ナルハヤ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ナルハヤ
写真一覧
現役 牝6 黒鹿毛 2014年4月12日生
調教師梅田智之(栗東)
馬主陣内 孝則
生産者清水牧場
生産地平取町
戦績31戦[3-5-9-14]
総賞金7,352万円
収得賞金1,300万円
英字表記Naruhaya
血統 サクラプレジデント
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
セダンフオーエバー
カルナアヴァンセ
血統 ][ 産駒 ]
キングヘイロー
エスピヨン
兄弟 カラダロマンタピオカ
前走 2020/06/14 マーメイドステークス G3
次走予定

ナルハヤの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/06/14 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 16238.244** 牝6 51.0 藤田菜七梅田智之510(+6)2.01.5 0.436.9サマーセント
20/05/16 新潟 11 パールS 3勝クラス 芝1800 142224.1102** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之504(+6)1.47.6 0.134.2アンドラステ
20/04/25 福島 12 エールS 3勝クラス 芝2000 13226.5411** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之498(-2)2.01.4 1.536.6ヴァンケドミンゴ
20/03/01 阪神 8 4歳以上2勝クラス 芝1800 9555.031** 牝6 55.0 浜中俊梅田智之500(+6)1.46.3 -0.135.2ティグラーシャ
20/02/08 小倉 11 太宰府特別 2勝クラス 芝2000 128125.933** 牝6 55.0 藤田菜七梅田智之494(+10)2.00.9 0.335.7イノセントミューズ
20/01/19 小倉 9 4歳以上1勝クラス 芝2000 14332.821** 牝6 53◇ 藤田菜七梅田智之484(-10)2.03.0 -0.236.8エリンズロマーネ
19/12/15 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 18115.722** 牝5 52▲ 藤田菜七梅田智之494(+2)2.00.9 0.135.5ウインラナキラ
19/07/07 福島 9 織姫賞 1勝クラス 芝1800 144613.552** 牝5 55.0 藤田菜七梅田智之492(-2)1.48.5 0.137.1レッドベルディエス
19/06/15 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 126713.163** 牝5 55.0 柴田未崎梅田智之494(+12)1.49.8 0.234.0エスポワール
19/06/01 東京 9 国分寺特別 1勝クラス 芝1800 10559.733** 牝5 55.0 藤田菜七梅田智之482(-2)1.46.3 0.434.2ロードマイウェイ
19/05/19 新潟 12 石打特別 500万下 芝1800 155819.063** 牝5 55.0 藤田菜七梅田智之484(-6)1.46.9 0.033.8ルナステラ
19/05/04 新潟 9 4歳以上500万下 芝2000 11559.7511** 牝5 52▲ 藤田菜七梅田智之490(+4)2.01.2 1.837.1プロキシマ
19/04/07 福島 8 4歳以上500万下 芝2000 157138.747** 牝5 52▲ 藤田菜七梅田智之486(-18)2.00.8 0.737.2ジョブックコメン
18/09/29 阪神 8 3歳以上500万下 芝2600 1671416.2712** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之504(-2)2.45.1 2.538.5ドンアルゴス
18/09/16 阪神 8 3歳以上500万下 芝2000 1571232.983** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之506(+6)1.59.5 0.436.2シャンティローザ
18/09/02 小倉 12 3歳以上500万下 芝2600 162420.1814** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之500(0)2.41.3 2.639.2サトノグロワール
18/08/12 小倉 9 筑後川特別 500万下 芝1800 9775.627** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之500(+6)1.47.3 0.735.2④④ウインミレーユ
18/05/26 京都 8 4歳以上500万下 芝2200 14226.745** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之494(+10)2.13.9 0.736.0シャドウブリランテ
18/05/12 新潟 12 石打特別 500万下 芝1800 1471211.952** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之484(-8)1.47.2 0.034.0アドヴェントス
18/04/28 京都 7 4歳以上500万下 芝2000 125610.043** 牝4 55.0 柴田未崎梅田智之492(+2)2.00.7 0.337.7④④④エクレアスパークル

⇒もっと見る


ナルハヤの関連ニュース

 6月20、21日の出走馬が18日に確定した。先週は自身初の芝重賞VがかかっていたマーメイドSナルハヤを4着に逃げ粘らせた藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=は、土日ともに東京開催に参戦し計8鞍に騎乗する。



 土曜日はメインレースの夏至ステークスで、自身が手綱をとっての勝利歴もあるサンタナブルーなど4鞍に騎乗。

 日曜日は7R・3歳上1勝クラスで、自身が騎乗して重賞に挑戦した実績もあり、再びダートの舞台に戻り前進が見込めるデビルスダンサーや9R・青梅特別では、ここが昇級戦となるが前走勝利時と同じ舞台となるゴーインピースなど4鞍に騎乗予定で、5月23日以来4週ぶりの勝利を目指す。近況は中央場所での戦いが続き、やや苦戦を強いられているが、随所に見せ場も作っており、久しぶりの“菜七子スマイル”全開なるか注目したい。今週末の騎乗馬は以下の通り。



6月20日(土)【東京】◆2R・3歳未勝利エアジャミラ(牝3、美浦・大竹正博厩舎)



◆3R・3歳未勝利リングアップ(牝3、美浦・稲垣幸雄厩舎)



◆4R・3歳未勝利ベルザロイヤル(牝3、美浦・田村康仁厩舎)



◆11R・夏至ステークス 3歳上3勝クラスサンタナブルー(牡8、美浦・和田雄二厩舎)



6月21日(日)【東京】◆2R・3歳未勝利ラブロッソー(牝3、美浦・星野忍厩舎)



◆5R・メイクデビュー東京 2歳新馬ベイビーシャーク(牡2、美浦・中野栄治厩舎)



◆7R・3歳上1勝クラスデビルスダンサー(牝3、美浦・奥村武厩舎)



◆9R・青梅特別 3歳上2勝クラスゴーインピース(牝4、美浦・手塚貴久厩舎)

★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!★「週刊Gallop臨時増刊 丸ごと一冊藤田菜七子VOL.3(電子版)」好評発売中!

【マーメイドS】軽ハンデ娘サマーセント重賞初V 2020年6月15日(月) 04:56

 マーメイドSが14日、阪神競馬場で16頭によって争われ、酒井騎乗で7番人気のサマーセントが2番手追走から抜け出してV。格上挑戦だったが50キロのハンデを生かして、重賞初挑戦で初勝利を飾った。2着は2番人気のセンテリュオ藤田菜七子騎乗のナルハヤは4着だった。

 ◇

 荒れるハンデ重賞は今年も波乱の決着だ。格上挑戦のサマーセントが、50キロを生かして重賞初勝利。2018年アンドリエッテ、19年サラスに続き、条件馬の勝利は3年連続8回目となり“歴史”は引き継がれた。

 「この馬の形でスムーズにリラックスして運べたので楽でしたね。僕はつかまっているだけでした。素直ですてきな女の子ですね」

 晴れやかな笑顔で引き揚げてきた酒井騎手は、右拳を力強く握った。外めの〔7〕枠(13)番から仕掛けて、道中は2番手で流れに乗る。稍重馬場をこなし、手応え良く最後の直線へ。鞍上の左ムチに呼応して再加速すると、残り100メートルで逃げるナルハヤをかわして先頭。センテリュオの猛追を3/4馬身差でしのぎ、タイトルをつかみ取った。

 斉藤崇調教師は「逃げ馬の後ろで絡まれず、自分のリズムで運べたのが良かったです。去年に比べてカイ食いが良くなって、体つきも性格も全体的に良くなっています」と、4歳を迎えての充実ぶりにうなずく。厩舎も好調で、NHKマイルC(GI)のラウダシオンに続く今年の重賞3勝目。開業5年目で自身の年間最多記録を更新した。

 「今後は状態を見ながらです。成長してもっと良くなってくれればと思います」と結んだトレーナー。夏の香りという馬名の通り、この夏、ブレークしそうだ。(川端亮平)



★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちら



サマーセント 父ハービンジャー、母プリムローズレーン、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牝4歳。栗東・斉藤崇史厩舎所属。北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社の生産馬。馬主はゴドルフィン。戦績12戦4勝。獲得賞金7177万2000円。重賞は初勝利。マーメイドS斉藤崇史調教師、酒井学騎手ともに初勝利。馬名は「夏の香り」。

[もっと見る]

【マーメイドS】逃げて見せ場も…菜七子ナルハヤ4着 2020年6月15日(月) 04:54

 藤田菜七子騎手が乗り、オーナーが俳優の陣内孝則氏ということで注目を集めたナルハヤは4着だった。4番人気で果敢に逃げて、1000メートル通過が60秒8の平均ペース。悪くない展開で、手応え十分に直線に向き、残り100メートル手前まで先頭を死守したのだが…。

 「いつもゲートをしっかり出てくれて、きょうも自分のリズムで運べました。よく粘って、頑張ってくれました」と菜七子はサバサバした表情で振り返った。

★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マーメイドS】マイペース逃げもナルハヤ4着 藤田菜「きょうも自分のリズムで運べました」 2020年6月14日() 19:16

 6月14日の阪神11Rで行われた第25回マーメイドステークス(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、牝馬、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、酒井学騎手騎乗の7番人気サマーセント(4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が2番手追走から直線で鋭く抜け出して重賞初制覇。タイムは2分01秒1(稍重)。



 藤田菜七子騎手騎乗のナルハヤ(4番人気)は、好スタートを決めるとしっかりとハナを主張して取り切り、道中もマイペースの逃げを展開。番手を追走していた勝ち馬に仕掛けられ、その後も直線では懸命に粘ったものの最後は力尽きて4着に敗れた。



 ◆藤田菜七子騎手「ゲートをしっかりと出ますし、きょうも自分のリズムで運べました。よく頑張ってくれました」

★14日阪神11R「マーメイドS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マーメイドS】サマーセントが好位から鋭く抜け出し重賞初制覇! 2020年6月14日() 15:56

 6月14日の阪神11Rで行われた第25回マーメイドステークス(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、牝馬、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、酒井学騎手騎乗の7番人気サマーセント(4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が2番手追走から直線鋭く抜け出して重賞初制覇。タイムは2分01秒1(稍重)。



 3/4馬身差の2着には後方待機から直線内をついて伸びたセンテリュオ(2番人気)、さらに1馬身1/4差の3着にはリュヌルージュ(3番人気)が続いた。藤田菜七子騎手騎乗で4番人気に支持されたナルハヤはマイペースの逃げから粘り込みをはかるも4着に敗れた。



 マーメイドSを勝ったリュヌルージュは、父ハービンジャー、母プリムローズレーン、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬で、馬主はゴドルフィン。通算成績は12戦4勝。重賞初勝利。マーメイドSは、管理する斉藤崇史調教師、騎乗した酒井学騎手ともに初勝利。



 ◆酒井学騎手(1着 サマーセント)「以前のレースを参考に、この馬の形で、スムーズなところで進められればと思っていました。1週前追い切りに乗って、すごくいい感触をつかめていました。女の子だけど、素直で乗りやすかったので、ポジションを取って、残れる脚をためられればと。リラックスして運べて、すごく楽で僕はつかまっているだけでした。毎年のように軽量馬で(騎乗依頼の)声をかけていただいているレースで、しっかり期待に応えられて良かったです」



★【マーメイドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】マーメイドS2020 徳光さんほかズラリ!競馬通の芸能人・著名人が全力予想! 2020年6月14日() 06:30


※当欄ではマーメイドSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連単ボックス
サトノワルキューレ
リンディーホップ
センテリュオ
パルクデラモール
レイホーロマンス
ワイド1頭軸流し
②-①⑦⑧⑩⑪⑬⑭⑯

【田中裕二(爆笑問題)】
◎①リュヌルージュ
○⑦エアジーン
▲⑧リープフラウミルヒ
△⑤フィリアプーラ
△⑩レッドアネモス
△⑬サマーセント
△③ナルハヤ
馬連流し・3連単1頭軸流しマルチ
①→③⑤⑦⑧⑩⑬

【杉本清】
◎⑨サラス
○⑦エアジーン
▲⑥センテリュオ
☆⑧リープフラウミルヒ
△⑭ミスマンマミーア
△⑯レイホーロマンス
△③ナルハヤ
△①リュヌルージュ

【林修】
注目馬
ミスマンマミーア

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎①リュヌルージュ
○⑧リープフラウミルヒ
▲⑩レッドアネモス
△②サトノワルキューレ
△⑬サマーセント

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑧リープフラウミルヒ

【横山ルリカ】
◎⑭ミスマンマミーア

【稲富菜穂】
◎⑨サラス
○⑥センテリュオ
▲⑧リープフラウミルヒ
△②サトノワルキューレ
△③ナルハヤ

【小木茂光】
注目馬
レッドアネモス
リュヌルージュ
エアジーン
3連単フォーメーション
①⑦⑩→①③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑯→①⑦⑩

【キャプテン渡辺】
◎⑬サマーセント
単勝・複勝


【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨サラス

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑦エアジーン
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→①→②③④⑥⑧⑨⑩⑬⑭⑮⑯
⑦→⑧→①②③④⑥⑨⑩⑬⑭⑮⑯

【ギャロップ林】
◎①リュヌルージュ
馬連流し
①-⑥⑦⑧⑨⑩⑬⑭⑯

【こいで(シャンプーハット)】
◎④リンディーホップ
3連単2頭軸流しマルチ
④→⑦→①②③⑥⑧⑨⑩⑬⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑦エアジーン
3連単フォーメーション
⑦→⑥→①②④⑧⑬⑭⑯
⑦→①②④⑧⑬⑭⑯→⑥

【浅越ゴエ】
◎③ナルハヤ
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑦→①④⑥⑧⑨⑩⑬⑭⑮⑯
③→⑧→①④⑥⑦⑨⑩⑬⑭⑮⑯

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎③ナルハヤ
3連複フォーメーション
③-④⑪⑭⑯-①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯

【リリー(見取り図)】
◎⑭ミスマンマミーア
3連複1頭軸流し
⑭-①④⑥⑦⑧⑩⑫⑬⑯

【船山陽司】
◎⑭ミスマンマミーア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑯レイホーロマンス

【目黒貴子】
◎⑧リープフラウミルヒ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナルハヤの関連コラム

閲覧 856ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は東西でG1に繋がるG2が行われた。

東の中山記念ダノンキングリーが好位から抜け出し完勝。横山典騎手らしいインを自在に立ち回る隙のない競馬だった。3歳クラシックでは皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩のところで涙を飲んだが、古馬初戦で順調なスタートを切り、このまま行けば大阪杯で改めて初のG1制覇に挑むことになりそうだ。

一方、西の阪急杯は連勝中の伏兵・ベストアクターが勝利。近走の勢いそのままに外からの差し切りを決めた。2位入線は人気のダイアトニック、さらにフィアーノロマーノと続いたが、直線抜け出すときの接触が審議になり降着処分となった。結果、2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックの順番で決着。勝ったベストアクターは3連勝での重賞制覇となった。既に6歳になる同馬だがキャリアはまだ12戦と若い。順調に行くかどうかもポイントになるが、能力的にはまだ上積みも見込めそうだ。

余談ながら、地上波の中継ではゴール直後に川田騎手が北村友一騎手に怒りをぶつける音声が拾われていた。騎手同士のこういったやり取りが聞こえてくるのも現在の無観客競馬ならではであろう。もちろん、騎手は命がけ。危険なプレーに関して熱くなり、時に怒りをぶつけるのは当然だし、対する北村友騎手もあそこで突っ込むのは重賞で人気馬に騎乗する立場としてこれもまた当然の決断だったように思う。着順の入れ替わりが起きたのは正直なところ意外というか、過去との整合性という点を考えるとどうかとも思うが、なかなか興味深いシーンだった。


~ケガから復帰の浜中騎手の”馬場読み力”

さて、ベストアクターの重賞制覇でもうひとつ印象に残ったのは、鞍上・浜中騎手の手綱捌きだろう。昨年の11月以来約3カ月半ぶりのターフ復帰となったが、道中も直線のコース取りも外枠のロスを最大限に防いでおり、その余力がゴール前の伸びに繋がった印象だ。

浜中騎手の長所は馬場読み力の高さ。昨年のダービーではロジャーバローズで最内枠をロスなく立ち回って勝利しているが、その伏線は前日、同じ2400mの未勝利戦にあった。その時の騎乗馬ラクローチェでもやはり浜中騎手はロスなく好位から立ち回り勝利。ダービーの週末におけるイン有利を確認していた。

先週も阪急杯の3つ前のレースをナルハヤで逃げ切り勝ち。サッと先手を取り最内枠をロスなく立ち回っていた。開幕週らしくインが良い馬場状態を確認していたからこそ、ベストアクターでも極力ロスのない競馬を心掛けたのだろう。”馬場読みの浜中”は、故障明けでも健在を示した一戦だった。


~豪華メンバーが揃ったチューリップ

最後に週末の重賞展望を。今週末は東西で3つの重賞が行われる。

弥生賞は、今年から弥生賞ディープインパクト記念と称しての開催となる。ディープインパクトが当レースを制したのは今から15年前になるが、当時と比べると最近はメンバーが手薄になることが増えた。かつてほどクラシックへ直結…という雰囲気ではなく、今年もやや手薄なメンバー構成だろうか。その中で注目はオーソリティオルフェーヴル産駒としては非常に操縦性が高く安定感のあるトライアル型。上手く立ち回れば今年の相手ならば好勝負になりそうだ。

一方、豪華メンバーが揃ったのは西のチューリップ賞。阪神JFの1~4着馬が挙って出走してきた。注目は当然レシステンシアだろうが、前走とは異なりマークされる側になるだけにスンナリとした競馬ができるかどうかがカギになりそうだ。

個人的な期待馬はウーマンズハート。デビュー戦の内容がとにかく濃く、能力的にはまだまだ上を目指せる器。前走の阪神JFは積極的に前を追い掛ける競馬をしたことがアダになった印象もあり、自分のリズムで運ぶ形ならばまだレシステンシアとの勝負付けは済んでいないとみている。


※東西重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

ナルハヤの口コミ


口コミ一覧
閲覧 245ビュー コメント 2 ナイス 26

先週の日曜のメインからマーメイドステークスを回顧。
勝ったのは、サマーセントでした。
好スタートから2番手からの競馬。
逃げるナルハヤをピッタリとマークする形。
道中も2番手のまま直線へ。
粘るナルハヤを捕らえ、抜け出し後続を抑え見事優勝。
先行抜け出しの強い内容のレースだったと思います。
馬場状態と斤量差を考えれば、勝つにはこういうレースかなと思いました。
酒井騎手もスタートを出た時点でこういうレースをイメージしたのかなと思います。
イメージ通りのレースだったと思います。
次走が試金石となりそうですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、モーリス産駒の印象について。
6月に入り、2歳の新馬戦も始まりました。
新種牡馬のモーリス産駒もデビューしています。
その中でも評判馬のブエナベントゥーラとレガトゥスがデビューしましたが
結果は勝利とは行きませんでした。
個人的なパッと見の印象ですが、どちらもどうもPOG向きの感じではないかなと思いました。
古馬になってから強くなるかも・・・って感じがしました。
どちらも指名するか迷いましたが、取りあえず見送りました。
モーリス産駒は今のところ1頭だけPOG指名していますが、気になります。
(心配の方が先に立ちますね。(^^;)
ディープインパクトの後のトップサイヤー争いがどうなるのかも興味深いですね。
今年の新種牡馬のモーリスやドゥラメンテに人気が集中したのも
ディープインパクト産駒がなくなった後の後継探しも一因なのかもしれませんね。


最後に、ユニコーンステークスについて。現時点での私の注目馬は、カフェファラオですね。
前走のヒヤシンスステークスは1着でした。
新馬戦を逃げ切り勝ちのあとの差し切り勝ちで
まだ2戦ですが、どこからでも競馬が出来る感じがします。
距離も中山のダート千八を使ってからの東京のマイルと
違う距離、右回りと左回りを経験しているのは大きいですね。
ここを勝ったらジャパンダートダービーだと思いますが
そこを見据えたローテーションだったり、レースの使われ方だと思います。
どこまで強いのか注目したいですね。

 ForeignerX 2020年6月15日(月) 17:44
2020/06/14(日) 1日の回顧&雑記(2歳戦の調教で気になる...
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 2

東京5R 2歳新馬 レイニーデイ 9着
阪神5R 2歳新馬 ショウナンライフク 7着
函館5R 2歳新馬 トーセンネッロ 10着

+α
阪神7R 3歳上1勝C ウインカムトゥルー 11着 メジャーハリケーン 15着
函館3R 3歳未勝利  ナイトコマンダー 1着

重賞注目馬
エプソムC  アンドラステ 4着
マーメイドS ナルハヤ 4着

↓元記事はこちら
https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=e2711193d4&owner_id=5945080a25


東京5R 2歳新馬
レイニーデイ 5人気9着

良馬場でもう一回見たい。さすがに走らなさすぎ。



阪神5R 2歳新馬 芝1600m
ショウナンライフク 7人気7着

実戦に出ると意外と乗りづらそう。出脚はなかなか速いので距離短縮で出てきたら悪くないかも。


函館5R 2歳新馬 芝1200m

トーセンネッロ 8人気10着

見立てとは違い全く仕上がっていなかった。



+α①
阪神7R 3歳上1勝C ダート1200m

ウインカムトゥルー 5人気11着 
メジャーハリケーン 10人気15着

>ウインカムトゥルー
揉まれ弱すぎて内枠だと全く力を出せない模様。
脚力は1勝クラスどころではないものがあるので外枠替わりは全力で買い。

>メジャーハリケーン
見せ場無く。。。難しい馬。コースの如何ではなく少頭数が合う可能性は有。


+α②
函館3R 3歳未勝利  ダート1000m
ナイトコマンダー 7人気1着

中間に「ウッド」で一杯に追ったレース[4着、3着、1着←new!]
中間にウッドで一杯に追ってないレース[16着、9着、11着、3着、7着]
これからも同パターンなら買いで良いでしょう。秋山もナイス騎乗。


+重賞
エプソムカップ(G3) 芝1800m
アンドラステ 4人気4着

実は内伸び馬場だったというオチ。不良馬場はかなり得意なようで少しもったいない敗戦か。


マーメイドステークス(G3) 芝2000m
ナルハヤ 4人気4着

ずっとサマーセントの目標になっていたが、意外と前残りという程ではない競馬でこの馬自体は頑張ってはいた。
パールステークス2着も普通に実力があってのものでしょう。

[もっと見る]

 たぶお統括本部長 2020年6月15日(月) 16:37
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 4

《今週の推奨馬》

★土曜日・阪神9R・小豆島特別(3歳以上2勝クラス芝1600m)
・チュウワノキセキ
前走は5月に京都マイルの3歳1勝クラス平場戦を3馬身差のレコードで圧勝して昇級してきた。
勝ちタイム1.32.2は、同日の準オープン錦Sより1.7秒も速いのだから驚いた。
阪神では2000mだが新馬戦を勝っているから問題なく、3歳馬だから54kgで走れるのも有利で昇級初戦でも勝ち負け必至。

★日曜日・東京9R・青梅特別(3歳以上2勝クラス・ダート1600m)
・ソルドラード
前走は昇級初戦で今回と同じ府中ダート1600m平場戦を僅か0.1秒差2着に好走。
これでダートを走るようになり[1.1.0.0]の連対率100%で底を見せてない。
再び同じ舞台なら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京10R・三浦特別
3着コマノゼニト
複勝150円

★日曜日・東京9R・八王子特別
13着ロードストライク

これで今年の推奨馬成績は
成績・[15.7.4.26]
勝率・0.288
連対率・0.423
複勝率・0.500

単複回収率(52戦)
単勝・67.5%(3510円)
複勝・60.5%(3150円)
総合・64.0%

《先週の重賞レース◎成績》

★マーメイドS(GⅢ)
4着ナルハヤ

★エプソムカップ(GⅢ)
14着アイスストーム

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔12.9.6.37〕
勝率・0.187
連対率・0.328
複勝率・0.421

単複回収率(64戦)
単勝・42.8%(2740円)
複勝・55.6%(3560円)
総合・49.2%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★函館日刊スポーツ杯
13着マイネルアルケミー

★天保山S
2着レッドルゼル
複勝130円

★ジューンS
8着サトノラディウス

★UHB杯
4着アスタールビー

成績・[15.8.14.36]
勝率・0.205
連対率・0.315
複勝率・0.506

単複回収率(73戦)
単勝・57.1%(4170円)
複勝・79.4%(5800円)
総合・68.2%

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナルハヤの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ナルハヤの写真

ナルハヤ

ナルハヤの厩舎情報 VIP

2020年6月14日マーメイドステークス G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナルハヤの取材メモ VIP

2020年6月14日 マーメイドステークス G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。