今週の重賞レース

2022年5月28日( 葵S G3
2022年5月29日( 目黒記念 G2 日本ダービー G1

東京新聞杯 G3

日程:2022年2月6日() 15:45 東京/芝1600m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 11

イルーシヴパンサー

牡4 56.0 田辺裕信  久保田貴 476(+4) 1.32.3 5.3 4 33.1 ⑭⑬
2 4 6

ファインルージュ

牝4 55.0 C.ルメー  木村哲也 510(+16) 1.32.6 1 3/4 3.3 1 34.0 ⑦⑧
3 5 9

カラテ

牡6 57.0 菅原明良  高橋祥泰 534(+2) 1.32.7 クビ 4.1 2 33.9 ⑩⑪
4 8 15

カレンシュトラウス

牡5 56.0 津村明秀  平田修 522(-2) 1.33.0 25.5 8 34.0 ⑫⑫
5 5 8

ドナアトラエンテ

牝6 54.0 M.デムー  国枝栄 468(0) 1.33.2 1 1/2 30.6 9 34.5 ⑩⑨
6 6 10

エイシンチラー

牝4 54.0 柴田大知  田中剛 468(-2) 1.33.3 1/2 72.7 14 34.1 ⑬⑬
7 2 2

ワールドバローズ

牡4 56.0 和田竜二  石坂公一 452(0) 1.33.4 1/2 20.6 6 34.7 ⑦⑨
8 8 14

カテドラル

牡6 58.0 戸崎圭太  池添学 494(+2) 1.33.6 18.4 5 34.3 ⑮⑮
9 1 1

アオイクレアトール

牡5 56.0 内田博幸  古賀慎明 490(0) 1.33.7 1/2 21.4 7 35.2 ⑦⑤
10 7 12

ヴェロックス

牡6 57.0 三浦皇成  中内田充 492(-2) 1.33.7 ハナ 61.0 12 35.4 ③③
11 2 3

ディアンドル

牝6 56.0 石川裕紀  奥村豊 496(-10) 1.33.7 クビ 89.7 15 35.4 ③③
12 7 13

ホウオウアマゾン

牡4 57.0 坂井瑠星  矢作芳人 510(-2) 1.33.8 3/4 4.9 3 35.3 ⑤⑤
13 4 7

ケイデンスコール

牡6 59.0 石橋脩  安田隆行 478(0) 1.34.1 1 3/4 66.5 13 36.0 ②②
14 3 5

トーラスジェミニ

牡6 58.0 横山武史  小桧山悟 476(-2) 初B 1.34.8 41.5 10 36.8 ①①
15 3 4

マルターズディオサ

牝5 56.0 松岡正海  手塚貴久 452(-4) 1.35.3 54.1 11 36.8 ⑤⑤
ラップタイム 12.2 - 11.1 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 11.2 - 11.4 - 11.7
前半 12.2 - 23.3 - 34.7 - 46.4 - 58.0
後半 57.6 - 45.9 - 34.3 - 23.1 - 11.7

■払戻金

単勝 11 530円 4番人気
複勝 11 160円 3番人気
6 150円 2番人気
9 140円 1番人気
枠連 4-6 820円 3番人気
馬連 6-11 1,000円 3番人気
ワイド 6-11 430円 3番人気
9-11 430円 4番人気
6-9 410円 1番人気
馬単 11-6 2,240円 6番人気
3連複 6-9-11 1,730円 1番人気
3連単 11-6-9 8,750円 9番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:336,372人(05月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【東京新聞杯2022予想】有利不利が少ないコンディション!末脚のしっかりしたタイプが優位!

【東京新聞杯2022予想】有利不利が少ないコンディション!末脚のしっかりしたタイプが優位!

土曜日の東京芝のレース結果、近年の東京新聞杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

月曜日から金曜日にかけての雨量はゼロ。土曜日も好天に恵まれ、芝コースは終日良馬場(JRA発表)で行われた。ちなみに、この中間は連日のように散水作業を施し、土曜日早朝のJRA測定含水率はゴール前が14.7%、4角は13.5%。良発表とすれば、水分を多く含んだ軟らかい状態だった。

加えて、クッション値は8.9の標準。そうなると時計も遅くなりそうなものだが、芝1600mで行われた7R・1勝クラスの決着タイムは1分33秒3。この時季の下級条件とすれば速い部類。芝1400mの10R・テレビ山梨杯(3勝クラス)も1分20秒5と好タイムが出ている。測定値以上に軽めの走りやすいコンディションとみて差し支えない。

土曜日の芝競走6鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は10、1、15、12、2、8番手。決まり手は逃げ粘り、外差し、イン強襲、後方一気と多種多様。その枠順と馬番は7枠12番、8枠16番、6枠12番、3枠5番、8枠16番、2枠2番。こちらも有利不利が比較的少ない結果となっている。

ただ、上がりの速い決着への適応力が求められるのは確か。上がり3ハロン3位以内の馬が【5.4.3.9】、うち最速馬(タイを含む)は【4.0.1.3】と上々の成績を収めている。ゆえに末脚のしっかりした馬が優位という捉え方が、もっとも適切ではないか。

日曜日開催中の降水確率は0%。乾燥が進めば、より速い上がりを要求されるコンディションと化す可能性もあり得る。となれば、枠順よりも鋭い決め脚を備えているかどうかのほうが肝要。近2走内に上がり3ハロン最速を記録している馬は、人気の有無に関係なくチェックしておきたい。

血統的には過去5年の東京新聞杯を参考にすると、ディープインパクトやハーツクライの血を引く馬が堅調。3着以内馬延べ15頭中9頭を占めている。どちらかの血を受け継ぐ馬は、今回もプラスに評価するのが筋だろう。

とはいえ、出走馬と照らし合わせてみると該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、直近5回の東京新聞杯の連対馬すべてに共通する、前走G1出走もしくは前走がG2以下でひとケタ着順だった、4~5歳馬に的を絞りたい。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(近2走内に上がり3ハロン最速)の要点をともに満たしているのは、②ワールドバローズ、⑥ファインルージュ、⑪イルーシヴパンサー。よって当欄では、これら3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ワールドバローズ ⑥ファインルージュ ⑪イルーシヴパンサー
プロ
予想

【東京新聞杯2022予想】予想神「スガダイ」×POGマイスター「柿谷陽介」の注目馬大公開!

【東京新聞杯2022予想】予想神「スガダイ」×POGマイスター「柿谷陽介」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×POGスペシャリスト「柿谷陽介」が東京新聞杯を大展望!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) 柿谷陽介(POGスペシャリスト) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【東京新聞杯2022予想】好ムードのホウオウアマゾンが単独A評価!-追い切りチェック(最終版)

【東京新聞杯2022予想】好ムードのホウオウアマゾンが単独A評価!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる東京新聞杯の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①アオイクレアトール【B】
美浦南W併走。直線で先行していた僚馬に楽々と並びかけると、手ごたえに余裕を残したままアッサリと突き放した。コーナーを逆手前で回るなど、粗い面は多々見られるも、備えている脚力は相当。ジョッキーがうまくリードできれば、浮上の目はある。

②ワールドバローズ【B】
栗東坂路併走。序盤に頭をあげるなど集中を欠く場面があったものの、中盤以降は低い姿勢を保ち小気味よく登坂。ラストまで脚勢は乱れなかった。もう少しリラックスできれば文句なしだが、ひたむきに前へ進もうとする真面目さは好感が持てる。現状の力を出せる態勢と判断したい。

③ディアンドル【C】
栗東坂路単走。2ハロン目からペースを上げて、しまいまで踏ん張らせる内容。この馬にしては、軸のブレが少なく馬場をしっかり掴んで走れていた。ただ、首の可動域が狭く、頭の位置が高い点はいつもと同じ。動きを確認する限り、調教観点的には推奨しづらい。

④マルターズディオサ【C】
美浦南W併走。先に仕掛けた相手に対し、ほぼ馬なりで差を詰め、最後は同入。内容自体は悪くないのだが、いい頃に比べると四肢の可動域が狭く映るし、脚元の力強さも足りないように感じる。ここで勝ち負けに加わるには、もう一段階上の変わり身が欲しい。

⑤トーラスジェミニ【C】
美浦南W併走。直線を向いて手前を替えるとペースアップ。懸命に追われて食い下がる僚馬に対し、体勢有利の形でゴールした。ただ、良い頃に比べると、首の可動域が狭く映るぶん、全体的な動きの伸びやかさを欠いている印象。持ち直しつつあるのは確かだが、本調子には今一歩のように思える。

⑥ファインルージュ【B】
美浦南W併走。頭が高めで追い出す際の反応も薄く映るが、制御に苦労した1週前追い切りに比べれば随分と内容は良くなった。3頭併せの真ん中で攻め巧者2頭から圧を受けながらも、最後まで脚勢を維持していた点は評価できる。秋華賞以来の実戦とすれば、及第点の仕上がりだろう。

⑦ケイデンスコール【B】
栗東坂路単走。手前替えが不器用で、体も持て余し気味。とはいえ、首を大きく縦に振って活気は十分すぎるほど。前膝を高く上げた力感ある走りは見映えが良く、鞍上の指示に対する反応も悪くない。この馬なりに仕上がりは順調。あとは斤量との戦いとなろう。

⑧ドナアトラエンテ【C】
美浦南W併走。低い重心を保ち、均整のとれたフォームで走れてはいるが、さほど推進力はなく、脚元の力感も薄い。そのうえ、競る気配も希薄で併走馬に手ごたえ劣勢の形でゴール。軽めの内容とはいえ、動きに際立つものはない。圧が強くなる牡馬混合の重賞で、勝ち負けまでは厳しいか。

⑨カラテ【B】
美浦坂路単走。頭の高さが目立つものの、それはいつものこと。トビが高く一完歩ごとの進みが大きいし、気負いなくリラックスして走れている。もう少し重心が沈めば言うことはないが、この馬とすれば速い水準のラップを刻んでおり、体調面の不安はなさそう。いい意味での平行線だろう。

⑩エイシンチラー【C】
美浦坂路単走。逆手前でコーナーを回り、最後までそのまま。左回りのレースに臨むことを思えば、一概に悪材料とは言い切れないものの、元来手前替えのスムーズな馬。そのあたりを踏まえると、不安を覚えてしまう。直線ではキビキビと動けていたが、相手強化の重賞で大望まではどうか。

⑪イルーシヴパンサー【B】
美浦南W併走。コーナーから気合乗りが良く、直線で軽く促されると好反応を示し、前を行く僚馬を悠々と追い抜いた。完歩の小さなピッチ走法ゆえに、大箱コースで時計勝負になった際の不安は残るものの、反応の鋭さや力強い脚どりをみるに体調は良さそう。軽くは扱えない1頭だ。

⑫ヴェロックス【C】
栗東坂路単走。序盤こそ力強い脚どりで登坂していたものの、鞍上が促すと口向きを曲げて抵抗。ハミから逃れようと大きく頭をあげて逆らうなど、難しい面を出してしまった。実戦もそうだが、馬自身が手の抜きどころを覚えてしまった印象。評価は上げづらい。

⑬ホウオウアマゾン【
栗東CW併走。首と四肢の連動性が高いフォームで、力強く脚を伸ばす姿は見映えがいい。もともと安定したフットワークが持ち味の馬だが、それを差し引いても、後肢を効果的に使った柔らかい走りは目を引くものがある。いい雰囲気で臨むことができそうだ。

⑭カテドラル【B】
栗東坂路単走。序盤は首の動きが硬く、トビも低め。次第に首を使うようになり、連れて四肢のさばきに回転と力強さが増した。手前を替えずに登り切ったため、ゴール前の鋭さこそ目立つものではなかったが、鞍上がガッツリ追えば伸びそうな余韻は残している。まずまずの仕上がりではないか。

⑮カレンシュトラウス【B】
栗東坂路単走。序盤こそ頭をあげるシーンもあったが、落ち着きを取り戻したあとはキビキビと真っすぐ登坂。ラスト1ハロンあたりで鞍上が仕掛けると、しっかり応えて鋭く脚を伸ばした。大型馬の休み明けでも、動きに重苦しさや硬さはない。当日の気配次第では穴候補として一考の余地がある。

【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、⑬ホウオウアマゾンが最上位評価となる。力強さと弾力性を兼ね備えたフットワークが印象的。とりわけ、後肢の振り幅の大きさは目を引くものがあった。以前より筋肉量が増した冬場の大型馬にもかかわらず、体を柔らかく使えていることも好感が持てる。高く評価したい1頭だ。

<注目馬>
ホウオウアマゾン

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:336,372人(05月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【東京新聞杯2022予想】カラテ「動きも時計も合格点」 ファインルージュ「順調に上向き、重さ感じない」

【東京新聞杯2022予想】カラテ「動きも時計も合格点」 ファインルージュ「順調に上向き、重さ感じない」

 ◆アオイクレアトール・古賀慎師「力をつけている。相手はそろうが、頑張ってほしい」

 ◆イルーシヴパンサー・久保田師「ワンターンの東京は合っている。今の勢いでどこまで」

 ◆ヴェロックス・福永助手「前走は内容としては悪くなかった。もう少しスムーズなレース運びなら」

 ◆エイシンチラー田中剛師「前走は成長した走りを見せた。いい走りができれば」

 ◆カテドラル池添学師「東京マイルは成績を残している。年を重ね、力を発揮してくれるようになっている」

 ◆カラテ・高橋祥師「中間も緩めずにやっている。動きも時計も合格点」

 ◆カレンシュトラウス・平田師「仕上がりは万全。前に行っても、後ろからでも脚を使える」

 ◆ケイデンスコール・安田隆師「舞台はいいですね。あとは、59キロの斤量がどうか」

 ◆シュリ・池江師「(前走は)久々のぶんもあったと思います。(東京は)悪くないはず」

 ◆ディアンドル奥村豊師「(前走は)ゲートをうまく出れずに流れに乗れませんでした。(東京で)うまくいけば」

 ◆ドナアトラエンテ・国枝師「シュッと動けないところはあるが、東京でいい走りを」

 ◆トーラスジェミニ・小桧山師「ブリンカーはレースでも着用予定。毎回、自分の持ち時計ぶんは走っている」

 ◆ファインルージュ・太田助手「順調に上向いてきて、見た目にも重さは感じません」

 ◆ホウオウアマゾン・矢作師「状態がいいので、ここを使います。しっかり成長すればGI級の馬だと思っている」

 ◆マルターズディオサ・手塚師「GIIIなら力上位だが、56キロを背負ってどうか」

 ◆ワールドバローズ・石坂師「今後を測るにはいい舞台。左回りの1600メートルはベスト」

東京新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【東京新聞杯2022予想】オールクリア6頭の中からイルーシヴパンサーを最上位評価!

【性別】

2012年以降の性別成績は、牝馬【4.2.1.9】、牡・せん馬【6.8.9.110】。勝率、連対率、複勝率のいずれも、牝馬が牡・せん馬を上回っている。しかも後者の2着連対圏入りは、芝1600mの勝利経験またはマイル重賞で2着歴があった馬のみ。マイル実績に乏しい、牡・せん馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
⑫ヴェロックス

【所属】

2012年以降の所属別成績は、栗東【4.4.4.57】、美浦【6.6.6.62】。東西別での大きな偏りは見られない。その一方、6歳以上の関東馬の馬券絡みはG1ウイナーだけ。関東馬を狙う際は、馬齢や過去の戦歴をしっかりチェックしておきたい。

(減点対象馬)
⑤トーラスジェミニ ⑧ドナアトラエンテ ⑨カラテ

【負担重量】

2012年以降の1~3着馬延べ30頭の負担重量を検証すると、54キロから57キロまでの間。58キロ以上は【0.0.0.6】と苦戦を強いられている。牝馬では2014年1着ホエールキャプチャ(57キロ・牡馬換算59キロ)や、2020年1着プリモシーン(56キロ・牡馬換算58キロ)のような好走例もあるが、牡・せん馬の場合は収得賞金の多さが好結果につながらない傾向にある。

(減点対象馬)
⑤トーラスジェミニ ⑦ケイデンスコール ⑭カテドラル

【前走着順】

前走の着順については、G1なら11着以内、G2・G3は7着以内、非重賞であれば5着以内がひとつの基準。2012年以降の1~2着馬延べ20頭中18頭が該当する。例外の2頭には、牡牝混合のマイルG1で3着以内の好走経験があった。相応の実績がないうえに、先述の条件を満たしていない馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
③ディアンドル ④マルターズディオサ ⑤トーラスジェミニ ⑧ドナアトラエンテ ⑮カレンシュトラウス

【前走人気】

前走の単勝人気に関しては、G1であれば11番人気以内、それ以外の場合は8番人気以内が目安。2012年以降の1~2着全馬がこの条件をクリアしていた。

(減点対象馬)
⑤トーラスジェミニ ⑦ケイデンスコール ⑫ヴェロックス

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、①アオイクレアトール、②ワールドバローズ、⑥ファインルージュ、⑩エイシンチラー、⑪イルーシヴパンサー、⑬ホウオウアマゾンの6頭。

トップには⑪イルーシヴパンサーを推したい。2012年以降、前走3勝クラス(旧1600万下)組は【3.1.0.5】。そのうち、2勝クラス(旧1000万下)から連勝して臨む馬は【3.0.0.1】の好パフォーマンスを示している。4連勝で重賞初制覇への期待は十分だろう。

近年の東京新聞杯で活躍顕著な牝馬に該当する⑥ファインルージュ、近10回【1.0.3.7】の前走阪神カップ組に当てはまる⑬ホウオウアマゾンらも軽くは扱えない存在。以下は、①アオイクレアトール、②ワールドバローズの2頭横並びの評価としたい。

対照的に残りの1頭、⑩エイシンチラーは近10回連対ゼロと劣勢の傾向にある、近2走内G3以下2ケタ着順経験馬。そのため、評価を上げづらい印象を受ける。

<注目馬>
イルーシヴパンサー ⑥ファインルージュ ⑬ホウオウアマゾン ①アオイクレアトール ②ワールドバローズ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【東京新聞杯2022予想】G1以外での安定ぶりが際立っているU指数上位2頭に期待!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

例年の決着パターンを見ると、U指数上位2頭+下位1頭という組み合わせが多い。指数上位勢のワンツースリーは期待しづらく、2018年1着のリスグラシュー(14位、3番人気)、2020年2着のシャドウディーヴァ(13位、6番人気)、2021年1着のカラテ(16位、5番人気)と、過去5年間で3頭の二桁順位馬が2着以内に入っている。よって、3着以内に入ってくれそうな軸馬候補をU指数上位のなかからピックアップし、相手は指数にかかわらず手広くカバーする方針をとることが推奨される。

ただし、指数も人気も著しく低い馬の好走例はほとんど見られないので、最初から圏外とみなせる馬はバッサリ切ってしまって構わない。

まずは、昨年の2着馬でU指数1位の⑭カテドラル(98.6)に注目する。近走、着順を落としているのはG1だけで、G2以下における安定ぶりは見事の一語。実績のある東京の1マイルなら、58キロでも無様な競馬は見せられない。

次いでピックアップするのは、2位の⑬ホウオウアマゾン(97.9)。こちらもG1以外はデビュー以来オール3着以内と誇れる戦績を残しており、ここも上位争いに期待が持てる。

以下、重賞実績十分の3位タイ④マルターズディオサ(97.6)と、ディフェンディングチャンピオンの7位⑨カラテ(95.4)を押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
カテドラル ⑬ホウオウアマゾン ④マルターズディオサ ⑨カラテ

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:336,372人(05月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【東京新聞杯2022予想】ディープインパクト系は牝馬が優勢、近年はデインヒルの血脈を持つ馬が存在感を示す

【東京新聞杯2022予想】ディープインパクト系は牝馬が優勢、近年はデインヒルの血脈を持つ馬が存在感を示す

ディープインパクト産駒は2014~2020年まで7年連続で連対していたものの、昨年は1番人気ヴァンドギャルド含め、6頭が出走しながらすべて4着以下に敗れてしまっていた。ただし、牡馬「1-4-1-24」、牝馬「2-1-0-2」と性差があることには気を配るべきだろう。

近年はデインヒルの血脈を持つ馬の好走が目立ち、昨年はカテドラル(母の父ロックオブジブラルタル)が12番人気2着と波乱を演出するほか、20年2着&21年3着シャドウディーヴァ(母の父Dansili)、18年2着&19年3着サトノアレス(母の父デインヒル)がリピーターとしても活躍している。

カテドラルは、父ハーツクライ×母アビラ(母の父ロックオブジブラルタル)。先述のとおり、昨年は12番人気で2着と健闘してみせたが、本馬は晩成型のハーツクライ産駒らしい成長曲線を描いており、5歳以降は2着、2着、12着、2着、1着、9着。連対できなかった2走は安田記念とマイルチャンピオンシップのG1なので、G3であれば常に勝ち負けを演じているともいえるだろう。リピート好走の目立つデインヒル内包馬としても要注目。

ファインルージュは、父キズナ×母パシオンルージュ(母の父ボストンハーバー)。父系祖父ディープインパクトは東京新聞杯で3勝、うち2頭が牝馬であることも特徴のひとつ。後継種牡馬の産駒は初出走となるが、キズナの牝駒はソングラインが当該コースで重賞勝ちの実績を持つ。本馬はフェアリーSの勝ち馬で、レコード決着となった桜花賞でも勝ち馬から0秒1差の3着。実績からもマイル適性を強調しやすく、距離短縮で本領発揮だろう。

カラテは、父トゥザグローリー×母レディーノパンチ(母の父フレンチデピュティ)。近親にステイゴールドやショウナンパンドラがいる血統。父系も母系も成長力に富むタイプとはいえ、21戦目に3勝目を挙げてからの充実ぶりは瞠目に値するもので、前走も58kgを背負いながら見事な差し切り勝ちを披露していた。なお、近親ステイゴールドは19年の勝ち馬インディチャンプを出しており、同馬とはキングカメハメハの血を引く点でも共通。リピート好走が少なくない傾向を鑑みると、今年もぞんざいには扱えないだろう。

【血統予想からの注目馬】
カテドラル ⑥ファインルージュ ⑨カラテ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【東京新聞杯2022予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年2月7日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:
東京新聞杯2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 カラテ 菅原明良 1:32.4 11.6 5 34.0 101.7
2 4 カテドラル 田辺裕信 1:32.4 アタマ 34.2 12 33.5 101.7
3 11 シャドウディーヴァ 岩田康誠 1:32.6 1 1/4 7.2 3 33.6 100.2
4 13 ヴァンドギャルド 福永祐一 1:32.7 1/2 2.7 1 34.2 99.4
5 5 トライン 横山典弘 1:32.8 1/2 23.2 8 34.4 98.6
2020年2月9日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:
東京新聞杯2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 プリモシーン M.デムーロ 1:33.0 7.8 4 33.6 99.3
2 12 シャドウディーヴァ 岩田康誠 1:33.1 1/2 14.2 6 33.3 98.5
3 13 クリノガウディー 横山典弘 1:33.1 ハナ 8.7 5 33.9 98.5
4 5 サトノアーサー 田辺裕信 1:33.2 1/2 7.7 3 34.0 97.8
5 4 クルーガー S.フォーリー 1:33.2 ハナ 84.1 12 34.3 97.8
2019年2月3日() 東京/芝1600m
天候:晴 馬場:
東京新聞杯2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 インディチャンプ 福永祐一 1:31.9 2.7 1 33.5 101.6
2 6 レッドオルガ 北村友一 1:32.0 1/2 11.4 6 33.6 100.8
3 1 サトノアレス 柴山雄一 1:32.0 アタマ 9.8 4 33.4 100.8
4 8 ロードクエスト 三浦皇成 1:32.3 1 1/2 48.1 10 33.7 98.5
5 5 タワーオブロンドン C.ルメール 1:32.3 ハナ 3.6 2 34.2 98.5

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【東京新聞杯2022予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2019年の優勝馬インディチャンプ
2019年の優勝馬インディチャンプ

グレード制導入時より冬の東京開催に行われるマイル重賞として親しまれている一戦。上半期のマイル王決定戦・安田記念や、古馬牝馬の春の頂点・ヴィクトリアマイルと同じ舞台で行われることもあり、古馬のトップマイラーが集う。第46回(1996年)はマイル戦無敗のままキャリアを終えたトロットサンダーが堂々優勝。第52回(2002年)は同年の安田記念の覇者となるアドマイヤコジーンが約2年2カ月ぶりとなる復活勝利を果たした。ほかにも、第49回(1999年)のキングヘイロー、第57回(2007年)のスズカフェニックス、第58回(2008年)のローレルゲレイロ、第64回(2014年)のホエールキャプチャ、第68回(2018年)のリスグラシュー、第69回(2019年)のインディチャンプなど、G1ホースたちが勝ち馬欄に名を連ねる。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:336,372人(05月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

東京新聞杯特集 バックナンバー

トップへ