会員登録はこちら
神戸新聞杯 G2   日程:2019年9月22日() 15:35 阪神/芝2400m

レース結果

神戸新聞杯 G2

2019年9月22日() 阪神/芝2400m/8頭

本賞金:5,400万 2,200万 1,400万 810万 540万


レコード:2分24秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 3

サートゥルナーリア

牡3 56.0 C.ルメー  角居勝彦 498(+8) 2.26.8 1.4 1
2 5 5

ヴェロックス

牡3 56.0 川田将雅  中内田充 490(+4) 2.27.3 2.6 2
3 8 8

ワールドプレミア

牡3 56.0 武豊  友道康夫 472(-2) 2.27.5 1 1/4 13.2 3
ラップタイム 12.9 - 11.3 - 12.9 - 13.1 - 13.2 - 13.5 - 13.3 - 12.5 - 11.8 - 10.8 - 10.2 - 11.3
前半 12.9 - 24.2 - 37.1 - 50.2 - 63.4
後半 56.6 - 44.1 - 32.3 - 21.5 - 11.3

■払戻金

単勝 3 140円 1番人気
複勝 3 100円 1番人気
5 100円 2番人気
8 130円 3番人気
馬連 3-5 130円 1番人気
ワイド 3-5 110円 1番人気
3-8 230円 3番人気
5-8 220円 2番人気
馬単 3-5 210円 1番人気
3連複 3-5-8 320円 1番人気
3連単 3-5-8 700円 2番人気

神戸新聞杯のニュース&コラム

【神戸新聞杯】サートゥルナーリア圧勝!鮮烈復活
 菊花賞トライアルの神戸新聞杯が22日、阪神競馬場で8頭によって行われ、ルメール騎乗で1番人気のサートゥルナーリアがV。GI2勝馬が好位追走から早めに抜け出して、貫禄をみせた。今後は菊花賞(10月20日、京都、GI、芝3000メートル)に向かわない模様。なお1着馬とともに優先出走権を得た2着ヴェロックス、3着ワールドプレミアは菊花賞を目指す。 雨中の仁川にどよめきが起こった。最後はサートゥルナーリアの独り舞台。ほぼ馬なりのまま3馬身差をつけ、ホープフルS、皐月賞とGIを2勝した実力をまざまざと見せつけた。 「強かったですね。きょうは彼の強さを出してくれました。リラックスしていてスタートもよかったし、(最後も)すごくいい脚を使ってくれました」 出遅れが響き4着に敗れた日本ダービー以来になる秋初戦。スタートを難なく出ると、2番手をリズムよく追走した。楽な手応えのまま、4コーナーで先頭に立つと、直線では、あっさりと後続をちぎった。メンバー中、最速タイの上がり(3ハロン32秒3)を駆使して、着差以上のインパクトを残す完勝劇だ。 夏場の休養で心身ともに成長。寂しがって鳴くなどの子供っぽさが解消し、肉体面でも前走から8キロ増の498キロで出走した。「向こう正面では冷静に走っていたよ」とジョッキーがいえば、角居調教師も「ひと夏を越して、体もしっかりしてたし、よくなったと感じます」と目を細める。 父が短距離王のロードカナロアということもあって、2400メートルの距離を不安視する声もあったが一蹴。「これで、距離も問題ないと思います。我慢さえできれば、いい上がりを使ってくれますね」とトレーナーはうなずいた。 このあとは菊花賞に向かわず、天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)かジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう可能性が高い。ひと夏の成長度を加味すれば、年長馬相手でも気後れすることはない。“現役最強馬”の称号を手に入れるための戦いが、ここから始まった。 (山口大輝)★22日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちらサートゥルナーリア 父ロードカナロア、母シーザリオ、母の父スペシャルウィーク。黒鹿毛の牡3歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績6戦5勝。獲得賞金3億1175万9000円。重賞は2018年GIホープフルS、19年GI皐月賞に次いで3勝目。神戸新聞杯は角居勝彦調教師が2013年エピファネイアに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は2015年リアファル、16年サトノダイヤモンド、17年レイデオロに次いで4勝目。馬名は「公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り。母名より連想」。
2019年9月23日(月) 05:08

 1,498

【神戸新聞杯】ヴェロックス、内容まずまず2着
 2番人気のヴェロックスは“完敗”の2着だった。4コーナーでは勝ったサートゥルナーリアの直後にいたが、直線半ばから瞬発力の違いで引き離され、3馬身差をつけられた。「(1コーナーあたりでの)力みが強かったですが、前哨戦としてはいい内容だったと思います。サートゥルは本当に強いと改めて感じましたね」と川田騎手は語り、中内田調教師は「いい競馬でした。次(菊花賞)に期待ですね」とコメントした。★22日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2019年9月23日(月) 05:07

 732

【神戸新聞杯】ワールドプレミア3着、いい脚使った
 ワールドプレミアが3着。折り合いに専念して、直線勝負で菊花賞の優先出走権を獲得した。 「いい脚を使ってくれました。距離も大丈夫でしたね」と武豊騎手が回顧する。道中は力まずにリラックス。最後は大外から勝ち馬と同じ32秒3の末脚を駆使した。ペースが遅かったことを考えると高い評価を与えてもいい。GIへの視界が広がった戦いを見て友道調教師は「競馬の内容に進歩を感じました。ゴールしてからも伸びていたし、距離はもちそうです」とまとめた。★22日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2019年9月23日(月) 05:07

 687

【神戸新聞杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆酒井騎手(レッドジェニアル4着)「スローになると思って、いいポジションで運んで折り合いました。よく頑張っているが、最後は速い脚の分の差ですね」 ◆岩田康騎手(ユニコーンライオン5着)「位置どりは後ろになったが、集中して走ってくれました。距離は問題ないと思います」 ◆松山騎手(シフルマン6着)「行く形になりましたが、リズムよく折り合いました。ただ勝ち馬に早めに来られた分、苦しくなりました」 ◆竹之下騎手(ヴィント7着)「休み明けで攻め馬も足りなかったが、思っていた以上にいい競馬だった。これが次につながってくれれば」 ◆小牧騎手(ジョウショームード8着)「流れが遅すぎたが、すごく乗りやすい馬だから距離は延びても大丈夫。自己条件ならやれる」★22日阪神11R「神戸新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2019年9月23日(月) 05:06

 1,181

神戸新聞杯のニュースをもっと見る >

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】レースの注目点
★連覇を狙うレイデオロが始動 帰国初戦となるウインブライトも登録/産経賞オールカマー 2017年のダービー馬レイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、産経賞オールカマー連覇を狙う。同馬は、昨年秋にはオールカマー→天皇賞・秋を連勝し、有馬記念では2着に入った。レイデオロは、今年に入ってからドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と白星がないが、昨年に続きオールカマーを制して、秋のGI戦線へ向け弾みをつけることができるだろうか。なお、同馬には“テン乗り”となる福永祐一騎手が騎乗予定。 また、香港のクイーンエリザベス2世Cを制し、GI初制覇を海外で遂げたウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)は、オールカマーが帰国初戦となる。ウインブライトは中山で8戦5勝、2着2回(勝率.625、連対率875)という好成績を残しているが、海外GIを制した実力を日本のファンに示すことができるか。なお、同馬には引き続き松岡正海騎手が騎乗予定となっている。★JRA重賞通算50勝まであと「1」の内田博幸騎手はクレッシェンドラヴに騎乗予定/産経賞オールカマー 内田博幸騎手は9月17日現在、JRAで重賞49勝を挙げており、史上33人目のJRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。内田騎手はオールカマーでクレッシェンドラヴ(牡5歳、美浦・林徹厩舎)に騎乗予定だが、節目の重賞勝利を挙げることができるか。Vなら、同馬を管理する林調教師は、開業2年目でJRA重賞初制覇となる。 なお、内田騎手は過去5年の中山芝2200m戦における騎手別勝利数でトップタイの6勝を挙げており、クレッシェンドラヴとのコンビでは前走の七夕賞で2着に入るなど、通算9戦4勝、2着3回(勝率.444、連対率.778)という成績を残してる。 また、今年のオールカマーには、クレッシェンドラヴの他にウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、ショウナンバッハ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)と計4頭のステイゴールド産駒が登録している。ステイゴールドは、過去5年の中山芝2200m戦における種牡馬別勝利数でトップの13勝を挙げているが、4頭の産駒が登録するオールカマーでも好成績を挙げることができるだろうか。★皐月賞馬のサートゥルナーリアが登場! 兄エピファネイアは2013年の優勝馬/神戸新聞杯 皐月賞馬サートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)は、神戸新聞杯が秋初戦となる。同馬は、デビューから無敗で皐月賞を制し、ダービーでも単勝支持率49.6%と高い支持を集めたが、4着に終わり、初の敗戦を喫した。皐月賞馬は神戸新聞杯で14戦6勝、2着3回(勝率.429、連対率.643)の成績を残しているが、サートゥルナーリアは皐月賞馬の実力を示し、秋のGI戦線へ向け好スタートを切ることができるか。同馬には神戸新聞杯で3戦全勝のC.ルメール騎手が騎乗する予定。 また、サートゥルナーリアは父ロードカナロア、母シーザリオという血統で、2013年の神戸新聞杯優勝馬エピファネイアの弟にあたる。Vなら、母オリエンタルアート産駒のドリームジャーニー(2007年優勝)、オルフェーヴル(2011年優勝)以来、2組目の神戸新聞杯きょうだい制覇となる。★皐月賞2着&タービー3着のヴェロックスがサートゥルナーリアと3度目の対戦/神戸新聞杯 16日に実施された菊花賞トライアル・セントライト記念は、ダービー15着のリオンリオンが勝ち、皐月賞14着、ダービー17着のサトノルークスが2着に入って、“春のクラシック出走馬”がワンツーフィニッシュを決めた。神戸新聞杯には皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)を筆頭に、皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)、ダービー8着のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、ダービー14着のヴィント(牡、栗東・千田輝彦厩舎)が登録してるが、今週も“春のクラシック出走馬”は菊花賞トライアルを制すことができるか。なお、“春のクラシック出走馬”は過去10年の神戸新聞杯で8勝を挙げている。 また、サートゥルナーリアとヴェロックスは、今回が3度目の対戦。皐月賞ではサートゥルナーリアがアタマ差先着し、ダービーではヴェロックスが半馬身先着したが、今回はどちらに軍配があがるのか。なお、ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手は、今年のJRA重賞で自己最多の13勝。騎手のJRA重賞年間最多勝記録は武豊騎手が2005年に記録した23勝だが、川田騎手はこの記録にどこまで迫れるか注目だ。★4年連続で神戸新聞杯優勝馬の産駒がV 今年はワールドプレミアなど3頭が登録/神戸新聞杯 神戸新聞杯は、2015年のリアファル(父ゼンノロブロイ)から昨年のワグネリアン(父ディープインパクト)まで、神戸新聞杯優勝馬の産駒が4年連続で勝っている。今年は、2004年優勝馬キングカメハメハ産駒のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、2005年優勝馬ディープインパクト産駒のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)、2010年優勝馬口ーズキングダム産駒のジョウショームード(牡、栗東・服部利之厩舎)が登録しているが、今年も神戸新聞杯の父子制覇となるだろうか。なお、ジョウショームードが勝てば、祖父キングカメハメハ、父口ーズキングダムに続く父子3代神戸新聞杯制覇となる。 また、ワールドプレミアはここまで4戦2勝という成績で、レース史上最少キャリアでの優勝がかかる。同馬は2016年のセレクトセール(当歳)において、2億4000万円(税抜)という高額で落札されたが、神戸新聞杯で重賞初制覇を飾り、GI戦線に名乗りをあげることができるだろうか。★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 11:21

 2,575

【神戸新聞杯】サートゥルナーリア快ラップ
 皐月賞馬サートゥルナーリアが、注目の秋を迎える。栗東坂路で単走。馬なりでサッと駆け上がっただけでも、4F52秒4から、後半2Fは11秒8-12秒0の快ラップだ。前哨戦でも仕上がりは申し分ない。 「先週、ルメール騎手が乗ってCWコースで追ったし、16日にもCWでやったので坂路でサッと。放牧から帰厩後は、ダービー前より楽に立ち上げられた。パワーがあるので道悪も大丈夫だ」と辻野助手。 断然人気のダービーではテンションが高くなり、痛恨の出遅れを喫して4着。「出遅れたので、まだ2400メートルが長すぎるかどうかは分からないね。今回がテストになると思う」とルメール。何としても正解を出したい復帰戦だ。(夕刊フジ)★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 10:41

 961

【神戸新聞杯】ヴェロックス軽快ラスト1F12秒3
 皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックスが、たくましさを増した馬体を栗東CWコースで軽快に弾ませた。川田騎手が手綱を取って馬なり。楽な手応えのまま、ゴール前では鞍上を引っ張るようにグイッと大きく馬体を伸ばした。6F82秒9、ラスト1F12秒3はもちろん余力たっぷりだ。 「順調。先週素軽くなっていたし、やるべきことをやって走れるだけの態勢は整ってきた」と猿橋助手。ダービー後は放牧で充電し、「無事に夏を過ごせた。放牧に出しても緩むことなくバランスも良くなっている」。ひと夏越しての成長ぶりをVで見せつけるか。(夕刊フジ)★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 10:39

 758

【神戸新聞杯】厩舎の話
 シフルマン・松山騎手「しまい重点。特に変わった面はないが、折り合って乗りやすかった」 ユニコーンライオン・甲斐助手「このひと追いでどれだけ引き締まるか。距離はこなせそう」 レッドジェニアル・中塚助手「もうそんなに負荷をかける必要はない。落ち着きが増してきた」 ワールドプレミア・武豊騎手「まだ本来の感じではない。外回りの長い直線と少頭数はいい」(夕刊フジ)★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 10:39

 1,139

神戸新聞杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


神戸新聞杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月22日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv117 
210円 2,100円
Lv116 
700円 14,000円
Lv114 
110円 11,000円
Lv114 
210円 1,470円
Lv111 
320円 320円

的中情報をもっと見る >

神戸新聞杯過去10年の結果

2018年9月23日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2017年9月24日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2016年9月25日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

神戸新聞杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2400m

前走レース別では、2008年以降7勝を含む12連対と連対馬の半数を占めるダービー組が最有力ステップ。なかでもダービー最先着馬は【8.3.0.0】という突出した成績をマークしている。ほかでは、前走1000万下組が2着3回、3着4回と侮れない存在。ただし、馬券に絡んだ馬はすべて「前走から距離延長」。対照的に、前走から距離短縮の馬は連対どころか3着入りもゼロ。距離適性を過剰に評価されて穴人気することもあるが、こちらは割り引いたほうが賢明だ。舞台となる阪神芝2400mは外回りコースの長距離戦ということもあり、スローの流れになりやすい。速い上がりに対応できる先行馬、あるいは決め手上位の差し馬が有利なコースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

神戸新聞杯の歴史と概要


2016年の優勝馬サトノダイヤモンド

春のクラシック実績馬の多くがここから秋競馬に臨む菊花賞の最重要トライアル。第50~51回(2002~2003年)は名門・藤沢和厩舎がシンボリクリスエスゼンノロブロイで連覇を達成。2頭はその後、G1を複数回勝利する大活躍を収めた。第52回(2004年)は、結果的にこれが引退レースとなってしまうキングカメハメハが圧勝。第53回(2005年)を勝ったディープインパクトは、続く菊花賞も制して日本競馬史上6頭目の三冠馬に輝いた。ほか、第56回(2008年)のディープスカイ、第59回(2011年)のオルフェーヴル、第60回(2012年)のゴールドシップ、第64回(2016年)のサトノダイヤモンドなどなど、そうそうたる面々が1着でゴール板を駆け抜けている。

歴史と概要をもっと見る >

神戸新聞杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月7日(
中日新聞杯  G3
2019年12月8日(
カペラステークス  G3
阪神ジュベナイルF  G1

競馬番組表

2019年12月7日(
5回中山3日目
4回中京3日目
5回阪神3日目
2019年12月8日(
5回中山4日目
4回中京4日目
5回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る