エントシャイデン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エントシャイデン
写真一覧
現役 牡4 芦毛 2015年4月21日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主前田 幸治
生産者株式会社 ノースヒルズ
生産地新冠町
戦績15戦[4-1-3-7]
総賞金6,132万円
収得賞金2,500万円
英字表記Entscheiden
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ルシュクル
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
アジアンミーティア
兄弟 ブランボヌールアフランシール
前走 2019/02/24 阪急杯 G3
次走予定

エントシャイデンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/24 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1881815.775** 牡4 56.0 坂井瑠星矢作芳人478(0)1.20.8 0.534.1⑮⑮スマートオーディン
19/02/02 東京 11 節分S 1600万下 芝1600 8224.021** 牡4 57.0 坂井瑠星矢作芳人478(+6)1.33.7 -0.033.3④④リカビトス
18/11/24 京都 12 3歳以上1000万下 芝1600 148149.541** 牡3 56.0 福永祐一矢作芳人472(+4)1.33.5 -0.033.3⑨⑨エアアルマス
18/11/04 東京 8 3歳以上1000万下 芝1600 82273.871** 牡3 55☆ 武藤雅矢作芳人468(-2)1.34.6 -0.232.3⑦⑥クラークキー
18/10/21 新潟 12 十日町特別 500万下 芝1400 1881712.7710** 牡3 55.0 小崎綾也矢作芳人470(+10)1.22.5 0.934.9⑮⑮ハトホル
18/09/17 阪神 7 3歳以上500万下 芝1600 182314.8510** 牡3 55.0 浜中俊矢作芳人460(0)1.34.9 1.035.1⑩⑮エイシンルカーノ
18/08/05 札幌 8 3歳以上500万下 芝1200 16243.3216** 牡3 54.0 藤岡佑介矢作芳人460(+8)1.10.9 2.037.0ショウナンアエラ
18/07/15 函館 9 下北半島特別 500万下 芝1200 11783.115** 牡3 54.0 藤岡康太矢作芳人452(-6)1.09.7 0.334.0⑨⑩タイセイソニック
18/04/07 中山 11 NZT G2 芝1600 154735.1109** 牡3 56.0 田中勝春矢作芳人458(-6)1.35.0 0.835.8カツジ
18/03/24 阪神 6 3歳500万下 芝1400 10331.913** 牡3 56.0 武豊矢作芳人464(+2)1.21.8 0.235.6ミッキーワイルド
18/03/04 中山 6 3歳500万下 芝1600 14463.322** 牡3 56.0 藤岡佑介矢作芳人462(-8)1.35.4 0.135.7ラムセスバローズ
18/02/10 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 148136.943** 牡3 56.0 M.デムー矢作芳人470(+12)1.36.1 0.437.3パクスアメリカーナ
17/11/26 東京 7 ベゴニア賞 500万下 芝1600 11673.423** 牡2 55.0 蛯名正義矢作芳人458(+4)1.35.1 0.134.9アンブロジオ
17/11/04 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 11797.737** 牡2 55.0 蛯名正義矢作芳人454(+6)1.22.6 0.733.8⑧⑧タワーオブロンドン
17/08/26 新潟 5 2歳新馬 芝1600 187135.321** 牡2 54.0 蛯名正義矢作芳人448(--)1.36.1 -0.033.6⑨⑨ラストプリマドンナ

エントシャイデンの関連ニュース

阪急杯・7番人気5着

 《レース》近3走がマイルだっただけに、7Fでの序盤は行き脚が今イチ。大外スタートのロス、直線入り口で挟まり進路を外に替える不利もあったが、前が開いてからは鋭く伸びていた。

 《次走ポイント》「7Fにも対応できた。大外枠がこたえたけど、重賞でもやっていけると感じました」と、坂井騎手も手応え。しまいを生かす形が徐々に板についてきた印象だ。血統背景にも筋が通っており、伸びしろの大きい4歳馬。マイル以下なら重賞でも期待が持てる。 (大阪サンスポ・斉藤)



★24日阪神11R「阪急杯」の着順&払戻金はこちら

【阪急杯】レースを終えて…関係者談話2019年2月25日(月) 05:03

 ◆横山典騎手(ロジクライ3着) 「スタートでぶつけられて、位置取りが思ったより1列後ろになったのが、最後まで響いた」

 ◆川田騎手(ロードクエスト4着) 「リズム良く運び、直線で道ができてからは自分の脚を使ってくれました」

 ◆坂井騎手(エントシャイデン5着) 「大外枠がこたえましたが、重賞でもやっていけると感じました」

 ◆森騎手(ラインスピリット8着) 「道中で脚がたまるところがありませんでした」

 ◆杉原騎手(スターオブペルシャ9着) 「スムーズにさばけず、内枠がアダになりました」

 ◆松山騎手(リライアブルエース10着) 「しまいはいい脚を使えそうでしたが、窮屈になってしまいました」

 ◆浜中騎手(タイムトリップ11着) 「直線で不利もあり、もったいないレースになった」

 ◆小牧騎手(コウエイタケル12着) 「脚はあったけど、最後は進路がなかった」

 ◆北村友騎手(アドマイヤゴッド14着) 「1400メートルより1200メートルの方がいいですね」

 ◆幸騎手(リョーノテソーロ15着) 「直線で不利がありましたが、勝つまでは厳しかったと思います」

 ◆池添騎手(ヤングマンパワー16着) 「スタートで挟まれて後ろからになり、リズムに乗れなかった」

 ◆和田騎手(ダイメイフジ17着) 「折り合いもついてスムーズに運べただけに、敗因がわかりません」



★24日阪神11R「阪急杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【U指数的考察】阪急杯 指数上位馬を中心に攻めるのがベター!中10週以内の高指数馬が好パフォーマンス!2019年2月24日() 09:50

阪急杯の近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
2014年以降で2着連対を果たした10頭のうち8頭がU指数6位以内。指数上位馬を中心に攻めるのがベターと言えよう。

指数6位以内

レッツゴードンキ
ロジクライ
ラインスピリット
ロードクエスト
ダイアナヘイロー
ミスターメロディ

<ポイント②>
軸馬の絞り込みで頼れるのは高指数の牡馬。なかでも指数4位以内かつ中10週以内の間隔で臨んだ馬の期待値が高く、毎年のように上位を賑わせている。

指数4位以内かつ中10週以内の牡馬

ロジクライ
ロードクエスト
ミスターメロディ

<ポイント③>
低指数馬が3着に入ることはあるが、2着連対圏に食い込んでくることはほとんどない。取捨の基準は、指数95.5に届いているかどうか。2014年以降、指数95.5未満の馬は例外なく3着以下に敗れている。

指数95.5未満

コウエイタケル
アドマイヤゴッド
トウショウピスト
スマートオーディン
エントシャイデン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】阪急杯 前走条件戦組の連対は皆無!9番人気以下は3着まで!2019年2月24日() 09:21

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、阪急杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走で阪神カップに出走、かつ2着以内好走馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ダイアナヘイロー
ミスターメロディ

前走淀短距離S組の好走例はなし(2009年以降)

ダイメイフジ

前走で条件戦に出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

タイムトリップ
エントシャイデン

前走で2秒0以上の大敗を喫していた馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ヒルノデイバロー

前走1着、かつ2着馬に対する着差が0秒2以内だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

タイムトリップ
ダイアナヘイロー
エントシャイデン

【人気】
前走で非重賞戦に出走、かつ今回の単勝人気が8番人気以下だった馬の連対例はみられない(2009年以降)
※8時30分現在の8番人気以下、かつ前走非重賞戦出走馬

タイムトリップ
コウエイタケル
ダイメイフジ
アドマイヤゴッド

9番人気以下の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の9番人気以下

ヤングマンパワー
タイムトリップ
ラインスピリット
リライアブルエース
コウエイタケル
アドマイヤゴッド
リョーノテソーロ
トウショウピスト
ヒルノデイバロー
スマートオーディン

単勝オッズ30.0倍以上の連対例は皆無(2009年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ30.0倍以上

ヤングマンパワー
ラインスピリット
コウエイタケル
アドマイヤゴッド
トウショウピスト
ヒルノデイバロー

【脚質】
重賞で2着以内の経験がある馬を除くと、前走(国内レースに限る)の4角通過順が2番手以内だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ラインスピリット

前走で上がり3ハロン最速を記録、かつ3着以内馬の好走例は皆無(2009年以降)

タイムトリップ
スターオブペルシャ

【枠順】
5枠の好走例はゼロ(2009年以降)

ダイメイフジ
アドマイヤゴッド

馬番枠8番、9番、10番、14番の好走例は皆無(2009年以降)

コウエイタケル
ダイメイフジ
アドマイヤゴッド

馬番枠7番、12番、16番の連対例はゼロ(2009年以降)

リライアブルエース
リョーノテソーロ
ミスターメロディ

【血統】
グレイソヴリンを経由しないナスルーラ系種牡馬を父あるいは母父に配している馬の好走例は皆無(2009年以降)

スターオブペルシャ
トウショウピスト
エントシャイデン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
レッツゴードンキ
ロジクライ
ロードクエスト



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】阪急杯 勝負気配が漂う7歳牝馬!阪神C惜敗の外国産馬も好感触!2019年2月23日() 16:00

日曜日に行われる阪急杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


レッツゴードンキ
約3カ月半ぶりの実戦となるが、栗東坂路主体に乗り込み量は十分すぎるほど。1週前追い切りでは抜群の反応を示し、4F50秒1の好時計を記録。20日に実施した今週の本追い切りでも、4F51秒6、ラスト1F11秒8の好ラップを計測した。22日にも14-14の時計を出すなど、中間の調整過程に余念はない。勝負気配が漂う1頭だ。

ヤングマンパワー
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。先着を果たした点は評価できるが、肝心の動きについては今ひとつ。反応が鈍いうえに頭も高く、鞍上のアクションが大きい割に伸び脚を欠いている印象。いい頃と比べて、前進気勢に乏しい感は否めず、ここは静観が妥当だろう。

ロジクライ
中2週と間隔が詰まるものの、順調にメニューを消化。栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、4F49秒6、ラスト2F23秒8-12秒3の好タイムを記録。同じく坂路で実施した今週の併せ馬では、バランスのとれた好ラップをマークした。攻め巧者だけに、額面以上の評価はできないが、攻め内容を強化したことは好感が持てる。変わり身があっても不思議はない。

タイムトリップ
1週前に南Wにて併せ馬を行い、5F68秒台前半を記録したが、馬場の5分どころを回ってのもの。過度の評価はできない。同じく南Wで実施した今週の単走追いについても、四肢が空回りしているような走りで見映えは今ひとつ。上積みは見込みづらく、今回は様子見のスタンスが正解ではないか。

ラインスピリット
この中間は調教パターンを変えて、栗東CW主体の調整。1週前に長めから及第点の時計を記録。21日の追い切りでは馬場の外めを通り、ラストは上々の伸び脚を示した。舌を出している点は相変わらずだが、首をしっかり使ってストライドを伸ばすさまは、ここ最近の同馬には見られなかった。動きの良さを実戦で活かせるようなら、一発あってもおかしくない。

スターオブペルシャ
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。折り合い重視の内容ながら、53-39-12.5の加速ラップをほぼ馬なりで記録した。頭の位置こそ少し高いが、よどみなくスムーズに加速する姿は、集中力を十分に感じさせる。及第点の仕上がりとみていいだろう。

リライアブルエース
栗東坂路で丹念に乗り込まれているが、先週までの内容に大きく変わった点は見受けられない。20日の追い切りでは、終いを伸ばす内容を施し、ラスト1F12秒4のラップを記録したものの、バタバタした走りで見映えはイマイチ。良化途上の感は拭えず、変わり身を望むのは難しいかもしれない。

コウエイタケル
使い込んでいるうえに中1週の強行軍だが、きっちりとメニューを消化している点は好感が持てる。ただし、内容を検証する限り、近走と比べて大きな変化は見受けられない。上昇は感じられず、調教面の加点材料は少ない印象を受ける。今回は足りないだろう。

ダイメイフジ
1週前、今週と栗東坂路で強い追い切りを消化するなど、意欲的な調整。今週の併せ馬では、新馬相手とはいえキッチリと先着を果たし、キレイな加速ラップを記録した。テンションもさほどアガっておらず、醸し出す雰囲気は上等の部類。ガラリ一変があっても驚けない。

アドマイヤゴッド
栗東坂路で実施した1週前追い切りでは、時計が出やすい馬場状態だったとはいえ、4F50秒1の好タイムを記録。同じく坂路で行われた今週の追い切りでも及第点の時計をマークした。一方で、前肢の動きが少し硬い点は気がかり。そのぶん、こじんまりとした走りに映る。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。

ロードクエスト
今月中旬から栗東に滞在して調整。栗東CWで行われた20日の追い切りでは、余力十分の走りで併走馬を圧倒した。モヤで直線の動きしか確認できないものの、後肢を大きく使った走りをみるに状態面の不安はなさそう。自身の力を発揮できる態勢とみる。

リョーノテソーロ
使い込まれているが、坂路と南Wを併用して入念な乗り込み。南Wで実施した今週の追い切りでは、タフな馬場状態を苦にせず、ラスト1F12秒台の好ラップで駆け抜けた。半面、いつもと比べて体全体がこじんまりと映る点は気がかり。そのあたりを鑑みると、大きな変わり身までどうか。今回は見送りが賢明だろう。

トウショウピスト
坂路で行われた1週前追い切りでは、4F50秒9のタイムをマーク。同じく坂路で実施した今週の本追い切りでも、マズマズの時計を記録した。ただ、いい頃と比べてラストの踏ん張りが利いていない印象。直線急坂の阪神コースでは、よほど恵まれないと厳しい。

ダイアナヘイロー
2週前、1週前と2週続けて栗東CWにて及第点の時計を記録。栗東坂路で実施した今週の本追い切りでもマズマズのタイムをマークした。舌を出している点や少しフラつき気味のところは気になるが、稽古の見映えが実戦に直結するタイプではなく、過度に不安視する必要はない。乗り込み量の不足はないので、あとは実戦までテンションを抑えられるかどうかだけ。

ヒルノデイバロー
この中間は栗東坂路と栗東CWを交えて丹念に乗り込み、毎週のように好ラップを連発。坂路で実施した今週の併せ馬では、4F50秒8のタイムを余力残しでマークした。少し硬さは見られるものの、しっかりとした脚取りで坂をグイグイ駆け上がるさまは迫力十分。上位争い可能の仕上がりとみたい。

ミスターメロディ
帰厩後、ビッシリと攻めていないが、これは前回も同様。深刻にとらえる必要はない。栗東CWで実施した1週前追い切りでは、半マイル50秒ソコソコ、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを悠々と記録。同じくCWで行われた今週の本追い切りは、モヤで直線しか確認できなかったものの、ラストまでしっかりと脚を伸ばしていた。好ムードであることは間違いない。

スマートオーディン
栗東坂路で実施した今週の追い切りをみるに、テンションが高い点は相変わらず。とはいえ、一時期と比べるとマシなほう。そのぶん、同じような時計でも鞍上の手応えに余裕が出てきているし、合図に対する反応も良化している。要警戒の1頭と言えよう。

エントシャイデン
今週の追い切りは栗東CWで実施。終い重点の内容ながらも、上々の伸び脚を披露した。舌を出している点はいただけないが、掻き込みの鋭いフットワークで駆け抜けるさまはなかなかのもの。悪癖のモタれる面が姿を消している点も評価できる。好調とみていいだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】阪急杯 内枠優勢!近年の勝ち馬の最低人気は7番人気!2019年2月23日() 13:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる阪急杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
前年12月の阪神カップに出走していた馬が強い(2008年以降)

ラインスピリット
スターオブペルシャ
ダイメイフジ
ダイアナヘイロー
ヒルノデイバロー
ミスターメロディ

【人気】
2008年以降の勝ち馬の最低人気は7番人気
※土曜日13時00分現在の1~7番人気

レッツゴードンキ
ロジクライ
スターオブペルシャ
ロードクエスト
ダイアナヘイロー
ミスターメロディ
エントシャイデン

【脚質】
展開次第でなんでもアリ

※過度に気にする必要はない

【枠順】
内枠(1~3枠)優勢(1999年以降)

レッツゴードンキ
ヤングマンパワー
ロジクライ
タイムトリップ
ラインスピリット
スターオブペルシャ

【血統】
ダイワメジャー産駒とディープインパクト産駒の活躍が目立つ(近年の傾向)

スターオブペルシャ
リライアブルエース
エントシャイデン

同コース種牡馬別成績(近5年)のリーディング上位に位置している産駒の好走が多い(近年の傾向)

ロジクライ
スターオブペルシャ
リライアブルエース
コウエイタケル
アドマイヤゴッド
エントシャイデン

母父に視点を向けると、ノーザンダンサー系、ミスプロ系、リボー系の好走率が高い(2008年以降)

ロジクライ
リライアブルエース
コウエイタケル
アドマイヤゴッド
ロードクエスト
リョーノテソーロ
ヒルノデイバロー
ミスターメロディ
スマートオーディン


【3項目以上該当馬】
スターオブペルシャ(5項目)
ロジクライ(4項目)
リライアブルエース(3項目)
ミスターメロディ(3項目)
エントシャイデン(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

エントシャイデンの関連コラム

閲覧 808ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、4(日)に京都競馬場でJpn1JBCクラシック、Jpn1JBCスプリント、Jpn1JBCレディスクラシックが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
Jpn1JBCクラシックは、1番人気サンライズソアに、テーオーエナジーシュテルングランツテイエムジンソクといったところが加わって一団の先行勢で1コーナーを通過。軽快なラップを刻んだうえに、向こう正面でテイエムジンソクが積極策でハナを叩こうとしたためさらに馬群は縦長となる展開に。早々、手応えが怪しくなる馬もちらほらみられ始める中、3コーナーで外を回って3番人気ケイティブレイブが手応えよく進出。2番人気オメガパフュームはその直後、4番人気アポロケンタッキーはさらに2~3馬身後方で4コーナーから直線へ。迎えた直線、サンライズソアテーオーエナジーの横並びで残り300mを通過すると、その後方から抜群の伸び脚でケイティブレイブが迫り、こちらも脚色良くオメガパフュームケイティブレイブから2馬身ほどのところまで浮上。サンライズソアテーオーエナジーを競り落として単独先頭になったのも束の間、これを目標に伸びたケイティブレイブが残り100mで交わし去ってそのまま先頭でゴール。交流G1・3勝目を挙げています。3/4馬身差2着にオメガパフュームがラストで浮上し、サンライズソアはそこから1馬身差の3着に敗れています。
公認プロ予想家では、いっくんプロスガダイプロジョアプロ赤木一騎プロ馬っしぐらプロ馬侑迦プロら計6名が的中しています。
 
Jpn1JBCスプリントは、1番人気マテラスカイがスムーズにハナを奪って1馬身ほどのリードで牽引。序盤の攻防はそれほど激しいものにはならなかったものの、軽快なペースで運ぶマテラスカイ。狙いすましたようにその直後の最内を確保し、終始ぴったりとマテラスカイをマークする位置で運んだ4番人気グレイスフルリープが2番手で続き、4コーナーを出ます。先を行くマテラスカイと、追うグレイスフルリープ。この2頭が後続との差をやや広げ、勝負の行方は一騎打ちの様相。残り200mでも1馬身半差をキープしていたマテラスカイのリードはここから徐々になくなり、グレイスフルリープの脚色優勢で叩き合いに持ち込まれると、残り50mで内のマテラスカイを交したグレイスフルリープが先頭でゴール。国内G1初勝利を決めています。2着はクビ差でマテラスカイ。直線半ばまでは、前を行く2頭から4~5馬身ほど後方で繰り広げられていた3番手争いは、ラブバレットキタサンミカヅキに、レッツゴードンキキングズガードモーニンといった後方勢が加わっての攻防となりましたが、5番人気キタサンミカヅキがこの争いから抜け出し3着に入っています
公認プロ予想家では、伊吹雅也プロ☆まんでがんプロ蒼馬久一郎プロ赤木一騎プロ他6名が的中しています
 
Jpn1JBCレディスクラシックは、アイアンテーラーのペースで展開。締まったペースに縦長となる馬群の中、中団の1番人気ラビットランアンジュデジールといったところが、3コーナー過ぎで進出を開始。3番手プリンシアコメータを早々に交わして先団に取り付く構えを見せると、4コーナーではアイアンテーラーサルサディオーネの直後まで迫ったこの2頭が、ここで一気に先頭を奪って併せ馬で直線勝負へ。最内アンジュデジールに外からラビットランが襲い掛かり、3番手を窺っては2番人気クイーンマンボといった態勢。後続からは、3番人気フォンターナリーリアンデスクイーンといったところも伸びを見せますが、これらはすぐに脚が上がって後退。代わってさらに外を通って5番人気ファッショニスタが鋭い伸びで3番手クイーンマンボに並び掛ける勢い。直線半ば、一旦はクイーンマンボに完全に交わされた6番人気アンジュデジールでしたが、再び盛り返す粘り腰でゴール直前では差し返す根性をみせると、最後は内からグイっと出てアタマ差V。嬉しい初G1制覇を飾っています。2着ラビットランから1/2馬身差の3着には5番人気ファッショニスタが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロはははふほほほプロ山崎エリカプロ金子京介プロ蒼馬久一郎プロろいすプロ他9名が的中しています
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(土)福島11Rで計11万320円払戻しのスマッシュヒット。4(日)にも、東京6Rでのスマッシュヒットなど前半から好調をアピールすると、福島9Rでは◎フラッグアドミラル(単勝23.6倍)から3連複319倍含む計33万6,000円、東京9Rでは◎トーラスジェミニ(単勝35.3倍)から馬単ほか総獲りの計10万7,390円払戻しなどの活躍ぶり。週末トータルでは、回収率147%、収支トップの339,190円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
3(土)は福島9RG2京王杯2歳Sで的中をマーク。4(日)には東京4RJpn1JBCクラシックでの◎○▲パーフェクト的中などを披露すると、東京12Rでは34万3,000円のビッグヒットを記録。土日2日間では、回収率118%、収支13万690円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
4(日)JBCスプリントでは、『相手は今年の東京盃で4着以内となったキタサンミカヅキグレイスフルリープ』と評し、▲◎○的中を披露!前日の3(土)G2京王杯2歳Sでの◎×▲的中と合わせ、週末トータル回収率148%をマークし、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
4(日)東京8Rの◎エントシャイデン(単勝73.8倍)、勝負レース福島10Rでの◎マイネルサーパス的中で週末プラス(トータル回収率103%)を達成。
 
 
 
この他にも、馬侑迦プロ(132%)、馬っしぐらプロ(106%)、dream1002プロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

また、先週はJRDBから期間限定参戦中の赤木一騎プロ(238%)、金子京介プロ(126%)らも活躍をみせています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

エントシャイデンの口コミ


口コミ一覧

第63回 阪急杯GⅢ

 ゼファー 2019年2月24日() 00:59

閲覧 162ビュー コメント 0 ナイス 8

<馬場状態>

開幕週で馬場は速い、Hペースだとしても前は止まらないか?
内回りで直線は1.5Fしかない、内獲れる前行ける馬を狙いたい

<馬券>

ミスターメロディ:〇
あまりレベルが高いと思っていない第13回阪神カップGⅡ2着より、
第23回NHKマイルカップGⅠで前に行って4着に残した粘り脚はここでも。

レッツゴードンキ:△
内狙う騎手多く、1番枠から差してくるには前壁の可能性が高い
岩田Jなら内突いてくるだけに更に危険度が増す

ダイアナヘイロー:△
前年の第62回阪急杯GⅢ1着は、人気薄で目標にされず武豊Jが上手に逃げた効果
第13回阪神カップGⅡ勝っているだけに、馬場は味方も、楽には逃げれない

ロジクライ:◎
第69回東京新聞杯GⅢは厳しい流れでレベルが高かった
横山典弘Jが思いっ切り良く、前に行ったがさすがにバテた
それでも0.6差で踏ん張った粘りは魅力、3番枠も馬場も味方する。

ロードクエスト:△
第69回東京新聞杯GⅢ4着は力を示したが、展開にハマった感が強い
川田 将雅Jは巧く日本人エースだが、差馬ではやや実力が陰る
又、前走乗った三浦Jは当日確変していたので上積みは少ないとみる。

スターオブペルシャ:△
信越ステークスで強い戦歴を残したので第13回阪神カップGⅡで▲としたが、
時計の掛かる馬場前提だっただけに、今回は3着として押さえるのみ

エントシャイデン:消
節分ステークス1着タイムは、翌日の第69回東京新聞杯GⅢの最下位より時計が遅い
時計信者ではありませんが、この戦歴では買えない

ダイメイフジ:△
調教が良く、展開も向きそうなので押さえておく。

リョーノテソーロ:△
2戦、前壁なら3度ありそうだが、押さえておく

タイムトリップ:消
2018ファイナルステークス4着も、前走1着も馬場が前を止めてハマった

スマートオーディン:▲
金杯の後、秋山Jが言った以下のコメントが気になっていました。
「能力があります。最後に速くなるように我慢させていました。
 折り合いを欠いていたところはありましたが、我慢させたことが次につながればいいですね。
 さすがはスマートオーディンです」

リライアブルエース:消
右回りも小回りも・・・

ヤングマンパワー:★
穴はこれ
第69回東京新聞杯GⅢは10着だが、前で踏ん張って0.6差なら評価できるし、
今回は馬場が良くなって、2番枠も味方になる
F.ブロンデルJ⇒池添 謙一Jは上積みも大きい

ラインスピリット:消
森 一馬Jも馬も本調子に無い

ヒルノデイバロー:消
近走負け過ぎの8歳では

アドマイヤゴッド:消
後ろからでは届かない

コウエイタケル:消
8歳で上積みが無い

トウショウピスト:消
こちらも上積みが・・・

 スペースマン 2019年2月23日() 22:39
阪急杯、◎本命は?
閲覧 149ビュー コメント 0 ナイス 5

OH NANANA!OH NANANA!OH NANA !OH NANA !OH NANANA!、、、、

このリズム、難しいわ!わかる?

女子高生が、股広げたり、閉じたりするんだけど、難しい!

おじさんは、嬉しいけどね!イヒヒヒ!


さて、そんなリズムでもメロディは、大事なので、阪急杯の◎本命は、

ミスターメロディから狙ってみる!

今回は、ギャロップの誌上パドックから選んでみたからね!

たまには、ギャロップ使わないとな!

んで、馬体なんだけど、まぁ~他の馬よりは、少しだけ良いかな?

やっぱり上腕筋が、少しだけ盛り上がっているよね!

ギャロップでは、たいへんよく見えますと書いてます!

そうかな?そこまで良いとは思わんけどな!

○対抗は、岩田が乗るレッツゴードンキだな!

内枠引いたんで、馬体もまあまあかな?

▲単穴は、エントシャイデンかな?

いやはやなんで今頃走るんかな?前回のMy POG馬でした!

もっか3連勝しているし、応援するしかないしょ!

あと穴でタイムトリップを抑えますわ!

リズムも大事、メロディも大事、でもお金が大事だ!

[もっと見る]

 Haya 2019年2月22日(金) 07:00
【~術はある~】(2019.2.22.)(中山記念、阪急杯) 
閲覧 302ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。
陽春の候、とうとう花粉症の季節到来でしょうか?
今年も花粉以外のPM 2.5も飛散している状況みたいなので、ご注意ください!

我が懐からは、福沢諭吉がどんどん飛散?
悲惨な状況です。 (>_

[もっと見る]

⇒もっと見る

エントシャイデンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エントシャイデンの写真

エントシャイデン

エントシャイデンの厩舎情報 VIP

2019年2月24日阪急杯 G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エントシャイデンの取材メモ VIP

2019年2月24日 阪急杯 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。