アートハウス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アートハウス
写真一覧
現役 牝3 栗毛 2019年2月26日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主H.H.シェイク・ファハド
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金2,720万円
収得賞金1,600万円
英字表記Art House
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
パールコード
血統 ][ 産駒 ]
ヴィクトワールピサ
マジックコード
兄弟
前走 2022/04/10 忘れな草賞 (L)
次走予定 2022/05/22 優駿牝馬 G1

アートハウスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/04/10 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 8772.411** 牝3 54.0 川田将雅中内田充 474
(+10)
2.00.3 -0.534.0④④⑤④セルケト
21/12/11 阪神 9 エリカ賞 1勝クラス 芝2000 11222.616** 牝2 54.0 C.デムー中内田充 464
(-6)
2.00.6 0.936.6サトノヘリオス
21/10/09 阪神 5 2歳新馬 芝2000 12554.331** 牝2 54.0 川田将雅中内田充 470
(--)
2.02.8 -0.533.9ショウナンアデイブ

アートハウスの関連ニュース

過去3年の3着以内馬のうち、7頭の父が2400メートルのGⅠを制覇。全頭が初めての距離となるだけに、血統的な裏付けが重要となる。

アートハウスの父スクリーンヒーローは、2008年のジャパンCでGⅠ初制覇。同年のGⅡアルゼンチン共和国杯を勝ち、翌年の天皇賞・秋で2着に入るなど東京コースの適性も高かった。母パールコードは16年の秋華賞で2着に入り、続くエリザベス女王杯でも小差の4着。実績では上位勢に見劣りするが、素質、距離適性の高さを考えれば、渡り合えていいだろう。20年の3冠牝馬デアリングタクトと同じサンデーサイレンス3×4のクロスを持っている点も見逃せない。

昨年の最優秀2歳牝馬サークルオブライフの父は、14年のジャパンCで4馬身差Vのエピファネイア。1800メートルの新馬戦3着以降は一貫して1600メートルを使われてきたが、距離延長でのパフォーマンスアップも見込める。

桜花賞を制したスターズオンアースは、15年の日本ダービードゥラメンテの産駒。叔母には17年の勝ち馬ソウルスターリングがいて、舞台替わりは何ら問題ないだろう。ライラックの父は11年の3冠馬オルフェーヴル。半兄ブラックホール(父ゴールドシップ)は札幌2歳S勝ちがあり、中距離に適性がありそうだ。

【オークス】レース展望 2022年5月16日(月) 17:19

東京競馬場での5週連続GⅠ第3ラウンドとして、日曜メインに牝馬クラシック第2弾のオークス(22日、芝2400メートル)が行われる。今年の3歳牝馬は実力が拮抗(きっこう)しており、樫の女王を巡る争いは混戦を極めている。

桜花賞スターズオンアース(美浦・高柳瑞樹厩舎)は史上16頭目の牝馬クラシック連覇が懸かる。フェアリーSクイーンCでは連続2着と勝ちきれない競馬が続いた。しかし、桜花賞では直線で他馬と激しく接触しながら馬群を割ってハナ差で差し切り、重賞初勝利を見事にGⅠで挙げた。叔母は2017年のオークスソウルスターリングで、血統的にも距離延長は何ら問題はなく、高柳瑞調教師も「新馬、未勝利(1800メートル)と長いところを意識して使ってきた馬。距離が延びるのはいい。モタれる面も左回りだと気にならない」と期待を込める。グレード制が導入された1984年以降、33頭の桜花賞馬がオークスに出走して9勝、2着7回、連対率・485と驚異的な成績を誇っており、樫の舞台でも好勝負は必至。新コンビのクリストフ・ルメール騎手を背に、持ち前の勝負根性とレースセンスで2冠達成なるか。

昨年の最優秀2歳牝馬サークルオブライフ(美浦・国枝栄厩舎)がGⅠ2勝目を狙う。昨年の阪神ジュベナイルフィリーズでは中団追走から直線で大外に持ち出して豪快に差し切り、栄えある2歳女王に輝いた。2走前のチューリップ賞では一転して先行策を試みるも、伸びあぐねて3着。明らかにためる競馬の方が持ち味が生きることが分かり、迎えた桜花賞では後方に控えて末脚にかけるも、内、前有利の馬場に阻まれ4着に敗れた。しかし、上がり3ハロン最速33秒3の脚は強烈で、2400メートルへの距離延長もプラスになりそうだ。鞍上のミルコ・デムーロ騎手が昨年のオークスユーバーレーベンで制している点も心強い。

兄・武豊騎手&弟・武幸四郎調教師の〝兄弟タッグ〟が、ウォーターナビレラ(栗東)でGⅠ初制覇を狙う。阪神JF3着、桜花賞2着とGⅠでも安定して好成績を収めている。昨年には1400メートルのファンタジーSを勝っているが、「スタートが速くてレースが上手。前走のように折り合いがつけば距離はこなせると思う」と鞍上は自信を口にしている。武幸調教師は騎手時代の2013年にメイショウマンボオークスを制しているが、調教師としてはGⅠ未勝利。現役最多タイのオークス3勝を誇る兄がどう騎乗するか興味深い。

ナミュール(栗東・高野友和厩舎)は1番人気に推された阪神JFでは出遅れが影響して4着に敗退。年明け初戦のチューリップ賞を楽勝して改めて素質の高さをアピールしたが、桜花賞は大外枠で終始外を回されるロスが響き10着と敗れた。それでも勝ち馬から0秒3差と小差。力を十分発揮できれば巻き返しの可能性はある。

桜花賞組に割って入るならアートハウス(栗東・中内田充正厩舎)が最有力だろう。桜花賞当日の忘れな草賞を圧勝。忘れな草賞組優勝馬は近年、15年にミッキークイーン、2019年にラヴズオンリーユーオークスを制覇している。桜花賞を制したリーディングジョッキーの川田将雅騎手がこの馬に継続騎乗する点も強調材料だ。

昨年はサンケイスポーツ賞フローラS3着のユーバーレーベンが本番を制覇。今年の勝ち馬エリカヴィータ(美浦・国枝栄厩舎)、2着パーソナルハイ(栗東・矢作芳人厩舎)、同5着ルージュエヴァイユ(美浦・黒岩陽一厩舎)も目が離せない。

ほかにはクイーンC勝ち馬プレサージュリフト(美浦・木村哲也厩舎)、フラワーCを制したスタニングローズ(栗東・高野友和厩舎)などの登録がある。

[もっと見る]

【オークス】栗東1週前追い ウォーターナビレラ“キャラ変”武豊好感触 2022年5月12日(木) 04:45

桜花賞2着ウォーターナビレラ(武幸厩舎)は、栗東CWコースの併せ馬で6ハロン82秒2-11秒4。ゴール前で仕掛けられ、ワールドウインズ(オープン)と併入した。武豊騎手は「今までにないぐらい落ち着いていたのが印象的で〝キャラ変〟したのかなと思うぐらい。2400メートルに延びるけど、前走も折り合いはついていたし、距離はこなせる。乗っている感じから左回りもいいんじゃないかな」と好感触を伝えた。

忘れな草賞1着アートハウス(中内田厩舎)は、CWコースで川田騎手を背に併せ馬。一杯に追われると、ラスト1ハロン10秒9(6ハロン82秒0)を計時し、フェアレストアイル(2勝)に3馬身半先着した。福永助手は「予定通りの追い切り時計で、動きも良く見せていました。キャリアが浅いぶん、初コース、距離など未知な部分は多いものの、ムキになるタイプでもないので東京2400メートルにも対応してくれると思います」と語った。

フラワーC1着スタニングローズ(高野厩舎)は、坂路の単走で仕掛けられて、4ハロン53秒3-12秒1。高野調教師は「抜群のコンディションで戻ってきました。筋肉のボリュームが素晴らしい」と満足げな表情を浮かべた。

サンスポ賞フローラS2着パーソナルハイ(矢作厩舎)は、坂路の併せ馬で1馬身遅れた。矢作調教師は「併せた相手も動いたし、遅れたけれど時計的には十分。きついローテかもしれないが、上積みはもう一段階あると思う」と話した。

チューリップ賞4着以来のサウンドビバーチェ(高柳大厩舎)は、CWコースの併せ馬で2馬身先着。高柳大調教師は「前に馬を置いて折り合い重視で。しまいはしっかりと動けていたし、抜け出してからの動きは良かった」と語った。

[もっと見る]

【オークス】特別登録馬 2022年5月8日() 17:30

[もっと見る]

【オークス】アートハウスの鞍上は川田騎手に決定 2022年5月6日(金) 11:56

忘れな草賞を勝ったアートハウス(栗・中内田、牝3)は、オークス(22日、東京、GⅠ、芝2400メートル)で引き続き川田騎手とのコンビで挑むことが6日、決まった。「順調にきています」と中内田調教師は話した。

[もっと見る]

【3歳次走報】桜花賞8着アルーリングウェイはNHKマイルCを予定 2022年4月14日(木) 04:53

«3歳»

★桜花賞8着アルーリングウェイ(栗・藤岡、牝)はNHKマイルC(5月8日、東京、GⅠ、芝1600メートル)を予定。9着サブライムアンセム(栗・藤原英、牝)は14日にノーザンファームしがらき(滋賀県)に放牧。その後は北海道で夏休みの予定。

★忘れな草賞を勝ったアートハウス(栗・中内田、牝)は、馬の状態を確認しながらオークス(5月22日、東京、GⅠ、芝2400メートル)を視野に入れる。

桜花賞10着ナミュール(栗・高野、牝)、11着プレサージュリフト(美・木村、牝)、16着ライラック(美・相沢、牝)はオークスを予定。13着クロスマジェスティ(美・水野、牝)はオークスは見送って、ひと息入れる。

★昇竜S2着ジレトール(栗・松永幹、牡)は端午S(5月1日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。

★ゆきやなぎ賞2着ディライトバローズ(栗・杉山晴、牡)は、戸崎騎手との新コンビで青葉賞(30日、東京、GⅡ、芝2400メートル)に向かう。

★すみれS4着セレシオン(栗・友道、牡)は、プリンシパルS(5月7日、東京、L、芝2000メートル)へ。

★忘れな草賞6着シーグラス(美・武藤、牝)はオークスへ。

きさらぎ賞4着アスクワイルドモア(栗・藤原、牡)は、京都新聞杯(5月7日、中京、GⅡ、芝2200メートル)に向かう。

★マーガレットS7着ダークペイジ(栗・吉村、牝)は、浜中騎手で葵S(5月28日、中京、GⅢ、芝1200メートル)に進む。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アートハウスの関連コラム

閲覧 2,743ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

アートハウスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 8

おはよ~♪

5月17日ですね!

最近は毎週書いておりますが・・・、

まだ火曜日、一日働いただけなのにすでに疲労困憊。

馬券も当たらんしだいぶ煮詰まって来てますな。

なので今日からのジャイアンツとの三連戦。

これ以上ストレスが溜まる結果だけは止めてホシーノ☆彡

と言う訳で優駿牝馬は今のところ・・・、

アートハウス
エリカヴィータ
サークルオブライフ
スタニングローズ
スターズオンアース
ナミュール
プレサージュリフト
ルージュエヴァイユ

かな?

現状では本命はアートハウス一択よ♪

ここのところ早期に決めた軸馬はしっかり来てくれるのですが、

相手を間違える事連発。

なのでおいらが切り捨てたお馬さんに流すと当たるかもね♪

・・・、ほっといてよ、ふんっ!

 リユウ指数 2022年5月16日(月) 05:43
オークス【軸候補④→紐候補⑤】【人気の傾向】穴目予想も!👩‍🎓
閲覧 232ビュー コメント 0 ナイス 5

オークス
【U指数】
1位ーピンハイ   93.1
2位軸ウォーターナビレラ   92.5
3位紐ナミュール   92.2
4位紐プレサージュリフト   91.7
5位軸アートハウス   91.5

【人気の傾向】
1番人気は【7.2.1.4】という上々の成績で前走桜花賞3着以内馬に限定すると【6.1.0.2】該当馬がいれば素直に信頼
その反面桜花賞の上位馬以外が1番人気の場合は疑ってかかるべきだ
頼りになるのは4~9番人気の中穴ゾーン。過去20年7頭の勝ち馬を含む14頭の連対馬を送り出し単勝&複勝回収率も文句なしの数値を叩き出している

基準予想:軸→軸→紐
穴目予想:軸→紐→紐も!👩‍🎓

【軸候補】
サークルオブライフ
スターズオンアース
ウォーターナビレラ
アートハウス
【紐候補】
ナミュール
エリカヴィータ
プレサージュリフト
ルージュエヴァイユ
ベルクレスタ
~~~~~~~~~~~
ヴィクトリアマイル
④→③→⑥【人気】
軸→軸→紐🎯基準予想

[もっと見る]

 DEEB 2022年4月10日() 17:58
恥ずかしい馬予想2022.04.10[結果]
閲覧 135ビュー コメント 0 ナイス 5

中山 7R 4歳以上1勝クラス
◎ 2 ハイエストエンド…2着
○12 ビヨンドザシーン…4着
▲ 9 ☆セイウンオードリー…8着
△ 5 シュバルツイェガー…12着
[結果:ハズレ×]

中山11R 春雷ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 タイセイアベニール…4着
○11 ルッジェーロ…7着
× 4 ☆シセイヒテン…15着
× 2 ☆アルピニズム…14着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上2勝クラス(混合)
◎ 5 フォックススリープ…14着
○14 デルマカミカゼ…4着
▲10 ☆タケルラスティ…9着
△11 リワードマレンゴ…1着
×16 ダイシンウィット…3着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 忘れな草賞 (L) 3歳オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 セルケト…2着
○ 7 アートハウス…1着
▲ 8 ロマンシングブルー…4着
[結果:アタリ○ 馬連 1-7 890円、ワイド 1-7 380円]

阪神11R 桜花賞 GⅠ 3歳オープン(国際)牝(指定)
◎13 ラズベリームース…17着
○16  サークルオブライフ…4着
▲ 8 スターズオンアース…1着
△ 7 サブライムアンセム…9着
× 6 ウォーターナビレラ…2着
× 1 ナムラクレア…3着
☆ 4 パーソナルハイ…6着
[結果:ハズレ×]

阪神12R 梅田ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎12 サトノロイヤル…15着
○10 クリノドラゴン…2着
▲ 2 ゴールドレガシー…1着
△13 ☆ヴォワドアンジェ…5着
× 3 ☆フォルテデイマルミ…7着
[結果:アタリ○ 馬連 2-10 3,210円]

[今日の結果:6戦2勝4敗0分]
久しぶりのプラス終了でした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アートハウスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年12月11日() 14:46:19
外人が乗っても人気に応えられないのは中内田厩舎の質の低さ。
Cデムーロは厩舎に裏切られた格好で全ては厩舎の責任。
普段から凡才を使っているからこの態になると言う証拠!

アートハウスの写真

アートハウス

アートハウスの厩舎情報 VIP

2022年4月10日忘れな草賞 (L)1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アートハウスの取材メモ VIP

2022年4月10日 忘れな草賞 (L) 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。