ドゥオーモ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ドゥオーモ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2013年5月8日生
調教師野中賢二(栗東)
馬主広尾レース 株式会社
生産者藤原牧場
生産地新ひだか町
戦績16戦[3-3-2-8]
総賞金6,074万円
収得賞金2,100万円
英字表記Duomo
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
アスクコマンダー
血統 ][ 産駒 ]
コマンダーインチーフ
エイブルカグラ
兄弟 トレノエンジェルエイシンクエスト
前走 2020/02/23 小倉大賞典 G3
次走予定

ドゥオーモの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/23 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1471240.5102** 牡7 52.0 勝浦正樹野中賢二472(-10)1.48.6 0.335.8⑬⑫⑤⑤カデナ
20/02/16 小倉 10 玄海特別 2勝クラス 芝1800 1661114.171** 牡7 55.0 勝浦正樹野中賢二482(+4)1.51.7 -0.236.9⑧⑧⑥ダディーズトリップ
20/01/26 小倉 10 壇之浦特別 2勝クラス 芝1800 1671353.2133** 牡7 57.0 勝浦正樹野中賢二478(-8)1.50.7 0.237.9⑭⑭⑫⑧ダブルシャープ
20/01/06 京都 9 許波多特別 2勝クラス 芝2200 1281262.0109** 牡7 57.0 藤井勘一野中賢二486(+8)2.16.3 1.337.2⑩⑨⑦⑤ショウリュウイクゾ
19/08/31 札幌 12 日高特別 2勝クラス 芝2000 1661212.059** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二478(0)2.03.6 0.636.9⑯⑭ハウエバー
19/08/04 札幌 10 藻岩山特別 2勝クラス 芝1800 13689.156** 牡6 54.0 藤岡佑介野中賢二478(+2)1.47.3 0.635.2⑬⑬⑧⑧リープフラウミルヒ
19/07/13 函館 10 臥牛山特別 1勝クラス 芝2000 9775.131** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二476(-4)2.03.5 -0.234.9⑧⑧アラスカ
19/06/09 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 13456.822** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二480(-4)1.48.8 0.333.9⑬⑫ペルクナス
19/05/11 京都 7 4歳以上500万下 芝1600 14222.9211** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二484(+6)1.34.9 0.834.3⑪⑪マジックバローズ
19/04/21 京都 8 4歳以上500万下 芝1800 134510.152** 牡6 57.0 藤岡佑介野中賢二478(+2)1.45.4 0.033.9⑨⑤リリーモントルー
18/05/05 新潟 12 二王子特別 500万下 芝1800 128123.416** 牡5 57.0 小崎綾也野中賢二476(-2)1.48.1 0.534.4⑪⑪サトノルーラー
18/04/08 阪神 7 4歳以上500万下 芝1600 1871414.754** 牡5 57.0 藤岡佑介野中賢二478(+6)1.34.3 0.435.2⑯⑫バティスティーニ
18/03/11 阪神 8 4歳以上500万下 芝1600 148138.0410** 牡5 57.0 藤岡佑介野中賢二472(+12)1.35.4 1.334.4⑬⑭ジェニアル
16/04/30 京都 9 あやめ賞 500万下 芝1800 11783.623** 牡3 56.0 川田将雅野中賢二460(-12)1.47.8 0.233.4⑩⑩ナイトオブナイツ
16/04/02 阪神 9 アザレア賞 500万下 芝2400 11675.837** 牡3 56.0 池添謙一野中賢二472(-4)2.27.1 1.235.1⑧⑧⑧⑦ヴァンキッシュラン
16/03/13 阪神 4 3歳未勝利 芝1800 167146.531** 牡3 56.0 M.デムー野中賢二476(--)1.51.4 -0.133.8⑬⑩ソングライティング

ドゥオーモの関連ニュース

 2月23日の小倉11Rで行われた第54回小倉大賞典(GIII、4歳以上オープン、芝1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、鮫島克駿騎手騎乗の4番人気カデナ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)が快勝。タイムは1分48秒3(良)。



 10番人気のドゥオーモは、52キロの軽量を生かして2着に入った。まずまずのスタートも急かせず後方2番手を追走。大外を回って徐々に進出を開始すると、脚色衰えず勢いそのまま直線を駆け上がり、外から追い上げてきたカデナに何とか食い下がるも、ゴール前さらに突き放されてしまった。



 勝浦正樹騎手「いい枠でしたし、馬場の悪い部分を通らずに、いい感じで運べました。スタートはそこまで良くなかったですが、楽に上がっていっていい形の競馬ができました。直線もいい脚で伸びているのですが、勝ち馬にはさらにいい脚を使われてしまいましたね。この馬場でもよく頑張ってくれています」



★【小倉大賞典】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【小倉大賞典】4番人気のディープ産駒カデナが復活走で重賞3勝目! 2020年2月23日() 15:34

 2月23日の小倉11Rで行われた第54回小倉大賞典(GIII、4歳以上オープン、芝1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、鮫島克駿騎手騎乗の4番人気カデナ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)が後方から徐々にポジションを上げ、4コーナーを回って先頭に躍り出た10番人気のドゥオーモをゴール前で差し切って快勝した。タイムは1分48秒3(良)。

 1馬身3/4差の2着にはドゥオーモ、さらにクビ差遅れた3着にジナンボー(2番人気)が続き、圧倒的1番人気に支持されたヴェロックスは中団から伸びず9着大敗した。

 小倉大賞典を勝ったカデナは、父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ、母の父フレンチデピュティという血統。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績22戦4勝。重賞は2016年京都2歳S・GIII、17年弥生賞・GIIに次いで3勝目。

 ◆鮫島克駿騎手(1着 カデナ)「今週は内が有利な馬場だったので、枠を生かしたレースをしました。この馬の形にはめ込み過ぎないように運びました。いつもいい脚を使ってくれますし、力を出し切ってくれましたね。今回チャンスを頂いた関係者の方々には、感謝しています」



★23日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉大賞典】入線速報(小倉競馬場) 2020年2月23日() 15:23

小倉11R・小倉大賞典(1回小倉12日目 小倉競馬場  芝・右1800m サラ系4歳以上オープン)は、1番手2番カデナ(単勝18.1倍/4番人気)、2番手12番ドゥオーモ(単勝40.5倍/10番人気)、3番手13番ジナンボー(単勝8.6倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-12(224.6倍) 馬単2-12(539.6倍) 3連複2-12-13(357.5倍) 3連単2-12-13(3239.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020022310011211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】小倉大賞典2020 近2戦ともローカル出走馬は不振!ハービンジャー産駒の相性悪し! 2020年2月23日() 09:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、小倉大賞典の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
9歳以上の連対例はゼロ(2009年以降)

サイモンラムセス

斤量53キロ以下の牡馬(せん馬を含む)はすべて3着以下に敗れている(2009年以降)

サイモンラムセス
ドゥオーモ

斤量52キロ以下の牝馬の好走例はゼロ(2009年以降)

レイホーロマンス

前回から斤量が3キロ以上減っていた馬の連対例は皆無(2009年以降)

ドゥオーモ

前走で非重賞戦に出走、かつ4着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ナイトオブナイツ
アウトライアーズ

前走で1800m以上のOP特別戦に出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

ナイトオブナイツ
アウトライアーズ

前走ダート戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ランスオブプラーナ

近2走ともにローカル戦出走馬の好走例は皆無(2009年以降)

アロハリリー
ドゥオーモ

【人気】
4番人気以下、かつ4歳馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の4番人気以下、かつ4歳馬

エメラルファイト
ランスオブプラーナ

10番人気以下、かつ重賞3着以内未経験馬の連対例は皆無(2009年以降)
※8時30分現在の10番人気以下、かつ重賞3着以内未経験馬

ナイトオブナイツ
ドゥオーモ

単勝オッズ帯50.0~99.9倍の好走例はなし(2009年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ50.0~99.9倍

サイモンラムセス
ランスオブプラーナ

近2走ともに10番人気以下だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

レイホーロマンス
サイモンラムセス
アンノートル
エメラルファイト

【枠順】
馬番枠9番の好走例はゼロ(小倉競馬場リニューアルの2000年以降、かつ小倉開催時)

エメラルファイト

馬番枠8番の連対例は皆無(小倉競馬場リニューアルの2000年以降、かつ小倉開催時)

アンノートル

【血統】
ハービンジャー産駒の好走例はゼロ(産駒初出走以降)

レイホーロマンス
ナイトオブナイツ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カデナ
テリトーリアル
ヴェロックス
タニノフランケル
ジナンボー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】小倉大賞典2020 活発さが目を引く7歳牝馬に一発の予感!滞在効果大のディープインパクト産駒にもチャンスあり! 2020年2月22日() 16:10

日曜日に行われる小倉大賞典の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


アロハリリー
19日に小倉への輸送を控えていたこともあって、最終追いは18日の火曜日に栗東坂路で行った。4F51秒8のタイムもさることながら、終い2Fを24秒4-12秒0の加速ラップで収めており、状態面の不安はなさそう。自身の力を出せる態勢とみる。

カデナ
中間は栗東坂路で熱心に調整を重ね、最終追いではリズム良く安定した走りを示した。ただ、重賞で好走を続けた昨夏と比べると、躍動感の面で物足りなさが残る。脚質的にも展開に左右されるだけに、よほどハマらないと首位争いに加わるのは厳しいのではないか。

テリトーリアル
栗東坂路で行われた今週の本追い切りでは、軽やかなフットワークを披露した。6歳の春を迎えながらも、時折ヤンチャなところを見せているが、裏を返せばそれだけ元気があるということ。前回に引き続き上位圏内を狙えるデキとみたい。

レイホーロマンス
昨秋のオクトーバーSで戦線復帰してから5戦を消化したが、栗東坂路で実施した最終追いではキビキビとした動きでタフネスぶりを発揮。終い2F24秒7-12秒3の好ラップを記録した。7歳牝馬とは思えない活発さが目につき、牡馬相手の重賞でも通用しそうな雰囲気はある。一発あっても不思議はない。

サイモンラムセス
休み明けの日経新春杯を叩いて中4週でレースを迎えるが、中間に刻んだ時計は至って地味。栗東坂路で実施した最終追いの動きも緩慢で、10歳の年齢を感じずにはいられない内容だった。活気に乏しく、往時の力を望むのは酷かもしれない。

ヴェロックス
今回の最終追い切りは併せ馬を敢行。外の僚馬を待つ余裕がありながらも、念押しするかのごとく肩ムチを数発入れ、気を抜かせないようにフィニッシュした。初重賞制覇へ向けて、陣営の強い意欲を感じる内容だったのは確か。好勝負可能の状態とみる。

ナイトオブナイツ
栗東CWで行われた今週の本追い切りでは、前半こそ力んだ面が見られたものの、直線半ばで鞍上に促されるとスピード感のある走りを披露した。動き自体に衰えを感じない一方で、昨夏の函館記念以降の成績が奮わない点は気がかり。上位争いに加わるには展開など何らかの恩恵がほしい。

アンノートル
2週間前から栗東に滞在して調整を続けてきた。坂路で実施した最終追いは、併走相手の後ろで我慢するかたちを取り、仕掛けられるとシャープな伸びを見せ、先着を果たした。オープン昇級後は苦戦が続いているが、もつれるようなら陣営の工夫が実を結ぶ場面もありそうだ。

エメラルファイト
1週前に小倉競馬場へ入厩。今週の本追い切りはダートコースで行われた。5F71秒程度の息を整える内容ではあったが、リラックスしてノビノビと走るさまからは滞在の効果が十分にうかがえる。昨秋復帰後の成績は今ひとつだが、状態は決して悪くない。警戒を怠れない1頭といえよう。

アウトライアーズ
3週前に美浦から栗東へ移動。そのまま滞在して調整を続けている。最終追いでは、力強い脚さばきで元気の良さをアピールした。一方で、頭の高い走りは相変わらず。実戦で結果が伴わないひとつの要因だろう。そのあたりが解消されないと、好パフォーマンスを望むのは難しいかもしれない。

タニノフランケル
栗東坂路とトラックを併用して本数を重ね、最終追いが坂路で終い重点というのは、近2走と同じ。終い2Fを24秒8-12秒3で収めたものの、いい頃と比べて活気の面で物足りないように映る。これといった変化が見られないうえに、精彩を欠く近走。一変は厳しいだろう。

ドゥオーモ
連闘とあって中間は軽めの内容に終始。2勝クラスを勝ち上がった直後の格上挑戦となるが、近2戦の好走は小倉大賞典と同じ舞台の芝1800m。今開催の馬場にマッチした適性を備えていると判断できる。勢い&軽量を活かすことができれば、上位争いに割って入る可能性もあり得る。

ジナンボー
2週前から小倉競馬場に入厩し、調整を続けてきた。芝コースで行われた最終追いでは、馬場の外めを気持ちよさそうにシャープな脚さばきで駆け抜けた。気性面に課題のある馬だけに、現地滞在によって得られる効果は大きい。実戦でも落ち着きを保つことができれば、勝機は十分にある。

ランスオブプラーナ
栗東CWで実施した19日の本追い切りでは、6F80秒台をマークした。ただ、攻め駆けする同馬にとって、このくらいのパフォーマンスは日常茶飯事。ここ数走は攻めの良さが結果につながっていない。その点を勘案すると、変わり身を見込めるだけの根拠に欠ける。今回は様子見が賢明ではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】小倉大賞典2020 毎年のように人気薄が上位進出!近10年の3連単平均配当は15万超! 2020年2月22日() 14:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる小倉大賞典のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
2008年以降、トップハンデは3勝、2着2回とまずまずの成績

カデナ
ヴェロックス

最も信頼できるのは、5勝、2着6回の斤量57キロ以上(2008年以降)

カデナ
ヴェロックス

高齢馬(7歳以上)の活躍が顕著(2008年以降)

レイホーロマンス
サイモンラムセス
ナイトオブナイツ
ドゥオーモ

【人気】
5~9番人気の回収率が高め(2000年以降)
※土曜日13時30分現在の5~9番人気

アロハリリー
カデナ
テリトーリアル
レイホーロマンス
ドゥオーモ

大穴(10番人気以下)の激走がしばしばあり(2008年以降)
※土曜日13時30分現在の10番人気以下

サイモンラムセス
ナイトオブナイツ
アンノートル
アウトライアーズ
ランスオブプラーナ

【脚質】
先行勢が中心(2000年以降)

アロハリリー
サイモンラムセス
ヴェロックス
タニノフランケル
ジナンボー
ランスオブプラーナ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2011年以降、毎年のように1~3枠が馬券絡み

アロハリリー
カデナ
テリトーリアル
レイホーロマンス

【血統】
父サンデーサイレンス系と父ミスプロ系が堅調(近年の傾向)

アロハリリー
カデナ
サイモンラムセス
ヴェロックス
アンノートル
アウトライアーズ
ドゥオーモ
ジナンボー

サンデーサイレンス系×ミスプロ系配合(逆を含む)馬に注意(近年の傾向)

アロハリリー
ジナンボー


【3項目以上該当馬】
アロハリリー(5項目)
カデナ(5項目)
サイモンラムセス(4項目)
ヴェロックス(4項目)
レイホーロマンス(3項目)
ドゥオーモ(3項目)
ジナンボー(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドゥオーモの関連コラム

関連コラムはありません。

ドゥオーモの口コミ


口コミ一覧
閲覧 385ビュー コメント 0 ナイス 1

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに暖かになりましたが、昨日まで暖かさがウソみたいな寒さ?
来週火曜日3日は、ひな祭り。木曜日(5日)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月5日(木曜日)。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第2期 最終結果】
第2期(2月2~23日)6日間(根岸S~小倉大賞典:全11戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダイヤモンドSでは、7番タガノディアマンテ軸で勝負!
馬連(7⇒4,11,13)ワイド(7⇒13)

結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダイヤモンドS」の軸馬タガノディアマンテは、最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択?レース後の騎手コメントで川田将雅騎手「調教再審査を受けているように、左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした」曰く。レース前に教えて!!まったく、知らない情報に驚いた。狙い方は、やはり推定後半3ハロン上位の争い!


土曜、G3京都牝馬Sでは、14番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(14⇒3,8,9,12,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都牝馬S」の軸馬ドナウデルタは、痛恨の出遅れスタートで中団追走、直線で弾けて優勝…
のはずが13着惨敗。反省点として、 軸馬の選択?前走(重賞実績)から勢いのある馬を無視しては当てることはできない。馬場の傾向より、まず決め手!!推定後半3ハロン上位馬は侮れない。



日曜、G1フェブラリーSでは、5番インティ軸で勝負!
馬連(5⇒3,4,9,12)馬単(3⇒5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「フェブラリーS」の軸馬インティは、スタート鈍く先行4,5番手追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退、馬群に沈み込み14着惨敗。反省点として、軸馬の選択?昨年のイメージ(残像)から切り替えが出来ていなかった。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ケイティブレイブに関しては、想定外!?


日曜、G3小倉大賞典では、6番ヴェロックス軸で勝負!
馬連(6⇒2,3,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「小倉大賞典」の軸馬ヴェロックスは、先行5、6番手追走から直線で弾けて優勝…のはずが伸びず9着惨敗。反省点として、軸馬の選択?圧倒的な人気に惑わされた結果。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ドゥオーモに関しては、想定外!?

【第2期 総 括】
前期に続き、マイナス収支!? 軸馬の選択はもちろん見直す必要があるが、馬券種の買い方も、今後見直す必要がある状況。金欲が溢れ、オッズに惑わされ、肝心な馬券が当たらない…反省。来期は、当てる事だけに集中!!


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山記念=中山(芝)1800=C(70)Sペースの前残り
阪急杯=阪神(芝)1400=D(66)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【何故3ハロンなのか!?】
サラブレッドに限らず、哺乳類が全速力で走れる期間は40秒!?

この40秒を競馬の距離に換算すると、大体3ハロンに相当。
上がり3ハロンというのは、ゴールから逆算して全速力で走ることの出来る最大距離と言える。

競馬には3ハロン以内で行われるレースは存在せず、それ以前に相応の距離を走っているので、
40秒丸々全速力というのは不可能なので、残されている力を絞りきって走るのが、最後の3ハロンと言える。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(中山記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(3-2-2-3/10)勝率30%/連対率50%/複勝率70% と3着内率は高い!!
近5年(2-1-0-2/5)勝率40%/連対率60%/複勝率60% と微妙!?
ただ、近2年は馬券に絡んでいないだけに、逆に狙い目!?


(阪急杯)
注目したのは、"馬番コンピ指数値56-55-54"

上記の並びが出現した場合、指数値56-55を複勝2点。
近3年連続で出現している並びだが、過去10年内4回のみ!?
19年55-⑰馬番790円
18年×
17年56-④馬番600円/55-②馬番980円
12年56-⑪馬番300円


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 競馬場の神様 2020年2月27日(木) 00:08
ダイヤモンドステークス回顧 
閲覧 102ビュー コメント 0 ナイス 5

 見事、今年のダイヤモンドステークスを制したのは、伊藤大士厩舎が管理する毛色が芦毛のミライヘノツバサだった。

 「伊藤」大士 = 洗礼名が翌日のフェブラリーSを制したモズアスコット(※)の父親であるフランケル、ではなく、フランシスコの大友宗麟によってローマに派遣された主席正使・「伊東」マンショ。ミライヘノツバサの単勝が“万”馬券だったのは、それ故なのかどうかは分かりませんが(笑)、せっかくこの馬の単複を持っていたにも関わらず、◎との組み合わせが買い目に一切無いとは!
 普段は◎と〇しか印を打たない私が、昨年の有馬同様、なぜ今回は⑮まで印を回したのか?それは、私が芦毛に注目していることを強調せんがためで、そうであれば、このレースに出走してきた芦毛の馬は計4頭いますが、その4頭の馬連&ワイドBOXを最後に各組100円だけでも買い足しておくべきでした。およそ20年振りとなる単勝3万馬券を的中できたのは嬉しい反面、これにより、リターンが一気に193670円(2582%)へと跳ね上がったことを思うと、買えなかったのは非常に残念だとしか言いようがない(ちなみに、単勝オッズ300倍以上の勝利は、98年日経賞の「テン」ジン「ショウ」グン以来とのこと)。それはさて置き、芦毛が勝って、本当に良かった。令和天皇、改めてお誕生日おめでとうございます。

※過去の予想でも書いたように、騎乗した「クリスト」フ・ルメールJ = クリスト = 神。そして、2着した16番人気のケイティブレイブはアリ「マハル」ノブ(有馬晴信)= スギヤ「マハル」キ(杉山晴紀)厩舎の管理馬。母の父はサクラローレルかあ…


〖訂正〗
・×正史 → 〇正使
・×「Po」pocate「pe」t → 〇「Po」pocate「pe」tl
.↳ 翌日施行された小倉大賞典では穴人気のドゥオーモが2着と健闘しましたが、教皇 = the 「Pope」 = 「Po」pocate「pe」tl であるポポカテぺトルが前日のダイヤモンドSで馬券にならないのであれば、馬名の意味が<イタリアの各街を代表する教会堂。ラテン語で神の家の意>であるドゥオーモが馬券にならないわけがない(そして、3着したのは、馬名の意味が<次男坊=上から2番目の“男の子”>である金子氏所有のジナンボー)。ダイヤモンドSの予想を参考にされた方、的中おめでとうございます(笑)

[もっと見る]

 アイざん 2020年2月25日(火) 20:15
小倉大賞典考察
閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 6

小倉大賞典の結果はディープ産駒の特徴が詰まっている結果となりました。
カデナはハンデ戦に強いディープ産駒の象徴的存在。ドゥオーモは昇級初戦に強いディープ産駒の
特徴が出ました。ジナンボーはレース間隔を3ヶ月空けており、フレッシュな状態でレースをすると
好成績を上げるディープ産駒の特徴が出ました。こういう条件もしっかり見ないと馬券が取れない
レースは今後出てくるので、今回の馬券が取れなかったことを反省し、臨みたいと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドゥオーモの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ドゥオーモの写真

ドゥオーモ

ドゥオーモの厩舎情報 VIP

2020年2月23日小倉大賞典 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドゥオーモの取材メモ VIP

2020年2月23日 小倉大賞典 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。