会員登録はこちら
TV西日本北九州記念 G3   日程:2019年8月18日() 15:25 小倉/芝1200m

TV西日本北九州記念のニュース&コラム

【有名人の予想に乗ろう!】北九州記念 徳光さん、杉本さんほか多数!競馬通の芸能人・著名人が真剣予想!
※当欄では北九州記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。 【徳光和夫】 3連複ボックス ③アレスバローズ ⑥ラブカンプー ⑧ファンタジスト ⑬モズスーパーフレア ⑯ダイメイプリンセス ⑱ミラアイトーン ワイド1頭軸流し ⑯-②③⑤⑥⑪⑬⑮⑱ 【杉本清】 ◎⑱ミラアイトーン 【田中裕二(爆笑問題)】 ◎⑧ファンタジスト ○⑱ミラアイトーン ▲⑤ディアンドル △⑪アンヴァル △③アレスバローズ △④イエローマリンバ △⑩エントリーチケット 馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ ⑧→③④⑤⑩⑪⑱ 【大久保洋吉(元JRA調教師)】 ◎⑤ディアンドル ○⑱ミラアイトーン ▲⑬モズスーパーフレア △③アレスバローズ △⑪アンヴァル △⑰カラクレナイ 【稲富菜穂】 ◎⑧ファンタジスト ○⑬モズスーパーフレア ▲③アレスバローズ △①ラインスピリット △⑩エントリーチケット △⑪アンヴァル 【小木茂光】 注目馬 ③アレスバローズ ⑧ファンタジスト ⑬モズスーパーフレア 3連単フォーメーション ③⑧⑬→③⑤⑧⑪⑫⑬⑮⑱→③⑧⑬ 【安田和博(デンジャラス)】 ◎⑥ラブカンプー 【船山陽司】 ◎⑨キングハート 【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】 ◎⑪アンヴァル 【目黒貴子】 ◎⑬モズスーパーフレア ウマニティ重賞攻略チーム
2019年8月18日() 10:10 NEW!

 686

【U指数的考察】北九州記念 U指数上位馬の好走頻度が高い一戦!連軸は指数5位以内から!
北九州記念の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。 ※2013年以降の結果をもとに検証 <ポイント①> 2017年こそ低指数馬が1~3着を占めたが、基本的に指数上位馬の好走頻度が高いレース。指数1~5位のなかから2頭以上が馬券に絡むケースが多く、ワンツーフィニッシュも珍しくはない。 指数5位以内 ③アレスバローズ ⑪アンヴァル ⑬モズスーパーフレア ⑰カラクレナイ ⑱ミラアイトーン <ポイント②> 指数95.0未満の馬が2頭以上絡んだ年はない。指数95.0未満の馬同士の2連勝馬券、指数95.0未満を2頭以上含む組み合わせの3連勝馬券は推奨できない。 指数95.0未満 ②クインズサリナ ⑤ディアンドル ⑥ラブカンプー ⑦ラインシュナイダー ⑧ファンタジスト ⑫ディープダイバー ⑭ナインテイルズ ⑮シャドウノエル <ポイント③> 指数94.0未満で馬券に絡んだ馬は、斤量面で恵まれやすい3歳馬のみ。低指数の古馬は割引が必要となる。 指数94.0未満の4歳以上 ②クインズサリナ ⑥ラブカンプー ⑦ラインシュナイダー ウマニティ重賞攻略チーム
2019年8月18日() 10:00 NEW!

 612

【斬って捨てる!】北九州記念 高齢馬は苦戦傾向!前走ふたケタ着順馬の深追いは危険!
ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の北九州記念の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。 【全般】 8歳以上の好走例は皆無(2008年以降) ①ラインスピリット ⑭ナインテイルズ 近2走内にオープンクラスで3着以内の経験がない、7歳馬の好走例はみられない(2009年以降) ⑦ラインシュナイダー 斤量56キロ超の牡馬の連対例はゼロ(2008年以降) ③アレスバローズ ⑱ミラアイトーン 前走でCBC賞に出走、かつ敗退馬の連対例はなし(2008年以降) ③アレスバローズ 1200m戦未勝利馬の連対例はゼロ(2008年以降) ⑦ラインシュナイダー 【人気】 前走重賞戦で敗退、かつ今回1~2番人気に支持された馬の好走例はなし(2008年以降) ※8時00分現在の1~2番人気、かつ前走重賞戦敗退馬 ⑬モズスーパーフレア 1番人気、かつ単勝オッズ3.0倍以上の連対例は皆無(2008年以降) ※8時00分現在の1番人気、かつ単勝オッズ3.0倍以上 ⑱ミラアイトーン 15番人気以下の連対例はゼロ ※8時00分現在の15番人気以下 ①ラインスピリット ⑦ラインシュナイダー ⑨キングハート ⑭ナインテイルズ 前走1番人気だった馬を除くと、前走10着以下敗退馬の連対例はみられない(2008年以降) ①ラインスピリット ④イエローマリンバ ⑥ラブカンプー ⑦ラインシュナイダー ⑧ファンタジスト ⑩エントリーチケット ⑬モズスーパーフレア ⑭ナインテイルズ 【脚質】 前走(新潟芝1000mを除く)の4角通過順が5番手以降、かつ5着以下敗退馬の連対例は皆無(4角で不利を受けた馬を除く/2008年以降) ⑧ファンタジスト ⑩エントリーチケット 【枠順】 馬番枠2番、10番、17番の好走例はゼロ(2008年以降) ②クインズサリナ ⑩エントリーチケット ⑰カラクレナイ 【血統】 キングマンボを経由しない父ミスプロ系の好走例は皆無(2008年以降) ①ラインスピリット ⑬モズスーパーフレア 【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】 ⑤ディアンドル ⑪アンヴァル ⑫ディープダイバー ⑮シャドウノエル ⑯ダイメイプリンセス ウマニティ重賞攻略チーム
2019年8月18日() 09:20 NEW!

 667

【ズバリ!調教診断】北九州記念 昇級の外国産馬に見せ場以上のシーンも!昨年の優勝馬も好状態!
日曜日に行われる北九州記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。 ①ラインスピリット 最終追いは栗東CWで単走。序盤からハイラップを刻み、6F80秒近辺、5F64秒台半ばを記録したが、最後は踏ん張り切れずにタレてしまった。行きっぷりの良さは認めるにしても、もう少しメリハリをつけて欲しい印象。前走からの上積みは見込みづらい。 ②クインズサリナ この中間は栗東坂路で順調にメニューを消化。最終追いでは、フェアリーポルカを相手に追走先着を果たした。ただ、走りそのものに躍動感はなく、非力な印象。元気はいいが、あまり上昇した感じはしない。相手強化の重賞では厳しい戦いが予想される。 ③アレスバローズ 2週前、1週前と2週続けて、栗東坂路で速い上がりタイムを記録。今週の坂路追いでも、折り合い良く加速ラップをマークした。いい意味で落ち着きが出てきたのか、鞍上の指示に対して従順。動きも至ってスムーズ。これといったマイナス要素は見当たらない。いい状態で臨めそうだ。 ④イエローマリンバ 1週前に栗東坂路でラスト2F24秒7-12秒1のラップを余力残しでマーク。今週の坂路追いでは、終いだけを伸ばす内容ながら、ラスト1Fは12秒3を記録した。ただ、攻め巧者の同馬にとってこの程度は日常茶飯事。その点を考慮すると、変わり身を予感させる材料は少ない。 ⑤ディアンドル 栗東坂路で行われた1週前追いでは、ラスト2F23秒7-11秒5の好ラップを悠々と記録。今週の坂路追いは軽く流す程度ながら、キレイな後傾ラップを記録した。若さが目立つ見映えの悪い走りではあるが、前回の最終追いと比べればマシになったほう。順調とみていいのではないか。 ⑥ラブカンプー 最終追いは栗東坂路で併せ馬を実施。後れをとったとはいえ、追われてからの重心は低く、体もまっすぐ向いている。ただ、現状のレースぶりをみるに、調教がどうのこうのというよりも、メンタル面が大きく影響している印象。動き自体は良くなっているものの、それが実戦につながるかどうかについては疑問符が付く。 ⑦ラインシュナイダー 1週前に栗東坂路でビッシリと攻め、4F51秒8をマーク。ここまでは良かったのだが、今週の坂路追いの気配は今ひとつ。控えめな内容にもかかわらず、ラスト1Fは13秒8と大失速。もともと終いが甘い馬とはいえ、ここ目標の仕上げとは言い難いものがある。苦戦必至だろう。 ⑧ファンタジスト 2週前と1週前に栗東坂路で好タイムを計時。今週の坂路追いでも上々の時計をマークした。併せ馬を消化していない点は気になるが、首をしっかりと使って登坂するさまは見映えがいい。乗り込み量の不足もなく、及第点のデキにある。あとは久々の激流に耐えられるかどうか。そのあたりが焦点となろう。 ⑨キングハート 美浦で併せ馬中心に攻め馬を積んだあと、小倉へ移動。ダートコースで実施した最終追いは、終いだけ伸ばす内容ながら、6Fから時計を出している。順調にメニューをこなしている点は評価できるが、その一方で上がりのタイムがなかなか詰まってこない印象。まだ良化途上、といったところか。 ⑩エントリーチケット この中間は栗東坂路で併せ馬主体の調整。最終追いでは2勝クラスを相手に、手応え優勢で追走先着を果たした。とはいえ、この程度のパフォーマンスは常に示している馬。それほど悪い感じはないが、重賞で巻き返しが利くほどの大きな上積みがあるとは思えない。今回は足りないだろう。 ⑪アンヴァル 1週前に栗東坂路で、4F自己ベストを更新する49秒7をマーク。ラスト1Fも12秒2でまとめた。今週の坂路追いは確認程度の内容ながら、ラスト2F25秒3-12秒3の好ラップを記録。攻め巧者なので過分な評価はできないが、追われてからの力強い脚取りは見応え十分。好調とみてよさそうだ。 ⑫ディープダイバー 2週前、1週前と栗東坂路でラスト1F12秒台前半のラップを計時。今週の坂路追いは終いの反応を確かめる程度ながら、マズマズの伸び脚を見せた。派手なパフォーマンスを示しているわけではないが、テンポのいい走りで駆け上がる姿をみるに、いい調整を積んでいる印象。自身の力は出せる態勢とみる。 ⑬モズスーパーフレア 最終追いは栗東坂路で単走。行きっぷり良く、4F51秒9、ラスト1F12秒4のタイムを楽々とマークした。2週前と1週前にも好時計を出しているように、相変わらず調教は抜群に走る。前肢のさばきが硬めに映るが、それ以上にスピード感満点の動きが目を引いた。好気配。 ⑭ナインテイルズ 今週の追い切りは栗東坂路で単走。しっかりと攻め、4F51秒7、ラスト2F24秒3-12秒0のタイムを記録した。ただ、ステッキを入れたメイチ追い。坂路巧者の同馬とすれば、もう少しラストが伸びてほしいところだ。一定の上積みは見込めそうだが、激変まではどうか。 ⑮シャドウノエル 1週前こそ手緩い内容だったが、それまでは栗東坂路で好時計を連発。今週のCW追いでは、コーナーから積極的に攻め、6F79秒台の好タイムをマークした。終いは少し疲れたものの、しっかり追えば踏ん張れそうな手応えだったので、不安視する必要はなさそう。軽ハンデを活かせるようなら、見せ場以上のシーンがあっても驚けない。 ⑯ダイメイプリンセス 最終追いは栗東坂路で併せ馬を実施。パートナーの2歳未勝利馬を楽々と突き放した。ただ、ラスト2Fは25秒0-12秒4。今回と同じような調整を施した、昨年(2着)の最終追い時のラスト2Fは24秒6-12秒2。その点を鑑みると、まだ良化の余地を残しているように感じてしまう。圏内には届かないのではないか。 ⑰カラクレナイ 前走後は放牧に出さず、自厩舎で調整。1週前と当該週に栗東CWで半マイルから追うスタイルは、前回と同様。ズルさを出し、最後の伸びを欠いたが、道中の回転鋭い脚さばきは見どころがあった。実戦タイプになりつつあるので、負荷をかけた調教を消化していれば、見映えの悪さを深刻にとらえる必要はない。軽んじて扱えない1頭だ。 ⑱ミラアイトーン 7月中旬から栗東CWとプールを交えて、じっくりと調整。毎週のように速い上がりタイムをマークするなど、いい調教を積み上げている印象を受ける。最終追いは4Fから確認程度の内容だったが、少し気合をつけると素早く反応を返し、鋭い伸び脚を披露。気勢の乗りも良く、久々をまったく感じさせない。好仕上がり。 ウマニティ重賞攻略チーム
2019年8月17日() 16:30

 1,530

TV西日本北九州記念のニュースをもっと見る >

【北九州記念】厩舎の話
 アレスバローズ・角田調教師「前走を使ったことで落ち着きが増してきた。できれば良馬場でやりたい」 アンヴァル・助田助手「前走2着で力のあるところを見せた。小倉のいい馬場なら楽しみ」 イエローマリンバ・河内調教師「重賞だけにハンデは軽くなると思ったが、53キロは見込まれた」 エントリーチケット・宮調教師「ひと叩きして2戦2勝の小倉へ。もう少しやれてもいい」 カラクレナイ・松下調教師「いい状態を維持。初コースといっても小回りで勝っている」 キングハート・星野調教師「スタートさえ決まれば通用する。仕上がりの良さを生かしたい」 クインズサリナ・西村調教師「(4F)55秒くらいのイメージでやったが、攻めは動く」 シャドウノエル・小滝助手「内田騎手が続けて乗ってくれるのは強み。52キロだし、楽しみ」 ダイメイプリンセス・森田調教師「去年の良かったころと比べ、そこまで上がってきていない」 ディアンドル・奥村豊調教師「まだこれからの馬だが、小倉でも勝っている。年長馬相手の重賞でどこまでやれるか」 ディープダイバー・大久保調教師「相手は強そうだが、前走より斤量が軽くなる点に期待」 ナインテイルズ・長谷川調教師「乗り込みは順調。近走は不発だが、うまく力を引き出せれば」 ファンタジスト・梅田調教師「息づかいは良化。馬体、血統、気性、兄弟から短距離は合う」 ミラアイトーン・池江調教師「暑さはこたえていない。直線は短いが、スパイラルコーナーが大型馬には合っている」 モズスーパーフレア・音無調教師「55キロは手ごろ。2、3走前のように後ろの馬に脚を使わせながら逃げれば」 ラインスピリット・森助手「千直は忙しすぎ。走り慣れた6Fだが、8歳だし、どこまで…」 ラブカンプー・森田調教師「肩とトモが物足りない。戻り切るまでもう少し時間がかかりそう」(夕刊フジ)★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月15日(木) 11:31

 1,007

【北九州記念】モズスーパーフレア態勢万全!
 サマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念の追い切りが14日、栗東トレセンと小倉競馬場で行われた。GI・高松宮記念15着以来5カ月ぶりのモズスーパーフレアは、栗東の坂路を軽快に駆け上がり、好仕上がりをアピール。3歳馬ファンタジストは2週続けて坂路で好時計をマークし、ともに調教評価で最高の『S』となった。 再進撃に向けて、モズスーパーフレアが万全の態勢を整えた。スピード感満点に坂路を駆け上がる様子に、見届けた音無調教師がうなずいた。 「使う週に単走で馬なりは、いつも通り。先週も動けているし、問題なく調整できている」 松若騎手を背にピッチの利いた走り。最後まで鞍上の手綱は動くことなく4ハロン51秒9-12秒4。全くブレのない走りで、真一文字に登坂した。1週前には同50秒8-11秒9を叩き出しており、リフレッシュ効果は十分。5カ月ぶりでも仕上がりに不安はない。 前走の高松宮記念は直線で失速して15着。一気の相手強化もあったが、それ以上に中2週のローテが影響した。「常に一戦一戦全力で走るし、中2週など(間隔を)詰めると駄目」と指揮官は敗因を分析。自ら高速ラップを刻み、1分7秒1の好時計で押し切った2走前のオーシャンSのパフォーマンスからも、秘めるスピードは高い。 「小倉は合っているし、ハンデの55キロも手頃。ハイペースに持ち込んで後ろに脚を使わせて、それで失速したら仕方ない」。自分のスタイルでかっ飛ばし、再びGIの舞台へ突き進む。 (斉藤弘樹)★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月15日(木) 05:05

 555

【北九州記念】ファンタジスト、坂路51秒7
 重賞2勝馬ファンタジストが、坂路4ハロン51秒7-11秒8とシャープな伸びで調教評価は最高の『S』。先週も同4ハロン51秒0-12秒2をマークしており、3カ月半ぶりでも好仕上がりだ。 「しまい重点のつもりが、他の馬につつかれて予定より速い時計になったけど、動きも息遣いもよかったね」と梅田調教師も納得。昨夏にデビューから無傷の3連勝を飾り、うち重賞2勝(小倉2歳S、京王杯2歳S)。今回は重賞Vと同じ小倉芝1200メートルが舞台だけに「春は長めの距離も使ったが、やはり馬体、血統、気性は短距離向き。先につながる競馬を見せてほしい」と色気たっぷりに付け加えた。★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月15日(木) 05:04

 506

【北九州記念】追って一言
 ◆アレスバローズ・角田師 「手応えよく、いい回転力。やはり良馬場でやりたいね」 ◆アンヴァル・助田助手 「サッと軽く時計を出して予定通り。馬も成長している」 ◆イエローマリンバ・河内師 「輸送があるので今週は軽めにしたが、体も減っていないし、いい状態」 ◆エントリーチケット・宮師 「前に馬を置いていい動き。小倉は一番得意だし、馬場が渋ってもいいから」 ◆カラクレナイ・松下師 「馬なりでやって、いい状態をキープ。スタートが安定してきたし、1200メートルもいい」 ◆キングハート・星野師 「スタートさえ決まれば通用していい。仕上がりの良さを生かしたい」 ◆クインズサリナ・西村師 「輸送もあるし(4ハロン)55秒くらいのイメージだったが、動くね」 ◆シャドウノエル・小滝助手 「コントロールも利いて予定通りの動き。52キロなら楽しみ」 ◆ダイメイプリンセス・森田師 「前走の疲れがあるのか、少し体が硬い。去年の良かった頃と比べると、まだ上がってこない感じ」 ◆ディアンドル・奥村豊師 「先週に動けていたので今週は馬なりで。小倉でも勝っており、長距離輸送も問題ない」 ◆ディープダイバー・大久保師 「しまいもグンと来ていたし、動きは良かった」 ◆ナインテイルズ・長谷川師 「状態はいい。競馬に行って、いい面を引き出せれば」 ◆ミラアイトーン・池江師 「暑さもこたえず、我の強さも取れてきた。小倉のスパイラルカーブも合っている」 ◆ラインスピリット・松永昌師 「この馬なりに状態は悪くないけど、年齢的なものもあるかもしれない」 ◆ラブカンプー・森田師 「併せてそれほど無理をしない感じで。まだ肩とトモ(後肢)の筋肉に物足りなさがある」★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月15日(木) 05:03

 718

TV西日本北九州記念の直前追い切り情報をもっと見る >

TV西日本北九州記念と同条件を得意とするプロ予想家

小倉・芝・短距離の過去5シーズンを集計


TV西日本北九州記念の無料予想&プロ予想

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

8月18日 12:36更新
予想家名
予想家レベル・クラス
買い目 予想
点数 金額
Lv122 
9点 9,900円
Lv119 
1点 10,000円
Lv118 

8点 3,500円
Lv117 

2点 200円
Lv117 
3点 10,000円

無料予想&プロ予想をもっと見る >

TV西日本北九州記念過去10年の結果

2018年8月19日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2017年8月20日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ダイアナヘイロー 武豊 1:07.5 5.7倍 103.7
2着 ナリタスターワン 幸英明 3/4 46.2倍 102.6
3着 ラインスピリット 森一馬 1/2 55.7倍 101.6
2016年8月21日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

TV西日本北九州記念のデータ分析とレース傾向

コース図小倉芝1200m

目立つのがハンデを背負った馬の不振で、斤量56.5キロ以上の牡馬は2008年以降連対ゼロの低空飛行。とにかく、ハンデの恩恵が如実に表れやすいレースである。前走から斤量増・同斤量が6勝を含む9連対の一方、斤量減は5勝を含む13連対というように、わずかながら後者が優勢を誇っている。なかでも、4勝を含む7連対の好成績を残している52~53キロの牝馬は特注の存在だ。舞台となる小倉芝1200mは、最初のコーナーまで約480mと十分な距離があるにもかかわらず、ポジション争いは序盤から激化しやすい。ゆえに、前半のラップ次第では待機組にとっても不足のない展開になる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

TV西日本北九州記念の歴史と概要


2017年の優勝馬ダイアナヘイロー

2006年に距離が一気に600m短縮され、レースの質が大きく変わったスプリント重賞。スプリンターズステークスの前哨戦に位置付けられているが、ハンデ戦ということもあり本番との直結度は低く、両レースに勝ったのは第43回(2008年)のスリープレスナイトしかいない。その一方、第49回(2014年)の覇者リトルゲルダ、第50回(2015年)を制したベルカントと、2年連続してサマースプリントチャンピオンを送り出した。芝1800m時代の勝ち馬には、G1馬のエイシンプレストン(第36回、2001年)や“ミスター小倉”メイショウカイドウ(第40回、2005年)などの強豪の名前も見られる。

歴史と概要をもっと見る >

TV西日本北九州記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月18日(
札幌記念  G2
TV西日本北九州記念  G3

競馬番組表

2019年8月17日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2019年8月18日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ファンタジスト 牡3
11,012万円
» もっと見る