エンペザー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エンペザー
エンペザー
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2019年3月9日生
調教師田中克典(栗東)
馬主株式会社 リーヴァ
生産者上村 清志
生産地新ひだか町
戦績17戦[4-2-1-10]
総賞金7,432万円
収得賞金2,400万円
英字表記Empezar
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ロージーローズ
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
アンダンテ
兄弟 ゲンパチミーティアゲンパチタクト
市場価格2,200万円(2020北海道セレクションセール)
前走 2024/02/25 阪急杯 G3
次走予定 2024/04/28 谷川岳ステークス (L)

エンペザーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18714109.91316** 牡5 57.0 高倉稜田中克典 506
(+2)
1.23.5 2.337.8④⑤ウインマーベル
24/02/10 京都 11 洛陽S (L) 芝1600 184726.7108** 牡5 55.0 高倉稜田中克典 504
(+2)
1.33.3 0.735.2④④ドゥアイズ
24/01/07 京都 11 すばるS (L) ダ1400 1561029.2713** 牡5 57.0 吉田隼人田中克典 502
(+2)
1.27.6 3.139.7⑦⑩テーオーステルス
23/12/09 阪神 11 リゲルS (L) 芝1600 135615.164** 牡4 57.0 坂井瑠星田中克典 500
(+4)
1.33.4 0.433.5マテンロウスカイ
23/05/13 京都 11 都大路S (L) 芝1800 10333.626** 牡4 57.0 坂井瑠星田中克典 496
(+4)
1.46.5 0.634.0エアファンディタ
23/04/23 京都 10 センテニアル 3勝クラス 芝1800 14573.911** 牡4 57.0 坂井瑠星田中克典 492
(+2)
1.45.4 -0.034.3④④トウシンモンブラン
23/04/02 中山 11 美浦S 3勝クラス 芝2000 1371111.862** 牡4 58.0 菅原明良田中克典 490
(+4)
2.00.6 0.934.7テーオーシリウス
23/02/25 中山 11 幕張S 3勝クラス 芝1600 168159.958** 牡4 58.0 戸崎圭太田中克典 486
(-8)
1.33.8 0.635.7⑤⑤ジネストラ
22/12/03 中京 10 中京日経賞 2勝クラス 芝1600 108102.511** 牡3 55.0 西村淳也田中克典 494
(+2)
1.33.8 -0.434.1ハーツラプソディ
22/11/20 阪神 10 再度山特別 2勝クラス 芝1800 11446.435** 牡3 54.0 吉田隼人田中克典 492
(0)
1.47.9 0.434.2フィデル
22/10/30 東京 9 Lトレーナー 2勝クラス 芝1600 131115.787** 牡3 55.0 吉田隼人田中克典 492
(+12)
1.33.5 0.934.9レッドモンレーヴ
22/04/09 中山 11 NZT G2 芝1600 1181112.174** 牡3 56.0 坂井瑠星田中克典 480
(0)
1.34.0 0.535.0ジャングロ
22/03/21 中京 9 Fウォーク賞 1勝クラス 芝1600 10892.721** 牡3 56.0 吉田隼人田中克典 480
(-6)
1.35.1 -0.234.3グッドフェイス
22/01/09 中京 5 3歳未勝利 芝1600 168164.021** 牡3 56.0 坂井瑠星田中克典 486
(-4)
1.34.7 -0.734.8シゲルローズマリー
21/12/25 阪神 4 2歳未勝利 芝1600 1871310.752** 牡2 55.0 坂井瑠星田中克典 490
(-8)
1.35.6 0.235.9エリカフェリーチェ
21/11/13 東京 4 2歳未勝利 芝1800 1561029.773** 牡2 55.0 坂井瑠星田中克典 498
(+2)
1.48.1 0.335.0ショウナンマグマ
21/10/31 阪神 4 2歳新馬 芝1400 165954.9911** 牡2 55.0 吉田隼人田中克典 496
(--)
1.23.8 0.935.2⑫⑬セイウンハーデス

エンペザーの関連ニュース

◆斎藤騎手(アサカラキング2着)「重賞のメンバーで相手は強くなっていましたが、しっかり自分の競馬をしてくれました。目標になる形でも、これだけ走ってくれていますからね」

◆古川吉騎手(サンライズロナウド3着)「内枠を生かして運べました。もう少しでしたね。坂を上がって一緒の脚になりました」

◆小崎騎手(サトノレーヴ4着)「陣営から聞いていた通り、ダッシュ力はこのメンバーでも抜けているぐらいでした。最後まで頑張ってくれて、ガッツがありました」

◆ムルザバエフ騎手(ボルザコフスキー5着)「とてもよく走れていました。1400メートルでも1600メートルでもいいと思います。(馬場は)重いほうが合っていると思います」

◆岩田康騎手(ルプリュフォール6着)「もっと我慢したほうが良かったかな。上位を狙うなら、もっと辛抱しないと。最後は脚が止まってしまった」

◆原騎手(ホープフルサイン7着)「内枠がほしかったけど、この枠なりに頑張ってくれています」

◆酒井騎手(カルロヴェローチェ8着)「いつも返し馬が終わってからテンションが上がるのですが、きょうは我慢ができていました。今後につながれば」

◆ルメートル騎手(ダノンティンパニー9着)「リズムよく走ってくれたけど、重馬場が良くなかった。馬場が違えば結果も違ったかなと思います」

◆池添騎手(スマートクラージュ10着)「もともと来週の予定で、体は良化途上の感じがありました。1200メートルのほうがいいかなとも思いました」

◆松若騎手(デュガ11着)「出遅れましたが、3、4コーナーではいい感じでした。開幕週の馬場で前も止まらなかったですからね。差しが決まる馬場ならやれていいと思います」

◆角田河騎手(ワールドウインズ12着)「重たい馬場の1400メートルでペースも速かったですからね。その中でよく頑張ってくれました」

◆藤岡康騎手(メイショウチタン13着)「先手を取れればと思っていましたが、切り替えて2番手で運びました。4コーナーで手応えがあやしくなりました」

◆田口騎手(サトノアイ14着)「リズムよく運べましたが、3、4コーナーでノメり出してしまいました」

◆角田和騎手(タマモブラックタイ15着)「いい位置を取れましたが、ついていくのに精いっぱいでした」

◆高倉騎手(エンペザー16着)「ポジションを取ってほしいという指示だったので、しっかり出していきました。忙しいところはありましたが、最後まで一生懸命走ってくれました。これがいい刺激になれば」

◆泉谷騎手(メイショウホシアイ17着)「馬場が合いませんでした。この馬の走りではなかったです。外枠も厳しかったです」

◆和田竜騎手(カリボール18着)「道中で落鉄していました。ノメッてダメでした」

【ROBOTIPの勝率予測】阪急杯2024 競走馬能力重視予測は重賞初挑戦のダノンティンパニーを首位評価 2024年2月24日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は阪急杯 G3です。前走同条件の阪神カップを快勝したウインマーベル、勢いある6歳馬ダノンティンパニー、1勝クラスから3連勝中のアサカラキングあたりが注目を集めそうですが、勝率予測はどのようになっているでしょうか。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した阪急杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
ダノンティンパニー 16.50%
スマートクラージュ 16.26%
ウインマーベル   13.47%
サトノレーヴ    7.31%
アサカラキング   7.02%
ホープフルサイン  6.62%

ルプリュフォール  5.48%
サンライズロナウド 4.32%
ボルザコフスキー  4.00%
タマモブラックタイ 3.70%
ワールドウインズ  3.23%
メイショウチタン  3.18%
メイショウホシアイ 3.16%
サトノアイ     1.66%
カリボール     1.56%
デュガ       1.37%
エンペザー     0.95%
カルロヴェローチェ 0.19%

一応の首位は今回が重賞初挑戦となる⑮ダノンティンパニーですが、2位の⑦スマートクラージュとはほとんど差はありません。平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位 6頭がその対象です。

上位6頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
  ⑮⑦① > ⑨⑯⑫

馬券は⑮ダノンティンパニーからの馬連、金額に強弱をつけて合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
⑮-⑦①⑯ 各2,600円
⑮-⑨⑫ 各1,100円

合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】阪急杯2024 6項目オールクリアは6頭、中から1番手にはアサカラキングを指名 2024年2月24日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!阪急杯・データ分析 をお届けします!


【性別】
2014年以降(過去10年)の性別成績は、牝馬【2.1.2.15】、牡・せん馬【8.9.8.117】。勝率、連対率、複勝率のいずれも、前者に分がある。ただし、牝馬の複勝圏入りは、G1で2着以内の連対歴、もしくは牡牝混合重賞での優勝経験があった馬のみ。その点には注意したい。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑱メイショウホシアイ

【キャリア】
2014年以降の1~2着馬延べ20頭中15頭がキャリア20戦以内。残る5頭には当該距離の芝重賞で2着以内の連対経験があった。相応の実績がないキャリア21戦以上の馬は、評価を控えめにしたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
サトノアイ ④ルプリュフォール ⑤メイショウチタン ⑪ボルザコフスキー ⑫ホープフルサイン ⑬ワールドウインズ ⑰カリボール ⑱メイショウホシアイ

【前走距離】
2014年以降の1~3着馬延べ30頭の前走を距離で分けると、1200m、1400m、1600mの3組に集約される。なお、1200m組の2着連対圏入りは、前走重賞からの臨戦馬のみ。気にとめておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑥タマモブラックタイ ⑨サトノレーヴ ⑰カリボール ⑱メイショウホシアイ

【前走着順】
2014年以降の2着以内馬延べ20頭中16頭が前走1桁着順。例外の4頭には芝1400mの重賞で4着以内の経験、または芝1800m重賞での1着歴があった。非根幹距離重賞での善戦・好走経験を欠く前走2ケタ着順馬は、連対(2着以内)候補として推奨しづらい。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑤メイショウチタン ⑩デュガ ⑫ホープフルサイン ⑰カリボール

【近走成績】
2014年以降、近2走とも非重賞のレースにおいて、2着以下敗退を喫していた馬が、阪急杯で2着連対圏に入ったケースは皆無となっている。該当馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑤メイショウチタン ⑭エンペザー ⑰カリボール ⑱メイショウホシアイ

【近走人気】
2014年以降、近2走とも重賞以外のレースに出走、かつ近2走ともに単勝6番人気以下だった馬が、当レースで複勝圏入りを果たした事例はゼロ。非重賞で低評価が続いている馬は、疑ってかかりたい。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑪ボルザコフスキー ⑭エンペザー ⑰カリボール


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①ウインマーベル、②サンライズロナウド、⑦スマートクラージュ、⑧カルロヴェローチェ、⑮ダノンティンパニー、⑯アサカラキングの6頭。

最初に推奨したいのは、⑯アサカラキングだ。2014年以降、2勝クラス・芝1400m1着→3勝クラス・芝1400m1着からの参戦馬は【2.0.0.0】という、少数精鋭の活躍を見せている。ここに入っても、相応の評価が必要だろう。

過去10年、安田隆行厩舎管理馬は【2.1.2.2】。それに該当する、②サンライズロナウドを2番手評価。以下、①ウインマーベル、⑦スマートクラージュ、⑧カルロヴェローチェ、⑮ダノンティンパニーらが続く。

<注目馬>
アサカラキング ②サンライズロナウド ①ウインマーベル ⑦スマートクラージュ ⑧カルロヴェローチェ ⑮ダノンティンパニー

[もっと見る]

【レーティングとモノサシで考える重賞予想】阪急杯2024 全項目ダントツのウインマーベルで決まり! 2024年2月23日(金) 18:00


今週日曜西日本のメイン競走は阪急杯。JRAのレーティング(公式格付)をベースとしこれにいくつかモノサシを組み合わせ、出走各馬の真の力関係を解き明かしていく。まずはベースのモノサシJRAレーティングの比較から入ろう(各馬13ヶ月以内の国内レースの数値のみを採用)。


113 ウインマーベル
109 カルロヴェローチェ
108 タマモブラックタイ
107 ホープフルサイン
106 スマートクラージュ
105 ルプリュフォール
103 デュガ
101 ダノンティンパニー
100 エンペザーメイショウチタン
99 カリボール
98 ボルザコフスキーワールドウインズ
96 サンライズロナウド
94 メイショウホシアイ
92 サトノアイ
89 アサカラキング

(以下格付なし)

阪急杯における例年の勝ち馬の基準は111前後。G3としては平均的なレベルとなった今回だが、比較は105以上の6頭を中心におこなってみた。

第2のモノサシは芝1400mの持ち時計。ここ数ヶ月のJRA各場の芝のレースの勝ちタイムを見ると、とにかく例年に比べて速い印象がある。もちろん週末の天気にもよるが、現段階での天気予報では当日雨が降りそうではあるものの、極端な悪馬場になる見込みは薄く、レースの距離、頭数から考えてもスローペースになることは想定しにくいため、今回もそれなりに速い勝ち時計が予測される(ちなみにJRA-VAN登録情報では18頭の脚質設定は3頭が逃げ、6頭が先行と出走メンバーの半分が先行以上の区分となっている)。レーティング上位6頭の芝1400mの持ち時計は以下の通りだ。

ウインマーベル(1.19.3) ホープフルサインルプリュフォール(1.19.6) スマートクラージュ(1.20.2) タマモブラックタイ(1.20.7) カルロヴェローチェ(1.22.6)

タマモブラックタイ以下2頭の持ち時計は出走メンバー18頭中13位以下と相対的に低く、逆に上位3頭の持ち時計は全体の4位以内。上位3頭に加点し下位2頭は減点しておきたい。

第3のモノサシは“冬期の競走成績”。阪神カップ、オーロカップで上位陣数頭が直接対決してはいるものの、ここを拾うとレーティング通り、ウインマーベルの一頭勝ちのデータでしかないことと、各馬の能力をつなぐモノサシとしては若干貧弱だったため、今回は上位各馬の11月から2月までの過去の成績を比較してみることにした。結果は以下の通りである (カッコ【 】内は左から1着、2着、3着、着外の回数)。

ウインマーベル 【2.1.0.1】 カルロヴェローチェ【1.0.0.1】 タマモブラックタイ【1.1.0.2】 ホープフルサイン【3.2.0.13】 スマートクラージュ【2.1.1.2】 ルプリュフォール【2.0.1.10】

各馬走った条件や出走回数が異なるのでこの数値の価値の比較は難しいが、馬自身のいわゆる“厳寒期”における競走成績の良し悪しはある程度判断がつく。予測したほど大きな差は見られなかったが、結果からはウインマーベルの「得意」、スマートクラージュと若干微妙だが勝利数、2着数からホープフルサインの「やや得意」が見てとれる。ウインマーベルには加点しておきたい。

3つの比較から本命◎はウインマーベル。そもそもレーティング数値が1頭抜けている上に斤量も背負い慣れた58kg。その他2つのモノサシ比較でもダントツと文句のつけようがなく、この馬の馬券圏外はちょっと考えにくい。人気でも買いだ。以下あまり差はないように思えるが○はホープフルサイン、▲はルプリュフォール。馬券は◎からの馬連、馬単。

【モノサシ比較による注目馬】
ウインマーベル ○ホープフルサイン ▲ルプリュフォール

モノサシの正誤判定は2/25(日)だ。 


(文:のら~り)

[もっと見る]

【阪急杯】厩舎の話 2024年2月23日(金) 04:50

アサカラキング斎藤誠師「逃げにはこだわらない。番手でもクリーンな位置なら問題ない」

ウインマーベル・深山師「昨秋から稽古で動けるようになった。ゲートも練習では問題ない」

エンペザー・田中克師「1400メートルは守備範囲だと思う。レースの形にもこだわりません」

カリボール・新田助手「無理に前に行くより、後ろで脚をためる展開が理想」

カルロヴェローチェ・須貝師「(前走は)久々で1ハロン長かった気がする。(距離短縮は)面白いかもしれない」

サトノアイ・須貝師「相手はそろったが、阪神1400メートルはいい」

サトノレーヴ・堀師「動きは良く、後肢のバランスも前走よりいい」

サンライズロナウド・安田助手「この馬のパターンで調整。いい意味で安定しています」

スマートクラージュ・池江師「もともとこの距離で使いたかった。展開がはまれば」

ダノンティンパニー・福永助手「前走は不利が重なったが、通用する力は示せた。スムーズな競馬で改めて」

タマモブラックタイ・角田師「1200メートルは忙しかった印象。力がいる馬場ならいい」

ボルザコフスキー・宮本助手「前走で通用することが分かった。脚をためる競馬がいい」

ホープフルサイン・本間師「展開の助けは必要になるが、脚をためる競馬の方がいい」

メイショウチタン・本田師「馬はまだまだ若々しい。馬場は荒れていない方がいい」

メイショウホシアイ高橋亮師「阪神では実績があるし、55キロの斤量も魅力的」

ルプリュフォール・松永幹師「雨が降っても苦にしない。自分の脚は使うので、展開がはまってくれれば」

ワールドウインズ・笹田師「血統的には短距離の方がいいと思う。流れが向けば」

[もっと見る]

【阪急杯】厩舎の話 2024年2月22日(木) 10:42

アサカラキング斎藤誠調教師「しまいは11秒0。体を大きく使い、ダイナミックに走れた」

ウインマーベル・深山調教師「調教でいい反応。雨は心配だが、恥ずかしい競馬はできない」

エンペザー・田中克調教師「順調にきている。粘り強い競馬をしたい」

カリボール・新田助手「使っての上積みを感じる。掛かる面が心配」

カルロヴェローチェ・須貝調教師「元気がいい。この距離で変われば」

グレイイングリーン・池江調教師「しまいは弾けるような動き。ラストは確実に伸びてくる」

サトノアイ・須貝調教師「動きは悪くないし、順調にきている」

スマートクラージュ・池江調教師「動きはいい。展開がはまれば」

ダノンティンパニー・福永助手「坂路単走で態勢は整った。スムーズな競馬ができれば」

タマモブラックタイ・角田調教師「動きは良かった。古馬相手だと1400メートルのほうがいい」

ボルザコフスキー・宮本助手「着実に力をつけている。ここで格好をつけ、賞金を加算したい」

ホープフルサイン・本間調教師「馬は元気。脚をためる形がいい」

メイショウチタン・本田調教師「時計は上々で、状態はいい。自分の形の競馬ができれば」

メイショウホシアイ高橋亮調教師「状態は良さそう。コース相性の良さを生かしたい」

ルプリュフォール・松永幹調教師「大きく変わった感じはない。うまく内をさばいてくれれば」

ワールドウインズ・笹田調教師「まだ良くなる余地を残している。叩いた上積みはありそうだ」(夕刊フジ)

[もっと見る]

⇒もっと見る

エンペザーの関連コラム

関連コラムはありません。

エンペザーの口コミ


口コミ一覧

阪急杯 2

 競馬が大好き(複勝男 2024年2月23日(金) 00:36

閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 4

阪急杯

芝1400M GⅢ 4歳以上 阪神競馬場 右回り Aコース

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント ◎3ポイント ○2ポイント ▲1ポイント ◬0.5ポイント

ウインマーベル 28ポイント
(前走阪神C勝利から今回状態が良ければ負けれない1戦と思うので、松山騎手もこれで重賞勝でないとしんどいよなぁと思ってますが。道悪適正だけが心配あるかな、開幕週なので馬場は雨降りでも良いと思ってますが。)

ダノンティンパニー 20ポイント
(前走出遅れて直線はがふさがったので参考外でもいいが、馬自身は輸送があって出遅れ掛かってのきつい競馬はしているので、反動とかは気になる。距離短縮は問題ないしコース実績もある。重賞ですが相手は揃っていない分チャンスは十分ある。)

アサカラキング 19ポイント
(3連勝中で勢いはあるし逃げ切りなので開幕週もいいのでいい枠に入れば逃げやすくなるので、輸送ですが3連勝はすべて関西の競馬なので問題はないと思うし、相手強化ですがこれぐらいのメンバーならあっさり勝利はあるのではないかな。)

サンライズロナウド 2ポイント△9こ
(前走が昇級初戦で4着なので評価は上がった馬。距離延長は問題ないし阪神経験もあるので、後は乗り替わりと差し馬向きの流れになるかどうか?)

サトノレーヴ 2ポイント△7こ
(5戦4勝でまだ連も外していない馬。1200Mで3連勝で先行押し切りとセンスも高い。ただ距離延長と乗り替わりになるので、相手強化もしてるから今回試金石にはなると思う。ただ血統も調教師もいいので馬のキャリアだけがきになることぐらいですかね。)

メイショウホシアイ 1ポイント
(昇級してから1秒以内のレースはしているので重賞で相手強化ですがそんなにメンバーは揃ってないのでチャンスはあるかなと、準OPは阪神1400Mを勝ってきているので少し人気にはなるかも。)

ボルザコフスキー 0.5ポイント△5こ
(昇級してリステッド4着でこのクラスでも目途は立ちましたが距離短縮で結果が最近出てないのが気になるところ、ムルザバエフ騎手の変わっての魅力は十分あると思っている人が多そうですから穴人気にはなりそう。)

カルロベローチェ 0.5ポイント△2こ
(前走2秒負けなので叩いて距離短縮でどこまで変わり身があるかどうかだけですね。道悪は中京で経験済みなのである程度問題は少ないかなと。乗り替わりの酒井学騎手で穴気配は十分ある。)

スマートクラージュ 0ポイント△8こ
(距離延長がどうか?開幕週なら大丈夫そうだが馬場次第にはなりそう。休み明けでセントウルS3着からだから実力的にはこのメンバーなら上位になるのであとは状態ですね。)

メイショウチタン 0ポイント△6こ
(前走はダートなので参考外。芝に戻れば巻き返してくれるはず。東京の1400Mがベストなので右回りで結果を出せれるかどうか?単騎逃げをしたいけどアサカラキングがいる分どうかなと。)

タマモブラックタイ 0ポイント△5こ
(叩き2走目でどうなるか?道悪適正はあるし距離も問題はないし前走も7着だが0.3秒差で58Kg背負っていたので、毎回1秒以内のレースは出来ているので人気はないけど不気味な馬と思っている。)

ルプリュフォール 0ポイント△2こ
(ここ2戦は相手が強すぎたのと、マイルの距離だったので巻き返すなら今回かなと、岩田康騎手に乗り替わりも魅力的ですね。追い込みだけに内差しにこだわると思っているし時計が掛かる馬場になればチャンスは上がる。開幕週なので追い込みはしんどい。)

エンペザー 0ポイント△1こ
(ここ2戦で評価は落としているので昨夏ぐらいだと人気もあった馬、芝1400Mが新馬以来なので対応が上手くいけば大穴候補にはなるかなと。)

ワールドウインズ 0ポイント 着差 0.3
(21年のオーロC以来の1400Mなので上手くいくかどうか?OPなら入着ある馬ですからこのメンバーぐらいなら1発あってもいいかなと。叩き2走目で変わり身を期待したいが7歳ですからね。)

サトノアイ 0ポイント 着差 0.6
(1400Mは1年ぶりぐらいで変わり身があるかどうかと差しなので脚が溜まるかどうかになりそう。いい脚は毎回それなりに使っているので展開が重要ですね。)

カリボール 0ポイント 着差 0.7
(成績は上がってこないけど着差はここ2戦はそんなに負けていないので距離延長最近使っていないだけでは問題ないと思うし小崎騎手から和田竜騎手に替わっての鞍上強化の方が魅力かも。8歳なのでデータからはしんどいのは間違いない。)

デュガ 0ポイント 着差 1.1
(叩き2走目で変わり身はあれば距離短縮はプラスだし道悪の適性も高いと思っているので先行が出来れば面白みはあると思う。ただ差す競馬が多い馬なので。)

ホープフルサイン 0ポイント 着差 1.5
(シルクロードSはスタートが良くなかったので参考外かな。発馬を決めてじっと我慢する競馬でロスなく進めれば好走出来る馬なので、内枠に入ればいいんですが、まぁ8歳なのでデータではしんどいが。)


現時点予想

◎ ウインマーベル
○ ダノンティンパニー
▲ アサカラキング
△ サトノレーヴ
△ ボルザコフスキー
穴 カルロベローチェ
穴 エンペザー

 競馬が大好き(複勝男 2024年2月21日(水) 00:29
阪急杯 1
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 4

阪急杯

2月25日 阪神競馬場 右回り Aコース

芝1400M GⅢ 4歳以上

過去10年

サンデーサイレンス系   6-6-4  登録馬 8頭
ノーザンダンサー系    2-2-2      3頭
ミスタープロスペクター系 2-1-4      7頭
ヘイルトゥリーズン系   0-1-0      1頭 計19頭 フルゲート18頭

過去10年頭数別
4回 18頭
2回 16頭
1回 12,14,15,17頭

過去10年人気馬券内

6回 2番人気
5回 1、4番人気
3回 6番人気
2回 5、7、9番人気
1回 3、8、10、11、12番人気

このレースの傾向として(競馬ブック参考)

○ 4歳が優勢
○ 中10週以内(香港国際競争以内。)但し牝馬は中11週以上でも変わらない。
○ 去年の阪神Cに出走していてそこで着差が0.8秒差以内
○ 重賞入着がある。ない馬は重賞出走1回以下。
○ 芝、ダートの1400Mで入着率が5割以上。1400Mが初出走は過去2頭だけ馬券内でまぁ少し警戒。
○ ここ3走でOP入着が1走以上。ここ3戦で昇級してきた馬も4頭中2頭馬券内なので警戒。

実績

GⅠ連対
      ウインマーベル

重賞勝ち
      タマモブラックタイ 

重賞連対 
      カルロベローチェ 

OPリステッド勝利
      スマートクラージュ(重賞3着あり) ホープフルタウン ルプリュフォール
          
OPリステッド連対
      グレイイングリーン メイショウチタン  
  
OPリステッド3着
      サトノアイ デュガ ワールドウインズ 
  
昇級初戦
      アサカラキング サトノレーヴ

昇級3戦以内
      サンライズロナウド ダノンティンパニー ボルザコフスキー
 
OPクラス(重賞とOPで入着アリ)
      エンペザー カリボール メイショウホシアイ 

OPクラス(重賞とOPで着外)
      なし


[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2024年2月14日(水) 02:22
小倉大賞典 1
閲覧 97ビュー コメント 0 ナイス 2

2月18日 日曜日 小倉競馬場 右回り Bコース
小倉大賞典

芝1800M GⅢ 4歳以上 ハンデ戦

過去10年
サンデーサイレンス系    5-6-6 登録馬  11頭
ノーザンダンサー系     4-1-1       1頭
ミスタープロスペクター系  1-2-3       5頭
ヘイルトゥリーズン系    0-1-0       4頭 計21頭 フルゲート16頭

過去10年頭数別
8回 16頭 2回 14頭

過去10年人気別馬券内

5回 1番人気
4回 4番人気
3回 2、3、8番人気
2回 5、6、10、16番人気
1回 9、12、14、15番人気

このレースの傾向として(競馬ブック参考)

○ ハンデ頭は前走が重賞で5着以上。ハンデの下限は54
○ 重賞馬券内アリ
○ 1800M以上で2勝以上。
○ 前走1.5秒差以内。
○ 前走二桁着順から巻き返し7回あり。
○ 前走重賞以外からは、条件戦なら0.2秒以上の勝利。OPなら4着以上。
○ 小倉の芝で勝利あり。逆小倉芝未経験か。小倉勝利ない馬でも小倉で着外なければ。
○ 7歳まで8歳以上はしんどい。

実績

重賞勝ち
     アサマノイタズラ カテドラル クリノプレミアム セルバーグ フェーングロッテン ホウオウアマゾン マイネルファンロン

重賞連対
     ダンディズム タガノパッション

OPリステッド勝利
     アドマイヤビルゴ アルナシーム イクスプロ―ジョン エピファニー シフルマン ショウナンバシット ディープモンスター ロングラン

重賞3着
     ゴールドエクリプス 

OP3着
     ブランデーロック(2歳時)

重賞4着
     エンペザー 

OPクラス
     ホウオウリアリティ

[もっと見る]

⇒もっと見る

エンペザーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年5月13日() 15:45:03
田中師はやはり格下厩舎。人気を背負っても逃げた馬すら捕まえられない抜け作調教師。坂井瑠星らしい見事な縁故ヤラズ。それとも是が大井親父のボケ息子の実力なのでしょう。要は間抜けド未熟調教師にお陰人間ニセG1勝ち鞍上を人気で狙った己が馬鹿!

エンペザーの写真

エンペザー
エンペザー

エンペザーの厩舎情報 VIP

2024年2月25日阪急杯 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エンペザーの取材メモ VIP

2024年2月25日 阪急杯 G3 16着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。