エアロロノア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エアロロノア
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2017年3月6日生
調教師笹田和秀(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績11戦[4-1-4-2]
総賞金5,898万円
収得賞金2,400万円
英字表記Air Lolonois
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
エアワンピース
血統 ][ 産駒 ]
ロックオブジブラルタル
エアメサイア
兄弟 エアニューゲートエアハンコック
前走 2021/04/25 読売マイラーズカップ G2
次走予定

エアロロノアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/25 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 165102.715** 牡4 56.0 池添謙一笹田和秀498(0)1.31.6 0.233.8⑩⑩ケイデンスコール
21/03/20 阪神 10 武庫川S 3勝クラス 芝1600 148142.211** 牡4 57.0 松山弘平笹田和秀498(+6)1.32.1 -0.133.1⑦⑦ノルカソルカ
21/01/17 中京 12 4歳以上2勝クラス 芝1600 13222.511** 牡4 56.0 福永祐一笹田和秀492(-2)1.33.3 -0.034.5ノルカソルカ
20/12/13 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 177131.711** 牡3 56.0 福永祐一笹田和秀494(0)1.45.7 -0.033.7⑧⑧リアンティサージュ
20/11/07 阪神 12 3歳以上1勝クラス 芝1800 138133.322** 牡3 55.0 福永祐一笹田和秀494(-6)1.45.7 0.333.7⑨⑦イズジョーノキセキ
20/10/17 新潟 12 寺泊特別 1勝クラス 芝1600 12334.723** 牡3 55.0 鮫島克駿笹田和秀500(+10)1.35.5 0.133.0⑫⑫ラキャラントシス
20/05/23 京都 6 3歳1勝クラス 芝1600 12684.125** 牡3 56.0 藤岡佑介笹田和秀490(+2)1.34.1 0.335.3④④スマートリアン
20/04/26 京都 5 3歳未勝利 芝1800 148142.511** 牡3 56.0 福永祐一笹田和秀488(-10)1.48.2 -0.434.3④④ロードシャムロック
20/02/08 京都 5 3歳未勝利 芝1800 12333.823** 牡3 56.0 福永祐一笹田和秀498(+4)1.48.4 0.335.0フィニステール
20/01/18 京都 5 3歳未勝利 芝2000 15595.033** 牡3 56.0 福永祐一笹田和秀494(+4)2.04.1 1.038.2④⑤④④アルサトワ
19/12/21 阪神 5 2歳新馬 芝1800 1881810.863** 牡2 55.0 福永祐一笹田和秀490(--)1.49.5 0.334.2⑧⑨プライムフェイズ

エアロロノアの関連ニュース

 マイラーズCが25日、阪神競馬場で15頭によって争われ、2番人気のケイデンスコールが中団追走から抜け出し重賞3勝目を挙げた。今後は優先出走権を獲得した安田記念(6月6日、東京、GI、芝1600メートル)を目標に調整される。1番人気のエアロロノアは5着に終わった。

 ケイデンスコールが中団待機から抜け出して完全復活をアピールだ。昨年は6戦して5着が最高だったが、今年は違う。京都金杯1着、中山記念2着に次ぎ、今回も鮮やかな勝利を飾り、再び頂点が視界に入ってきた。

 「馬が強かったです。走るイメージだけ見て、いいイメージで乗りました。急遽(きゅうきょ)、乗せていただいたことに感謝したいです」

 代打騎乗の古川吉騎手がホッとした表情を見せる。予定していた岩田康騎手が土曜の阪神で、翌日から適用される重い騎乗停止処分を受けたため、突然のテン乗りになったが、ソツのない騎乗を披露。ジョッキーは「もう少し前で、内に行こうと思っていたのですが、思ったより流れてくれたので構えていました」と道中を回顧。中団で脚を温存させ、ラストで能力をフルに発揮させてVをもぎ取った。

 東京競馬場でレースを見た安田隆調教師は「右回りにあまり実績がないので半信半疑でしたが、ゲートも速かったし、最後もしっかりと伸びてきて鮮やかでした」と走りを称えた。

 このあとは安田記念に向けて調整されていく。「改めて強さを確認しました。時計も良かったし、胸を張って向かえます」とトレーナーはまとめた。 (長田良三)

 ■ケイデンスコール 父ロードカナロア、母インダクティ、母の父ハーツクライ。鹿毛の牡5歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績17戦4勝。獲得賞金2億1952万1000円。重賞は2018年GIII新潟2歳S、21年GIII京都金杯に次いで3勝目。マイラーズC安田隆行調教師、古川吉洋騎手ともに初勝利。馬名は「軍隊で訓練時に唱和される行進曲、訓練歌」。

★25日阪神11R「マイラーズC」の着順&払戻金はこちら

【マイラーズC】レースを終えて…関係者談話 2021年4月26日(月) 04:49

 ◆福永騎手(アルジャンナ2着)「直線はスペースがなくて、内にモタれながらで加速が鈍かったけど、最後まで伸びた。まだまだ良化の余地があって、力があるところを見せてくれた」

 ◆荻野極騎手(カイザーミノル3着)「じっくり脚をためる形で運べて、外からこられるともうひと伸びしてくれた。ラストは決め手がある馬がいたけど、能力は証明してくれた」

 ◆幸騎手(ダイワキャグニー4着)「惜しかったですね。勝った馬は抜けていたけど、2着以下は差がないですから。さすがにいい馬だなと思いました」

 ◆池添騎手(エアロロノア5着)「これだけ速いペースは初めてだったので、道中で抱えることがなかった。それでも食らいついて一瞬、伸びようとしてくれた。初めての重賞でこれだけやれて能力はある」

 ◆北村友騎手(ザイツィンガー6着)「頑張ってくれていい競馬をしてくれました。最後も伸びているんですが…」

 ◆西村淳騎手(ギベオン7着)「道中での感じは良かったんですが、久々のマイルで止まってしまいました。いい馬場でもしっかり走れていました」

 ◆鮫島駿騎手(エアスピネル8着)「勝ち馬と同じような位置につけていましたが、早めに手応えが怪しくなりました。久々の芝で速い時計に少し戸惑ったのかもしれません」

 ◆藤岡康騎手(ワールドウインズ9着)「スタートは出ているけど、流れが速いので後ろからになった。リズム重視で運んでしっかり脚を使っている」

 ◆団野騎手(ブラックムーン10着)「もう少し流れに乗せたかったけど、これまでと同じレースになってしまった。最後は脚を使ってくれていますが、時計も速かった」

 ◆秋山真騎手(ラセット11着)「かむくらいの馬なのに行きっぷりが悪かった」

 ◆松若騎手(ボンセルヴィーソ12着)「位置は良かったけど、ペースが速かった」

 ◆岩田望騎手(ルフトシュトローム13着)「少し位置を取りにいっても良かったかなと思います」

 ◆藤岡佑騎手(フォックスクリーク14着)「ハナに行くのが理想だと思って仕掛けていったけど、外枠のぶん、いき切れなかった」

 ◆浜中騎手(ベステンダンク15着)「ブリンカーをつけてハナにいってどこまで、という競馬。外からこられて引こうかなとも思ったけど、ブリンカーも効いていたので…」

★25日阪神11R「マイラーズC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【マイラーズC】1番人気のエアロロノア5着で連勝ストップ 池添謙「初めての重賞でこれだけやれて能力はある」 2021年4月25日() 19:12

 4月25日の阪神11Rで行われた第52回マイラーズカップ(4歳以上オープン、GII、芝1600メートル、別定、15頭立て=パンサラッサが競走除外、1着賞金=5900万円)は、古川吉洋騎手騎乗の2番人気ケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が、中団追走から直線で外を力強く伸びて快勝。重賞3勝目を挙げて、安田記念(6月6日、東京、GI、芝・1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分31秒4(良)。



 3連勝中だったエアロロノアは、1番人気の支持に応えられず5着止まり。ケイデンスコールをマークするようにすぐ後ろを追走。直線ではジリジリと脚を伸ばしたが、上位馬を捕らえ切るところまではいかなかった。



 ◆池添謙一騎手「これだけ速いペースは初めてだったので、道中で(手綱を)抱えるところがなかった。それでも食らいついて一瞬は伸びようとしてくれました。初めての重賞でこれだけやれて能力はあります」



★【マイラーズC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】マイラーズカップ2021 路盤の状態は良好!外回りは確かな末脚を求められるコンディション! 2021年4月25日() 09:19

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はマイラーズC・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の阪神芝、ならびに2回阪神で行われた芝1600m戦のレース結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

前週末は随分と雨に祟られたが、この中間の雨量はゼロ。土曜日も曇りがちの空模様ながら雨はなく、芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

ちなみに、この中間は火曜日から金曜日にかけて散水作業を連日実施。それでも含水率は8.7%(JRA発表・土曜日5時測定)に過ぎず、クッション値も”やや硬め”に近い数値(JRA発表・土曜日7時30分測定)が出ている。路盤の状態が良い、走りやすいコンディションであることに疑う余地はない。

土曜日の結果を振り返ると、内めを通る馬、中団より前に位置した馬が優勢の状況。その一方で、枠順については外めが幅を利かせており、内・前完全有利とは言い難いものがある。

事実、マイラーズCと同舞台の外回り1600mで行われた、10R・丹波特別(2勝クラス)は上がり3ハロン3位以内馬のワンツー決着。外回りコースでは末脚の要求度がかなり高い。

そのあたりを踏まえると、枠順よりも馬群を抜け出す瞬発力、もしくは長く使える脚を備えているかどうかのほうが重要に思える。過去の戦歴をしっかり確認して、今回の舞台にフィットしそうなタイプがいれば、忘れずにチェックしておくべきだろう。

血統面に関しては、2回阪神開催における芝1600m戦11クラを検証すると、キングカメハメハならびにディープインパクトの系統産駒が抜けた存在。3着以内33頭のうち、6割強の20頭を占めている。条件を満たす馬には相応の警戒が必要だ。

ただ、出走メンバーと照らし合わせてみると該当馬が多い印象。ゆえに、決め脚を要求されるコンディションであることを考慮し、近2走ともに上位の上がり3ハロンタイム(芝競走で3位以内)を記録している馬に的を絞りたい。

今回の出走馬で要点を満たしているのは、⑩エアロロノア1頭のみ。従って当欄では、⑩エアロロノアを本命に指名する。


【馬場予想からの注目馬】
エアロロノア

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】マイラーズC2021 ジャンポケ・斉藤さん、見取り図などズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年4月25日() 05:30


※当欄ではマイラーズCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦ボンセルヴィーソ
単勝


【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑤ケイデンスコール
3連複フォーメーション
⑤-④⑯-②④⑥⑦⑧⑩⑫⑯
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→④→①②③⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑯

【リリー(見取り図)】
◎⑫ラセット
馬連流し
⑫-⑤⑥⑨⑩⑭⑯

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑬ワールドウインズ
○⑩エアロロノア
▲⑥アルジャンナ
△⑤ケイデンスコール
△⑦ボンセルヴィーソ
△⑨ルフトシュトローム
△⑯ギベオン
3連単1頭軸流しマルチ
⑬→⑤⑥⑦⑨⑩⑯

【杉本清】
◎⑩エアロロノア
○②エアスピネル
▲⑤ケイデンスコール
☆⑥アルジャンナ
△⑨ルフトシュトローム
△⑫ラセット
△⑬ワールドウインズ
△⑯ギベオン

【林修】
注目馬
ザイツィンガー

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥アルジャンナ
○⑤ケイデンスコール
▲⑩エアロロノア
△③パンサラッサ
△⑦ボンセルヴィーソ
△⑫ラセット
△⑭ザイツィンガー

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
アルジャンナ

【旭堂南鷹】
◎⑥アルジャンナ
○⑫ラセット
△⑤ケイデンスコール
△④カイザーミノル
△⑩エアロロノア

【稲富菜穂】
◎⑩エアロロノア
○⑥アルジャンナ
▲②エアスピネル
△⑤ケイデンスコール
△⑧ダイワキャグニー
△⑪ブラックムーン

【小木茂光】
◎④カイザーミノル
3連単フォーメーション
④⑦⑫→②④⑤⑥⑦⑧⑩⑫⑯→④⑦⑫

【キャプテン渡辺】
◎⑦ボンセルヴィーソ
単勝

馬単・馬連・ワイド
⑦→⑤ケイデンスコール

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑦ボンセルヴィーソ
単勝

3連単フォーメーション
⑤⑥⑨⑩⑫⑯→⑦→①②④⑤⑥⑨⑩⑫⑬⑮⑯
⑤⑥⑨⑩⑫⑯→①②④⑤⑥⑨⑩⑫⑬⑮⑯→⑦

【ギャロップ林】
◎⑫ラセット
馬連流し
⑫-②⑤⑦⑯

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑦ボンセルヴィーソ
3連単フォーメーション
⑤⑥⑩→②③④⑤⑥⑩⑫⑬⑯→⑦

【てつじ(シャンプーハット)】
◎②エアスピネル
3連単1頭軸流しマルチ
②→④⑤⑥⑦⑨⑩

【浅越ゴエ】
◎⑫ラセット
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→④→⑤⑥⑦⑨⑩
⑫→⑩→④⑤⑥⑦⑨
ワイド
⑫-④カイザーミノル

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑫ラセット
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→⑤→①②⑥⑦⑨⑩⑬⑯
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑫ラセット
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→⑩→②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑯

【船山陽司】
◎⑫ラセット

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑦ボンセルヴィーソ

【原奈津子】
◎⑩エアロロノア
○⑦ボンセルヴィーソ
▲⑧ダイワキャグニー

【天童なこ】
◎⑥アルジャンナ
○⑩エアロロノア
▲⑫ラセット
☆②エアスピネル
△⑤ケイデンスコール
△⑨ルフトシュトローム
△⑭ザイツィンガー

【目黒貴子】
◎⑩エアロロノア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】マイラーズカップ2021 減点なし3頭の中からケイデンスコールをトップに 2021年4月24日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はマイラーズC・データ分析をお届けします!


【所属】
2011年以降(2011年は阪神、2012~2020年は京都で施行)の2着以内馬の所属をみると、栗東所属馬が9勝を含む19連対と圧倒。対照的に美浦所属馬の連対は2017年1着のイスラボニータのみ。同馬は皐月賞で優勝経験のあるG1ホースだった。G1勝利経験のない関東馬は疑ってかかるべきだろう。

【性別】
2011年以降の性別成績は、牡【10.10.10.109】、牝【0.0.0.6】、せん【0.0.0.4】。出走頭数の違いがあるとはいえ、傾向的に牝馬とせん馬は狙いづらい感を受ける。

【前走使用距離】
2011年以降の3着以内馬の前走使用距離を確認すると、芝1400m、芝1600m、芝1800m、芝2000mの4パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は、いずれも複勝圏に達していない。

【距離実績】
2011年以降の1~3着全馬に、芝1600mまたは芝1800mでの1着経験があった。1600m未満や1800m超、ダートに勝ち鞍が偏っている馬は、評価を下げたほうがよさそうだ。

【近走人気】
2011年以降の2着以内馬の近走人気を検証すると、近2走ともに6番人気以下だった馬が2着連対圏に入ったケースはゼロ。安田記念の前哨戦に位置づけされるハイレベル戦だけに、低評価続きの馬は強調できない。


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑤ケイデンスコール、⑩エアロロノア、⑫ラセットの3頭。トップには⑤ケイデンスコールを挙げたい。2011年以降、前走2着馬は【2.4.3.8】という上々の成績。直近2年連続で勝利を収めている、1800m以上重賞からの距離短縮臨戦馬に該当することも好印象だ。

同じく前走2着馬に当てはまる、⑫ラセットを2番手に。残りの1頭、⑩エアロロノアも侮れない存在だ。近年の当レースにおいて前走条件クラス出走馬の成績が芳しくない点はネックも、ハナ、ハナ、クビの僅差で3連勝中。その勝負強さを思えば、安直に評価を落とすことはできない。

<注目馬>
ケイデンスコール ラセット エアロロノア

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアロロノアの関連コラム

閲覧 1,054ビュー コメント 0 ナイス 1



混戦の皐月賞は終わってみればワンサイドゲームだった。勝ったのはエフフォーリア。1コーナーまでにサッとインの好位を取ると、直線は馬群の内を選択し、あとは抜け出すだけ。3馬身差の完勝で、今年も無敗の2冠馬誕生を予感させた。

「多頭数のレースを経験していないこと」

を不安要素とした当方の見立てはまったく外れており、むしろその能力の高さをまざまざと見せつけられた。順調なら2冠はもちろん、その先、2年連続無敗の3冠すら見えて来る素晴らしい内容だった。逆に期待した◎ダノンザキッドは良いところなく失速。ピリピリした面が出て来ており距離が延びて良いかは微妙。ダービーに向けてはかなり厳しくなった。

横山武史騎手の素晴らしさ

それにしても、クラシック挑戦で即答えを出した横山武史騎手は素晴らしい。同騎手の良さはかねてから再三書いて来たが、今回も1コーナーまでの位置の取り方が良い。

昨年『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を書いたときにも指摘したのだが、現在のような派手な活躍をする前から、随所に試行錯誤や工夫が見られ、ブレイクの予感をさせていた。

例えば2019年の函館記念アーバンキッドで参戦したこのレースでは外枠からインに突っ込み、ロスのない競馬。9着に敗れたとはいえ、工夫もなく回って来る騎手も多い中で光るものが見られたし、レース全体の構造を考えられる騎手という印象を残した。2020年の中山金杯でもマイネルハニーで参戦し、13番人気で5着と健闘。騎手の意図次第で工夫の余地がある小回りでの一連の騎乗は伸びしろを感じさせるものだった。

当時書籍の中では、

「現状は平場が中心ですが、例えばローカル2000m重賞や中距離のハンデ戦などで一撃がありそうな予感がします。これから数年でさらに名前が売れそうな予感がするので、ネームヴァリューのない今のうちに、手の内に入れておきたいジョッキーの一人です」

と書いたのだが、数年どころかたった1年あまりで、それもローカル2000m重賞どころか、クラシックの2000mを勝ってしまったのだから、こちらの予想をはるかに上回るスピードで成長している。

馬券的にはもはや妙味が薄れている横山武史騎手だが、伸びて来る騎手は必ずその前から光るものを見せているので、第2の横山武史を探すつもりで若手騎手の騎乗を常に見ておきたい。今年はルーキー騎手たちの活躍も目立つので、近いうちに若手の中で伸びそうな騎手をピックアップしてどこかでご紹介しようと思っている。

~マイラーズカップの注目馬

さて、今週はマイラーズカップが行われる。近年は京都開幕週だったが、今年は久々に阪神に戻って来る。ココでは注目馬を2頭挙げておきたい。

エアロロノア

まずは上がり馬のエアロロノア。3連勝という戦績からも人気になりそうだが、内容も優秀。前走はクラス上位のノルカソルカが完全にマイペースで逃げ切る大勢だったが、その流れを外から地力で差し切ったのだから評価できる。着差は僅かでも完勝と言える内容で、折り合いなどを考えればクラスが上がるのも問題ない。今年は比較的手薄な印象もあるメンバーなので、いきなりの重賞挑戦でも通用しそうだ。

ラセット

伏兵で怖いのはラセット。とにかく溜めれば強烈な決め手を使う馬で、道中ヘタに脚を使わないことがポイント。陣営もその特徴は既に把握しているようで、今回は手の合う秋山騎手に再度依頼してきた。同騎手とのコンビではこれまで(0-3-0-1)。たった一度の馬券圏外は完全な先行イン有利競馬だった昨秋中山の京成杯AHでのもので、得意の阪神1600mなら心配はない。荒れて来た馬場も追い風で、再び末脚がハマる可能性もありそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年12月11日(金) 16:30 ウマニティU指数攻略チーム
【U指数で斬る今週のひと鞍】日曜阪神7R U指数1位が8割以上3着以内に入る条件でワイド勝負!
閲覧 1,776ビュー コメント 0 ナイス 1

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2017年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【今週の推奨レース】
■13日(日) 阪神7R 3歳以上1勝クラス

まず、今週の狙い目とは別に、注目していただきたいレースがあります。それは、土曜日の中京8Rと日曜日の中京2Rです。いずれも「中京ダ1400m×3歳以上1勝クラス」の一戦。これは先週お伝えした狙い目条件で、U指数1位が飛ぶ傾向にあるため、2~6位の馬連ボックスを推奨しました。すると、こちらのもくろみ通り土曜日のレースも日曜日のレースも1位が撃沈! ではあったのですが、土曜日は4→7位、日曜日は5→7位決着と、あと一歩のところで7位馬に的中を阻まれてしまいました。先週悔しい思いをされた方は、リベンジするチャンスです。引き続き狙ってみてください。

さて、今週は日曜日の阪神7R3歳以上1勝クラスの一戦に注目します。先週とは一転してU指数1位が堅実な条件で、「阪神芝1800m×3歳以上1勝クラス」においては、勝率34.8%、連対率65.2%、複勝率82.6%、単回率93.1%、複回率109.0%と抜群の安定感を誇ります。とりわけ80%をゆうゆうオーバーする複勝率は圧巻。連軸鉄板とはまさにこのことでしょう。とにかく崩れずに3着以内に来てくれますので、今回はワイド流しを推奨します。相手は順当に上位勢をチョイス。馬券シミュレーションの結果、1位から2~6位へのワイド流しが理想的であると結論付けました。その成績は的中率73.9%、回収率104.2%と優秀で、今年に限ると5戦全勝という結果が出ています。このレースもしっかり当てて、6連勝を決めたいところですね。確実にバットに当てにいき、阪神JFの資金稼ぎといきましょう。


1位 エアロロノア 89.7
2位 リアンティサージュ 89.6
3位 ザスリーサーティ 89.3
4位 ファントムグレイ 87.5
5位 アトリビュート 86.6
6位 メイショウサンガ 85.3


★結論★
ワイド流し 1位→2、3、4、5、6位(5点)



○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

といったメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。月額934円(税別)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-----------------------------------------------------------------

[もっと見る]

エアロロノアの口コミ


口コミ一覧

今日の注目馬

 trance30 2021年5月1日() 12:22

閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 4

・東京9R ⑤ペールエール
今年に入って勝ちきれないが、昨年に比べれば遥かに好走。
現級では能力上位で、直線の長い東京で能力が活きそう。

・阪神10R ⑪アルティマリガーレ
最終追い切りで鋭く伸びて好時計をマーク。
前走はエアロロノアの2着で地力もある。

・阪神11R ⑩ジェネティクス
放牧先でじっくり乗り込まれ、仕上がりは近走で一番。
実力上位で、間隔は空くが最終追い切りも問題なく、軸は堅い。

 シマ山@副業webラ 2021年4月30日(金) 11:15
天皇賞(春)、青葉賞の本命馬!!「ドラゴン馬券」は決まる...
閲覧 1,039ビュー コメント 0 ナイス 21

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

今週は「ドラゴン馬券」が炸裂するのか!?

それでは、公開予想をお楽しみください!!
https://shimayama-teru.com/2021/04/30/jusyou-26/


【結果】マイラーズカップの本命馬
6 アルジャンナ 3番人気 2着 複勝 210円

反応の鈍さが不安材料でしたが、長期休養明け2戦目は反応も良く好走してくれました。次のレースはもっと良くなりそうですね!!

2番人気1着のケイデンスコールは岩田康誠騎手から古川吉洋騎手への急きょ乗り替わりでした。しかし古川騎手は阪神の芝1600mで実績を残していますし、さすがの代打騎乗!!

1番人気5着のエアロロノアはハイペースに戸惑ったようです。次のレースでは良くなってくると思いますね。

【結果】フローラステークスの本命馬
3 ユーバーレーベン 2番人気 3着 複勝 170円

少し荒れ気味の結果でしたが、ユーバーレーベンはさすがの安定感を見せてくれました。穴に見ていたウインアグライアも7番人気5着と、なかなかの走りでしたね!!

1番人気8着のオヌールは多頭数での競馬に慣れていなかったようで、強さを発揮してくれませんでした。そのぶん、次のレースでは結果を出してくれることでしょう。

5番人気1着のクールキャットは、ルメール騎手が上手く強さを引き出してくれましたね。

14番人気2着のスライリーは調教後の仕上がりが良く、東京コースでの適正が好走につながったのではないでしょうか。

【結果】福島牝馬ステークスの本命馬
7 ミスニューヨーク 3番人気 9着

正直……加藤祥太騎手が上手く乗れているようには見えませんでした。どの馬が勝ってもおかしくないラインナップだっただけに、残念です。

1番人気2着のドナアトラエンテはジェンティルドンナの全妹で川田騎手が鞍上ということで過剰人気を予想しましたが、単勝オッズ3.1倍は思ったより高いなとは思いましたね。結果論ですが、ミスニューヨークの3番人気はちょっと人気しすぎたかな?と。

7番人気1着のディアンドルは団野大成騎手が上手に単騎逃げを決めました!!

団野騎手は今年じゅうにGⅠタイトルを獲得しても不思議ではありません。これからも重賞レースで注目していきたいと思います。

今回の記事も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

[もっと見る]

 組合長 2021年4月29日(木) 09:44
重賞回顧 マイラーズC
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 6

人気薄の2頭がレースを作る形となり、仕掛けどころがキーポイントとなりました。混戦を抜け出したのは岩田康騎手から急遽騎乗変更となった古川吉騎手騎乗になったケイデンスコール。周りに人気馬が密集していたこともあるでしょうが、直線に向くまで仕掛けなかったことが功を奏しました。直線に向くと外側を選択し、前が開いてからは上昇一途のこの馬にとっては真っすぐに走っただけ。最後まで脚も衰えず2着以下に1馬身以上をつける完勝。本番が楽しみになりました。

 2着には勝負所で窮屈なところがありながら突っ込んできたアルジャンナ。ダービー出走後に休養に入りここが、叩き2戦目。2度叩いた本番が、同じ軽い馬場なら一気にG1奪取まで考えられる馬です。

 3着、4着に先行して粘りを見せたカイザーミノルとダイワキャグニー。5着には同タイムで差してきた1番人気のエアロロノア。

この辺では本番では何かがないと馬券圏内は難しい気がします。

 所長◎のエアスピネルは芝での切れ不足を露呈。今回みたいな展開では前線で終わってしまいます。今のところはダートがベターな気がいたします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアロロノアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エアロロノアの写真

エアロロノア

エアロロノアの厩舎情報 VIP

2021年4月25日読売マイラーズカップ G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エアロロノアの取材メモ VIP

2021年4月25日 読売マイラーズカップ G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。