今週の重賞レース

2022年10月1日( シリウスS G3
2022年10月2日( スプリンターズS G1

セントライト記念 G2

日程:2022年9月19日() 15:45 中山/芝2200m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 9

ガイアフォース

牡3 56.0 松山弘平  杉山晴紀 498(+8) 2.11.8 5.1 3 34.7 ⑥⑥⑤④
2 5 7

アスクビクターモア

牡3 56.0 田辺裕信  田村康仁 476(+4) 2.11.8 アタマ 2.6 1 35.0 ③③③②
3 1 1

ローシャムパーク

牡3 56.0 C.ルメー  田中博康 494(+6) 2.12.3 4.9 2 35.0 ⑦⑦⑦⑦
4 4 5

セイウンハーデス

牡3 56.0 幸英明  橋口慎介 474(+2) 2.12.7 2 1/2 27.6 7 36.0 ②②②②
5 4 4

ラーグルフ

牡3 56.0 戸崎圭太  宗像義忠 488(0) 2.12.8 クビ 14.2 6 35.4 ⑨⑧⑧⑧
6 8 13

ボーンディスウェイ

牡3 56.0 石橋脩  牧光二 488(0) 2.13.1 46.9 10 35.3 ⑩⑩⑪⑪
7 5 6

オニャンコポン

牡3 56.0 菅原明良  小島茂之 464(-4) 2.13.2 クビ 6.3 4 36.1 ⑤⑤⑤⑤
8 7 11

キングズパレス

牡3 56.0 松岡正海  戸田博文 490(0) 2.13.2 クビ 10.1 5 35.6 ⑫⑫⑨⑧
9 6 8

ショウナンマグマ

牡3 56.0 横山武史  尾関知人 506(0) 2.13.3 1/2 35.4 9 36.8 ①①①①
10 7 10

ベジャール

牡3 56.0 北村友一  田中博康 562(-2) 2.13.8 68.5 12 36.3 ⑧⑧⑨⑧
11 8 12

サイモンバロン

牡3 56.0 三浦皇成  勢司和浩 480(+10) 2.13.9 1/2 138.7 13 35.8 ⑬⑬⑬⑫
12 2 2

ロンギングエーオ

牡3 56.0 横山和生  奥村武 486(0) 2.14.0 クビ 63.1 11 36.2 ⑩⑩⑪⑫
13 3 3

マテンロウスカイ

牡3 56.0 横山典弘  松永幹夫 482(+2) 2.14.1 1/2 29.2 8 37.3 ③③③⑤
ラップタイム 12.3 - 11.0 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 11.5 - 12.2
前半 12.3 - 23.3 - 35.4 - 47.8 - 60.3
後半 59.2 - 47.0 - 35.3 - 23.7 - 12.2

■払戻金

単勝 9 510円 3番人気
複勝 9 170円 3番人気
7 120円 1番人気
1 160円 2番人気
枠連 5-6 470円 1番人気
馬連 7-9 730円 1番人気
ワイド 7-9 320円 1番人気
1-9 600円 6番人気
1-7 320円 2番人気
馬単 9-7 1,530円 4番人気
3連複 1-7-9 1,460円 2番人気
3連単 9-7-1 7,250円 8番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,558人(09月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【セントライト記念2022特集】5項目で減点なし6頭の中からアスクビクターモアを推す

【前走使用距離】

中山施行の直近9回(2012~2013、2015~2021年)における1~3着馬の前走使用距離をみると、1800m、2000m、2200m、2400mの4パターンに絞られる。その一方、日本ダービー組を除くと、前走2400m使用馬の2着連対圏入りはゼロ。覚えておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
②ロンギングエーオ ⑪キングズパレス

【前走使用競馬場】

中山で施行された直近9回における1~2着馬の前走使用競馬場を確認すると、札幌、函館、福島、新潟、東京の5場に集約される。これ以外のステップで臨んだ馬は2着連対圏に達していない。

(減点対象馬)
①ローシャムパーク ③マテンロウスカイ ⑨ガイアフォース

【前走着順】

前走の着順は重賞なら不問だが、それ以外の場合は6着が最低ライン。中山で施行された直近9回、非重賞組で複勝圏に入った全馬がこの条件をクリアしていた。ただし、1勝クラス(旧500万下)組の2着連対圏入りは、前走が単勝1番人気かつ1着だった馬に限られる。その点には注意が必要だろう。

(減点対象馬)
②ロンギングエーオ ⑫サイモンバロン

【前走人気】

中山施行の直近9回、前走重賞1着馬や日本ダービーからの直行馬を除くと、前走の単勝人気が6番人気以下だった馬の好走(3着以内)例は皆無。前走内容を比較する際は、単勝人気順位にも目を向けておきたい。

(減点対象馬)
⑧ショウナンマグマ

【休養明け】

中山で施行された直近9回、中9週以上の間隔で臨み、2着連対圏入りを果たした馬は12頭。いずれも前走で日本ダービー、またはラジオNIKKEI賞に出走していた。この2組を除く、中9週以上の臨戦馬は疑ってかかったほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
①ローシャムパーク ②ロンギングエーオ ⑨ガイアフォース ⑪キングズパレス ⑫サイモンバロン

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、④ラーグルフ、⑤セイウンハーデス、⑥オニャンコポン、⑦アスクビクターモア、⑩ベジャール、⑬ボーンディスウェイの6頭。

トップには⑦アスクビクターモアを推す。中山施行の直近9回、前走日本ダービー組は【5.4.3.18】と主力を形成。そのうち、前走5着以内馬は【2.1.0.3】と半数が馬券(3着以内)に絡んでいる。ここは一連の実績を素直に評価したい。

同じく日本ダービー組に該当する、⑤セイウンハーデスと⑥オニャンコポンも侮れない存在。④ラーグルフ、⑩ベジャールに対するマークも怠れない。一方で、⑬ボーンディスウェイは中山施行の直近9回、好走(3着以内)ゼロの前走ラジオNIKKEI賞組かつ重賞2着以内未経験馬。それゆえ、過信できない印象を持つ。

<注目馬>
アスクビクターモア ⑤セイウンハーデス ⑥オニャンコポン ④ラーグルフ ⑩ベジャール

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【セントライト記念2022特集】優勢を誇るダービー組かつU指数上位2頭が軸馬候補!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数の傾向に言及する前に、まずはダービーからの直行組が強いレースであるという事実に目を向けなければならない。直近5年の3着以内馬15頭中、約半数の7頭を占め、うち2頭が勝利を挙げている。2019年1着のリオンリオン(10位、1番人気)のように、指数は伸びや悩むも人気に推されてしっかり結果を残している馬もいるので、なにはさておきダービー組には敬意を表す必要があるだろう。

今年該当するのは、ダービーで3着だった1位⑦アスクビクターモア(96.1)、8着だった2位⑥オニャンコポン(94.7)、11着だった6位タイ⑤セイウンハーデス(92.5)。この3頭は当然有力視でき、とくに指数も伴っている上位2頭は軸馬候補になる。断然の1番人気が予想されるアスクビクターモアは馬券妙味皆無に等しいが、さすがに軽視するわけにはいかない。
 
ダービー組以外でピックアップしたいのは、3位⑨ガイアフォース(94.0)。新馬戦でのちのダービー馬ドウデュースの2着に入り、その後も継続して高いパフォーマンスを発揮している。初重賞となるが、その勢いは侮れない。

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,558人(09月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【セントライト記念2022特集】ノーザンテーストの血を引く馬が有力、ダンシングブレーヴ内包馬は大駆けに注意

【セントライト記念2022特集】ノーザンテーストの血を引く馬が有力、ダンシングブレーヴ内包馬は大駆けに注意

昨年はヴィクトワールピサ産駒の9番人気アサマノイタズラが勝利する波乱となったが、同馬は母の父がLyphard直系のキングヘイローであることに注目したい。これまで母の父にLyphard系種牡馬を配された馬としては93年ラガーチャンピオン(母の父リイフオー)、03年ヴィータローザ(母の父Lyphard)が勝ち馬として名を連ねており、直系ではキングヘイローの父にあたるダンシングブレーヴが10番人気で勝利をつかんだ98年レオリュウホウを出すなど、やはり波乱を演出してきた経緯があった。

また、近年はステイゴールドを筆頭にノーザンテーストの血を引く馬の活躍が目立ち、昨年もオルフェーヴル産駒のソーヴァリアントがクビ差2着の惜敗、2年前の20年にはバビットが09年ナカヤマフェスタとの父子制覇を果たしている。中山競馬場で開催された直近10年の勝ち馬のうち8頭がノーザンテーストの血脈を持つことは気に留めておくべきだろう。

ロンギングエーオは、父スクリーンヒーロー×母フレンチボウ(母の父ホワイトマズル)。スクリーンヒーローは07年に14番人気3着と大駆けした経歴を持つが、種牡馬としても「1-1-0-0」と出走した産駒が底を見せていない。本馬は父を介してノーザンテーストの血を引くことのほか、昨年の勝ち馬に倣えば母の父がダンシングブレーヴの直仔であることも強調できるだろう。中山芝2200mの舞台実績もあるだけに、侮れない存在となりそうだ。

ガイアフォースは、父キタサンブラック×母ナターレ(母の父クロフネ)。父系と母系の双方からノーザンテーストの血脈を持つ興味深い血統構成となるが、そもそも父キタサンブラックが15年の勝ち馬でもあるので、本馬にとっては父子制覇のかかった一戦となる。新馬ではドウデュースとクビ差、前走も小倉芝2000mのコースレコードを更新と随所に能力の高さが見られるだけに、はじめての重賞も通過点となって不思議ない魅力を感じられる。

ラーグルフは、父モーリス×母アバンドーネ(母の父ファルブラヴ)。まだ同産駒の好走例こそないものの、父はスクリーンヒーローの直仔であることから今後の動向を注視したい種牡馬でもある。本馬においては父Roberto系×母の父Fairy King系という大まかな血統構成が07年1着ロックドゥカンブと共通することも興味深く、近親にノーリーズンやワンアンドオンリーがいる血統背景も申し分ない。改めて真価を問われることになるだろう。

【血統予想からの注目馬】
ロンギングエーオ ⑨ガイアフォース ④ラーグルフ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【セントライト記念2022特集】強力な相棒を得た逃げ馬がマイペースの競馬で一発を決める!

【セントライト記念2022特集】強力な相棒を得た逃げ馬がマイペースの競馬で一発を決める!

編集部(以下、編) 3日間開催の最終日。ここでスマッシュヒットを飛ばして、しっかり締めくくりましょう。

新良(以下、新) 肩の力を抜いて無心で臨みます。

編 期待しております。月曜日に組まれている重賞はセントライト記念。こちらを取り上げるかたちでよろしいですか?

新 はい。選択肢は限られますが、面白い乗り替わりがありますので。

編 それは気になりますね。早速、結論を教えてください。

新 菅原明良騎手から横山武史騎手に乗り替わる⑧ショウナンマグマに注目しています。

編 前走はラジオNIKKEI賞で2着に好走していますが、菅原騎手はデビュー戦からずっと騎乗しているお手馬のオニャンコポンを選んだということですかね。

新 そうだと思います。ショウナンマグマも悪くはありませんが、実績的にはオニャンコポンのほうが断然上ですから。

編 通常のケースなら、ショウナンマグマは期待薄と考えたくなりますが、なにせバトンを託された鞍上が乗りに乗っている横山武騎手。これならまったく心配なし、ということでしょうか?

新 その認識でOKです。ただの乗り替わり、ただのテン乗りではありません。評価を下げるどころか、上げてもいいくらいだと思います。

編 よくぞ陣営はタケシを確保したと?(笑)

新 まさによくぞ、ですよね(笑)。鞍上によっては戦力ダウンが否めないということもあり得ますので、そんななか横山武騎手が乗ってくれるのは本当に大きいです。

編 北海道開催は絶好調でしたが、中山の芝の中距離という舞台設定はいかがでしょう?

新 横山武騎手は中山芝2200mで2019年以降、勝率20.7%をマークし、ルメール騎手らを上回ってメンバー中トップに立っています。結果を出しているレースはほとんどが逃げ・先行でしたので、ショウナンマグマとは手が合うはずです。

編 前走は逃げて2着に粘りましたが、今回は自分の競馬ができそうですかね。

新 マテンロウスカイという同型がいますが、その存在はあまり気にしていません。

編 それはどうしてですか?

新 鞍上がお父さんの横山典弘騎手だからです。本人は否定するでしょうが、息子をサポートするような騎乗はけっこう見られます。

編 つまり、絡んで共倒れという可能性は低いということですね。

新 それどころか、競りかけてこずにすんなりハナを譲ってくれるシーンもあるかもしれませんよ。

編 マイペースの逃げに持ち込めれば、前走の再現もあると?

新 十分にあると思います。ショウナンマグマがこれまで結果を残しているのは、いわゆる非根幹距離ですので、距離延長でも中山の2200mなら対応可能でしょう。

編 これはスタートから目が離せませんね。

新 1コーナーまで距離がありますので、じわじわと内に圧力をかけていって、ハナに立つ展開になってほしいです。鞍上はどう乗るのがベストなのか、ちゃんとわかっていると思います。

編 ダービー組の注目度が高いので、手ごろな人気に落ち着きそうです。

新 さすがにアタマ鉄板とは言えませんが、3着以内に入る可能性はおおいにあります。好配当提供に期待しましょう。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
ショウナンマグマ

過去10年の結果

【セントライト記念2022特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2021年9月20日() 中山/芝2200m
天候:晴 馬場:
朝日セントライト記念2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 アサマノイタズラ 田辺裕信 2:12.3 42.7 9 34.6 98.2
2 12 ソーヴァリアント 戸崎圭太 2:12.4 クビ 3.5 2 35.1 97.7
3 10 オーソクレース C.ルメール 2:12.7 1 3/4 9.8 5 35.3 96.1
4 9 カレンルシェルブル 横山和生 2:12.9 53.1 11 35.6 95.0
5 3 ヴィクティファルス 池添謙一 2:12.9 アタマ 18.9 7 35.4 95.0
2020年9月21日() 中山/芝2200m
天候:晴 馬場:
朝日セントライト記念2020
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 バビット 内田博幸 2:15.0 5.9 4 37.0 97.4
2 9 サトノフラッグ 戸崎圭太 2:15.3 1 1/2 3.7 1 36.5 95.8
3 7 ガロアクリーク 川田将雅 2:15.4 1/2 4.4 2 37.0 95.3
4 2 ラインハイト 北村友一 2:15.6 1 1/4 21.4 9 36.9 94.2
5 10 ヴァルコス 三浦皇成 2:15.6 アタマ 7.8 5 36.5 94.2
2019年9月16日() 中山/芝2200m
天候:曇 馬場:
朝日セントライト記念2019
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 リオンリオン 横山典弘 2:11.5 5.3 1 35.6 101.2
2 2 サトノルークス 川田将雅 2:11.8 14.5 8 35.5 99.6
3 1 ザダル 石橋脩 2:11.9 クビ 6.8 3 35.8 99.1
4 16 ルヴォルグ C.ルメール 2:12.0 3/4 7.9 5 35.6 98.5
5 12 ニシノデイジー 勝浦正樹 2:12.1 3/4 5.8 2 35.0 98.0

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【セントライト記念2022特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬ディーマジェスティ
2016年の優勝馬ディーマジェスティ

我が国初の三冠馬の名を冠して戦後まもなく創設された歴史ある一戦で、現在は菊花賞トライアル。グレード制導入初年度の第38回(1984年)は、次走の菊花賞で我が国初の無敗の三冠馬となるシンボリルドルフが勝利した。以来、G1でバリバリ活躍するような馬の参戦は少なく、本番との直結度の低いレースと長年認識されてきたが、第69回(2015年)の勝ち馬キタサンブラックが距離不安説を覆して菊花賞馬に輝いた。また、第68回(2014年)のイスラボニータ、第70回(2016年)のディーマジェスティと、近年は皐月賞馬の活躍が目立っている。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:341,558人(09月29日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

セントライト記念特集 バックナンバー

トップへ