ファルコニア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ファルコニア
ファルコニア
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2017年2月10日生
調教師高野友和(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績11戦[4-3-2-2]
総賞金8,673万円
収得賞金2,400万円
英字表記Falconia
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
カンビーナ
血統 ][ 産駒 ]
Hawk Wing
Await
兄弟 トーセンカンビーナカーロバンビーナ
前走 2021/06/13 エプソムカップ G3
次走予定

ファルコニアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/06/13 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18476.523** 牡4 56.0 川田将雅高野友和460(+4)1.45.4 0.334.8⑬⑩⑦ザダル
21/04/10 阪神 10 難波S 3勝クラス 芝1800 128112.011** 牡4 56.0 川田将雅高野友和456(+2)1.46.0 -0.032.5スマートリアン
21/03/14 阪神 9 春日特別 2勝クラス 芝1800 7222.921** 牡4 57.0 吉田隼人高野友和454(+4)1.45.6 -0.434.0ヒルノダカール
20/11/07 阪神 9 武田尾特別 2勝クラス 芝1800 9773.022** 牡3 55.0 川田将雅角居勝彦450(+4)1.45.3 0.333.7④⑤リトミカメンテ
20/09/27 中京 11 神戸新聞杯 G2 芝2200 1871552.9816** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦446(+2)2.14.3 1.837.5⑩⑨⑤⑥コントレイル
20/05/09 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 137106.023** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦444(-6)2.12.0 0.336.0⑧⑦④④ディープボンド
20/03/22 中山 11 スプリングS G2 芝1800 10556.334** 牡3 56.0 M.デムー角居勝彦450(+4)1.50.3 0.534.7⑩⑧ガロアクリーク
20/02/15 小倉 10 あすなろ賞 1勝クラス 芝2000 12794.221** 牡3 56.0 藤岡佑介角居勝彦446(+2)2.01.4 -0.036.3⑪⑪⑩⑧レザネフォール
20/01/13 京都 5 3歳未勝利 芝1800 16121.511** 牡3 56.0 川田将雅角居勝彦444(-4)1.50.4 -0.336.3サマービート
19/11/23 京都 3 2歳未勝利 芝1800 13441.712** 牡2 55.0 川田将雅角居勝彦448(-4)1.49.0 0.435.7チェスナットドレス
19/11/02 京都 7 2歳新馬 芝2000 8441.312** 牡2 55.0 川田将雅角居勝彦452(--)2.03.5 0.034.5アンサンブル

ファルコニアの関連ニュース

 エプソムCが13日、東京競馬場で18頭によって争われ、石橋騎乗で3番人気のザダルが差し切り重賞初制覇。トーセンラー産駒によるJRA重賞勝ちも初となった。クビ差の2着に6番人気サトノフラッグが入り、2番人気ファルコニアが3着。1番人気アルジャンナは10着に終わった。

 素質馬の復活に思わず石橋騎手もガッツポーズが出た。3番人気のザダルが直線で力強い伸び脚を繰り出して、念願の重賞初勝利。今後に弾みをつけた。

 「うれしかったです。操縦性の高い馬なのでリズム良く運ぶことを考えていました。雨も降ってきたので馬場のいいところに誘導して、コースを選びながらリズムよくいけました」

 道中は中団の外めを追走し、直線はスムーズに馬場のいい外へ。先行勢を捕えたあとは、追い上げるサトノフラッグをクビ差で抑えて、父トーセンラーにも初の重賞タイトルをもたらした。

 もともとデビュー3連勝でダービートライアルのプリンシパルSを勝った逸材。4歳時の昨年はオープンの関越Sを勝ったが、重賞は善戦止まりで手が届いていなかった。今回は昨秋の毎日王冠(5着)以来約8カ月の休養明け。それでも「ここ2週の追い切りに乗らせてもらって、新馬から良くなってきた頃を知っていますから、そのときと遜色ないな、と思っていました」とジョッキーは自信を持って臨んでいた。

 前週の安田記念を勝ったダノンキングリーと同じ8カ月ぶりの5歳馬の勝利。大竹調教師は「ここまで適当なレースがなかったし、球節がきれいな馬じゃないので、(休養で)クリーニングしました。ジョッキーは菊花賞(13着)まで乗っていたし、何も言わずに送り出したけど、イメージ通りの競馬をしてくれましたね」と鞍上をたたえ、期待馬の復活を喜んだ。

 次走については未定だが、まだキャリア10戦と伸びしろ十分のザダル。プリンシパルSは突然のひょうで延期になった影響で、中1週と間隔が詰まるダービーへの出走は断念しなければならなかった。今度こそ大舞台へ-。秋に向けての期待は膨らむばかりだ。 (柴田章利)



ザダル 父トーセンラー、母シーザシー、母の父レモンドロップキッド。栗毛の牡5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道新冠町・新冠橋本牧場の生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績10戦5勝。獲得賞金1億2638万3000円。重賞初勝利。エプソムC大竹正博調教師が2016年ルージュバックに次いで2勝目。石橋脩騎手は初勝利。馬名は「世界一の夕日が見られるクロアチア西部の都市名。父名、母名より連想」。

★13日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら

【エプソムC】ファルコニアしぶとく伸びて3着 2021年6月14日(月) 04:58

 条件戦を連勝して臨んだファルコニアは3着。発馬でやや出負けして少し後ろの位置取りにはなったが、勝負どころで内をすくって進出すると最後までしぶとく伸びた。川田騎手は「ゲートで我慢できず、あの形になりました。古馬になって初めての重賞で頑張ってくれましたし、いい経験になりました。次は精神的に我慢ができれば、と思います」と振り返った。

★13日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エプソムC】トーセンラー産駒のザダルが差し切り重賞初制覇! 2021年6月13日() 16:02

 6月13日の東京11Rで行われた第38回エプソムカップ(GIII、3歳以上オープン、芝1800メートル、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、石橋脩騎手騎乗の3番人気ザダル(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)が道中は中団を追走すると、直線で馬場の外から鋭く弾けて差し切りV。重賞初制覇を飾った。トーセンラー産駒はJRA重賞初勝利。タイムは1分45秒1(良)。



 クビ差の2着には馬群を割いて脚を伸ばしたサトノフラッグ(6番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に内めから粘りこんだファルコニア(2番人気)が入線した。



 ◆石橋脩騎手(1着 ザダル)「うれしかったです。操縦性の高い馬なのでリズム良く運ぶことを考えていました。雨も降ってきたので馬場のいいところに誘導して、コースを選びながらリズムよくいけました。余計なことをしなければ、上手に走ってくれると思っていました」



 エプソムCを勝ったザダルは、父トーセンラー、母シーザシー、母の父Lemon Drop Kidという血統。北海道新冠町・新冠橋本牧場の生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は10戦5勝。重賞は初制覇。エプソムCは、管理する大竹正博調教師は2016年ルージュバックに次いで2勝目、騎乗した石橋脩騎手は初勝利。



★【エプソムC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【エプソムカップ】入線速報(東京競馬場) 2021年6月13日() 15:51

東京11R・エプソムカップ(3回東京4日目 東京競馬場  芝・左1800m サラ系3歳以上オープン)は、1番手15番ザダル(単勝6.8倍/3番人気)、2番手13番サトノフラッグ(単勝11.8倍/6番人気)、3番手7番ファルコニア(単勝6.5倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連13-15(61.1倍) 馬単15-13(111.7倍) 3連複7-13-15(130.9倍) 3連単15-13-7(848.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2021061305030411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】エプソムカップ2021 大久保先生、キャプテン渡辺さんなど多数!競馬通の芸能人・著名人が真剣ジャッジ! 2021年6月13日() 06:30


※当欄ではエプソムカップについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑧アルジャンナ
○⑮ザダル
▲⑪ニシノデイジー
△②マイラプソディ
△⑦ファルコニア
△⑨ヤシャマル

【キャプテン渡辺】
◎⑭ガロアクリーク
単勝

馬単・馬連・ワイド
⑭→⑧アルジャンナ
3連複
⑥-⑧-⑭
3連単フォーメーション
⑭→⑥⑧→⑥⑧

【DAIGO】
◎⑧アルジャンナ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③ヴェロックス
○⑯シュリ
▲⑮ザダル
△⑦ファルコニア
△②マイラプソディ
△⑧アルジャンナ
△⑱アトミックフォース
3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑦⑧⑮⑯⑱

【杉本清】
◎⑬サトノフラッグ
○⑧アルジャンナ
▲⑯シュリ
☆⑰アドマイヤビルゴ
△②マイラプソディ
△③ヴェロックス
△⑨ヤシャマル
△⑱アトミックフォース

【林修】
注目馬
セダブリランテス

【井森美幸】
◎⑨ヤシャマル

【橋本マナミ】
◎⑧アルジャンナ
○⑯シュリ
▲⑨ヤシャマル
△⑭ガロアクリーク
△②マイラプソディ
△⑦ファルコニア
△⑬サトノフラッグ
△⑰アドマイヤビルゴ

【横山ルリカ】
◎⑧アルジャンナ

【神部美咲】
◎⑯シュリ

【小木茂光】
◎⑨ヤシャマル
3連単フォーメーション
⑦⑧⑨→①③⑦⑧⑨⑬⑭⑮⑰→⑦⑧⑨

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑮ザダル

【船山陽司】
◎⑮ザダル

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮ザダル

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑰アドマイヤビルゴ
○⑧アルジャンナ
▲⑦ファルコニア
△⑥ヒュミドール
△⑱アトミックフォース
△⑪ニシノデイジー

【原奈津子】
◎⑦ファルコニア
○⑮ザダル
▲③ヴェロックス

【天童なこ】
◎⑨ヤシャマル
○⑰アドマイヤビルゴ
▲⑧アルジャンナ
△③ヴェロックス
△⑥ヒュミドール
△⑦ファルコニア
△⑭ガロアクリーク
△⑮ザダル
△⑯シュリ

【目黒貴子】
◎⑨ヤシャマル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】エプソムカップ2021 アルジャンナを筆頭に、アトミックフォースら減点無し勢4頭が続く構図 2021年6月12日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエプソムカップ・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
特別指定交流競走となった、2012年以降の3着以内延べ27頭の馬齢をみると、4歳から7歳までの間。ただし、7歳の最高着順は3着止まりとなっている。その点には注意したい。

(減点対象馬)
プレシャスブルー ④セダブリランテス ⑩ワンダープチュック ⑫ミラアイトーン

【前走クラス】
2012年以降の1~2着全馬が前走でオープンクラスのレースに出走していた。条件クラス経由の馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
ファルコニア ⑨ヤシャマル

【前走人気】
2012年以降の2着以内18頭中17頭が前走で単勝6番人気以内の支持を集めていた。例外は前走で香港のチャンピオンズマイルに出走していた、2014年の2着馬マイネルラクリマのみ。前走が国内戦、かつ当時の単勝人気順が7番手以下だった馬は劣勢を強いられている。

(減点対象馬)
プレシャスブルー ⑩ワンダープチュック ⑪ニシノデイジー ⑰アドマイヤビルゴ

【前走馬体重】
2012年以降、前走の馬体重が500キロ超だった馬で2着連対圏に入ったのは、2015年2着サトノアラジンと2020年1着ダイワキャグニーの2頭だけ。ともに東京芝1800mのオープン特別で勝利経験があった。当該コースのオープンクラスで勝ち鞍がない大型馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
マイラプソディ ④セダブリランテス ⑨ヤシャマル ⑫ミラアイトーン ⑯シュリ

【休養明け】
2012年以降の3着以内馬はいずれも、同年の2月以降に1戦以上を消化していた。前走が同年の1月以前だった馬は評価を下げたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
ヴェロックス ⑭ガロアクリーク ⑮ザダル


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑤エアアルマス、⑥ヒュミドール、⑧アルジャンナ、⑬サトノフラッグ、⑱アトミックフォースの5頭。最上位には⑧アルジャンナを推す。2012年以降、池江泰寿厩舎の管理馬は【2.2.1.5】と半数が複勝圏入り。本馬自身、当該コースの重賞で連対経験があることも好感が持てる。

2番手には、近4年続けて連対馬を送り出している前走メイS組から⑱アトミックフォースをピックアップ。以下は、⑤エアアルマス、⑥ヒュミドール、⑬サトノフラッグの3頭横並びの評価としたい。

<注目馬>
アルジャンナ ⑱アトミックフォース ⑤エアアルマス ⑥ヒュミドール ⑬サトノフラッグ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ファルコニアの関連コラム

閲覧 1,346ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月27日(日) 第68回神戸新聞杯(3歳G2・芝2200m)

【登録頭数:18頭】(フルゲート:18頭)

<地方馬>

シンボ(B)中6週
4月から月1ペースで5戦してきたが、ここ2戦とも馬体が増えていて2走前のパドックではまだ緩く見えたほど。前走時は馬体も締まって好馬体に映った。そこから間隔もほど良く空けての出走となるので、あとは本州までの長距離輸送が気になるところ。


<賞金上位順>

コントレイル(B)4ヶ月
この中間はダービー前と同じような2週前が坂路、1週前がCWで長めからという過程。ともに併せ先着を果たしており、皐月賞時の休み明けとの比較でも内容は良いほうだろう。ただし、動きを見ると坂路もCWもフワフワした感じで春のような力強い走りまでは戻っておらず、いかにも休み明けといった感じ。

ヴェルトライゼンデ(C)4ヶ月
熱発で2週前追いは軽めの調整にとどめた。1週前はCW長めからというメニューで併せ先着も、前脚の出が悪い。休み明けと熱発による調整の狂いは多少なりともあるか。

ディープボンド(A)4ヶ月
日本ダービー当時は使い詰めで軽めの調整だったが、今回は休み明けで長めからビッシリ追われている。動きにも力強さがあって状態は良さそう。

マイラプソディ(B)4ヶ月
友道厩舎の馬は基本的にはコースで長めから追い切られることが多いが、この中間は2週前と1週前に坂路で強めに追われていてこの調整過程がどう出るか。休み明けで乗り込み量も多く、1週前追い切りの動きからは力強さが感じ取れ、春よりも良く見えた。これがレースでも良いほうに出てくれれば、能力のある馬だけに期待も膨らむところ。

ビターエンダー(B)4ヶ月
休み明けのこの中間は2週前、1週前と南Wを併せ馬で追われ、1週前には好時計で先着。追い切りの動きを見ると、左回りのほうが伸び脚が良い印象で今年の中京でのトライアルはこの馬には良さそう。

レクセランス(B)4ヶ月
皐月賞当時もトライアルを使わなかったくらいの馬なので、間隔を詰めて使うことと長距離輸送に不安を感じていたのかもしれない。今回は、休み明けで中京での競馬とこの馬にとってはプラス材料が揃う。この中間は2週前、1週前と追い切りには松山騎手が騎乗して併せ馬でも先着していて、今回はまともな競馬をしてくれそう。

マンオブスピリット(D)4ヶ月
休み明けでこの中間の乗り込み量は豊富。ただ、併せ馬では遅れていて伸び脚もイマイチ。

パンサラッサ(B)3ヶ月
ここ2戦は好走していたものの坂路での時計は物足りない感じだった。矢作厩舎の馬なので、休み明けとしては乗り込み量は少ないものの、坂路での時計は前走時以上に出ていて仕上りは良さそう。

ターキッシュパレス(D)中6週
休み明けを3戦して2勝をはたすも、この中間は間隔に余裕がある割に追い切り時計は平凡で物足りない。

アイアンバローズ(B)4ヶ月
休み明けで乗り込みは入念。週中は2週前、1週前とCWを長めから追い切られ、週末は坂路で時計を出しと、角居厩舎らしい調教内容。最終追い切りに関しては、坂路よりもCWで追い切られるほうがプラスと考えた方が良い。

イロゴトシ(E)4ヶ月
九州産馬にしては坂路で好時計の出ていた馬だが、休み明けのこの中間はこの馬としては物足りない内容。

エンデュミオン(A)中4週
休み明けの馬が多いなか、夏場も使われてきた馬。前走時のパドックで、ふっくらした馬体を披露していて、毛艶も良く当時から状態は良く映った。この中間も、強めに追われており疲れはなさそう。引き続き良い状態を維持できている印象。

グランデマーレ(D)10ヶ月
骨折による長期休養明けで、今回何よりもまず出来が気になるところだが、坂路で乗り込まれて好時計が出ている。ただこれまで、最終追い切りはコースで追われてきた馬で、坂路専門の馬ではないので、骨折後の長期ブランクのことを考えると2週前か1週前にはコースで併せ馬を行うくらいの余裕がほしかったところ。まだ足元のこともあるので、慎重に調整されてきているとの印象が強い。

ファルコニア (B)4ヶ月半
春は一歩足りずクラシック出走は叶わなかった。休み明けのこの中間は乗り込み量豊富で好時計も出ている。1週前追い切りの動きを見ても終いしっかりと伸びており、仕上りは良さそう。

メイショウボサツ(C)4ヶ月
休み明けでこの中間は2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で一杯に追われて入念な調整。中京は3戦2勝と相性の良いコースなので、最終追い切りで坂路好時計をマークしてくるようなら好走も期待できそう。

ディープキング(B)3ヶ月
この中間は乗り込み豊富で2週前、1週前と併せ馬で先着し時計も優秀。1週前は強めに追われてのものであり仕上りが良さそう。

ロバートソンキー(B)中6週
この中間も坂路で好時計が出ていて、1週前追い切りでは坂路で併せて先着。これまでの追い切りでも、併せ馬では併入か先着と遅れたことがなく、キャリアは少ないが素質はありそう。


このコラムからの推奨馬はディープボンドエンデュミオンの2頭を挙げておきます。


◇今回は神戸新聞杯編でした。
いよいよ3冠に向けてコントレイルが始動します。無観客での無敗の2冠馬となり、このまま京都開催も無観客での開催が続くようなら最初で最後の無観客での3冠馬となる可能性もあります。いろいろな意味で歴史に残る名馬となるかもしれません。ただ競馬に絶対はなく、周りが勝たせたい気持ちが強くなればなるほど人気も集中して、当たり前に勝つものだと錯覚するようになってしまいます。ディープインパクトアーモンドアイも負けることがあるのが競馬です。3冠確実と思いながらも、どこかで冷静に馬を判断できるようにはしておきたいものです。

それでは次回、毎日王冠編(予定)でお会いしましょう。


神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年3月18日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020フジテレビ賞スプリングS
閲覧 840ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月22日(日) 中山11R 第69回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳G2・芝1800m)

出走:10頭(登録:12頭)

【地方馬】

エン(C)中4週
前走初めてのJRAでのレースでは、パドックでの落ち着きもありレースでも先行して直線に向くまでは良かった。ただ、道中の力みもあり前半で力を使い切ってしまった感じ。直線の坂も苦しかった印象で、今回は中山で直線の急坂は堪えそう。

ガミラスジャクソン(F)中4週
園田でも1勝のみで3走前に京都の芝を走っているが、フラフラした感じで勝負どころからのスピードについて行けないところも見せていた。中山までの長距離輸送と坂のあるコースでは、さらに厳しくなりそう。

【以下、賞金上位馬】

ヴェルトライゼンデ(A)3ヶ月
休み明けだがこの中間もCW、坂路と好時計が出ていて、2週前、1週前と3頭併せで好内容。その間の日曜坂路では、前走時と同じ水準といった時計を披露している。ただ、1週前の動きを見るとまだ首が高く力強さがない走りで、そのあたりにはまだ幼さが残る印象。

サクセッション(A)中10週
この中間は南Wで古馬と併せて好内容。時計は内を走っているのでこのくらいは出てしまうとは思うが、動きを見ると集中力のあるしっかりした走りで仕上りはかなり良さそう。

ココロノトウダイ(B)中4週
休み明けの前走時も入念に乗り込まれていたが、この中間も3週前から併せ馬で追い切られている。叩き2戦目での上積みがありそう。

ファルコニア(A)中4週
新馬戦でも◎にした馬だが、この中間も1週前にCWで併せ馬で追われ、日曜には坂路で終い伸ばしてと、ここも調子落ちはなさそう。

アオイクレアトール(B)中3週
使われるごとに南Wでの時計が出るようになってきており、この中間も1週前に南W併せ馬で好時計をマーク。良い状態をキープできている感じ。ただ、1週前の動きを見ると、首が外を向いて走りのバランスが悪くも見える。

ガロアクリーク(D)中2週
もともと抜けて良い時計の出る馬ではないが、この中間も中2週で1週前追い切りは軽めで時計自体平凡で......。

シルバーエース(B)中3週
この中間は1週前にCWを先行しての併せ馬で、時計も前走時と同じくらい出ていて、状態は良さそう。

ラグビーボーイ(E)中6週
未勝利勝ち時のような長めから好時計という調教内容が近走はなく、この中間も本数は乗られていても時計が出ていない。



◇今回はフジテレビ賞スプリングS編でした。
昨年の『第4回ウマニティ杯くりーく賞』を勝ったシャドウアロングがなかなか強そうな馬だということは、このコラム内でも以前にお伝えしました。その後も、一度の敗戦はあったものの5戦4勝(笠松通算7戦5勝)と、レースを使われるごとに強くなっている印象です。特に、ここ2戦は1600mに距離が延びて前半無理して行かなくて良いぶん、終いに余裕のある勝ち方をしています。今後、JRAに戻るのか笠松で上を目指していくのかまだ分かりませんが、距離が延びた方がさらに良さが出てきそうですし、笠松でのレースですべての手綱を握っている向山牧騎手との息もピッタリ。今後も、小さな競馬場で躍動する良血馬の活躍を、ぜひ見守っていただけたらと思います。
コロナウイルスの影響で中止になるスポーツやコンサートなどがあり、競馬の開催も中止になる国も見られ始めています。今後どのようになっていくのか、分からないなか日本では現在までのところ競馬が毎日行われていて、ネットだけでも馬券が買えることはとても幸せなことだと感じています。これだけ経済が落ち込む状況下にあっても、馬券を通じて税収を支えている競馬ファンは、日本にとって影の救世主となり得るかもしれませんね。悲しいことに競馬場でのあの興奮はしばらく味わえないのかもしれませんが、競馬ファンはネットで馬券を買って楽しんで、日本を支えていきましょう。

それでは次回、大阪杯編でお会いしましょう。



フジテレビ賞スプリングステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年03月15日号】特選重賞データ分析編(194)~2020年フジテレビ賞スプリングステークス~
閲覧 1,927ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2020年03月22日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1600~1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験がなかった馬の、血統別成績(2014年以降)】
○父がサンデーサイレンス系種牡馬 [4-3-2-24](3着内率27.3%)
×父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-0-25](3着内率0.0%)

 基本的には実績馬を重視したい一戦。“JRA、かつ1600~1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験がある馬は2014年以降[2-3-4-11](3着内率45.0%)と堅実でした。一方、この経験がなかったにもかかわらず3着以内となったのは、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒だけ。今年は実績馬が少ないので、出走各馬の血統をしっかりチェックしておきましょう。

主な「○」該当馬→ヴェルトライゼンデキングオブドラゴンファルコニア
主な「×」該当馬→アオイクレアトールココロノトウダイサクセッション


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が4着以内」だった馬は2014年以降[6-6-6-40](3着内率31.0%)
主な該当馬→アオイクレアトールヴェルトライゼンデ

[もっと見る]

2019年11月22日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年11月22日
閲覧 1,521ビュー コメント 0 ナイス 5

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年11月23日()の凄馬!>
極凄馬
京都1R 2歳未勝利
レディオマジック(+7.2)

超凄馬
東京12R 3歳以上1000万以下
ロケット(+3.5)

超凄馬
京都3R 2歳未勝利
ファルコニア(+2.1)

超凄馬
東京3R 2歳未勝利
ミスミルドレッド(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年11月24日、集計数:36,654レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

ファルコニアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 175ビュー コメント 0 ナイス 27

おはよ~♪

残念ながら昨日はタコ助、焼き鳥ノーホーラ!

またオケラ街道に戻っちまうのか?

もうあそこには戻りたくねーだよぉ~。

と言う訳で今日は当たり馬券を求めて4鞍購入しまっせ!

見つかると良いなぁ(^^♪

阪神10R 垂水ステークス

◎⑬リトミカメンテ
△⑥アカイイト
△⑦クリデュクール
△⑨ムジカ
△⑭レッドフラヴィア
△⑰サターン

馬連⑬ー⑥・⑦・⑨・⑭・⑰への5点。

前走は1ハロン長かった上、外枠引いたんで折り合い欠いたかな?今度は得意の千八替わり。
特に阪神千八はファルコニアを負かした舞台なんで巻き返しは十分有りかな?

札幌11R しらかばステークス

◎⑤チェアリングソング
△①ニシノドレッサー
△③デルマカトリーナ
△⑨ロジーナ
△⑬スカイグルーヴ
△⑮カワキタアジン

馬連⑤ー①・③・⑨・⑬・⑮への5点。

休み明けを叩いて順当に良化。パワーも付いて成長してるみたい。札幌も良績あるしね。

阪神11R マーメイドステークス

◎⑨イズジョーノキセキ
〇⑬クラヴェル
△⑧ソフトフルート
△⑫アンドラステ
△⑮ミスニューヨーク

馬連⑨ー⑧・⑫・⑬・⑮への4点。
三連複⑨・⑬ー⑧・⑫・⑮への3点。

メンバーを見渡して見るとね、意外に二千に良績あるお馬さん少ないんだよね。
距離がカギかな?想定以上に人気してるけどイズジョーノキセキから。
二千は牡馬相手に前走2着と忘れな草賞も2着。格下だけどこのメンバーなら十分やれそう。
展開も間違いなくスローになりそうなんで、前目に付けて早い脚使えるこの馬向きかな?

東京11R ユニコーンステークス

◎⑧サンライズウルス
△③ティアップリオン
△⑥クリーンスレイト
△⑦ケイアイロベージ
△⑨ブラックアーメット
△⑯ルーチェドーロ

枠連④ー④と馬連⑧ー③・⑥・⑨・⑯への5点。

ティアップリオンと本命迷いましたけど・・・。こちらの方がより爆発力がありそうなんでね。
東京ダートマイルだとサンライズさんが好走するイメージもあるのですよ。
府中は勝鞍あるしマイルで追走楽になればもっとすごい脚が使えそうな気が?

今日はここまでよぉ~。

 ビター ティー 2021年6月20日() 00:20
上半期最後の牝馬限定重賞「マーメイドステークス G3」・・・...
閲覧 195ビュー コメント 0 ナイス 8

 先週の上半期終盤における牡・牝混合芝中距離における唯一の重賞「エプソムカップ」に引き続き、今週は上半期最後の牝馬限定重賞「マーメイドステークス G3」が施行されます。

 過去10年間のデータを比較すると、この2つのレースにはいくつか共通した傾向が見られます。

【共通する傾向 その1 重賞初制覇が多く輩出される】
マーメイドS            エプソムカップ
重賞1着経験あり 2-1-2-15   重賞1着経験あり 3-2-5-37  
重賞複勝経験あり 4-2-4-28   重賞複勝経験あり 5-4-2-45  
重賞出走経験あり 3-3-4-47   重賞出走経験あり 2-3-3-45  
重賞出走経験なし 1-4-0-24   重賞出走経験なし 0-1-0-6

 この10年間でマーメイドステークスは重賞初制覇が8回、エプソムカップは7回です。先週、開催時期の考察で述べたように重賞未勝利組(=重賞初制覇を狙って参戦)が1着になる傾向が強く、今年も『ザダル』が重賞初制覇となり、3着も重賞未勝利の「ファルコニア」でした。

  参考:先週のエプソムカップの結果
 1着ザダル       毎日王冠GⅡ5着 菊花賞GⅠ13着、中山金杯GⅢ8着    初出走
 2着サトノフラッグ   金鯱賞GⅡ7着  弥生賞1着、菊花賞GⅠ3着       初出走
 3着ファルコニア    難波S1着     京都新聞杯GⅡ3着、神戸新聞GⅡ16着 初出走


【共通する傾向 その2 当該レース初参戦組が優勢】

マーメイドS            エプソムカップ
当該レース初参戦 8-8-9-109   当該レース初参戦 9-8-7-114
当該レース再挑戦 2-2-1-5    当該レース再挑戦 1-2-3-19

 両レース共、リピーターは、安田記念のように連覇を狙いたいGⅠに比べると出走馬自体が少なく、比例してリピーターとして複勝圏に入る馬も多くありません。

 エプソムカップでは、前年14着だったダイワギャグニーが唯一リピーターとして1着になっています。
 マーメイドSでは、以下の2頭がリピーターとして1着(重賞初制覇)になっています。
年    馬  名      前走      重賞経験(前走を除く近走)    マーメイドステークス
2016年1着リラヴァティ    パールS1着  福島牝馬S2着、エリ女9着   2015年8着
2015年1着シャトーブランシュ パールS4着  ローズS2着、中山牝馬S5着  2014年6着→3戦後5歳で引退

 ちなみに、今年のエプソムカップのリピーターは、前年5着のアトミックフォースだけだったので今年の臨戦過程の成績から判断して「×印」に止めることができました。

 今年のマーメイドSも、リピーターは1頭だけです。

    馬  名      前走        重賞経験(前走を除く近走)      マーメイドステークス
6.フィリアプーラ 5歳 福島牝馬S4着   フェアリーS1着、マーメイドS7着  2020年7着

 理由は後で述べますが、年齢と今年の臨戦過程の成績から判断すると「エプソムカップのアトミックフォース」よりは少々気になる存在です。


【共通する傾向 その3 当該レース出走後1年以内に引退する馬が多い】

 先週のエプソムカップに関する日記に次のように書かせていただきました。

『 エプソムカップで4着以下に敗れた馬で、その後に出走5レース以内に登録を抹消するか、障害に転向した馬が多いことが「エプソムカップ」の特徴として挙げられると思われます。(該当馬合計55頭/164頭 33.5%)

 引退した馬の年齢 7歳以上 35頭、6歳11頭、5歳7頭、4歳2頭 』

 その理由は割愛します(気になる方は先週の日記「今週のメイン・・・」6月13日08:12をご覧ください。)が、マーメイドステークスはそれ以上にこの傾向が顕著に表れています。

 しかも、マーメイドステークスでは複勝圏内に入った牝馬も直後や年内に引退するなど、1年以内に引退する割合がエプソムカップを遙かに上回っています。

マーメイドS過去10年間 出走全144頭
出走後0~1Rで引退4-0-2-10 →3カ月以内に引退 3-0-2-10 7カ月以内に引退 1-0-0-0 
出走後2~5Rで引退2-6-1-57 →3カ月以内に引退 0-0-0-2 7カ月以内に引退 2-2-1-39 
出走後6~8Rで引退1-3-1-13 →7カ月以内に引退 0-0-0-4 12カ月以内に引退 1-3-1-11 
出走後0~8Rで引退(上記3つのカテゴリ当てはまらないもの) →  12カ月以内に引退 0-3-0-18

該当馬合計121頭/144頭 84.0%    エプソムカップ該当馬合計55頭/164頭 33.5%

 このようにレース後の競走馬生活が長くないのは、実施されるのが6月下旬で上半期最後の牝馬限定重賞であり、牝馬ならではの特殊事情があるからに他ならないと考えます。

 それは、現役を継続するか、競走馬登録を抹消するかをどの時点で判断し、繁殖牝馬にするかどうかをどのタイミングで行うかを牝馬の場合は考える必要があるということです。

 それを踏まえて、各陣営が今年限りで現役を終えると決めているか、来年以降も現役を続行することを決めているか、どちらにするか成績を見て判断することにしているのか、いずれかによってマーメイドステークスに臨む本気度も結果も変わってくると思います。


マーメイドSに臨む各陣営の思惑を以下のように仮定して予想を組み立てたいと思います。


 (1)今年で現役生活を終えると決定している陣営
  ①重賞初制覇の実績を得て、繁殖牝馬としての価値を高めたい。
   早めに1勝を挙げられるなら、繁殖としての体調を整え易いので、来年から繁殖として産駒に期待ができる。

  ②重賞勝ちを狙ってメイチの仕上げで臨みたい。
   多少の負荷がかかっても、夏は休養に充てられるので、下半期も重賞で勝ち負けに絡んで華道を飾りたい。

 (2)来年以降も現役生活を続けることが既定の陣営
  ①徐々に能力が高まり、重賞勝ちに手が届きそうになってきた。
   下半期に向けて現時点で能力がどのくらい通用するかを試すためにメイチで臨みたい。

  ②徐々に能力が高まり、重賞に初出走できるまでに成長してきた。
   最近の成績が上昇傾向なので、強豪馬の一角を崩して複勝圏内に入りたい。

 (3)今年の成績次第で引退するか現役を続行するかを判断しようとしている陣営
  ①これまで重賞でも実績を挙げてきたが、最近思うような成績を挙げられていない。
   今後、重賞で通用する成績を挙げられるか上半期最後の重賞で手応えを確かめたい。

  ②オープン特別までは能力は通用してきたが、重賞では上位との壁を感じ始めている。
   再度鍛え直して、重賞に挑戦し続けるかオープン特別で勝ち鞍を狙っていくか確かめたい。


 以上、陣営の思惑を勝手に推測しましたが、この(1)から(3)のパターンに今年の出走馬を当てはめて、前述した『エプソムカップとの共通点』を重視しながら最終的に予想したいと思います。

 なお、『(1) 今年で現役生活を終えると決定している』に当てはめたのは、基本的に5歳馬で、出走レース数が比較的多く、ある程度の実績があると思える馬を勝手に選んでいますので、リアルに陣営が『今年で引退』決めているのではないことをお断りしておきます。

 また、『(2)来年以降も現役生活を続けることが既定』に当てはめたのは、基本的に4歳馬で実績上位の馬を勝手に選んでいますので、リアルに陣営が『来年も継続』決定しているのではないこともお断りしておきます。


【 各陣営の思惑の分類(推測) 】

 (1)今年で現役生活を終えると決定している陣営
  ①重賞初制覇の実績を得て、繁殖牝馬としての価値を高めたい。
   早めに1勝を挙げられるなら、繁殖としての体調を整え易いので、来年から繁殖として産駒に期待ができる。
   5.シャドウディーヴァ 5歳
   12.アンドラステ   5歳
  ②重賞勝ちを狙ってメイチの仕上げで臨みたい。
   多少の負荷がかかっても、夏は休養に充てられるので、下半期も重賞で勝ち負けに絡んで華道を飾りたい。
   6.フィリアプーラ  5歳

 (2)来年以降も現役生活を続けることが既定の陣営
  ①徐々に能力が高まり、重賞勝ちに手が届きそうになってきた。
   下半期に向けて現時点で能力がどのくらい通用するかを試すためにメイチで臨みたい。
   2.アブレイズ    4歳 
   8.ソフトフルート  4歳
   14.サンクテュエル  4歳

  ②徐々に能力が高まり、重賞に初出走できるまでに成長してきた。
   最近の成績が上昇傾向なので、強豪馬の一角を崩して複勝圏内に入りたい。
   1.シャムロックヒル  4歳
   9.イズジョーノキセキ4歳
   10.キングスタイル  4歳
   13.クラヴェル    4歳 
   15.ミスニューヨーク 4歳

 (3)今年の成績次第で引退するか現役を続行するかを判断しようとしている陣営
  ①これまで重賞でも実績を挙げてきたが、最近思うような成績を挙げられていない。
   今後、重賞で通用する成績を挙げられるか上半期最後の重賞で手応えを確かめたい。
   11.パッシングスルー 5歳 

  ②オープン特別までは能力は通用してきたが、重賞では上位との壁を感じ始めている。
   再度鍛え直して、重賞に挑戦し続けるかオープン特別で勝ち鞍を狙っていくか確かめたい。
   3.ホウオウエミーズ 4歳
   4.カセドラルベル  5歳
   7.レッドベルディエス5歳
   16.アッシェンブッテル5歳


 各陣営の仮定の思惑通りになるか定かではありませんが、その思惑の実現に向かって仕上げてくるわけですから、全ての出走馬に目標を叶えて欲しいとは思いながら、自分の予想が的中するような結果になるよう祈って印を打ちたいと思います。

 もちろん、有力馬を何頭か選んだ中から『重賞初制覇』となる馬に本命を打つことにします。また、『エプソムカップ』では、リピーターを軽視したのですが、マーメイドステークスのリピーター『6.フィリアプーラ』については、前走が昨年と同じ福島牝馬Sで着順もレースタイムも今年の方が上回っているので連下以上の評価にしたいと考えました。


 1.シャムロックヒル 4歳  寿S14着      ローズS14着             初参戦
△2.アブレイズ    4歳 メイS1着     フラワーカップ1着、福島牝馬S6着  初参戦
 3.ホウオウエミーズ 4歳 2勝クラス1着   重賞経験なし(前走1着)         初参戦
 4.カセドラルベル  5歳 都大路S4着    京都大賞典10着、愛知杯8着      初参戦
△5.シャドウディーヴァ 5歳 中山牝馬S5着   東京新聞杯3着、オークス6着     初参戦
△6.フィリアプーラ  5歳 福島牝馬S4着   フェアリーS1着、マーメイドS7着  2020年7着
 7.レッドベルディエス5歳 ヴィクトリアM12着 クイーンC5着、紫苑S4着      初参戦
◎8.ソフトフルート  4歳 シドニーT1着   秋華賞3着、エリ女6着        初参戦
×9.イズジョーノキセキ4歳 京橋S2着     チューリップ賞4着          初参戦
 10.キングスタイル4歳   御在所特別1着   フラワーカップ8着          初参戦
×11.パッシングスルー 5歳 福島牝馬S10着   紫苑S1着、七夕賞6着         初参戦
○12.アンドラステ   5歳 ターコイズS1着  エプソムカップ4着、関屋記念3着   初参戦
 13.クラヴェル  4歳   シドニーT4着   重賞経験なし             初参戦
▲14.サンクテュエル4歳   福島牝馬S3着   シンザン記念1着、桜花賞6着     初参戦
 15.ミスニューヨーク 4歳 福島牝馬S9着   紫苑S5着、エリ女10着        初参戦
 16.アッシェンブッテル5歳 吾妻小富士S3着  クイーン賞2着            初参戦





データにとらわれ過ぎてはいけませんが、軽視することもできないので、総合的に判断するとこんな感じの予想になりました。


 データを信じるか信じないかは自分次第!

これでなんとか的中しますよう 幸運を祈ります。

 
今回は、マーメイドステークス過去10年間の上位入賞馬とレース分析のために拾い出した各年のデータは資料として最後に示しました。このデータを根拠に予想を立てました。興味のある方は参考にご覧ください。


年    馬  名   前走      重賞経験(前走を除く近走) マーメイドステークス

2020年1着サマーセント 下鴨S3着    重賞経験なし       初参戦   2戦 7カ月後 登録抹消
   2着センテリュオ 大阪城S5着  エリ女4着、愛知杯5着  2019年4着 3戦 7カ月後 登録抹消
   3着リュヌルージュ福島牝馬S8着 中山牝馬S2着      初参戦

全16頭
 重賞1着経験あり 0-0-0-1  
 重賞複勝経験あり 0-0-1-2  
 重賞出走経験あり 0-1-0-7  
 重賞出走経験なし 1-0-0-3

出走後0~1Rで引退1-0-0-0 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 1-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-1-0-6 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-6 
出走後6~8Rで引退0-0-0-2 →7カ月以内に引退 0-0-0-1 12カ月以内に引退 0-0-0-2 

当該レース初参戦 1-0-1-12  当該レース再挑戦 0-1-0-1

2019年1着サラス       パールS3着  紫苑S13着、日経新春杯10着 初参戦2020年14着
   2着レッドランディーニ 御室特別1着  重賞経験なし       初参戦
   3着スカーレットカラー パールS1着  ローズS13着、愛知杯10着  初参戦

全16頭
 重賞1着経験あり 0-0-0-0  
 重賞複勝経験あり 0-0-1-3  
 重賞出走経験あり 1-0-0-7  
 重賞出走経験なし 0-1-0-3

出走後0~1Rで引退0-0-0-3 →3カ月以内に引退 0-0-0-3 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-1-0-6 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-5 
出走後6~8Rで引退0-0-0-1 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-0-1

当該レース初参戦 1-0-0-13  当該レース再挑戦 0-0-0-0


2018年1着アンドリエッテ   パールS3着   チューリップ賞2着、秋華賞4着 初参戦→1戦後6歳で引退
   2着ワンブレスアウェイ 福島牝馬S6着  愛知杯6着、中山牝馬S11着   初参戦→5戦後6歳で引退
   3着ミエノサクシード  阪神牝馬S6着  秋華賞8着           初参戦

全15頭
 重賞1着経験あり 0-0-0-3  
 重賞複勝経験あり 1-0-0-1  
 重賞出走経験あり 0-1-1-6  
 重賞出走経験なし 0-0-0-2

出走後0~1Rで引退1-0-0-0 →3カ月以内に引退 1-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-1-0-7 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-4 
出走後6~8Rで引退0-0-0-1 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-0-1

当該レース初参戦 1-1-1-11  当該レース再挑戦 0-0-0-1


2017年1着マキシマムドパリ   大阪城S13着  エリ女9着、愛知杯1着    初参戦→6戦後6歳で引退
   2着クイーンズミラーグロ 福島牝馬S3着  愛知杯3着、中山牝馬S3着  初参戦→7戦後6歳で引退
   3着アースライズ     賢島特別1着   オークス4着、福島牝馬S4着 2015年9着→1戦後5歳で引退

全12頭
 重賞1着経験あり 1-0-0-3  
 重賞複勝経験あり 0-1-0-1  
 重賞出走経験あり 0-0-1-4  
 重賞出走経験なし 0-0-0-1

出走後0~1Rで引退0-0-1-1 →3カ月以内に引退 0-0-1-1 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-0-0-6 →3カ月以内に引退 0-0-0-1 7カ月以内に引退 0-0-0-1 
出走後6~8Rで引退1-1-0-0 →7カ月以内に引退 0-0-0-1 12カ月以内に引退 1-1-0-0

当該レース初参戦 1-1-0-8  当該レース再挑戦 0-0-1-1


2016年1着リラヴァティ  パールS1着   福島牝馬S2着、エリ女9着    2015年8着
   2着ヒルノマテーラ パールS4着   ローズS5着           初参戦→7戦後6歳で引退
   3着ココロノアイ  阪神牝馬S5着  チューリップ賞1着、秋華賞14着 初参戦→1戦後4歳で引退

全14頭
 重賞1着経験あり 0-0-1-2  
 重賞複勝経験あり 1-0-0-1  
 重賞出走経験あり 0-1-0-5  
 重賞出走経験なし 0-0-0-3

出走後0~1Rで引退1-0-1-1 →3カ月以内に引退 1-0-1-1 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-0-0-7 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-4 
出走後6~8Rで引退0-1-0-2 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-1-0-2

当該レース初参戦 0-1-1-11  当該レース再挑戦 1-0-0-0


2015年1着シャトーブランシュ パールS4着  ローズS2着、中山牝馬S5着 2014年6着→3戦後5歳で引退
   2着マリアライト    緑風S1着   重賞経験なし(1000・1600万連勝) 初参戦2
   3着パワースポット   蒙古大統領7着 中山牝馬S3着、福島牝馬S7着 初参戦→4戦後8歳で引退

全16頭
 重賞1着経験あり 0-0-0-1  
 重賞複勝経験あり 1-0-1-7  
 重賞出走経験あり 0-0-0-2  
 重賞出走経験なし 1-0-0-3
出走後0~1Rで引退0-0-0-1 →3カ月以内に引退 0-0-0-1 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退1-0-1-7 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 1-0-1-5 
出走後6~8Rで引退0-0-0-1 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-0-2

当該レース初参戦 0-1-1-12  当該レース再挑戦 1-0-0-1


2014年1着ディアデラマドレ パールS2着    エリ女9着       初参戦
   2着コスモバルバラ  野島崎特別1着   重賞経験なし(前走1着) 初参戦→4戦後5歳で引退
   3着フーラブライト  ヴィクトリアM13着 日経新春杯3着、中山牝馬S1着 初参戦

全14頭
 重賞1着経験あり 0-0-1-0  
 重賞複勝経験あり 0-0-0-3  
 重賞出走経験あり 1-0-0-4  
 重賞出走経験なし 0-1-0-4

出走後0~1Rで引退0-0-0-1 →3カ月以内に引退 0-0-0-1 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-1-0-2 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-1-0-2 
出走後6~8Rで引退0-0-0-3 →7カ月以内に引退 0-0-0-2 12カ月以内に引退 0-0-0-1

当該レース初参戦 1-1-1-11  当該レース再挑戦 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-0-1


2013年1着マルセリーナ  メイS6着     桜花賞1着、阪神牝馬S6着   初参戦→4戦後5歳で引退
   2着アグネスワルツ 都大路S8着    オークス3着、マーメイドS8着 2012年8着→3戦後7歳で引退
   3着アロマティコ  ヴィクトリアM10着 秋華賞3着、福島牝馬S4着   初参戦

全14頭
 重賞1着経験あり 1-0-0-3  
 重賞複勝経験あり 0-1-1-2  
 重賞出走経験あり 0-0-0-5  
 重賞出走経験なし 0-0-0-1

出走後0~1Rで引退0-0-0-3 →3カ月以内に引退 0-0-0-3 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退1-1-0-5 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 1-0-0-4 
出走後0~8Rで引退0-0-0-2 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-0-1

当該レース初参戦 1-0-1-11  当該レース再挑戦 0-1-0-0 12カ月以内に引退 0-1-0-2


2012年1着グルヴェイグ    香港JT1着  エリ女14着          初参戦→0戦4歳で引退
   2着クリスマスキャロル 御室特別1着  重賞経験なし(前走1着)    初参戦→2戦後5歳で引退
   3着メルヴェイユドール パールS7着  阪神JF12着、京都牝馬S8着 初参戦→7戦後6歳で引退

全14頭
 重賞1着経験あり 0-0-0-1  
 重賞複勝経験あり 0-0-0-6  
 重賞出走経験あり 1-0-1-1  
 重賞出走経験なし 0-1-0-3

出走後0~1Rで引退1-0-0-0 →3カ月以内に引退 1-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-1-0-4 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-1-0-3 
出走後6~8Rで引退0-0-1-1 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-1-1

当該レース初参戦 1-1-1-11  当該レース再挑戦 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-0-0-1


2011年1着フミノイマージン  金鯱賞6着  中山牝馬S2着、福島牝馬S1着 初参戦
   2着ブロードストリート ヴィクトリアM9着  中京記念8着、中山牝馬S11着 初参戦→6戦後6歳で引退
   3着アースシンボル   目黒記念10着     エリ女14着、ダイヤモンドS7着 初参戦

全13頭
 重賞1着経験あり 1-1-0-1  
 重賞複勝経験あり 0-0-0-2  
 重賞出走経験あり 0-0-1-6  
 重賞出走経験なし 0-0-0-1

出走後0~1Rで引退0-0-0-0 →3カ月以内に引退 0-0-0-0 7カ月以内に引退 0-0-0-0 
出走後2~5Rで引退0-0-0-7 →3カ月以内に引退 0-0-0-1 7カ月以内に引退 0-0-0-5 
出走後6~8Rで引退0-1-0-0 →7カ月以内に引退 0-0-0-0 12カ月以内に引退 0-1-0-0

当該レース初参戦1-1-1-9  当該レース再挑戦 0-0-0-1


10年間 全出走数144頭
 重賞1着経験あり 2-1-2-15  
 重賞複勝経験あり 4-2-4-28  
 重賞出走経験あり 3-3-4-47  
 重賞出走経験なし 1-4-0-24

出走後0~1Rで引退4-0-2-3 →3カ月以内に引退 3-0-2-10 7カ月以内に引退 1-0-0-0 
出走後2~5Rで引退2-6-1-57 →3カ月以内に引退 0-0-0-2 7カ月以内に引退 2-2-1-39 
出走後6~8Rで引退1-3-1-13 →7カ月以内に引退 0-0-0-4 12カ月以内に引退 1-3-1-11 
出走後0~8Rで引退(上記3つのカテゴリ当てはまらないもの) →  12カ月以内に引退 0-3-0-18


 当該レース初参戦 8-8-9-109  当該レース再挑戦 2-2-1-5

[もっと見る]

 Haya 2021年6月17日(木) 07:00
【~術はある~】(2021.6.17.)(ユニコーンS、マーメイドS) 
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

あじさいの花が色を深める此の頃、来週21日(月)は、”夏至”ですね?
間もなく、沖縄では梅雨明け(昨年6月12日)後、真夏へ突入!?
この東海地方は、平年並みだと7月19日頃になるみたいです?
まだまだ、先は長く待ち遠しい!?

<夏至(げし)とは?>
一年で最も昼の時間が長くなる日です。それは、太陽が最も北(北回帰線の真上)に来るために起こる現象です。しかし実際、夏至は梅雨の真っ只中なので、日照時間は冬よりも短いことが多いようです。6月21日頃。

【週間スケジュール 変更あり】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??(具体的には春頃更新?? 予定は未定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
ラップに関する予想をやめて、現在検討中??
(具体的には?? 予定は未定)

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第6期途中経過】
第6期(6/5~6/27)5日間(鳴尾記念~宝塚記念)7戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G3エプソムCでは、7番ファルコニア&15番ザダル
馬連・ワイド(7-15)1点勝負!
結果は、ワイド馬券的中! (ワイド1160円)

日曜「G3エプソムC」は、中団でレースを進めたザダル(3人気)が、直線で各馬を差し切り、その内から脚を伸ばしてきたサトノフラッグ(6人気)にクビ差をつけ優勝。さらに1.1/4馬身差の3着にファルコニア(2人気)が入り、中波乱決着!? 馬券は馬連がハズレ…(ノД`)・゜・。ワイド馬券は的中。🎯 反省点として、軸馬選択の失敗!? 2着入線サトノフラッグに関しては、全くのノーマーク?? ハイブリッド新聞の推定後半3位馬なので、1位ザダルから流せば簡単に馬連を当てることは出来ていたはず…残念。



日曜、G3函館スプリントSでは、5番ケープコッド軸&16番カレンモエ
馬連・ワイド(5-16)1点勝負!
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「G3函館スプリントS」は、先手を取ったビアンフェ(5人気)が、そのまま直線に入って最後まで粘り切り、2着のカレンモエ(1人気)にクビ差をつけ優勝。さらにハナ差の3着にミッキーブリランテ(4人気)が入り、本命決着!! 狙っていたケープコッド(3人気)は、先行から直線で一瞬、伸びかけていたが切れ味なく後方から差されて6着…残念。馬券は当然ながらハズレ。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 優勝したビアンフェは、ハイブリッド新聞の推定前半1位馬なので、傾向(先行優勢)からもおさえるべき1頭…残念。



【第6期 短評】
週末、2戦1勝1敗…みたいな感じ。 思いのほかワイド馬券(G3エプソムC)の払戻金(1160円)があり、1点買いが功を奏した。仮に、馬連(31.7)も当てていれば…残念。1点買いは、高リスク高リターンになるので、今回のように1レースでも当てれば官軍!! いずれにしても、今期のプラス収支も決定になり、残り3戦(ユニコーンS、マーメイドS、宝塚記念)が楽しみ!! 頑張ります。



【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(エプソムC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
*無条件
該当馬=2位(13番サトノフラッグ)
結果は、的中。(2着 複勝380円)


(函館スプリントS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"
*無条件
該当馬=5位(7番ミッキーブリランテ)
結果は、的中。(3着 複勝240円)


【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(ユニコーンS)
注目(馬連BOX)したのは、"日刊馬番コンピ指数1~5位"
*無条件
過去10年内  的中率90%/回収率166%
近5年内  的中率100%/回収率116%

例年、堅いレースだけに、今年も期待大!?

(マーメイドS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6位"
*無条件
過去10年内(1-2-2-5/10)
勝率10%/連対率30%/複勝率50%/的中率50%/回収率253%
近5年内 (0-1-2-2/5)
勝率0%/連対率20%/複勝率60%/的中率60%/回収率338%

2年連続出現中なので、今年は期待薄?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ファルコニアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
5:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年6月13日() 15:58:08
流石は前走同着の馬。
人気に推されても入着がやっと。
それでも野中より遥かにマシ。
野中は女と一緒に早く辞めるべき!
どうせド下手のクズ鞍上なのだから!
4:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月25日(金) 12:59:01
夢月、△、折り合いに課題、
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月25日(金) 12:57:45
スガ、もっと走れる、前走はは騎乗がアウト、2走前も出遅れ、

⇒もっと見る

ファルコニアの写真

ファルコニア
ファルコニア

ファルコニアの厩舎情報 VIP

2021年6月13日エプソムカップ G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ファルコニアの取材メモ VIP

2021年6月13日 エプソムカップ G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。