今週の重賞レース

2021年8月8日( エルムステークス G3 レパードステークス G3
アンタレスステークス G3   日程:2021年4月18日() 15:30 阪神/ダート1800m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 2 4

テーオーケインズ

牡4 56.0 松若風馬  高柳大輔 494(0) 1.49.0 2.9 1 37.0 ⑥⑥⑤②
2 4 8

ヒストリーメイカー

牡7 56.0 内田博幸  新谷功一 530(+2) 1.49.3 1 3/4 4.3 2 37.2 ⑧⑧⑦⑤
3 7 14

ロードブレス

牡5 58.0 幸英明  奥村豊 512(+2) 1.49.6 12.3 6 37.2 ⑨⑩⑪⑧
4 5 9

ダノンスプレンダー

牡5 56.0 斎藤新  安田隆行 510(-2) B 1.49.8 23.7 8 37.6 ⑨⑩⑨⑤
5 1 2

アルドーレ

牡6 56.0 横山典弘  昆貢 500(0) 1.50.0 1 1/4 45.3 12 37.2 ⑯⑯⑮⑯
6 6 12

ロードゴラッソ

牡6 56.0 岩田康誠  藤岡健一 470(-8) 1.50.0 クビ 47.1 13 37.4 ⑮⑮⑮⑬
7 5 10

ミヤジコクオウ

牡4 56.0 和田竜二  川村禎彦 518(+2) 1.50.2 1 1/4 51.6 15 38.1 ⑨⑨⑦⑧
8 2 3

レピアーウィット

牡6 57.0 石橋脩  堀宣行 552(-12) 1.50.4 9.4 4 38.7 ②③②①
9 8 15

ケンシンコウ

牡4 57.0 丸山元気  小西一男 488(+4) 1.50.4 クビ 34.2 11 37.9 ⑫⑭⑫⑬
10 7 13

レーヌブランシュ

牝4 55.0 団野大成  橋口慎介 470(+12) 1.50.6 3/4 115.9 16 38.3 ⑫⑫⑫⑧
11 3 6

モズアトラクション

セ7 56.0 藤岡康太  松下武士 490(0) 1.51.1 24.4 9 38.8 ⑫⑫⑫⑧
12 3 5

グリム

牡6 56.0 浜中俊  野中賢二 508(-6) 1.51.1 クビ 12.3 5 39.2 ⑤⑤⑤④
13 8 16

ナムラカメタロー

牡5 56.0 石川裕紀  稲垣幸雄 506(-4) 1.51.4 1 3/4 18.3 7 39.6 ②③④②
14 1 1

ケイアイパープル

牡5 56.0 藤懸貴志  村山明 510(-10) 1.53.6 大差 49.5 14 41.9 ②①①⑤
15 6 11

メイショウカズサ

牡4 56.0 国分優作  安達昭夫 488(-4) B 1.53.7 クビ 32.3 10 41.9 ①②②⑫
16 4 7

アナザートゥルース

セ7 57.0 藤岡佑介  高木登 482(-1) B 1.54.4 8.1 3 42.0 ⑥⑦⑨⑬
ラップタイム 12.4 - 10.1 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 12.5 - 12.8 - 12.1 - 12.4
前半 12.4 - 22.5 - 34.8 - 47.0 - 59.2
後半 62.0 - 49.8 - 37.3 - 24.5 - 12.4

■払戻金

単勝 4 290円 1番人気
複勝 4 140円 1番人気
8 150円 2番人気
14 300円 5番人気
枠連 2-4 310円 1番人気
馬連 4-8 680円 1番人気
ワイド 4-8 320円 1番人気
4-14 810円 6番人気
8-14 1,010円 9番人気
馬単 4-8 1,090円 1番人気
3連複 4-8-14 3,430円 6番人気
3連単 4-8-14 11,010円 14番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:318,265人(08月02日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【アンタレスステークス2021予想】土曜日は中~外枠優勢!天気が回復しても脚抜きのいい状況は不変!

土曜日の阪神ダートのレース結果、近年のアンタレスSの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間、晴れの日は月曜日と木曜日の2日間だけ。土曜日も朝から雨に見舞われ、ダートコースは終日不良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

土曜日の結果をみると、ペースや力関係を抜きにしても、好位から前めに位置した馬の粘り強さが印象的だった。一方で、中団あたりに控えていた差し馬の上位進出も目につく。

事実、土曜日施行のダート競走8クラでは、上がり3ハロン最速馬(タイを含む)が【4.3.0.2】という好成績を収めている。基本的に前有利ではあるが、展開ひとつで差し馬も間に合うコンディションとみて差し支えない。

枠順に関しては、中~外が優勢。雨の影響を受けた前々週・日曜日の午後以降も似たような傾向だった。つまり、距離ロスなく走れるメリットよりも、インで揉まれるなどのデメリットのほうが大きいということだ。

日曜日の天気は回復基調で進む見通し。だが、そう簡単にダートにたまった水が抜けるとは思えず、脚抜きがいい状況は変わらないはず。となれば、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高い。ゆえに、引き続き中~外枠(4~8枠あたり)に対する意識を強めたほうがいいだろう。

血統面については、阪神開催に移行した2012年以降のアンタレスSを振り返ると、父あるいは母父にミスプロ系種牡馬を持つ馬が攻勢。サンデーサイレンス内包馬の好走例も多い。いずれにせよ、後半のラップが落ちない傾向が強く、芝寄りの適性が求められるレースとなっている。

また、前走で前めに位置していた馬の活躍が目立つのも当レースの特徴。2012年以降、前走でオープンクラスに出走し、その際の4角通過順が3番手以内だった4~6歳馬は、8勝を含む15連対と優秀な成績を残している。血統面とセットで押さえておきたいポイントといえよう。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(4~8枠)の要点をクリアしているのは、⑩ミヤジコクオウ、⑭ロードブレス、⑯ナムラカメタロー。いずれも単勝オッズ10倍以上の伏兵で、配当妙味は十分にある。この3頭のうち最低1頭が馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのも面白いかもしれない。

【馬場予想からの注目馬】
ミヤジコクオウ ロードブレス ナムラカメタロー
厩舎
の話

【アンタレスステークス2021予想】アナザートゥルース「前走は厳しい競馬も頑張った」 テーオーケインズ「前走を使って中身も伴ってきている」

 ◆アナザートゥルース・高木師「右回りでも阪神コースは相性がいい。前走は厳しい競馬だったわりに頑張っている」

 ◆アルドーレ・昆師「前走は勝ち負けできるポジションだったが、案外な結果に。叩き2走目、何とかしてほしい」

 ◆グリム・浜中騎手「動きは悪くなく、1度使って上積みはある。条件は合っていそう」

 ◆ケイアイパープル・新谷助手「前走は積極的な競馬で甘くなったが内容は悪くなかった。状態は上向き。前進を期待」

 ◆ケンシンコウ・小西師「久々になるが、稽古の動きは良かった。気性面の成長がうかがえる」

 ◆ダノンスプレンダー・安田隆師「状態はいいが、オープンクラスで渡り合うにはもう少し経験が必要かもしれない」

 ◆テーオーケインズ・高取助手「久々の前走を使って中身も伴ってきている。相手は強くなるが、阪神はいい」

 ◆ナムラカメタロー・石川騎手「前走は6着だったが、勝ちにいく競馬をしましたからね。状態は変わりなくいい」

 ◆ヒストリーメイカー・新谷師「前走もいい走りができたし、引き続き走れる態勢。輸送距離が短いのもいい」

 ◆ミヤジコクオウ・中川助手「前走は道悪と58キロが響いた。2走前の阪神(仁川S4着)の内容は悪くなかったし、いい走りをしてほしい」

 ◆メイショウカズサ・安達師「前走はゲートが悪く、砂をかぶって力を出せずじまい。スッと前にいきたいが…」

 ◆モズアトラクション・松下師「長期休養明けを使っての上積みはある。前残りの馬場になると苦しい」

 ◆レピアーウィット・堀師「調教の反応が良くなって息遣いもいい。当日の気配が鍵」

 ◆レーヌブランシュ・橋口師「いい状態に仕上がった。勝っているこの条件は合っている」

 ◆ロードゴラッソ・藤岡師「末脚を生かす競馬をしたいが、勝負どころでもたもたするので雨が降るのは心配」

 ◆ロードブレス奥村豊師「58キロを背負うが、馬格があるので心配していない。馬場の巧拙(の差)もないと思う」

アンタレスSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【アンタレスステークス2021予想】減点なし5頭の中からテーオーケインズをトップに

【所属】

阪神競馬場施行の2012年以降の所属別成績は、栗東【8.7.8.90】、美浦【1.2.1.25】。前者が優位の状況にある。なお、後者の2着以内3頭はいずれも前走重賞3着以内馬だった。前走重賞4着以下敗退、ならびに非重賞経由の関東馬は評価を控えめにしたい。

【馬齢】

2012年以降の2着以内延べ18頭の馬齢をみると、4歳から8歳まで幅広い。ただし、2着連対圏入りを果たした6歳以上の馬は、例外なく前走でも2着以内に入っていた。6~8歳馬を狙う場合は前走の着順に注意したいところだ。

【前走着順】

前走の着順に関してはJRA重賞なら11着以内、地方交流重賞の場合は4着以内、JRAの非重賞であれば1着が目安。2012年以降、これ以外のステップで臨んだ馬はいずれも3着以下に敗れている。

【前走人気】

2012年以降の2着以内延べ18頭の前走単勝人気を確認すると、いずれも1ケタ人気。着順やレース格に関係なく、前走が2ケタ人気の低評価だった馬は狙いづらい。

【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、③レピアーウィット、④テーオーケインズ、⑧ヒストリーメイカー、⑨ダノンスプレンダー、⑭ロードブレスの5頭。最上位には④テーオーケインズを挙げたい。2012年以降、前走で単勝1番人気の高支持を集めていた馬は6勝を含む9連対の大活躍。本馬自身、当該コースで2戦2連対と崩れていないことも好感が持てる。

近9回、4勝を含む7連対の前走名古屋大賞典組に該当する⑭ロードブレスを2番手に。マーチS上位の③レピアーウィットと⑧ヒストリーメイカー、阪神ダート1800mで2戦2勝の⑨ダノンスプレンダーらも要警戒の存在だ。

<注目馬>
テーオーケインズ ロードブレス レピアーウィット ヒストリーメイカー ダノンスプレンダー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【アンタレスステークス2021予想】実績のある近走好調のU指数97以上の馬をピックアップ!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

過去5年間で二桁人気が1頭も馬券に絡んでいない堅い傾向にあるレースで、U指数も上位勢が比較的安定している。二桁順位の好走もあるが、たいていは上位人気。指数も人気も低い穴馬の台頭にはあまり期待しないほうがいい。5回中4回でU指数97以上の馬が2頭以上3着以内に入っているので、この97というラインが高評価を与えるか否かのひとつの目安になるだろう。
 
今年、1位にランクされているのは⑧ヒストリーメイカー(99.5)。交流重賞を含め8戦連続掲示板を確保している安定感がセールスポイントで、3戦2勝2着1回の阪神実績も光る。今回も堅実に上位争いに加わってきてくれそうだ。
 
一昨年1着、昨年2着の2位⑦アナザートゥルース(99.2)も軽く扱うわけにはいかない。前走の東海Sで2着に好走しているように、7歳になっても元気一杯。「またしても」があっても驚けないだろう。
 
そのほかでは、前走のマーチSの勝利で勢いに乗る6位③レピアーウィット(97.6)と、戦績からいまだに底が見えない3位の④テーオーケインズ(98.5)にも注目したい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:318,265人(08月02日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【アンタレスステークス2021予想】父または母の父がMr. Prospector系種牡馬となる馬が好相性を示す

阪神ダート1800mで施行されるようになった2012年以降、勝ち馬の父を羅列するとネオユニヴァース、アイルハヴアナザー、キングカメハメハ(2回)、ディープスカイ、ジャングルポケット、アドマイヤボス、ゼンノロブロイ、スペシャルウィークとなり、芝中距離に実績のある種牡馬の活躍ぶりが目に留まる。

また、勝ち馬9頭のうち8頭が父または母の父がMr. Prospector系の種牡馬で、唯一の例外は2016年アウォーディー。ただし、その2016年も2・3着には血統傾向を満たす馬が入線していた。


モズアトラクションは、父ジャングルポケット×母エーシンラクーリエ(母の父コロナドズクエスト)。父ジャングルポケットは16年の勝ち馬アウォーディーを出しており、本馬は母の父コロナドズクエストがMr. Prospector直系の種牡馬となる。前走仁川Sでは屈腱炎治療と去勢手術を兼ねた長期放牧明けながら3着と力のあるところを示しており、再びダートグレード競走戦線に名乗りを上げるためにも結果が欲しいところだろう。

ヒストリーメイカーは、父エンパイアメーカー×母チヨノドラゴン(母の父バブルガムフェロー)。父がエンパイアメーカーなので本馬はMr. Prospectorの直系となり、母の父バブルガムフェローが96年天皇賞(秋)を制するなど芝中距離戦線で活躍した。2走前の東京大賞典ではスタートで躓く後手を踏みながらも勝ち馬から0秒1差の4着と健闘しており、前走マーチSも休み明けながら見せ場十分の2着。やや勝ち味に遅いタイプではあるものの、相手やコースを選ばない堅実さが強みでもある。

アナザートゥルースは、父アイルハヴアナザー×母キョウエイトルース(母の父フジキセキ)。本馬は一昨年のアンタレスS勝ち馬で、昨年も58kgの斤量を背負いながら2着とリピート好走。半兄サウンドトゥルーは7歳時にJBCクラシックを制しており、本馬も近走のレースぶりを鑑みれば7歳でも衰えた様子は見受けられない。リピーターの活躍が目立つレースでもあるので、今年もぞんざいには扱えないだろう。

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【アンタレスステークス2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年4月19日() 阪神/ダ1800m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 ウェスタールンド 藤岡佑介 1:49.8 7.5 3 35.0 102.7
2 11 アナザートゥルース 大野拓弥 1:50.1 1 3/4 15.8 7 36.6 101.5
3 4 クリンチャー 石橋脩 1:50.1 ハナ 4.9 2 36.4 101.5
4 15 リワードアンヴァル 三浦皇成 1:50.1 ハナ 14.6 5 36.7 101.5
5 9 コマビショウ 松若風馬 1:50.2 3/4 77.6 11 36.2 101.1
2019年4月14日() 阪神/ダ1800m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 アナザートゥルース 大野拓弥 1:50.8 12.2 6 37.2 102.6
2 4 グリム 浜中俊 1:50.9 1/2 3.6 2 37.6 102.2
3 3 ロンドンタウン 吉田隼人 1:50.9 クビ 6.4 3 37.3 102.2
4 10 ウェスタールンド 北村友一 1:51.3 2 1/2 3.4 1 37.3 100.5
5 5 ナムラアラシ 幸英明 1:51.7 2 1/2 14.5 7 37.4 98.8
2018年4月15日() 阪神/ダ1800m
天候: 馬場:不良
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 グレイトパール 川田将雅 1:49.8 2.2 1 37.1 99.7
2 15 ミツバ 松山弘平 1:50.0 1 1/4 8.9 3 37.7 98.8
3 13 クインズサターン 四位洋文 1:50.1 1/2 10.5 5 37.1 98.4
4 5 トップディーヴォ 横山典弘 1:50.3 1 1/4 9.9 4 37.5 97.6
5 12 ユラノト 藤岡康太 1:50.4 1/2 20.1 7 37.9 97.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【アンタレスステークス2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬アウォーディー

阪神ダ1800mを舞台に行われるダート重賞で、第8回(2003年)はフェブラリーSを制してここに臨んだゴールドアリュールが59キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ちした。また、ブレイク前の大物候補の参戦も多く、第9回(2004年)のタイムパラドックス、第16~17回(2011~2012年)連覇のゴルトブリッツ、第18回(2013年)のホッコータルマエ、第21回(2016年)のアウォーディーなど、ここを勝ったあとにG1(Jpn1)のタイトルを獲得した馬も数知れない。

歴史と概要をもっと見る

アンタレスステークス特集 バックナンバー