エイシンヒテン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
エイシンヒテン
エイシンヒテン
エイシンヒテン
写真一覧
現役 牝3 栗毛 2018年5月6日生
調教師渡辺薫彦(栗東)
馬主株式会社 栄進堂
生産者栄進牧場
生産地浦河町
戦績12戦[2-4-0-6]
総賞金7,145万円
収得賞金1,950万円
英字表記A Shin Hiten
血統 エイシンヒカリ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
キャタリナ
エイシンサンバレー
血統 ][ 産駒 ]
エイシンワシントン
エイシンサイレンス
兄弟 エイシンルカーノエイシンパラダイス
前走 2021/10/17 秋華賞 G1
次走予定

エイシンヒテンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/10/17 阪神 11 秋華賞 G1 芝2000 163540.7104** 牝3 55.0 松若風馬渡辺薫彦 452
(0)
2.01.6 0.436.9アカイトリノムスメ
21/09/19 中京 11 ローズS G2 芝2000 1851049.2122** 牝3 54.0 松若風馬渡辺薫彦 452
(+2)
2.00.2 0.234.8アンドヴァラナウト
21/08/15 札幌 12 藻岩山特別 2勝クラス 芝2000 9223.824** 牝3 52.0 団野大成渡辺薫彦 450
(+8)
2.01.5 1.035.9ソーヴァリアント
21/04/11 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 117812.452** 牝3 54.0 団野大成渡辺薫彦 442
(+2)
1.58.2 0.235.1ステラリア
21/03/14 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 1871510.5411** 牝3 54.0 団野大成渡辺薫彦 440
(0)
1.21.5 0.835.5⑫⑩シゲルピンクルビー
21/02/13 東京 11 クイーンC G3 芝1600 1661121.084** 牝3 54.0 団野大成渡辺薫彦 440
(-10)
1.33.5 0.235.1アカイトリノムスメ
20/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 1871530.6711** 牝2 54.0 松若風馬渡辺薫彦 450
(+2)
1.34.0 0.935.2ソダシ
20/11/29 阪神 9 白菊賞 1勝クラス 芝1600 101122.581** 牝2 54.0 団野大成渡辺薫彦 448
(-4)
1.34.3 -0.433.9スパークル
20/09/06 小倉 2 2歳未勝利 芝1200 17473.011** 牝2 54.0 武豊渡辺薫彦 452
(+4)
1.08.8 -0.135.1テーオーブレイブ
20/08/16 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 16112.612** 牝2 54.0 幸英明渡辺薫彦 448
(+4)
1.07.8 0.334.3⑦⑦フリード
20/07/19 阪神 2 2歳未勝利 芝1400 16713146.2122** 牝2 54.0 藤井勘一渡辺薫彦 444
(0)
1.23.0 0.736.8マイネルジェロディ
20/06/21 阪神 5 2歳新馬 芝1600 164756.2108** 牝2 54.0 川又賢治渡辺薫彦 444
(--)
1.37.0 1.134.5⑨⑫シュヴァリエローズ

エイシンヒテンの関連ニュース

 ◆松若騎手(エイシンヒテン4着)「スタートも決まって、右回りはスムーズにいけました。強い相手に好走してくれたので今後が楽しみです」

 ◆石川騎手(スライリー5着)「すごくいい競馬ができました。初の阪神にもうまく対応してくれました。むきにならなかったのが一番ですね」

 ◆武豊騎手(ステラリア6着)「スタートが悪かったですね。ラストはいい脚を使ってくれた。良くなるのはまだ先かな」

 ◆松山騎手(アールドヴィーヴル7着同着)「終始リズムよく、折り合いもついている。速い馬場で最後は苦しくなった。3冠全て出てよく頑張っています」

 ◆津村騎手(アナザーリリック7着同着)「外枠が厳しかったです。勝ち馬の後ろでうまく走れています。これから力をつけてくれれば」

 ◆藤岡康騎手(ミスフィガロ9着)「ゲートで落ち着いてくれて練習の成果があった。最後はよく脚を使ってくれています」

 ◆大野騎手(スルーセブンシーズ11着)「うまく流れに乗ってくれました。なし崩しに脚を使う競馬になってしまった」

 ◆川田騎手(サルファーコスモス12着)「右回りは良くないですね。コーナーを上手に回れませんでした」

 ◆M・デムーロ騎手(ユーバーレーベン13着)「行きっぷりが悪かった。馬場も硬かった。3、4コーナーで反応がなく、直線ではバラバラだった」

 ◆岩田望騎手(エンスージアズム14着)「現状は我慢する競馬を教えていてそれができた。今後よくなると思う」

 ◆和田竜騎手(クールキャット15着)「ゲートは出たが、内でひしめき合ってしまいました」

 ◆丸田騎手(ホウオウイクセル16着)「ゲートに気をつけなきゃと思っていたが、出なかった。あとは回ってきただけでした」



★17日阪神11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら

【馬場の有利不利、教えます!】秋華賞2021 内めをうまく立ち回るタイプが優位!道中外、直線も外の待機勢には厳しいコンディション! 2021年10月17日() 09:29

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は秋華賞・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の阪神芝のレース結果をもとに、馬場のバイアスについて考察していきます。予想の際にお役立てください。

阪神競馬場はAコース開催の2週目。この中間は火曜日に2ミリの雨量を記録したものの、その後は天気に恵まれ、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)で施行された。ちなみに、JRAが測定した土曜日朝のクッション値は8.6の標準。火曜日から散水作業を連日施した効果もあって、好天続きの良馬場としてはソフトな仕上がりとなっている。

土曜日施行の芝競走における勝ち馬の4角通過順位は1、2、4、4、4番手。経済コースを通る馬、ならびに中団より前めに位置した馬の奮闘が目を引いた。上がり3ハロン最速馬の成績は【1.2.0.2】。それなりに結果を出してはいるものの、前週土曜日がオール連対だったことを思うと、パフォーマンス劣化の感は否めない。

枠順に関しては、内めの枠が優勢。3着以内馬15頭のうち過半数の8頭を1~3枠の馬が占めている。外めの6~8枠から馬券に絡んだ馬は、いずれも4角4番手以内の逃げ・先行型。速い流れのレースがなかったことに加え、軟らかい馬場も影響しているためか、全般的に外めの枠を引いた待機勢は苦戦を強いられている。

日曜日午前中の空模様は微妙だが、予報を確認する限り、昼過ぎからは回復基調で進む見通し。土曜日の夜から日曜日の朝にかけての雨の影響で、前日より時計を要する状況になったにせよ、路盤自体が極端に悪化することは考えづらい。

ただし、ソフトな馬場状態であることに変わりはなく、土曜日と同様に道中外、直線も外という待機勢には厳しい状況が続くものと思われる。少なくとも、非力な差し・追い込み馬が外をブン回して突き抜けるようなコンディションにはならないはずだ。

ゆえに、内めからうまく立ち回れそうな馬が優位という捉え方が、もっとも適切のように思える。枠順ベースで選ぶのであれば、やはり内めの枠(1~3枠あたり)を優先すべきだろう。そのなかでも、過去5年の秋華賞の連対馬10頭すべてに共通する、前走5着以内の馬に的を絞りたい。

今回の出走メンバーで要点(1~3枠+前走5着以内)を満たしているのは、①スルーセブンシーズ、④ソダシ、⑤エイシンヒテン。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
スルーセブンシーズ ④ソダシ ⑤エイシンヒテン

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】秋華賞2021 徳光和夫さん、大久保先生ほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2021年10月17日() 05:30


※当欄では秋華賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
クールキャット
ソダシ
スライリー
ユーバーレーベン
アカイトリノムスメ
ミスフィガロ
ワイド流し
③-④⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑯

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎④ソダシ
○⑨アンドヴァラナウト
▲①スルーセブンシーズ
△⑪ユーバーレーベン
△⑫アカイトリノムスメ
△⑭ファインルージュ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑮アナザーリリック
複勝


【キャプテン渡辺】
◎⑭ファインルージュ
馬連・ワイド
⑭-⑪ユーバーレーベン
3連複
④-⑪-⑭
3連単
⑭→⑪→④
⑭→⑪→③

【DAIGO】
◎④ソダシ
ワイド
④-⑨
④-⑦
⑦-⑨

【田中将大(マー君・東北楽天ゴールデンイーグルス投手)】
◎④ソダシ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎②ステラリア
○⑫アカイトリノムスメ
▲⑤エイシンヒテン
△⑭ファインルージュ
△④ソダシ
△⑨アンドヴァラナウト
△③クールキャット
3連単1頭軸流しマルチ
②→③④⑤⑨⑫⑭

【杉本清】
◎④ソダシ
○⑨アンドヴァラナウト
▲⑭ファインルージュ
☆⑫アカイトリノムスメ
△①スルーセブンシーズ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑪ユーバーレーベン
△⑯ミスフィガロ

【井上順】
3連単ボックス
ソダシ
アカイトリノムスメ
ミスフィガロ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑮アナザーリリック

【レッド吉田(TIM)】
◎④ソダシ

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑨アンドヴァラナウト

【林修】
注目馬
ソダシ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑫アカイトリノムスメ

【中村均(元JRA調教師)】
◎④ソダシ

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎④ソダシ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑫アカイトリノムスメ
○⑭ファインルージュ
▲④ソダシ
△⑨アンドヴァラナウト
△⑪ユーバーレーベン
△⑯ミスフィガロ
△⑩アールドヴィーヴル

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ソダシ
アンドヴァラナウト
スルーセブンシーズ

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎④ソダシ

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑨アンドヴァラナウト

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎④ソダシ

【橋本マナミ】
◎④ソダシ
○⑭ファインルージュ
▲⑨アンドヴァラナウト
△⑪ユーバーレーベン
△①スルーセブンシーズ
△⑫アカイトリノムスメ
△⑯ミスフィガロ

【松本利夫(EXILE)】
◎④ソダシ
馬連
④-⑨
④-⑫
④-⑭

【神部美咲】
◎⑭ファインルージュ
単勝

3連複1頭軸流し
⑭-①②③④⑨⑩⑪⑫⑮⑯

【旭堂南鷹】
◎⑮アナザーリリック
○④ソダシ
▲⑫アカイトリノムスメ
△⑤エイシンヒテン
△①スルーセブンシーズ

【嵐(横浜銀蝿)】
◎④ソダシ

【稲富菜穂】
◎⑫アカイトリノムスメ
○⑪ユーバーレーベン
▲④ソダシ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑨アンドヴァラナウト
△⑤エイシンヒテン

【やべきょうすけ】
◎④ソダシ
○⑫アカイトリノムスメ
▲⑨アンドヴァラナウト
△①スルーセブンシーズ
△⑦サルファーコスモス
△⑭ファインルージュ
△⑮アナザーリリック

【小木茂光】
◎⑨アンドヴァラナウト
3連単フォーメーション
②⑨⑫→①②④⑦⑨⑩⑪⑫⑭⑮→②⑨⑫

【川島明(麒麟)】
注目馬
ミスフィガロ

【ノブ(千鳥)】
注目馬
ファインルージュ

【津田麻莉奈】
◎⑫アカイトリノムスメ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑭ファインルージュ
○⑫アカイトリノムスメ
▲⑨アンドヴァラナウト
△①スルーセブンシーズ
△④ソダシ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑪ユーバーレーベン

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎①スルーセブンシーズ
○⑮アナザーリリック
▲④ソダシ
☆⑯ミスフィガロ
△②ステラリア
△⑩アールドヴィーヴル

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎④ソダシ
○⑨アンドヴァラナウト
▲⑮アナザーリリック
△⑤エイシンヒテン
△⑪ユーバーレーベン
△⑫アカイトリノムスメ
△⑭ファインルージュ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑩アールドヴィーヴル
馬単流し
⑩→①④⑨⑪⑫⑭
3連単フォーメーション
①④⑤⑨⑪⑭→⑩→①②④⑤⑦⑨⑪⑫⑭⑮⑯
①④⑤⑨⑪⑭→①②④⑤⑦⑨⑪⑫⑭⑮⑯→⑩

【ギャロップ林】
◎⑮アナザーリリック
馬連流し・ワイド流し
⑮-①⑦⑨⑩⑫

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑫アカイトリノムスメ
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→②→④⑤⑦⑨⑩⑪⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎③クールキャット
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑫→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯

【浅越ゴエ】
◎⑭ファインルージュ
3連単ボックス
ソダシ
アンドヴァラナウト
ファインルージュ
3連単フォーメーション
⑭→①②④⑨⑩⑫→⑤
①②④⑨⑩⑫→⑭→⑤
ワイド流し
⑭-⑤⑩

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑯ミスフィガロ
馬単
⑯→④ソダシ
④→⑯
3連単フォーメーション
④⑯→①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮→④⑯
①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮→④⑯→④⑯
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎①スルーセブンシーズ
3連単2頭軸流しマルチ
①→④→⑤⑦⑨⑩⑪⑫⑭⑯
3連単1着軸流し
①→④⑤⑦⑨⑩⑪⑫⑭⑯

【下田真生(コウテイ)】
◎⑩アールドヴィーヴル
3連単フォーメーション
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮⑯→①④⑫→⑩

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③クールキャット
複勝


【岡野陽一】
◎⑨アンドヴァラナウト
○②ステラリア
▲④ソダシ
△①スルーセブンシーズ
△⑩アールドヴィーヴル
△⑫アカイトリノムスメ
△⑭ファインルージュ

【船山陽司】
◎⑬ホウオウイクセル

【上村彩子】
◎④ソダシ

【篠原梨菜】
◎④ソダシ

【鷲見玲奈】
◎④ソダシ
単勝

馬連流し
④-⑤⑨⑪⑫⑭

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑫アカイトリノムスメ

【大島麻衣】
◎④ソダシ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎①スルーセブンシーズ
○⑭ファインルージュ
▲④ソダシ
△⑤エイシンヒテン
△⑨アンドヴァラナウト
△⑯ミスフィガロ

【皆藤愛子】
◎④ソダシ

【高田秋】
◎⑫アカイトリノムスメ

【原奈津子】
◎⑭ファインルージュ
○⑨アンドヴァラナウト
▲①スルーセブンシーズ

【ほのか】
◎⑫アカイトリノムスメ
○④ソダシ
▲⑯ミスフィガロ
☆⑪ユーバーレーベン
△①スルーセブンシーズ
△⑤エイシンヒテン
△⑨アンドヴァラナウト

【守永真彩】
◎⑭ファインルージュ
3連複2頭軸流し
④-⑭-①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑮⑯

【天童なこ】
◎⑭ファインルージュ
○④ソダシ
▲⑫アカイトリノムスメ
☆⑤エイシンヒテン
△①スルーセブンシーズ
△②ステラリア
△⑨アンドヴァラナウト
△⑩アールドヴィーヴル
△⑪ユーバーレーベン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【秋華賞】直前気配 2021年10月17日() 04:55

 〈阪神競馬場〉

 オークスユーバーレーベンは午後1時45分に決戦の地に到着した。「内回りがポイントで直線が短いので仕掛けどころも難しい。デムーロ騎手はいいイメージを持っているので、彼の感性に期待します」と手塚調教師は2冠制覇に夢をはせる。

 アカイトリノムスメは午後1時54分に無事入厩。「輸送はうまくクリアできた。ソダシをマークする形になると思うが、何とか1つ(GIを)勝たせたい」と国枝調教師は力を込める。同時刻に到着したアナザーリリックは「津村騎手がイメージする通りの競馬をしてもらえれば…」と林調教師。

 ファインルージュは午後1時10分に到着。「桜花賞で阪神には行っているし、精神的にどっしりとしている」と太田助手。同時刻着のスライリーは「折り合いが鍵になるが、前に壁を作って進めたい」と相沢調教師。

 クールキャットは午後2時2分に到着。「うまく流れに乗ったレースができれば」と奥村武調教師。スルーセブンシーズも同じ時刻に到着し、「今回も内枠ですが、まだ伸びしろはある」と尾関調教師。

 ホウオウイクセルは午後1時45分に到着。「落ち着いて流れに乗って走れれば…」と高柳瑞調教師。

 <栗東トレセン>

 ローズSを快勝したアンドヴァラナウトは角馬場でハッキング。前走時から好気配を維持している。山田助手は「いい感じです。カイ食いもしっかりしていますよ」と明るく語った。

 アールドヴィーヴルは角馬場で運動。今野調教師は「内臓面が変わったことで体質が強くなった。状態はいいですよ」と胸を張る。

 ステラリアは坂路で4ハロン64秒8-14秒7。斉藤崇調教師は「幼さが抜けどっしりしてきた。あとはトップジョッキーに任せます」と話した。

 エイシンヒテンは4ハロン66秒2-15秒3で登坂。佐久間助手は「状態は前走よりだいぶ上。右回りもいいですね」と笑みを浮かべた。

 サルファーコスモスは坂路で4ハロン66秒3-15秒7。「順調な仕上がりです。2000メートルでも引っ掛かるようなことはないと思います」と福永助手。

 ミスフィガロは角馬場で運動。大江助手は「リラックスしていますし、いい状態。先週のマカヒキに引き続き一発狙っていきたい」と腕をぶす。

 エンスージアズムは65秒5-15秒8で登坂。「状態はいいですよ。強い相手にどこまでやれるかですね」と安田翔調教師。

秋華賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【秋華賞】前走後の談話 2021年10月17日() 04:54

 〔1〕スルーセブンシーズ「きょうのような競馬ができたのは収穫」(大野騎手=紫苑S2着)

 〔2〕ステラリア「よく我慢をしてくれて、いい走りをしてくれました」(川田騎手=オークス13着)

 〔3〕クールキャット「休み明けでエキサイトしていた。コーナーがきついコースも良くなかった」(ルメール騎手=ローズS11着)

 〔4〕ソダシ「前に行っても止まらない馬場だったので、自信を持って追い出した」(吉田隼騎手=札幌記念1着)

 〔5〕エイシンヒテン「テンから外に張って、コーナーでもそうなりながらの2着」(松若騎手=ローズS2着)

 〔6〕スライリー「オーバーペースだったのかもしれない」(石川騎手=紫苑S15着)

 〔7〕サルファーコスモス「着差以上に勝ち馬が強かったです」(川田騎手=納屋橋S2着)

 〔8〕エンスージアズム「春よりは成長してくれている」(岩田望騎手=ローズS7着)

 〔9〕アンドヴァラナウト「外へ誘導したところで鋭い反応を見せてくれた。とてもいい内容」(福永騎手=ローズS1着)

 〔10〕アールドヴィーヴル「勝負どころで反応しきれなかった」(松山騎手=ローズS3着)

 〔11〕ユーバーレーベン「距離が延びていいと思っていた」(Mデムーロ騎手=オークス1着)

 〔12〕アカイトリノムスメ「ラスト300メートルからはよく伸びている」(ルメール騎手=オークス2着)

 〔13〕ホウオウイクセル「ゲートの駐立に課題を残している」(丸田騎手=紫苑S13着)

 〔14〕ファインルージュ「気持ち早めにエンジンをかけていったが、最後まで伸びてくれた」(福永騎手=紫苑S1着)

 〔15〕アナザーリリック「距離はもっと延ばしてもいい」(津村騎手=佐渡S1着)

 〔16〕ミスフィガロ「うまくバランスを取って走れていた」(津村騎手=紫苑S3着)

[もっと見る]

【血統アナリシス】秋華賞2021 ディープインパクト系とステイゴールド系が存在感を示す 2021年10月16日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は秋華賞2021・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、秋華賞は阪神芝2000m・内に舞台を移して施行される。当該コースではG1の大阪杯、牝馬限定戦ではG3のマーメイドS、秋華賞と同じ3歳牝馬限定戦であればリステッドの忘れな草賞などが施行されているため、それらの種牡馬傾向を参考にしてみたい。

直近3年以内のオープン以上かつ牝馬の成績に限定すると、存在感を示しているのはディープインパクト系とステイゴールド系。G1の大阪杯においても20年ラッキーライラック(父オルフェーヴル)、21年レイパパレ(父ディープインパクト)と該当する牝馬が勝利していたことは記憶に新しい。また、忘れな草賞の勝ち馬も18年オールフォーラヴ(父ディープインパクト)、19年ラヴズオンリーユー(父ディープインパクト)、20年ウインマイティー(父ゴールドシップ)、21年ステラリア(父キズナ)となっており、やはり該当馬には相応の評価をすべきだろう。

アカイトリノムスメは、父ディープインパクト×母アパパネ(母の父キングカメハメハ)。母は10年秋華賞の勝ち馬で牝馬クラシック三冠を達成した女傑。本馬はコース相性を強調しやすいディープインパクトの直仔となるが、馬場やコースを問わないオールラウンドな走りは母を彷彿とさせるものがある。また、管理する国枝厩舎も秋華賞での好走実績は豊富で、18年1着アーモンドアイから3年連続で連対中だ。

ファインルージュは、父キズナ×母パシオンルージュ(母の父ボストンハーバー)。父はディープインパクトの後継種牡馬となるが、重賞勝ち馬を出すなど阪神芝2000mでも存在感を示している。本馬は小回りコースで一気に抜け出す瞬発力には目を見張るものがあり、このあたりは母がJRAの1000~1200mで3勝を挙げたスピードタイプだったことに起因しそうだ。また、桜花賞3着の実績はもちろん、阪神への輸送を経験している強みもある。

エイシンヒテンは、父エイシンヒカリ×母エイシンサンバレー(母の父エイシンワシントン)。「エイシン」の冠を配された馬が血統表内に散見されるオーナーブリーダーらしい血統馬。父も有り余るスピードを武器としていたタイプだったが、本馬も自分のペースで運べた際には大崩れすることなく走れており、阪神芝2000mでも忘れな草賞で2着となった実績がある。ディープインパクトの直系ということもあり、一考する価値は大いにありそうだ。


【血統予想からの注目馬】
アカイトリノムスメ ⑭ファインルージュ ⑤エイシンヒテン

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイシンヒテンの関連コラム

閲覧 929ビュー コメント 0 ナイス 2



秋華賞ソダシが断然の支持を集めたが、同じ勝負服のアカイトリノムスメが直線外から差し切り勝ち。桜花賞オークスと涙を飲んで来た脇役が、ラスト1冠で主役の座を射止めた。期待されたソダシは2番手追走も直線は全く反応せず10着。

敗因はいろいろ言われているが、ビッグレースの人気馬は何か理由を言わなければいけないという宿命もある。雨でも降っていればこう言っちゃアレだが道悪のせいにでもしておけば無難なのだが、晴れていて、見た目上不利も受けていないのだからなかなか難しかった。結果的に歯にトラブルがあったとか、メンタルであったとかいろいろ言われることになるわけだが、上記のような人気馬故の背景も考えればそれすら後付けのようなもので、敗因は自分なりに各々が探せば良い。もちろん、母ブチコもゲートでいろいろあった馬だけに、そこら辺が出て来たとすれば今後も気掛かりではある。

個人的にはそもそも札幌記念のメンバーレベルがあまり高くなく、阪神2000mで受けて立てるほど力が抜けていなかったのではないかとも思えた。これまでもエイシンヒテンが粘る展開のときはだいたい2番手の馬は失速しているように、逃げ馬の後ろは案外難しい。

~10月に入って調子が悪いので対処法を考える

ココからは少し個人的な話になるが、調子よく来ていた9月を終えて、10月に入ってからは一転して流れが悪い。自身の配信予想の中で「勝負レース」というものを毎週1~2レースお届けしているのだが、9月は小倉2歳Sの◎アネゴハダや、セントライト記念の◎アサマノイタズラオールカマーの◎ウインキートスなど6戦5好走とそれなりに安定して走れていた。

ところが10月に入ると5レース全敗。それも先週の◎エイシンヒテンも含め5レース中4レースで4着という悔しい結果が続いている。競馬の1年は長く、トータルで見れば好調期不調期あって当然だが、不調期はできるだけ短い方が良い。

不調期を脱する方法は2つ。1つは何もしないこと。というのも競馬は特に穴党であれば10連敗くらいは普通にあるので、たまたま今は上手くいっていないと割り切ることも大事だ。運が悪いだけにも関わらず下手にいろいろ動くと本来当たるべきレースまで当たらなくなり、泥沼にハマって行く。

一方、もう1つは具体的に策を講じることだ。今さら予想手法を変えることはしないが、それでも競馬は毎週止めどなく続いていくだけに、少しのズレがチリも積もれば…で大きくなることがある。

馬柱と向き合う時の考え方は合っているのか、馬券の買い方は凝り固まっていないか、過去の成功体験にとらわれていないか、などたまには振り返る必要がある。競馬はギャンブルとはいえ、長くやっていると正しい取り組みは基本的に報われるし、逆もまた然りである。例えば、週末は前の日の晩に予想をするのか、あるいは早めに寝て当日の朝起きてから予想をするのかなど、どちらの方が予想をする環境として良いのかといった具体的な生活に根差した対応方法も考える必要がある。もちろん競馬以外の生活もある人が大半だろうから、収支を良くするにはその中で(予想時間を確保できない時は少額に留めるなどの)ルール作りも大事になる。

個人的に先週の予想で気づいたこと、失敗したことがあったので、今週末は少し生活方法を変えて週末に臨みたいと考えている。競馬予想も仕事も、良い準備が長期的に見れば確実に良い結果に繋がる。ただ印をつけてお金を投じる遊びではないので、本稿は月曜段階で書いているが、平日の過ごし方から改めて考えて行く1週間にしたい。

菊花賞の注目馬

さて、今週末はいよいよクラシック最終戦・菊花賞。昨年は無敗で3冠に挑むコントレイルという圧倒的な存在がいたが、今年は一転して混戦模様。ダービー馬シャフリヤール皐月賞エフフォーリア不在の菊の舞台となるが、ココではいつも通り注目馬を一頭挙げてみたい。

レッドジェネシス(川田騎手)

前走の神戸新聞杯は雨で悪化した馬場をものともせず、内からしぶとく伸びて来て差のない2着に迫った。ディープインパクト産駒ながら母系はスタミナ色が濃い重厚な馬で、長丁場に不安はない。ダービーは惨敗とはいえ東京芝2400mの決め手比べは全く合わず、内枠も不利だった。追える川田騎手とも手が合うタイプで、阪神開催の今年は本馬のスタミナ豊富な末脚が生きるレースになるとみる。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年10月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ロングラン開催阪神芝はイン有利が続く可能性大/秋華賞展望
閲覧 1,272ビュー コメント 0 ナイス 4



先週末から秋の東京&阪神開催がスタート。例年だと京都開催となるが、ご存じの通り京都競馬場は現在改装中。というわけで、今年は年末まで阪神開催がずっと続く異例のロングラン開催となる。

開幕週を飾ったのは京都大賞典。なんと8歳馬マカヒキが約5年ぶりとなる勝利を挙げる復活劇となった。3歳で頂点に立った馬が泥まみれになっても走り続ける姿には心を打たれるものがあったが、まさかここに来て結果で応えるとは想像を超えていた。個人的にこの日は久々の現地観戦だったが、マカヒキが最後に差し切った瞬間、モニター観戦の東京競馬場も大きな祝福の拍手に包まれていた。

もっともメンバーレベルは決して高くなかった。京都大賞典組を今後秋G1で検討する際には、そのことを覚えておきたい。

~ロングラン開催の阪神芝はイン有利傾向でスタート

さて、ロングラン開催となる阪神の芝の状況だが、開幕週は想定通り内枠有利傾向が強かった。初日のメインレースは、逃げた8番人気アスタールビーがそのまま粘り込み3着、勝ったのは2番枠のサヴォワールエメ

その他のレースでも外枠の人気勢は苦戦を強いられることが多く、土日を通じて阪神芝で2ケタ馬番だった1~3番人気馬は(0-2-1-5)と未勝利で、不発が目立った。また、全体で見ても芝の2ケタ馬番は29頭が出走して1勝のみ。セオリー通りのイン重視が正解だった。

思い返せば、春も異例のロングラン開催だったが最後まで極端な荒れ馬場にはならず、ようやく外が伸び始めたのは8週目、雨の影響を受けた大阪杯当日の後半だった。それでも、その後も顕著な外伸びにはならず、最終週の天皇賞(春)でもインが有利だったように最後まで内側の芝も生きていた。

秋の阪神開催も基本的にはイン有利が継続、あとは天候次第という考え方で良さそうだ。

秋華賞の注目馬

さて、今週末からはいよいよ秋のG1戦線が本格的にスタートする。今回は3歳牝馬ラスト1冠、秋華賞。白毛の女王ソダシが出走することで注目を集める一戦だが、その他もなかなかのメンバーで、好勝負が期待できそうだ。ココではいつも通り注目馬を一頭挙げてみたい。

エイシンヒテン(松若騎手)

クラシックには出走できなかったが、本馬の良さが最も出ていたのは2月のクイーンCアカイトリノムスメアールドヴィーヴルククナ…という春のクラシック戦線をにぎわせた強力な上位勢を相手に、積極策からギリギリまで粘って4着。行きっぷりを見ると中距離の方が良さそうで、これまで2000mでは忘れな草賞2着、ローズS2着と崩れていない。前走は決して馬場状態に恵まれたわけでもなく、スンナリハナを奪えれば、再度の粘り込みが見られそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年3月7日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年03月07日号】特選重賞データ分析編(244)~2021年フィリーズレビュー
閲覧 1,891ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 報知杯 フィリーズレビュー 2021年03月14日(日) 阪神芝1400m内


<ピックアップデータ>

【“中央場所、かつ芝1400~1600mのレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が2番手以下”となった経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [7-5-6-43](3着内率29.5%)
×なし [0-0-0-47](3着内率0.0%)

 コース適性が最大のポイント。ローカル場のレース、ダートのレース、1400m未満や1600m超のレースでしか連対したことのない馬は苦戦していました。なお“中央場所、かつ芝1400~1600mのレース”において2着以内となった経験があった馬のうち、当該レースの4コーナー通過順が1番手だった馬も3着以内なし。“逃げ馬”は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→エイシンヒテンベッラノーヴァリュクスフレンド
主な「×」該当馬→ポールネイロンヨカヨカラヴケリー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ芝1400~1600m、かつ1勝クラス以上のレース”において1着となった経験がある」馬は2015年以降[3-4-5-25](3着内率32.4%)
主な該当馬→エイシンヒテンポールネイロン

[もっと見る]

2020年12月13日() 08:15 覆面ドクター・英
阪神JF・2020
閲覧 1,442ビュー コメント 0 ナイス 5

チャンピオンズCは、断然人気のクリソベリルが太くて(馬体重発表を受けて、年末に向けてお釣り残しかとも当初思ったのですが、状態が良くなかったようです)大凡走したため、1着クリソベリル、2着チュウワウィザード、3着手広くという作戦は不発の結果に。

WIN5も絞り過ぎたので3つまででしたが、2レース目ナルハヤ、3レース目アストラエンブレムは狙っていた馬たちで、チャンピオンズCのチュウワウィザードも2番手評価だっただけに...。いつも通りの額を投じていたら、獲るのが可能だった2800万馬券でした。まあこれも競馬。


<全頭診断>
ソダシ:母母がシラユキヒメの白毛馬であり、父は最近すっかり地味になってしまったクロフネで、母父キングカメハメハという、オーナーの金子さんの趣味ともいえる配合。正直、初戦を見た時はダート向きなのかと思われたが、2戦目の札幌2歳Sも勝ってしまい、アルテミスS(本命◎)も勝って3連勝とここまで負けなし。鞍上の吉田隼騎手が、(前走でも)「瞬発力勝負にしたくなかった」とコメントしているように、そこに弱点あるのかもしれないが、分かっているだけに早めのロングスパートなど対策を練ってくるのではないか。母系の白毛馬軍団は最近すごいことになっており、昔の芦毛ブームじゃないが、白毛ブームが来ている感すら漂わせる。

サトノレイナス:昨年の弥生賞馬サトノフラッグの下という良血馬で、今回当初二強みたいに言われていたりもしていたが、正直現段階ではソダシよりだいぶ力が落ちると思っている。テンハッピーローズを物差しとして、サフラン賞でサトノレイナスと0.2秒差、アルテミスSでソダシと0.4秒差。これを、それほど差がないと結論付けるのは少々乱暴で、サフラン賞でのテンハッピーローズは出遅れてのもの。よって、タイム差以上にソダシとの差は現段階ではあるとみている。サトノレイナスは初戦も2戦目も出遅れており、それで勝ち切ったのはすごいが、多頭数のG1で出遅れ癖は致命的。良血だけに上昇度はすごいのかもしれないが、(先週、カフェファラオが人気先行ということに触れたが)まだ人気先行では。

メイケイエール:母母母がシラユキヒメで、母母父がクロフネだけに1番人気ソダシにハービンジャーやミッキーアイルディープインパクト×デインヒル系)を重ねたような配合。スタミナ寄りの白毛馬血統だけに、血統的にはこの距離もプラスだろうし、種牡馬としてのミッキーアイルも思った以上にスピード能力を伝え、繁殖牝馬レベルがそう高くない中で好結果を出してきている。前走も掛かり通しでも勝ち切ったように、能力は高い。あとは、もう少し落ち着いて走れかどうかだろう。

インフィナイトブラックスピネルやモーヴサファイヤの下で、新馬勝ちの後にサウジアラビアRCで2着と好走。ただ、3馬身差の完敗だったように、モーリス産駒だけに晩成傾向で良くなるのはもう少し先なのではないだろうか。

オパールムーン:新馬勝ちの後のファンタジーSでも2着と好走。兄5勝、姉3勝と優秀な母(ブライアンズタイム、リアルシャダイ、ノーザンテースト)と、オールドファンにはたまらない血統背景でもあり、やれて良い。

ジェラルディーナモーリス×ジェンティルドンナという良血馬だが、3戦目の未勝利戦でのハナ差勝ち上がりだったように、まだまだ人気先行な感あり。妙味なし。

ヨカヨカ:九州産馬だけに弱い相手に3連勝を達成したが、前走のファンタジーSで5着とまさに馬脚を現した感じ。マイル実績もなく、消して妙味のタイプでは。

ポールネイロン:POGで指名した馬だけあり頑張って欲しい馬。操縦性に心配な面を覗かせる2連勝ではあるが、能力は高そうで、激走があってもおかしくない。

ルクシオン:前走は福島2歳Sで豪快に追い込み勝ちを見せたが、正直オープンというにはかなりレベルが低く、要らないのでは。

ユーバーレーベン:新馬勝ち後の札幌2歳Sで2着と、ゴールドシップ産駒の得意な条件で頑張った。その後、アルテミスSで4番人気9着と今ひとつで、ここでの激走は難しいのではないだろうか。

シゲルピンクルビーモーリス産駒でシゲルピンクダイヤの下だが、新馬勝ちでいきなりここというのは厳しい。

リンゴアメ:新馬、函館2歳Sと連勝したが、秋になって京王杯2歳Sで4番人気12着とがっかりな結果。そもそも、10番人気で勝ってしまった函館2歳Sは巧くいきすぎたのでは。

エイシンヒテン:デビュー3戦までは今ひとつだったが、その後の2戦は父エイシンヒカリ同様に逃げての連勝と、やはり逃げてこその馬。思ったより人気はないようだが、穴で楽しみな一頭。

サルビア:新馬勝ち直後に1勝クラスでも5馬身をつけての連勝。3戦目のファンタジーSでは10着惨敗に終わったが、2戦目が強かったようにここでも楽しみ。

アオイゴールド:1800mの新馬勝ちに見るとおり、スタミナ寄りでスピードと瞬発力を問われるここ向きではない。

ウインアグライア:新馬、コスモス賞と連勝をはたすも、アルテミスSで6着。早い時期にさっさと稼ぐタイプでは。

ナムラメーテル:新馬勝ち後の1勝クラスでは10着最下位。やめた感があり、着順ほど弱くないのだろうが、激走期待は難しいか。

フラリオナ:前走はききょうSで鋭く伸びて2着にきたが、ここにきて調教の動きがさらに良化している。穴として激走を期待したい。


<まとめ>
最有力:ソダシ

ヒモに:メイケイエールサトノレイナスオパールムーンポールネイロン

穴で:エイシンヒテンフラリオナ

[もっと見る]

2020年12月11日(金) 10:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 阪神ジュベナイルフィリーズ2020
閲覧 1,124ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月13日(日) 阪神11R 第72回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・牝馬・芝1600m)

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)


<賞金上位馬>

ソダシ(A)中5週
デビュー前から吉田隼騎手が毎回のように追い切りに騎乗してきた馬で、この中間も毎週同騎手がまたがっての調整を積んでいる。3週前、2週前、1週前とCWを併せ馬で入念に乗り込まれ、すべて先着。1週前追い切りでは、重心がしっかりした走りを披露していて、仕上りは良さそう。

メイケイエール(C)中4週
この中間もしっかり乗り込まれ、時計も出ているが、1週前追い切りの動きを見ると重心が高め。走りに力強さがなく、まだ走りが若い感じ。

リンゴアメ(C)中4週
調教の動きを見ると、首が上がり気味の走りをする馬。距離延長に不安は残るが、前走時の追い切りよりも今回のほうが時計は出ていて、状態面の上積みはありそう。

ヨカヨカ(D)中4週
これまでひまわり賞出走時以外は、1週前にCWで追い切られてきている馬。この中間も1週前はCWでの併せ馬を行い先着している。ただ、併走相手の馬が走らなすぎた印象で直線は併せ馬にもならなかった。前走時よりも動いているとは思うが、まだ重さの残る走り。

インフィナイト(A)中8週
この中間も前走時と同じような調教内容だが、今回のほうが時計が出ており状態は前走時以上だろう。1週前追い切りの動きを見ても、脚捌きがしっかりしていて、全体的にしっかりした走りができている。

ウインアグライア(B)中5週
この中間も1週前は美浦Pコースで直線一杯に追われてしっかりした伸びを見せている。併走馬もスピードのある走りをしていて、そのパートナーに直線だけで一気に追いついて先着した脚はなかなかで出来は良さそう。

オパールムーン(D)中4週
この中間も前走時と同じような調整内容だが、この厩舎の馬としては全体的に時計は平凡。1週前追い切りでは、楽な手応えの併走相手に対し、追われても遅れていて動きは物足りない。

ポールネイロン(B)中9週
2連勝して前走から間隔が空いているが、この中間のトレセンでの乗り込み量は少ない。ノースヒルズの馬なので、牧場で仕上げてトレセンに戻していると思われる。1週前追い切りでは、併せ馬で先着していて重い感じはなく、仕上がりは良さそう。

ユーバーレーベン(D)中5週
この中間も乗り込み量は豊富。今回は輸送があるので1週前に強めに追ってきているが、持ったままの併走馬2頭に対して追われて遅れていて、動きが物足りない。

ルクシオン(C)中3週
小柄な馬で、前走から中3週になるが1週前追い切りではCWを単走で長めから一杯に追われており疲れはなさそう。ただ前走見せた切れを見ると、距離が延びる今回のマイル戦には不安が残る。

エイシンヒテン(D)中1週
休み明けの前走がマイナス体重。パドックでは細い感じはなかったが、もう少し締まりがほしい馬体だった。今回、そこからの中1週となり、前走での馬体減から強めに追うこともできなさそうで、反動が出る心配もある。

サトノレイナス(B)中9週
デビューから間隔を空けて使われてきて、この中間も乗り込み量は豊富。前走時は速い時計が出ていたが、この中間は全体的に遅い時計の追い切りが多い。動きに関しても、まだ緩さの残る走りだが、それでも2連勝しているあたりからはこの馬の素質の高さが窺え、まだまだ良くなっていきそうな印象。現時点としては、仕上がりに物足りなさを残す。

サルビア(E)中4週
この中間は2週前が坂路、1週前がCWと追い切られているが時計は平凡。走りを見ても首が高く力強さもない。直線に坂のあるコースも向いていない印象。


<抽選対象馬(5/7)>

アオイゴールド(B)中2週
中2週となるが、1週前追い切りではともに出走するウイアグライアとの併せ馬を消化。一度、相手に前に出られたがそこからしぶとく喰らいついてなかなかの勝負根性を見せており、状態は良さそう。

ジェラルディーナ(D)中2週
お母さんと比べると小柄な馬で、トモの筋肉もまだ寂しく映る。追い切りもそれほど速い時計が出る馬でもなく、今回は間隔も詰っていて状態面での上積みはなさそう。

シゲルピンクルビー(A)中3週
前走新馬戦時の調教では好時計が出ていたが、パドックでは全体的にまだ余裕がある馬体に移った。それでも、しっかり勝ち上がるところは素質の高さ。この中間は前走時以上に速い時計が出ていて、一度使われての上積みが期待できそう。

ナムラメーテル(D)中1週
前走時馬体は増えていたがそれでも細く見えた。今回中1週で、大きな上積みは期待できそうもない。

フラリオナ(C)中9週
かなり小柄な馬で、前走から間隔を空けて使える点はプラスにはなりそう。1週前追い切りでは、CWを長めから併せ馬で追い切られており順調に調整されている感じ。


このコラムからの推奨馬は、ソダシインフィナイトシゲルピンクルビーの3頭をあげておきます。



◇今回は阪神ジュベナイルフィリーズ編でした。
先日行われたジャパンカップはとても素晴らしいレースでした。引退レースを勝利したアーモンドアイ、牡馬の意地を見せたコントレイル、そして苦しみながらも最後の最後に3着に滑り込んだデアリングタクト。3冠馬3頭による最初で最後の対決は、最高の形でエンディングを迎えることができました。残念ながら東京競馬場で観戦することはできませんでしたが、これだけのレースをテレビの前の特等席でじっくりと堪能できただけで幸せですし、きっと忘れることはないでしょう。
今回はどうしても記念に残しておきたいと思い、エクセル浜松で久しぶりに紙の馬券を買ってきました。ネット投票が多くを占める時代ではありますが、小さな紙一枚にそれぞれの思いと記憶がたくさん詰まっていて馬券を見ればその日の記憶が蘇ります。悔しい思い出だったり、嬉しい思い出だったり、そしてもちろんただの紙切れになることもあれば大金に変わるなんてことも。紙の馬券にはそんな不思議な力が詰まっています。今の時代、ネット投票でしか馬券を買ったことがない人たちもいるかもしれません。そういった人たちも、競馬場やウインズ、エクセル等で紙の馬券を買って観戦したら、もっと競馬が楽しめるのではないかと思います。



話は変わりますが、今年も12月31日に笠松競馬場で第5回ウマニティ杯くりーく賞と、第3回河内一秀記念の開催を予定しています。なお、年末の笠松開催は事前応募による入場制限が行われますので、当日来場をご検討の方は、こちら(https://www.kasamatsu-keiba.com/2020/12/03/年末開催の入場制限に関するお知らせ/)をご覧ください。

それでは次回、朝日杯フューチュリティS編(予定)でお会いしましょう。


※阪神JF出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年12月6日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年12月06日号】特選重賞データ分析編(231)~2020年阪神ジュベナイルフィリーズ~
閲覧 1,993ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ 2020年12月13日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRAのレース”において4着以下となった経験の有無別成績(2008年以降)】
×あり [0-3-1-111](3着内率3.5%)
○なし [12-9-11-67](3着内率32.3%)

 長期間に渡り好走馬の傾向が変わっていないレース。2008年以降の3着以内馬36頭中32頭は、出走時点で自身の通算3着内率が100.0%でした。一度でも4着以下に敗れたことがある馬は、思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ソダシポールネイロンメイケイエール
主な「×」該当馬→ウインアグライアエイシンヒテンヨカヨカ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1600m以上のレース”において1着となった経験がある」馬は2008年以降[11-10-9-71](3着内率29.7%)
主な該当馬→ウインアグライアエイシンヒテンソダシ

[もっと見る]

エイシンヒテンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 71ビュー コメント 0 ナイス 3

★秋華賞 ※過去10年京都二千で施行も今年は阪神二千

★★A……ZI値2位以内が毎年連対、6位以内が毎年2頭3着以内
⇒◎1位9アンドヴァラナウト、1位12アカイトリノムスメ
 ○3位4ソダシ、4位11ユーバーレーベン、5位15アナザーリリック
  6位14ファインルージュ

★B……牝馬二冠における最高順位
   1着(5/1/0/5)4番、11番
   2着(0/3/3/5)12番
   3着(1/0/0/6)14番、
   4着(1/1/0/5)
   5着(0/1/0/10)10アールドヴィーヴル、
   6着以下(0/0/3/58)1,6,2,3,8、13番
   不出走(3/4/4/58)5,7,9,15,16番

★C……オークス直行かG3紫苑S組で6着以下だと(0/0/0/16)
⇒×2,6,13番

※D……勝ち馬の当日と前走、2走前の人気(11年2-1-2,12年1-1-3,
13年3-4-9,14年3-1-1,15年1-1-3,16年3-3-3,
17年3-1-2,18年1-1-2,19年4(6.9倍と3人気6.5倍と僅差)-2-3,
20年1-1-2=3人気以内9/10年、3走とも3人気以内8/10年
⇒◎4番1(2.0)-2-1、9番3-4(5.8で3人気5.5と僅差)-1

★E……1人気(4/1/1/4)桜か樫の勝ち馬が1人気なら1,2,1,1,1着、2人気以下
なら3,4,10,7,8着※ただし連対した5頭は全てオークス馬
⇒4番?

★F……前走G3昇格(16年)後紫苑S組(2/3/0/20)ローズS(0/1/4/26)
オークス不出走ローズ組(0/1/2/26)3着以内馬は紫苑S5着以内、一方4人気以下
(0/1/0/31)
⇒Δ5、9番
 Δ1,6,13,16番

★G……オークス直行組(3/0/0/12)3着以内馬が18,19,20年と3連勝中
オークス馬(5/1/0/1)※着外1頭は、前走ローズ10着惨敗
⇒○11番、12番、

H……前走条件戦組は、0.1差以下勝利(0/0/0/11)
⇒○15アナザーリリック

★★※I……関東馬(1/3/1/66)と劣勢も国枝厩舎(1/2/0/3)それ以外の2頭は1人気
⇒○12番
 ×1,3,6,11,13,14,15番

★J……キャリア10走以上(1/0/0/38)勝った16年ディアドラは唯一単オッズ
10倍未満3人気だった
⇒×5番

★K……前走千八未満で3着以内無し
⇒×7番

★L……馬体重470K以上が7/10年連対、450k以上が9/10年連対
例外14年も448kヌーヴォレコルトが2着
⇒○2,3,4,14,15番
 ▲5,7,11,12番

前売りオッズ1人気4番は、項目Eから桜1もオークス惨敗で微妙も、今年は阪神施行
で阪神2勝だけに適性でOKか、ただ買い被りは禁物

項目Gから11,12番は有力だが、国枝厩舎の12番がZI値1位だけにより優位

ローズより紫苑の流れで、14番もルメール騎乗で負け無しならここでも有力

15番は3勝級を完勝したが1F距離延長が課題で押さえ
春二冠を惜敗してローズでも1人気で惜敗と少し足りないけれど3着ありそうなタイプ
で10番も押さえには必要か
更にZI値1位でローズS1着の9番も押さえ

軸は4と12番の2頭から

馬連(4,12)→10,11,14各四百円、(4,12)→15,各三百円計9点
三連複(4,12)1頭軸=11,14ー9,10,15各二百円19点
三連単(4,12)→(4,11,12、14)→(4,10,11,12,14、15
フォーメーション各百円30点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫12-14-9
馬連2250円三連複4190円三連単26410円
36.6-48.9-48.0-36.5とほぼ平均ペースも3~4角が11.5-11.3とペースアップしたのに
直線坂では12.3-12.9とまるで消耗戦の様な急落と不思議なラップ
逃げたエイシンヒテンが4着残っているのに4番は惨敗と中距離坂コースでの
不適性を露呈した格好
やはり秋華賞は桜ではなくオークスの好走が必須なのだ
そしてローズよりは紫苑が上位という流れは今年も
桜<オークス上位とローズ、紫苑の両TR勝ち馬の争い通りの決着で、たまに条件馬
が穴で桜だけ好走は駄目というレース構図が出来上がってきた


そして
★平城京S
は3,4才の阪神適性高く、現級好走か近走昇級を狙えばハンデ戦ながら当たりそう
該当は3ユアヒストリー、4メイショウドヒョウ、5アンセッドヴァウ、
10ミステリーオーソ、13ヴァーダイト
≫≫5-3-10
9-3-2人気、ZI値12-3-6

ZI値20年4-1-4、19年3-1-6,18年3-1-7,17年6-1-5
16年3-1-4

 ネアルコとハイペリオ 2021年10月17日() 15:53
まあ予想通り秋華賞は外しました
閲覧 94ビュー コメント 0 ナイス 7

まあ予想通り秋華賞は全然ダメでしたが、それよりガチ予想した東京ハイジャンプ外したのが非常に痛い。ソダシはアンカツが敗因わからん言ってたが距離だべ。前走札幌記念は海外帰りのラヴズオンリーユーやピーク過ぎたコース適性のみのペルシアンナイトが2.3着でしたからね、相手が弱かったあれは

スライリー5着とか想定外に頑張ったっていう。もっと雨降ってればな

エイシンヒテンも重賞強い松若はやっぱりうまかったな、4着とはいえ

金子的にはソダシよりアカイトリノムスメのが嬉しいんじゃないか、自分の3冠馬同士のG1馬なんてたまらんだろ

[もっと見る]

 una_una 2021年10月17日() 10:04
2021 秋華賞 G1
閲覧 183ビュー コメント 0 ナイス 7

2021 秋華賞 G1
◎ 2 ステラリア
○ 4 ソダシ
▲ 15 アナザーリリック
△ 5 エイシンヒテン
× 9 アンドヴァラナウト

[もっと見る]

⇒もっと見る

エイシンヒテンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月15日() 22:52:46
指数 4.2
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月15日() 22:36:26
jp鉄

エイシンヒテンの写真

エイシンヒテン
エイシンヒテン
エイシンヒテン

エイシンヒテンの厩舎情報 VIP

2021年10月17日秋華賞 G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エイシンヒテンの取材メモ VIP

2021年10月17日 秋華賞 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。