会員登録はこちら
関西TVローズS G2   日程:2018年9月16日() 15:35 阪神/芝1800m

レース結果

関西TVローズS G2

2018年9月16日() 阪神/芝1800m/15頭

本賞金:5,200万 2,100万 1,300万 780万 520万


レコード:1分44秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

カンタービレ

牝3 54.0 C.ルメー  中竹和也 434(-4) 1.45.7 9.3 5
2 3 5

サラキア

牝3 54.0 池添謙一  池添学 450(+4) 1.45.9 1 1/4 4.2 2
3 3 4

ラテュロス

牝3 54.0 秋山真一  高野友和 418(-12) 1.46.0 1/2 88.2 13
ラップタイム 12.7 - 11.0 - 11.5 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.0 - 10.8 - 11.8
前半 12.7 - 23.7 - 35.2 - 47.5 - 59.9
後半 58.2 - 45.8 - 33.6 - 22.6 - 11.8

■払戻金

単勝 13 930円 5番人気
複勝 13 310円 5番人気
5 190円 2番人気
4 1,530円 13番人気
枠連 3-7 1,400円 6番人気
馬連 5-13 2,530円 10番人気
ワイド 5-13 940円 10番人気
4-13 8,250円 63番人気
4-5 5,020円 50番人気
馬単 13-5 5,630円 21番人気
3連複 4-5-13 50,880円 142番人気
3連単 13-5-4 222,880円 623番人気

関西TVローズSのニュース&コラム

マウレア、秋華賞回避 サラキアにモレイラ騎乗
 紫苑S2着のマウレア(美・手塚、牝3)が秋華賞(10月14日、京都、GI、芝2000メートル)を回避することになった。「レース中に左前肢を捻挫。残念ですが、使える状況ではないので回避することにしました」と手塚調教師。22日に放牧に出る予定で、復帰時期に関しては未定。マウレアの手綱を取っていた武豊騎手(49)は、16日のローズSを制したカンタービレ(栗・中竹、牝3)とのコンビで秋華賞に臨むことが決まった。 また、同じく秋華賞に向かうローズS2着のサラキア(栗・池添学、牝3)は、ジョアン・モレイラ騎手(34)が騎乗することになった。★マウレアの競走成績はこちら
2018年9月21日(金) 05:02

 929

ラッキーライラック、帰厩後の初時計
 昨年の最優秀2歳牝馬ラッキーライラック(栗・松永幹、牝3)が19日、帰厩後の初時計をマークした。CWコースでラストハロン14秒4(4ハロン57秒7)。右後脚の球節に腫れが出たために秋華賞トライアル・ローズSを回避したが、最後の1冠に向けて着々と準備が進められている。「やる気はなかったのですが、時計になったかなという感じ。順調ですね。このまま無事にレースまで」と松永幹調教師は話した。★ラッキーライラックの競走成績はこちら
2018年9月20日(木) 05:00

 352

【ローズS】サラキアが末脚を発揮して2着を確保
 2番人気のサラキアは、立ち遅れ気味のスタートから徐々に押し上げて中団をキープ。直線は馬場の外めから、息の長い末脚を発揮して2着を確保した。「ゲートはまだマシだった方。春より折り合いがついて、前残りの馬場と展開のなか、いい脚を使ってくれました」と池添騎手は振り返った。続けて「2着で賞金も加算できて(秋華賞の)権利も取れた。まだ馬もよくなるから本番が楽しみ」と前を向いた。★16日阪神11R「ローズS」の着順&払戻金はこちら
2018年9月17日(月) 05:02

 223

【ローズS】カンタービレ、拍手喝采V!
 第36回ローズステークス(16日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬に秋華賞の優先出走権 =出走15頭)クリストフ・ルメール騎乗で5番人気のカンタービレが先行策から押し切って重賞2勝目。1馬身1/4差2着のサラキア、さらに1/2馬身差3着のラテュロスとともに、秋華賞(10月14日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。ルメール騎手は紫苑S、京成杯AHに続き、重賞騎乗機会3連勝。 仁川のターフをさっそうと駆け抜け、重賞ウイナーの貫禄を見せつけた。好位から突き抜けたカンタービレが、フラワーCに続く重賞2勝目。初コンビで完璧にエスコートしたルメール騎手が喜びを爆発させた。 「強かったです。すごくいい追い切りができたし、いいコンディションだと思いました。たくさん自信がありました」 抜群のスタートから、序盤のペースが遅いとみるや2番手に押し上げる。絶好位で脚をためると、4コーナー手前で抑えきれない手応えで先頭へ。「2番手でリラックスすることができたし、勝てると思いました」。直線に向いて追い出されると、ダイナミックなフォームでグイグイと脚を伸ばして後続を完封した。 鞍上は、8日の紫苑S(ノームコア)、9日の京成杯AH(ミッキーグローリー)に続いて重賞3連勝。ダービー馬の全弟レイエンダで挑むきょうのセントライト記念で、4連勝に挑む。「チョーうれしいです。レイエンダで4連勝できればうれしい」と力を込めた。 秋華賞でルメール騎手は2冠牝馬アーモンドアイに騎乗する。「アーモンドアイは特別な馬だけど、秋から他の牝馬も強くなったし、GIを勝つのが難しくなるね」と、ライバル勢の成長に警戒を寄せる。 「春より自分でコントロールできるようになった。内回りの2000メートルは(条件として)最高じゃないですか」 前川助手も、GI取りに自信をのぞかせた。スピードとセンスにあふれるディープ産駒が、最後の1冠をもぎ取るか。 (斉藤弘樹)★16日阪神11R「ローズS」の着順&払戻金はこちらカンタービレ 父ディープインパクト、母シャンロッサ、母の父ガリレオ。鹿毛の牝3歳。栗東・中竹和也厩舎所属。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬。馬主は石川達絵氏。戦績6戦3勝。獲得賞金9836万1000円。重賞は2018年GIIIフラワーCに次いで2勝目。ローズSは中竹和也調教師が初勝利。クリストフ・ルメール騎手は15年タッチングスピーチに次いで2勝目。馬名は「歌うように(音楽用語)」。
2018年9月17日(月) 05:02

 1,105

関西TVローズSのニュースをもっと見る >

【調教ズームイン】サラキア心身成長!目を見張る仕上がり
 良血馬サラキアの仕上がりに目を見張った。CWコースの大外を馬なりで軽快に走り抜け、直線はわずかに仕掛けられただけでラスト1ハロン11秒4(6ハロン85秒5)。見た目以上に鋭いフィニッシュだった。前走後、リフレッシュ放牧した効果は歴然。落ち着きもあり、春とは違って心身両面の余裕がうかがえた。 春は重賞で善戦を続けていたものの、ゲート練習に時間を費やし、レースを使うごとに馬体が細化していた。今回は仕上げの過程も入念。先々週に坂路で4ハロン54秒7-12秒7、先週はCWで1600万下の年長馬を追いかける形から3馬身突き放して6ハロン85秒0-11秒5。今週は折り合って余力十分な動きで、これだけやっても体をふっくらみせて、馬体の張りは抜群だった。この臨戦態勢なら、久々の当日輸送でも力は発揮できるはずだ。(正木)★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 12:06

 855

【ローズS】カンタービレ気配上々!折り合い専念11秒8
 カンタービレは、ルメール騎手を背にCWコースで3頭併せを行った。道中は最後方追走で折り合いに専念。最後の直線で最内に進路を取って抜け出すと、食い下がる僚馬にクビ差で最先着した。全体時計は5ハロン71秒1-11秒8と控えめながら気配は上々だ。 初コンビの鞍上は「少し引っかかったけど、ペースがスローだったからね。バランスや息づかいがよかった。大きなチャンスがありそう」と好感触を伝えた。2戦2勝の適距離でオークス13着からの巻き返しを期す。★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 12:02

 561

【ローズS】ワルキューレ、大人っぽく13秒2
 秋華賞トライアル、ローズSの追い切りが12日、東西トレセンで行われた。サンケイスポーツ賞フローラSの覇者で実績最上位のサトノワルキューレが、坂路で機敏なフットワークを披露。オークス6着以来4カ月ぶりでも乗り込みは入念で、好仕上がりをアピールした。坂路をパワフルに駆け上がったセンテリュオが、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。 前哨戦でも、仕上げに抜かりはない。オークス6着以来となるサトノワルキューレが、軽快なフットワークで登坂。万全の態勢を整えた。 「先週までにしっかりと負荷をかけていますし、きょうはサッとやりました。馬の状態は自信を持って送り出せます」 辻野助手が順調な調整過程に胸を張る。ぱらつく雨を切り裂くように、鋭いダッシュでスタート。ブレることなく、一直線に駆け上がった。最後まで馬なりで、ラスト1ハロン13秒2(4ハロン53秒2)にとどめたが、これは予定通り。回転の速いフットワークが体調のよさを物語っていた。 今春はサンスポ賞フローラSで重賞初制覇。最後方から、メンバー最速の上がり3ハロン33秒4の末脚で差し切った。オークスは一線級の厳しい流れに脚がたまらず、伸びを欠き、6着。GIの壁にはね返された経験が、秋の飛躍につながるはずだ。 夏は北海道の下河辺牧場で疲れを癒やし、8月15日に入厩。カイバ食いが良化し、馬体に実が入ってきたことで調教を強化。坂路、CWに加え、ダートやポリトラックなど複数のコースを併用して負荷を強めている。「少しガッチリして、ひと回り大きくなった感じ。目方はそれほど変わっていませんが、幼さが抜けて大人っぽくなってきました。夏の成長を見せてほしいですね」と辻野助手も目を細める。 「もともと能力の高い馬です。外回りの1800メートルも一番いいと思う」 素質にほれ込み、デビューから5戦連続でまたがっているM・デムーロ騎手も復帰戦を楽しみにしている。オークスの1~5着馬が不在のトライアルで重賞ウイナーの底力を示しておきたい。(斉藤弘樹)★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 05:14

 900

【ローズS】センテリュオ、坂路で12秒3
 重賞初挑戦となるセンテリュオは、坂路を乱れのないフォームで力強く駆け上がった。タイムは4ハロン55秒5-12秒3。2週連続でまたがった北村友騎手は「動きはよかったです。前走より体がシャープになっていて、上積みはありそうです」とうなずいた。高野調教師は「相手は強いですからね。具合はいいので、いかに集中して走れるかどうか」と課題を挙げた。★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月13日(木) 05:13

 730

関西TVローズSの直前追い切り情報をもっと見る >

関西TVローズSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月16日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
190円 190円
Lv102 
2,530円 25,300円
Lv99 
940円 3,760円
Lv98 
190円 16,150円
Lv96 
190円 12,540円

的中情報をもっと見る >

関西TVローズS過去10年の結果

2017年9月17日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ラビットラン 和田竜二 1:45.5 26.4倍 94.6
2着 カワキタエンカ 横山典弘 1 1/4 21.4倍 93.3
3着 リスグラシュー 武豊 3/4 6.3倍 92.6
2016年9月18日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 シンハライト 池添謙一 1:46.7 1.6倍 97.8
2着 クロコスミア 岩田康誠 ハナ 77.6倍 97.8
3着 カイザーバル 四位洋文 1/2 20.8倍 97.2
2015年9月20日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

関西TVローズSのデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1800m

ローテについては、2008年以降8勝を含む12連対の前走オークス組が断然の存在。前走条件戦組の食い込みも増えてきているが、それでもオークス組の優位を崩すまでには至らない。ただし、オークスで1秒0以上敗退していた馬の巻き返しは難しく、1着はおろか2着連対すら果たしていない。また、オークスの1~2着馬を過度に信頼するのも禁物だ。人気を超えるパフォーマンスを見せたのは、2014年1着の関東馬・ヌーヴォレコルト(2番人気)のみ。関西馬の場合は、総じて人気以下の着順にとどまっており、配当妙味は極めて低い。舞台となる阪神芝1800mは外回りコースを使用。直線が長いうえに、急坂も存在するため、瞬発力上位の差し馬が強い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

関西TVローズSの歴史と概要


2017年の優勝馬ラビットラン

かつてのエリザベス女王杯トライアルで、現在の秋華賞トライアル。第4回(1986年)のメジロラモーヌ、第5回(1987年)のマックスビューティら、昭和の時代から世代トップクラスの馬による勝利が多く、平成に入ってからも、第12回(1994年)のヒシアマゾン、第21回(2003年)アドマイヤグルーヴ、第25回(2007年)のダイワスカーレット、第30回(2012年)のジェンティルドンナなど、のちに“名牝”と呼ばれる一流馬が優勝馬欄にその名を刻んでいる。平穏決着の多いレースだが、第35回(2017年)は8番人気のラビットラン、6番人気のカワキタエンカという伏兵2頭がワンツーを決め、馬連2万馬券の波乱の結末となった。

歴史と概要をもっと見る >

関西TVローズSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る