会員登録はこちら
神戸新聞杯 G2   日程:2019年9月22日()  阪神/芝2400m

神戸新聞杯のニュース&コラム

【古馬次走報】ニシノデイジー、神戸新聞杯目指す
 ★日本ダービー5着ニシノデイジー(美・高木、牡3)は、北海道・日高町の西山牧場で夏休み中。神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)を目指す。 ★NHKマイルC3着カテドラル(栗・池添学、牡3)は中京記念(7月21日、中京、GIII、芝1600メートル)に参戦する。鳴尾記念9着プラチナムバレット(栗・河内、牡5)も同レースを視野に入れる。 ★高松宮記念4着ダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡4)は、函館スプリントS(16日、函館、GIII、芝1200メートル)に使ったあと、秋はセントウルS(9月8日、阪神、GII、芝1200メートル)からスプリンターズS(9月29日、中山、GI、芝1200メートル)の青写真。なお函館競馬場で川田騎手が乗って追い切りを行う。函館SSには京王杯SC2着リナーテ(栗・須貝、牝5)も藤岡康騎手で参戦予定。 ★安田記念8着ステルヴィオ(美・木村、牡4)は、来週に福島・ノーザンファーム天栄に移動。秋に備える。11着サクラアンプルール(美・金成、牡8)は、近日中に函館入りして、札幌記念(8月18日、札幌、GII、芝2000メートル)を目指す。 ★スレイプニルS1着テルペリオン(栗・寺島、牡5)は、放牧を挟んでマーキュリーC(7月15日、盛岡、交流GIII、ダ2000メートル)へ向かう。6着クイーンマンボ(栗・角居、牝5)、12着リテラルフォース(栗・高柳大、牡5)は、名鉄杯(7月14日、中京、L、ダ1800メートル)が視野。 ★鳴尾記念6着ブラックバゴ(美・斎藤誠、牡7)は、美浦で調整して函館記念(7月14日、函館、GIII、芝2000メートル)に向かう。8着タニノフランケル(栗・角居、牡4)は、七夕賞(7月7日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。 ★さきたま杯4着サンライズノヴァ(栗・音無、牡5)、麦秋S1着ミッキーワイルド(栗・安田隆、牡4)は、プロキオンS(7月7日、中京、GIII、ダ1400メートル)へ。 ★栗東・友道厩舎所属で白百合S1着レッドアネモス(牝3)、5着サヴォワールエメ(牝3)は、ラジオNIKKEI賞(30日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。鞍上はレッドが北村友、サヴォワールが津村。 ★マリーンCで競走除外になったオウケンビリーヴ(栗・安田隆、牝6)は、スパーキングレディーC(7月4日、川崎、交流GIII、ダ1600メートル)を予定。 ★エプソムCに登録していたキョウヘイ(栗・宮本、牡5)は、自重して米子S(16日、阪神、L、芝1600メートル)へ。ここには谷川岳S6着アンコールプリュ(栗・友道、牝4)も参戦する。 ★韓国馬事会杯勝ちのゴライアス(美・高木、牡4)は、アハルテケS(22日、東京、OP、ダ1600メートル)で戦列復帰。
2019年6月6日(木) 05:00

 543

【3歳次走報】サトノルークス、菊花賞を目標
 ★日本ダービーを制したロジャーバローズ(栗・角居、牡)は30日、滋賀県のノーザンファームしがらきへ放牧に出される。5着ニシノデイジー(美・高木、牡)は、放牧を挟んで神戸新聞杯(9月22日、阪神、GII、芝2400メートル)で始動する公算が大きい。「これまでの成績から中山は合わない印象なので、阪神へ行くことになると思う。その後は菊花賞(10月20日、京都、GI、芝3000メートル)へ」と高木調教師。僚馬で同11着のマイネルサーパス(牡)も放牧へ。次走は未定。8着レッドジェニアル(栗・高橋忠、牡)は放牧へ。秋は馬の様子次第だが、神戸新聞杯から菊花賞のローテーションを視野に入れる。17着サトノルークス(栗・池江、牡)も菊花賞を目標にする。 ★オークスを制したラヴズオンリーユー(栗・矢作、牝)の秋の目標は秋華賞(10月13日、京都、GI、芝2000メートル)。状態などを見て、ローズS(9月15日、阪神、GII、芝1800メートル)をステップにするか判断する。 ★オークス12着シゲルピンクダイヤ(栗・渡辺、牝)は、ローズSから始動する予定。17着メイショウショウブ(栗・池添兼、牝)は放牧へ出されるが、クイーンS(7月28日、札幌、GIII、芝1800メートル)に出走の可能性もある。★サトノルークスの競走馬情報はこちら
2019年5月30日(木) 05:01

 302

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

神戸新聞杯過去10年の結果

2018年9月23日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2017年9月24日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2016年9月25日() 阪神競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

神戸新聞杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2400m

前走レース別では、2008年以降7勝を含む12連対と連対馬の半数を占めるダービー組が最有力ステップ。なかでもダービー最先着馬は【8.3.0.0】という突出した成績をマークしている。ほかでは、前走1000万下組が2着3回、3着4回と侮れない存在。ただし、馬券に絡んだ馬はすべて「前走から距離延長」。対照的に、前走から距離短縮の馬は連対どころか3着入りもゼロ。距離適性を過剰に評価されて穴人気することもあるが、こちらは割り引いたほうが賢明だ。舞台となる阪神芝2400mは外回りコースの長距離戦ということもあり、スローの流れになりやすい。速い上がりに対応できる先行馬、あるいは決め手上位の差し馬が有利なコースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

神戸新聞杯の歴史と概要


2016年の優勝馬サトノダイヤモンド

春のクラシック実績馬の多くがここから秋競馬に臨む菊花賞の最重要トライアル。第50~51回(2002~2003年)は名門・藤沢和厩舎がシンボリクリスエスゼンノロブロイで連覇を達成。2頭はその後、G1を複数回勝利する大活躍を収めた。第52回(2004年)は、結果的にこれが引退レースとなってしまうキングカメハメハが圧勝。第53回(2005年)を勝ったディープインパクトは、続く菊花賞も制して日本競馬史上6頭目の三冠馬に輝いた。ほか、第56回(2008年)のディープスカイ、第59回(2011年)のオルフェーヴル、第60回(2012年)のゴールドシップ、第64回(2016年)のサトノダイヤモンドなどなど、そうそうたる面々が1着でゴール板を駆け抜けている。

歴史と概要をもっと見る >

神戸新聞杯昨年のBIGヒット予想家

去年の神戸新聞杯を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年09月23日(日) 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 83 
10,650円 266,250円
Lv 83 
10,650円 266,250円
Lv 105 

10,650円
2,930円
135,800円
Lv 97 

10,650円
1,300円
132,500円
Lv 110 
10,650円 106,500円
Lv 84 
10,650円 106,500円
Lv 91 
2,930円 87,900円
 

10,650円
270円
85,980円
Lv 102 

10,650円
10,650円
85,680円
Lv 92 
10,650円 85,200円
Lv 91 
10,650円 74,550円
Lv 85 
10,650円 74,550円
Lv 101 
2,930円 73,250円
Lv 87 
2,930円 73,250円
Lv 96 
720円 72,000円
Lv 95 

10,650円
2,930円
71,500円
Lv 95 
710円 71,000円
Lv 95 
710円 71,000円
Lv 95 

10,650円
1,300円
66,250円
Lv 92 

10,650円
720円
65,880円

神戸新聞杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月23日(
宝塚記念  G1

競馬番組表

2019年6月22日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2019年6月23日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る