イベリス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
イベリス
イベリス
イベリス
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2016年3月21日生
調教師角田晃一(栗東)
馬主前田 幸治
生産者土居牧場
生産地新ひだか町
戦績 8戦[3-0-2-3]
総賞金7,940万円
収得賞金2,800万円
英字表記Iberis
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
セレブラール
血統 ][ 産駒 ]
ボストンハーバー
モンローウォーク
兄弟 ベルカントアットザトップ
前走 2019/09/08 産経賞セントウルS G2
次走予定

イベリスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/08 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 13445.233** 牝3 52.0 浜中俊角田晃一464(+14)1.07.3 0.634.0④④タワーオブロンドン
19/05/05 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 182477.91116** 牝3 55.0 浜中俊角田晃一450(-2)1.33.8 1.436.0アドマイヤマーズ
19/04/13 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 185935.9121** 牝3 54.0 浜中俊角田晃一452(-4)1.34.2 -0.034.4カテドラル
19/03/10 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 1851018.694** 牝3 54.0 浜中俊角田晃一456(+2)1.22.1 0.135.2ノーワンプールヴ
18/12/15 阪神 9 さざんか賞 500万下 芝1200 13225.221** 牝2 54.0 浜中俊角田晃一454(0)1.09.0 -0.534.6エイティーンガール
18/10/21 新潟 1 2歳未勝利 芝1200 186124.121** 牝2 54.0 秋山真一角田晃一454(+2)1.10.5 -0.235.7ミリオンゲーム
18/09/29 阪神 2 2歳未勝利 芝1400 147113.124** 牝2 54.0 武豊角田晃一452(+6)1.24.2 1.036.7⑤④ドナウデルタ
18/09/09 阪神 6 2歳新馬 芝1400 10222.723** 牝2 54.0 武豊角田晃一446(--)1.23.8 0.234.2⑨⑨ブラックダンサー

イベリスの関連ニュース

 産経賞セントウルS3着のイベリス(栗・角田、牝3)は、スプリンターズS(29日、中山、GI、芝1200メートル)に登録はするが、賞金不足で出走が叶わない見込み。除外となれば、スワンS(10月26日、京都、GII、芝1400メートル)などを視野に入れる。

 僚馬で北九州記念6着アレスバローズ(牡7)は、予定通りスプリンターズSに菱田騎手で参戦する。

【セントウルS】レースを終えて…関係者談話2019年9月9日(月) 05:06

 ◆浜中騎手(イベリス3着)「初の年長馬相手で控える競馬だったんですが、ミスターメロディの内からこじ開けるような感じで伸びてくれました。今後にも期待できる内容でした」

 ◆幸騎手(ペイシャフェリシタ4着)「追えたのはラスト100メートルだけ。手応えが良かっただけに、もう少しうまくさばけていれば…」

 ◆小崎騎手(キングハート5着)「開幕週の馬場はいいですね。直線で少し詰まったけど、狭いところを割った方が頑張ってくれますね」

 ◆川田騎手(ダイメイプリンセス6着)「勝ち馬を隣に見ながら進めました。4コーナーで反応が全然なかったのに、ゴール前はよく動いてくれました」

 ◆武騎手(マテラスカイ7着)「芝うんぬんよりも、いつもの走りじゃなかった。ダッシュもいつもほどじゃなく、本来の一歩手前という感じ」

 ◆岩田康騎手(モーニン9着)「ゴール前はチョロッと来たんですが、前半からペースが速すぎて…」

 ◆江田照騎手(カイザーメランジェ10着)「後方からでもいい感じだったんですが、最後は脚が使えていなかった」

 ◆藤岡康騎手(アンヴァル13着)「今回も行き脚はつきませんでしたが、勝負どころから全く反応がありませんでした。大事に至らなければいいんですが…」

★8日阪神11R「産経賞セントウルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【セントウルS】3歳牝馬イベリス古馬と初対戦で3着 浜中「今後も期待できるような内容」 2019年9月8日() 19:05

 9月8日の阪神11Rで行われた第33回産経賞セントウルステークス(3歳以上オープン、GII、芝1200メートル、別定、13頭立て、1着賞金=5900万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気タワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が勝利。タイムは1分06秒7(良)のレコード。



 3歳牝馬で古馬と初対戦となったイベリスは、好スタートを決め4番手で積極的にレースを進め、直線に入ると鞍上のゲキに応え懸命に脚を伸ばしペイシャフェリシタとの3着争いをクビ差制した。



 浜中俊騎手「初の年長馬相手で控える競馬でしたが、ミスターメロディの内からこじ開けるような感じで伸びてくれました。今後も期待できるような内容でした」



★【産経賞セントウルS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【セントウルS】1番人気タワーオブロンドンがレコード快勝で新境地開く! 2019年9月8日() 15:43

 9月8日の阪神11Rで行われた第33回産経賞セントウルステークス(3歳以上オープン、GII、芝1200メートル、別定、13頭立て、1着賞金=5900万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気タワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が中団から徐々にポジションを上げ、4コーナー大外から強烈な末脚を発揮、1分06秒7(良)のレコードタイムで人気に応えるとともに、この優勝でサマーシリーズ王者に輝いた。

 3馬身差の2着にはファンタジスト(7番人気)、さらに半馬身差遅れた3着にイベリス(3番人気)が続き、春のGI高松宮記念の優勝馬で2番人気に支持されたミスターメロディは積極策にでたが、直線で失速し8着に敗れた。

 セントウルSを勝ったタワーオブロンドンは、父レイヴンズパス、母スノーバイン、母の父ダラカニという血統。北海道日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬で、馬主はゴドルフィン。通算成績は13戦6勝。重賞は2017年京王杯2歳S・GII、18年アーリントンC・GIII、19年京王杯SC・GIIIに次いで4勝目。セントウルSは、藤沢和雄調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 タワーオブロンドン)「今年から1200メートルを使って、前走の内容からここは自信がありました。スタートは速くありませんでしたが、すぐハミをとったし、3、4コーナーではすごく走りたがっていました。ペースも良かったですね。直線はすごい脚を使ってくれました。今日はGIホースもいましたし、その中で勝つことができたのでもっと上にいける馬です」



★【産経賞セントウルS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【産経賞セントウルステークス】入線速報(阪神競馬場)2019年9月8日() 15:38

阪神11R・産経賞セントウルステークス(4回阪神2日目 阪神競馬場  芝・右1200m サラ系3歳以上オープン)は、1番手7番タワーオブロンドン(単勝2.7倍/1番人気)、2番手6番ファンタジスト(単勝17.8倍/7番人気)、3番手4番イベリス(単勝5.2倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連6-7(22.2倍) 馬単7-6(33.8倍) 3連複4-6-7(40.6倍) 3連単7-6-4(195.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019090809040211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

サンスポ連載企画『四天王の決断!』今週は霧プロが登場(G2産経賞セントウルS) 2019年9月8日() 12:10


  

毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティ「プロ予想MAX」とのタイアップ企画『プロ予想MAX四天王の決断!』。

今週は、霧プロG2産経賞セントウル予想が掲載されています。

それでは早速、予想をご覧いただきましょう。


秋競馬が開幕。日曜日は東西で2つの重賞が行われますが、より注目度が高いのは、やはりG2産経賞セントウルSでしょう。本日はスプリンターズSの主要前哨戦であるこの重要な一戦を、ウマニティ公認プロ予想家のさんに予想してもらいます。さんは16年以降、阪神芝で的中率24%・回収率124%、1200mに限定すると、的中率33%・回収率164%をマークしている、まさに阪神芝のスペシャリストにして千二の鬼。その渾身の予想は必見です。
 本命は②マテラスカイ。「純粋なスピードの持続力を求められるような馬場であれば、芝・ダートは問わない血統構成。開幕週の芝という条件下では非常に不気味な存在と言える」と適性面を高く評価しました。対抗は④イベリス。単穴は⑦タワーオブロンドン。以下、①、⑫、⑩を押さえ、馬券は単勝②、馬連・馬単流しマルチ②→①④⑦、3連複流し②→①④⑦⑩⑫で勝負します。

本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください。(ウマニティ編集長・岡田大)




※なお、こちらの予想は『四天王の決断!』企画用の特別予想となっており、最終的にウマニティで販売する予想とは買い目・内容が異なる場合が御座います(締切などの都合上)。
最新見解は、ウマニティ「プロ予想MAX」をご覧ください。

------------------------------------------------
「プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

イベリスの関連コラム

閲覧 1,583ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞セントウルステークス 2019年09月08日(日) 阪神芝1200m内


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2013年以降)】
○5歳以下 [6-5-1-28](複勝率30.0%)
×6歳以上 [0-1-5-40](複勝率13.0%)

 過去6年の連対馬12頭中、2017年2着のラインミーティアを除く11頭は、馬齢が5歳以下。ちなみに、馬齢が6歳以上だったにもかかわらず優勝を果たしたのは、現在のところ2006年のシーイズトウショウが最後です。「若ければ若いほど良い」というわけではありませんが、高齢馬は評価を下げるべきだと思います。

主な「○」該当馬→アンヴァルイベリスミスターメロディ
主な「×」該当馬→ダイメイプリンセスタマモブリリアンマルターズアポジー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2013年以降[6-6-6-32](複勝率36.0%)
主な該当馬→イベリスミスターメロディ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2019年5月29日(水) 12:21 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第2回 前年上位入賞者レビュー~
閲覧 969ビュー コメント 0 ナイス 12

 先週5月26日(日)のダービーデイをもって「ウマニティPOG 2018」が終了。各ワールドの最終順位が確定しました。
 既に新シーズン「ウマニティPOG 2019」の第1回入札が始まっており、多くのプレイヤーはそちらに目を向けていると思いますが、冷静に前シーズンの反省を行うならこのタイミングがベストであることも事実。今回は「ウマニティPOG 2018」の最終結果や、各ワールドでチャンピオンとなったプレイヤーたちの指名を振り返ります。後日公開予定の優勝者コメントと合わせてお楽しみください。

 最高位クラスのスペシャルワールドはよ~じさんが2連覇を達成! ヴェロックスを筆頭とする層の厚いラインナップで2位に食い込んだムーンシュタイナーさん、ロジャーバローズ(リトルブックの2016)で5月26日(日)の日本ダービー(3歳G1・東京芝2400m)を制した3位のddb1c93afaさんも素晴らしい指名でしたが、そんなお二方におよそ3億円もの大差をつける圧巻の勝利でした。
 ちなみに、よ~じさんは「ウマニティPOG 2016」でも2位にランクインしていたうえ、そのシーズンを制した藤沢雄二さんとはわずか4544万円差。「ウマニティPOG 2017」に至っては2位のムーンシュタイナーさんに6億円以上の差をつける圧勝だったわけですから、もはやこの活躍ぶりを讃えるには「KING of POG」の称号すら物足りません。なんかもう、よ~じさん専用の肩書きを用意した方が良いんじゃないでしょうかね。「ミスターウマニティPOG」とか。

 前シーズン「ウマニティPOG 2018」のよ~じさんは、ダノンファンタジー(ライフフォーセールの2016)で12月9日(日)の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)を、サートゥルナーリアシーザリオの2016)で12月28日(日)のホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)と4月14日(日)の皐月賞(3歳G1・中山芝2000m内)を勝利。既に皐月賞の時点で「優勝はほぼ確定。あとは後続をどこまで離すか」という状態だったわけです。仲間内で行う数名~十数名のPOGならいざ知らず、参加者30名以上、しかも著名なプレイヤーや各ワールドの優勝経験者が集うスペシャルワールドでこんな結果になるとは……。こうしてよ~じさんの実力が可視化され、それを肌で感じることができたという一点だけをもってしても、私は「創設当初から『ウマニティPOG』に参加し続けてきた甲斐があったなぁ」としみじみ思います。

 ただ、一応補足しておくと、このような展開になったのはよ~じさんと他プレイヤーの実力差だけが原因ではありません。前出のダノンファンタジーサートゥルナーリア、さらに12月16日(日)の朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)や5月5日(日)のNHKマイルカップ(3歳G1・東京芝1600m)を勝ったアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)、4月7日(日)の桜花賞(3歳G1・阪神芝1600m外)を勝ったグランアレグリア(タピッツフライの2016)は、いずれも昨年の6月にデビューした馬。早期デビューの評判馬がそのままビッグタイトルを獲得した結果、実質的な決着が早まったのです。
 こうした傾向は数年前から顕著になっていましたが、昨シーズンはついにひとつの到達点を迎えた印象。今後もしばらくは続く可能性が高いと見るべきでしょう。ただ、早期デビュー組の人気はこれまでよりもさらに過熱するはず。運にも左右される厳しい入札となることを承知で争奪戦に参加するべきなのか、それとも揺り戻しが来る方に賭けて争奪戦を避けるべきか――。「ウマニティPOG 2019」の入札は、このあたりが最大のポイントかもしれません。
 こうした中で絶対王者のよ~じさんがどう動くのかも気になるところ。スペシャルワールドの私は参考にできませんが、皆さんはぜひよ~じさんの入札をチェックしてみてください。

 G1ワールドで優勝を果たしたのはKazuPhotoさん。総獲得賞金の16億9537万円は全ワールドを通じてトップの数字です。指名馬20頭のうち、アドマイヤマーズグランアレグリアサートゥルナーリアダノンファンタジーの4頭がG1制覇。他にもイベリスヴェロックスダノンチェイサールガールカルムがオープンクラスのレースを勝ちました。……なんかもう「完璧な指名だった」としか言いようがありませんね。「タイムスリップしてきた未来人が怪しまれない程度に手加減して選んだ20頭」と言われても違和感を覚えないレベル。私の中では、ロジャーバローズラヴズオンリーユー(ラヴズオンリーミーの2016)が入っていないのも「身バレを恐れた未来人なりのカモフラージュ」という結論になりました(笑)。
 与太話はさておき、KazuPhotoさんが素晴らしいのは、デビュー前の指名とデビュー後の指名を上手く併用している点。イベリスヴェロックスサートゥルナーリアダノンチェイサーあたりはデビュー前の指名でしたが、グランアレグリアルガールカルムは新馬を勝ち上がった後に、アドマイヤマーズダノンファンタジーに至っては2勝目をマークした後に獲得していらっしゃいます。一般的なルールのPOGと違い、シーズンが始まってからも指名馬を追加できるのが「ウマニティPOG」の醍醐味。デビュー後のパフォーマンスから将来性を見抜く眼力や、仮想オーナー枠をどれだけ残しておくかといった戦略も、最終的な成績に影響してくるのです。

 G2ワールドを制したのは、アドマイヤマーズグランアレグリアサートゥルナーリアダノンファンタジーのG1ウイナー4頭に加え、計11頭の指名馬がオープンクラスのレースを制したCaltechさん。このクラスでは、2位のMonchengladbachさん、3位の4papaさん、4位のスズカアサカオーさん、5位の岡村信将さん、6位の雅夢。さんも前出のG1馬4頭を獲得していました。ハイレベルな争いだった分、層の厚さで頭ひとつ抜け出したCaltechさんにとっては会心の勝利だったんじゃないでしょうか。
 ちなみに、ウマニティ公認プロとしてもおなじみの岡村信将さんは、ご本人の希望もあって「ウマニティPOG 2016」のオープンワールドに参加。そこから3シーズン連続で昇格を果たし、「ウマニティPOG 2019」ではいよいよG1ワールドに参戦します。ご自身の予想理論「ラップギア」を活用し、デビュー済みの馬しか指名しないという独特のスタイルでこれほど安定した成績を収めてきたのですから、もうお見事と言うほかありません。序盤の入札で思うような指名ができなかった方はぜひ参考にしてみてください。

 G3ワールドは13億円台のファットラビットさん、EVANGELIOMMさんを抑え、14億2363万円を獲得したautomnenoceさんが優勝。オープンワールドも総獲得賞金を14億円台の大台に乗せた松P22さんが優勝を果たしています。評判馬が概ね期待に応えたシーズン、かつ仮想オーナー枠が多いワールドとなると、今後もこのあたりが優勝争いのボーダーラインになりそうです。デビュー前の指名だけで複数のG1ウイナーを揃えるのは難しいと思いますし、長期的な戦略をイメージしたうえで臨むべきでしょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 18:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/4~5/5)佐藤洋一郎プロが土曜京都5R75万超、NHKマイルC41万超払戻しなどの大暴れ!
閲覧 1,247ビュー コメント 0 ナイス 14



先週は、5(日)に東京競馬場でG1NHKマイルCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1NHKマイルCは、グランアレグリアが単勝1.5倍の断然人気。以下、2番人気アドマイヤマーズ(単勝4.3倍)、3番人気ダノンチェイサー(単勝10.0倍)と、完全に2強オッズの様相。4番人気グルーヴィット、5番人気ヴィッテルスバッハの単勝10倍台後半勢以降は、ほぼ全頭単勝30倍以上のオッズ構成でスタートの時を迎えます。
内からイベリスプールヴィルクリノガウディーらが先手を主張。3頭が早々と後続に2馬身ほどのリードを築くと、直後の4~5番手にワイドファラオと引っ掛かり気味にグランアレグリアダノンチェイサーがこれに続き、トオヤリトセイトグルーヴィットアドマイヤマーズヴァルディゼールマイネルフラップファンタジストカテドラルケイデンスコールヴィッテルスバッハロードグラディオハッピーアワー、最後方にミッキーブラックの態勢で3コーナーへ。
前半4Fを45.8秒(推定)のペースで進む隊列は、ここでイベリス単独先頭の形に。グランアレグリアは馬群の中の6~7番手、2強の一角アドマイヤマーズは同じような位置取りでも、対極の大外を回す競馬で、4コーナーから直線入り口にかけてを追走。トオヤリトセイトワイドファラオダノンチェイサーらが、これら“2強”よりも前の位置取りで先行3頭を追うようにして直線勝負へ。
イベリスを追う2列目勢が、徐々に並び掛け横一線の様相に。と、ここでその後ろで追い出しを開始したグランアレグリアが、外へと持ち出しそうとしたところ、ダノンチェイサーと衝突。その外にいたアドマイヤマーズもそのあおりを受けるシーンが発生。それでも、ここから立て直して前を追う上位人気3頭。その中から最も目立つ伸びを見せたアドマイヤマーズが、一気に前を飲み込む構えをここから見せると、残り100mでそのまま先頭へ。内を突いてカテドラル、大外を強襲してはケイデンスコールと、伏兵2頭が鋭い伸びで迫って、これら3頭が一歩リードの態勢となるゴール前。しかし、この争いを、先んじて抜け出して振り切った2番人気アドマイヤマーズがV。G1・2勝目をあげています。1/2馬身差の2着には14番人気ケイデンスコールが入り、そこからハナ差3着には7番人気カテドラルが入っています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロはははふほほほプロ夢月プロジョアプロ岡村信将プロサラマッポプロスガダイプロきいいろプロら計9名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)の京都5Rで▲アッシェンプッテルオーパスメーカーチャチャチャ3連単的中、75万5060円払戻しのホームランを披露!さらに、この日は新潟11Rでも、◎ライオンボス(単勝98.1倍)から20万2,640円の払戻しなどを披露しました。そして、5(日)G1NHKマイルCでは、◎ケイデンスコール(単勝87.7倍)から3連単○◎△的中(410,680円払戻し)のスマッシュヒットを披露と、連日の大活躍!! 土日2日間トータルでは、予想提供数66R、的中率28%、回収率275%、収支116万1,480円プラスの絶好調成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
先週は、4(土)G2京都新聞杯で◎レッドジェニアル(単勝34.6倍)○ロジャーバローズから3連単2148.3倍を本線的中のファインプレー予想を披露! 週間トータルでは、回収率トップの429%を達成し、2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
4(土)新潟11Rで◎ライオンボス(単勝98.1倍)から、馬単976.4倍的中含む計45万520円払戻しのビッグヒット達成! 週間トータルでは、回収率264%、収支31万3,100円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
4(土)は京都12Rパキュートハート的中を筆頭に、東京7Rほかで高精度◎を披露。5(日)にも、京都2R京都3RG1NHKマイルC京都12Rなどで好調ぶりをアピール! 週間トータルでは、回収率195%、収支14万910円の大幅プラスを達成しています。また、2週連続プラス収支を記録しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(242%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(178%)、シムーンプロ(178%)、イレコンデルパサープロ(178%)、セイリュウ1号プロ(166%←3週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(166%←3週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(120%←4週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(116%)、きいいろプロ(113%←2週連続週末プラス)、導師嵐山プロ(112%←2週連続週末プラス)、霧プロ(109%←2週連続週末プラス)、スガダイプロ(107%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年5月3日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ファインプレーの次走/NHKマイルC展望
閲覧 1,049ビュー コメント 0 ナイス 3

天皇賞(春)は昨年の菊花賞の再戦ムードだったが、上位人気を集めたフィエールマンエタリオウの両馬は明暗がクッキリ分かれる形となった。勝ったのは菊花賞に引き続き、フィエールマン。道中折り合って直線は抜群の切れ味を発揮、追いすがるグローリーヴェイズをしのいだ。ルメールの冷静な手綱も光り、これでG1・2勝目。名実ともに中長距離路線におけるトップホースの座に就いた。

一方、エタリオウはスタートから流れに乗れず4着止まり。道中は離れた最後方、確かに前が速いことを見越した奇襲だったのかもしれないが、全体としてはチグハグな印象を残した。鞍上のデムーロはどうも今年に入ってからリズムが悪い。もともとルメールよりは良くも悪くもムラがあり、好不調の波が激しいタイプだが、現状はあまり良い状態とはいえないようだ。

それならば負けたとはいえ昨年の菊花賞5着から進境を見せた2着グローリーヴェイズの内容が光った。母父スウェプトオーヴァーヴォ—ドの名前を見ると距離に不安を覚えなくはなかったが、同父は案外距離に融通が利くタイプが多く、今回出走していたリッジマンの父でもあった。勝ちに行っての2着は価値があるもので、今後さらなる活躍を予感させる好内容だった。


武豊&横山典騎手による絶品の逃げ

さて、今週末はNHKマイルCとなるが、その展望に入る前に先週の競馬を見ていて改めて感じたことを書きたい。それは今さら言うまでもないかもしれないが、武豊&横山典騎手の逃げの上手さである。

先週の横山典騎手と言えば、何といっても土曜日の青葉賞リオンリオンによる逃げ切りが光った。1枠2番の絶好枠を生かして好スタートを切ると、そのままハナへ。道中は後続を引きつけつつリラックスした逃げを打ち、直線に入ると一旦後続を突き放し、最後はランフォザローゼスの追撃をハナ差退けた。

着差を見ても一瞬の判断、タイミングが明暗を分けた格好で、まさに騎手の腕を見せつけた一戦だったと言えるだろう。かつては追い込みでもたびたび見せ場を作ったジョッキーだが、大ベテランの域に入り、逃げやインで溜める競馬で随所に好プレーを見せてくれている。2着に敗れたとはいえ、新潟大賞典ミッキースワローにおける進路取りなども、横山典騎手らしさを感じるものだった。

一方の武豊騎手は、先週末香港への遠征となったが、不在の中でもその存在の大きさを見せつけられた。正確には今週…というべきなのかもしれないが、月曜の京都メイン・天王山S。ここで人気を集めたのが、直近2走は武豊騎手による逃げで好走をしてきたヒロシゲゴールド。単勝は2.3倍と抜けた人気に支持されたが、今回は以前騎乗していた松田騎手への乗り替わり。

レースではスタートからやや押っ付けられてハナを奪うまでに脚を使った影響か、直線の粘りを欠き9着と惨敗。武豊=逃げはいわばファインプレーのようなもので、その次に乗り替わりでは安易に手を出すべきではなかったとレース後に反省をさせられた一戦だった。

今さら言うまでもないことだが、好騎乗で結果を出した後の次走というのは、特に人気を集めるケースでは狙いづらくなる。名手の得意パターンによる好走は、基本的に能力を最大限に引き出されているためだ。

逃げの武豊、番手の川田、道悪のデムーロ…のような得意条件下での好走の次走、特に乗り替わりのケースでは少し疑ってみる必要もありそうだ。


〜波乱含みのNHKマイルC

さて、GWも残り少なくなってきたが、今週末はNHKマイルC。毎年のように2ケタ人気クラスの伏兵が台頭するレースだが、今年は桜花賞グランアレグリアの参戦により例年以上に盛り上がりそうだ。

そのグランアレグリアは、ルメール騎手のG1騎乗機会4連勝という快記録も懸かった一戦となる。穴党としてはそろそろ…などという邪心も湧いてくるが、得意の東京マイルが舞台となれば、当然有力候補だろう。

一方、冒頭でも触れたが、調子がイマイチに映るデムーロ騎手はアドマイヤマーズに騎乗する。前走の皐月賞はやや消極的な競馬にも映ったが、今回は得意のマイル戦。この距離では昨年暮れの朝日杯でグランアレグリアを倒しており、巻き返しに期待する手もあるか。

もっとも、かつては1000万近い馬券が飛び出すなど基本的には波乱含みのレース。上記2頭を評価しつつも、今週は伏兵から入っても面白いかもしれない。

特に期待したいのは大挙出走するロードカナロア勢。同産駒は急坂コースよりもどちらかといえば平坦や東京コースの方が良い場合が多い。例えば前走12番人気で逃げ切ったイベリス。スローペースに恵まれた面もありフロック視されるかもしれないが、レースセンスは高く、再度のスローペースや内伸びの馬場になれば怖い一頭だ。

同じくアーリントンカップからの参戦となるヴァルディゼールは、平坦のシンザン記念で抜群の切れ味を発揮して重賞制覇。同産駒らしい鋭い脚を秘めており、立ち回り次第では巻き返しがあるかもしれない。

ルメール騎手の勝利インタビューもそろそろ見飽きてしまったので…というのは冗談だが、人気が予想されるグランアレグリアは気性的にややモロさも感じるタイプだけに、伏兵台頭の余地もあるはず。そろそろ他の騎手たちにも一矢報いてほしいところだが果たして—。


※NHKマイルCの最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年5月2日(木) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019NHKマイルC&京都新聞杯
閲覧 1,996ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


5月5日(祝日) 東京11R NHKマイルC(3歳G1・芝1600m)


【フルゲート18頭】

<優先出走馬>

イベリス(B)中2週
デビュー前から坂路で調教されてきていた馬だが、前走がマイル戦だったこともあり前走時は1週前、最終追い切りとCWでの追い切りに変えてきていた。坂路でもCWでも時計は出る馬で、今回の1週前追い切りでもCWを長めから併せ馬で好時計をマーク。調子は良さそうだ。休み明けのフィリーズR時は太い感じに見えたが、前走時は締まってスッキリした馬体だったので、前走時のような馬体で出走してくれば好走が期待できそう。

ヴィッテルスバッハ(D)中3週
調教では併せ馬で遅れることが多かった馬だが、前走時は1週前に先着して最終追い切りでも好時計で併入と、内容が良かった。この中間は間隔も詰まっており、先週の土曜日に速い時計こそ出しているものの併せ遅れと、前走を使われてさらに上積みという感じはない。

カテドラル(D)中2週
出走する度に馬体重の増減が大きい馬。前走時くらいのスッキリした馬体がちょうど良い印象で、今回はその馬体を維持したいところか。この中間は、中2週で1週前追い切りでは強めの追い切りはなし。これまで1週前に併せ馬でビッシリ追われて、直前は控えめという内容が多く、パドックでイレ込む可能性のある馬(今回は関東への長距離輸送があるので特にその点には注意が必要)。直前は強く追いたくないだろうし、総合的に考えると前走のような状態で出走させるのはかなり大変そう。

トオヤリトセイト(E)中2週
前走時のパドックでもモッサリした感じで、まだまだ良くなりそうな馬体だった。この中間は中2週で関東への輸送もあり、速い時計は出していない。あの馬体でこの中間に速い時計を出していないということは、反動が出ている可能性もある。これまでのレースはすべて緩めのペースでの競馬で、今回はペースが速くなって厳しいレースになるだろうし、この馬には試練が多い。

ワイドファラオ(A)中3週
大きな馬でこれまでのパドックでは緩く見せていたが、前走時は休み明けで+12kgの馬体重でもこれまでで一番しっかり出来だった。中3週でもう一度関東への輸送が控えるが、この中間も1週前に3頭併せで一杯に追われる意欲的な過程。遅れてはいるものの、ゴール板を過ぎてからムチを入れてビシビシと追われる様からは、疲れよりもまだまだ良くなるといった印象が伝わってきた。これで最終追い切りの動きが素軽くなって、馬なりでスッと伸びてくるようなら期待できそう。


<以下、賞金上位馬>

アドマイヤマーズ(B)中2週
皐月賞からの中2週となり、この中間は坂路での調整。前走時にしっかり乗り込まれていてパドックでも馬体はしっかりできていたので、無理して強く追う必要もない。1週前追い切りの動きに関しては、単走だったがリラックスした感じで良い動きだった。

グランアレグリア(AA)中3週
休み明けの桜花賞では、本来のこの馬の走りができて力通りの圧勝。休み明けでも追い切りの動きは良く、パドックでの落ち着きもあって、朝日杯FS時より精神面での違いを感じさせていた。中3週でのNHKマイルC参戦もある程度想定されていたと思われ、前走時もそのような調整はされていたと思う。この中間は、間隔も詰っているので1週前は単走で馬なりでの追い切りだったが、何よりもリラックスしている点が良い。そして前走を一度使われたことで素軽さも出ていて、馬なりでも終いに馬自身が前へ前へと伸びていく姿勢の走りを見せた。今回はさらに良くなっている感じで、文句ナシ。

ファンタジスト(C)中2週
休み明けのスプリングS時は、パドックではリラックスしすぎているくらいでかなり馬体にも余裕があったのだが、前走時の皐月賞時は気合いも乗って仕上がりも良かった。ただ、最終追い切りの動きは凄く良かった小倉2歳S時よりは物足りなく見えた。この中間は、中2週となり1週前追い切りも軽めの調整で、特に良くも悪くもない感じ。最終追い切りの動きで判断したいが、絶好調時にまでもっていくのは大変かもしれない。

プールヴィル(C)中3週
小柄だがパドックではそれほど小さい感じには見えない馬。中3週の競馬が続くのでなかなかビシビシ追うことができず、馬なりでの調整が多い。1週前追い切りの動きを見ると、重心が高めで前走時と比べるとやや物足りなく見えた。

ハッピーアワー(C)中6週
調教で良い時計が出ている時は好走する馬で、この中間も前走並みの時計は出ていて調子は良さそう。ただ首が高い走りで、この距離になると厳しい面もありそう。

ダノンチェイサー(A)3ヶ月
休み明けとなるが、入念に乗り込まれていて2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られて先着と仕上がりは悪くなそう。1週前追い切りの動きを見ても、仕掛けられるとスッと突き放す好内容を披露していて、前走きさらぎ賞時の追い切りよりも動きは良く見えた。

ヴァルディゼール(B)中2週
休み明けの前走時は追い切りは良く見せていたが、パドックでは落ち着きがなく馬体にも余裕がある感じ。この中間は、1週前に北村友騎手騎乗で一杯に追われて先着。動きにはまだ重たい感じものぞかせたが、1週前の動きとしては十分出来の良さを伝える内容だった。

ケイデンスコール(D)中5週
前走時の追い切りでは、先着こそしたものの重い感じがあった。今回の1週前追い切りの動きをみると、重め感はなくなったが楽な手応えの併走相手に追って先着できずと、状態が良くなってきている感じがない。

クリノガウディー(D)中2週
朝日杯FSではグランアレグリアに先着している馬だが、シンザン記念を回避してからローテーションや調整の狂いがあり、スプリングS、皐月賞とこの馬の良さが出せないままのように思う。この中間も、中2週で1週前は軽めの調整。最終追い切りでガラッと動きが変わってくるようなら、もっと走っても良さそうだが・・・・・・。

グルーヴィット(C)中6週
ダートで2連勝して、前走初芝のファルコンSでも2着に好走していて鞍上込みで未知の魅力のある馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、ローテーションにも余裕があり状態面での不安はない。ただ、追い切り内容、走りなどを見ていると、短距離向きの馬という感じがする。その辺りをふまえると、個人的にはマイル戦は向いていないように思う。

マイネルフラップ(B)中5週
前走時の追い切りでは首が上がり気味。パドックでもいつもよりもテンションが高かった。この中間、1週前追い切りの動きからは、走りも良くなり併せ馬でも先着と状態面の上積みが感じられた。

ミッキーブラック(D)中3週
昨秋の芙蓉Sのパドックでかなり良く見えた馬。ただ、その後は調教もパドックもこれといった手応えのないものしか見られず、馬が良くなってこない。1週前追い切りの動きを見ても、終いで脚が上がってしまっている印象で物足りない。

ロードグラディオ(F)中2週
パドックではモッサリした馬で、良く見せない馬。調教でも、この中間は軽めで1週前追い切りは動きに重たさを感じさせた。特段、変化や良化しているという感じはない。



5月4日(土)京都11R 第67回京都新聞杯(3歳G2・芝2200m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ナイママ(B)中2週
札幌2歳Sでは2着にきている馬で、もともとは能力のある馬。前走の皐月賞時は追い切りもパドックも、調教施設の違いでこれだけ変わるかと思うくらい馬が良くなっていた。この中間も、南Wで好時計を出していて弥生賞前までとは別馬と思ったほうが良い。

タガノディアマンテ(B)中2週
皐月賞から間隔が詰まっているので、1週前は軽めの時計も終いは速くなっていて疲れはなさそう。追い切りでは時計が出て良く見せる馬なので、最終追い切りで良い動きなら期待できそう。

ブレイキングドーン(B)中2週
皐月賞時は追い切りの動きも良く、道悪も期待して◎にした馬。当日は、天気ももって、パドックではウルサイ面を見せていてと、予想ハズレと期待外れのレースになってしまった。それでも前回の調教の動きが良かったことに変わりはなく、今回は重賞2着のある京都へのコース替わり。さらにこの馬に向きそうな外回りコースが舞台なので、引き続き最終追い切りの動きには注目したい。

ハバナウインド(D)中6週
この厩舎の調教内容とすれば前回よりも今回のほうが良い。それでもまだ時計的には物足りないが。

ヒーリングマインド(C)中4週
坂路では速い時計が出る馬ではなく、京都コースは向きそう。1週前追い切りの時計もいつも通りの時計は出ていて、前走時の状態をキープできている感じ。

ロジャーバローズ(A)中6週
この中間も併せ馬でしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りではNHKマイルCに出走するワイドファラオに先行して先着と動きもしっかりしていた。前走を使われての上積みが期待できそう。

ヴァンケドミンゴ(C)中2週
休み明けから詰めて使われてきているが、1週前にも坂路で好時計が出ていて調子が落ちた感じはない。

オールイズウェル(C)中2週
前走時のパドックでは、まだ太い感じ。今回も中2週での競馬ではあるが、そういう状況故、この馬にはビッシリと追って馬体が締ってくるような内容を期待したい。

サトノソロモン(D)中5週
新馬勝ちの内容が良く、前走も期待したかなりの大型馬。調教での時計は出ていたが、パドックではマイナス体重でもまだまだ絞れそうな感じに見えた。この中間も、間隔の割に一杯に追われたのが1週前のみであとは馬なりと、調教内容からは変わってくる感じはない。

トーセンスカイ(C)中6週
新馬戦では、ここにも出走してくるサトノソロモンに敗れたものの、個人的に◎評価だった馬。この馬も大きな馬で、前走時のパドックでもまだ体が緩い感じ。この中間も本数をたくさん追い切られているが、前走時の馬体を見ると良くなるのはまだ先の印象。今回は素質だけで、どれだけ走れるかといった感じがする。

フランクリン(C)中3週
休み明けの前走時はマイナス体重も、まだ余裕はありそうな馬体だった。この中間は1週前に坂路で終い仕掛ける程度の追い切りだったのだが、前走時の馬体をふまえるとビッシリと追えているほうが良いように思ったが。

モズベッロ(D)中6週
前走時の追い切りでは、まだ終いフラつくようなところもあり、この中間は中6週空いている割に乗り込み量が少なく感じた。

ヤマカツシシマル(F)6ヶ月半
半年ぶりのレースとなるが、この中間は乗り込まれているものの一杯に追われていてもかなり時計がかかっていて、良い状態で出走するのは厳しそう。

レッドジェニアル(B)中4週
前走時はCW中心の追い切り内容だったが、この中間は坂路での調整に変えてきた。これまで坂路ではそれほど速い時計が出ていたことはなかったが、1週前追い切りではかなり速い時計が出ていて、前走からの変り身があるかもしれない。



◇今回はNHKマイルC&京都新聞杯編でした。
――子供はいつまでサンタクロースがいると信じているのだろうか?
それぞれの家庭環境によって違うとは思いますが、いつかまでは信じているのは確かだと思います。何でも情報が手に入り、夢よりも現実が覆っているそんな世の中ですが、夢を持っている人に共通しているのは笑顔であること。武豊騎手やルメール騎手、というと笑顔のイメージがとてもあると思います。夢を追っている人たちは、笑顔が自然でそれは見ているこちらにも伝わってきます。それだけワクワクするような大きな夢があり、それは周囲の人も含めた皆の夢でもあるのかもしれません。ディズニーランドに行くと笑顔になるのと同じで、夢のある世界ではみんな笑顔になる。そして夢を持っている人たちがたくさんいれば、世の中みんな笑顔になる......そんなことを令和最初の日に、まだサンタクロースがいることを信じている長男、次男のニコニコした笑顔を見て思ったものでした)^o^(

それでは次回、ヴィクトリアマイル編(予定)でお会いしましょう。(^_-)-☆


※NHKマイルC&京都新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年4月30日(火) 18:30 覆面ドクター・英
NHKマイルC2019
閲覧 2,029ビュー コメント 0 ナイス 12



春の天皇賞は6番人気グローリーヴェイズが本命。最後の直線では一旦先頭に立つも、長い叩き合いでフィエールマンに競り負けて......と、これでG1・4戦連続で本命が2着。予想に「エタリオウにはネタでまた2着に」と書いたのですが、「お前の本命がネタでまた2着だよ」と言われそうな決着でした(笑) 今週も一応的中は残すことが出来たわけですが、毎度のことながら、1、2着が逆だったら馬券(3連単917倍)のほうをごっそり「持っていた」んですよねー。相変わらず「(運は)持っていない」みたいです。ただ、このコラムとしては、上位評価に挙げた6頭が上位1~5着と7着で、消した4番人気と5番人気が二桁着順と、またまたいい線いっていたのではと手応え。香港競馬は好調で、QE2世Cも当たり、予想家ランキングで1位まで登りつめましたし、JRAG1もそろそろ大爆発が来る頃か!?

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア桜花賞を驚異的な時計で勝ったが、オークスはスピードがあり過ぎるタイプで微妙かなあと思っていたら、ここへ。得意のマイルでの変則2冠を狙う。もまれた際にどうか、という心配はあるにしても、相手の層が薄いここは好勝負必至。

2番人気想定 アドマイヤマーズ皐月賞は人気ほど強くない、という判断だったが、ここは相手が弱く、マイルだし通用するだろう。ただ、その安定感から常に人気になるので、妙味は無いタイプ。

3番人気想定 ダノンチェイサー:少頭数のきさらぎ賞では、きっちり2馬身差をつけて最後は抑える余裕で完勝してきた。行きたがるタイプだけに距離短縮は大歓迎だが、掛かって東京の長い直線で失速というのもありそう。気性面に課題。ただ、折り合えば頭まであっていい素質馬でもある。

4番人気想定 ファンタジスト皐月賞は距離というより内を回ったのが良くなかった感もある中での13着大敗。そして、今回マイルへと矛先を向けてきた。距離短縮で人気になりそうだが、疲れが残りそうな春2戦の後で、そろそろお釣りが無くなってくる頃では。

5番人気想定 ヴィッテルスバッハ:前哨戦のNZTが、スローで逃げ残りのレースを後方から差してきたので強く見えるが、レースレベルがかなり微妙で消して妙味か。

6番人気想定 カテドラル:こちらも、アーリントンCで絶望的な最後方からものすごい脚で追い込んできて2着した。イレ込むので惨敗2戦は輸送があった関東圏でのもので、去勢された半兄同様、能力発揮には様々な条件が揃わないといけなそう。

7番人気想定 クリノガウディー:距離短縮は歓迎なのだろうが体調面のピークが昨年末だったようで、調教も朝日杯FSの時のようには動けていない。

8番人気想定 ヴァルディゼール:新馬勝ちして2戦目でいきなりシンザン記念も勝ってしまった素質馬。前走のアーリントンCは挟まれる不利もあり8着に敗れたが内容は悪くなく、ロードカナロア×ハーツクライという新時代象徴する配合で、激走を期待できる一頭。

9番人気想定 トオヤリトセイト:数少ないドリームジャーニー産駒。アーリントンCでは、後方から鋭い末脚で3着まで来ており、ゲートが悪くアテにならない反面、ヒモにはありではというタイプ。

10番人気以下想定 
ケイデンスコール毎日杯が今年はかなり低レベルだったのもあり、朝日杯で13着というのが正しい力関係では。

グルーヴィット:ダートで新馬、500万下と連勝して迎えた初芝のファルコンSを2着と、人気がなくてもここもやれて良い能力がある。

プールヴィル桜花賞で14番人気6着と頑張った。ジワジワ強くなってきている社台F購入のマル外で、通用していい能力はある。

マイネルフラップ:500万下を11番人気で勝って、10番人気のシンザン記念を2着と健闘し、毎日杯も5着とそれなりだが、正直相手に恵まれた面が大きいのでは。

イベリス:逃げて12番人気で1着だったアーリントンCはうまく行き過ぎた感が強い。ロードカナロア産駒だけに、余分に人気になりそうで消して妙味か。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては短距離向きで、母父ディープインパクト色が強くでているのかもしれない。ファルコンSでもしっかりした末脚を披露と、1400mまでということは無さそうで、楽しみな穴馬。

セリユーズ:6戦すべて1番人気というディープインパクト産駒らしい支持を集めてきたが、スイートピーS3着からの連闘は無いのでは。

ワイドファラオ:本来は前哨戦であるNZT勝ち馬なのだが、スローを逃げ切っただけでかなりの低レベルレースだったこともあり、要らないのでは。

ピースワンパラディ:新馬、500万下と豪快な差し切りを見せて、青葉賞では本命を打って3着だった馬。さすがに連闘では使ってこないのでは。

ミッキーブラック:新馬、オープンと2連勝した後に4連敗と典型的な伸び悩みで、買えない。

インテンスライト:前走500万下を、人気の金子さん所有馬であるブーザーを下して勝利。ただ、さほどインパクト無く、トップレベルのマイラーとはまだ差があるという印象。

ロードグラディオ:5番人気で500万下を勝ち上がったが、アーリントンCではやはり力が足りない感じの13番人気7着はいた。スローだったぶん差は少ないが、厳しいのでは。

アフランシール:前哨戦のNZTは不利だらけでノーカウントにしても、チューリップ賞もいまいちで、激走は期待薄。



<まとめ>

有力:ヴァルディゼールグランアレグリアダノンチェイサー

ヒモに:グルーヴィットプールヴィルハッピーアワートオヤリトセイト

[もっと見る]

⇒もっと見る

イベリスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 491ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

猛暑日、復活!?8月末頃、秋らしく空気が涼しく感じられたのが、嘘みたいな残暑!
9月中旬とは言え、35℃以上は残暑厳しい!熱帯夜は辛い!
と思ったら、昨日当たり大陸からの高気圧が張り出し、空気が涼しくなり、熱帯夜から解放!

なのに何故!?わが懐だけ”寒波が居座り続けるのは”

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 最終結果】
第09期(9月7日~9月29日)7日間(紫苑S~スプリンターズS:全9戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3紫苑Sでは、2頭を推奨。
(カレンブーケドール、パッシングスルー)
馬番コンピの予想では、(14⇒15,5,8,1,6)狙いを参考にして、
15番パッシングスルー軸で勝負!
馬連(15⇒6,8,12,13,14)
結果は、的中!(馬連3040円)

土曜「紫苑S」の軸馬パッシングスルーは、直線で弾けて優勝!狙い通りに相手馬も2、3着に入って、馬券も的中!幸先の良い、スタートを切れた。反省点として、展開が読めていないのか?馬場状態が良いのか?先行馬での決着。例年、後方からでも届いている為、推定後半3F上位馬狙いだった。今後は瞬発力勝負ではなく、持続力勝負が得意な馬を探せ!?


日曜、G3京成杯オータムHでは、3頭を推奨。
(クリノガウディー、グルーヴィット、ロードクエスト)
馬番コンピの予想では、(4⇒10,1,15,7,5,8)狙いを参考にして、
1番プロティガルサン軸で勝負!
ワイド(1⇒4,5,7,9,11)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「京成杯オータムH」の軸馬プロティガルサンは、直線で弾けて優勝のはずが…5着入線。2着入線までの勢いが、悪癖”ソラ”(レースや調教時にふとしたことから馬の気が散り、走ることに集中力を欠くこと。)が出て、終了…残念。反省点として、展開をまったく読めていなかった?昨日同様に瞬発力勝負と予想。結果は、先行馬での決着。典型的な逃げ馬不在レースの場合、一番要注意!あとは、馬齢4、5歳にも要注意!?


日曜、G2セントウルSでは、4頭を推奨。
(イベリス、ダイメイプリンセス、ファンタジスト、ミスターメロディ)
馬番コンピの予想では、(7⇒8,2,11,6,4,1,5)狙いを参考にして、
4番イベリス軸で勝負!
馬連(4⇒2,6,7,8,11,12)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「セントウルS」の軸馬イベリスは、直線で弾けて優勝のはずが…3着入線。直線では馬ごみでもまれる厳しい形ながらひるむことなく、ミスターメロディの内をこじ開けるようにして伸びてきた…残念。反省点として、軸馬の選択?優勝したタワーオブロンドンに関して、根本的に何もわかっていなかった。無理なローテーションを嫌い、最初から?「サマースプリント王」狙いか、次走G1「スプリンターズS」狙いかを理解していれば…残念。


【先週ブログのなかで推奨した結果】
紫苑S=カレンブーケドール(3着)、パッシングスルー(1着)

京成杯AH=クリノガウディー(7着)、グルーヴィット(11着)、ロードクエスト(8着)

セントウルS=
イベリス(3着)、ダイメイプリンセス(6着)、ファンタジスト(2着)、ミスターメロディ(8着)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【ローズS】(芝1800㍍戦)(3歳オープン牝馬)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞組)
②G1実績(9着以内)
③生産者(ノーザンファーム)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:アルティマガーレ、スイープセレリタス、ビックピクチャー、ベストクィーン、モアナアネラ、ラシェーラ
②該当外:メイショウショウブ
③該当外:シゲルピンクダイヤ


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)1800㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣阪神競馬場実績(連対率/複勝率)

ウィクトーリア  1⃣(2-0-0-1)66%/66%  2⃣未出走
シャドウディーヴァ  1⃣(0-0-0-1)0%/0%  2⃣未出走  *共に50%以下の為、消し
ダノンファンタジー  1⃣未出走  2⃣(3-0-0-1)75%/75%
ビーチサンバ  1⃣未出走  2⃣(1-0-1-1)33%/66%

【ローズSの有力馬】
ウィクトーリア、ダノンファンタジー、ビーチサンバ


【セントライト記念】(芝2200㍍戦)(3歳オープン)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走馬体重(480㌔以上)
②厩舎+騎手(関東中心)
③前走クラス(重賞組、2勝クラス勝ち馬)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:サトノルークス、タガノディアマンテ、ナイママ、ミューチャリー、メイショウテンゲン、リオンリオン(抽選対象馬:アトミックフォース、エターナルヴィテス、エフェクトオン、エングレーバー、ショウナンバルディ、モズベッロ、レッドサイオン)
②該当外:ランフォザローゼス (抽選対象馬:ルヴォルグ)
③該当外:(抽選対象馬:アドマイヤスコール、マテリアルワールド)


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2000㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣中山競馬場実績(連対率/複勝率)

オセアグレイト  1⃣(3-2-1-2)63%/75%  2⃣(0-1-0-1)50%/50%
ザダル  1⃣(2-0-0-0)100%/100%  2⃣(2-0-0-0)100%/100%
ニシノデイジー  1⃣(0-0-1-3)0%/25%  2⃣(0-0-1-2)0%/33% *共に50%以下の為、消し
サトノラディウス  1⃣(2-0-1-2)40%/60%  2⃣(0-0-1-1)0%/50%
シークレットラン  1⃣(1-0-0-2)33%/33%  2⃣(2-0-0-2)50%/50%

【セントライト記念の有力馬】
オセアグレイト、ザダル、サトノラディウス、シークレットラン


【今週末の重賞レースの注目馬】
ローズS=ウィクトーリア、ダノンファンタジー、ビーチサンバ

セントライト記念=オセアグレイト、ザダル、サトノラディウス、シークレットラン

 
過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
ローズS=阪神(芝)1800㍍=A(79)内枠勝ちきれない
セントライト記念=中山(芝)2200㍍=Ⅾ(68)内枠有利

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(紫苑S)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。
(14⇒15,5,8,1,6)
結果 15⇒6⇒14
指数2位⇒6位⇒1位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

(京成杯オータムH)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数4~9位までの6頭へ流して6点。
(4⇒10,1,15,7,5,8)
結果 10⇒11⇒2
指数4位⇒3位⇒11位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

(セントウルS)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数3~9位までの7頭へ流して7点。
(7⇒8,2,11,6,4,1,5)
結果 7⇒6⇒4
指数1位⇒6位⇒4位
結果は、的中!(馬連2220円)


【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(ローズS)
【ワイド】で
馬番コンピ指数4~7位までの4頭BOX 6点。

(セントライト記念)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 DEEB 2019年9月10日(火) 17:23
恥ずかしい馬予想2019.09.08[結果]
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 3

中山10R 外房ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
☆11 ディープミタカ…9着
[結果:ハズレ×]

中山11R 京成杯オータムハンデキャップ GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 グルーヴィット…11着
○ 4 クリノガウディー …7着
▲ 1 プロディガルサン…5着
△10 トロワゼトワル…1着
× 2 ☆ジャンダルム…3着
[結果:アタリ△ 複勝 2 680円]

中山12R 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎14 サクラアリュール…2着
○ 4 リフトトゥヘヴン…1着
× 5 ☆カムカム…6着
[結果:アタリ○ 馬連 4-14 910円、ワイド 4-14 340円]

阪神 8R 3歳以上1勝クラス[指定]
◎ 7 クレッセントムーン…1着
○ 6 ☆サイン…7着
▲ 3 レクスミノル…5着
△ 2 カフジストーム…2着
× 8 マンノグランプリ…3着
[結果:アタリ△ 馬連 2-7 380円]

阪神11R 産経賞セントウルステークス GⅡ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 タワーオブロンドン…1着
○11 アンヴァル…13着
▲12 ☆ミスターメロディ…8着
× 8 ☆ダイメイプリンセス…6着
× 4 ☆イベリス…3着
[結果:アタリ△ 複勝 3 180円]

阪神12R 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎15 デザートストーム…1着
○ 4 サンライズカラマ…11着
▲ 9 ナイトスプライト…9着
×14 ☆メイショウバイタル…4着
×11 ☆イナズママンボ…8着
[結果:ハズレ×]

今日は、仁川に行こうかなと思っています。
妻さんを誘って行こうかな。

[今日の結果:6戦1勝2敗3分]
パッとしない結果です。

[もっと見る]

 グラニースミス 2019年9月10日(火) 10:51
猛威 ~先週の競馬~ 
閲覧 262ビュー コメント 2 ナイス 42

 昨日、台風15号の影響で駅は入場規制で入るのに約2時間、ホームに上がるのに約2時間を要した。そして電車はなかなか来なくて、やっと到着した電車は超満員で乗れなかった。台風直撃の猛威、群集の猛威は凄まじかった。駅構内は簡単に身動きが取れる状態になく、気分の悪くなる人が出ていた。トイレすらも大渋滞が見えたので結局13時を過ぎて断念し、休みにした。
 
 土曜も朝から暑かった。朝から水分補給してエアコンの下で、グリーンチャンネルを快適に観戦だったが、突如阪神9R野分特別の直前、急にギュルギャルの猛威に襲われた。普段、弱いという訳では全くないのに急激に襲われ、ダッシュしました。また競馬も普段なら10頭立て以下のレースには参加しないのに、そこまで2戦連敗中ってこともあり、単勝1.7倍カリボールの複勝を買って少額リターンを狙ったつもりでいた。しかし、結果は2着なのに予想コロは不的中でした。よーく観ると単勝をマークしているんです。買い間違いって奴です。ゲンナリして力が抜けるとまた、ギュルギュルの猛威襲来で、紫苑スタークスは参加できませんでした。
 
 日曜は更に暑かったのだが、ずっとホットコーヒーにしました。この日は、ゴドルフィンの馬が8頭大挙して出走しており、結果は8戦4.2.1.1で複勝率は72.7%でした。特に阪神7Rサマーセントは7番人気の1着だった。この日阪神ではゴドルフィンは5頭出走して、全て馬券になりました。また馬優先主義で知られる藤澤調教師が、あえて北海道から美浦を経由して長距離輸送してでも、中1週で出走させるということは、勝算ありと読んで本命馬をタワーオブロンドンに変更しました。ゴドルフィンの猛威は最終レースまで続きました。

~日記で取り上げた馬~
■ 紫苑ステークス(秋華賞トライアル) GⅢ カレンブーケドール 3着
■ 産経賞セントウルステークス GⅡ イベリス3着・マテラスカイ7着
■ 京成杯オータムハンデキャップ GⅢ クリノガウディー7着 グルーヴィット11着

今回、ゴドルフィンファンだったので、馬主に注目しました。もしかするとこの馬主目線でメインレースから逆算して、1日の出走予定をチェックすると面白い結果になるかも知れない新しい発見でした。
今週もまだまだ暑くなりそうです。


※ 最近、日記や予想にたくさん"ナイス"をいただき、本当に感謝しております。
あくまで、緩~い感覚で観ていただけたら幸いです。

では

[もっと見る]

⇒もっと見る

イベリスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イベリスの写真

イベリス
イベリス
イベリス

イベリスの厩舎情報 VIP

2019年9月8日産経賞セントウルS G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イベリスの取材メモ VIP

2019年9月8日 産経賞セントウルS G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。