会員登録はこちら
新潟記念 G3   日程:2018年9月2日()  新潟/芝2000m

新潟記念のニュース&コラム

ダービー2番人気5着ブラスト、新潟記念から菊花賞へ
 今年のダービーで2番人気に支持され5着だったブラストワンピース(美・大竹、牡3)は、新潟記念(9月2日、新潟、GIII、芝2000メートル)に向かう。同馬を所有するシルクホースクラブが22日にホームページで発表した。秋の最大目標は菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)で、その前哨戦として夏の新潟最終週に古馬との戦いに臨む。★ブラストワンピースの競走成績はこちら
2018年6月23日() 05:00

 480

16年新潟記念優勝アデイインザライフが引退、乗馬に
 2016年新潟記念・GIIIの優勝馬アデイインザライフ(美浦・萩原清厩舎、牡7歳、父ディープインパクト、母ラッシュライフ、母の父サクラバクシンオー)が6月14日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は静岡県御殿場市の御殿場オリエント馬事センターで乗馬となる予定。 アデイインザライフは通算成績16戦6勝。獲得賞金は1億3203万9000円。先週のエプソムC・GIII(7番人気、15着)がラストランになった。★アデイインザライフの競走成績はこちら
2018年6月14日(木) 14:18

 488

【鳴尾記念】復帰戦のタツゴウゲキは10着大敗 秋山「4コーナーまでは良かったが…」
 6月2日の阪神11Rで行われた第71回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、11頭立て、1着賞金=4100万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の4番人気ストロングタイタン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から直線でインを強襲、速いペースで逃げたマルターズアポジーの内から力強く抜け出して重賞初制覇。タイムの1分57秒2(良)はコースレコード。 昨夏に小倉記念、新潟記念を連勝してサマー2000シリーズを優勝。今回は新潟記念以来の復帰戦となったタツゴウゲキは、中団待機で逆転のチャンスをうかがったものの、直線に向いた時には脚が残っておらず10着に大敗した。 秋山真一郎騎手「4コーナーまでは良かったのですが、最後は息切れ。(ゲート内の)駐立が悪く、出遅れましたからね」★【鳴尾記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年6月2日() 20:47

 283

【古馬次走報】セダブリランテス、新潟記念で復帰予定
 ★中山金杯を制し、左橈骨(とうこつ)遠位端の軽微な剥離骨折で戦列を離れているセダブリランテス(美・手塚、牡4)は、新潟記念(9月2日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰予定。僚馬でマイラーズC12着ヤングマンパワー(牡6)は、関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。同じく僚馬でアンタレスS15着モンドインテロ(牡6)は、七夕賞(7月8日、福島、GIII、芝2000メートル)へ向かう。 ★かきつばた記念2着キングズガード(栗・寺島、牡7)は放牧を経て、藤岡佑騎手でプロキオンS(7月8日、GIII、中京、ダ1400メートル)に向かう。 ★谷川岳S2着タイセイサミット(栗・矢作、牡5)はメイS(19日、東京、OP、芝1800メートル)。僚馬で晩春Sを勝ってオープン昇格を決めたリライアブルエース(牡5)は京王杯SC(12日、東京、GII、芝1400メートル)に進む。2年前のみやこS7着以来休養していたキョウエイギア(牡5)は平安S(19日、京都、GIII、ダ1900メートル)で復帰する。 ★京都牝馬S5着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝5)は、函館スプリントS(6月17日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。僚馬でダービー卿チャレンジT13着クラリティスカイ(牡6)は、大沼S(6月23日、函館、OP、ダ1700メートル)を目指す。 ★スワンS7着後、休養しているトーセンデューク(栗・藤原英、牡7)は都大路S(12日、京都、OP、芝1800メートル)。ここには洛陽S6着キョウヘイ(栗・宮本、牡4)も参戦する。 ★かきつばた記念6着のローズプリンスダム(美・畠山、牡4)はアハルテケS(6月9日、東京、OP、ダ1600メートル)を視野に。
2018年5月4日(金) 05:00

 434

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

新潟記念過去10年の結果

2017年9月3日() 新潟競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年9月4日() 新潟競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2015年9月6日() 新潟競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
1着 パッションダンス M.デムーロ 1:58.2 9.1倍 100.6
2着 マイネルミラノ 柴田大知 アタマ 16.2倍 100.6
3着 ファントムライト 戸崎圭太 2 1/2 47.9倍 98.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

新潟記念のデータ分析とレース傾向

コース図新潟芝2000m

ハンデに着目すると、2008年以降のトップハンデ馬は1勝を含む2連対と不振。57キロ以上を背負わされた馬も1勝を含む3連対と芳しくない。対照的に、55~56.5キロの牡馬は、7勝を含む13連対の好成績。なかでも、前走比で斤量増あるいは増減ゼロの好走例が多く、軸馬はここから選ぶようにしたい。また、重賞実績も重要なファクターのひとつ。2008年以降の優勝馬は、例外なく芝1800~2200mの重賞で3着以内の経験があった。これは覚えておきたい傾向だ。レースが行われる新潟芝外回り2000mは、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が約950mと長くペースが落ち着くうえに、最後は約660mの直線が待ち受けているため、激しい追い比べになりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

新潟記念の歴史と概要


2014年の優勝馬マーティンボロ

新潟競馬場最古の重賞にして、サマー2000シリーズの最終戦。第34回(1998年)のオフサイドトラップのように、同距離の天皇賞(秋)でも好走するような馬が勝つこともあるが、ハンデ戦でもあり、一線級からワンランク落ちる中距離馬たちが激戦を繰り広げる年のほうが多い。第46~47回(2010~2011年)はナリタクリスタルが連覇。ここを勝ってサマー2000シリーズのチャンピオンになるケースも目立ち、第43回(2007年)のユメノシルシ、第45回(2009年)のホッコーパドゥシャ、第46回(2010年)のナリタクリスタル、第48回(2012年)のトランスワープ、第50回(2014年)のマーティンボロ、第53回(2017年)のタツゴウゲキが夏の中距離王の座を射止めている。

歴史と概要をもっと見る >

新潟記念昨年のBIGヒット予想家

去年の新潟記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2017年09月03日(日) 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 93 

27,670円
5,540円
332,100円
Lv 91 
27,670円 332,040円
Lv 106 
27,670円 276,700円
Lv 92 
27,670円 276,700円
Lv 81 
132,650円 265,300円
Lv 80 
132,650円 265,300円
Lv 91 

27,670円
5,540円
195,080円
Lv 107 

132,650円
27,670円
184,320円
Lv 80 

132,650円
27,670円
166,320円
Lv 87 

132,650円
27,670円
165,480円
Lv 106 
5,810円 145,250円
Lv 83 

132,650円
1,200円
144,650円
Lv 87 

132,650円
5,810円
144,270円
Lv 110 
27,670円 138,350円
Lv 89 
27,670円 138,350円
Lv 120 
132,650円 132,650円
Lv 82 
132,650円 132,650円
Lv 95 
1,200円 120,000円
Lv 92 
1,200円 120,000円
Lv 107 
27,670円 110,680円

新潟記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る