ボルザコフスキー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ボルザコフスキー
ボルザコフスキー
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2019年2月10日生
調教師清水久詞(栗東)
馬主犬塚 悠治郎
生産者ハクレイファーム
生産地新冠町
戦績23戦[5-4-3-11]
総賞金10,821万円
収得賞金3,800万円
英字表記Borzakovskiy
血統 キズナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
キャットクイル
ベラルーサ
血統 ][ 産駒 ]
Orpen
Balcarce
兄弟 グランラウディーハンターキラー
市場価格4,400万円(2020セレクトセール)
前走 2024/03/24 六甲ステークス (L)
次走 2024/04/21 読売マイラーズカップ G2

ボルザコフスキーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/04/21 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 -- 1781654.0----** 牡5 57.0 吉村誠之清水久詞 -- --------
24/03/24 阪神 11 六甲S (L) 芝1600 153418.791** 牡5 57.0 吉村誠之清水久詞 512
(0)
1.34.3 -0.034.2⑪⑫ワールドウインズ
24/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1861118.975** 牡5 57.0 B.ムルザ清水久詞 512
(-2)
1.22.0 0.835.9⑭⑫ウインマーベル
24/02/10 京都 11 洛陽S (L) 芝1600 1871318.564** 牡5 55.0 M.デムー清水久詞 514
(+8)
1.32.9 0.334.5⑨⑧ドゥアイズ
23/12/28 中山 12 ファイナルS 3勝クラス 芝1600 163638.5111** 牡4 58.0 戸崎圭太清水久詞 506
(-2)
1.33.2 -0.034.0⑨⑪⑨クルゼイロドスル
23/11/19 東京 10 秋色S 3勝クラス 芝1600 91155.886** 牡4 58.0 北村宏司清水久詞 508
(-4)
1.35.0 0.632.6⑧⑦モズゴールドバレル
23/06/18 東京 10 多摩川S 3勝クラス 芝1400 1681611.0413** 牡4 57.0 松山弘平清水久詞 512
(+2)
1.21.0 1.334.6⑤⑤エターナルタイム
23/05/21 東京 10 フリーウェイ 3勝クラス 芝1400 18593.9114** 牡4 58.0 D.レーン清水久詞 510
(+2)
1.21.3 0.534.0⑫⑫ペイシャフェスタ
23/04/16 阪神 10 立雲峡S 3勝クラス 芝1600 10334.732** 牡4 58.0 西村淳也清水久詞 508
(+2)
1.33.7 0.133.2⑥⑤アナゴサン
23/04/02 阪神 10 心斎橋S 3勝クラス 芝1400 15115.126** 牡4 58.0 鮫島克駿清水久詞 506
(-2)
1.20.2 0.233.0⑫⑫メイショウホシアイ
23/03/05 阪神 10 戎橋S 3勝クラス 芝1400 10115.532** 牡4 56.0 鮫島克駿清水久詞 508
(+4)
1.20.5 0.234.0⑩⑩メイショウシンタケ
23/02/11 東京 10 雲雀S 3勝クラス 芝1400 15354.623** 牡4 56.0 T.バシュ清水久詞 504
(+2)
1.20.8 0.234.3⑥⑤グラスミヤラビ
23/01/22 中京 12 4歳以上2勝クラス 芝1400 8552.011** 牡4 57.0 B.ムルザ清水久詞 502
(-6)
1.20.4 -0.034.4⑤④シティレインボー
22/11/06 東京 12 3歳以上2勝クラス 芝1400 147124.425** 牡3 56.0 岩田望来清水久詞 508
(-4)
1.21.7 0.632.7⑫⑫ミスボニータ
22/10/16 東京 12 鷹巣山特別 2勝クラス 芝1600 1881810.668** 牡3 53.0 石川裕紀清水久詞 512
(+6)
1.33.1 0.535.0ジャスティンスカイ
22/10/01 中京 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 146105.031** 牡3 55.0 松山弘平清水久詞 506
(+8)
1.33.5 -0.034.2スーサンアッシャー
22/09/11 中京 12 3歳以上1勝クラス 芝1600 12228.635** 牡3 55.0 松山弘平清水久詞 498
(-10)
1.32.9 0.735.1⑤⑤⑤ララヴォルシエル
22/08/21 小倉 12 3歳以上1勝クラス 芝1800 10896.943** 牡3 54.0 松山弘平清水久詞 508
(+6)
1.46.6 0.635.2マテンロウスカイ
22/05/28 東京 3 3歳未勝利 芝1800 166121.511** 牡3 56.0 D.レーン清水久詞 502
(-8)
1.47.7 -0.634.0ブローヴェイス
22/05/08 東京 4 3歳未勝利 芝1800 15342.712** 牡3 56.0 川田将雅清水久詞 510
(+10)
1.47.2 0.034.9ルージュカルミア

⇒もっと見る


ボルザコフスキーの関連ニュース


【鈴木淑子】
◎⑯ボルザコフスキー
馬連BOX
セリフォス
セッション
ソウルラッシュ
ボルザコフスキー

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑭ソウルラッシュ
○⑯ボルザコフスキー
▲③セリフォス
△⑧トランキリテ
△⑫ソーヴァリアント
△⑬セッション

【長岡一也】
◎⑭ソウルラッシュ
○⑨ニホンピロキーフ
▲③セリフォス
△⑤エアロロノア
△⑧トランキリテ
△⑩コレペティトール
△⑬セッション

【原奈津子】
◎⑨ニホンピロキーフ
○②スパイダーゴールド
▲⑭ソウルラッシュ

【お兄ちゃん(ビタミンS)】
◎⑭ソウルラッシュ

【林健(ギャロップ)】
◎⑤エアロロノア

【恋さん(シャンプーハット)】
◎③セリフォス

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑬セッション

【浅越ゴエ】
◎①トゥードジボン

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑭ソウルラッシュ

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑧トランキリテ

【浜田順平(カベポスター)】
◎③セリフォス

【永見大吾(カベポスター)】
◎⑧トランキリテ

【舩山陽司】
◎⑫ソーヴァリアント
単勝

3連複2頭軸流し
⑫-⑭-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑮⑯⑰

【高田秋】
◎⑬セッション
単勝・複勝

3連複1頭軸流し
⑬-①③⑧⑭⑮

【川島明(麒麟)】
注目馬
セリフォス

【粗品(霜降り明星)】
◎⑭ソウルラッシュ
3連単1着軸流し
⑭→①③④⑧⑨⑬⑮⑰

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑮フリームファクシ

【キャプテン渡辺】
◎⑧トランキリテ
単勝

馬連流し
⑧-③⑭
3連単フォーメーション
③⑭→③⑭→⑪
⑧→③⑭→⑪
③⑭→⑧→⑪

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑰エエヤン
ワイドBOX
トゥードジボン
エアロロノア
トランキリテ
ニホンピロキーフ
エエヤン

【雪平莉左】
注目馬
ソウルラッシュ

【三谷紬】
注目馬
セッション

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑭ソウルラッシュ

【目黒貴子】
◎⑭ソウルラッシュ

【天童なこ】
◎⑨ニホンピロキーフ
○③セリフォス
▲⑭ソウルラッシュ
☆⑬セッション
△①トゥードジボン
△⑧トランキリテ
△⑩コレペティトール
△⑮フリームファクシ
△⑯ボルザコフスキー

【小木茂光】
◎⑧トランキリテ
3連単フォーメーション
⑧⑩⑭→①③⑤⑧⑩⑫⑬⑭→⑧⑩⑭

【三代目 中村福之助】
◎⑭ソウルラッシュ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧トランキリテ

【小泉恵未】
◎⑭ソウルラッシュ

【稲富菜穂】
◎⑭ソウルラッシュ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭ソウルラッシュ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑭ソウルラッシュ

【栗林さみ】
注目馬
リューベック

【三浦拓実】
注目馬
ソウルラッシュ

【木和田篤】
◎⑰エエヤン

【小塚歩】
注目馬
トゥードジボン

【中野雷太】
◎③セリフォス

※順不同

【マイラーズC2024】重賞データ分析 セリフォス、ソウルラッシュ、トランキリテの3頭がオールクリア 2024年4月20日() 12:00


【性別】
京都で施行された直近10回(2012~2020、2023年)の性別成績は、牡馬【10.10.10.109】、牝馬【0.0.0.4】、せん馬【0.0.0.3】。出走頭数の違いがあるとはいえ、傾向的に牝馬とせん馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
エアロロノア

【所属】
京都で行われた直近10回の所属別成績は、栗東【8.10.9.92】、美浦【2.0.1.22】。連対率と複勝率は、前者が大きく上回っている。しかも、後者の2勝はG1ウィナーによるもの。G1での勝利経験がない関東馬は疑ってかかるべきだろう。

(減点対象馬)
スパイダーゴールド ⑦ノースザワールド ⑫ソーヴァリアント ⑰エエヤン

【前走クラス】
京都で施行された直近10回の1~2着馬延べ20頭の前走をクラス(レース格)で分けると、海外G1、G2、G3、OP特別の4パターン。国内G1や条件クラスからの参戦馬は低調な結果に終わっている。

(減点対象馬)
ニホンピロキーフ

【前走着順】
京都で行われた直近10回の2着以内馬延べ20頭のうち、16頭が前走5着以内からの臨戦馬。前走6着以下から巻き返しての2着連対圏入りは、前走が海外のレースだった馬、もしくは前走から距離変更で挑んだ馬に限られる。押さえておきたい傾向のひとつだ。

(減点対象馬)
トゥードジボン ③セッション ④リューベック ⑥ビーアストニッシド ⑦ノースザワールド ⑮フリームファクシ

【前走人気】
京都施行の直近10回の1~2着馬延べ20頭すべてが、前走で単勝7番人気以内の支持を集めていた。前走が単勝8番人気以下の低評価だった馬は、軸馬候補として推奨しづらい印象を受ける。

(減点対象馬)
コレペティトール ⑪アリストテレス ⑮フリームファクシ ⑯ボルザコフスキー ⑰エエヤン

【近走人気】
京都で行われた直近10回、近2走とも単勝6番人気以下だった馬が、当レースで2着連対圏を確保したケースはゼロとなっている。低評価が続いている馬の上位好走は、見込み薄と考えたほうがいいかもしれない。

(減点対象馬)
ビーアストニッシド ⑩コレペティトール ⑪アリストテレス ⑯ボルザコフスキー ⑰エエヤン


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、③セリフォス、⑧トランキリテ、⑭ソウルラッシュの3頭。

まず推奨したいのは、③セリフォスだ。京都施行の直近10回、前年の安田記念連対(2着以内)馬は【3.0.0.2】と上々の成績を収めている。ここはG1ウィナーの底力に期待したい。

京都施行の直近10回、前年のマイルCS連対(2着以内)馬は【2.0.2.3】。それに該当する、⑭ソウルラッシュを差のない2番手評価。残る1頭、⑧トランキリテにも目を向けておきたい。

<注目馬>
セリフォス ⑭ソウルラッシュ ⑧トランキリテ

[もっと見る]

【マイラーズC2024】ROBOTIPの勝率予測 血統指数に距離・回り・坂の各適性をブレンドし算出した結果、勝率トップはボルザコフスキー 2024年4月20日() 12:00


こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は21(日)に行われるG2マイラーズCを予想していきたいと思います。

まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。

今週は、右回り芝マイル×直線平坦コースということで、「距離適性」30%「周回方向適性」30%「G前の坂の有無適性」40%配合で、極力京都芝1600m条件に寄せたセッティングで臨みます(補正は調教補正のみオン)。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出したG2マイラーズC全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑯ボルザコフスキー   13.06%
2 ⑦ノースザワールド   8.50%
3 ⑫ソーヴァリアント   8.42%
4 ④リューベック     7.36%
5 ⑨ニホンピロキーフ   6.82%
6 ⑤エアロロノア     6.81%
7 ⑮フリームファクシ   6.65%
8 ⑭ソウルラッシュ    6.29%

9 ①トゥードジボン     5.49%
10 ⑰エエヤン       5.08%
11 ⑬セッション      4.34%
12 ③セリフォス      4.03%
13 ⑪アリストテレス    3.66%
14 ⑩コレペティトール   3.63%
15 ⑧トランキリテ     3.52%
16 ②スパイダーゴールド  3.37%
17 ⑥ビーアストニッシド  2.99%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(17頭立ての場合は5.88%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回のマイラーズCでは上位8頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑯>>>⑦⑫>④⑨⑤⑮⑭


当欄としては珍しく、勝率首位⑯ボルザコフスキーが大きく差をつけてのトップという算出結果。
この時期の京都開幕週の一戦で、16番枠の馬と心中というのは大いに不安がありますが、その分過剰に人気することはない、と切り替えて前向きにとらえることとします。
今回は、以下の複勝1点(10,000円)で臨みます。


【孫権のマイラーズC勝負馬券】

複勝

1点×10000円=10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【マイラーズC2024】レーティングとモノサシで考える 斤量差でソウルラッシュ中心も、穴ならフリームファクシ! 2024年4月19日(金) 18:00


今週日曜、京都競馬場のメイン競走はマイラーズカップ。JRAのレーティング(公式格付)をベースとし、これにいくつかモノサシを組み合わせ出走各馬の真の力関係を解き明かしていく。まずはベースのモノサシ、JRAレーティングの比較から入ろう(各馬デビュー以来の数値を採用)。


118 セリフォスソウルラッシュ
111 フリームファクシ
110 エエヤンノースザワールド
109 セッション
108 コレペティトールビーアストニッシド
107 エアロロノアトゥードジボン
106 ソーヴァリアント
105 ボルザコフスキー
102 アリストテレストランキリテ
101 スパイダーゴールドリューベック

(以下格付なし)

マイラーズカップの例年の勝ち馬レーティングは115±2。レーティング数値を見る限り、今回はセリフォスソウルラッシュの一騎打ちの行方を見届けるレースではないかと思うが、108以上の6頭の3着候補として残し、比較は計8頭でおこなってみた。

第2のモノサシは、「芝1600mの出走回数と総出走回数」。マイラーズカップの過去の結果を遡ってみると、好走馬の多くが、勝ち負けはともかくとして芝1600mのレースを選んで使い続けていたケースが多いことに気づく。前述8頭の芝1600mの出走回数と総出走回数を調べたところ、結果は以下の通りだった(表記は芝1600m出走回数/総出走回数)。

セリフォス…11回/12回 ソウルラッシュ…12回/18回 フリームファクシ…2回/9回 エエヤン…6回/11回 ノースザワールド…9回/30回 セッション…6回/10回 コレペティトール…4回/10回 ビーアストニッシド…7回/18回

セリフォスソウルラッシュはそれぞれ「さもあらん」という内容だが、他で目立つのは出走回数に対する割合の多さでエエヤンセッションの2頭。逆転まではどうかと思うが、第2のモノサシ比較からは3着候補馬として2頭を挙げておきたい。

第3のモノサシは、「芝1800m以上の重賞実績」。阪神競馬場で行われていた2年間を除くと、近5年のマイラーズカップの好走馬の多くは芝の1800m以上の重賞でも好走した経験を持っていることに気づく。たとえば、昨年優勝のシュネルマイスター毎日王冠(東京芝・1800m)の勝ち馬だし、2着のガイアフォースセントライト記念(中山芝・2200m)の勝ち馬。2019年優勝のダノンプレミアムは弥生賞の勝ち馬で、2018年の優勝馬サングレーザーは後に札幌記念(札幌芝・2000m)を勝った。上位馬8頭のこれまでの戦歴における芝1800mの重賞実績を調べたところ、結果は以下の通りであった。

セリフォス…なし ソウルラッシュ…なし フリームファクシきさらぎ賞(中京芝2000m)優勝 エエヤン…なし ノースザワールド…なし セッション…なし コレペティトール…なし ビーアストニッシド…スプリングS(中山芝1800m)優勝

上位馬こぞって当該条件での実績がない中、重賞勝ち経験のある2頭は目立つ上に穴っぽい匂いがする。第3のモノサシ比較からは、3着候補馬としてフリームファクシビーアストニッシドの2頭を挙げておきたい。

諸々の比較から、◎はそれでもソウルラッシュ。やはり2頭の数値が他とは開きすぎているのと、セリフォスに比べて1kg軽い斤量がここでは大きいと判断。○にセリフォス。▲には第3のモノサシ比較で浮上したフリームファクシを指名したい。馬券は、◎から2頭への馬単、馬連と、3頭の3連複に、フリームファクシから2頭へのワイド。

【モノサシ比較による注目馬】
ソウルラッシュ ○セリフォス ▲フリームファクシ

モノサシの正誤判定は4/21(日)だ。

[もっと見る]

【マイラーズC2024】ズバリ!調教診断(最終版) A判定3頭のなかからソウルラッシュをトップ評価! 2024年4月19日(金) 12:00


日曜日に行われるマイラーズカップの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階


トゥードジボン【C】
栗東CW単走。手前をコロコロ替えていたが、この馬の場合はこれが通常運転。割り引く必要はない。ただ、間隔が詰まることが影響しているのか、好調時と比べて少し重心が高く映るのは気になるところ。今回は京都相性の良さで、どこまでカバーできるかが焦点になりそうだ。

スパイダーゴールド【C】
美浦W併走。フットワークにバネを感じるし、併走相手に取り付こうとする際の動きも良かった。ただ、併せてからの競る意欲が低いせいか、なかなかギアが上がらず、最後はトロヴァトーレに対して体勢不利の形に。良化途上の印象が強く、相手強化の別定G2で勝ち負けまではどうか。

セリフォス【A】
栗東坂路単走。整える程度の内容。ハミ受けが若干浅いが、力みの強い走りで最後の伸びを欠いたマイルCSを思えば、ガツンと噛むよりはいいのかも。リズム良く登坂できているし、身のこなしも柔らかい。それでいて脚さばきは力強く、トビに高さもある。前哨戦に臨む仕上げとすれば、及第点以上だろう。

リューベック【C】
栗東CW併走。当該週のCW追いは、昨年2月の但馬S1着時以来。バランスの良いフットワーク、フォームのブレも少ない。その一方、手前を左に替えてからはジリ脚気味。併走遅れは仕方ないにせよ、手応えでも見劣りしたのは気になるところ。高評価するには、ためらってしまう内容だった。

エアロロノア【B】
栗東坂路併走。直線序盤こそ頭を右斜めに向けて、推進力を逃すような完歩も見られたが、中盤以降は鞍上の促しに応えて徐々に加速。ラストの走りも力強かった。1週前は本来の迫力を欠いているように感じたが、それをかなり取り戻してきた印象。及第点の仕上がりと判断したい。

ビーアストニッシド【C】
栗東坂路単走。フットワークそのものは悪くないのだが、幾度かバランスを崩すなど、体幹が安定しない走りは割り引き。ラストはそれなりに脚を伸ばしたとはいえ、随所に難しい面を出すところは変わっていない。転厩3戦目の慣れを見込んだとしても、前年6着を大きく超えるパフォーマンスまではどうか。

ノースザワールド【C】
美浦W単走。首の位置が高く、手前を替えても重心が下がらない。そのせいか好調時と比べて、推進力を欠いているように映る。中3週の間隔でも、調教本数を積み重ねてきた点は好感が持てるが、当該週の動きを見ると、なにかしら物足りなさを覚えてしまう。

トランキリテ【B】
栗東CW併走。ラストは気の抜けたような感じになってしまったが、早い段階からピッチを上げていた点や、直線半ばで併走相手が脚勢を落としたことを考慮すれば、酌量の余地はある。それまでのキビキビとした小気味良い走りをみるに、少なくともフィジカル面での不安はなさそう。悪くない仕上がり。

ニホンピロキーフ【B】
栗東CW単走。上がり重点の調整。重心がやや高く、若干硬めの走りだが、動き自体に重苦しさはなく、エンジンが点火してからの伸びも上々だった。もう少し肩の出が良くなれば、といったところだが、雰囲気は決して悪くない。ひとまず順調とみてよさそうだ。

コレペティトール【B】
栗東坂路単走。もう少しラストの鋭さがほしいが、前回の当該週もこんな感じだったようだし、そもそも攻めであまり良く見せないタイプでもある。1週前と比べて体の使い方自体は良くなっており、馬場の荒れている時間帯を思えば悪くない内容。この馬なりに順調だろう。

アリストテレス【C】
栗東坂路併走。いい頃の活気が戻りつつあるのは良い傾向。その一方、手前変換後に頭を右前肢の上に置くようなフォームとなって、顔を右に背ける癖がぶり返していたのは気になるところ。併走相手の前に出ようとする勝負根性は評価できるものの、本調子には及ばないように思える。

ソーヴァリアント【A】
美浦W併走。手前を替えなかったが、本番は稽古と逆回り。深刻にとらえる必要はない。1週前にしっかり攻めた効果もあってか、当時より体の使い方やフォームが良化。そのぶん推進力が増し、楽に走れるようになった印象。状態は良く映る。実戦でかみ合うようなら、前走大敗からガラリ一変があってもいい。

セッション【B】
栗東坂路単走。中2週と間隔が詰まるので軽めの調整。頭の位置は若干高いが、ハミをきちんと取って活気はじゅうぶん。脚どりもしっかりしていた。前回より動きにキレが出てきていることも良い傾向。100%には至らずとも、着々と状態は上向いている。

ソウルラッシュ【A】
栗東CW併走。当該週の稽古場所を、かつて4連勝を果たしたCWに戻してきた。前向きな面を出しながらもタメはきいているし、ゴーサインに対する反応もいい。特にゴール前の大きなフットワーク、バネ感のある走りは目を引くものがあった。海外遠征明けだが、動き自体は好調時と比べても遜色ない。

フリームファクシ【B】
栗東CW併走。大トビのダイナミックなフォームは健在。前後のバランスが良く、フットワークも力強い。折り合い的にも問題はなく、鞍上の追い出しに対する反応も悪くなかった。最近の成績はさえないが、もっと着順を上げてきても、おかしくない雰囲気ではある。

ボルザコフスキー【B】
栗東CW併走。僚馬に後れをとり、大外を走っていた別の馬にも突き放されるような格好になってしまったが、これはその2頭の動きが良すぎたせいもある。この馬自身も機敏に動いていたし、フットワークも悪くなかった。まずまずの仕上がり具合ではないか。

エエヤン【B】
美浦坂路併走。姿勢の高い走りは相変わらずだが、僚馬に取り付く際の動きは機敏。併走時に少し相手を気にする素振りを見せてはいたものの、大きく割り引くほどではなく、ラストの伸びも悪くはなかった。間隔は詰まるが、体調面に問題はなさそう。あとは本番を迎えるまでのテンション次第、といったところか。


【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。⑭ソウルラッシュを最上位に挙げたい。もともと攻め駆けするタイプだが、それを考慮しても直線部分での鋭い反応、伸び脚には目を引くものがある。乗り込み量の不足もなく、いい雰囲気で前哨戦に臨めそうだ。

柔らかい身のこなし、安定感のあるフットワークが印象深い、③セリフォスを次位評価。ほか、活発な動きが目立つ、⑫ソーヴァリアントも気にかけておきたい。

<注目馬>
ソウルラッシュ ③セリフォス ⑫ソーヴァリアント

[もっと見る]

【マイラーズC】ルーキー吉村誠之助騎手が初勝利の相棒ボルザコフスキーと同期最初の重賞勝ち狙う 2024年4月19日(金) 04:58

ルーキーの吉村誠之助騎手(18)=栗・清水久=がマイラーズCに自厩舎のボルザコフスキーで重賞初騎乗する。1997年に武幸四郎騎手(現調教師)がデビュー2日目で初重賞初制覇した舞台で、金星を狙う。



冷静沈着なルーキーに再びチャンスが巡ってきた。吉村騎手がマイラーズCで重賞初騎乗する。

「チャンスをいただけて、うれしいです」

デビュー2週目の3月10日、フィリーズレビューシュシュトディエスで挑む予定だったが、歩様の乱れで回避。重賞初騎乗はおあずけとなったものの「馬の事情なので、しようがない。いつかは乗せてもらえる」と気持ちを切り替えた。

そして改めて巡ってきたチャンス。コンビを組むボルザコフスキーは実習生の頃から調教に騎乗して、3月24日の阪神11R・六甲Sでは初勝利を挙げた仲だ。「とても力強い走りができて、馬場が重くなってもこなせるところがストロングポイント」と特長はよくわかっている。

「(馬への)思い入れは強いかもしれませんが、勝ちたい気持ちは変わりません」

同期では高杉吏麒(りき)騎手(18)=栗・藤岡=が3月10日の金鯱賞で重賞初騎乗(6着)しているが、勝つには至っていない。1年目で初重賞初制覇となれば2022年の今村聖奈騎手(CBC賞テイエムスパーダ)以来。同期一番乗りを狙う。(北池良輔)

■吉村 誠之助(よしむら・せいのすけ) 2006(平成18)年1月4日生まれ、18歳。兵庫県出身。24年3月に栗東・清水久詞厩舎からデビュー。同24日の阪神11R・六甲S(ボルザコフスキー)で初勝利。4月18日現在、JRA通算57戦2勝。162・7センチ、48キロ。父は兵庫公営に所属し、地方競馬で通算3388勝を挙げる智洋騎手。

◆吉村騎手・今週の騎乗馬

<土曜・京都>

1Rプレザントウインド

4Rショウナンダダン

7Rモカラエース

<日曜・京都>

1Rチェルビック

2Rジュンフィレンツェ

5Rマイネルアットーレ

7Rショウナンラタン

8Rクールジャーマン

11Rボルザコフスキー

12Rブルーノート

(A=単争い、B=連候補、C=微妙。評価は担当記者)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボルザコフスキーの関連コラム

関連コラムはありません。

ボルザコフスキーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 4

【危険視して妙味】

危:エエヤン 牡4 57 Mデムーロ

前走が途中からの大逃げで②着と久々の好走、京都の開幕週で

逃げ残りがあってもとは思うが、中山専用機の可能性もある。

人気薄ならともかく、想定③人気の馬、暴走のリスクを考えるとこのオッズでは買えない。



危:トランキリテ 牡5 57 武豊
京都のマイル戦を武豊騎手で連続好走で穴人気しそうだが、前走の洛陽Sは追い込み決着で出遅れたのが幸いして展開向いた感があり再現性は難しそう、後方からになりそうな脚質も開幕週馬場ではマイナス、人気を考えると期待値低い。



【最終予想】

◎セリフォス 牡5 58 川田

近2走の敗戦で早熟感も感じない訳ではないが、マイルCSは差し決着を先行競馬で展開合わず、香港マイルは洋芝が合わなかった事を敗因とすれば、かつてのマイル路線王者が輝きを取り戻して不思議ない、ソウルラッシュを除けば一枚も二枚も能力は上、

開幕週馬場だけに、前でも競馬ができる同馬を本命。



〇ソウルラッシュ 牡6 57 松山

マイルCS・香港マイルとセリフォスに先着も当時の鞍上はモレイラ・・、対して今回は今年重賞で不振の松山騎手というのは

決してプラスとは言えないでしょう、高速京都コースも守備範囲とはいえベストとはいえず、能力上位は明らかだが二番手まで。



△トゥードジボン 牡5 57 藤岡祐

京都のマイルは金杯③着を含み2-0-1-0と好相性、先行する同馬にとって開幕週の内枠は絶好だ、2強との能力差はあるだろうが

馬場バイアスを活かせば割って入る可能性はある。



△ソーヴァリアント 牡6 57 池添

気性的な問題を抱えているだけに、距離短縮は歓迎材料ともいえるが、ここ2走は負けすぎの感、能力面に関しては2強に次ぐ馬だと認識しているので抑えてはおきたい。



×二ホンピロキーフ 牡4 57 田口

3勝クラスを勝利して、いきなりのGⅡは荷が重い感もあるが、

好位からしっかり脚を伸ばしてくる脚質や、元町Sでの内容からコレペティトールとの能力差はなく同等の評価はしておきたい。



×ボルザコフスキー 牡5 57 吉村

新人の吉村騎手、開幕週の時計勝負と不安はあるも、能力自体には捨てがたい魅力を感じます、人気薄だけに馬券の片隅においても。



×フリームファクシ 牡4 57 富田

きさらぎ賞を勝ち、皐月賞で④人気に推された実績馬も、以降は馬柱を汚し続けていて人気は急落しているが、近2走の東京新聞杯・京都金杯は共に内優位のバイアスを外から差し込んできていて侮れないとみています。

地力は確かなだけに、このレース波乱の使者なら本馬だと考え重い印を考えていたが、またしても外枠・・。

 軸馬狙い撃ち 2024年4月19日(金) 17:52
2024年マイラーズカップ 外厩情報
閲覧 98ビュー コメント 0 ナイス 6

マイラーズカップで帰厩初戦となる馬の外厩情報共有します。

 2番スパイダーゴールド(西村敦也騎手)ノーザンF天栄

 3番セリフォス(川田将雅騎手)チャンピオンヒルズ

 4番リューベック(浜中俊騎手)ノーザンFしがらき

 5番エアロロノア(幸英明騎手)山元トレセン

 8番トランキリテ(武豊騎手)ノーザンFしがらき

 9番ニホンピロキーフ(田口貫太騎手)三重ホーストレセン

10番コレペティトール(岩田康誠騎手)大山ヒルズ

11番アリストテレス(古川吉洋騎手)ノーザンFしがらき

12番ソーヴァリアント(池添謙一騎手)山元トレセン

14番ソウルラッシュ(松山弘平騎手)チャンピオンヒルズ

15番フリームファクシ(富田暁騎手)ノーザンFしがらき

16番ボルザコフスキー(吉村誠之助騎手)チャンピオンヒルズ

以上になります。

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2024年4月19日(金) 01:18
マイラーズカップ 2
閲覧 54ビュー コメント 0 ナイス 2

マイラーズカップ

芝1600M GⅡ 4歳以上

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント◎3ポイント○2ポイント▲1ポイント◬0.5ポイント

セリフォス 26.5ポイント
(実績と経験値は断トツと思う馬。去年の秋から2戦着外なのでここで巻き返せないと心配される。休み明けは問題なしでマイルCSも0.4秒差ですから。川田騎手なら積極的に乗るので強い競馬はするんでしょうね。)

ソウルラッシュ 24ポイント
(去年の秋から安定している成績で香港マイルも4着ですから地力も高い。松山騎手に乗り替わるけど問題ないし馬場問わず自在性もあるんでまぁ崩れるイメージはしないよな。)

コレぺティトール 5.5ポイント
(金杯勝利で勢いもあるし今回コース距離も変わらないので3kg斤量は増えるのは気になるだけ。相手も強くなって強い上記2頭に対してどういう競馬が出来るかだけ。)

エアロロノア 4.5ポイント
(結構間隔空いて休み明けで状態ですね。去勢明けでもあるし状態が気になるところ、差し追い込みで開幕週は条件は良くないよな。)

トゥードジボン 4ポイント
(ここ2戦上手くいってないので京都のマイルで変われるかどうか?まぁ金杯3着でその時は1番人気ですから評価はされている馬。先行して粘るスタイルは開幕週にプラスになると思う。)

ソーヴァリアント 3.5ポイント
(マイルがベストではないかもしれないし最近成績が落ちてきているので全盛期かどうか?前走の中山記念はコースが特殊なので今回の方が力は出しやすいが輸送もあるのでどうかなぁ。)

セッション 3ポイント△5こ
(前走は中山なので今回は京都コースなら巻き返せても、坂井騎手との相性もいいし先行粘りは開幕週に向いているので速い時計も持っているので積極的に進んで押し切れる競馬をするかも。)

アリストテレス 3ポイント△2こ
(大阪城ステークスが0.4秒差で健闘したが距離短縮で相手強化で厳しいかなと思います。過去の実績はあるんだけど不振期間が長すぎた分信用はまだしづらいかなと。)

ボルザコフスキー 2ポイント
(前走リステッド勝利で勢いはある馬。今回相手強化でどこまで出来るか、心配は今回も新人騎手で経験値になるんだろうけど、スムーズに進めればそれなりには。)

エエヤン 1.5ポイント
(京都コースに替わって好走出来ればいいが時期的には実績はあるけど中山巧者っぽくなってるかな。今回も逃げて暴走気味のレースで開幕週でどこまで持つかの競馬が想像されますね。ローテーションはきつい)

トランキリテ 0.5ポイント
(洛陽ステークス2着でこのクラスで目途はついているし、相手は強くなるが京都コースが合う馬でもあるので、継続騎乗なのもプラスかなと。時計勝負ならちょっと未知数なので不安少々。)

二ホンピロキーフ 0ポイント△1こ 着差 -0.4
(昇級初戦で一気の相手強化、前走も小倉の2000Mだったから距離短縮でマイルの勝利はしているしコース相性もいいので、後は田口騎手の重賞での経験値ぐらいがどうかなので。)

フリームファクシ 0ポイント△1こ 着差 0.7 前々走着差 0.4
(ここ3戦1秒以内の競馬はしている。金杯5着は展開と前残り馬場で少し特殊今回はそれよりも条件は良くなっているので折り合って進めればいい脚で差してくるかなと。)

ビーアストニッシド 0ポイント△1こ 着差 0.7 前々走着差 0.6
(斤量減と良馬場なら力は出せそうですが逃げたいけどエエヤン次第になりそう。力はあると思うので自分の展開になれば1発有るかな思っている。)

ノースザワールド 0ポイント 着差 0.3
(ここ2戦のマイル戦はいい勝負は出来ている。相手強化になるけどこの距離なら崩れてはいないので。開幕週で差しなので強烈な末脚は持ってないと思う。)

スパイダーゴールド 0ポイント 着差 0.6
(相手強化と距離短縮でしんどいかなと輸送もあるのでまだこのクラスの実績も乏しい感じですね。まぁマイル経験があまりないから変わり身があるかもしれないが。)

リューベック 0ポイント 着差 0.7
(ここ3戦着外で重賞メンバーどこmで出来るか?能力は高いと思うけどそれが発揮できてない感じでずっと1秒以内ではきてるんですが。)

現時点予想

◎ ソウルラッシュ
○ トゥードジボン
▲ コレぺティトール
△ セリフォス
△ セッション
穴 トランキリテ
穴 リューベック

[もっと見る]

⇒もっと見る

ボルザコフスキーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:2人 2024年3月24日() 15:30:22
初勝利が特別メインレースには驚いた。吉村くんの今後が心配。こんな形で勝った鞍上が良い成績を残せる道理がないので。せいぜいこの勝利を味わっておいてちょうだいね。www
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年4月2日() 15:06:24
佐賀の人間は信用出来ない。正確に言うと佐賀競馬の関係者は恐喝力だけで生きているただのボンクラ。鮫島と川田、お前らの事だよウスノロ!

ボルザコフスキーの写真

ボルザコフスキー
ボルザコフスキー

ボルザコフスキーの厩舎情報 VIP

2024年4月21日読売マイラーズカップ G2
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ボルザコフスキーの取材メモ VIP

2024年3月24日 六甲ステークス (L) 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。