今週の重賞レース

2021年4月10日( サンスポ杯阪神牝馬S G2 ニュージーランドT G2
2021年4月11日( 桜花賞 G1
報知弥生ディープ記念 G2   日程:2021年3月7日() 15:45 中山/芝2000m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 4 4

タイトルホルダー

牡3 56.0 横山武史  栗田徹 466(-4) 2.02.0 17.9 4 34.5 ①①①①
2 8 10

シュネルマイスター

牡3 56.0 C.ルメー  手塚貴久 480(+6) 2.02.2 1 1/4 4.9 2 34.5 ②②②②
3 2 2

ダノンザキッド

牡3 56.0 川田将雅  安田隆行 512(-4) 2.02.3 クビ 1.3 1 34.2 ⑤⑤⑤④
4 7 8

ソーヴァリアント

牡3 56.0 大野拓弥  大竹正博 498(-2) 2.02.5 1 1/2 41.4 8 34.2 ⑦⑦⑥⑥
5 3 3

テンバガー

牡3 56.0 M.デムー  藤岡健一 512(+2) 2.02.5 クビ 25.4 6 34.6 ③④③④
6 7 7

タイムトゥヘヴン

牡3 56.0 三浦皇成  戸田博文 476(+4) 2.02.6 クビ 21.1 5 34.8 ③③③③
7 6 6

ワンデイモア

牡3 56.0 田辺裕信  国枝栄 522(0) 2.02.9 13.9 3 34.3 ⑧⑦⑧⑧
8 1 1

ゴールデンシロップ

牡3 56.0 北村宏司  木村哲也 524(-8) 2.03.6 26.4 7 35.4 ⑥⑥⑥⑦
9 5 5

ホウオウサンデー

牡3 56.0 岩田康誠  奥村武 450(-8) 2.03.8 83.9 9 34.7 ⑩⑩⑩⑩
10 8 9

タイセイドリーマー

牡3 56.0 石橋脩  矢作芳人 492(+6) 2.04.1 1 3/4 116.8 10 35.5 ⑧⑨⑧⑨
ラップタイム 12.7 - 11.6 - 12.4 - 13.0 - 12.9 - 12.6 - 12.3 - 11.6 - 11.0 - 11.9
前半 12.7 - 24.3 - 36.7 - 49.7 - 62.6
後半 59.4 - 46.8 - 34.5 - 22.9 - 11.9

■払戻金

単勝 4 1,790円 4番人気
複勝 4 180円 3番人気
10 140円 2番人気
2 110円 1番人気
枠連 4-8 4,490円 10番人気
馬連 4-10 5,060円 11番人気
ワイド 4-10 720円 10番人気
2-4 260円 3番人気
2-10 160円 1番人気
馬単 4-10 13,600円 24番人気
3連複 2-4-10 810円 1番人気
3連単 4-10-2 23,580円 66番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:309,037人(04月11日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】内~中を通る馬が優位!道中は外、直線も外の待機勢にはつらいコンディション!

土曜日の中山芝のレース結果、近年の弥生賞ディープインパクト記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は火曜日に26.5ミリの雨を記録し、金曜日も午後から小雨がパラつくあいにくの空模様。土曜日の天気は何とか持ちこたえたものの、芝コースは終日稍重(JRA発表)でレースが行われた。

ちなみに、JRA開示の前週日曜日(中山記念当日)の朝のクッション値は12.2で、含水率がゴール前8.9%、4コーナー9.9%。それに対して、今週土曜日朝のクッション値は9.7。含水率はゴール前が12.5%で、4コーナーは11.7%。前週とはまったく異なる馬場状態と化している。

だが、芝コースで施行された5競走を振り返ると、枠順は内~中が優勢。勝ち馬の4角通過順位は1、5、2、3、2番手となっている。最後の直線で内~中に進路を取る馬が有利であるのは前週と同じ。少なくとも、外差しがガンガン決まるコンディションではない。

日曜日開催中の降水確率は10%。雨の心配はしなくてもよさそうだが、その一方で土曜日よりも気温は下がり、北寄りの風(最後の直線は向かい風気味)が強めという予報が出ているため、外を回る待機勢にアドバンテージが発生することは考えづらい。

加えて、弥生賞ディープインパクト記念はフルゲートを大きく下回る10頭立て。ゆえに内めを先んじて通りそうな馬、もしくは道中の距離ロスが少ない、真ん中より内めの枠(1~4枠)を引き当てた馬を重視したほうが好結果につながりやすいのではないか。

血統面については、過去5年の弥生賞ディープインパクト記念の1~3着馬を見直すと、ディープインパクトやハーツクライ、キングカメハメハの血を引く馬が堅調。この3パターンで3着以内15頭中12頭(重複含む)を占めているのだから、当てはまる馬はプラスに評価してしかるべきだろう。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(1~4枠)の要点をともに満たしているのは、②ダノンザキッド、④タイトルホルダー。従って当欄では、この2頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
ダノンザキッド タイトルホルダー
プロ
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】絶好調の予想神「スガダイ」と競馬エイト時計班「ミッキ」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」と競馬エイトの時計班「ミッキ」の特注馬を大公開!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!


出演:スガダイ(予想神) ミッキ(競馬エイト) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】順調に好追い切りを消化したダノンザキッドが唯一のA評価-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる弥生賞ディープインパクト記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①ゴールデンシロップ【B】
美浦南W併走。余力十分の手ごたえのまま、僚馬2頭に体勢有利の形でフィニッシュした。頭を上げるタイミングで背中の位置が下がるように映る点は気になるものの、脚元の動きは力強く、良い意味の前向きさもある。それなりに上積みは見込めそうだ。

②ダノンザキッド【
栗東CW併走。しまい重点の内容ながら、鋭い伸び脚を披露した。背中が安定したブレの少ないフォームは見映えがするし、鞍上の仕掛けに対する反応も上々。前哨戦の仕上がりとすれば、優に合格点だろう。

③テンバガー【B】
栗東CW併走。折り合い重視の調整で、直線は僚馬と並走。手前の切り替えに手間取りながらも、最後は体勢有利の形でゴールした。見た目は地味だが、自身から抜きにかかる前向きさは評価できるし、余力も十分に残している。好調維持と判断したい。

④タイトルホルダー【B】
美浦南W単走。軽めの調整ながら、ブレの少ない好フォームで駆け抜けた。折り合い面に不安がある馬なので、落ち着いて走れている点は好印象。あとは、他馬がいる場合にテンションを保てるか否か。そのあたりが焦点となる。

⑤ホウオウサンデー【C】
美浦坂路併走。肩の出が窮屈で前肢のさばきが硬く、手ごたえの割にしまいの伸びを欠いている印象。前に出ようとする勝負根性は買えるが、相手強化のトライアルで上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

⑥ワンデイモア【B】
美浦南W併走。手ごたえに余力を残したまま先着を決めた。大型馬の割にこぢんまりとした走りではあるが、前膝を効果的に使って進む姿をみるに調子は良さそう。圏内突入の場面があってもおかしくはない。

⑦タイムトゥヘヴン【B】
美浦南W併走。行きたがる面を見せるも、直線まで何とか我慢。解放されると大きなストライドを駆使して、僚馬を並ぶ間もなく突き放した。攻め馬では良く見せるタイプなので過度の評価はしづらいが、順調とみてよさそうだ。

⑧ソーヴァリアント【C】
美浦南W併走。体勢有利でゴールしたものの、後肢が遅れてくるような感じで、そのぶんスピードの乗りが悪く映る。首を使って懸命に前へ進もうとする姿勢は好感が持てるが、上位進出には馬場や展開など何らかの恩恵がほしい。

⑨タイセイドリーマー【C】
栗東坂路単走。それなりの時計を刻んだ一方で、促されてからの伸びは今ひとつ。低い重心を保ち、力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。評価は上げづらい。

⑩シュネルマイスター【B】
美浦南W併走。ほぼ馬任せのまま僚馬に並びかけ、最後は馬体を併せてゴール。その後は前に出た。やや重心が高く、追ってさらに伸びるかどうかについては半信半疑だが、道中の軽快な脚さばきをみるに体調面の不安はなさそう。いい仕上がり具合ではないか。

【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、②ダノンザキッドがトップ評価となる。帰厩後は順調に本数を重ね、1週前、今週と好内容の追い切りを展開。鋭い反応と弾力性に富んだフットワークは目を引くものがある。動ける態勢とジャッジしたい。

<注目馬>
ダノンザキッド

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:309,037人(04月11日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】ダノンザキッド「雨が降っても大丈夫」 シュネルマイスター「能力は相当あると思う」

 ◆ゴールデンシロップ・木村師「前走は半信半疑な部分もあったが、あれで結果が出せたのは良かった」

 ◆シュネルマイスター・手塚師「調整過程は本当に申し分ない。能力は相当あると思う」

 ◆ソーヴァリアント・大野騎手「1週前より素軽かった。現状では条件もベスト」

 ◆タイセイドリーマー・矢作師「新馬戦を勝っている条件だし、舞台は大丈夫」

 ◆タイムトゥヘヴン・斎藤助手「気性は成長しているので(皐月賞の)権利を取りたい」

 ◆ダノンザキッド・上野助手「(雨が降っても)調教でノメるようなこともないし大丈夫」

 ◆テンバガー・藤岡師「体質も強くなってきているし、成長してくれている」

 ◆ホウオウサンデー奥村武師「動きは十分。このメンバー相手にどんな競馬をしてくれるか」

 ◆ワンデイモア・国枝師「体重も増えてきて元気がある。道悪も対応してくれそう」



弥生賞ディープインパクト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】ダノンザキッドを最上位に、タイトルホルダー以下3頭が続く構図

【前走使用距離】

2011年以降の3着以内馬はいずれも、前走で芝の1600~2000m戦を使用していた。前走が2000m超や1600m未満、ダート戦だった馬は複勝圏に達していない。

【前走着順】

前走の着順については、G1が7着、G3なら5着、OP特別は4着、条件クラス以下の場合は2着(新馬は1着)がマスト。2011年以降、これ以外のステップで臨んだ馬は複勝圏に達していない。なお、前走未勝利組は好走ゼロと苦戦を強いられている。

【前走人気】

前走の人気に関しては、重賞ならば8番人気、OP特別は3番人気、それ以外であれば2番人気が最低ライン。2011年以降の3着以内全馬がこの条件を満たしていた。前走が非重賞戦で低評価だった馬は過信禁物とみるべきだろう。

【距離実績】

2011年以降の1~2着馬には例外なく、芝1800mまたは芝2000mでの勝利歴があった。芝1800m以上で勝ち鞍がない馬の最高着順は3着止まりとなっている。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、タイトルホルダータイムトゥヘヴンダノンザキッドテンバガーの4頭。最上位はダノンザキッドとする。2011年以降、弥生賞ディープインパクト記念が年明け初戦だったG1ホースは【1.1.0.0】。ここは一連の実績を素直に信頼したい。

近10回【1.2.4.2】の前走G1 0秒5以内惜敗馬に該当する、タイトルホルダーを2番手に。以下は、タイムトゥヘヴンテンバガーの2頭横並びの評価とする。

<注目馬>
ダノンザキッド タイトルホルダー タイムトゥヘヴン テンバガー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】実績もU指数もダントツのダノンザキッドを迷わず中心視!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

毎年多頭数にならないことも影響しているだろうが、過去5年間でU指数二桁順位の馬券絡みは皆無で、上位勢がコンスタントに走る傾向にある。1位は毎年3着以内に入っており、重賞連対実績のある指数上位馬が大きく崩れることはない。やや面白みには欠けるが、高い指数が出ている実績上位馬から入って、順当決着を見越した馬券戦略が求められるレースと言えよう。

1位のダノンザキッド(94.2)は3戦3勝馬で、G1を含む重賞2勝の実績は他馬を圧倒している。指数も1頭だけ抜けており“凄馬”にランク。字面のプロフィールで軽視する要素はいっさい見当たらない。

2位のタイトルホルダー(90.4)は、直近2戦こそダノンザキッドに敵わなかったものの、G3で2着、G1で4着の実績は間違いなくメンバー中上位。この馬もしっかり買い目に加えておいたほうがいいだろう。

3位のレインフロムヘヴン(88.8)は、前走のフリージア賞を逃げて快勝。1勝馬の多い今年のメンバーなら、当然有力候補に入ってくる。そして最後に、同じコースで行われた京成杯で2着に入った5位のタイムトゥヘヴン(88.2)の名前を挙げておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:309,037人(04月11日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】5連覇中のディープインパクト産駒は不在、惜敗続くハーツクライ系の戴冠なるか

「弥生賞ディープインパクト記念」というレース名に違わず、ディープインパクト産駒が目下のところ5連覇中で、通算でも6勝を挙げる活躍を見せている。ただし、今年は同産駒の出走予定がないので、もう少し掘り下げて血統傾向を探ってみたい。

過去の勝ち馬で目に留まるのはMachiavellianの血脈で、15年サトノクラウン、12年コスモオオゾラ、10年ヴィクトワールピサ、09年ロジユニヴァースとディープインパクト産駒以外で勝利した馬の多くが該当する。ほか、直近2年は20年ワーケア、19年シュヴァルツリーゼとハーツクライ産駒が2着に好走しており、14年にもワンアンドオンリーがハナ差2着の惜敗を喫していた。

ダノンザキッドは、父ジャスタウェイ×母エピックラヴ(母の父Dansili)。父ジャスタウェイはハーツクライの直仔で、当該コースはホープフルSや皐月賞といったG1でも産駒が好走しており、本馬自身も20年ホープフルSを制している実績を持つ。また、ハーツクライ系で母系にDanzigやNijinskyが入る配合は20年2着ワーケアや14年2着ワンアンドオンリーと同じ。3戦無敗のポテンシャルは優にクラシック級と言えるものなので、ここも上位争い必至だろう。

タイムトゥヘヴンは、父ロードカナロア×母キストゥヘヴン(母の父アドマイヤベガ)。母キストゥヘヴンは06年桜花賞を制するほか中山で施行された重賞を3勝していたが、近親も急坂コースや小回りコースを得意とするタイプが多い。本馬は2走前から着用しているチークピーシズの効果がてきめんで、その2走前は同日に行われたホープフルSの2着馬と同タイムで走れていたほど。なお、父キングカメハメハ系×母の父サンデーサイレンス系は「1-1-3-6」という成績を残している。

タイセイドリーマーは、父ハーツクライ×母ドリームライター(母の父Tale of the Cat)。直近2年で連続2着に好走しているハーツクライ産駒となるが、本馬は断然人気が予想されるダノンザキッドと同様に母系にDanzigとNijinskyの血脈を併せ持つ。前走若駒Sは特殊な馬場状態のなか大崩れすることなく走れており、新馬でも差し返す根性を見せていただけに、相手になりに走れるレースセンスが武器と言えるだろう。

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年3月8日() 中山/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 サトノフラッグ 武豊 2:02.9 2.8 2 36.1 97.5
2 8 ワーケア C.ルメール 2:03.2 1 3/4 2.5 1 36.5 95.8
3 10 オーソリティ L.ヒューイットソン 2:03.3 1/2 3.9 3 36.9 95.2
4 5 ブラックホール 石川裕紀人 2:03.3 アタマ 14.2 4 36.2 95.2
5 4 オーロアドーネ 三浦皇成 2:03.5 1 1/4 26.6 6 37.2 94.0
2019年3月3日() 中山/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 メイショウテンゲン 池添謙一 2:03.3 39.1 8 36.7 98.2
2 5 シュヴァルツリーゼ 石橋脩 2:03.5 1 1/2 20.2 6 36.2 97.1
3 8 ブレイキングドーン 福永祐一 2:03.7 3/4 7.3 4 36.7 95.9
4 2 ニシノデイジー 勝浦正樹 2:03.7 アタマ 2.7 1 37.1 95.9
5 3 カントル M.デムーロ 2:03.7 ハナ 5.3 3 37.1 95.9
2018年3月4日() 中山/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 ダノンプレミアム 川田将雅 2:01.0 1.8 1 34.1 101.0
2 8 ワグネリアン 福永祐一 2:01.2 1 1/2 3.6 2 33.7 99.9
3 3 ジャンダルム 武豊 2:01.3 1/2 8.0 4 34.1 99.3
4 10 サンリヴァル 藤岡佑介 2:01.3 ハナ 17.1 5 34.6 99.3
5 4 リビーリング 戸崎圭太 2:01.8 58.8 6 34.7 96.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【弥生賞ディープインパクト記念2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬マカヒキ

皐月賞トライアルで、舞台は本番と同じ中山芝2000m。タニノムーティエ、ハイセイコー、カブラヤオー、クライムカイザーなど、上位馬に皐月賞の優先出走権が与えられる前から各時代の名馬が優勝した歴史を持つ。第20回(1983年)はミスターシービー、第21回(1984年)はシンボリルドルフと、のちの3冠馬が2年連続勝利。さらに、第42回(2005年)の勝ち馬ディープインパクトもその後3冠馬に輝いている。皐月賞のみならず、ダービーや菊花賞にもつながるレースとしても有名で、近年では第46回(2009年)のロジユニヴァース、第53回(2016年)のマカヒキがダービー馬の栄冠を手にするに至った。

歴史と概要をもっと見る

弥生賞ディープ記念特集 バックナンバー