アンヴァル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アンヴァル
アンヴァル
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2015年1月28日生
調教師藤岡健一(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績20戦[4-3-2-11]
総賞金12,362万円
収得賞金3,700万円
英字表記Aonbharr
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
アルーリングボイス
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
アルーリングアクト
兄弟 オールザゴーアーマークラッド
前走 2020/08/23 TV西日本北九州記念 G3
次走予定

アンヴァルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/08/23 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 1871512.564** 牝5 54.0 北村友一藤岡健一478(+6)1.08.2 0.434.3⑬⑮レッドアンシェル
20/07/05 阪神 11 CBC賞 G3 芝1200 163673.1112** 牝5 54.0 北村友一藤岡健一472(+2)1.09.0 0.335.2ラブカンプー
20/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18816104.11416** 牝5 54.0 藤岡佑介藤岡健一470(-2)1.21.7 1.435.5⑨⑨ベストアクター
20/02/16 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 176115.928** 牝5 55.0 藤岡康太藤岡健一472(-2)1.10.8 0.836.3⑨⑦シヴァージ
19/09/08 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 137118.7613** 牝4 54.0 藤岡康太藤岡健一474(0)1.13.1 6.439.4⑩⑪タワーオブロンドン
19/08/18 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 186118.153** 牝4 54.0 藤岡康太藤岡健一474(+4)1.08.4 0.234.4⑮⑭ダイメイプリンセス
19/07/14 福島 11 バーデンBC OP 芝1200 166123.612** 牝4 54.0 松岡正海藤岡健一470(+6)1.09.3 0.035.2⑥⑧カラクレナイ
19/01/27 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1881610.534** 牝4 53.0 松山弘平藤岡健一464(-4)1.08.5 0.234.2⑧⑦ダノンスマッシュ
19/01/14 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 12443.322** 牝4 54.0 酒井学藤岡健一468(+6)1.09.1 0.034.9ナインテイルズ
18/11/25 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 188179.854** 牝3 53.0 酒井学藤岡健一462(+6)1.08.3 0.333.6⑥⑥ダノンスマッシュ
18/10/07 京都 11 オパールS OP 芝1200 185918.981** 牝3 50.0 酒井学藤岡健一456(-2)1.08.2 -0.334.2⑥⑤グレイトチャーター
18/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 156119.7510** 牝3 52.0 松若風馬藤岡健一458(+2)1.09.7 0.935.0⑫⑫ファインニードル
18/08/19 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 174713.8910** 牝3 50.0 荻野極藤岡健一456(+14)1.07.3 0.733.7⑮⑬アレスバローズ
18/05/26 京都 11 葵ステークス G 芝1200 165104.536** 牝3 54.0 藤岡康太藤岡健一442(-8)1.08.4 0.433.7⑩⑩ゴールドクイーン
18/04/08 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18510124.81417** 牝3 55.0 藤岡佑介藤岡健一450(0)1.35.2 2.136.2アーモンドアイ
18/03/11 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 18115.634** 牝3 54.0 藤岡佑介藤岡健一450(+4)1.21.6 0.135.4⑪⑦リバティハイツ
17/11/12 福島 10 福島2歳S OP 芝1200 13562.111** 牝2 55.0 北村友一藤岡健一446(-6)1.09.0 -0.435.5リュウノユキナ
17/10/29 京都 6 2歳500万下 芝1200 8771.911** 牝2 54.0 藤岡康太藤岡健一452(-6)1.12.1 -0.536.5④④タイセイアベニール
17/09/03 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 177134.221** 牝2 54.0 武豊藤岡健一458(-4)1.09.0 -0.234.9ラブカンプー
17/08/20 小倉 6 2歳新馬 芝1200 12673.223** 牝2 54.0 武豊藤岡健一462(--)1.11.3 0.334.7⑫⑫オーロスターキス

アンヴァルの関連ニュース

 ◆川田騎手(アウィルアウェイ3着)「返し馬から雰囲気が良く、自分の競馬に徹しました。久しぶりに、この馬にとっていい走りができたと思います」

 ◆鮫島駿騎手(クライムメジャー4着同着)「内ラチ沿いぴったりにラストにかける競馬。いい脚を使ってくれたし、この距離なら重賞でもおもしろそうです」

 ◆北村友騎手(アンヴァル4着同着)「返し馬やゲート裏で息が荒くて行きっぷりが悪かった。その割に伸びて頑張っています」

 ◆武豊騎手(トゥラヴェスーラ6着)「直線に向くまでは思い通りのレースだったが、あまり伸びなかった」

 ◆菱田騎手(ジョーカナチャン7着)「2番手から手応え良く運べましたがラストで止まってしまった」

 ◆浜中騎手(プリディカメント8着)「重賞でタフな流れ。これがいい経験になれば」

 ◆松山騎手(タイセイアベニール9着)「4コーナーで思った以上に手応えが悪くなってしまいました。馬場が速すぎて、徐々に脚を使えませんでした」

 ◆藤岡康騎手(メイショウキョウジ10着)「周りが速くて後ろからになりましたが、この馬なりの伸び。クラス慣れしてくればやれそう」

 ◆幸騎手(ブライティアレディ11着)「スムーズにさばけないところがあって、そこがうまくいっていれば掲示板(5着以内)はあったかも」

 ◆国分優騎手(マイネルグリット12着)「得意のコースで一発を狙っていたんですが。次に期待したい」

 ◆秋山真騎手(ダイメイプリンセス13着同着)「勝ち馬と同様の位置にいたが、勝ち馬とは勢いと手応えが全然違って、ついていけなかった」

 ◆岡田騎手(メジェールスー13着同着)「速い流れに巻き込まれない位置で運んだが、外枠((14)番)で前に壁を作れなかった」

 ◆川又騎手(ジョイフル15着)「この暑さの影響があったんでしょうか」

 ◆藤田騎手(ラブカンプー16着)「ハナに行くつもりで出していったんですが、あまりに速い馬が…」

 ◆酒井騎手(カリオストロ18着)「発馬直後にあおりを食らって気持ちが抜けてしまった。この馬はスムーズでないと…」

★23日小倉11R「北九州記念」の着順&払戻金はこちら

【有名人の予想に乗ろう!】北九州記念2020 徳光和夫さん、杉本清さんほか多数!競馬通の芸能人・著名人が真剣予想! 2020年8月23日() 06:30


※当欄では北九州記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連単ボックス
モズスーパーフレア
マイネルグリット
メイショウキョウジ
ジョイフル
タイセイアベニール
ワイド1頭軸流し
⑰-①②④⑨⑩⑫⑬⑯

【杉本清】
◎⑦カリオストロ
○⑩モズスーパーフレア
▲④レッドアンシェル
☆⑰タイセイアベニール
△⑤トゥラヴェスーラ
△⑮アンヴァル
△⑬メイショウキョウジ
△⑨ダイメイプリンセス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑮アンヴァル
○⑰タイセイアベニール
▲⑫マイネルグリット
△⑬メイショウキョウジ
△⑦カリオストロ
△⑱ジョーカナチャン
△⑩モズスーパーフレア
3連単1頭軸流しマルチ
⑮→⑦⑩⑫⑬⑰⑱

【林修】
注目馬
カリオストロ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑤トゥラヴェスーラ
○⑩モズスーパーフレア
▲⑰タイセイアベニール
△④レッドアンシェル
△⑬メイショウキョウジ
△⑯ジョイフル

【旭堂南鷹】
◎⑫マイネルグリット

【稲富菜穂】
◎⑤トゥラヴェスーラ
○⑰タイセイアベニール
▲⑨ダイメイプリンセス
△⑧ラブカンプー
△④レッドアンシェル
△③ブライティアレディ

【キャプテン渡辺】
◎⑯ジョイフル
単勝


【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨ダイメイプリンセス

【船山陽司】
◎⑦カリオストロ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑬メイショウキョウジ

【目黒貴子】
◎⑤トゥラヴェスーラ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【北九州記念】厩舎の話 2020年8月21日(金) 04:55

 ◆アウィルアウェイ・高野師 「自分から反応していました。スタミナを使うレースなら」

 ◆アンヴァル・藤岡師 「動きはすごく良かった。小倉は相性のいいコースだからね」

 ◆ゴールドクイーン・坂口師 「順調です。今回は走り慣れた条件なので」

 ◆ジョイフル・吉村師 「夏は大丈夫なタイプ。小回りコースは問題ないと思います」

 ◆タイセイアベニール・西村師 「充実している。展開が鍵」

 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「少し硬い感じはするが、暑い時期はいい。あとは開幕2週目で馬場がいいから、差し脚が生きるかだね」

 ◆トゥラヴェスーラ・高橋康師 「器用さがあるしここでも楽しみ」

 ◆ブライティアレディ・上籠助手 「十分に走れる状態。ハンデ52キロでいいところがあっても」

 ◆プリディカメント・吉村師 「1200メートルが一番いい。展開がはまれば」

 ◆メイショウキョウジ・藤岡師 「体調は上がっている。展開、スタート次第」

 ◆モズスーパーフレア・音無師 「高松宮記念の時と比べても遜色ない感じ。先があるけれど、ひと叩きというつもりはない」

 ◆ラブカンプー・森田師 「使い込んでいるのでこれで十分。持ち味を生かすためにも前々で」

 ◆レッドアンシェル・庄野師 「先週の追い切りからブリンカーを装着しているが、いい感じ。しっかり調教はできている」

北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【北九州記念】厩舎の話 2020年8月20日(木) 10:31

 アウィルアウェイ・高野調教師「坂路で末が伸びるようになった。うまく流れが噛み合えば」

 アンヴァル・藤岡調教師「動きはすごく良かった。昨年3着のレースだし、コース相性はいい」

 カリオストロ・酒井騎手「ハナへのこだわりはない。オーバーペースでもひと脚使ってほしい」

 ゴールドクイーン・坂口調教師「直線競馬は合わなかった。走り慣れた条件で巻き返したい」

 ジョイフル・吉村調教師「暑さは大丈夫。小回りも問題ないし、スタイルは決まっている」

 タイセイアベニール・西村調教師「動きは良かった。充実しているし、時計の出る馬場は合う」

 ダイメイプリンセス・森田調教師「以前にはなかった硬さが出てきた。差し馬に展開が向けば」

 トゥラヴェスーラ・高橋康調教師「前走は手前を替えてもうひと伸び。どんな競馬でもできる」

 ブライティアレディ・上籠助手「強い攻めは必要ない。ハンデは軽いし、好勝負を期待する」

 プリディカメント・吉村調教師「今週は感触を確かめる程度。ベストの距離で展開がはまれば」

 メイショウカズヒメ・南井調教師「夏場がいいタイプで、体調は良好。ハンデ差を生かしたい」

 メイショウキョウジ・藤岡調教師「前走を使って体調はアップした。小倉とも相性がいい」

 モズスーパーフレア・音無調教師「動きは申し分ない。スプリンターズSへの叩き台ではなく、きっちり勝ちにいく」

 ラブカンプー・森田調教師「使い詰めで筋肉がなかなか戻らず。2走前くらいの状態になれば」

 レッドアンシェル・庄野調教師「ブリンカー効果で行きっぷりは良化。脚をためられれば」

(夕刊フジ)

北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【北九州記念】追って一言 2020年8月20日(木) 04:51

 ◆アウィルアウェイ・高野師 「いい動き。無理せずに、自分から反応していました。リズムよく運べていました。前が速くなって、スタミナを使うレースになれば」

 ◆アンヴァル・藤岡師 「やりすぎないように調整。動きはすごく良かった。昨年3着のレースだし、小倉は相性のいいコースだからね」

 ◆ゴールドクイーン・坂口師 「順調ですし、変わりないです。前走(16着)の結果を見ると、直線競馬の適性がなかったですね。今回は走り慣れた条件なので」

 ◆ジョイフル・吉村師 「上がり重点の調整。夏は大丈夫なタイプですね。自分の競馬スタイルは決まっている馬。小回りコースは問題ないと思います」

 ◆トゥラヴェスーラ・高橋康師 「輸送と暑さがあるので、ラストだけ。器用さがあるし、ここでも楽しみ」

 ◆ブライティアレディ・上籠助手 「強い攻めは必要のない馬。十分に走れる状態です。元気一杯ですよ。52キロのハンデですし、いいところがあっても」

 ◆プリディカメント・吉村師 「感触を確かめる程度の調整でしたが、動きは良かったですよ。前走の競馬を見ると、やっぱり1200メートルが一番いいですね。展開がはまれば」

 ◆メイショウカズヒメ・南井師 「夏場が良く、体調はいい。ハンデを生かしたい」

 ◆メイショウキョウジ・藤岡師 「前走を使って体調は上がっている。いろいろなレースができる馬だし、展開、スタート次第だね。小倉は相性がいいコースだから」

 ◆ラブカンプー・森田師 「使い込んでいるのでこれで十分。持ち味を生かすためにも前々で」

 ◆レッドアンシェル・庄野師 「先週の追い切りからブリンカーを装着しているが、いい感じで走れている。しっかり調教はできているし、期待している」

北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌記念&北九州記念】レースの注目点 2020年8月18日(火) 18:06

★今年は4頭のGI馬が出走予定 ラッキーライラックなど13頭が登録/札幌記念



 今年の札幌記念には、今年の大阪杯などGI3勝を挙げているラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、2016年のダービー馬マカヒキ(牡7歳、栗東・友道康夫厩舎)、昨年のヴィクトリアマイル勝馬ノームコア(牝5歳、美浦・萩原清厩舎)、2017年のマイルCS勝馬ぺルシアンナイト(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)と4頭のGI馬を含む13頭が登録している。昨年の札幌記念も4頭のGI馬が出走しており、前年の有馬記念勝馬ブラストワンピースが勝利を挙げたが、今年の札幌記念はどのような結果になるだろうか。なお、ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師は騎手時代に札幌記念で2勝を挙げており、同馬が勝てば、史上2人目の騎手&調教師双方での札幌記念制覇となる。



函館記念を制したアドマイヤジャスタ 唯一の3歳馬ブラックホールにも注目/札幌記念



 サマー2000シリーズのポイントランキングで1位タイのアドマイヤジャスタ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が、シリーズ対象レース連勝を狙う。同馬は前走の函館記念を制し、デビュー14戦目で重賞初制覇を飾った。2013年にはトウケイヘイロー函館記念札幌記念を連勝して同年のサマー2000シリーズチャンピオンに輝いたが、アドマイヤジャスタ札幌記念で上位に入り、シリーズチャンピオンの座に近づくことができるかどうか。同馬には前走に続き吉田隼人騎手が騎乗する予定。



 また、ブラックホール(牡3歳、美浦・相沢郁厩舎)は、今年の札幌記念登録馬のうち唯一の3歳馬で、古馬との初対決でどのような走りをみせるか注目される。同馬は昨年の札幌2歳S勝馬で、春のクラシックでは皐月賞9着、ダービー7着という成績を残している。3歳馬が札幌記念を勝てば、2014年のハープスター以来、6年ぶり12頭目となるが、ブラックホールは歴戦の古馬を相手に勝利を収めることができるかどうか。



高松宮記念モズスーパーフレアが登場 連覇を狙うダイメイプリンセスも出走予定/北九州記念



 高松宮記念を制したモズスーパーフレア(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、北九州記念に登録している。同馬は昨年の北九州記念では4着に敗れたが、続くスプリンターズSでは2着に入り、前走の高松宮記念ではJRA・GI3度目の挑戦で初制覇を飾っている。JRA・GI馬が北九州記念に出走すれば、距籬が芝1200メートルになった2006年以降では初めてのこととなるが、モズスーパーフレアはGI馬の実力を示すことができるかどうか。同馬には前走に続き松若風馬騎手が騎乗する予定。なお、モズスーパーフレアのハンデは56.5キロで、北九州記念が芝1200メートル戦になった2006年以降、牝馬としては最も重いハンデとなる。



 また、昨年の北九州記念勝馬ダイメイプリンセス(牝7歳、栗東・森田直行厩舎)には、レース史上初の連覇がかかる。同馬は2018年の北九州記念でも2着に入っているが、3年連続の参戦となる今回も好走することができるかどうか。なお、ダイメイプリンセスには、過去2年の北九州記念で手綱をとった秋山真一郎騎手が騎乗する予定。



★ポイントランキング上位馬が登録 ラブカンプージョーカナチャンアンヴァル/北九州記念



 全6戦で争われるサマースプリントシリーズは3戦目までを終えており、シリーズ第2戦のCBC賞を制すなど11Pを獲得しているラブカンプーが単独トップに立っている。シリーズ第4戦の北九州記念には、ポイントランキング1位のラブカンプー(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)、シリーズ第3戦・アイビスSDを制して2位タイ(10P)のジョーカナチャン(牝5歳、栗東・松下武士厩舎)、CBC賞2着で4位タイ(5P)のアンヴァル(牝5歳、栗東・藤岡健一厩舎)と獲得ポイント上位馬が登録しているが、北九州記念を制してシリーズチャンピオンに前進することができるだろうか。



 なお、サマー2000、サマースプリント、サマーマイル各シリーズの構成レースが対象で、全15戦で争われるサマージョッキーズシリーズの8月18日現在の順位を見ると、ジョーカナチャンに騎乗予定の菱田裕二騎手が16Pを獲得してトップタイ、アンヴァルに騎乗予定の北村友一騎手が10Pを獲得して10位タイとなっている。



★重賞で2度目の対決となる横山騎手親子 柴山雄一騎手はJRA通算1万回騎乗目前



 23日の札幌記念には、横山典弘騎手(父)、横山和生騎手(兄)、横山武史騎手(弟)が揃って参戦する予定。横山典弘騎手はGI馬のノームコア(牝5歳、美浦・萩原清厩舎)、横山和生騎手は新潟大賞典勝馬のトーセンスーリヤ(牡5歳、美浦・小野次郎厩舎)、横山武史騎手はイェッツト(牡5歳、美浦・金成貴史厩舎)に騎乗する予定だが、親子3人の対決はどのような結果になるだろうか。なお、JRA重賞で横山親子3人が揃って騎乗するのは9日のエルムS以来2回目で、同レースでは横山和生騎手が騎乗したハイランドピークが最先着(4着)した。



 また、柴山雄一騎手は8月18日現在、JRA通算9991戦578勝という成績を挙げており、史上42人目のJRA通算1万回騎乗まであと「9」となっている。同騎手は1998年に地方・笠松競馬でデビューし、2005年からJRA所属の騎手となっている。地方競馬出身騎手がJRA通算1万回騎乗を達成すれば、岩田康誠騎手、小牧太騎手、内田博幸騎手に次ぐ4人目となるが、今週の開催で大台に到達することができるかどうか。

札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンヴァルの関連コラム

閲覧 1,024ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は小倉記念関屋記念が行われた。

小倉記念は通常の2週目ではなく開幕週の開催となったことで、例年よりスピードを問われる結果になった。アールスターは長岡騎手がテン乗りだったが上手く馬群を捌いて、見事なイン突きで勝利。フェブラリーSでのケイティブレイブ激走でファンの度肝を抜いた杉山厩舎&長岡騎手のコンビが、再び重賞で大仕事をやってのけた。

一方、関屋記念サトノアーサーが直線追い込みを決めて勝利。2着に逃げたトロワゼトワル、3着にアンドラステ。勝ったサトノアーサーは掛かる気性でマイルへの距離短縮が向いたのもあるが、戸崎騎手の腕も見逃せない。スタートでやや出負けした後、これまでだと位置を取りに行くような競馬も目立ったが、今回は騎手の好判断でじっくり脚を溜める作戦。もともと自分から動くよりも極限まで溜めた方が良いタイプだけに、騎手の判断が功を奏し、最後の伸びに繋がった。


〜侮れない”前走直線組”

先週の競馬でもう一つ印象に残ったのは、スピード競馬を経験することのメリットだ。小倉記念で猛然と追い込んで2着したサトノガーネットは、1600m→1800mと使われて今回は2000mに距離延長。もともと追い込みタイプだけに前半追走に苦労する面があったが、今回はスタートからスムーズに追走できたことで、最後の伸びに繋がった。適性よりも短い距離を使われ続けていた効果が今回出た形だった。

また、札幌メインのUHB賞では前走アイビスサマーダッシュを使われてきた2頭が好走。カッパツハッチは6番人気2着、イベリスは4番人気3着と、いずれも人気より上位に持ってきた。前走で直線1000mを使われてきた馬はあまり人気にならないケースが多いが、この究極のスピードレースを経験することで馬が得る物は多い。低調なメンバー構成になりがちなアイビスサマーダッシュ組が案外その後の重賞で穴をあけるのは偶然ではなく、ある意味激流の競馬を経験することで馬に”闘魂注入”効果があるためだ。

昨年はダイメイプリンセスが、アイビスサマーダッシュ6着から北九州記念に出走し9番人気1着。4年前にはアイビスサマーダッシュを8番人気で制したラインミーティアが、次走のセントウルSでは6番人気2着と好走。過去にもアイビスサマーダッシュ好走馬は意外とその後のレースでも穴をあけており、特殊な直線競馬だから…ということで侮らない方が良い。それだけ馬にとってキツい経験となる激流レースを経由する効果は大きいのだ。


〜波乱必至・北九州記念の展望

さて、今週末は夏の大一番・札幌記念が行われるが、馬券的に面白そうなのは小倉競馬場で行われる北九州記念だろうか。前述したアイビスサマーダッシュ経由馬も、勝ち馬ジョーカナチャンや、ダイメイプリンセスラブカンプーなど複数頭がエントリーしている。

ポイントは馬場状態と展開だろうか。外からの差しが決まるケースも多いレースだが、例年の4週目から今年は2週目の開催になり、傾向が変わる可能性がある。

というわけで、ココでは2頭注目馬を挙げておきたい。

アンヴァル
昨年当レースで3着以降は不振が続いていたが、前走は久々に北村友一騎手が騎乗し復活。前半の行きっぷりが良くなり、以前の自在性が戻ってきた感じがする。引き続き同騎手騎乗、前がやり合う流れになれば今年もチャンス。

ラブカンプー
2走前のCBC賞で復活の勝利。前走は10着に敗れたが、直線競馬で不利な1枠2番から見せ場は作っており、着順ほど悲観するような内容ではなかった。毎年差しが決まる北九州記念だが、2週目の開催で前が粘れるような馬場&流れになればチャンスも。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年7月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】荒れる重賞、12レース連続3連複万馬券継続中/アイビスサマーダッシュ展望
閲覧 2,018ビュー コメント 0 ナイス 6

重賞の波乱が止まらない。スイッチは安田記念でのアーモンドアイの敗退だっただろうか。その後の重賞はなんとすべて3連複から万馬券。

マーメイドS  18,460円 125,270円 7番人気サマーセントが勝利
エプソムカップ 739,440円 4,219,320円 9番人気ダイワキャグニーが勝利、18番人気トーラスジェミニが3着
函館スプリントS  13200円 64550円 10番人気ダイメイフジが2着
ユニコーンS  14,320円 36,360円 11番人気ケンシンコウが3着
宝塚記念  51,240円 183,870円 人気のサートゥルナーリアが4着、12番人気モズベッロが3着
CBC賞 242,890 2,444,630 13番人気ラブカンプーが勝利、11番人気アンヴァルが2着
ラジオNIKKEI賞  22,480円 173,020円 8番人気バビットが勝利
プロキオンS  140,380円 826,670円 8番人気エアスピネルが2着、9番人気ヤマニンアンプリメが3着
七夕賞  19,850円 111,330円 7番人気ブラヴァスが2着
函館2歳S  49,250円 577,430円 11番人気リンゴアメが勝利
函館記念  283,880円 3,432,870円 15番人気アドマイヤジャスタが勝利、13番人気ドゥオーモが2着
中京記念  382,480円 3,302,390円 18番人気メイケイダイハードが勝利、9番人気エントシャイデンが3着

現在重賞12レース連続波乱決着、その中で3連単100万馬券が3回と、歴史的波乱の真っ只中にいる。

関東甲信越の梅雨入りが6月11日だったことを考えると、ちょうど梅雨入りと同時に波乱が始まったことになる。これはただの偶然ではなく、現代競馬では「荒れ馬場=非日常」となる。

先週のメイケイダイハードの外からの差し切りも内が全く伸びなくなった最終週の馬場の影響が大いにあった。高速馬場、立ち回り戦が常態化した現代競馬では、外が伸びる馬場は波乱の一因となる。トーラスジェミニラブカンプーなど「人気薄の逃げ馬」はいつの時代も穴の主役だが、荒れ馬場になると「外枠の差し馬」にも注目したい。

アイビスサマーダッシュ展望

さて、今週末は年に一度の直線重賞・アイビスサマーダッシュ。このレースこそ枠順が大いに影響を与える一戦で、言うまでもなく外枠が断然有利。波乱が続く重賞戦線だが本レースは比較的堅めの決着が多く、過去5年で1番人気(4-1-0-0)とパーフェクト連対。今年は恐らく人気が予想されるライオンボスが断然の支持を集めそうだが、果たして今年も堅めの決着となるのか。はたまた、昨今の傾向通り波乱が続くのか。ココでは注目の穴馬を2頭挙げておきたい。

モンペルデュ
今回が初ダートとなるが、テンのスピードの速さは直線競馬では魅力的。ダート馬としては軽さのあるタイプなので芝もこなせそうだし、絶好の15番枠を追い風にスッと先行できれば侮れない存在になる。

ナランフレグ
差し追い込み型だけに展開待ちの面はあるが溜めた時の末脚は強烈。昨夏には直線競馬で差して連勝を決めたように適性は証明済みで、少し前がやり合う、あるいは上がりが掛かるような流れになれば侮れない面もある。週末の雨予報は追い風。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年7月10日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】先週日曜は3場メインすべて逃げ切り、逃げ馬を狙う際のポイントとは?
閲覧 1,090ビュー コメント 0 ナイス 3

先週はCBC賞ラブカンプーが13番人気の低評価を覆し逃げ切り勝ち。2着にも11番人気のアンヴァルを連れてきたことで、3連単は244万という超大波乱の決着となった。

正直なところメンバーレベルや内容から、今後秋のG1に繋がるかと言われるとやや悲観的だが、サマースプリント路線を考える上ではラブカンプーの復活は大きい。今後も本馬が走るにせよ走らないにせよ、出走してくれば展開のカギを握るうるさい存在になりそうだ。

なお、先週はCBC賞のほかにラジオNIKKEI賞でバビット、巴賞でトーラスジェミニが逃げ切り。結果、日曜の3場メインがすべて逃げ切り勝ちだった。


〜逃げ馬は人気がない方が良い

人気薄の逃げ馬といえば”競馬の古典”ともいえる穴パターンだが、先週ほど鮮やかに各場で逃げが決まるのも珍しい。しかもいずれも人気薄だっただけに、大きなインパクトを残した。

逃げ馬を狙うポイントはいくつかあるが、その中でも重要なことを以下の2点だ。

1つめは、人気薄であればあるほど良いということである。やはりマークをされないことが逃げ切りの大きな条件であるから、もし逃げ馬を狙うならば人気がない方が良い。印がついていて安心するというファンも多いが、逃げ馬に関していえば印がついていたら不安に、印がなければ強気になる意識が大事である。

2つめは、相手に内枠を選ぶということである。先週のメインを見ても巴賞は3番枠のミラアイトーンが7番人気2着、CBC賞は6番枠のアンヴァルが11番人気2着、さらにラジオNIKKEI賞では2番枠のディープキングが5番人気2着と、いずれも内枠の人気薄が馬券に絡んだ。逃げ馬をもし狙うなら、ヒモには内枠を重視することを忘れないでおきたい。逃げ馬が内枠を連れて来る…は本コラムでも以前紹介したが、現代競馬の鉄板の波乱パターンなのである。


七夕賞展望/大穴候補

さて、今週末は福島で夏の名物ハンデ重賞・七夕賞が行われる。過去10年で9頭の2ケタ人気馬が馬券に絡んでいるように波乱になるレースだが、今年も混戦模様、16頭フルゲートが揃った。

というわけで例年通りの波乱があるとみて、2ケタ人気想定馬の中から怖い馬を2頭、根拠とともにご紹介したい。

レッドローゼス
昨年の同舞台福島民報杯の勝ち馬で、函館記念では2番に気を集めたように能力は高い。近走は結果出ていないが、スムーズで差しが届く流れになれば出番があっても驚けない。ローカル重賞で怖い石川騎手も◎。

アウトライアーズ
昨年の関門橋ステークス以来馬券に絡めていないが、その際に騎乗していた丸田騎手とは好相性。関門橋Sの他にも、昨年の小倉記念10番人気6着、今年の小倉大賞典でも12番人気で5着などローカル重賞での人気薄であと一歩まで迫っている。今年の相手関係なら、馬場次第で出番があっても良い。福島芝2000mは丸田騎手自身得意でかつてダンスアジョイ福島記念を、メドウラーク七夕賞を制している。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年7月10日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(7/4~7/5) CBC賞 豚ミンCプロ◎ラブカンプー くりーくプロは◎アンヴァルでゲット!
閲覧 844ビュー コメント 0 ナイス 1


 
5(日)のG3ラジオNIKKEI賞、G3CBC賞ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
G3CBCを◎ラブカンプー(単勝93.1倍)で仕留め、3万8990円払戻し(1,695%回収)マーク!他にも、5(日)勝負予想函館12RHTB杯などの的中を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
4(土)は福島12R3歳上1勝クラスでの○◎的中や、5(日)には函館3R3歳未勝利函館9R3歳以上1勝クラス函館11R巴賞などで活躍を披露。週間トータル回収率108%をマークし、3週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
5(日)阪神6R3歳未勝利の◎○▲パーフェクト的中や、勝負予想福島6R2歳新馬の◎マルスロンギングバースでの本線的中、さらにはG3CBC福島12R3歳以上2勝クラスなど的中を積み重ね、週間トータル回収率110%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →暴君アッキープロ
4(土)を阪神2R3歳未勝利的中などでプラス収支とすると、5(日)は、勝負予想指定とした福島8R3歳以上1勝クラスの◎イマジナリーラインチェリートリトン本線的中をはじめさらにプラスを上積み。週間トータルでは、回収率194%、的中率51%の好成績を達成しています。
 
 
 
この他にも、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(194%←4週連続週末プラス)、【U指数】3連複プリンセスプロ(161%)、エース1号プロ(155%←2週連続週末プラス)、岡村信将プロ(140%←2週連続週末プラス)、マカロニスタンダーズプロ(136%)、ゼット1号プロ(132%)、夢月プロ(123%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(119%)、ろいすプロ(112%)、田口啄麻プロ(108%)、ジャンヌプロ(103%)、馬侑迦プロ(102%)、きいいろプロ(101%)、蒼馬久一郎プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年9月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】不振脱出の兆しがみえるデムーロ騎手/セントウルS展望
閲覧 1,615ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は長く続いた夏競馬の最終週、土日で3つの重賞が行われた。

新潟記念は2番人気のユーキャンスマイルが接戦を制して重賞2勝目。各路線から上がり馬も多数参戦したが、天皇賞(春)以来の出走で57キロを背負った同馬が底力で退けた形だ。馬群を上手く突いて直線外に出した岩田騎手の好騎乗も光った。

2着には3勝クラスを勝ち上がって重賞初挑戦となったジナンボーが入り、金子オーナーの所有馬のワンツーとなった。なお、両馬は父母もともに現役時代は金子オーナーの持ち馬で、まさに「リアルダビスタ馬主」を地で行く決着でもあった。

小倉と札幌で行われた2歳ステークスの中では、やはり印象深いのは札幌だろうか。勝ったブラックホール、2着サトノゴールドともに新種牡馬のゴールドシップ産駒。8年前、父はグランデッツァに及ばず敗れた同レースだったが、初年度産駒が早速一発で答えを出した形だ。まだ産駒の全貌は見えないが、まずは順調な第2のキャリアのスタートといえそうだ。


~大不振…から復調気配あるデムーロ

さて、いよいよ今週末から秋競馬のスタートとなるが、個人的に気になるジョッキーが一人いる。ミルコ・デムーロ騎手だ。

何を今さらと言われてしまいそうだが、長らく不振を極めていた。デムーロがどれだけ不振だったかというのは、単純に今年に入ってからの単勝回収率=51%というのを見ても明らかだ。感覚的にもとにかく人気馬を飛ばしていた印象が強い。デムルメ…といえば昨今の騎手界のシンボルでもあるが、現状は明らかに成績、馬質も含めルメール騎手に押され気味である。

とりわけ7月のデムーロは僅か3勝と不振を極めた。特に2~4番人気馬に27回騎乗して未勝利という散々な時期で、レース内容を見ても明らかに精彩を欠いていた印象が強く、ダイメイプリンセスはデムーロから乗り替わった途端に北九州記念を制した。

今年は特に人気薄での活躍がまったく見られず、5番人気以下での勝利は2月のバレンタインS(サングラス)以来一度もない。当然デムーロ人気の中での5番人気以下ということはその程度の馬だともいえるが、それでも昨年と比べてみるとよくわかる。

2018年 デムーロ&5番人気以下(2-2-3-23)30戦
2019年 デムーロ&5番人気以下(1-5-6-58)70戦

ご覧の通り、成績もさることながら、そもそも5番人気以下に騎乗する回数が増えている。これが何を示すかというと、

1、かつてほどデムーロは人気しなくなっている(さすがに不振に気づかれている)
2、乗り馬の質が下がっている

主に以上の2点であろう。乗り馬の質の低下はデムーロの不振によるものか、あるいはエージェントの交代によるものか、はたまた両方なのか、という話になるが、ファンもさすがにデムーロの調子の悪さを察しているということだろう。

だが、デムーロはもともと「気分屋」の面がある。昔からどちらかといえば常に安定しているルメールと比べると好不調の波が激しい。昨年の秋、ルメールが立て続けにG1を制し我が世の春を謳歌していたが、ルヴァンスレーヴでのチャンピオンズC制覇から流れが一変。アドマイヤマーズ(朝日杯FS)、サートゥルナーリア(ホープフルS)、オメガパフューム東京大賞典)で、G1級レースを立て続けに制したのは記憶に新しい。

いわば、デムーロは”バイオリズムジョッキー”なのだ。戦略としては、調子が良い時に乗っかっていくのが良いし、今年もなんだかんだG1を2勝しているように大舞台にはめっぽう強い。今年はこれまで不振を極め、移籍後は必ず2ケタに乗せて来ていた重賞勝利数もわずかに3つ。だが、デムーロ株はそろそろ底をついてきた印象がある。

先々週は久々に(人気馬ばかりではあるが)4勝の固め打ち。ゴールデンレシオではデムーロらしい出遅れからじわじわ押し上げての差し切り、サトノダムゼルでは道中リズムよく運んでスムーズに抜け出していた。そして、先週末は土日メインでアガラスジナンボーといずれも伏兵馬を連対圏まで持ってきており、デムーロの持ち味である馬と一体になったリズムの良い道中の運びが見られるようになって来ている。

今週からは2場開催が続き、良い意味でローカルよりも目立たなくなり人気的には妙味も出て来るだろう。中山&阪神という得意の急坂コースでの開催が続くだけに、そろそろ復調のゾーンに入って来ても良いはずだ。

ちなみに今週末の京成杯AHではロードクエストに騎乗する。恐らく4~5番人気程度に収まるこの馬をどこまで持ってこられるだろうか。タイミング的にはそろそろ底打ちから反騰へと変化するころとみているだけに、上手く上昇のタイミングに乗っていきたい。


~直行ローテが増えた影響で手薄になりつつあるセントウルS

さて、秋競馬の開幕を飾るのは京成杯AH、そしてセントウルSだ。ココではスプリンターズSへ向けて重要な前哨戦となるセントウルSを考えてみたい。

人気は強行軍での参戦ながらサマースプリント制覇がかかりルメールが騎乗するタワーオブロンドン、そして高松宮記念を勝利し堂々スプリント王者として参戦するミスターメロディの2頭だろう。

だが、前者はスプリント戦未勝利、後者は久々と、人気でも十分に付け入るスキがありそうだ。何より今年はダノンスマッシュキーンランドCからの直行を選んだほか、モズスーパーフレアも間隔を詰めると良くないという反省から北九州記念をステップに選んだ。近年はあらゆる局面で直行ローテが主流になっており、本番まで中2週となるこの舞台に必ずしも主力が集結していない。だからこそ波乱の余地があるというものだろう。

そこで現時点での注目は、ダイメイプリンセス北九州記念では鮮やかに外からの差し切りを決めたが、決して平坦巧者というわけではなく、急坂コースもこなせる馬だ。実際昨年のスプリンターズSでも4着と健闘しており、何より前述のような近年のトライアル事情から今年の北九州記念は例年以上にメンバーが揃っていた。

そういう意味ではアンヴァルにも再度注目。ズブさが増しているのは気掛かりではあるが、毎度キッチリ末脚を使えるだけに、あとは流れ一つだろう。

大穴ならペイシャフェリシタも侮れない。近走はようやく行きっぷりが戻り復調気配がみられ、メンバーが揃ったキーンランドCでもそこそこ見せ場を作っていた。

いずれにしても、セントウルSはG1の前哨戦とはいえ、例年夏競馬の延長戦ともいえる舞台。一発狙うならば、夏場にレースを使っている組の中から選びたい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年9月1日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月01日号】特選重賞データ分析編(166)~2019年セントウルステークス~
閲覧 1,815ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞セントウルステークス 2019年09月08日(日) 阪神芝1200m内


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2013年以降)】
○5歳以下 [6-5-1-28](複勝率30.0%)
×6歳以上 [0-1-5-40](複勝率13.0%)

 過去6年の連対馬12頭中、2017年2着のラインミーティアを除く11頭は、馬齢が5歳以下。ちなみに、馬齢が6歳以上だったにもかかわらず優勝を果たしたのは、現在のところ2006年のシーイズトウショウが最後です。「若ければ若いほど良い」というわけではありませんが、高齢馬は評価を下げるべきだと思います。

主な「○」該当馬→アンヴァルイベリスミスターメロディ
主な「×」該当馬→ダイメイプリンセスタマモブリリアンマルターズアポジー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2013年以降[6-6-6-32](複勝率36.0%)
主な該当馬→イベリスミスターメロディ

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンヴァルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 2

モーソンピークは、次走狙い目鉄板です

次走狙い目は、

タイミングハートの次走は、頭無し単勝は危険

ワールドイズマイン

コスモテキロ

サマーシリーズ
マイル重賞1600mは、連勝は難しい‼️

北九州記念の出走組では、
アンヴァル、タイセイアベニュールは、夏が苦手

 たぶお統括本部長 2020年8月24日(月) 21:49
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 100ビュー コメント 0 ナイス 4

《今週の推奨馬》

★土曜日・小倉9R・ひまわり賞(2歳オープン・九州産馬限定芝1200m)
・ヨカヨカ
前走は今回と同じ小倉芝1200mのオープン特別フェニックス賞を1馬身半差で快勝してデビュー2連勝を飾った。
その2勝共が一般馬相手だから九州産馬の中では抜けた存在なので当然勝ち負け必至。

★日曜日・札幌10R・苫小牧特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)
・キタノヴィジョン
前走は初めての古馬との対戦で、今回と同じ札幌ダート1700mの桑園特別を昇級初戦&2ヶ月半ぶりで+10kgの馬体ながら2着に好走。
これで全成績がダートばかりで[2.1.0.2]で、その内で右回りだと[1.1.0.1]になる。
引き続き同じ舞台で叩き2戦目の上積みが見込めるので勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・新潟9R・瀬波温泉特別
8着サルサレイア

★日曜日・札幌10R・大通公園特別
1着シェダル
単勝310円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[24.11.5.34]
勝率・0.324
連対率・0.472
複勝率・0.540

単複回収率(74戦)
単勝・81.3%(6020円)
複勝・67.0%(4960円)
総合・74.1%

《先週の重賞レース◎成績》

★札幌記念(GⅡ)
3着ラッキーライラック
複勝110円

★北九州記念(GⅢ)
4着アンヴァル

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔15.11.8.48〕
勝率・0.182
連対率・0.317
複勝率・0.414

単複回収率(82戦)
単勝・42.5%(3490円)
複勝・59.0%(4840円)
総合・50.7%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★札幌日刊スポーツ杯
3着ビーマイオーシャン
複勝110円

★佐世保S
2着カレンモエ
複勝120円

★日本海S
4着ダンスディライト

★NST賞
5着レシプロケイト

成績・[22.16.19.52]
勝率・0.201
連対率・0.348
複勝率・0.522

単複回収率(109戦)
単勝・63.8%(6960円)
複勝・86.7%(9460円)
総合・75.3%

[もっと見る]

 うまあつし 2020年8月23日() 09:58
北九州記念の予想です
閲覧 235ビュー コメント 0 ナイス 8

◎ 9ダイメイプリンセス
○ 5トゥラヴェスーラ
▲ 15アンヴァル
△ 8ラブカンプー

9-5.8.15の馬連流し

ただし、今の馬場が保たれるとしての予想です。今日は突然の雷雨の可能性があるので、直前まで天候とのにらみ合い。馬場急変なら回避かなー。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンヴァルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月23日() 07:54:08
郎、相手
3:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月22日() 16:47:20
郎、前走復活、騎手コース得意、リピーター
2:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年8月21日(金) 05:30:28
関係、坂路○

⇒もっと見る

アンヴァルの写真

アンヴァル
アンヴァル

アンヴァルの厩舎情報 VIP

2020年8月23日TV西日本北九州記念 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アンヴァルの取材メモ VIP

2020年8月23日 TV西日本北九州記念 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。