今週の重賞レース

2020年6月6日( 鳴尾記念 G3
2020年6月7日( 安田記念 G1
読売マイラーズカップ G2   日程:2020年4月26日() 15:35 京都/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 1

インディチャンプ

牡5 58.0 福永祐一  音無秀孝 476(-2) 1.32.4 1.6 1 33.0 ④③
2 5 5

ベステンダンク

牡8 56.0 藤岡佑介  安達昭夫 518(+10) 1.32.7 57.3 7 34.1 ②②
3 6 7

ヴァンドギャルド

牡4 56.0 岩田望来  藤原英昭 474(-2) 1.32.9 1 1/2 3.9 2 32.7 ⑩⑩
4 5 6

ロードクエスト

牡7 56.0 松若風馬  小島茂之 472(-6) 1.33.0 1/2 96.7 8 33.0 ⑧⑧
5 7 10

ヴァルディゼール

牡4 56.0 北村友一  渡辺薫彦 462(0) 1.33.2 1 1/4 5.9 3 33.4 ⑥⑦
6 8 12

レッドヴェイロン

牡5 56.0 浜中俊  石坂正 492(-2) 1.33.2 ハナ 8.6 4 33.2 ⑧⑧
7 2 2

ランスオブプラーナ

牡4 56.0 太宰啓介  本田優 472(+4) 1.33.3 1/2 52.5 6 34.7 ①①
8 4 4

ブラックムーン

牡8 56.0 武豊  西浦勝一 512(+14) 1.33.3 クビ 43.3 5 33.0 ⑩⑩
9 7 9

リコーワルサー

牡5 56.0 真島大輔  荒山勝徳 494(-4) 1.33.4 クビ 205.6 11 33.9 ⑤⑤
10 6 8

カルヴァリオ

セ7 56.0 幸英明  大竹正博 470(-6) 1.33.8 2 1/2 176.4 10 34.5 ③③
11 3 3

タイムトリップ

牡6 56.0 藤岡康太  菊川正達 496(+4) 1.34.0 1 1/4 161.0 9 34.3 ⑥⑥
除外 8 11

フィアーノロマーノ

牡6 56.0 川田将雅  高野友和 560(+4) -- -- --    
ラップタイム 12.3 - 11.3 - 11.7 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 10.9 - 11.6
前半 12.3 - 23.6 - 35.3 - 47.2 - 58.6
後半 57.1 - 45.2 - 33.8 - 22.5 - 11.6

■払戻金

単勝 1 160円 1番人気
複勝 1 110円 1番人気
5 370円 6番人気
7 120円 2番人気
枠連 1-5 2,640円 7番人気
馬連 1-5 2,800円 9番人気
ワイド 1-5 680円 7番人気
1-7 170円 1番人気
5-7 1,180円 11番人気
馬単 1-5 2,750円 11番人気
3連複 1-5-7 2,550円 7番人気
3連単 1-5-7 13,350円 40番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:284,157人(06月05日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【読売マイラーズカップ2020】芝と路盤の状態は良好!全体的に有利不利の少ない、走りやすいコンディション!

土曜日の京都芝のレース結果、近年の読売マイラーズカップの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

月曜日にまとまった雨が降ったものの、その後は天気に恵まれ、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。準メインの六波羅特別(2勝クラス・芝1600m外回り)は、決着タイムこそ1分34秒2ながらも、勝ち馬の上がり3ハロンは32秒9の高水準だった。

メインの彦根S(3勝クラス・芝1400m外回り)の勝ち時計も1分20分8とマズマズ出ている印象。使い回しされるA・Bコースと比べれば、使用頻度が少ないCコース開催ということもあって、芝、路盤ともに状態は良く、走りやすいコンディションになっている。

土曜日の結果を字面だけで見ると、中~外枠、中団より前に位置した馬がやや有利の状況。だが、内めの枠を引いて位置取りを下げた馬や、展開不向きの後方勢を除けば、全体的に枠順の内外および脚質の有利不利は少なかったようにも思えた。

日曜日の降水確率は10%。雨が降らないという前提で考えると、脚質については土曜日の傾向を踏襲する可能性が高く、展開や立ち回り次第で差し馬も間に合うとみてよさそう。枠順に関しては、読売マイラーズカップに限れば少頭数ということもあり、さほど気にする必要はないだろう。

血統面については、近5年の当レースにおける好走馬を振り返ると、父もしくは母の父にノーザンダンサー系種牡馬を配する馬が攻勢。3着以内15頭のうち9頭を占める盛況ぶりだ。3角の下りからゴールまで速いラップが続くため、持続力に優れたノーザンダンサーの血脈が優位に働く傾向が強い。

また、道中で速い流れに乗る機動力も必要となるため、近走で先行経験のある馬(近2走内に3角5番手以内の経験)が有利になりやすい。同様の理由で、前走が芝1400mの重賞だった馬の好走も目立つ。押さえておきたいポイントといえよう。

ただ、今回の出走メンバーと照らし合わせてみると、12頭立ての割に該当馬が多い感を受ける。ゆえに、もうひとつフィルターをかけて、近5年の連対馬10頭のうち8頭を数える、中7週以上の間隔で臨んだ馬に的を絞りたい。

出走馬で要点を満たしているのは、⑦ヴァンドギャルド、⑪フィアーノロマーノ。よって当欄では、この2頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ヴァンドギャルド フィアーノロマーノ
調教
予想

【読売マイラーズカップ2020予想】追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われるマイラーズCの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

インディチャンプ【B】
栗東坂路併走。ラスト1Fを要し、併走遅れを喫したものの、テンから12秒台の快ラップを刻み、道中で遅れかけたダンビュライトを待つ素振りも見せたことを加味すれば情状酌量の余地はある。動き自体は悪くなく、前哨戦なりに走れる態勢とみたい。

ランスオブプラーナ【C】
栗東CW単走。中盤までは折り合いをつけるのにひと苦労。首と四肢の連動性に乏しく、時計を抑える調整は不得手の印象を受ける。脚元の動き自体は悪くないので、気分を損ねず運ぶことができれば、という条件付きの狙いとなろう。

タイムトリップ【B】
美浦南W併走。馬場の外めから進出し、直線で前に出ると、そのまま脚を伸ばして僚馬を突き放した。軽い身のこなしから、1度叩いた効果をうかがい知ることができる。いい雰囲気で臨めるのではないか。

ブラックムーン【D】
栗東CW併走。それなりのタイムを刻んだ一方で、追われてからの伸びは今ひとつ。この馬らしい躍動感のあるフォームは最後まで見られなかった。上り目はうかがえず、状態維持が精一杯の印象を受ける。

ベステンダンク【D】
栗東坂路単走。軽いメニューにもかかわらず、後肢が外を回る完歩が多く、走りに余裕がない。鞍上の仕掛けに対する反応も薄く、モチベーションが不足しているように映る。今回は割引が必要だろう。

ロードクエスト【C】
美浦南W併走。僚馬を目標に進め、最後は体勢有利でゴールした。ただ、加速するまで少し時間を要したあたり、まだ良化の余地を残している。一定の上積みは見込めそうだが、勝ち負けまではどうか。

ヴァンドギャルドA
栗東CW単走。馬場の良い時間帯にジョッキー騎乗とあって、タイム自体は参考にならない。とはいえ、自らハミをとってグイグイ脚を伸ばし、しまいにかけて加速度が増していくなど、単走とすれば上等の走りを見せた。前回の中間時よりも気配は良く映る。

カルヴァリオ【D】
美浦坂路単走。頭の位置が高く、推進力も上に逃げ加減の走り。時計を抑えて我慢させたことも影響しているのかもしれないが、心許ない動きであるのは確か。相手強化の別定G2では強調材料に欠ける。

リコーワルサー【C】
小林ダート単走。5F66秒近辺、ラスト1F11秒台の好ラップを記録した。ただし、調教内容を検証する限り、過去2度の中央参戦時と比べて大きな変化は見受けられない。良くも悪くも平行線、といったところか。

ヴァルディゼール【B】
栗東坂路単走。荒れた馬場に脚を取られる場面もあったが、しまいはしっかり追われてマズマズの伸びを示した。エンジンのかかりが遅いあたり万全とは言い難いが、雰囲気自体は決して悪くない。この馬なりに順調だろう。

フィアーノロマーノ【B】
栗東坂路単走。荒れ馬場が影響したのか、ラストは少し伸びを欠いたものの、脚元の動き自体は力強く、悲観的に捉える必要はない。抜群とは言えないまでも、及第点のデキにはある。

レッドヴェイロン【C】
栗東坂路単走。中盤までは速いラップで駆け上がっていたものの、手前がなかなか替わらず次第にペースダウン。この馬にはよくあることなので、一概にマイナス材料とは言えないが、消化不良の感が残るのも確か。高い評価は与えづらい。

【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、⑦ヴァンドギャルドがトップ評価となる。前回の最終追い時はやや集中を欠き、ラストは惰性で流れ込むような感を受けたが、今回はそのあたりをきっちりと矯正。メリハリの利いた走りが目につき、しまいの伸びも増している。スタートが安定しない点はネックだが、まともであれば前回よりも着順を上げてくる可能性は高い。

<注目馬>
ヴァンドギャルド

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

厩舎
の話

【読売マイラーズカップ2020予想】インディチャンプ「しっかりやった」ブラックムーン「舞台も合う」

 ◆インディチャンプ・音無師 「先週まで重め感があったので、しっかりやった。久々の前走も、折り合ってそれなりに伸びていた」

 ◆ヴァルディゼール・渡辺師 「稽古はイメージ通りで、自信を持って出せる。京都は合っていて、確実に伸びる」

 ◆カルヴァリオ・大竹師 「間隔が詰まっているので、しまいだけ。開幕週の馬場で巻き返したい」

 ◆タイムトリップ・菊川師 「動きは良かった。京都は合う」

 ◆フィアーノロマーノ・高野師 「相変わらずよく動けて、いい状態。マイルでも重賞勝ちがある」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「使いながら良くなっているし、舞台も合う」

 ◆ベステンダンク・安達師 「鉄砲は利くし、右回りの1600メートルはいい」

 ◆ランスオブプラーナ・本田師 「動きは良かった。自分のペースで先行できれば」

 ◆リコーワルサー・荒山勝師 「仕上がりに不安はなく、落ち着いて臨めれば」

 ◆レッドヴェイロン・松岡助手 「先週、(浜中)ジョッキーに乗ってもらってから動きが軽くなりました」

 ◆ロードクエスト・小島茂師 「今回は芝に戻す。稽古の動きや状態はいい」

マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:284,157人(06月05日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

プロ
予想

【読売マイラーズカップ2020予想】単勝マイスター「夢月」登場!スガダイとフローラS&マイラーズCを大展望!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:岡田大(ウマニティ編集長) スガダイ(予想神) 夢月(単勝マイスター)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

データ
予想

【読売マイラーズカップ2020予想】データをクリアしたのは4頭!

【所属】

京都移設後に行われた2012年以降の連対馬の所属をみると、栗東所属馬が7勝を含む15連対と圧倒。対照的に美浦所属馬の連対は2017年1着のイスラボニータ1度のみ。同馬は皐月賞で優勝経験のあるG1ホースだった。G1勝利経験のない美浦所属馬は疑ってかかるべきだろう。

【距離実績】

2012年以降の3着以内全馬に芝1600mもしくは芝1800mで勝ちクラがあった。1600m未満や1800m超、ダートに良績が偏っている馬は苦戦が続いている。

【近走人気】

2012年以降の2着以内に入った馬の近走人気を検証すると、近2走ともに6番人気以下だった馬の連対例はゼロ。安田記念の前哨戦に位置づけされるハイレベル戦だけに、低評価続きの馬は強調できない。

【休養明け】

2012年以降、2カ月以上の休養明けの馬は4勝を含む8連対とマズマズの成績を残している。ただし、前走G3以下戦で6着以下敗退かつ、2カ月以上休養馬の連対例は皆無。休み明け自体を嫌う必要はないが、格式の低いレースで結果を残せなかった馬の過信は禁物だ。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目をクリアしたのは、インディチャンプフィアーノロマーノワイドファラオヴァルディゼールの4頭。現時点のトップ評価はインディチャンプとする。当レースと比較的相性がいい前年のマイルCS好走馬であることに加え、近8年で4勝を挙げている前走6着以内かつ前回から距離短縮の栗東所属馬という点も好感が持てる。

2番手にフィアーノロマーノ。京都外回りコースの実績に欠けるところは気になるものの、前走が芝1400m重賞で3着以内の馬は2勝を含む4連対と相性の良さを示している。警戒を怠れない1頭だ。

3、4番手は、ヴァルディゼールワイドファラオの順。前者は京都の芝1600mでシンザン記念優勝など3戦3勝。時計勝負に対応できれば出番がある。後者は芝マイルでニュージーランドT勝ちを含め【2.2.0.1】。すんなりと先行できれば、開幕週の馬場を味方に残り目があっても不思議はない。

<注目馬>
インディチャンプ フィアーノロマーノ ヴァルディゼール ワイドファラオ 

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【読売マイラーズカップ2020予想】ウマニティが誇る高精度スピード指数で紐解くレース傾向

指数上位が安定

指数1位と2位は安定しており、毎年どちらか1頭が馬券に絡んでいる。近走の成績がどうであれ、条件を満たす馬は押さえておいたほうがいい。

低指数馬同士の組み合わせは期待薄

低指数馬の台頭がちょくちょくあるため、バッサリ切るのは危険だが、指数7位以下の馬が2頭以上絡んだ年はない。低指数馬同士の2連勝馬券あるいは、低指数馬を2頭以上含む組み合わせの3連勝馬券の購入は控えたほうがベター。

重賞実績に乏しい低指数馬は軽視

指数97.0未満で馬券に絡んだ馬は4頭。いずれもJRA重賞で3着以内の好走経験があった。重賞実績に乏しい低指数馬は軽視のスタンスで構わない。

※データは2014年以降の傾向

U指数ウマニティ会員登録(無料)でご覧いただけます。会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:284,157人(06月05日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【読売マイラーズカップ2020予想】ディープインパクト産駒が連覇中、スローの上がり勝負だと生粋のマイラーが苦戦

昨年はレース上がり3F32秒3の極限とも言える瞬発力勝負になったことで位置取りが明暗を分けていたが、血統的にもスローの上がり勝負に強いディープインパクト産駒とスクリーンヒーロー産駒の1・2着となっていた。また、後傾ラップになることで中距離質の馬が台頭しやすいことも特徴と言えるだろう。

なお、注目したい血統はAlzaoとダンシングブレーヴ(どちらも父Lyphard×母の父Sir Gaylord系)。前者はディープインパクトの母の父ということもあり妙味は薄いが、後者は2016年クラレント(11人気3着)、2015年レッドアリオン(8人気1着)、2013年サンレイレーザー(8人気2着)などが大駆けしている。

ヴァンドギャルドは、父ディープインパクト×母スキア(母の父Motivator)。母は2011年フィユドレール賞-仏G3の勝ち馬で、母の父は凱旋門賞連覇を果たしたTreveの父としても知られるだけに、生粋のマイラーとは言い難いタイプ。今年、唯一のディープインパクト産駒でもあり、前哨戦らしい流れの方が嵌りそう。

ヴァルディゼールは、父ロードカナロア×母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。名牝Sex Appealの牝系なので、父の代表産駒であるアーモンドアイに通ずる血統構成。父の産駒はマイラーズC初出走となるが、コース成績ではディープインパクトを凌ぐだけにぞんざいには扱えないだろう。京都マイルは内回り含めて3戦3勝、前走は馬体重プラス16kgと成長も感じられる。

レッドヴェイロンは、父キングカメハメハ×母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。先述したクラレントやレッドアリオンの半弟にあたる血統なので、注目馬として挙げないわけにはいかないだろう。ただし、その2頭もマイラーズC初出走時は4着以下に敗れている。どちらかといえば人気薄で好走が目立つ血統。

インディチャンプは、父ステイゴールド×母ウィルパワー(母の父キングカメハメハ)。昨年は春秋マイルG1制覇と実績では抜けた存在も、レース間隔があくと過信できない部分がある。叔父のリアルインパクトも2012年に1人気18着と大敗を喫している点が気がかりだ。今年は香港遠征を目標としていただけに前年とは事情が異なるが、58kgを背負うことを踏まえると前哨戦として割り切る可能性もありそう。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【読売マイラーズカップ2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年4月21日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 ダノンプレミアム 川田将雅 1:32.6 1.3 1 32.2 106.3
2 8 グァンチャーレ 池添謙一 1:32.8 1 1/4 23.8 5 32.5 104.8
3 2 パクスアメリカーナ 藤岡佑介 1:32.8 アタマ 12.4 4 32.1 104.8
4 3 インディチャンプ 福永祐一 1:32.8 クビ 4.7 2 32.1 104.8
5 1 ストーミーシー 北村友一 1:33.0 1 1/4 124.9 8 32.0 103.3
2018年4月22日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 サングレーザー 福永祐一 1:31.3 6.8 4 33.2 108.1
2 9 モズアスコット C.ルメール 1:31.5 1 1/4 3.5 2 34.2 106.6
3 4 エアスピネル 武豊 1:31.6 1/2 2.9 1 33.9 105.9
4 2 ガリバルディ 和田竜二 1:32.1 152.6 11 33.7 102.1
5 3 ベルキャニオン 藤岡佑介 1:32.2 クビ 113.0 10 34.7 101.3
2017年4月23日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 11 イスラボニータ C.ルメール 1:32.2 3.8 2 32.9 106.0
2 4 エアスピネル 武豊 1:32.3 1/2 3.1 1 32.9 105.2
3 6 ヤングマンパワー 松岡正海 1:32.4 3/4 18.8 7 33.6 104.5
4 8 ブラックスピネル M.デムーロ 1:32.4 クビ 4.8 3 32.8 104.5
5 1 サンライズメジャー 松若風馬 1:32.5 1/2 95.8 9 33.7 103.7

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【読売マイラーズカップ2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬イスラボニータ

2012年より舞台が阪神マイルから京都マイルに移った安田記念の前哨戦のひとつで、第1~2回(1970~1971年)を名牝トウメイが連覇するなど、古くから一流馬の参戦が多く見られるレースとして親しまれている。第16回(1986年)は当時の最強マイラー・ニホンピロウイナーが制覇。第22~23回(1991~1992年)は個性派のダイタクヘリオスが2年連続してトップでゴール板を駆け抜けた。ほか、第24回(1993年)のニシノフラワー、第25回(1994年)のノースフライト、第31回(2000年)のマイネルマックス、第37回(2006年)のダイワメジャー、第39回(2008年)のカンパニー、第44回(2013年)のグランプリボス、第48回(2017年)のイスラボニータなど、多くのG1馬やのちのG1馬が勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る

読売マイラーズカップ特集 バックナンバー