アドマイヤハダル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アドマイヤハダル
アドマイヤハダル
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年4月18日生
調教師大久保龍志(栗東)
馬主近藤 旬子
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[3-0-0-2]
総賞金5,712万円
収得賞金2,100万円
英字表記Admire Hadar
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
スウェアトウショウ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
タバサトウショウ
兄弟 トゥアレグアドマイヤメジャー
前走 2021/04/18 皐月賞 G1
次走予定

アドマイヤハダルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 16118.834** 牡3 57.0 C.ルメー大久保龍482(-2)2.01.2 0.637.1⑥⑦⑦⑦エフフォーリア
21/03/20 阪神 11 若葉S (L) 芝2000 10663.521** 牡3 56.0 松山弘平大久保龍484(+8)1.59.5 -0.533.7④④④シュヴァリエローズ
20/12/12 阪神 9 エリカ賞 1勝クラス 芝2000 87711.641** 牡2 55.0 福永祐一大久保龍476(+4)2.03.4 -0.134.4ディープモンスター
20/10/24 東京 9 アイビーS (L) 芝1800 8447.634** 牡2 55.0 福永祐一大久保龍472(0)1.48.5 0.434.8⑥⑥⑤オーソクレース
20/08/01 新潟 5 2歳新馬 芝1800 1661212.651** 牡2 54.0 福永祐一大久保龍472(--)1.48.6 -0.034.2ペドラフォルカ

アドマイヤハダルの関連ニュース

 中央競馬のクラシックレースは牡馬の皐月賞エフフォーリア、牝馬の桜花賞ソダシが制し、それぞれ土つかずで“第1冠”を手に入れた。昨年は牡馬コントレイル、牝馬デアリングタクトと無敗の3冠馬が誕生。今年の2頭も続くのか、それとも…。23日のオークス、30日の日本ダービーから目が離せない。

 新馬戦から無傷4連勝で皐月賞馬に輝いたエフフォーリアが、春2冠制覇へ視界良好だ。

 第1冠はスタートを決めて4番手につけると直線で内を突いて抜け出し、後続に3馬身の決定的な差をつけて圧勝。強さばかりが際立った。

 舞台は中山芝2000メートルから東京芝2400メートルに替わるが、共同通信杯を快勝しており、コース適性は高い。父エピファネイアはこの舞台でジャパンCを勝ち、ダービー2着と血統的にもこなす下地は十分だ。

 デビューからコンビを組む横山武騎手は「2400メートルは初めてになるので折り合いはカギですが、皐月賞はお客さんの前でもどっしりしていました。この雰囲気で臨めれば」とパートナーを信頼し、鹿戸調教師も「府中のほうが強いと思っています」と好感触だ。

 2着タイトルホルダー皐月賞&ダービー馬ドゥラメンテの産駒。距離には対応できそうだが、エフフォーリアに3馬身と水をあけられた。

 最強のライバルは牝馬かもしれない。桜花賞でクビ差2着のサトノレイナスが名手ルメールとダービーへ果敢に参戦。桜花賞は大外(18)番枠から外を回らされるロスの大きい競馬だったが、メンバー最速となる上がり3F32秒9でソダシに迫った。父ディープインパクト譲りの末脚は直線の長い東京で脅威となる。勝てば、牝馬のダービー制覇は07年ウオッカ以来14年ぶりの快挙だ。

 3着ステラヴェローチェ、4着アドマイヤハダル、5着ヨーホーレイクまでが優先出走権を獲得したが、毎日杯をレコード勝ちしたシャフリヤールも魅力十分。本番と同じ舞台で行われるTR青葉賞の勝ち馬にも警戒したい。(夕刊フジ)

【POG調査隊】アドマイヤハダル 2021年4月21日(水) 04:50

 皐月賞4着アドマイヤハダルは、日本ダービー(5月30日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。「勝ち馬が強かったですね。この馬も最後に抜け出すときは勝つぐらいの勢いがあったんですが。権利も取れたのでダービーに行くつもりです」と大久保調教師。近親に宝塚記念などGI3勝のスウィープトウショウがいて、陣営の期待は大きい。

[もっと見る]

皐月賞4着アドマイヤハダルは日本ダービーへ 2021年4月20日(火) 13:26

 皐月賞4着アドマイヤハダル(栗東・大久保、牡3)は、優先出走権を獲得した日本ダービー(5月30日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。大久保調教師は「勝ち馬が強かったですね。この馬も最後に抜け出すときは、勝つぐらいの勢いがあったんですが。権利も取れたので、ダービーにいくつもりです」と話した。

アドマイヤハダルの競走成績はこちら

[もっと見る]

【皐月賞】レースを終えて…関係者談話 2021年4月19日(月) 04:55

 ◆吉田隼騎手(ステラヴェローチェ3着)「ゲートは練習と違った(遅かった)が、枠がよかったこともあって、人気馬を見ながら運べた。きょうは馬場が合っていた。ダービーに向けてもう一段階、上げていかないと」

 ◆ルメール騎手(アドマイヤハダル4着)「勝ち馬をマークする形で進み、直線で外に出すと頑張っていたが、坂を上がって苦しくなった」

 ◆岩田望騎手(ヨーホーレイク5着)「後ろからでもリズム良く運べた。4コーナーも狭いところからいい勝負根性を見せてくれた」

 ◆M・デムーロ騎手(グラティアス6着)「外枠が厳しく、流れが速くて息があまり入らなかった。馬場に脚を取られて、直線で(他馬と)ぶつかったのも影響した」

 ◆戸崎騎手(ディープモンスター7着)「バネがある感じでいいフットワークをしていたが、前残りの競馬で厳しかった」

 ◆福永騎手(レッドベルオーブ8着)「うまく脚をためられていれば、上位争いができたと思う」

 ◆池添騎手(ヴィクティファルス9着)「馬場のいいところを選んで走ったが、3コーナーから手が動いてしまった」

 ◆大野騎手(イルーシヴパンサー10着)「馬場に泣かされました」

 ◆三浦騎手(シュヴァリエローズ11着)「終始、ノメって走っていた」

 ◆菱田騎手(ワールドリバイバル12着)「自分の競馬はできた。これからよくなる馬です」

 ◆北村友騎手(ラーゴム13着)「調教ではゆったり走れるようになっていたが、競馬ではブレーキに対する操縦性が利きづらかったです」

 ◆木幡巧騎手(ルーパステソーロ14着)「まだ器用さに欠けるが、自己条件なら」

 ◆嶋田騎手(アサマノイタズラ16着)「3コーナーから右に張り出して、いつもよりも出していったぶん、苦しくなった」

★18日中山11R「皐月賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【皐月賞】3番人気のアドマイヤハダルは4着 ルメール「坂を上がって苦しくなった」 2021年4月18日() 19:48

 4月18日の中山11Rで行われた第81回皐月賞(3歳、GI、芝2000メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、横山武史騎手騎乗の2番人気エフフォーリア(牡、美浦・鹿戸雄一厩舎)が直線で突き抜けて3馬身差V。牡馬クラシック3冠の1冠目を奪取した。タイムは2分00秒6(稍重)。



 エリカ賞→若葉Sと連勝中だった3番人気のアドマイヤハダルは、中団馬群でエフフォーリアをマークするようにレースを展開。最後の直線で馬群がばらけると、内から真ん中に持ち出して一気にスパート。一完歩ごとに加速して力強く坂を駆け上がるも、前を捕らえられず4着に終わった。



 ◆C.ルメール騎手「勝ち馬をマークする形で進み、直線で外に出すと頑張っていたが、坂を上がって苦しくなった」



★【皐月賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【皐月賞】今年も無敗の王者が誕生!エフフォーリアが1冠奪取 2021年4月18日() 15:49

 4月18日の中山11Rで行われた第81回皐月賞(3歳、GI、芝2000メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、横山武史騎手騎乗の2番人気エフフォーリア(牡、美浦・鹿戸雄一厩舎)が勝利。昨年のJRA賞最優秀2歳牡馬に輝いたダノンザキッドや、C.ルメール騎手騎乗のアドマイヤハダルらを撃破し、牡馬クラシック3冠の1冠目を奪取した。タイムは2分00秒6(稍重)。



 3馬身差の2着にはタイトルホルダー(8番人気)、さらにクビ差遅れた3着にステラヴェローチェ(6番人気)が入った。なお、1番人気の2歳王者ダノンザキッドは15着に敗れた。



 エフフォーリアは、新馬戦から百日草特別、共同通信杯とデビューから無傷の3連勝。トライアル競走には出走せずに皐月賞へ直行、2019年サートゥルナーリア、2020年コントレイルに続く史上19頭目の無敗の皐月賞馬が誕生した。



 これまで4戦すべてで手綱をとる横山武史騎手は、デビュー5年目でうれしいGI初勝利。父の横山典弘騎手は1998年の皐月賞を制しており、史上3組目の皐月賞騎手父子制覇を達成。また、同馬を管理する鹿戸雄一調教師は2008年のジャパンCスクリーンヒーロー)以来、13年ぶりのJRA・GI制覇となった。



 ◆横山武史騎手(1着 エフフォーリア)「ありがとうございます! 最高です! すごく人気があり、プレッシャーがすごかったんですけど、持てるだけの技術を発揮して、この馬の能力を発揮できれば、絶対に勝てると言い聞かせて臨みました。何とかいい結果をと思っていましたし、現実にできて良かったです。僕自身余裕がなかったですし、先頭でゴールして『勝った』と実感しました。小さいときから父をはじめ、たくさんの方々がGIを勝つ姿を見て、この職業を目指したので、憧れていた舞台で1着を取れて、言葉では言い表せない思いです」



 皐月賞を勝ったエフフォーリアは、父エピファネイア、母ケイティーズハート、母の父ハーツクライという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は4戦4勝。重賞は今年の共同通信杯(GIII)に次いで2勝目。皐月賞は管理する鹿戸雄一調教師、騎乗した横山武史騎手ともに初勝利。



★【皐月賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤハダルの関連コラム

閲覧 1,655ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月18日(日) 中山11R 第81回皐月賞(3歳G1・芝2000m)


<優先出走馬>

アサマノイタズラ(B)中3週
追い切りでもパドックでもまだ余裕がある印象で、ほとんど差のないレースぶりで2着してみせた前走。この中間も嶋田騎手が1週前追い切りに騎乗しての調整。動きに関しては力強さがあり、上積みが感じられる。

アドマイヤハダル(A)中3週
ここ3戦すべて◎にしているくらい、毎回のように調教内容が良い馬。この中間も2週前が坂路、1週前がCWを長めから併せて先着。動きに関してはやや重さも垣間見えるが、しっかりと先着していてこの時点でもだいぶ仕上がっている感じ。

ヴィクティファルス(A)中3週
この中間は、これまでの3戦同様に1週前にはCWを長めから。好時計が出ており、動きを見ても力強さがあり出来は引き続き良さそう。

シュヴァリエローズ(A)中3週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着。追われてから迫力のある走りで抜群の伸び脚を見せていて、好調そのもののデキ。

タイトルホルダー(B)中5週
休み明けの前走時も太め感はなくスッキリした感じで仕上りは良かった。この中間も乗り込み量豊富で、1週前追い切りで見せた伸び脚は前走並みに好印象。

ダノンザキッド(B)中5週
休み明けの前走を使われ、この中間の動きからは行きたがる面が収まり気味で落ち着きが窺える。ただ、悪く言えばおとなし過ぎといった感じで、迫力という点では物足りなく映った。


<以下、賞金上位順>

ステラヴェローチェ(C)中8週
この中間、吉田隼騎手が毎週のように追い切りに騎乗しての入念な乗り込み。ただ、先週のソダシのような好内容とまでは行かず、坂路での動きを見るとまだ終いの伸び脚が良い時のそれには及んでいない印象。

ラーゴム(D)中9週
追い切りの動きが物足りず評価を下げてしまった前走。この中間の追い切りの動きを見ても力強さはなく、多少動きは良化するもまだまだ物足りなさが残る。

エフフォーリア(B)中8週
前走時は最終追い切りでグーンと良くなっていたこの馬。この中間は、トレセンでの乗り込み量が少なく、ギリギリまで牧場で調整されていた感じ。2週前、1週前はまだ凄みを感じるほどの動きではないが、スッと楽に先着しており出来は悪くなさそう。今回も前走時のように最終追い切りで迫力が感じられれば、前走以上の走りにも期待がもてる。

グラティアス(B)3ヶ月
前走時も3ヶ月ぶりで今回も3ヶ月ぶりのレースとなるが、1週前追い切りではデムーロ騎手を背に楽に先着しており、重め感もなく仕上がり良好。最終追い切りもあるので、さらに良くなりそうな感じもある。

レッドベルオーブ(B)4ヶ月
休み明けだが、トレセンでも1ヶ月以上乗り込まれて調整されている。映像がないので動きに関しては何とも言えないが、これまでと同じコースでも外めを回っての好時計なので悪くない仕上がりに映る。

ディープモンスター(B)中6週
この中間もこれまで同様に1週前はCWを長めから併せ馬で追い切られている。調教内容で特に気になるところはなく、調子落ちはなさそう。

ヨーホーレイク(B)中9週
この中間も乗り込み量は豊富。1週前追い切りは、追い出されての反応が鈍く、抜け出して先着するまでに時間がかかっていた。

ワールドリバイバル(D)中3週
この中間は中3週で2週前は軽めの調整で1週前はこれまで通りCWを長めから併せ馬で追い切られて先着。動きを見ると大きな馬の割に硬さがある感じで、伸び脚は物足りない。

イルーシヴパンサー(E)中3週
前走時当コラムで推奨した1頭で、人気薄で4着に健闘。ただこの中間は、1週前追い切りができていない時点で上積みはなさそう。

ルーパステソーロ(E)中2週
かなり大きな馬で、使い込まれているがここ2戦とも追い切りでは目立つ時計が出ていない。中2週のこの中間も、坂路での時計は物足りず能力的にも状態的にも物足りなさが残る。


このコラムからの推奨馬はヴィクティファルスシュヴァリエローズアドマイヤハダルの3頭をあげておきます。



◇今回は皐月賞編でした。
今週の14日(水)には門別で早くも2歳戦がスタートしました。地方競馬の2歳戦において、他地区出走時にも、毎年仕上がりの早さで好成績を残している門別所属馬たちですが、近年はJRA馬相手ではなかなか活躍することができていません(血統の良い馬や素質の高そうな馬たちは、最初からJRAに所属してしまうので仕方がないところだとは思いますが)。そして、近頃ではJRA所属馬も、6月の1600m戦や1800m戦で十分強い勝ち方ができるほどしっかり仕上がっているので、レースがないだけで育成自体は昔に比べると、だいぶ早い時期から行われるようになっているのだと感じています。
地方競馬は、2歳戦が早く始まる割に短距離戦がほとんどなので、早い時期からもう少し長めのレースを増やしてみたらどうかと思います。それと、今後はJRAのクラシックを目指すという意味で、地方競馬においても芝向きの馬が活躍できるようなレース体系(盛岡の芝コースをさらに活用する等)を地方競馬全体で作っていく試みなんかもありかもしれません。そういった路線を目指す馬は調教内容もこれまでと変わってくると思いますし、今の育成技術の向上や外厩施設を使うなどすれば早い時期に長めの距離でも戦える馬も出てくるのではないでしょうか。近年売り上げが伸びている地方競馬なので、地方競馬所属馬専用トレセンを作るくらい強い馬作りに資金を回しても良いかもしれませんね。
日本の馬は海外でも勝ち負けできるくらい強くなりましたが、今の日本の競馬に足りないのが地方競馬所属馬のレベルアップ。先に挙げたような背景から、今のままでは、地方所属馬とJRA所属馬の力の差はさらに広がっていってしまいそうです。1頭でも2頭でも、JRA所属馬に対抗できる馬がクラシックに出走してくるだけで競馬は盛り上がります。そんな馬の出現を期待しながら、今年も2歳戦を楽しみたいと思っています。

皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年4月11日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年04月11日号】特選重賞データ分析編(249)~2021年皐月賞
閲覧 2,464ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 皐月賞 2021年04月18日(日) 中山芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2015年以降)】
○着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.0秒 [5-5-5-36](3着内率29.4%)
×着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.1秒以上 [1-1-1-49](3着内率5.8%)

 直近のパフォーマンスを素直に評価したい一戦。前走の着順が2着以下、かつ前走の1位入線馬とのタイム差が0.1秒以上だった馬は安定感を欠いていました。前哨戦を勝ち切っているか、勝ちに等しい競馬だった馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤハダルタイトルホルダーラーゴム
主な「×」該当馬→ステラヴェローチェダノンザキッドレッドベルオーブ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の出走頭数が12頭以上」だった馬は2015年以降[4-4-3-28](3着内率28.2%)
主な該当馬→ステラヴェローチェレッドベルオーブ

[もっと見る]

アドマイヤハダルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 352ビュー コメント 7 ナイス 78

土曜競馬はダービー最終便
プリンシパルSと京都新聞杯
今年もPOGの終盤戦です
そういえば、新馬戦というけれど 
正式には、メイクデビュー(開催競馬場名)

なんでも2019年7月JRAから発表されたのは、
2021年から3歳新馬戦を廃止する方向だとか
今年の2018年生まれの競走馬は
1か月繰り上げで2021年2月で新馬戦は終了
まだ来年の番組表の発表はありませんが、
3歳新馬戦はなくなるでしょうかぁねぇ?

~昨年 第68回 京都新聞杯 GⅡ~
1着 ディープボンド (注目馬)
2着 マンオブスピリット (注目馬)
3着 ファルコニア (注目馬)
注目馬3頭で決着 
1・2着馬は 2歳デビューして2歳時で勝ちあがっていた

今年の(指定)戦を見ると・・・
ディ―プ記念 1着 タイトルホルダー
スプリングS 1着 ヴィクティファルス 
若葉S 1着 アドマイヤハダル
皐月賞 1着 エフフォーリア
青葉賞 1着 ワンダフルタウン

全頭の共通点は2歳時に必ず勝ち上がってます
ワンダフルタウン以外は、すべて新馬勝ち
この辺を頭にいれて、京都新聞杯の注目馬を見ると

ディープモンスター → 除外で新馬2度経験
ルペルカーリア → 2歳デビューも1/30未勝利勝ち
レッドジェネシス → 2歳デビューで12/5未勝利勝ち
マカオンドール → 2歳デビューで9/21未勝利戦勝ち
ヴェローチェオロ → 2歳新馬勝ち
フォルテデイマルミ → 2歳デビューも4/25未勝利勝ち
ワイドエンペラー → 3歳デビュー3/7未勝利勝ち
アナレンマ → 3歳デビュー新馬勝ち

今年の京都新聞杯は中京代替
ディープモンスター・ヴェローチェオロ
この2頭は代替開催で賞金加算しています。

これで枠順を待ちたいと思います


では

 Haya 2021年4月22日(木) 07:00
【~術はある~】(2021.4.22.)(福島牝馬S、フローラS、読... 
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 9

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

早足に桜の季節もすぎて、つつじが美しく咲く頃となりました。

今週は、夏日(25℃以上)が記録されるほど好天に恵まれ暑い!? 

我が懐は、相変わらず荒天続き…?好天に恵まれたい?

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には春頃更新?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には春頃更新?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第4期最終結果】
第4期(3/27~4/18)8日間(日経賞~皐月賞)12戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3アーリントンCでは、16番ジャスティンカフェ軸で勝負!
馬連(16-8,9,10,11,13) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「アーリントンC」の軸馬ジャスティンカフェ(3人気)、スタート悪く後方追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き馬群に沈み込み13着惨敗。優勝は、好位でレースを進めたホウオウアマゾン(1人気)が、直線で外に出しつつ先頭に立って、最後はそのさらに外から追い上げてきたリッケンバッカー(10人気)に1.1/4馬身差をつけゴール!! さらに3/4馬身差の3着にレイモンドバローズ(7人気)が入り、波乱決着!? 当然、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。究極の相手馬縦目決着…。 反省点として、軸馬の選択!? 素直な感想(自分にとって)は、この時期の3歳馬(若駒)は難しい?? 特に1頭軸から流す馬券は当たらない確率が高く、ボックス買いへ変更します。ちなみに、このレースもボックス買いなら当たっていた…残念。


日曜、G1皐月賞では、9番ラーゴム軸で勝負!
馬連(9-1,3,7,8,15) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「皐月賞」の軸馬ラーゴム(5人気)は、中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き13着惨敗。好位でレースを進めたエフフォーリア(2人気)が、4コーナーで空いた内を突いて先頭に立つと、直線では後続を突き放し、2着のタイトルホルダー(8人気)に3馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にステラヴェローチェ(6人気)が入り、中波乱!?  当然、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、「アーリントンC」同様に軸馬の選択!? ただ、2着入線タイトルホルダーが相手馬から抜けていたのは痛恨の極み?? ハイブリッド新聞推定前半1位(タイトルホルダー)の馬は、無視できないことを確認。


日曜、G3アンタレスSでは、8番ヒストリーメイカー軸で勝負!
馬連(8-2,3,4,9,11) 
結果は、的中。(馬連 680円)

日曜「アンタレスS」の軸馬ヒストリーメイカー(2人気)は、中団追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、好位でレースを進めたテーオーケインズ(1人気)が、直線に入って先に抜け出し優勝。ヒストリーメイカーは、最後に詰めてはいるが1.3/4馬身差の2着入線。さらに2馬身差の3着にロードブレス(6人気)が入り本命決着!! 馬券は当たりはしたが、元返し!? 反省点として、馬券種の選択!? 当てる自信はあったが、儲ける自信はなかった。仮に、馬単馬券なら軸馬が2着なのでハズレ…。さらに、3連複馬券なら3着馬ロードブレスを買っていないのでハズレ…。買い目を絞るしかなかったわけで、リスクが高い…難解。


*皐月賞 G1レースのポイント!? 
「前3走とも前年秋10月以降の1600m以上で①~③着と好走し、その中に11月以降の1800m以上重賞で連対が2回以上(芝良・稍重で0秒2差以上①着を含むこと)あり、前走が関東圏(東京・中山)レースを使用」
このうち、
(a)騎手が前走と同一
(b)前走or当日に10㎏以上の体重増減がないこと
(c)前3走内に未勝利戦使用or条件戦敗退がないこと

以上の好走要件を満たしていた馬は[5-3-0-0]

『消去法シークレット・ファイル2021』から連対圏内に残ったのは、ダノンザキッド(15着)・タイトルホルダー(2着)・エフフォーリア(1着)・アドマイヤハダル(4着)の4頭。

【第4期 総 評】
最終週末、3戦2敗1分…みたいな感じ。 ただ、最終週末も巻き返すチャンスはあった。「アーリントンC」での馬券の買い方?? 特に3歳限定戦は、抜けた存在馬がいないレースである限りボックス買いがベター!! ローリスク、ローリターンでも当たれば官軍。第4期(3/27~4/18)8日間(日経賞~皐月賞)12戦を振り返れば、すべてにあてはまる…反省。来期(5期4/24~5/30 12日間15戦)も、頑張ります。


【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(アーリントンC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数4位"
*無条件
該当馬=4位61指数値(9番ホウオウアマゾン)
結果は、的中。(1着 複勝180円)

(皐月賞)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1~5位"
*無条件(単純に指数1~5位ボックス買い10点)
該当馬=(8-7-1-3-5)馬連BOX
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。(15着-1着-4着-3着-9着)

(アンタレスS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数値54~53"
*ただし、一つ前の指数値と5~4の差 のみを対象。
該当馬=無し!! (ちなみに、3ポイント差)
見送りレース

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(福島牝馬S)
注目(馬連)したのは、"日刊馬番コンピ指数8位以内"

*ただし、馬番7番以内のみを対象。(馬連ボックス買い=3~5頭)
過去10年内5回出現(的中率50%/回収率194%)
近5年内 2回出現(的中率40%/回収率113%)

今年は新潟開催! 
ちょうど10年前(11年 馬連5750円)と同条件だけに期待大!!

(フローラS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"

*無条件
過去10年内(1-1-3-5/10)
勝率10%/連対率20%/複勝率50%/的中率50%/回収率127%
近5年内 (1-1-2-1/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率80%/的中率80%/回収率208%

リスクが低いのにリターンが高い! 今年も期待大!!


(読売マイラーズC)
注目(ワイド)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"

*条件として、指数7位までをワイド馬券6点買い。
(つまり、指数2位から指数1、3~7位までの6頭へ流す)
指数2位(昨年、返還アリ)
過去10年内(1-2-2-4/9)的中率55%/回収率173%
近5年内 (0-2-0-2/4)的中率50%/回収率75%

近年低迷しているだけに、今年は期待大!!


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 たぶお統括本部長 2021年4月19日(月) 19:11
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 5

《今週の推奨馬》

★土曜日・東京9R・新緑賞(3歳1勝クラス芝2300m)
・アルビージャ
前走は3月に中山芝2200mの未勝利戦を重馬場ながら後方から最速の上がりを繰り出して3馬身差で圧勝した。
これで全成績が[1.2.0.0]で、3戦全部で上がりは最速だ。
府中では芝2000mの新馬戦を2着してるから問題なく、直線の長い府中なら末脚全開で勝ち負け必至。

★日曜日・阪神9R・白鷺特別(4歳以上2勝クラス芝2400m)
・アイアンバローズ
前走は2月に府中芝2400mの箱根特別で1番人気に支持されたが、僅か0.1秒差の3着に惜敗。
これで芝2400mは[1.2.1.1]で、連を外した2回は前走3着と重賞のGⅡ青葉賞の10着だから共に左回りで重賞以外なら複勝率100%だ。
右回りだと連対率100%で、阪神だと前々走に現級の境港特別でアタマ差2着に好走を含め[0.2.0.0]だ。
再び実績ある右回り2400mで、更に現級で実績ある阪神なら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・阪神10R・陽春S
16着ワイドカント

★日曜日・阪神9R・須磨特別
1着ロータスランド
単勝140円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[14.5.4.17]
勝率・0.350
連対率・0.475
複勝率・0.575

単複回収率(40戦)
単勝・75.5%(3020円)
複勝・78.5%(3140円)
総合・77.0%

《先週の重賞レース◎成績》

★アーリントンカップ(GⅢ)
4着ピクシーナイト

★中山グランドジャンプ(J-GⅠ)
1着メイショウダッサイ
単勝180円
複勝110円

★アンタレスS(GⅢ)
1着テーオーケインズ
単勝290円
複勝140円

★皐月賞(GⅠ)
4着アドマイヤハダル

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔11.10.4.20〕
勝率・0.244
連対率・0.466
複勝率・0.555

単複回収率(45戦)
単勝・73.3%(3300円)
複勝・74.6%(3360円)
総合・74.0%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★ラジオ福島賞
2着キンノマサカリ
複勝160円

★福島民報杯
8着トーセンスーリヤ

成績・[10.4.6.25]
勝率・0.222
連対率・0.311
複勝率・0.444

単複回収率(45戦)
単勝・68.4%(3080円)
複勝・68.0%(3060円)
総合・68.2%

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤハダルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おかき   フォロワー:0人 2021年3月20日() 15:43:07
こら強い

アドマイヤハダルの写真

アドマイヤハダル
アドマイヤハダル

アドマイヤハダルの厩舎情報 VIP

2021年4月18日皐月賞 G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤハダルの取材メモ VIP

2021年4月18日 皐月賞 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。