メイショウタバル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
メイショウタバル
メイショウタバル
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2021年4月20日生
調教師石橋守(栗東)
馬主松本 好雄
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績 6戦[3-0-0-3]
総賞金5,941万円
収得賞金2,950万円
英字表記Meisho Tabaru
血統 ゴールドシップ
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
ポイントフラッグ
メイショウツバクロ
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
ダンシングハピネス
兄弟 ミニストリーメイショウメイスイ
市場価格
前走 2024/04/14 皐月賞 G1
次走 2024/05/26 東京優駿 G1

メイショウタバルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18127.0417** 牡3 57.0 浜中俊石橋守 500
(0)
1.59.3 2.238.0ジャスティンミラノ
24/03/23 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 10449.451** 牡3 57.0 坂井瑠星石橋守 500
(0)
1.46.0 -1.034.4ノーブルロジャー
24/02/17 京都 9 つばき賞 1勝クラス 芝1800 9556.131** 牡3 57.0 浜中俊石橋守 500
(-2)
1.46.9 -0.034.0キープカルム
24/01/20 京都 9 若駒S (L) 芝2000 844----** 牡3 57.0 浜中俊石橋守 490
(-12)
-- ------サンライズジパング
23/12/24 阪神 3 2歳未勝利 芝2000 14573.311** 牡2 56.0 浜中俊石橋守 502
(-2)
2.00.6 -0.234.7⑥⑦⑧⑥クルミナーレ
23/10/28 京都 3 2歳未勝利 芝1800 10773.925** 牡2 55☆ 角田大河石橋守 504
(+2)
1.48.3 0.435.1⑤⑤ダノンデサイル
23/10/09 京都 5 2歳新馬 芝2000 10555.334** 牡2 55☆ 角田大河石橋守 502
(--)
2.05.9 0.434.2⑧⑧⑧⑨オールナット

メイショウタバルの関連ニュース


5月26日(日曜)に行われる日本ダービー(G1)の出走馬の調教後における馬体重が、JRAより発表された。

史上8頭目の無敗での春二冠を目指すジャスティンミラノは前走比+2キロ、そのジャスティンミラノ皐月賞でクビ差迫ったコスモキュランダは前走比+11キロ。
そのほか、紅一点レガレイラが前走比+8キロ、3戦3勝のシックスペンスが前走比-6キロなどとなっている。


<馬番/馬名/馬体重/計量日/前走馬体重※参考>

サンライズアース  540 5月23日(木曜) 532
レガレイラ     464 5月22日(水曜) 456
ジューンテイク   494 5月22日(水曜) 486
ビザンチンドリーム 452 5月23日(木曜) 456
ダノンデサイル   510 5月22日(水曜) 504
コスモキュランダ  511 5月22日(水曜) 500
ミスタージーティー 462 5月23日(木曜) 468
アーバンシック   518 5月22日(水曜) 510
ダノンエアズロック 496 5月22日(水曜) 492
サンライズジパング 510 5月22日(水曜) 510
シュガークン    508 5月23日(木曜) 502
シックスペンス   486 5月23日(木曜) 492
シンエンペラー   484 5月23日(木曜) 482
ゴンバデカーブース 470 5月22日(水曜) 466
ジャスティンミラノ 514 5月23日(木曜) 512
メイショウタバル  502 5月22日(水曜) 500
ショウナンラプンタ 542 5月23日(木曜) 528
エコロヴァルツ   494 5月23日(木曜) 486


(JRA発表)

【日本ダービー2024】ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック) アーバンシック 逆転Vに向けて豪快リハ! NEW!2024年5月23日(木) 12:00


日曜日に行われる日本ダービーの登録馬の水曜追い切りについて、1頭ずつシンプルに考察していきます(回避予定馬を除く、追い切り映像が確認できた馬に限る)。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アーバンシック【A】
美浦W併走。尾に若干力みが見られるが、それはいつも同じ。折り合いを欠く様子はなく、きちんとタメをつくることができている。皐月賞の中間時より直線での順手前が長続きしているのも良い傾向。体を大きく使った力強いアクションが目を引き、ゴーサインに対する反応やラストの伸びも鋭い。好調だろう。高く評価したい。

エコロヴァルツ【B】
栗東坂路単走。折り合い重視の内容。落ち着いてテンポ良く登坂。やや右に意識が傾くところは変わっていないが、ラチを頼るような感じだった前回の最終追い切りと比べれば、様子は良くなっている。鞍上の指示に対する反応や手前変換後の加速も悪くなく、おおむね自身のパフォーマンスは示している印象。及第点の仕上がりだろう。

コスモキュランダ【B】
美浦W併走。感触を確かめる程度の調整。1週前にしっかり攻めた効果もあってか、当時よりも脚運びが軽くなった印象。鞍上が手前替えを促すと素早く変換し、体を沈めてバネのあるフットワークに。その後もリラックスして走れていた。派手さはないが、操縦性の高さを感じる内容。悪くない仕上がり。

ゴンバデカーブース【B】
美浦W併走。舌を出していたが、集中力を欠いている感じはなく、スムーズな手前替え。フォームのブレも少ない。ピッチ寄りの走法ながらも、前走の最終追い切り(当時は坂路)と比べれば、体をのびやかに使えるようになったし、ラストの鋭さも増している。本来の走りをかなり取り戻してきた印象を持つ。

サンライズアース【C】
栗東CW併走。リラックスして走れているし、完歩も大きい。ただ、抜け出してから気を抜き、鞍上が肩ムチを入れるも、気配は変わらず良くも悪くもマイペース。先着したとはいえ、ジョッキーがまたがっていたことを考えると、あと少し反応に鋭さがほしいところ。現状の走りを活かすには、展開や馬場などなんらかの助けが不可欠のように思える。

サンライズジパング【C】
栗東坂路併走。前回の中間より脚さばきが軽くなり、着地の力強さも増した。その一方、手前変換後はゴールに近づくにつれて、首の高さが目につくようになっていたのは気がかり。攻めは良く見せるタイプだけに、なおさらそう感じてしまう。併走相手の前に出ようとする勝負根性は好感が持てるものの、高評価するにはためらってしまう内容だった。

シックスペンス【B】
美浦坂路併走。強すぎず、軽すぎず、といった感じの内容。逆手前になるなど、やや不器用なコーナリングだが、直線に向いてからのフットワークは軽やか。折り合いを欠いている様子はなく、1週前に見られた口向きの悪さも改善されつつある。促しに対する反応や加速もスムーズだった。実戦に向けての下地は整ったように思える。

シュガークン【C】
栗東坂路単走。サラッと流す程度の調整。乗り役の問題もあるのかもしれないが、力みがちで硬めの走り。頭の高さが目立つのも気になるところ。1週前の動きは悪くなかったので、手慣れたジョッキーがまたがれば変わる可能性もあるが……。ごく軽めの内容とはいえ、もう少し気分良く走らせてほしかった印象を強く抱く。

ショウナンラプンタ【B】
栗東坂路単走。軽めの内容。序盤のペースが遅いぶん、若干行きたがる面を見せていたが、これでも以前と比べれば我慢がきくようになった。スムーズに手前の切り替えができているし、鞍上が軽く手綱を譲った際の反応やゴール前の伸びも悪くなかった。デキ落ちという印象はなく、いい意味での平行線だろう。

シンエンペラー【B】
栗東坂路単走。やや頭が高く、少し斜めに体が向く場面もあったが、それはいつものこと。ひと頃に比べれば、手前を上手に替えることができるようになったし、口向きの若さも治まりつつある。四肢の運びはなめらかで、バネも感じる走り。ラストの反応と伸びも悪くなかった。少なくとも、前走のデキを下回るということはなさそうだ。

ジャスティンミラノ【B】
栗東坂路単走。直線立ち上がりの段階で、すでに左手前だったあたり、前進気勢が良くも悪くも強くなっている様子。とはいえ、その後は軽快かつ力強いフットワークで登坂し、中盤以降の加速度合いも秀逸。これを見せられると、安易に低評価をつけることはできないように思える。判断に悩ましいが、今回はB判定としておきたい。

ジューンテイク【C】
栗東坂路併走。前半をゆったり入って、中盤から軽く伸ばす内容。手前変換の際にバランスを崩してしまったことは目をつぶるにしても、その後に手前をころころ替えていたのは気になるところ。いつもと比べて走りがやや硬く映るし、僚馬と競る気配も薄い。調子が上向きとは思えず、前回より相手が強化されるG1で勝ち負けまではどうか。

ダノンエアズロック【B】
美浦W併走。3頭併せの真ん中でも、臆することなく自身のリズムを維持。この馬とすれば落ち着きがあるほうだし、耳を絞って集中力を感じる走り。課題である手前の切り替えも、それなりにこなしている。ラストも比較的スムーズに加速していた。前回より状態は良くなっている印象。このあとの微調整でさらに上向くようなら、怖い存在になりそうだ。

ダノンデサイル【B】
栗東坂路単走。感触を確かめる程度の内容。直線序盤こそ物見がちだったが、ある程度落ち着いてからは集中して登坂。気持ち完歩が小さく映る点は気になるも、テンション面を考慮した抑え気味の調整だったことを思えば、酌量の余地はある。評価するに難しいが、今回は絶好だった1週前追い切りを加味してのB判定としたい。

ビザンチンドリーム【B】
栗東CW併走。しまいをサッと伸ばす程度の内容。あまり手前替えが上手ではなく、そのぶん直線でスピードに乗るまでに少し時間を要したが、加速するにつれ、のびやかなフットワークに。抜け出す際の反応やゴール前の動きも悪くなかった。1週前はラストの鋭さを欠いているように感じたが、かなり持ち直してきた印象。この馬なりに順調だろう。

ミスタージーティー【C】
栗東坂路単走。トビが低く完歩も小さく見えるが、軽め調整の坂路ではいつもこんな感じ。ただ、前回の最終追い切りのほうが余裕をもって登坂していたような気も。1週前にシンエンペラーと併せて、劣勢だったのも不安材料(前回の1週前は同じ相手に互角以上)。そのあたりを勘案すると、評価を上げるには躊躇してしまう。

メイショウタバル【B】
栗東CW単走。ハミから逃れるような感じだが、力みの強い走りで最後はバテバテとなった皐月賞を思えば、ガツンと噛むよりはいいのかも。脚運び自体は素軽く、フットワークにキレもある。調子は悪くなさそうなので、あとは落ち着いた状態で本番に臨めるかどうか。当日の気配には注意したい。

レガレイラ【B】
美浦W併走。折り合い重視の内容。3頭併せの真ん中でも、きちんと我慢がきいていたし、加速してからの可動域も広い。最後は併入のかたちとなったが、先着にこだわる調教ではなく、手応えにも余裕があったので、過度に気にする必要はないだろう。前回から劇的に上向いた印象こそないが、雰囲気は決して悪くない。いい状態をキープしている。


【調教予想からの注目馬】
アーバンシック


[もっと見る]

【日本ダービー2024】直撃取材!プロ予想家最速予想 「スガダイ」「にしのけいご」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る! NEW!2024年5月23日(木) 11:00


にしのけいごー西野圭吾 RETURNS ~2度プロになった男!


一度、プロ予想家から一般予想家へ転落するも、不屈の闘志で復活。“大局観”+独自指数の組み合わせで飛躍的な回収率向上を成し遂げた、にしのけいごプロに日本ダービーについてお聞きしました。

ジャスティンミラノが少し抜けたオッズになりそうですが、どのような見立てでしょうか。

堅くなりますけど、ジャスティンミラノレガレイラの2頭軸で考えています。

ジャスティンミラノ高評価の理由からお願いします。

レベルの高い皐月賞は持続力、共同通信杯は瞬発力と、適性の異なるレースを連勝しましたからね。そこは大きな長所だと思います。折り合いも利きますし、スタートもいいし、不安なく買えます。

―前につけるイメージですか。

そうですね。ただ、皐月賞の感じなら、ペースが速くなれば後ろからでも心配ないかなと。

ジャスティンミラノを目標に、差し切ってくるイメージの浮かぶ馬はいますか。

一応レガレイラになりますけど、可能性を追いたいのはビザンチンドリームですね。

―先にレガレイラについてお聞きしますが、前走の皐月賞は追い込みにくい高速馬場のハイペースを後方から6着でした。このレースは前と後ろどちらに向いたと見ますか。

後ろに向いたというか、ラストのラップなどを見ると、力のある馬なら差してこれるレースだったと思います。ただ、レガレイラは全然上手く乗られておらず、スタート後に接触し、1コーナーで外に出そうとするとフタをされ、向こう正面では行きたがり、勝負どころでは詰まってと……。ノーチャンスの状況で最後はアーバンシックよりいい脚を使いましたから。

―基本は前で残った馬が強く、控えた組で最も評価できるのはレガレイラという話ですね。ビザンチンドリームを除いて、ほかに皐月賞組で評価できる馬はいますか。

コスモキュランダを買い目に入れるくらいですね。

―ばっさり切りますね(笑)。ビザンチンドリームは、“可能性を追いたい”とのことでした。

2戦目に勝ったきさらぎ賞を評価していて、指数的にはサトノダイヤモンドの年と同じくらいなんですよ。ゲートに難がありますけど、そこに目をつぶれば東京は当然いいでしょうし、鞍上の西村淳也騎手も好きなので。

サトノダイヤモンドはダービー2着でしたか。この馬が来ると配当は跳ねますね。展開的にはメイショウタバルが行きますかね。

そう思いますけどねえ。ペースはあまり考えないほうがいいのかなと。皐月賞をハイペースで飛ばして大敗していますから抑えたいはずですが。

―スローでもハイでも、ジャスティンミラノは堅いイメージですか。

崩れるイメージが浮かばないです。

レガレイラビザンチンドリームはある程度流れてほしいですよね。

流れてほしいですけど、レガレイラはルメール騎手ですからねえ。

オークスも見事でしたよね。となると2軸は堅そうですね。皐月賞以外の路線はどうでしょう。スプリングSを勝ったシックスペンスからお願いします。

シックスペンスは消しますね。スプリングSのラスト2ハロン10.9-10.8をどう評価するか難しく、中山で似たような上がりを使った馬を探したんですよ。で、シュシュトディエスショーマンフリートの新馬戦に行き当たったのですが、2頭ともその後がもうひとつで、このラップタイムだけで過剰に評価はできないという判断です。

―なるほど。人気になりそうですし、消せると大きいですね。青葉賞から臨戦する2頭はいかがでしょう。

レースレベルは普通くらいです。シュガークンは直線少しフタをされていましたけど、ロスなく回っているので、外枠から行きたがっていたショウナンラプンタのほうが評価できますね。ただ、ひとつ前のゆきやなぎ賞の相手関係を見ると、そうでもないのかなとも。

―難しいところですね。プリンシパルSのダノンエアズロックはわりと楽しみなのですが。

この馬は買いたいです。アイビーSが強いですよね。アイビーSのレガレイラダノンエアズロックは、共同通信杯の内容とそれほど変わらないと思うんですよ。プリンシパルSの内容は全然なんですけど、調教師も弱気でしたから。

―上積みがあれば怖いですね。2軸の相手にコスモキュランダビザンチンドリームショウナンラプンタダノンエアズロックあたりですか。ほかに買う予定の馬はいますか。

あとは皐月賞組ですが、サンライズジパングを検討するくらいですかね。ホープフルS3着は展開不向きの中で強い競馬でしたし、皐月賞9着は「インでのめっていた」というジョッキーの言葉を鵜呑みにすれば。人気もないでしょうし、穴で押さえる分にはいいかなと。


取材後記:ビザンチンドリームが軸2頭を逆転する形も想定しているとのこと。頭で来たら熱いですね!


スガダイー全開催プラス収支を可能にする“予想神”


群雄割拠のウマニティプロ予想MAXで13年連続ランキングトップに君臨した殿堂入り予想家。他の追随を許さない、競馬予想界のキング・オブ・キングス、スガダイプロに日本ダービーについてお聞きしました。

皐月賞ジャスティンミラノですが、この馬をどう見ていますか。

おそらく人気薄から買うので、押さえはすると思うんですけどね。共同通信杯で上がりの速い流れを圧勝して、皐月賞は厳しい流れをレコード勝ちですから「強いよね」となるわけですが、前走は気になる内容でした。

―どのあたりでしょうか。

4コーナーに入る前から手応えは悪かったですよね。直線向く前に何発もムチが入っていましたし。レコード決着でもあり、消耗度の高いレースと見るのが自然かなと思います。

―疲労は中間の動きから感じられますか。

1週前追い切りを見たとき「おや」と。やはり反動はあるんじゃないでしょうか。

ジャスティンミラノに限らず、皐月賞を走った馬は怖くなってきますね。人気薄から買うというお話でしたが、どの馬を狙っていますか。

ダノンデサイルですね。

―かなり人気のないところですね。京成杯を勝ち、皐月賞はレース直前に除外でした。

これね、皐月賞は本命にしたんですよ。いいオッズでしたし、予想に自信もあり、けっこう勝負しましたが、まさか実質見学になるとは。皐月賞時に評価していた理由は、京成杯上位2頭のレベルの高さ、あと京都2歳Sは4着ですけど、内容は勝ち馬以上と見ている部分ですね。

―除外はまさかでしたね。京成杯2着のアーバンシックは、皐月賞で4着に来ましたよね。

そこをモノサシにしても、いい勝負になっていたんじゃないですかね。余計に悔しい反面、走らなくてよかったなとも。あの硬い馬場の速い時計の決着ですから、使ったことによる消耗はあると思うので。そこを回避できたと前向きに考えたいです。除外理由も深刻に考える必要はなさそうですしね。

―中間の動きをどう見ていますか。

1週前は「使わなくて良かったんじゃない」という良い動きですよね。それに、未勝利を勝ったときや京都2歳Sの最後の伸び方が、いかにも距離が延びて良さそうな馬の感じなんですよね。

―おいしいオッズのままでいてほしいですね。京成杯上位2頭のレベルを指摘されていましたが、アーバンシックも評価されていますか。

そうですね。皐月賞4着止まりという見方もできますけど、レコード決着をふまえると、ジャスティンミラノにしろコスモキュランダにしろ、アーバンシックより前に位置を取った馬は位置取りの優位性があったと思いますし、その2頭は4コーナー手前からステッキが入るような感じでした。決着時計を考えるとそういった騎乗が正解でしょうけど、アーバンシックは末脚を活かす形をとりましたから。時計や馬場の差だけなんじゃないかなと。

―東京替わりはプラスと見ていいですかね。

広いコースがいい走りですよ。走り方に改善の余地はありますけど、今回はクロス鼻革をつけたりしていますよね。これはけっこう効くケースもあるんで。コース替わりと馬具の上積みを見込めば、皐月賞上位組との逆転もあると思いますよ。あと、ノーザンファームはスワーヴリチャード産駒に勝ってほしいような……。種牡馬料1500万と、聞いたことない上がり幅ですからねえ。

レガレイラ皐月賞は控えて6着でしたが、こちらはいかがでしょう。

アーバンシックを推しているので(こちらも)推したいですね。理由としては血統構成で、100%同血ってやつですよね。皐月賞の着順に関しては、極端な馬場への適性もあったでしょうけど、ルメール騎手が乗れなかったのは大きいです。今回はルメール騎手ですし、東京の芝2000m以上だと他の追随を許さないですよね。

皐月賞2着のコスモキュランダはどうでしょう。

人気すると思っていましたけど、印は薄そうですよね。ビックレッドファームの馬は府中より中山やローカル向きで、この馬もそういう感じはしますよ。ただ、基礎的な体力はあるはずで、自分でスタミナが活きる形にできる馬だとも思います。人気がなければ押えてもいいかなと。

―穴っぽいところで狙えそうな馬はいるでしょうか。

大穴ならサンライズアースですね。皐月賞では大きな不利で、デムーロ騎手は即座に競馬をやめて流しましたけど、ゴール板を過ぎたあとにビュンと走っていました。不利がなく、しっかり追っていれば少し上の着順もあったはずですよ。

―かなり人気薄ですね。注目したいです。別路線で食指の動く馬がいればお願いします。

ダノンエアズロックは押さえが必要かなと思います。アイビーSでレガレイラに勝っていますからね。府中で強い競馬をしていますからそこに期待です。ローテも距離も微妙ですけど、モレイラ騎手が乗るっていうのは怖いですよね。プリンシパルSは外々を回って勝ちましたけど、さすがにダービーでそれは無理でしょうし、枠順と人気との兼ね合いになりますかね。

―最後にシックスペンスシュガークンなど、重賞を勝って参戦する馬の評価をお願いします。

シックスペンスは念のため押さえるか、買わないくらいですね。スプリングSは圧勝でしたが、超スローかつ強い南風のせいで上がりが速く、ラスト2ハロン10.9-10.8は“追い風参考記録”でしょう。シュガークンは買わないですね。青葉賞は人気馬が軒並み外枠で、枠に恵まれた印象なので。今回は見送りです。


取材後記:ジャスティンミラノの反動は気になるところです。盤石とまでは言えなそうですね。


以上、プロ予想家2名の日本ダービー見解と注目馬を紹介しました。人気サイドでお二方とも高評価はレガレイラでしょうか。人気薄からも複数の馬の名前が挙がり、配当的にも楽しみですね。

[もっと見る]

【日本ダービー】厩舎の話 NEW!2024年5月23日(木) 10:45

アーバンシック・横山武騎手「1週前は左にモタれる面があったが、改善していた。この距離だと折り合いがカギ」

エコロヴァルツ・牧浦調教師「皐月賞はリラックスして走れた。中間も気持ちを乗せて我慢できるようにやってきた」

コスモキュランダ・加藤士調教師「疲れを残さないようにやれた。自在性があるのが長所。距離が延びるのはプラスだし、大箱の東京もいい」

ゴンバデカーブース・堀調教師「折り合いがついたことで自分から反応し、余力を持ってこなせた。息づかいは今までで一番いいくらい」

サンライズアース・石坂調教師「精神面で幼さは残るが、順調にここまできた。皐月賞よりダービー向きだと思うし、力を発揮してほしい」

サンライズジパング・音無調教師「皐月賞は馬場の悪いところを通らされた。それでも脚を使ったし、馬場が良ければもう少しやれると思う」

シックスペンス・国枝調教師「乗りやすい馬なので、道中で折り合えば直線でいい脚を使える。川田君なので、うまく乗ってもらえると思う」

ジャスティンミラノ・友道調教師「皐月賞は思っていた以上に強いレース。オンとオフの切り替えができて、自分で競馬を作れるのが強み」

シュガークン・清水久調教師「青葉賞でいいレースをしてくれた。追い切りは申し分のない内容。どっしり構えているところがいい」

ジューンテイク・武英調教師「オーバーワークを避けたかった。57秒くらいを予定して完璧な調教ができた。一番いい状態で出走できそうだ」

ショウナンラプンタ・高野調教師「追い切りは整えることがテーマだった。左回りの広いコースがベストだと思う」

シンエンペラー・矢作調教師「皐月賞は状態が上がり切らなかったが、当時とはデキが違う。まったく引っ掛からないので舞台に不安はない」

ダノンエアズロック・堀調教師「心身ともいい状態。折り合いは完璧で、後ろから馬が来るとスイッチが入って余力を持ってこなせた」

ダノンデサイル・安田翔調教師「追い切りは予定どおり。現時点ではレースへ向けて、こちらが思っているような調整過程できている」

ビザンチンドリーム・坂口調教師「状態が上がってきた。心臓が強く、爆発力がある。ゲートに課題は残るが、皐月賞より条件は合っている」

ミスタージーティー・矢作調教師「東京2400メートルに替わるのはプラス。非常にいい状態で出せるし、決め手があるところが長所」

メイショウタバル・浜中騎手「皐月賞はハナへ行って掛かったが、ポジションを気にせずに折り合いをつけたい。逃げる考えは一切ない」

レガレイラ・木村調教師「スタートから元気良く出ていってくれた。道中のフットワークに彼女らしさが出ていたし、最後まで元気に走れた」(夕刊フジ)

[もっと見る]

【日本ダービー 北の国から生産馬にエール③】メイショウタバル・三嶋牧場の三嶋健一郎取締役「無事に走ってくれればいい」 NEW!2024年5月23日(木) 10:08

競馬の世界で誰もが夢焦がれ、生涯目指し続ける日本ダービー。2021年に誕生した7906頭(国内7737頭、輸入外国産馬169頭)のサラブレッドから出走のチャンスを奪取した18頭の生産者も5月26日の本番に胸を高鳴らせている。

〝あの子馬が晴れ舞台に立つ〟〝とにかく無事に〟。それぞれのドラマを乗り越えてきたわが子に北の国からエールが届いた。

メイショウタバルを送り出す北海道・浦河町の三嶋牧場は「コンスタントに走る血統」とクラシックに駒を進めた鹿毛馬を誇りに思っている。(取材構成・大塚美奈)



出産シーズンも佳境を過ぎた5月半ば、北海道の日高地方は生命の息吹に満ちあふれる。

新緑が鮮やかに萌え、鳥の声が響き渡る大空の下で、馬の親子たちが群れをなすようになる。

子育て真っただ中の母馬が体力を養うように黙々と草を食み、かたわらでは一日ごとに大きくなる子馬が無邪気に飛び跳ね、乳を存分に吸う。北海道・浦河町の三嶋牧場でも、期待の子馬たちがたくさん誕生した。

取締役の三嶋健一郎さん(51)は「メイショウツバクロの当歳? 今年はアルアイン産駒の牡馬が生まれました」と声を弾ませる。

メイショウツバクロは牧場を代表する繁殖牝馬になった。2021年に出産したゴールドシップ産駒のメイショウタバル毎日杯を制し、今年のダービーに駒を進める。

1冠目の皐月賞にも出走したが、ゲート入りでテンションが上がり、ハイペースで逃げた末に17着に敗れた。

皐月賞はうまく折り合えなくて残念でしたが、ダービーは出るだけでも大変なので、無事に行けてすごくよかったです」。淡々と語りながらも、安堵と喜びがにじんでいた。

三嶋牧場は戦前に創業した日高の老舗だ。1961年に法人化。地道に生産を続け、2009年に京都牝馬Sチェレブリタで重賞初勝利。繁殖、育成〝一貫教育〟で生産馬を磨き、ダノンキングリーが優勝した2021年の安田記念で悲願のGI初制覇を飾った。現在、生産頭数は約100頭となり、今年はテーオーロイヤル天皇賞・春を獲得。タバルの活躍もあり、リーディングブリーダー3位を走っている。

「牧場を拡大しながらある程度結果も出るようになったけど、3位はデキすぎです」と謙虚だが、古くから手掛けてきた母系を大事にしてきた成果でもある。

タバルの血統も三嶋牧場を支えてきた。米国で生まれ、日本に輸入された5代母サイレージから〝ドラマ〟は始まった。

「サイレージは自分が中学の頃から牧場にいた馬でした。子出しがよくて、ものすごくいい馬ができたな、と思ったのが娘のシアトルダンサーで、中央で3勝した後に繁殖としてうちに帰ってきました。なかなかオープン馬は出なかったけど、コンスタントに走る母系でありがたかったですね」

1984年に生まれた4代母シアトルダンサーへの期待を大きく開花させたのは、彼女の孫で祖母のダンシングハピネスだった。一族同様、子出しのよさを発揮した牝馬は、2012年の京都大賞典を勝ったメイショウカンパクを出産した。

「ダンシングハピネスは今年で25歳になりましたが、牧場の功労馬として今も元気に過ごしています。毎年頑張って、重賞勝ち馬も出してくれましたからね」と振り返る。

そんな大切な血筋を代表する1頭に成長したのがタバルだ。ダートに強く、スピードもあるフレンチデピュティ産駒の母メイショウツバクロに菊花賞有馬記念などGⅠを6勝したゴールドシップを配合して誕生した。

「ツバクロはいつもコロッとした体形の子供を出すので、ゆったりした馬体で距離も持つゴールドシップを付けてみようと思ったんです。でも、生まれてみたらタバルもコロッとしていた。すごく目立つ感じではなかったけど、形がきれいでしっかりしていて、いい感じだったのは覚えています」

キラリと光る原石に惹かれたのが、メイショウの冠で知られる松本好雄オーナー(86)だ。メイショウカンパクはもちろん、三嶋牧場の生産馬を長年購入し、今も浦河まで足を運んでくれる情の深い馬主は、ツバクロと放牧地から厩舎へ戻る子馬時代のタバルに惚れ込んだという。

そして、タバルを管理する石橋守調教師にとってはツバクロも忘れられない存在。騎手時代、最後の勝利をもたらした馬だった。

三嶋さんは「何十年もお世話になって牧場を支えてくれた松本オーナーの馬でダービーに行けるのも本当にうれしいし、石橋先生はタバルがデビューした早い時期から〝この馬でダービーに行きたい〟と言ってくれて、牧場のスタッフと〝先生がすごく力が入っているね〟と話したのを覚えています。育成時代は(性格が)きついところもあったけど、乗りづらいという話はなかったし、やはり(入厩してからも)乗り味はよかったんでしょうね」としみじみ語る。

「正直、期待はしていたけど、重賞を勝つまでになるとは思わなかった」というタバル。馬は無限の可能性を秘め、時に人が描いた夢や希望を想像以上に飛び越えてみせる。

5月26日は東京競馬場へ応援に行く予定だ。2019年のダービーではダノンキングリーが2着に善戦しており、タバルは〝先輩〟の夢も担っている。

「ダービーは出したいレースだし、いつか勝ちたいレースでもあります。でも、一番は無事に走ってくれればいい。タバルは若駒Sで競走除外になったり、スプリングSをフレグモーネで回避したり、いろいろ不安もあったから。今回はゲートにうまく入って、折り合いがついてくれればいいですね」と生産馬にお願いするように笑った。

三嶋さんにツバクロの今年の種付けについて聞くと、「ゴールドシップを付けようと思っています」と返ってきた。

6馬身差で圧勝した毎日杯が証明するように馬のポテンシャルは一級品だ。ダービーへの夢は、まだ見ぬ命にも受け継がれていく。

[もっと見る]

【日本ダービー】メイショウタバル、躍動感たっぷり11秒3 浜中俊騎手「気持ちに余裕」 NEW!2024年5月23日(木) 07:27

メイショウタバルは4週連続で浜中俊騎手が騎乗して栗東CWコースで単走。馬なりながら直線では躍動感たっぷりに伸びてラスト1ハロン11秒3(6ハロン85秒1)をマークした。課題の折り合いも改善しつつある。鞍上は「ずっと追い切りに乗せてもらい、折り合いを確認してきた。徐々に我慢できるようになってきたし、中2週だった前走と違って気持ちに余裕が感じられる」と手応えを口にした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウタバルの関連コラム

関連コラムはありません。

メイショウタバルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 109ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつも訪問される方々、ありがとうございます。

今週末は競馬の祭典!! 『東京優駿~日本ダービー』
2021年に生産された7734頭の頂点を決める大決戦!!
世代トップに輝くのは、どの馬なのか!?

その攻略法のひとつとして、『皐月賞3着内の馬or皐月賞5番人気以内の馬』に注目。
今年出走メンバーで該当するのは、
皐月賞1~3着
ジャスティンミラノ、コスモキュランダ
皐月賞1~5番人気
レガレイラ、ジャスティンミラノ、メイショウタバル、シンエンペラー

まとめると ジャスティンミラノ、コスモキュランダ、レガレイラ、メイショウタバル、シンエンペラー以上の5頭。

また、穴馬として皐月賞以外『前走、4角5番手以内の馬』にも注目。
(当日の枠順が馬番7番以内に限る)
G2スプリングS シックスペンス(4角3番手)
G2京都新聞杯 ジューンテイク(4角5番手)
LプリンシパルS ダノンエアズロック(4角5番手) 以上3頭。

ちなみに、昨年のダービー優勝馬タスティエーラ(皐月賞2着5人気)、2着ソールオリエンス(皐月賞1着2人気)、3着ハーツコンチェルト(該当ナシ)で馬連的中!

【2024週間スケジュール】
一週間の基本的な更新スケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 今週末 土、日曜の重賞(日刊馬番コンピ指数 等)
火曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日刊馬番コンピ指数 等)
水曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(血 統 等)
木曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日記)等
金曜日 : 今週末 土、日曜の重賞(データ分析 等)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)

noteのアドレス: https://note.com/haya00  
宜しくお願い致します。

【今週のスケジュール】
21日(火)07:00頃 平安S、オークス~日刊馬番コンピ篇
22日(水)07:00頃 平安S、オークスの回顧~血統篇
23日(木)07:00頃 日記「術はあるⅡ~その先へ」
23日(木)07:00頃 日本ダービーの「徹底的に攻略データ篇」
24日(金)07:00頃 葵S、目黒記念の「徹底的に攻略データ篇」
25日(土)07:00頃 葵Sの「予想篇」
25日(土)19:00頃 葵Sの「回顧篇」
26日(日)07:00頃 日本ダービー、目黒記念の「予想篇」
26日(日)19:00頃 日本ダービー、目黒記念の「回顧篇」
27日(月)07:00頃 鳴尾記念、安田記念
                 の「日刊馬番コンピ指数分析予想篇」
個人的に何もなければ、上記通りに更新されます。


【重賞レース予想 第05期 途中経過】
第05期(4月20日~5月26日)12日間(福島牝馬S~目黒記念)16戦
週末競馬は、当てる事ができたのか!?

18日(土)平安ステークス(G3)では14番オーロイプラータを推奨!
複勝(14番オーロイプラータ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

18日(土)平安ステークス(G3)推奨馬オーロイプラータ(6人気)は、スタートは互角も行き脚が無く後方追走。3~4角辺りから追い出され直線で一気に突き抜け優勝??…のはずが、前が止まらないまま先団との差が詰まらずゴール…11着惨敗。

レースは、ハナを切ってそのまま逃げ切ったミトノオー(5人気)が、中団から追い上げてきたハピ(3人気)にクビ差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着にメイショウフンジン(10人気)が入り、中波乱決着!?

当然ながら、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、軸馬選択の失敗!? レース傾向として「逃げ・先行馬優勢」のチェックを忘れ、差し・追込み馬を買っている…反省。では何故? ミトノオーは優勝できたのか?? 同馬は、内枠からスタートを決めたあと、二の脚でハナへ。隊列がすぐに決まって、序盤で競り合いにならなかった。1000㍍通過が1分01秒3と、このクラスとしては緩いペース。4角出口でコーナーワークを利してリードを広げ、ゴールではハピの追撃を一杯に凌いで優勝。父ロゴタイプ、その父ローエングリンから続く逃げ馬の血が戦法を貫き続けたことで開花したのか?? ダート路線の4歳牡馬はハイレベルだけに、今後も上位での争いに期待したい要注目!??

19日(日)オークス~優駿牝馬(G1)では14番ライトバックを推奨!
ワイド(2-14、10-14)/馬連(2-14、10-14)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

19日(日)オークス~優駿牝馬(G1)推奨馬ライトバック(3人気)は、スタートは互角も行き脚が無く後方追走。脚を溜め、折り合いに専念しながら4角を回り、直線で一気に突き抜け優勝…のはずが、内側から抜け出すにも進路が無く、馬郡を割って何とか抜け出し3着確保…残念。

レースは、中団後方から直線で一気に各馬を差し切ったチェルヴィニア(2人気)が、内の馬群を抜けて一旦は先頭に立ったステレンボッシュ(1人気)に1/2馬身差をつけ優勝。さらに1.3/4馬身差の3着にライトバック(3人気)が入り、本命決着!?

当然ながら、上位2頭を外して馬券は3・4着でハズレ…(ノД`)・゜・。

反省点として、相手馬の選択!? 優勝したチェルヴィニアor桜花賞馬ステレンボッシュのどちらかが馬券に絡んでくる事は納得していたが、まさか2頭ともに絡むとは…反省。では何故? チェルヴィニアは優勝できたのか?? 同馬は、二人引き。外見は整っていたが、毛を刈っているような状態。若干の出負けも2角を回った時には中団、前にステレンボッシュを見る位置に。道中は馬込みの中で折り合いがつき、4角手前から仕掛けて、直線は外へ。グイグイと伸び、残り1ハロンで内から伸びてきたステレンボッシュ が並びかけるとゴール前でこれを競り落として優勝。桜花賞からの鮮やかな逆転劇。今後は、血統背景から中距離適性は高く、秋は王道ならG1秋華賞も、成長を促す(木村厩舎の方針)なら来年度以降での活躍を期待したい!?

【短 評】
週末、2戦2敗…川田将雅騎手よりC.ルメール騎手みたいな感じ。オークスに関しては、最終的にはオッズに惑わされたというのが言い訳であり、オッズに関係なくC.ルメール騎手だけは抑えるべきだった…反省。

今週末は、いよいよ”競馬の祭典”東京優駿~日本ダービーの開催。今期の最終戦であり、POG23~24(ウマニティ、netkeiba、JRA-VAN)の最終戦でもある。何にしても、今週末重賞3戦(葵S、日本ダービー、目黒記念)で巻き返すしかありません。頑張ります。

【週末重賞レースの馬番コンピ 回顧篇】
(平安ステークス)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
5番ハギノアレグリアスが該当=結果7着ハズレ…(ノД`)・゜・。

(オークス~優駿牝馬)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
12番チェルヴィニアが該当=結果1着的中!(複勝140円)


【今週末重賞レースの馬番コンピポイント篇】

(葵S)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数2位”

*無条件
過去10年内(3-1-1-5/10)
勝率30%/連対率40%/複勝率50%/単勝回収値142/複勝回収値91
近5年内 (2-1-1-1/5)
勝率40%/連対率60%/複勝率80%/単勝回収値158//複勝回収値134

昨年は日刊コンピ1~3位を独占!? (指数3位-2位-1位)と堅い決着!!
ただ、荒れる傾向に変わりは無く、軸は堅くても相手は人気薄から??
狙い目の指数2位(2着)は昨年出現しているが、今年も期待大!?


(日本ダービー~東京優駿)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数2位”

*無条件
過去10年内(2-4-1-3/10)
勝率20%/連対率60%/複勝率70%/単勝回収値109/複勝回収値110
近5年内 (0-3-1-1/5)
勝率0%/連対率60%/複勝率80%/単勝回収値0/複勝回収値120

何と!? 昨年と三年前の指数(並び)が同じとは?? 指数3位-2位-5位
     荒れそうで荒れないのが「東京優駿~日本ダービー」でもある。
狙い目の指数2位(2着)は昨年出現しているが、今年も期待大!?


(目黒記念)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数2位”

*無条件
過去10年内(2-1-1-6/10)
勝率20%/連対率30%/複勝率40%/単勝回収値90/複勝回収値77
近5年内 (2-1-0-2/5)
勝率40%/連対率60%/複勝率60%/単勝回収値180/複勝回収値120

快挙?? とうとう指数4位が出現!? 過去10年で初めて??
      ハンデ長距離戦だけに、一筋縄では収まらない荒れるレース!?
狙い目の指数2位(5着)は昨年外れているだけに、今年こそ期待大!?


詳細は、noteまで訪問して下さい。
noteのアドレス: https://note.com/haya00  
宜しくお願い致します。

 競馬が大好き(複勝男 2024年5月22日(水) 00:58
東京優駿 日本ダービー 1
閲覧 216ビュー コメント 0 ナイス 3

5月26日 (日) 東京競馬場 左回り Cコース

芝2400M G[1 3歳

過去10年馬券内父系

サンデーサイレンス系    7-9-7  登録馬  11頭
ミスタープロスペクター系  2-0-1        3頭
ノーザンダンサー系     1-0-1        2頭
ヘイルトゥリーズン系    0-1-0        3頭
ナスルーラ系        0-0-1        0頭 計19頭 フルゲート18頭

過去10年別頭数

8回 18頭 2回17頭

過去10年人気別馬券内

7回 1番人気
6回 3番人気
5回 2番人気
3回 4番人気
2回 5、12番人気
1回 6、7、9、10、16番人気

過去10年最高オッズ

単勝 9310円 複勝 3640円 枠連 7150円 馬連 11200円 馬単 47090円
ワイド 34420円 3連複 521600円 3連単 2856300円

このレースの傾向として(競馬ブック参考)

○ GⅠ連対以上、芝1800M以上の3歳重賞勝利、芝1800M以上の3歳重賞連対+2歳重賞勝利の3つのいずれか該当。

○ 勝利数が多い、今年1勝馬なし。2勝より3勝 4勝は今回いない
○ 連対率60%以上。
○ キャリア3~5戦
○ GⅠ以外で着外ありは割引
○ 前走皐月賞が圧倒的。他からはかなり割引で京都新聞杯、毎日杯が連対以上、3着は青葉賞、プリンシパルSで過去10年馬券には絡んでいる。
○ 前走成績
      皐月賞は5着以内が有力、過去では8着までが3着以上はあるが。
      それ以外は連対以上。マイネルフロストが青葉賞6着から3着これが1回のみでもう10年前
○ 年明け2戦。年明け1戦も最近4連対ですが2歳GⅠ→皐月賞ローテーション、
○ 1番人気は7馬券内で可も不可もなく。1,2着は6番人以内で3着に穴がパターンが多い。ロジャーバローズの1着だけが12番人気。

○ 15番より内。16番より外で馬券内は⑱アドミラル3着、⑰ワグネリアン1着、⑱イクイノックス2着のみで3頭の共通は父系にウインドインハーヘアがありで既に重賞勝ち。

実績 メンバーレベル A ジャンタルマンタル、がいないだけ 

GⅠ馬
    ジャスティンミラノ レガレイラ

GⅠ2着
    エコロヴァルツ コスモキュランダ シンエンペラー

GⅠ3着
    サンライズジパング

GⅡ勝利
    シックスペンス シュガークン ジューンテイク 

GⅢ勝利
    ゴンバデカーブース ダノンデサイル ビザンチンドリーム メイショウタバル

GⅡ、Ⅲ2着
    アーバンシック サトノエピック ショウナンラプンタ 

OPリステッド勝利
    サンライズアース ダノンエアズロック ミスタージーティー



[もっと見る]

 エソイフ 2024年5月21日(火) 17:35
東京優駿(日本ダービー)
閲覧 211ビュー コメント 0 ナイス 3

今週は一生に一度の晴れ舞台 東京優駿ダービーがある
今週も張り切っていきたいと思う

①前走皐月賞9着以下(0-0-0-31)該当馬サンライズアース サンライズジパング ビザンチンドリーム ミスタージーティー メイショウタバル
②前走10番人気以下(0-0-0-34)該当馬エコロヴァルツ サンライズアース サンライズジパング
③前走皐月賞以外で3番人気以下(0-0-0-27)該当馬ゴンバデカーブース サトノエピック ジューンテイク ショウナンラプンタ
④前走NHKマイルCで4着以下、かつ皐月賞不出走(0-0-0-28)1996年以降該当馬ゴンバデカーブース
⑤重賞で10番人気以下の支持を受けた経験あり(0-0-0-42)該当馬エコロヴァルツ コスモキュランダ サンライズアース サンライズジパング ジューンテイク ダノンデザイル
⑥前走皐月賞で6番人気以下且つ6着以下(0-0-0-35)該当馬エコロヴァルツ サンライズアース サンライズジパング ビザンチンドリーム ミスタージーティー
⑦重賞で3着以内経験ない(0-0-0-22)該当馬サンライズアース ダノンエアブロック ミスタージーティー
⑧前走上がり3ハロン7位以下(0-1-3-?)該当馬サンライズアース サンライズジパング シンエンペラー ミスタージーティー メイショウタバル

上記すべてに該当しないのは
アーバンシック シックスペンス シュガークン ジャスティンミラノ レガレイラの5頭

◎アーバンシック シックスペンス シュガークン ジャスティンミラノ レガレイラ
◯シンエンペラー

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウタバルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

メイショウタバルの写真

メイショウタバル
メイショウタバル

メイショウタバルの厩舎情報 VIP

2024年4月14日皐月賞 G117着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイショウタバルの取材メモ VIP

2024年4月14日 皐月賞 G1 17着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。