会員登録はこちら
福島記念 G3   日程:2018年11月11日() 15:20 福島/芝2000m

レース結果

福島記念 G3

2018年11月11日() 福島/芝2000m/16頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分57秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

スティッフェリオ

牡4 55.0 丸山元気  音無秀孝 440(-2) 1.58.3 4.5 2
2 3 6

マイスタイル

牡4 55.0 田中勝春  昆貢 460(+6) 1.58.5 1 1/4 4.7 3
3 1 1

エアアンセム

牡7 57.0 田辺裕信  吉村圭司 496(0) 1.58.5 クビ 3.6 1
ラップタイム 12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.5 - 12.0 - 12.1 - 12.3 - 12.1 - 12.2
前半 12.3 - 23.2 - 34.4 - 46.1 - 57.6
後半 60.7 - 48.7 - 36.6 - 24.3 - 12.2

■払戻金

単勝 2 450円 2番人気
複勝 2 150円 2番人気
6 170円 3番人気
1 140円 1番人気
枠連 1-3 430円 1番人気
馬連 2-6 1,130円 3番人気
ワイド 2-6 460円 3番人気
1-2 310円 1番人気
1-6 430円 2番人気
馬単 2-6 2,250円 6番人気
3連複 1-2-6 1,430円 1番人気
3連単 2-6-1 7,540円 6番人気

福島記念のニュース&コラム

【古馬次走報】サンライズノヴァ、戸崎騎手でチャンピオンズCへ
 ★福島記念で重賞初制覇を果たしたスティッフェリオ(栗・音無、牡4)は、放牧に出され来年に備える。次走は未定。僚馬で武蔵野S1着のサンライズノヴァ(牡4)は、戸崎騎手でチャンピオンズC(12月2日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。 ★JBCクラシック13着アポロケンタッキー(栗・山内、牡6)は、浦和記念(23日、浦和、交流GII、ダ2000メートル)を目指す。 ★NST賞1着のサイタスリーレッド(栗・池添兼、牡5)は、カペラS(12月9日、中山、GIII、ダ1200メートル)へ。 ★福島記念15着のキンショーユキヒメ(栗・中村、牝5)は、中日新聞杯(12月8日、中京、GIII、芝2000メートル)を視野。甲斐路Sを勝ってオープン入りしたドミナートゥス(栗・宮本、牡3)も同レースを目指す。 ★エリザベス女王杯15着のエテルナミノル(栗・本田、牝5)は中日新聞杯か、ベテルギウスS(12月28日、阪神、OP、ダ1800メートル)の両にらみ。 ★札幌記念11着アストラエンブレム(美・小島、セン5)はディセンバーS(12月16日、中山、OP、芝1800メートル)へ向けて調整。 ★産経賞セントウルS12着のアサクサゲンキ(栗・音無、牡3)は、オータムリーフS(25日、京都、OP、ダ1200メートル)か、京阪杯(11月25日、京都、GIII、芝1200メートル)へ。 ★富士S2着のワントゥワン(栗・藤岡、牝5)は、阪神C(12月22日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。
2018年11月14日(水) 13:06

 409

【福島記念】スティッフェリオ重賞初V
 第54回福島記念(11日、福島11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走16頭)丸山元気騎乗で2番人気のスティッフェリオが3番手追走から抜け出し、重賞初制覇を飾った。管理する音無秀孝調教師は前日の武蔵野S(サンライズノヴァ)に続く2日連続重賞Vで、福島の現行4重賞(福島牝馬S、ラジオNIKKEI賞、七夕賞、福島記念)完全制覇を達成した。タイム1分58秒3(良)。1馬身1/4差の2着は3番人気マイスタイル。なお、9度目の重賞挑戦だった藤田菜七子騎手のトミケンスラーヴァは16着に終わった。 ◆丸山騎手(スティッフェリオ1着) 「枠((2)番)がよかったし、展開もベスト。2歳時に緩かった体も成長しています。大好きな福島で初めて重賞を勝ててうれしいです」 ◆田中勝騎手(マイスタイル2着) 「2番手からの形は予定通りだったし、後続に脚を使わせる競馬ができました」 ◆田辺騎手(エアアンセム3着) 「タメが利きづらい競馬になってしまいました。時計が速く、ハンデを背負っているなかで、よく頑張ってくれた」スティッフェリオ 父ステイゴールド、母シリアスアティテュード、母の父ムトト。鹿毛の牡4歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績19戦6勝。獲得賞金1億4400万1000円。重賞初勝利。福島記念は音無秀孝調教師、丸山元気騎手ともに初勝利。馬名は「オペラ作品名。近年発見され蘇った名作でシリアスな内容」。
2018年11月12日(月) 05:04

 192

【福島記念】マイスタイルは2着で初重賞Vならず 田中勝「勝ち馬にシュッと来られた」
 11月11日の福島11Rで行われた第54回福島記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、3番手を追走した丸山元気騎手騎乗の2番人気スティッフェリオ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が直線で力強く抜け出し、重賞初制覇を達成した。タイムは1分58秒3(良)。 重賞初制覇を目指したマイスタイル(3番人気)は、先手を主張したマルターズアポジーの直後をピタリと追走すると、最後の直線で一度は先頭に立ったものの、勝ち馬の決め手に屈して2着止まり。初の重賞タイトル獲得は次走以降に持ち越しとなった。 田中勝春騎手「2番手からの形は予定通りだったし、後続に脚を使わせる競馬ができました。この馬自身はタメが利いていたけど、勝ち馬にはシュッと来られましたからね」★【福島記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月11日() 19:43

 220

【福島記念】1番人気エアアンセムは3着止まり 田辺「ちょっとついていきすぎたかな…」
 11月11日の福島11Rで行われた第54回福島記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、3番手を追走した丸山元気騎手騎乗の2番人気スティッフェリオ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が直線で力強く抜け出し、重賞初制覇を達成した。タイムは1分58秒3(良)。 今年の函館記念を制しており1番人気に支持された田辺裕信騎手騎乗のエアアンセムは、勝ち馬の直後を追走して勝機をうかがうも伸び切れず。地力で3着まで押し上げるのが精一杯だった。 田辺裕信騎手「馬場状態を考えて出していく形に。ちょっとついていきすぎたかな…と思ったけど、前が止まらない馬場ですからね。時計が速く、ハンデを背負っているなかで頑張ってくれています」★【福島記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月11日() 19:43

 228

福島記念のニュースをもっと見る >

【福島記念】菜七子も笑顔!トミケンスラーヴァ併入
 藤田菜七子騎手との新コンビで参戦するトミケンスラーヴァはWコース5ハロン69秒6-13秒2で、内カーンテソーロ(2歳新馬)と併入した。調教パートナーに騎乗していた菜七子は「いい追い切りができました」と笑顔。「すごく操縦性が高くて折り合いに不安のないタイプ。器用なので福島は合っていると思います。結果を残せるように頑張りたいですね」と、自身通算9度目の重賞挑戦に意欲を示していた。★福島記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 05:06

 553

【福島記念】追って一言
 ◆エアアンセム・吉村師 「状態は問題ない。内めで脚をためる競馬で」 ◆サトノノブレス・岩崎助手 「太め感はありませんよ」 ◆スティッフェリオ・小林助手 「けいこはよく動けています」 ◆ツクバアズマオー・柴田善騎手 「使える態勢は整った」 ◆トーセンビクトリー・辻野助手 「調整は順調。芝の方がいいですね」 ◆マイスタイル・昆師 「状態は十分です。展開が楽ならあっさりも」 ◆マイネルハニー・栗田博師 「寒い時季になってピリッとしてきた」 ◆マイネルフロスト・高木師 「状態は徐々に上がってきた」 ◆マイネルミラノ・相沢師 「時計はまずまず。早めに動くような競馬ができれば…」 ◆マサハヤドリーム・今野師 「内々で脚をためられれば」 ◆メドウラーク・北沢騎手 「脚さばきは軽かった。状態はいい」 ◆ルミナスウォリアー・和田郎師 「1度使って、だいぶ具合はよくなってきた」 ◆レトロロック・辻野助手 「体調はいい。小回りで前回同様の競馬ができれば」★福島記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 05:05

 735

【武蔵野S】追って一言
 ◆インカンテーション・羽月師 「10月の頭から乗り込んできましたし、態勢は整っています。今回のメンバーでこの条件なら結果が欲しいところです」 ◆ウェスタールンド・佐々木師 「ずっと状態はいい。前回の内容から自信を持って向かえる」 ◆クインズサターン・野中師 「デキは変わりない。いい条件だと思うし、スムーズな競馬を」 ◆クルーガー・高野師 「いうことない動き。使った上積みがあっていいデキです」 ◆グレンツェント・加藤征師 「休み明けは問題ないし、動きも良かった。GIIIならチャンスは十分」 ◆サンライズノヴァ・小林助手 「馬場は悪かったですが、しっかりと調教をやれました。コース実績もありますから」 ◆ナムラミラクル・杉山師 「東京ダ1600メートルはベストの条件。楽しみは大きいです」 ◆マルターズアポジー・堀井師 「福島記念と両にらみ。以前のモタれる面も見せず、動きはスムーズだった」 ◆メイショウウタゲ・安達師 「状態はいいですよ。近2走は集中して走れています」 ◆ユラノト・松田師 「順調ですし、調子はいいです。態勢は整っていますよ。芝スタートがどうかですね」 ◆ラインシュナイダー・沖師 「けいこの動きは問題ない。前回は体調が戻り切らなかった」 ◆ルグランフリソン・中竹師 「気候がこの馬向きになってきたし、いい状態でレースに使える」★武蔵野Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 05:04

 1,005

【古馬次走報】キセキはジャパンCへ
 ★天皇賞を制したレイデオロ(美・藤沢和、牡4)は、31日、福島・ノーザンファーム天栄へ。同馬の弟でセントライト記念2着の僚馬レイエンダ(牡3)は、チャレンジC(12月1日、阪神、GIII、芝2000メートル)へ。 ★天皇賞・秋3着キセキ(栗・中竹、牡4)は、ジャパンC(25日、東京、GI、芝2400メートル)に進む。12着ブラックムーン(栗・西浦、牡6)はマイルCS(18日、京都、GI、芝1600メートル)へ。 ★富士Sを勝ったロジクライ(栗・須貝、牡5)は、C・デムーロ騎手でマイルCSに臨む。 ★スワンS5着コウエイタケル(栗・山内、牡7)は、京阪杯(25日、京都、GIII、芝1200メートル)を視野。7着レーヌミノル(栗・本田、牝4)は、マイルCSへ。 ★カシオペアS1着エアウィンザー(栗・中竹、牡4)は、チャレンジCを視野に入れる。3着トリコロールブルー(栗・友道、牡4)は、中日新聞杯(12月8日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。4着ナイトオブナイツ(栗・池添兼、牡5)は、福島記念(11日、福島、GIII、芝2000メートル)に挑む。 ★ルミエールオータムダッシュ1着ミキノドラマー(美・南田、牡5)、2着レジーナフォルテ(美・佐藤、牝4)は、ラピスラズリS(12月2日、中山、OP、芝1200メートル)へ。★キセキの競走成績はこちら
2018年11月1日(木) 05:01

 1,313

プロ予想家の的中情報


福島記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月11日 15:18更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
1,430円 14,300円
Lv114 
170円 8,500円
Lv112 
460円 1,840円
Lv109 
1,430円 8,580円
Lv108 
430円 43,000円

的中情報をもっと見る >

福島記念過去10年の結果

2017年11月12日() 福島競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年11月13日() 福島競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2015年11月15日() 福島競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ヤマカツエース 津村明秀 2:02.5 5.5倍 100.7
2着 ミトラ 柴山雄一 4.2倍 99.5
3着 ファントムライト 吉田隼人 7.3倍 97.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

福島記念のデータ分析とレース傾向

コース図福島芝2000m

ハンデ重賞らしく波乱傾向の強いレース。2015年のように2番人気が勝ち、1番人気が2着に入って順当な結果に終わる年もあるが、基本的に人気サイドの安定感は低く、高配当を狙ってしかるべき一戦と言える。2007年以降、トップハンデ馬の馬券圏内は3頭のみ。いずれも2番人気以内の高い支持を集めた馬であり、人気薄の出番はない。半面、52キロ以下の軽ハンデ馬も不振傾向で、連対馬は3頭のみ。すべて3歳馬で、4歳以上の軽ハンデ馬に飛びつくのは危険だ。レースが行われる福島2000mは、下りスタートかつ最初のコーナーまで約500mあり、厳しい流れになることも少なくない。道中、落ち着いたとしても、4コーナーの下りで再度加速するため、直線は激しい追い比べになりやすい。見どころの多いレースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

福島記念の歴史と概要


2016年の優勝馬マルターズアポジー

秋の福島開催のフィナーレを飾る伝統のハンデ重賞。G1の裏街道を歩む叩き上げのオープン馬が出走し、初重賞制覇を達成することも少なくない。第48~49回(2012~2013年)はダイワファルコンが連覇。大波乱が発生する年も多く、第46回(2010年)は12番人気のダンスインザモアが勝って3連単20万馬券。第50回(2014年)は6番人気のミトラ勝ち、2着に13番人気のフラアンジェリコが入って3連単36万馬券が飛び出している。

歴史と概要をもっと見る >

福島記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月24日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2018年11月25日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2018年11月24日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2018年11月25日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る