エスポワール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エスポワール
エスポワール
エスポワール
エスポワール
写真一覧
抹消  栗毛 2016年3月24日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主近藤 英子
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[4-3-2-3]
総賞金8,389万円
収得賞金3,100万円
英字表記Espoir
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
スカーレット
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
グレースアドマイヤ
兄弟 アドミラブルイサベル
前走 2020/11/15 エリザベス女王杯 G1
次走予定

エスポワールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/15 阪神 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1881731.4817** 牝4 56.0 武豊角居勝彦486(+6)2.11.6 1.335.4⑤⑤ラッキーライラック
20/10/24 新潟 11 新潟牝馬S OP 芝2200 13223.312** 牝4 55.0 藤岡佑介角居勝彦480(+6)2.16.5 1.236.1⑥⑦ウラヌスチャーム
20/04/25 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 16112.8112** 牝4 54.0 池添謙一角居勝彦474(-12)1.48.0 1.235.9⑨⑦⑧④フェアリーポルカ
20/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16592.713** 牝4 53.0 M.デムー角居勝彦486(+8)1.50.4 0.237.0⑨⑨⑩⑦フェアリーポルカ
19/12/14 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 16484.222** 牝3 53.0 M.デムー角居勝彦478(+2)1.32.5 0.334.6コントラチェック
19/11/10 京都 10 修学院S 3勝クラス 芝1800 16483.121** 牝3 53.0 M.デムー角居勝彦476(-2)1.46.5 -0.234.1ゴータイミング
19/10/13 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 188176.539** 牝3 55.0 A.シュタ角居勝彦478(0)2.01.0 1.136.8⑫⑫⑪⑩クロノジェネシス
19/07/14 中京 12 シンガポール 2勝クラス 芝2000 10661.911** 牝3 52.0 M.デムー角居勝彦478(-8)2.00.8 -0.735.9コーカス
19/06/15 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝1800 12112.111** 牝3 52.0 M.デムー角居勝彦486(+18)1.49.6 -0.233.1⑨⑧ティグラーシャ
19/01/05 中山 6 3歳500万下 芝2000 12796.032** 牝3 54.0 戸崎圭太中竹和也468(-2)2.02.6 0.234.6⑥⑥⑦⑦エングレーバー
18/12/08 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 10441.811** 牝2 54.0 M.デムー中竹和也470(-4)1.48.8 -0.034.9⑦⑧オーロトラジェ
18/10/21 京都 5 2歳新馬 芝1800 13455.533** 牝2 54.0 M.デムー中竹和也474(--)1.48.1 0.135.6ワールドプレミア

エスポワールの関連ニュース

 ★菊花賞5着ブラックホール(美・相沢、牡3)は有馬記念(12月27日、中山、GI、芝2500メートル)を予定。除外の場合は年明けの長距離戦へ。

 ★JBCクラシック3着で、チャンピオンズC(12月6日、中京、GI、ダ1800メートル)に参戦するチュウワウィザード(栗・大久保、牡5)の騎乗者は、戸崎騎手に決まった。

 ★エリザベス女王杯4着ウインマリリン(美・手塚、牝3)は18日に美浦トレセン近くのリバティホースナヴィゲイトへ放牧。年内は休養の可能性が高い。8着シャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝4)は東京新聞杯(2月7日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。11着サトノガーネット(栗・矢作、牝5)は、中日新聞杯(12月12日、中京、GIII、芝2000メートル)を視野に入れる。12着リュヌルージュ(栗・斉藤崇、牝5)は、中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。13着ウラヌスチャーム(美・斎藤誠、牝5)は愛知杯(1月16日、中京、GIII、芝2000メートル)を視野に入れる。17着エスポワール(栗・角居、牝4)は近日中に現役登録を抹消し、繁殖牝馬に転身する。

 ★オクトーバーS7着バラックパリンカ(栗・平田、牡4)は、斎藤騎手で中日新聞杯へ向かう。

 ★天王山S2着のあと休養しているシュウジ(栗・須貝、牡7)は、カペラS(12月13日、中山、GIII、ダ1200メートル)へ。

 ★オータムリーフS1着スマートセラヴィー(栗・矢作、牡4)は、兵庫GT(12月23日、園田、交流GIII、ダ1400メートル)へ。7着エルモンストロ(栗・角居、牡4)は、ギャラクシーS(12月27日、阪神、OP、ダ1400メートル)と兵庫GTを両にらみ。16着モズダディー(栗・藤岡、牡5)はキャピタルS(28日、東京、L、芝1600メートル)へ。

 ★オーロC2着スマイルカナ(美・高橋祥、牝3)はターコイズS(12月19日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。3着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡7)、4着ボンセルヴィーソ(栗・池添学、牡6)は京都金杯(1月5日、中京、GIII、芝1600メートル)へ。13着メイショウキョウジ(栗・藤岡、牡5)はラピスラズリS(12月6日、中山、L、芝1200メートル)に参戦予定。

 ★福島記念15着マイネルファンロン(美・手塚、牡5)はディセンバーS(12月20日、中山、L、芝1800メートル)で巻き返しを図る。

【エリザベス杯】レースを終えて…関係者談話 2020年11月16日(月) 04:56

 ◆横山武騎手(ウインマリリン4着)「テンションが高かったが、やりたい競馬はできた。この馬の力は見せられたと思います」

 ◆戸崎騎手(センテリュオ5着)「ゲートは出たが、行き脚が…。ラストはスムーズに伸びているだけに、前のポジションだったら結果も違った」

 ◆福永騎手(ソフトフルート6着)「楽にいい位置を取れて、リズム良く運べた。直線でスペースをみつけて伸びているが、じりじりという感じだった」

 ◆川田騎手(リアアメリア7着)「とてもスムーズにいい走りをしてくれました。全力で走り切ってくれたし、来年に向けていい競馬につながればと思います」

 ◆内田騎手(シャドウディーヴァ8着)「右回りがどうかと言われていたが全然大丈夫だった。上位の強さを考えると、このメンバーで8着ならよく頑張っているし、力差はない」

 ◆松山騎手(サムシングジャスト9着)「3コーナーからごちゃついて窮屈になったのが惜しまれます」

 ◆加藤騎手(ミスニューヨーク10着)「高速馬場の外枠を不安に思っていました。切れ負けしました」

 ◆坂井騎手(サトノガーネット11着)「上位の3頭を見ながら運んで、最後も脚を使ってくれました」

 ◆団野騎手(リュヌルージュ12着)「ゲートで遅れて、思っていたのと違う形に。3コーナー手前からついて行けなくなった割には長く脚は使ってくれた」

 ◆斎藤騎手(ウラヌスチャーム13着)「この馬の特性を考えてレースを運びました。この経験を糧に人馬ともに成長していければ」

 ◆和田騎手(ウインマイティー14着)「ゲートを出ていいところを取れた。形は悪くなかったが…。まだまだこれからの馬」

 ◆幸騎手(ロサグラウカ15着)「前々で競馬をするつもりが、うまくゲートを出せなかった。先行できていれば違っていたと思う」

 ◆横山典騎手(ノームコア16着)「思い描いていたレースはできた。最初のコーナーまでうまく行けたが、その後に気負ったのも誤算。(総合的に)休み明けが影響したと思う」

 ◆武豊騎手(エスポワール17着)「思い通りのポジションで競馬もできた。ただ、ペースが速くなるとつらくなった」



★15日阪神11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】エリザベス女王杯2020 山本昌さん、ジャンポケ斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2020年11月15日() 05:30


※当欄ではエリザベス女王杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【山本昌(山本昌広・元プロ野球選手)】
◎⑥ノームコア
3連複フォーメーション
⑥-⑤⑬-①②④⑤⑧⑪⑫⑬⑭⑰⑱

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑥ノームコア
ワイド
⑥-①シャドウディーヴァ

【田中将大(マー君・MLB投手)】
◎⑤リアアメリア
○⑧センテリュオ
▲⑫ウインマリリン
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑱ラッキーライラック

【DAIGO】
◎⑥ノームコア
ワイド
⑥-⑱
⑤-⑥
⑤-⑱

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ソフトフルート
○⑰エスポワール
▲⑪ラヴズオンリーユー
△①シャドウディーヴァ
△②サムシングジャスト
△⑧センテリュオ
△⑱ラッキーライラック
3連単1頭軸流しマルチ
④→①②⑧⑪⑰⑱

【杉本清】
◎⑱ラッキーライラック
○⑪ラヴズオンリーユー
▲⑧センテリュオ
☆⑥ノームコア
△④ソフトフルート
△⑬サラキア
△⑮ウラヌスチャーム
△⑰エスポワール

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑥ノームコア
○⑧センテリュオ
▲④ソフトフルート
△②サムシングジャスト
△⑮ウラヌスチャーム
△⑯ミスニューヨーク
△③リュヌルージュ

【林修】
注目馬
センテリュオ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑪ラヴズオンリーユー
○⑱ラッキーライラック
▲⑥ノームコア
△③リュヌルージュ
△⑧センテリュオ
△⑨ウインマイティー
△⑬サラキア
△⑮ウラヌスチャーム

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑱ラッキーライラック

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑧センテリュオ
○⑱ラッキーライラック
▲⑪ラヴズオンリーユー
☆④ソフトフルート
☆⑰エスポワール
△⑥ノームコア
△⑬サラキア

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑱ラッキーライラック

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑱ラッキーライラック

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑧センテリュオ

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑧センテリュオ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑱ラッキーライラック

【橋本マナミ】
◎⑱ラッキーライラック
○⑥ノームコア
▲⑬サラキア
△⑧センテリュオ
△④ソフトフルート
△⑤リアアメリア
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑮ウラヌスチャーム

【横山ルリカ】
◎⑪ラヴズオンリーユー

【田中道子】
◎⑱ラッキーライラック
3連単フォーメーション
⑪⑱→⑥⑧⑪⑬⑰⑱→⑤⑥⑧⑪⑬⑰⑱

【神部美咲】
◎⑱ラッキーライラック
3連単フォーメーション
⑥⑪⑱→⑥⑪⑱→④⑥⑧⑪⑭⑯⑱

【旭堂南鷹】
◎⑰エスポワール
○⑱ラッキーライラック
▲⑨ウインマイティー
△⑪ラヴズオンリーユー
△④ソフトフルート

【嵐(横浜銀蝿)】
◎⑱ラッキーライラック

【稲富菜穂】
◎⑱ラッキーライラック
○⑬サラキア
▲④ソフトフルート
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑰エスポワール
△⑧センテリュオ

【やべきょうすけ】
◎⑥ノームコア
○⑪ラヴズオンリーユー
▲⑱ラッキーライラック
△④ソフトフルート
△⑤リアアメリア
△⑬サラキア
△⑰エスポワール

【小木茂光】
注目馬
ウインマイティー
ソフトフルート
リアアメリア
3連単フォーメーション
④⑤⑨→④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑬⑰⑱→④⑤⑨

【キャプテン渡辺】
◎⑨ウインマイティー
単勝・複勝

馬連・ワイド
⑨-⑤リアアメリア

【安田和博(デンジャラス)】
◎①シャドウディーヴァ
○⑧センテリュオ
▲⑥ノームコア
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑫ウインマリリン
△⑮ウラヌスチャーム
△⑱ラッキーライラック

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑧センテリュオ
○⑮ウラヌスチャーム
▲④ソフトフルート
☆⑬サラキア
△①シャドウディーヴァ
△②サムシングジャスト
△⑤リアアメリア
△⑥ノームコア
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑭サトノガーネット
△⑯ミスニューヨーク
△⑰エスポワール
△⑱ラッキーライラック

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑧センテリュオ
○⑱ラッキーライラック
▲⑬サラキア
△④ソフトフルート
△⑥ノームコア
△⑪ラヴズオンリーユー
△⑰エスポワール

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑥ノームコア
3連単2頭軸流しマルチ
⑥→⑱→①②④⑤⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮
⑥→④→①②⑤⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮⑱
3連単フォーメーション
⑥→④⑱→④⑧⑪⑭⑱
⑥→④⑧⑪⑭⑱→④⑱

【ギャロップ林】
◎①シャドウディーヴァ
複勝


【こいで(シャンプーハット)】
◎⑬サラキア
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑪→①④⑤⑥⑧⑫⑭⑰

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑱ラッキーライラック
馬単1着軸流し
⑱→⑤⑫
3連単1着軸流し
⑱→③④⑤⑪⑫⑬⑭

【浅越ゴエ】
◎⑧センテリュオ
馬連・ワイド流し
⑧-⑥⑫
3連単ボックス
ノームコア
センテリュオ
ウインマリリン

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑬サラキア
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑱→①④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑭⑮⑰

【リリー(見取り図)】
◎⑧センテリュオ
3連複フォーメーション
⑧-⑥⑬-①②③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮⑯⑰⑱

【岡野陽一】
◎④ソフトフルート
○⑧センテリュオ
▲⑥ノームコア
△⑤リアアメリア
△⑮ウラヌスチャーム
△⑯ミスニューヨーク
△⑱ラッキーライラック

【船山陽司】
◎⑰エスポワール

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎④ソフトフルート

【大島麻衣】
◎⑱ラッキーライラック

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧センテリュオ
○⑱ラッキーライラック
▲⑪ラヴズオンリーユー
△⑭サトノガーネット
△⑬サラキア
△⑰エスポワール

【皆藤愛子】
◎⑥ノームコア

【高田秋】
◎⑤リアアメリア

【小宮有紗】
◎⑪ラヴズオンリーユー

【大原優乃】
◎⑥ノームコア

【えなこ】
◎⑪ラヴズオンリーユー

【ほのか】
◎⑪ラヴズオンリーユー
○⑰エスポワール
▲②サムシングジャスト
注⑱ラッキーライラック
△③リュヌルージュ
△⑬サラキア
△⑭サトノガーネット

【守永真彩】
◎⑥ノームコア
3連複フォーメーション
⑥-④⑪-③④⑤⑧⑬⑭⑱

【天童なこ】
◎⑬サラキア
○⑧センテリュオ
▲⑱ラッキーライラック
☆⑪ラヴズオンリーユー
△④ソフトフルート
△⑤リアアメリア
△⑥ノームコア
△⑨ウインマイティー

【目黒貴子】
◎⑱ラッキーライラック



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【エリザベス杯】最新ナマ情報 2020年11月15日() 04:53

◆「心配事ない」 〔1〕シャドウディーヴァ

 早めに栗東入りした府中牝馬S2着馬は、角馬場での調整にとどめ、決戦前日を過ごした。小原助手は「すごくいいです。心配事はなにもない。環境にも慣れています。輸送は得意じゃないので、(競馬場まで)近いのはいい」と話した。



◆落ち着き順調 〔2〕サムシングジャスト

 府中牝馬Sの3着馬は栗東坂路で4ハロン71秒7-15秒4。ゆったりとした走りで最終調整を完了した。松田調教師は「落ち着いて調整ができていますし、ここにむけてテンションを上げることなく、カイバ食いなども順調に来ています」と話した。



◆自然体で挑む 〔3〕リュヌルージュ

 約4カ月ぶりの実戦に向け、栗東坂路で4ハロン65秒3-15秒7。活気ある走りでゴールまで力強く駆け抜けた。斉藤崇調教師は「変わりなく、いつも通りです。あとはジョッキーに任せたい。力を出してくれたらと思います。強い馬が相手ですしね」と自然体で挑む。



◆距離自信あり 〔4〕ソフトフルート

 秋華賞3着馬は栗東坂路で4ハロン71秒4-15秒7をマーク。目下の勢いを感じさせる動きをみせた。「二の脚が速くないので、距離は長い方がいい。かかる馬でもないので。落ち着いてここまでこれました」と松田調教師。



◆輸送問題なし 〔6〕ノームコア

 昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬は、金曜に阪神へ入厩済み。決戦前日は、厩舎周辺で引き運動を行った。萩原調教師は「順調です。輸送は問題なかったですし、環境の変化にも対応できています」とコメントした。



◆気配は上々!! 〔7〕ロサグラウカ

 スタミナ豊富なルーラーシップ産駒は、午前4時過ぎに美浦トレセンを出発し、午後1時42分に阪神競馬場に到着。気配はよさそうだ。「タイミングよくゲートを出てくれれば。阪神も1度(グリーンS6着)使っているので」と尾関調教師。



◆力強い脚取り 〔8〕センテリュオ

 産経賞オールカマー勝ちで勢いに乗る5歳馬は、栗東坂路で4ハロン71秒8-16秒3。力強い脚取りで活気の良さを感じさせた。「追い切ったあともすぐに回復しています。(調教後馬体重は前走から14キロ増でも)輸送で減るので、前回と同じぐらいの体重になりそう」と高野調教師。



◆「いい雰囲気」 〔9〕ウインマイティー

 秋華賞9着からの巻き返しへ、朝一番の栗東坂路で4ハロン66秒8。落ち着いた様子でゆったりと駆け上がった。柴田助手は「いい雰囲気で上がってきました。前走後もそんなに傷みもなかった。獣医師も『状態はいい』と話していました」と笑顔。



◆“下克上”狙う 〔10〕カーロバンビーナ

 格上挑戦の5歳馬は午前4時過ぎに美浦トレセンを出発し、阪神競馬場には午後1時40分に無事到着した。「初めてのGI挑戦になのでしっかりと力を出し切って、少しでも上位に来てくれれば…」と斎藤助手。



◆使って上向き 〔11〕ラヴズオンリーユー

 昨年3着のリベンジに向け、栗東の角馬場で体をほぐしたあと、CWコースへ。素軽い走りをみせた。「使って上向いています。引き揚げてきてから歩く様子もよかったですし、後ろの踏み込みが力強く、長かった」と岡助手も満足顔だ。



◆「気楽な立場」 〔12〕ウインマリリン

 金曜に阪神入りしたサンスポ賞フローラSの勝ち馬は、滞在馬房の周辺で運動を行った。「輸送から1日たてば落ち着いてくるはず。それが奏功して馬体重が増えればいいですね。今回は人気もないので気楽な立場です」と手塚調教師。



◆「予定通りに」 〔13〕サラキア

 府中牝馬S勝ち馬は栗東坂路で4ハロン69秒5-16秒8の最終調整。脚取りは力強く、好調ぶりが伝わってきた。池添学調教師は「予定通りにきています。この馬は、ゲート内でもたれてから修正してスタートするタイプなので先入れ(の奇数枠)はいいんです」とうなずいた。



◆末脚に期待大 〔14〕サトノガーネット

 切れ味を秘めるディープインパクト産駒は、栗東の角馬場で汗を流し、レースに備えた。岡助手は「カイバもこの馬にしては食べているし、それだけ具合がいいんでしょう。状態が良ければしまいの脚は使ってくれるので」と期待を込めた。



◆去年よりいい 〔15〕ウラヌスチャーム

 栗東入りして調整してきた新潟牝馬Sの勝ち馬は、角馬場での調整。じっくりと体を動かし、体調を整えた。小原助手は「去年より落ち着いています。2頭で滞在しているぶん、1頭より落ち着いていますね」と目を細めた。



◆「変わりない」〔16〕ミスニューヨーク

 秋華賞5着の3歳馬は、栗東角馬場で体をほぐし、坂路で4ハロン69秒9-16秒1をマーク。杉山晴調教師は「変わりないですよ。雰囲気も良くみえます。間隔が詰まっている割に落ち着ていますね」と語った。



◆充実の馬体重 〔17〕エスポワール

 新潟牝馬S2着馬は軽やかな脚取りで栗東坂路を駆け上がり、4ハロン62秒3-14秒9を計時した。角居調教師は「枠はちょっと外になってしまいましたね。でもジョッキーに任せたいと思います。(馬体重増は)充実している感じですね」と目を細めた。



◆「気合乗って」 〔18〕ラッキーライラック

 史上4頭目の連覇を目指し、栗東CWコースを気持ちよさそうに1周した。松永幹調教師は「いつもの競馬前と変わらず落ち着いていい感じです。気合も乗って反応も良くなっています」と力を込めた。



エリザベス女王杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エリザベス杯】最新ナマ情報 2020年11月14日() 04:54

◆最内「いい枠」〔1〕シャドウディーヴァ

 府中牝馬S2着で勢いづくハーツクライ産駒は、最内〔1〕枠(1)番をゲットした。「いい枠ですね。内から流れに乗っていければいい。内田騎手が『右回りでも大丈夫』と言ってくれたのも心強いです」と斎藤誠調教師は名手の手腕に期待する。



◆松田師大満足〔2〕サムシングジャスト

 末脚勝負のヴィクトワールピサ産駒は〔1〕枠(2)番。昨年は、同じ府中牝馬S3着のラッキーライラックがこの枠から優勝した。「内ラチ沿いを進めるし、内を突くタイプなので内の方がいいですね。ゲートが開いて、流れを考えて松山ジョッキーも乗ってくれると思います」と松田調教師。



◆内でロスなく 〔3〕リュヌルージュ

 七夕賞8着以来の実戦は、内めの〔2〕枠(3)番からスタートする。過去10年で2勝をマークしている好枠で、団野騎手は「内回りですし、ロスなく回りたい。先行力がありますし、内を引いて前の方で競馬がしたかったのでよかったです」と笑顔をみせた。



◆「前に行ける」〔4〕ソフトフルート

 秋華賞の3着馬は、内めの〔2〕枠(4)番をゲットした。松田調教師は「いい枠だと思います。(前走の)2000メートルより1ハロン長くなるぶん、ポジションは前に行けると思います」とイメージした。



◆縁起のいい枠 〔5〕リアアメリア

 3歳世代屈指の素質馬は、〔3〕枠(5)番からGI初制覇を目指す。2017年には、3歳馬モズカッチャンがこの枠から栄冠をつかんだ。猿橋助手は「決められた枠でやるだけです」と話した。



◆阪神到着済み 〔6〕ノームコア

 札幌記念Vからぶっつけで挑むハービンジャー産駒は、スノーフェアリーが2010年に制したときと同じ〔3〕枠(6)番に入った。「枠順に関してはこちらで決められるものではないので、与えられたところで対応するだけ」と萩原調教師。金曜午前4時過ぎに美浦トレセンを出発し、午後12時46分に阪神競馬場へ到着した。



◆競馬しやすい 〔7〕ロサグラウカ

 枠順は〔4〕枠(7)番と真ん中よりもやや内め。輸送前日は美浦Wコースで軽めのキャンターを消化した。「追い切ってからさらに調子が上向いてきた。理想をいえば偶数の方がよかったが、ここならレースはしやすい。この馬のスタイルでレースができれば」と尾関調教師。



◆乗り役に一任〔8〕センテリュオ

 産経賞オールカマーの勝ち馬は、2005年スイープトウショウ以来勝ち馬が出ていない〔4〕枠(8)番に決定。「与えられた枠でやるだけです。どちらかといえば、(ゲート内で)待つ時間が少ないぶん、偶数の方がいい。あとは乗り役に任せます」と高野調教師。



◆状態面に自信 〔9〕ウインマイティー

 秋華賞9着からの巻き返しへ、過去に勝ち星がない〔5〕枠(9)番からのスタートとなった。五十嵐調教師は「外めの偶数枠が欲しかったんだけどね」と肩を落としつつ、「ゲート練習ではちゃんと出るし、レースにいってどうか。デキはいいよ」と状態面に期待を寄せた。



◆枠は文句なし 〔10〕カーロバンビーナ

 リリーピュアハートの回避で滑り込み出走がかなった格上挑戦の5歳馬は、〔5〕枠(10)番と好枠をゲット。金曜は美浦坂路で調整を行った。「ゲート(の出)に関して特に問題はないし、真ん中の偶数でいいと思います。落ち着きもあるし、体重が減らなければ」と斎藤助手。



◆同枠から雪辱〔11〕ラヴズオンリーユー

 昨年のオークス馬は〔6〕枠(11)番からスタート。3着だった昨年と同じ枠からリベンジを狙う。矢作調教師は「あんまり気にしていなかった。スタートはもともといいし、前に行ける脚もあるからね」と淡々と話した。



◆最多勝絶好枠 金曜阪神入り 〔12〕ウインマリリン

 秋華賞15着の雪辱を果たしたいスクリーンヒーロー産駒は、3歳以上となった1996年以降で最多4勝の〔6〕枠(12)番。金曜の午前4時過ぎに美浦TCを出発し、午後12時49分に決戦の地、阪神競馬場に入厩した。「大外じゃなくてよかった。天気もいいし、馬場も悪くなりそうもないしね。うまく流れに乗れればいいかな」と手塚調教師。過去5年でも2015年マリアライト、一昨年のリスグラシューと2勝している絶好枠で上位進出を狙う。



◆枠こだわらず 〔14〕サトノガーネット

 決め手強烈なディープインパクト産駒は〔7〕枠(14)番。1979年の阪神開催時(芝2400メートル)の優勝枠だ。矢作調教師は「どっちみち、前に行けない馬だし、枠はどこでもよかった。絶好調といえる状態だし、展開の乱れがあれば」と語った。



◆動きやすい外 〔15〕ウラヌスチャーム

 新潟牝馬S勝ち馬は〔7〕枠(15)番。僚馬シャドウディーヴァとともに栗東滞在で調整が進められている。「スタートが遅くて後ろからの競馬になるので、動きやすい外枠でよかった。長くいい脚を使うので、この馬の特性を生かした競馬ができれば」と斎藤誠調教師。



◆偶数枠はいい 〔16〕ミスニューヨーク

 秋華賞5着の3歳馬は〔8〕枠(16)番。2008年には同じ3歳のリトルアマポーラがこの枠からGI初勝利を挙げた。杉山晴調教師は「別に注文のつく馬ではないので、どんな枠でもいいと思っていましたが、偶数でいい枠だと思います。本当にいい状態でチャレンジできます」とうなずいた。



◆前向きさ出る 〔17〕エスポワール

 昨年の秋華賞(9着)以来のGIは、過去未勝利の〔8〕枠(17)番からスタートすることになった。角居調教師は「枠に関しては、特にどこでもいいですね。馬は順調に来ていますし、前向きさが出てきていい雰囲気だと思います」と仕上がり具合に目を細めた。



◆内を見ながら〔18〕ラッキーライラック

 昨年の覇者は大外の〔8〕枠(18)番。2011年に英国のスノーフェアリーが連覇を果たした枠だ。松永幹調教師は「どこがいいとかはなかったし、内を見ながら行けるので、いいんじゃないですか。基本的にはスタートもいい馬なので。あとは(ルメール)騎手に任せます」と話した。



エリザベス女王杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】エリザベス女王杯2020 坂路躍動のセンテリュオが唯一のA判定 2020年11月13日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はエリザベス女王杯・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるエリザベス女王杯の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

シャドウディーヴァ【B】
栗東CW併走。頭が高く首の動きも硬いが、脚さばきは柔らかく、制御もそれなりに利いている。間隔は詰まるが、デキ落ちや疲れは感じられない。この馬なりに順調だろう。

サムシングジャスト【C】
栗東CW単走(火曜追い)。行きたがる面を見せて、鞍上は制御にひと苦労。前進気勢というよりは、気負い過ぎの印象を受ける。展開や道悪など、何らかの助けがないと、折り合い面で手こずるかもしれない。

リュヌルージュ【B】
栗東CW併走。身のこなしが軽く、背中の安定性が高い。鞍上の手応え以上に競る気配を示しているし、脚どりもしっかりしている。持ち前のしぶとさを生かせるようなら、面白い存在になりそうだ。

ソフトフルート【B】
栗東CW単走(火曜追い)。全体時計は地味だが、ステップは軽快で活気も十分。ブレの少ないフォームで駆ける姿は見映えがする。急上昇とはいかないまでも、前回のデキを下回るということはない。

リアアメリア【B】
栗東CW単走。軽めのメニューながら、気負いや遊ぶ面を見せることなく走れているのは好印象。柔軟性に富んだフットワークも健在だ。あとはレースで最後まで集中力を維持できるかどうか。その1点に尽きよう。

ノームコア【B】
美浦南W単走。トップフォームが長続きせず、伸びを欠いているように映る。それでも、余力残しで合格点レベルのラップを刻んでいるあたり、さすがはG1ウイナーといったところか。判断に悩ましいが、今回は全体時計を評価してB判定とする。

ロサグラウカ【C】
美浦南W併走。体勢有利の形でゴールしたものの、推進力が上に逃げる完歩が多く、そのぶんバタバタした走りに映る。相手強化のG1では、期待よりも不安のほうが先立つ。

センテリュオ【A】
栗東坂路単走。重量がありそうな助手を背に、荒れ馬場をキビキビと登坂。道中の踏み込みの深さと柔らかい身のこなしは目を引くものがあった。ベストを尽くせる仕上がりと判断したい。

ウインマイティー【C】
栗東坂路単走。脚どり自体は力強いのだが、頭の位置が安定せず、手前の切り替えに手間取るところは相変わらず。上位進出には鞍上の巧みなエスコートが不可欠といえよう。

カーロバンビーナ【D】
美浦坂路併走。途中で落鉄した影響もあってか、しまいにかけての伸びは今ひとつ。相手強化のG1に臨むにあたり、予定していたメニューをこなせなかったのは懸念材料。評価は下げざるを得ない。

ラヴズオンリーユー【B】
栗東坂路単走。やや頭が高いが、首はしっかり使えており、走りのリズムは悪くない。春先と比べて、楽に時計を出せるようになっているし、集中力も増している。警戒を怠れない1頭だ。

ウインマリリン【B】
美浦南W併走。強めに追われる僚馬と並んで折り合い、手応えに余裕を残したまま同入した。大きな上積みまではどうかも、この馬なりにいい状態を維持している印象を持つ。

サラキア【B】
栗東坂路単走。四肢の可動域が狭く映るが、この馬とすれば伸びやかに走れているほう。脚の運びは軽く、全体的にテンポ良く動けている。デキは安定しており、力を出せる態勢とみていい。

サトノガーネット【B】
栗東坂路単走。この馬にしてはハミ受けが良く、そのぶん楽に時計が出るようになっている。前膝を効果的に使った、力感ある走りをみるに調子は良さそう。圏内突入があってもおかしくはない。

ウラヌスチャーム【B】
栗東CW併走。手前が安定せず、首の動きも硬いが、それはいつものこと。ストライドは広くとれているし、適度な前進気勢もある。良い意味での平行線だろう。

ミスニューヨーク【B】
栗東坂路単走。道中でノメるところを見せたのは割引材料も、スピードに乗ったあとの走りは至ってスムーズ。上がり2ハロンのタイムも優秀だった。いい仕上がり具合ではないか。

エスポワール【C】
栗東坂路単走。加速ラップを記録したものの、四肢だけで走っているような印象で、時計ほどのスピードは感じられなかった。強豪集うG1で上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

ラッキーライラック【B】
栗東CW併走。首の上下動幅が安定せず、推進力を上に逃がす完歩が多い。とはいえ、時計に動きが伴っていなかった、前回より雰囲気が良くなっているのも確か。及第点のデキにはある。


【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、⑧センテリュオがトップ評価となる。栗東坂路主体に調整を重ね、1週前はしっかりと追われて上々の伸び脚を披露。今週の追い切りでも、気合乗りよくスムーズな走りを見せた。力強い踏み込み、そして前後の連動性の高い滑らかなフォームが印象的。すんなり流れにのれば、怖い存在になりそうだ。

<注目馬>
センテリュオ

[もっと見る]

⇒もっと見る

エスポワールの関連コラム

閲覧 2,558ビュー コメント 0 ナイス 10

前回の当コラムでは、フィエールマンアーモンドアイクロノジェネシスの3頭を推奨。その通りの3頭で決まったわけですが、あとはフィエールマンアーモンドアイを差し切って帯封ゲットとなるはずも、結果はご存知の通り......。そう甘くはないですね(笑) ただ、勝てたこと自体は良かったので、今週こそはガチっと稼ぎたいものです(北海道はコロナがまた増えてきていて、結構大変な状況です)。


<全頭診断>
1番人気想定 ラッキーライラック:昨年のこのレースの勝ち馬でもあり、G1 3勝していて、春には牡馬相手に大阪杯勝ちもあり当然有力。調教の動きも鋭く、ここも当然有力。ただ札幌記念を見ると、若干力が落ちてきているのでは(落ち目のペルシアンナイトに1馬身半も負けるのはちょっと......。)。

2番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイル勝ちもあり、夏の札幌記念ではラッキーライラックにも先着し勝利。半妹のクロノジェネシスも秋の天皇賞で3着と活躍を示し、血統的にも勢いがある。実績がややマイル寄りであることと、関西への輸送で結果が出ていないあたりが問題か。

3番人気想定 ラヴズオンリーユー:昨年のオークス馬で、昨年のこのレースでも1番人気(結果は3着)に推された。今年は、正直合うところを使えず距離不足で結果を出せていない状況が続いている印象。ここに向けては、調教万全で、本番にあわせてくる矢作厩舎の力量はさすが。この人気なら頭を期待したいくらい。

4番人気想定 センテリュオ:昨年このレースで4着以降はいまひとつだったが、前走のオールカマーで久々の勝利。ただ今年は全て渋った馬場でのレースばかりで、評価は正直難しい馬。

5番人気想定 サラキア毎日王冠を圧勝したサリオスの半姉で、府中牝馬Sで3馬身差の圧勝をみせての参戦。血統的にもこの時期が良い可能性もあり、楽しみ。

6番人気想定 リアアメリア:ローズSは強い勝ち方だったが、ある程度予測された使って2戦目の秋華賞を惨敗(2番人気13着)して迎える。能力の高さと脆さがあり、この距離もそう向かなそうで妙味はあまりない。

7番人気想定 ソフトフルート:当コラム(秋華賞編)でも、2勝クラス圧勝を高評価した1頭で、当日の9番人気は意外だった。今年の3歳世代はトップ以外は弱いと言われており、斤量差を生かしてどこまでやれるか......。

8番人気想定 エスポワール:牝馬重賞で今年3戦全戦1番人気に推されているように期待されているのだろうが、3着、12着、2着と実態はオープン勝ちがないのに人気先行感の強い馬。強い相手のほうがいい走りをする可能性もあるが、妙味はあまりないか。

9番人気想定 ウラヌスチャーム:前走新潟2200mの新潟牝馬S勝ちでの参戦となる。長めの距離で実績を残しているルーラーシップ産駒だが、阪神2200mの今年は損している側では。

10番人気以下想定
ウインマリリン:春は絶好調でオークスでも2着したが、秋は体調が整わず、ぶっつけの秋華賞でも15着と予想通りの凡走。ここもまだ良化途上に見えて、要らないのでは。

ウインマイティー:春は忘れな草賞を勝って臨んだオークスでも3着と好走したが、秋は紫苑Sも秋華賞も人気で凡走している(6着と9着)。叩いて上昇してきており、同じウインでも買えるのはこちらか。

ミスニューヨーク:紫苑S5着、秋華賞5着とそれなりの結果の今秋だが、弱いと言われている3歳世代にあって瞬発力のないキングズベスト産駒だけに、馬券的には要らないのでは。

サトノガーネット小倉記念で2着と激走したが、展開的にはまった部分もあり、ここは追い込みが通用しない舞台。

シャドウディーヴァ:府中牝馬Sで2着と、人気はないが穴では面白い馬では。

サムシングジャスト:府中牝馬Sで3着まで来たが、渋った馬場で瞬発力不足を補えたヴィクトワールピサ産駒で、ここでの激走は期待薄。

ロサグラウカ:昨年12月に3勝クラスを勝ちオープン入りしたがその後はさっぱり。前走の新潟牝馬S7着も惜しくない結果で狙えない。

リュヌルージュ:6月はマーメイドSで3着と好走したが、七夕賞8着からのぶっつけは厳しい。

カーロバンビーナ:3勝クラスですら凡走している現状では厳しい。


<まとめ>
有力:ラヴズオンリーユーラッキーライラック

ヒモに:ノームコアサラキアソフトフルート

穴で:シャドウディーヴァ


登録済みの方はこちらからログイン

2020年11月12日(木) 17:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック デイリー杯2歳S2020
閲覧 890ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月14日(土) 阪神11R  第55回デイリー杯2歳S (2歳G2・芝1600m)

【登録頭数:12頭】(フルゲート:18頭)

 
<賞金上位順>

カイザーノヴァ(D)3ヶ月
ここまでの3戦も少ない乗り込み量で出走してきた馬だが、3ヶ月ぶりの今回も乗り込み量は少ない。1週前追い切りの時計も平凡で。

ホウオウアマゾン(B)中7週
前走オープン勝ちも、調教ではそれほど良い時計が出ていた訳ではなかった。この中間のほうが2週前、1週前と好時計が出ていて、出来は良さそう。

コスモアシュラ(B)中2週
前走時はかなり乗り込まれていたが、調教の時計は平凡で馬体重も+12キロと太め残りだった。この中間は、1週前に坂路で良い時計が出ていて変わり身がありそうな感じ。

シティレインボー(B)中7週
取消後のレースとなるが、1週前、日曜日と好時計が出ていて調教内容からは特に気になるところなし。仕上がりは良さそう。

スーパーウーパー(D)中2週
新馬勝ち後の中2週となり、この中間は軽めの調整。

スーパーホープ(A)中2週
大きな馬で、未勝利勝ちの前走時が+12キロ。馬体に余裕があったということの表れか、この中間は中2週と間隔が詰まる中でも、1週前に坂路で前走時以上の速い時計をマークし、上積みを感じさせる。

レッドベルオーブ(B)中7週
新馬、未勝利と乗り込み量は多かったが時計は抜けて良かった訳ではなかった。この中間も間隔を空けての参戦で、2週前、1週前と併せ馬での調整。1週前追い切りでは、好時計で先着と上積みはありそう。

ビゾンテノブファロ(D)中2週
門別も含めると8度出走と使い込まれている馬で、今回も中2週。1週前は併せ馬で先着するも時計は平凡で、輸送もあるので出走してきても厳しそう。


このコラムからの推奨馬はスーパーホープ1頭をあげておきます。


※そして、オマケで今週の日曜日に行われるエリザベス女王杯についても触れておくと、ラヴズオンリーユーセンテリュオ、そしてエスポワールの3頭を調教注目馬としたいと思います。



◇今回はデイリー杯2歳S編でした。
今年の2歳馬たちはこれまでにない状況下の中でのデビューとなっています。現在、競馬場にお客さんが入場するようになってきてはいるものの、10万人規模の大歓声のなかで競馬が行われることはまだまだ先になりそうな状況です。おまけに長い梅雨の影響で悪天候でのレースも多く行われてきていたり、京都競馬場が工事に入る関係で関西圏での開催が変則的に行われていたりして、そんなことが影響しているのか人気を裏切る馬が多いように感じます。牝馬ではソダシメイケイエールが重賞をそれぞれ2勝していますが、牡馬は主役不在。今年は牡馬、牝馬とも無敗の3冠馬が誕生しましたが来年のクラシックは今年と真逆で大混戦になるのかもしれませんね。そんなことも念頭に置きつつ、引き続きこのコラムでは2歳戦を中心に見守っていきたいと思っています。

それでは次回、東京スポーツ杯2歳S編(予定)でお会いしましょう。

デイリー杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年4月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】他力本願の柴田善騎手と手が合うデンコウアンジュ
閲覧 1,130ビュー コメント 0 ナイス 2

皐月賞は2歳王者のコントレイルが直線力強く伸び、無敗で 1冠目を制した。2着にも朝日杯FSを制したサリオスが入り、年明け初戦の馬のワンツー決着。昨年のサートゥルナーリアに続いて、改めて時代の変化を感じさせる一戦となった。

勝ったコントレイルは福永騎手らしい冷静な手綱さばきが光った。最内枠は決して有利とはいえない状況だったが、上手く道中は外に出すと、直線も馬場の良いところを選んでの差し切り勝ち。馬場を繊細に読めるのは福永騎手の長所でもあり、今回はその長所をいかんなく発揮した形。馬自身もそれに応えるだけの脚と、操縦性の高さがあった。

今回の競馬を受けてダービーでは1倍台の人気になるかもしれないが、昨年のサートゥルナーリアのように何があるかわからないのが競馬。アドマイヤビルゴら別路線組の台頭があれば、無観客が決まったとはいえ今年のダービーも盛り上がりそうだ。


ウェスタールンドは藤岡佑騎手が合っている

G1開催が続くが、先週はその裏で行われたアンタレスSも見どころのある一戦だった。勝ったのはウェスタールンド。藤岡佑騎手は2018年のチャンピオンズカップ以来久々の同馬騎乗だったが、持ち味である鋭い末脚を引き出す見事な騎乗だった。

ウェスタールンドに近走騎乗してきたのは、スミヨンや川田といったトップジョッキー。しかしこれらの騎手はどちらかというと馬の気を抜かせない騎乗が持ち味なので、繊細な脚を使う特殊なダート馬であるウェスタールンドにはあまり合わなかった。その点藤岡佑騎手は、近年こそ積極策が増えたものの馬の個性に合わせて自在に騎乗を変えられるタイプでもある。ウェスタールンドに関しては過去にも騎乗して特徴を掴んでおり、最大限に持ち味を生かしたといえそうだ。

新著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』にも書いたが、騎手の能力は絶対的なものではなく、馬との相性次第なのだと改めて感じさせられるレースだった。


〜騎手から展望する福島牝馬ステークス

さて、相性という意味で今週末注目したいのは、福島牝馬Sデンコウアンジュに騎乗する柴田善騎手。デンコウアンジュはもともと蛯名騎手が主戦を務めており、何度か重賞で穴をあけることがあったものの2歳時のアルテミスS以降は勝ち切れずにいた。そんな中で出会ったのが柴田善騎手で、同騎手が初騎乗となった一昨年のターコイズSでは13番人気ながら3着と健闘。そして2度目の騎乗となった昨年の福島牝馬Sで約3年半ぶりの勝利を挙げると、今年に入り愛知杯を9番人気で制しコンビで重賞2勝を挙げている。

柴田善騎手は積極性には欠けるので常に信頼はできないが、脚を溜めて末脚を生かすのが上手い。早仕掛けになると末脚を失いがちなデンコウアンジュとのコンビはとても合っており、他力本願ではあるが今年も差しが届くような流れ・馬場になれば注目したい。

もう一頭、気になるのはリュヌルージュ。前走の中山牝馬Sは14番人気、単勝125倍という超人気薄での激走だったが、器用なレースぶりで好位から粘る内容には見どころがあった。鞍上の団野騎手は昨年の7/26(金)の当コラムで『函館で好騎乗連発!注目のルーキー騎手』として取り上げたが、その後めきめきと腕を上げており、昨年は26勝、今年は早くも21勝とハイペースで勝ち星を量産している。

人気を集めるのは池添騎手が騎乗するエスポワールかもしれないが、馬券的にはデンコウアンジュリュヌルージュのレースぶりに注目したい。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年10月9日(水) 18:30 覆面ドクター・英
秋華賞・2019
閲覧 2,270ビュー コメント 0 ナイス 10

先々週のスプリンターズSは本命はバッチリでしたが、秋初戦を大幅馬体重増で逃げられずに凡走したモズスーパーフレアは数戦使わないと立ち直らないと踏んで消し、失敗。ただ、人気サイドでの決着だったので切り替えていきます。
日本馬3頭を消しにして(非国民と言われそうですが)、凱旋門賞はしっかり的中できましたし。

秋華賞はここ数年は堅く収まっているのですが、基本的にG1にしては紛れの多いレースだけに馬券的には楽しみ。
内回りだけに差しにくく、内枠先行が恵まれやすいので、馬券的には人気を背負っての差し損ねに期待(笑)
桜花賞グランアレグリアオークスラヴズオンリーユーともに不在で確固たる軸馬不在、という点も妙味期待をそそる一戦です。

それでは恒例の全頭診断へ


1番人気想定 ダノンファンタジー:暮れの阪神JFを勝利した2歳女王で、桜花賞オークスともに人気ほど走れなかったが、秋の始動戦はやや掛かり気味ながら終いずばっと差し切っての白星発進と、この相手なら人気でも仕方ないか。本質的にはマイル以下が乗りやすそうだが。実力上位は間違いない。ガツンと掛かって終了というのもありえるが。

2番人気想定 クロノジェネシスオークスは正直長いんじゃないかと思って見ていた(世間一般ではオークス向きと早い時期から言われていましたが)マイラー寄りの走りの馬。ここは人気になるが、小さい馬で成長力に疑問があって、差しにくい舞台設定でのこの脚質で、その上ぶっつけ本番での参戦。消しもありか。

3番人気想定 コントラチェック:デビューから4戦連続1番人気だったように人気先行の良血馬という印象だが、ルメール騎手が結局乗るようで、スイスイ逃げ切るというのもあり得る話ではある。ただ、オークス9着からのぶっつけ本番は決してプラスでないのでは?

4番人気想定 カレンブーケドールオークスでは12番人気2着と激走したが(ちょっとうまく行き過ぎたか)、秋始動戦の紫苑Sは人気に応えられずの3着。腕のあるジョッキーと言われ続けてきた津村騎手には頑張って欲しいが、関西だと(秋華賞は特に難しい)ちょっと力を出し切れないかも。

5番人気想定 ビーチサンバオークスでは距離的なこともあり惨敗したが、ローズSでは2着と巻き返してきた。ただ今回はそれなりに人気になりそうで、妙味は極めて薄い状況に。

6番人気想定 パッシングスルー:新馬勝ちの後はシンザン記念とフローラSで負けたが、夏に1勝クラスを福島で勝って、更に紫苑S(近年、同レースはレベルが上がってきている)も勝ち5戦3勝としての臨戦。ルーラーシップ産駒らしい成長曲線を見せていて、本番でも期待できる。

7番人気想定 エスポワール:5戦3勝のここまでで、3勝目を挙げた7月のシンガポールTC賞(2勝クラス)では古馬・牡馬相手に4馬身差の完勝。その後は、敢えてトライアルを使わなかったようで、調教の動きも絶好。ここにきての成長力を加味すると頂点まであるのでは。オルフェーヴル産駒は打率は低いがホームランもあり、ここも然り。かなり期待大。

8番人気想定 サトノダムゼル:鋭い末脚見せて3戦3勝だがいかにも相手が弱く、さほど妙味は生まれないか。良血馬らしく、まだ成長していくのだろうが、活躍はまだ先とみたい。

9番人気想定 シゲルピンクダイヤ:秋初戦はレース前からイレ込んで、末脚不発。気難しくなってきての距離延長は難しく、また末脚を生かすこのタイプはレース適性が高くない。

10番人気以下想定
シェーングランツ:昨秋は良血らしく、能力だけで未勝利勝ちの後にG3アルテミスSも勝ってしまったが、どんどん馬体重が減ってオークスは惨敗。そこからのぶっつけでの秋初戦では、苦しいだろうし、繁殖で期待の馬。

フェアリーポルカ:紫苑S2着からの参戦。2戦目でヴェロックスの勝った若駒Sを使われ3着(リオンリオンには先着)したように期待されつつ、ようやくルーラーシップ産駒らしく、ゆっくりめの成長が追いついてきた感じか。それなりに期待できる馬ではないだろうか。

ブランノワール:2勝クラスを3馬身差で完勝(しかも2連勝)してきての臨戦で、本格化をうかがわせる内容で、ここもヒモには面白いかもしれない。

レッドアネモス:新馬、500万下(サフラン賞)と連勝した馬だが、成長力がいまひとつなのか、春は白百合Sを勝ったもののラジオNIKKEI賞は13着と惨敗。特に期待できず。

シャドウディーヴァ:前走ローズSはハナに立って下げてその後も失速とさっぱりな内容だったが、オークスで6着したように(春はフラワーC、フローラSと重賞でも上位に来れていた)前走をノーカウントとすれば巻き返しあるかも。

メイショウショウブ:実績もマイルまでで、前走ローズSでも池添騎手が距離が長いとレース後にコメントしており、さらに距離延長となるここは大駆け期待できず。

コパカティ:牝馬限定2勝クラスで、ブランノワールに3馬身以上の完敗を喫しており期待薄。

シングフォーユー:春はスイートピーSでカレンブーケドールの2着がある馬だが、夏にようやく1勝クラスを勝っただけと成長力がいまひとつか。

ローズテソーロ:紫苑Sは10番人気6着どまりだがハーツクライ産駒らしく、ひと夏を越しての成長がみられ、キャリアの浅さから上積みもまだまだありそう。今回も激走があっておかしくない。

トゥーフラッシー:2勝クラスで掲示板に載れるかどうかという状態が続いており、ここでは荷が重い。


<まとめ>
有力:エスポワールダノンファンタジー

ヒモに:パッシングスルーコントラチェックカレンブーケドール

穴で:フェアリーポルカブランノワールローズテソーロ

[もっと見る]

エスポワールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 4

🟥新潟牝馬S、
新設レースで有る。、、

👑エリザベス女王杯の枠連!!
◆7ー8、
何故由に、、此の枠決定なのか??
そう、
新潟牝馬S新設!!エリザベスと同じ、2200M
わざわざ、JRA殿が
今年、新設したレースで有る。!

エリザベス女王杯の枠に、、
新潟牝馬S
1着ウラヌスチャーム号、7枠配置
2着エスポワール号、  8枠配置

🔶エリザベス女王杯、!
枠連7ー8、
此れは、あくまでも、
回顧録で有る。、、

然し、
此れが、理解出来るか?出来ないか?

確かに、何故由に、
わざわざ、新潟に、
こんな同距離の、レースを新設したのか?
気にはしてたのだが、、

そう、其れが、真実なので有る。
枠連7ー8、1点にて、、
残念でありまする。!

そう、レースデザイン表を、解読把握すれば、
完全成る、、
1点馬券も、夢では無い。

其れを、目指して、、!!
居るのだが、どうしても、、上擦った考えが、
入る。
無に成る、事が、、馬券の真実を、炙り出せる。!
其れが、1番大事なので有るのだが!!

さてーと、
今晩は、素敵な自分の映画を見て、
頭の中は、マイルC Sを、
考えながら、過ごしたい。!!
では又、お会いしましょうぞ。

 irontree8 2020年11月15日() 19:03
部屋の大掃除・・・・・
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 6

今週の競馬、残念ながら回収69%、
昨夜遅くに女房が眠れない、と言うものだから たこ焼き&ビールのプチパーティーを。笑い
そのお陰で朝寝坊し、・・・・弁解は幾らしても無意味ですね、69%は69%。

厄払いを兼ねての大掃除、で、女房が、何で暗くなってからそんな大掃除をするのよ。
するなら、太陽が出ている明るい時にしなさいよ。とうるさいことを言う。

でも、大掃除のお陰で気分のモヤモヤ感が消えて気分良し。

思うに私は他人様の知恵を拝借して競馬をしているようなもの。
動画を見出した最近は特にそんな感じ・・・・・。
で、動画予想が当たれば良いけれど、外れると気分が悪くて・・・・

「オッズは嘘をつかない」の格言、今、そのオッズを研究していて、何で保証のない動画予想に振り回されるのでしょうか・・・・
動画を見る時間があるのなら、もっともっとオッズ分析に時間をかけて、レベルを上げなければ、安定して儲けられることは出来ない。

昨夜の競馬予想TV、つい見てしまい、亀谷なり井口の話術に翻弄されて・・・・
彼らの予想は実際全然当たらないのに、17番エスポワールを買ってしまった。
もう、この番組もカット、見ないことが一番良い。
きいいろプロの予想法をもっと研究したいです。

[もっと見る]

 777 2020年11月15日() 17:43
福島記念はええけど、エリ女はなあ 
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 9

3連複
4050円

福島記念は堅く◎ヴァンケドミンゴから3連複で。
こっちはいい。

エリ女ですが、なんで◎ノームコアハナきる?騎手はなにを考えてますん?ハナはリアアメリアかリヌリュージュ、エスポワールに譲って中団につけてれば…。横典はよくこの手のことをやりますが、さすがにG Iでは通用しやへん。なんかスッキリしやへんレースでした。

福島記念当たったからよしとしとこか…

[もっと見る]

⇒もっと見る

エスポワールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月13日(金) 03:17:15
関係、好気配、穴、買い推薦、

エスポワールの写真

エスポワールの厩舎情報 VIP

2020年11月15日エリザベス女王杯 G117着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エスポワールの取材メモ VIP

2020年11月15日 エリザベス女王杯 G1 17着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。