会員登録はこちら
東京新聞杯 G3   日程:2018年2月4日() 15:45 東京/芝1600m

レース結果

東京新聞杯 G3

2018年2月4日() 東京/芝1600m/16頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

リスグラシュー

牝4 55.0 武豊  矢作芳人 448(+4) 1.34.1 5.5 3
2 2 3

サトノアレス

牡4 57.0 柴山雄一  藤沢和雄 510(-6) 1.34.3 8.9 5
3 8 15

ダイワキャグニー

牡4 56.0 横山典弘  菊沢隆徳 494(-4) 1.34.3 クビ 4.2 2
ラップタイム 12.4 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.4 - 11.1 - 11.0 - 12.0
前半 12.4 - 23.8 - 35.4 - 47.6 - 60.0
後半 58.7 - 46.5 - 34.1 - 23.0 - 12.0

■払戻金

単勝 8 550円 3番人気
複勝 8 210円 3番人気
3 280円 5番人気
15 170円 2番人気
枠連 2-4 1,230円 8番人気
馬連 3-8 2,450円 9番人気
ワイド 3-8 980円 8番人気
8-15 610円 3番人気
3-15 760円 6番人気
馬単 8-3 4,430円 16番人気
3連複 3-8-15 4,630円 10番人気
3連単 8-3-15 27,390円 69番人気

東京新聞杯のニュース&コラム

【東京新聞杯】善戦ウーマン返上!武リス、覚醒V
 第68回東京新聞杯(4日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)武豊騎乗で3番人気のリスグラシューが、中団から直線で早めに先頭に立って押し切った。タイム1分34秒1(良)。2016年のアルテミスS以来の重賞2勝目となった。このあとはサンケイスポーツ杯阪神牝馬S(4月7日、阪神、GII、芝1600メートル)からヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。 思い出の舞台で、確かな成長を示した。GI馬3頭を含む好メンバーの中、リスグラシューが重賞2勝目をゲット。アルテミスS以来、1年3カ月ぶりのVに、武豊騎手も笑顔満開だ。 「久しぶりに勝ててうれしい。馬が非常に良くなっていたので楽しみにしていた。ペースが落ちたところで掛かりそうになったけど、我慢できたし、反応も速かった」 積雪の影響で芝は良馬場でも緩めのなか、リズム良く中団を追走。直線入り口では馬群に包まれていたが、前に1頭分の進路があくと迷わず突っ込む。鋭い抜け出しから残り200メートルで先頭に立ち、そのまま後続に1馬身差。ジョッキーが「昨年までは(反応で)遅れる面があったけど、きょうは違った」と進化をアピールする完勝だ。 「調教で一段階パワーアップしていたのを感じていた。このメンバー相手に値打ちがある」 待望の勝利に、矢作調教師も笑みを浮かべた。2歳時にアルテミスSを勝ったものの、その後はGI2着が3度。「勝たせられなくて悔しかったけど、ちょっとだけ鬱憤は晴れたかな」。胸をなで下ろしつつ「取らなければいけないのはGIなので」と前を見据える。 この後はサンスポ杯阪神牝馬Sからヴィクトリアマイルへ。東京芝1600メートルで重賞2勝とし、同舞台のGIへ期待は高まる。「1600メートルは走るし、東京も結果が出ている。楽しみ」とジョッキーが期待すれば、トレーナーは「イレ込んでいたし、ゲートも怪しかった。精神面を課題に、しっかりやっていく」と気を引き締める。 フランス語で「優美なユリ」というリスグラシューも、開花のときが近そうだ。 (千葉智春)★4日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちらリスグラシュー 父ハーツクライ、母リリサイド、母の父アメリカンポスト。黒鹿毛の牝4歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績11戦3勝。獲得賞金2億1810万1000円。重賞は2016年GIIIアルテミスSに次いで2勝目。東京新聞杯は矢作芳人調教師が初勝利、武豊騎手は1991年ホリノウイナー、93年キョウワホウセキ、05年ハットトリック、07年スズカフェニックスに次いで5勝目。馬名は「優美なユリ(フランス語)。母名より連想」。
2018年2月5日(月) 05:08

 1,357

【東京新聞杯】ダイワキャグニー、しぶとく頑張り3着
 第68回東京新聞杯(4日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)2番人気ダイワキャグニーが3着。先行集団の直後でレースを進め、直線は外からじわじわと差を詰めたが、勢いがついたところでゴールした。菊沢調教師は「緩い馬場がどうかと思っていたが、このメンバー相手にしぶとく頑張っていた。東京はやっぱりいいけど、強い相手だと1600メートルにこだわらなくていいかもしれない」と今後は距離を延ばしていくことを示唆した。★4日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2018年2月5日(月) 05:07

 786

【東京新聞杯】サトノアレス、上がり最速も2着
 第68回東京新聞杯(4日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)5番人気サトノアレスが2着。スタートがひと息で後方からになったが、内ラチ沿いからメンバー最速の上がり3ハロン33秒3の末脚で勝ち馬に1馬身差まで迫った。「併せる形になっていれば…。でも、この馬場でこの上がりですから、力はつけていますね」と2歳時以来のコンビだった柴山騎手は成長を実感していた。この後はひと息入れて、京王杯SCから安田記念を目指す予定。★4日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2018年2月5日(月) 05:07

 763

【東京新聞杯】末脚不発…グレーターロンドン9着
 第68回東京新聞杯(4日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走16頭)1番人気グレーターロンドンは9着。4度目の重賞挑戦でも初勝利はならなかった。好スタートから3番手を取り、折り合いもスムーズ。抜群の手応えで直線に向いたが、鞍上のゴーサインが出ても、爆発的な末脚は見られなかった。「位置取りは絶好だったんだけどね。結果を見れば、後ろから行った方がいいのかな」と大竹調教師は首をかしげた。★4日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2018年2月5日(月) 05:07

 990

東京新聞杯のニュースをもっと見る >

【東京新聞杯】アレス再タッグVだ!柴山「当時より成長」
 4日の「第68回東京新聞杯」に、一昨年の2歳チャンプ・サトノアレスが挑む。鞍上に指名されたのは柴山雄一騎手(39)=美浦・フリー。16年9月の初V以来となるコンビ結成に意気上がる一方だ。 --3週連続で追い切りに騎乗。水曜は美浦Wコース5F65秒7の好タイムだった 柴山雄一騎手「週ごとに動きが良くなっていますね。仕掛けなくても馬の気持ちだけでスッと動いてくれた。あれだけ速いタイムでも最後は楽に抜けてくるんだから、すごい馬ですね」 --レースでの騎乗は16年9月以来。当時と比べての変化は 「当時より成長してしっかりしましたね。まだトモに緩さがあったのが、今はどっしりとして力強くなってきた。体つきもマイラーっぽくなってきた気がします」 --課題は気性面 「どうしても前を抜いてから気を抜いてしまうようなので。でも、先週は馬の後ろで我慢させたし、今週もハミをかけ直したらまた取ってくれた。競馬前の最終確認としてはいい調教ができたと思います」 --GIホースとのタッグで臨む意気込みを 「前走(キャピタルS)もいい競馬をしての2着。どちらかといえば良馬場のほうがいいけど、ドボドボの馬場でなければ大丈夫でしょう。久々に乗れるチャンスで本当に楽しみ。いい仕事をしたいですね」(夕刊フジ)★東京新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月1日(木) 11:19

 1,051

【東京新聞杯】厩舎の話
 アドマイヤリード・藤岡康騎手「反応は良かった。攻めは動くタイプだが、力をつけている」 カデナ・中竹調教師「筋肉が増えて完成形になってきた。今の東京は合うし、マイルもいい」 ガリバルディ・藤原英調教師「いい動きとは言えないが、跳びが大きいので広いコースは合う」 クルーガー・浜中騎手「調教は良かった。前走は乗りやすかったし、馬の間をよく伸びてきた」 グレーターロンドン・大竹調教師「加減せずに調教できている。この舞台なら競馬もしやすい」 ストーミーシー・斎藤誠調教師「最後の反応が良かった。自分の競馬に徹するだけ」 ダイワキャグニー・菊沢調教師「気分良さそうに走っていた。左回りだけに期待する」 ダノンプラチナ・国枝調教師「蹄の不安もなく調整は順調。まだまだ先も楽しめる馬だと思う」 ディバインコード・栗田博調教師「動きはまずまず。とにかく状態は安定している」 デンコウアンジュ・加納助手「反応は良かった。舞台はピッタリ。うまく外に出せれば」 トウショウピスト・角田調教師「今週はサッと。東京には実績があるが、マイルがどうか」 ハクサンルドルフ・西園調教師「動き、時計ともに上々。東京のマイルなら瞬発力を生かせる」 ベルキャニオン・森助手「状態はいい。長くいい脚を使うので、東京のマイルが一番合うはず」 マイネルアウラート・高橋裕調教師「当週サラッとは予定どおり。(柴田)大知が合う」 リスグラシュー・武豊騎手「馬体増はいい傾向。距離は問題ないし、久しぶりの1勝を」(夕刊フジ)★東京新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月1日(木) 11:19

 1,672

【東京新聞杯】アレスが目覚めた!柴山「やっぱりすごい馬」
 東京新聞杯の追い切りが31日、東西トレセンで行われた。美浦では、一昨年の2歳王者サトノアレスが、実戦を想定した追い切りで素晴らしい動きを見せた。久々の重賞制覇に好ムードが漂っている。美浦のグレーターロンドン、栗東のリスグラシューも調教評価『S』となった。 ゴーサインを待つ必要もなく、みずから獲物を捕らえにかかる。厳しい寒さが和らいだ時間帯に登場したサトノアレスが、Wコースで目の覚めるような反応を見せた。残り1ハロン。一瞬で僚馬をかわして1馬身前に出ると、そのままゴールへ飛び込んだ。馬なりで5ハロン65秒2、3ハロン37秒3-12秒9は優秀だ。 「仕掛けなくても、馬の気持ちだけですっと前に出ていった。あれだけ時計が速くなっても、楽に抜けてくるのだから、やっぱりすごい馬だよ」 3週連続で騎乗した柴山騎手が、絶好の感触に笑みをこぼした。 前走のキャピタルS(2着)は直線でダイワキャグニーに馬体を寄せにいくと、集中力を欠いて詰めが甘くなった。それを考慮して、この日の調教は実戦を想定した。 先導役のレッドゲルニカ(OP)が速いラップを刻み、その差は開いたが、鞍上は3コーナーで内に進路をとって差を詰める。4コーナーでは馬の後ろ、そして直線では外へと流れるように持ち出し、ハンドリングを確認。「きょうは前に出てゴールを迎えるように。抜けてから気を抜きかけたところでハミをかけ直したら、すぐに取ってくれたし、いい調教ができた」と、レースに向けて準備万端だ。 柴山騎手がアレスとコンビを組むのは初勝利を挙げた2016年9月以来。それでも、たびたび調教を手伝い、成長過程や特性はインプットされている。 「緩かったトモ(後肢)がどっしりとして力強さが出た。体つきもマイラーっぽくなったね。フットワークも大きいから小回りより広い東京がいい。久々に乗れるし、本当に楽しみ。いい仕事をしたい」 一昨年の2歳王者サトノアレスにとっても、今年を占う重要な一戦。好メンバーがそろった今回のGIIIを勝てば、おのずとマイル王の座も見えてくる。 (板津雄志)★東京新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月1日(木) 05:06

 2,765

【東京新聞杯】追って一言
 ◆カデナ・中竹師 「動きはよかったね。この距離もいいと思う」 ◆ガリバルディ・藤原英師 「動きはもうひとつ。広いコースで力を出し切ってくれれば」 ◆クルーガー・高野師 「軽めに動かした。いい状態を維持している。時計がかかり気味な今の東京は合う」 ◆ストーミーシー・斎藤誠師 「きょうもいい反応。前走は脚を余したし、相手は強いけど楽しみ」 ◆ディバインコード・栗田博師 「動きはまずまず。ジョッキー(北村宏)も乗りやすいと好感触を得てくれた。安定感があり、強敵相手にどこまで」 ◆デンコウアンジュ・加納助手 「少し仕掛けた程度でイメージ通りの調教ができて反応もよかった」 ◆トウショウピスト・角田師 「先週しっかりやっているので今週はサッと併せた。楽に行ければ」 ◆ハクサンルドルフ・西園師 「しまいだけだったけど、いい時計でいい動きだった。リフレッシュしていい状態」 ◆ベルキャニオン・森助手 「1月半ばから順調にきて、きょうもいい動き。力を出せる状態です」 ◆マイネルアウラート・高橋裕師 「動き素軽く状態は良い。冬場は走る。前走は消化不良。改めて」★東京新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年2月1日(木) 05:05

 1,969

東京新聞杯の直前追い切り情報をもっと見る >

東京新聞杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月4日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
170円 1,020円
Lv107 
210円 21,000円
Lv106 
1,230円 24,600円
Lv106 
27,390円 54,780円
Lv105 
170円 17,000円

的中情報をもっと見る >

東京新聞杯過去10年の結果

2017年2月5日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2016年2月7日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年2月8日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ヴァンセンヌ 福永祐一 1:35.7 6.0倍 100.3
2着 アルフレード 柴山雄一 クビ 36.9倍 100.3
3着 フルーキー 岩田康誠 クビ 4.2倍 99.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京新聞杯のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

オフシーズンのG3だが、安田記念やヴィクトリアマイルと同コースで行われる上半期唯一の古馬重賞ゆえか、G1戦線を戦ってきた馬たちの参戦も少なくない。近年の前走ローテ別成績では秋のG1もしくはG2の阪神カップ、同距離の京都金杯、ニューイヤーS組がほぼ互角となっている。2008年以降では前走1600万下勝ち馬が2勝しているが、どちらも当日5番人気以内の高評価で、なおかつ1番人気馬の単勝オッズが4倍以上という混戦模様の年であった。施行コースの東京芝1600mは2コーナーからスタートして3コーナーまで550mほどあるため、ポジション争いはそれほど激しくならない。しかしながら、息を入れたい3コーナー手前からの下り坂でペースが落ちないことに加え、525mの最後の直線には急坂が待ち構えているので、スピードだけでなく底力も試される。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

東京新聞杯の歴史と概要


2014年の優勝馬ホエールキャプチャ

グレード制導入時より冬の東京開催に行われるマイル重賞として親しまれている一戦。上半期のマイル王決定戦・安田記念や、古馬牝馬の春の頂点・ヴィクトリアマイルと同じ舞台で行われることもあり、古馬のトップマイラーが集う。第46回(1996年)はマイル戦無敗のままキャリアを終えたトロットサンダーが堂々優勝。第52回(2002年)は同年の安田記念の覇者となるアドマイヤコジーンが約2年2カ月ぶりとなる復活勝利を果たした。ほかにも、第49回(1999年)のキングヘイロー、第57回(2007年)のスズカフェニックス、第58回(2008年)のローレルゲレイロ、第64回(2014年)のホエールキャプチャなど、G1ホースたちが勝ち馬欄に名を連ねる。

歴史と概要をもっと見る >

東京新聞杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る