単勝

3連単フォーメーション
②⑤⑥⑩⑭⑮→⑫→①②⑤⑥⑦⑧⑩⑭⑮⑰⑱
②⑤⑥⑩⑭⑮→①②⑤⑥⑦⑧⑩⑭⑮⑰⑱→⑫

【ギャロップ林】
◎⑧サンレイポケット
馬単2着軸流し
①⑥⑦⑫⑰→⑧

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑰ゴールドギア
3連単2頭軸流しマルチ
⑰→⑤→①②⑥⑦⑧⑩⑫⑭⑮⑯⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑰ゴールドギア
3連単1頭軸流しマルチ
⑰→②⑤⑦⑧⑩⑭⑮

【浅越ゴエ】
◎⑧サンレイポケット
ワイド流し
⑧-②⑥⑫
3連単1頭軸流しマルチ
⑧→②⑥⑫

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑭オセアグレイト
3連複フォーメーション
⑭-②⑤⑦⑬⑮-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑮⑯⑰⑱

【リリー(見取り図)】
◎⑧サンレイポケット
3連複1頭軸流し
⑧-②⑤⑬⑭⑮⑱

【船山陽司】
◎②ラストドラフト

【鷲見玲奈】
◎⑧サンレイポケット

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎③ベストアプローチ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫メイショウテンゲン
○⑤ユーキャンスマイル
▲⑭オセアグレイト
△⑧サンレイポケット
△⑱オーソリティ
△①バレリオ

【皆藤愛子】
◎①バレリオ

【高田秋】
◎⑤ユーキャンスマイル

【守永真彩】
◎⑦アイスバブル
3連複1頭軸流し
⑦-①⑤⑥⑧⑫⑭⑰⑱

【目黒貴子】
◎⑧サンレイポケット



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】アルゼンチン共和国杯2020 サンレイポケット 行きっぷりの良さと鋭い反応で最上位 2020年11月6日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルゼンチン共和国杯・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるアルゼンチン共和国杯の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

バレリオ【B】
美浦南W併走。僚馬に体勢不利の形でゴールしたが、この馬としては動き、時計とも及第点。スブい面を見せるのは相変わらずの反面、好走時と比べて大きく劣る点はない。この馬なりに順調だろう。

ラストドラフト【B】
美浦南P併走。懸命に追われる僚馬に対し、手応え、脚いろともに優勢。四肢の可動域こそ狭めだが、良い意味の前進気勢が出てきたのは好印象。緩やかではあるが、状態は着実に上向いている。

ベストアプローチ【B】
美浦坂路併走。僚馬2頭を問題にせず最先着を果たした。少し前進気勢に過ぎる気もするが、脚さばきはスムーズ。ストライドも広くとれている。攻め巧者なので過度の評価はできないが、雰囲気は決して悪くない。

エアウィンザー【D】
栗東CW併走。1頭はかわしたものの、もう1頭には追いつけないまま劣勢の形でゴール。攻め巧者の本馬にしては走破タイムも地味で、本来のデキにあるとは言い難い。今回は割引が必要だろう。

ユーキャンスマイル【A】
栗東坂路単走。左前肢を体の中心に着地させるクセがあり、スピードに乗ると右に流れる傾向が強い馬。ゆえに進行方向をまっすぐ保って、加速ラップを記録した点は好感が持てる。力を出せる仕上がりと判断したい。

トーセンカンビーナ【C】
美浦南W併走。道中の進みは悪くなかったが、しまいにかけてペースダウン。併走遅れを喫してしまった。鞍上の仕掛けに対する反応が鈍く、まだ良化の余地を残しているように思える。今回は期待よりも不安のほうが大きい。

アイスバブル【C】
栗東CW併走。サトノルークスを相手に先行するも、並ばれてからの反応が薄く体勢不利でゴールした。この馬にはよくあることなので、一概にマイナス材料とは言えないが、消化不良の感が残るのも確か。高い評価は与えづらい。

⑧サンレイポケット【A】
栗東坂路単走。混雑する時間帯にラチ沿いをハミ受け良く駆け上がり、少し気合をつけたラストにかけては、加速度がさらに増していくなど、単走とすれば上等の走りを見せた。デキは高いレベルで安定している。

ミュゼエイリアン【C】
美浦南W併走。3頭併せで1頭に先着、もう1頭は同入も脚勢で上回った。ただし、この程度の走りは常に見せる馬。休み明け、なおかつG2の長距離戦で、好戦できる状態にあるかといえば疑問符が付く。

サンアップルトン【B】
美浦坂路併走。エンジンのかかりが遅いあたりは相変わらず。だが、走り自体に硬さはなく、前後のバランスもとれている。少なくとも前回の最終追い時より雰囲気はいい。

プリンスオブペスカ【C】
栗東CW併走。追走とはいえ、格下馬に劣勢。体重の軽い見習いが騎乗してのものだけに印象が悪い。3週続けて長めからビシッと追われるなど、しっかり負荷をかけた調教を重ねていることは評価できるも、大きな変わり身まではどうか。

メイショウテンゲン【B】
栗東CW単走。時計は地味ながらも、リラックスしているし、鞍上の指示に対しても従順。少し後肢の力強さに欠けるが、全体的に見ればバランス良く動けている印象。一応の態勢は整ったのではないか。

タイセイトレイル【C】
栗東坂路併走。追走先着を決めたのはいいのだが、好調時と比べると時計的に物足りない。昨年の当レースで2着好走を果たした、舞台適性の高さでどこまでカバーできるか、といったところだろう。

オセアグレイト【B】
美浦南W単走。前を行く関係のない併せ馬を目標に進行。直線で1頭が内にヨレると、その間隙を突いてスムーズに脚を伸ばした。加速がついた際の身体を大きく使った走りは見映えがする。いい仕上がり具合ではないか。

サトノルークス【C】
栗東CW併走。アイスバブルを相手に追走先着を決めた。ただ、好調時と比較すると、少し推進力を欠いているように映る。このひと追いでどこまで変われるか、といったところか。

アールスター【B】
栗東坂路単走。テンを抑えた上がり重点の調整。きっちりと加速ラップをマークした点は評価できる。1週前追いの内容も悪くなく、調整は順調に進んでいる様子。大きな底上げまではどうかも、及第点のデキにはある。

ゴールドギア【C】
美浦南W併走。ほぼ馬なりのブルーシンフォニー京王杯2歳Sに出走予定)に対し、筒一杯に追っての遅れ。脚勢にゆとりがなく、アクションも小さい。稽古映えしないタイプとはいえ、動きを確認する限り、積極的には手が出ない。

オーソリティ【B】
美浦南W併走。道中は気難しい面を出して制御にひと苦労。だが、解放されると力強い脚どりで僚馬を一気に突き放した。直線の走りをみるに仕上がり自体は良さそう。あとは実戦で常識にかかるか否か。それが焦点となろう。


【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は⑧サンレイポケットとする。行きっぷりの良さと鋭い反応が印象的。前回の中間時より素軽さが増していることも好感が持てる。いい雰囲気でレースを迎えることができそうだ。

2番手は⑤ユーキャンスマイル。1週前のCW追いでは、さきのクイーンSを制したレッドアネモスを相手にきっちりと先着。今週の坂路追いでも及第点の動きを見せた。帰厩後の攻め過程は至って順調。動ける態勢とみたい。

<注目馬>
サンレイポケット ユーキャンスマイル

[もっと見る]

【アルゼンチン】厩舎の話 2020年11月6日(金) 04:56

 ◆アイスバブル・池江師「叩き良化型。スピードに乗るのに時間がかかるので東京はいい」

 ◆アールスター・長岡騎手「折り合いがつくので距離は大丈夫」

 ◆エアウィンザー・小滝助手「去勢した効果か、体つきがいい」

 ◆オセアグレイト・三浦騎手「乗った感じはすごくフレッシュで、走る気も伝わる」

 ◆オーソリティ・木村師「先輩にまじって厳しいレースを経験させてもらう」

 ◆ゴールドギア・伊藤圭師「直線でばらければ、もっとやれていい」

 ◆サトノルークス・池江調教師「菊花賞で骨折したことがトラウマになっている気がするので、ポイントは気持ちの面」

 ◆サンアップルトン・中野助手「前走より良化。東京コースがどうか」

 ◆サンレイポケット・高橋忠師「距離があった方がリズム良く運べる」

 ◆タイセイトレイル・安藤助手「気難しさを出さなければ、昨年(2着)くらい走っていい」

 ◆トーセンカンビーナ・M・デムーロ騎手「気を抜かないで集中して走れれば」

 ◆バレリオ・相沢師「うまく脚をためて、しまいの良さを生かせれば」

 ◆プリンスオブペスカ・松永昌師「状態が上がっていることを感じる」

 ◆ベストアプローチ・畠山助手「久々でも稽古本数はこなした」

 ◆ミュゼエイリアン・黒岩師「肉体的に動ける仕上がり。適性はある」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師「2500メートルでもやれると思ってここに。力がついてきた」

 ◆ユーキャンスマイル・友道師。「休み明けでも走れるし、やはり左回りの方がいい」

 ◆ラストドラフト・斎藤助手「前走はレース後に熱中症の症状が見られた。使って上向き」

アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルゼンチン】厩舎の話 2020年11月5日(木) 11:02

 アイスバブル・池江調教師「動きは良かった。叩き良化型だし、直線の長い府中は合う」

 アールスター・長岡騎手「先週の段階で仕上がっているのでサラッと。淀みのない流れが理想」

 エアウィンザー・小滝助手「動きが良く、気持ちも前向き。去勢効果か体つきが良化している」

 オセアグレイト・三浦騎手「乗った感じだと、すごくフレッシュ。走る気も伝わってきた」

 オーソリティ・木村調教師「先輩たちに交じって厳しい経験をさせてもらう。今後につながれば」

 ゴールドギア・伊藤圭調教師「前走は内に行くしかなかった。直線でバラければもっとやれる」

 サトノルークス・池江調教師「仕上がりは悪くない。2000メートルより長い距離のほうがいい」

 サンアップルトン・中野助手「前走より着実に良化している。東京コースに替わるのがどうか」

 サンレイポケット荻野極騎手「しまい重点で動きは良かった。2500メートルは競馬がしやすい」

 タイセイトレイル・安藤助手「気難しさを出さなければ、去年(2着)ぐらいは走っていい」

 トーセンカンビーナ・M・デムーロ騎手「最後までしっかり動いた。気を抜かないで走れれば」

 バレリオ・相沢調教師「先週ビッシリやって好仕上がり。うまくしまいの良さを生かせれば」

 プリンスオブぺスカ・松永昌調教師「洋芝の小回りは合わなかった。長くいい脚を使えれば」

 ミュゼエイリアン・黒岩調教師「目黒記念(14着)は不利で追えなかった。コース適性はある」

 メイショウテンゲン・池添兼調教師「先週に併せ馬でビシッとやったので、今週はこれで十分。体がしっかりしてきた」

 ユーキャンスマイル・友道調教師「息を整える程度。久々は走るし、左回りのほうがいい」

 ラストドラフト・斎藤助手「前走はレース後に熱中症の症状が見られた。使って上向いた」(夕刊フジ)

アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイセイトレイルの関連コラム

閲覧 1,707ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アルゼンチン共和国杯 2020年11月08日(日) 東京芝2500m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2010年以降)】
○15戦以内 [8-2-7-11](3着内率60.7%)
×16戦以上 [2-8-3-120](3着内率9.8%)

 キャリアの浅い馬は非常に堅実。今年は例年より該当馬が多いものの、ひと通りチェックしておくに越したことはありません。なお、出走数が16戦以上だったにもかかわらず3着以内となった13頭は、いずれも前走の着順が7着以内。また“同年5月以降、かつJRA、かつオープンクラスのレース”において6着以内となった経験があった点も共通していました。

主な「○」該当馬→オーソリティサトノルークスサンレイポケット
主な「×」該当馬→アールスターアイスバブルタイセイトレイル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“G1のレース”以外、かつ前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.7秒以内」だった馬は2010年以降[7-8-8-62](3着内率27.1%)
主な該当馬→アイスバブルオーソリティサンレイポケット

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年4月29日(水) 19:00 覆面ドクター・英
天皇賞(春)・2020
閲覧 2,722ビュー コメント 0 ナイス 10

先週はG1ありませんでしたが、ここからは6週連続のG1となります。
先々週の皐月賞は、本線的中で久々にガツンと稼ぐことに成功。その皐月賞は、ひと昔前は厳しい流れで距離以上にスタミナを問われるレースで先行して粘り強い馬が好走して、ダービーより菊花賞に繋がるレース像だったのですが、近年はマイラー寄りの馬たちのスピードレースとなっており、そのあたりの切り替えが大的中に繋がったと自負しています。
そして今週の天皇賞(春)に関しては、京都向きの先行して早いペースで最後まで走りぬく高速ステイヤーのためのレース。スタミナ自慢のバテ比べの中で差してくる馬が活躍する鈍重ステイヤー戦(凱旋門賞あたりには通ずるのかもしれないが)とは別物で、そのあたりが他の長距離レースと直結しない結果になっている一因とみています。
今年は無観客でもあり、イレこんだり、引っかかったりが例年以上に減りそうで、前有利傾向がより強調された結果となるのではないでしょうか。


<全頭診断>
1番人気想定 フィエールマン:昨年のこのレースの覇者であり、菊花賞馬でもある現役屈指のステイヤー。凱旋門賞はそもそも向かないと思っていたので、惨敗はノーカウント。前走の有馬記念は期待したが、やはり中山だと良さが出にくかった。G1とはいえ、相手の層が薄いここは連覇が十分可能。菊花賞と違って後方に居るとまずノーチャンスのこのレースだが、ルメール騎手が道中で勝負圏外の位置取りにいる可能性は極めて低く、いつも通り絶妙の位置で運んでいるのでは。

2番人気想定 ユーキャンスマイル:昨年はダイヤモンドS勝ちからの臨戦で5着だったが、今年は前哨戦の阪神大賞典を勝っての参戦と、ひと昔前なら王道のローテーション。疲れが残っていなければ、ここも好戦は可能だろう。真の適性は1800~2500m位だとは思うが、真のステイヤー不在の時代だけに、やれて良い。左回り向きと言われてきたが、前走で克服し、乗り替わりの鞍上浜中騎手も京都は得意。早めに前で勝負するタイプだけに、このレースとも合う。

3番人気想定 キセキ:以前は様々な距離・舞台でG1でも粘り強く好戦していた馬だが、海外遠征を機にすっかりスランプに陥っている現状。前走も大きく出遅れて追い上げるも、終いは止まった。調教で騎乗した武豊騎手の「乗りやすい」とのコメントが、リップサービスなのか、豊マジックで蘇らせるのか、どちらをとるかの馬。私自身は、基本的には一度粘りを失った逃げ・先行馬は買わない主義だが、これだけ相手が弱くなるとやれるのかもしれない。前走も出遅れリカバーで序盤に無理をした割には、終いもそこそこいいところまでは我慢していて、7着とはいえたった0.6秒差。消す必要はなさそう。

4番人気想定 ミッキースワロー日経賞も得意の中山らしい強い勝ち方だったが、中山と似た傾向のある福島に良績は集中。京都向きとは思えず、G1に強いとの印象をもたれている横山典騎手も、最近は実はG1での成績はさっぱりでもある。後方からという脚質は不利なレースでもあり、妙味なし。中山だったら本命視するのだが……。

5番人気想定 メイショウテンゲン:道悪の弥生賞を勝った頃は、ディープインパクト×フレンチデピュティの黄金配合だけに、マイラー寄りの馬なのかと思って見ていたが、母母サドラーズウェルズ系の影響が強いのか、菊花賞惨敗後もステイヤーズS4着、ダイヤモンドS2着、阪神大賞典でも3着好走と、ステイヤー路線で頑張っている。ただ京都向きではない印象で、あまり買いたくないタイプ。道悪要員か。

6番人気想定 トーセンカンビーナ:昨年夏までは未勝利勝ちのみだったが、昨秋から3つ勝って、前走はとうとう阪神大賞典2着を果たした上り馬。新馬戦で2000mを使ってきたようにディープインパクト産駒にしてはスタミナ寄りとみられること、ゲート難を挽回可能なことなどから、長距離で好成績となっているのかもしれないが、大一番でゲート難というのは致命的でもある。後方からすすめるタイプには厳しいレースだけに、期待し難い

7番人気想定 エタリオウ:昨年の日経賞2着を最後に馬券圏内に来ておらず、『堅実だった馬が崩れ出したら、手を出さないようする』というマイルールからは狙い辛い馬。ただ、川田騎手に乗り替わって、先行して新たな一面を引き出すようだと怖いとは思っている(ルメール騎手が、ハーツクライで意表を突く先行策で、ディープインパクトを負かしたように)。好走していた頃のような後方からのまくり差しは届かないレースなので、ゲート次第か。

8番人気想定 モズベッロ:今年は日経新春杯勝ち、日経賞2着と活躍しているが、ディープブリランテ産駒で本質的には中距離馬。ここまで距離が延びるのは歓迎ではない。必ずしも後方からでないのは良いのだが、斤量が軽い方がいいタイプのようで今回の58キロはキツいのでは。

9番人気想定 シルヴァンシャー:昨秋の京都大賞典で3着まできた、なかなか順調に使えない良血馬。体調さえ整えばトップレベルともそう差の無い器で、7か月空いたことが良いほうに出るようなら、穴馬として激走期待の手あり。

10番人気以下想定
オセアグレイト:3勝クラスを勝って2番人気で迎えた前走ダイヤモンドSでは3着。とはいえ前とは離されており(2着と5馬身差)まだ一線級とは差がある印象。

ダンビュライト:もまれ弱いのが一流馬への出世を阻んでいるが、G2を既に2勝。最近は人気にならず時折好走しており、今回も人気を落とすようなら。もまれず気分よく走れさえすれば、好走可能なポテンシャルはあり、穴馬としては期待できる。先行馬と内枠馬の期待できるレースだけに、先行できるのは強味であり、楽しみ。

メロディーレーン:340キロ前後の小さい馬で人気だが、特異なキャラだけに余分に人気となり買いたくない。もっとも背負ったのが菊花賞の55キロで後方から嵌ったレースだったが、今回は更に重い56キロを背負って後方組には厳しいレースだけに、ばっさり消す予定。

ミライヘノツバサ:脚元の不安はつきまとうドリームジャーニー産駒だが、調教でコース追いに変えてハードに攻めてきた前走(ダイヤモンドS)で見事16番人気Vを果たした。ただ7歳でもあり、更なる上積みはないのでは。

スティッフェリオ:一昨年に福島記念、昨年に小倉大賞典オールカマーを制したように中距離のローカル小回りが最適舞台のよう。ただ、先行馬と内枠馬が恵まれるレースであり、気分よく道中先行できれば、そこそこの着順に残る可能性もあり、ヒモにはありか。

タイセイトレイル:昨秋のアルゼンチン共和国杯2着以降はさっぱりで、特に買い要素なし(回避の報道もあり)。

ハッピーグリン:ホッカイドウ競馬から中央に挑戦し頑張っていたが、中央入りしてからは冴えず。正直、中距離馬の印象でここは向く舞台ではないし、力自体がちょっと落ちてきている印象。


<まとめ>
有力:フィエールマンユーキャンスマイル

穴で:ダンビュライトスティッフェリオシルヴァンシャー

[もっと見る]

2020年1月13日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年01月13日号】特選重賞データ分析編(185)~2020年日経新春杯~
閲覧 2,404ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2020年01月19日(日) 京都芝2400m外


<ピックアップデータ>

【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2013年以降)】
○5位以内 [7-6-4-35](3着内率32.7%)
×6位以下 [0-1-3-48](3着内率7.7%)

 前走の末脚に注目したい一戦。2013年以降に好走を果たした馬の大半は、前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしていました。極端な大敗を喫した直後の馬や、先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→アフリカンゴールドサトノガーネットメロディーレーン
主な「×」該当馬→タイセイトレイルレッドジェニアルレッドレオン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着」だった馬は2013年以降[2-4-3-6](3着内率60.0%)
主な該当馬→サトノガーネットレッドレオン

[もっと見る]

2019年11月21日(木) 12:00 覆面ドクター・英
ジャパンカップ・2019
閲覧 2,682ビュー コメント 0 ナイス 14

ジャパンカップというレースは、私が競馬を始めた30年近く前は、「世界の強豪に日本代表が挑むが、敗れる」という挑戦者の立場の大レースでした。外国馬も前評判とは違って、それほどの成績でなくても日本競馬への適性があったら激走してしまったりと、世界との差を感じさせられる時代でした。それが、年々日本馬が強くなり、また高速馬場だと勝負にならないと、とうとう今年は外国馬ゼロの年となってしまいました。現在の最強馬アーモンドアイもおらず、正直、日本馬同士でも最高峰の戦いという感じはしないメンバー構成ですが、近年ほぼ消しで良かった外国馬が来ない分、相対的に日本馬の枠が増えたことで馬券的には面白いとも言えます。友道厩舎の5頭出しも、このくらいの距離を目指した馬づくりをしてきていることの結果とのことですが、すごいですよね。


<全頭診断>
1番人気想定 ワグネリアン天皇賞(秋)では流れが向かずに5着だったが後方にいた時点でノーチャンスなレースだった。友道師は、距離が延びるのは良いとコメントしているし、実力上位なのは確かだが、正直400m延びるのは私自身は、そう歓迎ではないと思っている。ダービー馬で神戸新聞杯も勝ってこの距離で実績を残してはいるが、掛かり気味だったりもよくあり、前走後方となったから単純に距離が延びれば差し切れるかといえばそうでもないのがこのJCだから。JCは前に行って末脚を伸ばすタイプが好走するレースであり、同距離・同コースでも後方待機の瞬発力自慢で十分勝負になるダービーとは違ったレースと考えたほうが良い。

2番人気想定 ユーキャンスマイル:昨秋の菊花賞で3着したのもありステイヤー路線を歩みダイヤモンドS勝ち、春の天皇賞5着とそれなりの結果を出した。夏以降は中距離路線を使ってきて、新潟記念勝ち、天皇賞(秋)でも後方から鋭く差してきて4着と、同期のダービー馬のワグネリアンにも、とうとう先着した。スタミナ面と上昇度を加味すると、今回のJCはこちらが優勢では。

3番人気想定 レイデオロ:昨年の有馬記念2着までは堅実な馬だったが、ドバイ遠征で負けてからは宝塚記念5着、オールカマー4着とすっかりしぼんでしまった。2年前のJCで2着したように適性のある舞台なのだろうが、闘争心を取り戻せるかどうか。能力があるのは今更言うまでもないが……。

4番人気想定 スワーヴリチャード:昨年のJC3着でもあり、得意の左回りで巻き返したいところだろうが、やんちゃさが無くなったとともに終いの頑張りも無くなった。ただマーフィー騎手だと先週のペルシアンナイト同様に衰えてきていても頑張らせる騎乗をしてくるかも。坂路調整に変えてみたりと陣営は工夫しているが、そう簡単には巻き返せないのではという気持ちのほうが強いが。

5番人気想定 カレンブーケドールオークスで2着したようにこの舞台は向く可能性があるし、53kgという斤量も有利。近年は牝馬がやたらと走るレースでもある。ただ古馬や牡馬を押しのけて勝つまでの感じの馬ではないのでは。

6番人気想定 ムイトオブリガード:今回より100m長いアルゼンチン共和国杯の得意な馬で、同レースでは昨年2着、今年は1着と好走を続けている。昔はアルゼンチン共和国杯はG2とは名ばかりの三流ステイヤーのハンデ戦であったが、近年は出世レースとなっていて、似た舞台のここもそこそこやれていいかも。

7番人気想定 シュヴァルグラン:一昨年のJC勝ち馬(本命を打って馬券をとらせてもらった恩義のある馬)で昨年も4着と頑張った。ステイヤー寄りの馬で、前走より距離延びるのは良いのだろうがさすがに年齢的な衰えあり。

8番人気想定 エタリオウ:3月の日経賞2着までは、たくさんの2着を積み重ねてきたが、それ以降は人気より走れない状況で天皇賞(春)4着、宝塚記念9着、京都大賞典5着と得意の2着が遠ざかっている状況。そもそもそう強くないと私自身は初めから思っている馬。横山典騎手が前走後に深いブリンカーに戻したほうがいいと指摘しているように、心身バラバラの状況という印象。

9番人気想定  ルックトゥワイス:今年は目黒記念勝ち、前走アルゼンチン共和国杯でも4着と東京のこのくらいの距離は合う。実績は落ちるが激走可能なレベルにはいる一頭だろう。最近は若い馬が好走するレースだが、デットーリ騎手が乗れば、6歳秋でも最後にひと花というシーンも。(それにしても、デットーリ騎手元気ですよね。30年近く前のJCでも乗っていたし、途中にコカイン所持問題とか、飛行機墜落しても生存したり、色々あった中でまだ世界のトップに君臨してますから)

10番人気以下想定
マカヒキ:一昨年のJCでは4着とそこそこ走れていた馬。この2戦は二桁着順となっているように衰えたダービー馬となってしまっていて、ディープインパクト産駒は不調続きからの巻き返し激走がほとんど無い。

ダンビュライト:今年は京都記念1着、前走の京都大賞典2着と京都だと坂の下りで勢いつけての惰性で走るのが得意なよう。東京では、内へ内へ切れ込んだ事もあり、いい走りは期待薄。

ジナンボー新潟記念で2着して、ようやく重賞でもやれるところを示したディープインパクト×アパパネという良血馬。ただ、距離はやはり2000mのほうが良いのでは。

タイセイトレイル:夏の札幌のあまり向かない洋芝で3着続きだったが、前走は適性舞台となったアルゼンチン共和国杯2着と好走した。ここも適性条件だが、ちょっと荷が重いか。

ダイワキャグニー:リステッド競走を勝っての参戦だが、新潟記念で惨敗しているように、この相手は厳しい。

ウインテンダネス:1年半前の目黒記念勝ち以降はさっぱりで、ここも荷が重い。


<まとめ>
有力:ユーキャンスマイルワグネリアン

ヒモに:ムイトオブリガードカレンブーケドール

穴で:ルックトゥワイス

[もっと見る]

2019年11月8日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/2~11/3)新参者プロが土曜京都10R貴船Sで△タマモカトレア◎クライシス×マイネルラック81万オーバーの一撃披露!
閲覧 637ビュー コメント 0 ナイス 4


 
2(土)に行われたG2京王杯2歳S、G3ファンタジーS、3(日)に行われたG2アルゼンチン共和国杯、G3みやこSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
2(土)G2京王杯2歳Sを○タイセイビジョンビアンフェヴァルナで馬連&3連複1点的中を披露すると、3(日)G2アルゼンチン共和国杯でも◎ムイトオブリガードアフリカンゴールドの予想できっちり的中(馬券は◎単勝&◎○馬連の計2点購入のみ)し、連日の重賞HIT。他にも、2(土)福島3R3歳以上1勝クラス、3(日)福島7R3歳以上1勝クラスなどの的中を披露した先週は、週末トータル回収率112%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、G2アルゼンチン共和国杯を◎タイセイトレイルから仕留めると、続くG3みやこSは▲ヴェンジェンスウェスタールンドの予想(馬券は◎複勝のみの的中)で日曜重賞W的中をマーク!他にも、3(日)東京5R2歳新馬や、福島10R3歳以上1勝クラスなどの予想を披露し、土日2日間トータル回収率104%で終えています。これで、3週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
2(土)はG2京王杯2歳Sで◎タイセイビジョンビアンフェ的中を披露すると、続くG3ファンタジーSで△レシステンシアマジックキャッスルクリアサウンドの3連複57倍的中を含む計8万7900円払戻しをマーク。2(土)福島7R3歳以上1勝クラス◎○▲的中を筆頭に、同京都5R2歳新馬◎○的中、3(日)福島10R3歳以上1勝クラス◎○的中などで好調予想連発の先週は、週間回収率121%、収支15万4300円プラスをマーク!2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
先週は、2(土)京都10R貴船ステークスを、2着◎クライシス(単勝48.4倍)から、1着△タマモカトレア(同12.5倍)3着×マイネルラック(同111.4倍)への3連単フォーメーションで81万1750円のビッグヒットを記録!週間トータル回収率175%、収支45万8760円プラスをマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
2(土)は勝負予想東京8R3歳以上1勝クラスなどの的中をマークすると、3(日)の勝負予想東京10R錦秋Sでは「前走のレースレベルがかなり高く、最近の東京では勝てていないが、秋嶺S(1600万下)は、完全に展開不向き。青梅特別(1000万下)は負けて強しのレース内容で、東京は合う」と推した◎ワイルドカードから3連単◎○△本線的中を披露し、10万5000円のスマッシュヒット!土日2日間トータルでは回収率トップの215%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(150%)、セイリュウ1号プロ(130%)、馬っしぐらプロ(130%←2週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(127%)、山崎エリカプロ(126%)、イレコンデルパサープロ(126%←4週連続週末プラス)、金子京介プロ(124%)、霧プロ(123%)、田口啄麻プロ(108%)、馬侑迦プロ(106%)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

タイセイトレイルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 8

アルゼンチン共和国杯は血統的にはハーツクライ産駒およびトニービン内包が好走、ステイゴールド産駒が近2年好走、ロベルト内包が好走です

ハーツクライ産駒はプリンスオブペスカとタイセイトレイルですが18番人気と15番人気、どちらも穴ですね

タイセイトレイルは父ハーツクライ母父ロベルト系で去年2着の実績もありますし、去年は丹頂ステークス3着からの5番人気2着で今年も丹頂ステークスは3着でした。今年は丹頂ステークス後京都大賞典で14着と惨敗したため15番人気まで落ちていますが、去年2着の実績と今年の丹頂ステークス3着、そして騎手が重賞穴男坂井瑠星に代わることで期待したいです

あっ、オルフェーヴル信者なので1着で買うのはオーソリティとオセアグレイトです。タイセイトレイルは2,3着にだけ買いますはい

 ゼファー 2020年11月7日() 21:45
第58回 アルゼンチン共和国杯GⅡ
閲覧 226ビュー コメント 0 ナイス 13

<馬場状態>

3コーナーから4コーナーの内柵沿いおよび正面直線に傷みがあります。
の通り、例年の超速い東京の馬場では無い。

直線も明らかに、内・・・<中・・<外 が良い状態

土曜日10R:ノベンバーステークを観て、
1番枠だが大きく出遅れた事で道中外を追走出来て、直線も大外から2着したレッドベルローズが印象的

【馬場のポイント】
馬場が悪い「内~中」を走らず、如何に「外」を走るか!!

<展開>

9
16
2.3.11
1.13.14.18

5.7.10
8.15
4.6.12.17

Sペースでしょう

<馬券>

どスランプなので、前のスタイルに戻そう

3連複フォーメーション

1列目
オセアグレイト:★
14番枠から中団前で外目を追走し、直線外へ出して差してくる。
メトロポリタンステークスリステッド5着だが、最速33.3の脚がここで活きる。

ユーキャンスマイル:◎
岩田 康誠Jよ、内を突くな!!外行けば勝てる。

2列目
ゴールドギア:☆
17番枠がいい、後ろでじっとして直線大外に出して、53㎏を利して差し込む。
緑風ステークス(メトロポリタンステークスリステッドの翌日)の決め脚が活きる。

サンレイポケット:〇
荻野 極Jよ、当日どこを通れば伸びるか本番までに、東京芝レースを良く観て下さい。

3列目
タイセイトレイル:坂井 瑠星Jが久しぶりの手戻りが不安で
サンアップルトン:直線外は、Sペースでは33秒台の脚が必要だが・・・切れない
オーソリティ:大外枠とクリストフ ルメールJなので押さえる。

[もっと見る]

 グラニースミス 2020年11月6日(金) 09:13
ハンデ戦 ~アルゼンチン共和国杯 GⅡ~ 
閲覧 804ビュー コメント 15 ナイス 154

自称「最強の素人」を目指しているので、
プロテストはなぁ…と悩んでいました(笑)
実は、一昨年、第一竜門で敗退
昨年は参加したくても、資格すらなかった。
当たらない → つまらない → ダダ下がりの予想家レベル
そんな紋々とした期間に、へんてこりんな日記を書いたら
たくさんの方々に閲覧され、楽しい競馬になりました。
大変、感謝しています(^o^)/

5回東京2日目11R第58回 アルゼンチン共和国杯 GⅡ
目黒記念と同じ東京芝2,500mのハンデ重賞
ハンデ戦の先入観は、きっと軽量馬が有利かも~なんて思いません?
でも、意外にも競馬のハンデ戦の最軽量はあまり活躍していない気がします。
ちなみに11月の2,200m以上の定量は、3歳55kg、4歳上57kg、牝馬2kg減
ハンデ対象期間 2019/11/2~2020/11/1です。

【昨年のJRA HP出走馬情報と結果】
ルックトゥワイス4着、アフリカンゴールド3着、ムイトオブリガード1着、ノーブルマーズ8着
タイセイトレイル2着、アイスバブル11着、オジュウチョウサン12着、ハッピーグリン9着
1~3着完全掲載されていました
最軽量51kg マコトガラハッド は13頭立て13着でした。

【恒例のJRA HP出走馬情報と斤量】
ユーキャンスマイル → 牡5定量より1kg増58kg、今年の阪神大賞典GⅡ1着馬
サンレイポケット → 牡5定量より2kg減55kg、
メイショウテンゲン → 牡4定量より1kg減56kg、ダイヤモンドS2着も今期未勝利
バレリオ → 牡5定量より2kg減55kg、今期未勝利
オーソリティ → 牡3 定量より1kg減54kg、謎の出走?
サンアップルトン → 牡4定量より2kg減55kg、
アイスバブル → 牡5定量より2kg減55kg、同舞台目黒記念2年連続2着
トーセンカンビーナ 牡4定量より2kg減55kg、今年の阪神大賞典GⅡ2着馬

土曜次第ですが、現在ディープ産駒は、7週連続重賞勝ちで8週は新記録が掛かっています。

みやこSは3歳馬が不在だけれど、こちらには登場
オーソリティ … いけずな馬
ディープ記念3着、〇優を保有も皐月賞回避、
なのにダービートライアル青葉賞1着、〇優を保有も東京優駿回避
権利を取っては、回避を繰り返す謎の馬、この出走は本気なのだろうかぁ?
ちなみに3歳でこのレースを制したスワーヴリチャードは56kgでした。
ここを勝っても、なんの権利もないですが、有馬には出走したりして(笑)

「宝くじは、買わなきゃ当たらない」精神で、玉砕覚悟のプロテストですが、
ハンデ戦にしてくれないですかねぇ(笑)

では

[もっと見る]

⇒もっと見る

タイセイトレイルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月8日() 01:37:04
ニゲ、馬券圏内可能、
スガダ、近走はムラ有り、上位には入らない

タイセイトレイルの写真

タイセイトレイル
タイセイトレイル

タイセイトレイルの厩舎情報 VIP

2020年11月8日アルゼンチン共和国杯 G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

タイセイトレイルの取材メモ VIP

2020年11月8日 アルゼンチン共和国杯 G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。