アートハウス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
アートハウス
アートハウス
アートハウス
写真一覧
現役 牝3 栗毛 2019年2月26日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主H.H.シェイク・ファハド
生産者三嶋牧場
生産地浦河町
戦績 5戦[3-0-0-2]
総賞金8,019万円
収得賞金4,200万円
英字表記Art House
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
パールコード
血統 ][ 産駒 ]
ヴィクトワールピサ
マジックコード
兄弟 パールロード
市場価格
前走 2022/09/18 関西TVローズS G2
次走予定

アートハウスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/09/18 中京 11 ローズS G2 芝2000 14582.711** 牝3 54.0 川田将雅中内田充 476
(0)
1.58.5 -0.134.2④④⑤サリエラ
22/05/22 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18236.527** 牝3 55.0 川田将雅中内田充 476
(+2)
2.24.9 1.035.4スターズオンアース
22/04/10 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 8772.411** 牝3 54.0 川田将雅中内田充 474
(+10)
2.00.3 -0.534.0④④⑤④セルケト
21/12/11 阪神 9 エリカ賞 1勝クラス 芝2000 11222.616** 牝2 54.0 C.デムー中内田充 464
(-6)
2.00.6 0.936.6サトノヘリオス
21/10/09 阪神 5 2歳新馬 芝2000 12554.331** 牝2 54.0 川田将雅中内田充 470
(--)
2.02.8 -0.533.9ショウナンアデイブ

アートハウスの関連ニュース

ジャパンダートダービーを制したノットゥルノ(栗・音無、牡3)は、日本テレビ盃(28日、船橋、JpnⅡ、ダ1800メートル)で松山騎手との新コンビで臨む。僚馬で目黒記念17着アリストテレス(牡5)は、京都大賞典(10月10日、阪神、GⅡ、芝2400メートル)で鮫島駿騎手と新たにタッグを組む。

ローズS1着アートハウス(栗・中内田、牝3)は、秋華賞(10月16日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)に向かう。

セントライト記念4着セイウンハーデス(栗・橋口、牡3)、6着ボーンディスウェイ(美・牧、牡3)は、菊花賞(10月23日、阪神、GⅠ、芝3000メートル)を目指す。3着ローシャムパーク(美・田中博、牡3)、7着オニャンコポン(美・小島、牡3)は別路線へ。

★納屋橋S1着ママコチャ(栗・池江、牝3)は、ターコイズS(12月17日、中山、GⅢ、芝1600メートル)を目標に、その前に一戦挟むプランもある。

★昨年8月の札幌日経OP1着以降、休養しているディアスティマ(栗・高野、牡5)は、京都大賞典で復帰する。

エルムS4着ブラッティーキッド(栗・中尾、牡4)は、みやこS(11月6日、阪神、GⅢ、ダ1800メートル)か武蔵野S(11月12日、東京、GⅢ、ダ1600メートル)を視野に。6着ヒストリーメイカー(栗・新谷、牡8)はみやこSへ。

★垂水Sを勝ちオープン入りしたイズジョーノキセキ(栗・石坂、牝5)は、岩田康騎手とのコンビで府中牝馬S(10月15日、東京、GⅡ、芝1800メートル)からエリザベス女王杯(11月13日、阪神、GⅠ、芝2200メートル)へ。

★テレQ杯を勝ったセルフィー(栗・鮫島、牝5)は、夕刊フジ杯オパールS(10月9日、阪神、L、芝1200メートル)に駒を進める。水無月S1着ストーンリッジ(栗・藤原、牡5)も同レースへ。

★ラジオ日本賞勝ちのアシャカトブ(美・小笠、牡6)は、武蔵野Sを予定。3着ウシュバテソーロ(美・高木、牡5)と13着ヴェルテックス(栗・吉岡、牡5)は、ブラジルC(10月23日、東京、L、ダ2100メートル)。5着ワーケア(美・手塚、牡5)は、福島民友C(11月20日、福島、L、ダ1700メートル)へ。

★ケフェウスS2着エヴァーガーデン(美・深山、牝5)は、新潟牝馬S(10月23日、新潟、OP、芝2200メートル)が視野に。3着ラヴユーライヴ(栗・矢作、牝5)は府中牝馬Sへ向かう。

★JRAアニバーサリーSを逃げ切ったフラーレン(栗・牧田、牝5)はレディスプレリュード(10月6日、大井、JpnⅡ、ダ1800メートル)を目指す。

クイーンS11着のゴルトベルク(美・手塚、牝5)は府中牝馬SかオクトーバーS(10月16日、東京、L、芝2000メートル)へ。

京成杯AH11着のルフトシュトローム(美・堀、騸5)は横山和騎手で富士S(10月22日、東京、GⅡ、芝1600メートル)を予定。

日本ダービー15着デシエルト(栗・安田隆、牡3)は、グリーンチャンネルC(10月10日、東京、L、ダ1600メートル)か、太秦S(10月15日、阪神、OP、ダ1800メートル)を視野。阿蘇S4着ミステリオーソ(栗・武幸、牡5)は太秦Sへ。

中京記念13着ワールドウインズ(栗・武幸、騸5)は、登録しているスプリンターズS(10月2日、中山、GⅠ、芝1200メートル)が除外になれば、同日のポートアイランドS(中京、L、芝1600メートル)に回る。

産経賞セントウルS12着チェアリングソング(美・青木、牡5)は、ラビスラズリS(12月4日、中山、L、芝1200メートル)が視野に。

★天保山S5着のグレートウォリアー(栗・藤原、牡7)は、グリーンチャンネルCに向かう。




【ローズS】アートハウスが重賞初勝利 秋華賞で母のリベンジだ 2022年9月19日(月) 04:54

川田騎乗で1番人気のアートハウスが、好位追走から抜け出して重賞初制覇。オークスで7着に敗れた春から成長を示し、2016年に母パールコードが2着だった秋華賞(10月16日、阪神、GⅠ、芝2000メートル)制覇に弾みをつけた。2番人気の2着サリエラ、7番人気の3着エグランタインまでが秋華賞の優先出走権をつかんだ。




台風14号の影響で天気がころころ変わる尾張の地で、確かな進化を見せつけた。春のオークスで悔しさを味わったアートハウスが秋初戦で快勝。冷静なエスコートが光った川田騎手が納得の表情で切り出した。

「最後(2着が)追っては来ましたが、雰囲気としてはいい内容で直線を走っていたので、捕まることはないな、という感触でした」

五分のスタートを切ると、スッと4、5番手を確保。「リズム良く前半を進んでいく中で、自然と取れたポジションがあそこでしたので、そこで我慢できるように心掛けました」。スピードに乗りながら直線に向くと、ラスト1ハロン過ぎで先頭へ。最後は迫るサリエラを寄せ付けず、半馬身差で初めての重賞タイトルをゲットした。

重賞初出走ながら2番人気に支持されたオークスは7着。鞍上は「走りのバランスが崩れてしまったことで、結果を伴うことができませんでした」と敗因を分析。「そこを大事にケアしながらここまで歩んできたことで、ある程度改善できてこの結果が出ました」とうなずいた。

精神面での成長も見逃せない。春に比べて落ち着きが出たことで、スムーズな調教が可能に。中内田調教師は「春よりもバーンとテンションが上がることがなくなってきました」と目を細めた。

母パールコードは同じ川田騎手&中内田厩舎のタッグで秋華賞に挑み、2着で戴冠を逃した。川田騎手が「しっかりと準備をして、2冠馬(スターズオンアース)に胸を張って挑めるような状態で秋華賞を迎えたいなと思います」と意気込めば、中内田調教師も「リベンジという言葉でいいと思います」と力を込めた。

いざ、ラスト1冠へ。母の忘れ物を仁川のターフで回収する。(山口大輝)




アートハウス 父スクリーンヒーロー、母パールコード、母の父ヴィクトワールピサ。栗毛の牝3歳。栗東・中内田充正厩舎所属。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬。馬主はHHシェイク・ファハド氏。戦績5戦3勝。獲得賞金8019万7000円。重賞は初勝利。ローズS中内田充正調教師が2019年ダノンファンタジー、20年リアアメリアに次いで3勝目。川田将雅騎手は2008年マイネレーツェル、19年ダノンファンタジー、20年リアアメリアに次いで4勝目。馬名は「アートハウス」。

[もっと見る]

【関西テレビ放送賞ローズステークス】入線速報(中京競馬場) 2022年9月18日() 15:40

中京11R・関西テレビ放送賞ローズステークス(5回中京4日目 中京競馬場  芝・左2000m サラ系3歳オープン)は、1番手8番アートハウス(単勝2.7倍/1番人気)、2番手6番サリエラ(単勝4.0倍/2番人気)、3番手9番エグランタイン(単勝19.1倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連6-8(9.0倍) 馬単8-6(16.3倍) 3連複6-8-9(53.6倍) 3連単8-6-9(177.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2022091807050411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】ローズS2022 「大井の帝王」こと的場文男騎手、大久保先生など多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2022年9月18日() 05:30


※当欄ではローズSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【的場文男(大井競馬騎手)】
◎⑤ラリュエル
馬連流し
⑤-⑥⑦⑧
馬連
サリエラ-⑧アートハウス

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑧アートハウス
○⑥サリエラ
▲④パーソナルハイ
△⑦メモリーレゾン
△⑬ベリーヴィーナス
△⑭ルージュリナージュ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑤ラリュエル
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑧アートハウス
馬連流し・ワイド流し
⑧-⑫⑭

【DAIGO】
◎⑧アートハウス

【林修】
注目馬
アートハウス

【長岡一也】
◎⑧アートハウス
○⑥サリエラ
▲①セントカメリア
△④パーソナルハイ
△⑤ラリュエル
△⑦メモリーレゾン
△⑨エグランタイン

【原奈津子】
◎①セントカメリア
○⑭ルージュリナージュ
▲⑤ラリュエル

【徳光和夫】
◎⑧アートハウス
3連単1頭軸流しマルチ
⑧→③⑤⑦⑫⑬
ワイド流し
ミナモトフェイス-①⑤⑥⑦⑧⑫⑬⑭

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑭ルージュリナージュ
馬連流し
⑭-①④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑫
3連単2頭軸流しマルチ
⑭→④→①⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑫
⑭→⑤→①④⑥⑦⑧⑨⑩⑫

【ギャロップ林】
◎⑦メモリーレゾン
単勝

馬連流し
⑦-④⑤⑧⑨⑭

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑦メモリーレゾン
3連単2頭軸流しマルチ
⑦→⑧→①⑤⑥⑨

【てつじ(シャンプーハット)】
◎①セントカメリア
馬単
①→⑧アートハウス
⑧→①
3連単2頭軸流しマルチ
①→⑧→②④⑦⑨⑩⑪⑫⑬

【浅越ゴエ】
◎⑤ラリュエル
3連単1頭軸流しマルチ
⑤→④⑥⑧⑪⑭

【月亭八光】
◎⑧アートハウス
3連単1着軸流し
⑧→①②③④⑤⑥⑨⑫⑭

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎①セントカメリア
馬単
①→⑧アートハウス
⑧→①
3連単フォーメーション
①⑧→②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭→①⑧
①⑧→①⑧→②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑨エグランタイン
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→①③④⑤⑥⑦⑧

【下田真生(コウテイ)】
◎⑬ベリーヴィーナス
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑩→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪⑫
3連単フォーメーション
⑧→⑬→①⑦⑩

【九条ジョー(コウテイ)】
◎⑫ヒヅルジョウ
複勝


【神部美咲】
◎④パーソナルハイ

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ラリュエル
サリエラ
セントカメリア
アートハウス
ルージュリナージュ

【杉本清】
◎⑧アートハウス
○④パーソナルハイ
▲⑥サリエラ
☆⑩マイシンフォニー
△①セントカメリア
△⑦メモリーレゾン

【粗品(霜降り明星)】
◎⑥サリエラ
3連単フォーメーション
⑥→④⑧⑩⑭→①④⑤⑧⑩⑭

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑫ヒヅルジョウ
ワイド流し
⑫-①②③④⑦⑧⑨
セントカメリア-②③④⑦⑧⑨

【船山陽司】
◎⑪ヴァンルーラー

【皆藤愛子】
◎⑧アートハウス

【小木茂光】
◎⑤ラリュエル
3連単フォーメーション
⑤⑧⑨→①④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑭→⑤⑧⑨

【守永真彩】
◎①セントカメリア
3連複2頭軸流し
①-⑧-②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤ラリュエル

【田中裕二(爆笑問題)】
◎①セントカメリア
○⑨エグランタイン
▲⑥サリエラ
△⑧アートハウス
△④パーソナルハイ
△⑤ラリュエル
△⑬ベリーヴィーナス
3連単1頭軸流しマルチ
①→④⑤⑥⑧⑨⑬

【横山ルリカ】
◎①セントカメリア

【旭堂南鷹】
◎⑤ラリュエル
○⑨エグランタイン
▲⑧アートハウス
△④パーソナルハイ
△⑦メモリーレゾン

【橋本マナミ】
◎⑧アートハウス
○⑥サリエラ
▲④パーソナルハイ
☆⑤ラリュエル
△①セントカメリア
△⑦メモリーレゾン
△⑨エグランタイン
△⑭ルージュリナージュ

【稲富菜穂】
◎①セントカメリア
○⑥サリエラ
▲⑤ラリュエル
△④パーソナルハイ
△⑧アートハウス
△⑬ベリーヴィーナス
△⑭ルージュリナージュ

【中野雷太】
◎⑧アートハウス

【清水久嗣】
◎⑫ヒヅルジョウ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑧アートハウス

【熊崎晴香(SKE48)】
◎①セントカメリア
○⑭ルージュリナージュ
▲⑧アートハウス
△④パーソナルハイ
△⑨エグランタイン

【天童なこ】
◎⑦メモリーレゾン
○⑤ラリュエル
▲⑭ルージュリナージュ
☆⑥サリエラ
△①セントカメリア
△④パーソナルハイ
△⑧アートハウス
△⑨エグランタイン
△⑩マイシンフォニー
△⑫ヒヅルジョウ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】ローズS2022 騎手重視予測からはアートハウスの反撃に期待 2022年9月17日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞のローズS(G2)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回のローズSは京都競馬場改修中につき今年も中京で行われます。舞台となる中京芝2000mは、内回りコースでコーナーを4つ回るコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性60%、トラック適性30%、G前の坂の有無適性10%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したローズS全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑧アートハウス    23.41%
2 ⑥サリエラ      11.53%
3 ⑤ラリュエル     9.98%
4 ①セントカメリア   9.47%
5 ⑩マイシンフォニー  8.89%
6 ⑫ヒヅルジョウ    8.48%
7 ⑭ルージュリナージュ 7.61%
8 ⑨エグランタイン   4.87%
9 ②ブルトンクール   4.50%
10 ⑦メモリーレゾン   3.65%
11 ④パーソナルハイ   2.61%
12 ⑬ベリーヴィーナス  2.14%
13 ③ミナモトフェイス  1.64%
14 ⑪ヴァンルーラー   1.21%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(14頭立ての場合は7.14%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のローズSでは上位7頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑧>>>⑥>⑤①⑩⑫⑭

ご覧のように⑧アートハウスが1頭のみ勝率予測20%超えで堂々トップと相成りました。ラスト1冠の秋華賞奪取に向けて、ここはアートハウスの反撃に期待したいと思います。馬券は隊列通りの馬単1着ながしの計9,000円(6点)で勝負いたします。

【劉備のローズS勝負馬券】
馬単1着ながし
⑧→①⑤⑥⑩⑫⑭
6点×各1,500円=9,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】ローズS2022 名手が継続騎乗するU指数上位2頭が馬券の中心! 2022年9月17日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!ローズS・U指数予想をお届けします!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

2018年3着のラテュロス(14位、13番人気)、2020年2着のムジカ(11位、14番人気)など、指数下位かつ人気薄の激走が頻繁に見られるのがこのレースの特徴。U指数を頼りにこういうタイプを狙い撃ちするのは困難なので、カバーするためには手広く流すしか手立てがない。

しかし、直近5年中4回は3位以内かつ3番人気以内の馬が馬券になっているという事実も確認できる。つまり、信頼度の高い軸馬の絞り込みは可能ということだ。よって、ヒモ荒れを視野に入れつつも、馬券の中心は人気の指数上位勢からチョイスしていきたい。

最上位に取り上げるのは、2位⑧アートハウス(91.7)。オークスでは2番人気に支持されるも7着に敗れたが、それまでの戦績的にもこの敗戦だけで評価を落とすのは危険。川田騎手が引き続き手綱を取る点も心強い。同様に、コース巧者で福永騎手が5戦連続して騎乗する1位①セントカメリア(91.9)も上位に評価すべきだろう。

以下、上位2頭とほとんど指数差のない3位⑤ラリュエル(91.6)と、10位ながらもまだまったく底を見せていない⑥サリエラ(88.1)を押さえておく。

【U指数予想からの注目馬】
アートハウス ①セントカメリア ⑤ラリュエル ⑥サリエラ

[もっと見る]

⇒もっと見る

アートハウスの関連コラム

閲覧 971ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は東西で牡馬牝馬3冠最終戦に繋がる重要トライアル、ローズSセントライト記念が行われた(後者は厳密には今週)。

ローズSオークス以来のアートハウスが好位から抜け出し完勝。一方セントライト記念は上がり馬ガイアフォース皐月賞4着、ダービー3着のアスクビクターモアを競り落として重賞初制覇を飾った。

歴史を振り返れば3冠最終戦により繋がるのは、これまで幾多の名馬が秋のステップとして参戦したローズS。だが、近年は直行する馬が続出。3冠馬アーモンドアイデアリングタクトも例外なくローズSをスキップ、今年の2冠馬スターズオンアースも、骨折という事情はあるにせよ、ローズSはスキップして秋華賞に臨むことになっている。

そう考えると、3冠最終戦により繋がるのはセントライト記念ではないか。セントライト記念といえばかつてはむしろ傍流のトライアル。実際勝ち馬の中で菊花賞でも好走したのは片手の指で足りるほどで、近年だと7年前のキタサンブラックがいるくらい。あとは2007年のロックドゥカンブ菊花賞でも3着した程度だろうか。むしろ敗戦組の中から本番での好走馬が出ているのが現状で、昨年はオーソクレースセントライト記念3着から本番で2着、2年前はサトノフラッグが同2着から本番3着、3年前はサトノルークスが同2着から本番でも2着。菊花賞での好走は果たせなかったが、人気薄で3着したスクリーンヒーローはその後ジャパンカップを制し、種牡馬としてはモーリスゴールドアクターを輩出、第2の人生での出世を果たしている。

だが、今年はむしろ神戸新聞杯よりもセントライト記念に、より好メンバーが揃っていた。日本ダービー3着のアスクビクターモアに加えて、ローシャムパークガイアフォースなど期待の上がり馬も参戦。日本ダービー勝ち馬ドウデュースはフランスへ遠征、2着イクイノックス、4着ジオグリフ天皇賞(秋)へ直行予定という状況下で3着馬と有力上がり馬が参戦したセントライト記念は神戸新聞杯以上に菊花賞の「主流トライアル」だったといえるだろう。

というわけで、アスクビクターモアを力でねじ伏せたガイアフォース菊花賞でも注目したい。同じローテで菊花賞を制した父キタサンブラックに続くことができるだろうか。振り返ればガイアフォースが2着だった新馬戦の勝ち馬はドウデュース、3着はフェーングロッテン(ラジオNIKKEI賞を制し菊花賞参戦予定)。いつの日か、ドウデュースのデビュー戦が伝説の新馬戦として語られる日が来るのかもしれない。

では、先週の振り返りも終わったところで、今回も次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】エールミネルヴァ(月曜中京3レース・2歳未勝利/2着)

道中はインの好位を追走すると直線はしぶとく伸びて勝ち馬に迫った。レースぶり自体は派手さがなく目立つものではないが、立ち回りの上手さと追っての良さを兼ね備えた安定タイプ。アメリカンペイトリオット産駒はビーアストニッシドに代表されるように総じて安定感のある立ち回り型が多く、本馬も同タイプ。未勝利クラスなら引き続き軸としての信頼度は高い。

神戸新聞杯展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末も菊花賞トライアル、神戸新聞杯が行われる。注目馬はコチラ。

サトノヘリオス浜中俊騎手)

ラジオNIKKEI賞は上手く内枠を生かして伸びて来た。差し馬ながら馬群を捌ける器用さを兼ね備えており、距離延長も歓迎。浜中騎手も今年の重賞では乗れており、今年のやや手薄なメンバー構成ならば、好勝負に持ち込めるはず。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年9月11日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年09月11日号】特選重賞データ分析編(323)~2022年ローズS
閲覧 1,484ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 関西テレビ放送賞 ローズステークス 2022年09月18日(日) 中京芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2017年以降)】
○5着以内 [4-4-5-36](3着内率26.5%)
×6着以下 [1-1-0-30](3着内率6.3%)

 前走好走馬が中心。2017年以降の3着以内馬15頭中13頭は、前走の着順が5着以内でした。ビッグレースからの直行組であっても、大敗直後の馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→セントカメリアメモリーレゾンラリュエル
主な「×」該当馬→アートハウスパーソナルハイベルクレスタ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走のレースがオークス」の馬は2017年以降[3-1-3-17](3着内率29.2%)
主な該当馬→アートハウスパーソナルハイベルクレスタ

[もっと見る]

2022年5月19日(木) 09:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック オークス2022  
閲覧 1,977ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月22日(日) 東京11R 第83回オークス優駿牝馬)(3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:桜花賞出走馬>(中5週)
スターズオンアース(1着、470kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
この中間もいつも通り南Wでの調整。近走レースで騎手がコロコロ乗り替わっているところは気になるが、追い切りではここ2戦同様に杉原騎手が追い切りに騎乗してスムーズな走りを見せている。左回りのほうが行きたがる感じが少なく、時計も優秀で併せ馬でも先着と調整過程に問題はなさそう。

ウォーターナビレラ(2着、464kg(-14kg))<C>【優先出走馬】
前走はこれまでと違い直前も強めに追ってきて勝負気配があり、馬体重こそ大きく減っていたが太め感はなく仕上がりも良かった。この中間は、1週前に武豊騎手が騎乗して併せ馬で追われるも手応え抜群の併走相手に何とか併入と、動きに関して物足りない印象を受けた。

サークルオブライフ(4着、482kg(+6kg))<B>【優先出走馬】
この中間は日曜日も長めから速い時計を出していて、前走時以上の入念な乗り込み。1週前も南Wで好時計が出ており、久しぶりの関東での競馬で巻き返しに期待がもてる仕上り。

ピンハイ(5着、406kg(-8kg))<B>【優先出走馬】
前走は勝ち馬と同じような位置取りから、直線同じような伸び脚を見せての5着と予想以上に能力は高い。小柄な馬で乗り込み量は少ないが、1週前追い切りでは前半かなり遅いペースで行きたがるところを抑えつつ先着と、仕上がりは良く映る。長く良い脚を使うというよりは切れる脚がある馬で、距離延長での折り合いと終いの脚の使いどころが鍵になりそう。

ベルクレスタ(7着、460kg(-4kg))<A>【収得賞金順(⑦)】
ここ2戦は調教での遅れが多かったが、この中間は2週前、1週前と好時計で先着。動きを見ても、1週前は内を回ったとはいえ手応えに余裕のある先着で、やっと良い出来に戻ってきた感じ。

ナミュール(10着、426kg(-4kg))<A>【収得賞金順(①)】
この中間も牧場でギリギリまで調整しての帰厩。1週前追い切りでは坂路で抜群の伸び脚を見せていて、出来自体は今回も悪くない。2戦2勝の左回りで巻き返しが期待できそう。

プレサージュリフト(11着、460kg(-4kg))<B>【収得賞金順(③)】
この中間乗り込み量は少ないものの前走時よりも内容良化。1週前追い切りではスッと反応良く伸び、日曜日にも坂路でかなり速い時計を出している。関東での競馬はプラスになる。

ライラック(16着、426kg(+6kg))<D>【収得賞金順(③)】
1週前追い切りでは鞍上の手が激しく動いていたが、持ったままの併走馬に先着できず。走りに力強さもない。




<前走:フローラS出走馬>(中3週)
エリカヴィータ(1着、442kg(+4kg))<B>【優先出走馬】
1週前は南Wで追われる。首が高い走りだが力強さがあり、前走の反動は感じず。

パーソナルハイ(2着、456kg(-2kg))<D>【優先出走馬】
今年に入って3戦と使い詰めできている。この中間は坂路での時計が平凡で、終い伸びきれず。

シンシアウィッシュ(3着、428kg(-4kg))<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
小柄で体重が減り続けている。この中間は軽めの調整となっていて上積みはなさそう。

ルージュエヴァイユ(5着、444kg(-6kg))<B>【収得賞金順(⑧)】
中3週もこの中間も週2本速い時計を出していて調整は順調。ただ走りが硬く、力強さがない。

ホウオウバニラ(7着、416kg(-10kg))<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
小柄な馬が前走でさらに大きく馬体が減ってしまった。軽めの調整となった1週前追い切りでは、伸び脚も甘く映った。




<前走:フラワーC出走馬>(中8週)
スタニングローズ(1着、474kg(-2kg))<A>【収得賞金順(②)】
2歳時は重賞でも好走するも勝ち切れないレースが続いたが、今年に入ってからはキッチリと2連勝。賞金加算に成功し、前走から無理せずここを目標に順調な調整。坂路でも好時計が出ていて、良好な仕上がり。

ニシノラブウインク(2着、462kg(+6kg))<A>【収得賞金順(⑥)】
この中間、南Wで長めから好時計が出ていて前走以上の内容。1週前追い切りでも無理なく終い好時計と上積みが窺える。



<前走:その他のレース出走馬>
アートハウス(忘れな草賞:1着、474kg(+10kg)中5週)<A>【収得賞金順(⑤)】
2走前は乗り込み本数も少なくマイナス体重で馬体も緩かったが、前走時は乗り込み豊富でプラス体重も馬体が締まっていてデキがかなり違った。この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計マークと引き続きデキ良好。大外の内に併せて終いの抜群の伸び脚をアピールした1週前追い切りの動きからは前走以上を窺わせる。

シーグラス(忘れな草賞:6着、412kg(±0kg)中5週)<C>【収得賞金順(⑧)】
この中間は馬なりで軽めの調整。強めに追えないのは、今回は関東圏での競馬ということもあって馬体を減らしたくないところもあるのではないか。1週前追い切りは動き自体は悪くないものだったが。

コントディヴェール(スイートピーS:2着、464kg(-2kg)中2週)<C>【抽選対象馬(1/4頭)】
3戦連続関東圏での競馬で、今回も中2週で輸送を控える。調整は難しそうだが、1週前にしっかりと時計を出しており、タフなところはあるようで調子落ちは思ったほど見受けられなかった。

サウンドビバーチェチューリップ賞:4着、474kg(±0kg)中10週)<B>【収得賞金順(⑧)】
チューリップ賞から間隔が空いた割には乗り込み量は少ない。動きを見ても特に目立つところはないが、キッチリ先着を果たしていて出来自体は上々。この中間は坂路中心からCW中心の調整に変えてきているくらいなので、距離を意識しているところはありそう。

ラブパイロー(ミモザ賞:1着、474kg(+2kg)中7週)<D>【収得賞金順(⑧)】
前走から中7週となるが目立つ時計はなく、1週前の南Wでの追い切りも平凡な時計。

ルージュリナージュ(ミモザ賞:3着、424kg(-6kg)中7週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
前走から間隔が空いたが、小柄な馬で乗り込み量は少なく、この中間は強めの追い切りがない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、スタニングローズアートハウスベルクレスタナミュールニシノラブウインクの5頭をあげておきます。



◇今回はオークス編でした。
時が過ぎていくのは早いもので、エリンコートが勝ったオークスから11年になります。そのとき生後3ヶ月半で初めて競馬場に行った長男も、小学6年生となりますのでそれだけ自分も歳をとったことになります。当時、競馬場の馬主席に招待してくださった本人が所有するエリンコートが勝利し、馬券も大当たりして、口取りにも参加させてもらえて、あの日の『奇跡』はこれだけ時間が過ぎた今でも鮮明に記憶に残っています。そして、その1年前にあの場所でその馬主さんとお話する機会がなければ、予想家くりーくは存在していなかったかもしれません。現在はコロナで自由に行動できませんしリモートで済んでしまうことも多くありますが、行動してその場所に行って目の前で会話することで得るものは計り知れません。ですので、これからもできる限り動き回って、いろんな場所に現れたいと思っています。



オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年10月6日(水) 17:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第8回注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 3,355ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

アートハウスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 3

2022年09月18日 中京 11R 関西TVローズS(G2)

◎:4枠 5番 ラリュエル
◯:5枠 8番 アートハウス
△:1枠 1番 セントカメリア
△:3枠 4番 パーソナルハイ
△:8枠 14番 ルージュリナージュ
-----------------------------------
馬券  :単勝
購入金額:4,500円
馬/組番:◎
◎ (5)
4,500円
-----------------------------------
馬券  :単勝270円的中
購入金額:4,500円
馬/組番:◯
◯ (8)
4,500円
-----------------------------------
馬券  :馬単
買い方 :1着ながし(マルチ)
購入金額:12,000円
1着:◎(5)
相手:◯, △(8, 1, 4, 14)
各1,500円(合計 12,000円)
-----------------------------------
馬券  :3連単
買い方 :ボックス
購入金額:6,000円
馬/組番:60組
◎, ◯, △(5, 8, 1, 4, 14)
各100円(合計 6,000円)



ここはオークスで2番人気になった実績馬アートハウスが着差以上の強い勝ち方を見せました。本番は先と言ってもこの馬は賞金加算が必須。このプレッシャーを力に変えて勝って権利を獲得しました。あとは本番まで馬体が増えるくらいの成長を見せてくれれば、本番でも楽しみな存在です。

 2着には連勝でここに権利取りに臨んだサリエラ。馬体の成長がなく心配しましたが上りNO1の末脚をここでも繰り出し権利取りに成功。この馬も本番までの成長力がカギになりそうです。

 3着のエグランタインはさすが仕事師池添騎手といった腹を括った騎乗で馬券圏内に突入してきました。もう一段ギアが備われば面白い存在です。

 所長◎のラリュエルは早めに先頭に立ちましたが最後に息切れして4着。まだこのメンバーでは力不足だったようですが能力はあるだけに今後の成長に期待です。

 Haya 2022年9月22日(木) 07:00
【~術はある~】(2022.9.22.)(オールカマー、神戸新聞杯) 
閲覧 148ビュー コメント 0 ナイス 6

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

いよいよ来週末(10/2)はG1「スプリンターズS」、
最初に吹く秋風は、葦駄天たちの激戦!!

<スプリンターズS(G1)とは?>
本競走は、昭和42年に創設された重賞競走。当時3歳以上の馬が出走できる唯一の1200mの重賞競走であった。59年のグレード制実施当初はG3だったが、62年にG2へ、平成2年にはG1へと格上げされた。平成12年より施行時期を従来の12月から10月上旬とし、秋競馬の開幕を飾るG1競走として施行されている。

【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数20年分)
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : お休み
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第9期途中経過】
第9期(9月10日~10月2日)7日間(紫苑S~スプリンターズS)9戦

週末は、当てる事ができたのか!?

日曜、G2ローズSでは、1番セントカメリアに注目!
ワイド(1-14)・複勝(1番セントカメリア) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「ローズS」で注目したセントカメリア(3人気)は、スタート悪く、後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き馬群へと沈み込んで9着…残念。レースは、好位でレースを進めたアートハウス(1人気)が、残り200m辺りで抜け出し、追い込んだサリエラ(2人気)に1/2馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着にエグランタイン(7人気)が入り、ほぼ本命決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 馬場状態に関係なく先行馬狙いで選択したセントカメリアが、まさかの出遅れ!?(スタート直前にゲート内起立)…残念。本命戦を嫌っての結果…反省。
 
月曜、G2セントライト記念では、2番ロンギングエーオに注目!
ワイド(1-2)・複勝(2番ロンギングエーオ) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「セントライト記念」で注目したロンギングエーオ(11人気)は、スタートから後方追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びを欠き馬群へと沈み込み12着…残念。レースは、中団前から進出したガイアフォース(3人気)が、アスクビクターモア(1人気)とのゴールまで続いた競り合いをアタマ差で制し優勝。さらに3馬身差の3着にローシャムパーク(2人気)が入り、ほぼ本命決着!? 当然ながら馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。 反省点として、軸馬選択の失敗!? 穴馬を狙いすぎた…反省。仮に、相手馬ローシャムパーク(2人気)を選択していた場合、複勝160円でした…残念。
 
【短 評】
先週末、2戦2敗…完敗みたいな感じ。変則開催3日間は、天候に翻弄され馬場状態に惑わされた週末でした。過去にも、馬場状態を気にして失敗!? 学習能力がない事が情けない。あと、予習の一環として過去のデータを把握していなかったことも敗因…反省。今週末までに立て直し、2重賞(オールカマー、神戸新聞杯)での復活!? 頑張ります。

【重賞レースの馬番コンピ 回 顧 篇】
(ローズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数2位"
1番セントカメリアが該当=結果9着ハズレ…(ノД`)・゜・。

(セントライト記念)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
7番アスクビクターモアが該当=結果2着的中!(複勝120円)

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(オールカマー)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3位"

*無条件
過去10年内(3-2-1-4/10)
勝率30%/連対率50%/複勝率60%/単勝回収値195/複勝回収値119
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値94/複勝回収値102

昨年(1着)出現しているが、今年も期待大!?


(神戸新聞杯)
注目(単勝/複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"

*無条件
過去10年内(7-1-1-1/10)
勝率70%/連対率80%/複勝率90%/単勝回収値116/複勝回収値101
近5年内 (4-0-0-1/5)
勝率80%/連対率80%/複勝率80%/単勝回収値148/複勝回収値88

昨年(4着)は不良馬場という悪条件?? 今年こそは期待大!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

 ちびざる 2022年9月21日(水) 23:36
【雑感】中京競馬場の現地観戦について
閲覧 186ビュー コメント 0 ナイス 21

先週の日曜のメインからローズステークスを回顧。
勝ったのは、アートハウスでした。
スタートは五分に出ました。道中は好位を追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線で抜け出しての勝利でした。
前哨戦できっちり結果を出しました。
やはりベストは2000Mかなと改めて思いました。
本番の秋華賞も2000Mなので期待感はオークス以上だと思います。
今から楽しみですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、中京競馬場の現地観戦について。
先週の9月17日に当日現金発売の入場で現地観戦に行ってきました。
前回は、改装前の中京競馬場だったので、かなり様変わりした印象でした。
ちょっと驚いたのは、ゴミ箱が多かったこととゴミが落ちてなかったこと。(笑)
以前は、いっちゃ悪いのですが、そこら中にハズレ馬券のゴミが散乱していたと記憶しています。
それを思えば、かなり綺麗になっていました。
馬券は久々に紙馬券で勝負しましたが、結果は散々でした。(笑)
それでも楽しかったですね。ちょっと疲れましたが・・・。(^^;
ただ、心地よい疲労感でした。
久々だったので、券売機での勝ち馬投票券の購入は緊張しました。
老化が進んだのか、マークシートを入れるところ、お札を入れるところが分かりにくかったです。
緑のランプで示されているのですが、ランプのところではないんですね。ちょっとズレたところに挿入口が
あるんですよね。最後まで慣れませんでした。(笑)
レースの度にJRAの服を着た職員が何人かで監視してましたね。
それもあってか声を出している人は少なかったと思います。
流石にゴール前では、一部、声を出している人はいましたが・・・。
9レースのききょうステークスではスタート前に放馬があり
ゴールまで走ったきたときは、みな拍手していました。
(ここが一番盛り上がったかも・・・。(笑))
改めて、現地観戦は楽しいなと思った一日でした。


最後に、オールカマーについて。現時点での私の注目はデアリングタクトですね。
前走の宝塚記念は3着でした。
その前走は、中団やや後ろを追走から直線で脚を伸ばし、3着でした。
復帰戦の前々走のヴィクトリアマイルも直線見せ場たっぷりの6着でしたが
あわやのシーンもあったので、復調気配は感じられました。
それで、宝塚記念での3着は、復調手前まで来ていると思います。
秋初戦のオールカマーで勝って、三冠牝馬の完全復活を見たいですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アートハウスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年5月22日() 16:02:17
中内田と川田は二人ともバカ面者。能書きばっかりで役立たずのエセ調教師とエセ鞍上。下手クソがいい気になってんじゃねえ大バカ川田。
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年12月11日() 14:46:19
外人が乗っても人気に応えられないのは中内田厩舎の質の低さ。
Cデムーロは厩舎に裏切られた格好で全ては厩舎の責任。
普段から凡才を使っているからこの態になると言う証拠!

アートハウスの写真

アートハウス
アートハウス
アートハウス

アートハウスの厩舎情報 VIP

2022年9月18日関西TVローズS G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アートハウスの取材メモ VIP

2022年9月18日 関西TVローズS G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。