エコロヴァルツ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エコロヴァルツ
エコロヴァルツ
エコロヴァルツ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2021年2月14日生
調教師牧浦充徳(栗東)
馬主原村 正紀
生産者下河辺牧場
生産地日高町
戦績 4戦[2-1-0-1]
総賞金5,583万円
収得賞金2,400万円
英字表記Ecoro Walz
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
プティプランセス
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
クリアーパス
兄弟 ヒロノタイリクウォータースペース
市場価格
前走 2024/02/11 共同通信杯 G3
次走予定

エコロヴァルツの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/02/11 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 10665.335** 牡3 57.0 武豊牧浦充徳 496
(+4)
1.48.7 0.733.1ジャスティンミラノ
23/12/17 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 171110.042** 牡2 56.0 武豊牧浦充徳 492
(+14)
1.33.9 0.134.1⑮⑰ジャンタルマンタル
23/08/13 札幌 8 コスモス賞 OP 芝1800 8112.211** 牡2 55.0 武豊牧浦充徳 478
(-4)
1.48.8 -1.035.6コスモディナー
23/07/08 福島 5 2歳新馬 芝1800 12797.921** 牡2 55.0 M.デムー牧浦充徳 482
(--)
1.51.3 -0.335.3ルシフェル

エコロヴァルツの関連ニュース

共同通信杯を制したジャスティンミラノ(栗・友道、牡)は、皐月賞(4月14日、中山、GⅠ、芝2000メートル)へ直行する。5着エコロヴァルツ(栗・牧浦、牡)も同レースへ向かう。6着べラジオボンド(栗・上村、牡)は、毎日杯(3月23日、阪神、GⅢ、芝1800メートル)へ。鞍上は岩田望騎手。9着エンヤラヴフェイス(栗・森田、牡)は、ファルコンS(3月16日、中京、GⅢ、芝1400メートル)へ向かう。

シンザン記念10着タイキヴァンクール(栗・中尾、牡)は、フローラルウォーク賞(3月17日、中京、1勝、芝1600メートル)かファルコンSを視野。

【共同通信杯】レースを終えて…関係者談話 2024年2月12日(月) 04:57

◆キング騎手(ディマイザキッド4着)「この馬に適したペースではなかったですが、瞬発力を見せて、最後の400メートルでいい脚を見せてくれました」

武豊騎手(エコロヴァルツ5着)「レース前からテンションが高く、心配していたのですが、懸念していたことがもろにレースで出てしまいました」

◆岩田望騎手(ベラジオボンド6着)「もう1列前が理想でしたが、新馬戦と同様に上にあがるようにゲートを出てしまい、取れませんでした」

◆坂井騎手(ミスタージーティー7着)「イレ込みがかなり激しく、いい精神状態でレースに向かえませんでした。スタート後に不利もあり、落ち着きかけたところで後ろから乗っかけられて、パニックになりながら走っているところがありました」

◆横山武騎手(フォスターボンド8着)「まだ気持ちも体も成長し切れていなくて、いつものスタートになってしまいました」

◆キングスコート騎手(エンヤラヴフェイス9着)「マイルの方がよさそうです」

◆ルメール騎手(ショーマンフリート10着)「3、4コーナーから手応えがなくなってしまいました」

[もっと見る]

【共同通信杯】エコロヴァルツは折り合い欠き5着 武豊騎手「懸念していたことがもろにレースで出てしまいました」 2024年2月11日() 20:59

2月11日の東京11Rで行われた第58回共同通信杯(3歳オープン、GⅢ、芝1800メートル、10頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手の4番人気ジャスティンミラノ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が2番手から抜け出しデビューから無傷2連勝で重賞初制覇を果した。タイムは1分48秒0(良)。

朝日杯FS2着のエコロヴァルツ(3番人気)は、上々のスタートを切るも口を割るシーンが見られ、折り合いを欠いてしまうと、直線では伸びを欠き5着に敗れた。

武豊騎手「きょうはレース前からテンションが高くて心配していましたが、懸念していたことがもろにレースで出てしまいました。引っ掛かってしまい、走り切れませんでした」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】共同通信杯2024 徳光和夫さん、霜降り明星・粗品さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2024年2月11日() 06:30


※当欄では共同通信杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎⑧ジャスティンミラノ
ワイド
⑧-⑨
②-⑧
③-⑧

【粗品(霜降り明星)】
◎⑤ショーマンフリート
馬連フォーメーション
⑤⑥-①④⑤⑥⑧⑨

【DAIGO】
◎⑨ジャンタルマンタル

【あの】
◎⑨ジャンタルマンタル

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎①ベラジオボンド
○⑧ジャスティンミラノ
▲④ミスタージーティー
△③フォスターボンド
△⑤ショーマンフリート
△⑨ジャンタルマンタル

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑥エコロヴァルツ
単勝


【キャプテン渡辺】
◎④ミスタージーティー
馬連
④-⑥エコロヴァルツ
3連複
④-⑥-⑨
3連単フォーメーション
④⑥→④⑥→⑨

【佐野瑞樹】
◎④ミスタージーティー

【長岡一也】
◎①ベラジオボンド
○⑨ジャンタルマンタル
▲⑥エコロヴァルツ
△③フォスターボンド
△⑤ショーマンフリート
△⑧ジャスティンミラノ

【原奈津子】
◎①ベラジオボンド
○⑧ジャスティンミラノ
▲④ミスタージーティー

【鈴木淑子】
馬連BOX
フォスターボンド
ミスタージーティー
エコロヴァルツ
ジャンタルマンタル

【舩山陽司】
◎③フォスターボンド
3連複フォーメーション
③-①⑧⑨-①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩

【皆藤愛子】
◎⑨ジャンタルマンタル
単勝

ワイド流し
⑨-④⑤⑧

【高田秋】
◎⑥エコロヴァルツ
単勝

馬連流し
⑥-③④⑤⑨

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑥エコロヴァルツ
馬連流し・ワイド流し
⑥-②③⑧⑨

【恋さん(シャンプーハット)】
注目馬
ジャンタルマンタル
ミスタージーティー
馬連
④-⑨

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑤ショーマンフリート

【杉本清】
◎⑨ジャンタルマンタル

【守永真彩】
◎③フォスターボンド
ワイド流し
③→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩

【三代目 中村福之助】
◎⑧ジャスティンミラノ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎①ベラジオボンド

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ミスタージーティー
ショーマンフリート

【酒井一圭(純烈)】
◎⑧ジャスティンミラノ

【橋本マナミ】
◎⑨ジャンタルマンタル

【じゃい(インスタントジョンソン)】
注目馬
フォスターボンド
ベラジオボンド
ジャスティンミラノ
ミスタージーティー

【清水久嗣】
◎④ミスタージーティー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑨ジャンタルマンタル

【栗林さみ】
注目馬
ジャンタルマンタル
ミスタージーティー

【木和田篤】
注目馬
ジャンタルマンタル
ベラジオボンド

【三浦拓実】
◎④ミスタージーティー

【米田元気】
◎①ベラジオボンド

【藤原菜々花】
◎⑨ジャンタルマンタル

【目黒貴子】
◎⑥エコロヴァルツ

【中野雷太】
◎⑨ジャンタルマンタル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】共同通信杯2024 競走馬能力重視予測はG1馬ジャンタルマンタルを信頼 2024年2月10日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は共同通信杯 G3です。本レースは、近年の牡馬クラシック路線を展望する上で最重要ステップといっても過言ではない位置付けとなっていますね。今年も勝ち馬の中から後のG1ホースが出てくるでしょうか。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した共同通信杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
ジャンタルマンタル 32.68%
エコロヴァルツ   23.77%
ショーマンフリート 17.68%
ミスタージーティー 13.76%

エンヤラヴフェイス 6.40%
①べラジオボンド   1.54%
パワーホール    1.46%
ディマイザキッド  1.07%
ジャスティンミラノ 0.87%
フォスターボンド  0.77%

朝日杯FSの1、2着馬である⑨ジャンタルマンタル、⑥エコロヴァルツが1位2位となりました。平均勝率(10頭立ての場合は10.00%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位 4頭がその対象です。

上位4頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
  ⑨ > ⑥ > ⑤④

馬券は⑨ジャンタルマンタルをアタマに馬単3点、合計10,000円で勝負します。

馬単(ながし)
⑨-⑥ 4,000円
⑨-④⑤ 各3,000円

合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】共同通信杯2024 G1で上位争いを演じたU指数上位2頭がワンランク上の走りを披露! 2024年2月10日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!共同通信杯・U指数予想をお届けします!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2021年2着のヴィクティファルス(12位、7番人気)、3着のシャフリヤール(10位、2番人気)、2022年1着のダノンベルーガ(10位、3番人気)のように、U指数二桁順位の1戦1勝馬が馬券に絡むこともあるが、これはこのレースの長い歴史のなかではかなりのレアケース。例年、キャリアでも指数でもこれらを上回る馬たちが好走する傾向にあるので、今年も実績のあるU指数上位を中心に据えるスタンスで臨みたい。

最有力と目せるのは、朝日杯FSを勝って昨年の最優秀2歳牡馬の称号を手にしたU指数1位⑨ジャンタルマンタル(92.0)。3戦3勝の内容はいずれも危なげなく、追い出してからの反応も良かった。千八勝利経験がある点も心強く、ここも高い確率で勝ち負けの争いに加わってくるとみる。

朝日杯FSでコンマ1秒差の2着に追い込んだきた2位⑥エコロヴァルツ(90.7)もポテンシャルではひけを取らない。前走よりもスムーズな競馬ができれば、ジャンタルマンタルを逆転するシーンがあっても不思議ではないだろう。

以下指数通りに、前走の重賞で掲示板に載っている3位⑤ショーマンフリート(89.6)と、4位④ミスタージーティー(88.7)の2頭をピックアップする。

【U指数予想からの注目馬】
ジャンタルマンタル ⑥エコロヴァルツ ⑤ショーマンフリート ④ミスタージーティー

[もっと見る]

⇒もっと見る

エコロヴァルツの関連コラム

閲覧 1,272ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月17日(日) 阪神11R 第75回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)

☆『過去5年(2018年~2022年)の成績』は👉こちら👈

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)


<前走:デイリー杯2歳S 京都芝1600m(レース映像)> 中4週

ジャンタルマンタル(1着 490kg(-6kg))<A>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
前走時のパドックでもまだ緩さを覗かせ、成長途上な感じだが2連勝中と能力は高い。この中間も1週前は坂路で終い追われて力強い伸び脚。前走からの上積みが期待できそう。

エンヤラヴフェイス(2着 482kg(+2kg))<C>
追い切りでは重心の低い走りで終いしっかり伸びる馬だが、1週前追い切りの動きを見ると坂路で終い伸びきれず。期待していたほどの上積みが感じられない。

ナムラフッカー(3着 468kg(-2kg))<C>
前走までは使われるごと追い切りの時計が良くなっていたが、この中間は時計平凡で1週前追い切りでも併走遅れ。乗り込み量は多めだが、使い詰めの疲れが出ている可能性も。

クリーンエア(8着 464kg(+2kg))<D>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
3戦して2回はパドックでうるさい面を見せていて、今回も長距離輸送があるので同じようになることも考えられる。1週前追い切りでは持ったままの併走相手に楽に先着されて動きは物足りない。


<前走:京王杯2歳S 東京芝1400m(レース映像)> 中5週

バンドシェル(4着 460kg(+2kg))<C>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
この中間坂路で好時計が出ていて出来は引き続き良さそうだが、距離は短いほうが向いている印象を受ける。

ミルテンベルク(5着 476kg(+2kg))<B>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
能力はある馬だと思うが、毎回パドックでテンションが高くなってしまうところもあり、そのあたりがレース結果に影響しているきらいがある。この中間も乗り込み豊富で2週前までは速い時計が出ていたが、1週前は土曜追いも水曜追いもテンションを上げないことを主眼に置いているためか平凡な時計が並ぶ。

アスクワンタイム(10着 452kg(+14kg))<D>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
パドックでチャカチャカする馬で集中力に欠けるところがある。この中間は、乗り込まれているが前走時よりも終いの時計が甘い。


<前走:その他のレース出走馬>

シュトラウス(東京スポーツ杯2歳S:1着 芝1800m 520kg(+6kg) 中3週)<B>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
2走前は休み明けで馬体に余裕がある感じだったが、前走では馬体こそ増えていたものの毛艶が良く締まって見せていた。ややテンションが高いところは気掛かりも、1週前には金曜日に長めから追い切られ、上々の内容を披露してきた。

セットアップ(札幌2歳S:1着 芝1800m 474kg(+2kg) 3ヶ月半)<D>
☆『前走時の追い切り』は👉こちら👈
札幌2歳Sからの休み明けで乗り込み量は豊富。ただ、2週前追い切りは3頭併せで相手2頭に遅れ、1週前追い切りも手応えの割に終いもうひと伸び足りずといった感じ。動きは物足りない。

エコロヴァルツ(コスモス賞:1着 芝1800m 478kg(-4kg) 4ヶ月)<C>
休み明けでこの中間3週連続併せて先着しているが、ゆったりしている馬という印象。でマイルの忙しいスピード感のある競馬は向かなそう。

オーサムストローク(ベゴニア賞:1着 芝1600m 444kg(+6kg) 中2週)<D>
月1ペースで使われてきて2連勝しているが、前走時のパドックではトモが寂しく映り、1週前追い切りの動きを見ても力強さは感じられず終いの伸びが甘い。

サトミノキラリ(1勝クラス:1着 芝1400m 454kg(±0kg) 中3週)<D>
これまでの調教内容を見るとスピード感を強く感じる馬。。この中間、前走から中3週あるが先週金曜に軽めの調整のみと本数が少なく、休み明けを一度使われての上積みよりも疲れが取れていない様子。

ジューンテイク(こうやまき賞:1着 芝1600m 484kg(+6kg) 中1週)<B>
新馬戦の時には馬っ気を出してイレ込んでいたが、レースを使われるごとに落ちついて周回できるようになっており、レース経験の多さがプラスになっている模様。この中間は中1週で速めの時計は出していないが、最終追い切りで終い速い時計が出ているようなら引き続き好調子でレースを迎えられそう。

ダノンマッキンリー(秋明菊賞:1着 芝1400m 464kg(±0kg) 中3週)<A>
追い切りではカァーっと行きたがるところがあるが、レースでは流れに乗って折り合いもつくので乗りやすい面はありそう。この中間は軽めの調整も、初コンタクトのルメール騎手騎乗で追い切られた1週前は、折り合い面を重視した内容でも動きは力強いものだった。

スウィープフィート ※回避予定

タイキヴァンクール(未勝利:1着 芝1400m 510kg(-2kg) 中7週)<C>
大きな馬で使われるごとに馬体が締まってきて、前走時は何とか形になった感じ。それに伴いこの中間CWでの時計良化も窺え、上積みは見込める。あとは、相手もそれ以上に強化されるのでどこまで差を詰められるかだろう。

タガノエルピーダ(新馬:1着 芝1600m 440kg 中8週)<B>
新馬勝ちから中7週での出走で、この中間は坂路で乗り込み豊富。併せ馬で3週連続先着していて引き続き状態は良さそうだが、1週前が案外ソフトな追い切りで少し物足りない面もある。

タガノデュード(未勝利:1着 芝1600m 486kg(+2kg) 中3週)<D>
使い詰めで、前走未勝利勝ちもパドックではまだ幼いところを覗かせていた。一気の相手強化となるここは厳しいか。

ナイトスラッガー ※回避予定


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ジャンタルマンタルダノンマッキンリーの2頭をあげておきます。


◇今回は、朝日杯フューチュリティステークス編でした。
先週の阪神JFは小柄な馬が多く見られましたが、今週は牡馬がメインで馬体もしっかりしている馬が多く、馬体維持のために調教をセーブする馬というのは少ないのではないかと思います。そんな朝日杯FS(過去5年)について、連対馬の調教内容を調べてみました。まず、1週前か最終追い切りで強めに追われていた馬が多く、10頭中8頭の状況。繰り返しとなりますが、馬体がしっかりしているぶん調教でもしっかり追って仕上げることができるということが言えそうです。ただ過去3年に絞って見てみると、1週前に強めに追われた馬が6頭中5頭で、最終追い切りが馬なりという馬が同様に6頭中5頭の結果でした。最終追い切りの時点では、息を整える程度に仕上がっていて、余裕がある馬という好走馬像が浮かび上がってきます。以上のことから、このレースで調教から判断する際は、素質の高さよりも仕上がりの良さのほうを重視することをおススメします。


朝日杯FS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年12月10日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2023年12月10日号】特選重賞データ分析編(388)~2023年朝日杯フューチュリティステークス
閲覧 1,712ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。


最新版公開中! 本稿掲載重賞含む、その他の注目競走見解はコチラ『週末メイン「1点」分析EXTRA編』で!


<次週の特選重賞>

G1 朝日杯フューチュリティステークス 2023年12月17日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“同年10月以降の、JRAの、芝のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験の有無別成績(2018年以降)】
○あり [5-5-5-16](3着内率48.4%)
×なし [0-0-0-48](3着内率0.0%)

 臨戦過程や脚質が明暗を分けそう。2018年以降の3着以内馬15頭は、いずれも同年10月以降のレースを出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイムをマークしたうえで勝ち切っている馬でした。同年9月以前のレースしか勝っていない馬や、先行力の高さを活かしたいタイプは強調できません。

主な「○」該当馬→スウィープフィートダノンマッキンリー
主な「×」該当馬→エコロヴァルツエンヤラヴフェイスシュトラウスセットアップ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が2戦以内」の馬は2018年以降[3-3-4-19](3着内率34.5%)
主な該当馬→エコロヴァルツダノンマッキンリー

[もっと見る]

2023年9月6日(水) 10:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2023) ~第7回 ワールド上位者考察~
閲覧 1,344ビュー コメント 0 ナイス 4

 およそ3か月に渡る夏季競馬シーズンが先週末をもって終了。今週末からは4回中山と4回阪神が開幕し、秋季競馬シーズンに突入します。
 7月15日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)ではゼルトザーム(ロザリウムの2021)が、8月27日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)ではアスコリピチェーノ(アスコルティの2021)が、9月2日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)ではセットアップ(スリーアローの2021)が、9月3日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)ではアスクワンタイム(ディープインアスクの2021)が、それぞれ優勝を果たしました。この重賞4鞍を含む計179レースが施行されたことにより、各ワールドのランキングにも動きが出てきたところです。
 今回は、9月3日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしてみたいと思います。まだスペシャル以外の各ワールドでは仮想オーナー募集枠が順次解放されていますし、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはかなり先。目標とするべきプレイヤーの指名戦略を参考に、今後へ向けた対策をイメージしてみてください。

 なお、2023年、かつJRA、かつ2歳のレースにおける競走馬ごとの本賞金額(9月3日終了時点)トップ20は下記の通りでした。

【1位】アスクワンタイム(ディープインアスクの2020) 3940万円
【1位】セットアップ(スリーアローの2020) 3940万円
【3位】アスコリピチェーノ(アスコルティの2020) 3820万円
【3位】ゼルトザーム(ロザリウムの2020) 3820万円
【5位】コスモディナー(コスモミールの2020) 2960万円
【6位】ドナベティ(ドナルチアの2020) 2480万円
【7位】コラソンビート(ルシェルドールの2020) 2330万円
【7位】シカゴスティング(マルチスクリーンの2020) 2330万円
【9位】エコロヴァルツ(プティプランセスの2020) 2320万円
【10位】テイエムチュララン(テイエムチュラサンの2020) 2120万円
【11位】ナナオ(バイザディンプルの2020) 2040万円
【12位】ショウナンマヌエラ(ダイアゴナルクロスの2020) 1920万円
【12位】パワーホール(ストロベリーズの2020) 1920万円
【12位】ミルテンベルク(ペルレンケッテの2020) 1920万円
【15位】スカイキャンバス(アポロフィオリーナの2020) 1900万円
【16位】レガテアドール(レグルドールの2020) 1660万円
【17位】キャンシーエンゼル(ヴォルドニュイの2020) 1500万円
【17位】ギャンブルルーム(シャンデリアハウスの2020) 1500万円
【17位】クリーンエア(シルヴァンソングの2020) 1500万円
【20位】アトロルーベンス(キングスローズの2020) 1360万円

 上位10頭はすべて異なる種牡馬の産駒。キングカメハメハディープインパクトの直仔が完全にいなくなったこともあり、混戦模様に拍車がかかった印象です。
 ちなみに、2023年、かつJRA、かつ2歳のレースにおける種牡馬別成績を見ると、1着数、2着以内数、3着以内数ともにスワーヴリチャードが単独トップ。前出のランキングにもコラソンビートパワーホールの2頭を送り込んでいます。新種牡馬であり、初年度産駒の数もそれほど多くないことを考えれば、現在の健闘ぶりは驚異的。この勢いがどこまで続くかも、注目しておくべきポイントのひとつと言えるでしょう。

 1頭1オーナー制のスペシャルワールドでトップに立っているのは、1億2640万円を獲得したウーピンさん。現在のところ指名馬の中に2勝以上馬はおらず、8月26日のひまわり賞(2歳オープン・小倉芝1200m)で2着となったアイタカ(ドリームアドリームの2021)が稼ぎ頭だったものの、トータルの獲得賞金はアスコリピチェーノらを指名しているぐれいどていおーさん、セットアップらを指名している競馬の天才!編集部さんより上でした。
 勝因は既走馬率や勝ち馬率の高さ。指名馬19頭のうち14頭が既にデビューしており、うち8頭が勝ち上がりを果たしているのです。未勝利馬6頭のうち2頭は新馬で小差の2着に健闘していましたから、勝ち馬の頭数は間もなく二桁に乗るでしょう。今後は勝ち上がった馬たちがオープンクラスのレースで賞金を稼いでくれるはず。後続との差はさらに大きく開くかもしれませんね。

 G1ワールドは1億4173万円を獲得しているsabo34さんがトップ。総合ランキングでも首位に君臨しています。ちなみに、sabo34さんは前シーズン「ウマニティPOG 2022」でもシーズンAの賞金王に輝いていました。
 今夏は既にエコロヴァルツコスモディナーコラソンビートセットアップと、4頭の指名馬がオープンクラスのレースで勝利。パワーホールミルテンベルクも重賞で連対を果たしていますし、さすがというほかありません。なお、この6頭はいずれも初勝利を収めた後の入札で追加指名に成功した馬。既走馬の素質を的確に見抜いていらっしゃるのがお見事です。

 G2ワールドは1億3839万円を獲得しているHALLさんがトップ。デビュー前に落札した7頭が既に勝ち上がりを果たしており、そのうちコラソンビートが8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を制しています。9月3日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)でもレガテアドールが2着に食い込んでいましたから、当面の間は首位争いを牽引することになるのではないでしょうか。

 G3ワールドは1億1111万円を獲得しているナオキ702さんがトップ。2位のep2017さんもアスコリピチェーノを指名しているのですが、ナオキ702さんは獲得賞金が1.5倍となるアスコリピチェーノの筆頭仮想オーナーで、この差が活きた格好です。まだ所属ワールドで一度も落札されていない馬は、今後の入札でも筆頭仮想オーナーになれる可能性がありますので、チャンスがあったらぜひ狙ってみてください。

 オープンワールドは8955万円を獲得しているworldmasatoさんがトップ。指名馬9頭のうち5頭が勝ち上がりを果たしていて、その中にアスコリピチェーノがいました。混戦模様なので何とも言えませんが、これだけ層の厚いラインナップなら、2番手以下のプレイヤーもそう簡単には逆転できないでしょう。しばらくはこのworldmasatoさんを軸に首位争いが繰り広げられそうです。
 

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』において「データ分析」のコーナーを担当しているほか、JRAのレーシングプログラム、TCKホームページ、グリーンチャンネル、ニコニコチャンネルなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2023-2024』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)など。2023年03月28日には最新刊『血統&ジョッキー偏差値2023-2024 ~儲かる種牡馬・騎手ランキング~』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

エコロヴァルツの口コミ


口コミ一覧

共同通信杯買い目

 サクラ007 2024年2月11日() 12:32

閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 2

◎4 ミスタージーティー
○6 エコロヴァルツ
▲9 ジャンタルマンタル
☆5 ショーマンフリート
△1 ベラジオボンド

 買い目 3連単1着流し12点
  1着 4
  2着 6、9、5、1
  3着 6、9、5、1

 キタクロ 2024年2月11日() 12:03
ベラジオちゃんねる
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 2

ベラジオ冠馬の動向がみられる

YouTubeチャンネルです

その辺の競馬予想動画より面白いのでおすすめ

という訳で

京都記念本命はベラジオオペラ

プラダリアは取りこぼしが気になる

ルージュエヴァイユは距離が怪しいとみて

ベラジオオペラの重賞連勝に期待

共同通信杯本命はベラジオボンド

ジャンタルマンタルは強いがこの馬の場合

ここを勝つ必要はなく、このレースは

距離延長、重賞からのローテは相性が悪い

ここを勝つ本気度で本命に

まとめ

京都記念
◎ベラジオオペラ
◯プラダリア
▲ルージュエヴァイユ
△ラヴェル
△マテンロウレオ

共同通信杯
◎ベラジオボンド
◯ジャンタルマンタル
▲エコロヴァルツ
△ジャスティンミラノ
△ミスタージーティー

[もっと見る]

 ちんぺー 2024年2月11日() 10:18
2月11日(日) 共同通信杯 
閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 7

◎09番 ジャンタルマンタル
○06番 エコロヴァルツ
▲04番 ミスタージーティー
△05番 ショーマンフリート
△08番 ジャスティンミラノ
△01番 ベラジオボンド
×03番 フォスターボンド
×02番 ディマイザキッド

荒れる要素はなく、堅めの決着と想定する。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エコロヴァルツの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  YASUの小心馬券   フォロワー:33人 2024年2月11日() 07:08:24
共同通信杯2024
前走の朝日杯、スタートは悪くなかったが内でごちゃつき、最後方まで下がりながら、最後は大外から豪脚を披露しての②着は立派、今回は元来の先行策を取るのかは微妙だが、脚質に幅がでたのは好材料だ。
前走が休み明けでプラス14キロ、叩いての上昇も見込めるならば
好走期待できるも、時計の掛かる馬場で真価発揮の馬かもしれず、コース適性に疑問を感じ印を軽くした。

エコロヴァルツの写真

エコロヴァルツ
エコロヴァルツ
エコロヴァルツ

エコロヴァルツの厩舎情報 VIP

2024年2月11日共同通信杯 G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エコロヴァルツの取材メモ VIP

2024年2月11日 共同通信杯 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。