会員登録はこちら
ニュージーランドT G2   日程:2019年4月6日() 15:45 中山/芝1600m

レース結果

ニュージーランドT G2

2019年4月6日() 中山/芝1600m/15頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:1分30秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ワイドファラオ

牡3 56.0 内田博幸  角居勝彦 512(+12) 1.34.2 10.8 4
2 2 3

メイショウショウブ

牝3 54.0 横山典弘  池添兼雄 480(-2) 1.34.2 クビ 5.0 3
3 3 4

ヴィッテルスバッハ

牡3 56.0 戸崎圭太  池上昌和 462(+6) 1.34.4 1 1/4 4.9 2
ラップタイム 12.4 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.1 - 11.4 - 11.2 - 11.3
前半 12.4 - 23.9 - 35.9 - 48.2 - 60.3
後半 58.3 - 46.0 - 33.9 - 22.5 - 11.3

■払戻金

単勝 1 1,080円 4番人気
複勝 1 310円 4番人気
3 190円 3番人気
4 190円 2番人気
枠連 1-2 1,990円 9番人気
馬連 1-3 2,770円 8番人気
ワイド 1-3 820円 6番人気
1-4 990円 11番人気
3-4 510円 3番人気
馬単 1-3 5,650円 20番人気
3連複 1-3-4 4,540円 12番人気
3連単 1-3-4 29,230円 85番人気

ニュージーランドTのニュース&コラム

ニュージーランドT2着のメイショウショウブはオークスへ
 先週のニュージーランドTで2着のメイショウショウブ(栗東・池添兼雄厩舎、牝3歳)は優先出走権を獲得したNHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)には向かわず、オークス(5月19日、東京、G1、芝2400メートル)に挑戦する。鞍上は池添謙一騎手。★メイショウショウブの競走成績はこちら
2019年4月10日(水) 09:08

 394

【NZT】ワイドファラオ圧逃!角居厩舎の新鋭V
 ニュージーランドTが6日、中山競馬場で14頭(アンクルテイオウは競走除外)によって争われ、内田騎乗のワイドファラオが逃げ切って重賞初制覇。クビ差2着のメイショウショウブ、後方から追い込んだ3着ヴィッテルスバッハとともに、NHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。 名牝を追悼するメモリアルで、名門厩舎の底力が輝いた。1日に世を去ったウオッカの追悼競走と銘打たれたニュージーランドT。現役当時に所属し、数々の栄光を刻んだ角居厩舎の新鋭・ワイドファラオが、4カ月ぶりを力で克服した。 殊勲の立役者はこれが15年連続の重賞49勝目となった内田騎手。最内枠から最高のスタートを決めると迷いなくハナに立ち、1000メートル通過60秒3と絶妙のペースに落とし込んだ。 「他が主張すれば2、3番手で…と思ったけれど、意外と来なかったからね。返し馬からバネがあってスピードがあると感じたし、そのスピードで一番きつい中山の坂も駆け上がってくれた」 初騎乗で見事に重賞のVへと導き、ベテランが晴れやかな表情を浮かべた。 皐月賞の大本命と目されるサートゥルナーリアに続き、3歳マイル路線でも主役が躍り出た形となった角居厩舎。トレーナーがこの日、不在だったため今後のローテは未定だが、優先出走権を獲得したNHKマイルCについて鞍上は「番手でも競馬ができる馬だし、大丈夫」と太鼓判を押した。1勝馬の身でタイトルを手にしたワイドファラオが、平成の女傑の遺志を継ぎ、令和の時代のさらなる高みを追い求めていく。 (内海裕介)ワイドファラオ 父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイア、母の父アグネスタキオン。栗毛の牡3歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は幅田昌伸氏。戦績4戦2勝。獲得賞金6486万4000円。重賞初勝利。ニュージーランドTは角居勝彦調教師が初勝利、内田博幸騎手は2005年マイネルハーティー、13年エーシントップに次いで3勝目。馬名は「冠名+王様」。
2019年4月7日() 05:02

 947

【NZT】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添兼師(メイショウショウブ2着)「ジョッキー(横山典騎手)はうまく乗ってくれた。内があくまで時間がかかったぶん、勝ち馬に逃げ切られた」 ◆戸崎騎手(ヴィッテルスバッハ3着)「1頭だけ違う脚を使って切れ味がすごかった。コーナーでもたつくので、ワンターンの東京の方がいい」 ◆ルメール騎手(アガラス4着)「超がつくほどスローペースで、速くならなかった。道中はよく手前も替えていたし、直線が長い東京の方がいい」 ◆野中騎手(ショーヒデキラ5着)「いいポジションが取れたし、最後も脚を使えている。左回りの方が良さそうです」
2019年4月7日() 05:01

 412

【NZT】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添兼師(メイショウショウブ2着)「ジョッキー(横山典騎手)はうまく乗ってくれた。内があくまで時間がかかったぶん、勝ち馬に逃げ切られた」 ◆戸崎騎手(ヴィッテルスバッハ3着)「1頭だけ違う脚を使って切れ味がすごかった。コーナーでもたつくので、ワンターンの東京の方がいい」 ◆ルメール騎手(アガラス4着)「超がつくほどスローペースで、速くならなかった。道中はよく手前も替えていたし、直線が長い東京の方がいい」 ◆野中騎手(ショーヒデキラ5着)「いいポジションが取れたし、最後も脚を使えている。左回りの方が良さそうです」
2019年4月7日() 05:01

 285

ニュージーランドTのニュースをもっと見る >

【NZT】アガラス、W5ハロン67秒6
 きさらぎ賞7着から巻き返しを図るアガラスは、Wコースで5ハロン67秒6-12秒5をマークした。プロディジャス(500万下)を相手に内から馬なりで併入。余力を残して動きは活発だ。「前走はスタートで後手に回り、道中も口を割っていた。そのあたりは改善して中間はいい調整ができて、気性的に成長が見られる。初めてのマイルに対応できれば…」と古賀慎調教師は1ハロンの距離短縮で重賞取りを狙う。
2019年4月4日(木) 05:04

 268

【NZT】アガラス、W5ハロン67秒6
 きさらぎ賞7着から巻き返しを図るアガラスは、Wコースで5ハロン67秒6-12秒5をマークした。プロディジャス(500万下)を相手に内から馬なりで併入。余力を残して動きは活発だ。「前走はスタートで後手に回り、道中も口を割っていた。そのあたりは改善して中間はいい調整ができて、気性的に成長が見られる。初めてのマイルに対応できれば…」と古賀慎調教師は1ハロンの距離短縮で重賞取りを狙う。★ニュージーランドTの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月4日(木) 05:04

 435

【NZT】追って一言
 ◆アフランシール・尾関師 「もう少し反応してほしいところはあったが、動き自体はいい。阪神より中山の方が競馬がしやすそう」 ◆アンクルテイオウ・高橋亮師 「マイルの距離は合いそうなので、現状でどれぐらいの脚が使えるか」 ◆ヴィッテルスバッハ・池上師 「中身が入って仕上がってきた。前走のような脚が使えれば」 ◆エリーバラード・菊沢師 「交流競走を連勝。気性的には真面目だし、今回は初芝の重賞でどこまで」 ◆グラナタス・鹿戸師 「楽に動いていたし、一回使って体も増えていい感じ。折り合いもつくのでマイルでも」 ◆ココフィーユ・斎藤誠師 「疲れはなくテンションも上がっていないのがいい。前回は雨馬場が影響。良馬場なら」 ◆コスモカレンドゥラ・丹内騎手 「仕掛けてからいい反応だった。前回よりも前向きさが出て、上向いている」 ◆ダイシンインディー・武藤騎手 「久々の芝がどうかですが、動きはいいし、成長していますね」 ◆ホープフルサイン・江田照騎手 「以前に比べて馬が真面目になってきた。距離が延びるのは問題ないと思う」 ◆ミッキーブラック・音無師 「今週の攻め時計は不満だが、状態は変わりない」 ◆メイショウショウブ・池添兼師 「叩き2走目で動きはよく、デキもいい。もともとゲートは速く、練習もスムーズなので巻き返したい」 ◆ワイドファラオ・辻野助手 「気持ちも体もできている。レースに行っていいタイプ」
2019年4月4日(木) 05:04

 397

【NZT】追って一言
 ◆アフランシール・尾関師 「もう少し反応してほしいところはあったが、動き自体はいい。阪神より中山の方が競馬がしやすそう」 ◆アンクルテイオウ・高橋亮師 「マイルの距離は合いそうなので、現状でどれぐらいの脚が使えるか」 ◆ヴィッテルスバッハ・池上師 「中身が入って仕上がってきた。前走のような脚が使えれば」 ◆エリーバラード・菊沢師 「交流競走を連勝。気性的には真面目だし、今回は初芝の重賞でどこまで」 ◆グラナタス・鹿戸師 「楽に動いていたし、一回使って体も増えていい感じ。折り合いもつくのでマイルでも」 ◆ココフィーユ・斎藤誠師 「疲れはなくテンションも上がっていないのがいい。前回は雨馬場が影響。良馬場なら」 ◆コスモカレンドゥラ・丹内騎手 「仕掛けてからいい反応だった。前回よりも前向きさが出て、上向いている」 ◆ダイシンインディー・武藤騎手 「久々の芝がどうかですが、動きはいいし、成長していますね」 ◆ホープフルサイン・江田照騎手 「以前に比べて馬が真面目になってきた。距離が延びるのは問題ないと思う」 ◆ミッキーブラック・音無師 「今週の攻め時計は不満だが、状態は変わりない」 ◆メイショウショウブ・池添兼師 「叩き2走目で動きはよく、デキもいい。もともとゲートは速く、練習もスムーズなので巻き返したい」 ◆ワイドファラオ・辻野助手 「気持ちも体もできている。レースに行っていいタイプ」★ニュージーランドTの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月4日(木) 05:04

 648

プロ予想家の的中情報


ニュージーランドTの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月6日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv125 
4,540円 45,400円
Lv122 
29,230円 58,460円
Lv110 
990円 49,500円
Lv105 
510円 510円
Lv105 

5,650円
4,540円
15,840円

的中情報をもっと見る >

ニュージーランドT過去10年の結果

2018年4月7日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 カツジ 松山弘平 1:34.2 4.0倍 93.5
2着 ケイアイノーテック 戸崎圭太 アタマ 3.2倍 93.5
3着 デルタバローズ 大野拓弥 3/4 23.2倍 92.8
2017年4月8日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2016年4月9日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ダンツプリウス 丸山元気 1:33.9 5.5倍 94.1
2着 ストーミーシー 江田照男 ハナ 98.6倍 94.1
3着 エクラミレネール 北村宏司 クビ 51.9倍 94.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ニュージーランドTのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1600m

NHKマイルCのトライアルだが、前走がマイル重賞だった馬は2008年以降【2.1.2.19】とイマイチで、同コースの朝日杯FS以来となった馬も苦戦している。主要ローテは中2週。ファルコンSからの距離延長馬が3勝、2着1回、3着4回、スプリングSからの距離短縮馬が2勝、3着1回(変則ローテとなった2011年を含まず)と、まずまず健闘している。前走500万下出走馬は1番人気に応えて快勝した2012年カレンブラックヒルのような例はあるものの、基本的にはヒモ穴で狙うべき存在だ。中山芝1600mはおむすび型の外回りコース施行で、1コーナーのスタートから最後の直線の急坂まで高低差5mの下り坂を有する、他場のマイルとは一線を画すコース。3歳のこの時期、マイル実績にはこだわる必要はない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

ニュージーランドTの歴史と概要


2012年の優勝馬カレンブラックヒル

NHKマイルカップの創設によりトライアルとなった3歳のマイル重賞。トライアル化以前からハイレベルなメンバーが集まる一戦として名を馳せており、第4回(1986年)のニッポーテイオー、第6回(1988年)のオグリキャップ、第10回(1992年)のシンコウラブリイ、第12回(1994年)のヒシアマゾンなど、名だたる名馬たちが制している。ローテーションが多様化した近年は本番との直結度が薄くなかったが、過去には第16回(1998年)勝ち馬のエルコンドルパサー、第30回(2012年)の覇者カレンブラックヒルが、続くNHKマイルカップにも勝って3歳(旧4歳)マイル王に輝いた。

歴史と概要をもっと見る >

ニュージーランドTの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る