ママコチャ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ママコチャ
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2019年4月5日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 6戦[2-1-2-1]
総賞金2,952万円
収得賞金900万円
英字表記Mama Cocha
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
ブチコ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シラユキヒメ
兄弟 ソダシ
市場価格
前走 2022/06/19 3歳以上1勝クラス
次走予定

ママコチャの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/06/19 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1400 138121.311** 牝3 52.0 松山弘平池江泰寿 470
(+4)
1.20.3 -0.134.0エイシンピクセル
22/02/05 中京 10 エルフィンS (L) 芝1600 10224.532** 牝3 54.0 岩田望来池江泰寿 466
(-2)
1.34.2 0.234.8④④アルーリングウェイ
21/11/06 阪神 11 ファンタジー G3 芝1400 10894.433** 牝2 54.0 藤岡佑介池江泰寿 468
(0)
1.21.5 0.434.8④④ウォーターナビレラ
21/10/24 阪神 3 2歳未勝利 芝1400 165104.111** 牝2 54.0 松山弘平池江泰寿 468
(-10)
1.20.9 -0.434.9ジャングロ
21/09/18 中京 3 2歳未勝利 芝1600 14344.123** 牝2 54.0 岩田望来池江泰寿 478
(+10)
1.36.9 0.135.9⑦⑦⑦ピンクマクフィー
21/06/26 阪神 5 2歳新馬 芝1400 178174.028** 牝2 54.0 福永祐一池江泰寿 468
(--)
1.24.8 0.634.5⑬⑪タガノフィナーレ

ママコチャの関連ニュース

ソダシの全妹で6月19日阪神の1勝クラス(芝1400メートル)を勝ったママコチャ(栗・池江、牝3)は、豊栄特別(7月30日、新潟、2勝クラス、芝1600メートル)を予定。

宝塚記念11着ポタジェ(栗・友道、牡5)、16着アフリカンゴールド(栗・西園正、騸7)は、天皇賞・秋(10月30日、東京、GⅠ、芝2000メートル)を目標にする。

★パラダイスSを勝ったリフレイム(美・黒岩、牝4)は関屋記念(8月14日、新潟、GⅢ、芝1600メートル)、5着ルークズネスト(美・久保田、牡4)は朱鷺S(8月28日、新潟、L、芝1400メートル)などが選択肢に。

★青函S勝ちヴァトレニ(栗・長谷川、騸4)、3着マイネルジェロディ(栗・西園正、牡4)はキーンランドC(8月28日、札幌、GⅢ、芝1200メートル)へ。4着リンゴアメ(美・菊川、牝4)はUHB賞(8月14日、札幌、OP、芝1200メートル)が有力。5着ダイメイフジ(栗・森田、牡8)は、スプリンターズS(10月2日、中山、GI、芝1200メートル)を視野に入れる。

★大沼S1着アイオライト(美・武藤、牡5)は、エルムS(8月7日、札幌、GⅢ、ダ1700メートル)を目指す。

★江の島Sを勝ったトゥーフェイス(美・新開、牡4)は新潟記念(9月4日、新潟、GⅢ、芝2000メートル)が目標。

ヴィクトリアマイル16着クリノプレミアム(美・伊藤伸、牝5)は京成杯AH(9月11日、中山、GⅢ、芝1600メートル)を視野に。

ジャパンダートダービーに登録しているインディゴブラック(栗・奥村豊、牡3)は除外が濃厚なためレパードS(8月7日、新潟、GⅢ、ダ1800メートル)を目標にする。

マーチS16着バレッティ(美・久保田、騸8)はジュライS(7月24日、福島、L、ダ1700メートル)を視野に。同レースの内容次第で障害への転向も検討。

ソダシの全妹ママコチャが2勝目! 単勝オッズ1・3倍の断然人気に応える 2022年6月19日() 15:01

19日阪神8RでGⅠ3勝馬ソダシの全妹ママコチャ(栗・池江、牝3)が単勝オッズ1・3倍と断然の人気に応え、2勝目をマーク。好位追走から上がり3ハロン最速の34秒0を計時し、2着エイシンピクセルをクビ差抑えた。

松山騎手は「枠が良かったですね。3番手から自分のリズムで競馬ができました。追ってからもしっかりしていましたね。強い内容だったと思います」と話した。白毛の姉とは違い、鹿毛のママコチャ。ただ、姉にも負けぬ可能性を秘めていそうだ。

[もっと見る]

【エルフィンS】アルーリングウェイが抜け出しOP勝ち 2022年2月5日() 15:19

 2月5日の中京10R・エルフィンステークス(リステッド、3歳オープン、牝馬、芝1600メートル)は、藤岡佑介騎手の4番人気アルーリングウェイ(栗東・藤岡健一厩舎)が2番手を追走から直線早めに抜け出して押し切り勝ちした。タイムは1分34秒0(良)。

 1馬身1/4差の2着には好位追走から直線で内から猛追したママコチャ(3番人気)、さらに3/4馬身遅れた3着に最後方追走から直線で大外をとおって末脚を伸ばしたルージュラテール(1番人気)が入った。なお、2番人気のシゲルイワイザケは8着に敗れている。

 ◆藤岡佑介騎手(1着 アルーリングウェイ)「前走は負けましたが、いい内容でしたからね。今回も追い切りでいい動きでしたし、期待していました。レースセンスがよく、スタートも速いですね。いいところで折り合いもつきます。距離がもったのは収穫でした。楽しみが広がりました」

 アルーリングウェイは、父ジャスタウェイ、母アルーリングライフ、母の父フレンチデピュティという血統。戦績は3戦2勝。

★5日中京10R「エルフィンS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エルフィンS】追って一言 2022年2月3日(木) 04:47

 ◆アルーリングウェイ・仲田助手「やれば動く馬ですし、追い切りもいつもの動きでした。センスがあるのでマイルにも対応できると思います」

 ◆エリカフェリーチェ・吉岡師「順調だし、しっかりと調整できています。スピードがある馬でセンスもいいですよ」

 ◆シゲルイワイザケ・渡辺師「具合も仕上がりもいいですよ。今回でいい競馬ができれば、先が楽しみになりますね」

 ◆シンシアウィッシュ・吉村師「短期放牧を挟んで順調にきています。攻め馬でも動けているので改めて」

 ◆トルナヴァ・斉藤崇師「体はできているのでサラッと。走りや口向きに若さが残っていますが、少しずつ馬が良くなっています」

 ◆ママコチャ・池江師「もともと調教で動く馬ですが、さらに動いている、という感じじゃないですか。ゲートを普通に出てほしいですね」

 ◆ルピナスリード・吉岡師「短期放牧を挟みましたが、カイ食いが良くなっていい状態。調教の動きも問題ありません」

 ◆ルージュラテール・柿崎助手「順調にきていますよ。前走はしっかり伸びて差し切り、強い内容だったと思います」

★エルフィンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エルフィンS】ソダシの全妹ママコチャが1週前追い 2022年1月26日(水) 18:34

 ファンタジーS3着のママコチャ(栗東・池江泰寿厩舎、牝3歳)が26日、エルフィンS(2月5日、中京、L、芝1600メートル)に向けて1週前追い切りを行った。

 栗東CWコースで併せ馬を行い、ゴール前で仕掛けられると6ハロン81秒2、ラスト1ハロン11秒5をマーク。シャープな伸び脚で、マンインザミラー(4歳1勝クラス)に4馬身半先着した。

 池江調教師は「動きは抜群に良かったですね。前走は中1週だったし、ゲートもストレスで出遅れましたが、前残りの不向きな展開のなか、よく3着まで来ました。以前よりタメが利くようになっているし、マイルも良さそうです」と楽しみにする。

 全姉は阪神JF桜花賞のGIを2勝している白毛馬のソダシ。姉に続くクラシック制覇を目指して、注目の始動戦を迎える。

ママコチャの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ファンタジー】レースを終えて…関係者談話 2021年11月7日() 04:43

 ◆浜中騎手(ナムラクレア2着)「かなり前半に力んで、そのぶん最後は止まってしまいました。ポテンシャルはあるし、折り合いひとつで距離もこなせると思います」=阪神JFを視野に。

 ◆藤岡佑騎手(ママコチャ3着)「半馬身ほど遅れて枠なりのレースになりました。もう少しうまく立ち回れていれば」

 ◆藤岡康騎手(ホワイトターフ4着)「最後は荒れた内から、よく脚を使っています」

 ◆幸騎手(アネゴハダ5着)「4コーナー手前で前の馬が下がってきて、ポジションが下がりました」

 ◆池添騎手(オルコス6着)「ずっとゴチャついてスムーズな競馬ができず、もったいなかったです」

 ◆岩田望騎手(スリーパーダ7着)「折り合いはそこまで苦にすることなくつけられましたが、思った以上に伸びませんでした」

 ◆泉谷騎手(ナムラデイリリー8着)「1400メートルだと(ハミを)かむところがあって、息を入れてあげられませんでした」

 ◆松田騎手(ヴィルチュオーズ9着)「まだ非力なところがあります」

 ◆松山騎手(スマートプレジール10着)「途中から脚をとられた印象です」

★6日阪神11R「ファンタジーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ママコチャの関連コラム

閲覧 2,971ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

ママコチャの口コミ


口コミ一覧

ユキエチャン

 グラニースミス 2022年6月22日(水) 22:28

閲覧 205ビュー コメント 2 ナイス 25

先週シラユキヒメ一族 ママコチャが勝った

思い出す昨年の宝塚
1着5枠 クロノジェネシス
同枠5枠だったのは シロニイ
13頭立てシンガリ13着
前走天皇賞(春)17頭立て17人気だった
最後に賞金加算したのは
2018年3歳以上1000万下ダート戦

ソダシ人気のシラユキヒメ一族
ファン投票でGⅠ出走
一族にはユキチャンっていたよねぇ


そうして眺める夏のグランプリ
グロリアムンディ
ファン投票じゃなくて賞金順で出走出来そう
前走アンタレスS ダート戦かぁ

よーく見ると不思議な馬で
7枠で出走すると7戦すべて馬券になっている
近走は5戦連続7枠ばかり
https://umanity.jp/racedata/db/horse_top.php?code=2018105251

しかもダート専門じゃなくて
芝でも賞金加算
すみれS (L) 2着
阪神芝2,200M戦だったりする

グロリアムンディの姉は ユキエチャン
ダメですかねぇ(笑)

 -やんた- 2022年6月19日() 10:19
yantaの儲からない競馬 6/19(日) 3連単予想 3鞍
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 1

 6/19(日) 競馬予想

 阪神8R
 ◎ ⑫ママコチャ
 ◯ ⑪エイシンピクセル
 ▲ ①キタサンシュガー
 △ ⑥ハッピーオーサム
 ☆ ④スプリットザシー

 フォーメーション 3連単 12点買い
 1着 ⑫
 2着 ⑪ ① ⑥ ④
 3着 ⑪ ① ⑥ ④


 阪神9R
 ◎ ⑦ミスフィガロ
 ◯ ⑧セグレドスペリオル
 ▲ ⑤ジャッカル
 △ ①テーオーアマゾン
 ☆ ③ヴァンルーラー

 フォーメーション 3連単 12点買い
 1着 ⑦
 2着 ⑧ ⑤ ① ③
 3着 ⑧ ⑤ ① ③


 阪神12R
 ◎ ③ピュアジャッジ
 ◯ ②ミッキーヌチバナ
 ▲ ⑦ラルフ
 △ ⑤メイショウシロガネ
 ☆ ⑩オノリス

 フォーメーション 3連単 12点買い
 1着 ③
 2着 ② ⑦ ⑤ ⑩
 3着 ② ⑦ ⑤ ⑩


  儲かりますように…

[もっと見る]

 trance30 2022年6月19日() 08:36
今日の注目馬
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 2

〇今日の軸馬
・阪神8R ⑫ママコチャ ・阪神9R ⑦ミスフィガロ
・東京10R ⑦ウインシャーロット
・函館1R ①スカンジナビア
 千四の内枠で出遅れた新馬戦こそ大敗したが、放牧で立て直し距離を延ば
 したここ2戦はスッと先行し別馬の走り。しかもその2戦で③着だった
 スパークルアイズは、以後①②着と既に上のクラスでも通用しており、
 能力上位は明らか。前走後は左回りの開催をスキップしここを目標に。
 滞在も合いそうで、2キロ減の鞍上を起用しこのメンバーなら。
・東京8R ⑧パラレルヴィジョン
 初戦は上り最速で後続を2馬身半離し楽勝。今回久々だが調教では好時計
 を連発。大型馬で広い東京への舞台替わりもよく、ここもまず勝ち負け。

〇今日の複勝馬(複勝約1.3倍~)
・函館3R ⑨キュートヘスティア ・東京1R ④ニシノデイジー
・東京2R ⑧ルチア ・東京7R ①フィフティシェビー
・阪神3R ⑤チェルノボーグ
 鞍上の岩田望騎手は全国リーディング2位の大躍進。土曜は未勝利に
 終わったが、日曜は全12鞍に騎乗予定で、中でも負けられないのがこの馬。
 デビューからの3戦全てで大接戦の②着。藤原英厩舎らしく成長曲線を
 見極めながら大事に仕上げて使ってきており、一戦ごとの上積みは十分。
 前2走と同じ阪神芝1800mに照準を合わせてきたのも経験を無駄にしない
 ためで、競馬慣れしてきた今回はもう足踏みは許されない。

〇今日の気になる馬
・阪神6R ⑩モズブーナー
 先週まで6週連続で勝利し、新人騎手の連続週勝利最長記録と女性騎手の
 連続週勝利最長記録に並んだ今村聖奈騎手。先の新潟でもリーディング2位
 (勝ち星は1位とタイ)と大活躍中だが、そんな彼女の今週一番がこの馬。
 もともとデビュー前から稽古は動いており、なかなか気持ちや条件がマッチ
 しなかったものの、ブリンカー着用で距離を延ばして内容が良くなってきた。
 今回は③着だった前走と同じダート千八で、勢いのある騎手に替わりさらに
 1キロ減なら、スムーズに行けば直線で抜け出し押し切れるはず。
 今村騎手に依頼が殺到しているのも、減量の恩恵だけでなく上達した手腕を
 見込まれてのもの。土曜は未勝利に終わったが、日曜は8鞍に騎乗。
 度胸が据わった手綱さばきで記録更新に期待したい。

〇前回の結果
 軸馬    函館10①1着 阪神2⑩1着 阪神7⑧3着 東京8⑤1着 東京12⑩2着
 複勝馬   東京2⑫2着 東京3①1着 東京6⑧6着 東京9⑥2着 東京11⑤6着
 気になる馬 阪神5⑫1着
 軸馬 [107-41-23-39] 複勝馬 [74-38-28-70] 気になる馬 [16-6-5-15]

[もっと見る]

⇒もっと見る

ママコチャの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ママコチャの写真

ママコチャ

ママコチャの厩舎情報 VIP

2022年6月19日3歳以上1勝クラス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ママコチャの取材メモ VIP

2022年6月19日 3歳以上1勝クラス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。