会員登録はこちら
朝日セントライト記念 G2   日程:2019年9月16日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

朝日セントライト記念 G2

2019年9月16日() 中山/芝2200m/18頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

リオンリオン

牡3 56.0 横山典弘  松永幹夫 486(+12) 2.11.5 5.3 1
2 1 2

サトノルークス

牡3 56.0 川田将雅  池江泰寿 462(0) 2.11.8 14.5 8
3 1 1

ザダル

牡3 56.0 石橋脩  大竹正博 492(+10) 2.11.9 クビ 6.8 3
ラップタイム 12.5 - 11.0 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.0
前半 12.5 - 23.5 - 35.6 - 47.8 - 59.8
後半 59.8 - 47.8 - 35.9 - 24.0 - 12.0

■払戻金

単勝 8 530円 1番人気
複勝 8 220円 1番人気
2 420円 10番人気
1 250円 4番人気
枠連 1-4 760円 1番人気
馬連 2-8 4,530円 18番人気
ワイド 2-8 1,500円 16番人気
1-8 810円 2番人気
1-2 2,340円 35番人気
馬単 8-2 8,240円 28番人気
3連複 1-2-8 10,190円 22番人気
3連単 8-2-1 58,690円 133番人気

朝日セントライト記念のニュース&コラム

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】レースの注目点
★連覇を狙うレイデオロが始動 帰国初戦となるウインブライトも登録/産経賞オールカマー 2017年のダービー馬レイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、産経賞オールカマー連覇を狙う。同馬は、昨年秋にはオールカマー→天皇賞・秋を連勝し、有馬記念では2着に入った。レイデオロは、今年に入ってからドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と白星がないが、昨年に続きオールカマーを制して、秋のGI戦線へ向け弾みをつけることができるだろうか。なお、同馬には“テン乗り”となる福永祐一騎手が騎乗予定。 また、香港のクイーンエリザベス2世Cを制し、GI初制覇を海外で遂げたウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)は、オールカマーが帰国初戦となる。ウインブライトは中山で8戦5勝、2着2回(勝率.625、連対率875)という好成績を残しているが、海外GIを制した実力を日本のファンに示すことができるか。なお、同馬には引き続き松岡正海騎手が騎乗予定となっている。★JRA重賞通算50勝まであと「1」の内田博幸騎手はクレッシェンドラヴに騎乗予定/産経賞オールカマー 内田博幸騎手は9月17日現在、JRAで重賞49勝を挙げており、史上33人目のJRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。内田騎手はオールカマーでクレッシェンドラヴ(牡5歳、美浦・林徹厩舎)に騎乗予定だが、節目の重賞勝利を挙げることができるか。Vなら、同馬を管理する林調教師は、開業2年目でJRA重賞初制覇となる。 なお、内田騎手は過去5年の中山芝2200m戦における騎手別勝利数でトップタイの6勝を挙げており、クレッシェンドラヴとのコンビでは前走の七夕賞で2着に入るなど、通算9戦4勝、2着3回(勝率.444、連対率.778)という成績を残してる。 また、今年のオールカマーには、クレッシェンドラヴの他にウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、ショウナンバッハ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)と計4頭のステイゴールド産駒が登録している。ステイゴールドは、過去5年の中山芝2200m戦における種牡馬別勝利数でトップの13勝を挙げているが、4頭の産駒が登録するオールカマーでも好成績を挙げることができるだろうか。★皐月賞馬のサートゥルナーリアが登場! 兄エピファネイアは2013年の優勝馬/神戸新聞杯 皐月賞馬サートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)は、神戸新聞杯が秋初戦となる。同馬は、デビューから無敗で皐月賞を制し、ダービーでも単勝支持率49.6%と高い支持を集めたが、4着に終わり、初の敗戦を喫した。皐月賞馬は神戸新聞杯で14戦6勝、2着3回(勝率.429、連対率.643)の成績を残しているが、サートゥルナーリアは皐月賞馬の実力を示し、秋のGI戦線へ向け好スタートを切ることができるか。同馬には神戸新聞杯で3戦全勝のC.ルメール騎手が騎乗する予定。 また、サートゥルナーリアは父ロードカナロア、母シーザリオという血統で、2013年の神戸新聞杯優勝馬エピファネイアの弟にあたる。Vなら、母オリエンタルアート産駒のドリームジャーニー(2007年優勝)、オルフェーヴル(2011年優勝)以来、2組目の神戸新聞杯きょうだい制覇となる。★皐月賞2着&タービー3着のヴェロックスがサートゥルナーリアと3度目の対戦/神戸新聞杯 16日に実施された菊花賞トライアル・セントライト記念は、ダービー15着のリオンリオンが勝ち、皐月賞14着、ダービー17着のサトノルークスが2着に入って、“春のクラシック出走馬”がワンツーフィニッシュを決めた。神戸新聞杯には皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)を筆頭に、皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)、ダービー8着のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、ダービー14着のヴィント(牡、栗東・千田輝彦厩舎)が登録してるが、今週も“春のクラシック出走馬”は菊花賞トライアルを制すことができるか。なお、“春のクラシック出走馬”は過去10年の神戸新聞杯で8勝を挙げている。 また、サートゥルナーリアとヴェロックスは、今回が3度目の対戦。皐月賞ではサートゥルナーリアがアタマ差先着し、ダービーではヴェロックスが半馬身先着したが、今回はどちらに軍配があがるのか。なお、ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手は、今年のJRA重賞で自己最多の13勝。騎手のJRA重賞年間最多勝記録は武豊騎手が2005年に記録した23勝だが、川田騎手はこの記録にどこまで迫れるか注目だ。★4年連続で神戸新聞杯優勝馬の産駒がV 今年はワールドプレミアなと3頭が登録/神戸新聞杯 神戸新聞杯は、2015年のリアファル(父ゼンノロブロイ)から昨年のワグネリアン(父ディープインパクト)まで、神戸新聞杯優勝馬の産駒が4年連続で勝っている。今年は、2004年優勝馬キングカメハメハ産駒のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、2005年優勝馬ディープインパクト産駒のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)、2010年優勝馬口ーズキングダム産駒のジョウショームード(牡、栗東・服部利之厩舎)が登録しているが、今年も神戸新聞杯の父子制覇となるだろうか。なお、ジョウショームードが勝てば、祖父キングカメハメハ、父口ーズキングダムに続く父子3代神戸新聞杯制覇となる。 また、ワールドプレミアはここまで4戦2勝という成績で、レース史上最少キャリアでの優勝がかかる。同馬は2016年のセレクトセール(当歳)において、2億4000万円(税抜)という高額で落札されたが、神戸新聞杯で重賞初制覇を飾り、GI戦線に名乗りをあげることができるだろうか。★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 11:21 NEW!

 923

【セントライト】快勝!リオンリオン菊も勝つ
 菊花賞トライアル第1弾のセントライト記念が16日、中山競馬場でフルゲート18頭によって争われ、横山典騎乗の1番人気リオンリオンが、これまでと違う控える競馬で快勝し、3冠最終戦の有力候補に躍り出た。2馬身差2着のサトノルークス、さらにクビ差3着のザダルまでが菊花賞(10月20日、京都、GI、芝3000メートル)の優先出走権を獲得した。 もう、逃げにはこだわらない。勝った青葉賞を含め、前3戦でハナを切っていたリオンリオンが、秋の初戦で新たな引き出しを披露。3番手のインから馬群を割って鋭く伸び、混戦を断った。 「(3番手の競馬は)普通ですよ。きょうは久しぶりに抑えられたから、いい感じでうなっていたけど、次は3000メートルだし、僕の体力をつくるのにはよかったんじゃないですか。秋の初戦としては言うことないですよ」と、京成杯AH(トロワゼトワル)に次いで2週連続重賞Vとなった横山典弘騎手が、ジョークを交えつつ力走をたたえた。 好スタートを切って先頭をうかがいつつも、外から主張してきた2頭を先に行かせて3番手のインへ。5ハロン通過が59秒8と重馬場にしては速いペースでも、抜群の手応えで4コーナーを回り、最後は大接戦の2着争いを尻目に2馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。 松永幹調教師も笑みをこぼす。「いいスタートだったし、このまま(先頭に)行くのだろうなと思ったけどね。(速めの)ペースもダービー(5ハロン通過57秒8)のことを考えればね。途中から我慢も利いたとジョッキーは言っていた。うまく乗って、いい競馬をしてくれたね」と内容にも満足げだ。 夏を越し、馬体も12キロ増の486キロとたくましくなった。この心身の成長は、3000メートルの菊花賞に向けて大きな収穫だろう。横山典騎手は「まだまだ、よたよたしたところもあるし、良くなってほしいところもある」とさらなる成長を期待しつつ、「ダービーのときのように、騎乗停止にならないようにしないとね」と最後は周囲の笑いを誘って締めた。 1カ月後のクラシック最終戦では、日本ダービーを一緒に戦えなかったぶんまで、ファンを魅了する走りを見せてくれそうだ。 (板津雄志)★【セントライト記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載★半兄メドウに続いた!兄弟同一週重賞V リオンリオンは14日にJ・GIII阪神ジャンプSを制したメドウラーク(栗・橋田、牡8、父タニノギムレット)の半弟で、兄弟による同一節(同一週)でのJRA重賞Vとなった。1984年のグレード制導入以降では94年のビワハヤヒデ(京都記念)とナリタブライアン(共同通信杯)、2009年のエアトゥーレ(朝日チャレンジC)とアルティマトゥーレ(セントウルS)に続く3例目。リオンリオン 父ルーラーシップ、母アゲヒバリ、母の父クロフネ。鹿毛の牡3歳。栗東・松永幹夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は寺田千代乃氏。10戦4勝。獲得賞金1億3748万4000円。重賞は2019年GII青葉賞に次いで2勝目。セントライト記念は松永幹夫調教師が初勝利、横山典弘騎手は17年ミッキースワローに次いで2勝目。馬名はフランス語で「ライオン」。
2019年9月17日(火) 05:05

 1,035

【セントライト】サトノルークス2着
 8番人気のサトノルークスが、ゴール寸前でザダルをかわして2着。道中は中団の内で脚をため、直線で力強く伸びて成長をアピールした。 「こういう(渋った)馬場は得意ではないのですが、しっかりと馬が成長して精いっぱい走り切っての2着でした。さらに距離が延びるのはいいとは思いませんが、これからさらに成長してくれば、よりいい走りができると思います」と川田騎手は期待を込めた。★【セントライト記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年9月17日(火) 05:04

 456

【セントライト】ザダル3着、潜在能力の高さ証明
 3番人気ザダルは好位の最内でロスなく立ち回り、直線でもよく伸びたが3着に終わり、デビュー戦からの連勝は“3”で止まった。それでも潜在能力の高さを証明する結果で、石橋騎手は「いい枠が当たったし、ゲートも上手に出た。隊列にも問題なく、内からさばこうと思っていた。最後もよく反応してくれたし、競馬が上手でとても器用にいいレースをしてくれた」と納得の表情を見せていた。★【セントライト記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年9月17日(火) 05:04

 342

朝日セントライト記念のニュースをもっと見る >

【セントライト】リオンリオン気合注入!
 大逃げしたダービー15着以来のリオンリオンは、栗東CWコースで上がり重点。ゴール前で気合が入り、「予定どおり。ウッドではあまり動かないし、早めに函館に入り、じっくりやってきた」と松永幹調教師。 馬体はひと回り大きくなり、「大型馬でいかにもステイヤーという感じ。自分のリズムで走れば力は出せる。次(菊花賞)が楽しみになる競馬を」と力が入る。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月12日(木) 11:28

 1,009

【セントライト】メンタル成長!ニシノデイジー
 ダービー5着のニシノデイジーは美浦Wコースで単走。気分良く駆け抜け、5F67秒0、ラスト1F12秒8をマークした。 騎乗した勝浦騎手は「春と大きくは変わらないが、以前と違い、しまいもグイグイ動いた。乗りやすかったし、気持ちも成長している」と進化を実感。高木調教師は「TRとしては十分。折り合いは内に入れれば問題ない。メンコとトライアビットを着ける」とレースを見据えた。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月12日(木) 11:25

 740

【セントライト】藤沢和厩舎3騎が揃って12秒5
 藤沢和厩舎の3頭が美浦Wコースで併せ馬。外ランフォザローゼス=写真右、中レッドサイオン=同中、内ルヴォルグ=同左=の並びで直線に入り、馬なりのまま併入した。3頭ともラスト1Fは12秒5だった。 藤沢和調教師は「時計が出すぎないようにやった。どの馬も夏に北海道を一度使って順調」と笑顔。ランフォは「札幌記念は久々でボーッとしていたし、1コーナーでゴチャつき位置が悪くなった。スムーズなら」と巻き返しを期待し、抽選組の2頭も色気十分だ。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月12日(木) 11:23

 1,127

【セントライト】オセアグレイト4F52秒5
 3連勝中のオセアグレイトが美浦坂路で躍動した。前の僚馬を見ながら抜群の手応えのまま4F52秒5をマークした。 菊川調教師は「動きは良かった。夏バテもなく状態はいい。安定した取り口で勝ってきて、相手は一気に骨っぽくなるけど、いい形で本番に向かいたい」と意気込む。(夕刊フジ)★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月12日(木) 11:19

 560

朝日セントライト記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


朝日セントライト記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月16日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
530円 53,000円
Lv115 
1,500円 30,000円
Lv113 
810円 8,100円
Lv112 
250円 2,500円
Lv112 
420円 29,400円

的中情報をもっと見る >

朝日セントライト記念過去10年の結果

2018年9月17日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ジェネラーレウーノ 田辺裕信 2:12.1 7.3倍 97.8
2着 レイエンダ C.ルメール 1 1/4 1.9倍 96.7
3着 グレイル 岩田康誠 1 1/4 19.4倍 95.6
2017年9月18日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2016年9月18日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 ディーマジェスティ 蛯名正義 2:13.1 1.4倍 101.7
2着 ゼーヴィント 戸崎圭太 クビ 6.8倍 101.7
3着 プロディガルサン 田辺裕信 1 1/4 8.1倍 100.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

朝日セントライト記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

夏の上り馬VS実績馬の構図が色濃い一戦だが、後者がやや優勢。重賞勝利経験のある馬が強く、2008年以降は8勝を含む13連対の好成績を残している。なかでも、日本ダービー出走経験のある馬は好走率が一段と上昇。2017年は唯一の該当馬だったアルアインが2着連対を確保した。たとえ人気上位だとしても、逆らわないほうが賢明だ。一方、前走オープン特別組は分が悪く、2008年以降の3着以内はゼロ。穴人気するケースもあるが、掲示板に載るのが精一杯の成績が続いているので、過度の信頼は禁物だろう。舞台となる中山芝2200mは外回りコースを使用。2コーナーから緩やかなカーブがだらだらと続くため、器用に立ち回れる脚が必要とされる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

朝日セントライト記念の歴史と概要


2016年の優勝馬ディーマジェスティ

我が国初の三冠馬の名を冠して戦後まもなく創設された歴史ある一戦で、現在は菊花賞トライアル。グレード制導入初年度の第38回(1984年)は、次走の菊花賞で我が国初の無敗の三冠馬となるシンボリルドルフが勝利した。以来、G1でバリバリ活躍するような馬の参戦は少なく、本番との直結度の低いレースと長年認識されてきたが、第69回(2015年)の勝ち馬キタサンブラックが距離不安説を覆して菊花賞馬に輝いた。また、第68回(2014年)のイスラボニータ、第70回(2016年)のディーマジェスティと、近年は皐月賞馬の活躍が目立っている。

歴史と概要をもっと見る >

朝日セントライト記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る