カリボール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
カリボール
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年3月12日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主大和屋 暁
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-2-0-0]
総賞金2,363万円
収得賞金900万円
英字表記Calibore
血統 ジャスタウェイ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
シビル
レイズアンドコール
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
モーリストンベル
兄弟 モンドキャンノラクアミ
前走 2019/09/07 野分特別
次走予定 2019/09/22 神戸新聞杯 G2

カリボールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/07 阪神 9 野分特別 2勝クラス 芝1800 7221.712** 牡3 54.0 川田将雅須貝尚介486(+6)1.45.0 0.333.0④④ゴータイミング
19/04/20 京都 9 あずさ賞 500万下 芝1800 7774.231** 牡3 56.0 藤井勘一須貝尚介480(-4)1.47.3 -0.333.2⑦⑦ダンツキャッスル
19/04/06 阪神 6 3歳500万下 芝1600 1255----** 牡3 56.0 川田将雅須貝尚介476(-8)-- ------ゴータイミング
19/03/10 阪神 5 3歳未勝利 芝1800 12555.031** 牡3 56.0 藤井勘一須貝尚介484(-6)1.48.0 -0.135.3⑤⑤ガラチコ
19/02/17 小倉 5 3歳新馬 芝2000 185105.742** 牡3 56.0 三浦皇成須貝尚介490(--)2.03.4 0.135.6⑤⑥④④ダノンバリアント

カリボールの関連ニュース

【神戸新聞杯】特別登録馬

2019年9月16日(月) 17:30

【あずさ賞】カリボールが外から追い込みV 2019年4月20日() 14:56

 4月20日の京都9R・あずさ賞(3歳500万下、芝・外1800メートル、7頭立て)は、藤井勘一郎騎手騎乗の3番人気カリボール(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)が最後方追走から直線は大外を追い込んでV。タイムは1分47秒3(良)。カリボールは3月の阪神芝1800メートルで未勝利勝ち。その後、4月6日の阪神500万下を左前肢跛行で競走除外となったが、除外明けの今回、きっちり能力を発揮して2勝目を挙げた。

 1馬身半差の2着には好位追走から内めを伸びたダンツキャッスル(6番人気)、さらにクビ差遅れた3着に外めから差してきたドウラプニル(2番人気)。

 あずさ賞を勝ったカリボールは、父ジャスタウェイ、母レイズアンドコール、母の父サクラバクシンオーという血統。通算成績は3戦2勝。

 ◆藤井勘一郎騎手(1着 カリボール)「前走ほどスタートは出なかったけど、じっくり構えていきました。後ろからでもラスト3ハロンは33秒台の脚を使って、カリボールの新しい一面が見られましたね。どんどんステップアップしているので、どこまで成長してくれるかですね」



★20日京都9R「あずさ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳500万】阪神6R ゴータイミングが外から差し切る 2019年4月6日() 13:14

 4月6日の阪神6R・3歳500万下(芝・外1600メートル、カリボールが競走除外で11頭立て)は、武豊騎手騎乗の3番人気ゴータイミング(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)が中団追走から、直線は外めを伸びて差し切りV。タイムは1分35秒6(良)。

 半馬身差の2着には内から脚を伸ばしたオースミカテドラル(2番人気)、さらに1馬身3/4差遅れた3着にトロイメント(5番人気)。

 ゴータイミングは、父ディープインパクト、母は仏オークス馬で2010年凱旋門賞3着のサラフィナ、母の父リフューズトゥベンドという血統。通算成績は4戦2勝。

 ◆武豊騎手(1着 ゴータイミング)「ペースが遅かったけど、折り合いはついていた。立て直しがきいたようで、いい勝ちっぷりだったね」

★6日阪神6R「3歳500万下」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ニュージーランドトロフィー】特別登録馬2019年3月31日() 17:30

[もっと見る]

【毎日杯】特別登録馬2019年3月17日() 17:30

2019年3月23日(土)に阪神競馬場で行われる毎日杯(GIII)の登録馬は以下の通り。

アンタエウス 3
アントリューズ 牡3
ウーリリ 牡3
オールイズウェル 牡3
カリボール 牡3
キングオブコージ 牡3
ケイデンスコール 牡3
コパノマーティン 牡3
セントウル 牡3
ダノンテイオー 牡3
マイネルフラップ 牡3
モズベッロ 牡3
ランスオブプラーナ 牡3
ルモンド 牡3
ヴァンドギャルド 牡3

毎日杯(GIII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【3歳新馬】小倉5R ディープ産駒ダノンバリアントが差し切りV 2019年2月17日() 12:24

 2月17日の小倉5R・3歳新馬(芝2000メートル、18頭立て)は、川田将雅騎手騎乗の2番人気ダノンバリアント(牡、栗東・高野友和厩舎)が中団追走から直線鋭く抜け出してデビュー勝ちを飾った。タイムは2分03秒3(良)。

 3/4馬身差の2着には一旦先頭に立った4番人気のカリボールが粘り、さらにアタマ差遅れた3着にテメノス(6番人気)が入った。

 ダノンバリアントは、父ディープインパクト、母リップルスメイド、母の父ダンシリという血統。

 ◆川田将雅騎手(1着 ダノンバリアント)「まだ全然、動いてこれないところはありましたが、血統馬らしく、何とか勝ち切ってくれました」



★17日小倉5R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

カリボールの関連コラム

閲覧 369ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月22日(日) 阪神11R 第67回神戸新聞杯(3歳G2・牡牝・芝2400m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

サートゥルナーリア(A)[4ヵ月:ダービー4着、東京芝2400m]
ダービー4着以来の休み明け。皐月賞時の休み明けと同じような感じで、約1ヶ月前から時計を出して入念に乗り込まれているこの中間だが、すべて単走での追い切りとなっているのがこれまでの調教内容と違う点。このあたりは、ダービー当日のテンションの上がり方を意識してのものだと思われる。この馬は能力が高いので、調教でも走り過ぎるところがあり、併せ馬を行うと調教助手でも押さえるのに苦労するぐらい(押さえられない)、力んで走り切ってしまう。単走に変えてきたのは、やはりその部分を考慮してのものだろう。1週前追い切り見てもルメール騎手が騎乗して走る気満々と言った感じの動きで、この走る気持ちをいい方に向けることができれば、力は1頭抜けていると思う。

ヴェロックス(B)[4ヵ月:ダービー3着、東京芝2400m]
ダービー3着以来のレースで、これまで通り3週前から週2本は速い時計を出してきていて、乗り込み量豊富で、調子は良さそう。2週前、1週前と強めに追われて好時計も出ていて、1週前の走りを見てもやや硬さは感じたものの、しっかりと伸びていて順調に調整されている様子を窺わせた。

レッドジェニアル(B)[4ヵ月:ダービー8着、東京芝2400m]
ダービー8着以来のレースで、3週前から時計を出してしっかり乗り込まれていて2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りはCWを長めからだったが、一杯に追われての内容で直線では併走馬を一気に突き放した。動きは重い感じもなく、仕上がりも良さそう。

シフルマン(B)[3ヵ月:京橋特別1着、阪神芝2000m]
3走前の若葉Sではヴェロックスには離されたが、ワールドプレミアとはそれほど差のない内容。その後2連勝して能力のあるところは見せてきた。今回は3ヵ月ぶりの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ていて、映像はなかったがこれまでのレース前と比べても時計は速く、大型馬でも仕上がりは良さそう。

ユニコーンライオン(D)[中8週:松前特別1着、函館芝2000m]
函館で2連勝して、そこから間隔をとっての参戦。間隔の割にトレセンでの本数は少なめで、1週前追い切りの動きを見ると先着しているが走りに硬さがあり、動きは物足りなく見えた。

ヴィント(E)[4ヵ月:ダービー14着、東京芝2400m]
抽選で出走できたダービー以来の出走。この中間は乗り込み量が豊富で、1週前にはジョッキー騎乗で先着も時計は物足りず。時計的には2勝馬のままで、大きな格上挑戦といった感じ。

カリボール(C)[中1週:野分特別2着、阪神芝2000m]
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれてきていて状態は良さそうだった。この中間は、中1週で速い時計は出ていないが坂路では軽く乗られていて、最終追い切りの動きを見て反動がないかを判断したい。

ジョウショームード(E)[中2週:玄海特別5着、小倉芝2000m]
夏場も使われてきている馬で、この中間は調教の時計もかかってきていて上積みはなさそう。

レッドサイオン(C)[中8週:1勝クラス1着、函館芝1800m]
函館で2連勝してその後は函館と美浦で調整されており、乗り込み量は豊富。時計的にはそれほど目立つところはないが、1週前には同厩のセントライト記念出走組と併せ馬を行い、気合いの入った見劣らない動きを見せていて調子は良さそう。

ワールドプレミア(C)[6ヵ月半:若葉S2着、阪神芝2000m]
若葉S後は、春のクラシックには出走せず休養。春に無理をしなかったためか、この中間は3週前から併せ馬で強めに追われており、しっかり乗り込めるようになってきた。ただ、動き自体は1週前追い切りではまだ重たい印象もあって、使われて良くなる感じかもしれない。

キタサンバルカン(E)[中4週:出雲崎特別4着、新潟芝2000m]
重賞でも条件戦でもなかなか勝ち切れないところのある1勝馬。この中間の調教内容を見ても物足りない時計しか出せておらず、状態自体に問題があるようにも思う。



◇今回は神戸新聞杯編でした。
秋競馬も始まり、来年のクラシックに向けて素質馬たちが続々とデビューしてくる季節となりました。JRAの新馬戦といえばほとんど全てがお昼前後に各競馬場で行われています。“新馬戦キラー”というキャッチコピーを頂いているだけあって、新馬戦を中心に予想を行っている私としては、お昼はゴールデンタイムのようなもの。10分(2場開催時は15分)ごとに違う競馬場で順番にレースが行われていくあの時間は、メインレースが順番に行われていく時間とは違う独特の楽しみがあります。
そんな昼時を過ごしていていつも思うことがあるのですが、それはお昼の新馬戦3レースの勝ち馬を当てる馬券を発売したら面白いのではないかということです。“メイクデビュートリプル”とか“メイクデビューWIN3”なんて名前で、それぞれの競馬場の指定した新馬戦(3場開催時はそれぞれの競馬場で1Rずつ、2場開催時はそれぞれ1+2R)の勝ち馬を当てる馬券で、今行っている『2歳単勝』よりもインパクトがあるのではないかと思っていますがどうでしょうか? WIN5よりも当てやすく、かつ不確定要素が多い新馬戦ならではの大荒れも期待できて、お昼の目玉になるのではないかと思います。
このコラムで書いたところでそれほど影響力がある訳ではないとは思いますが、こういったアイディアのタネが面白そうだと思った方々それぞれの発信によって何らかの形でJRAに届き、いつかそんな馬券が発売される日が来たりしたら幸せですね。

それでは次回、スプリンターズS編(予定)でお会いしましょう。


神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年3月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】先週は1~2番人気馬の騎乗ゼロで3勝! 藤井勘一郎騎手の考察/阪神大賞典展望
閲覧 1,048ビュー コメント 0 ナイス 1

先週、豪華メンバーが揃った金鯱賞は、久々をものともせずダノンプレミアムが完勝。重要な3歳シーズンの大半を棒に振った影響が懸念されたが、強敵相手に勝利したことで、大阪杯から続く春のマイル~中距離G1戦線の主役に浮上したといえそうだ。

ダノンプレミアムの長所は何といっても、確実に好位から運べるレースセンスの高さだろう。スタートをスッと決めて折り合いも問題なく、いつでも勝負できるポジションを取れるので不利を受けるリスクも少ない。追われてからの反応もしっかりしており、馬群を捌ける強みもある。

近年の名馬でいえばキタサンブラックがそうだったが、やはり強さと同時に上手さも必要な時代。ダノンプレミアムは”上手さ”という点において、この路線では抜きん出た存在だ。順調にいけば大阪杯、さらにその後は安田記念宝塚記念など今後の路線は様々考えられるが、どこに出てきても有力だろう。同じくレベルが高かった中山記念組との対決も楽しみにしたい。


~ズブい馬をビッシリ追って動かす藤井勘一郎騎手

さて、先週のもう一つの話題といえば、デビューから2週目を迎えた藤井勘一郎騎手の活躍だ。デビュー週はやや流れに乗り切れていなかったが、先週は土曜日の新馬戦で14番人気のシュッドヴァデルを勝利に導くと、日曜日は3番人気カリボール、5番人気プリンスオブぺスカで連勝。土日で合計3勝3着2回の活躍を見せた。1~2番人気への騎乗がなかったことを考えても、上々の結果だろう。

まだ2週を終えた段階だが、騎乗ぶりを見ているととにかく”追える”印象が強い。初勝利はダートで500キロを超える馬を持って来たし、ズブいハーツクライ産駒のプリンスオブぺスカをビッシリ追って持って来たあたりを見ても、グイグイ追って動かす、いわば欧州&地方系騎手の印象だ。

半面、当たりが少しキツイ面があるので、繊細な馬や、レースセンスを生かしたいタイプには現状はイマイチフィットしていない。福永騎手で初勝利を挙げたロードカナロア産駒のブランノワールとは、レースを見ていてもあまり合っていないように見えた。

まだ決めつける段階ではないが、とりあえず大型馬やダート、あるいは芝の道悪やズブい馬に騎乗してきた際は、人気薄でも押さえておく必要がありそうだ。現状はそこまで人気になる気配もないので、馬券的な旨味も大きいだろう。


~折り合いに不安残すシャケトラ

さて、今週末も春G1に向けて重要なステップレースが行われる。

スプリングSは近年皐月賞路線の最重要トライアルといっても過言ではないが、今年に関してはやや様相が異なっている。メンバーレベルは決して高くなく、ココでどれだけクラシック級のパフォーマンスを見せられるか…というところだが、ファンタジストは距離が不安だし、そのほかの馬たちも一長一短。どの馬にもチャンスがある波乱含みの一戦となりそうだ。

一方の阪神大賞典は、前走1年以上の休み明けでAJCCを制したシャケトラが人気を集めそうだ。もっとも、この馬とてそれなりに不安がある。

確かに久々の実戦を勝ったとはいえ、今度は距離が一気に延びる。かつて天皇賞(春)を使った際は掛かってしまい競馬にならなかったように、折り合いにはかなり難しさのある馬で、実際AJCCでも道中は掛かるそぶりを見せていた。その前走から800mも距離が延びるわけで、しかも鞍上はテン乗りの戸崎騎手だ。果たしてガツンと掛かった時にどう制御するか…。幸いヴォージュロードヴァンドールといった逃げ馬がいるので、そのペース次第といったところだろうが、いずれにしても結構不安のある人気馬のように思える。

個人的に期待したいのは、岩田騎手に手が戻るアドマイヤエイカン。シンプルに言って『長距離の岩田』は怖い。アドマイヤエイカン自身もどちらかといえば弱敵相手の超スローで守る競馬をするよりは、強い相手にぶつけてタフな競馬をした方が持ち味が生きるタイプ。

かつては同じハーツクライ産駒のギュスターヴクライが、時の現役最強馬オルフェーヴルに土をつけたレース(というよりも当時は相手の失策に近かったが…)。過去5年で見ても、ハーツクライ産駒は4頭が連対しており、今年は同産駒のカフジプリンスとともに、激走に期待してみたい。

※いつも通り最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

カリボールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 122ビュー コメント 0 ナイス 4

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

スポーツの秋到来ですが、私は清々しい秋空の下”競馬”を楽しんでいます。
いよいよ来週末はG1「スプリンターズS」、最初に吹く秋風は、葦駄天たちの激戦!

<スプリンターズS(G1)とは?>
グローバルスプリントチャレンジの第8戦。本競走は、昭和42年に創設された重賞競走。当時3歳以上の馬が出走できる唯一の1200mの重賞競走であった。59年のグレード制実施当初はG3だったが、62年にG2へ、平成2年にはG1へと格上げされた。平成12年より施行時期を従来の12月から10月上旬とし、秋競馬の開幕を飾るG1競走として施行されている。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

水曜TARGET frontier JVから血統データへ変更。
木曜インパクトデータをアップデート。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【活用術予想 最終結果】
第09期(9月7日~9月29日)7日間(紫苑S~スプリンターズS:全9戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G2ローズSでは、3頭を推奨。
(ウィクトーリア、ダノンファンタジー、ビーチサンバ)
馬番コンピの予想では、(12,6,11,7)BOX狙いを参考にして、
11番ビーチサンバ軸で勝負!
ワイド(11⇒4,5,6,8,10,12)
結果は、W的中!(ワイド560円/900円)

日曜「ローズS」の軸馬ビーチサンバは、直線で弾けて優勝のはずが…2着死守!狙い通りの結果を導き、ワイド馬券をダブル的中!反省点として、馬券種の選択?当初、オッズ(ワイド馬券)で計算すると倍返し。儲けが少なすぎると思い、ネットには載せていませんが、追加で馬連・3連複を購入して的中!それでも4倍程度にしかならない。よほど、買い方が下手なのか?今後の課題。


月曜、G2セントライト記念では、4頭を推奨。
(オセアグレイト、ザダル、サトノラディウス、シークレットラン)
馬番コンピの予想では、(8⇒12,15,1,9,7)狙いを参考にして、
1番ザダル軸で勝負!
ワイド(1⇒2,6,7,8,12,18)
結果は、W的中!(ワイド2340円/810円)

月曜「セントライト記念」の軸馬ザダルは、直線で弾けて優勝のはずが…何とか3着確保。狙い通りの結果を導き、ワイド馬券をダブル的中!反省点として、馬券種の選択?仮に、3連複馬券なら万馬券(10,190円)だった。ここでも、買い方が下手なのか?今後の課題。


【先週ブログのなかで推奨した結果】
ローズS=ウィクトーリア(3着)、ダノンファンタジー(1着)、ビーチサンバ(2着)

セントライト記念=オセアグレイト(14着)、ザダル(3着)、サトノラディウス(7着)、シークレットラン(13着)


【今週の重賞データ 検証&有力馬】

【オールカマー】(芝2200㍍戦)(3歳以上オープン)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞組)
②実績(G1連対経験or重賞勝ち馬)*1年以内成績

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:グレイル、トニーファイブ
②該当外:エンジニア、クレッシェンドラヴ、ゴーフォザサミット、ショウナンバッハ


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2200㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣中山競馬場実績(連対率/複勝率)

ウインブライト  1⃣(0-0-0-1)0%/0%  2⃣(5-2-0-1)88%/88%
スティッフェリオ  1⃣(0-0-0-3)0%/0%  2⃣(0-0-0-2)0%/0% *共に、50%以下の為、消し
ミッキースワロー  1⃣(2-1-0-3)50%/50%  2⃣(2-1-0-2)60%/60%
レイデオロ  1⃣(3-2-1-3)56%/67%  2⃣(3-1-0-1)80%/80%

【オールカマーの有力馬】
ウインブライト、ミッキースワロー、レイデオロ


【神戸新聞杯】(芝2400㍍戦)(3歳オープン)
【好走データ篇】【プラスデータ】
①前走クラス(重賞・オープン組)(2勝クラス勝ち馬)
②前走着順(5着以内)
③生産者(ノーザンファームのみ)

今年出走予定馬で検証(項目順に該当外馬を消去)
①該当外:カリボール、キタサンバルカン、ジョウショームード、レッドサイオン
②該当外:ヴィント、レッドジェニアル
③該当外:シフルマン、ユニコーンライオン


【該当馬のみ検証】
1⃣(芝)2000㍍以上戦実績(連対率/複勝率)
2⃣阪神競馬場実績(連対率/複勝率)

ヴェロックス  1⃣(2-1-1-0)75%/100%  2⃣(1-1-0-0)100%/100%
サートゥルナーリア  1⃣(2-0-0-1)66%/66%  2⃣(1-0-0-0)100%/100%
ワールドプレミア  1⃣(0-1-1-0)50%/100%  2⃣(0-1-0-0)100%/100%

【神戸新聞杯の有力馬】
ヴェロックス、サートゥルナーリア、ワールドプレミア


【今週末の重賞レースの注目馬】
オールカマー=ウインブライト、ミッキースワロー、レイデオロ

神戸新聞杯=ヴェロックス、サートゥルナーリア、ワールドプレミア

 
過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
オールカマー=中山(芝)2200㍍=Ⅾ(68)内枠有利
神戸新聞杯=阪神(芝)2400㍍=B(76)外枠不利

【日刊馬番コンピ指数活用術予想 結果報告】
(ローズS)
【ワイド】で
馬番コンピ指数4~7位までの4頭BOX 6点。
(12,6,11,7)BOX
結果 4⇒11⇒8
指数1位⇒6位⇒2位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

(セントライト記念)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~6位までの5頭へ流して5点。
(8⇒12,15,1,9,7)
結果 8⇒2⇒1
指数1位⇒9位⇒4位
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数活用術予想篇】

(オールカマー)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~4位までの3頭へ流して3点。

(神戸新聞杯)
【馬連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~5位までの4頭へ流して4点。

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 tntn 2019年9月19日(木) 00:25
神戸新聞杯の乗る乗らん! 
閲覧 119ビュー コメント 41 ナイス 111

**********************************
9月22日(日)阪神競馬場/神戸新聞杯(G2芝24)

3着までに菊花賞の優先出走権!
皐月賞の1,2着馬の登場で。。。他陣営は3着狙い?

神戸新聞杯の乗る乗らん!
※鞍上予定は、ギャロップより。 ☆=過去勝利数。
--------------------

【継続騎乗】

ヴィント。。。。。。。。。竹之下智昭
ヴェロックス。。。。。。。川田将雅
シフルマン。。。。。。。。松山弘平
ユニコーンライオン。。。。岩田康誠
レッドジェニアル。。。。。酒井学
ワールドプレミア。。。。。武豊☆☆☆

【乗り替わり】

サートゥルナーリア。。。。Cルメール☆☆☆
ジョウショームード。。。。小牧太

カリボール。。。。。。。。○○○○
キタサンバルカン。。。。。○○○○
レッドサイオン。。。。。。○○○○

------------------------

@クラシック

皐1優4【サートゥルナーリア】前走レーンさんで躓き4着。このレース3勝クリストフならまず負けない!?

皐2優3【ヴェロックス】サートゥルに皐月賞で肉薄!ダービーで先着!今回も接戦必至!

@春動く

京都新1着【レッドジェニアル】ダービー8着ここなら威張れる!ヾ(ーー )

若葉S2着【ワールドプレミア】骨折明け。骨折れても底割れてない。ヾ(ーー )
「ワールド+プレミア」なら会長持ってくる!ヾ(ーー )意味?

@2勝クラス勝ち!

【シフルマン】3着馬を離す内容で古馬にクビ差勝ち!

【ユニコーンライオン】岩田さんと3戦2勝!

**************************

オールカマーの乗る乗らん!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=b299941921&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

 ブルースワン 2019年9月17日(火) 07:21
神戸新聞杯 ヴェロックス・サートゥルナーリア 以外では
閲覧 224ビュー コメント 0 ナイス 7

神戸新聞杯はヴェロックス・サートゥルナーリアはわざわざ書かなくてもいいと思うのでそれ以外の気になる馬を書きます。カリボールとシフルマンとワールドプレミアです。レッドサイオンも気にはなりますが『今回はどうかな??』と思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カリボールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

カリボールの写真

カリボール

カリボールの厩舎情報 VIP

2019年9月7日野分特別2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カリボールの取材メモ VIP

2019年9月7日 野分特別 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。