会員登録はこちら
福島牝馬ステークス G3   日程:2019年4月20日()  福島/芝1800m

福島牝馬ステークスのニュース&コラム

【福島牝馬S】厩舎の話
 ◆ウインファビラス・畠山師 「変わりなく順調。頭数も落ち着くし、流れに乗れれば前進」 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「ここまでの2週で、自己ベストを出している。格上挑戦だが、ベストの小回り1800メートルなら」 ◆カワキタエンカ・浜田師 「当週はサラッと。落ち着いた頭数ですんなり行けば、変わり身があっても…」 ◆ダノングレース・蛯名騎手 「動きは大丈夫。ディープインパクト産駒だし、いい馬場でやりたい」 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「ちょっと強めに(調整)した。昨秋あたりから芯が入り、崩れずに走れそう」 ◆フローレスマジック・木村師 「動きは良かったし、体調は前走より良さそう。ゲートは練習の成果で進境。改めて」 ◆ペルソナリテ・相沢師 「頭数も少ないので格上挑戦。動きは良かったし、相性のいい鞍上に期待したい」 ◆ミッシングリンク・相田助手 「福島の芝で勝ち鞍があるし、以前に芝を使ったときよりかなり力もつけている」 ◆ランドネ・辻野助手 「前走は前がずっと壁で度外視。小回りの手頃な頭数でスムーズに先行できれば、巻き返せる状態にある」
2019年4月19日(金) 05:02 NEW!

 150

【福島牝馬S】ランドネ、坂路4ハロン53秒4
 ランドネは、坂路を単走で追われて4ハロン53秒4-12秒8。余力を残しながらも機敏なフットワークで好気配をふりまいた。「先週にCWでしっかり追って、今週は坂路でサラッと。落ち着きも増して、いい状態です」と辻野助手はデキのよさを強調する。前走の中山牝馬Sは直線で前が壁になって13着だったが、巻き返しも可能な雰囲気。「ハナでも2、3番手でも、手頃な頭数でスムーズに回って来ることができたら、小回りも問題ない」と意欲をみせた。★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:02

 422

【福島牝馬S】追って一言
 ◆ウインファビラス・畠山師 「変わりなく順調。前走より頭数も落ち着くし、流れに乗れれば前進」 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「ここまでの2週で自己ベストを出しているし、当週は輸送を考慮した。格上挑戦だが、ベストの小回り1800メートルなら」 ◆カワキタエンカ・浜田師 「当週はサラッと。落ち着いた頭数でスンナリ行けば変わり身があっても…」 ◆ダノングレース・蛯名騎手 「動きは大丈夫。ディープインパクト産駒だし、いい馬場でやりたい」 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「ちょっと強めにした。昨秋あたりから芯が入り、崩れずに走れそう」 ◆ビスカリア・西村騎手 「攻めは乗りやすく落ち着いていた。福島の芝はあまりよくないので、むしろいいと思う」 ◆フローレスマジック・木村師 「動きは良かったし、体調は前走より良さそう。ゲートは練習の成果で進境。改めて」 ◆ペルソナリテ・相沢師 「頭数も少ないので格上挑戦。動きは良かったし、相性のいい鞍上に期待したい」 ◆ミッシングリンク・相田助手 「福島の芝で勝ち鞍があるし、以前に芝を使ったときよりかなり力もつけている」★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:02

 667

【福島牝馬S】レース展望
 最終週となる春の福島開催では土曜メインに福島牝馬S(20日、GIII、芝1800メートル)が組まれている。1着馬にヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦。今年は登録が10頭と寂しくなったが、必見の一戦だ。 混戦ムードだが、活躍が目立つ中山牝馬S組が注目される。5着だったフローレスマジック(美浦・木村哲也厩舎、5歳)はスタートがひと息だったが、早めに前を射程に入れて、いったんは先頭に立つ内容。オープンに上がってから結果が出ていないように見えるが、11着だった2走前のターコイズSでも1着のミスパンテールからの差は0秒4で、前走も勝ったフロンテアクイーンから0秒2差。いいレースはできている。スタートに課題は残るが、3歳時はクラシック級の評判もあった馬。念願の重賞初制覇は夢ではない。 4着のデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、6歳)は、昨年のこのレース3着。後方一気のタイプだけに、差し届かないケースが多いが、さばきやすい頭数なら自慢の末脚でまとめて負かす可能性はある。 9着のウインファビラス(美浦・畠山吉宏厩舎、6歳)も着差では0秒3しかなかった。好位で立ち回れる脚質は福島向きで、チャンスは十分ありそうだ。 12着のカワキタエンカは昨年、中山牝馬Sを勝ち、このレースでも2着と好走しているが、不振が続いている点が気掛かり。 13着ランドネ(栗東・角居勝彦厩舎、4歳)は、好位で馬群に包まれ、ゴールまで前が開かないままだった。2走前の愛知杯では逃げて3着だっただけに、スムーズな競馬ができれば巻き返していい。 別路線組では1000万下、準オープンと連勝して勢いがあるダノングレース(美浦・国枝栄厩舎、4歳)が面白い存在。今年のTCK女王盃優勝馬ビスカリア(栗東・山内研二厩舎、7歳)、昨年の同レース勝ち馬ミッシングリンク(美浦・斎藤誠厩舎、5歳)は最終週だけに、時計がかかれば台頭する可能性があるかもしれない。★福島牝馬Sの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月15日(月) 17:42

 1,860

福島牝馬ステークスのニュースをもっと見る >

【福島牝馬S】ランドネ、坂路4ハロン53秒4
 ランドネは、坂路を単走で追われて4ハロン53秒4-12秒8。余力を残しながらも機敏なフットワークで好気配をふりまいた。「先週にCWでしっかり追って、今週は坂路でサラッと。落ち着きも増して、いい状態です」と辻野助手はデキのよさを強調する。前走の中山牝馬Sは直線で前が壁になって13着だったが、巻き返しも可能な雰囲気。「ハナでも2、3番手でも、手頃な頭数でスムーズに回って来ることができたら、小回りも問題ない」と意欲をみせた。★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:02

 422

【福島牝馬S】追って一言
 ◆ウインファビラス・畠山師 「変わりなく順調。前走より頭数も落ち着くし、流れに乗れれば前進」 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「ここまでの2週で自己ベストを出しているし、当週は輸送を考慮した。格上挑戦だが、ベストの小回り1800メートルなら」 ◆カワキタエンカ・浜田師 「当週はサラッと。落ち着いた頭数でスンナリ行けば変わり身があっても…」 ◆ダノングレース・蛯名騎手 「動きは大丈夫。ディープインパクト産駒だし、いい馬場でやりたい」 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「ちょっと強めにした。昨秋あたりから芯が入り、崩れずに走れそう」 ◆ビスカリア・西村騎手 「攻めは乗りやすく落ち着いていた。福島の芝はあまりよくないので、むしろいいと思う」 ◆フローレスマジック・木村師 「動きは良かったし、体調は前走より良さそう。ゲートは練習の成果で進境。改めて」 ◆ペルソナリテ・相沢師 「頭数も少ないので格上挑戦。動きは良かったし、相性のいい鞍上に期待したい」 ◆ミッシングリンク・相田助手 「福島の芝で勝ち鞍があるし、以前に芝を使ったときよりかなり力もつけている」★福島牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:02

 667

福島牝馬ステークスと同条件を得意とするプロ予想家

福島・芝・中距離の過去5シーズンを集計


福島牝馬ステークス過去10年の結果

2018年4月21日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2017年4月22日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ウキヨノカゼ 吉田隼人 1:46.8 6.7倍 101.7
2着 フロンテアクイーン 北村宏司 クビ 8.0倍 101.7
3着 クインズミラーグロ 武豊 クビ 3.2倍 101.1
2016年4月23日() 福島競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 マコトブリジャール 北村友一 1:47.5 53.1倍 99.7
2着 シャルール 横山典弘 1 1/4 2.8倍 98.4
3着 オツウ 加藤祥太 クビ 42.3倍 98.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

福島牝馬ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図福島芝1800m

ヴィクトリアマイルのステップレースのひとつである福島牝馬S。牝馬限定のローカルG3らしく波乱傾向はかなり強く、好走候補を絞り込みづらいレースとなっている。ただし、間違いなく買いと言えるのが、前走で中山牝馬ステークスに出走していた馬だ。2008年以降の3着以内馬33頭中22頭を占め、勝ち馬のうち10頭までが、この組であるのも強調材料。同組すべての連対馬に共通する9着以内かつ着差0.5秒以内をクリアしていれば、人気薄でも決して侮れない。舞台となる福島芝1800mは最後の直線こそ約290mと短いものの、都合3回の上りをクリアせねばならず、イメージ以上にスタミナを要するコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

福島牝馬ステークスの歴史と概要


2012、13年の優勝馬オールザットジャズ

ヴィクトリアマイルにつながる芝1800mの牝馬限定重賞。ローカル開催ということもあり出走馬の顔ぶれは例年地味だが、第7回(2010年)には2年前の桜花賞馬・レジネッタが参戦。その桜花賞ぶりとなる久々の勝利を挙げた。第9~10回(2012~2013年)はオールザットジャズが連覇。このレースの勝ち馬が本番で好走したのは第6回(2009年)のブラボーデイジーヴィクトリアマイルは11番人気2着)のみだが、第12回(2015年)5着のミナレットが本番で18番人気3着、第14回(2017年)4着のデンコウアンジュが本番で11番人気2着と、近年は負けた馬が巻き返して超大穴をあける例が目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

福島牝馬ステークス昨年のBIGヒット予想家

去年の福島牝馬ステークスを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年04月21日(土) 15:50更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 89 
63,340円 316,700円
Lv 104 
63,340円 253,360円
Lv 120 
1,630円 163,000円
Lv 95 
1,630円 163,000円
Lv 114 

7,890円
7,700円
147,100円
 
1,630円 143,440円
Lv 108 

3,070円
3,070円
139,700円
Lv 90 
63,340円 126,680円
Lv 84 

63,340円
7,890円
118,190円
Lv 101 
2,040円 102,000円
Lv 98 

3,070円
1,630円
97,160円
Lv 95 

63,340円
7,890円
96,190円
Lv 109 
7,700円 77,000円
Lv 107 
7,700円 77,000円
Lv 105 
7,700円 77,000円
Lv 104 
7,700円 77,000円
Lv 100 
7,700円 77,000円
Lv 97 
7,700円 77,000円
Lv 93 
7,700円 77,000円
Lv 85 
7,700円 77,000円

福島牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年4月20日(
福島牝馬ステークス  G3
2019年4月21日(
読売マイラーズカップ  G2
サンスポ賞フローラS  G2

競馬番組表

2019年4月20日(
1回福島5日目
2回東京1日目
3回京都1日目
2019年4月21日(
1回福島6日目
2回東京2日目
3回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
22,716万円
2 グランアレグリア 牝3
18,828万円
3 ダノンファンタジー 牝3
17,237万円
4 アドマイヤマーズ 牡3
16,462万円
5 クロノジェネシス 牝3
11,447万円
6 ファンタジスト 牡3
11,012万円
7 ヴェロックス 牡3
10,942万円
8 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
9 ダノンキングリー 牡3
8,689万円
10 エメラルファイト 牡3
8,123万円
» もっと見る