デュガ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
デュガ
デュガ
デュガ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2019年3月31日生
調教師森秀行(栗東)
馬主藤田 晋
生産者Erv Woolsey & Ralph Kinder
生産地
戦績19戦[4-0-1-14]
総賞金5,717万円
収得賞金2,400万円
英字表記Dugat
血統 Practical Joke
血統 ][ 産駒 ]
Into Mischief
Halo Humor
Untraveled
血統 ][ 産駒 ]
Canadian Frontier
Down the Street
兄弟
市場価格
前走 2024/02/25 阪急杯 G3
次走予定

デュガの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/02/25 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18510181.41611** 牡5 57.0 松若風馬森秀行 510
(-4)
1.22.7 1.536.3⑰⑯ウインマーベル
24/02/10 京都 11 洛陽S (L) 芝1600 1848154.51612** 牡5 55.0 岡部誠森秀行 514
(+2)
1.33.7 1.134.8⑮⑯ドゥアイズ
23/10/28 京都 11 MBSスワン G2 芝1400 1847215.71710** 牡4 57.0 松若風馬森秀行 512
(+6)
1.20.7 0.834.7⑥⑧ウイングレイテスト
23/10/08 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 1281290.81111** 牡4 57.0 川田将雅森秀行 506
(-2)
1.46.7 1.435.0⑨⑥⑥エルトンバローズ
23/08/20 小倉 11 北九州記念 G3 芝1200 187137.4316** 牡4 55.0 菅原明良森秀行 508
(+6)
1.08.4 1.134.1⑮⑭ジャスパークローネ
23/07/15 福島 11 バーデンBC 3勝クラス 芝1200 11117.561** 牡4 58.0 菅原明良森秀行 502
(+4)
1.10.2 -0.534.5⑨⑨オタルエバー
23/06/17 東京 10 相模湖特別 2勝クラス 芝1400 1371130.481** 牡4 58.0 菅原明良森秀行 498
(-2)
1.20.2 -0.133.0⑨⑧レフトゥバーズ
22/12/04 阪神 12 3歳以上2勝クラス 芝1400 127915.6811** 牡3 56.0 北村友一森秀行 500
(0)
1.21.9 0.833.6⑫⑫リヴェール
22/11/06 東京 12 3歳以上2勝クラス 芝1400 14348.1511** 牡3 56.0 武豊森秀行 500
(-4)
1.22.0 0.932.9⑬⑬ミスボニータ
22/10/23 阪神 9 北摂特別 2勝クラス 芝1200 138138.147** 牡3 55.0 武豊森秀行 504
(+8)
1.09.1 0.433.3⑬⑬スリーパーダ
22/10/01 中京 12 3歳以上2勝クラス 芝1400 13339.235** 牡3 55.0 岩田康誠森秀行 496
(+6)
1.20.3 0.635.0ルピナスリード
22/09/04 小倉 9 宗像特別 2勝クラス 芝1200 186129.5513** 牡3 55.0 武豊森秀行 490
(+4)
1.08.3 0.634.8エイシンスポッター
22/04/16 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 184740.31017** 牡3 56.0 武豊森秀行 486
(-6)
1.34.3 1.634.9⑰⑯ダノンスコーピオン
22/03/19 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 1881725.9917** 牡3 56.0 武豊森秀行 492
(+10)
1.23.6 2.738.8④⑤プルパレイ
22/01/29 東京 10 クロッカスS (L) 芝1400 1089----** 牡3 56.0 武豊森秀行 ---- ------トウシンマカオ
21/11/20 東京 6 2歳1勝クラス 芝1400 9893.931** 牡2 55.0 武豊森秀行 482
(0)
1.21.6 -0.135.1モンタナアゲート
21/10/16 阪神 2 2歳未勝利 芝1200 12792.011** 牡2 55.0 武豊森秀行 482
(+2)
1.09.3 -0.734.8キッショウ
21/09/25 中京 1 2歳未勝利 ダ1400 8441.515** 牡2 54.0 武豊森秀行 480
(-4)
1.26.6 1.038.5④④シンリミテス
21/09/05 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 10558.554** 牡2 54.0 武豊森秀行 484
(+12)
1.08.6 0.734.9ナムラクレア
21/08/14 小倉 9 フェニックス OP 芝1200 108104.843** 牡2 54.0 武豊森秀行 472
(--)
1.11.3 0.536.6⑥⑥ナムラクレア

デュガの関連ニュース

◆斎藤騎手(アサカラキング2着)「重賞のメンバーで相手は強くなっていましたが、しっかり自分の競馬をしてくれました。目標になる形でも、これだけ走ってくれていますからね」

◆古川吉騎手(サンライズロナウド3着)「内枠を生かして運べました。もう少しでしたね。坂を上がって一緒の脚になりました」

◆小崎騎手(サトノレーヴ4着)「陣営から聞いていた通り、ダッシュ力はこのメンバーでも抜けているぐらいでした。最後まで頑張ってくれて、ガッツがありました」

◆ムルザバエフ騎手(ボルザコフスキー5着)「とてもよく走れていました。1400メートルでも1600メートルでもいいと思います。(馬場は)重いほうが合っていると思います」

◆岩田康騎手(ルプリュフォール6着)「もっと我慢したほうが良かったかな。上位を狙うなら、もっと辛抱しないと。最後は脚が止まってしまった」

◆原騎手(ホープフルサイン7着)「内枠がほしかったけど、この枠なりに頑張ってくれています」

◆酒井騎手(カルロヴェローチェ8着)「いつも返し馬が終わってからテンションが上がるのですが、きょうは我慢ができていました。今後につながれば」

◆ルメートル騎手(ダノンティンパニー9着)「リズムよく走ってくれたけど、重馬場が良くなかった。馬場が違えば結果も違ったかなと思います」

◆池添騎手(スマートクラージュ10着)「もともと来週の予定で、体は良化途上の感じがありました。1200メートルのほうがいいかなとも思いました」

◆松若騎手(デュガ11着)「出遅れましたが、3、4コーナーではいい感じでした。開幕週の馬場で前も止まらなかったですからね。差しが決まる馬場ならやれていいと思います」

◆角田河騎手(ワールドウインズ12着)「重たい馬場の1400メートルでペースも速かったですからね。その中でよく頑張ってくれました」

◆藤岡康騎手(メイショウチタン13着)「先手を取れればと思っていましたが、切り替えて2番手で運びました。4コーナーで手応えがあやしくなりました」

◆田口騎手(サトノアイ14着)「リズムよく運べましたが、3、4コーナーでノメり出してしまいました」

◆角田和騎手(タマモブラックタイ15着)「いい位置を取れましたが、ついていくのに精いっぱいでした」

◆高倉騎手(エンペザー16着)「ポジションを取ってほしいという指示だったので、しっかり出していきました。忙しいところはありましたが、最後まで一生懸命走ってくれました。これがいい刺激になれば」

◆泉谷騎手(メイショウホシアイ17着)「馬場が合いませんでした。この馬の走りではなかったです。外枠も厳しかったです」

◆和田竜騎手(カリボール18着)「道中で落鉄していました。ノメッてダメでした」

【ROBOTIPの勝率予測】阪急杯2024 競走馬能力重視予測は重賞初挑戦のダノンティンパニーを首位評価 2024年2月24日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は阪急杯 G3です。前走同条件の阪神カップを快勝したウインマーベル、勢いある6歳馬ダノンティンパニー、1勝クラスから3連勝中のアサカラキングあたりが注目を集めそうですが、勝率予測はどのようになっているでしょうか。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した阪急杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
ダノンティンパニー 16.50%
スマートクラージュ 16.26%
ウインマーベル   13.47%
サトノレーヴ    7.31%
アサカラキング   7.02%
ホープフルサイン  6.62%

ルプリュフォール  5.48%
サンライズロナウド 4.32%
ボルザコフスキー  4.00%
タマモブラックタイ 3.70%
ワールドウインズ  3.23%
メイショウチタン  3.18%
メイショウホシアイ 3.16%
サトノアイ     1.66%
カリボール     1.56%
デュガ       1.37%
エンペザー     0.95%
カルロヴェローチェ 0.19%

一応の首位は今回が重賞初挑戦となる⑮ダノンティンパニーですが、2位の⑦スマートクラージュとはほとんど差はありません。平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位 6頭がその対象です。

上位6頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
  ⑮⑦① > ⑨⑯⑫

馬券は⑮ダノンティンパニーからの馬連、金額に強弱をつけて合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
⑮-⑦①⑯ 各2,600円
⑮-⑨⑫ 各1,100円

合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】阪急杯2024 6項目オールクリアは6頭、中から1番手にはアサカラキングを指名 2024年2月24日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!阪急杯・データ分析 をお届けします!


【性別】
2014年以降(過去10年)の性別成績は、牝馬【2.1.2.15】、牡・せん馬【8.9.8.117】。勝率、連対率、複勝率のいずれも、前者に分がある。ただし、牝馬の複勝圏入りは、G1で2着以内の連対歴、もしくは牡牝混合重賞での優勝経験があった馬のみ。その点には注意したい。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑱メイショウホシアイ

【キャリア】
2014年以降の1~2着馬延べ20頭中15頭がキャリア20戦以内。残る5頭には当該距離の芝重賞で2着以内の連対経験があった。相応の実績がないキャリア21戦以上の馬は、評価を控えめにしたほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
サトノアイ ④ルプリュフォール ⑤メイショウチタン ⑪ボルザコフスキー ⑫ホープフルサイン ⑬ワールドウインズ ⑰カリボール ⑱メイショウホシアイ

【前走距離】
2014年以降の1~3着馬延べ30頭の前走を距離で分けると、1200m、1400m、1600mの3組に集約される。なお、1200m組の2着連対圏入りは、前走重賞からの臨戦馬のみ。気にとめておきたい傾向といえよう。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑥タマモブラックタイ ⑨サトノレーヴ ⑰カリボール ⑱メイショウホシアイ

【前走着順】
2014年以降の2着以内馬延べ20頭中16頭が前走1桁着順。例外の4頭には芝1400mの重賞で4着以内の経験、または芝1800m重賞での1着歴があった。非根幹距離重賞での善戦・好走経験を欠く前走2ケタ着順馬は、連対(2着以内)候補として推奨しづらい。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑤メイショウチタン ⑩デュガ ⑫ホープフルサイン ⑰カリボール

【近走成績】
2014年以降、近2走とも非重賞のレースにおいて、2着以下敗退を喫していた馬が、阪急杯で2着連対圏に入ったケースは皆無となっている。該当馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑤メイショウチタン ⑭エンペザー ⑰カリボール ⑱メイショウホシアイ

【近走人気】
2014年以降、近2走とも重賞以外のレースに出走、かつ近2走ともに単勝6番人気以下だった馬が、当レースで複勝圏入りを果たした事例はゼロ。非重賞で低評価が続いている馬は、疑ってかかりたい。

(減点対象馬)
サトノアイ ⑪ボルザコフスキー ⑭エンペザー ⑰カリボール


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①ウインマーベル、②サンライズロナウド、⑦スマートクラージュ、⑧カルロヴェローチェ、⑮ダノンティンパニー、⑯アサカラキングの6頭。

最初に推奨したいのは、⑯アサカラキングだ。2014年以降、2勝クラス・芝1400m1着→3勝クラス・芝1400m1着からの参戦馬は【2.0.0.0】という、少数精鋭の活躍を見せている。ここに入っても、相応の評価が必要だろう。

過去10年、安田隆行厩舎管理馬は【2.1.2.2】。それに該当する、②サンライズロナウドを2番手評価。以下、①ウインマーベル、⑦スマートクラージュ、⑧カルロヴェローチェ、⑮ダノンティンパニーらが続く。

<注目馬>
アサカラキング ②サンライズロナウド ①ウインマーベル ⑦スマートクラージュ ⑧カルロヴェローチェ ⑮ダノンティンパニー

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】中山記念2024 人気の盲点になること確実の新コンビが得意舞台で存在感を示す! 2024年2月24日() 12:00


当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2021年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 土曜日は重賞がありませんでしたが、日曜日は東西それぞれで重賞が行われます。

新良(以下、新) 阪急杯も中山記念もフルゲートで、予想のしがいのあるメンバー構成になりましたね。

編 レース格でいえば中山記念のほうが上ですが、ピックアップするのもこちらでよろしいですか?

新 はい。レース格ではなく、シンプルに推奨したい乗り替わりがいるという理由で、中山記念を選びました。

編 わかりました。それでは、新良さんの狙い目を教えていただけますか?

新 ビュイック騎手から戸崎圭太騎手に乗り替わる④ジオグリフに注目します。

編 ジオグリフ皐月賞を勝って以降、不動の主戦がいない状況のなかここまできて、今回の戸崎騎手はテン乗りで新コンビのかたちになりますね。

新 そうですね。この乗り替わりは、レース条件的にも、タイミング的にも、妙味のある狙い目になると思っています。

編 妙味のある狙い目! いいですね。その根拠をお聞かせください。

新 まずはサウジカップデーの週に行われるという、時期的な理由ですね。

編 有力騎手の多くが遠征していて、騎手の顔ぶれが手薄になっている点が大きいということですかね。

新 その通りです。国内に残った組のなかでは、それも中山のメンバーなら、戸崎騎手は最上位クラスに評価できます。でも、最近は存在感が薄いので、名前で売れることはないでしょう。だから狙い目なんです。

編 なるほど。確かにそれは言えそうですね。

新 そして、中山芝1800mというコースも歓迎材料になります。

編 戸崎騎手が好成績を残しているわけですね。

新 勝率18.8%はメンバー中ダントツの数字で、勝利数も次点の菅原明良騎手に4勝差をつけ13勝でトップに立っています。戸崎騎手、このコースは大得意なんです。

編 数字を見れば、コース巧者ぶりが一目瞭然ですね。かなり信頼できそうです。

新 仮にルメール騎手や横山武史騎手がいたとしても、勝利数の1位は動きません。この乗り替わり、じつは大幅鞍上強化といっても過言ではないんです。

編 それは心強い。となると、あとは馬がどうかという部分が焦点になりそうです。

新 馬柱は冴えませんが、私は適性のないダートばかりを使われていることが原因であると考えています。サウジカップで4着に健闘していますが、パンサラッサが勝てるような芝馬でもこなせる軽い馬場だったのが大きいですよね。その後ダートでさっぱりなことからもわかるように、どう考えてもジオグリフは芝馬でしょう。

編 今回は昨年の宝塚記念以来の芝レースになります。

新 芝にしても、機動力のあるこの馬の過去のレースぶりを見るに、2000m以下の小回りコースが向くことは明らかです。皐月賞以降に敗れた芝レースは、距離が長かったり、末脚が問われる大箱コースだったりと、不向きな条件が続いていますからね。近走成績がパッとしないのは、ある意味仕方のないことだと判断しています。

編 そう考えると、中山芝1800mは歓迎できる条件になりそうですね。

新 ベストと言ってもいいかもしれません。間違いなく、この馬の持ち味を最大限に発揮できる舞台でしょう。

編 ジオグリフは、皐月賞イクイノックスドウデュースを完封して勝ったほどの馬ですからね。復活勝利に期待したいところです。

新 人気にならない今回はまたとない狙い時です。人馬ともに向く舞台で、戸崎騎手がこの馬のポテンシャルをしっかり引き出してくれることに期待しましょう。


★その他の注目乗り替わり★
中山10R ②ヴァリアント藤岡佑介M.デムーロ
阪神11R ⑩デュガ(岡部誠→松若風馬
小倉12R ⑩フラッシングレート北村友一鮫島克駿


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。

[もっと見る]

【レーティングとモノサシで考える重賞予想】阪急杯2024 全項目ダントツのウインマーベルで決まり! 2024年2月23日(金) 18:00


今週日曜西日本のメイン競走は阪急杯。JRAのレーティング(公式格付)をベースとしこれにいくつかモノサシを組み合わせ、出走各馬の真の力関係を解き明かしていく。まずはベースのモノサシJRAレーティングの比較から入ろう(各馬13ヶ月以内の国内レースの数値のみを採用)。


113 ウインマーベル
109 カルロヴェローチェ
108 タマモブラックタイ
107 ホープフルサイン
106 スマートクラージュ
105 ルプリュフォール
103 デュガ
101 ダノンティンパニー
100 エンペザーメイショウチタン
99 カリボール
98 ボルザコフスキーワールドウインズ
96 サンライズロナウド
94 メイショウホシアイ
92 サトノアイ
89 アサカラキング

(以下格付なし)

阪急杯における例年の勝ち馬の基準は111前後。G3としては平均的なレベルとなった今回だが、比較は105以上の6頭を中心におこなってみた。

第2のモノサシは芝1400mの持ち時計。ここ数ヶ月のJRA各場の芝のレースの勝ちタイムを見ると、とにかく例年に比べて速い印象がある。もちろん週末の天気にもよるが、現段階での天気予報では当日雨が降りそうではあるものの、極端な悪馬場になる見込みは薄く、レースの距離、頭数から考えてもスローペースになることは想定しにくいため、今回もそれなりに速い勝ち時計が予測される(ちなみにJRA-VAN登録情報では18頭の脚質設定は3頭が逃げ、6頭が先行と出走メンバーの半分が先行以上の区分となっている)。レーティング上位6頭の芝1400mの持ち時計は以下の通りだ。

ウインマーベル(1.19.3) ホープフルサインルプリュフォール(1.19.6) スマートクラージュ(1.20.2) タマモブラックタイ(1.20.7) カルロヴェローチェ(1.22.6)

タマモブラックタイ以下2頭の持ち時計は出走メンバー18頭中13位以下と相対的に低く、逆に上位3頭の持ち時計は全体の4位以内。上位3頭に加点し下位2頭は減点しておきたい。

第3のモノサシは“冬期の競走成績”。阪神カップ、オーロカップで上位陣数頭が直接対決してはいるものの、ここを拾うとレーティング通り、ウインマーベルの一頭勝ちのデータでしかないことと、各馬の能力をつなぐモノサシとしては若干貧弱だったため、今回は上位各馬の11月から2月までの過去の成績を比較してみることにした。結果は以下の通りである (カッコ【 】内は左から1着、2着、3着、着外の回数)。

ウインマーベル 【2.1.0.1】 カルロヴェローチェ【1.0.0.1】 タマモブラックタイ【1.1.0.2】 ホープフルサイン【3.2.0.13】 スマートクラージュ【2.1.1.2】 ルプリュフォール【2.0.1.10】

各馬走った条件や出走回数が異なるのでこの数値の価値の比較は難しいが、馬自身のいわゆる“厳寒期”における競走成績の良し悪しはある程度判断がつく。予測したほど大きな差は見られなかったが、結果からはウインマーベルの「得意」、スマートクラージュと若干微妙だが勝利数、2着数からホープフルサインの「やや得意」が見てとれる。ウインマーベルには加点しておきたい。

3つの比較から本命◎はウインマーベル。そもそもレーティング数値が1頭抜けている上に斤量も背負い慣れた58kg。その他2つのモノサシ比較でもダントツと文句のつけようがなく、この馬の馬券圏外はちょっと考えにくい。人気でも買いだ。以下あまり差はないように思えるが○はホープフルサイン、▲はルプリュフォール。馬券は◎からの馬連、馬単。

【モノサシ比較による注目馬】
ウインマーベル ○ホープフルサイン ▲ルプリュフォール

モノサシの正誤判定は2/25(日)だ。 


(文:のら~り)

[もっと見る]

【阪急杯】デュガが栗東坂路で抜群の行きっぷり披露 村山助手「具合は前走と変わらない」 2024年2月23日(金) 04:51

デュガは栗東坂路で単走追い。前半から抜群の行きっぷりで4ハロン51秒4─13秒7をマークした。村上助手は「いつも通りです。コントロールが難しいので、間の時計は速くなりますからね。具合は前走と変わりありません」と納得の表情。「福島で勝ったときのように気分よく走れるほうがいい。マイルは長いかなと思うし、1400メートルならもつと思う。開幕週の馬場もいい」と話した。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デュガの関連コラム

閲覧 1,344ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月8日(日) 東京11R 第74回毎日王冠(3歳以上G2・芝1800m)

【登録頭数:13頭】(フルゲート:18頭)


<前走:安田記念 芝1600m(レース映像)> 4ヶ月

ソングライン(1着 480kg(-8kg))<A>
休み明けになるが、この中間も2週前、1週前と併せ馬で先着。あいだの日曜日にも速い時計を出しており、前2走とほぼ同じような調整で仕上がりもかなり良さそう。
☆『前走の追い切り

シュネルマイスター(3着 490kg(±0g))<C>
南Wで速い時計の出る馬だが、この中間はこの馬としては時計が遅い。1週前追い切りの動きを見ても前脚の出が硬く、併走相手の前に出てから突き放せなかった。
☆『前走の追い切り

ウインカーネリアン(8着 510kg(海外競馬出走))<C>
この中間も併せ馬で乗られているが、追走での追い切りが多い。時計もこの馬としてはかかっていて、スピード感にも欠ける。
☆『前走の追い切り


<前走:その他のレース出走馬>

ジャスティンカフェ(エプソムC:1着 芝1800m 504kg(+4kg) 4ヶ月)<A>
休み明けのこの中間は坂路での調整。水・金と追い切られて金曜日に速い時計を出してきているが、先週の水曜も軽めの調整ながら重心の低い走りで手応えもしっかりしていた。昨年以上の好仕上がりだろう。
☆『前走の追い切り

フェーングロッテン七夕賞:14着 芝2000m 474kg(-4kg) 3ヶ月)<C>
近走同様、この中間も1週前はCWでの追い切りで同じような時計が出ている。一方、それ以前の坂路での時計がやや物足りない。
☆『前走の追い切り

エエヤン(NHKマイルC:9着 芝1600m 484kg(+2kg) 5ヶ月)<B>
春は未勝利から3連勝で重賞制覇。5ヶ月ぶりとなるこの中間は、乗り込み豊富で重賞勝ち当時と同じような好時計が何本か出ていて調子は良さそう。
☆『前走の追い切り

エルトンバローズ(ラジオNIKKEI賞:1着 芝1800m 500kg(-2kg) 3ヶ月半)<A>
1週前にCWで速い時計を出して仕上げる馬だが、この中間もCW3頭併せだったとはいえ併せ馬になる間もなく一気に併走馬2頭を置き去りにして大差先着の好内容を見せてきた。休み明けでも十分な仕上がりだろう。
☆『前走の追い切り

バビット(AJCC:8着 芝2200m 476kg(+14kg) 3ヶ月)<D>
菊花賞以降古馬のトップクラスとのレースが続き、逃げるこの馬にはマークもキツくなり楽な競馬をさせてもらえていない。今回休み明けで中間の乗り込みは多いものの、1週前に坂路で好時計が出ているだけで大きな変わり身は感じられない。
☆『前走の追い切り

バラジ新潟記念:5着 芝2000m 476kg(-6kg) 中4週)<B>
休み明けの前走を使われ、この中間はほとんどプール調教。これは脚元の疲れが残っていたが、大型馬なので体重は減らしたいという意図によるものかもしれない。1週前は南Wで追い切られ、日曜には改修されて使用できるようになった坂路で終いを伸ばす内容と、このあたりからは本来の調教内容に戻ってきている。あとは太め残りがなく疲れが取れていればといったところで、最終追い切りの動きで判断したい一頭。
☆『前走の追い切り

デュガ北九州記念:16着 芝1200m 508kg(+6kg) 中6週)<D>
短距離を使っていた馬で、前走からは中6週で迎えるが乗り込みが少なく、使ってくる感じではない。

ノースザワールド(メイS:7着 芝1800m 472kg(-6kg) 4ヶ月半)<E>
坂路で好時計の出る馬だが、休み明けのこの中間は平凡な時計。CWでの追い切りも普段は1週前のみだが、この中間は2週前にもCWで追い切られていてこちらも目立った時計ではなし。1週前追い切りでは併せたディープボンドから大きく離されていて、動きも物足りない。

アドマイヤハダル(関越S:2着 芝1800m 494kg(±0kg) 中9週)<B>
近走3戦は、500キロを切る馬体重での出走で差のない競馬が続く。この中間も2週前、1週前と併せ馬で先着と引き続き状態は良さそう。

キングストンボーイ(関越S:4着 芝1800m 490kg(+2kg) 中9週)<C>
休み休み使われている馬で、昨年も関越Sから毎日王冠というローテーションだったが、今年は長期間坂路が閉鎖されていたこともありその分プール調教が多くなっている。その影響が、良いほうに出てくる感じはない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ジャスティンカフェソングラインエルトンバローズの3頭をあげておきます。


◇今回は毎日王冠編でした。
今週から東京と京都に開催が替わり、今年の競馬も4コーナーを回って直線に向いたあたり。今週は、天皇賞(秋)ジャパンカップそしてマイルG1に向けての特に重要なステップレースである毎日王冠京都大賞典が行われます。
ここでは毎日王冠の過去5年の連対馬の調教内容についてまとめてみました。ポイントとなるのが、連対馬10頭の内9頭が関東馬ですべての馬が春競馬からの休み明けだったという点です。特に、1週前追い切りで強めに追われた馬が7頭、最終追い切りが馬なりだった馬が7頭と、前哨戦といえども3~4週前あたりの早めの段階から乗り込まれ1週前にはほぼ仕上がっている状態までもってこれていることが重要になっている印象です。そのあたりに関しては、レース後に反動が出ないようにして本番に向けてスムーズに調整していくためということも考えられると思いますので、豊富な乗り込み量と1週前ぐらいにはほぼ仕上がっている馬をここではお勧めします。
そして、くりーく予想は先週の3連単『40万馬券』、3週前の『70万馬券』と特大の高配当が短い期間のあいだに的中しています。それ以外にも8月、9月で単勝万馬券3本的中というのもありましたが、これを「偶然」と考えるか「必然」と考えるかは人それぞれ。それでも、予想する本人としては「必然」だと思われるような結果を残していけるように、これからも精進していきたいと思っています。


毎日王冠出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年12月16日(木) 10:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 朝日杯フューチュリティステークス2021 
閲覧 1,806ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月19日(日) 阪神11R 第73回朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・芝1600m)


【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

セリフォス(前走486kg(±0kg)、中4週)<A>
新馬、新潟2歳Sと使われてきて、前走時のパドックでは毛艶が良く気合いも乗ってこれまでで一番良い出来だった。この馬はこれまで、1週前に併せ馬でビッシリ追われて直前は軽めという調整でレースに臨んできているが、この中間も1週前にC.デムーロ騎手騎乗で一杯に追われている。迫力満点の伸び脚で併走馬を一気に突き離して大きく先着と、出来はここ2戦よりもさらに良くなった感じで仕上りは万全。

ジオグリフ(前走492kg(+2kg)、3ヶ月半)<A>
500kg近くある馬だが新馬、前走とパドックでは太め感がなく見せていて、それだけしっかり仕上がっていたということだろう。この中間も、間隔は空いたが1週前追い切りでは素軽い動きを披露、日曜日には坂路でビッシリと順調にメニューを消化。関西への輸送を考えると、この2本でほぼ仕上がっていていると判断でき、直前は馬なりで十分といったところか。

ダノンスコーピオン(前走462kg(+6kg)、中6週)<B>
これまでの2戦とも追い切りでは良い動きを見せていたが、パドックでは馬体がまだ緩い印象を受けた。それでいて、レースではゴール前でキッチリ差し切るあたりは素質の高さであり、これからさらに強くなっていくものとみられる。この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ていて、叩き2戦目での上積みが期待できそう。

ドウデュース(前走506kg(+12kg)、中7週)<B>
前走のレースを見ると、ワンターンのコースだと前半に行きたがってしまう感じがあるので、本来は新馬戦のようにコーナー4つのコースが向いている馬だとは思う。武豊騎手がまだ勝っていないG1レースということもあって、こちらに回ってきたのかもしれない。この中間も間隔がたっぷりありしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りでも武豊騎手が騎乗して重心の低い走りを披露。単走でもしっかりと伸びていて状態は良さそうで、上積みにも期待が持てる。

トウシンマカオ(前走452kg(+6kg)、中5週)<A>
新馬戦でも◎にした馬で、調教では毎回好時計が出る馬。この中間は、1週前に戸崎騎手が騎乗して南Wで併せて先着を果たしてきた。レースでも力みが見られるなど、血統的には1200mのほうが良いのかもしれないが、新馬戦では1600mを勝っていて戸崎騎手がガッチリと押さえることで折り合いもつくタイプ。今の時期ならこの距離の重賞でも好走しても不思議なく、出来に関してもそう思えるくらい良さそう。

ヴィアドロローサ(前走446kg(+2kg)、中5週)<B>
前走は出負けして後方から。直線最速の脚を使って伸びてはいたが、1400m戦であの流れだと厳しかった。1週前追い切りでは鮫島駿騎手が騎乗して、終いしっかり伸びていて出来は前走以上に良さそう。距離延長も追走が楽になって悪くない。

カジュフェイス(前走476kg(-2kg)、中8週)<D>
スピードがありで坂路での走りを見ると短い距離が良さそうな馬。この中間は間隔が空いている割に乗り込み量は少なめで、目立つ時計も少ない。

ドーブネ(前走468kg(+4kg)、中10週)<D>
前走時のパドックでは、毛艶こそ良かったものの緩さが残る馬体であまりいい印象は受けなかったが、レースでは先行してそのまま直線で突き離す強い内容。ただこの中間は間隔が空いた割には調教内容が物足りず。1週前の動きを見ても、重心が高めでまだまだ素質だけで走っている感が拭えず、ここを目標に調整されてきた感じがない。

ベルウッドブラボー(前走456kg(-4kg)、中5週)<D>※回避予定。
右回りだと右にササるようなところを見せる馬で1週前の追い切りでもジョッキーが押さえるのに苦労すれいる感じだった。走りを見ても力んで走るようなところもある距離延長と右回りに長距離輸送とマイナス材料が多い。

オタルエバー(前走462kg(-8kg)、中3週)<A>
新潟、東京と輸送時間のかかる競馬場だとパドックでテンションが高くなるところがあるが、前走の阪神では程良い気合いで好印象だった。2走前の東京を取りこぼしたことで、前走を使うことになったとは思うが、調教以外で右回りを使えたことは逆に良かった。左回りだとどうしても終い甘くなってしまうところがある馬で、右回りだと待って追い出せる余裕がみられることから、断然今回のほうが向いていると思われる。出来に関しても、幸騎手が騎乗した1週前追い切りでは、併走馬が来るのを待って追い出す余裕を覗かせるなど上昇中。馬体はこれ以上減らしたくないので、最終追い切りは軽めで十分。

デュガ(前走482kg(±0kg)、中3週)<->※中京2歳Sに出走予定のため出走回避。

プルパレイ(前走488kg(±0kg)、中4週)<B>
使われつつ良くなってきた馬だが、前走時は馬体も緩く追い切りでも時計がかかっていて仕上り途上だった。乗り込み量はこの中間も十分で、坂路と1週前のCWでの時計が前走時とは別馬かと思うくらい良化を果たしていて、変わり身が期待できそう。


【抽選対象馬(6/7)】

アネゴハダ(前走440kg(-6kg)、連闘)<->※阪神JFに出走したため回避予定。

アルナシーム(前走438kg(+20kg)、中3週)<C>
これまでの2戦ともパドックではうるさい面を見せていて、前走は前半押さえきれず途中で先頭の競馬といろいろな面で難しい馬。出来に関しては、小柄な馬でも1週前にCWで好時計をマーク、折り合いもしっかりついてと悪くない印象だが。

エーティーマクフィ(前走438kg(+2kg)、3ヶ月半)<C>
休み明けで乗り込み量はそれほど多くはないが、小柄な馬で坂路、CWと好時計が出ていて出来は悪くはなさそう。

シンリミテス(前走478kg(-2kg)、3ヶ月)<D>
休み前の2戦は、若さやズブさを見せるところが多くジョッキーもかなり強く追っていた。休み明けとなるが、乗り込み量も少なく1週前の動きを見てもガラッと良くなったという動きでもなく、いきなりこのメンバーで勝ち負けというレベルまではまだ遠い。

スプリットザシー(前走392kg(-2kg)、中7週)<B>
先週の阪神JFを除外され、結果1本でも多く追えた点はプラスになりそう。動きも悪くなく状態面は合格点を与えられそうだが、先週と比べると出走馬のレベルがかなり高くなり、それでいて好調勢も多くここに入ると見劣ってしまう。

セッカチケーン(前走502kg(±0kg)、中2週)<D>
デビューからの2戦とも東京ダート1600m戦を使われた。スタート後の芝ではダッシュもついて悪くない走りを見せているが、ダートで特に強い競馬をしてきている訳でもなく、1週前追い切りは時計平凡で強調材料に乏しく......とくれば、ここは相手が強すぎるだろう

トゥードジボン(前走472kg(-4kg)、中5週)<C>
新馬戦ではセリフォスベルクレスタとともに直線で伸びてきた馬の1頭で、レベルの高い3着。その後休養を挟んで休み明けで迎えた2走前は、出遅れて途中で脚を使って直線では余力ナシの大敗。前走は、内枠から好スタートを決めてゴールまでしぶとく粘り込んで初勝利をあげた。前走でまだ馬体に余裕があり良化余地こそ感じるものの、レースでは終い首が高くなるところがありしぶとさの反面伸びきれないところも。つまるところ、新馬戦でのセリフォスとの差は広がってしまった印象がある。


※今回のこのコラムからの推奨馬はセリフォスジオグリフトウシンマカオオタルエバーの4頭をあげておきます。


<出走予定馬の近走追い切り参考VTR(新潟2歳S/札幌2歳S/京王杯2歳S/デイリー杯2歳S)>







◇今回は朝日杯フューチュリティステークス編でした。
6月から2歳戦が始まり、新馬戦そして未勝利戦、オープン、重賞と約半年行われてきて、レースの数としては2歳戦だけで500レース以上。2勝以上している馬を含めてもJRAだけで500頭ほどの2歳馬が勝ち上がっているということになります。それでもこのレースに登録してきた馬は19頭。条件が向かない馬もいますし、出走したくても状態が整わない馬もいるとは思いますが、そう考えると少ない感じがします。それだけ馬を目標のレースに良い状態で出走させるということが大変だとも言える部分ではないでしょうか。そんな思いをはせつつ、今回登録してきた馬たちをいつものように1頭1頭状態面チェックを行いましたが、総論として状態の良い馬が多かったとの印象を強く感じています。なかなか高レベルのレースが期待できるのではないでしょうか。

※朝日杯FS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年11月19日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年11月19日
閲覧 1,637ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年11月20日()の凄馬!>
極凄馬
阪神1R 2歳未勝利
カフジテトラゴン(+5.2)

超凄馬
福島8R 3歳以上500万以下
バトーデュシエル(+3.6)

超凄馬
東京3R 2歳未勝利
レヴール(+2.8)

超凄馬
東京6R 2歳500万以下
デュガ(+2.8)

超凄馬
阪神4R 2歳未勝利
スコールユニバンス(+2.4)

超凄馬
東京11R 東京スポーツ杯2歳S G2
グランシエロ(+2.1)

超凄馬
阪神3R 2歳未勝利
プレヴォール(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年11月21日、集計数:42,918レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2021年11月10日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年11月10日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(279)
閲覧 2,055ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、武蔵野ステークス・デイリー杯2歳ステークス・福島2歳ステークス・室町ステークス・福島記念・オーロカップ・エリザベス女王杯の7レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年11月13日(土) 東京11R 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス
【“同年、かつJRA、かつ重賞、かつ出走頭数が16頭以上のレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [6-5-1-23](3着内率34.3%)
●なし [0-1-5-53](3着内率10.2%)
→年明け以降にJRAの重賞で善戦している馬は比較的堅実。一方“同年、かつJRA、かつ重賞、かつ出走頭数が16頭以上のレース”において5着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2015年以降[0-0-0-29](3着内率2.0%)と上位に食い込めていません。


▼2021年11月13日(土) 阪神11R デイリー杯2歳ステークス
【“JRA、かつ1600mのレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [5-7-6-19](3着内率48.6%)
●なし [2-0-1-30](3着内率9.1%)
→距離適性を素直に評価したい一戦。なお“JRA、かつ1600mのレース”において4着以内となった経験がない、かつ“京都・阪神、かつ1400~1800mのレース”において2着以内となった経験のない馬は2014年以降[0-0-0-22](3着内率0.0%)と苦戦していました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
阪神芝1600m外×エピファネイア×2歳
→3着内率45.8%、複勝回収率230%


▼2021年11月14日(日) 福島10R 福島2歳ステークス
【“JRA、かつ1勝クラス以上、かつ1200mのレース”において5着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [4-3-2-8](3着内率52.9%)
●なし [0-1-2-39](3着内率7.1%)
→実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“JRA、かつ1勝クラス以上、かつ1200mのレース”において5着以内となった経験があるのは、カイカノキセキデュガポメランチェリトスの4頭だけです。


▼2021年11月14日(日) 阪神10R 室町ステークス
【前走の着順ならびに前走の1位入線馬とのタイム差別成績(2013年以降)】
●着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.5秒以内 [5-7-3-28](3着内率34.9%)
●着順が2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0.6秒以上 [3-1-5-74](3着内率10.8%)
→大敗直後の馬は過信禁物。今年はほぼ同じ条件の大阪スポーツ杯が10月23日に施行されているものの、基本的には同様の傾向が続くと見るべきでしょう。


▼2021年11月14日(日) 福島11R 農林水産省賞典 福島記念

[もっと見る]

2021年10月15日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年10月15日
閲覧 1,729ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年10月16日()の凄馬!>
極凄馬
阪神2R 2歳未勝利
デュガ(+6.6)

超凄馬
阪神8R 3歳以上500万以下
トーセンアラン(+2.3)

超凄馬
東京9R プラタナス賞
ケルンコンサート(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年10月17日、集計数:42,608レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

2021年9月24日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年09月24日
閲覧 1,886ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年9月25日()の凄馬!>
極凄馬
中京1R 2歳未勝利
デュガ(+8.7)

極凄馬
中山1R 2歳未勝利
パスポートチェック(+4.0)

超凄馬
中山8R 清秋ジャンプS
レンジストライク(+3.4)

超凄馬
中京9R 野路菊ステークス
マテンロウスカイ(+3.1)

超凄馬
中京7R 3歳以上500万以下
エルモドーロ(+2.4)

超凄馬
中京12R 3歳以上1000万以下
クリノホノオ(+2.3)

超凄馬
中山2R 2歳未勝利
コスモプルエバ(+2.2)

超凄馬
中京11R 長篠ステークス
プリモダルク(+2.2)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年9月26日、集計数:42,457レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

デュガの口コミ


口コミ一覧
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 6

今日は休日出勤の末三です。

からのパート2(笑)

では、早速。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 


日曜 11R 阪神 第68回 阪急杯より

【末三調教評価】

A評価 ・・・ サトノレーヴ スマートクラージュ メイショウホシアイ

B評価 ・・・ カルロヴェローチェ タマモブラックタイ デュガ

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち


【末三予想】

◎  7 番 スマートクラージュ

〇  9 番 サトノレーヴ

▲ 18番 メイショウホシアイ

馬券は3連複6頭ボックス

さぁ、それでは張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

 ブルー☆ギラヴァンツ 2024年2月24日() 23:02
2/25 日 単複王 日曜重賞
閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 1

こんばんわ明日2/25単複王です
No.105 阪神 9レース 松籟S (4歳以上3勝クラス(1600万下)) 芝3000m ◎ ナイトインロンドン ◯ ラズルダズル
No.106 阪神 10レース マーガレットS (3歳オープン) 芝1200m ◎ クランフォード ◯ ビッグドリーム
No.107 阪神 11レース 阪急杯 (4歳以上オープン) 芝1400m ◎ ウインマーベル ◯ サトノレーヴ
No.108 中山 9レース デイジー賞 (3歳1勝クラス(500万下)) 芝1800m ◎ グランカンタンテ ◯ ウインデイジー
No.109 中山 10レース 春風S (4歳以上3勝クラス(1600万下)) ダート1200m ◎ サザンエルフ ◯ マニバドラ
No.110 中山 11レース 中山記念 (4歳以上オープン) 芝1800m ◎ ソールオリエンス ◯ ヒシイグアス
No.111 小倉 9レース ネモフィラ賞 (3歳1勝クラス(500万下)) ダート1700m ◎ グラティアスミノル ◯ エートラックス
No.112 小倉 10レース 国東特別 (4歳以上1勝クラス(500万下)) 芝2000m ◎ フロムナウオン ◯ ヴィンセドリス
No.113 小倉 11レース 下関S (4歳以上3勝クラス(1600万下)) 芝1200m ◎ カンチェンジュンガ ◯ ダンツイノーバ
続いて
重賞予想 No. 17 02月25日 日 第98回 中山記念 中山 芝1800m (G2) 中山 芝1800m ◎ソールオリエンス ○ヒシイグアス ▲エルトンバローズ ☆ドーブネラーグルフ
重賞予想 No. 18 02月25日 日 第68回 阪急杯 阪神 芝1400m (G3) 阪神 芝1400m ◎ウインマーベル ○サトノレーヴ ▲デュガ ☆ダノンティンパニーアサカラキング
明日2/25のメインレースは
メインレース予想No.37第1回 阪神 2日目 11レース 阪急杯 (4歳以上オープン) 芝 1400m
メインレース予想No.38第2回 中山 2日目 11レース 中山記念 (4歳以上オープン) 芝 1800m
メインレース予想No.36第2回 小倉 6日目 11レース 下関S (4歳以上3勝クラス(1600万下)) 芝 1200m
です
メインレース予想No.37第1回 阪神 2日目 11レース 阪急杯 (4歳以上オープン) 芝 1400m ◎ ウインマーベル ○ サトノレーヴ ▲ デュガ ☆ ダノンティンパニー アサカラキング
メインレース予想No.38第2回 中山 2日目 11レース 中山記念 (4歳以上オープン) 芝 1800m ◎ ソールオリエンス ○ ヒシイグアス ▲ エルトンバローズ ☆ ドーブネ ラーグルフ
メインレース予想No.36第2回 小倉 6日目 11レース 下関S (4歳以上3勝クラス(1600万下)) 芝 1200m ◎ カンチェンジュンガ ○ ダンツイノーバ ▲ ピンクマクフィー ☆ グランテスト エイシンフェンサー
よろしくお願いします

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2024年2月23日(金) 00:36
阪急杯 2
閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 4

阪急杯

芝1400M GⅢ 4歳以上 阪神競馬場 右回り Aコース

出走馬の個人的な評価

競馬ブックポイント ◎3ポイント ○2ポイント ▲1ポイント ◬0.5ポイント

ウインマーベル 28ポイント
(前走阪神C勝利から今回状態が良ければ負けれない1戦と思うので、松山騎手もこれで重賞勝でないとしんどいよなぁと思ってますが。道悪適正だけが心配あるかな、開幕週なので馬場は雨降りでも良いと思ってますが。)

ダノンティンパニー 20ポイント
(前走出遅れて直線はがふさがったので参考外でもいいが、馬自身は輸送があって出遅れ掛かってのきつい競馬はしているので、反動とかは気になる。距離短縮は問題ないしコース実績もある。重賞ですが相手は揃っていない分チャンスは十分ある。)

アサカラキング 19ポイント
(3連勝中で勢いはあるし逃げ切りなので開幕週もいいのでいい枠に入れば逃げやすくなるので、輸送ですが3連勝はすべて関西の競馬なので問題はないと思うし、相手強化ですがこれぐらいのメンバーならあっさり勝利はあるのではないかな。)

サンライズロナウド 2ポイント△9こ
(前走が昇級初戦で4着なので評価は上がった馬。距離延長は問題ないし阪神経験もあるので、後は乗り替わりと差し馬向きの流れになるかどうか?)

サトノレーヴ 2ポイント△7こ
(5戦4勝でまだ連も外していない馬。1200Mで3連勝で先行押し切りとセンスも高い。ただ距離延長と乗り替わりになるので、相手強化もしてるから今回試金石にはなると思う。ただ血統も調教師もいいので馬のキャリアだけがきになることぐらいですかね。)

メイショウホシアイ 1ポイント
(昇級してから1秒以内のレースはしているので重賞で相手強化ですがそんなにメンバーは揃ってないのでチャンスはあるかなと、準OPは阪神1400Mを勝ってきているので少し人気にはなるかも。)

ボルザコフスキー 0.5ポイント△5こ
(昇級してリステッド4着でこのクラスでも目途は立ちましたが距離短縮で結果が最近出てないのが気になるところ、ムルザバエフ騎手の変わっての魅力は十分あると思っている人が多そうですから穴人気にはなりそう。)

カルロベローチェ 0.5ポイント△2こ
(前走2秒負けなので叩いて距離短縮でどこまで変わり身があるかどうかだけですね。道悪は中京で経験済みなのである程度問題は少ないかなと。乗り替わりの酒井学騎手で穴気配は十分ある。)

スマートクラージュ 0ポイント△8こ
(距離延長がどうか?開幕週なら大丈夫そうだが馬場次第にはなりそう。休み明けでセントウルS3着からだから実力的にはこのメンバーなら上位になるのであとは状態ですね。)

メイショウチタン 0ポイント△6こ
(前走はダートなので参考外。芝に戻れば巻き返してくれるはず。東京の1400Mがベストなので右回りで結果を出せれるかどうか?単騎逃げをしたいけどアサカラキングがいる分どうかなと。)

タマモブラックタイ 0ポイント△5こ
(叩き2走目でどうなるか?道悪適正はあるし距離も問題はないし前走も7着だが0.3秒差で58Kg背負っていたので、毎回1秒以内のレースは出来ているので人気はないけど不気味な馬と思っている。)

ルプリュフォール 0ポイント△2こ
(ここ2戦は相手が強すぎたのと、マイルの距離だったので巻き返すなら今回かなと、岩田康騎手に乗り替わりも魅力的ですね。追い込みだけに内差しにこだわると思っているし時計が掛かる馬場になればチャンスは上がる。開幕週なので追い込みはしんどい。)

エンペザー 0ポイント△1こ
(ここ2戦で評価は落としているので昨夏ぐらいだと人気もあった馬、芝1400Mが新馬以来なので対応が上手くいけば大穴候補にはなるかなと。)

ワールドウインズ 0ポイント 着差 0.3
(21年のオーロC以来の1400Mなので上手くいくかどうか?OPなら入着ある馬ですからこのメンバーぐらいなら1発あってもいいかなと。叩き2走目で変わり身を期待したいが7歳ですからね。)

サトノアイ 0ポイント 着差 0.6
(1400Mは1年ぶりぐらいで変わり身があるかどうかと差しなので脚が溜まるかどうかになりそう。いい脚は毎回それなりに使っているので展開が重要ですね。)

カリボール 0ポイント 着差 0.7
(成績は上がってこないけど着差はここ2戦はそんなに負けていないので距離延長最近使っていないだけでは問題ないと思うし小崎騎手から和田竜騎手に替わっての鞍上強化の方が魅力かも。8歳なのでデータからはしんどいのは間違いない。)

デュガ 0ポイント 着差 1.1
(叩き2走目で変わり身はあれば距離短縮はプラスだし道悪の適性も高いと思っているので先行が出来れば面白みはあると思う。ただ差す競馬が多い馬なので。)

ホープフルサイン 0ポイント 着差 1.5
(シルクロードSはスタートが良くなかったので参考外かな。発馬を決めてじっと我慢する競馬でロスなく進めれば好走出来る馬なので、内枠に入ればいいんですが、まぁ8歳なのでデータではしんどいが。)


現時点予想

◎ ウインマーベル
○ ダノンティンパニー
▲ アサカラキング
△ サトノレーヴ
△ ボルザコフスキー
穴 カルロベローチェ
穴 エンペザー

[もっと見る]

⇒もっと見る

デュガの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年10月23日() 14:30:50
決め打ちでも凡走とは、この鞍上はやはりエセ。女たらしが国内で通用するのは中央競馬だけ。レジェンドとは周りの声だけ。下手がレジェンドとはとんだ泥棒息子だ!
2:
  ねこまほ賢   フォロワー:3人 2022年4月16日() 15:54:16
1600mは現状長すぎ!?
葵S→CBC賞→北九州記念→セントウルS→スプリンターズS→香港スプリント
徹底的に1200m専門で面白そう(^ー^)
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2021年8月14日() 14:33:10
ヤラセで武豊が勝たせて貰えるかに興味津々。
武など似非ジョッキーの見本でクズとはこの鞍上の事。
こんな奴が記録保持者だから世界から馬鹿にされる事にいい加減に気付け。JRAのヤラセ者たち。

デュガの写真

デュガ
デュガ
デュガ

デュガの厩舎情報 VIP

2024年2月25日阪急杯 G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デュガの取材メモ VIP

2024年2月25日 阪急杯 G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。