アストラエンブレム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アストラエンブレム
アストラエンブレム
アストラエンブレム
写真一覧
現役 セ5 鹿毛 2013年4月6日生
調教師小島茂之(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績18戦[5-5-1-7]
総賞金15,722万円
収得賞金3,400万円
英字表記Astra Emblem
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
ブラックエンブレム
血統 ][ 産駒 ]
ウォーエンブレム
ヴァンドノワール
兄弟 ブライトエンブレムテスタメント
前走 2018/08/19 札幌記念 G2
次走予定

アストラエンブレムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 162398.61411** セ5 57.0 藤岡康太小島茂之476(+12)2.02.4 1.337.9⑨⑩⑨⑪サングレーザー
18/07/01 函館 11 巴賞 OP 芝1800 11673.822** セ5 57.0 C.ルメー小島茂之464(+4)1.49.9 0.035.0⑦④ナイトオブナイツ
18/05/19 東京 11 メイS OP 芝1800 151112.565** セ5 57.0 内田博幸小島茂之460(-18)1.46.0 0.434.5④⑥⑦ダイワキャグニー
18/03/04 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 128114.2210** セ5 57.0 M.デムー小島茂之478(+8)1.46.2 0.934.0⑧⑧トリコロールブルー
17/10/08 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 124413.9611** 牡4 56.0 戸崎圭太小島茂之470(-4)1.46.5 0.932.8⑫⑫⑫リアルスティール
17/09/03 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 176113.512** 牡4 56.5 M.デムー小島茂之474(+4)1.57.9 0.034.1④⑤タツゴウゲキ
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 185102.312** 牡4 56.0 M.デムー小島茂之470(+4)1.46.0 0.134.2ダッシングブレイズ
17/05/20 東京 11 メイS OP 芝1800 11791.912** 牡4 56.5 M.デムー小島茂之466(+2)1.46.0 0.033.1④④④タイセイサミット
17/03/05 阪神 11 大阪城S OP 芝1800 16112.511** 牡4 55.0 M.デムー小島茂之464(-2)1.47.1 -0.032.8⑪⑪トルークマクト
17/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 187147.124** 牡4 54.0 M.デムー小島茂之466(+6)1.33.1 0.334.2⑯⑯エアスピネル
16/10/30 東京 10 紅葉S 1600万下 芝1600 118112.711** 牡3 55.0 M.デムー小島茂之460(+6)1.34.2 -0.033.8トーセンデューク
16/07/30 新潟 10 古町特別 1000万下 芝1600 12682.821** 牡3 54.0 M.デムー小島茂之454(-2)1.33.6 -0.232.4サトノキングダム
16/04/09 中山 11 NZT G2 芝1600 16233.014** 牡3 56.0 田辺裕信小島茂之456(0)1.34.0 0.134.4⑮⑮⑫ダンツプリウス
16/03/12 中京 10 Fウォーク賞 500万下 芝1600 10771.311** 牡3 56.0 C.ルメー小島茂之456(0)1.36.5 -0.135.0ドゥーカ
16/01/10 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 18124.634** 牡3 56.0 C.ルメー小島茂之456(+4)1.34.2 0.135.2⑤④ロジクライ
15/10/10 東京 11 サウジRC G 芝1600 128113.723** 牡2 55.0 浜中俊小島茂之452(-10)1.34.2 0.033.0⑧⑧ブレイブスマッシュ
15/08/02 新潟 1 2歳未勝利 芝1600 15471.811** 牡2 54.0 田辺裕信小島茂之462(-8)1.34.8 -0.732.6⑫⑩ブレイブスマッシュ
15/07/05 中京 5 2歳新馬 芝1600 9772.312** 牡2 54.0 秋山真一小島茂之470(--)1.41.1 0.134.5⑧⑨⑧ロスカボス

アストラエンブレムの関連ニュース

 ◆藤岡佑騎手(サウンズオブアース4着) 「体調が戻ればまだやれることは証明できた。正直、勝ちたかった」

 ◆丸山騎手(スティッフェリオ5着) 「ずっと右手前だったので、どこかで左手前に替えられればよかった」

 ◆吉田隼騎手(サクラアンプルール6着) 「1頭になるとフワフワしていた。もう少し仕掛けを遅らせてもよかったかな」

 ◆蛯名騎手(ゴーフォザサミット7着) 「手応えのわりに最後まで伸びている。いい経験になると思う」

 ◆勝浦騎手(クロコスミア8着) 「ムキにならず、リズムよく走れていた」

 ◆田中勝騎手(マイスタイル9着) 「(動くのが)結果的に早かったかな。最後は息切れしたよ」

 ◆池添騎手(ナイトオブナイツ10着) 「もう少し力をつけないと、このメンバーだと厳しい」

 ◆藤岡康騎手(アストラエンブレム11着) 「勝負どころでスムーズに押し上げられなかった」

 ◆三浦騎手(スズカデヴィアス12着) 「きょうの展開なら、しまいにかけた方がよかったかも」

 ◆菊沢師(ミッキースワロー13着) 「直線はすごく渋滞していたね。これも競馬だから仕方ない」

 ◆モレイラ騎手(ネオリアリズム14着) 「直線で狭くなったし、休み明けのぶんもあったかな」

 ◆柴田善騎手(マルターズアポジー15着) 「早めに来られたけど、競馬だから仕方ない」

 ◆国分恭騎手(アイトーン16着) 「古馬相手だと速い馬も多いので、距離を延ばした方がいい」

★19日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら

【札幌記念】馬場の有利不利、教えます!2018年8月19日() 11:00

1~2回札幌開催における芝のレース結果、近年の札幌記念の結果をもとに、馬場と血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


中間にまとまった雨が降った影響で、土曜日の芝コースは良馬場発表ながらもタフなコンディションでの開催となった。馬場の重さが影響したのか、平場では中~外を回らされた差し馬が伸びあぐねて、最後まで脚が続かないシーンが目についた。だが、馬場の回復が進むにつれて、差し馬の好走例が増加。11~12Rでは連勝している。

しかし、日曜日は朝からあいにくの雨模様で、午後からの予報についても、どっちつかずの微妙な感じ。土曜日の傾向がそのまま当てはまるとは言いがたく、柔軟なスタンスで構えたほうがいいだろう。とはいえ、道中外、直線も外、というタイプが不利な点は同じのハズ。ただでさえ、A→Cコース替わりの週。よほどの展開利や力量差でもなければ、内~中をロスなく回ってくる馬が有利であることは間違いない。

1~2回札幌開催における芝2000mの結果を検証すると、先行~好位差しが優勢の一方、展開次第では中団からの差しも十分に圏内まで届く印象。ただし、コース変更週の馬場を利した逃げ~番手追走の大駆けがしばしば見られるのも札幌記念の特徴のひとつ。前で運びそうな馬のチェックは忘れないようにしたい。

血統面については、父サンデーサイレンス系が優勢。ほかでは、父キングマンボ系や母父にグレイソヴリン系種牡馬を持つ馬の好走が目立つ。また、近年の札幌記念の好走馬を振り返ると、今夏の札幌開催とほぼ同じような傾向。なかでも内枠(1~3枠)の好走率が高く、該当馬に対する警戒は怠れない。

今回の出走メンバーで条件を満たす馬は、②サングレーザー、③アストラエンブレム、④マイスタイル、⑤マカヒキ、⑥クロコスミア。この5頭のうち、最低1頭ないしは2頭が馬券に絡むという前提でフォーメーションを組んでみるのも面白いかもしれない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】有名人の予想に乗ろう!(こじはるほか多数)2018年8月19日() 09:40

※当欄では日曜日に開催される札幌記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【小嶋陽菜(こじはる)】
3連単ボックス
ネオリアリズム
サクラアンプルール
スズカデヴィアス
ミッキースワロー
モズカッチャン

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④マイスタイル
○⑬スズカデヴィアス
▲②サングレーザー
△⑭ミッキースワロー
△⑨サクラアンプルール
△⑪ナイトオブナイツ
△⑧ネオリアリズム
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
④→②⑧⑨⑪⑬⑭

【DAIGO】
◎⑤マカヒキ

【林修】
注目馬
サクラアンプルール

【徳光和夫】
3連複ボックス
ゴーフォザサミット
ネオリアリズム
スズカデヴィアス
ミッキースワロー
モズカッチャン
アイトーン
ワイド1頭軸流し
サウンズオブアース→②③④⑤⑩⑬⑭⑮

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎⑮モズカッチャン

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎⑭ミッキースワロー
○⑮モズカッチャン
▲⑨サクラアンプルール
△④マイスタイル
△②サングレーザー
△⑤マカヒキ
3連単フォーメーション
⑨⑭⑮→②④⑤⑨⑭⑮→②④⑤⑨⑭⑮

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②サングレーザー
ワイド
②→⑦

【キャプテン渡辺】
◎④マイスタイル
単勝

ワイド・馬連
④→②

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④マイスタイル
○⑭ミッキースワロー
▲①マルターズアポジー
△②サングレーザー
△⑩スティッフェリオ
△⑬スズカデヴィアス
△⑮モズカッチャン

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑤マカヒキ
○⑧ネオリアリズム
▲②サングレーザー
△③アストラエンブレム
△⑨サクラアンプルール
△⑭ミッキースワロー
△⑮モズカッチャン

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④マイスタイル
○⑨サクラアンプルール
▲②サングレーザー
△⑧ネオリアリズム
△⑬スズカデヴィアス
△⑭ミッキースワロー
△⑮モズカッチャン

【ビタミンS お兄ちゃん】
ネオリアリズム
馬単
馬単1着軸流し
⑧→②④⑤⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮
3連単フォーメーション
②④⑥⑦⑨⑭→⑧→①②④⑤⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮
②④⑥⑦⑨⑭→①②④⑤⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮→⑧

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑨サクラアンプルール
3連単2頭軸流しマルチ
⑨→⑬→①②④⑤⑦⑧⑫⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑥クロコスミア
3連複1頭軸流し
⑥→②④⑦⑧⑨⑬⑭⑮
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑮→②④⑦⑧⑨⑬⑭

【天童なこ】
◎④マイスタイル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】U指数的考察2018年8月19日() 09:30

札幌記念の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
2017年こそ低指数馬同士のワンツー決着となったが、上位勢が全滅ということはない。毎年必ず指数4位以内のなかから、最低1頭は馬券に絡んでいる。

1位→⑤マカヒキ
2位→②サングレーザー
3位→④マイスタイル
4位→⑬スズカデヴィアス

<ポイント②>
低指数馬の台頭がちょくちょくあるため軽くは扱えないが、指数96.5未満の馬が2頭以上絡んだ年はゼロ。低指数馬同士を組み合わせた馬券は控えたほうがベター。

指数96.5未満

アストラエンブレム
ゴーフォザサミット
ネオリアリズム
スティッフェリオ
ナイトオブナイツ
モズカッチャン
アイトーン

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は、2016年の3着馬レインボーラインの92.7。同馬は伸びしろが大きい3歳馬だった。ちなみに、4歳以上で3着入りした馬の最低指数は95.8。成長余地が少ないうえに、指数の裏付けもない古馬は評価を下げたほうがいいかもしれない。

指数95.8未満の4歳以上馬

ネオリアリズム
スティッフェリオ
ナイトオブナイツ
モズカッチャン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】斬って捨てる!2018年8月19日() 09:17

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の札幌記念の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走函館記念で1~2着だった馬の連対例はゼロ(2008年以降の札幌開催)

サクラアンプルール

前走函館記念(良馬場)で0秒6以上の着差をつけられていた馬の好走例はゼロ(2008年以降)

ナイトオブナイツ

前走で非重賞戦に出走していた馬の好走例はゼロ(2008年以降)

アストラエンブレム
マイスタイル
スティッフェリオ
アイトーン

【人気】
3番人気の連対例は皆無(1998年以降)
※8時30分現在の3番人気

サングレーザー

前走重賞連対馬もしくは前走函館記念に出走していた馬を除くと、6番人気以下の連対例はゼロ
※8時30分現在の6番人気以下、かつ該当馬

マルターズアポジー
アストラエンブレム
マイスタイル
クロコスミア
ゴーフォザサミット
スティッフェリオ
サウンズオブアース
アイトーン

6番人気以下、かつ牝馬の好走例は皆無(2008年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ牝馬

クロコスミア

【脚質】
前走(国内のレースに限る)の4角通過順位が1番手だった馬の好走例は皆無(2008年以降の札幌開催)

マルターズアポジー
マイスタイル

【枠順】
馬番7、9、12の好走例はゼロ(2008年以降)

ゴーフォザサミット
サクラアンプルール
サウンズオブアース

【血統】
父ノーザンダンサー系の連対例は皆無(2008年以降)

マルターズアポジー
ナイトオブナイツ
モズカッチャン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
マカヒキ
ネオリアリズム
スズカデヴィアス
ミッキースワロー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【札幌記念】取捨即断!血統アナリシス2018年8月18日() 17:00

日曜日に行われる札幌記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


マルターズアポジー
父は朝日杯FSを逃げ切ったゴスホークケン。母は1200mで行われていた旧フェアリーSの勝ち馬で、近親には米ダート短距離のG1馬がズラリと並ぶ。スピードとパワーに特化した血統構成だ。ただし、加齢とともに持ち味である加速力が鈍ってきている点は不安材料。札幌記念における父ノーザンダンサー系のパフォーマンスも下降しており、今回は苦しい戦いを強いられるのではないだろうか。

サングレーザー
ディープインパクトは産駒から2頭の札幌記念優勝馬を輩出。一方で、母であるマンティスハントの仔は軽い芝を得意にしているタイプが多く、本馬も例外ではない。ゆえに、タフな馬場になった場合に踏ん張りが利くかどうかの疑問は残る。勝ち負け争いに加わるためには、血の良さを活かせる速い上がりの競馬、あるいはスピード決着が望ましい。

アストラエンブレム
現役時に皐月賞天皇賞(秋)を制したダイワメジャーに、秋華賞勝ちの母を掛け合わせた良血馬。札幌記念におけるダイワメジャー産駒の好走例こそないが、半兄が札幌2歳Sで優勝しているように、相応のコース適性を持ち合わせていると考えても差し支えない。スピード競馬になれば血の良さを引き出す可能性もある。侮れない1頭と言えよう。

マイスタイル
持続力型サンデーサイレンス系のハーツクライを父に持つ点は悪くない半面、母父のフォーティナイナーはタメの利かないワンペース型。本馬は母父の影響が強く反映されているようで、目標にされると案外のケースも少なくない。持ち味であるパワーとスピードの持続力を活かすためには、馬群がバラける展開、あるいは馬場の恩恵がほしい。

マカヒキ
父は当舞台で好相性のディープインパクト。兄姉はマイル以下を得意とするタイプが多く、その点を鑑みると距離短縮の2000mは好材料だ。一方で、母父にフレンチデピュティを持つ馬の当該コースにおける成績が芳しくないことに加え、札幌記念の最高着順も3着止まりである点は気がかり。父の相性の良さを評価しての連下扱いまでが妥当ではないか。

クロコスミア
ステイゴールドは、札幌記念で好パフォーマンスを見せている持続力型のサンデーサイレンス系。1回札幌開催の芝2000mにおいて父の産駒が好調だった点も好感が持てる。母父はスピードに優れたボールドルーラー系のボストンハーバーで、少なくとも速い時計に対する不安はない。切れ味よりも持続力が重視されるレース傾向を踏まえると、一変があってもおかしくない血統構成だけに怖い1頭ではある。

ゴーフォザサミット
サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合自体は悪くないのだが、父であるハーツクライの産駒および母父にストームバード系を持つ馬の札幌記念におけるパフォーマンスはイマイチ。そのあたりを鑑みると、軽い決着になった場合の不安は残る。血の良さを活かすためには、上がりを要する競馬、あるいは自身から早めに動く積極策が不可欠となる。

ネオリアリズム
父は札幌記念で好相性の持続力型サンデーサイレンス系。もとより本馬自身、2016年に当レースを制しているのだから、高い舞台適性を持っていることは間違いない。不安点を挙げるならば、加齢に伴うスピードの衰え。つまり、相手関係ウンヌンではなく、自身の能力を維持できているかどうかが大きな焦点となる。

サクラアンプルール
キングカメハメハ×サンデーサイレンスという、主流血統同士の組み合わせ。スピードの持続力に長け、パワーと器用さをも兼ね備えた好配合だ。父は近年の札幌記念における好走血脈のひとつ。そもそも本馬自身、昨年優勝しているのだから、舞台適性の高さは疑いようがない。昨年同様、緩い流れになれば、器用さを活かしての上位進出もあり得る。

スティッフェリオ
父は持続力と機動力が持ち味のステイゴールド。その父にムトト×ケープクロスという重厚な肌馬を掛け合わせることで、持続力および持久力がより強調されている。ゆえに、大箱コースの決め手比べよりも、小回りもしくは内回りの我慢比べのほうがベター。そのあたりを勘案すると、札幌芝2000mの舞台は悪くない。

ナイトオブナイツ
札幌記念は瞬発力よりも持続力を求められる舞台だけに、持続力を持ち味とするハービンジャーを父に持つ点は好材料。本馬自身も当地で1勝しているように、高いコース適性を備えていることは疑いようがない。ただし、欧州色が強い父の特性上、速い上がりを求められると、どうしてもラストの詰めが甘くなる。よって、時計を要する馬場、あるいは展開がベストだろう。

サウンズオブアース
サンデーサイレンス系×ディキシーランドバンドという組み合わせ。2011~2013年に3年続けて上位入線馬を送り出している配合だけに、高い適性を持ち合わせていることは間違いない。ただし、本馬はハイペリオンをベースとした母方の重厚な血統構成が強く反映されているせいか、中距離で速い上がりを求められると今ひとつ。上位争いに加わるには、上がりを要する展開、あるいは馬場が望ましい。

スズカデヴィアス
父は近年の札幌記念における好走血脈のひとつで、身体能力の高さが持ち味のキングカメハメハ。母父はチャンピオンサイアーのサンデーサイレンス、母母父は機動力に優れたボールドルーラー系と、額面上の血統構成だけなら、相応の適性を備えているものと判断できる。舞台に不足はなく、状態ひとつで上位に食い込むチャンスはある。

ミッキースワロー
トーセンホマレボシディープインパクトの直仔でありながら、瞬発力ではなくスピードの持続力を武器に京都新聞杯を日本レコード(当時)で制した珍しいタイプ。その父にジャングルポケット(グレイソヴリン系)×リファール系という持続力特化型の肌馬を掛け合わせているのだから、同馬が備えているスピード持続力はかなりのもの。持続質の競馬になりやすい札幌芝2000mでは軽視禁物の1頭だ。

モズカッチャン
父ハービンジャーは持続力と持久力が持ち味。その父にキングカメハメハ×ストームバード系という、パワー&スピード型の肌馬を組み合わせて、ハイレベルのスピード持続力を実現している。半面、速い上がりの決め手比べはイマイチ。とりわけ、根幹距離の瞬発力勝負では後れをとりやすい。持ち味を発揮するには、上がりを要する競馬になるか、あるいはロングスパートを仕掛けることが肝要になる。

アイトーン
中距離指向の強いキングズベストの産駒で、距離については問題なし。スピード面に関しても、NHKマイルC2着馬を半兄に持ち、一族にはマイル以下の愛&米G1勝ち馬の名が見られることから、相応の適性を持ち合わせているものと判断できる。ただし、瞬発力よりも持久力に長けたタイプであることは間違いなく、上位に食い込むためには、馬場や展開など何らかの恩恵が欲しい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

アストラエンブレムの関連コラム

閲覧 1,170ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


8月19日(日) 札幌11R 第54回 札幌記念(G2、3歳以上、芝2000m)

アイトーン 54(前走474kg +2)<B>
坂路中心で1週前にコースで併せ馬を行い、直前は坂路で終いを伸ばすというのがこの馬の普段の調教パターン。今回は札幌でのレースということもあり、前走後に函館入りをし、この中間は札幌のダートで乗り込まれている。毎回、国分恭騎手を背に調教されていて、1週前には併せ馬で一杯に追われて先着と調整は順調。

アストラエンブレム 57(前走464kg +4)<A>
無理のないローテーションで使われてきている馬で、近走は調教で目立つ時計が出ていなかった。今回、札幌芝での1週前追い切りでは、普段の坂路とは違うものの久し振りに速い時計が出ていて雰囲気は良さそう。昨年もこの時期は新潟記念で2着に好走していて、今年は北の大地で好コンディションを披露してくれそうだ。

クロコスミア 55(前走海外出走)<C>
ドバイ遠征後初のレースとなるが、札幌で入念に乗り込まれ昨年、一昨年の札幌での追い切りと同じくらいの時計が出ている。かなり良いという感じはないが、いつも通り1週前に強めの追い切りができていて順調に来ている印象。

ゴーフォザサミット 54(前走496kg ±0)<D>
ダービー以来の出走となり、この中間は札幌芝コースを中心に乗り込まれている。ただ、青葉賞(◎)時のような勢いはみられず、疲れが取れていない、もしくはこれから使われて良くなる途上のどちらかといった感が漂う。

サウンズオブアース 57(前走498kg -14)<B>
昨年は休み明けで馬なりばかりの追い切りだったが、今年は目黒記念を使われて2週前、1週前と併せ馬で一杯(先着)に追われている。内容的にも昨年よりも良い感じ。

サクラアンプルール 57(前走478kg -8)<A>
前走は厳しい条件でトップハンデ、調教の動きもそれほど目立たなかったので軽視したが、昨年以上の走りで能力の高さを見せてくれた。乗り込み量が昨年と比べてかなり多かったので、体がしっかりできていたのかもしれない。この中間は、昨年よりも1本時計が少ないが、1週前に一杯に追われているので反動はなさそう。昨年以上の出来で出走できそう。

サングレーザー 57(前走486kg +4)<F>
札幌は2戦2勝の実績も2000m戦はホープフルS以来となる。変則的な追い切りを行うこの厩舎だが、一番肝になる1週前の日曜に速い時計を出せていない点はかなりのマイナス材料となりそう。

スズカデヴィアス 57(前走512kg ±0)<D>
この中間は函館Wで乗り込まれ、2週前、1週前と強めに追われているが前走時と同じで調教駆けするこの馬としては物足りない時計。今のところ大きな変り身は見られない。

スティッフェリオ 57(前走442kg -8)<B>
休み明けから函館、札幌で3戦して条件戦とはいえ1、2、1着と好成績。前走時は、クイーンS出走のトーセンビクトリーの内に併せて先着と良い動きを見せており、疲れよりは勢いのほうがありそうな印象。

ナイトオブナイツ 57(前走458kg +10)<B>
前走時は間隔が詰まっていて、最終追い切り1本のみで調整が難しかった感じ。好走時は1週前の日曜日にそこそこの時計を出す馬。この中間は1週前には速い時計を出していないものの、土曜日に速い時計を出しており前走時よりは良いハズ。

ネオリアリズム 57(前走海外出走)<E>
ドバイ以来の出走で乗り込まれてはいるが、1週前追い切りでは直線で追われてから首が上り気味で、相手も走らなすぎだった中での先着。時計的にもこのクラスの馬にしては平凡で物足りない内容。

マイスタイル 57(前走460kg -4)<D>
函館で2連勝中。前走が連闘でこの中間は間隔が空いているが乗り込み量が多い訳ではなく、1週前追い切りの時計も平凡。2連勝中の勢いとは裏腹に、この中間は調教面での物足りなさが残る。

マカヒキ 57(前走500kg -4)<B>
デビューからゆったりしたローテーションで使われていた馬だが、昨年秋は毎日王冠からジャパンカップまで厳しいローテーションで使われているように馬がだいぶしっかりしてきたように思う。今回はそれ以来の休み明けになるが、入念に乗り込まれていて骨折明けを感じさせない調教内容。最終追い切りでどんな動きを見せるかに注目したい。

モズカッチャン 55(前走海外出走)<C>
ドバイ以来の休み明け。函館で乗り込まれ2週前、1週前には強めに追われてと調整は順調。ただ、左回りのほうが良く休み明けは走らない馬で、最終追い切りの動きがかなり良くないと好走は厳しいかもしれない。

マルターズアポジー 57(前走532kg +4)<D>
8勝中のうち3勝が2000m戦で距離は特に気にしなくて良いだろう。ただ、先週まで美浦で調整されてその後札幌まで移動してのレース、というのは想像以上に不利にはなると思う。

ミッキースワロー 57(前走476kg -10)<B>
中山での成績が良く、関西でのレースでは実績がないように長距離輸送がマイナスになる馬。今回は函館で調整されて札幌でのレースと条件的には力を出せるハズ。1週前には函館Wコースで単走馬なりで好時計が出ており、仕上りも良さそう。



◇今回は札幌記念編でした。
競馬場、ウインズでは開催場に限らず毎週いろいろなイベントが開催されていて、人気俳優がゲストで来場することもあれば、先着で記念品をもらえることもあったりしてそれを目当てに競馬場に足を運ぶ人もいるのではないかと思います。そんな数あるイベントの中でも、個人的に好きなのが先月の中京開催の最終日にも行われた芝コースの開放です。何といっても、そう簡単に実際に馬が走るコースに入れることはほとんどありませんし、イメージしていた以上に芝丈が長かったり凸凹していたりと新たな発見があったりすることもあって非常に勉強になります。うまく活用すれば競馬の予想に役立つこと間違いなし!?、の競馬場イベントにぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

  

ちなみに今週は、第2回となる『WINS day』ということで、全国のウインズ、エクセル、パークウインズでいろんなイベントが開催されます。全国規模で行われる年に1度のイベントなので、こちらもお近くの方はぜひ!

それでは次回、新潟2歳S編(予定)でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年8月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年08月12日号】特選重賞データ分析編(111)~2018年札幌記念~
閲覧 1,515ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 札幌記念 2018年08月19日(日) 札幌芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走のレースが“函館記念”以外だった馬の、前走の着順別成績(2014年以降)】
○3着以内 [2-3-1-11](複勝率35.3%)
×4着以下 [0-0-2-22](複勝率8.3%)

 基本的に前走好走馬が強いレース。前走が“函館記念”だった馬を除くと、前走で4着以下に敗れていた馬は苦戦しています。一方、前走のレースが“函館記念”だった馬のうち、前走の上がり3ハロンタイム順位が5位以内だった馬は2014年以降[1-1-1-3](複勝率50.0%)、6位以下だった馬は2014年以降[1-0-0-10](複勝率9.1%)。“函館記念”組を比較する際は、末脚に注目したいところです。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムサクラアンプルールスズカデヴィアス
主な「×」該当馬→ネオリアリズムマカヒキミッキースワロー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800m以下、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2014年以降[4-3-3-20](複勝率33.3%)
主な該当馬→サクラアンプルールネオリアリズム

[もっと見る]

2017年10月11日(水) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』10/7~9の結果(毎日王冠,京都大賞典,サウジアラビアRC)
閲覧 576ビュー コメント 0 ナイス 2

10月8日(日)に行われました東京11Rの「毎日王冠 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】▲リアルスティール(5.8倍)
2着:総合ポイント【2位】サトノアラジン(8.7倍)
3着:総合ポイント【5位】グレーターロンドン(6.9倍)

第2グループ・総合ポイント4位のリアルスティールが1着、第1グループ・総合ポイント2位のサトノアラジンが2着、第3グループ・総合ポイント5位のグレーターロンドンが3着という結果でした。

アストラエンブレムは予定通りの後方待機策から上り32.8秒を使い0.9秒差11着惨敗......。この数字だけを見ても、あの位置からの競馬となった(選んだ)時点で負けるべくして負けたレースでした。馬券的にも完敗です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
4=1,8,9=1,2,3,8,9,11(12点)

計12点 払い戻し0円


続いて、10月7日(土)に行われました東京11Rの「サウジアラビアロイヤルカップ G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【6位】▲ダノンプレミアム(3.6倍)
2着:総合ポイント【2位】☆ステルヴィオ(2.6倍)
3着:総合ポイント【10位】○カーボナード(16.6倍)

第3グループ・総合ポイント6位のダノンプレミアムが1着、第1グループ・総合ポイント2位のステルヴィオが2着、第4グループ・総合ポイント10位のカーボナードが3着という結果でした。

シュバルツボンバーは+12キロも堪えてしまいましたかね。パドックではそんなに太くは感じなかったのですが、やはり大型馬の休み明けということもあって中身が伴っていなかったかもしれませんね。もう一頭期待した○カーボナードは頑張ってはくれたものの1、2着馬には遠く及ばずの内容。○▲☆が1~3着の結果だっただけに、こちらは獲りたかったところですが馬券を失敗しました(+_+)


【馬単フォーメーション】
◎○→印
3,13→2,3,5,9,10,13,14,16,17


計16点 払い戻し0円


続いて、10月9日(祝月)に行われました京都11Rの「京都大賞典 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】◎スマートレイアー(8.6倍)
2着:総合ポイント【8位】△トーセンバジル(11.2倍)
3着:総合ポイント【3位】▲シュヴァルグラン(2.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のスマートレイアーが1着、第3グループ・総合ポイント8位のトーセンバジルが2着、第1グループ・総合ポイント3位のシュヴァルグランが3着という結果でした。

期待した◎スマートレイアー武豊騎手が完璧なエスコート(^^)/
相手にも妙味ある△トーセンバジルが来てくれましたので当コラム的に最高の結果でした。
3連休の最後にようやく一矢報いることができましたので、今週もこの勢いで頑張りたいです!


【馬連ながし】
4

2,3,5,8

【3連複1頭軸流し】
4

2,3,5,8


計10点 払い戻し7,250円

[もっと見る]

2017年10月8日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第300回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~毎日王冠 G2
閲覧 974ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「毎日王冠 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、マカヒキから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサトノアラジンまで2頭。
第2グループ(黄)は、ヒストリカルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のリアルスティールまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、グレーターロンドンから同差内のアストラエンブレムヤングマンパワーソウルスターリングまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第1→第2G間に1.9ポイントの開きがみられこれが上位では最大の溝となっています。しかし、このレースの特徴でもある休み明けの実績馬が多数出走してくる点、古馬との初対戦のクラシックを賑わせた3歳勢の成長曲線など、指数で単純比較にしにくい部分にも注意が必要な一戦といえるかもしれません。

そうしたなか今回の私の本命は◎アストラエンブレムとしました。府中中距離で好走歴のある馬で人気薄という穴パターンに該当。相手は強くなりますが、好枠を引きましたし使われている強みを生かしての好走に期待します。毎年好走馬を輩出している距離短縮ローテにも当てはまりますし、好天で高速化が見込まれるなかこの馬の持ち時計(1分46秒0/56.5キロ)は今回のメンバーに入っても上位のもの。自身初の中穴人気で迎える今回、狙ってみたいと思います。
以下、56キロでの内容を評価して○ヤングマンパワー天皇賞(秋)実績を評価して▲リアルスティール、良回復なら外せない☆ソウルスターリングと上位評価。
そして今回の私の馬券は◎からこの3頭へぶつける3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
4=1,8,9=1,2,3,8,9,11(12点)


昨年ヒストリカルを本命視し3連複をゲットできたレース。ふり返ってみると一昨年ディサイファから的中できていて、当コラムとしては珍しく相性のいいレース(?)。意外に人気薄が健闘してくれていることもあるのでしょうが、いずれにしても今年も波乱の目に期待しつつなんとか3年連続で仕留めたいと思っています。

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 17:55 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』9/2,3の結果(札幌2歳S,新潟記念)
閲覧 460ビュー コメント 0 ナイス 1



9月2日(土)に行われました札幌11Rの「札幌2歳S G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【11位】△ロックディスタウン(3.0倍)
2着:総合ポイント【2位】△ファストアプローチ(8.9倍)
3着:総合ポイント【3位】△ダブルシャープ(17.8倍)

第4グループ・総合ポイント11位のロックディスタウンが1着、第2グループ・総合ポイント2位のファストアプローチが2着、第2グループ・総合ポイント3位のダブルシャープが3着という結果でした。

レース当日(後半)の札幌芝は外を回した差し馬が上位を独占。期待した◎ミスマンマミーアは直線脚を使ってくれましたが、枠順的にも内を通る形になってしまい、伸びきれませんでした。残念です(+_+) 


【馬連】
3→1,4,5,6,7,9,10,11,13,14

計10点 払い戻し0円


続いて9月3日(日)に行われました新潟11Rの「新潟記念 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】タツゴウゲキ(12.0倍)
2着:総合ポイント【3位】△アストラエンブレム(3.5倍)
3着:総合ポイント【2位】カフジプリンス(31.9倍)

第2グループ・総合ポイント4位のタツゴウゲキが1着、第2グループ・総合ポイント3位のアストラエンブレムが2着、第2グループ・総合ポイント2位のカフジプリンスが3着という結果でした。

かなりのスローペースとなり、前につけていた◎ソールインパクトには絶好の展開となりましたが、見せ場なく、、。
先行勢が掲示板を独占していただけに完敗です(・_・;) 


【ワイド流し】
10→2,6,8,11,14,16

【馬連流し】
10→2,6,8,11,14,16

計12点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/2~9/3)今週は佐藤洋一郎プロ!土日収支108万プラスをマーク!
閲覧 820ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(土)に札幌競馬場でG3札幌2歳Sが、3(日)に小倉競馬場でG3小倉2歳S、新潟競馬場でG3新潟記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3札幌2歳Sは、外枠から押して出していきハナを奪ったサージュミノルに4コーナーでマツカゼが並び掛け、さらに外からファストアプローチも迫る展開で直線へ。抜け出したファストアプローチの直後からは、1番人気のロックディスタウンが伸びて2頭の叩き合いに。さらに後方からは石川倭騎手の右ムチに応えてダブルシャープも伸びを見せますが、2着争いまで。ゴール直前、ルメール騎手のゲキに応えてファストアプローチとの叩き合いを制したロックディスタウンがクビ差抜け出してレースを制しています。2着には4番人気ファストアプローチが入り、そこからアタマ差の3着には7番人気ダブルシャープが入っています。 
公認プロ予想家ではサウスプロスガダイプロサラマッポプロほか計9名が的中しています。
 
G3小倉2歳Sは、1番人気に推されたモズスーパーフレアを先頭に直線へ。内外に広がった中から、3番人気のアサクサゲンキが外を通って伸びて迫ると、直線半ばで単独先頭に躍り出ます。後方からはアイアンクローバーニングペスカペイシャルアスらも伸びてきてゴール前で2番手争いは横一線となりますが、先んじて抜け出していたアサクサゲンキのリードは依然十分。結局、1馬身1/4差をつけて悠々駆け抜けたアサクサゲンキが重賞Vを飾っています。2着には5番人気アイアンクローが入り、そこからクビ差の3着には7番人気バーニングペスカが入っています。
 公認プロ予想家では、山崎エリカプロほか計6名が的中しています。
 
G3新潟記念は、ウインガナドルが逃げて先頭で直線を迎えると、すぐさま2番手からタツゴウゲキが並び掛けそのまま先頭へ。馬場の真ん中を駆け抜けるタツゴウゲキに対し、内で粘りを見せるウインガナドル、さらには後続からはアストラエンブレムマイネルフロストロイカバードハッピーモーメントあたりも迫ります。なかなかタツゴウゲキと後続の差が詰まらないまま残り100mを切ると、ワンテンポ遅れてエンジン点火のカフジプリンスも上位争いに加わり最後の攻防となりますが、クビ差リードを保ったまま6番人気タツゴウゲキが振り切って優勝。連勝でサマー2000シリーズ王者に輝いています。2着には1番人気アストラエンブレムが入り、そこからハナ差の3着には12番人気カフジプリンスが入っています。
 公認プロ予想家では、スガダイプロきいいろプロくりーくプロ西野圭吾プロら計7名が的中しています。
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
2(土)新潟8Rで◎ウインミストレス(単勝35.3倍)からの3連複857倍的中し42万8750円の払戻しを記録!3(日)にも札幌10Rで19万350円のスマッシュヒットを披露すると、札幌12Rで◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)○キチロクステージ(単勝18.6倍)の本線からの3連単21万2180円馬券500円分の的中で106万900円払戻しをマーク!。週末トータル回収率267%、収支108万9250円プラスのトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
2(土)を小倉6R小倉12Rなどのスマッシュヒットでプラス収支で終えると、3(日)は札幌2Rの20万オーバー払戻しなどで連日プラスを達成!土日トータル回収率109%をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →ジ ョ アプロ
2(土)は札幌12Rの◎ミスズダンディー(単勝53.4倍)などで好調予想を披露。3(日)は小倉10Rで3連単2,062倍を的中するなどの活躍を見せました!週末トータル回収率100%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
2(土)新潟9Rの◎サンシロウ(単勝28.6倍)、3(日)札幌12Rの◎ヴォカツィオーネ(単勝51.4倍)などで穴馬好走をズバリと仕留め、土日トータル回収率126%(両日プラス)をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
2(土)は札幌1R札幌2R新潟3Rと序盤で好調予想を連発すると、3(日)もG3 新潟記念での的中など安定した的中率をマークし土日プラスを記録。週末トータル回収率130%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
2(土)小倉7Rでの的中など高的中率で終えた先週は、週末トータル回収率128%を達成しています。
 
 
この他にも、西野圭吾プロ(108%)、セイリュウ1号プロ(105%)、河内一秀プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アストラエンブレムの口コミ


口コミ一覧

新潟記念(GⅢ)出目

 ☆コノホシカツ☆ 2018年8月28日(火) 12:37

閲覧 227ビュー コメント 0 ナイス 3

2018年9月2日(日)2回新潟12日
★六白大安『吉数』枠番1・3・6馬番①③⑥⑨⑪⑬⑯
11R(15:45)芝2000
第54回新潟記念(GⅢ)ハンデ
【時系列出目】
「枠番」
◆8
「馬番」
◆該当なし
 ::::
【demedas】
「枠番」
★6
☆4
*6
*3
「馬番」
★⑪
☆④
*⑩

昨年、新潟記念は一白先勝の日に行われ
1枠①番タツゴウゲキが勝ち、2着は
1番人気6枠⑪番アストラエンブレム。
今年は六白大安の日に行われるが、
demedas枠★6、馬★⑪要チェック!

 ◎英二◎ 2018年8月19日() 12:06
北九州記念&札幌記念
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!

私は12時過ぎでも…。てもうそのネタ古いかスイマセン!

北九州記念は⑭アサクサゲンキを本命にしました!

スタートに関しては、やはり気にはなるんですが、言うても脚には定評あるんだから小倉1200でも勝てるんではないかと、いや勝つでしょう!

ラブカンプーは内の渋滞に巻き込まれて差の無い10着とかになりそう(笑。



相手は⑰フミノムーンが香ばしいですね。

おそらく直線外に進路を取るやろから、馬場コンディションの悪化が追い風になってワンチャンあるかもなんてスケベな事考えてたりします((■_ー)


札幌記念は予告通り⑨サクラアンプルール本命です。

展開的には前走の函館記念、昨年の札幌記念で証明済みなんであとはスムーズに運んでもらうのみです。

相手はこれも前回挙げた③アストラエンブレム。


そして⑯アイトーンの逃走劇に期待したいです。

正直こんなコンパクトなコースなんやから素直に内枠ゲットしたマルターズアポジーにいけばエエっちゅう話やけど、そんなマルターズアポジーを差し置いて逃げ宣言してるのが単勝100倍代のアイトーンです。

考えようによっちゃすんなりポジション取れてこの大外枠が、プラスに働く事も無くはないんでね。

距離適性なんかも考えればこの馬のギャフンかてあって良いでしょう。

あと印には入れとらんが、マカヒキ気になりますねぇ。

3割りくらいのデキみたいなんで印には入れませんでしたが。

[もっと見る]

 しんすけ46 2018年8月19日() 12:03
サンデー
閲覧 45ビュー コメント 2 ナイス 24

サンデーなんで外さんでー♪

と言う訳で札幌は雨で完全良馬場が望めないので
サクラアンプルール→ゴーフォザサミットに変更。
アストラエンブレムも気になりますが・・・。

枠連⑦ー⑦と馬連⑬ー②・④・⑦・⑩への5点へ300円。

札幌はほしのあきの旦那サンデー(^^♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

アストラエンブレムの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アストラエンブレムの写真

アストラエンブレム
アストラエンブレム
アストラエンブレム

アストラエンブレムの厩舎情報 VIP

2018年8月19日札幌記念 G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アストラエンブレムの取材メモ VIP

2018年8月19日 札幌記念 G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。