会員登録はこちら
デイリー杯2歳S G2   日程:2018年11月10日() 15:45 京都/芝1600m

レース結果

デイリー杯2歳S G2

2018年11月10日() 京都/芝1600m/9頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分33秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 3

アドマイヤマーズ

牡2 55.0 M.デムー  友道康夫 472(+12) 1.35.4 1.8 1
2 7 7

メイショウショウブ

牝2 54.0 池添謙一  池添兼雄 482(+4) 1.35.5 3/4 33.1 6
3 8 9

ハッピーアワー

牡2 55.0 秋山真一  武幸四郎 440(-2) 1.35.9 2 1/2 16.4 5
ラップタイム 12.6 - 11.8 - 12.4 - 12.7 - 12.0 - 11.6 - 10.8 - 11.5
前半 12.6 - 24.4 - 36.8 - 49.5 - 61.5
後半 58.6 - 45.9 - 33.9 - 22.3 - 11.5

■払戻金

単勝 3 180円 1番人気
複勝 3 110円 1番人気
7 290円 6番人気
9 230円 4番人気
枠連 3-7 2,360円 6番人気
馬連 3-7 2,080円 6番人気
ワイド 3-7 730円 9番人気
3-9 410円 5番人気
7-9 1,870円 16番人気
馬単 3-7 2,920円 9番人気
3連複 3-7-9 3,960円 14番人気
3連単 3-7-9 15,040円 45番人気

デイリー杯2歳Sのニュース&コラム

【デイリー2S】マーズ逃走!鼻高々無傷3連勝
 第53回デイリー杯2歳ステークス(10日、京都11R、GII、2歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円 =出走9頭)ミルコ・デムーロ騎乗の1番人気アドマイヤマーズが先手を取ってそのまま押し切り、無傷の3連勝。重賞初勝利を飾った。タイム1分35秒4(良)。次走は朝日杯フューチュリティS(12月16日、阪神、GI、芝1600メートル)に挑む。3/4馬身差の2着が6番人気メイショウショウブ。2番人気ダノンジャスティスは4着に終わった。 2歳王者に向けて、破竹の快進撃だ。アドマイヤマーズが3カ月半の休み明けをものともせず、直線の叩き合いを制して3連勝。会心の勝利にM・デムーロ騎手が白い歯をこぼした。 「いい馬ですね。スタートも上手だった。ほかの馬が来ても負けない気持ちもあるし、これからが楽しみです」 好スタートを切るとじわっと前へ出て、デビュー3戦目で初めてハナに立った。折り合いをつけてマイペースの逃げに持ち込み、じっくり脚をためる。直線に向いて満を持して追い出されると、2番手から追い上げるメイショウショウブとの一騎打ち。並んでも抜かせない勝負根性で、3/4馬身差のリードを保ったままゴールに飛び込んだ。 「ハナに行くとは思わなかったけど、いいスタートを切って最後まで頑張ってくれた」と、友道調教師も破顔一笑だ。ひと夏を越え、前走(460キロ)から12キロ増の472キロでの出走だったが、「成長分だし太め感もなかった。3回使ったけど、どこの競馬場でも落ち着きがある」と、心身両面の成長にトレーナーは目を細めた。 「右回りも克服してくれた。来年を考えると2000メートルとかも、もつようになってほしいけど、まずはマイルから」 クラシックを見据えつつ、友道調教師が目指すのは阪神マイルのGI朝日杯FS。まだ底を見せていない大器が、暮れの仁川で無傷のV4を目指す。 (長田良三)★10日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちらアドマイヤマーズ 父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ、母の父メディシアン。栗毛の牡2歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は近藤利一氏。戦績3戦3勝。獲得賞金6148万3000円。重賞初勝利。デイリー杯2歳Sは友道康夫調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+火星」。
2018年11月11日() 05:07

 214

【デイリー2S】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添騎手(メイショウショウブ2着)  「(直線で)一度は頭ほど出たんですけどね。最後はかわされてしまいましたが、先が楽しみになりました」=状態次第で阪神JFへ ◆秋山騎手(ハッピーアワー3着) 「距離を心配していたけど、全く問題なかった。これだけ走れれば次が楽しみ」 ◆川田騎手(ダノンジャスティス4着) 「まだ下りを上手に走れるバランスではないので、そこで置かれてしまいました。徐々に成長してくれればと思います」 ◆モレイラ騎手(ドナウデルタ5着) 「まだ3戦目で経験が必要かな」 ◆武豊騎手(ヤマニンマヒア6着) 「折り合い重視で乗った。上がりの競馬になって厳しかったけど、収穫はあった」★10日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら
2018年11月11日() 05:06

 232

【デイリー2S】メイショウショウブが2着激走 池添「先が楽しみになった」
 11月10日の京都11Rで行われた第53回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=3800万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気アドマイヤマーズ(牡、栗東・友道康夫厩舎)がハナを奪って逃げ切り勝ち。デビューから無傷の3連勝を飾るとともに、重賞初制覇を果した。タイムは1分35秒4(良)。 初勝利がダート戦だったこともあり6番人気の低評価だったメイショウショウブは、勝ち馬の直後を追走。直線に向いて一度は並びかける見せ場を作ったものの、最後は突き放され3/4馬身差の2着となった。 池添謙一騎手「(直線で)一度は頭ほど前へ出たのですけど…。最後はかわされてしまいました。このメンバーでもやれることが分かりましたし、先が楽しみになりました」★【デイリー杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月10日() 18:58

 211

【デイリー2S】上がり最速ハッピーアワーが3着 秋山「心配していたが距離は問題なかった」
 11月10日の京都11Rで行われた第53回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=3800万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気アドマイヤマーズ(牡、栗東・友道康夫厩舎)がハナを奪って逃げ切り勝ち。デビューから無傷の3連勝を飾るとともに、重賞初制覇を果した。タイムは1分35秒4(良)。 1200mのオープン特別を制した実績があるものの、距離延長もあって5番人気だったハッピーアワーだが、道中は最後方で脚を溜めて直線に向くと、メンバー最速となる上がり3ハロン33秒6の末脚で3着を確保。今後に繋がる好内容となった。 秋山真一郎騎手「距離を心配していましたけど、全く問題はありませんでした。これだけ走れれば、次が楽しみ」★【デイリー杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月10日() 18:58

 185

デイリー杯2歳Sのニュースをもっと見る >

【調教ズームイン】迫力増したダノンジャスティス気配絶好
 気迫に満ちた走りから、成長の跡がうかがえた。ダノンジャスティスが迫力を漂わせながら登坂。3カ月ぶりというブランクを感じさせないどころか、休養前より、むしろたくましさが増している感じさえする。 力感あふれるフォームで進み、直線でパートナー(500万下のクイックファイア)を一気に置き去りに。走りづらい馬場状態のなか、4ハロン52秒8(ラスト1ハロン13秒1)で最後は1秒2も引き離してみせた。 少しフラつく面を見せていた新馬戦前の最終追い切りとは別馬のよう。真っすぐに急勾配を駆け上がってくる姿は、パワーアップを果たしている証拠だ。10月上旬からコース追いを取り入れながら、十分な乗り込みを消化をしてきた。気配は絶好。好勝負になりそうだ。 (宇恵)★デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 12:45

 948

【デイリー2S】追って一言
 ◆アズマヘリテージ・河内師 「使いつつ馬体が増えているし状態はいい」 ◆アドマイヤマーズ・友道師 「動きは問題なかった。折り合いはつくし、距離延長は問題なさそう」 ◆シャドウエンペラー・内山助手 「当週はサラッと。速い時計に対応もできるし、マイルも乗りやすい」 ◆ダノンジャスティス・猿橋助手 「まずまずの時計。いい感じに仕上がっている」 ◆ドナウデルタ・石坂正師 「いつも通り調教は動く。いいレースを期待している」 ◆ハッピーアワー・武幸師 「燃えすぎないように単走にした。いい感じになりつある」 ◆マイネルフラップ・梅田師 「しまいの反応を確かめたが、まずまずの動きだった」 ◆ヤマニンマヒア・松永幹師 「行きたがる面が出てきた。うまくなだめられたらいいが…」★デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年11月8日(木) 05:04

 765

【2歳次走報】シェーングランツ、阪神JFを予定
 ★アルテミスSを制したシェーングランツ(美・藤沢和、牝)は美浦滞在で阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)を予定。7着アフランシール(美・尾関、牝)は赤松賞(11月18日、東京、500万下、芝1600メートル)かベゴニア賞(同25日、東京、500万下、芝1600メートル)に進む。13着アズマヘリテージ(栗・河内、牝)はデイリー杯2歳S(11月10日、京都、GII、芝1600メートル)へ。 ★28日の京都新馬戦(芝1600メートル)を快勝したメトロポール(栗・吉村、牝)は白菊賞(11月25日、京都、500万下、芝1600メートル)か、こうやまき賞(12月1日、中京、500万下、芝1600メートル)へ。 ★27日の東京新馬戦(ダ1400メートル)を圧勝したペイシャムートン(美・小笠、牡)はカトレア賞(11月24日、東京、500万下、ダ1600メートル)へ。 ★27日の新潟未勝利戦(ダ1800メートル)を逃げ切ったニシノイタダキ(美・中舘、牡)は12月8日の中山500万下(ダ1800メートル)の予定だが、状態次第では放牧休養へ。同未勝利戦(ダ1200メートル)を快勝したサリーバランセ(美・鈴木伸、牝)はレース中に他馬と接触して左後肢に外傷を負った。しばらく休養へ。 ★28日の新潟新馬戦(ダ1200メートル)を逃げ切ったサーストンバーラム(美・伊藤圭、牡)は、近日中に放牧。次走未定。 ★27日の東京未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったジャストアジゴロ(美・大和田、牡)は近日中に宮城・山元トレセンに放牧に出る。次走は未定。★シェーングランツの競走成績はこちら
2018年10月31日(水) 05:00

 351

プロ予想家の的中情報


デイリー杯2歳Sの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月10日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
110円 5,500円
Lv112 
410円 12,300円
Lv109 
2,080円 20,800円
Lv107 

180円
110円
11,770円
Lv107 
110円 11,000円

的中情報をもっと見る >

デイリー杯2歳S過去10年の結果

2017年11月11日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ジャンダルム A.アッゼニ 1:36.3 7.3倍 91.4
2着 カツジ 松山弘平 1 1/4 5.4倍 89.9
3着 ケイアイノーテック 川田将雅 2 1/2 5.2倍 86.9
2016年11月12日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年11月14日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 エアスピネル 武豊 1:35.9 2.6倍 97.4
2着 シュウジ 岩田康誠 3 1/2 1.7倍 92.9
3着 ノーブルマーズ 高倉稜 1/2 38.0倍 92.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

デイリー杯2歳Sのデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1600m

阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティステークスの両2歳G1と同じ距離で行われるため、その前哨戦としてハイレベルな争いが毎年繰り広げられている。半面、資質の証左と捉えられがちな新馬勝ちの重要度はさほど高くない。むしろ、未勝利勝ち直後に臨んだ馬の成績が良く、2007年以降の勝ち馬は4頭。期待値を踏まえると、人気の上がりやすいキャリア1戦馬よりも美味しい存在であることは間違いない。距離実績については、1600mの実績にこだわる必要はなく、1400m以上の勝ち鞍があれば問題なし。そうでなければ、重賞連対経験が好走の必須条件となる。2歳戦はたいてい内回りコースで行われるが、上級条件ゆえにこのレースは外回り施行となっている。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

デイリー杯2歳Sの歴史と概要


2015年の優勝馬エアスピネル

秋の京都を舞台に争われる歴史ある2歳(旧3歳)重賞。関西馬が優勢を誇るようになった昭和末期以降はレースレベルが一気にアップし、第26回(1991年)のニシノフラワー、第27回(1992年)のビワハヤヒデ、第31回(1996年)のシーキングザパール、第38回(2003年)のメイショウボーラー、第42回(2007年)のキャプテントゥーレ、第45回(2010年)のレーヴディソールなど、のちにG1ホースとなる多くの馬が勝ち馬欄にその名を刻んできた。第34回(1999年)のレジェンドハンター、第35回(2000年)のフジノテンビーと、笠松競馬の馬が2年連続勝利したレースとしても知られている。

歴史と概要をもっと見る >

デイリー杯2歳Sの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月24日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2018年11月25日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2018年11月24日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2018年11月25日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る