ハッピーアワー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ハッピーアワー
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年3月18日生
調教師武幸四郎(栗東)
馬主高嶋 祐子
生産者有限会社 吉田ファーム
生産地浦河町
戦績 6戦[2-2-1-1]
総賞金3,944万円
収得賞金1,200万円
英字表記Happy Hour
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
サクセスシルエット
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
フェアレストケープ
兄弟 ガンロック
前走 2019/01/06 日刊スポシンザン記念 G3
次走予定

ハッピーアワーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/01/06 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 12336.235** 牡3 56.0 秋山真一武幸四郎448(+8)1.36.1 0.435.4⑩⑩ヴァルディゼール
18/11/10 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 98916.453** 牡2 55.0 秋山真一武幸四郎440(-2)1.35.9 0.533.6⑨⑧アドマイヤマーズ
18/09/02 札幌 10 すずらん賞 OP 芝1200 14334.921** 牡2 54.0 秋山真一武幸四郎442(0)1.10.6 -0.135.8⑨⑦パイロテクニクス
18/07/01 中京 1 2歳未勝利 芝1400 8661.111** 牡2 54.0 秋山真一武幸四郎442(+6)1.21.7 -0.134.6⑤④イッツクール
18/06/16 阪神 1 2歳未勝利 芝1400 9892.012** 牡2 54.0 秋山真一武幸四郎436(-6)1.22.4 0.035.8リゲイン
18/06/03 阪神 5 2歳新馬 芝1400 117925.172** 牡2 54.0 菱田裕二武幸四郎442(--)1.22.1 0.335.2⑥⑤シングルアップ

ハッピーアワーの関連ニュース

 ◆池添騎手(パッシングスルー4着) 「今回はいつでも動ける位置からもたもたした。直線はまた伸び返そうとしていたので、これがいい経験になれば」

 ◆秋山騎手(ハッピーアワー5着) 「前を射程圏に入れて運ぶレースだったが、そういう走りをすると止まってしまい、距離が少し長いと感じた」

 ◆松山騎手(ミヤケ6着) 「いいところを通れた。直線もこの馬なりに伸びてくれました」

 ◆武豊騎手(ゴータイミング7着) 「一瞬、伸びそうだったけどね。これが次につながれば」

 ◆福永騎手(ドナウデルタ9着) 「スペースがなく、かわいそうなことをしてしまった。申し訳ない」

 ◆藤岡康騎手(コパノマーティン10着) 「行ってくれという指示。これから力をつけてくれば」

 ◆和田騎手(シャドウエンペラー11着) 「3番手で落ち着いたが、手応え通りに動けなかった」

 ◆浜中騎手(ニホンピロヘンソン12着) 「いろいろ工夫して臨んでも、イレ込んだのが痛かった」



★6日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら

【シンザン記念】ハッピーアワー脚を伸ばすも5着まで 秋山「距離は少し長い」2019年1月6日() 19:12

 1月6日の京都11Rで行われた第53回シンザン記念(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、北村友一騎手騎乗の4番人気ヴァルディゼール(牡3歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)が道中は中団で待機すると、最後の直線で馬群を割って鋭く伸び無傷の2連勝。タイムは1分35秒7(良)。

 前走のデイリー杯2歳Sで3着に入り、3番人気に支持されたハッピーアワーは、後方から脚を伸ばすも5着に敗れた。

 秋山真一郎騎手「今回は前を射程に入れて運ぶレースでしたが…。そういう走りをすると止まってしまいましたので、距離は少し長い感じ」



★【シンザン記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】シンザン記念 内めをロスなく回ってくる馬が有利!展開ひとつで差し馬の台頭も!2019年1月6日() 11:00

土曜日の京都芝のレース結果、近年のシンザン記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


中間の天気には恵まれたものの、レース当日の降雨の影響もあってか、土曜日の芝コースはやや力を要するコンディションで競馬が行われた。とはいえ、前年の5回京都開催はAコースを温存し、BコースおよびCコースを使用。その効果はテキメンで、芝の状態は良好そのもの。レースを確認する限り、クッション性も良さそうだ。

一方で、路盤については前年の5回京都開催と同様に軟らかくセッティングされている印象。ようは、好天+良馬場開催が続くと、踏み固められるぶん硬くなる(=時計が速くなりやすい)が、逆の場合はすぐに緩んでしまう(=時計を要しやすい)ということである。

実際、土曜日の芝コースは良馬場で開催されたにもかかわらず、開幕週にしては時計が遅め。スポーツニッポン賞京都金杯の勝ちタイムは近10年で最も遅かった。芝部分の見た目の良さとは裏腹に、少量の雨でもダメージを受ける馬場だということは、頭に入れておいたほうがいいだろう。

土曜日の芝1600m以上の結果を振り返ると、終始外々を回らされた馬や、展開不向きの後方勢を除けば、脚質における有利不利が比較的少ないコンディションだった。日曜日も似たような傾向が続く可能性は高く、展開およびコース取り次第で、差し馬も間に合うとみて差し支えない。

ただし、馬場が軽くなればなるほど、内枠ならびに内めを通る馬の上位占有率が高くなるのが、1回京都の大きな特徴。ゆえに、開幕週かつ連日の良馬場開催となれば、意識を内めにシフトしたほうがベター。よほどの適性差や能力差でもなければ、道中の距離ロスが少ない位置で運べそうな馬を優先したほうがいいかもしれない。

血統面については、土曜日の芝1600m以上の結果を検証すると、父方はディープインパクト(関連種牡馬を含む)、ステイゴールド(直仔種牡馬を含む)、ハーツクライ(直仔種牡馬を含む)の三つ巴といった印象。とりわけ、ノーザンダンサー系種牡馬あるいはミスプロ系種牡馬と組み合わせた馬の好走が目立つ。

また、近年のシンザン記念を振り返ると、現役時に芝2400m以上のG1で勝利経験があるサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が毎年のように上位進出。ほかでは、ロベルト系種牡馬やダンチヒ系種牡馬、キングマンボ系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬も攻勢を強めている。なかでも、サンデーサイレンス系種牡馬と組み合わせた馬の好走例が多い。条件を満たす馬には相応の警戒が必要だ。

土曜日の芝レースならびに近年の当レースの傾向を合わせて考えると、現役時に芝2400m以上のG1で勝利経験があるサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に配している馬が優勢。そのサンデーサイレンス系種牡馬に、ダンチヒ系種牡馬またはキングマンボ系種牡馬を掛け合わせている馬を狙うのが、最も効率的と言えよう。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(内めを優先)の要点を満たしているのは、②ヴァルディゼール、③ハッピーアワー。当欄では、この2頭を連軸候補としておススメしたい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】シンザン記念 こじはる、M-1覇者ほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ!2019年1月6日() 09:50

※当欄ではシンザン記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【小嶋陽菜(こじはる)】
◎⑤アントリューズ

【霜降り明星・粗品】
◎⑤アントリューズ
馬連1頭軸流し
⑤→①②⑥⑩

【霜降り明星・せいや】
◎④ゴータイミング
複勝


【DAIGO】
◎⑥ドナウデルタ

【さゆりんご(松村沙友理・乃木坂46)】
◎②ヴァルディゼール

【松村香織(かおたん・SKE48)】
◎②ヴァルディゼール
○⑤アントリューズ
▲⑨パッシングスルー
△⑪シャドウエンペラー
△④ゴータイミング
△⑥ドナウデルタ
3連単フォーメーション
②⑤⑨→②④⑤⑥⑨⑪→②④⑤⑥⑨⑪

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥ドナウデルタ
○⑤アントリューズ
▲⑨パッシングスルー
△②ヴァルディゼール
△③ハッピーアワー
△⑩ミッキーブリランテ

【稲富菜穂】
◎②ヴァルディゼール
○③ハッピーアワー
▲⑤アントリューズ
△⑥ドナウデルタ
△⑦ニホンピロヘンソン

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑥ドナウデルタ
馬単
⑥→③

【キャプテン渡辺】
◎③ハッピーアワー
馬連
③→⑤

【安田和博(デンジャラス)】
◎③ハッピーアワー

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑨パッシングスルー
3連単フォーメーション
⑨→②③⑤⑥⑦⑩→②③⑤⑥⑦⑩
②③⑤⑥⑦⑩→⑨→①②③④⑤⑥⑦⑩⑪
②③⑤⑥⑦⑩→①②③④⑤⑥⑦⑩⑪→⑨

【こいで(シャンプーハット)】
◎②ヴァルディゼール
3連単フォーメーション
②→③⑤→③⑤

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑩ミッキーブリランテ
単勝


【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤アントリューズ

【高見侑里】
◎⑤アントリューズ

【高田秋】
◎②ヴァルディゼール

【目黒貴子】
◎⑨パッシングスルー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】シンザン記念 デイリー杯2歳S経由の2頭が好感触!前走新馬快勝のロードカナロア産駒も上々の伸び脚!2019年1月6日() 09:40

日曜日に行われるシンザン記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


マイネルフラップ
中1週ということもあってか、栗東坂路で行われた今週の追い切りは軽めの内容。それ自体はいいとしても、ラスト2Fのラップは26秒6-13秒4。単走とはいえ、物足りない印象を受ける。上り目に乏しく、今回は割引が必要だろう。

ヴァルディゼール
今週の追い切りは栗東坂路で実施。反応鋭く、上々の伸び脚を披露した。少し若さの残る走りではあるが、脚捌きの力強さには目を引くものがある。攻めの良さを活かすことができれば、見せ場以上のシーンがあってもおかしくない。

ハッピーアワー
朝日杯FSをパスして、ここ目標に慎重かつ丹念な調整。その効果もあってか、栗東CWで行われた最終追い切りでは、集中力に満ちた安定した走りを見せた。首が立つような姿は変わらないが、四肢の可動域が広くなっている点は好印象。そのぶん、時計以上に進みが良くなっている。好仕上がり。

ゴータイミング
この中間は前回と打って変わって栗東坂路主体の調整。目立つ時計は出ていないが、坂路では動かないタイプなので、過度に気にする必要はない。まとまりのあるフォームで、スイスイ登坂するさまをみるにデキは悪くなさそう。あとは、実戦で折り合いがつくかどうか。その1点に尽きる。

アントリューズ
坂路と南Wで丹念に乗り込まれ、26日に南Wで行われた3頭併せではホウオウカトリーヌを一蹴。今週の坂路追い切りでも、終い重点ながらキレイな加速ラップを記録した。中間の内容を確認する限り、デキ落ちは感じられない。輸送をクリアできれば、チャンスは十分にある。

ドナウデルタ
栗東帰厩後は坂路で毎週のように併せ馬を敢行。最終追い切りでは、4F自己ベストをマーク、ラスト2Fも24秒4-12秒2でまとめてきた。手前をコロコロ替える点は気になるが、気配は間違いなく前回以上。一撃あっても不思議はない。

ニホンピロヘンソン
最終追い切りは栗東CWで実施。緩めの内容で時計は平凡だが、行きたがる面ばかりが目立っていた、これまでのイメージとはガラリ一変。頭の位置が低く、ハミ受けもスムーズ。トビまで大きくなっている。このままテンションを維持できるようなら、一考の価値はありそうだ。

ミヤケ
今週の追い切りは栗東CWにて長めから実施。掛かることなくスムーズな脚捌きを見せたものの、全体的にワンペースの走りで切れ味に欠けるところは、これまでと同様。良い意味での変わり身は窺えず、今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問。ここは様子見が賢明だろう。

パッシングスルー
この中間は南Wと坂路を交えて順調にメニューを消化。2週前と1週前に南Wでミュゼエイリアンと併せ馬を行い、及第点のラップを計測&互角以上の動きを披露。同じく南Wで行われた今週の併せ馬も悪くない内容だった。初戦と比べて、気配は確実に上昇している。上位を狙える仕上がりとみたい。

ミッキーブリランテ
28日の栗東坂路追い切りでは、終い重点の内容でキッチリと後傾ラップを記録。同じく坂路で実施した最終追い切りでも、マズマズのタイムを計時した。終いのラップを少し要しているが、追ってバテているわけではないので、大きな問題はないとみる。好調キープと判断したい。

シャドウエンペラー
1週前、今週と栗東坂路でラスト1F12秒台前半の好ラップをマーク。少し流れ気味の完歩ではあるが、蹴り足は力強く、身のこなしも素軽い。中間の気配だけを検証すると、もっと実戦で走れていいハズだが……。いつ結果を出してもおかしくないだけに、警戒を怠れない1頭と言えよう。

コパノマーティン
使い込まれているが、キッチリと本数をこなしており、体調面の不安はなさそう。調教時計も悪くはない。とはいえ、前回から大きな変化が見受けられないのも事実。ゆえに、調教面の強調材料は少ないと言わざるを得ない。芝のマイル重賞では厳しいだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】シンザン記念 U指数1~2位が堅実!ひとケタ馬番の高指数馬が好パフォーマンス!2019年1月6日() 09:30

シンザン記念の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
指数的には傾向がつかみづらく難解なレースだが、指数1~2位が揃って大きく崩れることはない。2014年以降は2位以内のうち最低1頭が馬券に絡んでいる。

1位→③ハッピーアワー
2位→⑩ミッキーブリランテ

<ポイント②>
指数85.0以上の安定感は抜群。なかでも、ひとケタ馬番を引き当てた馬の期待値が高い。

指数85.0以上かつ馬番枠1~9番

マイネルフラップ
ハッピーアワー
アントリューズ
ドナウデルタ

<ポイント③>
指数80.0未満は不振。底を見せていない、前走初勝利かつ連対率100%の馬を除くと、好走例はゼロ。3着以下の経験がある低指数馬は軽視のスタンスで構わない。

指数80.0未満(前走初勝利かつ連対率100%の馬を除く)

ゴータイミング
ミヤケ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーアワーの関連コラム

閲覧 867ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、5(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、6(日)には京都競馬場でG3シンザン記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、バラついたスタートでの幕開け。最内からタニノフランケル、さらにコズミックフォース、5枠両頭あたりが先行策をとります。ハナを奪い切ったタニノフランケルは、2番手コズミックフォースに対し1馬身半差ほどのリードを保って、前半1000mを59.9秒(推定)のペースで通過。1番人気マウントゴールドは中団、2番人気タイムフライヤーは後方からの競馬でレースは後半戦へ。とここで、外を回ってステイフーリッシュが進出を開始。遅れてタイムフライヤーも大外からポジションを上げにかかると、馬群は徐々にペースアップしながら3、4コーナーへ。直線を向いても先頭をキープする9番人気タニノフランケルに、コズミックフォースステイフーリッシュと並び掛けますが、コズミックフォースは直線半ばを迎えたところで苦しくなって後退。代わって7番人気ステイフーリッシュが先頭に躍り出ます。そこへ、外を通った後続各馬がどっと押し寄せる展開。最後はハンデ戦らしくゴール前で密集するなか、中団から力強く伸びて制したのはトップハンデのウインブライトでした。3番人気での勝利で、重賞4勝目を挙げています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロはははふほほほプロ金子京介プロくりーくプロ蒼馬久一郎プロ馬侑迦プロら、計6名が的中しています。
 
G3京都金杯は、カツジバリスといったところが出遅れ。こちらもばらついたスタートとなるなか、好スタートは外枠勢のツーエムマイスターアサクサゲンキマイスタイルトゥラヴェスーラパクスアメリカーナあたり。この中からツーエムマイスターが先頭に立って、前半800mを47.5秒(推定)で通過していきます。1番人気のパクスアメリカーナは好位の外目を追走。各馬4コーナーを回って直線へ。先頭のツーエムマイスター目がけて横並びで迫る、グァンチャーレアサクサゲンキマイスタイルの3頭。5番人気マイスタイルがこの争いから抜け出そうと脚を伸ばしますが、直後に迫るパクスアメリカーナも手応え十分。結局、ゴール手前50mでマイスタイルを外から交わし去ったパクスアメリカーナが、1番人気の支持に応えて優勝。重賞初制覇を飾っています。
公認プロ予想家では、セイリュウ1号プロ導師嵐山プロ馬っしぐらプロ山崎エリカプロ、ほか計15名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、大外枠から逃げたコパノマーティンが軽快なラップを刻み、前半800m47.3秒(推定)を計時。1番人気アントリューズ、2番人気ミッキーブリランテ、3番人気ハッピーアワーら人気どころを、比較的後方に従える形で、引き続きコパノマーティン先頭の隊列のまま4コーナーを回ります。内~馬場の中ほどにかけて横に広がった追い比べの中から、脚色良く抜け出したのは最内を突いた4番人気ヴァルディゼール。外を通っては、ミッキーブリランテ、10番人気マイネルフラップも目立つ末脚でこれに迫ります。勢いでは、完全に勝ったかに見えた外2頭でしたが、並び掛けられてから再び突き放そうと応戦するヴァルディゼール。二枚腰の伸びでマイネルフラップミッキーブリランテらの追撃封じてみせたヴァルディゼールがクビ差優勝。連勝で重賞初制覇をあげています。
公認プロ予想家では、岡村信将プロ田口啄麻プロおかべプロら、計7名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
5(土)にG3中山金杯的中、中山9R的中などの活躍を披露。6(日)には、G3シンザン記念での◎ヴァルディゼール-○マイネルフラップ馬連1点的中を含む計17万3,400円払戻しのスマッシュヒットを筆頭に、中山1R他での的中を記録。連日のプラス収支を達成し、週末トータル回収率137%をマーク。収支12万9,600円プラスを達成しています。前週28(金)もトータルプラスを計上し、2週連続の週末プラス達成となっています。
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
5(土)京都9Rで◎ヴァルディノート(単勝14.7倍)から的中をマークすると、G3京都金杯では3連単985.8倍を的中させ、週末トータル回収率トップの382%(収支7万9,110円プラス)をマーク!2019年のプラス発進を決めました。前週28(金)もトータルプラスで終えていて、これで2週連続週末プラスとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)は中山7R的中などできっちりプラスを決めると、6(日)もG3シンザン記念での◎マイネルフラップ(単勝32.7倍)複勝1点勝負的中を披露し、連日のプラスをマーク。週間トータル回収率202%を記録しました。これでG1ホープフルS的中などで回収率100%達成の28(金)を挟み、回収率100%以上は9週連続継続中。最高の形で2019年のスタートを切っています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(日)G3京都金杯、同京都12Rと的中をマーク。6(日)にも京都10Rでの◎ヴォージュ(単勝23.3倍)的中などを披露した先週は、トータル回収率120%をマークしています。28(金)の回収率114%を挟み、3週連続週末プラスを継続中。
 
 
 
この他にも、セイリュウ1号プロ(213%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(199%)、【U指数】3連単プリンスプロ(154%)、エース1号プロ(153%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(142%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(116%)、くりーくプロ(107%)、サラマッポプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年12月28日(金) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年12月28日号】特選重賞データ分析編(131)~2019年シンザン記念~
閲覧 2,133ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 日刊スポーツ賞 シンザン記念 2019年01月06日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ芝、かつ右回り、かつ阪神芝1600~1800mを除くコースのレース”における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [5-5-6-33](複勝率32.7%)
×なし [1-1-0-34](複勝率5.6%)

 これまでの勝ち鞍に注目したい一戦。左回りのレースやダートのレースしか勝ったことがない馬は苦戦していました。また“阪神芝1600m外・阪神芝1800m外のレース”において優勝経験があった馬は、他コースにおける優勝経験があった馬を含めても2013年以降[0-2-0-16](複勝率11.1%)、2015年以降[0-0-0-10](複勝率0.0%)。このレースとは相性が悪いので注意しましょう。

主な「○」該当馬→クリノガウディーハッピーアワーミヤケ
主な「×」該当馬→アントリューズコパノマーティンミッキーブリランテ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”」だった馬は2013年以降[2-2-3-12](複勝率36.8%)
主な該当馬→クリノガウディーハッピーアワー

[もっと見る]

2018年11月29日(木) 11:36 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第8回 ワールド別上位ランカーまとめ~
閲覧 842ビュー コメント 0 ナイス 10

 開幕から半年が経過し、いよいよ中盤の勝負どころを迎える「ウマニティPOG 2018」。12月9日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月16日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月28日にはホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)が施行されます。最終的な順位を左右するようなビッグレースはもう少し先ですが、このタイミングである程度のポジションにつけているプレイヤーが有利であることもまた事実。そこで今回は、POG巧者たちの指名に学ぶべく、各ワールドの上位ランカーをまとめてみました。

 その前に、参考資料として11月15日終了時点における現2歳(2016年生まれ)世代の本賞金ランキング上位馬と、各馬の6月1日18:00時点における「注目POG馬ランキング」をご覧いただきましょう。なお、本賞金の集計対象はJRAのレースのみです。

ファンタジスト 7600万円 251位
ニシノデイジー 7180万円 ※400位以下
アドマイヤマーズ 6100万円 53位
クラージュゲリエ 4780万円 76位
アスターペガサス 4180万円 ※400位以下
グランアレグリア 4000万円 17位
ケイデンスコール 3880万円 220位
アウィルアウェイ 3800万円 69位
ダノンファンタジー 3680万円 33位
ハッピーアワー 3530万円 ※400位以下
シェーングランツ 3470万円 14位
ウインゼノビア 2820万円 125位
●ナイママ 2800万円 ※400位以下
ミッキーブラック 2800万円 101位
ローゼンクリーガー 2740万円 ※400位以下
アガラス 2640万円 238位
イッツクール 2540万円 ※400位以下
ジャカランダシティ 2480万円 ※400位以下
ディアンドル 2380万円 252位
カルリーノ 2340万円 ※400位以下
ラブミーファイン 2340万円 ※400位以下

 参加者数十人、ひとりあたり10頭持ちといった一般的なドラフト制のPOGだと、表中で「※400位以下」となっている馬たちは指名がかかるかどうか微妙なところ。しかし、そんな中からもニシノデイジー(ニシノヒナギクの2016)をはじめ多数の活躍馬が出ています。そして、参加人数が極端に多いウマニティPOGは、こういった馬も的確に獲得していかないとなかなか上位へ浮上できません。このような状況の中、上位ランカーたちはいかにして現在の地位を築き上げたのでしょうか。

 11月25日終了時点のランキングを見ると、最上位クラスのスペシャルワールドでトップに立っているのは、クラージュゲリエ(ジュモーの2016)らを指名しているムーンシュタイナーさん。ただし、2位以下もかなりの混戦模様で、ダノンファンタジー(ライフフォーセールの2016)らを指名しているよ~じさん、ウインゼノビア(ゴシップクイーンの2016)らを指名しているたけぼう54さん、シェーングランツ(スタセリタの2016)らを指名しているmerucoさん、アガラス(ロッシェノワールの2016)らを指名している藤沢雄二さん、ファンタジスト(ディープインアスクの2016)らを指名しているddb1c93afaさんあたりが続いていました。
 主な仮想オーナー馬として名前が挙がった馬の中だと、6月1日時点の「注目POG馬ランキング」が238位だったアガラス、251位だったファンタジストあたりは、獲得の難度が特に高かった馬と言えます。もっとも、このスペシャルワールドだけは1頭1オーナー制なので、前評判が高い馬を指名するのも至難の業。クラージュゲリエダノンファンタジーウインゼノビアシェーングランツは、それぞれ第1回入札で複数プレイヤーが奪い合いに参加していた馬です。
 スペシャルワールドを除く各クラスは、現在行われている最後の入札で仮想オーナー馬の追加指名が可能。スペシャルワールドで上位に来るようなプレイヤーの指名を参考にすれば、残り半年のシーズンを有利に戦えるかもしれません。

 G1ワールドはアドマイヤマーズ(ヴィアメディチの2016)らを指名している長澤まさみさんが首位。20頭すべての仮想オーナー馬をデビュー前に指名していらっしゃいますが、なんとそのうち14頭が既に勝ち上がっていました。混戦模様ではあるものの、しばらくはこのクラスの上位グループを引っ張っていくことになるんじゃないでしょうか。

 G2ワールドもアドマイヤマーズを指名しているソールさんがトップ。なお、2位はプロ予想MAXでもおなじみの岡村信将さんです。ご本人の意向により、あえてオープンワールドから参加されているのですが、見事に昇格を果たした過去2シーズンと同じく、今シーズンも序盤から素晴らしい成績を収めています。ちなみに、岡村信将さんはデビュー前の指名を一切行わず、デビュー後のレースで見せたパフォーマンスだけを評価するという指名スタイル。皆さんもぜひそのラインナップに注目してみてください。

 G3ワールドで総獲得賞金が3億円を超えているファットラビットさん、automnenoceさん、オープンワールド1位の松P22さん、同2位のCzesc00さんも、主な仮想オーナー馬はアドマイヤマーズでした。6月1日時点の「注目POG馬ランキング」は53位というやや微妙なポジションでしたが、この馬を確保できるかどうかが今シーズン序盤のポイントだったと言えるでしょう。あとはケイデンスコール(インダクティの2016)や前出のファンタジストあたりも、上位ランカーの指名馬として頻繁に名前が出てきた印象。「どうすればこれらの馬を指名できたのか」と今のうちに考察しておけば、来シーズン以降へ向けた良い復習になると思います。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2018年11月9日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2018年11月09日
閲覧 723ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2018年11月10日()の凄馬!>
極凄馬
福島4R 2歳未勝利
ヴァンケドミンゴ(+4.6)

極凄馬
京都4R 2歳未勝利
メイショウテンゲン(+4.2)

超凄馬
京都1R 2歳未勝利
ダイシンクローバー(+3.3)

超凄馬
東京5R 2歳未勝利
トーセンテキーラ(+3.0)

超凄馬
東京7R 3歳以上500万以下
ウォーターマーズ(+2.9)

超凄馬
京都10R 観月橋ステークス
インティ(+2.9)

超凄馬
福島12R 相馬特別
スリーケープマンボ(+2.5)

超凄馬
東京12R 3歳以上1000万以下
クラシコ(+2.2)

超凄馬
福島1R 2歳未勝利
ケイアイビリジアン(+2.1)

超凄馬
福島6R 3歳以上500万以下
ポップシンガー(+2.0)

超凄馬
東京1R 2歳未勝利
グラナタス(+2.0)

超凄馬
京都11R デイリー杯2歳S G2
ハッピーアワー(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2018年11月11日、集計数:33,363レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年11月7日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年11月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(123)
閲覧 1,663ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、武蔵野ステークス、デイリー杯2歳ステークス、福島2歳ステークス、福島記念、オーロカップ、エリザベス女王杯の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年11月10日(土) 東京11R 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
【血統別成績(2011年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [0-2-1-33](複勝率8.3%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [7-5-6-56](複勝率24.3%)
→血統に注目したい一戦。サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は人気を裏切りがちでした。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
東京ダ1600m×プリサイスエンド×1~5枠
→複勝回収率155%


▼2018年11月10日(土) 京都11R デイリー杯2歳ステークス
【“京都ならびに阪神、かつ芝、かつ1400~1600mのレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [4-3-3-12](複勝率45.5%)
●なし [0-1-1-18](複勝率10.0%)
→ダートや1200m以下のレースはもちろん、関東圏ならびにローカル場のレースでしか好走したことがない馬も過信禁物。特別登録を行った馬のうち“京都ならびに阪神、かつ芝、かつ1400~1600mのレース”において連対経験があるのは、シャドウエンペラードナウデルタハッピーアワーの3頭だけです。


▼2018年11月11日(日) 福島10R 福島2歳ステークス
【“JRA、かつ重賞かオープン特別のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [1-4-0-1](複勝率83.3%)
●なし [4-1-5-58](複勝率14.7%)
→実績馬は堅実。なお“JRA、かつ重賞かオープン特別のレース”において連対経験がなかった馬のうち、前走の着順が2着以下だった馬は2013年以降[1-0-2-39](複勝率7.1%)、前走との間隔が中3週以上だった馬は2013年以降[0-0-2-42](複勝率4.5%)と、それぞれ苦戦しています。


▼2018年11月11日(日) 福島11R 農林水産省賞典 福島記念

[もっと見る]

2018年11月7日(水) 12:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018デイリー杯2歳S編
閲覧 576ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(土) 京都11R 第53回 デイリー杯2歳ステークス(G2、2歳、芝、外1600m)

【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)

アドマイヤマーズ(A)
新馬戦出走時はCWを中心に乗り込まれていたが、前走の中京2歳S時は間隔が詰まっていたこともあるのか坂路での調整。この2戦では、まだトモの筋肉が寂しい感じに見えたのでこの3ヶ月半でどれだけ馬体が成長しているかは気になるところ。この中間の調整内容は、新馬戦時と同じようにジックリ調整されていてCWでの併せ馬が中心。2週前(外)、1週前(内)とそれぞれ3頭併せで先着。特に1週前は、デムーロ騎手が騎乗しての好時計で数字上は順調に調整されている印象を受けた。あとは最終追い切りの映像を見て最終的な評価を決めたい。

ハッピーアワー(D)
デビューから3戦目での勝ち上がりだったが2走前。調教に関しては、デビューから間隔を詰めて使われていった割には、使われる毎に調教の時計が良くなっていた。前走のすずらん賞も滞在競馬ではあったが、レースまでに併せ馬3本ですべて先着とこれまでで一番良い調教内容だった。この中間は、乗込み量は多いものの単走での追い切りばかりで時計もそれほど目立つところはなく、ここ2戦と比べるとかなり物足りない内容に映る。

アズマヘリテージ(E)
デビューからの2戦は1着、2着だったもののパドックではボテーとのんびりした感じで決して良くは見えない馬体、動きだった馬。前走時は、間隔も空いてプラス体重ではあったものの馬体はスッキリした感じに映り、逆にうるさい感じが出ていた。この中間は間隔が詰まっていて、日曜日にCWで軽めの時計。前走時がCW中心で物足りない内容ばかりだったので、最終追い切りでかなり良い動きでないと期待はできないかもしれない。

シャドウエンペラー(C)
この馬はこれまでの2戦ともパドックでは速歩というかキビキビした動きで、特に前走時は太め感もなくスッキリした印象で出来は悪くなく見えた。調教に関しても、2戦とも◎にしたくらいのかなり好時計。この中間、これまで一杯に追われていた1週前追い切りは馬なりでの調整に変わってはいるが、和田騎手が騎乗して好時計をマークしていて本数もそれなり。調子落ちということはなさそうなので、最終追い切りでの動きは気になるところ。

スズカカナロア(E)
デビュー戦時は、栗東で好時計の出ていた馬で◎1着。ただ函館での2戦のパドックでは滞在競馬の割にチャカチャカしていて、集中力に欠ける感じだった。3ヶ月半ぶりになるこの中間は、栗東で調整されているもののデビュー前の調教時計と比べると物足りないもの。阪神までとはいえ当日輸送での競馬となり、ここ2戦以上にうるさい面が出てしまう可能性もありそう。

ダノンジャスティス(B)
デビュー戦の前走(1着)は乗り込み量豊富で時計も優秀。パドックでは多少はふっくらした感じの馬体に見えたが、気合い乗り抜群で出来はかなり良かった。3ヶ月ぶりとなるこの中間も乗り込み量は豊富で、1週前にはダノンプレミアムと併せて先着。出来に関しては一度使われての上積みが期待できそうな感じで、最終追い切りの動きもしっかり見てみたい。

ドナウデルタ(C)
新馬、未勝利と間隔が詰まっていることもあっただろうが、まだトモの筋肉が寂しく馬体もどちらかというと小柄。この中間は2週前、1週前と坂路で追われて先着しているが、時計は平凡。牧場で乗られてきているとは思うが、物足りない内容。

マイネルフラップ(D)
これまでの3戦では使われるごとに馬体は締まってきていた感じだったが、パドックで少し集中力に欠けるところを見せていた。この中間の追い切りに関しては、間隔が空いている割に乗り込み量が少なく、もともと調教で良い時計が出る馬ではないので特に良くなった印象はない。

メイショウショウブ(C)
パドックではバランスの良い馬体に見せていた馬だが、前走時は馬体重の割に細く見えてこの馬としたらギリギリの馬体だったかもしれない。この中間は、その前走から中1週ということもあり、速い時計は出ていない。上積みまでは期待できそうもない。

ヤマニンマヒア(C)
デビューから2戦のパドックではお腹からトモにかけて細く寂しい感じの馬体。前走では大きく馬体が増えていたが、全体のバランスを見てもやはりまだお腹かからトモにかけてが細い印象。調教に関してもこれまでこれといった時計が出ていない馬だが、この中間は1週前にCWで速い時計で先着。多少は変わり身を見込めるかもしれない。



◇今回はデイリー杯2歳S編でした。
ウマニティのお知らせでもあった通り、河内一秀さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
河内さんに初めて会ったのは新橋GateJ.での予想検討会に出演させてもらった時なので、約2年半前。物静かな者同士、意外と話が合ってその時には打ち上げの後も何軒も連れて行ってもらいいろいろと話をした覚えがあります。その後もオフ会やイベントで東京に行った時には必ず会って、このコラムや年末に行っているくりーく賞のことなど、何かアイデアが浮かんだら必ず最初に話をして相談に乗ってもらっていたのが河内さんでした。こちらがどんな変化球を投げても、速い球を投げてもしっかりキャッチしてくれていい球を返してくれる、私にとって競馬のキャッチボールが思いっきりできる方だったので、これからそんなキャッチボールができなくなるのはとても残念です。先日、河内さんに最期のお別れをしに行ってきましたが、横になっている本人を見てもまだ実感が涌かず、また東京に行った時には普通に会えるのではないかと思ってしまうほど、現実として受け入れられないというのが本当のところです。河内さんなくしてウマニティなし。ウマニティがなければ「くりーく」も存在せず、このような競馬の仕事をさせてもらうこともなかったと思いますし、佐藤洋一郎さんはじめ他のプロ予想家の方々に、会員の方々、ウマニティスタッフの方々と出会うキッカケも生まれなかったハズで、今の幸せな環境があるのは河内さんのおかげだと思っています。本当に感謝の気持ちしかありません。
いろいろとありがとうございました。

・・・・・・河内さ~ん、、、今年の「くりーく賞」は笠松の空の上まで観に来てくださいね。空の上の馬券発売場でも馬券を売っていると思うので、ぜひいつものように馬券を買って楽しんでください。
今年は河内さんをビックリさせてみせますよ.。.*+☆

それでは次回、東京スポーツ杯2歳S編(予定)でお会いしましょう。


※デイリー杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーアワーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 4

中山 7R 4歳以上500万下(混合)[指定]
◎10 イェッツト…1着
○ 6 ジャディード…11着
▲16 シュバルツリッター …4着
△ 5 ☆ルックスマート…9着
× 4 ヒシヴィクトリー …2着
[結果:アタリ○ 馬連 4-10 900円]

中山 9R 迎春ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 9 ★ダノンキングダム…6着
○ 4 クレッシェンドラヴ…3着
▲ 3 ロサグラウカ…2着
△12 ウラヌスチャーム…1着
×11 パイオニアバイオ…9着
[結果:アタリ△ ワイド 3-4 630円]

中山10R ジュニアカップ 3歳オープン(国際)(特指)
◎ 6 ★ディキシーナイト…3着
○ 5 プライドランド…6着
▲ 1 ヘイワノツカイ…4着
△10 ヴァッシュモン…1着
× 7 アイスブラスト…5着
[結果:アタリ△ 複勝 6 130円]

中山11R ポルックスステークス 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎ 6 テーオーエナジー …1着
○11 ザイディックメア…5着
×12 ☆ブラックスピネル…12着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 1 ウインイクシード…5着
○10 ゴールドギア…1着
× 4 ☆マイネルスフェーン…7着
× 3 ロードプレミアム…3着
[結果:アタリ○ ワイド 3-10 2,500円]

京都 4R 3歳500万下(混合)[指定]
◎13 タニノマイカ…14着
○11 キンゲン…除外
× 8 ☆ユーフォニー …9着
[結果:ハズレ×]

京都 5R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎14 ギルマ…2着
○ 1 モンドヌーヴォー …7着
▲ 9 ダディーズトリップ…4着
☆ 2 ヤマカツマッハ…14着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 寿ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 8 マイハートビート…2着
○ 2 ケイティクレバー …1着
▲ 7 ☆マイネルファンロン…4着
△ 4 ダノンアイリス…3着
× 5 ケンホファヴァルト…5着
[結果:アタリ△ 馬連 2-8 300円]

京都10R 万葉ステークス 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎ 6 ユーキャンスマイル…2着
○ 7 アドマイヤエイカン…7着
▲ 5 ☆コウキチョウサン…6着
△ 3 アルター …5着
× 4 グローブシアター …3着
[結果:ハズレ×]

京都11R 日刊スポーツ賞シンザン記念 GⅢ 3歳オープン(国際)(特指)
◎ 2 ヴァルディゼール…1着
○ 3 ハッピーアワー …5着
▲10 ミッキーブリランテ…3着
△ 1 マイネルフラップ…2着
× 5 アントリューズ…8着
[結果:アタリ○ 馬連 1-2 11,220円、ワイド 1-2 2,930円、3連複 1-2-10 16,270円]

今日は寒いですね。
寒いですけど、これから京都に行ってきます。
淀です。
指定席で、ゆっくり競馬を楽しみます。

[今日の結果:10戦3勝4敗3分]
良かったです。一年ぶりの万馬券です。
この調子で、今年が過ごせたら。

 777 2019年1月6日() 15:58
シンザン記念も完敗↓ 
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 1

昨日から本命を悩みまくっていました。
今朝まで、◎ミッキーブリランテ、未勝利すぐはあかんかなと思い、結局、ハッピーアワーに変更。
ハッピーアワーの4コーナー、下手くそすぎる。結局、伸び切れず5着?

2着の10番人気、マイネルフラップを抑えていただけに…。

さらに、ポルックスS。予想は合ってる。馬券がハズレてる。

新年そうそう凹みまくりです。
早く、勝ち癖を…


なんとか京都最終、馬連的中。1780円。この的中が来週への弾みになってほしいです。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2019年1月6日() 14:24
1月6日のWIN5予想
閲覧 78ビュー コメント 2 ナイス 11

昨日のWIN5はリーチまでいったんですけどね。
京都金杯でパクスアメリカーナにやられました┐('~`;)┌
確かに強かったと言ってしまえばそれまでなんですけど、パクスアメリカーナの頭を嫌うだけには十分すぎる材料があっただけに、これはもう割り切るしかないですね。

さて切り替えて今日のWIN5の予想を。

【京都 9R 寿S】②ケイティクレバー
【中山10R ジュニアC】①ヘイワノツカイ ②カルリーノ ⑦アイスブラスト ⑨ウインレフィナード
【京都10R 万葉S】⑦アドマイヤエイカン ⑥ユーキャンスマイル
【中山11R ポルックスS】⑥テーオーエナジー
【京都11R シンザン記念】⑩ミッキーブリランテ ⑤アントリューズ ③ハッピーアワー ①マイネルフラップ ④ゴータイミング
1×4×2×1×5=40

寿Sは暮れの阪神開催を使ってきた馬優勢なので、昨年の若駒Sの勝ち馬のケイティクレバーを信頼。

先に進んで中山のポルックスSはさすがにテーオーエナジーで堅いだろう。いわゆる「勝って同条件」だし、岩田が重賞を差し置いて中山に来ているのだからここは順当戦。

一つ戻って万葉Sは、確かに菊花賞3着のユーキャンスマイルが有力なのは間違いないが、でもここは「格上挑戦」なのもまた事実。
そこでメンバー中、唯一の重賞ウイナーのアドマイヤエイカンは持っていた方がいいだろう。

問題は3歳のマイル戦2つ。
中山のジュニアCは、概ね暮れの開催を使ってきた馬が優勢なので、「12月に使っていた」4頭を全部塗ったw

そしてシンザン記念も一長一短ある組み合わせ。
一応の中心はミッキーブリランテにしてみたが、「あれ、戸崎じゃないの?」のアントリューズが川田で不気味。
武幸四郎厩舎と秋山のタッグが好成績のハッピーアワーも切りにくいし、千両賞で単勝万馬券をぶち抜いたマイネルフラップも2勝馬なのにバカにされているなら持っておきたい。そして前走だけでは見限れないゴータイミングまで持ってみる。

なんとかシンザン記念の5面待ちまではたどり着きたいところです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハッピーアワーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ハッピーアワーの写真

ハッピーアワー

ハッピーアワーの厩舎情報 VIP

2019年1月6日日刊スポシンザン記念 G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハッピーアワーの取材メモ VIP

2019年1月6日 日刊スポシンザン記念 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。