ナルハヤ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ナルハヤ
写真一覧
現役 牝7 黒鹿毛 2014年4月12日生
調教師梅田智之(栗東)
馬主陣内 孝則
生産者清水牧場
生産地平取町
戦績35戦[4-5-9-17]
総賞金9,197万円
収得賞金2,200万円
英字表記Naruhaya
血統 サクラプレジデント
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
セダンフオーエバー
カルナアヴァンセ
血統 ][ 産駒 ]
キングヘイロー
エスピヨン
兄弟 カラダロマンタピオカ
前走 2021/01/16 愛知杯 G3
次走予定

ナルハヤの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/01/16 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 1881771.51517** 牝7 52.0 藤田菜七梅田智之516(+6)2.02.4 3.739.9マジックキャッスル
20/12/06 阪神 10 逆瀬川S 3勝クラス 芝1800 115511.441** 牝6 53.0 浜中俊梅田智之510(-4)1.46.0 -0.034.1コマノウインクル
20/11/14 東京 10 ユートピアS 3勝クラス 芝1800 1851023.5817** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之514(+20)1.48.3 1.736.4リンディーホップ
20/08/02 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 143337.1108** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之494(-16)1.46.3 0.436.4レッドアネモス
20/06/14 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 16238.244** 牝6 51.0 藤田菜七梅田智之510(+6)2.01.5 0.436.9サマーセント
20/05/16 新潟 11 パールS 3勝クラス 芝1800 142224.1102** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之504(+6)1.47.6 0.134.2アンドラステ
20/04/25 福島 12 エールS 3勝クラス 芝2000 13226.5411** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之498(-2)2.01.4 1.536.6ヴァンケドミンゴ
20/03/01 阪神 8 4歳以上2勝クラス 芝1800 9555.031** 牝6 55.0 浜中俊梅田智之500(+6)1.46.3 -0.135.2ティグラーシャ
20/02/08 小倉 11 太宰府特別 2勝クラス 芝2000 128125.933** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之494(+10)2.00.9 0.335.7イノセントミューズ
20/01/19 小倉 9 4歳以上1勝クラス 芝2000 14332.821** 牝6 53◇ 藤田菜七梅田智之484(-10)2.03.0 -0.236.8エリンズロマーネ
19/12/15 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 18115.722** 牝5 52▲ 藤田菜七梅田智之494(+2)2.00.9 0.135.5ウインラナキラ
19/07/07 福島 9 織姫賞 1勝クラス 芝1800 144613.552** 牝5 55.0 藤田菜七梅田智之492(-2)1.48.5 0.137.1レッドベルディエス
19/06/15 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 126713.163** 牝5 55.0 柴田未崎梅田智之494(+12)1.49.8 0.234.0エスポワール
19/06/01 東京 9 国分寺特別 1勝クラス 芝1800 10559.733** 牝5 55.0 藤田菜七梅田智之482(-2)1.46.3 0.434.2ロードマイウェイ
19/05/19 新潟 12 石打特別 500万下 芝1800 155819.063** 牝5 55.0 藤田菜七梅田智之484(-6)1.46.9 0.033.8ルナステラ
19/05/04 新潟 9 4歳以上500万下 芝2000 11559.7511** 牝5 52▲ 藤田菜七梅田智之490(+4)2.01.2 1.837.1プロキシマ
19/04/07 福島 8 4歳以上500万下 芝2000 157138.747** 牝5 52▲ 藤田菜七梅田智之486(-18)2.00.8 0.737.2ジョブックコメン
18/09/29 阪神 8 3歳以上500万下 芝2600 1671416.2712** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之504(-2)2.45.1 2.538.5ドンアルゴス
18/09/16 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 1571232.983** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之506(+6)1.59.5 0.436.2シャンティローザ
18/09/02 小倉 12 3歳以上500万下 芝2600 162420.1814** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之500(0)2.41.3 2.639.2サトノグロワール

⇒もっと見る


ナルハヤの関連ニュース

 愛知杯が16日、中京競馬場で18頭によって争われ、戸崎騎乗で2番人気のマジックキャッスルが差し切って、重賞初制覇を果たした。勝ち時計1分58秒7はコースレコードへ0秒4差に迫る好タイム。6番人気ランブリングアレーが2着、3着は8番人気ウラヌスチャームだった。

 大外(18)番枠を、ものともしなかった。マジックキャッスルが、秋華賞2着の実力を誇示するかのごとく差し切って、重賞初V。戸崎騎手が笑顔で振り返った。

 「ペースが速くなるのは分かっていました。道中はいいところをいい感じで走れましたし、自分から動いて強い競馬でした。調子も良かったですが、力をつけています」

 ディアンドルナルハヤタガノアスワドの3騎が後続を引き離して逃げるなか、後方寄りの中位で力をためた。3コーナー過ぎから差を詰め、直線では先に抜け出したランブリングアレーをクビ差とらえた。GIの秋華賞だけでなく、ファンタジーS、クイーンCと重賞で3度の2着。世代上位の力を示しながら、新馬戦の1勝のみだったが、待ちに待った重賞初制覇となった。

 馬体重は前走の秋華賞から12キロ増。鞍上が「成長していることを感じました。今後が楽しみ」と目を細めると、国枝調教師も「昨年の春からいい雰囲気はあったけど、体も増えて充実してきたね」とたたえた。

 次の目標はGI制覇。国枝師は「春の目標はヴィクトリアマイル(5月16日、東京、GI、芝1600メートル)になると思う。マイルだけど、(広い)東京だから」とプランを描く。昨年の勝ち馬は、厩舎を引っ張って年末に引退したGI9勝馬アーモンドアイ。厩舎での連覇に向けて、名トレーナーのもとに新たな有力候補が誕生だ。(片山和広)



★16日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら



 ■マジックキャッスル 父ディープインパクト、母ソーマジック、母の父シンボリクリスエス。鹿毛の牝4歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績9戦2勝。獲得賞金1億3141万5000円。重賞は初勝利。愛知杯国枝栄調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は「魔法の城」。

【愛知杯】レースを終えて…関係者談話 2021年1月17日() 04:48

 ◆福永騎手(ランブリングアレー2着)「やりたかった競馬はできました。勝ち馬は強かったですが、この馬も力をつけています」

 ◆斎藤誠師(ウラヌスチャーム3着)「この馬にしては珍しい(最後方からの)位置になりました。馬場にも助けられましたね」※次走は中山牝馬S(3月13日、中山、GIII、芝1800メートル)を視野。

 ◆藤井騎手(アブレイズ4着)「このメンバーでもしっかり走ってくれました。デビューしたころは先行していましたが、今は中団でも折り合って運べます」

 ◆坂井騎手(サトノガーネット5着)「ペースも流れていましたし、ポジションも悪くなかったと思います。直線もしっかりと脚を使ってくれました」

 ◆川田騎手(サトノダムゼル7着)「馬場状態的にも、この馬的にもとてもいい形で、いいリズムで競馬は運んでくれたんですが…。また、改めてですね」

 ◆ルメール騎手(センテリュオ11着)「競馬場が合わなかった。今の中京はいいポジションが必要です」

 ◆藤田騎手(ナルハヤ17着)「枠も外枠((17)番)で、全体的に厳しい展開になってしまいました」



★16日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【愛知杯】菜七子騎乗のナルハヤは17着「厳しい展開になった」 2021年1月16日() 18:30

 1月16日の中京11Rで行われた第58回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気マジックキャッスル(4歳、美浦・国枝栄厩舎)が直線で鋭い末脚を繰り出し、先に抜け出したランブリングアレーを差し切って新馬戦以来の勝利を挙げた。タイムは1分58秒7(良)。



 藤田菜七子騎手騎乗のナルハヤは、逃げたディアンドルの番手で前半からハイペースで飛ばしていったが、直線手前で早くも手応えが怪しくなり、そのままズルズルと後退して17着に敗れた。



 ◆藤田菜七子騎手「きょうは枠順も外で、全体的に厳しい展開になってしまいました」



★【愛知杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】愛知杯2021 波乱含みの牝馬限定G3!あの人の見解は!? 2021年1月16日() 05:30


※当欄では愛知杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【杉本清】
◎⑤センテリュオ
○⑮シゲルピンクダイヤ
▲⑱マジックキャッスル
☆⑩サトノダムゼル
△①ドナウデルタ
△⑫レッドアステル
△⑭ランブリングアレー
△⑰ナルハヤ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧サマーセント

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎②ウインマイティー

【天童なこ】
◎⑦サトノガーネット

【目黒貴子】
◎⑱マジックキャッスル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【愛知杯】厩舎の話 2021年1月15日(金) 04:51

 ◆アブレイズ・兼武助手「気持ちの面で難しいところが。他の馬を気にする面がどうかですが、能力は秘めています」

 ◆ウインマイティー・五十嵐師「最近は自分から走るのをやめるのでブリンカーをつける。きっかけをつかんでほしい」

 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師「追い切りでは最後までしぶとさを見せていた。前走くらいの状態にはあると思う」

 ◆カセドラルベル・西村師「左回りの2000メートル戦はいい。早めに押し切る競馬がしたい」

 ◆サトノガーネット・宮内助手「放牧帰りでもバリバリ乗り込めた。ハンデは背負うが流れひとつで巻き返していい」

 ◆サトノダムゼル・堀師「息遣いがさらに良くなっています。今後のためにも何とか賞金を加算してほしい」

 ◆サマーセント・斉藤崇師「まだ良くなりそう。牝馬同士のハンデ戦ですし、頑張ってほしい」

 ◆センテリュオ・高野師「状態は安定しています。時計を求められないレースの方がいい」

 ◆タガノアスワド・五十嵐師「使って良くなっている。今の中京は前残りする馬場だし、自分の型に持ち込む競馬なら」

 ◆ディアンドル奥村豊師「体調はいい。順調ですよ。中京コースに問題はありません。距離に慣れてくれれば」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手「前走は(脚を余す)少しもったいない競馬。コースはどこでも構いません。展開がはまるかどうかです」

 ◆ドナウデルタ石坂正師「順調です。前走は位置取りが悪かった。距離に関してはやってみないと分かりません」

 ◆ナルハヤ・梅田師「しまいを伸ばして、しっかり動けていた。いい感じで仕上がった。荒れ馬場も気にならない」

 ◆マジックキャッスル・戸崎騎手「ボリュームが出て、成長を感じた。レースが上手でどんな競馬にも対応できる」

 ◆ランブリングアレー・友道師「前回はマイル戦の外枠が響いた。距離延長しますし、条件はこれくらいの方がいい」

 ◆リンディーホップ・金成師「中京は勝ち切っているコース。ここ目標に仕上がったし、ハンデもいい」

 ◆レッドアステル・国枝師「いい状態をキープ。切れる脚があるのでできればいい馬場で走らせたい」



愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

愛知杯ではナルハヤに騎乗!年女・菜七子は中京と小倉で計11鞍に騎乗 2021年1月14日(木) 18:06

 1月16、17日の出走馬が14日に確定した。9日に今年の初勝利を挙げた藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本康広厩舎=は土曜日は中京に、日曜日は小倉に参戦。土曜日は牝馬限定重賞の愛知杯にも騎乗する。



 土曜は中京でデビュー戦を迎えるドゥラメンテ産駒のシブコ(土曜6R)、デビュー以来、前走を除くすべてのレースで手綱を取ってきたジュラメントで土曜10R・紅梅Sに、メインレースの愛知杯では、長くコンビを組み続けているナルハヤで挑む。



 日曜は舞台を小倉に移し、前走4着と好走したマダムシュシュでの未勝利戦(日曜1R)、エピファネイア産駒ナンヨーローズ(日曜2R)の未勝利戦や、近3走連続で騎乗しているコミカライズ(日曜9R)、自厩舎所属のウインエアフォルク(日曜10R)に騎乗することになっている。2日間の騎乗馬は以下の通り。



1月16日(土)【中京】◆6R・メイクデビュー中京 3歳新馬シブコ(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)◆7R・4歳以上1勝クラスニシノダンテ(牡6、栗東・田所秀孝厩舎)◆8R・4歳以上2勝クラスクリスタルアワード(牝5、美浦・稲垣幸雄厩舎)◆10R・紅梅ステークスジュラメント(牝3、美浦・根本康広厩舎)◆11R・愛知杯ナルハヤ(牝7、栗東・梅田智之厩舎)



1月17日(日)【小倉】◆1R・3歳未勝利マダムシュシュ(牝3、美浦・田村康仁厩舎)◆2R・3歳未勝利ナンヨーローズ(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)◆3R・4歳上1勝クラスケイゴールド(牝5、美浦・中野栄治厩舎)◆8R・4歳上1勝クラススズカローレル(牝6、栗東・橋田満厩舎)◆9R・4歳上1勝クラスコミカライズ(牝4、美浦・和田勇介厩舎)◆10R・呼子特別ウインエアフォルク(牡4、美浦・根本康広厩舎)



★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!★「週刊Gallop臨時増刊 丸ごと一冊藤田菜七子VOL.3(電子版)」好評発売中!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナルハヤの関連コラム

阪神JF・2020

2020年12月13日() 08:15

覆面ドクター・英

閲覧 1,231ビュー コメント 0 ナイス 5

チャンピオンズCは、断然人気のクリソベリルが太くて(馬体重発表を受けて、年末に向けてお釣り残しかとも当初思ったのですが、状態が良くなかったようです)大凡走したため、1着クリソベリル、2着チュウワウィザード、3着手広くという作戦は不発の結果に。

WIN5も絞り過ぎたので3つまででしたが、2レース目ナルハヤ、3レース目アストラエンブレムは狙っていた馬たちで、チャンピオンズCのチュウワウィザードも2番手評価だっただけに...。いつも通りの額を投じていたら、獲るのが可能だった2800万馬券でした。まあこれも競馬。


<全頭診断>
ソダシ:母母がシラユキヒメの白毛馬であり、父は最近すっかり地味になってしまったクロフネで、母父キングカメハメハという、オーナーの金子さんの趣味ともいえる配合。正直、初戦を見た時はダート向きなのかと思われたが、2戦目の札幌2歳Sも勝ってしまい、アルテミスS(本命◎)も勝って3連勝とここまで負けなし。鞍上の吉田隼騎手が、(前走でも)「瞬発力勝負にしたくなかった」とコメントしているように、そこに弱点あるのかもしれないが、分かっているだけに早めのロングスパートなど対策を練ってくるのではないか。母系の白毛馬軍団は最近すごいことになっており、昔の芦毛ブームじゃないが、白毛ブームが来ている感すら漂わせる。

サトノレイナス:昨年の弥生賞馬サトノフラッグの下という良血馬で、今回当初二強みたいに言われていたりもしていたが、正直現段階ではソダシよりだいぶ力が落ちると思っている。テンハッピーローズを物差しとして、サフラン賞でサトノレイナスと0.2秒差、アルテミスSでソダシと0.4秒差。これを、それほど差がないと結論付けるのは少々乱暴で、サフラン賞でのテンハッピーローズは出遅れてのもの。よって、タイム差以上にソダシとの差は現段階ではあるとみている。サトノレイナスは初戦も2戦目も出遅れており、それで勝ち切ったのはすごいが、多頭数のG1で出遅れ癖は致命的。良血だけに上昇度はすごいのかもしれないが、(先週、カフェファラオが人気先行ということに触れたが)まだ人気先行では。

メイケイエール:母母母がシラユキヒメで、母母父がクロフネだけに1番人気ソダシにハービンジャーやミッキーアイルディープインパクト×デインヒル系)を重ねたような配合。スタミナ寄りの白毛馬血統だけに、血統的にはこの距離もプラスだろうし、種牡馬としてのミッキーアイルも思った以上にスピード能力を伝え、繁殖牝馬レベルがそう高くない中で好結果を出してきている。前走も掛かり通しでも勝ち切ったように、能力は高い。あとは、もう少し落ち着いて走れかどうかだろう。

インフィナイトブラックスピネルやモーヴサファイヤの下で、新馬勝ちの後にサウジアラビアRCで2着と好走。ただ、3馬身差の完敗だったように、モーリス産駒だけに晩成傾向で良くなるのはもう少し先なのではないだろうか。

オパールムーン:新馬勝ちの後のファンタジーSでも2着と好走。兄5勝、姉3勝と優秀な母(ブライアンズタイム、リアルシャダイ、ノーザンテースト)と、オールドファンにはたまらない血統背景でもあり、やれて良い。

ジェラルディーナモーリス×ジェンティルドンナという良血馬だが、3戦目の未勝利戦でのハナ差勝ち上がりだったように、まだまだ人気先行な感あり。妙味なし。

ヨカヨカ:九州産馬だけに弱い相手に3連勝を達成したが、前走のファンタジーSで5着とまさに馬脚を現した感じ。マイル実績もなく、消して妙味のタイプでは。

ポールネイロン:POGで指名した馬だけあり頑張って欲しい馬。操縦性に心配な面を覗かせる2連勝ではあるが、能力は高そうで、激走があってもおかしくない。

ルクシオン:前走は福島2歳Sで豪快に追い込み勝ちを見せたが、正直オープンというにはかなりレベルが低く、要らないのでは。

ユーバーレーベン:新馬勝ち後の札幌2歳Sで2着と、ゴールドシップ産駒の得意な条件で頑張った。その後、アルテミスSで4番人気9着と今ひとつで、ここでの激走は難しいのではないだろうか。

シゲルピンクルビーモーリス産駒でシゲルピンクダイヤの下だが、新馬勝ちでいきなりここというのは厳しい。

リンゴアメ:新馬、函館2歳Sと連勝したが、秋になって京王杯2歳Sで4番人気12着とがっかりな結果。そもそも、10番人気で勝ってしまった函館2歳Sは巧くいきすぎたのでは。

エイシンヒテン:デビュー3戦までは今ひとつだったが、その後の2戦は父エイシンヒカリ同様に逃げての連勝と、やはり逃げてこその馬。思ったより人気はないようだが、穴で楽しみな一頭。

サルビア:新馬勝ち直後に1勝クラスでも5馬身をつけての連勝。3戦目のファンタジーSでは10着惨敗に終わったが、2戦目が強かったようにここでも楽しみ。

アオイゴールド:1800mの新馬勝ちに見るとおり、スタミナ寄りでスピードと瞬発力を問われるここ向きではない。

ウインアグライア:新馬、コスモス賞と連勝をはたすも、アルテミスSで6着。早い時期にさっさと稼ぐタイプでは。

ナムラメーテル:新馬勝ち後の1勝クラスでは10着最下位。やめた感があり、着順ほど弱くないのだろうが、激走期待は難しいか。

フラリオナ:前走はききょうSで鋭く伸びて2着にきたが、ここにきて調教の動きがさらに良化している。穴として激走を期待したい。


<まとめ>
最有力:ソダシ

ヒモに:メイケイエールサトノレイナスオパールムーンポールネイロン

穴で:エイシンヒテンフラリオナ


登録済みの方はこちらからログイン

2020年3月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】阪急杯は浜中騎手の”馬場読み力”が生きた/豪華メンバーのチューリップ賞展望
閲覧 978ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は東西でG1に繋がるG2が行われた。

東の中山記念ダノンキングリーが好位から抜け出し完勝。横山典騎手らしいインを自在に立ち回る隙のない競馬だった。3歳クラシックでは皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩のところで涙を飲んだが、古馬初戦で順調なスタートを切り、このまま行けば大阪杯で改めて初のG1制覇に挑むことになりそうだ。

一方、西の阪急杯は連勝中の伏兵・ベストアクターが勝利。近走の勢いそのままに外からの差し切りを決めた。2位入線は人気のダイアトニック、さらにフィアーノロマーノと続いたが、直線抜け出すときの接触が審議になり降着処分となった。結果、2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックの順番で決着。勝ったベストアクターは3連勝での重賞制覇となった。既に6歳になる同馬だがキャリアはまだ12戦と若い。順調に行くかどうかもポイントになるが、能力的にはまだ上積みも見込めそうだ。

余談ながら、地上波の中継ではゴール直後に川田騎手が北村友一騎手に怒りをぶつける音声が拾われていた。騎手同士のこういったやり取りが聞こえてくるのも現在の無観客競馬ならではであろう。もちろん、騎手は命がけ。危険なプレーに関して熱くなり、時に怒りをぶつけるのは当然だし、対する北村友騎手もあそこで突っ込むのは重賞で人気馬に騎乗する立場としてこれもまた当然の決断だったように思う。着順の入れ替わりが起きたのは正直なところ意外というか、過去との整合性という点を考えるとどうかとも思うが、なかなか興味深いシーンだった。


~ケガから復帰の浜中騎手の”馬場読み力”

さて、ベストアクターの重賞制覇でもうひとつ印象に残ったのは、鞍上・浜中騎手の手綱捌きだろう。昨年の11月以来約3カ月半ぶりのターフ復帰となったが、道中も直線のコース取りも外枠のロスを最大限に防いでおり、その余力がゴール前の伸びに繋がった印象だ。

浜中騎手の長所は馬場読み力の高さ。昨年のダービーではロジャーバローズで最内枠をロスなく立ち回って勝利しているが、その伏線は前日、同じ2400mの未勝利戦にあった。その時の騎乗馬ラクローチェでもやはり浜中騎手はロスなく好位から立ち回り勝利。ダービーの週末におけるイン有利を確認していた。

先週も阪急杯の3つ前のレースをナルハヤで逃げ切り勝ち。サッと先手を取り最内枠をロスなく立ち回っていた。開幕週らしくインが良い馬場状態を確認していたからこそ、ベストアクターでも極力ロスのない競馬を心掛けたのだろう。”馬場読みの浜中”は、故障明けでも健在を示した一戦だった。


~豪華メンバーが揃ったチューリップ

最後に週末の重賞展望を。今週末は東西で3つの重賞が行われる。

弥生賞は、今年から弥生賞ディープインパクト記念と称しての開催となる。ディープインパクトが当レースを制したのは今から15年前になるが、当時と比べると最近はメンバーが手薄になることが増えた。かつてほどクラシックへ直結…という雰囲気ではなく、今年もやや手薄なメンバー構成だろうか。その中で注目はオーソリティオルフェーヴル産駒としては非常に操縦性が高く安定感のあるトライアル型。上手く立ち回れば今年の相手ならば好勝負になりそうだ。

一方、豪華メンバーが揃ったのは西のチューリップ賞。阪神JFの1~4着馬が挙って出走してきた。注目は当然レシステンシアだろうが、前走とは異なりマークされる側になるだけにスンナリとした競馬ができるかどうかがカギになりそうだ。

個人的な期待馬はウーマンズハート。デビュー戦の内容がとにかく濃く、能力的にはまだまだ上を目指せる器。前走の阪神JFは積極的に前を追い掛ける競馬をしたことがアダになった印象もあり、自分のリズムで運ぶ形ならばまだレシステンシアとの勝負付けは済んでいないとみている。


※東西重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

ナルハヤの口コミ


口コミ一覧
閲覧 286ビュー コメント 0 ナイス 14

2021年 日経新春杯・京成杯
_____________

●日経新春杯

古馬中距離のハンデ重賞となる日経新春杯。このレースは前年の有馬記念の2着馬アドマイヤモナークが2009年のこのレースで5着に、前年の有馬記念の4着馬ラブイズブーシェが2014年のこのレースで8着に敗れているように、前走の有馬記念で好走した馬の凡走がしばしば見られます。GⅠを大目標とした後の約半月ぶりの一戦で、余力がない上にハンデが課せられるからでしょう。

一方、菊花賞上位馬や前走条件戦勝ちの4歳馬や上がり馬の活躍がしばしば見られます。勢いがある上にハンデが軽いからでしょう。特にこのレースで穴を開けているのは、2013年の優勝馬カポーティスター(ハンデ52kg・5番人気)や2019年の3着馬ガンコ(ハンデ52kg・7番人気)など、前走条件戦勝ちの軽ハンデの4歳馬が多いです。

今年は4歳馬の不振もあって、前走条件戦勝ちの馬が1頭も出走していない稀な年ではありますが、過去の傾向からは、実績馬よりも勢いがある馬が優勢。ハンデキャッパーがいかに新興勢力を求め、この先の日経賞で実績馬vs新興勢力の対戦図式を作ろうとしているのが伝わってくるほどだけに、上がり馬は警戒するにこしたことはないでしょう。

また、今年は京都芝2400mではなく、中京芝2200mで行われます。中京芝2200mは4コーナーのポケットからスタートして、最初の1コーナーまでの距離が約512mもあるコース。このため外枠の逃げ馬でも1コーナーまでに十分ハナを奪うことができます。当然、逃げ馬が多数出走していた場合には、ペースが速くなります。

しかし、京都芝2400mも4コーナーのポケットからのスタートで、最初の1コーナーまでの距離が約600mもあるコースですから、コース替わりによる大きな注意ポイントはありません。

中京芝コースは高速馬場だった開幕週からどんどん時計が掛かり出し、内目と前目が有利の先週の傾向が薄らいできています。昨日の愛知杯のようにペースが速くなれば、外差しも決まります。馬場がフラットになり、内と外の差がなくなってきていると考えるといいでしょう。

今回は逃げ馬ミスディレクションが大外枠に入りましたが、昨日の愛知杯出走の大外枠の逃げ馬ナルハヤと違って、最初の直線が長い分、行く気になれば逃げられます。内からダイワキャグニーもある程度は主張してくるとは見ていますが、鞍上が逃げ戦法を嫌う内田騎手。そのひとつ外のロサグラウカあたりが軽ハンデ51kgを生かしてハナに行くか、ミスディレクションが何とか行き切るかになるでしょう。

ミスディレクションもロサグラウカもスローペースの逃げで結果を出して来た馬なので、ダイワキャグニーが行かなければスローペースが濃厚でしょう。4歳馬や上がり馬の警戒はもちろんのこと、フラット馬場のスローペース(やや前有利)の想定で予想を組み立てたいです。


●京成杯

中距離路線のトップクラスは、前年の暮れに行われるホープフルSを大目標にするため、京成杯はクラシックにあまり縁がありません。つまり、全体的なメンバーの質が低いということ。

今回出走のタイムトゥヘヴンの強さは本物ではありますが…。

『SPAIA AI競馬』ではPP指数を用いて、当レースの指数上位馬と穴馬を綴っておりますので、ぜひ、ご一読ください♪


https://spaia-keiba.com/news/detail/12282


★★★★★★★★★★
Twitterもよろしく!
@_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★

 山崎エリカ 2021年1月16日() 12:43
本日の見所(愛知杯)
閲覧 203ビュー コメント 0 ナイス 11

2021年 愛知杯
_______

5年前より暮れのターコイズSがGⅢに昇格した影響で、かつてほどメンバーが集わなくなった愛知杯。特に昨年は重賞ウイナーがデンコウアンジュのみというメンバー構成で、同馬が優勝しました。しかし、今年は3歳スプリント重賞から牡馬混合の中距離重賞も含めて、重賞ウイナーが6頭と過去5年よりもメンバーが集いました。

このレースが行われる中京芝2000mの舞台は、スタンド前の直線の中間からスタートして、最初の1コーナーまでの直線は約314mとそこまで短くありませんが、坂の上りのスタートになるので、比較的にペースが落ち着きやすいのが特徴。

実際に中京芝2000mで行われた一昨年のこのレースでは、逃げるランドネを見ながら4番手でレースを運んだワンブレスアウェイがあのノームコアの追撃を振り切って優勝。そのランドネも3着と善戦しています。今年は一昨年と比べて、タガノアスワド、ディアンドル、ナルハヤと逃げ馬が揃ってはいますが、それでも前半から後続を大きく引き離しにくいコース形態なので、平均ペースの範囲内には収まる可能性が高いでしょう。

中京芝コースは、高速馬場だった開幕週からどんどん時計を要ようになってはいますが、それでも内目と前目が有利の先週の傾向を引き継ぎ、本日の中京5レースの新馬戦でも3番枠のレイモンドバローズの逃げ切り勝ちを決めました。

今回の出走馬の中でもっとも強いのは、昨秋のオールカマーでカレンブーケドールらを差し切った1番人気のセンテリュオですが、同馬は自ら動けない馬。小雨が降りだしたのは気になりますが、ハンデの軽い馬の内目、前目からの一発を狙てみるのも面白いでしょう。


★★★★★★★★★★
Twitterもよろしく!
@_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2021年1月15日(金) 22:28
1/16 単複王 重賞予想 No. 5 愛知杯 中京 芝2000m
閲覧 143ビュー コメント 0 ナイス 5

こんばんは 明日1/16単複王です
No.26 中京 9レース 長良川特別(2勝クラス) 芝 2200m ◎ スマイル ◯ ダブルフラット
No.27 中京 10レース 紅梅S(L) 芝 1400m ◎ オンラインドリーム ◯ リンゴアメ
No.28 中京 11レース 愛知杯(G3) 芝 2000m ◎ センテリュオ ◯ シゲルピンクダイヤ
No.29 中山 9レース 菜の花賞(1勝クラス) 芝 1600m ◎ グローリアスカペラ ◯ アラビアンナイト
No.30 中山 10レース 頌春賞(2勝クラス) ダート 1200m ◎ フジノタカネ ◯ ノーベルプライズ
No.31 中山 11レース カーバンクル(OP) 芝 1200m ◎ ケープコッド ◯ カイザーメランジェ
No.32 小倉 10レース 小郡特別(2勝クラス) 芝 1200m ◎ タマモティータイム ◯ ファストボウラー
No.33 小倉 11レース 虹の松原S(3勝クラス) 芝 1800m ◎ リトミカメンテ ◯ エングレーバー
No.34 小倉 12レース 響灘特別(2勝クラス) ダート 1700m ◎ ザイラ ◯ ローズベリル
続いて
重賞予想 No. 5 愛知杯 中京 芝2000m (G3) 中京 芝2000m短評:難解 穴が来るか ◎センテリュオ ○シゲルピンクダイヤ ▲マジックキャッスル ☆ナルハヤサトノダムゼル
明日1/16のメインレースは
中京 11レース 愛知杯(G3) 芝 2000m
中山 11レース カーバンクル(OP) 芝 1200m
小倉 11レース 虹の松原S(3勝クラス) 芝 1800m
です
メインレース予想No.9 中京 11レース 愛知杯(G3) 芝 2000m ◎ センテリュオ ○ シゲルピンクダイヤ ▲ マジックキャッスル ☆ ナルハヤ サトノダムゼル
メインレース予想No.10 中山 11レース カーバンクル(OP) 芝 1200m ◎ ケープコッド ○ アマルフィコースト ▲ カイザーメランジェ ☆ キングハート ボーンスキルフル
メインレース予想No.11 小倉 11レース 虹の松原S(3勝クラス) 芝 1800m ◎ リトミカメンテ ○ エングレーバー ▲ フィオリキアリ ☆ ミスニューヨーク クリデュクール
よろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナルハヤの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月2日() 03:39:39
ラボ坂、調教○、騎手調教
5:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月2日() 02:36:38
うまな、臨戦データ×
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月2日() 02:02:07
郎、距離○、斤量マイナス

⇒もっと見る

ナルハヤの写真

ナルハヤ

ナルハヤの厩舎情報 VIP

2021年1月16日愛知杯 G317着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナルハヤの取材メモ VIP

2020年12月6日 逆瀬川ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。