ヒシゲッコウ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ヒシゲッコウ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2016年2月9日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主阿部 雅英
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[1-0-1-0]
総賞金1,104万円
収得賞金400万円
英字表記Hishi Gekko
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ラルケット
血統 ][ 産駒 ]
ファルブラヴ
アズサユミ
兄弟 ステルヴィオボルゲーゼ
前走 2019/05/12 プリンシパルS (L)
次走予定

ヒシゲッコウの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/05/12 東京 10 プリンシパル (L) 芝2000 14117.333** 牡3 56.0 D.レーン堀宣行490(+6)1.58.6 0.333.5⑫⑫⑪ザダル
19/01/05 中山 5 3歳新馬 芝2000 16484.321** 牡3 56.0 石橋脩堀宣行484(--)2.02.4 -0.335.1⑪⑩⑨⑦ブルーエクセレンス

ヒシゲッコウの関連ニュース

 5月12日の東京10Rで行われたプリンシパルステークス(リステッド、3歳オープン、芝2000メートル、14頭立て、1着賞金=2000万円)は、石橋脩騎手騎乗の5番人気ザダル(牡、美浦・大竹正博厩舎)が中団待機から直線インから伸びたエングレーバー(7番人気)をクビ差かわして1着となり、日本ダービー(5月26日、GI、東京競馬場、芝2400メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分58秒3(良)。

 クビ+2馬身差の3着にはヒシゲッコウ(3番人気)が続き、1番人気に支持されたルヴォルグは6着に敗れた。

 ◆大竹正博調教師(1着 ザダル)「今回はレースが延びたことが、むしろ良かったですね。先週は競馬場でのテンションが高かったのですが、きょうは落ち着いていましたからね。きょうは厳しい競馬だったし、ダービーは中1週になるので、様子を見ながら決めたいと思います」

★12日東京10R「プリンシパルS」の着順&払戻金はこちら

【ヴィクトリア】レーン旋風!ノームコアでGI奪取だ 2019年5月10日(金) 05:08

 ヴィクトリアマイルで注目馬の一頭に数えられるノームコアとコンビを組むのが、ダミアン・レーン騎手(25)=オーストラリア。初来日から2週間で早くも重賞Vを含む6勝を挙げる活躍が関係者の目に留まり、騎乗依頼が数多く舞い込んでいる。オークス日本ダービーでも有力馬が待つ期待の若手が、今週も東京で大暴れしそうだ。

 令和の夜明けにレーン旋風だ。短期免許を取得しての初来日で、先月27日から騎乗中のレーン騎手。いきなり同29日の新潟大賞典を7番人気のメールドグラースで制するなど2週で6勝とブレークした若き腕達者が、未完の大器ノームコアで来日3週目でのGI奪取へ本気モードだ。

 「フィーリングが良く、非常にいい追い切りができました。気持ちが前を向いていて行きっぷりが良く、仕上がりはすごくいいと感じたし、それが競馬につながれば」

 ルメール騎手の騎乗停止を受けて巡ってきたチャンス。初コンタクトとなった8日の動き(美浦Wコース4ハロン54秒3)を手放しで褒めちぎる。舞台となる東京芝1600メートルは先週、NHKマイルC(グルーヴィット=10着)で経験。「スタートのポジションも良くて、フェアないいコース。折り合い良くいいリズムで走らせたい。GIはファンも多くて雰囲気も良かったし、優勝できるのを楽しみにしている」と、腕をぶす。

 今回の来日は自身のたっての希望だった。「日本の競馬はハイクオリティー。ずっと興味深く思っていた」と訪日の理由を語るが、特別な思い入れもある。日本からオーストラリアに輸出され、コンビを組んだトーセンスターダム。GI2勝と見事な復活劇に導いたのだが、「あの馬の能力はもっと高かった。自分としては、全てを出し切れなかったという思いが強いんだ」と振り返る。

 そうしたストイックさも関係者の信頼を勝ち取るのにひと役買ったか、ダービー=サートゥルナーリアオークスコントラチェックと、初来日にして牡牝クラシックの最有力候補の騎乗依頼も舞い込んだ。

 「(前任者の)ルメール騎手が騎乗停止になったのは残念ですが、チャンスのある馬に乗せてもらえるのはとても楽しみだし、同時に結果を残せるように頑張らないといけない」

 穏やかな笑みの中にちらりと闘争心ものぞかせた好漢が、新時代・最初の主役へと駆け上がる。 (内海裕介)

ヴィクトリアマイルの出馬表はこちら

★騎乗依頼殺到!

 レーン騎手にはGI以外でも騎乗依頼が殺到している。11日の東京11R・京王杯SCは重賞2勝馬タワーオブロンドンに騎乗。8日の追い切り(Wコース5ハロン66秒9)の手綱を取り「力強いフィーリング。速いペースなら、しまいにしっかり脚を使えそう」と好感触をつかんでいる。他も12日東京9R=カフェクラウン、同10R=ヒシゲッコウなどの有力馬がそろいV量産の構えだ。

ダミアン・レーン(Damian Lane) 1994年2月6日生まれ、25歳。オーストラリア・パース近郊出身。父マイクル、母ビッキーの調教師夫妻のもとに生まれ、10歳でサラブレッドに初めてまたがる。15歳で騎手デビューし、自国を舞台に活躍。日本馬トーセンスターダムとのコンビで2017年のトゥーラックH、エミレーツSを勝つなどGI15勝を挙げている。昨シーズン(17/18)は57勝でメルボルン地区第2位。好きな日本料理は焼き魚。

[もっと見る]

【プリンシパル】厩舎の話2019年5月10日(金) 05:05

 ◆アトミックフォース・武藤師 「テンションが上がっているが、カイバは食べている。馬体重が減らなければ」

 ◆インテンスライト・菊沢師 「延期の影響はなく元気いっぱい。成長した今なら2000メートルでもやれる」

 ◆ヴァッシュモン・栗田師 「体つきやレースぶりから2000メートルがどうかですが、血統面からはこなせそう。新味を期待したい」

 ◆エングレーバー・猿橋助手 「(1週間延期になったが)今のところ問題は見せていません。なんとか(日本ダービーに)行ければと思っています」

 ◆クリスタルバローズ奥村武師 「瞬発力勝負になると分が悪いですが、持久力を生かせる展開になってくれれば」

 ◆ザダル・大竹師 「先週より硬さはあるけど、動きはいいし許容範囲。2週続けて輸送するのがどうかですね」

 ◆ジャスパージャック・高野助手 「ピリッとしてきた。あとはこのメンバーでどこまで」

 ◆シークレットラン・田村師 「前走は置かれてしまって不完全燃焼。広い東京の方が走りやすいし、改めて期待」

 ◆スカーフェイス・橋田師 「粗削りな面はありますが、いいものは持っています。あとは、このメンバーでどこまでやれるかですね」

 ◆トーセンギムレット・萱野師 「休養前より後肢もしっかりしてきた。レースで掛かる面があるので、2000メートルへの対応が鍵になる」

 ◆ヒシゲッコウ・森助手 「先週より約10キロほど体は減っているが、乗った感じは精神的なダメージもなく順調。力を出せる条件で期待」

 ◆マイネルサーパス・高木師 「今週の調教では随分とハミをかんでいたのがどう出るか。先頭に立つと行儀が悪くなるし、距離も考慮してじっくり乗りたい」

 ◆ルヴォルグ・藤沢和師 「前走は休み明けでいくぶん余裕があった。期待の3歳馬だし、1週延びたけど頑張ってくれると思う」

 ◆レターオンザサンド・藤岡師 「思ったより時計が速くなったが、状態は変わりなくいい。相手なりに走れるタイプだと思う」

プリンシパルSの出馬表はこちら

[もっと見る]

【プリンシパル】厩舎の話2019年5月10日(金) 05:05

 ◆アトミックフォース・武藤師 「テンションが上がっているが、カイバは食べている。馬体重が減らなければ」

 ◆インテンスライト・菊沢師 「延期の影響はなく元気いっぱい。成長した今なら2000メートルでもやれる」

 ◆ヴァッシュモン・栗田師 「体つきやレースぶりから2000メートルがどうかですが、血統面からはこなせそう。新味を期待したい」

 ◆エングレーバー・猿橋助手 「(1週間延期になったが)今のところ問題は見せていません。なんとか(日本ダービーに)行ければと思っています」

 ◆クリスタルバローズ奥村武師 「瞬発力勝負になると分が悪いですが、持久力を生かせる展開になってくれれば」

 ◆ザダル・大竹師 「先週より硬さはあるけど、動きはいいし許容範囲。2週続けて輸送するのがどうかですね」

 ◆ジャスパージャック・高野助手 「ピリッとしてきた。あとはこのメンバーでどこまで」

 ◆シークレットラン・田村師 「前走は置かれてしまって不完全燃焼。広い東京の方が走りやすいし、改めて期待」

 ◆スカーフェイス・橋田師 「粗削りな面はありますが、いいものは持っています。あとは、このメンバーでどこまでやれるかですね」

 ◆トーセンギムレット・萱野師 「休養前より後肢もしっかりしてきた。レースで掛かる面があるので、2000メートルへの対応が鍵になる」

 ◆ヒシゲッコウ・森助手 「先週より約10キロほど体は減っているが、乗った感じは精神的なダメージもなく順調。力を出せる条件で期待」

 ◆マイネルサーパス・高木師 「今週の調教では随分とハミをかんでいたのがどう出るか。先頭に立つと行儀が悪くなるし、距離も考慮してじっくり乗りたい」

 ◆ルヴォルグ・藤沢和師 「前走は休み明けでいくぶん余裕があった。期待の3歳馬だし、1週延びたけど頑張ってくれると思う」

 ◆レターオンザサンド・藤岡師 「思ったより時計が速くなったが、状態は変わりなくいい。相手なりに走れるタイプだと思う」

[もっと見る]

【プリンシパル】遅れてきた大物ゲッコウ、ダービー切符ゲットだ 2019年5月3日(金) 10:58

 遅れてきた大物ともいえる素質馬が、新馬戦VからダービーTRに挑む。ヒシゲッコウは昨年のマイルCSを制したステルヴィオの半弟。「先週、しっかりと負荷をかけて追ったので、今週は坂路でサラッとだったが、いい雰囲気だった。いい脚を長く使うので東京替わりもプラスだと思う」と、森助手も期待大。鞍上が先週の新潟大賞典メールドグラース)でJRA重賞初Vのレーン騎手というのもいい。(夕刊フジ)



プリンシパルSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【若駒ピカイチ】ヒシゲッコウ 2019年1月8日(火) 05:02

 《戦評》ゲートの出は速くなかったが、道中はペースが落ちても折り合いに苦労はなく、ゆったりとした走り。勝負どころで外から追い上げを開始すると、息の長い末脚で2着馬をねじ伏せた。直後に行われた2歳500万下と同タイムで、時計面でも価値がある。

 《血統》半兄ステルヴィオ(父ロードカナロア)は昨年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬。4代母が7冠馬シンボリルドルフの全姉という血筋でもある。兄はマイル巧者に出たが、父が替わってこちらは中距離タイプの配合だ。

 《将来性》石橋騎手は「またがったときから、いい馬だと感じた」と乗り味を高く評価。484キロの馬体はまだ多少の余裕もあり、良化の余地は十分にある。瞬発力勝負や速い時計の決着が今後の課題だが、1勝クラスならばすぐにも突破できる素材だ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒシゲッコウの関連コラム

関連コラムはありません。

ヒシゲッコウの口コミ


口コミ一覧

またもや軸が…

 777 2019年5月12日() 15:09

閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 5

プリンシパルS

◎シークレットラン
◯サダル

7番人気エングレーザー、3番人気ヒシゲッコウ、9番人気インテンスライト。
全て押さえてあります。

◯から流していれば…。
馬券下手です。

 しんすけ47 2019年5月12日() 06:55
プリンシパルステークス
閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 9

一週順延の影響がどこまであるのかな?

ホントは見するのが一番なんだろうけどね。

酒飲みが目先の酒を止められないのと同じで目の前のレースは買わないとね。

そこに山がある限り・・・。

東京10R プリンシパルステークス

◎⑩アトミックフォース
〇⑧マイネルサーパス
△①ヒシゲッコウ
△③スカーフェイス
△④ザダル
△⑫ルヴォルグ

馬連⑩ー①・③・④・⑧・⑫への5点。
三連複⑧・⑩ー①・③・④・⑫への4点。

[もっと見る]

 ゼファー 2019年5月11日() 21:16
プリンシパルステークスリステッド
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 4

<馬場状態>

前日、土曜日の第64回京王杯スプリングカップGⅡでレコード
Sペースなら、上り3F:32秒台が無いと勝てない

<展開>

雹(ひょう)により延期となったが、

過去3年のレースから平均ラップを取ると以下の通り、

12.8-11.3-11.3-11.6-12.3-12.0-11.8-11.3-12.0-12.2=1.58.6

予想していたSペースからの直線だけの流れでは無く、割と締まった流れ。
逃げ馬が人気でも無いのに・・・
おそらく、ダービーへの1枚の切符を狙って、ゆっくり構えてはいられない流れになる。
ましてや、かなり速い馬場は周知の事実
ゆっくり構えてダービーへの切符は獲れない。

<馬券>

ルヴォルグ
MデムーロJと、大寒桜賞でリオンリオンの2着で人気だが、
リオンリオンの第26回 テレビ東京杯青葉賞GⅡ の勝利は稍重馬場と横典Jの技で、
大寒桜賞のレベルは低い

アトミックフォース
フリージア賞の33.2の最速上り勝利は、いかにも東京向きだが、今回は流れが締まり脚は溜まらない
田辺Jだし買えない

ザダル:〇
レターオンザサンドを差し切った前走は魅力
田辺J ⇒ 石橋Jなら上積み大きい。

シークレットラン:△
葉牡丹賞が強い1着、締まった流れなら差し込んでくるが、切れ脚は鈍い

ヒシゲッコウ:▲
新馬戦2.02.4は、同日500万下と同タイムで1着
残り1000mからのペースアップでしっかり勝ち切った
D.レーンJなら、しっかり折り合ってしっかり差してきそう

マイネルサーパス:△
きんもくせい特別だけ走れば勝ち負けだが、体調次第

レターオンザサンド:◎
つばき賞で逃げて粘って4着から注目、次走で切れ脚が無くてザダルに敗れたが、
流れの締まったひめさゆり賞で粘り切って1着
何かに差されそうだが、早目先頭で踏ん張れば、切れ脚を殺げる。

ヴァッシュモン:△
ジュニアカップリステッド だけ走れば勝ち負けだが、前走が?
田辺J ⇒ 武藤Jの方が買える

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヒシゲッコウの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヒシゲッコウの写真

ヒシゲッコウ

ヒシゲッコウの厩舎情報 VIP

2019年5月12日プリンシパルS (L)3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヒシゲッコウの取材メモ VIP

2019年5月12日 プリンシパルS (L) 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。