会員登録はこちら
KBSファンタジーS G3   日程:2018年11月3日() 15:45 京都/芝1400m

レース結果

KBSファンタジーS G3

2018年11月3日() 京都/芝1400m/9頭

本賞金:2,900万 1,200万 730万 440万 290万


レコード:1分20秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 4

ダノンファンタジー

牝2 54.0 川田将雅  中内田充 460(0) 1.21.8 1.5 1
2 1 1

ベルスール

牝2 54.0 田辺裕信  今野貞一 446(+12) 1.22.1 1 3/4 10.7 4
3 3 3

ジュランビル

牝2 54.0 和田竜二  寺島良 462(-2) 1.22.1 クビ 31.0 6
ラップタイム 12.4 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 11.5 - 11.3 - 11.4
前半 12.4 - 23.7 - 35.5 - 47.6 - 59.1
後半 58.1 - 46.3 - 34.2 - 22.7 - 11.4

■払戻金

単勝 4 150円 1番人気
複勝 4 110円 1番人気
1 180円 4番人気
3 260円 6番人気
枠連 1-4 600円 3番人気
馬連 1-4 700円 3番人気
ワイド 1-4 270円 3番人気
3-4 400円 5番人気
1-3 1,310円 14番人気
馬単 4-1 930円 4番人気
3連複 1-3-4 2,370円 8番人気
3連単 4-1-3 5,890円 19番人気

KBSファンタジーSのニュース&コラム

【ファンタジー】ダノンファンタジーが制覇
 第23回ファンタジーステークス(3日、京都11R、GIII、2歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1400メートル、1着本賞金2900万円 =出走9頭)川田将雅騎乗で1番人気のダノンファンタジーが6番手追走から鮮やかに差し切って重賞初制覇。タイム1分21秒8(良)。次走は阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日、阪神、GI、芝1600メートル)で2歳女王の座を狙う。1馬身3/4差の2着には4番人気のベルスールが入った。 秋晴れの淀でダノンファンタジーが素質の違いを見せた。重賞初制覇に川田騎手が胸を張った。 「無事に勝てて何よりです。次は1600メートル(の阪神JF)になるので1400メートルの競馬ではなく1600メートルをイメージして組み立てました」 先を見据えつつ、結果を残した。中団待機から4コーナー手前からギアを上げ、直線で一気に加速。メンバー最速の上がり3ハロン33秒8で、悠々と1馬身3/4差をつけた。 中内田調教師は、昨年のベルーガに続く連覇。「ジョッキーも馬も我慢してくれました。初めての1400メートルにも対応してくれたし、学習能力も高い」とうなずいた。 新馬戦で先着を許したグランアレグリアは2連勝でサウジアラビアRCをV。牝馬ながら朝日杯FSに挑戦するが、この馬も鞍上が「期待しかしていません」とほれ込む逸材。こちらは2歳女王に向けて突き進む。 (斉藤弘樹) ◆田辺騎手(ベルスール2着) 「まだ2戦目。馬群で我慢できたのは今後のために大きいです」 ◆和田騎手(ジュランビル3着) 「いい馬です。まだ動き切れない面がありますが、脚をためる競馬を続けていきたいですね」 ◆池添騎手(ラブミーファイン4着) 「ペースが遅くて動いていきました。ラストは苦しくなりましたが、最後まで頑張っています」 ◆C・デムーロ騎手(レッドベレーザ5着) 「もう少し距離が欲しい」 ◆ルメール騎手(レーヴドカナロア8着) 「まだ子供だし、ちょっとこの距離は忙しかった」ダノンファンタジー 父ディープインパクト、母ライフフォーセール、母の父ノットフォーセール。鹿毛の牝2歳。栗東・中内田充正厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績3戦2勝。獲得賞金3712万9000円。重賞初勝利。ファンタジーSは中内田充正調教師が2017年ベルーガに次いで2勝目。川田将雅騎手は09年タガノエリザベート、16年ミスエルテに次いで3勝目。馬名は「冠名+幻想。幻想的な走りを期待して」。
2018年11月4日() 05:02

 150

【ファンタジー】レーヴドカナロアはブービー8着 ルメール「もう少し長い距離の方がいい」
 11月3日の京都11Rで行われた第23回ファンタジーステークス(2歳オープン、牝馬、GIII、芝・外1400メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=2900万円)は、川田将雅騎手騎乗のダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎)が激しい2着争いを尻目に完勝。単勝1.5倍の断然の人気に応えて重賞初制覇を果した。タイムは1分21秒8(良)。 札幌で新馬戦を快勝しており、この秋の勢いは目を見張るものがあるC.ルメール騎手が騎乗したレーヴドカナロア(2番人気)だったが、中団やや後ろを追走したものの勝負どころでポジションをさらに落とし、最後の直線に入っても巻き返すことができずにブービーの8着に敗れた。 C.ルメール騎手「この距離は忙しい。もう少し長い距離の方がいいです」★【ファンタジーS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月3日() 19:24

 251

【ファンタジー】レッドベレーザは大外伸び切れず5着 C.デムーロ「もう少し距離が欲しい」
 11月3日の京都11Rで行われた第23回ファンタジーステークス(2歳オープン、牝馬、GIII、芝・外1400メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=2900万円)は、川田将雅騎手騎乗のダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎)が激しい2着争いを尻目に完勝。単勝1.5倍の断然の人気に応えて重賞初制覇を果した。タイムは1分21秒8(良)。 新馬戦を勝ったばかりでいきなりの重賞挑戦となったレッドベレーザ(3番人気)は、道中は最後方を追走して最後の直線で大外に持ち出されたものの、ジリジリと脚を伸ばすのが精一杯。5着に敗れ、オープンクラスの壁にぶつかる形となった。 C.デムーロ騎手「もう少し距離が欲しいですね」★【ファンタジーS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月3日() 19:24

 115

【ファンタジー】重賞2着あるラブミーファインは4着止まり 池添「最後まで頑張っている」
 11月3日の京都11Rで行われた第23回ファンタジーステークス(2歳オープン、牝馬、GIII、芝・外1400メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=2900万円)は、川田将雅騎手騎乗のダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎)が激しい2着争いを尻目に完勝。単勝1.5倍の断然の人気に応えて重賞初制覇を果した。タイムは1分21秒8(良)。 1800mの新馬戦を快勝しながら、続く2戦目では1200mの函館2歳Sに出走して2着に食い込んだ実績があるラブミーファインは、道中は中団で待機して勝負どころで徐々に進出したものの、最後の直線で伸び切れず4着止まり。短距離戦でのガラリ一変とはならなかった。 池添謙一騎手「出なりの位置で運びました。ラストは苦しくなりましたが、最後まで頑張っています」★【ファンタジーS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年11月3日() 19:23

 84

KBSファンタジーSのニュースをもっと見る >

KBSファンタジーSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月3日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
110円 5,500円
Lv111 
2,370円 118,500円
Lv109 
2,370円 23,700円
Lv107 
700円 17,500円
Lv107 
110円 11,000円

的中情報をもっと見る >

KBSファンタジーS過去10年の結果

2017年11月3日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2016年11月5日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ミスエルテ 川田将雅 1:21.8 1.4倍 87.9
2着 ショーウェイ 松若風馬 1 1/4 148.7倍⑫ 86.1
3着 ディアドラ M.デムーロ アタマ 6.9倍 86.1
2015年11月7日() 京都競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 キャンディバローズ C.ルメール 1:21.9 11.7倍 90.3
2着 メジェルダ 四位洋文 アタマ 16.7倍 90.3
3着 ブランボヌール 岩田康誠 クビ 2.8倍 90.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

KBSファンタジーSのデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1400m

2006年から2015年まで、1番人気が10連敗を喫するなど大荒れ模様。2016年こそミスエルテが1番人気に応えて勝利したものの、2着には人気薄のショーウェイ(12番人気・最下位人気)が入り、けっきょく波乱の決着に終わっている。そして、2017年も1番人気(アマルフィコースト)は3着に敗れた。荒れる一因として挙げられるのは、前走1600m以上好走馬の不振。2007年以降、前走1600m以上の牡馬混合オープンもしくは重賞で5着以内馬の連対は、2017年2着のコーディエライト1頭のみ。さらなる前進をもくろみ、わざわざ距離を短縮して牝馬限定戦に回ったにもかかわらず、結果は裏目に出ているのだ。半面、前走1400m以下連対馬の好走が目立ち、スプリント力を問われる一面もある。スピードが不可欠な京都芝1400mらしい傾向と言えよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

KBSファンタジーSの歴史と概要


2013年の優勝馬ベルカント

阪神ジュベナイルフィリーズの関西地区の前哨戦に位置付けられている2歳牝馬重賞。第2回(1997年)の勝ち馬ロンドンブリッジは、その後桜花賞で2着。第3回(1998年)を制したプリモディーネは、翌年の桜花賞馬に。第7回(2002年)に優勝したピースオブワールドは、続く阪神ジュベナイルフィリーズも制して、無敗の2歳牝馬チャンピオンに。第9回(2004年)の覇者ラインクラフトは、阪神ジュベナイルフィリーズは3着に敗れるも、翌年の桜花賞とNHKマイルカップのマイルG1を連勝した。

歴史と概要をもっと見る >

KBSファンタジーSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る