今週の重賞レース

2021年8月8日( エルムステークス G3 レパードステークス G3
福島牝馬ステークス G3   日程:2021年4月24日() 15:25 新潟/芝1800m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 11

ディアンドル

牝5 55.0 団野大成  奥村豊 502(+4) 1.46.9 15.4 7 34.2 ①①
2 7 13

ドナアトラエンテ

牝5 54.0 川田将雅  国枝栄 458(0) 1.46.9 ハナ 3.1 1 33.7 ⑥⑥
3 6 12

サンクテュエール

牝4 54.0 杉原誠人  藤沢和雄 470(-2) 1.47.0 クビ 39.8 10 34.1 ④⑤
4 3 6

フィリアプーラ

牝5 54.0 菊沢一樹  菊沢隆徳 462(+2) 1.47.0 クビ 89.8 12 34.1 ④③
5 1 2

ムジカ

牝4 54.0 秋山真一  鈴木孝志 446(+10) 1.47.1 クビ 9.6 6 33.9 ⑥⑥
6 5 9

アブレイズ

牝4 54.0 藤井勘一  池江泰寿 482(-4) 1.47.1 ハナ 18.9 8 33.5 ⑩⑨
7 4 8

シゲルピンクダイヤ

牝5 54.0 和田竜二  渡辺薫彦 472(-8) 1.47.1 クビ 6.9 4 33.7 ⑥⑧
8 7 14

アフランシール

牝5 54.0 丸田恭介  尾関知人 498(+8) 1.47.2 1/2 132.6 14 33.8 ⑨⑨
9 4 7

ミスニューヨーク

牝4 54.0 加藤祥太  杉山晴紀 456(-4) 1.47.4 6.0 3 33.6 ⑫⑬
10 2 3

パッシングスルー

牝5 54.0 津村明秀  黒岩陽一 490(-4) 1.47.4 クビ 36.7 9 33.7 ⑫⑬
11 8 16

パラスアテナ

牝4 54.0 坂井瑠星  高柳瑞樹 446(-2) 1.47.4 アタマ 5.4 2 33.8 ⑫⑫
12 5 10

アバルラータ

牝7 54.0 吉田隼人  鮫島一歩 458(+2) 1.47.6 48.2 11 33.8 ⑮⑮
13 2 4

ロザムール

牝5 54.0 北村宏司  上原博之 492(-6) 1.48.0 2 1/2 9.3 5 35.3 ②②
14 1 1

リュヌルージュ

牝6 54.0 鮫島克駿  四位洋文 478(+2) 1.48.1 1/2 118.8 13 34.6 ⑩⑨
15 8 15

カリオストロ

牝4 54.0 亀田温心  加用正 462(-4) 1.48.1 1/2 142.1 15 35.2 ③③
取消 3 5

クラヴァシュドール

牝4 54.0 藤岡佑介  中内田充 -- -- -- --    
ラップタイム 12.6 - 11.3 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 12.1 - 11.2 - 10.9 - 12.1
前半 12.6 - 23.9 - 35.8 - 48.2 - 60.6
後半 58.7 - 46.3 - 34.2 - 23.0 - 12.1

■払戻金

単勝 11 1,540円 7番人気
複勝 11 540円 8番人気
13 160円 1番人気
12 980円 11番人気
枠連 6-7 2,170円 11番人気
馬連 11-13 3,300円 15番人気
ワイド 11-13 1,280円 16番人気
11-12 9,620円 64番人気
12-13 2,380円 26番人気
馬単 11-13 8,140円 33番人気
3連複 11-12-13 33,030円 95番人気
3連単 11-13-12 237,210円 607番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:318,272人(08月02日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【福島牝馬ステークス2021予想】前走中山牝馬S組の激アツパターンに該当するロザムールをトップ評価

【馬齢】

2011年以降(2011年は新潟、2012~2020年は福島で施行)の3着以内延べ30頭の馬齢をみると、4歳から7歳の範囲で収まっている。ただし、7歳の好走はG1 で3着内歴を持つ馬のみ。頭に入れておきたい傾向だ。

【前走使用レース】

2011年以降の2着以内延べ20頭の前走使用レースを大別すると、中山牝馬S、愛知杯、条件クラスの3パターンに集約される。この3パターン以外の臨戦馬は2着連対圏に届いていない。

【前走着順】

前走の着順に関しては愛知杯なら問わないが、中山牝馬Sであれば8着以内、条件クラスの場合は3着以内(牝馬限定戦は1着)が目安。2011年以降、これ以外のステップで臨んだ馬はいずれも3着以下に敗れている。

【距離実績】

2011年以降の2着以内延べ20頭のうち19頭には芝1800mで1着、もしくは同距離の重賞で2~3着に入った経験があった。例外は2017年1着のウキヨノカゼ1頭のみ。同馬はG1で3着内歴がある実績上位馬。相応の戦歴を欠くうえに、上述の距離実績をクリアしていない馬は評価を控えめにしたい。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、②ムジカ、④ロザムール、⑦ミスニューヨーク、⑧シゲルピンクダイヤ、⑯パラスアテナの5頭。最上位には④ロザムールを挙げたい。2011年以降、前走が中山牝馬Sかつハンデ52~53キロで2着以内に入っていた馬は【3.2.0.0】の大活躍。本馬自身、左回りの芝で【1.1.3.2】と堅実に走っていることも好感が持てる。

当該距離で【4.1.1.0】という抜群の安定感を誇る、⑦ミスニューヨークを2番手に。左回りの重賞で連対歴を持つ②ムジカと⑧シゲルピンクダイヤ、デビュー以来オール4着以内と大きく崩れていない⑯パラスアテナらも上位評価に値する。

<注目馬>
ロザムール ミスニューヨーク ムジカ シゲルピンクダイヤ パラスアテナ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【福島牝馬ステークス2021予想】中距離にも対応できるようになってきたディアンドルに期待!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

昨年はU指数13位で13番人気のリープフラウミルヒが2着、11位で15番人気のランドネが3着に激走して大波乱となったが、例年は指数上位の活躍が顕著で、指数の高い馬をそのまま評価できるレースとなっている。とくに1着に関しては、過去5年中3回を1位が占め、信頼度の高さを見せつけている。2016年1着のマコトブリジャール(1位、15番人気)のように、能力が高いにもかかわらずまったく人気を集めなかった例もあるので、配当妙味のある馬の好走に期待したいところだ。
 
となれば当然、1位の⑪ディアンドル(96.8)を外すわけにはいかない。スプリント路線とはいえ重賞実績は豊富で、前走の小倉大賞典3着で中距離への対応力を身につけてきた印象を受ける。さらなる前進があってもなんら驚けない状況だ。また、成績にはムラがあるが、こちらも重賞実績十分で秘めたる能力は一級品の2位⑧シゲルピンクダイヤ(95.7)もマークしておきたい。
 
以下、G1以外では掲示板を外したことのない3位の⑦ミスニューヨーク(94.7)、形式的には格上挑戦となるが重賞でも上位常連の4位⑯パラスアテナ(94.3)にも警戒が必要だろう。

【U指数予想からの注目馬】
ディアンドル ⑧シゲルピンクダイヤ ⑦ミスニューヨーク ⑯パラスアテナ

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:318,272人(08月02日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【福島牝馬ステークス2021予想】他の追随を許さぬディープインパクト、母の父Sadler’s Wells系も存在感を放つ

今年は福島県沖地震の影響により、福島牝馬Sは新潟芝1800mにて代替開催される。2011年にも本競走は当該コースで代替開催されており、当時はマンハッタンカフェ産駒の9番人気フミノイマージンが勝ち、2着にはゼンノロブロイ産駒の5番人気コスモネモシン、3着にはキングカメハメハ産駒の3番人気ソウルフルヴォイスが入線する小波乱の決着となっていた。

新潟芝1800mにおける直近3年以内の種牡馬成績を参考にしてみたところ、牝馬はディープインパクトが最多となる12勝を挙げており、次点で4勝のオルフェーヴル、3勝でハーツクライとハービンジャーが名を連ねている。ほか、母の父ではSadler’s Wells系が「3-3-3-5」勝率21.4%・複勝率64.3%と存在感を放つ。


ドナアトラエンテは、父ディープインパクト×母ドナブリーニ(母の父Bertolini)。ドナウブルー、ジェンティルドンナの全妹で、ロジャーバローズのいとこにあたる血統。全姉ドナウブルーは新潟芝1600mで行われた12年関屋記念をレコード勝ちした実績を持つが、本馬も新潟競馬場では「1-1-0-0」と底を見せておらず、19年両津湾特別では上がり3F32秒7の瞬発力を披露している。本質的には綺麗な良馬場でこそ真価を発揮するタイプで、左回りに良績が集まる近親の成績からも改めて期待したい。

シゲルピンクダイヤは、父ダイワメジャー×母ムーンライトベイ(母の父High Chaparral)。シゲルピンクルビーの半姉にあたる血統で、母の父はコース成績で好相性を示すSadler’s Wells系のHigh Chaparral。本馬はダイワメジャー産駒らしからぬ母系由来と思える瞬発力を武器にしているため、タフな馬場では持ち味を出せずに大敗を喫することも珍しくない。2走前の中日新聞杯がクビ差2着の惜敗であったように、やはり上がりの競馬になってこそのタイプなのだろう。

ムジカは、父エピファネイア×母ローズアダージョ(母の父ディープインパクト)。延べ10頭と出走数が少ないなかでエピファネイア牝駒は2勝を挙げているが、元より新潟芝1800mはRoberto系種牡馬の産駒が特別戦で大駆けするコースでもある。本馬においては母ローズアダージョの血統構成も興味深く、父ディープインパクト、母の父Sadler’s Wellsともに注目に値する血統と言えるだろう。また、左回りでは20年ローズSで14人気ながら2着と激走していた戦績が際立つ。

【血統予想からの注目馬】
ドナアトラエンテ ⑧シゲルピンクダイヤ ②ムジカ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【福島牝馬ステークス2021予想】今週も土曜重賞の支配者の圧倒的な手腕に託す!

編集部(以下、編) リニューアル一発目となった先週は、土曜日が2勝2着1回と上々の内容も、日曜日は3着1回どまり。いうなれば、引き分けという感じでした。

新良(以下、新) やはり土日ともスカッといかなきゃですよね。今週は決められるように頑張ります。

編 よろしくお願いします。今週の土曜日には、開催場が福島から新潟に変更となった福島牝馬Sが組まれています。まずはこのレースからいきましょうか。

新 はい。乗り替わりのある馬とその鞍上を見て、だいたい私がどれを指名するのか、察しがつくと思われますが……。

編 なんとなくわかります。というか、これしかないだろうな、という感じです(笑)。

新 バレバレですよね(苦笑)。ご想像の通り、今週も川田将雅騎手を狙っていきます。

編 戸崎圭太騎手からの乗り替わりとなる⑬ドナアトラエンテですよね。確かに「またしても」ですが、それが毎週ズバズバ決まっているわけですから、恐縮される必要はないです。絶好調の川田騎手に、今週も活躍してもらいましょう。

新 本当に、今の川田騎手は手が付けられません。とくに土曜日の重賞が秀逸で、今年は8レースに騎乗して4勝2着2回という圧倒的な成績を残しています。ここ2週はともに勝利していますし、流れが変わるまでは追いかけたほうがいいでしょう。

編 まさに仰る通りだと思います。

新 もちろん、今回の推奨理由は単に川田騎手が絶好調だからというだけではありません。注目したいのは、美浦の国枝栄厩舎から声が掛かったという点です。

編 言われてみれば、このコンビはあまり見ない組み合わせのような気がします。

新 川田騎手に依頼するケースがまったくないわけではありませんが、決して多いとは言えません。国枝厩舎は基本的に、外国人騎手と関東の上位騎手がメインですからね。

編 ドナアトラエンテにこれまで騎乗してきたジョッキーは、ルメール騎手、戸崎圭太騎手、マーフィー騎手というラインナップになっています。そこに今回、川田騎手が加わるかたちになりました。

新 私にしてみれば、かなり意外な展開です。ローカル重賞ですが、この馬の能力と人気を考えれば、ルメール騎手に手が戻っていても不思議はなかったと思います。

編 どうして、川田騎手が器用されたのでしょう?

新 詳しい事情はわかりませんが、おそらくオーナーサイドの意向があったはずです。川田騎手とは対照的に、今のルメール騎手は流れが良くありません。今は川田にすがったほうがいい。そんな思いがあったんじゃないでしょうか。

編 なるほど。確かにそれはありそうですね。

新 川田騎手は新潟芝1800mで2020年以降、42.9%という高い勝率をマークしているコース巧者でもあります。条件的にも、期待するなというほうが無理な注文です。

編 馬のほうの評価はいかがですか?

新 前走の敗因は明らかに馬場にあります。不良馬場以外では4着以下に崩れたことがありませんし、大敗した前走も1番人気に推されていたほどですからね。重賞でも通用するだけの力は持っていると判断しています。

編 新馬戦を勝った縁起の良いコースですしね。

新 新潟が向いていることは間違いないので、巻き返しは必至とみていいでしょう。

編 あとは「土曜重賞の川田」に託すのみですね。

新 3週連続の勝利なるかに注目しましょう。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
ドナアトラエンテ
過去10年の結果

【福島牝馬ステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年4月25日() 福島/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 14 フェアリーポルカ 和田竜二 1:46.8 5.4 3 34.5 101.9
2 5 リープフラウミルヒ 丹内祐次 1:46.9 3/4 84.5 13 35.0 101.2
3 16 ランドネ 西村淳也 1:47.1 1 1/4 114.3 15 35.7 99.9
4 6 カリビアンゴールド 秋山真一郎 1:47.1 ハナ 16.1 5 34.8 99.9
5 3 サラキア 吉田隼人 1:47.2 3/4 6.4 4 35.1 99.2
2019年4月20日() 福島/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 デンコウアンジュ 柴田善臣 1:48.1 6.0 4 33.8 97.3
2 6 フローレスマジック 石橋脩 1:48.5 2 1/2 3.4 1 34.5 94.7
3 10 ダノングレース 蛯名正義 1:48.7 1 1/4 3.9 2 34.4 93.4
4 7 ペルソナリテ 丹内祐次 1:48.7 ハナ 38.1 9 34.2 93.4
5 9 ミッシングリンク 丸山元気 1:48.7 アタマ 24.1 8 34.7 93.4
2018年4月21日() 福島/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 キンショーユキヒメ 秋山真一郎 1:46.8 16.3 7 35.4 102.2
2 4 カワキタエンカ 池添謙一 1:46.8 クビ 2.8 1 36.1 102.2
3 12 デンコウアンジュ 蛯名正義 1:46.9 クビ 7.7 4 35.7 101.5
4 5 トーセンビクトリー 田辺裕信 1:47.3 2 1/2 3.9 2 36.3 98.9
5 3 レイホーロマンス 岩崎翼 1:47.4 3/4 5.7 3 36.2 98.2

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【福島牝馬ステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2012、13年の優勝馬オールザットジャズ

ヴィクトリアマイルにつながる芝1800mの牝馬限定重賞。ローカル開催ということもあり出走馬の顔ぶれは例年地味だが、第7回(2010年)には2年前の桜花賞馬・レジネッタが参戦。その桜花賞ぶりとなる久々の勝利を挙げた。第9~10回(2012~2013年)はオールザットジャズが連覇。このレースの勝ち馬が本番で好走したのは第6回(2009年)のブラボーデイジーヴィクトリアマイルは11番人気2着)のみだが、第12回(2015年)5着のミナレットが本番で18番人気3着、第14回(2017年)4着のデンコウアンジュが本番で11番人気2着と、近年は負けた馬が巻き返して超大穴をあける例が目立っている。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:318,272人(08月02日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

福島牝馬ステークス特集 バックナンバー