ステラリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ステラリア
写真一覧
現役 牝3 黒鹿毛 2018年1月25日生
調教師斉藤崇史(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績 4戦[1-1-2-0]
総賞金1,226万円
収得賞金400万円
英字表記Stellaria
血統 キズナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
キャットクイル
ポリネイター
血統 ][ 産駒 ]
Motivator
Ceanothus
兄弟 サンティエ
前走 2020/11/29 ベゴニア賞
次走予定

ステラリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/29 東京 8 ベゴニア賞 1勝クラス 芝1600 10112.512** 牝2 54.0 福永祐一斉藤崇史476(-10)1.35.2 0.033.6⑤④キングストンボーイ
20/10/31 京都 3 2歳未勝利 芝1800 13441.911** 牝2 54.0 福永祐一斉藤崇史486(0)1.47.5 -0.835.2⑦⑦ショウナンアレス
20/06/27 阪神 1 2歳未勝利 芝1400 13691.513** 牝2 54.0 C.ルメー斉藤崇史486(-2)1.21.9 0.235.1⑧⑧ゴールドチャリス
20/06/06 阪神 5 2歳新馬 芝1600 10442.013** 牝2 53☆ 団野大成斉藤崇史488(--)1.37.2 0.634.5⑥⑦ダディーズビビッド

ステラリアの関連ニュース

 ★梅花賞を制したディープモンスター(栗・池江、牡)は、すみれS(2月28日、阪神、L、芝2200メートル)に駒を進める。

 ★シンザン記念4着ククナ(美・栗田、牝)は引き続きルメール騎手でクイーンC(2月13日、東京、GIII、芝1600メートル)へ向かう。京王杯2歳S5着リフレイム(美・黒岩、牝)も同レースを視野に入れて調整される。

 ★12月13日中山の新馬戦(芝1800メートル)を勝ったディオスバリエンテ(美・堀、牡)はきさらぎ賞(2月7日、中京、GIII、芝2000メートル)か、共同通信杯(2月14日、東京、GIII、芝1800メートル)の両にらみ。

 ★芙蓉S2着後、休養中のアランデル(美・大竹、牡)は引き続き池添騎手できさらぎ賞に向かう。

 ★紅梅S2着ララクリスティーヌ(栗・斉藤崇、牝)は、フィリーズR(3月14日、阪神、GII、芝1400メートル)に進む。僚馬でベゴニア賞2着ステラリア(牝)は、クイーンCに挑戦する。

 ★10月31日東京の新馬戦(芝1400メートル)を勝ったアヴェラーレ(美・木村、牝)は春菜賞(2月6日、東京、1勝クラス、芝1400メートル)へ。同レースには11月14日東京の新馬戦(芝1400メートル)を快勝したルージュアドラブル(美・国枝、牝)も参戦する。

【ベゴニア賞】皐月賞馬の半弟キングストンボーイが中団から直線一気 2020年11月29日() 14:22

 11月29日の東京8R・ベゴニア賞(2歳1勝クラス、芝1600メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の3番人気キングストンボーイ(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)が中団待機策から直線は馬場の中央から一気の伸び脚を発揮して快勝した。タイムは1分35秒2(良)。

 クビ差の2着にはステラリア(1番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着にヴィクトゥーラ(2番人気)が続いた。

 ベゴニア賞を勝ったキングストンボーイは、父ドゥラメンテ、母はGII・フィリーズレビュー勝ちしたダイワパッション、母の父フォーティーナイナーという血統で、GI・皐月賞を制したエポカドーロ(父オルフェーヴル)の半弟にあたる。通算成績は3戦2勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 キングストンボーイ)「大人になりました。いいスタートからいいポジションを取れたので、フルパワーをキープできたし、直線も真面目に走ってくれた」



29日東京8R「ベゴニア賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】クロノジェネシス急上昇 2020年6月25日(木) 04:58

 東西トレセンで取材する記者が、日替わりでGI出走馬の気になる点を関係者に直撃する「俺のチェックポイント」。宝塚記念の3日目は、大阪サンスポの宇恵英志記者が栗東でクロノジェネシスに注目した。クビ差2着の大阪杯からの上昇度次第では、Vを狙える一頭。追い切りでは併せ馬で遅れたが、余力残しで時計は及第点。斉藤崇調教師が驚くほど馬体が成長しており、見逃せない存在だ。

 ◇

 今年に入って京都記念1着、大阪杯2着。近年で最高と思える豪華メンバーでも、クロノジェネシスは有力馬の一角として扱える。中間の様子、馬体がとにかく素晴らしく、前走から“上乗せ”できる部分があるようなら、強豪相手でも楽しみが広がる。チェックしたいポイントはズバリ、上昇度だ。

 24日の最終追い切りは栗東CWコースで3頭併せ。ヒンドゥタイムズ(OP)と併入、ステラリア(2歳未勝利)には半馬身遅れたが、馬なりで余力を残した結果。動きは軽く、6ハロン82秒1-11秒8の時計なら及第点といえる。見届けた斉藤崇調教師の感想は? 早速、質問をぶつけた。

 「いい動きでした。いい併せ馬ができましたよ」と納得の笑み。続けて「まだありましたね、“奥”が」と付け足した。“奥”とは、4歳での成長のこと。前走時のシャープな体のつくりから一転、今回は腰、後肢全体に厚みがある。

 「正直、びっくりです。短期間にこんなに馬が変わるなんて、思っていませんでしたよ」

 トレーナーを驚かせるほどの進化に、充実の証しが見て取れる。単なる上昇どころか、急上昇といえるほどのムード。サートゥルナーリアを含む、多数の一流馬にも太刀打ちできる態勢が整っていると感じた。

 前走で、牡馬の一線級に通用することを証明。2200メートルは守備範囲で、阪神内回りの舞台も心配ない。

 「いい条件だと思います。どのコースでも一生懸命に走ってくれますからね」

 さらに週末には援軍も…。雨だ。天気予報から馬場悪化の可能性があるが、重馬場の京都記念を快勝したように、水分を含んだ緩い芝は得意としている。

 「バランスがいいので、道悪をこなすのだと思います。京都(記念)で悪い馬場でも走っていますし、雨降りでも走る馬なので」と斉藤崇調教師がうなずく。昨年のリスグラシューのように、充実期の牝馬は想像以上のパフォーマンスを発揮するときがある。侮れない一頭だ。(宇恵英志)



宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



■「GI・俺のチェックポイント」 現場記者が週末のGI出走馬のなかで、自分が気になる馬を独自の焦点をもとに取材。記者は日替わりで、火~土曜付に掲載する。

[もっと見る]

【宝塚記念】クロノジェネシス動き柔らか 2020年6月24日(水) 11:05

 大阪杯2着のクロノジェネシスは、栗東CWコース3頭併せで持ったまま。直線で中に入ったステラリアにはクビ遅れたが、一杯に追われた外ヒンドゥタイムズには半馬身先着した。追えばスパッと切れそうなくらい、動きは柔らかみたっぷりだった。

 「1週前にそこそこ速いところをやったので、硬さがないか、反応はどうかを確かめた。どちらもいい感じだ。大阪杯から間隔を空けたことで変にカッカすることなく、スムーズに乗り込めた」と斉藤崇調教師。

 昨秋のエリザベス女王杯(5着)では勝ったラッキーライラックに2馬身離されたが、大阪杯はクビ差。「差が詰まってきたのが成長の証し。どんな条件でも一生懸命に走るし雨も大丈夫」と、秋華賞に続くGI2勝目をしっかり見据えた。(夕刊フジ)



宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神5R・新馬】今年の一番星はキズナ産駒で武豊のダディーズビビッド 2020年6月6日() 14:03

 6月6日の阪神5R・2歳新馬(芝・外1600メートル)は、武豊騎手騎乗の6番人気ダディーズビビッド(牡、栗東・千田輝彦厩舎)が、逃げたウインメイユール(7番人気)の2番手からゴール前余裕十分に抜け出して初陣を飾った。タイムは1分36秒6(良)。

 半馬身差の2着にはウインメイユールが逃げ粘り、1番人気のステラリアは中団から追い込んだが半馬身+3馬身差の3着に終わった。

 ダディーズビビッドは、父キズナ、母ケイティーズギフト、母の父フレンチデピュティという血統。

 ◆武豊騎手(1着 ダディーズビビッド)「まだ仕上がり途上と思っていたが、乗り味もすごくいいし、きょうは能力だけで勝った感じ。それだけに先々まで楽しみですね」



★6日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

ステラリアの関連コラム

閲覧 2,081ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと3か月。今週末からは4回東京・4回京都・4回新潟が開幕します。
 9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳限定重賞は、今週末10月10日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方が多いんじゃないでしょうか。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは現在も仮想オーナー募集枠を順次解放中。これまでの入札と比べて多少なりとも競争率が下がるようならば、手駒を揃える絶好のチャンスかもしれません。

 今回は注目POG馬ランキング(2020/10/07 12:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。10月下旬以降の重賞戦線に向けた現状分析や、今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活躍ください。

 既に勝ち上がりを果たしている馬は37頭。ただし、このうち注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしている馬は3頭だけです。今シーズンは、いわゆる「POG本」などで大きく取り上げられた評判馬の多くが出遅れている印象。意外な展開に戸惑っているプレイヤーが多いのではないかと思います。

●1位 レガトゥスアドマイヤセプターの2018) 2戦1勝
●6位 サトノレイナス(バラダセールの2018) 2戦2勝
●8位 ヴィルヘルム(カイゼリンの2018) 2戦1勝
●11位 モンファボリ(フォエヴァーダーリングの2018) 2戦1勝
●13位 ステラヴェローチェ(オーマイベイビーの2018) 1戦1勝
●14位 モントライゼ(ムーングロウの2018) 3戦1勝
●15位 ダノンザキッド(エピックラヴの2018) 1戦1勝
●16位 ヨーホーレイク(クロウキャニオンの2018) 1戦1勝
●20位 ドゥラモンド(シーズインクルーデッドの2018) 2戦2勝
●22位 オーソクレースマリアライトの2018) 1戦1勝
●25位 ジャカランダレーンウリウリの2018) 2戦1勝
●32位 ラピカズマ(レイズアンドコールの2018) 4戦1勝
●34位 アスコルターレ(アスコルティの2018) 2戦1勝
●35位 ノックオンウッド(トゥアーニーの2018) 2戦1勝
●36位 リフレイム(Careless Jewelの2018) 1戦1勝
●40位 ダノンシュネラ(ラッドルチェンドの2018) 2戦1勝
●43位 ブルメンダールブルーメンブラットの2018) 1戦1勝
●44位 ワンダフルタウン(シーオブラブの2018) 2戦1勝
●48位 ホウオウアマゾンヒカルアマランサスの2018) 3戦2勝
●52位 バニシングポイント(Unrivaled Belleの2018) 1戦1勝
●59位 テネラメンテ(スターアイルの2018) 2戦1勝
●60位 グランデフィオーレ(グランデアモーレの2018) 4戦1勝
●63位 レッドベルオーブ(レッドファンタジアの2018) 2戦1勝
●66位 ドナウエレンドナウブルーの2018) 3戦1勝
●69位 シュヴァリエローズ(ヴィアンローズの2018) 2戦1勝
●70位 ソダシ(ブチコの2018) 2戦2勝
●76位 アドマイヤザーゲ(アコースティクスの2018) 1戦1勝
●78位 ミルウ(エルダンジュの2018) 2戦1勝
●79位 シュネルマイスター(Serienholdeの2018) 1戦1勝
●82位 タウゼントシェーン(ターフローズの2018) 2戦1勝
●84位 フラーズダルムクーデグレイスの2018) 3戦1勝
●93位 ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018) 3戦3勝
●94位 ショックアクション(Reset In Blueの2018) 3戦2勝
●95位 ゾディアックサイン(レネットグルーヴの2018) 2戦1勝
●96位 リンゴアメ(マイネデセールの2018) 2戦2勝
●98位 ユーバーレーベン(マイネテレジアの2018) 2戦1勝
●99位 キングストンボーイダイワパッションの2018) 1戦1勝

 ちなみに、本賞金額はソダシ(ブチコの2018)とリンゴアメ(マイネデセールの2018)がトップタイ(各3800万円)、ショックアクション(Reset In Blueの2018)が単独3位(3790万円)、ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018)が単独4位(3700万円)。これらの馬に関しては「ここからどれだけポイントを上積みできるか」という観点で獲得を検討すべきでしょう。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は30頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬は、心理的に指名しづらいかもしれません。もっとも、入札における人気がガタ落ちした馬もいますから、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手です。

●2位 スワーヴエルメアイムユアーズの2018) 1戦0勝
●3位 ルペルカーリアシーザリオの2018) 1戦0勝
●4位 セブンサミットシンハライトの2018) 2戦0勝
●5位 アークライト(ヒストリックスターの2018) 2戦0勝
●9位 ブエナベントゥーラブエナビスタの2018) 1戦0勝
●17位 レッドジェネシス(リュズキナの2018) 2戦0勝
●18位 ジュリオ(ヒストリックレディの2018) 1戦0勝
●19位 カランドゥーラ(ラストグルーヴの2018) 3戦0勝
●21位 サヴァニャン(サマーハの2018) 1戦0勝
●23位 グレナディアガーズ(ウェイヴェルアベニューの2018) 2戦0勝
●24位 トレデマンド(コンドコマンドの2018) 1戦0勝
●27位 ディアマンテール(ダイヤモンドディーバの2018) 2戦0勝
●28位 アカイトリノムスメアパパネの2018) 1戦0勝
●29位 リュラネブラ(リュラの2018) 2戦0勝
●30位 グランメテオール(ライラックスアンドレースの2018) 1戦0勝
●31位 サトノスカイターフ(シーヴの2018) 1戦0勝
●33位 パタゴニア(ライフフォーセールの2018) 1戦0勝
●38位 マオノジーナス(デアリングバードの2018) 1戦0勝
●42位 ヴェルナー(アディクティドの2018) 2戦0勝
●51位 ジェラルディーナジェンティルドンナの2018) 2戦0勝
●53位 トーセンアラン(アドマイヤキラメキの2018) 2戦0勝
●58位 サンデージャック(ホットチャチャの2018) 2戦0勝
●62位 グアドループ(マンビアの2018) 2戦0勝
●64位 ダノンランディ(インディアナギャルの2018) 1戦0勝
●68位 ジネストラハッピーパスの2018) 2戦0勝
●71位 ロジモーリス(メチャコルタの2018) 1戦0勝
●73位 バッソプロフォンド(レディオブオペラの2018) 1戦0勝
●86位 サンデーアーサー(シンハディーパの2018) 1戦0勝
●89位 ステラリア(ポリネイターの2018) 2戦0勝
●92位 ポルトヴェッキオ(ポルトフィーノの2018) 1戦0勝

 残る33頭は現時点で未出走。ただし、JRA-VANによると下記の13頭は10月6日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、指名を検討する価値は高いと思います。

●10位 アルマドラード(ラドラーダの2018) 0戦0勝
●26位 シテフローラル(ジョコンダ2の2018) 0戦0勝
●41位 グラティアス(マラコスタムブラダの2018) 0戦0勝
●46位 クリーンスイープスイープトウショウの2018) 0戦0勝
●47位 シャフリヤール(ドバイマジェスティの2018) 0戦0勝
●56位 テイクバイストーム(マザーウェルの2018) 0戦0勝
●74位 ロックユー(シャンロッサの2018) 0戦0勝
●83位 クイーンズキトゥン(ステファニーズキトゥンの2018) 0戦0勝
●87位 ミスフィガロ(ミスアンコールの2018) 0戦0勝
●88位 ルリオウ(デヴェロッペの2018) 0戦0勝
●91位 クライミングリリー(コンテスティッドの2018) 0戦0勝
●97位 ピエトラサンタ(マーゴットディドの2018) 0戦0勝
●100位 リエヴェメンテ(ヒルダズパッションの2018) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 ディヴィーナヴィルシーナの2018) 0戦0勝
●12位 ザレストノーウェア(ミュージカルウェイの2018) 0戦0勝
●37位 ルナベイル(ピラミマの2018) 0戦0勝
●39位 グランワルツバウンスシャッセの2018) 0戦0勝
●45位 グラヴィル(アブソリュートレディの2018) 0戦0勝
●49位 リバースレー(モシーンの2018) 0戦0勝
●50位 ミッキーセレスタ(セレスタの2018) 0戦0勝
●54位 クルーク(クロノロジストの2018) 0戦0勝
●55位 ビッグリボン(ブリッツフィナーレの2018) 0戦0勝
●57位 フェットデメールディアデラマドレの2018) 0戦0勝
●61位 ディオスバリエンテディアデラノビアの2018) 0戦0勝
●65位 ギルティブラック(インナーレルムの2018) 0戦0勝
●67位 ローウェル(アンティフォナの2018) 0戦0勝
●72位 スレイマン(ドナブリーニの2018) 0戦0勝
●75位 ガルフォート(ポロンナルワの2018) 0戦0勝
●77位 アスクピーターパン(Straight Girlの2018) 0戦0勝
●80位 イシュタル(モヒニの2018) 0戦0勝
●81位 エスコーラ(サロミナの2018) 0戦0勝
●85位 クローヴィス(リリサイドの2018) 0戦0勝
●90位 ミッキープリティ(エクシードリミッツの2018) 0戦0勝

 なお、このうちまだ競走馬としてJRAに登録されていないのはクルーク(クロノロジストの2018)だけです。近況を逐一チェックするのは難しいかもしれませんが、その分だけ入札におけるマークは甘くなるはず。気になる馬は今のうちに確保しておくべきかもしれませんね。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

ステラリアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 5

《今週の推奨馬》

★土曜日・中山10R・北総S(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・ダノンファスト
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は自己条件に戻って昇級初戦の錦秋Sをクビ差2着に好走。
これでダートでは[3.3.0.0]の連対率100%で全く底を見せておらず、中山ダート1800mも2戦2勝の無敗だ。
右回りダート全体でも3戦3勝の無敗だし、ベストの舞台に戻るなら勝ち負け必至。

★日曜日・阪神10R・逆瀬川S(3歳以上3勝クラス芝1800m)
・ラルナブリラーレ
前走は府中芝1800mの2勝クラス平場戦を4馬身差で圧勝して昇級してきた。
勝ちタイム1.45.9は、前日の準オープンのユートピアSより0.7秒速く、1週前の準オープンのノベンバーSよりも0.8秒も速い優秀な時計。
これで芝1800mは[2.1.0.0]の連対率100%で、今回の阪神でも[1.1.0.0]と実績がある。
阪神では他にもマイル勝ちがあるので、全3勝中2勝が阪神コースだからベストの舞台に戻って勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・カトレアS
2着タケルペガサス
複勝110円

★日曜日・東京8R・ベゴニア賞
2着ステラリア
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[34.18.7.49]
勝率・0.314
連対率・0.481
複勝率・0.546

単複回収率(108戦)
単勝・75.0%(8100円)
複勝・66.9%(7230円)
総合・70.9%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都2歳S(GⅢ)
2着ラーゴム
複勝150円

★京阪杯(GⅢ)
2着カレンモエ
複勝190円

★ジャパンカップ(GⅠ)
2着コントレイル
複勝110円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔29.18.10.61〕
勝率・0.245
連対率・0.398
複勝率・0.483

単複回収率(118戦)
単勝・60.5%(7150円)
複勝・70.7%(8350円)
総合・65.6%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★キャピタルS
1着ピースワンパラディ
単勝320円
複勝150円

成績・[29.26.22.71]
勝率・0.195
連対率・0.371
複勝率・0.520

単複回収率(148戦)
単勝・59.4%(8800円)
複勝・85.4%(12650円)
総合・72.4%

 Mr.A- 2020年11月29日() 09:32
11/29注目馬
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 1

東3 5番 パープルレディー ・・・・・・ 武豊
東5 7番 シークレットアイズ ・・・・・・ ルメール
東8 1番 ステラリア ・・・・・・ 福永祐一
東9 5番 セントオブゴールド ・・・・・・ ルメール
東12 2番 アーモンドアイ ・・・・・・ ルメール

阪1 15番 スマッシャー ・・・・・・ 坂井瑠星
阪7 3番 イズジョーノキセキ ・・・・・・ 藤岡康太

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年11月28日() 23:01
11/29 単複王 No. 122 ジャパンカップ No. 12...
閲覧 272ビュー コメント 0 ナイス 5

こんばんわ 明日11/29単複王です
No.803 阪神 9レース 白菊賞(1勝クラス)  芝 1600m ◎ サトノルーチェ ◯ フラーズダルム
No.804 阪神 10レース 立雲峡S(3勝クラス)  芝 1600m ◎ オースミカテドラル ◯ サトノウィザード
No.805 阪神 11レース カノープスS(OP)  ダート 2000m ◎ ダノンスプレンダー ◯ メイショウカズサ
No.806 阪神 12レース 京阪杯(G3)  芝 1200m ◎ カレンモエ ◯ フィアーノロマーノ
No.807 東京 8レース ベゴニア賞(1勝クラス)  芝 1600m ◎ ステラリア ◯ ヴィクトゥーラ
No.808 東京 9レース オリエンタル(2勝クラス)  芝 2000m ◎ モクレレ ◯ セントオブゴールド
No.809 東京 10レース シャングリラ(2勝クラス)  ダート 1600m ◎ フルデプスリーダー ◯ オーバーディリバー
No.810 東京 11レース ウェルカムS(3勝クラス)  芝 2000m ◎ レッドアルマーダ ◯ イェッツト
No.811 東京 12レース ジャパンC(G1)  芝 2400m ◎ コントレイル ◯ アーモンドアイ
続いて
No.122 ジャパンカップ ◎ コントレイル ○ アーモンドアイ ▲ デアリングタクト ☆ グローリーヴェイズ カレンブーケドール
No.123 京阪杯 ◎ カレンモエ ○ フィアーノロマーノ ▲ ラブカンプー ☆ アンヴァル トゥラヴェスーラ
明日11/29のメインレースは
阪神 11レース 京都2歳S(G3) 芝 2000m
東京 11レース ジャパンC(G1) 芝 2400m
です
ジャパンC(G1) ◎ コントレイル ○ アーモンドアイ ▲ デアリングタクト ☆ グローリーヴェイズ カレンブーケドール
京阪杯(G3) ◎ カレンモエ ○ フィアーノロマーノ ▲ ラブカンプー ☆ アンヴァル トゥラヴェスーラ
よろしくお願いします

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステラリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月29日() 03:09:52
指数
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月27日(金) 01:16:54
バクロ、リセット後圧勝、もともと一番星

ステラリアの写真

ステラリア

ステラリアの厩舎情報 VIP

2020年11月29日ベゴニア賞2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステラリアの取材メモ VIP

2020年11月29日 ベゴニア賞 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。