ニシノフラワー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 1989年4月19日生
調教師松田正弘(栗東)
馬主西山 正行
生産者西山牧場
生産地鵡川町
戦績16戦[7-1-3-5]
総賞金46,970万円
収得賞金9,025万円
英字表記Nishino Flower
血統 Majestic Light
血統 ][ 産駒 ]
Majestic Prince
Irradiate
デユプリシト
血統 ][ 産駒 ]
Danzig
Fabulous Fraud
兄弟 ニシノファイナルニシノマイヒメ
前走 1993/12/19 スプリンターズS G1
次走予定

ニシノフラワーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
93/12/19 中山 10 スプリンタS G1 芝1200 1422--33** 牝4 55.0 河内洋松田正弘436(0)1.08.4 0.534.6⑧⑧サクラバクシンオー
93/11/21 京都 10 マイルCS G1 芝1600 15814--213** 牝4 55.0 河内洋松田正弘436(+2)1.36.6 0.936.6⑧⑧シンコウラブリイ
93/10/30 京都 11 スワンS G2 芝1400 16510--23** 牝4 57.0 河内洋松田正弘434(+10)1.22.0 0.135.1⑤⑤シンコウラブリイ
93/06/13 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 1167--38** 牝4 54.0 河内洋松田正弘424(-6)2.20.9 3.241.2メジロマックイーン
93/05/16 東京 10 安田記念 G1 芝1600 1612--110** 牝4 55.0 河内洋松田正弘430(-4)1.34.1 0.635.8⑤⑦ヤマニンゼファー
93/02/28 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 1233--11** 牝4 56.0 河内洋松田正弘434(+2)1.36.4 -0.6--ヤマニンゼファー
92/12/20 中山 10 スプリンター G1 芝1200 1648--21** 牝3 53.0 河内洋松田正弘432(0)1.07.7 -0.134.1⑫⑨ヤマニンゼファー
92/11/15 京都 10 エリザベス女 G1 芝2400 1812--63** 牝3 55.0 河内洋松田正弘432(0)2.27.7 0.6--⑦⑦⑪⑩タケノベルベット
92/10/25 京都 11 関西TVロー G2 芝2000 1458--14** 牝3 55.0 河内洋松田正弘432(+4)2.00.8 0.6--エルカーサリバー
92/05/24 東京 10 優駿牝馬 G1 芝2400 18510--17** 牝3 55.0 河内洋松田正弘428(+8)2.29.5 0.637.2⑤⑤アドラーブル
92/04/12 阪神 10 桜花賞 G1 芝1600 1859--11** 牝3 55.0 河内洋松田正弘420(-12)1.37.5 -0.6--アドラーブル
92/03/15 阪神 10 チューリップ OP 芝1600 1458--12** 牝3 54.0 佐藤正雄松田正弘432(+8)1.39.1 0.6--⑤⑧アドラーブル
91/12/01 阪神 10 阪神3歳牝馬 G1 芝1600 1534--11** 牝2 53.0 佐藤正雄松田正弘424(-6)1.36.2 -0.1--サンエイサンキュー
91/11/02 京都 11 デイリー杯3 G2 芝1400 1089--11** 牝2 53.0 田原成貴松田正弘430(+6)1.23.2 -0.6--ユートジェーン
91/07/28 札幌 11 札幌3歳ステ G3 芝1200 1411--41** 牝2 53.0 佐藤正雄松田正弘424(0)1.10.5 -0.636.5ディスコホール
91/07/07 札幌 4 2歳新馬 ダ1000 1055--41** 牝2 53.0 佐藤正雄松田正弘424(--)0.59.8 -0.736.2マイネルザグレート

ニシノフラワーの関連ニュース

 1991年の阪神3歳牝馬S(現阪神JF)、92年の桜花賞スプリンターズSとGI3勝のニシノフラワー(父マジェスティックライト、母デユプリシト、母の父ダンジグ)が5日、北海道日高町の西山牧場で老衰により死んだ。31歳だった。同牧場の山田場長は「きのう(4日)あたりから馬房で起きられなくなっていました。GIを3つも勝ってくれましたし子孫も繁栄してくれています。この年までご苦労さまでしたという思いしかないです」と話した。

 現役時は栗東・松田正弘厩舎に所属。デビュー4連勝で阪神3歳牝馬Sを制し、スピードを武器に桜花賞スプリンターズSも制した。桜花賞からコンビを組んだ河内調教師は「前向きすぎて折り合いには苦労したけど、3歳牝馬でスプリンターズSはなかなか勝てない。少し寂しいけど、天寿を全うしてくれたね」としのんだ。

 通算16戦7勝、GI3勝を含む重賞5勝。獲得賞金4億6970万7000円。繁殖牝馬としては重賞2着2回のニシノマナムスメを産み、ひ孫に重賞2勝馬ニシノデイジーがいる。

【桜花賞】アパパネ桜Vへ絶好枠「9」 2010年4月9日(金) 05:05

 牝馬クラシック・桜花賞(11日、阪神10R)の枠順が8日に確定した。昨年の最優秀2歳牝馬アパパネは〔5〕枠(9)番をゲット。桜花賞が18頭フルゲートで開催されるようになった1987年以降で6頭の優勝馬が出ている“最強ナンバー”だ。関東馬のアパパネは早めに滋賀・栗東トレセン入りして調整は順調。桜の女王戴冠へ視界は良好だ。

 早くも勝利の女神が微笑んだ!? この日午後に確定した桜花賞の枠順で、昨年の最優秀2歳牝馬アパパネが、〔5〕枠(9)番の絶好枠をゲットした。「ラッキーナインだね。これでオレの仕事も8~9分は終わったな」。国枝栄調教師は取材陣に白い歯を見せた。

 桜花賞は、フルゲートが18頭になった1987年以降、(9)番枠から90年アグネスフローラ、92年ニシノフラワー、98年ファレノプシス、03年スティルインラブ、04年ダンスインザムード、09年ブエナビスタと6頭が優勝。他の馬番を圧倒している“最強枠”だ。アパパネは同舞台で行われた昨年の阪神JFは大外の(18)番から勝ったが、今回はツキも味方に付けたようだ。

 「外枠だと(前に)壁を作りづらいが、この枠なら内外の馬の出方を見ながらそれ(壁)ができるからいい。折り合いも付けやすいし、どうにでも動けそうだしね。金曜、土曜に坂路へ入れるかどうかは状態を見ながら決める」。トレーナーは2度目のGI獲りに手応えを感じている。

 関東馬のアパパネは、2月18日に滋賀・栗東トレーニングセンターに入って調整中。2歳女王のタイトルをつかんだ昨年と同じ“栗東留学”で、環境にもすっかり慣れた。7日は茨城・美浦トレセンから主戦の蛯名正義騎手が駆けつけ最終追い切りに騎乗。軽快な動きで態勢は整った。8日は厩舎周りで軽めの運動を行って心身ともにリラックスした様子だ。

 今季初戦となった前走チューリップ賞は、伏兵のショウリュウムーンの差し脚に屈して2着。ただ、本番を意識して少し余裕のある体つき(6キロ増)だったことを考慮すれば上々の内容だ。休み明けを使われて状態は上昇曲線を描いている。

 「追い切り後も変わりなく順調。チューリップ賞の時と比べて、どれだけ中身が違っているかに注目して下さい」と福田好訓調教厩務員も気配の良さに自信の口ぶりだ。

 好枠に加えて万全のデキにあるアパパネ。2歳女王から、桜の女王襲名へ-。同じ阪神マイルの舞台で再び頂点を極める。(片岡良典)

 18頭フルゲートになってから(9)番で桜花賞を優勝したのは6頭。90年アグネスフローラは無敗5連勝で桜を制し、オークス2着後に脚部不安で引退。92年ニシノフラワーは3歳暮れに牡馬相手にスプリンターズS優勝。98年ファレノプシス秋華賞エリザベス女王杯とGI3勝。03年スティルインラブは牝馬3冠を達成。04年ダンスインザムードはGIヴィクトリアマイル優勝、天皇賞・秋、マイルCS2着。09年ブエナビスタは昨春の2冠牝馬で、今年3月のGIドバイシーマクラシックで2着と好走した。

[もっと見る]

ニシノフラワーの関連コラム

閲覧 1,674ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



9月29日(日) 中山11R 第53回スプリンターズステークス(3歳以上G1・芝1200m)


ダノンスマッシュ(C)中4週
前走は函館スプリントSを除外になった調整の狂いをうまく調整し、かなり良い仕上がりだった。レースでも直線外から力強く伸びての快勝。前走時にしっかり仕上げてきていたこともあるのか、この中間はこれまでほとんど1週前の追い切りでは併せ馬を行ってきていたが、坂路を単走での追い切りだった。動きに関して特に気になるところはなかったが、これまでの調整とは違う点は気がかり。そのあたりは函館スプリントSの除外での影響がここに響いてきているのかもしれず、人気になる馬だけに状態面に関しては気になるところ。

タワーオブロンドン(A)中2週
夏場のサマースプリントシリーズを使われてきて、今回もセントウルSを使って中2週での参戦。かなり厳しいローテーションではあるが、1週前追い切りの動きを見ると馬なりで軽めの調整も力強く、疲れを感じさせないくらい出来は良さそう。

ミスターメロディ(B)中2週
前走時は追い切りの時からかなり行きたがる感じがあって、パドックでは太め感はなかったが予想以上にテンションが高かったように思う。この中間は土曜日に福永騎手が騎乗して馬なりでの調整。前走でガス抜きができて、最終追い切りでしっかり折り合いがついてくるようなら良さそう。

レッツゴードンキ(E)4ヵ月半
ヴィクトリアマイルからの休み明けのレースとなる今回は、いつも通り1週前に岩田騎手が騎乗しての追い切り。ただ今回はいつも坂路で行っているところをCWでと追い切るコースの変化が気になるところ。その動きを見るとかなり行きたがる感じで、直線で追われて時計は出ているものの、馬体が伸びきってしまっている走りで、内容的にはかなり物足りない。

セイウンコウセイ(B)中4週
もともと調教では速い時計の出る馬ではあるが、ここ1年半はあまり調教では目立つ動きを見せることがなかった。ただこの中間は速い時計も出ていて、1週前追い切りの動きを見ても首が上がり気味になることもなく、しっかりと前に伸びていて調子はかなり良さそう。

ディアンドル(A)中5週
2歳時は調教ではそれほど目立つ時計が出ていなかった馬だが、3歳になってから坂路では好時計が出るようになってきた。この中間も2週前、1週前と坂路でかなり速い時計が出ており、1週前追い切りの動きを見ても重心が安定していて終いグッと加速する走りで、かなり良く見えた。

ファンタジスト(C)中2週
休み明けの北九州記念時も良い動きに見えたが、前走時の追い切りの動きは素軽さが出て一度使われて良くなった感じだった。この中間は1週前追い切りの動きを見ると、前走時のような軽さは見られず。間隔も詰っているので、上積みがある感じの動きではなかった。

ラブカンプー(B)中2週
昨年2着馬も近走は物足りないレース内容。夏場に3戦使われて、この中間も中2週で間隔は詰まるが、日曜日に好タイムをマークし、久しぶりに終い速い時計で少し変わり身がありそうな感じもする。

ダイメイプリンセス(C)中2週
前走時も状態は特に悪い感じはなかったが、乗り替わりの影響もあったと思う。今回は手の合う秋山騎手が乗るのでその点はプラスになりそうで、この中間は中2週で日曜日に速い時計を出し、終い伸びており調子落ちはなさそう。

リナーテ(A)中4週
この中間は中4週空いた中で、2週前にビッシリと速い時計を出して1週前は控えめという京王杯SCの時のような調教内容で、状態面の良さが窺える。

モズスーパーフレア(C)中5週
今回が叩き2戦目。もともと坂路では速い時計の出る馬で、2週前、1週前と時計的には出ているが、内容としては前走時とそれほど変わらず。大きな上積みは感じられない。

マルターズアポジー(F)中6週
この中間は南Wでの調整で時計は出ているが、1週前の動きを見てもスプリンターの走りではない感じがする。今回1200m戦は初めてになるが、マイルから中距離の逃げ馬でスプリント戦ではテンのスピードが違うので、逃げられず何もできないまま終わりそう。

アレスバローズ(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、1週前追い切りの動きを見るとステッキが入り首も上がり気味で、動きは物足りない感じに映った。

ノーワン(C)4ヵ月半
オークスからの休み明け。どちらかと言うとこの距離の方が向いているとは思うが、休み明けでいきなりここでは、馬がペースに戸惑うのではないかと思う。状態に関しては、3週前から坂路で速い時計を出してきていて乗り込み量は十分。ただ、ここを目標にしていたのならばどこかを使っての本番のハズで、ぶっつけ本番ということは調整が間に合わなかったということも考えられる。

イベリス(B)中2週
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて時計もしっかり出ていて、仕上りは良かったと思う。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子落ちはなく順調。

ハッピーアワー(E)中4週
休み明けの前走は見せ場なく10着に敗退。この中間もコース追い中心で、走りを見ても首が高くダート向きの走りをしており、特に目につくところはない。



◇今回はスプリンターズS編でした。
スプリンターズSのコラムは2016年以来ということで、その時にはG1に昇格して初めて勝ったバンブーメモリーの強烈な末脚が印象に残っているということを書いたと思いますが、その次の年の勝ち馬ダイイチルビー、そしてその次の年の勝ち馬のニシノフラワーとこの2頭もバンブーメモリーと同じような直線一気の末脚での差し切り勝ち。
それぞれの馬の末脚が強烈だったため『スプリンターズS=直線一気!!』というレースのイメージは、30年近く経った今でも私の頭の中を大きく支配しています。

バンブーメモリー
( https://www.youtube.com/embed/rmU6ynjQhpw?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ダイイチルビー
( https://www.youtube.com/embed/0zQsjCJjBZc?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ニシノフラワー
( https://www.youtube.com/embed/v1I0tNFrdPA?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

今年は逃げ切りか、先行抜け出しか、それとも直線一気か、いずれにしても強烈な印象の残るレースになることを期待したいと思います。

それでは次回、毎日王冠編(予定)でお会いしましょう。


※スプリンターズS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

ニシノフラワーの口コミ


口コミ一覧

ニシノフラワー

 ブルースワン 2020年2月6日(木) 22:31

閲覧 118ビュー コメント 2 ナイス 18

昨日亡くなっちゃったね。

お疲れ様。

競馬場行きだした頃活躍した馬でした。

ひ孫のニシノデイジー

もっと活躍してほしいな😊 

 佐藤洋一郎 2019年4月14日() 12:56
電子版穴馬絞り 皐月賞
閲覧 614ビュー コメント 1 ナイス 16

【中山11R・皐月賞】
 前も横も壁になって活路が開けず、直線2
00過ぎでやっと外に出せて無念の4着。ま
ともなら突き抜けていた!◎ニシノカツナリ
(アーリントンC)の苦闘、苦戦を目の当た
りにして、同じニシノフラワー系ゆえにPO
G指名し、今回決死の【◎】を打った⑧ニシ
ノデイジーの可能性をも確信した。カツナリ
がNHKマイルCに出られれば、祖母の安田
記念(もまれて大敗)の無念をスッキリ晴ら
せる。
 それだけのファイトと底知れぬフィニッシ
ュ(キレ)を魅せた。
 ”多重クロス”のデイジーの場合は馬(混
み)を怖がるだけでなく、頑なに拒絶するS
S系(母の父)の強い悍性(かんしょう)も
引き継いでいるのか。ハミを替えたり、シャ
ドーロールで頭を上げるクセ(スターゲイザ
ー=星を仰ぐ馬?)の矯正を試みているが、
そうした悪癖は裏を返せば強烈な個性、キャ
ラクターでもある。はまれば尋常ではない、
火事場のバカ力のような鬼脚を繰り出せる。

 かつて西山牧場が生産したカブトシロー
など、矯正具も受け付けないほどの「希代の
癖馬」だった。
 氏素性(血統背景)を特定できないよう
な交雑の二、三流馬(失礼)でクラシック
やG1をぶち抜いてきたアウトサイダーの
凄みに引かれてどれほどの大穴をゴチにな
ったことか。
 
 少頭数で楽な競馬ができたからこそ、鮮
やかに勝ててきたサートゥルナーリアが、
多頭数の命懸けのメンバーのプレッシャー
につぶされても驚けない。同様に、修羅場
をかいくぐってきたニシノデイジーが曾祖
母(ニシノフラワー)を超えるようなパフ
ォーマンスを見せても驚くことはできない

 皐月賞というのはそういうステージなの
だ。
 そうなると札幌2歳Sでデイジーに食い
下がった★ナイママ(母は西山牧場産)の
復活をも展望できる。

[もっと見る]

ニシノフラワーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ニシノフラワーの写真

投稿写真はありません。

ニシノフラワーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ニシノフラワーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。