今週の重賞レース

2024年4月13日() アーリントンC G3
2024年4月14日() アンタレスS G3 皐月賞 G1

弥生賞ディープインパクト記念 G2

日程:2024年3月3日() 15:45 中山/芝2000m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 6 7

コスモキュランダ

牡3 57.0 M.デムー  加藤士津 504(+6) 1.59.8 34.9 6 34.9 ⑨⑦②②
2 5 5

シンエンペラー

牡3 57.0 川田将雅  矢作芳人 480(-2) 2.00.0 1 1/4 3.5 3 34.8 ④③⑤⑤
3 7 8

シリウスコルト

牡3 57.0 三浦皇成  宗像義忠 482(+2) 2.00.2 1 1/4 76.6 9 35.5 ①①①①
4 4 4

エコロレイズ

牡3 57.0 横山和生  岩戸孝樹 498(-8) 2.00.2 クビ 144.2 11 34.8 ⑦⑦⑦⑦
5 3 3

シュバルツクーゲル

牡3 57.0 西村淳也  鹿戸雄一 492(+18) 2.00.5 1 3/4 17.4 5 35.6 ②②②③
6 6 6

トロヴァトーレ

牡3 57.0 C.ルメー  鹿戸雄一 496(+6) 2.00.7 2.8 1 35.5 ⑤⑤⑤⑥
7 7 9

ダノンエアズロック

牡3 57.0 R.キング  堀宣行 504(+18) 2.00.7 ハナ 3.1 2 35.7 ③③④③
8 1 1

アドミラルシップ

牡3 57.0 戸崎圭太  相沢郁 460(0) 2.00.9 1 1/4 44.2 7 35.0 ⑪⑪⑩⑨
9 8 10

ファビュラススター

牡3 57.0 横山武史  萩原清 502(+4) 2.01.0 1/2 6.8 4 35.6 ⑥⑥⑦⑧
10 8 11

ニシノフィアンス

牡3 57.0 内田博幸  竹内正洋 500(+2) 2.01.4 2 1/2 58.3 8 35.7 ⑦⑦⑨⑩
11 2 2

レッドテリオス

牡3 57.0 津村明秀  古賀慎明 466(0) 2.01.6 1 1/2 94.0 10 35.8 ⑩⑩⑩⑩
ラップタイム 12.5 - 10.7 - 12.0 - 12.8 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 12.0
前半 12.5 - 23.2 - 35.2 - 48.0 - 60.4
後半 59.4 - 47.2 - 35.1 - 23.4 - 12.0

■払戻金

単勝 7 3,490円 6番人気
複勝 7 560円 6番人気
5 160円 2番人気
8 920円 9番人気
枠連 5-6 380円 1番人気
馬連 5-7 4,250円 11番人気
ワイド 5-7 1,190円 11番人気
7-8 8,170円 43番人気
5-8 1,960円 19番人気
馬単 7-5 14,280円 31番人気
3連複 5-7-8 33,030円 67番人気
3連単 7-5-8 301,710円 393番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:366,097人(04月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】土曜日は上がり3F最速馬が攻勢!中山芝内回りで良績を持つ馬に注目!

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】土曜日は上がり3F最速馬が攻勢!中山芝内回りで良績を持つ馬に注目!

土曜日の中山芝のレース結果をもとに、馬場のバイアスなどを考察していきます。予想の際にお役立てください。

木曜日から金曜日にかけて降った雨の影響により、土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)でスタート。開催中は上空に雲が広がる時間帯が多く、気温も比較的低め。雨こそ降らなかったが、馬場の乾き自体は遅く、稍重発表のまま土曜日の開催を終えている。

土曜日施行の芝競走5鞍における勝ち馬の最終4角通過順位は1、2、4、4、5番手。これだけを見ると前主導のように感じるが、1着馬はいずれも上がり3Fタイム3位以内でフィニッシュ。開幕週で1勝のみだった、同最速馬が【4.1.1.1】と躍進している。末脚のしっかりした馬が攻勢を強めていることは、頭に入れておいたほうがいい。

日曜日の予報は晴れベース(3日7時の時点)。馬場が回復するにつれ、多少なりとも内・前の優位性が増す可能性はある。しかしながら、前週と前日の道悪競馬でコース内側に傷みが出てきているため、開幕週並みに前の組に利があるコンディションになるかといえば疑問符がつく。

ゆえに先団勢に的を絞るのであれば、ある程度の上がりでまとめることができそうなタイプや、そうした好走経験のある馬を優先するべき。待機組を狙うのであれば、近走でメンバー上位の末脚を見せている馬が頼りになりそうだ。

絞り込みの線引きには悩ましいものがあるが、ここは中山芝内回りのレースにおいて、出走メンバー中上位の末脚を使って上位入線したことがある馬に注目。そのなかでも、近2走内に中山芝内回りのレースで、上がり3Fタイム最速をマーク、かつ1着経験を持つ馬を重視したい。

今回の弥生賞ディープインパクト記念の出走メンバーで、要点(近2走内実績)をクリアしているのは、③シュバルツクーゲル、⑥トロヴァトーレ、⑧シリウスコルト。よって当欄では、これら3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
シュバルツクーゲル ⑥トロヴァトーレ ⑧シリウスコルト
プロ予想
(動画)

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】大物の予感漂う2人の推し馬は?若駒マイスター「柿谷陽介」×「スガダイ」の注目馬大公開!

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】大物の予感漂う2人の推し馬は?若駒マイスター「柿谷陽介」×「スガダイ」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×若駒マイスター「柿谷陽介」が弥生賞を大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) 柿谷陽介(若駒マイスター) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:366,097人(04月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

調教
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】筆頭はファビュラススター!トロヴァトーレも高評価!-追い切りチェック(最終版)

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】筆頭はファビュラススター!トロヴァトーレも高評価!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる弥生賞ディープインパクト記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①アドミラルシップ【B】
美浦W併走。トビこそ低めだが、動きは素軽く、四肢のさばきも力強い。ホープフルS当時と比べて、歩幅が広くなっているのも良い傾向。あと少しラストの反応と伸びに鋭さがほしいところだが、全体的な走りの雰囲気は決して悪くない。それなりに立て直してきた印象を持つ。

②レッドテリオス【B】
美浦W併走。手控え気味の内容とあってか、ハミの取り方こそぎこちないが、フットワークは柔らかく、体の使い方も悪くない。それなりに折り合いもついていた。もう少し俊敏さがあれば、といったところだが、決して重苦しい動きではない。ひとまず順調とみてよさそうだ。

③シュバルツクーゲル【B】
美浦P併走。直線入り口付近までは難しい面を見せていたが、鞍上がなだめつつ我慢をさせて、持ち直してからは体を上手に使った柔らかいフォームに。ラストの反応も良かった。体調面の不安はなさそうなので、あとは実戦に行って自分のリズムで走れるかどうか。それがいちばんの焦点となる。

④エコロレイズ【B】
美浦W併走。前肢を地面に叩きつけるような力強い走り。手前替えもじつにスムーズ。きちんと折り合いをつけ、最後まで集中を切らさなかったことも好感が持てる。厳しく見れば、もう少し反応に鋭さがほしいところだが、大きく減点するほどではない。順調と判断してよさそうだ。

⑤シンエンペラー【B】
栗東坂路単走。頭と重心がやや高く、時折ふわふわしていたが、鞍上がうまくコントロールして、比較的まっすぐに登坂。粗削りな面を見せながらも、フットワークの弾力性は高く、着地も力強い。ラストもスムーズに加速していた。及第点の仕上がりと判断したい。

⑥トロヴァトーレ【A
美浦W併走。コーナーでは僚馬を壁にして進み、直線では先に行かせて我慢させる内容。それほど気難しい面を出すことなく、鞍上が合図を送るときちんと反応。その後の力強い脚さばき、活気のある走りは見ごたえがあった。状態は良く映る。高く評価したい。

⑦コスモキュランダ【C】
美浦W併走。脚どりはしっかりしているのだが、頭の位置が高く、ハミ受けも今ひとつ。肩の可動域が狭く映るのも気になるところ。ラストこそ鞍上の叱咤激励にこたえるべく、懸命に脚を伸ばしていたが……。なにか物足りなさを覚える内容。評価を上げるには躊躇してしまう。

⑧シリウスコルト【B】
美浦W単走。まとまりのあるフォーム。鞍上の指示に従順で、手前変換も上手。低い重心を保ちつつ、最後まで安定した脚さばき。きちんと馬場をつかんで走ることができている。見た目の派手さには欠けるが、この動きを確認する限り、状態が悪いということはない。

⑨ダノンエアズロック【B】
美浦W併走。フットワークは力強く、スピード感もじゅうぶん。その一方、鞍上が手前変換を促すも、1週前と同様にすんなりと替えなかったあたり、前向きすぎる面もある。判定に悩ましいが、ゴール前の迫力ある走りを評価してのB判定としたい。

⑩ファビュラススター【A
美浦W併走。直線に入ると手前をスムーズに切り替え、鞍上のゴーサインに素早く対応。上々の伸び脚を披露した。フットワークのバランスがいいし、モタれ癖も出ていない。好調だろう。デキの良さを活かせるようなら、下馬評の高い馬たちに一太刀浴びせる場面があってもいい。

⑪ニシノフィアンス【B】
美浦W併走。旺盛な前進気勢を見せながらも、折り合いを欠いている印象はなく、最後まで集中した走り。前肢を有効に使えているし、踏み込みも比較的しっかりしている。前回からの大幅な底上げまではどうかも、体調面の不安はなさそう。自分の競馬はできる状態。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。筆頭は、⑩ファビュラススターとしたい。追走時の集中力の維持に課題を抱えているが、それを考慮しても直線部分での鋭い反応、伸び脚には目を引くものがある。デキの良さを活かせるようなら、ここでも出番があっていい。

これに次ぐのが、⑥トロヴァトーレ。稽古の動きは比較的地味に見せるタイプだが、前回の中間時より先導馬に取りつく際の脚が速く、気合乗りも良くなっていることは高く評価できる。中間の調教負荷に関しても今回のほうが大。力を発揮できる態勢と判断したい。

<注目馬>
ファビュラススター ⑥トロヴァトーレ

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

厩舎
の話

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】シンエンペラー「入念に乗り込んで力は出せる仕上がり」 ダノンエアズロック「結果はついてくると思う」

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】シンエンペラー「入念に乗り込んで力は出せる仕上がり」 ダノンエアズロック「結果はついてくると思う」

アドミラルシップ・相沢師「状態はいいし何とか権利を取りたい」

エコロレイズ・岩戸師「立ち回りのうまさを生かしたい」

コスモキュランダ・加藤士師「ゲートを五分に出て、うまく立ち回れれば」

シュバルツクーゲル・鹿戸師「前走はしぶとく踏ん張った。今回も先行力を生かしたい」

シリウスコルト・宗像師「使いながら体も成長して力をつけている」

シンエンペラー・岡助手「入念に乗り込んで力は出せる仕上がり」

ダノンエアズロック・堀師「リズム良くレースができれば、結果はついてくると思う」

ニシノフィアンス・竹内師「恥ずかしい競馬はしない」

ファビュラススター・萩原師「能力が高いと思わせる走りをしてくれています」

レッドテリオス・古賀師「1度使った上積みとハミを替えた効果に期待したい」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】シンエンペラー、トロヴァトーレなど3頭が、連対4条件を順当クリア

【前走距離】

2014年以降(過去10年)の1~2着馬20頭の前走使用距離を検証すると、芝1600m、芝1800m、芝2000mの3組に絞られる。これ以外の臨戦馬は、連対(2着以内)候補として推奨しづらい。

(減点対象馬)
①アドミラルシップ

【前走クラス】

2014年以降の1~2着馬20頭のうち、13頭は前走重賞組。非重賞から臨んだ残りの7頭はいずれも、前走の上がり3Fタイム順位が2位以内だった。前走上がり3Fタイム順位が3位以下の非重賞組は、過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
①アドミラルシップ ②レッドテリオス ④エコロレイズ

【前走着順】

前走の着順については、G1が7着以内、G1以外の重賞なら5着以内、非重賞であれば1着が理想。2014年以降、これ以外のステップで臨んだ馬は、2着連対圏に達していない。

(減点対象馬)
①アドミラルシップ ④エコロレイズ ⑦コスモキュランダ

【前走人気】

前走の単勝人気に関しては、重賞なら7番人気以内、非重賞の場合は2番人気以内がひとつの目安。2014年以降の1~2着全馬が、この条件をクリアしていた。

(減点対象馬)
②レッドテリオス ③シュバルツクーゲル ④エコロレイズ ⑦コスモキュランダ ⑧シリウスコルト ⑩ファビュラススター ⑪ニシノフィアンス

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、⑤シンエンペラー、⑥トロヴァトーレ、⑨ダノンエアズロックの3頭。

軸馬候補としてまず注目したいのは、⑤シンエンペラーだ。2014年以降、前走G1組は【2.5.7.6】。そのなかでも、G1昇格後のホープフルS2着馬は【0.1.1.0】と堅実に走っている。上位争いに加わってくる公算が大きい1頭と判断したい。

このほか、過去10年【5.5.3.17】のノーザンファーム生産馬に当てはまる、⑥トロヴァトーレ、⑨ダノンエアズロックらも注目に値する。

<注目馬>
シンエンペラー ⑥トロヴァトーレ ⑨ダノンエアズロック

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:366,097人(04月13日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】下位を引き離して高いU指数を獲得した上位2頭を素直に信頼!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

毎年多頭数にならないことも影響しているのだろうが、直近5年でU指数二桁順位の馬券絡みは皆無で、上位勢がコンスタントに走る傾向にある(2023年は1~3位が順位通りにワンツースリー)。1位は5回中4回で3着以内に入っており、重賞連対実績のある指数上位馬が大きく崩れることはない。やや面白みには欠けるが、高い指数が出ている実績馬から入って、順当決着を見据えた馬券戦略が求められるレースと言えよう。

今年は上位人気確実の面々がU指数1~2位を占める(しかも3位以下を大きく引き離す)格好になったので、ストレートに高い評価を与えたい。京都2歳S勝ちのあとホープフルSで2着に好走した1位⑤シンエンペラー(91.7)、インパクト十分のレースぶりで新馬戦とアイビーSを連勝中の2位⑨ダノンエアズロック(90.9)。この上位2頭は、必ず馬券の中心に組み込むべきだろう。

以下、今回と同じ舞台となる中山芝2000mで負けなしの2連勝を決めている3位タイ⑥トロヴァトーレ(87.9)、中山芝2000mのOP特別の芙蓉Sを制している3位タイ⑧シリウスコルト(87.9)のコース実績馬2頭にも警戒したい。

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】出色の成績を残したディープインパクト、Machiavellianの血脈も異彩を放つ

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】出色の成績を残したディープインパクト、Machiavellianの血脈も異彩を放つ

「弥生賞ディープインパクト記念」というレース名に違わず、種牡馬としてディープインパクトが通算7勝、2016~22年には産駒出走機会6連覇と大活躍した。同種牡馬は2020年産が最終世代となるため、今後は父系祖父あるいは母の父としての動向に注目したい。また、ハーツクライの直系も好走率は高く、そのなかには2014年2着ワンアンドオンリー、2022年2着ドウデュースなど、のちのダービー馬も含まれる。同系統は【0.5.2.8】と勝ちあぐねていることは否めないが、買い目を考えるうえでは一考に値する存在だ。

ほか、過去の勝ち馬で目にとまるのはMachiavellianの血脈で、2009年ロジユニヴァース、2010年ヴィクトワールピサ、2012年コスモオオゾラ、2015年サトノクラウン、2023年タスティエーラとディープインパクト産駒以外で勝利した馬の多くが保持している。なお、タスティエーラにおいてはサトノクラウンとの父仔制覇であったことも特筆できるだろう。

トロヴァトーレは、父レイデオロ×母シャルマント(母の父エンパイアメーカー)。近親に09年弥生賞を制したロジユニヴァースがおり、伯母ディアドラも17年紫苑Sを勝つなど、中山芝2000mの重賞で存在感を放つ血統背景の持ち主。また、一族の牝祖となるソニンクがMachiavellian直仔であることはレース傾向からも評価しやすいところだろう。本馬自身も今回と同じ舞台で2戦2勝。葉牡丹賞もノーステッキで完勝とあれば楽しみは大きい。

シュバルツクーゲルは、父キズナ×母ソベラニア(母の父Monsun)。まだ同産駒は3着内に好走例がないものの、昨年はブービー人気のアームブランシュが上がり3F最速となる末脚を駆使して勝ち馬から0秒2差4着と健闘。ディープインパクトの直系であることからも動向を注視していきたいところがある。本馬においては半兄シュヴァルツリーゼが19年弥生賞の2着馬でもあり、持ち前の粘り強い立ち回りも中山コースでこそ活きそうだ。

【血統予想からの注目馬】
トロヴァトーレ ③シュバルツクーゲル

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年3月5日() 中山/芝2000m
天候:曇 馬場:
報知弥生ディープ記念2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 タスティエーラ 松山弘平 2:00.4 4.2 3 34.7 96.9
2 4 トップナイフ 横山典弘 2:00.6 2.9 1 34.9 95.8
3 2 ワンダイレクト C.ルメール 2:00.6 クビ 4.2 2 34.6 95.8
4 3 アームブランシュ 吉田豊 2:00.6 クビ 91.2 9 34.2 95.8
5 5 フォトンブルー 戸崎圭太 2:00.8 1 1/4 126.5 10 34.4 94.6
2022年3月6日() 中山/芝2000m
天候:曇 馬場:
報知弥生ディープ記念2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 アスクビクターモア 田辺裕信 2:00.5 6.7 3 35.2 96.7
2 7 ドウデュース 武豊 2:00.5 クビ 2.2 1 35.0 96.7
3 6 ボーンディスウェイ 石橋脩 2:00.6 1/2 25.5 9 35.0 96.1
4 1 ジャスティンロック 川田将雅 2:00.7 1/2 8.6 4 35.0 95.6
5 9 インダストリア 戸崎圭太 2:00.8 3/4 5.1 2 34.9 95.0
2021年3月7日() 中山/芝2000m
天候:曇 馬場:
報知弥生ディープ記念2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 タイトルホルダー 横山武史 2:02.0 17.9 4 34.5 97.1
2 10 シュネルマイスター C.ルメール 2:02.2 1 1/4 4.9 2 34.5 96.0
3 2 ダノンザキッド 川田将雅 2:02.3 クビ 1.3 1 34.2 95.4
4 8 ソーヴァリアント 大野拓弥 2:02.5 1 1/2 41.4 8 34.2 94.2
5 3 テンバガー M.デムーロ 2:02.5 クビ 25.4 6 34.6 94.2

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【弥生賞ディープインパクト記念2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2022年の優勝馬アスクビクターモア
2022年の優勝馬アスクビクターモア

クラシック一冠目にあたる皐月賞のトライアルレースで、本番と同じ中山芝2000mを舞台に行われる重要な一戦。タニノムーティエ、ハイセイコー、カブラヤオー、クライムカイザーなど、上位馬に皐月賞の優先出走権が与えられる前から各時代の名馬が優勝した歴史を持つ。第20回(1983年)はミスターシービー、第21回(1984年)はシンボリルドルフと、のちの三冠馬が2年連続勝利。さらに、第42回(2005年)の勝ち馬ディープインパクトもその後三冠馬に輝いている。皐月賞のみならず、東京優駿(日本ダービー)や菊花賞につながるレースとしても有名で、近年では第53回(2016年)のマカヒキと第60回(2023年)のタスティエーラがダービー馬、第58回(2021年)のタイトルホルダーと第59回(2022年)のアスクビクターモア菊花賞馬の栄冠を手にするに至った。

歴史と概要をもっと見る

弥生賞ディープインパクト記念特集 バックナンバー

トップへ