会員登録はこちら
東京スポーツ杯2歳S G3   日程:2019年11月16日() 15:30 東京/芝1800m

レース結果

東京スポーツ杯2歳S G3

2019年11月16日() 東京/芝1800m/8頭

本賞金:3,300万 1,300万 830万 500万 330万


レコード:1分45秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 6

コントレイル

牡2 55.0 R.ムーア  矢作芳人 456(0) R1.44.5 2.5 1
2 5 5

アルジャンナ

牡2 55.0 川田将雅  池江泰寿 458(-2) 1.45.3 3.0 2
3 1 1

ラインベック

牡2 55.0 W.ビュイ  友道康夫 460(+4) 1.46.0 4.6 3
ラップタイム 12.9 - 11.0 - 11.4 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 10.8 - 11.4
前半 12.9 - 23.9 - 35.3 - 47.1 - 58.8
後半 57.4 - 45.7 - 33.9 - 22.2 - 11.4

■払戻金

単勝 6 250円 1番人気
複勝 6 110円 1番人気
5 110円 2番人気
1 130円 3番人気
馬連 5-6 360円 1番人気
ワイド 5-6 150円 1番人気
1-6 180円 2番人気
1-5 230円 3番人気
馬単 6-5 640円 1番人気
3連複 1-5-6 330円 1番人気
3連単 6-5-1 1,330円 1番人気

東京スポーツ杯2歳Sのニュース&コラム

【東スポ2歳S】コントレイル、2歳日本レコード!
 東スポ杯2歳Sが16日、東京競馬場で8頭によって争われ、ムーア騎乗で1番人気のコントレイルが5馬身差で圧勝。1分44秒5という破格の2歳日本レコードをマークして、無傷のV2を飾った。今後はホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)に向かう。2着は2番人気のアルジャンナだった。 瞬時に抜け出し、みるみる差が開く。5馬身の着差もさることながら、1分44秒5のタイムに場内がどよめいた。1番人気のコントレイルが名手ムーアに導かれて圧勝。従来の記録を一気に1秒1も塗り替える2歳日本レコードに、誰もがとてつもない大物の誕生を確信した。 「いやあ…。想像を超えていました。やれるとは思っていたけど、まさかここまでとは…」 多くのGI馬を管理してきた矢作調教師も思わず絶句したほど。1000メートル58秒8というよどみない流れを中団で追走すると、直線は同じ父を持つ2頭をあっさりと置き去りにした。 アクシデントはレース前のこと。ゲート裏の輪乗りで暴れ、ムーアが振り落とされた。鞍上は左肩を強打。ほぼ右手でしか追えない状態にもかかわらず、怪物級のパフォーマンスを演出した。レース後は医務室へ行ったためインタビューをキャンセルしたが、「強かった。いい位置で我慢できて最後も伸びてくれた。こんなトップクラスの馬に乗れてうれしい」と賛辞を惜しまなかった。 東京芝1800メートルは、古馬のレコードが1分44秒2(2007年・チョウサン)。先月の毎日王冠を勝ったダノンキングリーでも、1分44秒4だった。この時期の2歳馬がそれに迫るタイムをマークした価値は絶大だ。 「前進気勢が強いから距離が延びるとどうかと思ったけど、これなら2000メートルは大丈夫。馬の状態を見てホープフルSへ向かいます」 矢作調教師にとって東スポ杯は、11年にディープブリランテで勝ったレース。その後、同馬はダービー馬に上り詰めた。「王道の弥生賞、皐月賞へ行きたい。ディープブリランテも難しい馬だったから、それを考えれば(ダービーの)2400メートルも大丈夫かも。大事に育てていかないとね」と期待は膨らむばかりだ。 飛行機雲という意味のコントレイル。こんな音速の飛行機雲についていける馬はいるのか。年末から来春、さらにはその先まで、新怪物の走りに大注目だ。 (柴田章利)★16日東京11R「東スポ杯2歳S」の着順&払戻金はこちらコントレイル 父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父アンブライドルズソング。青鹿毛の牡2歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬。馬主は前田晋二氏。戦績2戦2勝。獲得賞金4030万1000円。重賞初勝利。東スポ杯2歳Sは、矢作芳人調教師が2011年ディープブリランテに次いで2勝目、ライアン・ムーア騎手は14年サトノクラウンに次いで2勝目。馬名は「飛行機雲」。
2019年11月17日() 05:02

 697

【東スポ2歳S】レースを終えて…関係者談話
 ◆川田騎手(アルジャンナ2着)「リズム良く運んで直線もいい伸びを見せてくれましたが、(勝ち馬が)強すぎました」 ◆ビュイック騎手(ラインベック3着)「流れに乗っていいレースはできたが、勝ち馬にあの勢いで突き抜けられては厳しい」★16日東京11R「東スポ杯2歳S」の着順&払戻金はこちら
2019年11月17日() 05:02

 308

【東スポ2歳S】アルジャンナ5馬身差の2着 川田「勝った馬が強すぎました」
 11月16日の東京11Rで行われた第24回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1800メートル、8頭立て、1着賞金=3300万円)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が重賞初制覇。 新馬戦を単勝オッズ1.1倍の断然人気に応えて快勝したアルジャンナは、折り合いを欠くことなく後方2番手をリズム良く追走。直線は外に持ち出して、先に抜け出した勝ち馬を追い上げるも、なかなか差は縮まらず5馬身差の2着に敗れた。 川田将雅騎手「とてもいい内容でした。折り合いがついてリズム良く運ぶことができました。直線もいい伸びを見せてくれているのですが、勝った馬が強すぎました」★【東スポ杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年11月16日() 19:50

 741

【東スポ2歳S】良血ラインベックは3着で連勝ストップ ビュイック「2400メートル向き」
 11月16日の東京11Rで行われた第24回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1800メートル、8頭立て、1着賞金=3300万円)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が重賞初制覇。 父が三冠馬ディープインパクト、母が三冠牝馬アパパネという血統。無傷の3連勝で重賞初制覇を狙ったラインベックは、最内枠スタートから好位でレースを進め、直線は鞍上のゲキに応え脚を伸ばすも勝ち馬に並ぶまもなく交わされ、さらに後ろから追い上げてきたアルジャンナにも4馬身差も離され3着を確保するのが精一杯だった。 W.ビュイック騎手「先生(友道康調教師)から馬の後ろにいれば折り合いはつくし、スタートも速い。あとは切れるタイプではないと聞いていて、そこは感じていました。うまく好位で流れに乗れて、いい競馬になったのですがね。勝ち馬にあの勢いで突き抜けられてはどうしようもありませんでした。馬場が硬くて時計が速く、適性の差が出ましたね。優秀な能力があるし、ギアが少しずつ上がるので、2400メートル向きだと思います」★【東スポ杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2019年11月16日() 19:49

 500

東京スポーツ杯2歳Sのニュースをもっと見る >

【東スポ2歳S】厩舎の話
 アルジャンナ・岩崎助手「折り合い重視で反応も上々。コントロールも利くようになっている」 オーロラフラッシュ・藤沢和調教師「勝った前回と同じ東京。少頭数にもなりそうだからね」 コントレイル・矢作調教師「動きは良かった。レベルの高い相手にどういう競馬ができるか」 ジェラペッシュ・尾関調教師「赤松賞と両にらみだが、重賞でも通用」 ゼンノジャスタ・佐藤助手「順調。距離はやってみないと分からないが、スタミナはある」 ソウルトレイン・梅内助手「前走は距離が長かったかも。1F短くしてどういう競馬をするか」 マイネルデステリョ・畠山調教師「予定どおりで動きも良かった。府中なら千八でも問題ない」 ラインベック・友道調教師「競馬に行くとテンションが上がるところはない。来春を見据えて輸送を早めに経験させる」 リグージェ・木村調教師「前走後は疲れを取った。トップホースにどれだけ食らいつけるか」(夕刊フジ)★東スポ杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月14日(木) 10:21

 1,313

【東スポ2歳S】オーロラフラッシュ年長馬に先着
 東京の芝1600メートルで未勝利勝ちしたオーロラフラッシュは、坂路でハウメア(OP)を2馬身ほど追走。最後は内に併せると、4ハロン54秒7-12秒4を馬なりでマークし、年長馬に1馬身先着した。調教評価は最高の『S』だ。 藤沢和調教師は「動きは良かったね。デビュー戦はスタートで物見したりしたし、勝った前走にしてもブレーキをかけるところがあった。この馬はデビュー戦から一度もスムーズな競馬をしたことがないからね」と苦笑い。「重賞で相手は強くなるけど、今回は前回と同じコース。少頭数にもなりそうだから」と上位争いを確信していた。
2019年11月14日(木) 05:05

 253

【東スポ2歳S】オーロラフラッシュ年長馬に先着
 東京の芝1600メートルで未勝利勝ちしたオーロラフラッシュは、坂路でハウメア(OP)を2馬身ほど追走。最後は内に併せると、4ハロン54秒7-12秒4を馬なりでマークし、年長馬に1馬身先着した。調教評価は最高の『S』だ。 藤沢和調教師は「動きは良かったね。デビュー戦はスタートで物見したりしたし、勝った前走にしてもブレーキをかけるところがあった。この馬はデビュー戦から一度もスムーズな競馬をしたことがないからね」と苦笑い。「重賞で相手は強くなるけど、今回は前回と同じコース。少頭数にもなりそうだから」と上位争いを確信していた。★東スポ杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年11月14日(木) 05:05

 538

【東スポ2歳S】ラインベック、DP1ハロン11秒8
 2戦2勝のラインベックはDPコースで3頭併せ。僚馬フライライクバード(未勝利)とウーリリ(3勝クラス)に1馬身遅れたものの、馬なりでラスト1ハロンは11秒8(6ハロン83秒0)をマークした。 「気合をつける程度。休みの間に目方も増えていますよ」と、友道調教師は成長ぶりに目を細める。父がGI7勝馬ディープインパクトで、母もGI5勝のアパパネという良血馬。「来春を見据えたら輸送も必要なので、早めに経験させます。普段はやんちゃな面もあるけど、競馬に行くとテンションが上がるところもない」と、トレーナーは期待を込めた。
2019年11月14日(木) 05:05

 191

東京スポーツ杯2歳Sの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


東京スポーツ杯2歳Sの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

11月16日 15:28更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
150円 15,000円
Lv114 
360円 2,520円
Lv109 
180円 180円
Lv109 
1,330円 13,300円
Lv108 

1,330円
250円
15,630円

的中情報をもっと見る >

東京スポーツ杯2歳S過去10年の結果

2018年11月17日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2017年11月18日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ワグネリアン 福永祐一 1:46.6 1.4倍 92.6
2着 ルーカス R.ムーア 3.1倍 89.3
3着 シャルルマーニュ 戸崎圭太 クビ 14.4倍 89.3
2016年11月19日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京スポーツ杯2歳Sのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1800m

ローテーション的にここを逃すとダービー開催まで東京コースを経験できない可能性もあるため、関西馬を中心に翌春のクラシックを意識した馬たちの参戦が目立つ一戦。いわゆる“出世レース”であり、2008年以降の1着馬のうち6頭がのちにG1ウイナーとなっている。またこのレースまでのローテはあまり気にする必要がなく、オープン・重賞で好走経験のある馬と前走で初勝利を挙げたばかりの馬が互角に渡り合っている。東京芝1800mは“府中の千八展開要らず”の格言通り枠順や展開に左右されにくいコースで、それは2歳重賞に関しても同じである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

東京スポーツ杯2歳Sの歴史と概要


2017年の優勝馬ワグネリアン

翌年のクラシックで主役の扱いを受けるような大物が参戦することで知られる、ハイレベルな2歳重賞。近年の勝ち馬だけを見ても、第14回(2009年)のローズキングダムがJC馬に、第16回(2011年)のディープブリランテがダービー馬に、第18回(2013年)のイスラボニータ皐月賞馬に、第19回(2014年)サトノクラウンが国内外のG1タイトルホルダーに、それぞれ輝いている。第11~13回(2005~2007年)はフサイチリシャールフサイチホウオーフサイチアソートと「フサイチ」の冠号の馬が3連覇を達成する珍記録が生まれた。

歴史と概要をもっと見る >

東京スポーツ杯2歳Sの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月14日(
ターコイズステークス  G3
2019年12月15日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2019年12月14日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2019年12月15日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る