会員登録はこちら
新潟記念 G3   日程:2019年9月1日() 15:45 新潟/芝2000m

レース結果

新潟記念 G3

2019年9月1日() 新潟/芝2000m/18頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分56秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 7

ユーキャンスマイル

牡4 57.0 岩田康誠  友道康夫 496(+4) 1.57.5 6.3 2
2 3 5

ジナンボー

牡4 54.0 M.デムー  堀宣行 472(0) 1.57.5 クビ 11.1 6
3 3 6

カデナ

牡5 57.0 武藤雅  中竹和也 478(+4) 1.57.8 14.2 8
ラップタイム 12.7 - 10.9 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 12.5 - 12.0 - 11.3 - 11.1 - 12.0
前半 12.7 - 23.6 - 34.9 - 46.6 - 58.6
後半 58.9 - 46.4 - 34.4 - 23.1 - 12.0

■払戻金

単勝 7 630円 2番人気
複勝 7 250円 2番人気
5 400円 7番人気
6 400円 8番人気
枠連 3-4 2,090円 10番人気
馬連 5-7 4,580円 16番人気
ワイド 5-7 1,690円 17番人気
6-7 1,710円 19番人気
5-6 2,790円 40番人気
馬単 7-5 8,450円 29番人気
3連複 5-6-7 21,230円 82番人気
3連単 7-5-6 105,090円 372番人気

新潟記念のニュース&コラム

【新潟記念】ユーキャン重賞V2!亡き父キンカメに笑顔届けた
 新潟記念が1日、新潟競馬場で18頭によって争われ、岩田騎乗で2番人気のユーキャンスマイルが中団から脚を伸ばして重賞2勝目を挙げた。6番人気のジナンボーが2着、1番人気のレイエンダは10着。なおサマー2000シリーズは優勝の得点を獲得した馬がおらず、2006年の創設以来、初めて優勝馬なしとなった。 越後のラストサマーを彩ったのは、同じ勝負服2頭の叩き合い。金子真人HDが馬主のユーキャンスマイルが、後方から直線で内めを通って伸び、ジナンボーを下して重賞2勝目を飾った。 「久々の2000メートルでも、力を付けていて追走も楽だった。4コーナーはインを突いたけど、みんなが外へ行ったから楽に抜け出せました」 岩田康騎手は頼もしそうな表情だ。今回は天皇賞・春5着以来の実戦。2000メートル以下のレースは昨年3月の毎日杯6着以来だったが、しっかりと対応した。また有力各馬が馬場が悪い内めを嫌い直線では外に持ち出したが、コースロスのない内を通り、徐々に馬場の真ん中へと誘導した鞍上の騎乗ぶりも光った。 左回りは、これで3戦全勝。友道調教師の「距離は少し短いけれど、左回りで直線の長いコースなら」というレース選択もズバリと的中した。 「筋肉にメリハリがある大人の体になった。秋のGIは幸いなことに左回りなので」 トレーナーは天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)→ジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)の路線を示唆。友道厩舎は天皇賞・秋にワグネリアン、マカヒキの両ダービー馬、ジャパンCにエタリオウが参戦を予定し「GIですからね。重なってもしかたない」と、うれしい悲鳴だ。 岩田騎手が「大きいところを狙える」と評価するユーキャンスマイル。父がキングカメハメハで、馬主はキングカメハメハ、ディープインパクトと同じ。この夏、この世を去った2頭の志を継ぐ実力馬が、秋のGI奪取に挑む。 (柴田章利)★1日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら
2019年9月2日(月) 05:08

 1,084

【新潟記念】レイエンダ、力出し切れず10着
 1番人気レイエンダは中団につけたが、直線で持ち味の鋭い末脚が見られず、10着と大敗した。「もまれたり、ゴチャつくとよくないタイプで、スムーズな競馬じゃなかった。何度もブレーキをかけて、力を出し切れなかった」と、ルメール騎手は予想外の敗戦に肩を落としていた。★1日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら
2019年9月2日(月) 05:07

 897

【新潟記念】ジナンボー2着…クビ差及ばず
 6番人気のジナンボーは2着。4番手を進み、馬場の真ん中から力強く脚を伸ばして同じ勝負服のユーキャンスマイルに迫ったが、クビ差及ばなかった。それでも、重賞初挑戦で好走するのは7冠馬ディープインパクト×5冠牝馬アパパネの超良血が成せる業。「いい競馬をしてくれたけど悔しいね。重賞を勝てるイメージがあったし、これからまだまだよくなるよ」と、M・デムーロ騎手は今後に期待した。★1日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら
2019年9月2日(月) 05:07

 679

【新潟記念】カデナ3着…夏2000王者逃す
 小倉記念2着で、勝てばサマー2000シリーズ優勝だったカデナは3着に敗退。それでも、後方から上がり3ハロン最速タイの33秒6の脚を発揮した。「ペースが流れてくれてすごくいい展開でした。外に出してからもいい伸び。最後は止まったけど、ここにきて充実しています」と武藤騎手は納得の表情を見せた。★1日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら
2019年9月2日(月) 05:07

 669

新潟記念のニュースをもっと見る >

【新潟記念】キーマンズトーク・フランツ&スピネル音無師
 夏の新潟を締めくくる「第55回新潟記念」に、音無秀孝調教師(65)が急上昇中のフランツ、2走前の鳴尾記念で2着のブラックスピネルを送り込む。今年の重賞6勝目へ、力が入る。 --4歳のフランツは前走で最速の末脚を繰り出しての差し切り。素質開花を思わせた 音無秀孝調教師「後方に下げる形になってしまい、流れもスローだったのに差し切ってくれた。勝ちっぷりは良かったね」 --最終追いは坂路で一杯に追われて、併走相手にやや劣勢だった 「これまでの調教を振り返っても、坂路では動かない。今回は馬場を考えたら、まだ動いているほうだと思う。調整に関しては順調にきている」 --デビュー当初から素質を高く評価され、ようやく軌道に乗った 「本当に成長しているかどうかは、今回で分かるんじゃないかな。大事な一戦だと思っている」 --ブラックスピネルは坂路で松若騎手が乗り、元気いっぱいに先着 「今回も動きは良かったね。きっちりと仕上がった」 --七夕賞は14着惨敗だったが、2走前の鳴尾記念は2着で、3走前の新潟大賞典は0秒4差5着。同じ左回りの東京では東京新聞杯を勝った 「同じ左回りの広いコースでも、直線に坂のある東京はいいと思うが、直線が平坦の新潟ではいい感じで先行できても、ラストの脚比べでやられてしまうからね。そのへんがどう出るかだ」(夕刊フジ)★新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月29日(木) 12:05

 1,938

【新潟記念】厩舎の話
 アクート・宗像調教師「いい動きだった。外回りの2000メートルは合う。良馬場でやらせたい」 カヴァル・大塚助手「前回時よりもしっかりやれているし、ハンデ54キロならチャンスはある」 カデナ・中竹調教師「動きは良かった。脚質的には小回りより、新潟のほうが合っている」 クラウンディバイダ・天間調教師「当日のテンション次第だが、自分で競馬を作りたい」 クリンチャー・宮本調教師「思いどおりの調教。間隔は空いたが、調子は変わっていない」 ケントオー・西橋調教師「状態は悪くないが、調教のラストでバタバタになったのが気になる」 ゴールドサーベラス・清水英調教師「状態も良くいい動き。シリーズ王者は取れれば取りたい」 サトノキングダム・国枝調教師「動きも十分。だいぶ完成されてきた。2000メートルも大丈夫」 サトノワルキューレ・辻野助手「2000メートルのほうが合うし、大人の体つきになってきた」 ジナンボー・森助手「久々の分いくらか重いが、力を出せる態勢。馬場は渋っても問題ない」 ショウナンバッハ・上原調教師「一番合っているコースだし、うまく展開がはまってくれれば」 センテリュオ・高野調教師「コンディションはいいが、良馬場が理想。メンバーも強い」 ダイワキャグニー・菊沢調教師「余裕のある動きでいい感じ。ハナに行くことはないと思う」 ダッシングブレイズ・斉藤崇調教師「もう一段ギアが上がってもいい。少しずつ良化している」 ユーキャンスマイル・友道調教師「体はできている。左回りは問題ないが、距離は少しほしい」 レイエンダ・津曲助手「前走は着差以上の内容。体調はいいし、期待馬が軌道に乗ってきた」(夕刊フジ)★新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月29日(木) 11:29

 1,979

【新潟記念】素質馬覚醒!レイエンダ、重賞連勝だ
 サマー2000シリーズ最終戦となる新潟記念の追い切りが28日、東西トレセンで行われた。美浦では、エプソムCで重賞初制覇を果たしたレイエンダが軽快な動きを見せて調教評価『S』。秋のGIに向けて、ここで弾みをつけたいところだ。栗東では上がり馬フランツが併せ馬で遅れたものの、力強い動きが目を引いた。 いよいよ素質馬が本格化気配だ。エプソムCで重賞初Vを飾ったレイエンダが、美浦の坂路でキレキレの動きを見せた。 「並びかける脚がすごかった。前走ぐらいから気持ちに余裕が出てきたし、いまは走りたくて走っていますね」 騎乗した杉原騎手(レースはルメール騎手)が満面の笑みで伝えるように、軽快な走りが目を引いた。1本目の4ハロン62秒6-14秒9のあと、2本目は先行するフラットレー(障害未勝利)を1馬身ほど追走。鞍上のゴーサインで加速するが、無理せず馬なり。それでいて、あっさり1馬身突き抜けた。雨で力の要る馬場で、ラストの時計がかかった馬が多いこの日の坂路で、4ハロン53秒8-12秒1の切れ味。調教評価は最高の『S』だ。 日本ダービー馬レイデオロの全弟で、新馬戦を勝った後にルメール騎手が「またダービー行けますよ!」と興奮気味に話したほどの素質馬。その後の骨折でクラシックは断念したが、3歳秋にセントライト記念で2着。さあこれから、と思われた昨年暮れのチャレンジCで、隣の馬に寄られる不利を受けてから歯車が狂った。東京新聞杯8着、メイS6着と続けて着外。しかしエプソムCで2番手から上がり3ハロン32秒7の末脚を発揮し、重賞初Vを飾った。 「チャレンジCからリズムが崩れて結果が伴わなかったけど、前走は雨の影響が残る馬場で、着差以上の内容。期待していた馬が、軌道に乗ってきました」と、厩舎の番頭格・津曲助手は本格化の手応え。その証拠に、この日は藤沢和厩舎では珍しい坂路2本追い。「体調がいいし、カイ食いもいいですから。2本乗れるほど元気ということ」と目を細めた。 レイデオロは産経賞オールカマーで復帰し、GI戦線へ。偉大な兄を脅かす存在に、弟レイエンダが着実に近づいている。 (柴田章利)★新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月29日(木) 05:12

 1,785

【新潟記念】ゴールドサーベラス、C3ハロン41秒0
 七夕賞4着のゴールドサーベラスは、北Cコースでサノチナ(新馬)、エリンアクトレス(1勝クラス)を5馬身追走して直線で外から一気に伸びて3ハロン41秒0-11秒8。両馬に2秒近く大差先着した。「前に馬を置いて、状態もよく、いい動きだった」と清水英調教師は納得の表情。藤田菜七子騎手の継続騎乗で、サマー2000シリーズ王者には「特に意識はしていないが、力はつけてきたからね。取れれば取りたいね」と意欲的。夏の新潟ラストで、新たな歴史を刻む。★新潟記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月29日(木) 05:11

 1,126

新潟記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


新潟記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月1日 17:11更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
400円 40,000円
Lv114 
4,580円 9,160円
Lv109 
105,090円 105,090円
Lv108 
400円 400円
Lv107 

630円
250円
59,200円

的中情報をもっと見る >

新潟記念過去10年の結果

2018年9月2日() 新潟競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年9月3日() 新潟競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年9月4日() 新潟競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

新潟記念のデータ分析とレース傾向

コース図新潟芝2000m

ハンデに着目すると、2008年以降のトップハンデ馬は1勝を含む2連対と不振。57キロ以上を背負わされた馬も1勝を含む4連対と芳しくない。対照的に、55~56.5キロの牡馬は、7勝を含む13連対の好成績。なかでも、前走比で斤量増あるいは増減ゼロの好走例が多く、軸馬はここから選ぶようにしたい。また、重賞実績も重要なファクターのひとつ。2008年以降の優勝馬は、例外なく芝1800~2200mの重賞で3着以内の経験があった。これは覚えておきたい傾向だ。レースが行われる新潟芝外回り2000mは、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が約950mと長くペースが落ち着くうえに、最後は約660mの直線が待ち受けているため、激しい追い比べになりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

新潟記念の歴史と概要


2014年の優勝馬マーティンボロ

新潟競馬場最古の重賞にして、サマー2000シリーズの最終戦。第34回(1998年)のオフサイドトラップのように、同距離の天皇賞(秋)でも好走するような馬が勝つこともあるが、ハンデ戦でもあり、一線級からワンランク落ちる中距離馬たちが激戦を繰り広げる年のほうが多い。第46~47回(2010~2011年)はナリタクリスタルが連覇。ここを勝ってサマー2000シリーズのチャンピオンになるケースも目立ち、第43回(2007年)のユメノシルシ、第45回(2009年)のホッコーパドゥシャ、第46回(2010年)のナリタクリスタル、第48回(2012年)のトランスワープ、第50回(2014年)のマーティンボロ、第53回(2017年)のタツゴウゲキが夏の中距離王の座を射止めている。

歴史と概要をもっと見る >

新潟記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る