会員登録はこちら
神戸新聞杯 G2   日程:2019年9月22日()  阪神/芝2400m

神戸新聞杯のニュース&コラム

【古馬次走報】ヴェロックス、神戸新聞杯から始動
 ★札幌記念3着フィエールマン(美・手塚、牡4)は現在、北海道・苫小牧にあるノーザンファーム空港で休養中。頃合いを見てノーザンファーム天栄入り。当地で出国検疫を受けた後、渡仏。凱旋門賞(10月6日)に向かう。 ★日本ダービー3着ヴェロックス(栗・中内田、牡3)は22日、放牧先から帰厩。神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)から始動する。 ★北九州記念3着アンヴァル(栗・藤岡、牝4)は、産経賞セントウルS(9月8日、阪神、GII、芝1200メートル)に向かう。 ★大阪杯5着エアウィンザー(栗・角居、牡5)は、産経賞オールカマー(9月22日、中山、GII、2200メートル)で復帰する。僚馬で北九州記念11着シャドウノエル(牝4)は放牧をはさんでオパールS(10月14日、京都、L、芝1200メートル)へ向かう。
2019年8月22日(木) 05:00

 311

【古馬次走報】ユニコーンライオン、神戸新聞杯へ
 ★松前特別を勝って3勝目を挙げたユニコーンライオン(栗・矢作、牡3)は、神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)に向かう。鞍上は引き続き岩田康騎手。僚馬で目黒記念7着チェスナットコート(栗・矢作、牡5)は、新潟記念(9月1日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰する。 ★平安S12着後に休養しているロンドンタウン(栗・牧田、牡6)は、コリアC(9月8日、ソウル、GIII、ダ1800メートル)に登録する。 ★バレンタインS10着ラインシュナイダー(栗・松永昌、牡7)は、北九州記念(18日、小倉、GIII、芝1200メートル)へ。
2019年8月2日(金) 05:00

 261

サートゥルナーリア、ルメール騎手で神戸新聞杯へ
 日本ダービー4着で、神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)から始動する皐月賞馬サートゥルナーリア(栗・角居、牡3)は、再びルメール騎手とコンビを組む予定であることが25日、分かった。角居調教師は「ルメール騎手の予定です。その後の路線については結果を見て考えたい」と話した。★サートゥルナーリアの競走成績はこちら
2019年6月25日(火) 12:57

 1,084

サートゥルナーリアは神戸新聞杯から始動
 日本ダービーで4着に敗れた皐月賞馬のサートゥルナーリア(栗・角居、牡3)が、秋は神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)から始動することが、所有するキャロットクラブのホームページで発表された。同馬は登録していた凱旋門賞への挑戦を取りやめ、現在は北海道のノーザンファームで軽い運動を行っている。★サートゥルナーリアの競走成績はこちら
2019年6月24日(月) 12:18

 1,050

神戸新聞杯のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

神戸新聞杯過去10年の結果

2018年9月23日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2017年9月24日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2016年9月25日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

神戸新聞杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2400m

前走レース別では、2008年以降7勝を含む12連対と連対馬の半数を占めるダービー組が最有力ステップ。なかでもダービー最先着馬は【8.3.0.0】という突出した成績をマークしている。ほかでは、前走1000万下組が2着3回、3着4回と侮れない存在。ただし、馬券に絡んだ馬はすべて「前走から距離延長」。対照的に、前走から距離短縮の馬は連対どころか3着入りもゼロ。距離適性を過剰に評価されて穴人気することもあるが、こちらは割り引いたほうが賢明だ。舞台となる阪神芝2400mは外回りコースの長距離戦ということもあり、スローの流れになりやすい。速い上がりに対応できる先行馬、あるいは決め手上位の差し馬が有利なコースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

神戸新聞杯の歴史と概要


2016年の優勝馬サトノダイヤモンド

春のクラシック実績馬の多くがここから秋競馬に臨む菊花賞の最重要トライアル。第50~51回(2002~2003年)は名門・藤沢和厩舎がシンボリクリスエスゼンノロブロイで連覇を達成。2頭はその後、G1を複数回勝利する大活躍を収めた。第52回(2004年)は、結果的にこれが引退レースとなってしまうキングカメハメハが圧勝。第53回(2005年)を勝ったディープインパクトは、続く菊花賞も制して日本競馬史上6頭目の三冠馬に輝いた。ほか、第56回(2008年)のディープスカイ、第59回(2011年)のオルフェーヴル、第60回(2012年)のゴールドシップ、第64回(2016年)のサトノダイヤモンドなどなど、そうそうたる面々が1着でゴール板を駆け抜けている。

歴史と概要をもっと見る >

神戸新聞杯昨年のBIGヒット予想家

去年の神戸新聞杯を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年09月23日(日) 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 88 
10,650円 266,250円
Lv 102 

10,650円
2,930円
135,800円
Lv 95 

10,650円
1,300円
132,500円
Lv 83 

10,650円
940円
118,000円
Lv 106 
10,650円 106,500円
Lv 94 
2,930円 87,900円
 

10,650円
270円
85,980円
Lv 107 

10,650円
10,650円
85,680円
Lv 89 
10,650円 85,200円
Lv 86 
10,650円 74,550円
Lv 85 
10,650円 74,550円
Lv 84 
2,930円 73,250円
Lv 93 
720円 72,000円
Lv 97 

10,650円
2,930円
71,500円
Lv 93 
710円 71,000円
Lv 89 
710円 71,000円
Lv 98 

10,650円
1,300円
66,250円
Lv 98 

10,650円
720円
65,880円
Lv 97 
1,300円 65,000円
Lv 80 
1,300円 65,000円

神戸新聞杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月31日(
札幌2歳ステークス  G3
2019年9月1日(
新潟記念  G3
小倉2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年8月31日(
2回札幌5日目
2回新潟11日目
2回小倉11日目
2019年9月1日(
2回札幌6日目
2回新潟12日目
2回小倉12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る