ディアンドル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2016年2月14日生
調教師奥村豊(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[4-1-0-0]
総賞金6,047万円
収得賞金3,200万円
英字表記Dirndl
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
グリューネワルト
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
シェーンクライト
兄弟 コリーヌヴェルトスプリングノート
前走 2019/02/23 マーガレットS OP
次走予定 2019/05/25 葵ステークス G

ディアンドルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/23 阪神 10 マーガレット OP 芝1200 6551.211** 牝3 55.0 C.ルメー奥村豊490(-2)1.09.1 -0.334.2イッツクール
18/12/22 中山 9 クリスマスR OP 芝1200 148141.711** 牝2 55.0 O.マーフ奥村豊492(+4)1.08.5 -0.334.9ルマーカーブル
18/09/29 中山 9 カンナS OP 芝1200 9442.921** 牝2 54.0 J.モレイ奥村豊488(+14)1.09.5 -0.435.1ホウオウカトリーヌ
18/07/28 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 8221.211** 牝2 54.0 北村友一奥村豊474(-4)1.08.7 -0.235.0ソンリッサ
18/07/15 中京 6 2歳新馬 芝1200 12222.212** 牝2 54.0 福永祐一奥村豊478(--)1.09.6 0.033.9⑤④ファンタジスト

ディアンドルの関連ニュース

【葵ステークス】レース展望NEW!

2019年5月20日(月) 18:26

 京都は最終週を迎え、土曜メインに3歳馬による葵S(25日、未格付け重賞、芝1200メートル)が組まれている。形の上では昨年新設された重賞となっているが、1980年代から行われてきたオープン特別が昇格したもの。2011年にはロードカナロアが勝っており、一流スプリンターへの登竜門的レースになる可能性があり、大いに注目したい。

 最有力視されるのはディアンドル(栗東・奥村豊厩舎、牝)だ。デビュー戦こそ、その後重賞を2勝するファンタジストのクビ差2着に敗れたが、2戦目の未勝利、オープン・カンナS、同クリスマスローズS、リステッド・マーガレットSと4連勝。父ルーラーシップ、母の父スペシャルウィークという血統面とは裏腹に、5戦全て芝1200メートルで高いスプリント能力を発揮している。レース間隔が3カ月ほどあいたが、調整は順調。自身だけでなく、奥村豊厩舎にとっても重賞初制覇のチャンスだ。

 オープン特別時代を含め、過去10年で橘S組が6勝、2着3回と活躍。今年の勝ち馬ディープダイバー(栗東・大久保龍志厩舎、牡)は朝日杯フューチュリティSで5着と上位に入った実績もあり、好勝負が期待できる。今回のメンバーは鞍上が乗り替わるパターンが多いが、前走と同じ藤岡康太騎手とのコンビで臨めるのは強調材料だ。

 アウィルアウェイ(栗東・高野友和厩舎、牝)は京王杯2歳Sで前述のファンタジストのハナ差2着に入った実績馬。前走の桜花賞も、10着ながら不利があっただけに度外視できる。1200メートルは新馬戦を楽勝しているので問題ないとみてよく、上位争いは十分可能だ。

 函館2歳S優勝後、1400メートル、1600メートルで不振が続いているアスターペガサス(栗東・中竹和也厩舎、牡)も距離短縮で見直せる存在。変わり身を見せるとすれば今回だろう。

 リステッド・紅梅Sを勝っているメイショウケイメイ(栗東・南井克巳厩舎、牝)、サウジアラビアロイヤルC2着の実績があるドゴール(美浦・黒岩陽一厩舎、牡)あたりも好勝負を演じても不思議ではない。

 抽選対象の賞金900万円の馬(20日現在14分の7の確率)の中にも有力馬がおり、ファルコンS3着のローゼンクリーガー(栗東・高橋亮厩舎、牝)、なずな賞で後に毎日杯を勝つランスオブプラーナをハナ差退けて勝っているジャスティン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)、3戦2勝、2着1回と安定しているアイラブテーラー(栗東・河内洋厩舎、牝)なども出走枠に入れば侮れない。

★葵Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【葵ステークス】特別登録馬2019年5月19日() 17:30

[もっと見る]

マーガレットS制覇のディアンドルは葵Sへ 2019年4月4日(木) 10:33

 前走のマーガレットSを制して、戦績を5戦4勝としたディアンドル(栗東・奥村豊、牝3)は、葵S(5月25日、京都、重賞、芝1200メートル)に挑戦する。



ディアンドルの全競走成績はこちら

[もっと見る]

【3歳戦結果】ディアンドル、マーガレットS制す 2019年2月24日() 05:01

 23日の阪神10RマーガレットS(3歳OP、リステッド、芝・内1200メートル)は、1番人気ディアンドル(栗・奥村豊、牝、父ルーラーシップ)が4番手から鋭く伸びて勝利を飾った。タイム1分9秒1(良)。新馬戦2着後、4連勝となった。「楽に勝てました。馬の後ろで運んで、物見をして外に張っていたけど、フットワークや乗り味はすごくいい。まだよくなると思う。距離は1200メートルがいいけど、1400メートルまではいけそう」とルメール騎手。次走は未定。2番人気イッツクールが1馬身3/4差の2着だった。

 【中山】9R水仙賞(500万下、芝・外2200メートル)=アドマイヤスコール(美・加藤征、牡、父ディープブリランテ

 ◆M・デムーロ騎手 「まだ本気で走っていない。1頭になると物見をしていた。能力はある」

 6R新馬(芝・内2000メートル)=パラダイスリーフ(美・木村、牡、父ディープインパクト

 ◆石橋騎手 「最後は手前を替えて反応したし、2着馬が来たら盛り返すところもあった」

 *全兄ゼーヴィントは2016年ラジオNIKKEI賞、17年七夕賞を制覇

 4R500万下(ダ1200メートル)=ジャパンスウェプト(美・古賀慎、牡、父スウェプトオーヴァーボード)

 ◆戸崎騎手 「新馬戦のときよりも落ち着きがあり、いい雰囲気でした」

 【阪神】3R新馬(ダ1200メートル)=ケプラー(栗・千田、牡、父ロードカナロア

 ◆池添騎手 「体に余裕があるので、そのぶん伸びしろはありそう」

 5R500万下(ダ1400メートル)=ボストンテソーロ(美・田中博、牝、父テンプルシティ)

 ◆川田騎手 「スムーズに競馬をしてくれましたし、楽に差し切ってくれました」

 【小倉】10Rくすのき賞(500万下、ダ1700メートル)=ラインカリーナ(美・武藤、牝、父パイロ)

 ◆横山武騎手 「行く馬がいなくて逃げる形になりましたが、最後まで踏ん張ってくれました。まだ成長途上の馬で、これからが楽しみです」

[もっと見る]

【マーガレット】ルメール騎乗ディアンドルが楽々と4連勝を飾る 2019年2月23日() 15:18

 2月23日の阪神10R・マーガレットS(リステッド、3歳オープン、芝1200メートル、6頭立て)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗で圧倒的1番人気に支持されたディアンドル(牝、栗東・奥村豊厩舎)が3番手追走から直線で楽々と抜け出し、2戦目の未勝利戦から4連勝を飾った。タイムは1分09秒1(良)。

 1馬身3/4差の2着にはイッツクール(2番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着にシングルアップ(3番人気)。

 マーガレットSを勝ったディアンドルは、父ルーラーシップ、母グリューネワルト、母の父スペシャルウィークという血統。通算成績は5戦4勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 ディアンドル)「物見をしたりするけど、楽に勝つことができたし、フットワークや乗り味もいいですね。まだまだよくなりそうですよ。1200メートルもいいけど、1400メートルくらいまではもちそうです」

★23日阪神10R「マーガレットS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳次走報】若駒S8着ブラヴァスはゆきやなぎ賞へ 2019年2月7日(木) 12:02

 ★エルフィンS2着のブランノワール(栗・須貝、牝)は5日にノーザンファームしがらきへ放牧。立て直して、チューリップ賞(3月2日、阪神、GII、芝1600メートル)を目指す。

 ★兵庫ジュニアグランプリ7着のシングルアップ(栗・寺島、牡)は中央の全4戦で手綱をとった松山騎手にコンビを戻し、マーガレットS(23日、阪神、リステッドOP、芝1200メートル)へ向かう。クリスマスローズSを制したディアンドル(栗・奥村豊、牝)も同レースへ。

 ★梅花賞2着のアドマイヤユラナス(栗・友道、牡)はアザレア賞(3月30日、阪神、500万下、芝2400メートル)へ。

 ★若駒S8着のブラヴァス(栗・友道、牡)はゆきやなぎ賞(3月9日、阪神、500万下、芝2400メートル)へ向かう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアンドルの関連コラム

閲覧 1,021ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年2月23日()の凄馬!>
極凄馬
中山8R 春麗ジャンプS
トラスト(+6.0)

極凄馬
中山3R 3歳未勝利
スマートマルシェ(+4.9)

超凄馬
阪神1R 3歳未勝利
ヒロノトウリョウ(+2.7)

超凄馬
中山5R 3歳未勝利
ホウオウビクトリー(+2.5)

超凄馬
阪神10R マーガレットS
ディアンドル(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年2月24日、集計数:34,234レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2018年11月29日(木) 11:36 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第8回 ワールド別上位ランカーまとめ~
閲覧 1,526ビュー コメント 0 ナイス 10

 開幕から半年が経過し、いよいよ中盤の勝負どころを迎える「ウマニティPOG 2018」。12月9日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月16日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月28日にはホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)が施行されます。最終的な順位を左右するようなビッグレースはもう少し先ですが、このタイミングである程度のポジションにつけているプレイヤーが有利であることもまた事実。そこで今回は、POG巧者たちの指名に学ぶべく、各ワールドの上位ランカーをまとめてみました。

 その前に、参考資料として11月15日終了時点における現2歳(2016年生まれ)世代の本賞金ランキング上位馬と、各馬の6月1日18:00時点における「注目POG馬ランキング」をご覧いただきましょう。なお、本賞金の集計対象はJRAのレースのみです。

ファンタジスト 7600万円 251位
ニシノデイジー 7180万円 ※400位以下
アドマイヤマーズ 6100万円 53位
クラージュゲリエ 4780万円 76位
アスターペガサス 4180万円 ※400位以下
グランアレグリア 4000万円 17位
ケイデンスコール 3880万円 220位
アウィルアウェイ 3800万円 69位
ダノンファンタジー 3680万円 33位
ハッピーアワー 3530万円 ※400位以下
シェーングランツ 3470万円 14位
ウインゼノビア 2820万円 125位
●ナイママ 2800万円 ※400位以下
ミッキーブラック 2800万円 101位
ローゼンクリーガー 2740万円 ※400位以下
アガラス 2640万円 238位
イッツクール 2540万円 ※400位以下
ジャカランダシティ 2480万円 ※400位以下
ディアンドル 2380万円 252位
カルリーノ 2340万円 ※400位以下
ラブミーファイン 2340万円 ※400位以下

 参加者数十人、ひとりあたり10頭持ちといった一般的なドラフト制のPOGだと、表中で「※400位以下」となっている馬たちは指名がかかるかどうか微妙なところ。しかし、そんな中からもニシノデイジー(ニシノヒナギクの2016)をはじめ多数の活躍馬が出ています。そして、参加人数が極端に多いウマニティPOGは、こういった馬も的確に獲得していかないとなかなか上位へ浮上できません。このような状況の中、上位ランカーたちはいかにして現在の地位を築き上げたのでしょうか。

 11月25日終了時点のランキングを見ると、最上位クラスのスペシャルワールドでトップに立っているのは、クラージュゲリエ(ジュモーの2016)らを指名しているムーンシュタイナーさん。ただし、2位以下もかなりの混戦模様で、ダノンファンタジー(ライフフォーセールの2016)らを指名しているよ~じさん、ウインゼノビア(ゴシップクイーンの2016)らを指名しているたけぼう54さん、シェーングランツ(スタセリタの2016)らを指名しているmerucoさん、アガラス(ロッシェノワールの2016)らを指名している藤沢雄二さん、ファンタジスト(ディープインアスクの2016)らを指名しているddb1c93afaさんあたりが続いていました。
 主な仮想オーナー馬として名前が挙がった馬の中だと、6月1日時点の「注目POG馬ランキング」が238位だったアガラス、251位だったファンタジストあたりは、獲得の難度が特に高かった馬と言えます。もっとも、このスペシャルワールドだけは1頭1オーナー制なので、前評判が高い馬を指名するのも至難の業。クラージュゲリエダノンファンタジーウインゼノビアシェーングランツは、それぞれ第1回入札で複数プレイヤーが奪い合いに参加していた馬です。
 スペシャルワールドを除く各クラスは、現在行われている最後の入札で仮想オーナー馬の追加指名が可能。スペシャルワールドで上位に来るようなプレイヤーの指名を参考にすれば、残り半年のシーズンを有利に戦えるかもしれません。

 G1ワールドはアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)らを指名している長澤まさみさんが首位。20頭すべての仮想オーナー馬をデビュー前に指名していらっしゃいますが、なんとそのうち14頭が既に勝ち上がっていました。混戦模様ではあるものの、しばらくはこのクラスの上位グループを引っ張っていくことになるんじゃないでしょうか。

 G2ワールドもアドマイヤマーズを指名しているソールさんがトップ。なお、2位はプロ予想MAXでもおなじみの岡村信将さんです。ご本人の意向により、あえてオープンワールドから参加されているのですが、見事に昇格を果たした過去2シーズンと同じく、今シーズンも序盤から素晴らしい成績を収めています。ちなみに、岡村信将さんはデビュー前の指名を一切行わず、デビュー後のレースで見せたパフォーマンスだけを評価するという指名スタイル。皆さんもぜひそのラインナップに注目してみてください。

 G3ワールドで総獲得賞金が3億円を超えているファットラビットさん、automnenoceさん、オープンワールド1位の松P22さん、同2位のCzesc00さんも、主な仮想オーナー馬はアドマイヤマーズでした。6月1日時点の「注目POG馬ランキング」は53位というやや微妙なポジションでしたが、この馬を確保できるかどうかが今シーズン序盤のポイントだったと言えるでしょう。あとはケイデンスコール(インダクティの2016)や前出のファンタジストあたりも、上位ランカーの指名馬として頻繁に名前が出てきた印象。「どうすればこれらの馬を指名できたのか」と今のうちに考察しておけば、来シーズン以降へ向けた良い復習になると思います。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2018年7月27日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年07月27日
閲覧 981ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年7月28日()の凄馬!>
極凄馬
小倉1R 2歳未勝利
ディアンドル(+7.0)

極凄馬
札幌1R 2歳未勝利
コントラチェック(+4.0)

超凄馬
小倉2R 3歳未勝利
ビストオブバーデン(+2.8)

超凄馬
小倉10R 由布院特別
ミスエルテ(+2.8)

超凄馬
新潟2R 2歳未勝利
グレートデー(+2.3)

超凄馬
札幌7R 3歳以上500万以下
アイアムキャツアイ(+2.2)

超凄馬
小倉12R 3歳以上500万以下
ロングベスト(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年7月29日、集計数:32,453レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年7月3日(火) 16:25 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第6回 未出走の有力馬をピックアップ~
閲覧 2,755ビュー コメント 0 ナイス 4

 早いもので通算6シーズン目となる「ウマニティPOG 2018」の開幕からおよそ1か月が経過しました。先週までにJRAのレースでデビューした2歳馬は396頭。そのうち39頭が既に勝ち上がりを果たしています。7月22日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。シーズン最初の山場と言っていいでしょう。

 ただ、私が繰り返し強調している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはまだまだ先。しかも、スペシャルワールドを除く各ワールドはこれから仮想オーナー募集枠が順次開放されていくため、入札に勝てばまだどの馬も獲得が可能です。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるようなルールになっていますので、ご興味を持った方はぜひ入札に参加してみてください。

 今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月2日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月2日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは第1回入札前の時点における「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」で100位以内に入っていた馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

●ワールドウォッチ(牡 父Iffraaj/母Baldovina 厩舎未登録) ※100位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
テンペスタージ(牡 父オルフェーヴル/母ディラローシェ 戸田博文厩舎) ※95位
シェドゥーヴル(牡 父オルフェーヴル/母ヒルダズパッション 木村哲也厩舎) ※25位
アルママ(牡 父オルフェーヴル/母ホエールキャプチャ 畠山吉宏厩舎) ※73位
ブラヴァス(牡 父キングカメハメハ/母ヴィルシーナ 友道康夫厩舎) ※3位
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
レッドエンヴィー(牡 父ジャスタウェイ/母スタイルリスティック 須貝尚介厩舎) ※23位
ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位
アメリカンウェイク(牝 父ハーツクライ/母アナアメリカーナ 斉藤崇史厩舎) ※34位
カテドラル(牡 父ハーツクライ/母アビラ 池添学厩舎) ※49位
グロリアーナ(牝 父ハーツクライ/母ベネンシアドール 木村哲也厩舎) ※82位
バイキングクラップ(牡 父ハーツクライ/母マジックストーム 堀宣行厩舎) ※22位
キタサンバルカン(牡 父ルーラーシップ/母ウィズザフロウ 奥村武厩舎) ※91位
ウラノメトリア(牡 父ルーラーシップ/母ミクロコスモス 矢作芳人厩舎) ※29位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位

 例年もこの時期にほぼ同様のルールで一覧を作成していますが、昨年はジェネラーレウーノワグネリアンが、一昨年はソウルスターリングダンビュライトがいました。秋にデビューするのが“王道”と言われた時代は完全に過ぎ去り、この時期からの始動がクラシック戦線を目指す馬の“セオリー”になった印象すらあります。
 なお、報道によると、注目POG馬ランキング3位のブラヴァスヴィルシーナの2016)は7月8日に中京芝2000mの2歳新馬で、同11位のプランドラー(プラウドスペルの2016)は7月22日に中京芝2000mの2歳新馬でデビュー予定とのこと。どちらも面白いレースになるんじゃないでしょうか。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 やはり気になるのはディープインパクト産駒。該当馬は下記の通りでした。

ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
ベルヴォワ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングボイス 矢作芳人厩舎) ※198位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
マジックリアリズム(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 尾関知人厩舎) ※250位
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ダノンキングリー(牡 父ディープインパクト/母マイグッドネス 萩原清厩舎) ※164位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
サトノエルドール(牡 父ディープインパクト/母ミゼリコルデ 国枝栄厩舎) ※331位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
●メイショウテンゲン(牡 父ディープインパクト/母メイショウベルーガ 厩舎未登録) ※653位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位

 該当馬の大半はいわゆる“POG本”などでも大きく取り上げられていましたが、注目POG馬ランキングがそれほど高くない馬もいますから、ひと通りチェックしておきたいところです。

 ノーザンファームの生産馬は93頭もいたので、その中から注目POG馬ランキングが101~500位だった馬をピックアップしてみました。穴っぽい種牡馬の産駒を含め、こちらもそれぞれ期待できるのではないかと思います。

ウィクトーリア(牝 父ヴィクトワールピサ/母ブラックエンブレム 小島茂之厩舎) ※204位
シャルマント(牝 父エンパイアメーカー/母ライツェント 鹿戸雄一厩舎) ※300位
アスカリ(牡 父キングカメハメハ/母フィロンルージュ 西園正都厩舎) ※112位
スコッチリール(牝 父ジャスタウェイ/母ストラスペイ 林徹厩舎) ※387位
●ヴェロックス(牡 父ジャスタウェイ/母セルキス 厩舎未登録) ※229位
ディキシーナイト(牡 父ダイワメジャー/母カメリアローズ 国枝栄厩舎) ※249位
ミトロジー(牡 父ダイワメジャー/母リードストーリー 尾関知人厩舎) ※378位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
バンクショット(牡 父トーセンジョーダン/母バプティスタ 池添学厩舎) ※283位
アルテヴェルト(牡 父ハーツクライ/母アルテリテ 庄野靖志厩舎) ※253位
コパカティ(牝 父ハービンジャー/母アロマティコ 佐々木晶三厩舎) ※196位
マジストラル(牡 父ハービンジャー/母アンブロワーズ 高野友和厩舎) ※203位
ピサノメタルシティ(牡 父ハービンジャー/母グレイトフルデッド 武幸四郎厩舎) ※431位
ストームリッパー(牡 父ハービンジャー/母スピードリッパー 鹿戸雄一厩舎) ※404位
フィリアプーラ(牝 父ハービンジャー/母プリンセスカメリア 菊沢隆徳厩舎) ※266位
チェサピークベイ(牡 父ハービンジャー/母フロールデセレッソ 戸田博文厩舎) ※364位
ウレキサイト(牡 父ブラックタイド/母ラフィントレイル 松永幹夫厩舎) ※462位
イベリスリーフ(牝 父ヘニーヒューズ/母クローバーリーフ 中舘英二厩舎) ※273位
ドラウプニル(牡 父ルーラーシップ/母ヴェルザンディ 斉藤崇史厩舎) ※262位
ディアンドル(牝 父ルーラーシップ/母グリューネワルト 奥村豊厩舎) ※252位
スイートウィスパー(牝 父ルーラーシップ/母ケアレスウィスパー 萩原清厩舎) ※340位
ゲインスプレマシー(牡 父ルーラーシップ/母スカーレットレディ 高柳瑞樹厩舎) ※214位
レッドシルヴァーナ(牝 父ロードカナロア/母シルバーフォックス 松田国英厩舎) ※146位
ニューポート(牡 父ロードカナロア/母ハッピーパレード 石坂正厩舎) ※356位
エスタジ(牝 父ロードカナロア/母マリーシャンタル 木村哲也厩舎) ※115位
セイクリッドキング(牡 父ロードカナロア/母モアザンセイクリッド 加藤征弘厩舎) ※457位
ヴィアロマーナ(牡 父ロードカナロア/母ローマンエンプレス 久保田貴士厩舎) ※237位
ローザジルベルト(牡 父ワークフォース/母ローズバド 橋口慎介厩舎) ※230位

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みです。

池江泰寿調教師>
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位

中内田充正調教師>
デュアラブル(牝 父Curlin/母ハリケーンフラッグ 中内田充正厩舎) ※209位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ピンクブロッサム(牝 父ハービンジャー/母ルナレガーロ 中内田充正厩舎) ※846位
メイショウハート(牡 父メイショウボーラー/母デビルインマインド 中内田充正厩舎)

角居勝彦調教師>
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
エルモンストロ(牡 父ルーラーシップ/母ミンティエアー 角居勝彦厩舎)

音無秀孝調教師>
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ジョニーズララバイ(牡 父マンハッタンカフェ/母メジロアリス 音無秀孝厩舎) ※241位

浅見秀一調教師>
ブラボーフェスタ(牡 父ナカヤマフェスタ/母スギノエスペランザ 浅見秀一厩舎)

藤原英昭調教師>
ラピタ(牡 父エイシンフラッシュ/母パイタ 藤原英昭厩舎) ※200位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
ロードアブソルート(牡 父キングカメハメハ/母パーフェクトトリビュート 藤原英昭厩舎)
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位
エイカイキャロル(牝 父ロードカナロア/母ラフェクレール 藤原英昭厩舎)

 当然ながらこのあたりも将来のスター候補ですし、意外と注目されていない馬もいるので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ディアンドルの口コミ


口コミ一覧

葵S G

 ベスト タイムズ 2019年5月20日(月) 14:12

閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 5



ディアンドル

マリアズハート

.

 ちびざる 2019年3月15日(金) 21:54
【GⅢ】ファルコンステークスの予想
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 8

◎:⑮ハッピーアワー
〇:⑩ヴァッシュモン
▲:⑭イッツクール
△:⑥ジャパンスウェプト
×:⑬グルーヴィット
×:⑦シングルアップ


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑮⑩→⑭⑥⑬⑦
馬連BOX
⑭⑥⑬⑦



 ◎は⑮ハッピーアワーにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価3位。
前走のシンザン記念は5着、前々走のデイリー杯2歳ステークスが3着とマイル戦で善戦はしています。
千四では勝ち鞍もあるので、距離短縮はプラスだと思います。
あとは鞍上が秋山騎手から吉田隼人騎手に乗り替わりになりますが
この乗り替わりがどう出るかですね。大外枠っていうのも気になります。


 ○は⑩ヴァッシュモンにしました。
指数2位。
 前走のジュニアカップは好位から抜け出すレースで勝ちました。
その時から今回は一ハロン短縮になりますが、東京の千四で勝ち鞍があり
問題はなさそうです。
あとは田辺騎手の手綱さばきにも注目したいですね。


 ▲は⑭イッツクールにしました。
指数5位。某スポーツ紙調教評価1位。
前走のマーガレットステークスはディアンドルの2着と好走。
今回はも状態は良さそうですね。
鞍上もデビューから手綱を取る松田騎手。今回も継続騎乗で、
この馬を手の内に入れているのは心強いですね。
千四もききょうステークスを勝っているので、距離の心配はなさそうですね。
 

 △以下では、グルーヴィットに注目です。
新馬戦、500万下と連勝中。
問題は、これまでの2戦はダートの千四でしたが、今回は芝の千四になり、どういう走りをするか
注目したいと思います、、

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2019年2月22日(金) 21:34
2/23 単複王
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんは明日2/24単複王です
No.124 阪神 9レース 尼崎S(1600万下) ◎ カフジプリンス ◯ センテリュオ
No.125 阪神 10レース マーガレットS(OP) ◎ ディアンドル ◯ イッツクール
No.126 阪神 11レース 仁川S(OP) ◎ ナムラアラシ ◯ アングライフェン
No.127 中山 8レース 春麗JS(OP) ◎ メドウラーク ◯ トラスト
No.128 中山 9レース 水仙賞(500万下) ◎ アイスブラスト ◯ ボスジラ
No.129 中山 10レース 富里特別(1000万下) ◎ メイショウミツボシ ◯ ジナンボー
No.130 中山 11レース アクアマリンS(1600万下) ◎ タケショウベスト ◯ ダイトウキョウ
No.131 小倉 10レース くすのき賞(500万下) ◎ バイザディンプル ◯ ラインカリーナ
No.132 小倉 11レース 周防灘特別(1000万下) ◎ アリンナ ◯ フナウタ
No.133 小倉 12レース 合馬特別(500万下) ◎ タイセイトレンディ ◯ ルア
よろしくおねがいします
https://youtu.be/2XERy0lcVco

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアンドルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  Haya   フォロワー:7人 2019年2月9日() 07:56:23
次走予定?2/23(土)1回阪神1日目 マーガレットステークス(L)3歳オープン 1200 (芝) 別定 
ルメール騎手で参戦みたいですね!?
2:
  Haya   フォロワー:7人 2018年9月19日(水) 08:14:41
次走は、2018/9/29(土) カンナS みたいですね!?

デビュー戦で負けた相手がファンタジスト(小倉2歳S優勝馬)なので、期待大!
ただ、かなり馬体重が増えたみたい?(^^;
1:
  Haya   フォロワー:7人 2018年6月10日() 18:35:41
7月15日 中京 芝1200 デビュー予定!?

ディアンドルの写真

投稿写真はありません。

ディアンドルの厩舎情報 VIP

2019年2月23日マーガレットS1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディアンドルの取材メモ VIP

2019年2月23日 マーガレットS 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。