マカヒキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
マカヒキ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2013年1月28日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績21戦[5-2-2-12]
総賞金56,209万円
収得賞金9,650万円
英字表記Makahiki
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ウィキウィキ
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
リアルナンバー
兄弟 ウリウリウーリリ
前走 2020/04/05 大阪杯 G1
次走予定 2020/11/29 ジャパンカップ G1

マカヒキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 127939.6711** 牡7 57.0 L.ヒュー友道康夫494(-12)1.59.5 1.134.7⑧⑧⑩⑧ラッキーライラック
19/11/24 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1581450.4124** 牡6 57.0 武豊友道康夫506(+2)2.26.5 0.636.3⑮⑮⑮⑬スワーヴリチャード
19/10/27 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 164853.0810** 牡6 58.0 武豊友道康夫504(-4)1.57.6 1.434.4⑭⑬⑬アーモンドアイ
19/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 126711.8711** 牡6 58.0 岩田康誠友道康夫508(+2)2.12.9 2.136.3⑫⑫⑫⑪リスグラシュー
19/03/31 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 141137.4104** 牡6 57.0 岩田康誠友道康夫506(-8)2.01.2 0.234.9⑭⑭⑪⑪アルアイン
19/02/10 京都 11 京都記念 G2 芝2200 128124.423** 牡6 57.0 岩田康誠友道康夫514(+10)2.14.9 0.134.7⑨⑨⑦⑦ダンビュライト
18/12/23 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 162442.51210** 牡5 57.0 岩田康誠友道康夫504(+10)2.33.0 0.836.3⑨⑨⑨⑩ブラストワンピース
18/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 13567.037** 牡5 58.0 武豊友道康夫494(-12)1.57.7 0.933.7⑩⑩⑨レイデオロ
18/08/19 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 16354.312** 牡5 57.0 C.ルメー友道康夫506(+6)2.01.1 0.036.4⑮⑭⑬⑪サングレーザー
17/11/26 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1761115.064** 牡4 57.0 内田博幸友道康夫500(-4)2.24.6 0.935.1⑫⑫⑪⑪シュヴァルグラン
17/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1871522.695** 牡4 58.0 内田博幸友道康夫504(+2)2.09.5 1.238.6⑮⑰⑮キタサンブラック
17/10/08 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 12225.626** 牡4 57.0 内田博幸友道康夫502(0)1.45.9 0.333.3⑤⑥⑥リアルスティール
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 148143.824** 牡4 57.0 C.ルメー友道康夫502(0)1.59.3 0.433.9⑪⑫⑬⑩キタサンブラック
17/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 10331.713** 牡4 57.0 R.ムーア友道康夫502(--)2.14.3 0.234.9⑤⑤⑤④サトノクラウン
16/10/02 フラ 4 凱旋門賞 G1 芝2400 16--------14** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫--0000 ------ファウンド
16/09/11 フラ 3 ニエル賞 G2 芝2400 5--------1** 牡3 58.0 C.ルメー友道康夫--2.35.8 ------ミッドターム
16/05/29 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18234.031** 牡3 57.0 川田将雅友道康夫502(+4)2.24.0 -0.033.3⑦⑧⑧⑧サトノダイヤモンド
16/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 18233.732** 牡3 57.0 川田将雅友道康夫498(+2)1.58.1 0.233.9⑰⑰⑮⑬ディーマジェスティ
16/03/06 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 128112.621** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫496(0)1.59.9 -0.033.6⑫⑨⑨⑧リオンディーズ
16/01/23 京都 10 若駒S OP 芝2000 8551.611** 牡3 56.0 C.ルメー友道康夫496(-10)2.02.4 -0.232.6⑤⑤⑥④ノーブルマーズ

⇒もっと見る


マカヒキの関連ニュース

 板津 3冠馬3頭はドーンと大展開しているので、それ以外の馬をチェックしましょう。

 片岡 クレッシェンドラヴが良く見えた。美浦Wコースで3頭縦列の2番手から真ん中に入り、外の馬と併せる形で5ハロン66秒8-12秒6。最後まで馬なりでオープン馬の貫禄を示した。東京での実績はないけど、2歳時や3歳前半の話。本格化した今なら違った結果が出てもいい。

 板津 カレンブーケドールもかなり良くなっていますよ。美浦坂路で余力残しながら好タイム。京都記念(2着)までと違って、メンコ(耳覆い)を外してもスムーズに調教できているし、精神面でも成長。急仕上げ気味の産経賞オールカマー(2着)よりいいのはもちろん、昨年2着時と比べても「圧倒的に今年の方がいいよ」と国枝調教師はデキに自信を見せていました。

 正木 8カ月ぶりのマカヒキは友道厩舎らしく、中間は栗東坂路とCWコースで入念な乗り込み。先週のCW併せ馬では、三浦騎手を背にワールドプレミアを追走して走る気満々。ほぼ互角の動きやった。今週の坂路でも「まだやれるぞ」とアピールするように、馬なりで4ハロン52秒9-12秒6の素軽さやで。

 板津 もうひと声お願いします!!

 正木 パワフルさならキセキ。重厚感があって、叩きつけるようなフットワークで4ハロン52秒5-12秒4。無念の回避となった僚馬サートゥルナーリアのぶんまで激走しても不思議じゃない。

 片岡 ラストランやからアーモンドアイにも触れさせて。いい意味で、今までとちょっと違う雰囲気。達観したというか何というか…はずむような感じで、楽しんで走っているように見えたわ。

ジャパンCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

【ジャパンC】追って一言 NEW!2020年11月26日(木) 04:43

 ◆クレッシェンドラヴ・内田騎手「やりすぎてテンションが上がらないように、真ん中でいい併せ馬ができた。前走、結果は4着だけど、いい位置で折り合えたのが、今回に生きると思う」

 ◆マカヒキ・友道師「坂路でサッとやりました。7歳でも馬は若いし、今はすごくフレッシュ。走りも軽いですね」

ジャパンCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】けさのいななき 2020年11月25日(水) 10:22

 クレッシェンドラヴ・内田騎手「先週やっているので、今週はやりすぎてもテンションが上がってしまう。真ん中に入れていい併せ馬ができた」

 マカヒキ・大江助手「札幌記念を回避したのが良かったようで、フレッシュな状態だ。この舞台は合う」

 ミッキースワロー・菊沢調教師「寒くなり体の張りが良くなった。気持ちの面でも油断できないくらい鋭くなっている。時計がかかり気味の今の馬場もいいね」

(夕刊フジ)

ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【俺のチェックポイント】ユーキャン叩き2走目で筋肉モリモリ 2020年11月25日(水) 04:59

 東西トレセンで取材する記者が、日替わりでGI出走馬の気になる点を関係者に直撃する「俺のチェックポイント」。ジャパンCの初日は、大阪サンスポの宇恵英志記者が3頭出しの栗東・友道厩舎を直撃。左回りで重賞2勝と舞台適性の高いユーキャンスマイルの、叩き2走目での良化具合を確かめた。

 サートゥルナーリアの回避は残念だが、それでもアーモンドアイを含めて豪華な顔触れとなった。そんななか、3年前にシュヴァルグランで制した友道厩舎はワールドプレミアマカヒキユーキャンスマイルの3頭出し。最も気になるのが、ユーキャンだ。

 調教の走りが実戦に結びつきやすい馬だとみている。前走のアルゼンチン共和国杯は“もう一歩足りない”と感じた最終追い(栗東坂路4ハロン53秒8)の内容で4着なら、悲観する必要はない。2019年のダイヤモンドS新潟記念と左回りで重賞2勝を挙げるサウスポーだけに、舞台は最適。休み明けをひと叩きし、順当に良化が見込めるなら…。好走の鍵は上昇度合いとみて、大江助手のところへ向かった。

 「1回使った上積みはあると思いますよ。前回との違いは、筋肉の膨らみ方ですかね。良くなっていますよ」

 19日の1週前追い(4ハロン53秒8)、24日のキャンターと坂路でばねのある走りを披露。少しもたもたした姿に映った前走時と比べると、素軽さが増している。「前走のレース後のケアがスムーズに行きましたからね。問題なく攻め馬をできていますよ」。状態は確実にアップしているようだ。

 昨年は重馬場のなか、4コーナー12番手から5着。馬場が悪くなければ着順がもっと良かった可能性はある。右回り、左回りともに3勝しているが、体のバランス的に「左回りの方がいいのは確か」。左回りでの切れ味は右回りを上回る。

 「3冠馬2頭は(キャリアの浅い)若馬。こちらはキャリアは豊富です。(間隔のあいた競馬で結果を残してきた)アーモンドアイは、叩き2走目ですしね。自分の走りができるようにベストを尽くすだけ。条件はいいので」という大江助手の言葉を力強く感じた。

 スタミナ豊富なステイヤー。東京芝2400メートルはベストの舞台と言っていい。大目標を前に、肝心の仕上がりも上々だ。最後の直線で追い比べの形に持ち込めれば、十分に楽しみはある。 (宇恵英志)

ジャパンCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】“友道トリオ”がCWコースで3頭併せ 2020年11月23日(月) 04:44

 “友道トリオ”が栗東CWコースで3頭併せを行った。先行するユーキャンスマイル(牡5)に菊花賞ワールドプレミア(牡4)が続き、日本ダービーマカヒキ(牡7)が最後方を追走。直線で馬体を併せ、6ハロン84秒2-12秒0をマークしたワールドが真ん中からクビ差先着(他の2頭は併入)した。大江助手は「(ワールドは)久々のレースなので、実戦のシミュレーションとして刺激を与えました。意欲的でいい動きでした。(ユーキャンは)乗り手に従順で、併せてからの反応も良かった。(マカヒキは)1週前に追い切ってから、順調に良化しています」と語った。

 京都大賞典勝ちのグローリーヴェイズ(美・尾関、牡5)は美浦坂路を4ハロン56秒8-13秒0で駆け上がった。「先週追ってだいぶ素軽くなりました。前走よりは全然いい」と手綱を取った矢原助手。

 昨年の2着馬カレンブーケドール(美・国枝、牝4)は美浦坂路でキャンター(4ハロン59秒9)。「いい感じ。前走より良くなってくれなきゃ困る。去年より馬もしっかりした」とトレーナー。



ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】マカヒキ、機敏に反応して最先着 2020年11月20日(金) 04:51

 《栗東》4年前の日本ダービーマカヒキ(友道、牡7)は、CWコースで6ハロン80秒4-11秒9。ゴール前で仕掛けられると機敏に反応し、3頭併せの最先着を果たした。初めて騎乗した三浦騎手は「良かったです。道中も走る気が満々という感じで、こちらの仕掛けを待っているような雰囲気がありました」と笑みを浮かべた。

 アルゼンチン共和国杯4着から中2週で臨む僚馬ユーキャンスマイル(牡5)は、坂路で単走。馬なりで4ハロン53秒8-13秒0をマークした。友道調教師は「前走後もダメージはなく、変わりなくきています。叩いて上向くタイプだし、舞台もいいと思います」と力を込めた。



ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マカヒキの関連コラム

閲覧 1,217ビュー コメント 0 ナイス 4

夏競馬のラストを締め括る新潟記念は、福永祐一騎手が騎乗したブラヴァスが外から差し切り。サマー2000シリーズのチャンピオンとなり、秋以降の成長を期待させた。

ブラヴァスの母はヴィルシーナシュヴァルグランヴィブロスなど、近年、大魔神佐々木オーナーの所有で活躍馬を続々と輩出する活力ある一族だ。その活躍を支えているのが、これらの馬たちを管理する友道厩舎。

友道厩舎といえば近年は金子オーナー所有のマカヒキワグネリアンでダービーを制するなど、クラシック戦線での活躍も目立つが、古馬になってからのしぶとい成長力にも期待が持てる。とりわけ前述の大魔神所有馬たちは本質が晩成血統で、シュヴァルグランヴィルシーナなどは2〜3歳時から重賞戦線で活躍したが、本格化したのは古馬になってから。

友道調教師いわく、

「(佐々木オーナーは)『現場のことは現場の人間がわかる』という考えをされていて、馬のことに関してはぼくらに全部任せてくれている」

とのことで、早期に無理をせず成長を促すことが、古馬になってからの素質開花に繋がっているように思える。ブラヴァス新潟記念制覇自体は特筆すべき内容ではないが、血統的にはまだまだこれからの成長が見込めるはずで、そういう意味で今後が楽しみになるレース内容だった。

〜福永騎手、芝だけでリーディングの理由

もうひとつ目立ったのは福永騎手の抜群のコース取り。最終的に15勝を挙げて新潟リーディングに輝いた同騎手だが、その15勝すべてが芝レースという点にも驚かされた。

ただ、これこそが福永騎手の強み。福永騎手といえば朝から馬場を歩いて芝の状態をチェックしていることは有名だが、新潟のように馬場が荒れやすく、コース取りが重要になる場所では「馬場チェック力」が生きる。特に開催終盤になって来ると進路取りが重要になるだけに、より福永騎手にアドバンテージがある。

先々週の五頭連峰特別(ハイアーグラウンド)や、朱鷺ステークス(カテドラル)などは、福永騎手のコース取りが勝利をもたらしたといえる内容だった。今後も、「難解な芝の福永祐一」は覚えておきたい。

例えば、今後開催が増える中京芝の開催終盤などでも、同騎手の馬場読み力が存分に発揮されるはずだ。

〜秋競馬開幕!セントウルSの展望

さて、今週末からはいよいよ秋競馬がスタート。今年の秋は京都競馬場の改修工事が始まるため、各重賞の開催場がかなり変更になっている点には注意したい。今週末のセントウルSは、例年なら阪神芝だが、今年は中京芝1200mでの開催となる。

ココでは注目馬を2頭挙げてみたい。

クリノガウディー

前走は18着と大敗だったが、直線はほぼ追わずに終わったので着差自体は気にしなくて良い。マイルだとやはり掛かるので現状は1200mの方が良く、2F短縮となる今回は条件的には大幅に好転する。また、どちらかといえば人気で買うよりは人気薄でこそ…というタイプなので、凡走が2度続いて人気が落ちるタイミングも馬券的には面白そう。森裕太朗騎手も手の内に入れているので、スムーズに折り合えば今度はチャンスがありそうだ。

メイショウキョウジ

OP入り後は苦戦が続いているが、前走の北九州記念では外枠で流れに乗れない中でも、ラストまで脚は使えていた。前走の内容を見る限り重賞でも立ち回りひとつで通用する能力はある。今回は上位勢がどの馬も不安を抱えているメンバー構成なので、開幕週の馬場で上手く立ち回れれば一発の可能性もありそう。どのみち人気もないだろうし、ヒモでも良いので一枚加えておきたい。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年8月20日(木) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020札幌記念 
閲覧 1,226ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


8月23日(日) 第56回札幌記念(3歳以上G2・芝2000m)


【登録頭数:13頭】(フルゲート:16頭)

<賞金上位馬>

ラッキーライラック(B)中7週
この中間も1週前にCWで強めに追われているが、今回のほうが力強さのある動きで出来は良さそう。この後札幌までの輸送もあるので、最終追い切りの動きも気になるところ。

ノームコア(A)中10週
この中間は美浦の南Wで乗り込まれて好時計を連発していて調子は良さそう。1週前の動きを見ても、走りに勢いがあり馬も元気な感じに見える。

ペルシアンナイト(B)中7週
昨年5着時と同じようにこの中間は札幌競馬場での調整。2週前に強めに追われて1週前はジョッキー騎乗で追い切られて併せ馬では先着。昨年は強めの追い切りが多かったが、今年は軽めの調整で時計も出ているので仕上がりは今年のほうが良さそう。

ドレッドノータス(E)5ヶ月
休み明けの参戦で、この中間の栗東での時計は平凡で特に目立つところもない。

マカヒキ ※出走回避予定

トーセンスーリヤ(B)中7週
この中間も美浦で調整。2週前、1週前と強めに追われて好時計が出ていて、状態は良さそう。

アドマイヤジャスタ(C)中4週
前走久しぶりの勝利から今回は中4週。札幌で調整されていて日曜日には時計を出しているが、1週前に速い時計を出していない。前走時のパドックでは大きな馬の割に太め感がなく仕上がっていた感じなので、そこからさらに良くなるという感じではなさそう。

ポンデザール(A)中1週
札幌芝コースでは芝2600m戦ではあるものの、3戦3勝と相性の良い馬。前走から中1週だが、前走時札幌競馬場で入念に乗り込まれていてパドックでもマイナス体重だった割にはふっくらと見せていたので、上積みも期待できそう。

トーラスジェミニ(D)中4週
この中間は札幌競馬場での調整。2週前、1週前と追い切られているが終いの時計がかかっていて物足りない内容。美浦では坂路で調教されている馬なので、滞在でダートか芝での調整しかできない点はこの馬にはマイナスになりそう。

ルミナスウォリアー(E)中1週
この中間は中1週で速い時計は出していない。高知から戻ってきた前走時の調教でも特に目立つ時計は出ていなかったので、ここから良くなるという感じはない。

ブラックホール(B)3ヶ月
ダービー以来のレースとなるこの中間、札幌競馬場で乗り込まれていて1週前には芝コースでかなり速い時計を出しており、走りを見ても状態は良さそう。昨年重賞勝ちのある札幌で好走も期待できそう。

カウディーリョ(B)中4週
この馬も札幌芝では2戦2勝と相性が良い。この中間は日曜日に札幌ダートでかなり速い時計が出ていて、前走を一度使われての上積みがありそう。

イェッツト(B)中2週
この中間は日曜日に札幌ダートで速い時計を出していて、前走時よりも良さそうな感じ。格上挑戦だが、前走時のパドックではかなりの好馬体をアピールしており、叩き2戦目での上積みも期待できそう。


☆コラムからの推奨馬は、ノームコアポンデザールの2頭を上げておきます。



◇今回は札幌記念編でした。
早いもので今年の札幌開催も残り3週となります。今年はコロナウイルスの影響で函館での滞在ができないこともあり、札幌で出走する馬は札幌で調教するか、トレセンで調教して輸送してくるか、レース10日前まで牧場で調整してギリギリに入厩してレースに臨むかのいずれかになっていると思います。実際、毎週のように調教内容をチェックしていると、今年はトレセンから輸送して使ってきている馬が多いように感じています。
一方、札幌競馬場にはWコースがないのでダートか芝で調整しなくてはなりません。普段坂路やWコースで調整されている馬にとって滞在が長くなることにプラスはあまりないと思われ、函館競馬場が使えない点は残りの札幌開催に大きな影響があると思っています。滞在組を選ぶかトレセンからの輸送組を選ぶか、馬によって違いはあるとは思いますが、トレセンの坂路やWコースで調教されている馬のほうが輸送さえクリアすれば有利に働くのではないか、そう個人的には考えています。

それでは次回、ローズS編(予定)でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年8月16日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年08月16日号】特選重賞データ分析編(215)~2020年札幌記念~
閲覧 1,959ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 札幌記念 2020年08月23日(日) 札幌芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2016年以降)】
×4番手以内 [0-1-1-15](3着内率11.8%)
○5番手以下 [4-3-2-27](3着内率25.0%)

 先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物。前走の条件が“国内のレース”、かつ前走の4コーナー通過順が4番手以内だった馬は、2014年以降まで集計対象を広げても[0-2-2-23](3着内率14.8%)と勝ち切れていません。基本的に差しが決まりやすいレースと認識しておくべきでしょう。

主な「○」該当馬→アドマイヤジャスタブラックホールペルシアンナイトマカヒキ
主な「×」該当馬→トーセンスーリヤトーラスジェミニ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2016年以降[2-3-4-12](3着内率42.9%)
主な該当馬→アドマイヤジャスタペルシアンナイトマカヒキ

[もっと見る]

2020年4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,397ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,764ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

2020年3月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年03月29日号】特選重賞データ分析編(196)~2020年大阪杯~
閲覧 2,147ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 大阪杯 2020年04月05日(日) 阪神芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の馬体重別成績(2017年以降)】
○500kg未満 [0-2-1-22](3着内率12.0%)
×500kg以上 [3-1-2-13](3着内率31.6%)

 G2として施行されていた2016年以前を含め、どちらかと言えば大型馬が強いレース。なお、前走の馬体重が500kg未満、かつ馬番が6~16番だった馬は2017年以降[0-0-0-16](3着内率0.0%)とさらに苦戦していました。もともとやや内枠有利なレースでもありますし、馬格がないうえに内寄りの枠を引けなかった馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ブラストワンピースマカヒキラッキーライラック
主な「×」該当馬→クロノジェネシスサトノソルタスダノンキングリー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2017年以降[3-3-3-13](3着内率40.9%)
主な該当馬→マカヒキラッキーライラック

[もっと見る]

⇒もっと見る

マカヒキの口コミ


口コミ一覧
閲覧 75ビュー コメント 2 ナイス 22

年末の紅白の裏番組は、「絶対に笑ってはいけない」
今週の競馬は、「絶対に間違っちゃいけない」事がある。
ジャパンカップは、東京12Rです。
東京11Rじゃありません。
でもきっと、ウェルカムSのアーモンドアイの馬番の馬に異常投票が入る予感がする(笑)

3冠馬3頭の共演 で盛り上がる
史上初めての第12RのGⅠ競走
プレミアム、特別ですねぇ

特別といえば、コントレイル
戦歴を眺めると新馬戦以外は、すべて第11Rを1番人気で1着になってきた馬
ディ―プインパクトもシンボリルドルフでもそんな戦歴じゃなかった。
条件戦を1走もしていない馬 → これも特別な馬というんじゃないだろうかぁ?

【昨年のジャパンカップ JRA HP出走馬情報と結果】
レイデオロ11着、ユーキャンスマイル5着、ワグネリアン3着、カレンブーケドール2着
スワーヴリチャード1着、シュヴァルグラン9着、マカヒキ4着、ムイトオブリガード8着

【恒例のJRA HP出走馬情報とひと言】
アーモンドアイ → 史上初のGⅠ8勝馬、これで引退
コントレイル → 無敗3冠馬(ルドルフ、ディ―プ)は、他世代戦で敗退前人未到の偉業に挑む。
デアリングタクト → 53kgの斤量は魅力的
ウェイトゥパリス → □外国馬、出走すれば無事に国際レースとして成立
グローリーヴェイズ → 東京競馬場初登場
ワールドプレミア → 昨年の有馬以来11か月振り
カレンブーケドール → 昨年のJC2着、重賞未勝利馬
ユーキャンスマイル → 

これまでの無敗の3冠馬(ルドルフ、ディ―プ)は、多世代と対戦して敗退してきた。
第12Rに行われる史上初のGⅠで、これまでの歴史の変革かなぁと思っています。
来年の第100回凱旋門賞を勝ち、
2023年の京都競馬場開業100周年にメモリアルレースの妄想です(^^♪

ちなみに京都の重賞、京阪杯も第12Rです。
これも絶対に間違っちゃいけませんねぇ

枠順発表が楽しみです
では

 ウィキウィキ 2020年10月10日() 22:20
あたし…やっぱりバカァ(2) 
閲覧 274ビュー コメント 2 ナイス 52

あたし…やっぱりバカァ



わたしなりに

競馬を真剣に予想してきました…


1600万クラスに落ちたときは
ウマニティ
やめようかな…
ともおもいました


万馬券や高配当はないですが

ちょっちずつプラスが続いていて


思いもよらず…

【G3クラス】

に昇格いてました.。.:*。.:*・*♪(〃'▽'〃)*:.


うれしかったです・*♪




わたしウィキウィキの仔マカヒキくんはダービー馬になったし

ウーリリくんも2連勝とがんばっています。

ポートアイランドS(L)は
桜花賞馬ドナウブルーちゃんの娘ドナウデルタくん(同級生です)に負けましたが
(負けたどころか馬券圏外ですがw)


学生時代から競馬がすきで真剣にみていました

そのときの競走馬の仔たちがレースするのが競馬のすてきなところ


桜花賞馬ダイワスカーレットちゃんとダービー馬ウオッカちゃんの天皇賞秋は生涯忘れられません!

(わたしは今でもスカーレットちゃんが勝ってたとおもってます)






あたし…
やっぱりバカァです…

負けがかさなってきたら
アツくなって…

単勝1点に1万円賭けたりして…


地道にワイドと複勝で…
G3になれたのに
(予想コロシアムのはなしです)

リアルではまさかww

…ハッ…(;'∀')

-58,990円を取りもどすには
日曜日に大きいのを当てないと…


はッ
ダメダメ…



やっぱり

あたしって…バカだ

[もっと見る]

 お美沙@爆益舎 2020年9月26日() 17:01
◎ヴェルトライゼンデ
閲覧 338ビュー コメント 2 ナイス 24

5戦無敗のダービー馬コントレイル!
まるで走る前から勝利が確定しているかの如く一本かぶりの人気!

こういう馬を発見すると萌えぇええ (*´Д`)ハァハァ
真っ先に切り捨てたくなるのが爆益舎であります!

・早熟懸念

他の方も書いていますが、春のクラシック戦線で活躍したディープインパクトの牡馬はその多くがダービー時に能力のピークを迎え、ひと夏超えての成長力を欠く!

昨年の菊はディープのワンツーだったじゃないか!と言う人も居るかもですが、ワールドプレミアは春のクラシック戦線不参加。 サトノルークスは皐月賞、ダービーともに2桁着順。
両馬とも春のクラシック戦線では全く影が薄かったわけです。

皐月賞、ダービーで上位入選したディープ産駒に秋の成長無し・・

先週のセントライト記念で1番人気の支持を受けハビットに完封負けしたサトノフラッグにしても春の弥生賞当時からの成長が全く見られませんでした。

ディープインパクトの最高傑作と評されるコントレイルですが、おそらく同馬もダービー時が能力のピークでその後の成長がピタリと止まっている可能性が高い!

つまりはダービー優勝後に鳴かず飛ばずだったマカヒキやワグネリアンと同じ道を辿ると思われます。

こんな危なっかしい馬が異常に買われているのですから捨てる以外の選択肢はありません。

コントレイルにこられたらキッパリと諦めましょう! 迷わずに切り捨て!


本命はダービー3着だったヴェルトライゼンデ!

ダービーではコントレイルに決定的な差をつけられましたが、それは4カ月も昔の話です。
敗因は早熟コントレイルとの完成度の差。

メジロマックイーンの入る奥手の血筋!
神戸新聞杯がダメだったとしても本番菊花賞で狙ってみたい馬だと思ってます。


【馬連】
⑱⇔③④⑥⑦⑪⑫⑮⑰   捨 ②
各1.000円  合計8.000円  ※リアル馬券はこの1/10の金額で購入済

[もっと見る]

⇒もっと見る

マカヒキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
8:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月19日(水) 00:56:58
うまな、リピーター
7:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:49人 2019年10月24日(木) 16:55:34
第160回天皇賞・秋

社台の共同馬主クラブ(「キャロットF」「シルクR」「サンデーR」)同士の対決!vs金子真人HD(個人名義)

ロードカナロア産駒の最強馬同士対決!vsディープインパクト産駒ダービー馬同士の対決!

いずれにせよ
全て、ノーザンファーム生産馬の闘い!!
6:
     フォロワー:0人 2017年10月29日() 17:32:34
4コーナーを抜けてからの追い込みは、復活の兆しありと感じました!次回また応援します!

⇒もっと見る

マカヒキの写真

マカヒキの厩舎情報 VIP

2020年4月5日大阪杯 G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マカヒキの取材メモ VIP

2020年4月5日 大阪杯 G1 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。