会員登録はこちら
報知弥生ディープ記念 G2   日程:2020年3月8日() 15:45 中山/芝2000m

レース結果

弥生賞ディープ記念 G2

2020年3月8日() 中山/芝2000m/11頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

サトノフラッグ

牡3 56.0 武豊  国枝栄 492(-2) 2.02.9 2.8 2
2 7 8

ワーケア

牡3 56.0 C.ルメー  手塚貴久 494(+2) 2.03.2 1 3/4 2.5 1
3 8 10

オーソリティ

牡3 56.0 L.ヒュー  木村哲也 506(-2) 2.03.3 1/2 3.9 3
ラップタイム 12.7 - 11.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 12.6 - 12.5 - 11.8 - 12.3
前半 12.7 - 24.1 - 36.2 - 48.5 - 61.1
後半 61.8 - 49.2 - 36.6 - 24.1 - 12.3

■払戻金

単勝 1 280円 2番人気
複勝 1 110円 2番人気
8 110円 1番人気
10 120円 3番人気
枠連 1-7 370円 1番人気
馬連 1-8 370円 1番人気
ワイド 1-8 170円 1番人気
1-10 210円 3番人気
8-10 200円 2番人気
馬単 1-8 690円 1番人気
3連複 1-8-10 420円 1番人気
3連単 1-8-10 1,510円 1番人気

弥生賞ディープ記念の馬場予想


2回中山開幕週ならびに土曜日の中山芝のレース結果、近年の弥生賞ディープ記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は月曜日、水曜日から木曜日の朝にかけて雨が降り、土曜日もパラつく程度の雨に見舞われ、芝コースは良馬場(JRA発表)ながらも含水高めのコンディションでスタートした。

とはいえ、思いのほか芝および路盤の乾きが早く、メインレース・オーシャンS(芝1200m)の勝ち時計は1分7秒4。適性外の馬を除けば、全般的に有利不利が少なく走りやすい公平なコンディションだったといえよう。

土曜日の結果を見直すと、枠順における大きな偏りがみられない一方で、好位~中団に位置する差し馬の伸び脚が目についた。事実、芝コースにおける連対馬の上がり3ハロン順位はすべて3位以内。最速馬は例外なく勝利している。イメージ以上に決め脚を求められる馬場であることは頭に入れておくべきだ。

ただ、昨晩から雨が降ったりやんだりの空模様で、昼以降の予報も不安定。馬場の緩みが進めば、昨年の弥生賞ディープ記念がそうだったように、揉まれない位置からスムーズに運ぶ馬が有利になることも考えられる。従って、外めの枠(6~8枠あたり)に対する意識を強めたほうがいいかもしれない。

血統面については、2回中山開催の芝1800m以上の結果を検証すると、父サンデーサイレンス系と父ミスプロ系が堅調。前者はステイゴールドの系統を中心とした持続力優位型が堅実に走っている。後者についてはキングカメハメハの系統産駒の好走が多い。

一方、近5年の当レースの好走馬を振り返ると、4勝を挙げているディープインパクト産駒が抜けた存在。ハーツクライ産駒も勝ち星こそないが、6番人気以下で2着2回と奮闘している。ほかでは、キングカメハメハ系×サンデーサイレンス系の配合(逆を含む)馬が5度の複勝圏入りを果たしており、該当馬には相応の評価が必要だ。

直近の中山開催ならびに近年の弥生賞ディープ記念の傾向を合わせて考えると、道悪(JRA発表)開催の結果を含んでいる近年の当レースの傾向に沿うのが正解か。そのなかでも、近5年の勝ち馬すべてに共通する前走オープンクラス出走馬を重視したい。

今年の出走メンバーで血統面と先述した馬場傾向(6~8枠)の要点をともに満たしているのは、⑧ワーケア1頭のみ。よって当欄では、⑧ワーケアを注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

プロ予想家の弥生賞ディープ記念予想動画

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

弥生賞ディープ記念-厩舎の話


 ◆アラタ・和田勇師 「動きは良く、前走よりも良化している。他馬が嫌がるぶん、道悪なら」

 ◆ウインカーネリアン・鹿戸師 「稽古の動きはいい。体を戻すのに時間を要した前走とは比べものにならない。前々の競馬で頑張ってほしい」

 ◆エンデュミオン・清水久師 「CW併せ馬でいい動き。前走は傷んだ道悪が合わなかった。センスのいい馬だし、中山も初戦3着と経験済みだから」

 ◆オーロアドーネ・斎藤助手 「追い切りでは、デビュー前より折り合うようになった。右回りは問題ないし、距離ももつと思う」

 ◆サトノフラッグ・国枝師 「先週までにだいぶできていたので、しまい重点の併せ馬。体の張りがいいし、気持ちも入っている」

 ◆ディヴィナシオン・森師 「中1週で、そんなに体のある馬じゃないし、あれぐらいでいいと思います。状態はキープしています」

 ◆パンサラッサ・坂井騎手 「調教はいつも動く馬。先行して粘り込むタイプなので、できれば得意の渋った馬場になってほしいですね」

 ◆ブラックホール・相沢師 「札幌2歳Sのときのように直前もびっしり追った。動きはいい」

 ◆メイショウボサツ・西浦師 「動き自体はよかった。うまく我慢できれば脚を使える」

 ◆ワーケア・手塚師 「右回りでは4コーナーで加速が渋くなるので、最後までしっかりやりました。時計も速かったし、このくらいの仕上げでいいと思う」

★弥生賞ディープインパクト記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

弥生賞ディープ記念のニュース&コラム

プロ予想家の的中情報


弥生賞ディープ記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月8日 15:45更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv126 
420円 420円
Lv116 

420円
370円
23,700円
Lv112 
420円 2,100円
Lv112 
170円 17,000円
Lv112 

1,510円
420円
3,610円

的中情報をもっと見る >

弥生賞ディープ記念過去10年の結果

2019年3月3日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2018年3月4日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ダノンプレミアム 川田将雅 2:01.0 1.8倍 101.0
2着 ワグネリアン 福永祐一 1 1/2 3.6倍 99.9
3着 ジャンダルム 武豊 1/2 8.0倍 99.3
2017年3月5日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 カデナ 福永祐一 2:03.2 3.3倍 94.1
2着 マイスタイル 横山典弘 1/2 26.4倍 93.5
3着 ダンビュライト C.ルメール 1 1/4 9.1倍 92.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

弥生賞ディープ記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2000m

皐月賞と同コースで行われるトライアル戦。そのため早くからこのレースに目標を定めて間隔を取った馬が活躍しており、2008年以降は3歳緒戦だった馬が6勝、2着7回、3着5回、また1月以来の出走の馬が4勝、2着1回、3着1回となっている。前走距離別では芝1800~2000mを使われていた馬が好成績で、マイルからの距離延長で勝利したのは2011年のサダムパテックと2018年のダノンプレミアムの2頭のみ。勝ち馬のキャリアは2~5戦の範囲に収まっている。中山芝2000mは4コーナーにゲートが置かれ、内回りコースを1周する設計。1コーナーまでは400 m以上あり、なおかつ5.3 mの高低差を上るとあって前半はゆったりとした流れになりがち。一方で、2度の直線の急坂を通るだけにタフさも求められるコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

弥生賞ディープ記念の歴史と概要


2016年の優勝馬マカヒキ

皐月賞トライアルで、舞台は本番と同じ中山芝2000m。タニノムーティエ、ハイセイコー、カブラヤオー、クライムカイザーなど、上位馬に皐月賞の優先出走権が与えられる前から各時代の名馬が優勝した歴史を持つ。第20回(1983年)はミスターシービー、第21回(1984年)はシンボリルドルフと、のちの3冠馬が2年連続勝利。さらに、第42回(2005年)の勝ち馬ディープインパクトもその後3冠馬に輝いている。皐月賞のみならず、ダービーや菊花賞にもつながるレースとしても有名で、近年では第46回(2009年)のロジユニヴァース、第53回(2016年)のマカヒキがダービー馬の栄冠を手にするに至った。

歴史と概要をもっと見る >

弥生賞ディープ記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年10月24日(
富士ステークス  G2
2020年10月25日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2020年10月24日(
4回新潟5日目
4回東京5日目
4回京都5日目
2020年10月25日(
4回新潟6日目
4回東京6日目
4回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る