ミラアイトーン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミラアイトーン
ミラアイトーン
ミラアイトーン
写真一覧
現役 牡7 青鹿毛 2014年3月22日生
調教師菊沢隆徳(美浦)
馬主島川 隆哉
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[6-1-5-10]
総賞金13,740万円
収得賞金3,450万円
英字表記Moira Aithon
血統 Lonhro
血統 ][ 産駒 ]
Octagonal
Shadea
タイタンクイーン
血統 ][ 産駒 ]
Tiznow
Ensnare
兄弟 ギルデッドミラーアンセラン
前走 2021/06/13 エプソムカップ G3
次走予定

ミラアイトーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/06/13 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1861256.41515** 牡7 56.0 菊沢一樹菊沢隆徳 554
(-2)
1.46.7 1.635.6⑮⑩⑮ザダル
21/05/08 新潟 11 谷川岳S (L) 芝1600 9885.033** 牡7 57.0 横山和生菊沢隆徳 556
(-4)
1.34.3 0.434.9シュリ
21/01/09 中山 11 ニューイヤー (L) 芝1600 167139.753** 牡7 57.0 横山和生菊沢隆徳 560
(+6)
1.33.2 0.034.0④④ミッキーブリランテ
20/11/28 東京 11 キャピタルS (L) 芝1600 131128.393** 牡6 56.0 横山和生菊沢隆徳 554
(-2)
1.33.0 0.235.0ピースワンパラディ
20/11/22 東京 11 霜月S OP ダ1400 161112.4713** 牡6 57.0 横山和生菊沢隆徳 556
(-2)
1.25.0 2.236.6⑮⑯ヘリオス
20/08/16 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 1851027.8105** 牡6 56.0 横山和生菊沢隆徳 558
(+2)
1.33.5 0.435.2サトノアーサー
20/07/05 函館 11 巴賞 OP 芝1800 103311.372** 牡6 57.0 横山和生菊沢隆徳 556
(+10)
1.48.1 0.234.9トーラスジェミニ
20/06/21 阪神 11 米子S (L) 芝1600 183619.975** 牡6 57.0 幸英明菊沢隆徳 546
(-14)
1.33.1 0.434.7④⑤スマイルカナ
20/05/09 新潟 11 谷川岳S (L) 芝1600 161128.9103** 牡6 57.0 横山和生菊沢隆徳 560
(+16)
1.33.6 0.133.9アストラエンブレム
20/02/16 小倉 11 北九州短距離 OP 芝1200 178178.047** 牡6 57.0 吉田隼人池江泰寿 544
(+8)
1.10.6 0.636.1⑨⑦シヴァージ
19/12/14 阪神 11 タンザナイト OP 芝1200 166124.938** 牡5 57.0 C.スミヨ池江泰寿 536
(-4)
1.09.3 0.734.4⑪⑩ジョイフル
19/10/14 京都 11 オパールS (L) 芝1200 18362.2111** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿 540
(0)
1.10.0 0.835.3⑫⑨アウィルアウェイ
19/08/18 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 188183.215** 牡5 56.5 浜中俊池江泰寿 540
(+8)
1.08.5 0.335.1⑦⑥ダイメイプリンセス
19/05/05 京都 11 鞍馬S OP 芝1200 17241.811** 牡5 56.0 松山弘平池江泰寿 532
(-4)
1.07.6 -0.133.0⑨⑧カラクレナイ
19/03/24 阪神 10 淀屋橋S 1600万下 芝1200 12112.011** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿 536
(-4)
1.08.7 -0.333.9ラベンダーヴァレイ
19/02/17 小倉 12 紫川特別 1000万下 芝1200 185105.631** 牡5 57.0 浜中俊池江泰寿 540
(+20)
1.08.7 -0.134.2⑧⑦ミトノアミーゴ
17/07/29 小倉 10 由布院特別 1000万下 芝1200 12561.811** 牡3 54.0 武豊池江泰寿 520
(-6)
1.07.7 -0.233.6シンダーズ
17/07/01 中京 10 知多特別 1000万下 芝1400 148144.933** 牡3 54.0 武豊池江泰寿 526
(+16)
1.20.7 0.133.6⑩⑨クライムメジャー
17/02/25 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 12795.428** 牡3 56.0 武幸四郎池江泰寿 510
(-4)
1.35.7 1.636.6ペルシアンナイト
17/01/29 京都 6 3歳500万下 芝1400 11333.421** 牡3 56.0 武幸四郎池江泰寿 514
(+2)
1.22.3 -0.233.8⑤⑤ファンタジステラ

⇒もっと見る


ミラアイトーンの関連ニュース

 ◆浜中騎手(ヴェロックス4着)「テンから進まず、ダラダラと走ってきて4着という感じ。走り切っていない」

 ◆武藤騎手(アトミックフォース5着)「外枠なのでスピードに乗せていきましたし、外から他馬が気分良く来たぶん、少し力みました。それでも5着。力をつけています」

 ◆吉田豊騎手(ヒュミドール6着)「体が絞れて返し馬の感じも良かったが、最後は内に行くしかなくて…。もう少しうまく乗れていれば」

 ◆岩田望騎手(アドマイヤビルゴ7着)「直線でスムーズではない中でも伸びてくれた。重賞でもやれる馬です」

 ◆木幡巧騎手(ヤシャマル9着)「正攻法で勝ちにいったが、全体的に時計が速くて余裕がなかった」

 ◆武豊騎手(マイラプソディ11着)「馬の感じは久々に良かったが、4コーナーで(気が)抜けてしまった」

 ◆野中騎手(ガロアクリーク12着)「プラス10キロで休み明けという雰囲気でした」

 ◆柴田善騎手(プレシャスブルー13着)「いつも通りの形で進めたが、坂を上がって止まった」

 ◆M・デムーロ騎手(シュリ14着)「一歩目でつまずいて後ろに。途中から馬場のいいところを通って動いたが、伸びなかった」

 ◆菊沢騎手(ミラアイトーン15着)「スタートでつまずいて持ち味を出せずに終わってしまいました」

 ◆三浦騎手(エアアルマス16着)「リズム良くハナへ行けたが、最後はいっぱいいっぱいになった」

 ◆石川騎手(セダブリランテス17着)「ワンターンの競馬が苦手な感じがあった」

★13日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら

【重賞データ分析】エプソムカップ2021 アルジャンナを筆頭に、アトミックフォースら減点無し勢4頭が続く構図 2021年6月12日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエプソムカップ・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
特別指定交流競走となった、2012年以降の3着以内延べ27頭の馬齢をみると、4歳から7歳までの間。ただし、7歳の最高着順は3着止まりとなっている。その点には注意したい。

(減点対象馬)
プレシャスブルー ④セダブリランテス ⑩ワンダープチュック ⑫ミラアイトーン

【前走クラス】
2012年以降の1~2着全馬が前走でオープンクラスのレースに出走していた。条件クラス経由の馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
ファルコニア ⑨ヤシャマル

【前走人気】
2012年以降の2着以内18頭中17頭が前走で単勝6番人気以内の支持を集めていた。例外は前走で香港のチャンピオンズマイルに出走していた、2014年の2着馬マイネルラクリマのみ。前走が国内戦、かつ当時の単勝人気順が7番手以下だった馬は劣勢を強いられている。

(減点対象馬)
プレシャスブルー ⑩ワンダープチュック ⑪ニシノデイジー ⑰アドマイヤビルゴ

【前走馬体重】
2012年以降、前走の馬体重が500キロ超だった馬で2着連対圏に入ったのは、2015年2着サトノアラジンと2020年1着ダイワキャグニーの2頭だけ。ともに東京芝1800mのオープン特別で勝利経験があった。当該コースのオープンクラスで勝ち鞍がない大型馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
マイラプソディ ④セダブリランテス ⑨ヤシャマル ⑫ミラアイトーン ⑯シュリ

【休養明け】
2012年以降の3着以内馬はいずれも、同年の2月以降に1戦以上を消化していた。前走が同年の1月以前だった馬は評価を下げたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
ヴェロックス ⑭ガロアクリーク ⑮ザダル


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑤エアアルマス、⑥ヒュミドール、⑧アルジャンナ、⑬サトノフラッグ、⑱アトミックフォースの5頭。最上位には⑧アルジャンナを推す。2012年以降、池江泰寿厩舎の管理馬は【2.2.1.5】と半数が複勝圏入り。本馬自身、当該コースの重賞で連対経験があることも好感が持てる。

2番手には、近4年続けて連対馬を送り出している前走メイS組から⑱アトミックフォースをピックアップ。以下は、⑤エアアルマス、⑥ヒュミドール、⑬サトノフラッグの3頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
アルジャンナ ⑱アトミックフォース ⑤エアアルマス ⑥ヒュミドール ⑬サトノフラッグ

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】エプソムカップ2021 反応良好なガロアクリークを最上位評価 2021年6月11日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエプソムカップ・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるエプソムカップの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

プレシャスブルー【B】
美浦南W併走。鞍上の仕掛けに素早く反応し、僚馬をあっさりと突き放した。四肢の可動域こそ狭く映るが、脚さばきは軽く首もしっかりと使えている。得意とする消耗戦になれば、出番があるかもしれない。

マイラプソディ【B】
栗東CW単走。やや集中力を欠く場面もあったが、動きに硬さはなく、制御も利いている。ハミ受けが浅い点は気になるも、軸のブレが少ない走りをみるに、雰囲気は決して悪くない。現状の力を出せる態勢にある。

ヴェロックス【C】
栗東坂路単走。それなりのタイムを計時したものの、いい頃に比べて前肢の出が小さくトビも低い。この馬らしい弾力性に富んだフォームは最後まで見受けられなかった。その点を踏まえると、評価を上げるには躊躇してしまう。

セダブリランテス【C】
美浦坂路単走。加速ラップを刻んだものの、頭の位置が安定せず、躍動感という面では今ひとつ。手前替えに手間取ったことやハミ受けの浅い点も気になるところ。最終追いの動きを見る限り、積極的には手が出ない。

エアアルマス【B】
栗東坂路単走。全体時計を抑えた調整ながら、ブレの少ない好フォームで駆け上がった。坂路巧者なので過剰評価は禁物だが、デキ自体は良さそう。テンションを維持したうえで、スムーズに運ぶことができれば浮上の余地はある。

ヒュミドール【A】
美浦南W単走。軽く流す程度の内容ながら、体を柔らかく使えており、推進力も前にしっかりと伝わっている印象。前回の中間時に比べて動きに無駄が少なく、追えば伸びそうな余力も十分に残している。好気配。

ファルコニア【B】
栗東坂路単走。気負い気味で完歩も小さく映るが、フォームにブレは少なく、脚どりもしっかりしている。右手前主導の走りから今回の舞台は悪くなさそう。その一方、左手前が長続きしないようなので、コーナーをスムーズにこなせるかどうか。それが焦点になる。

アルジャンナ【B】
栗東坂路単走。右手前のまま最後まで引っ張ったが、それは1週前追いも同じ。元来、手前の切り替えに手こずる馬ではなく、左回りを意識した調整と捉えるべきだろう。前傾寄りのフォームをみるに、最後の直線でだらだら坂が待ち構える府中の形態は合いそう。要警戒の1頭だ。

ヤシャマル【B】
美浦坂路併走。首の出が悪く、推進力を上に逃す完歩も見られるが、鞍上のアクションに見合ったラップは刻めている。時計が出やすいコンディションゆえに過度の評価はしづらいものの、自発的にハミをとる前向きさがあるし、脚元の動きも力強い。侮れない存在だ。

ワンダープチュック【B】
栗東坂路単走。前肢の出が窮屈に映るが、この馬とすればマシなほう。最後まで集中を切らさずしぶとく粘っており、自身の長所は出せている印象。実戦を1回叩いた効果はそれなりに窺える。少なくとも、昨秋の毎日王冠時より気配はいい。

ニシノデイジー【C】
美浦南W単走。コーナーリングの際に気負いが過ぎて、ハミを取らないなど癖の強い部分を出す場面も。スピードに乗ったあとの伸びやかな動きをみるに非凡な能力を備えているのは間違いないが……。上位進出には鞍上の巧みなエスコートが必須といえよう。

ミラアイトーン【C】
美浦南B単走。順調に本数を消化している一方で、大きく変わってきた様子は窺えない。良くも悪くも平行線といった印象が強く、前回を超えるパフォーマンスを望めるかどうかについては疑問符がつく。

サトノフラッグ【C】
美浦南W併走。僚馬の勢いに押され気味だったことは目をつぶるにしても、力みがちで動きが硬く、しまいにかけては惰性で走っている印象を受ける。このひと追いでどこまで変われるか、といったところか。

ガロアクリーク【A】
美浦南W併走。テンポ良く走れているし、鞍上の指示に対しても従順。昨年末および競走除外となった都大路S当時に比べて、後肢の踏み込みが深くなり、振り幅も大きくなったように映る。それでいて脚運びは軽快そのもの。いい状態でレースに臨めそうだ。

ザダル【B】
美浦南W併走。体勢不利の形でゴールしたが、この馬のデキが悪いというよりも、相手を褒めるべきだろう。手前の変換に手間取った点は割引も、競る気配は十分出ているし、上がりのラップも合格点レベル。動ける態勢にあると判断したい。

シュリ【B】
栗東坂路単走。テンションが高く、鞍上は制御にひと苦労。後肢の甘さが目につくところも相変わらず。それでいて水準以上のタイムを計時するのだから、確かな能力の持ち主であることは間違いない。ようは実戦に行っての折り合いひとつ。鞍上の手腕に委ねるほかない。

アドマイヤビルゴ【B】
栗東坂路単走。トビが低く体を持て余し気味の走りながらも、前肢の動きは力強く、手前の切り替えもスムーズ。前回の最終追い時に比べると、コントロールがしやすくなっているように思える。いい仕上がり具合ではないか。

アトミックフォース【B】
美浦南W単走。直線で気合をつけられると機敏な反応を示し、力強い脚どりで駆け抜けた。頭が高く首の可動域も狭いが、それはいつものこと。四肢はスムーズに動いているし、この馬とすれば時計も及第点レベル。順調とみていいだろう。


【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は⑭ガロアクリークとする。最終追いの機敏な反応と素軽い身のこなしは目を引くものがあった。ひと追いごとの良化が顕著で、ほぼ態勢は整った感を受ける。

2番手は⑥ヒュミドール。活気の良さと回転鋭いフットワークが印象的。前走大敗のダメージはなく、すんなり流れに乗れれば本領を発揮してもおかしくない。

<注目馬>
ガロアクリーク ⑥ヒュミドール

[もっと見る]

【エプソムC】厩舎の話 2021年6月11日(金) 04:57

 ◆アドマイヤビルゴ・藤本助手「順調にメニューを消化。いい状態」

 ◆アトミックフォース・武藤師「力をつけているし展開ひとつ」

 ◆アルジャンナ・池江師「(東京は)この馬の脚が生かせる。あとは折り合いだけ」

 ◆ヴェロックス・片山助手「この馬に合う条件というイメージ」

 ◆エアアルマス池添学師「この馬には楽な時計。距離も大丈夫」

 ◆ガロアクリーク・上原師「1回使った方がいい馬なのでどうか」

 ◆ザダル・大竹師「まだ体も息遣いも重さがあるが、レースまでに良くなってくれば」

 ◆サトノフラッグ・国枝師「しまいにしっかり脚を使わせる競馬の方がいいのかも」

 ◆シュリ・池江師「前進気勢が旺盛な馬。距離が課題になりそう」

 ◆セダブリランテス・田中助手「久しぶりに大きな休養を挟まず、上積みを感じる」

 ◆ニシノデイジー・高木師「今回はブリンカーを着用。調教では効きすぎるくらい」

 ◆ファルコニア・高野師「きれいな跳びをするので東京は合いそう」

 ◆プレシャスブルー・相沢師「前走であの馬場で走れたのはびっくり。今週の動きも上々」

 ◆マイラプソディ・岩崎助手「広いコースはいい」

 ◆ミラアイトーン・菊沢師「荒れた馬場は合わない。今の東京の馬場なら大丈夫」

 ◆ヤシャマル・尾形師「近走ではいい勝負根性も見せている。東京の舞台適性も高い」

 ◆ワンダープチュック・河内師「前回は休み明け。上積みがありそう」



エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エプソムC】厩舎の話 2021年6月10日(木) 10:30

 アドマイヤビルゴ・藤本助手「1週前にしっかりやっているので、調整程度。東京は合うはず」

 アトミックフォース・武藤調教師「いい動き。ハナでも番手でもいいのでスムーズなら」

 アルジャンナ・池江調教師「好時計で動きも良かった。前走で復調の兆しがうかがえた」

 ヴェロックス・片山助手「仕上がりは順調。太め感はなく、追い切りでもしっかり動けている」

 エアアルマス池添学調教師「ダートでは1800メートルで結果を出している。前々で運べそう」

 ガロアクリーク・上原調教師「先週も併せ馬でしっかりやった。今週のほうが反応は良かった」

 ザダル・大竹調教師「脚元の不安がなくなって、しっかり調教をやれる。態勢は整った」

 サトノフラッグ・戸崎騎手「動きは問題ない。1800メートルでレースの組み立てがポイント」

 シュリ・池江調教師「以前より右トモがしっかり。1F延びるのがカギ。良馬場でやりたい」

 セダブリランテス・田中助手「中間はWコースでやれている。距離も1800メートルのほうがいい」

 ニシノデイジー・高木調教師「今回はブリンカーを着用。きっかけをつかんでほしい」

 ヒュミドール・小手川調教師「細かいバランスを確認。うまく競馬に気持ちを持っていきたい」

 プレシャスブルー・柴田善騎手「格好良く動けた。元気がいいみたいだし、状態はいいと思う」

 マイラプソディ・岩崎助手「リズム良く走れていい動きだった。精神面が大人になってきた」

 ミラアイトーン・菊沢調教師「マイルだと決め手で分が悪い。1800メートルはいいと思う」

 ヤシャマル・尾形調教師「動きは文句なし。晴れでも問題ないけど、雨が降ればなおいい」

 ワンダープチュック・河内調教師「調教をしっかりやれている。7歳でも元気。道悪が理想」

(夕刊フジ)



エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エプソムC】追って一言 2021年6月10日(木) 04:48

 ◆アトミックフォース・武藤師「予定通りのいい動き。前走は途中で絡まれてペースを乱されたのが痛かった。ハナでも番手でもいいのでスムーズなら」

 ◆ヴェロックス・片山助手「体重が増えていても見た目に太め感はなく、追い切りでもしっかりと動けています」

 ◆エアアルマス池添学師「輸送もあるので、この馬にしては楽な時計。スタートさえよければ(前に)いってもいいと思っています」

 ◆ガロアクリーク・上原師「今週は前の馬に並びかけて無理をしない程度に。先週より反応は良かった」

 ◆サトノフラッグ・戸崎騎手「もう少しピリッとしたところが出てくるといいけど、動きは問題ない。1800メートルでどういう走りができるか。レースの組み立てがポイントになる」

 ◆セダブリランテス・田中助手「中間は下(Wコース)でも2本しっかりできているし、それが前走よりいいところ。距離もマイルより1800メートルの方がいいと思う」

 ◆ニシノデイジー・高木師「今回はブリンカーを着用。きっかけをつかみたい」

 ◆ヒュミドール・小手川師「細かいバランスの確認をテーマに追い切った。うまく競馬に気持ちを持っていきたい」

 ◆プレシャスブルー・柴田善騎手「それなりに格好良く動けていた。厩務員の話ではカイバも食べて元気がいいみたいだし、状態はいいと思う」

 ◆マイラプソディ・藤岡康騎手(レースは武豊騎手)「先週と同じぐらいの時計で行ってほしいという指示でした。最後も余裕がある感じでしたし、前走よりもいいと思います」

 ◆ミラアイトーン・菊沢師「マイルだと決め手で分が悪いし、1800メートルはいいと思う」

 ◆ワンダープチュック・河内師「前回が休み明けだったし、上積みがありそうです」



エプソムCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミラアイトーンの関連コラム

閲覧 2,256ビュー コメント 0 ナイス 2



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、メトロポリタンステークス・谷川岳ステークス・京都新聞杯・プリンシパルステークス・橘ステークス・ブリリアントステークス・新潟大賞典・鞍馬ステークス・NHKマイルカップの9レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年05月08日(土) 東京10R メトロポリタンステークス
【馬齢別成績(2017~2018年・2020年)】
●4歳 [1-0-0-6](3着内率14.3%)
●5~6歳 [2-2-3-9](3着内率43.8%)
●7歳以上 [0-1-0-11](3着内率8.3%)
→5~6歳馬が優勢。高齢馬はもちろん、4歳勢も期待を裏切りがちでした。


▼2021年05月08日(土) 新潟11R 谷川岳ステークス
【前走の馬体重別成績(2016年以降)】
●480kg未満 [2-0-0-32](3着内率5.9%)
●480kg以上 [3-5-5-30](3着内率30.2%)
→馬格を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が480kg以上だったのは、エントシャイデンサクセッションシュリプラチナムバレットミラアイトーンの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
新潟芝1600m外×ハーツクライ×6歳以下
→3着内率40.0%、複勝回収率132%


▼2021年05月08日(土) 中京11R 京都新聞杯
【“JRA、かつ芝、かつ1勝クラス以上のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [4-4-4-32](3着内率27.3%)
●なし [0-0-0-12](3着内率0.0%)
→2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも1勝クラス以上のレースで善戦したことがあった馬。新馬・未勝利のレースを勝ち上がったばかりの馬は強調できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝2200m×ルーラーシップ×前走6着以内
→3着内率51.7%、複勝回収率173%


▼2021年05月08日(土) 東京11R プリンシパルステークス
【“中山芝1800~2000mのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [3-3-3-8](3着内率52.9%)
●なし [0-0-0-22](3着内率0.0%)
→近年は中山のレースを避けてきた馬が不振。コース適性を評価する際は注意しましょう。


▼2021年05月09日(日) 中京10R 橘ステークス
【“JRA、かつ1400~1600m、かつオープンクラスのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [5-3-4-15](3着内率44.4%)
●なし [0-2-1-25](3着内率10.7%)
→実績や距離適性を素直にジャッジした方が良さそう。1400m未満のレース、新馬・未勝利・1勝クラスのレースでしか好走していない馬は苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年8月9日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年08月09日号】特選重賞データ分析編(214)~2020年関屋記念~
閲覧 2,068ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2020年08月16日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”において1着となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [3-2-3-12](3着内率40.0%)
×なし [0-1-0-27](3着内率3.6%)

 近年は距離適性の高い馬が中心。好走を果たした馬の大半は、前年以降に1600mのレースを勝ち切っていました。また、基本的には中央場所のレースを主戦場としてきた馬が優勢。新潟芝1600m外や中京芝1600mのレースしか勝っていない馬も過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→プリモシーンミッキーブリランテ
主な「×」該当馬→アストラエンブレムクリノガウディーサトノアーサーミラアイトーン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“重賞のレース”」だった馬は2017年以降[3-3-2-22](3着内率26.7%)
主な該当馬→クリノガウディーサトノアーサープリモシーンミッキーブリランテ

[もっと見る]

2020年7月10日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】先週日曜は3場メインすべて逃げ切り、逃げ馬を狙う際のポイントとは?
閲覧 1,279ビュー コメント 0 ナイス 3

先週はCBC賞ラブカンプーが13番人気の低評価を覆し逃げ切り勝ち。2着にも11番人気のアンヴァルを連れてきたことで、3連単は244万という超大波乱の決着となった。

正直なところメンバーレベルや内容から、今後秋のG1に繋がるかと言われるとやや悲観的だが、サマースプリント路線を考える上ではラブカンプーの復活は大きい。今後も本馬が走るにせよ走らないにせよ、出走してくれば展開のカギを握るうるさい存在になりそうだ。

なお、先週はCBC賞のほかにラジオNIKKEI賞でバビット、巴賞でトーラスジェミニが逃げ切り。結果、日曜の3場メインがすべて逃げ切り勝ちだった。


〜逃げ馬は人気がない方が良い

人気薄の逃げ馬といえば”競馬の古典”ともいえる穴パターンだが、先週ほど鮮やかに各場で逃げが決まるのも珍しい。しかもいずれも人気薄だっただけに、大きなインパクトを残した。

逃げ馬を狙うポイントはいくつかあるが、その中でも重要なことを以下の2点だ。

1つめは、人気薄であればあるほど良いということである。やはりマークをされないことが逃げ切りの大きな条件であるから、もし逃げ馬を狙うならば人気がない方が良い。印がついていて安心するというファンも多いが、逃げ馬に関していえば印がついていたら不安に、印がなければ強気になる意識が大事である。

2つめは、相手に内枠を選ぶということである。先週のメインを見ても巴賞は3番枠のミラアイトーンが7番人気2着、CBC賞は6番枠のアンヴァルが11番人気2着、さらにラジオNIKKEI賞では2番枠のディープキングが5番人気2着と、いずれも内枠の人気薄が馬券に絡んだ。逃げ馬をもし狙うなら、ヒモには内枠を重視することを忘れないでおきたい。逃げ馬が内枠を連れて来る…は本コラムでも以前紹介したが、現代競馬の鉄板の波乱パターンなのである。


七夕賞展望/大穴候補

さて、今週末は福島で夏の名物ハンデ重賞・七夕賞が行われる。過去10年で9頭の2ケタ人気馬が馬券に絡んでいるように波乱になるレースだが、今年も混戦模様、16頭フルゲートが揃った。

というわけで例年通りの波乱があるとみて、2ケタ人気想定馬の中から怖い馬を2頭、根拠とともにご紹介したい。

レッドローゼス
昨年の同舞台福島民報杯の勝ち馬で、函館記念では2番に気を集めたように能力は高い。近走は結果出ていないが、スムーズで差しが届く流れになれば出番があっても驚けない。ローカル重賞で怖い石川騎手も◎。

アウトライアーズ
昨年の関門橋ステークス以来馬券に絡めていないが、その際に騎乗していた丸田騎手とは好相性。関門橋Sの他にも、昨年の小倉記念10番人気6着、今年の小倉大賞典でも12番人気で5着などローカル重賞での人気薄であと一歩まで迫っている。今年の相手関係なら、馬場次第で出番があっても良い。福島芝2000mは丸田騎手自身得意でかつてダンスアジョイ福島記念を、メドウラーク七夕賞を制している。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2017年3月3日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/25~2/26)サラマッポプロが阪急杯◎トーキングドラムで本線的中!
閲覧 1,190ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は25(土)に阪神競馬場でG3アーリントンカップが、26(日)に阪神競馬場でG3阪急杯が中山競馬場でG2中山記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3アーリントンカップカロスがレースを引っ張って直線コースへ。逃げるカロスのリードは半馬身、2番手にミラアイトーン、後続は団子状態で各馬追い出しにかかります。残り300m、ここでゴーサインの出たペルシアンナイトが1頭次元の違う末脚で一気に先行各馬を捉えて先頭!そのままグングン後続を突き放し圧勝しました!3馬身差の2着に直線追い込んだレッドアンシェル、そこから1馬身1/4差の3着にディバインコードが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ他7名が的中しています。
 
G3阪急杯カオスモスが先頭で直線コースへ。逃げるカオスモスの直後にテイエムタイホー、1馬身ほど間があいて1番人気シュウジブラヴィッシモ、外からはミッキーラブソングが追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで最内を突いたトーキングドラムが先頭に変わるとヒルノデイバローも脚を伸ばして2頭の叩き合い!ゴール前まで続いた激戦は僅かに内トーキングドラム!嬉しい初の重賞制覇となりました!アタマ差の2着にヒルノデイバロー、そこから2馬身差の3着にナガラオリオンが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他5名が的中しています。
 
G2中山記念マイネルミラノが先頭で直線コースへ。直線に入ると逃げるマイネルミラノを捉えたロゴタイプが力強い脚で先頭に躍り出ます!残り200m、ここで粘るロゴタイプネオリアリズムサクラアンプルールの2頭が併せ馬の形で差を詰めて3頭の叩き合い!残り100m、ゴール前の坂でネオリアリズムがグイッとひと伸び!懸命に粘るロゴタイプを一気に捉えると最後は流して優勝しました。3/4差の2着にサクラアンプルール、そこから半馬身差の3着にロゴタイプが入っています。
 
公認プロ予想家ではマカロニスタンダーズプロ他3名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(土)阪神11RアーリントンカップG3を◎○▲の本線的中で3万7090円を払い戻し!26(日)阪神11R阪急杯G3では『相手なりに走れるタイプ。ロスなく運べれば一発ある。』と狙った◎トーキングドラムの単複、馬連、ワイドを的中!3万6540円を払い戻しました!この他にも阪神12Rで◎ミスズスターの単勝(8.5倍)を5000円的中など絶好調!週末トータル回収率251%、収支プラス11万9630円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
26(日)小倉3Rで◎レッドストーリアジュンテオドーラからの3連単1020.3倍を的中!小倉11Rでは◎▲○の印で3連単653.4倍、3連複105.6倍、馬連94.1倍を的中!9万8220円を払い戻しました!週末トータル回収率171%、収支プラス19万8560円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
25(土)阪神1Rで単勝13.8倍のケンシュナウザーの単複を的中!6万1200円を払い戻しました!翌日の中山9Rでは◎パワースラッガーの単複を的中!3万4300円を払い戻しました!週末トータル回収率147%、収支プラス9万9570円をマークしています。

この他にもスガダイプロ(124%)、おかべプロ(119%)、山崎エリカプロ(111%)、KOMプロ(110%)、佐藤洋一郎プロ(107%)、岡村信将プロ(106%)、ろいすプロ(103%)、河内一秀プロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年2月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第248回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アーリントンカップ G3
閲覧 822ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アーリントンカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ペルシアンナイトのみ1頭。
第2グループ(黄)は、スーパーモリオンのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴゼットジョリーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミラアイトーンキョウヘイディバインコードレッドアンシェルまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位に2.2ポイント、1.1ポイントという差が生じ、下位に再び2ポイント以上の差がみられる構図となっています。
ただし、この時期の3歳馬であり、使ってきた路線、レース数も様々......。このあたりが指数に与えている影響(数値差と誤差範囲)の見極めが重要な一戦となりそうです。

そんな中、今回の私の◎はナンヨ―マーズに期待しました。今回同様、開催1日目に行われた阪神マイルでの未勝利戦勝利を評価。キレるタイプではないので切れ味勝負になると厳しいような気もしますが、ダ短距離馬などの参戦もあって少頭数でもそこそこ流れそうな点と阪神替わりは好都合。また過去のこのレースの好走馬を見ても、予想U指数80台前半から一気に10ポイント近く跳ね上げて3着内、というケースもみられますので、指数的には下位評価でもチャンスはあるのではないでしょうか。鞍上強化も含め、伸びしろ次第だとは思いますが、狙ってみたいと思います。
以下、素質的に外せない印象の○ペルシアンナイト、牡馬実績があって前走指数まずまずの▲ヴゼットジョリー、前走もさることながら葉牡丹賞の内容を評価して☆ミラアイトーンと印を打ち、頭数も頭数なので今回の私の馬券は相手この3頭に決め打ち作戦で行こうと思います。


【3複流し】
◎=○▲☆
7=8,9,11(3点)

【馬連流し】
◎=○▲☆
7=8,9,11(3点)

計6点

[もっと見る]

ミラアイトーンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 7

【エプソムC】(主的感想)
◎15ザダル(良さそう)
◯4ゼダブリランテス(良さそう)
▲12ミラアイトーン(こ、これは?!)
△8アルジャンナ(まぁ押さえとこ)
△16シュリ(まぁ押さえとこ)
△17アドマイヤビルゴ(高額←!)
三連複一頭軸15→4.8.12.16.17
馬連BOX4.8.12.15.16.17

【函館スプリントS】(主的感想)
◎16カレンモエ(まぁ安定)
◯11コントラチェック(前走勝っててこの人気なら)
▲10ジョーアラビカ(こ、これか?!)
△1アスタールビー(なんか匂う、気のせいか…)
△5ケープコッド(まぁ押さえとこ)
△7ミッキーブリランテ(まぁ押さえとこ)
三連複一頭軸16→1.5.7.10.11
馬連BOX1.5.7.10.11.16

当たりますように( ̄人 ̄)ナムー

 プラス1 2021年6月13日() 08:33
+1計画(ちょいぷらぷらーん)(2021/06/13(日))
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 3

今日も良いレースがあるか何ともですが、気になったところは




札幌2 11 ドナテッラ
札幌4 10 デルマキッショウ
札幌5 3 フレッシュラムール

東京5 2 フィフティシェビー



あたりでしょうか







その他は 穴を含めて↓でしょうか


札幌1 3 パブリックドメイン
札幌3 1 トラモントガルフ
札幌6 1 ハイエログリフ
札幌6 9 ムラサメマル
札幌7 9 サウンドブライアン
札幌8 6 サトノロイヤル
札幌9 10 マイネルテナシャス
札幌10 12 キュンストラー
札幌11 9 タイセイアベニール
札幌12 9 ペイシャキュウ


東京1 11 ウインジュノー
東京2 10 タピテール
東京3 5 アルマドラード
東京4 13 スマートワン
東京6 14 トーセンメラニー
東京7 2 オンザライン
東京8 2 ガンダルフ
東京9 4 アポロティアモ
東京10 2 アテナノワール
東京11 12 ミラアイトーン
東京12 5 リュクスフレンド





中京1 1 トッカータ
中京3 6 エイシンディーデイ
中京4 9 ヘアケイリー
中京5 2 メリトクラシー
中京6 10 ゾグラフォス
中京7 8 ルーアン
中京8 11 クリノドラゴン
中京9 3 ショウブ
中京10 11 ウィズダイヤモンズ
中京11 3 タマモサンシーロ
中京12 9 メイショウコホク



今日もあまり無理して賭けても当たらないのでは という感じで、メインも正直 よく分かりませんので、どうしても気になるレース以外は エア馬券で良いかも知れません。

[もっと見る]

 ビター ティー 2021年6月13日() 08:12
今週のメイン重賞は「エプソムカップ G3」・・・その施行時期...
閲覧 236ビュー コメント 0 ナイス 7

 今年度上半期のGⅠ5連戦が終わりました。1番人気の優勝はヴィクトリアMのグランアレグリアだけで、2番人気が1勝、3番人気が1勝、4番人気が1勝、8番人気が1勝と、なかなか的を絞りきれない波乱のGⅠ5連戦となりました。

上半期のGⅠは、中2週でグランプリレース宝塚記念GⅠを残すだけになりました。その狭間に東京競馬場で施行される重賞が「エプソムカップ」です。

この時期に施行される牡・牝混合芝中距離唯一の重賞が出走馬(各陣営)にとってどんな意味を持つのでしょう。そもそも、3歳クラシックで活躍する能力が高い馬や成長が早く重賞で勝ち負けできるような馬は、1・2月中にGⅡに出走し、ある程度の成績を残してGⅠに出走しているか、すでに重賞ウイナーになっている馬たちです。

そんな一流の馬たちに現時点で及ばない4・5歳馬が徐々に経験を積み、能力を向上させて、上半期の最終G3に挑戦して、その後の路線を決定付けるために出走させるのが「エプソムカップ」だと考え、このレースに臨む各陣営の思惑を以下のように仮定して過去のデータ分析をしたいと思います。


 (1)4歳馬   重賞初制覇

 (2)5歳馬   重賞初制覇またはGⅡ・GⅠに通用の可能性を探る

 (3)6歳馬   重賞通用の能力が維持できているかの確認

 (4)7歳以上馬 下半期以降も競走馬生活の継続が可能か

年      馬  名     前走       重賞経験              エプソムカップ
202011着ダイワギャグニー 新潟大賞典1着 東京新聞杯3着、金鯱賞3着  2019年14着
   2着ソーグリッタリング メイS2着  エプソムC3着、関屋記念3着  2019年3着
   3着トーラスジェミニ  ダービー卿T11着 サウジRCGⅢ6着     初参戦

 重賞1着経験あり 1-0-0-6  
 重賞複勝経験あり 0-1-0-6  
 重賞出走経験あり 0-0-1-2  重賞出走経験なし 0-0-0-1
 当該レース初参戦 0-0-1-12  当該レース再挑戦 1-1-0-3


201911着レイエンダ    メイS9着    セントライト2着     初参戦
   2着サラキア     阪神牝馬S10着  ローズS2着       初参戦、2020年13着
   3着ソーグリッタリング都大路S1着   京都2歳S5着       初参戦、2020年2着

 重賞1着経験あり 0-0-0-0  
 重賞複勝経験あり 1-1-0-5  
 重賞出走経験あり 0-0-1-5  重賞出走経験なし 0-0-0-0
 当該レース初参戦 1-1-1-9  当該レース再挑戦 0-0-0-1


2018年1着サトノアーサー  メイS3着   毎日杯3着、神戸新聞杯3着 初参戦、2020年6着
   2着ハクサンルドルフ 新潟大賞典8着 東京新聞杯6着       初参戦、2019年11着
   3着グリュイエール  府中S1着   きさらぎ賞4着、セントラ9着初参戦

 重賞1着経験あり 0-0-0-4  
 重賞複勝経験あり 1-0-0-4  
 重賞出走経験あり 0-1-1-5  重賞出走経験なし 0-0-0-0
 当該レース初参戦 1-1-1-11  当該レース再挑戦 0-0-0-2


2017年1着ダッシングブレイズ 京王杯SC7着  京王杯SC4着、マイラーズC8着 初参戦
   2着アストラエンブレム メイS2着   NZT4着、京都金杯4着    初参戦
   3着マイネルハニー   小倉大賞典16着 スプリングS2着、チャレンジ1着初参戦

 重賞1着経験あり 0-0-1-5  
 重賞複勝経験あり 0-0-0-6  
 重賞出走経験あり 1-1-0-4  重賞出走経験なし 0-0-0-0
 当該レース初参戦 1-1-1-12  当該レース再挑戦 0-0-0-3


2016年1着ルージュバック ヴィクトリアM5着 きさらぎ賞1着、オークス2着 初参戦
   2着フルーキー   新潟大賞典2着   チャレンジ2着、東京新聞杯3着 2015年4着
   3着マイネルミラノ 新潟大賞典5着   中日新聞杯3着、新潟記念2着 初参戦2015年⑦

 重賞1着経験あり 1-0-0-5  
 重賞複勝経験あり 0-1-1-6  
 重賞出走経験あり 0-0-0-4  重賞出走経験なし 0-0-0-0
 当該レース初参戦 1-0-1-15  当該レース再挑戦 0-1-0-0


2015年1着エイシンヒカリ  都大路S1着   チャレンジC9着        初参戦
   2着サトノアラジン  モンゴル大統領1着 神戸新聞杯4着、菊花賞6着  初参戦
   3着デイサイファ   中日新聞杯1着 毎日王冠4着、AJCC5着    2014年1着

 重賞1着経験あり 0-0-1-3  
 重賞複勝経験あり 0-0-0-2  
 重賞出走経験あり 1-1-0-5  重賞出走経験なし 0-0-0-0
 当該レース初参戦 1-1-0-7  当該レース再挑戦 0-0-1-3


2014年1着デイサイファ   都大路S1着 福島記念4着、中山金杯3着  初参戦2015年3着
   2着マイネルラクリマ 香港ChM10着  七夕賞1着、中山記念4着  初参戦
   3着ダークシャドウ  中山記念11着  毎日王冠1着、天皇賞秋2着 2011年1着

 重賞1着経験あり 0-1-1-4  
 重賞複勝経験あり 1-0-0-3  
 重賞出走経験あり 0-0-0-5  重賞出走経験なし 0-0-0-2
 当該レース初参戦 1-1-0-12  当該レース再挑戦 0-0-1-2


2013年1着クラレント    マイラーC8着 富士S1着、東京新聞杯GⅢ1着  初参戦
   2着ジャスタウェイ  中日新聞杯8着 アーリンC1着、毎日王冠GⅡ2着 初参戦
   3着サンレイレーサー マイラーC2着 セントライト14着、朝日CCⅢ5着  初参戦

 重賞1着経験あり 1-1-0-2  
 重賞複勝経験あり 0-0-1-3  
 重賞出走経験あり 0-0-0-4  重賞出走経験なし 0-0-0-2
 当該レース初参戦 1-1-1-9  当該レース再挑戦 0-0-0-2


2012年1着トーセンレーヴ  マイラーC8着 青葉賞3着、AJCC5着  初参戦2017年17着
   2着ダノンシャーク  マイラーC2着 京都金杯2着、マイラーC2着 初参戦
   3着マイネルスターリー新潟大賞典8着 函館記念1着、福島記念5着  初参戦

 重賞1着経験あり 0-0-1-4  
 重賞複勝経験あり 1-1-0-6  
 重賞出走経験あり 0-0-0-5  重賞出走経験なし 0-0-0-0
 当該レース初参戦 1-1-1-14  当該レース再挑戦 0-0-0-1


2011年1着ダークシャドウ   大阪杯GⅡ2着 セントライト5着、大阪杯2着 初参戦2014年3着
   2着エーブチェアマン  きぼう賞1着   重賞経験なし(1000、1600万下2連勝) 初参戦
   3着セイクリットバレー 新潟大賞典1着 関屋記念2着、新潟大賞典GⅢ1着 2010年4着

 重賞1着経験あり 0-0-1-4  
 重賞複勝経験あり 1-0-0-4  
 重賞出走経験あり 0-0-0-6  重賞出走経験なし 0-1-0-1
 当該レース初参戦 1-1-0-13  当該レース再挑戦 0-0-1-2


【過去10年の集計】

 重賞1着経験あり 3-2-5-37  
 重賞複勝経験あり 5-4-2-45  
 重賞出走経験あり 2-3-3-45  重賞出走経験なし 0-1-0-6
 当該レース初参戦 9-8-7-114  当該レース再挑戦 1-2-3-19

 過去10年間の優勝馬10頭の内、7頭がエプソムカップで重賞初制覇を達成しています。3頭は、他のGⅢで既に重賞勝ちをしていました。

 エプソムカップで重賞初制覇7頭の内、5頭は重賞で複勝圏内に入った実績があり、他の2頭も以前に重賞に出走した経験を持っていました。重賞初制覇した7頭の年齢は4歳が5頭、5歳が2頭です。

 エプソムカップが重賞初出走の馬は、0-1-0-6と、それほどの実績がありません。

 ですから、1着候補は重賞出走経験のある4・5歳馬で、エプソムカップに初参戦した馬から選択することになります。

 エプソムカップのリピーターは、初参戦の9-8-7-114に対して、1-2-3-19と分が悪いことを心して予想しなければなりません。リピーターとして複勝圏内に入った馬は前回出走した時以上の成績を挙げていました。ですから、成績が下降傾向で出走してきた場合は、印を回すことはできません。

 6歳・7歳以上の出走馬についても同様の傾向が見られます。特に、近走の成績で大敗している場合、エプソムカップの成績によって、年内で競走馬生活を終えるかどうかの判断をしていることが次のデータから読み取れます。


【直後に引退した馬】

   エプソムカップ出走時年齢と成績→その後の出走数・抹消時期・最高着順と最高人気
2020年マイネルハニー  7歳 15着→5レース 8カ月後 7着 12番人気
2019年ショウナンバッハ 8歳 4着→5レース 6カ月後 4着 8番人気
2019年アンノートル   5歳 7着→5レース 8カ月後 5着 7番人気
2019年ストーンウェア  7歳 8着→1レース 1カ月後 8着 5番人気
2019年カラビナ     6歳 9着→2レース 3カ月後 7着 7番人気
2019年ハクサンルドルフ 6歳 11着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2019年ダノンキングダム 5歳 12着→3レース※11カ月後※1着※1番人気障害に転向
2019年アップクォーク  6歳 13着→4レース 11カ月後 10着 11番人気
2019年ソウルスターリング5歳 不出走→2レース※9カ月後 6着 13番人気
2018年グリュイエール  6歳 3着→4レース 8カ月後 2着 1番人気
2018年ベルキャニオン  7歳 6着→4レース 13カ月後 3着 3番人気
2018年バーディーイーグル8歳 8着→1レース 1カ月後 10着 9番人気
2018年トーセンマタコイヤ7歳 13着→2レース 5カ月後 7着 5番人気
2018年アデインザライフ 7歳 15着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2018年シャイニープリンス8歳 16着→4レース 11カ月後 12着 15番人気
2017年フルーキー    7歳 9着→4レース 6カ月後 5着 8番人気
2017年ヒストリカル   8歳 12着→2レース 5カ月後 10着 3番人気
2017年カムフィー    8歳 13着→4レース 6カ月後 8着 10番人気
2017年レッドレイヴン  7歳 16着→4レース 6カ月後 8着 9番人気
2017年トーセンレーヴ  9歳 17着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2016年アルバートドック 4歳 7着→2レース 3カ月後 1着 1番人気
2016年サトノギャラント 7歳 8着→2レース※3カ月後 8着 12番人気※障害に転向
2016年エキストラエンド 7歳 10着→4レース 6カ月後 3着 6番人気
2016年アルマディヴァン 6歳 12着→5レース 7カ月後 7着 11番人気
2016年メイショウヤタロウ8歳 13着→3レース 4カ月後 4着 5番人気
2016年エックスマーク  7歳 14着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2016年ダービーフィズ  6歳 15着→4レース 5カ月後 7着 10番人気
2016年ステラウインド  7歳 16着→1レース 1カ月後 15着 13番人気
2016年ナカヤマナイト  8歳 17着→1レース 1カ月後 16着 15番人気
2015年ペルーサ     8歳 6着→5レース 8カ月後 1着 5番人気
2015年フェスティヴタロー6歳 7着→1レース 11カ月後 15着 13番人気
2015年ユールシンキング 5歳 8着→3レース 9カ月後 14着 11番人気
2015年フルアクセル   7歳 10着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2015年ノーステア    7歳 12着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2015年ゲシュタルト   8歳 13着→2レース 2カ月後 9着 15番人気
2014年カネトシディオス 7歳 8着→4レース 6カ月後 6着 9番人気
2014年トーセンジャガー 6歳 9着→3レース 5カ月後 4着 8番人気
2014年レインスティック 7歳 11着→1レース 3カ月後 17着 15番人気
2014年カルドブレッサ  6歳 12着→4レース 11カ月後 8着 6番人気
2014年シルクアーネスト 7歳 13着→1レース 2カ月後 14着 15番人気
2014年パドトロワ    7歳 17着→3レース 2カ月後 12着 9番人気
2013年ファイナルフォーム4歳 5着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2013年アカンサス    5歳 9着→4レース 9カ月後 5着 9番人気
2013年アドマイヤタイシ 6歳 10着→5レース※18カ月後 2着 4番人気※障害
2013年セイウンジャガー 6歳 11着→5レース 7カ月後 5着 9番人気
2013年スズジュピタ-  8歳 14着→4レース 9カ月後 13着 12番人気
2012年レディアルバローザ5歳 12着→2レース 7カ月後 5着 3番人気
2012年サンライズベガ  8歳 16着→1レース 1カ月後 16着 16番人気
2012年アクシオン    9歳 17着→2レース 2カ月後 12着 12番人気
2012年レッゴーキリシマ 7歳 18着→2レース 2カ月後 16着 11番人気
2011年キャプテンベガ  8歳 4着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2011年レインフォーレスト5歳 12着→3レース 6カ月後 7着 6番人気
2011年チョウカイファイト8歳 14着→4レース 11カ月後 7着 12番人気
2011年マストビートゥルー8歳 15着→0レース 0カ月後 -着 -番人気
2011年ロードキャニオン 7歳 17着→2レース 1カ月後 11着 11番人気


 エプソムカップで4着以下に敗れた馬で、その後に出走5レース以内に登録を抹消するか、障害に転向した馬が多いことが「エプソムカップ」の特徴として挙げられると思われます。(該当馬合計55頭/164頭 33.5%)

 引退した馬の年齢 7歳以上 35頭、6歳11頭、5歳7頭、4歳2頭

 おそらく、上半期最後の中距離G3で競走馬としての能力を見極めるために出走させている馬も何頭かいることは間違いないと思われます。ですから、7歳以上で出走してきた場合、前走までの成績の衰えがはっきりしていれば、復活する可能性が相当低いと考えるのが妥当です。


 そこで、最終的に予想を組み立てるには『重賞勝ち馬』と『重賞未勝利馬』に分けて、近走の成績から有力馬を選ぶことが肝要と考えます。

【重賞勝ち馬】
   馬  名     前走      重賞経験(前走を除く直近2レース) エプソムカップ
2.マイラプソディ   都大路S2着   ダービーGⅠ9着、神戸新聞GⅡ18着 初出走
4.セダブリランテス  六甲S(L)6着  中山金杯GⅢ1着、新潟記念GⅢ7着  初出走
11.ニシノデイジー   新潟大賞典12着 函館記念GⅢ13着、東京新聞杯GⅢ13着 初出走
13.サトノフラッグ   金鯱賞GⅡ7着  菊花賞GⅠ3着、AJCC GⅡ11着    初出走
14.ガロアクリーク   ディセンバS3着 セントライトGⅡ2着、菊花賞GⅠ9着 初出走


【重賞未勝利馬】
   馬  名     前走      重賞経験(前走を除く直近2レース)  エプソムカップ
1.プレシャスブルー  福島民法(L)2着 新潟大賞典GⅢ3着、新潟記念GⅢ18着 初出走
3.ヴェロックス    日経新春GⅡ9着 菊花賞GⅠ3着、中日新聞杯GⅢ3着 初出走
5.エアアルマス    京王杯SC10着  チャンピCGⅠ10着、フェブラリー5着 初出走
6.ヒュミドール    新潟大賞典11着 ダイヤモンドGⅢ5着、日経賞GⅡ4着 初出走
7.ファルコニア    難波S1着    京都新聞杯GⅡ3着、神戸新聞GⅡ16着 初出走
8.アルジャンナ    マイラーズC2着 毎日杯GⅢ2着、ダービーGⅠ18着  初出走
9.ヤシャマル     府中S1着    重賞経験なし1勝~3勝クラス 3連勝 初出走
10.ワンダーブチェック メイS4着   毎日王冠GⅡ8着            初出走
12.ミラアイトーン   谷川岳(L)3着  北九州記念GⅢ5着、関屋記念GⅢ5着 初出走
15.ザダル       毎日王冠GⅡ5着 菊花賞GⅠ13着、中山金杯GⅢ8着   初出走
16.シュリ       谷川岳(L)1着   京都金杯GⅢ5着、          初出走
17.アドマイヤビルゴ  大阪杯GⅠ9着  京都新聞杯GⅡ4着、日経新春GⅡ10着 初出走
18.アトミックフォース メイS3着    ダービー卿TGⅢ5着        2020年5着


 下記のデータから、重賞初制覇を狙う『重賞未勝利』に比重を置いて本命を選択したいと思います。

【予想の鍵 その1】
 重賞1着経験あり 3-2-5-37  重賞未勝利 7-8-5-90


 リピ-ターとしてエプソムカップに出走するのは『18.アトミックフォース』だけです。昨年は新潟大賞典GⅢ2着からの参戦で、今年はダービー卿TGⅢ5着でメイSからの出走となりますので、比較が難しいのですが成績は若干下降気味かもしれません。

【予想の鍵 その2】
当該レース初参戦 9-8-7-114  当該レース再挑戦 1-2-3-19

 リピーターの成績
2020年1着ダイワギャグニー新潟大賞典1着 東京新聞杯3着、金鯱賞3着  2019年14着
2020年2着ソーグリッタリング メイS2着 エプソムC3着、関屋記念3着 2019年3着 
2016年2着フルーキー  新潟大賞典2着 チャレンジ2着、東京新聞杯3着 2015年4着2017年9着
2015年3着デイサイファ 中日新聞杯1着 毎日王冠4着、AJCC5着   2014年1着
2014年3着ダークシャドウ中山記念GⅡ11着  毎日王冠1着、天皇賞秋2着 2011年1着
2012年3着セイクリットバレー新潟大賞典1着 関屋記念2着、新潟大賞典1着 2010年4着

 この他に上位入賞したものの、リピーターとしては複勝圏外に成績を落としたのは4頭
2019年2着サラキア    阪神牝馬S10着 ローズS2着        初参戦、2020年13着
2018年1着サトノアーサー メイS3着   毎日杯3着、神戸新聞杯3着 初参戦2020年6着
2018年2着ハクサンルドルフ新潟大賞典8着 東京新聞杯6着   初参戦、2019年11着
2016年3着マイネルミラノ新潟大賞典5着 中日新聞杯3着、新潟記念2着 初参戦2015年7着



【予想の鍵 その3】
重賞未経験馬の取捨

重賞出走経験なし 0-1-0-6

2011年2着エーブチェアマン  きぼう賞1着   重賞経験なし(1000、1600万下2連勝) 初参戦

 今年、重賞出走経験なしで出走するのは1頭だけ。

   9.ヤシャマル     府中S1着    重賞経験なし1勝~3勝クラス3連勝 初出走

 3連勝と勢いがあるので、10年ぶりに複勝圏内に入る期待は大きいと思われます。



【予想の鍵 その4】
7歳馬の取捨

1.プレシャスブルー  福島民法(L)2着 新潟大賞典GⅢ3着、新潟記念GⅢ18着 初出走
4.セダブリランテス  六甲S(L)6着  中山金杯GⅢ1着、新潟記念GⅢ7着  初出走
10.ワンダーブチェック メイS4着    毎日王冠GⅡ8着          初出走

 今年出走する7歳馬は上記の3頭です。この中で近走実績から『セダブリランテス』に印を打ちたいと考えます。


これまで4つの視点で述べてきました。それを踏まえて印を打てそうなのは※の10頭になるのですが(-_- )?



今回の出走登録
   馬  名     前走       重賞経験              エプソムカップ
 1.プレシャスブルー  福島民法(L)2着 新潟大賞典GⅢ3着、新潟記念GⅢ18着 初出走
※2.マイラプソディ   都大路S2着   ダービーGⅠ9着、神戸新聞GⅡ18着 初出走
※3.ヴェロックス    日経新春GⅡ9着 菊花賞GⅠ3着、中日新聞杯GⅢ3着 初出走
※4.セダブリランテス  六甲S(L)6着  中山金杯GⅢ1着、新潟記念GⅢ7着  初出走
 5.エアアルマス    京王杯SC10着  チャンピCGⅠ10着、フェブラリー5着  初出走
穴6.ヒュミドール    新潟大賞典11着 ダイヤモンドGⅢ5着、日経賞GⅡ4着 初出走
※7.ファルコニア    難波S1着    京都新聞杯GⅡ3着、神戸新聞GⅡ16着初出走
※8.アルジャンナ    マイラーズC2着 毎日杯GⅢ2着、ダービーGⅠ18着  初出走
※9.ヤシャマル     府中S1着    重賞経験なし1勝~3勝クラス 3連勝初出走
 10.ワンダーブチェック メイS4着   毎日王冠GⅡ8着            初出走
 11.ニシノデイジー   新潟大賞典12着 函館記念GⅢ13着、東京新聞杯GⅢ13着  初出走
 12.ミラアイトーン   谷川岳(L)3着  北九州記念GⅢ5着、関屋記念GⅢ5着 初出走
※13.サトノフラッグ   金鯱賞GⅡ7着  菊花賞GⅠ3着、AJCC GⅡ11着    初出走
※14.ガロアクリーク   ディセンバS3着 セントライトGⅡ2着、菊花賞GⅠ9着初出走
※15.ザダル       毎日王冠GⅡ5着 菊花賞GⅠ13着、中山金杯GⅢ8着  初出走
※16.シュリ       谷川岳(L)1着   京都金杯GⅢ5着、         初出走
×17.アドマイヤビルゴ  大阪杯GⅠ9着  京都新聞杯GⅡ4着、日経新春GⅡ10着初出走
 18.アトミックフォース メイS3着    ダービー卿TGⅢ5着        2020年5着

除外フランツ      メイS2着    中山記念GⅡ10着           初出走


最終的に印を打ってみると

1.プレシャスブルー  福島民法(L)2着 新潟大賞典GⅢ3着、新潟記念GⅢ18着 初出走
△2.マイラプソディ   都大路S2着   ダービーGⅠ9着、神戸新聞GⅡ18着 初出走
△3.ヴェロックス    日経新春GⅡ9着 菊花賞GⅠ3着、中日新聞杯GⅢ3着 初出走
×4.セダブリランテス  六甲S(L)6着  中山金杯GⅢ1着、新潟記念GⅢ7着  初出走
5.エアアルマス    京王杯SC10着  チャンピCGⅠ10着、フェブラリー5着  初出走
穴6.ヒュミドール    新潟大賞典11着 ダイヤモンドGⅢ5着、日経賞GⅡ4着 初出走
△7.ファルコニア    難波S1着    京都新聞杯GⅡ3着、神戸新聞GⅡ16着初出走
◎8.アルジャンナ    マイラーズC2着 毎日杯GⅢ2着、ダービーGⅠ18着  初出走
▲9.ヤシャマル     府中S1着    重賞経験なし1勝~3勝クラス 3連勝初出走
10.ワンダーブチェック メイS4着   毎日王冠GⅡ8着            初出走
11.ニシノデイジー   新潟大賞典12着 函館記念GⅢ13着、東京新聞杯GⅢ13着  初出走
12.ミラアイトーン   谷川岳(L)3着  北九州記念GⅢ5着、関屋記念GⅢ5着 初出走
△13.サトノフラッグ   金鯱賞GⅡ7着  菊花賞GⅠ3着、AJCC GⅡ11着    初出走
×14.ガロアクリーク   ディセンバS3着 セントライトGⅡ2着、菊花賞GⅠ9着初出走
○15.ザダル       毎日王冠GⅡ5着 菊花賞GⅠ13着、中山金杯GⅢ8着  初出走
△16.シュリ       谷川岳(L)1着   京都金杯GⅢ5着、         初出走
×17.アドマイヤビルゴ  大阪杯GⅠ9着  京都新聞杯GⅡ4着、日経新春GⅡ10着 初出走
×18.アトミックフォース メイS3着    ダービー卿TGⅢ5着        2020年5着

データにとらわれ過ぎてはいけませんが、軽視することもできないので、総合的に判断するとこんな感じの予想になってしまいました。

 データを信じるか信じないかは自分次第!

これでなんとか的中しますよう 幸運を祈ります。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミラアイトーンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
11:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月16日() 11:42:52
jp水、爆穴
10:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月16日() 10:24:59
ラボ坂路、◉
9:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月15日() 23:44:24
うまな、巨漢馬

⇒もっと見る

ミラアイトーンの写真

ミラアイトーン
ミラアイトーン
ミラアイトーン

ミラアイトーンの厩舎情報 VIP

2021年6月13日エプソムカップ G315着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミラアイトーンの取材メモ VIP

2021年5月8日 谷川岳ステークス (L) 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。