今週の重賞レース

2020年10月31日( 毎日放送賞スワンS G2 アルテミスステークス G3
2020年11月1日( 天皇賞(秋) G1
朝日セントライト記念 G2   日程:2020年9月21日() 15:45 中山/芝2200m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 5 6

バビット

牡3 56.0 内田博幸  浜田多実 462(+8) 2.15.0 5.9 4 37.0 ①①①①
2 7 9

サトノフラッグ

牡3 56.0 戸崎圭太  国枝栄 486(-2) 2.15.3 1 1/2 3.7 1 36.5 ⑦⑦⑥②
3 6 7

ガロアクリーク

牡3 56.0 川田将雅  上原博之 502(+4) 2.15.4 1/2 4.4 2 37.0 ③③③②
4 2 2

ラインハイト

牡3 56.0 北村友一  石坂正 472(+10) 2.15.6 1 1/4 21.4 9 36.9 ⑥⑥⑥⑤
5 7 10

ヴァルコス

牡3 56.0 三浦皇成  友道康夫 496(-2) 2.15.6 アタマ 7.8 5 36.5 ⑨⑧⑧⑦
6 8 11

ココロノトウダイ

牡3 56.0 丸山元気  手塚貴久 518(0) 2.16.7 19.8 8 38.5 ②②②②
7 4 4

フィリオアレグロ

牡3 56.0 M.デムー  堀宣行 474(-8) 2.16.8 クビ 5.6 3 37.5 ⑨⑩⑩⑨
8 8 12

サペラヴィ

牡3 56.0 石橋脩  相沢郁 480(+18) 2.16.8 クビ 143.3 12 38.3 ③③⑤⑦
9 6 8

リスペクト

牡3 56.0 C.ルメー  奥村武 466(+8) 2.17.0 1 1/4 16.5 7 38.6 ③⑤③⑥
10 3 3

マイネルソラス

牡3 56.0 丹内祐次  和田正一 462(-4) 2.17.1 クビ 84.8 11 37.8 ⑫⑪⑩⑪
11 1 1

ピースディオン

牡3 56.0 田辺裕信  大竹正博 500(-2) 2.17.6 81.0 10 38.0 ⑪⑪⑫⑫
12 5 5

ダノンファスト

牡3 56.0 横山典弘  菊沢隆徳 464(+6) 2.18.4 10.3 6 39.2 ⑦⑧⑨⑨
ラップタイム 12.2 - 12.2 - 12.8 - 12.9 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 11.9 - 12.4 - 12.7
前半 12.2 - 24.4 - 37.2 - 50.1 - 62.6
後半 60.4 - 48.6 - 37.0 - 25.1 - 12.7

■払戻金

単勝 6 590円 4番人気
複勝 6 190円 4番人気
9 140円 1番人気
7 160円 2番人気
枠連 5-7 580円 2番人気
馬連 6-9 1,460円 5番人気
ワイド 6-9 550円 6番人気
6-7 540円 5番人気
7-9 340円 1番人気
馬単 6-9 3,090円 12番人気
3連複 6-7-9 2,000円 2番人気
3連単 6-9-7 12,600円 16番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,931人(10月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【セントライト記念2020予想】リスペクト「成長を感じる」 バビット「今回は脚元(ソエ)気にならず」

 ◆ココロノトウダイ・手塚師 「春より体に幅も出てきました。道悪になっても大丈夫だし、十分にやれるメンバーだと思います」

 ◆サペラヴィ・相沢師 「併せた相手が動くので稽古はこんなもの。右回りは左回りほどスムーズじゃないので」

 ◆バビット・浜田師 「予定よりも全体時計が遅くなりました。ただ、前回は脚元(ソエ)を気にしながらの調整だったのが、今回は気にせずできています」

 ◆ピースディオン・大竹師 「ジョッキーは『引っ掛かった』と言っていたけど、実戦では大丈夫でしょう」

 ◆マイネルソラス・和田郎師 「順調。以前は1600メートルでも行きたがるのでどうなるかと心配していたけど、もともと長めの距離がいいと思っていました」

 ◆ラインハイト石坂正師 「いい動き。休んだことで馬が心身ともに成長した。あとは重賞で通用するかどうか」

 ◆リスペクト奥村武師 「トモ(後肢)のゆがみが解消されて成長を感じる。スタミナ勝負なら」

セントライト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,931人(10月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

プロ
予想

【セントライト記念2020予想】予想神「スガダイ」と単勝スペシャリスト「夢月」の注目馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) 夢月(単勝スペシャリスト) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

データ
予想

【セントライト記念2020予想】減点なしは3頭!トップ評価はサトノフラッグ!

【前走使用距離】

2010年以降(2014年は新潟開催)の3着以内30頭における前走使用距離をみると、1800m、2000m、2200m、2400mの4パターンに限定される。これ以外のステップで臨んだ馬は、複勝圏に達していない。また、日本ダービー組を除くと、前走2400m使用馬の2着連対圏入りはゼロ。該当馬に手を出すのはリスクが高い。

【前走着順】

前走の着順については、日本ダービー組は不問だが、それ以外の場合は7着が最低ライン。2010年以降、非ダービー組で3着以内に入った全馬が、この条件を満たしていた。ただし、前走1勝クラス(旧500万下)組の2着連対圏入りは、前走1番人気1着の馬に限られる。その点には注意を払いたい。

【前走人気】

2010年以降、日本ダービー組を除くと、前走の単勝人気が6番手以降だった馬の好走例は皆無。前走がG2以下のレースで低評価だった馬は、苦戦を強いられている。

【中9週以上の臨戦馬】

2010年以降、中9週以上の間隔で2着以内に入った馬は、いずれも前走で日本ダービーまたはラジオNIKKEI賞に出走していた。この2組以外の中9週以上の臨戦馬は、過信禁物とみるべきだろう。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目でマイナス面がないのは、ガロアクリークサトノフラッグヴァルコスの3頭。現時点の最上位にはサトノフラッグを推す。2010年以降、前走で日本ダービーに出走し、当時の単勝人気が4番手以内だった馬は【2.2.1.0】の好パフォーマンス。重賞勝利経験を持つ、前走日本ダービー2ケタ着順馬が【4.2.1.4】という、上々の成績を挙げている点も見逃せない。

ガロアクリークも要警戒の存在だ。スプリングS1着&皐月賞3着の実績はもちろん、前走で日本ダービーに出走し、当時の単勝人気順が1ケタだった馬は、近10年【6.4.2.7】の好成績を残している。安直に評価を下げることはできない。同じく前走日本ダービー1ケタ人気馬に該当する、ヴァルコスも相応のマークが必要だろう。

<注目馬>
サトノフラッグ ガロアクリーク ヴァルコス

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【セントライト記念2020予想】圧倒的優勢を誇るダービー組の2頭がツートップを形成!

U指数の傾向に言及する前に、まずはダービーからの直行組が非常に強いレースであるという事実に目を向けなければならないだろう。過去5年の3着以内馬15頭中9頭を占め、うち4頭が勝利を挙げている。U指数二桁順位で連対を果たしたのもダービー直行組だけ(2019年の1、2着)。そんな、指数順位を問わず活躍する傾向にある一方で、2016年1着のディーマジェスティ、2017年2着のアルアインのように、1位かつ1番人気という圧倒的な存在の安定ぶりも目立つ。やはり、ダービー組には敬意を表さなければならない。


今年の登録馬のなかでダービーからの直行組は3頭で、ダービー6着のガロアクリーク(93.8)が1位、11着のサトノフラッグ(93.2)が2位とツートップを形成。当然、この2頭は本命候補の最右翼になる存在だ。もう1頭、ダービー14着のヴァルコス(91.2)も6位と上位にランクされているので、押さえておいたほうがいいと判断する。

ダービー組以外で注目したいのは、4位のフィリオアレグロ(92.2)。G1未出走、古馬未対戦、キャリア3戦にもかかわらずこれだけ高い指数を出しているのは驚異的だ。ポテンシャルはナンバーワンかもしれないので、警戒を怠ってはいけない。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:293,931人(10月30日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【セントライト記念2020予想】タフな中山コースに強い血統、特にノーザンテースト内包馬の活躍が目立つ

昨年は重馬場のコンディションのなか、リオンリオンが1番人気に応える走りで快勝してみせたが、父ルーラーシップの産駒としても初出走・初制覇となった。父は不良馬場で行われた12年アメリカジョッキークラブC-G2の勝ち馬でもあり、同じ中山芝2200mの舞台で道悪になったことも後押ししていたように思える。

総じて持続力や底力に長けた血統が幅を利かせており、中山で開催された過去10年の勝ち馬のうち9頭がノーザンテーストの血を抱えていることには注目すべきだろう。非該当馬のディーマジェスティにおいては母の父ブライアンズタイムが好相性を示しており、その16年は2着にゼーヴィントも好走したことで、父ディープインパクト×母の父ブライアンズタイムのワンツー決着となっていた。

リスペクトは、父エピファネイア×母ラヴィアンフルール(母の父ステイゴールド)。13年中山記念-G2など重賞3勝のナカヤマナイトの甥にあたる血統で、ウィニングスマイルなどが出たヒルガオに遡る牝系。父の産駒は春先の結果だけを見るとフィリーサイアーの印象を持つが、やはり牡駒が真価を発揮するのは父同様に3歳秋を過ぎた頃からだろう。レースを使うたびに良化がうかがえるだけに、重賞初挑戦でも期待は大きい。

バビットは、父ナカヤマフェスタ×母アートリョウコ(母の父タイキシャトル)。12年新潟大賞典‐G3・2着、12年中日新聞杯‐G3・2着など中距離戦線で活躍したダンツホウテイの甥にあたる血統で、A.P. Indyやゲイメセンが出たGay Missileに遡る牝系。スタートが速く、スピードもスタミナもあるので、初めての中山コースにも不安はない。なお、父も09年セントライト記念‐G2を制しているため、本馬は父子制覇のかかった一戦となる。

ココロノトウダイは、父エイシンフラッシュ×母フェアリーダンス(母の父アグネスタキオン)。トゥザヴィクトリーやサイレントディールの甥にあたる血統で、半姉フェアリーポルカは20年中山牝馬S-G3、20年福島牝馬S-G3を連勝。昨年の勝ち馬リオンリオンも同牝系かつ同じKingmambo直系となるが、本馬は父がエイシンフラッシュに変わったことでノーザンテーストの血を引かない。それでも中山での活躍が目立つファミリーなので、血統注目馬としては取り上げておきたい。

(文・シンヤカズヒロ)

【血統予想からの注目馬】
リスペクト バビット ココロノトウダイ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【セントライト記念2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年9月16日() 中山/芝2200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 リオンリオン 横山典弘 2:11.5 5.3 1 35.6 101.2
2 2 サトノルークス 川田将雅 2:11.8 14.5 8 35.5 99.6
3 1 ザダル 石橋脩 2:11.9 クビ 6.8 3 35.8 99.1
4 16 ルヴォルグ C.ルメール 2:12.0 3/4 7.9 5 35.6 98.5
5 12 ニシノデイジー 勝浦正樹 2:12.1 3/4 5.8 2 35.0 98.0
2018年9月17日() 中山/芝2200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 ジェネラーレウーノ 田辺裕信 2:12.1 7.3 4 35.2 97.8
2 15 レイエンダ C.ルメール 2:12.3 1 1/4 1.9 1 34.6 96.7
3 2 グレイル 岩田康誠 2:12.5 1 1/4 19.4 6 34.3 95.6
4 7 ブレステイキング M.デムーロ 2:12.5 ハナ 6.9 2 35.1 95.6
5 14 オウケンムーン 北村宏司 2:12.8 1 3/4 52.3 10 34.3 94.0
2017年9月18日() 中山/芝2200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ミッキースワロー 横山典弘 2:12.7 6.1 2 33.4 103.2
2 7 アルアイン C.ルメール 2:13.0 1 3/4 1.7 1 33.8 101.6
3 2 サトノクロニクル M.デムーロ 2:13.2 1 1/4 6.6 3 34.2 100.5
4 15 スティッフェリオ 北村友一 2:13.3 3/4 23.6 6 34.5 100.0
5 9 プラチナヴォイス 内田博幸 2:13.5 1 1/4 26.0 8 34.1 99.0

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【セントライト記念2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬ディーマジェスティ

我が国初の三冠馬の名を冠して戦後まもなく創設された歴史ある一戦で、現在は菊花賞トライアル。グレード制導入初年度の第38回(1984年)は、次走の菊花賞で我が国初の無敗の三冠馬となるシンボリルドルフが勝利した。以来、G1でバリバリ活躍するような馬の参戦は少なく、本番との直結度の低いレースと長年認識されてきたが、第69回(2015年)の勝ち馬キタサンブラックが距離不安説を覆して菊花賞馬に輝いた。また、第68回(2014年)のイスラボニータ、第70回(2016年)のディーマジェスティと、近年は皐月賞馬の活躍が目立っている。

歴史と概要をもっと見る

朝日セントライト記念特集 バックナンバー