会員登録はこちら
京成杯 G3   日程:2019年1月14日() 15:35 中山/芝2000m

レース結果

京成杯 G3

2019年1月14日() 中山/芝2000m/12頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 7

ラストドラフト

牡3 56.0 C.ルメー  戸田博文 456(+2) 2.01.2 5.1 4
2 5 5

ランフォザローゼス

牡3 56.0 O.マーフ  藤沢和雄 494(+6) 2.01.4 1 1/4 3.7 2
3 2 2

ヒンドゥタイムズ

牡3 56.0 中谷雄太  斉藤崇史 454(0) 2.01.4 クビ 23.6 7
ラップタイム 12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.0 - 12.9 - 13.0 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 12.1
前半 12.8 - 23.7 - 36.2 - 48.2 - 61.1
後半 60.1 - 47.1 - 35.3 - 23.5 - 12.1

■払戻金

単勝 7 510円 4番人気
複勝 7 180円 4番人気
5 150円 1番人気
2 440円 7番人気
枠連 5-6 670円 3番人気
馬連 5-7 970円 2番人気
ワイド 5-7 400円 3番人気
2-7 1,670円 22番人気
2-5 1,080円 12番人気
馬単 7-5 1,690円 3番人気
3連複 2-5-7 5,490円 17番人気
3連単 7-5-2 22,140円 65番人気

京成杯のニュース&コラム

【3歳次走報】アントリューズ、毎日杯へ
 ★新馬→黒竹賞を連勝したデアフルーグ(美・鈴木伸、牡)はヒヤシンスS(2月17日、東京、OP、ダ1600メートル)か伏竜S(3月31日、中山、OP、ダ1800メートル)へ向かう。 ★シンザン記念8着のアントリューズ(美・栗田徹、牡)は田辺騎手とのコンビで毎日杯(3月23日、阪神、GIII、芝1800メートル)へ。 ★12月9日の中京つわぶき賞を制したアフランシール(美・尾関、牝)はチューリップ賞(3月2日、阪神、GII、芝1600メートル)が目標。僚馬で10月28日の東京未勝利(芝1600メートル)を勝ったマジックリアリズム(牝)はクイーンC(2月9日、東京、GIII、芝1600メートル)か自己条件を目指す。ひいらぎ賞2着ミトロジー(牡)は黄梅賞(同24日、中山、500万下、芝1600メートル)へ。 ★白菊賞で無傷のV2を決めたラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝)は、チューリップ賞での始動が有力。態勢が整わなければ、アネモネS(3月10日、中山、OP、芝1600メートル)かフラワーC(同16日、中山、GIII、芝1800メートル)へ。僚馬で京成杯9着カフジジュピター(牡)は、あすなろ賞(2月9日、小倉、500万下、芝2000メートル)を視野に入れる。 ★京都2歳S3着ワールドプレミア(栗・友道、牡)は、つばき賞(2月16日、京都、500万下、芝1800メートル)。鞍上は引き続き武豊騎手。 ★フェアリーSを除外になったルガールカルム(美・田村、牝)はクロッカスS(26日、東京、OP、芝1400メートル)へ。 ★京成杯8着クリスタルバローズ(美・奥村武、牡)は水仙賞(2月23日、中山、500万下、芝2200メートル)へ。 ★12日の中山未勝利戦(芝2200メートル)を勝ったサンアップルトン(美・中野、牡)は、ゆりかもめ賞(2月3日、東京、500万下、芝2400メートル)か水仙賞へ。
2019年1月18日(金) 05:00

 158

【AJCC】ジェネラーレ、闘志メラメラ12秒4
 アメリカジョッキークラブカップの追い切りが16日、東西トレセンで行われた。美浦では人気の一角、ジェネラーレウーノが豪快な動きで体調の良さを見せつけた。重賞2勝を挙げる得意の中山でVを狙う。栗東では昨年の覇者ダンビュライトが坂路で躍動。連覇に向けて態勢を整えた。菊花賞馬のフィエールマンは17日に追い切る。 この舞台なら負けられない。中山で京成杯、セントライト記念と重賞2勝を含む4戦3勝と抜群の相性を誇るジェネラーレウーノが、ダイナミックな走りで好仕上がりをアピールした。 Wコースの向こう正面からアングレーム(500万下)を2秒ほど追いかける形でスタート。首をグッと丸めて低く保って闘志満々のフォームで進む。直線は内に進路を取り、軽く仕掛けた程度で一完歩ごとにグングンと差を詰める。最後は馬体を並べて、4ハロン51秒0-37秒1-12秒4で併入。追えばいくらでも伸びそうな手応えで、体調のよさは一目瞭然だ。 「掛かる面があるので、いつも通り離れて追走。追いつかないかと思ったが、直線は促しただけで追いついてくれた。精神面がどうかだけだが、中山コースは勝っているので言うことないね」と田辺騎手の感触は上々だ。 菊花賞の後は放牧でリフレッシュ。有馬記念はパスして年明けのここに照準を合わせてじっくりと仕上げてきた。昨年は皐月賞3着、ダービー16着、菊花賞9着と牡馬クラシックは皆勤。強い明け4歳世代の一角を担ってきた。 「時計はちょっと速くなったが、楽な形で走れていたし、体はできているからね。(馬体の)高さも幅も出て成長している」と矢野調教師は確かな手応えを感じている。さらに「帰厩したときは536キロぐらいあったが、絞れていい感じになってきた。13日も坂路(4ハロン53秒8-11秒7)でやっているしね。去年はジェネラーレウーノの京成杯が初勝ちだったので、今年もいい形でスタートを切りたい」と必勝を期す。芝2200メートルはセントライト記念を快勝した舞台。今年は念願のGI制覇に向けて、最高のスタートを切る。 (片岡良典)★AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月17日(木) 05:05

 1,437

【京成杯】史上初!ラストドラフト、デビュー2戦目V
 第59回京成杯(14日、中山11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円 =出走12頭)クリストフ・ルメール騎乗で4番人気のラストドラフトが、4コーナー先頭の積極策で後続を振り切り、レース史上初となるデビュー2戦目でのV。父ノヴェリストも産駒2世代目で初の重賞タイトルを手にした。タイム2分1秒2(良)。この後はクラシック路線に進む。1馬身1/4差の2着が2番人気のランフォザローゼスで、1番人気のシークレットランは4着に終わった。 1戦1勝馬に立ちはだかる大きな壁を、堂々たる走りで打ち破った。ラストドラフトが4コーナー先頭の横綱相撲で1馬身1/4差の完勝。6日のシンザン記念に続くキャリア1戦でのVで、レース史上初の快挙だ。 「新馬戦のときも能力を発揮してくれたが、今回もすごくいい脚を使った。強かった」 2019年の重賞初Vを飾ったルメールが、2戦2勝とした相棒を褒めたたえる。道中はスタートが良すぎて、ハナに行きそうな勢い。2番手に控えてきっちり折り合い、3コーナーで外から馬がきても、人馬とも冷静に対処して押し切った。キャリアの浅さを感じさせない抜群のレース運びだった。 「想定より前での競馬だったが、スピードが違ったね。自在性があるのが分かったのは収穫。レース後も思ったよりケロッとしていたし、まだおつりがありそう」 戸田調教師は満面の笑みで愛馬を迎えた。母で桜花賞馬のマルセリーナを管理した松田博資元調教師とは、家族ぐるみの付き合いがある親しい間柄。ゴール後すぐに松田元調教師から電話があり、戸田師は「松田先生との縁があって、ウチに来たのかもしれない。応援していただいて感謝しています」と礼を尽くす。思い入れの深い1頭だけに、喜びはひとしおだ。 生産した社台ファームの吉田照哉代表にとってもうれしい1勝だ。英GI“キングジョージ”をレコード勝ちした父ノヴェリストは、2世代目の産駒で重賞初勝利となった。「ノヴェリストはハービンジャーのレコードを破ったし、母も相当いい。どちらのいい面も出ている素晴らしい馬。前に行けるから皐月賞は合うだろうし、これだけの馬だからダービーも」と大きな期待を寄せる。 ローテーションは未定だが、クラシックの王道を進む。ルメールはホープフルSを勝ったサートゥルナーリアに騎乗するため鞍上が流動的だが、もうすぐ来る春に向けて期待は高まるばかり。ラストドラフトが多くの夢と思いを背に、大舞台を駆け抜ける。(板津雄志)ラストドラフト 父ノヴェリスト、母マルセリーナ、母の父ディープインパクト。黒鹿毛の牡3歳。美浦・戸田博文厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績2戦2勝。獲得賞金4542万7000円。重賞初勝利。京成杯は戸田博文調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名は「小説の最終草稿、完成版」。★14日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら
2019年1月15日(火) 05:10

 967

【京成杯】シークレットラン、体持て余し4着
 第59回京成杯(14日、中山11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円 =出走12頭)1番人気に推された葉牡丹賞の勝ち馬シークレットランは4着。3コーナー過ぎからステッキを入れられて追い上げたものの、上位を脅かすには至らなかった。「きょうは厳しいレースになった。まだ成長段階で体を持て余している感もある」と内田騎手。田村調教師は「4コーナーで少しタイトになった。うまく乗ってくれたが残念」と悔しさを口にした。★14日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら
2019年1月15日(火) 05:08

 923

京成杯のニュースをもっと見る >

【調教ズームイン】ヒンドゥタイムズ気配上向き
 初陣を飾った時と同様、ヒンドゥタイムズの最終調整は3頭併せだったが、中身は別物。迫力、力強さ、反応とすべてが違っていた。 前と後ろに併走パートナーを置く形。最後まで歩調を合わせる感じだったが、とにかく、自ら走ろうとする気迫が十分に漂っていた。CW6ハロン85秒5-12秒5のタイムは平凡でも、動きづらい馬場状態を考慮すれば問題なく、かき込みの強い走法でシッカリと馬場をつかまえて走れていた。重心の低いフォームにも好感が持てた。 デビュー戦のときは仕掛けられて併走馬とゴールしたが、今回は最後まで鞍上は手綱を引っ張ったまま。一度、実戦を経験したことでピリッとした面が出ているのは明らか。ムードは上々。臨戦態勢は上向き。今の気配でどこまで戦えるか楽しみだ。(宇恵)★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 12:00

 777

【京成杯】V3へ!シークレットラン余力十分
 今回と同じ舞台の葉牡丹賞を1分59秒6のレコードで制したシークレットランは、美浦Wコースで5F69秒3、ラスト1F13秒3。馬なりのまま余力を残し、エピックスターと併入した。 田村調教師は「先週しっかりやっているので、これくらいでいい。時計がかかったほうがいいタイプと思っていたが、前走でレコード勝ち。思った以上に成長している。たとえ雨が降ったとしても問題ない」と3連勝での重賞Vへ力を込めた。(夕刊フジ)★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 11:20

 613

【京成杯】カテドラル手応え十分!馬なり12秒1
 連勝後の東スポ杯2歳Sで11着に敗れたカテドラルは、栗東CWコースで単走。併せ馬でビッシリ追われた先週の時点で態勢は整ったのだろう。テンションを上げないように馬なりで、手応えを十分に残しラスト1F12秒1で駆け抜けた。 「前走は輸送で馬体が減った部分もあるんだろうけど、そのあたりに気をつけながら調整してきた。今のところカイ食いはいい。コーナー4つのコースで、うまく力が抜けてくれれば」と、池添学調教師は中山替わりでの巻き返しを期待する。(夕刊フジ)★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 11:17

 571

【京成杯】ラスター仕上がり良好「能力的には通用」
 ダノンラスターは新馬V後に挑んだ東スポ杯2歳Sで小差の5着。後方から馬群をさばいて上がり3F33秒9で伸びてきたあたりは、さすがディープインパクトのDNAをもつ良血馬だ。森助手も、「テンションの高さなどは少しずつ解消してきた。まだ成長途上でも、能力的にはここでも通用すると思う」と素質の高さを口にする。 前走後は在厩で調整。最終追いは美浦Wコース単走で4F55秒4、ラスト1F13秒8と数字的に地味だったが、身のこなしの柔らかさは目を引いた。仕上がりは良好。モレイラに替わり、年末に絶好の勢いを見せていたミルコとのコンビ結成も楽しみだ。(夕刊フジ)★京成杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 11:15

 467

京成杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


京成杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月14日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
1,670円 167,000円
Lv108 
5,490円 27,450円
Lv106 
180円 18,000円
Lv104 
670円 8,040円
Lv104 
5,490円 27,450円

的中情報をもっと見る >

京成杯過去10年の結果

2018年1月14日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年1月15日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年1月17日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 プロフェット S.フォーリー 2:01.4 11.3倍 93.0
2着 ケルフロイデ 石橋脩 1 1/4 14.0倍 91.8
3着 メートルダール 戸崎圭太 クビ 4.2倍 91.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京成杯のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2000m

皐月賞と同コースで行われる3歳最初の重賞としてのちにG1で好走する馬たちの参戦も見受けられたが、2014年暮れからのホープフルSの重賞格上げ、さらに2017年暮れからのG1昇格により出走馬レベルが低下傾向にある。また、ローテ的に好相性の12月阪神2000mのエリカ賞組や前走中山芝2000m戦組に加え、秋の京都戦を使われた馬の上位入線も増えてきている。条件を満たす馬は常にケアしておきたい。ちなみに、2008年以降の勝ち馬はすべてキャリア2~4戦以内となっているが、2戦2勝馬は【0.1.2.3】。さすがに3連勝は厳しいようだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

京成杯の歴史と概要


2013年の優勝馬フェイムゲーム

牡馬が出走できる年明け最初の関東圏の3歳重賞。第45回(2005年)の勝ち馬アドマイヤジャパンはその後に皐月賞3着、菊花賞2着と健闘。第47回(2007年)を制したサンツェッペリンは、皐月賞ヴィクトリーの2着に好走。第50回(2010年)の覇者エイシンフラッシュは、日本ダービー天皇賞(秋)の2つG1タイトルを獲得するに至った。また、第53回(2013年)を勝ったフェイムゲームは、古馬になっても息長く長距離路線のトップホースとして活躍している。

歴史と概要をもっと見る >

京成杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年1月20日(
アメリカジョッキーC  G2
東海テレビ杯東海S  G2

競馬番組表

2019年1月19日(
1回中山6日目
1回中京1日目
1回京都6日目
2019年1月20日(
1回中山7日目
1回中京2日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る