会員登録はこちら
CBC賞 G3   日程:2018年7月1日() 15:35 中京/芝1200m

レース結果

CBC賞 G3

2018年7月1日() 中京/芝1200m/18頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分06秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

アレスバローズ

牡6 54.0 川田将雅  角田晃一 490(-2) 1.07.0 9.1 4
2 5 10

ナガラフラワー

牝6 52.0 高倉稜  高橋亮 476(+6) 1.07.2 1 1/4 20.7 9
3 5 9

セカンドテーブル

牡6 56.0 水口優也  崎山博樹 482(-10) 1.07.3 1/2 14.0 8
ラップタイム 11.9 - 10.3 - 10.5 - 10.9 - 11.5 - 11.9
前半 11.9 - 22.2 - 32.7 - 43.6 - 55.1
後半 55.1 - 44.8 - 34.3 - 23.4 - 11.9

■払戻金

単勝 8 910円 4番人気
複勝 8 330円 4番人気
10 530円 9番人気
9 390円 6番人気
枠連 4-5 1,710円 8番人気
馬連 8-10 7,910円 33番人気
ワイド 8-10 2,360円 31番人気
8-9 1,930円 22番人気
9-10 2,910円 39番人気
馬単 8-10 12,560円 51番人気
3連複 8-9-10 28,250円 96番人気
3連単 8-10-9 166,090円 553番人気

CBC賞のニュース&コラム

【古馬次走報】ダイメイフジ、北九州記念かセントウルSへ
 ★1番人気に支持されたCBC賞で11着に敗れたダイメイフジ(栗・森田、牡4)は、北九州記念(8月19日、小倉、GIII、芝1200メートル)か産経賞セントウルS(9月9日、阪神、GII、芝1200メートル)の予定。僚馬で9着ダイメイプリンセス(牝5)と、葵S2着ラブカンプー(牝3)は、アイビスSD(29日、新潟、GIII、芝1000メートル)へ。 ★ラジオNIKKEI賞を勝ったメイショウテッコン(栗・高橋忠、牡3)は、菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)を目標に、神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)などの菊花賞トライアルで始動する見込み。2着フィエールマン(美・手塚、牡3)は、ノーザンファーム天栄で放牧、秋に備える。「菊花賞に向かうかは未定だが、トライアルからでは」と手塚調教師。 ★アハルテケSを勝ったサンライズノヴァ(栗・音無、牡4)は、オーバルスプリント(9月24日、浦和、交流GIII、ダ1400メートル)を視野に入れる。 ★巴賞3着ハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡3)はSTV賞(8月11日、札幌、1000万下、芝1500メートル)へ。勝てば富士S(10月20日、東京、GIII、芝1600メートル)などが視野に。6着アングライフェン(栗・安田隆、牡6)は札幌日経オープン(8月4日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。 ★帝王賞3着サウンドトゥルー(美・高木、セン8)は日本テレビ盃(10月3日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)へ。 ★パラダイスS4着トウショウドラフタ(美・萱野、牡5)は関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)か朱鷺S(同26日、新潟、OP、芝1400メートル)。 ★昨秋のシリウスS9着後、休養しているマインシャッツ(栗・西浦、牡5)は名鉄杯(15日、中京、OP、ダ1800メートル)で復帰する。 ★新潟大賞典14着のロッカフラベイビー(美・鹿戸、牝6)は、関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬でカーネーションCを制したゴージャスランチ(牝3)とサンスポ賞フローラS7着のレッドベルローズ(牝3)は、ともに紫苑S(9月8日、中山、GIII、芝2000メートル)へ向かう。 ★メイS10着マイネルアウラート(美・高橋裕、牡7)は、中京記念(22日、中京、GIII、芝1600メートル)へ。 ★CBC賞6着トーキングドラム(美・斎藤誠、牡8)は、今週末に北海道・日高町にある下河辺牧場に移動、夏休み。次走未定。僚馬で同13着ワンスインナムーン(牝5)は、次走未定。
2018年7月5日(木) 05:00

 549

【古馬次走報】ミライヘノツバサ、産経賞オールカマー目標
 ★昨春の日経賞2着後、右前脚の不安で戦列を離れているミライヘノツバサ(美・伊藤大、牡5)は産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII、芝2200メートル)が目標。「その前に使いたいが、ハンデ戦に出られないので…」と伊藤大師は復帰戦を模索中。 ★CBC賞を制したアレスバローズ(栗・角田、牡6)は状態を見て北九州記念(8月19日、小倉、GIII、芝1200メートル)を視野に。2着ナガラフラワー(栗・高橋亮、牝6)、4着アサクサゲンキ(栗・音無、牡3)、17着ナリタスターワン(栗・高橋亮、牡6)も同レースを予定。 ★CBC賞7着トウショウピスト(栗・角田、牡6)、8着フミノムーン(栗・西浦、牡6)はともにバーデンバーデンC(15日、福島、OP、芝1200メートル)に進む。12着スノードラゴン(美・高木、牡10)は産経賞セントウルS(9月9日、阪神、GII、芝1200メートル)へ。 ★CBC賞15着ペイシャフェリシタ(美・高木、牝5)、16着アクティブミノル(栗・北出、牡6)、テレビユー福島賞を勝ったレジーナフォルテ(美・佐藤、牝4)、葵S2着ラブカンプー(栗・森田、牝3)はいずれもアイビスサマーダッシュ(29日、新潟、GIII、芝・直1000メートル)へ。★巴賞2着アストラエンブレム(美・小島、セン5)は「(予定にあった)函館記念は(オーナーのシルクレーシングが他に2頭出走予定で)使わない方向」と小島師。次走は検討中。
2018年7月4日(水) 05:00

 419

【CBC賞】セカンドテーブル懸命粘り込み3着
 前半3ハロン32秒7の猛ラップのなか、2番手追走から踏ん張った。昨年2着のセカンドテーブルが3着。いつも通りの積極的な立ち回りから、懸命に粘り込んだ。 「自分の競馬に徹しました」と水口騎手。大きくバテても不思議ないペースを辛抱できたのは地力の証しだ。「差されたら仕方がないと思って競馬をしましたが、よく頑張ってくれましたね。左回りは得意です」と胸を張って結んだ。★1日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら
2018年7月2日(月) 12:01

 358

【CBC賞】末脚切れず…ダイメイフジ11着
 ダイメイフジは1番人気に応えられず、11着に敗退した。道中は後方で折り合いに専念。直線の攻防にすべてをかけたが、前走のような末脚の切れはなく、流れ込むようにゴールした。重賞初制覇は、次走以降に持ち越しとなった。「きょうの感じだと、1400メートルの方がいいね。それに前の馬が止まらない競馬だったから」とM・デムーロ騎手はサバサバした表情で敗因を説明した。★1日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら
2018年7月2日(月) 12:00

 352

CBC賞のニュースをもっと見る >

【CBC賞】厩舎の話
 アクティブミノル・北出調教師「中京では崩れていない。雨もプラス」 アサクサゲンキ・音無調教師「前走は出遅れがすべて。ハンデもいい」 アレスバローズ・角田調教師「いい動き。一気に脚を使うのでそれをどう生かすか」 グレイトチャーター・野田助手「折り合いがついたし、動きも良かった」 コウエイタケル・山内調教師「この時季は状態がいい。6Fで前進を」 スノードラゴン・高木調教師「先週まで涼しかったのは好都合。順調に調整できている」 セカンドテーブル・吾郷厩務員「馬体は前走と同じくらい。去年(2着)くらいは走れる」 ダイメイフジ・森田調教師「体が回復していたので、しっかりやった。直線の長い中京は合う」 ダイメイプリンセス・森田調教師「体質が強くなり、しっかりしてきた」 トウショウピスト・角田調教師「スタートが安定した今なら6Fでも」 トシザキミ・野田助手「順調。ジョッキーも好感触だったようだ」 トーキングドラム・斎藤誠調教師「けいこではブリンカーの効果がてきめんだった」 ナガラフラワー・高橋亮調教師「しっかり乗り込めた。52キロを生かして」 ナリタスターワン・高橋亮調教師「年齢的にグンと上向いた感じはしない。左回りは上手」 フミノムーン・西浦調教師「先週の時点で仕上がった。展開が向けば」 ペイシャフェリシタ・高木調教師「中京は一番合う。大事に使って良化。万全の仕上がりだ」 ワンスインナムーン・斎藤誠調教師「函館からの輸送はスムーズ。二の脚の速さを生かしたい」(夕刊フジ)★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月28日(木) 12:56

 1,197

【CBC賞】豪脚準備OK!フジ、ビッシビシ12秒3
 サマースプリントシリーズ第2戦・CBC賞の追い切りが27日、東西トレセンで行われた。栗東では、重賞初制覇を目指すダイメイフジが坂路で併せ馬。遅れたものの、動きは上々で出走態勢を整えた。4ハロン50秒9で登坂したアクティブミノルと、美浦の坂路で好時計をマークしたペイシャフェリシタが、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。 見た目より、内容が大事だった。ダイメイフジが坂路で最終リハ。併せ馬で遅れはしたものの、森田調教師は納得の表情を浮かべた。 「(中間は)体重が減って心配だったけど、けさ計って522キロ(前走は512キロ)あったから、一杯に追い切ることができてよかった。(動きは)いつも通りだね」 僚馬ダイメイプリンセス(OP)を前に、淡々とリズムを刻んでいく。ラスト2ハロン付近で馬体を併せたが、最終的には突き放されて2馬身遅れ。ただ、動きそのものは躍動感があり、ラスト1ハロン12秒3(4ハロン53秒8)をマーク。馬体減もなく、びっしりと負荷をかけられた点も強調できる。仕上がりは問題ないとみていいだろう。 ここに来て着実に力をつけてきた。前走の安土城Sでオープン初勝利。翌週の安田記念を制覇したモズアスコットを、直線の追い比べでねじ伏せただけに価値がある。トレーナーは「去年の春までだいぶ緩かったのが、夏の中京後に長期の放牧に出して、帰ってきたらすごくいい馬になった」と成長を実感。3走前に騎乗したM・デムーロ騎手も「中山で乗ったときは、1200メートルは忙しい感じはしたけど、ラストはいい脚を使ったね。いいものは持っていると思う」と高い能力を感じ取る。 暑さに弱いタイプで、この後は秋に備える予定。トレーナーは「(GIが)楽しみになるようなレースをしてほしい」と全力投球の構えだ。最大目標は、スプリンターズS(9月30日、中山、GI、芝1200メートル)。GI馬を撃破した末脚で重賞タイトルを奪取し、実りの秋へとつなげたい。 (山口大輝)★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月28日(木) 05:08

 697

【CBC賞】アクティブミノル、馬なり12秒2
 アクティブミノルは坂路で好仕上がりをアピール。キビキビとした脚さばきで駆け上がり、馬なりで4ハロン50秒9-12秒2を計時した。北出調教師は「いい動きだった。(騎手より体重が重い)持ち乗り助手が乗ってこの時計だから」と声を弾ませた。3戦連続8着も、トレーナーは「(3走前の)放牧帰りからずっとイライラした感じがあったけど、今回はその感じが抜けて戻ってきた。中京では崩れていないからね」と、2015年セントウルS以来の重賞3勝目をにらむ。★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月28日(木) 05:07

 525

【CBC賞】アサクサゲンキ、軽快51秒4
 アサクサゲンキは、坂路での併せ馬で活気ある動きを披露した。前半からビックリシタナモー(1000万下)と馬体を並べて運び、ラスト1ハロンで一気に突き放して3馬身先着。4ハロン51秒4-12秒7でまとめた。 音無調教師は「動きはいいね。状態も変わらずいいと思うよ」と納得の表情。前走の葵Sは出遅れが響いて5着。トレーナーは「体も減っていたからね。出遅れたけど、しまいはいい脚を使った。今回は斤量(53キロ)が軽いのもいいと思うよ」と巻き返しを誓う。★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月28日(木) 05:07

 452

CBC賞の直前追い切り情報をもっと見る >

CBC賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

7月1日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
28,250円 141,250円
Lv119 
530円 5,300円
Lv111 
7,910円 63,280円
Lv107 
166,090円 332,180円
Lv106 
330円 33,000円

的中情報をもっと見る >

CBC賞過去10年の結果

2017年7月2日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 シャイニングレイ 北村友一 1:08.0 5.7倍 103.3
2着 セカンドテーブル 水口優也 ハナ 57.9倍 103.3
3着 アクティブミノル 酒井学 1 3/4 15.9倍 100.2
2016年7月3日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2015年7月5日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ウリウリ 岩田康誠 1:09.1 5.1倍 103.0
2着 ダンスディレクター 浜中俊 1/2 4.0倍 102.0
3着 サドンストーム 国分優作 クビ 6.6倍 102.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

CBC賞のデータ分析とレース傾向

コース図中京芝1200m

2012年から現在の条件で行われているCBC賞。データ数が不足している点は否めないが、それでも注目したいのが「距離短縮組の強さ」である。同距離・延長組が1勝を含む3連対という低調な成績の一方で、距離短縮組は5勝を含む9連対という素晴らしい結果。なかでも、前走1400~1600mのオープン特別もしくは重賞で1着だった馬は、全勝という破格のパフォーマンスを見せつけている。該当馬が出走すれば、迷わず軸馬に据えるべきだ。舞台となる中京芝1200mは最初のコーナーまでの距離が短く、先行争いが激しくなりやすい。待機勢でも十分間に合うコース形態である。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

CBC賞の歴史と概要


2016年の優勝馬レッドファルクス

施行時期や条件の変更が重ねられてきたレースで、現在は7月の中京開催に組まれる芝1200mのハンデ重賞として定着しつつある。G2時代は、第32回(1996年)のエイシンワシントン、第34回(1998年)のマサラッキ、第35回(1999年)のアグネスワールド、第36回(2000年)のトロットスター、第38回(2002年)のサニングデールなど、歴代のスプリント王の名前が勝ち馬欄にズラリ。G3格下げ後は文字通りレベル低下したが、第44回(2008年)のスリープレスナイトや第52回(2016年)のレッドファルクスなど、ここでの勝利をステップにG1戦線で活躍する馬は何頭か出現している。

歴史と概要をもっと見る >

CBC賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る