テイエムタイホー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
テイエムタイホー
写真一覧
抹消  栗毛 2009年4月29日生
調教師鈴木孝志(栗東)
馬主竹園 正繼
生産者若林 武雄
生産地日高町
戦績49戦[7-6-3-33]
総賞金18,213万円
収得賞金5,300万円
英字表記T M Taiho
血統 ニューイングランド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
クラウンフォレスト
マンダリンママ
血統 ][ 産駒 ]
Lord At War
Stani River
兄弟 マンダリンスマイルクリノチョモラーリ
前走 2017/03/26 六甲ステークス OP
次走予定

テイエムタイホーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/26 阪神 11 六甲S OP 芝1600 111142.089** 牡8 59.0 森裕太朗鈴木孝志490(-4)1.35.0 0.835.1アスカビレン
17/02/26 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1271052.01012** 牡8 56.0 池添謙一鈴木孝志494(+2)1.23.2 1.837.6トーキングドラム
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 1322118.41210** 牡8 56.0 池添謙一鈴木孝志492(-2)1.08.5 0.733.7⑫⑫ダンスディレクター
17/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1847172.31411** 牡8 56.0 幸英明鈴木孝志494(-6)1.33.7 0.935.2⑭⑫エアスピネル
16/11/20 京都 11 マイルCS G1 芝1600 18611250.11813** 牡7 57.0 幸英明鈴木孝志500(+10)1.34.2 1.135.6⑫⑪ミッキーアイル
16/10/29 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 18816211.61514** 牡7 56.0 幸英明鈴木孝志490(+4)1.21.9 1.235.2サトノアラジン
16/04/03 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1661263.41215** 牡7 57.0 内田博幸鈴木孝志486(-6)1.34.1 1.335.3④④④マジックタイム
16/02/21 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1671418.91015** 牡7 57.0 藤岡康太鈴木孝志492(-4)1.48.4 1.737.0アルバートドック
16/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 1481414.685** 牡7 57.0 戸崎圭太鈴木孝志496(-2)1.34.6 0.533.7スマートレイアー
16/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1771437.7132** 牡7 57.0 浜中俊鈴木孝志498(-2)1.33.1 0.133.8⑤⑤ウインプリメーラ
15/12/26 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 172413.8616** 牡6 57.0 松田大作鈴木孝志500(+4)1.22.7 1.336.0ロサギガンティア
15/12/06 阪神 11 タンザナイト OP 芝1400 16124.121** 牡6 56.0 松田大作鈴木孝志496(+12)1.20.7 -0.234.1⑤⑤ミッキーラブソング
15/10/31 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1561042.6129** 牡6 56.0 松田大作鈴木孝志484(-12)1.20.6 0.434.2アルビアーノ
15/04/26 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 18127.1417** 牡6 56.0 松田大作鈴木孝志496(+2)1.33.6 1.033.9レッドアリオン
15/03/29 阪神 11 六甲S OP 芝1600 17485.231** 牡6 56.0 松田大作鈴木孝志494(-2)1.34.7 -0.634.8サトノルパン
15/03/07 阪神 10 武庫川S 1600万下 芝1600 1661123.8111** 牡6 57.0 松田大作鈴木孝志496(+2)1.36.3 -0.335.4サトノアラジン
15/02/21 京都 11 斑鳩S 1600万下 芝1400 1671410.342** 牡6 57.0 秋山真一鈴木孝志494(-4)1.20.4 0.233.7⑥⑦ダンスディレクター
15/02/08 京都 10 山城S 1600万下 芝1200 167145.022** 牡6 56.0 浜中俊鈴木孝志498(+2)1.08.8 0.033.9⑨⑦シゲルカガ
15/01/05 京都 10 新春S 1600万下 芝1400 155841.2112** 牡6 57.0 松田大作鈴木孝志496(+6)1.20.4 0.034.1リヴェレンテ
14/12/07 中京 10 クロフネC 1600万下 芝1200 1851015.465** 牡5 56.0 松田大作鈴木孝志490(+2)1.09.3 0.434.4④④ベステゲシェンク

⇒もっと見る


テイエムタイホーの関連ニュース

 阪神で5勝。一昨年のOP特別タンザナイトSで7Fを勝っているテイエムタイホーは、栗東CWコースで単走。馬なりで6F85秒4、ラスト1F11秒4と上々の伸びを見せていた。

 「順調です。最近は攻め馬で時計が出て、競馬に行って走らないのが続いているので、今回は1週前にやって、直前はサッと仕上げました。スタート次第では逃げてもいい。ただ、近走はスタートが決まっていない」と鈴木孝調教師。ゲートが最大の課題のようだ。(夕刊フジ)

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【シルクロード】テイエムタイホー、ラスト11秒82017年1月26日(木) 11:40

 テイエムタイホーは戦列に復帰した昨秋から苦戦続きだが、栗東CWコースでの動きは文句なし。池添騎手を背に直線一杯に追われて、6F81秒9、ラスト1F11秒8をマークした。ただ、前走・京都金杯もけいこでは好時計を出したが、結果は11着。この動きがレースにつながるかどうかだろう。

 「8歳だけど、去年よりも動きや馬体はいい感じに仕上がっている。このところの成績が今ひとつなので、折り合いを気にしなくていい6Fできっかけをつかめればと思って使う」と鈴木孝調教師。6Fを走るのは一昨年2月の山城S(2着)以来だが、実は4勝の実績がある。自分のペースをつかめれば、大駆けしても不思議はないか。(夕刊フジ)

シルクロードSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイルCS】テイエムタイホー軽快な動き2016年11月17日(木) 13:42

 テイエムタイホーは栗東CWコースで気負う面はなく、スムーズな行きっぷり。ラスト1Fを追われ、軽快感たっぷりの末脚を繰り出した。京都マイルは年明けの金杯での2着がある。

 ◆鈴木孝調教師「しまい重点で予定どおり。1回使うと良くなるタイプで、上積みがありそう。ひと雨降って、他馬の切れが殺がれるような馬場での我慢比べになれば」

(夕刊フジ)

マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東京新聞杯】テイエムタイホー気配上々2016年2月3日(水) 13:56

 テイエムタイホーは栗東CWコースで上がり重点。ビッシリ追われたラスト1Fを11秒8で駆け抜けた。単走でこれだけ動けば十分だ。

 ■小栗助手「疲れはなく、衰えは感じない。輸送があるので一杯にはやらなかったが、体は前走くらい。前走は外枠からギリギリ折り合えた」

(夕刊フジ

東京新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】6歳牝馬ウインプリメーラ重賞初制覇 2016年1月5日(火) 15:55

 5日の京都11Rで行われた第54回京都金杯(4歳上オープン、GIII、芝1600メートル、17頭立て、1着賞金=4100万円)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気ウインプリメーラ(牝6歳、栗東・大久保龍志厩舎)が好位追走から抜け出して重賞初制覇を飾った。タイムは1分33秒0(良)。

 キャリア27戦目の6歳牝馬が、待ちに待った重賞タイトルを手に入れた。川田騎手と初コンビを組んだウインプリメーラが好位から抜け出して快勝。得意の京都でようやく重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

 レースは最内からニンジャが飛び出して、後続を引き離した逃げ。離れた2番手にミッキーラブソングがつけ、さらにバッドボーイケイティープライドウインプリメーラなどが続く。人気のトーセンスターダムはスタートで後手を踏み、後方からの競馬となった。ニンジャは直線半ばまで逃げて見せ場を作ったが、テイエムタイホーウインプリメーラが鋭く伸びて2頭が抜け出す形。最後はウインプリメーラがきっちりと差し切って、初タイトルを手に入れた。1/2馬身差の2着は13番人気のテイエムタイホー。さらに1馬身1/2差の3着には7番人気ミッキーラブソングが入っている。

 ウインプリメーラは、父ステイゴールド、母エリモプリティー、母の父フォーティナイナーという血統。北海道新冠町・ビッグレッドファームの生産馬で、(株)ウインの所有馬。通算成績は27戦5勝。重賞初勝利。大久保龍志調教師は2013年ダノンシャークに次いで京都金杯2勝目、川田将雅騎手は初勝利。

 初騎乗でVに導いた川田騎手は「いいチャンスをいただけたので、馬が結果を出してくれてよかったです。初めて乗せていただきましたが、返し馬でも具合の良さを感じました。京都は得意なので楽しみにしていましたが、終始、いい位置でリズム良く走ってくれていました。手応えもしっかりとしていましたし、いい雰囲気で4コーナーから直線へ向くことができました。なんとかしのいでくれと思いながら乗りました。(今年の目標を問われて)いつもなんですが、与えられる仕事をきっちりと全うして、求められる結果を得続けていけるように、気を引き締めて今年も頑張りたいと思います」と会心の勝利にもすぐに表情を引き締めていた。

★5日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】入線速報(京都競馬場)2016年1月5日(火) 15:45

京都11R・スポーツニッポン賞京都金杯(1回京都1日目 京都競馬場 芝・右外1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手7番ウインプリメーラ(単勝6.1倍/2番人気)、2番手14番テイエムタイホー(単勝37.7倍/13番人気)、3番手6番ミッキーラブソング(単勝13.0倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連7-14(154.0倍) 馬単7-14(230.8倍) 3連複6-7-14(637.1倍) 3連単7-14-6(3473.1倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2016010508010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

テイエムタイホーの関連コラム

閲覧 1,333ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、10(日)に京都競馬場でG3シンザン記念が、11(月)に中山競馬場でG3フェアリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3シンザン記念シゲルノコギリザメが先頭で直線コースへ。シゲルノコギリザメのリードは1馬身、後続からはファインニードルピースマインドロジクライドゥーカアストラエンブレムが横一線となって前を追います。残り200mを通過、ここで逃げるシゲルノコギリザメに内からロジクライが並びかけると外からはアストラエンブレムも脚を伸ばして3頭の叩き合い!ゴール前、シゲルノコギリザメを捉えて先頭に立ったロジクライが大外から一気の脚で猛追するジュエラーを抑え込んで初重賞制覇を飾りました。クビ差の2着にジュエラー、そこからクビ差の3着にシゲルノコギリザメが入っています。
 
 
G3フェアリーステークスビービーバーレルがマイペースで逃げて直線コースへ入ります。逃げるビービーバーレルのリードは1馬身、2番手に単独でクードラパン、その後ろからはダイワダッチェスダイワドレッサーと前を追います。残り200m通過、依然先頭はビービーバーレルでリードをさらに広げて完全に逃げ込み態勢。ゴール前、ダイワドレッサーダイワダッチェスクードラパンを交わして2番手に上がりますが、ビービーバーレルには迫れません。結局、終始危なげない競馬でビービーバーレルフェアリーステークスGIIIを制しました。1馬身3/4差の2着にダイワドレッサー、そこから3/4差の3着にダイワダッチェスが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロ夢月プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ霧プロ岡村信将プロ馬っしぐらプロスガダイプロシムーンプロろいすプロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
10(日)京都7Rで本命に単勝20.1倍の◎コスモボアソルテを本命に抜擢し、3連単で勝負!2着に12人気×スマイルフォース、3着に13人気△マコトグランドゥが入り、250万1810円を払い戻し!!ブービー、最低人気が2、3着の大波乱を仕留める、まさに佐藤プロの真骨頂を魅せたレースとなりました!同日の中山7Rでも◎×△の印で単勝36.5倍、枠連117.2倍、3連複2492.4倍を的中させました!5(火)中山2Rでも単勝57.3倍の◎マイネルトゥランから3連複を的中させ、64万1680円を払い戻しています!
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
5(火)京都11R京都金杯GIIIで○ウインプリメーラ×テイエムタイホーミッキーラブソングの印で3連複637.1倍を400円的中させ、25万4840円の高額払い戻しを記録!11(月)京都9Rでは『芝2000mのレースで善戦した経験がある馬を重視したい一戦』と単勝27.5倍の◎ロードヴァンドールからの3連複18.5倍を2400円的中させました!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(火)京都11R京都金杯GIIIで『よほど馬場状態が悪化しない限り、逃げ、先行馬を連軸とするのが無難。阪神に好走歴が偏っていることから、今回は舐められた評価をされている。』と狙った◎テイエムタイホーからの馬連154倍、ワイド39.7倍を大本線で的中させ、29万550円を払い戻しました!11(月)中山11RフェアリーステークスGIIIでも◎ビービーバレルからの馬連を的中させ、5万6000円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
10(日)中山10Rで単勝11.7倍の◎マイネルバウンスから馬連434,5倍を1000円、複勝3.3倍を3000円的中させ、44万4400円を払い戻しました!9(土)中山11Rでは◎サンマルデュークの単複を的中させ、6万6900円を払い戻しました!
 
この他にもサラマッポプロ(190%)、馬っしぐらプロ(123%)、いっくんプロ(109%)、ろいすプロ(108%)が週末トータル回収率100%超の活躍を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら


登録済みの方はこちらからログイン

2015年4月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第94回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~読売マイラーズカップ GII
閲覧 242ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「読売マイラーズカップ GII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エキストラエンドから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフルーキーフィエロクラレントまで。
第2グループ(黄)は、ディアデラマドレから1.0ポイント差(約1馬身差)内シャイニープリンスサンライズメジャーヒストリカルテイエムタイホーまでの5頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルメリエンダから同差内のロサギガンティアミッキードリームまでの3頭となり、以下は第4G(灰)となっています。

さてこのように色分けされた分布を見ると、第1G→第2G間の1.0ポイント差、第2G→第3G間の1.0ポイント差がやや目立つ以外は下位グループまで含めても大きな開きが見られない点が特徴として見て取れる配置になっています。

今回、私の馬券は、ここにきてややはっきりしてきていますが元々人気も割れ加減だった上位4頭のうちフルーキーフィエロの2頭を上位評価し勝負してみたいと思います。
その2頭の中から、◎はフルーキー。総合評価上位勢の中でも特に今週の追切りが良く見えたこの馬を一番手評価したいと思います。因みに、サンスポ紙面でも出走馬中唯一の調教評価「S」となっています。また、以前からこのレースはマイル勝ち実績だけでなく1800m勝ち実績も必要とみて予想しているので、その点にも合致するこの馬に期待してみます。
ということで○はフィエロ。こちらも決して悪い調教過程というわけではなく、時計勝負になれば◎よりも適性は高いと見ていますが、間隔が空いた点がやや気になり、それでいて1番人気濃厚ということで○評価に止めました。
以下は、▲に総合ポイント7位サンライズメジャー、☆に第4Gから昨年4着レッドアリオン。△にテイエムタイホーディアデラマドレヒストリカルクラレントまで印を回し、馬券は◎からの3連複流しとします。


【3複流し】

◎=印馬
9=2,4,6,7,15,16,18 (21点)

[もっと見る]

テイエムタイホーの口コミ


口コミ一覧

2018_京都金杯

 landr 2018年1月3日(水) 10:27

閲覧 301ビュー コメント 0 ナイス 5

まずは、過去の結果と予想から振り返ろう。

2017 エアスピネル
 ◎エアスピネル(1着)○アストラエンブレム(4着)
2016 ウインプリメーラ
 ◎テイエムタイホー(2着)○エキストラエンド(7着)▲ミッキーラブソング(3着)
2015 ウインフルブルーム
 ◎フルーキー(4着)○ウインフルブルーム(1着)▲アズマシャトル(11着)
2014 エキストラエンド
 ◎エキストラエンド(1着)○ブレイズアトレイル(4着)▲サンライズメジャー(10着)
2013 ダノンシャーク
 ◎ダノンシャーク(1着)○トライアンフマーチ(2着)

中山とは逆に、こちらは相性がいいレース。2016年のテイエムタイホー(13番人気)なんてよく拾えたものですな。なぜ、相性がいいかと言うと、単純に外回りで上がり持っている馬を拾っていけばいいだけだから。さて、今年は?

◎ストーミーシー
○レッドアンシェル
△クルーガー、ラビットラン

アメリカズカップ
 重馬場で先行してナンボ。ダート向きかも知れませんな。
ウインガニオン
 この馬の逃げも大したものなのだけど、分かりやすいほど左回りだけ。今回はダノンメジャーがハナだ。
カラクレナイ
 万両賞やフィリーズレビューは強かったがしりすぼみ。基本1400までではないか。
×キョウヘイ
 リゲルステークスよりはメンバーが実は楽。伸びしろ評価したいが基本は届かない追い込み馬。
△クルーガー
 まともならこの馬のロンスパ。57.5の横比較。
ケントオー
 大崩れはない馬だけに、京都ならひょっこり掲示板はある。
スズカデヴィアス
 56.5は恵まれたかと思うが、基本はキッツいペースで上がってくる馬。ここは向かない。
◎ストーミーシー
 キッレキレ馬が54Kで拾いたくはなる。ダメジャースローが合うかどうか。
ダノンメジャー
 ガニオンよりはこちらの逃げ。スローに落としてどこまでと言ったところ。
ブラックムーン
 人気すると思うが、現状は届かない馬が57キロでは買う理由がない。
ベステンダンク
 厳しいよね
マイネルアウラート
 メンツ薄いときにちゃっかり前残りの馬。隊列がはっきりするここはいらない。
マサハヤドリーム
 次の小倉で検討するかどうか程度。
▲ラビットラン
 不安はローテだけ。ロンスパマックス。
○レッドアンシェル
 この馬にどう逆らうかのレース。マイルは鬼。ダメジャー追走して直線で交わしてあっさりが一番イメージできる馬。

ダメジャースローである程度はガニオンやレッドアンシェルが突っつくであろうところに期待はしたい。
前述のようにレッドアンシェルが直線でソラ使わずにぶっちぎれるかどうか。

これを直線だけで交わせるキレ馬としては、クルーガー・ストーミーシー・ラビットランの3頭。
この中ならハンデやローテを考えると、ストーミーシー狙いが妥当だ。

レッドアンシェルはどうあっても残りそうで、ストーミーシーとのワイドが勝負かな。
アンシェル軸の3連馬券でも楽しめそうだ。

 トーホーアマ 2016年11月20日() 19:34
マイルCS~反省~
閲覧 218ビュー コメント 0 ナイス 5

結果終わってみれば世代では一番最弱世代と言われていた5歳がまさかの総なめ。モーリスいなくなりマイル界では今1番の世代なのかな。
色々おもうことはあるG1だったかもしれませんが◎フィエロにしてた自分にとっては完敗です。レースも締まったラップをしており最後の直線の不利なければかなり良いレースだったのかな思います。仮に本命がディサイファだったら悔しくこんな内容書けませんw。最後の斜行は完全に脚があがった形で言い方悪いですがタックルしたことによって反動がついたことがおおきい思います。それにしてもミッキーアイルは強かったなと思うレース内容でした。

レースラップは2013年のトーセンラーが勝ったラップと比較
2013 12.5 - 11.1 - 11.5 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.4 - 11.5
2016 12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3

2013年の逃げ馬はコパノリチャードが前半3F35,1 1000m通過58.3秒で4着。ミッキーアイルは前半3F34.4秒 1000m通過57.5秒で1着。これで逃げ切り不利なくても馬券内にはいただろうから相当強いということ、不利のせいで何とも言えないが 後ろの馬たちは力がなかったこと。1頭くらい追い込み馬が本来ならハマる展開だったと思う。全体的に各馬の位置取りにも恵まれた形の部分も大きいと思います。

4コーナー入る前にミッキー、ネオアリズムといて次につけてた馬がテイエムタイホーとスノードラゴンだったことも展開功を奏したのかもしれません。2013年に見たくだいたい後ろの馬が3F-4Fとこでピッチを上げておしあげてラップは緩まないとおもうのだが今回はサンライズメジャーとイスラボニータそしてテイエムタイホーとスノードラゴンはすでに息上がってる状態。もう少し有力馬たちはしかけられなかったのかなと思う部分はある。直線はいったとこでは既に差がついてしまった形に。後続をバテさせたミッキーアイルの力と浜中の体内時計の好騎乗。2番手につけられたネオリアリズムだけがついていけてたぶんアドバンテージがあったと思います。ネオの強さと腕の差だなあと思いました。

イスラボニータについては強さは健在とストレイトガールもそうだったがフジキセキ産駒の切れ脚、瞬発力はすごいものだと感心させられました。覚えとこう思います。

馬券は本命は勿論だが紐のネオアリズムを拾えてないとこも反省です。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2016年4月2日() 22:22
ダービー卿CT 最終決断
閲覧 139ビュー コメント 0 ナイス 9


ダービー卿CT(データ)

予想人気(上位5頭馬番順)
① キャンベルジュニア
⑤ ダッシングブレイズ
⑥ サトノアラジン
⑩ マジックタイム
⑪ サンライズメジャー
能力指数(上位5頭馬番順)
④ クラレント
⑥ サトノアラジン
⑧ エキストラエンド
⑪ サンライズメジャー
⑭ ロゴタイプ
推定前半3F(上位5頭馬番順)
① キャンベルジュニア
④ クラレント
⑪ サンライズメジャー
⑫ テイエムタイホー
⑭ ロゴタイプ
推定後半3F(上位5頭馬番順)
② アルマワイオリ
⑤ ダッシングブレイズ
⑥ サトノアラジン
⑨ インパルスヒーロー
⑩ マジックタイム
好走ゾーン
⑩ マジックタイム
⑫ テイエムタイホー
激走ゾーン
② アルマワイオリ

結論

中山 11r 第48回ダービー卿CT(GⅢ)
◎ ⑪ サンライズメジャー
○ ① キャンベルジュニア
▲ ⑥ サトノアラジン
△ ⑭ ロゴタイプ
× ⑩ マジックタイム
× ⑫ テイエムタイホー
☆ ② アルマワイオリ


3連複軸1頭
⑪⇔①⑥⑭⑩⑫②

[もっと見る]

⇒もっと見る

テイエムタイホーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月26日() 15:05:43
2/26 未勝利
14着 テイエムタイホー(岩田騎手)
「怖がりな馬。ハナへ行けたが、すぐに気持ちがトップとなったぶん、最後まで勢いが続かなかった。うまく一瞬の脚を引き出すよう、思い切った競馬をしたほうがいい」
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2011年11月3日(木) 02:51:53
7/2新馬
4着 テイエムタイホー(和田騎手)
「いいスピードがあります。短い距離でスピードを生かす競馬なら面白いですよ」

テイエムタイホーの写真

テイエムタイホー

テイエムタイホーの厩舎情報 VIP

2017年3月26日六甲ステークス9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

テイエムタイホーの取材メモ VIP

2017年3月26日 六甲ステークス 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。