会員登録はこちら
朝日セントライト記念 G2   日程:2018年9月17日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

朝日セントライト記念 G2

2018年9月17日() 中山/芝2200m/15頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 4

ジェネラーレウーノ

牡3 56.0 田辺裕信  矢野英一 506(+8) 2.12.1 7.3 4
2 8 15

レイエンダ

牡3 56.0 C.ルメー  藤沢和雄 486(0) 2.12.3 1 1/4 1.9 1
3 2 2

グレイル

牡3 56.0 岩田康誠  野中賢二 494(+8) 2.12.5 1 1/4 19.4 6
ラップタイム 12.4 - 10.9 - 12.3 - 12.4 - 12.9 - 12.0 - 11.5 - 11.2 - 11.6 - 12.3 - 12.6
前半 12.4 - 23.3 - 35.6 - 48.0 - 60.9
後半 59.2 - 47.7 - 36.5 - 24.9 - 12.6

■払戻金

単勝 4 730円 4番人気
複勝 4 200円 5番人気
15 120円 1番人気
2 380円 6番人気
枠連 3-8 370円 1番人気
馬連 4-15 900円 4番人気
ワイド 4-15 380円 3番人気
2-4 1,600円 16番人気
2-15 860円 11番人気
馬単 4-15 2,300円 7番人気
3連複 2-4-15 5,460円 16番人気
3連単 4-15-2 33,050円 105番人気

朝日セントライト記念のニュース&コラム

【セントライト】レイエンダに土つけたジェネラーレの経験値!
 第72回セントライト記念(17日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、1~3着馬に菊花賞の優先出走権 =出走15頭)田辺裕信騎乗で4番人気のジェネラーレウーノが、離れた2番手追走から早めに動いて直線で抜け出し、1馬身1/4差でV。重賞2勝目を飾った。タイム2分12秒1(良)。単勝1・9倍の圧倒的支持を集めたレイエンダは、中団から差を詰めたものの2着。3着グレイルまでが菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権を獲得した。 秋の大きな飛躍を予感させる完封劇だ。皐月賞3着の実績馬ジェネラーレウーノが2番手から抜け出し、断然人気の良血馬レイエンダの追撃を1馬身1/4振り切ってV。ダービーで16着に終わった悔しさをバネに、成長した姿をアピールした。 「逃げた馬が3コーナーからペースを上げていって、こっちが渋くなりそうだったけど、早めに追い出す形になっても脚は残っていた。最後は楽にかわしてくれた」 パートナーを京成杯以来2度目の重賞Vに導いた田辺騎手が、会心の笑みを浮かべる。好スタートから先手を奪う構えを見せたが、外からタニノフランケルがハナを主張すると、すぐに控えた。「馬の気分を損ねないようにしたのがよかった」と田辺。行きたがって大敗したダービーと違い、大逃げを打つタニノから離れた2番手で流れを引き込んだことが勝因だ。ロングスパート勝負で持ち味のスタミナを存分に発揮。最後は手綱を緩めてのフィニッシュで、ダービー馬の弟に初めて土をつけた。ゴール直後には、重賞連勝が3でストップしたルメール騎手からも握手で祝福された。 快勝の裏には陣営の知恵もあった。いつもレース前まで装着するパシファイアー(網で目を覆い視界を制限する馬具)にひと工夫。その裏に虫除けネットをつけて、視界をさらに制限した。 「ダービーでは抜き身の刀みたいにイレ込みが激しかった。だからこれがドンピシャ。きょうはすごく落ち着いた」と秘策を明かした矢野調教師。「展開が向いたと思うけど、馬も大きくなってパワーがついた。最後は突き放す強い内容」。愛馬の成長を実感した。 次走は明言を避けたが「距離は長くてもいい。この馬は展開が重要。力を出し切れば3000メートルでもいける」とトレーナー。菊花賞が候補に入っているのは確かだ。 秋初戦で実績馬の意地と底力をきっちりと示したジェネラーレウーノ。紅葉が深まる頃に、大仕事が待っている。(板津雄志)★17日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちらジェネラーレウーノ 父スクリーンヒーロー、母シャンハイロック、母の父ロックオブジブラルタル。青鹿毛の牡3歳。美浦・矢野英一厩舎所属。北海道日高町・新生ファームの生産馬。馬主は(株)Gリビエール・レーシング。戦績7戦4勝。獲得賞金1億4216万6000円。重賞は2018年GIII京成杯に次いで2勝目。セントライト記念は矢野英一調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。馬名は「一番の将軍(イタリア語)」。
2018年9月18日(火) 05:06

 588

【セントライト】レイエンダ、デビュー4連勝ならず2着
 第72回セントライト記念(17日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、1~3着馬に菊花賞の優先出走権 =出走15頭)3戦全勝で、単勝1.9倍の人気を集めたレイエンダは2着まで。中団から外を回り、直線も外から末脚を伸ばしたが、1馬身1/4及ばなかった。 ルメール騎手は「勝ち馬とは(大外(15)番の)枠順と経験の差。ただ、直線はしっかり伸びたし、初めての重賞でいい内容でした。パワーアップしていたし、精神的にも大人になっています」と手応えをつかんだ様子。藤沢和調教師も「流れもあるし、仕方ない。勝ち馬も強かった」とサバサバとした表情だったが、視野に入れていた天皇賞・秋の参戦は、賞金的に厳しい状況に。「(優先出走権を得た)菊花賞を含めて、次は考えます」と話すにとどめた。★17日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら
2018年9月18日(火) 05:05

 333

【セントライト】グレイル、菊出走権 直線鋭く伸び3着
 第72回セントライト記念(17日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円、1~3着馬に菊花賞の優先出走権 =出走15頭)6番人気グレイルが3着。出遅れたが、直線で鋭く伸びてハナ差で3冠最終戦の出走権を獲得した。「ちゃんと体が使えたのは、直線を向いてから。腰がしっかりしてくれば、流れに乗るのも楽になるだろうし、反応も良くなります」と岩田騎手。「いい競馬はしてくれた」とたたえた野中調教師は「トモ(後肢)が緩く、今回もギリギリ間に合った状態。使って良くなるともいえないので…。オーナーと相談して考えます」として、菊花賞への参戦は流動的だ。★17日中山11R「セントライト記念」の着順&払戻金はこちら
2018年9月18日(火) 05:03

 379

【セントライト】レースを終えて…関係者談話
 ◆M・デムーロ騎手(ブレステイキング4着) 「いい競馬はできたと思うけど、最後で苦しくなった。久々のぶんかな。次は良くなるはず」 ◆北村宏騎手(オウケンムーン5着) 「しまいは伸びてくれた。気持ちがリフレッシュされていた」 ◆内田騎手(レイエスプランドル6着) 「体は太かったが、力はある。じっくり構えていく方が合う」 ◆石橋騎手(コズミックフォース7着) 「力みなく、ロスなく落ち着いて走れていた」 ◆吉田隼騎手(ショウナンラーゼン8着) 「もう少し前で競馬をしたかったが、折り合いはつくし、もっと距離があってもいい」 ◆三浦騎手(トラストケンシン9着) 「理想のポジションで、反応も良かった。これから良くなる」 ◆大野騎手(ゼーゲン10着) 「少しイレ込みは気になったが、しまいはジリジリ来ている」 ◆田中勝騎手(メイショウロセツ11着) 「速い脚がないので、もう少し前に行きたかったが…」 ◆幸騎手(タニノフランケル12着) 「4コーナーまではいい手応えだったが、最後は止まった」 ◆戸崎騎手(ギベオン13着) 「4コーナーを回るあたりで手応えが怪しくなっていた」 ◆津村騎手(ダブルフラット14着) 「まだ固まっていない感じ。パンとしてくれば楽しみな馬」 ◆小林騎手(ケイティクレバー15着) 「もまれ弱い面があり展開も不向き」
2018年9月18日(火) 05:02

 585

朝日セントライト記念のニュースをもっと見る >

【セントライト】フランケル、良血開花デモ!
 菊花賞トライアル、セントライト記念の追い切りが12日、東西トレセンで行われた。栗東では1000万下を勝った直後の上がり馬タニノフランケルが、CWコースでの3頭併せで迫力のある走りを披露。父母合わせてGI17勝の超良血馬が重賞初制覇へ弾みをつけた。 全身を使ったど迫力のフォームで、外の僚馬を一瞬でかわし去った。上がり馬、タニノフランケルが重賞初制覇へ熱のこもった走りを披露。手綱を取った幸騎手が、好感触にうなずいた。 「先週も乗りましたが、相変わらず動きはよさそうですね。春はまだ緩さがある感じでしたが、前よりも芯が入ったような感じがしますね」 カイザーバル(1000万下)、アールジオール(新馬)を見ながらCWコースの向こう正面をリラックスした走りで進んでいく。最内を通り、3、4コーナーで差を詰め、直線に入るとグイッとひと伸び。鞍上に軽く促されると、最後まで半馬身差を保ったままでフィニッシュした。5ハロン69秒0、3ハロン38秒3-11秒6の好タイム。500キロを超す大きな馬体を弾ませ、好気配をアピールした。 春は3歳500万下を勝った直後に京都新聞杯に挑戦し、17着。重賞の壁にはね返されたが、夏の始動戦となった前走の西部スポニチ賞(1000万下)では、スタートから果敢にハナを奪って4馬身差で逃げ切り。成長の跡をみせた。続けて手綱を取る幸騎手からは「前回のような形がベスト。ハナに行った方が気持ちよさそうに走っていましたね」と逃げ宣言が飛び出した。 父のフランケルは英国で14戦14勝(GI10勝)で引退した怪物で、母はGI7勝のウオッカ。名牝の4番目の子供となる。辻野助手は「(きょうだいに)共通してサイズが大きいというのはありますが、この子は早い段階から動けていた。そういう意味では、今後も楽しみ」と期待を寄せる。 「中山はいいと思いますし、スタミナもあると思う。(権利を取れれば菊花賞も)楽しみですよ」と幸騎手。“GI17勝の血”が覚醒すれば、さらなる高みが見えてくる。(山口大輝)★父は14戦全勝、母はダービー制覇 父フランケル(父ガリレオ)は14戦全勝で英チャンピオンSなどGI10勝を挙げ、2011&12年と欧州年度代表馬に輝いた。種牡馬入り後も数々の活躍馬を送り出し、日本でもソウルスターリング(オークス、阪神JF)、モズアスコット(安田記念)がGIを制している。 母ウオッカ(父タニノギムレット)は07年日本ダービーで64年ぶり史上3頭目の牝馬Vを飾るなどGI7勝をマークし、08&09年のJRA賞年度代表馬に選出。11年には顕彰馬となった。引退後はアイルランドで繁殖生活に入り、タニノフランケルが4番子。半姉タニノアーバンシー(栗・中竹、牝5)は4勝を挙げている。★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 05:11

 1,191

【セントライト】トラストケンシン、ラスト12秒5
 春の青葉賞で5着と健闘したトラストケンシンは、坂路で僚馬2頭を追走。ラスト1ハロン12秒5(4ハロン52秒9)の切れ味で併入に持ち込んでゴールした。 「けいこで動く馬だから仕方ないけど、イメージより少しオーバーワークになったかな。でも、状態はいいよ」と高橋文調教師。「外回りの2200メートルなら流れに乗りやすい。(本番の)3000メートルは間違いなく合うので何とか権利を取りたい」と燃えている。★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 05:10

 344

【セントライト】グレイル、鋭い反応12秒0
 京都2歳Sの勝ち馬グレイルは、CWコースで3頭併せ。ゴール前での岩田騎手の仕掛けに鋭く反応し、クインズサターン(OP)に2馬身、ベディヴィア(500万下)に半馬身先着し、6ハロン83秒3-12秒0をマークした。 岩田騎手は「先週、先々週と乗って、まだ休み明けという感じはありますが、このひと追いで変わってくれれば」と慎重な姿勢。秋の始動戦を迎え、「成長はしてくれていると思います」と期待をこめた。★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 05:10

 625

【セントライト】オウケンムーン、13秒2平凡
 ダービー15着以来のオウケンムーンは美浦Wコースでサトノエルドール(2歳未勝利)を4馬身追走し、馬なりで1馬身先着した。ただタイムは6ハロン87秒4、3ハロン41秒1-13秒2と平凡で「レースまで1日でも間隔をあけたくて、けさ(12日)のうちに追ったけど、もう少し速い時計でも良かった。カイバはよく食べているけど、馬体ももっと成長してほしい」と国枝調教師は控えめだ。★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 05:10

 436

朝日セントライト記念の直前追い切り情報をもっと見る >

朝日セントライト記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月17日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
860円 86,000円
Lv115 
33,050円 33,050円
Lv107 
1,600円 80,000円
Lv107 

900円
730円
16,300円
Lv106 
380円 380円

的中情報をもっと見る >

朝日セントライト記念過去10年の結果

2017年9月18日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2016年9月18日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ディーマジェスティ 蛯名正義 2:13.1 1.4倍 101.7
2着 ゼーヴィント 戸崎圭太 クビ 6.8倍 101.7
3着 プロディガルサン 田辺裕信 1 1/4 8.1倍 100.7
2015年9月21日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 キタサンブラック 北村宏司 2:13.8 12.5倍 99.0
2着 ミュゼエイリアン 横山典弘 3/4 24.0倍 98.5
3着 ジュンツバサ 石橋脩 アタマ 30.4倍 98.5

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

朝日セントライト記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

夏の上り馬VS実績馬の構図が色濃い一戦だが、後者がやや優勢。重賞勝利経験のある馬が強く、2008年以降は7勝を含む12連対の好成績を残している。なかでも、日本ダービー出走経験のある馬は好走率が一段と上昇。2017年は唯一の該当馬だったアルアインが2着連対を確保した。たとえ人気上位だとしても、逆らわないほうが賢明だ。一方、前走オープン特別組は分が悪く、2008年以降の3着以内はゼロ。穴人気するケースもあるが、掲示板に載るのが精一杯の成績が続いているので、過度の信頼は禁物だろう。舞台となる中山芝2200mは外回りコースを使用。2コーナーから緩やかなカーブがだらだらと続くため、器用に立ち回れる脚が必要とされる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

朝日セントライト記念の歴史と概要


2016年の優勝馬ディーマジェスティ

我が国初の三冠馬の名を冠して戦後まもなく創設された歴史ある一戦で、現在は菊花賞トライアル。グレード制導入初年度の第38回(1984年)は、次走の菊花賞で我が国初の無敗の三冠馬となるシンボリルドルフが勝利した。以来、G1でバリバリ活躍するような馬の参戦は少なく、本番との直結度の低いレースと長年認識されてきたが、第69回(2015年)の勝ち馬キタサンブラックが距離不安説を覆して菊花賞馬に輝いた。また、第68回(2014年)のイスラボニータ、第70回(2016年)のディーマジェスティと、近年は皐月賞馬の活躍が目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

朝日セントライト記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る