ハッピーアワー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ハッピーアワー
ハッピーアワー
ハッピーアワー
ハッピーアワー
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年3月18日生
調教師武幸四郎(栗東)
馬主高嶋 祐子
生産者有限会社 吉田ファーム
生産地浦河町
戦績10戦[3-2-1-4]
総賞金7,798万円
収得賞金3,100万円
英字表記Happy Hour
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
サクセスシルエット
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
フェアレストケープ
兄弟 ガンロック
前走 2019/09/29 スプリンターズS G1
次走予定

ハッピーアワーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/29 中山 11 スプリンター G1 芝1200 16714194.4137** 牡3 55.0 横山典弘武幸四郎434(-12)1.07.6 0.533.1⑯⑯タワーオブロンドン
19/08/25 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 163621.1810** 牡3 54.0 吉田隼人武幸四郎446(+4)1.10.0 0.835.4⑮⑭ダノンスマッシュ
19/05/05 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 1871469.1107** 牡3 57.0 吉田隼人武幸四郎442(-4)1.32.8 0.433.7⑰⑰アドマイヤマーズ
19/03/16 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 158156.341** 牡3 56.0 吉田隼人武幸四郎446(-2)1.20.9 -0.134.0⑬⑫グルーヴィット
19/01/06 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 12336.235** 牡3 56.0 秋山真一武幸四郎448(+8)1.36.1 0.435.4⑩⑩ヴァルディゼール
18/11/10 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 98916.453** 牡2 55.0 秋山真一武幸四郎440(-2)1.35.9 0.533.6⑨⑧アドマイヤマーズ
18/09/02 札幌 10 すずらん賞 OP 芝1200 14334.921** 牡2 54.0 秋山真一武幸四郎442(0)1.10.6 -0.135.8⑨⑦パイロテクニクス
18/07/01 中京 1 2歳未勝利 芝1400 8661.111** 牡2 54.0 秋山真一武幸四郎442(+6)1.21.7 -0.134.6⑤④イッツクール
18/06/16 阪神 1 2歳未勝利 芝1400 9892.012** 牡2 54.0 秋山真一武幸四郎436(-6)1.22.4 0.035.8リゲイン
18/06/03 阪神 5 2歳新馬 芝1400 117925.172** 牡2 54.0 菱田裕二武幸四郎442(--)1.22.1 0.335.2⑥⑤シングルアップ

ハッピーアワーの関連ニュース

 ◆岩田康騎手(レッツゴードンキ5着)「ゲートに入って気合が乗った。テンに行けなかったので上がり勝負に切り替えたが頑張って伸びている」

 ◆秋山騎手(ダイメイプリンセス6着)「いい感じで走れて年齢的な衰えはない。昨年よりも体調がよかったし、頑張っている」

 ◆武幸師(ハッピーアワー7着)「しまいはよく追い込んで頑張ってくれた。まだ線が細いし、これから大事にしていきたい」

 ◆内田騎手(ノーワン8着)「周りは速かったが、自分のペースでリズムよく、タメの利く走りだった。まだ3歳だし、次につながると思う」

 ◆三浦騎手(リナーテ9着)「ペースが速かったのであのポジション(中団後ろ)から。脚がたまらなかったぶん、急坂もこたえた」

 ◆菱田騎手(アレスバローズ10着)「スタートは五分に切ってくれたが、いつものような行きっぷりがなかった」

 ◆浜中騎手(イベリス11着)「この馬にはペースが速かった」

 ◆幸騎手(セイウンコウセイ12着)「4コーナー手前で下がってくる馬をさばけなかった。力を出せずに終わった」

 ◆藤岡佑騎手(ディアンドル13着)「流れには乗れたが、道中は仕掛け気味の追走。終始、手応えに余裕がなかった」

 ◆丸山騎手(マルターズアポジー14着)「自分の競馬はできた」

 ◆酒井騎手(ラブカンプー15着)「いつもはハミをかむと抜けないが、きょうはスッと抜けたのは収穫だった」

 ◆武豊騎手(ファンタジスト16着)「枠が枠なので“いちかばちか”の競馬をしたが、最後はバタバタになった」

★29日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら

【スプリンター】最後方からハッピーアワーが7着 武幸師「これから大事に使っていきたい」 2019年9月29日() 19:00

 9月29日の中山11Rで行われた第53回スプリンターズステークス(3歳以上オープン、GI、芝・外1200メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気タワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)がGI初制覇。タイムは1分07秒1(良)。



 横山典弘騎手騎乗のハッピーアワーは、スタートで出遅れ最後方を余儀なくされると直線は勝ち馬をしのぐ上がり3ハロン最速33秒1の末脚を発揮し7着まで追い上げた。ハッピーアワ一を管理する武幸四郎調教師は、国枝栄調教師が持つGI昇格以降のスプリンターズSでの最年少優勝記録を更新することができなかった。



 武幸四郎調教師「しまいはよく追い込みました。年長馬を相手にこれだけ頑張りましたからね。まだ線の細いところがあるので、これから大事に使っていきたいと思います」



★【スプリンターズS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】スプリンターズS U指数ふたケタ順位の人気薄に注意!指数上位ながら低評価というタイプも侮りがたし! 2019年9月29日() 09:30


G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証


<ポイント①>
とにかく荒れるレースで、U指数ふたケタ順位の人気薄が2012年以降、毎年必ず1頭は馬券に絡んでいる。該当馬の複勝回収率は121.1%と超優秀。

指数10位以下

ノーワン
ディアンドル
ラブカンプー
マルターズアポジー
ハッピーアワー
イベリス
ファンタジスト

<ポイント②>
ただし、低指数の人気薄は来ても2着までで、1着の壁はかなり厚い。U指数98.0以下は【0.1.5.26】。

指数98.0以下

アレスバローズ
ノーワン
モズスーパーフレア
ディアンドル
ラブカンプー
マルターズアポジー
ダイメイプリンセス
ミスターメロディ
ハッピーアワー
イベリス
ファンタジスト

<ポイント③>
U指数102.0以上は鉄板級ではないものの【2.3.0.6】と、軸としてはまずまず信頼に足る成績を残している。

指数102.0以上

ダノンスマッシュ
タワーオブロンドン

<ポイント④>
1、2着をU指数上位馬が占めるケースが多く、指数上位ながら人気薄というタイプがよく穴をあける。指数1~5位を1列目、指数1~8位を2列目に配置した馬単フォーメーションを購入した際の回収率は162.1%。

馬単フォーメーション買い目

②③④⑤⑧→①②③④⑤⑦⑧⑬



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】スプリンターズS 前走北九州記念敗退馬は劣勢!前走で後方待機策をとっていた馬の深追いは危険! 2019年9月29日() 09:20


ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、スプリンターズSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。



【全般】
前走重賞2着以内の馬を除くと、3歳馬の連対例は皆無(2008年以降)

ノーワン
ハッピーアワー
イベリス

同年にG1~G2で勝利経験のない、7歳以上かつJRA所属馬の連対例はみられない(2008年以降)

アレスバローズ
レッツゴードンキ
マルターズアポジー

前走が5~9着の中途半端な着順に留まっていた馬の連対例はなし(2008年以降の中山開催)

アレスバローズ
セイウンコウセイ
ダイメイプリンセス
ミスターメロディ

近2走ともG1以外のレースで掲示板を外していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

ラブカンプー
マルターズアポジー

近3走内に2着以内の経験がない馬の連対例はゼロ(2008年以降の中山開催)

ラブカンプー
マルターズアポジー

前走で北九州記念に出走、かつ2着以下敗退馬の好走例は皆無(2008年以降)

アレスバローズ
モズスーパーフレア
ディアンドル

【人気】
前走でキーンランドCに出走、かつキーンランドCで5番人気以下だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

セイウンコウセイ
ハッピーアワー

前走G1組を除くと、前走が5番人気以下かつ4着以下だった馬の連対例はみられない(2008年以降)

アレスバローズ
セイウンコウセイ
ラブカンプー
マルターズアポジー
ハッピーアワー

【脚質】
前走G1出走、かつ近2走内に1200m超の重賞勝ちの経験がある馬を除くと、前走(国内のレースに限る)の4角通過順が10番手以降だった馬の好走例はゼロ(2008年以降の中山開催)

アレスバローズ
レッツゴードンキ
ノーワン
マルターズアポジー
ハッピーアワー

【枠順】
馬番枠11番の好走例は皆無(2008年以降の中山開催)

マルターズアポジー

馬番枠1番、5番、6番、12番の連対例はなし(2008年以降の中山開催)

アレスバローズ
レッツゴードンキ
ノーワン
ダイメイプリンセス

【血統】
G1 3着以内あるいは1200m超の重賞2着以内の経験がある馬を除くと、父サンデーサイレンス系の連対例はゼロ(2008年以降の中山開催)

アレスバローズ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ダノンスマッシュ
リナーテ
タワーオブロンドン
ファンタジスト



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【スプリンター】最新ナマ情報 2019年9月29日() 05:05

◆仕上がりに自信〔7〕モズスーパーフレア

 中山で4戦3勝2着1回のコース巧者は、当地への輸送も慣れたもの。4着の北九州記念が26キロ増だったため馬体重が注目されるが、竹中助手は「輸送前の体重(512キロ)が小倉のときと変わらないので、同じくらいかも。ただ、1回使って見た目はすっきり。落ち着きすぎていた前走より気持ちも入っている。上積みは大きい」と仕上がりに自信を見せる。

◆リラックス状態〔13〕ミスターメロディ

 春のスプリント王者はスムーズな輸送で午後3時41分に中山競馬場入り。馬房に入ると横になりリラックスモード。「輸送は問題ない。前走後はカイバを食わし込んでいるので、おそらく体重が減ることはないでしょう。前走はレース当日の暑さもこたえたのかも。いくらかでも、雨は降ってくれた方がいいかな」と加地助手。

◆暑い日差し歓迎〔1〕アレスバローズ

 昨年のサマースプリント王者は、午前11時40分に中山競馬場へ到着。僚馬イベリスとともに関西馬では一番乗りとなった。上村助手は「春から使い込んでいた昨年(14着)より、ゆっくりとしたローテで来られたからね。暑いときの方が絶対にいいし、今の気候はいい」と照りつける夏のような日差しを歓迎する。

◆好条件そろった〔3〕セイウンコウセイ

 決戦前日は北の角馬場で調整。平田助手は「100%以上の仕上がり。ここ2年とは馬も違う」とデキの良さを強調し、「(3)番枠ならどんな作戦も取れそう。馬場も含めていい条件がそろっているし、言うことないです」と期待の口ぶりだ。

◆重賞戦線で堅実〔4〕リナーテ

 重賞戦線でも堅実駆けが光る5歳牝馬は、昨年12月のターコイズS(7着)以来、2度目の中山。「輸送は問題なく、カイバも食べている。以前は発汗がひどいときもあったが、今は精神的にだいぶよくなってきた」と野本厩務員。

◆岩田康に任せる〔5〕レッツゴードンキ

 4カ月半ぶりの実戦となる7歳牝馬は午後2時23分に決戦の地に着いた。「渋滞もなかったし、慣れたもので落ち着いていました」と寺田助手。これで4年連続参戦。「いい枠が当たったので、岩田康騎手の得意な競馬をしてくれればいい。いい形で運んで上位争いができれば」と期待を込めた。

◆輸送はスムーズ〔6〕ノーワン

 オークス18着以来となるハーツクライ産駒は、中山競馬場に午後3時20分に到着した。岸助手は「輸送はスムーズでした。調教はやってきたけど、休み明けなのでどうか」と語った。

◆スピード魅せた〔9〕ディアンドル

 古馬初対戦の北九州記念で2着だった3歳牝馬は、正午前に中山競馬場入り。小屋敷助手は「中山は3度目だし、イライラした感じはない。前走は出遅れて位置を取りにいったぶん最後に勢いが鈍ったかな。でもいいスピードを見せた。課題はゲートだけど、練習からソワソワした感じのない今なら大丈夫そう」と好ムード。2戦2勝の中山でGI戴冠を目指す。

◆今年は状態いい〔10〕ラブカンプー

 昨年の2着馬は6戦連続2桁着順と結果が出ていない。「輸送はスムーズで問題なかったです。具合は相変わらずいいんだけど、競馬で成績が伴わない」と飯田厩務員は首をかしげる。「去年ははまったのかもしれないけど、今年の方が状態はいい」と巻き返しに期待した。

◆口向き良かった〔11〕マルターズアポジー

 南の角馬場からWコースを1周半、軽快な脚取りだ。米良助手は「良くないときの雰囲気は脱しました。口向きも確認したけど良かったです。これまでのGIではゲート前で周りの圧を感じているようだったので、何とか頑張ってほしい」と期待をかけた。

◆3度目の正直だ〔12〕ダイメイプリンセス

 北九州記念の勝ち馬はGI3度目の挑戦。スムーズな輸送で午後3時10分に到着した。「2走前のあの脚を使えれば差はないと思う」と長友助手は力を込める。「中2週なので追い切りはあの時計でちょうどいい」と話した。

◆前走より体調は上〔14〕ハッピーアワー

 今春のファルコンS勝ち馬は、午後3時40分頃に決戦の地に入った。「輸送でいつも体が減る馬だけど、今回は(馬運車でも)だいぶおとなしく手が掛からなかったから、心配なさそう。体調は前走より上向いていると思う」と橋本助手。

[もっと見る]

【血統アナリシス】スプリンターズS 上位争い必至のキーンランドCウイナー!大仕事をやってのけても不思議はないステイゴールド産駒! 2019年9月28日() 16:00

日曜日に行われるスプリンターズSの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


アレスバローズ
ディープインパクト×トニービンという、中距離指向が強い配合だが、母の現役時の良績は短距離に集中。近親にはソルジャーズソングソルヴェイグなど短距離路線で活躍した馬が多く、1200mのG1で通用してもおかしくない。ただ、年齢的にピークアウトの感は否めず、消耗戦になると最後まで脚が続かない可能性もある。高速決着を望めそうなコンディションになれば押さえには、といったところか。

ダノンスマッシュ
祖母はエクリプス賞最優秀3歳牝馬に選出された名牝で、伯父にはBCマイルの優勝馬がいる良血。その母系にロードカナロアを配しているのだから、スプリンターとしての資質は申し分がない。パワー型マイラーのダンチヒ系ハードスパンと、持久力に優れたロベルト系のクリスエスを組み合わせた母の構成をみるに、パワーを要求される直線急坂コースも問題なさそう。死角は少なく、上位争い必至とみる。

セイウンコウセイ
エンドスウィープ系種牡馬の産駒はスプリンターズSで良績を残しており、父系のレース適性の高さについては異論のないところ。ただし、ダート指向の強い母父と、内包しているミスプロのクロスが強く反映されているせいか、本馬はタメの利かないワンペース型。決め手勝負は不向きなうえに、時計の速い馬場で目標にされると案外な結果になりやすい。後続勢がキレを削がれる馬場の出現、あるいは馬群がバラけるなど揉まれない競馬が理想だろう。

リナーテ
母は南米の中距離G1で活躍。サトノダイヤモンドを半兄に持ち、近親には複数の南米G1馬が名を連ねる。少なくとも牝系の質で見劣ることはない。ステイゴールド×中距離指向の強い牝系という配合面から、極端に時計が速くなるとツラいところはある。その反面、前が苦しむ展開になれば、馬券圏内は十分視野に入る。意外性と成長力に富む父産駒の特徴を鑑みると、大仕事をやってのけても不思議はない。

レッツゴードンキ
父のキングカメハメハロードカナロアという傑物を輩出。本馬自身も一昨年の当レースで連対しているように、舞台適性は極めて高い。一方で、牡馬混合のG1を制するには母のスケールが物足りない印象。これといった特長に欠ける母父の弱さも善戦止まりの要因かもしれない。加えて、加齢に伴う衰えも気になるところ。プラス要素に乏しく、積極的には手が出ない。

ノーワン
きょうだいに目立った存在はいないものの、母はフサイチコンコルドと同血、一族からは愛オークス2着馬など、活躍馬が多数出ている。ただ、中・長距離向きの配合に加え、欧州血脈が強調された構成のため、極端な高速決着になった場合の不安は残る。戦績をみるに配合以上の速力を備えているのは間違いないが、ここに入ると距離不足の印象。馬場や展開に恵まれないと、上位争いまでは厳しいか。

モズスーパーフレア
父のスパイツタウンはBCスプリントの勝ち馬で、母父はダンチヒ系のスピードタイプ。加えて、レイズアネイティヴのクロス、ボールドルーラーの多重クロスを内包しており、バリバリの米国型快速仕様とみていいだろう。ゆえに、速力で押し切れるコースがベター。中山芝1200mで良績を残しているのもうなずける。反面、一本調子なところがあり、スムーズさを欠くとモロいのも事実。中山実績をそのまま評価しての連下扱いが正解ではないか。

タワーオブロンドン
BCクラシックなどを制したレイヴンズパスを父に持ち、母父は凱旋門賞などを制したダラカニ。一族には英・愛ダービー馬や英オークス馬、皐月賞馬のディーマジェスティらが名を連ねる。欧州色の濃い配合ゆえ、水準以上のパワーを求められる直線急坂の中山コースは悪くないはず。当レースで父ゴーンウエスト系の好走例がない点は引っ掛かるが、母系の地力は高く立ち回りひとつで間に合う可能性はある。あとは、夏場に3戦こなした反動があるかどうか。その1点に尽きよう。

ディアンドル
ルーラーシップ×スペシャルウィークという、持久力に優れた馬同士の掛け合わせ。本馬が1200mで良績を残しているのは、短距離指向が強い母ならびに祖母の持つスピードがあってこそのものだろう。とはいえ、軽い芝の高速決着では分が悪い。勝ち負け争いに加わるには、好位でタメを利かせたうえ、上がりを要する競馬、あるいは適度に時計を要する決着が望ましい。

ラブカンプー
父のショウナンカンプ高松宮記念の勝ち馬で、母の父マイネルラヴスプリンターズSの優勝馬。構成上の速力に関しては、ここでも指折りの存在と推察される。そもそも本馬自身、昨年の当レースで2着に奮闘しているのだから、高い舞台適性を備えているのは間違いない。とはいえ、今年に入ってからは大敗続き。崩れたリズムを取り戻せない現状では狙いづらい。馬場や展開に恵まれた際の、掲示板争いまでが精一杯ではないだろうか。

マルターズアポジー
父は朝日杯FSを逃げ切ったゴスホークケン。母は1200mで行われていた旧フェアリーSの勝ち馬で、近親には米ダートの短距離G1馬が複数並ぶ。スピードとパワーに特化した血統構成だ。ただし、加齢に伴い他馬と競う気力が衰えている点は不安材料。母父にエーピーインディ系種牡馬を持つ馬の当該コース成績も芳しくない。得意のかたちになったとしても、馬券圏内まではどうか。

ダイメイプリンセス
キングヘイローは産駒として、2009年の当レースを制したローレルゲレイロを輩出。エルグランセニョールなど数多くの活躍馬を送り出した牝系についても申し分がない。反面、中山の馬場改修以降(2015年以降)、欧州ノーザンダンサー系を父に持つ馬の成績が振るわない点は気がかり。昨年は展開が向いたにもかかわらず、複勝圏内に届かなかった。年齢をひとつ重ねた今回、それを超える結果を望むのは酷だろう。

ミスターメロディ
父は欧米で多数の活躍馬を輩出しているスキャットダディ。本馬と同世代の産駒には、米三冠馬のジャスティファイなどがいる。他世代でもトラックを問わず、マルチにG1勝ち馬を送り出しており、種牡馬としての質はケチのつけようがない。ただし、ダート色が濃い構成ゆえに、速い上がりを要求されると苦しい面も出てくる。勝ち切るには、適度に上がりを要する展開や馬場、あるいは自身から早めに動くなどの積極策が必須となろう。

ハッピーアワー
祖母はヨハネスブルグの半妹、一族にはテイルオブザキャットやプルピットが名を連ねる一本筋が通った牝系だ。その牝系にディープインパクトとハービンジャーを重ねているのだから、相応のポテンシャルを潜在させた馬であることは間違いない。その一方で、近い親族に重賞級はゼロ。活力的に物足りず、定量G1で勝ち負けまではどうか。あっても3着、というスタンスで構えるのがベターかもしれない。

イベリス
近親にクイーンズランドオークス2着馬、遠縁には英セントレジャーの勝ち馬がいる一方で、半姉のベルカントは芝1400m以下の重賞を5勝。全姉も芝1200mの勝ち鞍がある。ロードカナロア産駒の本馬も、本質は短距離でスピードを活かしたいクチだろう。距離についても、前回の内容をみるに守備範囲と判断できる。すんなり好位から前をとり、自分のリズムで運べるようなら、上位進出の目もありそうだ。

ファンタジスト
父は最強スプリンターロードカナロア。その父にディープインパクト×デインヒルの肌馬を掛け合わせることで、上質のスピード持続力を実現している。一方で、近い親族にコレといった活躍馬は見られず、活力に欠けるところが難点。G1で苦戦が続いている要因のひとつと考えられる。そのあたりを踏まえると、前回以上のパフォーマンスを望めるかどうかについては疑問符がつく。連下の押さえまで、という評価が妥当ではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーアワーの関連コラム

閲覧 1,389ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



9月29日(日) 中山11R 第53回スプリンターズステークス(3歳以上G1・芝1200m)


ダノンスマッシュ(C)中4週
前走は函館スプリントSを除外になった調整の狂いをうまく調整し、かなり良い仕上がりだった。レースでも直線外から力強く伸びての快勝。前走時にしっかり仕上げてきていたこともあるのか、この中間はこれまでほとんど1週前の追い切りでは併せ馬を行ってきていたが、坂路を単走での追い切りだった。動きに関して特に気になるところはなかったが、これまでの調整とは違う点は気がかり。そのあたりは函館スプリントSの除外での影響がここに響いてきているのかもしれず、人気になる馬だけに状態面に関しては気になるところ。

タワーオブロンドン(A)中2週
夏場のサマースプリントシリーズを使われてきて、今回もセントウルSを使って中2週での参戦。かなり厳しいローテーションではあるが、1週前追い切りの動きを見ると馬なりで軽めの調整も力強く、疲れを感じさせないくらい出来は良さそう。

ミスターメロディ(B)中2週
前走時は追い切りの時からかなり行きたがる感じがあって、パドックでは太め感はなかったが予想以上にテンションが高かったように思う。この中間は土曜日に福永騎手が騎乗して馬なりでの調整。前走でガス抜きができて、最終追い切りでしっかり折り合いがついてくるようなら良さそう。

レッツゴードンキ(E)4ヵ月半
ヴィクトリアマイルからの休み明けのレースとなる今回は、いつも通り1週前に岩田騎手が騎乗しての追い切り。ただ今回はいつも坂路で行っているところをCWでと追い切るコースの変化が気になるところ。その動きを見るとかなり行きたがる感じで、直線で追われて時計は出ているものの、馬体が伸びきってしまっている走りで、内容的にはかなり物足りない。

セイウンコウセイ(B)中4週
もともと調教では速い時計の出る馬ではあるが、ここ1年半はあまり調教では目立つ動きを見せることがなかった。ただこの中間は速い時計も出ていて、1週前追い切りの動きを見ても首が上がり気味になることもなく、しっかりと前に伸びていて調子はかなり良さそう。

ディアンドル(A)中5週
2歳時は調教ではそれほど目立つ時計が出ていなかった馬だが、3歳になってから坂路では好時計が出るようになってきた。この中間も2週前、1週前と坂路でかなり速い時計が出ており、1週前追い切りの動きを見ても重心が安定していて終いグッと加速する走りで、かなり良く見えた。

ファンタジスト(C)中2週
休み明けの北九州記念時も良い動きに見えたが、前走時の追い切りの動きは素軽さが出て一度使われて良くなった感じだった。この中間は1週前追い切りの動きを見ると、前走時のような軽さは見られず。間隔も詰っているので、上積みがある感じの動きではなかった。

ラブカンプー(B)中2週
昨年2着馬も近走は物足りないレース内容。夏場に3戦使われて、この中間も中2週で間隔は詰まるが、日曜日に好タイムをマークし、久しぶりに終い速い時計で少し変わり身がありそうな感じもする。

ダイメイプリンセス(C)中2週
前走時も状態は特に悪い感じはなかったが、乗り替わりの影響もあったと思う。今回は手の合う秋山騎手が乗るのでその点はプラスになりそうで、この中間は中2週で日曜日に速い時計を出し、終い伸びており調子落ちはなさそう。

リナーテ(A)中4週
この中間は中4週空いた中で、2週前にビッシリと速い時計を出して1週前は控えめという京王杯SCの時のような調教内容で、状態面の良さが窺える。

モズスーパーフレア(C)中5週
今回が叩き2戦目。もともと坂路では速い時計の出る馬で、2週前、1週前と時計的には出ているが、内容としては前走時とそれほど変わらず。大きな上積みは感じられない。

マルターズアポジー(F)中6週
この中間は南Wでの調整で時計は出ているが、1週前の動きを見てもスプリンターの走りではない感じがする。今回1200m戦は初めてになるが、マイルから中距離の逃げ馬でスプリント戦ではテンのスピードが違うので、逃げられず何もできないまま終わりそう。

アレスバローズ(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、1週前追い切りの動きを見るとステッキが入り首も上がり気味で、動きは物足りない感じに映った。

ノーワン(C)4ヵ月半
オークスからの休み明け。どちらかと言うとこの距離の方が向いているとは思うが、休み明けでいきなりここでは、馬がペースに戸惑うのではないかと思う。状態に関しては、3週前から坂路で速い時計を出してきていて乗り込み量は十分。ただ、ここを目標にしていたのならばどこかを使っての本番のハズで、ぶっつけ本番ということは調整が間に合わなかったということも考えられる。

イベリス(B)中2週
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて時計もしっかり出ていて、仕上りは良かったと思う。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子落ちはなく順調。

ハッピーアワー(E)中4週
休み明けの前走は見せ場なく10着に敗退。この中間もコース追い中心で、走りを見ても首が高くダート向きの走りをしており、特に目につくところはない。



◇今回はスプリンターズS編でした。
スプリンターズSのコラムは2016年以来ということで、その時にはG1に昇格して初めて勝ったバンブーメモリーの強烈な末脚が印象に残っているということを書いたと思いますが、その次の年の勝ち馬ダイイチルビー、そしてその次の年の勝ち馬のニシノフラワーとこの2頭もバンブーメモリーと同じような直線一気の末脚での差し切り勝ち。
それぞれの馬の末脚が強烈だったため『スプリンターズS=直線一気!!』というレースのイメージは、30年近く経った今でも私の頭の中を大きく支配しています。

バンブーメモリー
( https://www.youtube.com/embed/rmU6ynjQhpw?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ダイイチルビー
( https://www.youtube.com/embed/0zQsjCJjBZc?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ニシノフラワー
( https://www.youtube.com/embed/v1I0tNFrdPA?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

今年は逃げ切りか、先行抜け出しか、それとも直線一気か、いずれにしても強烈な印象の残るレースになることを期待したいと思います。

それでは次回、毎日王冠編(予定)でお会いしましょう。


※スプリンターズS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年9月25日(水) 10:35 覆面ドクター・英
スプリンターズS・2019
閲覧 1,768ビュー コメント 0 ナイス 13

お久しぶりです。秋のG1シーズンがやってきてコラム再開です。8月末までの地方競馬プロテストを勝ち抜き、香港競馬もダントツ1位で、ともに晴れてプロとしての活動をスタートさせる運びとなりました。
「なんだ、またお前か」と、ちょっと飽きられた頃かもしれませんが(^^;、中央競馬でもいい成績を残せるよう、“三部門”全てで好成績を残せるよう頑張ります。

スプリンターズSへの桜花賞グランアレグリアの参戦は、左前脚不安で無くなってしまいましたね(もまれ弱いので、内枠を引いたら消そうと思っていたのですが)。
昔はニシノフラワーが、牝馬三冠が終わってから参戦しての勝利なんてのもありましたが、年末施行の時代でしたからね。でも、これからの時代は、距離適性から秋華賞に向かわない馬も増えてくるのかもしれませんね。

当初参戦を表明していたステルヴィオも(ノド鳴り馬なので消す予定でした)右目炎症で回避と、ノーザンFの確実に人気になるであろう2頭は出走せず、こうなってくると割と堅めの決着になっちゃうんでしょうかねぇ。


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 ダノンスマッシュ:飼料への異物混入での大量競走除外問題でのとばっちりで函館SSを使えなかったりもしたがキーンランドCをしっかり勝ち、この路線の主役をアピールした。高松宮記念では1番人気に応えられなかったが、引き続き今回も当然有力。

2番人気想定 タワーオブロンドンキーンランドCではダノンスマッシュに完敗だったが次第にスプリント戦のペースにも慣れてきて前走セントウルSは3馬身差の楽勝で、中山ならダノンスマッシュ逆転もあるのでは。ただゲートが悪く、前走も出遅れたように、大出遅れで、即終了という危険性もあり。

3番人気想定 モズスーパーフレア:3月には同舞台のオーシャンSを制覇したスピード馬。ただ逃げないと力を出せないタイプで、テンに速い馬が揃うここは、逃げられる保証は無く、人気を考えると消して妙味か。前走は26kg増で、逃げられなかったのは松若騎手が悪かったわけじゃないと思うが。

4番人気想定 ミスターメロディ高松宮記念は福永騎手の腕でG1馬になってしまったがあれは出来過ぎ、前走のセントウルS8着は走らなさ過ぎで、その中間くらいの実力が本来の姿ではないかとみている。デビューから4戦続けてダートを使っていたように、先々はダート短距離王にシフトしていくのでは。本番に向けて調子を上げてくる藤原英厩舎だけに、上積みはあるのだろうが、春のスプリント王者といえど今回も気楽なチャレンジャー的な立場か。

5番人気想定 ディアンドルルーラーシップ×スペシャルウィークという血統面からはスプリンターに見えない配合。前走セントウルSで2着に敗れるまでは5連勝と勝負強さを備えており、楽しみな素材。53kgだけに十分好走はあり得る。

6番人気想定 ファンタジスト:昨秋は新馬戦、小倉2歳S、京王杯2歳Sと3連勝したがその後はいまひとつ。前走は和田騎手が返し馬段階から気合いをつけてセントウルSで2着と、それまでの二桁着順続きから一変した。スプリント適性もあってこその結果ではあるのだろうが、武豊騎手に戻るのはマイナスかも。

7番人気想定 リナーテサトノダイヤモンドの半妹で、ステイゴールド産駒らしい、ゆっくりした成長力みせている馬。差しにくい札幌の夏競馬で1着、3着と鋭い末脚を披露していて、ヒモには入れたいのだが、鞍上が三浦皇騎手なのには正直がっかり。

8番人気想定 イベリスアーリントンCを逃げて勝った3歳馬で、前走のセントウルSは差し競馬の練習。それなりに形になっており、斤量も軽くやれても良く、ダービージョッキーとなった浜中騎手も良い。

9番人気想定 セイウンコウセイ:一昨年は高松宮記念を制して今年も2着と中京は得意なようだが、中山はさっぱりで買えない。

10番人気以下想定 レッツゴードンキ:昨年はファインニードルの5着、一昨年はレッドファルクスの2着とまだやれておかしくない。常識的には7歳秋の牝馬というのは買えないのだが、この馬は例外で、これだけ人気落とすようならヒモには入れたい。

ダイメイプリンセス:昨年は10番人気で4着と好走したし、今年も北九州記念をズバッと差し切って健在ぶりをアピールしているが、得意の新潟直千舞台アイビスSDでも昨年よりパフォーマンスを落としたように加齢の衰えがありそうで、昨年以上は難しいのでは。

アレスバローズ:昨年はCBC賞と北九州記念の重賞連勝で臨んだスプリンターズSで14着だったが、今年はCBC賞2着、北九州記念6着と昨年より成績を落としており、衰えがありそう。ただ去年より斤量を背負っての着順悪化だととらえれば、それほど衰えてない可能性もあるか。

ノーワン:父がハーツクライで母はカーリアン×サドラーズウェルズと血統面からは長距離馬に見えるが、フィリーズR勝ち後は桜花賞11着、オークスもビリの18着と距離延びるほどに惨敗という戦績。その点、この条件自体は向くのかもしれないが、能力的に、さすがにこの相手は厳しいのでは。

ラブカンプー:昨年スプリンターズSで9番人気2着と波乱を演出したが、その後は二桁着順続きで坂路調教でも以前ほど動けなくなっており、今年は激走は無さそう。

マルターズアポジー:2年前の関屋記念制覇後は勝ち星から遠ざかり、ダートを使ってみたり、距離を詰めてみたりと試行錯誤を続けているが、逃げ馬特有の気力の衰えで惨敗続き。そろそろ引退の時期なのでは。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては珍しい短距離馬。3月にファルコンSを制したもののキーンランドCでは10着惨敗と序盤もたつく癖が抜けず、一線級相手では厳しいのでは。

キングハート:1年半前に同舞台のオーシャンSを10番人気で勝ったが、その後はさっぱりで、得意舞台とはいえ強調材料なし。


<まとめ>
有力:タワーオブロンドンダノンスマッシュ

ヒモに:ディアンドルリナーテファンタジストイベリス

穴で:レッツゴードンキアレスバローズ

[もっと見る]

2019年8月23日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】乗り手が変われば馬の個性も変わる/キーンランドC展望
閲覧 1,359ビュー コメント 0 ナイス 5

先週末は札幌で札幌記念、小倉では北九州記念が行われた。どちらも好メンバーが揃い、秋のG1に向けても重要な一戦となった。

札幌記念は川田騎手に乗り替わったブラストワンピースが、直線馬群を割って抜け出し、粘るサングレーザーを交わし、追いすがるフィエールマンを退けた。有馬記念以来久々の勝利はこれまでの後方を追走し外を回すという形からスタイルを変えた、凱旋門賞への期待が広がる内容でもあった。

一方敗れたフィエールマンは久々の2000mに戸惑った印象もあり、悲観する敗戦ではないだろう。こちらも距離が延びてこそのタイプであり、凱旋門賞では巻き返しに期待したいところだ。

先週は我がブログ、TAROの競馬でも札幌記念の予想を無料公開したが、◎ブラストワンピースが期待通りの勝利。川田騎手は本当にこちらの思い描いた理想通りに騎乗してくれる素晴らしい騎手になった。凱旋門賞にも是非ともコンビを継続して挑んでもらいたい。



一方で西の北九州記念は、Aコース4週目で外が伸び始めた馬場に加えて、イエローマリンバラブカンプーといった伏兵の逃げ先行馬に外からモズスーパーフレアも絡んだため、字面以上に厳しい流れとなった。こうなると最後は外からの差しが決まるのが恒例。先週の当コラムでわざわざ藤岡康太騎手を取り上げ、◎アンヴァルは「タイプ的には合っていると思う」と書いたのもそれだけ自信があったゆえである。最終的に当方の配信である『競馬ノート』でも勝負度【A】として自信の本命に推奨し、勝った○ダイメイプリンセスとともに2019年になってから最大の勝負を敢行。個人的にもお盆の花火を打ち上げることに成功したレースだった。3連単まで獲り切れなかったのは悔しかったが…。(※買い目は画像を参照ください。)

(恐らく読者の大半は興味がないであろう)個人的な自慢話はともかく、今年の北九州記念は今後にもつながる中身のある一戦だったように思う。特に、勝ち馬もさることながら、2着のディアンドルの好内容が光った。展開や馬場を考えれば勝ちに等しい内容で、決して平坦後者というタイプでもない。まだ3歳馬でまだまだ伸びしろもあるだろうし、スプリンターズSでも楽しみが広がるレースぶりだった。

また4着モズスーパーフレアも逃げることはできない中で見せ場は作った。こちらはどうしても展開や枠に左右されるだけに安定は望めないが、スプリンターズSがスピードを問われる馬場状態になればチャンスもありそうだ。


〜馬の個性は騎手が作り上げるという側面

先週の両重賞を見て、馬券以外に強く感じたことがある。それは、

「騎手が馬の個性を作る」

というもう一つの競馬の側面である。そのことを強く印象付けたのは、札幌記念で2着したサングレーザーのレースぶりだ。サングレーザーといえばこれまでの主戦は福永騎手で、同騎手が上手く末脚を溜めることにより、極限の末脚を引き出されてココまでキャリアを積み上げてきた。

昨年のマイラーズCでは抜群の切れ味を披露し重賞制覇、札幌記念では2000mという未知の距離の中で後方でじっくりと溜め、抜群の進路取りで差し切る、まさに「神騎乗」を見せたのは印象深い。

ところが、今年は福永騎手にワグネリアンというパートナーががいたために、サングレーザーは岩田騎手に乗り替わりとなった。このことが、同馬の新たな一面を引き出すことになる。

まずスタートを決めたサングレーザーは、岩田騎手に促されると、やや行きたがりながらも先行する形に。そしてラチ沿いに寄せていくと、1コーナーではインの3番手を確保した。溜める競馬を身上とする同馬にとってこれは決して本来のパターンではないように思われたが、直線も粘りを見せ、ブラストワンピースを脅かす2着確保。フィエールマンの追撃は封じて見せた。

レースは基本的に馬の個性を騎手がどう引き出すかが重要だと考えているが、一方で騎手が馬の個性を作り上げる側面もあるのだと、強く感じさせられたレースぶりだった。サングレーザーは福永騎手が騎乗すれば、同騎手らしい当たりの柔らかさで鋭い末脚を発揮し、岩田騎手が騎乗すれば、同騎手らしいロスの無い立ち回りで粘りを見せる。騎手によってこれほど馬の個性が変化するのだ。

他方、北九州記念においては、デムーロ騎手からの乗り替わりとなった秋山騎手が見事な騎乗を見せダイメイプリンセスを勝利に導いた。リーディングや知名度では断然デムーロ騎手が上位だが、やはり騎手と馬との相性は大事だなというのを感じさせられる激走だった。デムーロはダイメイプリンセスにおいて、一度もまともな騎乗をできていなかった。同馬において、秋山騎手への手戻りは明らかに「鞍上強化」だった。


〜今週も好メンバーが揃った、キーンランドC

さて、今週末の重賞はキーンランドCと新潟2歳S。

新潟2歳Sはまだキャリアの浅い2歳戦。また、馬場状態次第の面もあるため現時点では何とも言えないが、初勝利のパフォーマンスだけを純粋に比較するならばウーマンズハートが一枚抜けているように思う。

一方でキーンランドCは混戦模様ながら、先週の北九州記念に引き続きスプリント路線の好メンバーが揃った印象だ。函館スプリントSでは無念の除外となったダノンスマッシュが改めて秋へ向けて始動するほか、スプリント戦2度目となるタワーオブロンドン、前走1200mに戻り鮮やかな末脚で抜け出したリナーテ、近走復活気配のあるセイウンコウセイなどに注目だろうか。

だが、個人的には3歳馬の奮闘に期待したい。その中でも伏兵で面白そうなのはハッピーアワー。デビュー以来ほとんどが1400m〜1600mのレースで、そのいずれのレースでもほぼ行きたがって掛かっていた馬だが、今回は久々の1200mに戻る。唯一の1200mは昨年快勝したすずらん賞で、レースぶりを見てもこの距離がベストだろう。

恐らくスタートで少し出遅れることになると思うので多頭数の1200mで全幅の信頼を置けるタイプではないが、展開や週末の馬場次第では出番がありそうだ。人気もないだろうし、一枚加えておいて損はない。

夏競馬もあと2週。もう一発二発、デカい花火を打ち上げて、良い締めくくりとしたいものだ。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年5月9日(木) 18:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/4~5/5)佐藤洋一郎プロが土曜京都5R75万超、NHKマイルC41万超払戻しなどの大暴れ!
閲覧 1,299ビュー コメント 0 ナイス 14



先週は、5(日)に東京競馬場でG1NHKマイルCが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1NHKマイルCは、グランアレグリアが単勝1.5倍の断然人気。以下、2番人気アドマイヤマーズ(単勝4.3倍)、3番人気ダノンチェイサー(単勝10.0倍)と、完全に2強オッズの様相。4番人気グルーヴィット、5番人気ヴィッテルスバッハの単勝10倍台後半勢以降は、ほぼ全頭単勝30倍以上のオッズ構成でスタートの時を迎えます。
内からイベリスプールヴィルクリノガウディーらが先手を主張。3頭が早々と後続に2馬身ほどのリードを築くと、直後の4~5番手にワイドファラオと引っ掛かり気味にグランアレグリアダノンチェイサーがこれに続き、トオヤリトセイトグルーヴィットアドマイヤマーズヴァルディゼールマイネルフラップファンタジストカテドラルケイデンスコールヴィッテルスバッハロードグラディオハッピーアワー、最後方にミッキーブラックの態勢で3コーナーへ。
前半4Fを45.8秒(推定)のペースで進む隊列は、ここでイベリス単独先頭の形に。グランアレグリアは馬群の中の6~7番手、2強の一角アドマイヤマーズは同じような位置取りでも、対極の大外を回す競馬で、4コーナーから直線入り口にかけてを追走。トオヤリトセイトワイドファラオダノンチェイサーらが、これら“2強”よりも前の位置取りで先行3頭を追うようにして直線勝負へ。
イベリスを追う2列目勢が、徐々に並び掛け横一線の様相に。と、ここでその後ろで追い出しを開始したグランアレグリアが、外へと持ち出しそうとしたところ、ダノンチェイサーと衝突。その外にいたアドマイヤマーズもそのあおりを受けるシーンが発生。それでも、ここから立て直して前を追う上位人気3頭。その中から最も目立つ伸びを見せたアドマイヤマーズが、一気に前を飲み込む構えをここから見せると、残り100mでそのまま先頭へ。内を突いてカテドラル、大外を強襲してはケイデンスコールと、伏兵2頭が鋭い伸びで迫って、これら3頭が一歩リードの態勢となるゴール前。しかし、この争いを、先んじて抜け出して振り切った2番人気アドマイヤマーズがV。G1・2勝目をあげています。1/2馬身差の2着には14番人気ケイデンスコールが入り、そこからハナ差3着には7番人気カテドラルが入っています。
公認プロ予想家では、佐藤洋一郎プロはははふほほほプロ夢月プロジョアプロ岡村信将プロサラマッポプロスガダイプロきいいろプロら計9名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)の京都5Rで▲アッシェンプッテルオーパスメーカーチャチャチャ3連単的中、75万5060円払戻しのホームランを披露!さらに、この日は新潟11Rでも、◎ライオンボス(単勝98.1倍)から20万2,640円の払戻しなどを披露しました。そして、5(日)G1NHKマイルCでは、◎ケイデンスコール(単勝87.7倍)から3連単○◎△的中(410,680円払戻し)のスマッシュヒットを披露と、連日の大活躍!! 土日2日間トータルでは、予想提供数66R、的中率28%、回収率275%、収支116万1,480円プラスの絶好調成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
先週は、4(土)G2京都新聞杯で◎レッドジェニアル(単勝34.6倍)○ロジャーバローズから3連単2148.3倍を本線的中のファインプレー予想を披露! 週間トータルでは、回収率トップの429%を達成し、2週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
4(土)新潟11Rで◎ライオンボス(単勝98.1倍)から、馬単976.4倍的中含む計45万520円払戻しのビッグヒット達成! 週間トータルでは、回収率264%、収支31万3,100円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
4(土)は京都12Rパキュートハート的中を筆頭に、東京7Rほかで高精度◎を披露。5(日)にも、京都2R京都3RG1NHKマイルC京都12Rなどで好調ぶりをアピール! 週間トータルでは、回収率195%、収支14万910円の大幅プラスを達成しています。また、2週連続プラス収支を記録しています。
 
 
 
この他にも、おかべプロ(242%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(178%)、シムーンプロ(178%)、イレコンデルパサープロ(178%)、セイリュウ1号プロ(166%←3週連続週末プラス)、馬っしぐらプロ(166%←3週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(120%←4週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(116%)、きいいろプロ(113%←2週連続週末プラス)、導師嵐山プロ(112%←2週連続週末プラス)、霧プロ(109%←2週連続週末プラス)、スガダイプロ(107%)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年5月2日(木) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019NHKマイルC&京都新聞杯
閲覧 2,046ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


5月5日(祝日) 東京11R NHKマイルC(3歳G1・芝1600m)


【フルゲート18頭】

<優先出走馬>

イベリス(B)中2週
デビュー前から坂路で調教されてきていた馬だが、前走がマイル戦だったこともあり前走時は1週前、最終追い切りとCWでの追い切りに変えてきていた。坂路でもCWでも時計は出る馬で、今回の1週前追い切りでもCWを長めから併せ馬で好時計をマーク。調子は良さそうだ。休み明けのフィリーズR時は太い感じに見えたが、前走時は締まってスッキリした馬体だったので、前走時のような馬体で出走してくれば好走が期待できそう。

ヴィッテルスバッハ(D)中3週
調教では併せ馬で遅れることが多かった馬だが、前走時は1週前に先着して最終追い切りでも好時計で併入と、内容が良かった。この中間は間隔も詰まっており、先週の土曜日に速い時計こそ出しているものの併せ遅れと、前走を使われてさらに上積みという感じはない。

カテドラル(D)中2週
出走する度に馬体重の増減が大きい馬。前走時くらいのスッキリした馬体がちょうど良い印象で、今回はその馬体を維持したいところか。この中間は、中2週で1週前追い切りでは強めの追い切りはなし。これまで1週前に併せ馬でビッシリ追われて、直前は控えめという内容が多く、パドックでイレ込む可能性のある馬(今回は関東への長距離輸送があるので特にその点には注意が必要)。直前は強く追いたくないだろうし、総合的に考えると前走のような状態で出走させるのはかなり大変そう。

トオヤリトセイト(E)中2週
前走時のパドックでもモッサリした感じで、まだまだ良くなりそうな馬体だった。この中間は中2週で関東への輸送もあり、速い時計は出していない。あの馬体でこの中間に速い時計を出していないということは、反動が出ている可能性もある。これまでのレースはすべて緩めのペースでの競馬で、今回はペースが速くなって厳しいレースになるだろうし、この馬には試練が多い。

ワイドファラオ(A)中3週
大きな馬でこれまでのパドックでは緩く見せていたが、前走時は休み明けで+12kgの馬体重でもこれまでで一番しっかり出来だった。中3週でもう一度関東への輸送が控えるが、この中間も1週前に3頭併せで一杯に追われる意欲的な過程。遅れてはいるものの、ゴール板を過ぎてからムチを入れてビシビシと追われる様からは、疲れよりもまだまだ良くなるといった印象が伝わってきた。これで最終追い切りの動きが素軽くなって、馬なりでスッと伸びてくるようなら期待できそう。


<以下、賞金上位馬>

アドマイヤマーズ(B)中2週
皐月賞からの中2週となり、この中間は坂路での調整。前走時にしっかり乗り込まれていてパドックでも馬体はしっかりできていたので、無理して強く追う必要もない。1週前追い切りの動きに関しては、単走だったがリラックスした感じで良い動きだった。

グランアレグリア(AA)中3週
休み明けの桜花賞では、本来のこの馬の走りができて力通りの圧勝。休み明けでも追い切りの動きは良く、パドックでの落ち着きもあって、朝日杯FS時より精神面での違いを感じさせていた。中3週でのNHKマイルC参戦もある程度想定されていたと思われ、前走時もそのような調整はされていたと思う。この中間は、間隔も詰っているので1週前は単走で馬なりでの追い切りだったが、何よりもリラックスしている点が良い。そして前走を一度使われたことで素軽さも出ていて、馬なりでも終いに馬自身が前へ前へと伸びていく姿勢の走りを見せた。今回はさらに良くなっている感じで、文句ナシ。

ファンタジスト(C)中2週
休み明けのスプリングS時は、パドックではリラックスしすぎているくらいでかなり馬体にも余裕があったのだが、前走時の皐月賞時は気合いも乗って仕上がりも良かった。ただ、最終追い切りの動きは凄く良かった小倉2歳S時よりは物足りなく見えた。この中間は、中2週となり1週前追い切りも軽めの調整で、特に良くも悪くもない感じ。最終追い切りの動きで判断したいが、絶好調時にまでもっていくのは大変かもしれない。

プールヴィル(C)中3週
小柄だがパドックではそれほど小さい感じには見えない馬。中3週の競馬が続くのでなかなかビシビシ追うことができず、馬なりでの調整が多い。1週前追い切りの動きを見ると、重心が高めで前走時と比べるとやや物足りなく見えた。

ハッピーアワー(C)中6週
調教で良い時計が出ている時は好走する馬で、この中間も前走並みの時計は出ていて調子は良さそう。ただ首が高い走りで、この距離になると厳しい面もありそう。

ダノンチェイサー(A)3ヶ月
休み明けとなるが、入念に乗り込まれていて2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られて先着と仕上がりは悪くなそう。1週前追い切りの動きを見ても、仕掛けられるとスッと突き放す好内容を披露していて、前走きさらぎ賞時の追い切りよりも動きは良く見えた。

ヴァルディゼール(B)中2週
休み明けの前走時は追い切りは良く見せていたが、パドックでは落ち着きがなく馬体にも余裕がある感じ。この中間は、1週前に北村友騎手騎乗で一杯に追われて先着。動きにはまだ重たい感じものぞかせたが、1週前の動きとしては十分出来の良さを伝える内容だった。

ケイデンスコール(D)中5週
前走時の追い切りでは、先着こそしたものの重い感じがあった。今回の1週前追い切りの動きをみると、重め感はなくなったが楽な手応えの併走相手に追って先着できずと、状態が良くなってきている感じがない。

クリノガウディー(D)中2週
朝日杯FSではグランアレグリアに先着している馬だが、シンザン記念を回避してからローテーションや調整の狂いがあり、スプリングS、皐月賞とこの馬の良さが出せないままのように思う。この中間も、中2週で1週前は軽めの調整。最終追い切りでガラッと動きが変わってくるようなら、もっと走っても良さそうだが・・・・・・。

グルーヴィット(C)中6週
ダートで2連勝して、前走初芝のファルコンSでも2着に好走していて鞍上込みで未知の魅力のある馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、ローテーションにも余裕があり状態面での不安はない。ただ、追い切り内容、走りなどを見ていると、短距離向きの馬という感じがする。その辺りをふまえると、個人的にはマイル戦は向いていないように思う。

マイネルフラップ(B)中5週
前走時の追い切りでは首が上がり気味。パドックでもいつもよりもテンションが高かった。この中間、1週前追い切りの動きからは、走りも良くなり併せ馬でも先着と状態面の上積みが感じられた。

ミッキーブラック(D)中3週
昨秋の芙蓉Sのパドックでかなり良く見えた馬。ただ、その後は調教もパドックもこれといった手応えのないものしか見られず、馬が良くなってこない。1週前追い切りの動きを見ても、終いで脚が上がってしまっている印象で物足りない。

ロードグラディオ(F)中2週
パドックではモッサリした馬で、良く見せない馬。調教でも、この中間は軽めで1週前追い切りは動きに重たさを感じさせた。特段、変化や良化しているという感じはない。



5月4日(土)京都11R 第67回京都新聞杯(3歳G2・芝2200m)


【登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)

ナイママ(B)中2週
札幌2歳Sでは2着にきている馬で、もともとは能力のある馬。前走の皐月賞時は追い切りもパドックも、調教施設の違いでこれだけ変わるかと思うくらい馬が良くなっていた。この中間も、南Wで好時計を出していて弥生賞前までとは別馬と思ったほうが良い。

タガノディアマンテ(B)中2週
皐月賞から間隔が詰まっているので、1週前は軽めの時計も終いは速くなっていて疲れはなさそう。追い切りでは時計が出て良く見せる馬なので、最終追い切りで良い動きなら期待できそう。

ブレイキングドーン(B)中2週
皐月賞時は追い切りの動きも良く、道悪も期待して◎にした馬。当日は、天気ももって、パドックではウルサイ面を見せていてと、予想ハズレと期待外れのレースになってしまった。それでも前回の調教の動きが良かったことに変わりはなく、今回は重賞2着のある京都へのコース替わり。さらにこの馬に向きそうな外回りコースが舞台なので、引き続き最終追い切りの動きには注目したい。

ハバナウインド(D)中6週
この厩舎の調教内容とすれば前回よりも今回のほうが良い。それでもまだ時計的には物足りないが。

ヒーリングマインド(C)中4週
坂路では速い時計が出る馬ではなく、京都コースは向きそう。1週前追い切りの時計もいつも通りの時計は出ていて、前走時の状態をキープできている感じ。

ロジャーバローズ(A)中6週
この中間も併せ馬でしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りではNHKマイルCに出走するワイドファラオに先行して先着と動きもしっかりしていた。前走を使われての上積みが期待できそう。

ヴァンケドミンゴ(C)中2週
休み明けから詰めて使われてきているが、1週前にも坂路で好時計が出ていて調子が落ちた感じはない。

オールイズウェル(C)中2週
前走時のパドックでは、まだ太い感じ。今回も中2週での競馬ではあるが、そういう状況故、この馬にはビッシリと追って馬体が締ってくるような内容を期待したい。

サトノソロモン(D)中5週
新馬勝ちの内容が良く、前走も期待したかなりの大型馬。調教での時計は出ていたが、パドックではマイナス体重でもまだまだ絞れそうな感じに見えた。この中間も、間隔の割に一杯に追われたのが1週前のみであとは馬なりと、調教内容からは変わってくる感じはない。

トーセンスカイ(C)中6週
新馬戦では、ここにも出走してくるサトノソロモンに敗れたものの、個人的に◎評価だった馬。この馬も大きな馬で、前走時のパドックでもまだ体が緩い感じ。この中間も本数をたくさん追い切られているが、前走時の馬体を見ると良くなるのはまだ先の印象。今回は素質だけで、どれだけ走れるかといった感じがする。

フランクリン(C)中3週
休み明けの前走時はマイナス体重も、まだ余裕はありそうな馬体だった。この中間は1週前に坂路で終い仕掛ける程度の追い切りだったのだが、前走時の馬体をふまえるとビッシリと追えているほうが良いように思ったが。

モズベッロ(D)中6週
前走時の追い切りでは、まだ終いフラつくようなところもあり、この中間は中6週空いている割に乗り込み量が少なく感じた。

ヤマカツシシマル(F)6ヶ月半
半年ぶりのレースとなるが、この中間は乗り込まれているものの一杯に追われていてもかなり時計がかかっていて、良い状態で出走するのは厳しそう。

レッドジェニアル(B)中4週
前走時はCW中心の追い切り内容だったが、この中間は坂路での調整に変えてきた。これまで坂路ではそれほど速い時計が出ていたことはなかったが、1週前追い切りではかなり速い時計が出ていて、前走からの変り身があるかもしれない。



◇今回はNHKマイルC&京都新聞杯編でした。
――子供はいつまでサンタクロースがいると信じているのだろうか?
それぞれの家庭環境によって違うとは思いますが、いつかまでは信じているのは確かだと思います。何でも情報が手に入り、夢よりも現実が覆っているそんな世の中ですが、夢を持っている人に共通しているのは笑顔であること。武豊騎手やルメール騎手、というと笑顔のイメージがとてもあると思います。夢を追っている人たちは、笑顔が自然でそれは見ているこちらにも伝わってきます。それだけワクワクするような大きな夢があり、それは周囲の人も含めた皆の夢でもあるのかもしれません。ディズニーランドに行くと笑顔になるのと同じで、夢のある世界ではみんな笑顔になる。そして夢を持っている人たちがたくさんいれば、世の中みんな笑顔になる......そんなことを令和最初の日に、まだサンタクロースがいることを信じている長男、次男のニコニコした笑顔を見て思ったものでした)^o^(

それでは次回、ヴィクトリアマイル編(予定)でお会いしましょう。(^_-)-☆


※NHKマイルC&京都新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年4月30日(火) 18:30 覆面ドクター・英
NHKマイルC2019
閲覧 2,070ビュー コメント 0 ナイス 12



春の天皇賞は6番人気グローリーヴェイズが本命。最後の直線では一旦先頭に立つも、長い叩き合いでフィエールマンに競り負けて......と、これでG1・4戦連続で本命が2着。予想に「エタリオウにはネタでまた2着に」と書いたのですが、「お前の本命がネタでまた2着だよ」と言われそうな決着でした(笑) 今週も一応的中は残すことが出来たわけですが、毎度のことながら、1、2着が逆だったら馬券(3連単917倍)のほうをごっそり「持っていた」んですよねー。相変わらず「(運は)持っていない」みたいです。ただ、このコラムとしては、上位評価に挙げた6頭が上位1~5着と7着で、消した4番人気と5番人気が二桁着順と、またまたいい線いっていたのではと手応え。香港競馬は好調で、QE2世Cも当たり、予想家ランキングで1位まで登りつめましたし、JRAG1もそろそろ大爆発が来る頃か!?

それでは恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア桜花賞を驚異的な時計で勝ったが、オークスはスピードがあり過ぎるタイプで微妙かなあと思っていたら、ここへ。得意のマイルでの変則2冠を狙う。もまれた際にどうか、という心配はあるにしても、相手の層が薄いここは好勝負必至。

2番人気想定 アドマイヤマーズ皐月賞は人気ほど強くない、という判断だったが、ここは相手が弱く、マイルだし通用するだろう。ただ、その安定感から常に人気になるので、妙味は無いタイプ。

3番人気想定 ダノンチェイサー:少頭数のきさらぎ賞では、きっちり2馬身差をつけて最後は抑える余裕で完勝してきた。行きたがるタイプだけに距離短縮は大歓迎だが、掛かって東京の長い直線で失速というのもありそう。気性面に課題。ただ、折り合えば頭まであっていい素質馬でもある。

4番人気想定 ファンタジスト皐月賞は距離というより内を回ったのが良くなかった感もある中での13着大敗。そして、今回マイルへと矛先を向けてきた。距離短縮で人気になりそうだが、疲れが残りそうな春2戦の後で、そろそろお釣りが無くなってくる頃では。

5番人気想定 ヴィッテルスバッハ:前哨戦のNZTが、スローで逃げ残りのレースを後方から差してきたので強く見えるが、レースレベルがかなり微妙で消して妙味か。

6番人気想定 カテドラル:こちらも、アーリントンCで絶望的な最後方からものすごい脚で追い込んできて2着した。イレ込むので惨敗2戦は輸送があった関東圏でのもので、去勢された半兄同様、能力発揮には様々な条件が揃わないといけなそう。

7番人気想定 クリノガウディー:距離短縮は歓迎なのだろうが体調面のピークが昨年末だったようで、調教も朝日杯FSの時のようには動けていない。

8番人気想定 ヴァルディゼール:新馬勝ちして2戦目でいきなりシンザン記念も勝ってしまった素質馬。前走のアーリントンCは挟まれる不利もあり8着に敗れたが内容は悪くなく、ロードカナロア×ハーツクライという新時代象徴する配合で、激走を期待できる一頭。

9番人気想定 トオヤリトセイト:数少ないドリームジャーニー産駒。アーリントンCでは、後方から鋭い末脚で3着まで来ており、ゲートが悪くアテにならない反面、ヒモにはありではというタイプ。

10番人気以下想定 
ケイデンスコール毎日杯が今年はかなり低レベルだったのもあり、朝日杯で13着というのが正しい力関係では。

グルーヴィット:ダートで新馬、500万下と連勝して迎えた初芝のファルコンSを2着と、人気がなくてもここもやれて良い能力がある。

プールヴィル桜花賞で14番人気6着と頑張った。ジワジワ強くなってきている社台F購入のマル外で、通用していい能力はある。

マイネルフラップ:500万下を11番人気で勝って、10番人気のシンザン記念を2着と健闘し、毎日杯も5着とそれなりだが、正直相手に恵まれた面が大きいのでは。

イベリス:逃げて12番人気で1着だったアーリントンCはうまく行き過ぎた感が強い。ロードカナロア産駒だけに、余分に人気になりそうで消して妙味か。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては短距離向きで、母父ディープインパクト色が強くでているのかもしれない。ファルコンSでもしっかりした末脚を披露と、1400mまでということは無さそうで、楽しみな穴馬。

セリユーズ:6戦すべて1番人気というディープインパクト産駒らしい支持を集めてきたが、スイートピーS3着からの連闘は無いのでは。

ワイドファラオ:本来は前哨戦であるNZT勝ち馬なのだが、スローを逃げ切っただけでかなりの低レベルレースだったこともあり、要らないのでは。

ピースワンパラディ:新馬、500万下と豪快な差し切りを見せて、青葉賞では本命を打って3着だった馬。さすがに連闘では使ってこないのでは。

ミッキーブラック:新馬、オープンと2連勝した後に4連敗と典型的な伸び悩みで、買えない。

インテンスライト:前走500万下を、人気の金子さん所有馬であるブーザーを下して勝利。ただ、さほどインパクト無く、トップレベルのマイラーとはまだ差があるという印象。

ロードグラディオ:5番人気で500万下を勝ち上がったが、アーリントンCではやはり力が足りない感じの13番人気7着はいた。スローだったぶん差は少ないが、厳しいのでは。

アフランシール:前哨戦のNZTは不利だらけでノーカウントにしても、チューリップ賞もいまいちで、激走は期待薄。



<まとめ>

有力:ヴァルディゼールグランアレグリアダノンチェイサー

ヒモに:グルーヴィットプールヴィルハッピーアワートオヤリトセイト

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーアワーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 260ビュー コメント 8 ナイス 54

2週連続3日間開催に3場開催で、新馬戦は多数除外で少頭数レースが多発して、競馬の楽しみが半減していますが、昨日、久しぶりのJRA競馬のない休日だったので、友人の銀行マンと食事をしました。

話題になったのは、”流行り”のタピオカで、1個500円程度だが、原価は恐ろしく安いことを知りました。個人的には、容器もストローも環境破壊の権化のようで、味も特別絶品というわけでもなく、飲みながら歩いて溢したり、歩行者とぶつかって服を汚したりと、邪悪な飲料だと思っていました。

しかし銀行マンの視点では、大した技術もいらず、原価も超低価格で、経費は人件費と家賃だけでいいので、ボロ儲けとのことだった。特に家賃は、ネット通販の影響で、空き店舗が増えて賃料は下落傾向で、テキヤ的発想で借りている店舗が多く、年間契約ではないことが多いらしい。
最近、大手企業が参入し始めたこともあり、そろそろ供給過剰になれば、流行も下火になり、来年の夏には絶滅しているかもしれません。流行のサイクルも目まぐるしく早い。JRAも、もう少し新馬戦の設定を増やさないと、欧州並みの少頭数レースになるかも知れません。

~第54回 デイリー杯2歳ステークス GⅡ~ 
5回京都3日目 芝・右外 1600m サラ系2歳オープン (国際)(指定) 馬齢
昨年から今年に掛けての変更事項はありませんが、来年2020年は5回阪神3日目に変更となります。

2018年11月10日(土)5回京都3日目15:45発走
11R 第53回 デイリー杯2歳ステークス GⅡ
1着 アドマイヤマーズ 新馬54① → OP別定54①
2着 メイショウショウブ 未勝利54①
3着 ハッピーアワー  未勝利54① → OP別定54①
3着同枠 ダノンジャスティス 新馬54①

長くなるので割愛しましたが、このレースの2017年は1・3着馬が新馬54①からの直行組みで馬券となりました。そして、昨年はOP別定54①の馬が流行となり、3着同枠に前年度の流行が同居していました。
この流れからすると 「OP別定54①を探せ」となります。

しかし、残念なことに該当馬は、出走登録にいませんでした。
新馬戦とOP特別勝ちの収得賞金は、1000万です。(総賞金じゃないですよ)
今回収得賞金1,000万の馬は2頭います。
トリプルエース 新馬 馬54①  → GⅢ 馬54②
ペールエール 新馬 馬54①  → GⅢ 馬54②
共に新馬戦400万、GⅢ2着600万でこのレースに出走してきます。(新馬・OP特別も1000万円)
また、先週の京王杯2歳Sで勝ったタイセイビジョンも同じ(新馬 馬54① → GⅢ馬54②)です。これが2歳牡馬のタピオカ いやいや流行なのかも知れません。

この2頭にあえて優劣をつけるとすれば、、、
トリプルエースは、距離経験がないことや先週小倉2歳1着馬マイネルグリットが大敗したのは気掛かりです。
ペールエールは、距離経験があり一見有利にみえますが、デビューした2019年7月20日(土)3回中京7日目の新馬戦は来年ありません。次年度は大幅に番組変更が行なわれます。例えば9月の阪神開催はなく、中京開催です。(2回中京) 3回中京は12月開催で6日までしかありません。過去10年遡って調べましたが、勝馬の戦歴が次年度に変更はあっても、無くなることはありません。
この2頭を注目しながら、ゴドルフィンのトリプルエースを中心視かなぁと思います。
このレースには、デットーリとマーフィーが騎乗予定でオッズが荒れそうです。

では

11/7追記
優劣付けるのが難しいGⅢ2着歴馬が2頭、想定騎手が変更になったこともあり
2連勝のサクセッション に変更します。OP特別ではなく1勝クラスですが、このクラスを勝利して、このレースに臨む個性は、この馬だけという理由です。枠順発表を待ちたいと思います。

 海外にいても競馬はや 2019年9月29日() 19:43
東西メインレース回顧
閲覧 55ビュー コメント 1 ナイス 12

今日は共に1ー3人気決着で、グゥーの音も出ませんでしたね。

スプリンターズS

◎レッツゴードンキは、最後上がり2番目、33.4の脚で5着でした。頑張りました。タワーオブロンドンに33.5で上がられちゃったら無理ですね。

○タワーオブロンドンには、何も言うことはありません。軸にしなくてごめんなさい。

▲ディアンドルは、ちょっと敷居が高かったようですね。
今後のバロメーターになりました。

△ダノンスマッシュは、やはり京都など坂がないコースが良いですね。

×勢では、
モズスーパーフレア:高速馬場では逆らえませんね
ハッピーアワー:上がり最速33.1、次走以降が楽しみです


ポートアイランドS

◎アマルフィコーストは上がりが勝ち馬と同じでした。休み明けとハンデの分ですね。

○ロードマイウェイは、やはり重賞級、強かったですね。

▲マイネルネーベル、お疲れ様でした。昇級後距離短縮では、さすがに逃げられませんでしたね。

△サトノアーサー、約一年の長期休養明けをものともせず、でした。休みボケをちょっと期待してたのですが。。。

×勢では、
シャイニービーム、今日は後ろからでしたが4着、やはり力がありますね。

[もっと見る]

 ターフィーTD 2019年9月28日() 21:14
タフィスポ(スプリンターズS特別号)
閲覧 201ビュー コメント 0 ナイス 3

9月29日(日)中山・阪神

【秋のG1レース展望】

中山11RスプリンターズS
◎2.ダノンスマッシュ  20
○4.リナーテ  19
▲3.セイウンコウセイ  18
△8.タワーオブロンドン  18
△7.モズスーパーフレア  17.5
△5.レッツゴードンキ  17
△14.ハッピーアワー  17

〔見解〕今年は実力拮抗、混戦だが、キーンランドC組がわずかに優勢。ワンターンでもコースロスなく回ることのできる内枠馬や先行馬が上位入線を果たす。ダノンスマッシュは2~3歳時から今回の有力馬との対戦経験が豊富で表面上の着順は劣っていても、いずれの対戦も内容は互角以上だ。不安は初の中山コースだが、名手・川田が巧みに操るだろう。穴は3歳馬ハッピーアワー。NHKマイルCぐらい走れれば、こちらも名手・横山典が馬券圏内にもってくる。

《買い目》
単勝◎=1点
複勝◎=1点
3連単マルチ◎↔〇▲△△△△=90点
(次回以降、的中率と回収率を表示)

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【勝負レース】

阪神11RポートアイランドS
◎1.ロードマイウェイ  19.5
○2.マイネルフラップ  16
▲14.マイネルネーベル  15.5
・7.アマルフィコースト  15.5
・10.サトノアーサー (15)
・9.メイショウオワラ  13

《買い目》
単勝◎=1点
複勝◎=1点
馬連◎―○=1点
馬単◎→○=1点
3連複◎―○―▲=1点
3連単◎→○→▲=1点

【本日の厳選一頭】
中山12R
7.クロノスタシス

以上

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーアワーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ハッピーアワーの写真

ハッピーアワーの厩舎情報 VIP

2019年9月29日スプリンターズS G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハッピーアワーの取材メモ VIP

2019年9月29日 スプリンターズS G1 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。