今週の重賞レース

2020年12月5日( ステイヤーズS G2 チャレンジカップ G3
2020年12月6日( チャンピオンズカップ G1
東京スポーツ杯2歳S G3   日程:2020年11月23日() 15:25 東京/芝1800m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 3

ダノンザキッド

牡2 55.0 川田将雅  安田隆行 520(+24) 1.47.5 1.7 1 33.5 ③③③
2 2 2

タイトルホルダー

牡2 55.0 戸崎圭太  栗田徹 470(-2) 1.47.7 1 1/4 16.6 5 33.9 ①②②
3 8 10

ジュンブルースカイ

牡2 55.0 武豊  友道康夫 428(-10) 1.47.8 3/4 8.8 3 33.6 ⑥⑦⑥
4 6 6

プラチナトレジャー

牡2 55.0 田辺裕信  国枝栄 472(+4) 1.47.9 1/2 26.9 6 33.6 ⑦⑨⑧
5 7 7

ヴェローチェオロ

牡2 55.0 横山典弘  須貝尚介 460(0) 1.48.1 1 1/4 30.8 7 34.0 ⑨④⑥
6 1 1

ドゥラヴェルデ

牡2 55.0 C.ルメー  木村哲也 514(+8) 1.48.3 1 1/4 3.7 2 34.3 ④④③
7 8 9

モリノカンナチャン

牝2 54.0 横山和生  大江原哲 438(-4) 1.48.6 45.7 8 34.2 ⑦⑦⑧
8 4 4

レインフロムヘヴン

牡2 55.0 M.デムー  堀宣行 460(0) 1.48.7 1/2 13.4 4 35.5 ②①①
9 7 8

モメントグスタール

牡2 55.0 大野拓弥  高木登 460(+8) 1.49.5 164.2 9 35.5 ④④③
10 5 5

トーセンジャック

牡2 55.0 山田敬士  小桧山悟 502(-6) 1.50.6 501.6 10 35.9 ⑩⑩⑩
ラップタイム 13.1 - 11.2 - 11.5 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 11.9 - 11.0 - 11.4
前半 13.1 - 24.3 - 35.8 - 48.0 - 60.5
後半 59.5 - 47.0 - 34.3 - 22.4 - 11.4

■払戻金

単勝 3 170円 1番人気
複勝 3 110円 1番人気
2 230円 5番人気
10 200円 3番人気
枠連 2-3 1,370円 5番人気
馬連 2-3 1,330円 5番人気
ワイド 2-3 490円 6番人気
3-10 320円 2番人気
2-10 1,070円 14番人気
馬単 3-2 1,580円 5番人気
3連複 2-3-10 2,170円 7番人気
3連単 3-2-10 7,080円 23番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:297,235人(12月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想】タイトルホルダー「筋肉に柔らかみがあるのがいい」 ジュンブルースカイ「学習能力高い」

 ◆ヴェローチェオロ・須貝師「丈夫でタフさがあり、中1週で再度の長距離輸送も問題ない。スムーズなら重賞でも」

 ◆ジュンブルースカイ・友道師「間隔が詰まっていて、輸送もあるので。センスがあって、学習能力も高い」

 ◆タイトルホルダー・栗田師「筋肉に柔らかみがあるのがいい。追い切りでは気持ちの面を確認したが、ジョッキーの感触は良かった」

 ◆トーセンジャック・小桧山師「連闘だけど、元気いっぱいで気配は変わりない」

 ◆プラチナトレジャー・国枝師「左にモタれる面があるので、内に併せ馬の相手を入れてやった。真っすぐ走れていたし、田辺(騎手)の感触も良かったんじゃないか」

 ◆モメントグスタール・高木師「テンションが高いので、水曜に追ってレースまで日にちをあけた」

 ◆モリノカンナチャン・大江原師「テンションが上がらないように、馬なりで気持ち良く走らせることを重点に。中2週でも問題ない」

 ◆レインフロムヘヴン・堀師「前2走時にあったスクミがなく、動きが良くなっている。再度ブリンカーを着用する」



★東スポ杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想】ダノンザキッド、ドゥラヴェルデ、タイトルホルダーの3頭が減点なし!

【キャリア】

6月に東京・阪神で新馬戦が行われるようになった、2012年以降の2着以内16頭は、すべてキャリア3戦以内。キャリア4戦以上の馬は劣勢を強いられている。

【前走着順】

2012年以降の2着以内16頭の前走着順を確認すると、1着13頭、オープンクラス2着が3頭。前走が条件以下クラス敗退、およびオープンクラス3着以下だった馬は評価を控えめにしたい。

【前走馬体重】

2012年以降の1~2着馬の前走馬体重を検証すると、446~504キロの範囲。ただし、450キロ以下で2着連対圏に入った馬には、いずれもオープンクラスの勝利経験があった。相応の実績がない小ぶりな馬は、過信禁物とみるべきだろう。

【データ予想からの注目馬】
上記3項目で減点がないのは、タイトルホルダーダノンザキッドドゥラヴェルデプラチナトレジャーの4頭。トップにはダノンザキッドを挙げたい。近8回、前走芝1800m使用馬は7勝を含む10連対と活躍。前走競馬場別で阪神組が【2.2.2.6】という、上々の成績を残していることも加点材料だ。

2、3番手はドゥラヴェルデタイトルホルダーの順でピックアップ。残りの1頭、プラチナトレジャーは当レースで苦戦傾向にある、4着以下敗退経験馬。それゆえに強調しづらい印象を持つ。

<注目馬>
ダノンザキッド ドゥラヴェルデ タイトルホルダー

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想】指数断然のジュンブルースカイが軸馬候補ナンバーワン!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

このレースは基本的に、指数上位馬の信頼度が高く、上から順に買っていくことが推奨される。例外は、新馬戦を1番人気で勝利して、ここが2戦目という馬だ。2018年3着のヴァンドギャルド(15位)、2019年1着のコントレイル(7位)、2着のアルジャンナ(8位)など、低い指数順位で馬券に絡んだ馬のほとんどがこの条件に該当。低指数馬は1戦1番人気1勝馬だけをカバーしておけばOKで、それ以外はバッサリ切ってしまって構わない。

U指数1位のジュンブルースカイ(90.7)は、2位に3.0の指数差を付けている“凄馬”であり、過去5年間の3着以内馬の最高指数89.3を超えるほどの高い評価を受けているので、1頭抜けた存在と判断することができる。もちろん、軸馬候補ナンバーワンだ。

妙味がありそうなのは、3位のヴェローチェオロ(86.4)。戦績が地味なため人気にはならないだろうが、このレースの好走馬に多い、「重賞出走経験」「オープン3着以内実績」のいずれも持っている。軽く扱ってはいけない1頭と言えよう。

1戦1勝組からは、新馬戦は2番人気での勝利ながらもここで4位にランクされているダノンザキッド(81.2)と、1番人気でしっかり勝利したタイトルホルダー(75.8)の2頭をピックアップしておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:297,235人(12月01日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想】ここを勝ったディープインパクト産駒3頭すべてが日本ダービーを制覇

昨年の勝ち馬コントレイルが無敗でクラシック三冠を達成したことは記憶に新しい。本競走は出世レースとしても名高く、とくにディープインパクト産駒として勝利した11年ディープブリランテ、17年ワグネリアン、19年コントレイルの3頭は、いずれも日本ダービー-G1をも制して世代の頂点に輝いている。

ほか、10年サダムパテック(父フジキセキ)、13年イスラボニータ(父フジキセキ)、15年スマートオーディン(父ダノンシャンティ)といったフジキセキ系、09年ローズキングダム、12年コディーノで2勝を挙げるキングカメハメハが存在感を放つ。ただし、今年の出走予定馬を見ると種牡馬界の移り変わりを切に感じる部分があり、今後の行く末を占う意味でも注目に値するレースとなりそうだ。

ダノンザキッドは、父ジャスタウェイ×母エピックラヴ(母の父Dansili)。19年シンザン記念-G3・3着ミッキーブリランテの半弟で、母は11年ヴァントー賞-仏G3勝ち馬で11年サンタラリ賞-仏G1・2着の実績も持つ。本馬は新馬では若さを見せて他馬に迷惑をかけてしまったが、抜け出すときの一瞬の脚には目を見張るものがあり、走破時計や2・3着馬の次走以降を踏まえても優に重賞級の評価を与えられる。ここでも強い勝ち方を見せられればクラシック戦線でも主役を担える存在だ。

ドゥラヴェルデは、父ドゥラメンテ×母タミーン(母の父Shirocco)。近親にRibchesterやMatterhornがいる血統馬で、2代母Najahは01年リディアテシオ賞-伊G2勝ち馬、3代母Mehthaafは94年愛1000ギニー愛G1など重賞3勝。Fall Aspenに遡るボトムラインはDubai Millenniumやティンバーカントリーなど、枚挙にいとまがない世界的な名牝系だ。本馬は血統表の並びを見る限りでは晩成型の印象を否めないが、ポテンシャルの高さで勝利できれば先々まで楽しみな存在になっていくだろう。そういった素質馬の登竜門となるレース質からも注視しておきたい。

ジュンブルースカイは、父ドゥラメンテ×母ジュントップヒトミ(母の父ゼンノロブロイ)。マカヒキ、ウリウリの従弟にあたる血統で、2代母リアルナンバーは01年ヒルベルトレレナ大賞-亜G1など重賞2勝。本馬はセンスの良さを感じさせる走りをしており、母系の仕上がりの早さを強調しやすいタイプとも言えるだろう。ただし、あまり馬格の大きいタイプではないだけに、初めての長距離輸送を上手くこなせれば。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年11月16日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 コントレイル R.ムーア 1:44.5 2.5 1 33.1 97.7
2 5 アルジャンナ 川田将雅 1:45.3 3.0 2 33.6 92.3
3 1 ラインベック W.ビュイック 1:46.0 4.6 3 34.9 87.6
4 3 オーロラフラッシュ C.ルメール 1:46.2 1 1/4 11.0 4 34.3 86.3
5 2 リグージェ O.マーフィー 1:46.6 2 1/2 12.5 5 35.2 83.6
2018年11月17日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 ニシノデイジー 勝浦正樹 1:46.6 38.4 8 33.9 89.8
2 4 アガラス W.ビュイック 1:46.6 ハナ 34.8 7 33.7 89.8
3 5 ヴァンドギャルド C.デムーロ 1:46.6 アタマ 7.9 4 33.9 89.8
4 7 ヴェロックス C.ルメール 1:46.6 ハナ 3.7 2 34.1 89.8
5 9 ダノンラスター J.モレイラ 1:46.9 1 3/4 18.7 6 33.9 87.8
2017年11月18日() 東京/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 ワグネリアン 福永祐一 1:46.6 1.4 1 34.6 92.6
2 7 ルーカス R.ムーア 1:47.1 3.1 2 34.9 89.3
3 5 シャルルマーニュ 戸崎圭太 1:47.1 クビ 14.4 3 35.6 89.3
4 4 カフジバンガード 吉田豊 1:47.2 1/2 27.5 6 35.3 88.6
5 2 ゴールドギア 北村宏司 1:47.5 1 3/4 15.3 4 35.3 86.6

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【東京スポーツ杯2歳ステークス2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬ワグネリアン

翌年のクラシックで主役の扱いを受けるような大物が参戦することで知られる、ハイレベルな2歳重賞。近年の勝ち馬だけを見ても、第14回(2009年)のローズキングダムがJC馬に、第16回(2011年)のディープブリランテがダービー馬に、第18回(2013年)のイスラボニータ皐月賞馬に、第19回(2014年)サトノクラウンが国内外のG1タイトルホルダーに、それぞれ輝いている。第11~13回(2005~2007年)はフサイチリシャールフサイチホウオーフサイチアソートと「フサイチ」の冠号の馬が3連覇を達成する珍記録が生まれた。

歴史と概要をもっと見る

東京スポーツ杯2歳S特集 バックナンバー