サラキア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サラキア
サラキア
サラキア
サラキア
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2015年2月5日生
調教師池添学(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[2-3-1-8]
総賞金10,297万円
収得賞金2,750万円
英字表記Salacia
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
サロミナ
血統 ][ 産駒 ]
Lomitas
Saldentigerin
兄弟 サリオスサロニカ
前走 2020/01/18 愛知杯 G3
次走予定

サラキアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/18 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 168165.639** 牝5 55.0 川田将雅池添学448(0)2.02.4 1.337.7⑥⑥⑥⑨デンコウアンジュ
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1881757.196** 牝4 56.0 川田将雅池添学448(-2)2.14.5 0.433.5⑤⑤ラッキーライラック
19/10/21 東京 11 オクトーバー (L) 芝2000 13696.133** 牝4 54.0 石橋脩池添学450(-6)1.59.3 0.133.9ダイワキャグニー
19/08/11 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 18359.155** 牝4 54.0 丸山元気池添学456(+8)1.32.4 0.332.9⑨⑨ミッキーグローリー
19/06/09 東京 11 エプソムC G3 芝1800 144614.372** 牝4 54.0 丸山元気池添学448(+6)1.49.2 0.133.0レイエンダ
19/04/06 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 141116.2510** 牝4 54.0 池添謙一池添学442(+2)1.33.9 0.333.3⑦⑦ミッキーチャーム
19/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 17124.827** 牝4 53.0 池添謙一池添学440(-2)1.35.3 0.435.0⑥⑨パクスアメリカーナ
18/10/14 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 183514.344** 牝3 55.0 池添謙一池添学442(-8)1.59.0 0.534.6⑧⑨⑦⑥アーモンドアイ
18/09/16 阪神 11 ローズS G2 芝1800 15354.222** 牝3 54.0 池添謙一池添学450(+4)1.45.9 0.233.4⑨⑧カンタービレ
18/08/05 小倉 9 青島特別 500万下 芝1700 10771.511** 牝3 52.0 北村友一池添学446(+10)1.39.5 -0.634.0⑩⑩④アバルラータ
18/05/27 京都 11 白百合S OP 芝1800 10772.612** 牝3 54.0 北村友一池添学436(+6)1.46.4 0.534.0⑤⑤メイショウテッコン
18/04/22 東京 11 フローラS G2 芝2000 16116.024** 牝3 54.0 池添謙一池添学430(0)1.59.7 0.233.7⑭⑬⑬サトノワルキューレ
18/03/03 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 1081010.944** 牝3 54.0 池添謙一池添学430(-6)1.34.1 0.733.4⑧⑧ラッキーライラック
18/01/21 中京 5 3歳新馬 芝1600 16351.611** 牝3 54.0 池添謙一池添学436(--)1.37.2 -0.334.9⑦④④ナリタハーデス

サラキアの関連ニュース

 兄弟タッグで重賞Vだ! GI・朝日杯FS3着のグランレイが、きさらぎ賞に挑む。鞍上の兄・池添謙一騎手(40)=栗・フリー、管理する弟・池添学調教師(39)=栗=の池添兄弟は、ともに重賞取りへ意欲満々。グレード制導入後初の快挙を狙っている。

 騎手と調教師。立場は違えど熱い思いは同じだ。兄・池添謙一騎手と弟・池添学調教師の兄弟タッグで重賞初制覇へ。朝日杯FS3着のグランレイで挑む。

 「(調教師は)自分で馬を見つけてきて、調教などの指示を出して、従業員をまとめていくのは大変なこと。弟の管理馬での重賞挑戦だし、一緒に取りたい、という思いは強くなりますね」。6日朝、雪が舞う栗東トレセンで、池添騎手は力を込めた。

 池添兄弟のタッグは、JRA通算【8・8・7・76】だが、重賞では2018年ローズSサラキア)の2着が最高着順。今回が10度目のチャレンジで、勝てばグレード制が導入された1984年以降で、初の“騎手&調教師の兄弟タッグ重賞V”となる。15年に厩舎を開業した1つ年下の弟も、「競りでオーナーに買っていただいた馬ですし、感謝しています。そういう(思い入れのある)馬で、兄弟で結果を出せればいいですね」と、兄とのタイトル奪取を意識する。

 グランレイはデビューから兄弟でタッグを組み、ここまで3戦1勝。前走の朝日杯FSは出遅れながらも、メンバー最速となる上がり3ハロン34秒9の末脚で3着に追い込んだ。「馬混みの方が落ち着いて走れるタイプ。能力は高いので、それをうまく引き出せれば。特に指示はしません」とトレーナーが人馬に全幅の信頼を置けば、今週の追い切りに騎乗した兄も「反応も身のこなしもよかった。課題は口向き。難しさがあるので折り合いをつけて運びたい。結果を出したいですね」と気合が入る。

 好結果が出れば、皐月賞も視野に入る。兄弟の力で、クラシックへの道を切り開く。(渡部陽之助)

★グレード制導入前、野平兄弟など

 1984年にグレード制導入される以前は、39年皐月賞(ロツクパーク)を兄・稲葉秀男調教師&弟・幸夫騎手、67年天皇賞・春(スピードシンボリ)を兄・野平富久調教師&弟・祐二騎手が制した例がある。なお、現役では池添兄弟の他に、弟・武幸四郎調教師、兄・武豊騎手がいるが、まだ重賞でタッグを組んだことはない。



きさらぎ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



池添 謙一(いけぞえ・けんいち) 1979(昭和54)年7月23日生まれ、40歳。滋賀県出身。父は栗東・池添兼雄調教師。1998年、栗東・鶴留厩舎からデビュー。2011年にオルフェーヴルで3冠を制す。JRA通算12769戦1184勝(うち重賞はGI25勝を含む83勝)。

池添 学(いけぞえ・まなぶ) 1980(昭和55)年9月2日生まれ、39歳。滋賀県出身。父である池添兼雄厩舎で厩務員、調教助手を経て2014年に調教師免許取得。15年に開業して、JRA通算1235戦128勝(うち重賞2勝)。

【斬って捨てる!】愛知杯2020 7歳以上の高齢馬は不振!斤量増加馬の好走は人気サイドのみ! 2020年1月18日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、愛知杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
ハンデ49キロ以下の好走例は皆無(2008年以降の同名レース)

カレンシリエージョ

7歳以上馬の好走例はゼロ(2008年以降の同名レース)

レイホーロマンス
デンコウアンジュ

前走3勝クラス(旧1600万下)1着馬の連対例は皆無(2008年以降の同名レース)

モルフェオルフェ

前走がタイム差なしの1着だった馬の連対例はみられない(2008年以降の同名レース)

モルフェオルフェ

前走秋華賞組の好走例はゼロ(2008年以降の同名レース)

パッシングスルー
フェアリーポルカ

前走でターコイズSに出走していた馬を除くと、前走中山組の好走例は皆無(2008年以降の同名レース)

モルフェオルフェ
カレンシリエージョ

【人気】
5番人気以下、かつ前回から斤量が増加した馬の好走例はみられない(2008年以降の同名レース)
※9時30分現在の5番人気以下、かつ前回から斤量増加の馬

レイホーロマンス
モルフェオルフェ
リリックドラマ
ランドネ

10番人気以下、かつ前走グレードレース出走馬の好走例はゼロ(2008年以降の同名レース)
※9時30分現在の10番人気以下、かつ前走グレードレース出走馬

リリックドラマ
ランドネ
ウインシャトレーヌ
ポンデザール

【脚質】
前走重賞出走馬を除くと、前走の4角通過順が10番手以降だった馬の連対例は皆無(2008年以降の同名レース)

レイホーロマンス

【枠順(出目)】
馬番枠9番の好走例はみられない(牝馬限定で行われた2004年以降の同名レース)

リリックドラマ

馬番枠1番、16番の連対例はなし(牝馬限定で行われた2004年以降の同名レース)

サヴォワールエメ
サラキア


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
センテリュオ
アルメリアブルーム
アロハリリー
レッドランディーニ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】愛知杯2020 波乱傾向が強い一戦!2010、2011年の小倉開催時は父サンデーサイレンス系が上位を独占!  2020年1月18日() 08:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容の一部や、愛知杯の過去の小倉開催時におけるレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※本年は小倉・芝2000mで行われます。

【全般】
ハンデ55.5キロ以上の複勝率が50%超(2007年以降の同名レース)

デンコウアンジュ

ハンデ53キロ以下の上位占有率が高め(2007年以降の同名レース)

サヴォワールエメ
レイホーロマンス
モルフェオルフェ
アルメリアブルーム
リリックドラマ
ランドネ
ウインシャトレーヌ
カレンシリエージョ
レッドランディーニ
フェアリーポルカ

【人気】
人気サイドがアテにならない

※人気を意識する必要はない

【脚質】
2010~2011年の小倉開催時は3着以内6頭中5頭が3角を6番手以降で通過

センテリュオ
デンコウアンジュ
アルメリアブルーム
レッドランディーニ
ポンデザール
サラキア

※近走の内容を参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
小倉開催時の2010年は2枠→3枠→7枠、2011年は6枠→2枠→5枠の決着

サヴォワールエメ
センテリュオ
レイホーロマンス
モルフェオルフェ
デンコウアンジュ
アルメリアブルーム
アロハリリー
パッシングスルー
リリックドラマ
ランドネ
ウインシャトレーヌ
カレンシリエージョ

※2着連対圏の6枠以内を評価

【血統】
2010、2011年の小倉開催時は父サンデーサイレンス系が上位を独占

サヴォワールエメ
センテリュオ
モルフェオルフェ
アルメリアブルーム
アロハリリー
リリックドラマ
ウインシャトレーヌ
レッドランディーニ
ポンデザール
サラキア


【3項目以上該当馬】
アルメリアブルーム(4項目)
サヴォワールエメ(3項目)
センテリュオ(3項目)
モルフェオルフェ(3項目)
デンコウアンジュ(3項目)
リリックドラマ(3項目)
ウインシャトレーヌ(3項目)
レッドランディーニ(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】愛知杯2020 好配当頻発の牝馬限定ハンデ重賞!あの人の◎は!?  2020年1月18日() 07:00


※当欄では愛知杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【杉本清】
◎⑯サラキア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑯サラキア

【目黒貴子】
◎⑧パッシングスルー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】愛知杯2020 指数上位馬優先!低指数のサンデーサイレンス非内包馬はNG! 2020年1月18日() 06:00

愛知杯の近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の中京開催の結果をもとに検証



<ポイント①>
2016年こそ低指数馬が上位を独占したが、基本的に指数上位の信頼度が高いレース。それ以外の年は指数4位以内のなかから、最低1頭は3着以内を確保しており、2頭入ることも珍しくはない。

指数4位以内

センテリュオ
デンコウアンジュ
アロハリリー
サラキア

<ポイント②>
U指数96.0以上は【4.2.2.6】と安定。該当馬不在の2016年を除くと、コンスタントに上位を賑わせている。とりわけ、前年か同年に芝1800m以上のレースにおいて、上がり3ハロン3位以内かつ1着の経験がある馬の好走率が高い。

指数96.0以上かつ条件を満たす馬

センテリュオ
デンコウアンジュ

<ポイント③>
低指数で1~2着に入っているのは、すべてサンデーサイレンス内包馬。<ポイント①>、または<ポイント②>をクリアしていないサンデーサイレンス非内包馬は2019年3着のランドネ(4番人気)が最高着順。

要点をクリアしていないサンデーサイレンス非内包馬

パッシングスルー
ランドネ
カレンシリエージョ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【愛知杯】厩舎の話 2020年1月17日(金) 05:04

 ◆アルメリアブルーム・高橋康師 「実質追いの先週はいい動きだったし、今週はサッと。前走は初重賞でもこの馬なりの脚を使っていた。楽しみ」

 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「前走は太めで距離も長かった。小倉は相性が良く、軽ハンデを生かせれば」

 ◆サヴォワールエメ・荻野琢騎手 「スピードの乗りがよく、ハンデも51キロ。ワクワクする馬で重賞へ行けます」

 ◆サラキア池添学師 「素軽い動きでデキも良さそう。発馬が安定してきたので、早めに好位につけられれば」

 ◆センテリュオ・高野師 「筋肉がついてパワフルになって、十分な動き。今回はチャンス

 ◆デンコウアンジュ・加納助手 「デキはいい意味で安定。しまいが確実になっているので、早めに動いていければ」

 ◆パッシングスルー・黒岩師 「栗東入り後も体も減らずに負荷をかけられた」

 ◆モルフェオルフェ・徳吉助手 「輸送があるので軽めで十分。うまくタメながら走れれば」

 ◆ランドネ・小滝助手 「中間もバリバリ乗れて好状態。開幕週の馬場で前で運べれば」

 ◆リリックドラマ・岡田師 「動きも申し分なかった。開幕週の小回りは絶好の舞台」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「長い距離を使った後も疲れはない。ハンデは軽いしチャンス

 ◆レッドランディーニ石坂正師 「攻めは動けていた。ハンデ52キロならもう少し頑張れないか」

愛知杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サラキアの関連コラム

閲覧 2,020ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(日)京都11R 第44回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


<優先出走馬>

スカーレットカラー(A)中3週
デビュー前から調教では速い時計の出ていた馬。半年前までは出走取消が多かったが、ここ数戦は追い切りもしっかり消化し、レースでも安定して力を出せるようになっていて馬体がしっかりできてきたように思う。調教ではデビューから数戦レースにも騎乗していた太宰騎手(レースでは岩田騎手が騎乗予定)がしっかり調教をつけていて、このジョッキーの影の支えが大きい印象。1週前追い切りでは、その太宰騎手が騎乗して前走時よりも力強い走りで、この時点でしっかり仕上がっており良い状態で出走できそう。


<賞金上位順>

クロノジェネシス(A)中3週
前走休み明けで+20キロだったがパドックで見た感じではトモが細く見えるくらいで、太い感じにはまったく見えなかった。この中間もしっかり時計を出していて、1週前追い切りの動きを見ると走りに勢いがみられるようになり、1度使われて気合いが乗ってきているという印象。馬体を絞る必要はないと思うので、テンションを上げ過ぎない最終追い切りができればここでも勝ち負けになりそう。

ラヴズオンリーユー(C)6ヶ月
オークス以来の休み明けとなるが2週前、1週前と併せ馬で追われている。動きを見るとこれまでより強めに追われていて、いかにも休み明けと言った印象を受け、ぶっつけ本番はややマイナスとなりそう。

ラッキーライラック(C)中3週
休み明けの前走時はパドックでは胸前に余裕があるくらいだったが、追い切りは硬さがいつも以上にある感じだった。この中間も1週前にCWで強めに追われているが、硬さがまだ残っていて、動きも重い感じに見えた。

クロコスミア(B)中3週
2年連続このレース2着の好走実績あり。今年も札幌記念、府中牝馬Sをステップに使われてきて、1週前追い切りでは昨年よりも気合いの入った力強い動きを見せた。

フロンテアクイーン(C)中3週
若い頃はパドックでのイレ込みが激しいところがあった馬だが、近走は落ち着きがあり気性的に成長はしているように思う。今回は関西への輸送があるので気を使うところはあると思うが、昨年も落ち着いて周回できていたので直前でビッシリ追ってテンションを上げてしまうようなことがなければ。ただ、ちょっと距離は長いような気はする。

ポンデザール(A)中9週
4連勝中と勢いのある馬。イレ込むこともなくレースでの折り合いも問題ない。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前追い切りの動きを見ても気負うことなくリラックスして走れていて状態も良さそう。

ウラヌスチャーム(D)中3週
前走時から栗東で調整中。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく伸び脚もイマイチ。

ゴージャスランチ(C)3ヶ月
前2走は坂路での調整だったが、この中間は南Wでの追い切りが中心。調教内容を変えてきたことは気になる。

サトノガーネット(B)中3週
クイーンS時は馬の動きが硬い感じがあったが前走、今回と動きが柔らかくなった感じで上積みがありそう。

センテリュオ(A)中9週
前走の新潟記念では◎にした馬だが、初の左回りとコーナー2つのコースで息が入らなかったのか直線は伸びる感じがなかった。この中間も坂路で好時計を多くマークしていて調子は良さそうで、右回りコーナー4つのコースに変わっての変り身がありそう。

サラキア(E)中2週
前走から中2週で1週前に速い時計を出していない。前走時よりも馬体を減らしたくないところはあると思う。

レッドランディーニ(E)中3週
マーメイドSで2着の実績はあるが、定量戦で一線級相手だと厳しいところはありそう。調教でも目立つ時計が出ている訳でもないので、一発がありそうな感じもない。

アルメリアブルーム(D)中3週
小柄な馬で、使うたびの馬体増減が大きい馬。デビューからよく見ている馬だが、何とかオープンまで上がってきた感じがあり、突き抜けるような強さはない。

レイホーロマンス(C)中2週
休み明けの前走時は乗り込んでいた割に速い時計が出ていなかった。この中間は坂路での時計が良くなってきていて、それでもまだこの馬としては物足りないが、少し上積みがありそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
この中間も栗東での調整。前走時も追い切りの動きが良く見えたが、今回も1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて好時計で先着と、引き続き調子は良さそう。

ブライトムーン(B)中1週
この中間は間隔が詰まっているので1週前には速い時計は出していないが、最終追い切りでしっかり時計を出しているようなら力は出せそう。

ミスマンマミーア(C)中4週
休み明けの前走時、パドックではかなり余裕がある馬体に映った。この中間は時計を多く出してきているが、ガラッと変わってきた感じの時計が出ている訳ではない。



◇今回はエリザベス女王杯編でした。
今週4(祝月)に、浦和競馬場では初のJBCが行われました。JBC当日の1日の売得金は2016年の川崎での48億円を10億円近く上回る58億円のJBCレコード(地方競馬場での開催時のみ)。さらに、浦和競馬場単体での売得金としても、レコードを43億円以上も上回る1日あたり売得金記録を更新しました。これは地方競馬の馬券発売網の充実や宣伝効果、さらにこれまで19回積み重ねてきた関係者の努力の結果だと思います。浦和での開催で2年前(川崎)の売り上げを上回ることができたことは、今後その他の競馬場での開催(特にまだJBCを開催したことのない競馬場)検討の際の指針になりますし、大きな意義をもった今回だったように思います。地方競馬は地方競馬で、これからもそれぞれの個性を出して盛り上がって行ってもらいたいものです。

それでは次回、マイルチャンピオンシップ編(予定)でお会いしましょう。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年11月6日(水) 19:00 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2019
閲覧 2,282ビュー コメント 0 ナイス 15

三連休(今年はなんか多くてありがたかったのですが)+メルボルンCと競馬三昧のまま次の週末がすぐ来てくれて、11月はいい感じで来ています。メルボルンCは、前走でメールドグラースの2着だったのに52kgと斤量恵まれたヴァウアンドディクレア(C.ウィリアムズ騎手の悲願のメルボルンC勝ちに忖度じゃないかという恵量)に本命を打ち、当たったのですが、ヒモは繰り上がりあっても全部抜けで残念でした。


では恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 クロノジェネシス:悲願のG1制覇を秋華賞で成し遂げたが、もともと京都得意の北村友騎手の好騎乗もあってのもので、今回距離が延びるのは正直そう良くはないと思っている。ただ、外を回しての末脚一辺倒のような若い頃の競馬から、前走では先行して抜け出す器用なレースができるようになったところを見せた。成長した今、実力があるのは確かでやれてよい。

2番人気想定 ラヴズオンリーユー:4戦4勝のオークス馬。リアルスティールの下という良血で、春は能力だけで何となく勝ってしまった感じだった。順調に使えない馬で秋華賞はパスしたが、調教ではCWで猛時計を出しており、脚部不安は大丈夫そう。20kg以上馬体が増えているとの矢作調教師のコメントもあり、更なる成長を加味すると、能力断然で順調ならあっさりまであるか。

3番人気想定 ラッキーライラック:府中牝馬Sでは直線でやる気が失せたのか、3着と相変わらず勝ち切れず。桜花賞アーモンドアイに完敗してからは、レース終盤に投げ出すようになった。成長度合いを含め人気からすると妙味の無い馬だが、スミヨン騎手の闘魂注入で最後まで力を出し切れば、能力自体は高く巻き返しの可能性はあり。ただ、やっぱり、スミヨン人気もあって……。

4番人気想定 スカーレットカラーヴィクトワールピサ産駒らしく晩成な感じもあり、ようやく府中牝馬S勝ちで重賞制覇。母父ウォーエンブレムはスタミナがあり、決してマイラーではなくここも狙い目。

5番人気想定 クロコスミア:一昨年のこのレースで9番人気2着と和田騎手の奇襲が決まったが、前哨戦の府中牝馬Sで5着とイマイチ。ただ、距離を問わずずっと重賞でそれなりには来ており、地味ゆえに2200mで再度輝く可能性もあるが、6歳秋だけにそう上積みは無いのでは。

6番人気想定 ゴージャスランチマンハッタンカフェ産駒らしく非根幹距離が得意で準オープンを勝ってきた。引き続きの非根幹距離ではあるが、大一番での激走種牡馬ではなく、力が足りないのでは。

7番人気想定 ウラヌスチャーム:距離が長く7着だった京都大賞典からの距離短縮で、マーフィー騎手への乗り替わり。ここで一発を期待してもいいかもしれない。

8番人気想定 ポンデザール:4連勝中で前走は札幌で2600m戦を圧勝してきた。2200mに関しては、正直もっと距離があった方がいいのだろうが、ギリギリやれる距離か。

9番人気想定 センテリュオ:5月に準オープンを勝ってからは重賞の壁もあり、4着→7着と冴えないのだが、ルメール騎手を確保できたあたり、まだ伸びしろのある馬なんだろう。人気次第か。

10番人気想定 サラキア:正直、逃げるのは巧くない石橋脩騎手の逃げで3着だった前走だが、川田騎手に乗り替わっても大一番でやれる力は無いのでは。

11番人気以下想定
フロンテアクイーン:府中牝馬Sでは2着と健在ぶりをアピールしたが、重賞で好走を繰り返していた昨年でも7着止まりで、2200m適性は低そう。

シャドウディーヴァ:13番人気で4着と頑張った秋華賞だったが、若い馬が有利なレースとはいえ、ここはまだトップレベルとは差がある。

アルメリアブルーム:前走は京都巧者らしく北村友騎手が6番人気で勝たせてしまったが、ちょっとまだ力が足りないのでは。

サトノガーネット:いかにも距離が足りなかった府中牝馬Sだけに距離延長は良さそうだが、オープン実績ゼロでそもそも力不足か。

レッドランディーニ:5月に2勝クラスを勝った勢いで臨んだマーメイドSでは、51kgの恵量を生かして10番人気2着。ただ、秋初戦の府中牝馬Sでは7着とイマイチで、まだトップレベルまでは強くないか。

ミスマンマミーア:前走準オープンで3着の馬で、スタミナはあるが大仕事は無いのでは。

レッドラフェスタ:準オープン2着からの参戦だが、ちょっと力が落ちるか。

レイホーロマンス:前走10着とピークを過ぎた感じの6歳秋で要らないか。

ブライトムーン:準オープン3着からの参戦だが、大仕事するには力が足りない印象。


<まとめ>
最有力:ラヴズオンリーユー

有力:スカーレットカラークロノジェネシス

ヒモに:ウラヌスチャームポンデザール

[もっと見る]

2019年11月3日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月27日号】特選重賞データ分析編(175)~2019年エリザベス女王杯~
閲覧 2,541ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 エリザベス女王杯 2019年11月10日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2013年以降)】
○G1・G2のレース [6-5-6-59](複勝率22.4%)
×G1・G2のレース以外 [0-1-0-27](複勝率3.6%)

まずは臨戦過程を素直に評価したほうが良さそう。前走の着順が8着以下だった馬は2013年以降[0-0-0-25](複勝率0.0%)ですし、前走がG1・G2のレースでなかった馬も苦戦しています。G3・オープン特別・条件クラスのレースを経由してきた馬は、たとえその前走が好内容であっても過信禁物です。

主な「○」該当馬→クロノジェネシスフロンテアクイーンラヴズオンリーユー
主な「×」該当馬→アルメリアブルームサラキアポンデザール


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において優勝経験がある」馬は2013年以降[3-5-5-27](複勝率32.5%)
主な該当馬→クロノジェネシスラヴズオンリーユー

[もっと見る]

2019年8月9日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】改めて考える「上手い騎手よりわかる騎手」/関屋記念&エルムS展望
閲覧 1,288ビュー コメント 0 ナイス 3

先週末は新潟でレパードS、小倉では夏の名物重賞、小倉記念が行われた。

レパードSは、田辺騎手騎乗のハヤヤッコが直線鮮やかに差し切り、10番人気の低評価を覆しての重賞制覇となった。これで田辺騎手は重賞騎乗機会4連勝。年明け当初は人気馬を飛ばすことが多かったが、ココに来てエンジンが掛かってきたようだ。もっともレース自体はやや低調な印象で、打倒クリソベリルといえるほどの存在は見当たらなかった。

一方、小倉記念メールドグラースが重賞3連勝で秋に向けての飛躍を予感させた。2着カデナとの着差は僅かにクビ差ではあったが、内容的には完勝といえるもの。今後はさらに強い相手と激突することになるだろうが、今の勢いと充実ぶりならば十分互角の戦いを挑めそうだ。

その小倉記念は馬券的にもほぼ思い通りの決着となった。最終的に本命にしたのは6番人気の◎カデナだったが、相手は力上位のメールドグラース。先週当コラムでも取り上げたノーブルマーズもキッチリ押さえており、3連複本線、3連単までキレイに当てることができた。




もっとも、札幌のWINSで購入したこの追加馬券が当たればさらに楽しいことになったのだが…。



そこまで求めては贅沢というものか。この楽しみは次回以降に取っておこう。


~騎手は上手くなくて良い、大事なのは”わかる”こと

それにしても、先週改めて感じたのは騎手の重要性だ。

前述の小倉記念で本命にしたカデナにしても、北村友騎手が騎乗していたことは大きな後押しになった。北村友騎手は、馬をリラックスさせて脚を溜めるのが非常に上手い。これは派手に内を突くとか、あるいはオーバーアクションでガシガシ追うようなものではないためわかりづらいのだが、馬上でのバランスが良く、道中で余計なスタミナをロスしない。だからこそ切れる馬に騎乗した際には、ラストで鋭い伸びを引き出すことができる。これはライアン・ムーアなど海外勢にはあまり感じられない、”JRA的な”技術力である。

このことに気づいたのはもう10年近くも前になるのだが、興味があるならば、同騎手の過去の重賞制覇のレースを見直してみてほしい。上手く溜めて外から脚を伸ばして来るレースが非常に多いはずだ。

その中でひとつだけわかりやすい例を挙げるならば、2017年のCBC賞だろうか。シャイニングレイで制したこのレースにおける末脚の伸び方は、まさに北村友騎手ならではのものだった。今年はアルアインでG1初制覇を飾ったが、より北村友騎手らしさが出ていたのは今回のカデナや、上述のシャイニングレイ、あるいは今年の重賞でいえばヴァルディゼールシンザン記念ダノンスマッシュでの一連のレース、またあるいはクロノジェネシスでのレースぶりだろう。

北村友騎手が上手いかどうかは、正直なところそれぞれの感じ方にもよると思う。ただ、大事なことは、

「ある程度パターン化し理解できるかどうか」

である。騎手も生きものではあるが、個性やクセ、パターンがあるので、それを理解できれば別に上手い必要などない。


~上手くはないが最近買えるのはアノ

上手い必要はないが買いやすい、という例でいえば、最近は田中勝騎手がお気に入りである。個人の感想を遠慮なく述べるならば決して上手い騎手だとは思わないが、それでも買いどころはある。ちょっと感覚的なものなので言語化が難しいが、

「やることが決まっている」

というレースになるとそこそこ頼りになるイメージだ。好例は函館記念マイスタイルだろうか。函館記念におけるマイスタイルは、とにかく逃げるだけ、相手関係を見ても楽に先手が奪えそうだった。ある意味、得意パターンでの逃げ切り勝ちといえるだろう。

他にもレッドルチアとのコンビでは毎回折り合いにとりあえず専念して外から脚を伸ばすスタイルに特化している。なので外枠を引いても不利にならない状況下ではキッチリ伸びて来る。

先週の越後Sで本命にした◎ヴォーガもやはり田中勝騎手の騎乗が大きな後押しになった。なぜなら同騎手の進言によりブリンカーを着用してきた上に外枠を引けたのだから、もう行くしかないというレースだろう。まさにやることが決まっている田中勝騎手である。

しかも、同騎手は最近全く人気にならない。人気にならないなりの理由がもちろんあるのだが、函館記念での久々の重賞制覇以後バイオリズムも上がっており、穴をあけるケースが増えている。何度も言うように、別に騎手が上手い必要などない。我々馬券を買う立場からすれば、大事なことは上手いことよりもわかることである。極論すれば、毎回出遅れて外を回す超下手だけど人気馬によく乗る騎手がいるならば、それはそれで人気馬に乗ってきたら消せば良いわけで、馬券的には重宝するはずだ。

その騎手がどんな騎乗をするのか、ある程度パターン化して理解できるようになれば、予想をする際にも大いに役に立つはずだ。”わかる騎手”や”パターン化できる騎手”をどんどん増やしていきたい。命賭けの仕事に対してリスペクトをしつつ、馬券という意味では少しドライに付き合っていけるのが理想だろう。


~エルムSはハナ争いに注目!

さて、今週も2重賞、新潟では関屋記念、そして札幌ではエルムSが行われる。どちらもフルゲートになりそうで、なかなか面白そうな一戦だ。

関屋記念は3歳馬ケイデンスコールとエプソムC上位組に加え、久々のミッキーグローリーなども加わり混戦模様となりそうだが、現時点での注目はエプソムCの上位組、サラキアソーグリッタリングだ。

エプソムCは雨の中でのレースとなったが、本質的には軽い馬場の方が向くタイプ。ともに距離短縮もプラスで、先週まで同様に好天が続くようなら注目したい。

一方、エルムSは逃げ争いに注目が集まる一戦。7歳にして初ダートとなるマルターズアポジーの参戦により、例年以上に先行争いが激化しそうだ。

ドリームキラリ陣営はハナにこだわることを示唆、人気を集めそうなリアンヴェリテも積極策でオープンを連勝してきただけに、これらの馬たちがどのような流れを刻むのか。それ次第でレースの様相はかなり変わってきそうだ。

前がやり合う流れになれば、決め手秘めるモズアトラクションレッドアトゥあたりの待機組が怖いと考えているが、元来札幌ダートは先行有利のコースでエルムSも先行馬が活躍する舞台。馬場状態や陣営のコメントなどを見た上で、もう少し悩んでみるつもりだ。

※重賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年8月4日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年08月04日号】特選重賞データ分析編(162)~2019年関屋記念~
閲覧 1,822ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2019年08月11日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつ中央場所、かつ1600mのレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
○あり [5-3-5-29](複勝率31.0%)
×なし [0-2-0-33](複勝率5.7%)

 距離適性を重視したい一戦。前年以降に中央場所、かつ今回と同じ距離のレースを勝ち切っていない馬は苦戦しています。サマーマイルシリーズの2戦目という位置付けを考えても、この傾向はそうそう覆らないはず。他路線組は思い切って評価を下げた方が良さそうです。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴソーグリッタリングミッキーグローリー
主な「×」該当馬→サラキアブレスジャーニーリライアブルエース


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2014年以降[5-4-5-38](複勝率26.9%)
主な該当馬→オールフォーラヴサラキア

[もっと見る]

2019年6月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】華やかな新馬の影で注目したい2歳未勝利戦/今週末の重賞展望
閲覧 994ビュー コメント 0 ナイス 4

先週の東西重賞は真逆の展開に。

超スローで前残りになったのがエプソムC。直前に降り出した雨の影響が心配されたが、5F通過63秒9というスーパースローペースになり、2番手につけたレイエンダが抜け出し勝利、逃げたサラキアが2着に入った。良い馬に乗ってばかり…と時に揶揄されることも少なくないルメール騎手だが、スローと見込んだらサッと2番手を取るあたり、やはり確かな技術と判断力があることを改めて証明した。

それにしても、5番人気というのは案外馬券を獲った人にとっては美味しかったのかもしれない。意外とまだ人気の盲点はあるということだ。

一方でマーメイドSは直線外が伸びる展開になり、大外一気のサラス+8枠2頭という、外差し競馬の教科書のような結末になった。内が荒れて来ている馬場状態に加えて各馬が早めに仕掛けたこと、さらに絶妙なハンデが生み出した波乱劇だった。

牝馬路線は通常スローペースが多いだけに、タフな流れのスタミナ戦になると通常の牝馬重賞で出ている結果や序列がまったくアテにならない。マーメイドSはハンデ戦でもあり、そういった類の荒れ方になりやすいので、来年以降も頭に入れておきたい。


~予想力を鍛えるのに最適な”2歳未勝利”

さて、春のG1は残すところ来週の宝塚記念のみとなったが、一方でこれから熱を帯びていくのが2歳戦線だろう。昨年は開幕週のサートゥルナーリアグランアレグリアダノンファンタジーといった後のG1馬がデビューしたように、近年はクラシック級の有力馬が6月にデビューするケースが増えている。今年も開幕週にサリオスリアアメリアと、今後に期待が膨らむ内容での勝ち上がり馬が出現した。

当然このようなクラシック戦線を賑わす良血馬には注目だが、もう一つ、個人的に注目したいのが今週から始まる「2歳未勝利戦」だ。新馬戦と比較するとかなり地味なイメージがある2歳未勝利だが、予想力を鍛えるにはなかなか面白い。というのも、基本的にこの時期はほぼ全頭がキャリア1戦の馬たちの戦いになるので、いわゆる前走で使っているレースも限られてくる。参考レースとなるのも限られた数戦で、その中での各馬の前走内容や変わり身の有無などを考えるわけだ。

当然人気の面では前走2着や3着の馬が有利になるが、案外、前走着外の中から変わり身を見せてくる存在もいる。例えば毎年、世代最初の未勝利となる阪神芝1400mの2歳未勝利戦では、過去3年のうち2度タートルボウル産駒が初戦の惨敗から巻き返し穴をあけている。

新馬戦は短距離でもスローペースになりやすいので、単純に前に行って2着に粘っただけ…といったタイプでも、前走2着という字面だけで人気になるが、そういったレースで逆に力を発揮できなかった馬が未勝利で巻き返しケースは多々ある。メインレースのように多くの人がレース映像をチェックしているわけではなく、また基本的に朝イチで行われるので、さほど練られていない人気が形成されがちでもある。

2歳戦、まして注目を集める新馬戦でもなく未勝利戦などは、あまり予想にも熱が入らないかもしれない。だが、たった数レースで全馬の参考レースをチェックできるという意味では予想における時間対効果は高く、キャリアが浅いからこその思わぬ穴馬を見つけることができるかもしれない。馬券のチャンスは大衆が目を向けないところにこそ眠っているものだ。


~出世レース・ユニコーンSの注目馬

さて、今週末は3歳限定のダート重賞・ユニコーンSと、サマースプリントシリーズの開幕戦・函館スプリントSが行われる。

函館スプリントSに関していえば、やはりダノンスマッシュが最有力とみる。高松宮記念ではラストで伸びあぐねて人気を裏切ったものの、得意の平坦に変わればこのメンバーなら最上位級だろう。小回りゆえに不利などで力を発揮できないケースはあるかもしれないが、基本的にはスタートも上手くて不発の少ないタイプだ。

一方、先々に向けても注目なのがユニコーンSだ。3歳世代にとっては初のJRAダート重賞となるため世代の中心を担う顔ぶれが揃う一戦で、近年の勝ち馬を見ても、ルヴァンスレーヴゴールドドリームノンコノユメベストウォーリアなど後々まで活躍する大物を多数輩出している。

今年もクリソベリルこそいないが、世代のトップクラスが集結した印象だ。その中で注目馬を一頭挙げるならデアフルーグだろう。前走は最内枠に泣き2着に敗れたものの、窮屈なレースでもキッチリ最低限の結果を出したのは評価できる。新馬戦の勝ちっぷりという点では世代でもトップクラスで、大型馬の割には器用さもある馬。ココも引き続き軸としての信頼度は高いとみる。

※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サラキアの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2020.01.18[結果]

 DEEB 2020年1月19日() 08:24

閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 2

中山 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 6 リボンナイト…5着
○10 ☆セイウンフォーカス…1着
▲ 7 トップアスリート…6着
△ 1 シャリオヴァルト…3着
×13 ☆モルゲンロート…2着
[結果:アタリ△ 複勝 10 150円・13 210円]

中山 9R 菜の花賞 3歳1勝クラス牝(特指)
◎ 4 オムニプレゼンス…10着
○ 9 フェルミスフィア…2着
×15 ☆アールクインダム…1着
[結果:アタリ○ 複勝 15 630円、ワイド 9-15 2,850円]

中山11R ニューイヤーステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 グルーヴィット…7着
○ 5 ☆ジャンダルム…1着
▲ 2 プロディガルサン…12着
△16 アルーシャ…3着
× 1 ☆ミュゼエイリアン…16着
[結果:アタリ△ 複勝 5 180円]

中山12R 4歳以上2勝クラス(混合)[指定]
☆ 2 ルックスマート…7着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 木津川特別 4歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 トオヤリトセイト…7着
○ 5 ナイトバナレット…2着
△ 3 ☆エイシンスレイマン…3着
[結果:アタリ△ 複勝 3 520円]

京都10R 紅梅ステークス (L) 3歳オープン(国際)牝(特指)
◎ 7 ファシネートゼット…9着
○ 9 ピュアカラー …6着
▲ 5 ヒルノマリブ…1着
× 1 ☆ロマネスク…10着
[結果:ハズレ×]

京都11R 羅生門ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎11 ラプタス…1着
○ 4 クライシス…12着
▲ 2 ワンダーアマービレ…3着
× 7 ☆ガンジー …8着
[結果:ハズレ×]

小倉 6R 4歳以上1勝クラス牝[指定]
◎ 2 ノーチラス…5着
○ 6 アドアステラ…3着
▲12 ☆バラーディスト…1着
△ 1 メイショウカスガ…6着
[結果:アタリ△ 複勝 12 190円]

小倉 9R 4歳以上1勝クラス[指定]
◎ 2 ピノクル…2着
○ 6 ソルドラード…3着
×10 ☆タガノスカイハイ…4着
[結果:ハズレ×]

小倉10R 小倉城特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 ゲンパチルシファー …1着
○ 5 レシプロケイト…6着
▲15 ☆キタサンタイドー …3着
×13 ☆トップウイナー …2着
× 3 ☆メイショウバイタル…13着
[結果:アタリ○ 複勝 13 240円・15 230円、ワイド 4-13 420円]

小倉11R 愛知杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 2 センテリュオ…5着
○16 サラキア…9着
▲ 7 アロハリリー …11着
△ 5 デンコウアンジュ…1着
× 6 アルメリアブルーム…2着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
昼から淀に、運試しに行ってきます。

[今日の結果:11戦2勝5敗4分]
PCで買った馬券は当たりましたが、現地での馬券は全滅。
運がない。

 fedo_love 2020年1月18日() 16:40
愛知杯備忘録
閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 5

【予想】
◎2センテリュオ/ルメール
〇8パッシングスルー/池添
▲16サラキア/川田
▼14フェアリーポルカ/和田
△6アルメリアブルーム/武
 7アロハリリー/北村友
 13レッドランディーニ/西村
→3連複2軸に15点

【結果】
①デンコウアンジュ/柴田善
②アルメリアブルーム
③レイホーロマンス/酒井
④フェアリーポルカ
⑤センテリュオ
⑦パッシングスルー
⑨サラキア
⑪アロハリリー
⑮レッドランディーニ

【的中】
なし。。。

【振返り】
センテリュオ、行き脚つかず最後方、、エリザベス女王杯のような先行を期待していただけにここでイヤな予感。。やっぱり最後届かずでした。荒れる重賞と言われながら有力馬が多かったので、落ち着くところに落ち着くと思ったんですが、甘くなかったですね。。センテリュオほか、フェアリーポルカ以外はサッパリ。重馬場も影響したでしょうか??
7、6、7歳馬。これで狙わないとムリのような決着でした。的中された方、スゴイです。。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2020年1月18日() 12:44
愛知杯インスタント展望
閲覧 207ビュー コメント 0 ナイス 8

今年は重賞を頑張る、と年初に書いておきながら、年明け2週は何もしていないので、とりあえず筆を起こしてみようかと。
といっても、土曜日の今日は普通に出勤日で昼休みの時間も残りわずか。
なので裏紙へのメモ程度にザックリとした見解を。

まあ何はさておき「小倉開催」の愛知杯というのがキーポイントよね。
で、ルメールがセンテリュオに乗りに行くのなら大体コレだろうというのが考え方の基本線。

そこから一捻りして、面白そうなのは同じキャロットのパッシングスルーじゃないかと。
わざわざ関東馬が小倉まで行くのですから。

というわけでキャロット丼が本線。
割って入ればシルクのサラキアと単騎で行けた時のランドネぐらいじゃないかと。

連のレベルではそんなに荒れないと思います。
3着近くは何が来てもおかしくないけどね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サラキアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サラキアの写真

サラキアの厩舎情報 VIP

2020年1月18日愛知杯 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サラキアの取材メモ VIP

2020年1月18日 愛知杯 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。