ドゥオーモ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ドゥオーモ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2013年5月8日生
調教師野中賢二(栗東)
馬主広尾レース 株式会社
生産者藤原牧場
生産地新ひだか町
戦績21戦[3-4-2-12]
総賞金7,690万円
収得賞金2,900万円
英字表記Duomo
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
アスクコマンダー
血統 ][ 産駒 ]
コマンダーインチーフ
エイブルカグラ
兄弟 トレノエンジェルエイシンクエスト
前走 2020/11/15 福島記念 G3
次走予定

ドゥオーモの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/15 福島 11 福島記念 G3 芝2000 1681520.11012** 牡7 53.0 藤岡康太野中賢二472(-4)2.00.4 0.834.8⑭⑭⑭⑭バイオスパーク
20/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 17612128.61415** 牡7 56.0 藤岡康太野中賢二476(+4)2.27.4 1.835.5⑭⑭⑮⑯グローリーヴェイズ
20/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 163658.4132** 牡7 53.0 藤岡康太野中賢二472(-2)1.59.9 0.236.1⑯⑯⑬⑩アドマイヤジャスタ
20/07/05 函館 11 巴賞 OP 芝1800 101111.169** 牡7 56.0 勝浦正樹野中賢二474(-2)1.49.1 1.235.1⑨⑨⑨⑨トーラスジェミニ
20/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1661123.51111** 牡7 53.0 勝浦正樹野中賢二476(+4)1.59.8 1.234.8⑯⑯トーセンスーリヤ
20/02/23 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1471240.5102** 牡7 52.0 勝浦正樹野中賢二472(-10)1.48.6 0.335.8⑬⑫⑤⑤カデナ
20/02/16 小倉 10 玄海特別 2勝クラス 芝1800 1661114.171** 牡7 55.0 勝浦正樹野中賢二482(+4)1.51.7 -0.236.9⑧⑧⑥ダディーズトリップ
20/01/26 小倉 10 壇之浦特別 2勝クラス 芝1800 1671353.2133** 牡7 57.0 勝浦正樹野中賢二478(-8)1.50.7 0.237.9⑭⑭⑫⑧ダブルシャープ
20/01/06 京都 9 許波多特別 2勝クラス 芝2200 1281262.0109** 牡7 57.0 藤井勘一野中賢二486(+8)2.16.3 1.337.2⑩⑨⑦⑤ショウリュウイクゾ
19/08/31 札幌 12 日高特別 2勝クラス 芝2000 1661212.059** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二478(0)2.03.6 0.636.9⑯⑭ハウエバー
19/08/04 札幌 10 藻岩山特別 2勝クラス 芝1800 13689.156** 牡6 54.0 藤岡佑介野中賢二478(+2)1.47.3 0.635.2⑬⑬⑧⑧リープフラウミルヒ
19/07/13 函館 10 臥牛山特別 1勝クラス 芝2000 9775.131** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二476(-4)2.03.5 -0.234.9⑧⑧アラスカ
19/06/09 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 13456.822** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二480(-4)1.48.8 0.333.9⑬⑫ペルクナス
19/05/11 京都 7 4歳以上500万下 芝1600 14222.9211** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二484(+6)1.34.9 0.834.3⑪⑪マジックバローズ
19/04/21 京都 8 4歳以上500万下 芝1800 134510.152** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二478(+2)1.45.4 0.033.9⑨⑤リリーモントルー
18/05/05 新潟 12 二王子特別 500万下 芝1800 128123.416** 牡5 57.0 小崎綾也野中賢二476(-2)1.48.1 0.534.4⑪⑪サトノルーラー
18/04/08 阪神 7 4歳以上500万下 芝1600 1871414.754** 牡5 57.0 藤岡佑介野中賢二478(+6)1.34.3 0.435.2⑯⑫バティスティーニ
18/03/11 阪神 8 4歳以上500万下 芝1600 148138.0410** 牡5 57.0 藤岡佑介野中賢二472(+12)1.35.4 1.334.4⑬⑭ジェニアル
16/04/30 京都 9 あやめ賞 500万下 芝1800 11783.623** 牡3 56.0 川田将雅野中賢二460(-12)1.47.8 0.233.4⑩⑩ナイトオブナイツ
16/04/02 阪神 9 アザレア賞 500万下 芝2400 11675.837** 牡3 56.0 池添謙一野中賢二472(-4)2.27.1 1.235.1⑧⑧⑧⑦ヴァンキッシュラン

⇒もっと見る


ドゥオーモの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は福島記念・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の福島芝のレース結果、近年の福島記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

中間の雨量こそゼロ表記だが、月曜日から水曜日にかけては”一時雨”が記録されているように、カラッと晴れた日は少なかった様子。その状況下、金曜日に散水作業を施したこともあって、土曜日の芝コースは、良馬場(JRA発表)ながらも、含水多めのコンディションだった。

加えて、A→Bコース変更週にもかかわらず、柵移動後の内ラチ沿いは見た目に傷みが残っている状況。悪条件が重なり、内めで競馬を進めた馬が踏ん張りを欠くシーンが続出。好位~中団に位置し、直線で中~外めに進路をとった差し馬の活躍が目を引いた。

日曜日開催中の降水確率は0%。雨の心配はなさそうだが、内だけではなく全体的にキックバックが目立つようになってきた福島芝コース。一気に状況が変わるとは思えない。引き続き、長く脚を使える差しタイプに軸足を寄せたほうが、好結果につながりやすいのではないか。

枠順については、中~外枠がやや有利の情勢。馬場の乾きが進めば、内めの枠の優位性が多少増すかもしれないが、大きなアドバンテージを得るまでには至らないように思える。よって土曜日同様に、中より外(5~8枠あたり)の枠を優先したほうがよさそうだ。

血統面に関しては、近年の福島記念の上位馬を振り返ると、ステイゴールドの血を引く馬の活躍が顕著。ほかでは、キングカメハメハディープインパクトの系統産駒、父もしくは母の父にロベルト系種牡馬を配する馬の好走例が多い。条件を満たす馬には相応の警戒が必要だろう。

また、前走G1・G2出走馬や、前走がG3以下で1着またはタイム差0秒5内だった馬が幅を利かせているのも、近年における当レースの大きな特徴。血統面と合わせて押さえておきたいポイントだ。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(5~8枠)の要点をともに満たしているのは、⑨ヴァンケドミンゴ、⑮ドゥオーモ。従って当欄では、この2頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
ヴァンケドミンゴ ドゥオーモ

【福島記念】厩舎の話 2020年11月13日(金) 04:53

 ◆アドマイヤジャスタ・須貝師「スムーズなら2走前(函館記念1着)くらいやれていい」

 ◆ヴァンケドミンゴ・影山助手「使った上積みは十分」

 ◆ウインイクシード・鈴木伸師「小回り福島、56キロのハンデと条件はそろっている」

 ◆テリトーリアル・西浦師「小回りの2000メートルはいい条件」

 ◆ドゥオーモ・野中師「前走のようなヨーイドンの競馬では分が悪い」

 ◆トーラスジェミニ・小桧山師「追い切り後も、すぐに息が入っていた。すこぶる順調」

 ◆バイオスパーク・浜田師「ゲートを五分に出られるかがポイント」

 ◆マイネルサーパス・高木師「良馬場でやれそうなのはいい」

 ◆レッドアネモス・友道師「条件が合うここまで待った。小回りで結果を出している」

 ◆レッドローゼス・国枝師「動きは悪くない。競馬の形は決まっているので」

福島記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島記念】池添と藤岡康が全10場重賞Vを狙う 2020年11月13日(金) 04:52

 今週の福島記念に参戦する池添謙一騎手(41)=栗・フリー=と藤岡康太騎手(31)=栗・フリー=は、勝てば史上6人目のJRA全10場重賞V達成となる。

 バイオスパークに騎乗する池添騎手は「これまでに数少ないジョッキーしか達成していない記録ですからね。(タイトルを)取れるときに取っておきたいですね」とコメント。ドゥオーモの藤岡康騎手は「せっかくのチャンスなので達成してみたいですね。いい馬の依頼をいただいたので頑張りたい」と意気込んだ。

 これまで、安田富男元騎手、武豊騎手、藤田伸二元騎手、横山典弘騎手、秋山真一郎騎手が達成している。

福島記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【福島記念】追って一言 2020年11月12日(木) 04:48

 ◆アドマイヤジャスタ・須貝師「馬なりでまずまずの動き。スムーズなら2走前(函館記念1着)くらいやれていい」

 ◆ヴァンケドミンゴ・藤岡師「ジョッキーも『良かった』と言ってくれた。福島のこの距離はぴったり。流れも向きそうなので楽しみ」

 ◆ウインイクシード・鈴木伸師「動きは軽くいい状態で臨める。小回り福島、56キロのハンデと条件はそろっている」

 ◆ソロフレーズ・栗田師「前走は息が入らない形だった。力みやすいので、もまれずに運べれば」

 ◆テリトーリアル・西浦師「目一杯にやる必要はないし、ゆったりと走れていた。小回りの2000メートルもいい条件」

 ◆デンコウアンジュ・荒川師「7歳牝馬でも力は衰えていない。福島もいいけど、休み明けは動かないタイプでどうか」

 ◆ドゥオーモ・野中師「この馬なりにいい動き。ここを狙って、思ったとおりにきている。前走のようなヨーイドンの競馬では分が悪い。少し時計がかかってほしい」

 ◆トーラスジェミニ・小桧山師「坂路で全く無理するところなく51秒台。普通キャンターに見えるくらい動きが良かった。追い切り後もすぐに息が入っていた。すこぶる順調」

 ◆ナイママ・武藤師「いい意味で状態は平行線。距離、3週目の馬場状態、ハンデともろもろ条件はそろう。崩れるイメージはない」

 ◆バイオスパーク・浜田師「状態は前走よりも確実にいい。今回は小回りなのでゲートを五分に出られるかがポイント」

 ◆マイネルサーパス・高木師「1回叩いて状態は上がっている。今回は良馬場でやれそうなのはいいね。福島コースも合っている」

 ◆マイネルハニー・栗田師「徐々に張りが出て、前走より状態は良くなっている」

 ◆レッドアネモス・友道師「条件が合うここまで待った。小回りで結果を出しているので、福島コースも問題ない」

 ◆レッドローゼス・国枝師「動きは悪くない。競馬の形は決まっているので」

 ◆ロードクエスト・小島師「調教量は十分。さじ加減次第で2000メートルもこなせる」

 ◆ワセダインブルー・池上師「調教でも今までよりは動けている。東京や中山よりコースも合う」

福島記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エリザベス女王杯&福島記念&デイリー杯2歳S&武蔵野S&京都ジャンプS】レースの注目点 2020年11月11日(水) 13:00

★41年ぶりに阪神で実施されるエリザベス女王杯 3頭のGI馬を含む19頭が登録



 11月15日、阪神競馬場でエリザベス女王杯が実施される。同レースは3歳牝馬限定戦として1976年に創設されたが、1996年からは古馬も出走可能となり、今年で45回目を迎える。エリザベス女王杯は例年、京都競馬場で実施されてきたが、同競馬場は今月から大規模な整備工事を行い、2023年3月まで開催休止となるため今年は阪神競馬場で実施される。エリザベス女王杯が阪神で実施されるのは1979年(第4回)以来、41年ぶり2回目となるが、今年のエリザベス女王杯はどのような結果になるだろうか。ちなみに、同レースは2011年にスノーフェアリーが勝ったのを最後に、1番人気馬が8連敗中となっている。なお、今年のエリザベス女王杯には、 昨年の覇者ラッキーライラック(5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、昨年のオークスラヴズオンリーユー(4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、昨年のヴィクトリアマイルを制したノームコア(5歳、美浦・萩原清厩舎)と3頭のGI馬を含む19頭が登録している。



★阪神でGI2勝のラッキーライラック 史上4頭目のエリザベス女王杯連覇なるか



 昨年の覇者ラッキーライラック(5歳、栗東・松永幹夫厩舎)がエリザベス女王杯の連覇に挑む。同馬はデビューから3連勝で2017年の阪神JFを制し、同年のJRA賞最優秀2歳牝馬を受賞したが、3歳初戦のチューリップ賞1着以降は勝利から遠ざかり、昨年のエリザベス女王杯が約1年8力月ぶりの勝利となった。その後ラッキーライラックは今年の大阪杯でGI3勝目を挙げているが、エリザベス女王杯で4つ目のGIタイトルを手にすることができるかどうか。



 また、ラッキーライラックは2017年の阪神JF、今年の大阪杯と阪神でGI2勝を挙げている。阪神でGI3勝を挙げれば、グレード制が導入された1984年以降で初めてのこととなるが、ラッキーライラックは京都から阪神に舞台を移した今年もエリザベス女王杯を制すことができるかどうか。Vなら、メジロドーベル(1998・99年)、アドマイヤグルーヴ(2003・04年)、スノーフェアリー(2010・11年)に続く史上4頭目の同レース連覇となり、異なる競馬場での同一GI連覇は、グレード制が導入された1984年以降で天皇賞・秋シンボリクリスエス(2002・03年)、キンシャサノキセキ高松宮記念(2010・11年)以来、3例目となる。



★今年JRA・GI5勝のC.ルメール騎手 “テン乗り”ラッキーライラックとのコンビで参戦



 今年のJRA・GIで5勝を挙げているC.ルメール騎手は、エリザベス女王杯では初コンビとなるラッキーライラック(5歳、栗東・松永幹夫厩舎)に騎乗予定。JRA・GIの年間最多勝記録は、2018年にルメール騎手が記録した8勝で、今後実施されるJRA・GI8レースで自身の記録にどこまで迫ることができるか注目されるが、同騎手はリトルアマポーラで制した2008年以来のエリザベス女王杯制覇を遂げることができるかどうか。



 また、ラッキーライラックを所有する(有)サンデーレーシングも今年のJRA・GIで5勝を挙げている。馬主のJRA・GI年間最多勝記録は「6勝」で、残りのJRA・GIでこの記録を更新することができるかどうか。なお、同馬主の所有馬では、ロサグラウカ(5歳、美浦・尾関知人厩舎)もエリザベス女王杯に登録している。



矢作芳人調教師は2頭の管理馬を登録 JRA・GI年間5勝の大記録なるか



 矢作芳人調教師(栗東)は、モズアスコットフェブラリーSコントレイル皐月賞、ダービー、菊花賞を制しており、今年のJRA・GI5勝目がかかる。グレード制が導入された1984年以降で、JRA・GI年間5勝を挙げたのは岩元市三元調教師(2000年)、池江泰寿調教師(2011年)の2人だけで、矢作調教師にはグレード制導入以降3人目の大記録がかかる。矢作調教師はエリザベス女王杯に昨年のオークスラヴズオンリーユー(4歳)、昨年の中日新聞杯勝ち馬サトノガーネット(5歳)の2頭を登録しているが、2018年リスグラシュー以来2年ぶり2回目のエリザベス女王杯制覇を遂げることができるかどうか。



 ラヴズオンリーユーは、昨年のエリザベス女王杯で1番人気に支持されたが3着に敗れた。前年のエリザベス女王杯で1番人気→敗退した馬では2000年のファレノプシス(前年6着)、2005年のスイープトウショウ(前年5着)が勝利を挙げているが、ラヴズオンリーユーは昨年のリベンジを果たすことができるかどうか。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



★30年ぶりのエリザベス女王杯V狙う横山典弘騎手 札幌記念を制したノームコアに騎乗予定



 ノームコア(5歳、美浦・萩原清厩舎)は、昨年のヴィクトリアマイル以来のGI制覇を目指す。同馬は前走の札幌記念ではGI馬ぺルシアンナイト、ラッキーライラックを破り、重賞4勝目を挙げた。ノームコアが芝2000メートルを超える距離のレースに出走するのは、2018年のエリザベス女王杯(5着)以来、2年ぶり2回目となるが、GI2勝目を挙げることができるかどうか。なお、同馬に騎乗予定の横山典弘騎手は、3歳限定戦だった1990年キョウエイタップ以来のエリザベス女王杯制覇がかかる。グレード制が導入された1984年以降、騎手の同一JRA・GI最長間隔勝利は、横山典弘騎手が2014年宝塚記念で記録した「23年ぶり」だが、30年ぶりのエリザベス女王杯制覇で自身の記録を更新することができるかどうか。



 ノームコアは父ハービンジャー、母クロノロジストという血統で、今年の宝塚記念勝ち馬クロノジェネシスの姉にあたる。昨年はノームコアヴィクトリアマイルクロノジェネシス秋華賞を制したが、今年も姉妹揃ってJRA・GIを制すことができるかどうか。なお、きょうだい馬が同一年にJRA・GIを勝てば、グレード制が導入された1984年以降で11例目、2年連続での達成は「兄ビワハヤヒデ=弟ナリタブライアン(1993・94年)」以来2組目となる。



★3歳勢はオークスの2・3着馬など6頭が登録 2017年モズカッチャン以来の勝利なるか



 3歳勢は、GI馬の登録こそないが、オークス2着馬ウインマリリン(美浦・手塚貴久厩舎)、オークス3着馬ウインマイティー(栗東・五十嵐忠男厩舎)、秋華賞3着馬ソフトフルート(栗東・松田国英厩舎)など6頭が登録している。エリザベス女王杯が3歳以上のレースとなった1996年以降、3歳馬の優勝は8回で、今年の3歳勢が勝てば、2017年モズカッチャン以来、3年ぶり9回目の勝利となるが、実績豊富な古馬を破ることができるかどうか。



★前走の産経賞オールカマーで重賞制覇 昨年4着のセンテリュオが今年も参戦



 センテリュオ(5歳、栗東・高野友和厩舎)は、芝2200メートル戦で5戦2勝、2着2回と好成績を挙げており、前走の産経賞オールカマーでは重賞初制覇を果たしている。同馬は昨年のエリザベス女王杯では4着に入っているが、前年以上のパフォーマンスを見せてJRA・GI初勝利を挙げることができるかどうか。同馬には前走に続き戸崎圭太騎手が騎乗する予定。なお、エリザベス女王杯が3歳以上のレースになった1996年以降、産経賞オールカマーに出走した馬の同年のエリザベス女王杯での成績は2勝、2着1回(勝率.200、連対率.300)となっている。



北村友一騎手とのコンビでは連対率100% 府中牝馬Sを制したサラキア



 サラキア(5歳、栗東・池添学厩舎)は、今年に入り愛知杯9着、福島牝馬S5着、エプソムC13着という成績だったが、小倉日経オープンで約2年ぶりとなる勝利を挙げると、続く府中牝馬Sでは重賞初制覇を飾った。サラキアには小倉日経オープン、府中牝馬Sに続き北村友一騎手が騎乗する予定だが、3連勝で女王の座に就くことができるかどうか。なお、サラキア北村友一騎手のコンビは通算4戦3勝、2着1回で連対率100%の好成績をマークしている。



 また、府中牝馬S2着のシャドウディーヴァ(4歳、美浦・斎藤誠厩舎)、同3着のサムシングジャスト(4歳、栗東・松田国英厩舎)もエリザベス女王杯に出走する予定。2頭はいずれも重賞勝利がないが、重賞初制覇をGIの舞台で飾ることができるかどうか。なお、重賞未勝利馬のエリザベス女王杯制覇は、過去10年では2012年レインボーダリア、2014年ラキシス、2015年のマリアライトの3頭が記録している。



エリザベス女王杯5勝目を狙う武豊騎手 自身23回目のJRA年間100勝も目前



 エリザベス女王杯で最多の4勝を挙げている武豊騎手が、16年ぶりの同レース制覇を狙う。同騎手はエリザベス女王杯で最多騎乗回数(28回)を記録しており、2001~04年に同一JRA・GIの最多連勝記録となるエリザベス女王杯4連覇を果たしている。今回は“テン乗り”のエスポワール(4歳、栗東・角居勝彦厩舎)とのコンビで参戦する予定だが、自身の最多勝記録を更新するエリザベス女王杯5勝目を挙げることができるかどうか。なお、エスポワールを管理する角居勝彦調教師はエリザベス女王杯で最多の出走回数(17回)を記録しており、2014年にラキシスで勝利を挙げている。



 また、武豊騎手は、11月9日現在、今年のJRA競走で99勝を挙げており、2年連続23回目のJRA年間100勝達成まであと1勝としている。50代騎手の年間最多勝記録は昨年、武豊騎手(当時50歳)が記録した111勝だが、残りの開催で自身の記録にどこまで迫れるだろうか。



★デビュー2年目の若武者に注目! 斎藤新騎手&団野大成騎手が参戦予定



 エリザベス女王杯には、デビュー2年目の斎藤新騎手、団野大成騎手が参戦する予定。斎藤騎手は昨年42勝を挙げてJRA賞最多勝利新人騎手を受賞、2年目の今年も11月9日現在、33勝を挙げている。また、団野騎手は11月9日現在、前年の26勝を大きく上回る50勝を挙げている。斎藤騎手のJRA・GI騎乗は昨年のホープフルS、今年のスプリンターズSに続く3回目、団野騎手は今回がJRA・GI初騎乗となるが、大舞台でどのような騎乗を見せてくれるだろうか。なお、斎藤騎手はウラヌスチャーム(5歳、美浦・斎藤誠厩舎)、団野騎手はリュヌルージュ(5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)に騎乗する予定。



 また、ウラヌスチャームは斎藤騎手の父・斎藤誠調教師の管理馬。「父=調教師、子=騎手」による親子JRA・GI制覇はグレード制が導入された1984年以降で3組が達成しているが、斎藤騎手は父の管理馬とのコンビで初のビッグタイトルを獲得することができるかどうか。なお、同騎手のレース当日の年齢は19歳9力月7日で、Vなら、岸滋彦元騎手が持つ同レースの最年少優勝記録(19歳11力月9日)を更新する。



池添謙一騎手&藤岡康太騎手が参戦予定 史上6人目のJRA全10場重賞制覇なるか/福島記念



 池添謙一騎手と藤岡康太騎手が、福島記念でJRA全10場重賞制覇を目指す。池添騎手の福島重賞参戦は今回が9回目、藤岡康太騎手の福島重賞参戦は5回目だが、史上6人目のJRA全10場重賞制覇を遂げることができるだろうか。なお、池添騎手はバイオスパーク(牡5歳、栗東・浜田多実雄厩舎)、藤岡康太騎手はドゥオーモ(牡7歳、栗東・野中賢二厩舎)に騎乗する予定。なお、バイオスパークドゥオーモはいずれも10月11日の京都大賞典以来の出走で、京都大賞典ではバイオスパークが9着、ドゥオーモが15着だった。



★レッドベルジュールの全弟レッドベルオーブ 兄弟で史上2組目の連覇なるか/デイリー杯2歳S



 デイリー杯2歳Sに登録しているレッドベルオーブ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)は、父ディープインパクト、母レッドファンタジアという血統で、昨年のデイリー杯2歳S勝ち馬レッドベルジュールの全弟にあたる。レッドベルオーブは、新馬戦では2着に敗れたが、2戦目の未勝利戦で中京芝1600メートルの2歳コースレコードを更新(1分33秒1)して、初勝利を挙げた。レッドベルオーブには引き続き福永祐一騎手が騎乗する予定だが、兄に続いてデイリー杯2歳Sを制すことができるかどうか。Vなら、同レースの兄弟制覇は「兄リディル(2009年)=弟クラレント(2011年)」以来、2組目となる。



 また、モーリス産駒のカイザーノヴァ(牡、栗東・矢作芳人厩舎)には、同産駒初のJRA重賞制覇がかかる。モーリスは今年の新種牡馬で、11月9日現在のJRA2歳リーディングサイヤーランキングではディープインパクトに次ぐ2位となっている。カイザーノヴァは前走でオープンのクローバー賞を制しているが、父に初の重賞タイトルをプレゼントすることができるかどうか。

[もっと見る]

【福島記念】レース展望 2020年11月9日(月) 17:33

 秋の福島最終日を飾るのは、ハンデ重賞の福島記念(15日、GIII、芝2000メートル)。ハンデ戦らしく難解な一戦になりそうだが、過去10年の結果を見ると1~3番人気馬の総崩れはない。1番人気に限っては13年のディサイファ、17年のサンマルティン以外は馬券圏内を外しておらず、信頼度は高いだろう。

 重賞3勝を挙げているデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、牝7歳)が実績では上位だ。昨年は6着に敗れているが、その3走前の福島牝馬Sを勝っており、福島コースへの適性はある。今年も愛知杯を制するなど7歳にしていまだ衰えてはいない。約6カ月半ぶりの実戦だが、同じくベテランの柴田善臣騎手とのコンビで重賞4勝目を狙う。あとは牡馬相手にハンデ56キロがどうかだろう。

 アドマイヤジャスタ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は今年の函館記念で15番人気の低評価を覆す勝利を収めた。18年ホープフルS2着の実力馬がきっかけをつかんだ一戦だった。続く札幌記念ではGI馬たちを相手に10着に敗れたが、富田暁騎手との新コンビで重賞2勝目を目指す。ハンデの56キロは守備範囲。

 七夕賞3着のヴァンケドミンゴ(栗東・藤岡健一厩舎、牡4歳)は、現時点では出走へは1/2の抽選対象。前走のカシオペアSも3着と賞金を加算することはできなかったが、京都コースでの好走は力をつけている証明。5戦4勝、3着1回の福島芝コースでハンデ55キロなら、出走できれば上位争いが見込める。

 福島民報杯勝ち馬のマイネルサーパス(美浦・高木登厩舎、牡4歳)も上位争いに加わってくるだろう。七夕賞は11着に敗れたが、暑さへの弱さと道悪による敗戦で、寒くなってきた今なら問題ない。好相性の舞台で今度こそ重賞制覇なるか。ハンデの56・5キロは七夕賞と同じで、こなせるかも焦点となる。

 ウインイクシード(美浦・鈴木伸尋厩舎、牡6歳)は札幌日経OP8着からの巻き返しを図る。今年の中山金杯で2着に導いた松岡正海騎手に手綱が戻るのも魅力的で、昨年の4着も同じコンビだった。松岡騎手は先週、落馬事故から復帰後の初勝利を挙げたが、その時に騎乗していたのはウインイクシードの半妹ウインキートス。2週連続で兄妹を勝利に導けるか期待がかかる。七夕賞5着時と同じハンデ56キロで、今度は前進したい。

 函館記念3着のバイオスパーク(栗東・浜田多実雄厩舎、牡5歳)も侮れない。前走の京都大賞典は9着に敗れたが、GI馬2頭をはじめ、たくさんの重賞ウイナーたちを相手に見せ場たっぷりのレースだった。GIIIのここなら上位争いに加わっても不思議はない。騎乗予定の池添謙一騎手は史上6人目のJRA全10場での重賞制覇がかかる。ハンデ55キロは函館記念と同じで問題はないだろう。

 他にも11番人気の低評価を覆してクイーンSを勝ったレッドアネモス(栗東・友道康夫厩舎、牝4歳)や、小倉大賞典函館記念で人気薄ながらも2着に入ったドゥオーモ(栗東・野中賢二厩舎、牡7歳)、エプソムCで最低人気ながら3着に入り波乱を演出したトーラスジェミニ(美浦・小桧山悟厩舎、牡4歳)、オクトーバーS勝ち馬のテリトーリアル(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)、重賞初挑戦のワセダインブルー(美浦・池上昌和厩舎、牡5歳)、昨年5着のレッドローゼス(美浦・国枝栄厩舎、牡6歳)など、手広く押さえたい。

福島記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドゥオーモの関連コラム

閲覧 2,254ビュー コメント 0 ナイス 6

重賞の波乱が止まらない。スイッチは安田記念でのアーモンドアイの敗退だっただろうか。その後の重賞はなんとすべて3連複から万馬券。

マーメイドS  18,460円 125,270円 7番人気サマーセントが勝利
エプソムカップ 739,440円 4,219,320円 9番人気ダイワキャグニーが勝利、18番人気トーラスジェミニが3着
函館スプリントS  13200円 64550円 10番人気ダイメイフジが2着
ユニコーンS  14,320円 36,360円 11番人気ケンシンコウが3着
宝塚記念  51,240円 183,870円 人気のサートゥルナーリアが4着、12番人気モズベッロが3着
CBC賞 242,890 2,444,630 13番人気ラブカンプーが勝利、11番人気アンヴァルが2着
ラジオNIKKEI賞  22,480円 173,020円 8番人気バビットが勝利
プロキオンS  140,380円 826,670円 8番人気エアスピネルが2着、9番人気ヤマニンアンプリメが3着
七夕賞  19,850円 111,330円 7番人気ブラヴァスが2着
函館2歳S  49,250円 577,430円 11番人気リンゴアメが勝利
函館記念  283,880円 3,432,870円 15番人気アドマイヤジャスタが勝利、13番人気ドゥオーモが2着
中京記念  382,480円 3,302,390円 18番人気メイケイダイハードが勝利、9番人気エントシャイデンが3着

現在重賞12レース連続波乱決着、その中で3連単100万馬券が3回と、歴史的波乱の真っ只中にいる。

関東甲信越の梅雨入りが6月11日だったことを考えると、ちょうど梅雨入りと同時に波乱が始まったことになる。これはただの偶然ではなく、現代競馬では「荒れ馬場=非日常」となる。

先週のメイケイダイハードの外からの差し切りも内が全く伸びなくなった最終週の馬場の影響が大いにあった。高速馬場、立ち回り戦が常態化した現代競馬では、外が伸びる馬場は波乱の一因となる。トーラスジェミニラブカンプーなど「人気薄の逃げ馬」はいつの時代も穴の主役だが、荒れ馬場になると「外枠の差し馬」にも注目したい。

アイビスサマーダッシュ展望

さて、今週末は年に一度の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。このレースこそ枠順が大いに影響を与える一戦で、言うまでもなく外枠が断然有利。波乱が続く重賞戦線だが本レースは比較的堅めの決着が多く、過去5年で1番人気(4-1-0-0)とパーフェクト連対。今年は恐らく人気が予想されるライオンボスが断然の支持を集めそうだが、果たして今年も堅めの決着となるのか。はたまた、昨今の傾向通り波乱が続くのか。ココでは注目の穴馬を2頭挙げておきたい。

モンペルデュ
今回が初ダートとなるが、テンのスピードの速さは直線競馬では魅力的。ダート馬としては軽さのあるタイプなので芝もこなせそうだし、絶好の15番枠を追い風にスッと先行できれば侮れない存在になる。

ナランフレグ
差し追い込み型だけに展開待ちの面はあるが溜めた時の末脚は強烈。昨夏には直線競馬で差して連勝を決めたように適性は証明済みで、少し前がやり合う、あるいは上がりが掛かるような流れになれば侮れない面もある。週末の雨予報は追い風。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年7月24日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/18~7/19) 佐藤洋一郎プロが日曜函館3R85万! オークランドRCT95万! と大暴れ
閲覧 1,092ビュー コメント 0 ナイス 5


 
19(日)のG3函館記念ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
19(日)函館3R3歳未勝利では、ケイアイメープル(単勝152.5倍)に敢然と◎を打ち、単勝と3連単7981.2倍を仕留め計85万9120円のホームランを記録! さらに、ダメ押しとなる阪神10Rオークランドレーシングクラブトロフィーでの、◎アバルラータから3連単95万5230円馬券的中で、この日“2本目”をマーク。週末トータルで、回収率295%、収支132万2070円プラスの総合トップに立っています。2週連続週末プラスを達成。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
19(日)G3函館記念を◎ドゥオーモ(単勝58.4倍)で仕留めるほか、阪神10Rオークランドレーシングクラブトロフィー的中などをマーク。18(土)にも、福島2R3歳未勝利での◎ミモザゴール(単勝80.1倍)単複的中で計11万5500円払戻し(3,850%回収)、阪神12R3歳以上1勝クラス的中などの活躍を披露しています。土日2日間トータル回収率184%、収支16万8650円プラスの好成績を記録。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
先週は、19(日)福島8R3歳以上1勝クラスでの◎ショウナンアオゾラ的中を筆頭に、的中率27%、回収率128%、収支13万4200円プラスの安定した好パフォーマンスを披露。これで、連続週末プラスを「4」に伸ばしています。
 
 
 
この他にも、イレコンデルパサープロ(129%←2週連続週末プラス)、霧プロ(124%←2週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(119%)、豚ミンCプロ(117%←2週連続週末プラス)、馬侑迦プロ(103%←3週連続週末プラス)、蒼馬久一郎プロ(103%←3週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(104%←3週連続週末プラス)、ジョアプロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

ドゥオーモの口コミ


口コミ一覧

福島記念

 しんすけ49 2020年11月15日() 06:10

閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 23

おっは~♪

この時間で早くも起きてから2時間30分が経過。

も少ししたら息子を取れて行かなきゃね。

今日はサッカーの試合なのでね。

ぱぱは頑張って馬券を当てるぞぉ~。

ハットトリック(^^♪

福島11R 福島記念

◎⑫マイネルサーパス
△③バイオスパーク
△⑤ワセダインブルー
△⑨ヴァンケドミンゴ
△⑪ウインイクシード
△⑮ドゥオーモ

枠連⑥ー⑥と馬連⑫ー③・⑤・⑨・⑮への5点。

休み明け一叩きして順当に良化。福島替わりと斤量減も好材料。巻き返しに期待っス!

今日は何鞍買おうかな?

 ちびざる 2020年11月15日() 00:46
【GⅢ】福島記念の予想
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 7

<指数的には、上位3頭の信頼度は今一つ。下位にもチャンスはあるかと・・・。>

◎:⑨ヴァンケドミンゴ
〇:②トーラスジェミニ
▲:⑫マイネルサーパス
△:⑮ドゥオーモ


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

ワイド流し
⑨→②⑫⑮
(オッズによっては、馬連に変更するかもしれません。)


 ◎は⑨ヴァンケドミンゴにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価3位
前走のカシオペアテークスは、3着でした。
その前走は後方から追い込んできましたが惜しくも3着でした。
京都から福島になるのはプラス。
状態も悪くはないので、得意の福島コースで
走る可能性はあると思います。


 ○は②トーラスジェミニにしました。
指数3位。某スポーツ紙調教評価2位
前走の毎日王冠は6着。
その前走は果敢に逃げるも6着でした。
相手も強いメンバーが揃っていたので仕方ないですね。
今回は、福島コースに替わるのはこの馬にとってもプラスだと思います。
内枠を引いたことにより枠に先行できそう。
某スポーツ紙調教評価でも2位と状態は良いと思います。
先行して粘りこむシーンは十分あると思います。


 ▲は⑫マイネルサーパスにしました。
指数6位。
前走はオクトーバーステークスで5着でした。
その前走は、4番手追走からの競馬で5着でした。
58キロの斤量は重かったか。
今回は、56.5キロなら競馬にはなるかと思います。
好位で脚が溜まれば面白い存在かもしれませんね。


△以下では、⑮ドゥオーモに注目ですね
前走の京都大賞典は15着でした
その前走は、後方からの競馬で後方のままでレースが終わってしまいました。
距離も長かったかもしれませんね。
小回りコースの福島なら、十分通用すると思います。

[もっと見る]

 回収率予報官 2020年11月14日() 23:50
【回収率予報】買ってはいけない 2020-11-15(日) エリザベス...
閲覧 363ビュー コメント 0 ナイス 1

こんばんは。回収率予報官です。
「買ってはいけない」をお知らせします。
予測回収率が低い馬ですので、馬券購入の際には避けることをおすすめします。

予測回収率が高い馬は「予想コロシアム」の「一言コメント」に記載しています。

《メインレース 予測回収率60%以下》

■福島11R 芝2000m 3歳上オープン 15:20 [G3]福島記念
 *8 50% ・ 108.1倍(16) マイネルハニー
 *9 60% ◎ 4.4倍(1) ヴァンケドミンゴ
 13 60% ・ 15.7倍(10) デンコウアンジュ
 15 60% ・ 19.9倍(12) ドゥオーモ

■東京11R 芝1400m 3歳上オープン 15:30 オーロカップ
 *5 50% ・ 121.7倍(17) タイムトリップ
 *8 60% ▲ 10.3倍(5) ケイデンスコール
 14 60% ・ 10.1倍(4) ザイツィンガー

■阪神11R 芝2200m 3歳上オープン 15:40 [G1]エリザベス女王杯
 *3 60% ・ 124.0倍(16) リュヌルージュ
 *7 60% ・ 163.2倍(17) ロサグラウカ
 *8 60% △ 5.9倍(4) センテリュオ
 10 50% ・ 246.9倍(18) カーロバンビーナ
 17 60% ・ 28.5倍(9) エスポワール

《単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下》

阪神 03R *1 60% ◎ 2.6倍(1) ビーアイフェリペ
福島 08R *6 60% × 5.7倍(2) レミニシェンザ
福島 09R 15 60% △ 6.0倍(2) ピュアプリンセス
福島 10R *4 60% △ 5.7倍(2) ルクシオン
福島 11R *9 60% ◎ 4.4倍(1) ヴァンケドミンゴ
阪神 11R *8 60% △ 5.9倍(4) センテリュオ
福島 12R *7 60% ▲ 4.2倍(1) タマモティータイム


表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
オッズはデータ作成時点のものです。

※回収率予報には他にも使える情報がたくさん
 【回収率予報】メインサイト
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドゥオーモの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月19日() 12:15:54
jp水、3キロ減、小回り適性、タフ馬場○
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月16日(木) 11:32:01
マーク、ディープ△

ドゥオーモの写真

ドゥオーモ

ドゥオーモの厩舎情報 VIP

2020年11月15日福島記念 G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドゥオーモの取材メモ VIP

2020年10月11日 京都大賞典 G2 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。