リリーピュアハート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
リリーピュアハート
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2017年4月14日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 5戦[2-1-1-1]
総賞金2,312万円
収得賞金900万円
英字表記Lily Pure Heart
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
リリーオブザヴァレー
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Pennegale
兄弟 ヴァンキッシュランセントレオナード
前走 2020/05/24 優駿牝馬 G1
次走予定

リリーピュアハートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1861126.469** 牝3 55.0 福永祐一藤原英昭430(-8)2.25.1 0.733.9⑰⑯⑮⑫デアリングタクト
20/04/12 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 10551.913** 牝3 54.0 福永祐一藤原英昭438(0)2.03.8 0.235.1④④④ウインマイティー
20/02/09 東京 9 ゆりかもめ賞 1勝クラス 芝2400 9113.421** 牝3 54.0 福永祐一藤原英昭438(+8)2.27.0 -0.334.2⑤⑤⑥⑦ヴォリアーモ
19/10/26 京都 3 2歳未勝利 芝1800 118111.911** 牝2 54.0 福永祐一藤原英昭430(-2)1.51.4 -0.434.9デルマラッキーガイ
19/08/04 新潟 5 2歳新馬 芝1600 16242.212** 牝2 54.0 戸崎圭太藤原英昭432(--)1.36.0 0.333.5ショコラブリアン

リリーピュアハートの関連ニュース

 お笑いコンビ「かまいたち」のボケ担当、山内健司(39)が、日本ダービー予想に参戦。親交のある福永祐一騎手(43)=栗東・フリー=が騎乗する(5)コントレイルを本命に推した。2年前のダービーでは、福永騎乗のワグネリアンから、ブラストワンピース(5着)に“浮気”。単勝20万円勝負で玉砕した。今度こそ福永騎手を信頼し、リベンジの大当たりを狙う。

 ◇

 競馬は大好きで毎週、全レースの馬券を買っています。世代の頂点を決める日本ダービーは、お笑い界でいえば「M-1グランプリ」。ただ、M-1は(コンビ結成から最大)15回挑戦できますけど、ダービーは一生に1回。期間限定でよりハードルが高い、いわば“スーパーM-1”です。

 本命はコントレイルです。福永騎手と親しくさせていただいていることもあって、デビュー時から応援していた馬。〔3〕枠(5)番の枠を見て、思いが強くなりました。僕もM-1で体験していますけど、当日にいろんな要素がかみ合わないと取ることはできない。力があっても、1つのミスで逃してしまう可能性はある。シビアなレースになると思いますけど、ぜひ王者になってほしいです。

 福永さんとは、知り合って6年ほどになります。(お笑い芸人)ビタミンSのお兄ちゃんが一緒にご飯へ行くときに、誘われたのがきっかけです。それから3人で、毎年のように2~3月に伊勢神宮へ参拝に行っています。最初は何回も落馬した年で、お兄ちゃんが「何か悪いものがついているかもしれん。ご祈祷(きとう)に行こう」と。ダービー必勝祈願も兼ねてね。

 なのに、2年前ですよ。応援していた(福永騎乗の)ワグネリアン皐月賞で7着。ダービーでは「いらん!!」と思って、ブラストワンピースの単勝に20万円ブチ込んだんです。そしたら、直線でブラストの進路が狭くなって…。前にいたのがなんとワグネリアン。福永さんが勝って、3連単は200万円(285万6300円)。いつもワグネリアンの1着固定で買っていたのに「俺、何しとんねん」って…。一番の思い出です。

 コントレイルは、前に行って、直線でもさらに強い、アーモンドアイオークスのような戦い方(道中6番手から上がり最速)を見せてくれるんじゃないですか。〔3〕枠(5)番はお父さんのディープインパクトがダービーを勝ったとき(2005年)と同じ。運命を感じます。後継馬はこの馬だ、とね。気になるのは福永さんがヴィクトリアマイルビーチサンバ9着)、オークスリリーピュアハート9着)と続けて出遅れていること。まぁ、ダービーのために先に出遅れたんやと思っておきます。

 サリオスは前走、内の悪いところを通ったのに、直線ではコントレイルとたたき合いを演じた。2強の図式は変わらないと思います。皐月賞大敗組(ディープボンドビターエンダー)がその後のトライアルを勝っているんだから、(皐月賞の上位2頭を)逆転するのは難しいでしょう。

 ただ、ポジションを取るために脚を使わされるので外枠は厳しい。「内枠にやられてサリオス3着」も想定して、3連単(5)→(12)→(10)(11)(2)(3)(6)(9)、(5)→(10)(11)(2)(3)(6)(9)→(12)で夢を見たいと思います。

【かまいたち山内健司の日本ダービー予想】

◎(5)コントレイル

○(12)サリオス

▲(10)コルテジア

△△(11)ガロアクリーク

△(2)アルジャンナ

△(3)ワーケア

△(6)ヴェルトライゼンデ

△(9)ダーリントンホール

■山内健司(やまうち・けんじ) 1981(昭和56)年1月17日生まれ、39歳。島根県松江市出身。2003年に吉本総合芸能学院(NSC)大阪校に26期生として入学。同期の濱家隆一(はまいえ・りゅういち)と、04年5月に「鎌鼬(かまいたち)」を結成し、ボケ担当。07年にABCお笑い新人グランプリ優勝。08年には上方漫才大賞新人賞を受賞した。09年4月にコンビ名をひらがなに変更。13年ABCお笑いグランプリ優勝。「キングオブコント2017」優勝。「M-1グランプリ」は17年から3年連続で決勝進出。今年4月から初の地上波冠レギュラー番組「かまいたちの机上の空論城」をカンテレで放送中(金曜深夜)。168センチ、63キロ。



日本ダービーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【オークス】レースを終えて…関係者談話 2020年5月25日(月) 04:53

 ◆川田騎手(リアアメリア4着)「久しぶりにこの馬らしいところを出してくれました。これをきっかけに、秋も改めてこの馬らしさを出してくれれば」

 ◆浜中騎手(マジックキャッスル5着)「折り合って直線へ。しまいはいい脚を使ってくれたし、改めて能力を感じました。楽しみです」

 ◆石橋騎手(チェーンオブラブ6着)「能力を引き出すために、折り合いに気をつけた。とにかく走る馬ですよ」

 ◆武豊騎手(ミヤマザクラ7着)「いいポジションでやりたいレースはできたが、少しハミをかんだぶん、伸び切れなかった」

 ◆内田騎手(ホウオウピースフル8着)「ゲートへ行くまでにテンションが高くなる面があるし、現時点ではまだ2400メートルは長いかも」

 ◆福永騎手(リリーピュアハート9着)「スタートでつまずいて、鼻づらが(地面に)つきそうになった。よくこらえてくれたが、あれが全て」

 ◆田辺騎手(マルターズディオサ10着)「きょうはイレ込みがきつかった。落ち着いてくれば」

 ◆レーン騎手(デゼル11着)「能力が高いのは間違いないが、まだ3戦目だしね。最後は脚を見せてくれたが…」

 ◆藤岡康騎手(ウーマンズハート12着)「少し(ハミを)かんだぶん、もうひと伸びができなかった」

 ◆ルメール騎手(サンクテュエール13着)「メンバーが強くて、距離も長く、枠も外でいろいろ大変だった」

 ◆田中勝騎手(フィオリキアリ14着)「流れに乗れたが、直線で(手応えが)グッと来なかった」

 ◆M・デムーロ騎手(クラヴァシュドール15着)「直線に入るときの手応えは抜群だったが…。硬い馬場を気にした感じ」

 ◆柴田大騎手(スマイルカナ16着)「力まずに走れたが、直線では反応できなかった」

 ◆藤井騎手(アブレイズ17着)「道中で少し(ハミを)かんだぶん、最後が甘くなった」

 ◆石川騎手(インターミッション18着)「3コーナーあたりからスタミナがなくなった」



★24日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】オークス2020 徳光さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2020年5月24日() 05:30


※当欄ではオークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連単ボックス
デアリングタクト
リアアメリア
スマイルカナ
マジックキャッスル
ウインマリリン
ワイド1頭軸流し
⑯-①②④⑤⑧⑩⑫⑮

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②クラヴァシュドール
単勝


【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎②クラヴァシュドール
○⑫マジックキャッスル
▲⑰マルターズディオサ
△④デアリングタクト
△⑥リアアメリア

【DAIGO】
◎④デアリングタクト
ワイド
①-④
④-⑩
④-⑯
④-⑥

【田中裕二(爆笑問題)】
◎②クラヴァシュドール
○④デアリングタクト
▲①デゼル
△⑩ミヤマザクラ
△⑬ウーマンズハート
△⑥リアアメリア
△③アブレイズ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
②→①③④⑥⑩⑬

【木梨ノリゾー(木梨憲武)】
◎⑪リリーピュアハート
○①デゼル
▲④デアリングタクト
☆⑩ミヤマザクラ
△②クラヴァシュドール
△⑥リアアメリア
△⑯ウインマリリン
3連単フォーメーション
①⑪→①⑪→②④⑥⑩⑯
3連単ボックス
①④⑪
3連複1頭軸流し
⑪-①②④⑥⑩⑯

【杉本清】
◎④デアリングタクト
○⑯ウインマリリン
▲①デゼル
☆⑩ミヤマザクラ
△⑤ホウオウピースフル
△⑧スマイルカナ
△⑰マルターズディオサ
△⑱サンクテュエール

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑧スマイルカナ

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎①デゼル

【林修】
注目馬
デアリングタクト

【井森美幸】
◎②クラヴァシュドール

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎④デアリングタクト
○②クラヴァシュドール
▲⑪リリーピュアハート
△①デゼル
△⑧スマイルカナ
△⑬ウーマンズハート

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎④デアリングタクト

【中村均(元JRA調教師)】
◎①デゼル

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎④デアリングタクト

【嶋田功(元JRA調教師)】
◎①デゼル

【細江純子(元JRA騎手)】
◎④デアリングタクト
○①デゼル
▲⑬ウーマンズハート
△③アブレイズ
△⑤ホウオウピースフル
△⑧スマイルカナ
△⑪リリーピュアハート
△⑱サンクテュエール

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎④デアリングタクト

【東信二(元JRA騎手)】
◎④デアリングタクト

【橋本マナミ】
◎④デアリングタクト
○⑩ミヤマザクラ
▲①デゼル
△②クラヴァシュドール
△③アブレイズ
△⑤ホウオウピースフル
△⑪リリーピュアハート
△⑱サンクテュエール

【渡辺舞】
◎①デゼル

【横山ルリカ】
◎④デアリングタクト

【黒澤ゆりか】
◎④デアリングタクト

【神部美咲】
◎⑧スマイルカナ
ワイドボックス
クラヴァシュドール
リアアメリア
スマイルカナ
ミヤマザクラ
リリーピュアハート

【松木安太郎】
◎④デアリングタクト
馬連1頭軸流し・3連複1頭軸流し
④-①②⑩⑪⑱

【稲富菜穂】
◎④デアリングタクト
○②クラヴァシュドール
▲①デゼル
△⑩ミヤマザクラ
△⑧スマイルカナ
△⑬ウーマンズハート

【小木茂光】
注目馬
クラヴァシュドール
ホウオウピースフル
ミヤマザクラ
3連単フォーメーション
②⑤⑩→①②④⑤⑦⑩⑪⑯⑰→②⑤⑩

【キャプテン渡辺】
◎⑭フィオリキアリ
ワイド・馬連
⑭-④デアリングタクト

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑱サンクテュエール

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎①デゼル
○⑫マジックキャッスル
▲④デアリングタクト
☆②クラヴァシュドール
△③アブレイズ
△⑤ホウオウピースフル
△⑥リアアメリア
△⑦ウインマイティー
△⑧スマイルカナ
△⑩ミヤマザクラ
△⑪リリーピュアハート
△⑬ウーマンズハート
△⑯ウインマリリン
△⑰マルターズディオサ
△⑱サンクテュエール

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑦ウインマイティー
単勝

3連単フォーメーション
①②④⑩⑪⑯→⑦→①②③④⑤⑥⑧⑩⑪⑬⑯⑰⑱
①②④⑩⑪⑯→①②③④⑤⑥⑧⑩⑪⑬⑯⑰⑱→⑦

【ギャロップ林】
◎②クラヴァシュドール
3連単フォーメーション
②④→②④→①⑥⑧⑩⑪⑯⑰⑱

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑪リリーピュアハート
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→①→②③④⑤⑥⑦⑧⑩⑫⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑥リアアメリア
単勝

3連単2頭軸流しマルチ
⑥→④→①②⑤⑦⑧⑩⑪⑬⑯⑰⑱

【浅越ゴエ】
◎⑩ミヤマザクラ
ワイド1頭軸流し
⑩-④⑤
3連単1頭軸流しマルチ
⑩→②④⑤⑦

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎④デアリングタクト
3連単2頭軸流しマルチ
④→②→①⑤⑥⑦⑩⑯⑱
3連単フォーメーション
④→⑥→①②⑤⑦⑧⑩⑯⑱

【リリー(見取り図)】
◎⑪リリーピュアハート
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→④→②⑤⑥⑦⑯⑱

【浜田順平(カベポスター)】
◎③アブレイズ

【堀川絵美】
◎⑬ウーマンズハート

【清水けんじ(吉本新喜劇)】
◎⑰マルターズディオサ

【船山陽司】
◎⑫マジックキャッスル

【さくまみお】
◎②クラヴァシュドール

【上村彩子】
◎④デアリングタクト

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎②クラヴァシュドール

【大島麻衣】
◎④デアリングタクト

【熊崎晴香(SKE48)】
◎②クラヴァシュドール
○⑤ホウオウピースフル
▲①デゼル
△④デアリングタクト
△⑯ウインマリリン
△⑦ウインマイティー

【皆藤愛子】
◎②クラヴァシュドール

【高田秋】
◎⑪リリーピュアハート

【神谷由香】
◎②クラヴァシュドール

【農海姫夏】
◎①デゼル

【小宮有紗】
◎④デアリングタクト

【大原優乃】
◎④デアリングタクト

【えなこ】
◎④デアリングタクト

【守永真彩】
◎①デゼル
3連複フォーメーション
①-②④⑩-②④⑩⑯⑰⑱

【天童なこ】
◎⑤ホウオウピースフル
○②クラヴァシュドール
▲⑩ミヤマザクラ
☆①デゼル
△④デアリングタクト
△⑧スマイルカナ
△⑫マジックキャッスル
△⑯ウインマリリン

【目黒貴子】
◎①デゼル



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【オークス】最新ナマ情報 2020年5月24日() 04:52

◆輸送無事クリア〔1〕デゼル

 キャリア2戦のディープインパクト産駒は、午後3時40分に到着。前走に続いて東京への輸送を無事にクリアした。「間は詰まっているけど、うまく調整できた。内の経済コースを通って、直線で前があけば」と友道調教師は期待を込める。



◆レースに真面目〔2〕クラヴァシュドール

 桜花賞4着からの逆転戴冠を狙って、午後3時44分に東京競馬場に到着した。「多少、パドックで気持ちが入っているように見えても、レースに対しては真面目です。距離延長にも問題なく対応してくれると思います」と猿橋助手。



◆スタミナに自信〔3〕アブレイズ

 史上最少キャリアでの制覇に照準を定め、23日午後3時44分に東京競馬場へ到着。「デキ落ちにならないように桜花賞をパスし、思惑通りにきている。スタミナ豊富でセンスがある。どこまで粘れるか」と池江調教師。



◆落ち着きも十分〔5〕ホウオウピースフル

 ブラストワンピースの半妹は美浦坂路下の角馬場でダク調整。追い切り後の気配は悪くない。「レース前日の調整としては前回と同じパターン。落ち着きがあってカイバも食べているし、本質的には距離が延びるのもいいと思います」と岩藤助手は好レースを願う。



◆本来の走り戻れば〔6〕リアアメリア

 昨秋のGIIIアルテミスSの勝ち馬は東京競馬場に午後3時44分に到着。「この中間はレースで走ることに気持ちが向くように調整してきました。能力は確かなので、本来の走りが戻れば、と期待したいです」と猿橋助手。



◆瞬発力を信頼〔7〕ウインマイティー

 忘れな草賞の勝ち馬は、午後4時11分に東京競馬場に到着した。五十嵐調教師は「前走で中山に輸送した時もカイバ食いは落ちなかった。内の4、5番手でジッとする競馬になると思う。瞬発力はあるからね」と期待を寄せた。



◆前走よりレベルUP〔8〕スマイルカナ

 美浦北の角馬場でキャンター調整。動きに柔らかみがあり、追い切りの後の状態も良さそうだ。「桜花賞は過酷な馬場を走ったのに、回復力がすごかったですね。前走よりもレベルアップしていると思うので、リズム良く走ってくれれば」と土屋助手。



◆毛づやよく万全〔9〕インターミッション

 美浦角馬場→Wコースを1周。小柄でも毛づやがよく体調面は良好だ。「元気いっぱいだし、この馬なりにいい状態で出せると思います」と平塚助手はデキの良さを強調する。



◆藤原英師2騎自信〔10〕ミヤマザクラ&〔11〕リリーピュアハート

 藤原英厩舎の2頭はともに午後4時11分に決戦の地に着いた。「2頭ともに輸送の経験があるし、能力はともに高いレベルにある。枠も隣同士でいい」と藤原英調教師は期待を寄せる。ミヤマについては「良馬場でやらせたい」と話し、リリーは「自在性のある馬だし、この舞台で勝っている強みを生かしたい」と力を込めた。



◆集中力バッチリ〔12〕マジックキャッスル

 2008年のオークスで8着だったソーマジックの娘は美浦角馬場でキャンター調整。集中力を保ちながら、はつらつとした動きを見せ、雰囲気は良好だ。国枝調教師は「順調でいい感じだね。馬場が悪くならなければいい」と良馬場での戦いを希望する。



◆良馬場で結果を〔13〕ウーマンズハート

 初めての東京競馬場に無事に到着。2006年にカワカミプリンセスで勝って以来のオークス出走となる西浦調教師は、「前走の敗因は道悪。軽い走りをする馬なのでパンパンの馬場で走らせたい。それで結果が出なかったらしようがないね」と楽しみにする。



◆リズムよく走れば〔14〕フィオリキアリ

 抽選を突破し、桜花賞(7着)に続いてクラシックに出走。東京は4戦目で、無事に決戦の地に着いた。「前走は置いていかれて追走に手間がかかったので、1600メートルよりは2400メートルがいい。リズムよく運べれば」と清水久調教師。



◆体調面不安なし〔15〕チェーンオブラブ

 美浦の角馬場で時間をかけてキャンター調整。雰囲気が良く、体調面に不安はなさそうだ。「元気はいいですよ。やれば動くタイプなので、そのあたりを気をつけました。馬に柔らかみもあって、特に気にするところはないです」と八月朔日(ほぞみ)助手。



◆距離延長は歓迎〔16〕ウインマリリン

 スクリーンヒーロー産駒は美浦Bコースをキャンターで1周半。曇り空でも栗毛の体はつやが良く輝いている。「前走を使ってさらに良くなっているし、長い距離がいいと思っていたので、2400メートルに延びるのもいい」と平塚助手は期待を寄せる。



◆前走の疲れなし〔17〕マルターズディオサ

 良馬場で巻き返しを期すキズナ産駒は美浦Wコースを1周半。馬場の外めを大きなフットワークで駆け抜けて体調面に不安はない。「桜花賞はひどい馬場だったけど、今はその疲れも取れている。いい状態で出せそうです」と平塚助手。



◆藤沢和師「いい体」〔18〕サンクテュエール

 桜花賞6着の雪辱を期し、土曜午前6時20分に東京入り。藤沢和調教師は「いい体をしているし、順調だよ。前走は馬場が悪くて動けなかったけど、今回は天気も大丈夫みたいだし、巻き返してほしい」と良馬場で能力全開を望む。

オークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】最新ナマ情報 2020年5月23日() 04:54

◆体重心配なし〔1〕デゼル

 2戦2勝でスイートピーSを制したディープインパクト産駒は、栗東坂路で4ハロン62秒6-16秒2。木曜発表の馬体重は前走から4キロ減の464キロだが、友道調教師は「前走も(事前計量が)同じ数字でレースで増えていたので、今回も前走と同じくらいで出られるんじゃないかな」と話した。



◆桜パスが奏功〔3〕アブレイズ

 2戦2勝のフラワーC勝ち馬は、活気十分に栗東坂路で4ハロン65秒7-15秒4。岩崎助手は「追い切り後もいい感じですよ。体もたくましく見えますね。無理して桜花賞に使わなかったことはいい方に出ていて、万全の態勢だと思います」と力を込めた。



◆輸送こなせば〔4〕デアリングタクト

 無敗の桜花賞馬は、角馬場で体をほぐしてから栗東坂路を4ハロン68秒5で駆け上がった。杉山晴調教師は「いつも通りのメニューで、追い切り後も変わらずにきているのが一番ですね。あとは初めての長距離輸送を無難にこなしてくれれば」と語った。



◆ムード上々〔5〕ホウオウピースフル

 サンスポ賞フローラS2着馬は美浦南Aコースを2周半。ほどよい気合乗りでムードは上々だ。「追い切った後も落ち着いていて順調。枠順もいいんじゃないですか」と大竹調教師。新コンビの内田騎手には「ベテランだし、何かやってくれるはず」と期待を寄せている。



◆昨秋の強さを〔6〕リアアメリア

 昨秋のアルテミスS勝ち馬は、栗東CWコースを流してから坂路を4ハロン63秒9-15秒2で駆け上がった。猿橋助手は「順調に調整できています。勝ったときの強い内容から見ても力があるのは確かです」と反撃を期待する。



◆納得の仕上げ〔7〕ウインマイティー

 忘れな草賞の勝ち馬は、栗東の角馬場でじっくりと体をほぐした。五十嵐調教師は「やることはやったし、ここまで順調に来ている。輸送で幾らか減るだろうから、(木曜発表の馬体重)6キロ増も予定通りです」と満足げ。



◆再び逃げ示唆〔8〕スマイルカナ

 芦毛の桜花賞3着馬は美浦北の角馬場を淡々と周回した。調教後の馬体重は前走から14キロ増で「レースでは前走とそれほど変わらないと思うけど、見た目にはすごく良くなっている。落ち着いていて、いいんじゃないですか。いつも通りの競馬をするだけ」と高橋祥調教師は逃走劇を示唆した。



◆幼さ残るも…〔9〕インターミッション

 前走の馬体重がメンバー中最も軽いスレンダー牝馬は、美浦南Aコースを1周してから坂路で4ハロン65秒3。手塚調教師は「まだ幼さがあって秋には良くなってくると思います。変わりなく順調ですよ」と話した。



◆桜から成長!!〔10〕ミヤマザクラ

 クイーンCを勝った桜花賞5着馬は栗東の角馬場で体をほぐした。木曜発表馬体重は前走から6キロ増の476キロ。「しっかりやってのプラスだからね。レースで減ることはないだろうし、現時点でもこの馬なりに成長している」と田中博助手は好感触を伝えた。



◆理想通りの枠〔11〕リリーピュアハート

 抽選を突破したディープインパクト産駒は、栗東の角馬場で軽く運動してゲートの確認を行った。「具合はいいよ。枠は真ん中で狙いやすい位置。(ミヤマザクラ含めて)2頭ともに輸送は経験値があるからね」と藤原英調教師は話した。



◆デキは上向き〔13〕ウーマンズハート

 新潟2歳Sの覇者は、栗東坂路で4ハロン65秒5。「疲れも取れて状態は上向いている。今思えば新潟2歳Sを勝ったのは大きかった。出ないことにはクラシックのチャンスは無いからね」と西浦調教師はラストオークスに期待を寄せた。



◆輸送問題なし〔14〕フィオリキアリ

 桜花賞7着馬は、栗東の角馬場で軽めの調整。「追い切り後も特に変わりません。輸送は何度も経験しているので問題ないですよ」と清水久調教師は期待を込めた。



◆晴れ予報歓迎〔15〕チェーンオブラブ

 東京で切れ味を生かしたいハーツクライ産駒は美浦南Aコースをゆったりと2周。小笠調教師は「落ち着いていていい状態です。馬場がそれほど悪くならなそうなのもいいですね」と日曜の晴れ予報を歓迎していた。



◆一番いい状態〔16〕ウインマリリン

 サンスポ賞フローラSの勝ち馬は美浦南Aコースを経由して坂路で4ハロン64秒7。気合満点のフォームが印象的だった。「これまでで一番いい状態で使えると思います。馬体重は(前走と同じ)450キロくらいになるでしょう。外枠もジョッキー(横山典騎手)が何とかしてくれるはず」と手塚調教師は前向きに話した。



◆巻き返し意欲〔17〕マルターズディオサ

 桜花賞8着からの反撃を期すチューリップ賞勝ち馬は美浦南Aコースを1周してから坂路4ハロン66秒9。「状態はいいですよ。一線級と勝ったり負けたりを繰り返してきたから、巻き返せる力はあるはず。牝馬同士なら案外、距離はもつ」と手塚調教師は2400メートル克服への見通しを口にした。



◆良馬場を希望〔18〕サンクテュエール

 シンザン記念の勝ち馬は美浦坂路でサッとしまいを伸ばし、4ハロン58秒8-14秒0(馬なり)。「いい感じだったね。前走とは違う(良)馬場で走らせたい。クリストフ(ルメール騎手)がうまく乗ってくれるでしょう」と藤沢和調教師は大外枠にも悠然と構えた。きょう東京競馬場に移動する。



オークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オークス】リリーピュアハート抽選突破「競馬しやすい枠」 2020年5月22日(金) 04:55

 6分の2の抽選を突破したリリーピュアハートは、〔6〕枠(11)番に決定した。藤原英調教師は「まずは抽選に通ってよかった」と第一声だ。1勝クラスとはいえ、メンバー中、ただ1頭この舞台で白星(ゆりかもめ賞)を挙げているのは大きな強み。トレーナーは「自在性がある馬なので、競馬がしやすい枠で良かった」と続けた。1992年以降、連対が1回もない馬番だが、期待は大きい。



オークスの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

リリーピュアハートの関連コラム

閲覧 2,068ビュー コメント 1 ナイス 10



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月24日(日) 東京11R 第81回優駿牝馬オークス) (3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

ウインマリリン(B)中3週
1週前追い切りはモヤで終いしか見ることはできなかったが、しっかり伸びて疲れはなさそうな走り。乗り込み量も多く、引き続き良い状態をキープできている感じ。

クラヴァシュドール(C)中5週
この中間も、2週前に坂路、1週前にCWを長めから併せ馬。1週前の動きを見ると多少首が高く、強く追われることはなかった。輸送を考慮し、大きく馬体を減らしたくないという意図が見え隠れする内容。

スマイルカナ(B)中5週
この中間は乗り込み量豊富で、2週前には馬なりで速い時計。1週前にはモヤで時計は計測されていないものの、映像を見るに強めにビッシリと追ってきた印象で状態は良さそう

デアリングタクト(A)中5週
この中間は輸送を考慮してか、1週前に単走で強めに追われて好時計。毛艶が良く、ガッチリ押さえたまま好時計が出ている。やや硬い感じには映るものの、前走時よりは良くなっているように見えた。

デゼル(B)中2週
未勝利、前走とかなり入念な乗り込みの馬。今回はというと、中2週と間隔が詰まっているが、日曜日にCWを長めから併せて好時計&先着と、調子落ちはなさそう。前走時のパドックで絞れていた馬体は、これ以上大きく減ってしまうとどうかといった印象。再度の東京への輸送があり、その辺りが気になるところ。

ホウオウピースフル(C)中3週
中3週も乗り込み豊富。1週前追い切りは、終いもうひと伸びほしい動きにも見せているが、前走でも似たような感じだったので、それほど大きな変化はなさそう。

ミヤマザクラ(C)中5週
これまで1週前は併せ馬で追い切られてきたが、今回は単走での追い切り。時計は出ているが、これまでとの比較では乗り込み量が少なく、前走時の疲れを取れるのに時間がかかったのかもしれない。


【賞金上位馬】

マルターズディオサ(A)中5週
この中間は美浦での調整に戻り南W、坂路と乗り込み量豊富。1週前追い切りではインターミッションには遅れたものの、ワーケアには先着を果たし、動き良く好時計をマーク。状態は良さそう。

サンクテュエール(C)中5週
前走時は速い時計がかなり出ていてトレセンでの乗り込み本数も多かった馬。この中間は、牧場で調整されてトレセンではそれほど速い時計は出していない。1週前追い切りもモヤで時計は記録されていないが、動き自体はしっかりとした脚取りに映り、出来は悪くなさそう。

アブレイズ(A)中8週
2戦2勝でフラワーカップからの参戦。乗り込み量は豊富で、2週前、1週前とジョッキー騎乗で併せ馬を消化し、ともに好時計で先着。これまでは坂路中心で追い切られてきていたが、この中間はCWでの追い切りに変えてきている。距離を意識した感じのメニューもしっかりと消化し、状態は良さそう。

ウインマイティー(A)中5週
この中間は、前走時以上にしっかりと乗り込まれて2週前、1週前と併せ先着。1週前追い切りでは、大外を回って力強く僚馬をパス。状態は前走時以上に良さそう。

ウーマンズハート(C)中5週
馬体重の増減が激しい馬で、輸送もあるのでこの中間は坂路を馬なりでの調整。1週前追い切りも、これまではCWを併せ馬で追い切られていたが、今回は坂路単走。あまり速くならないように押さえての内容となっていて、気性的な不安を意識しての調整に感じる。

リアアメリア(A)中5週
前走時は、馬体も絞れていて仕上りは良さそうだった。この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りは坂路で素軽い動きを披露。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

マジックキャッスル(D)中5週
前走時は速い時計が多く出ていたが、この中間は軽めの調整が多い。1週前追い切りも、併走相手と比べると走りに勢いがない感じ。小柄な馬なので、これ以上馬体を減らしたくないのかもしれない。

インターミッション(A)中5週
この中間は乗り込み豊富で、1週前追い切りでは南W3頭併せで大外を先行してワーケアマルターズディオサに抜かせない好内容。出来はかなり良さそう。

チェーンオブラブ(D)中5週
この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは先着したもののフラフラするようなところもあり、疲れが抜けるのに時間が掛かったような印象。


【抽選対象馬(2/8)】

フィオリキアリ(E)中5週
今回は1週前追い切りがCWだったが、併せ先着したものの伸び脚が物足りず。

リリーピュアハート(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、モタモタしたところがあり全体に動きが重い感じ。



◇今回はオークス編でした。
先週土曜、5/16 高知12R ファイナルレースで、1週前に10ヶ月休養から復帰の別府真衣騎手が久しぶりの勝利。通算700勝以上と、日本人女性騎手の中でも名古屋の宮下瞳騎手と並びトップクラスの実力をもつ同騎手の復活は、高知競馬にとっても地方競馬にとっても明るいニュースとなりそうです。地方競馬ではたくさんの女性騎手が各地の競馬場で頑張っていますし、JRAではご存知藤田菜七子騎手が女性騎手1人で頑張っています。
その菜七子騎手の師匠である根本調教師と昨年お話をする機会があり、菜七子騎手についてこんなことを語っていました。「たくさん騎乗依頼を頂いて勝てない時期が続くと精神的な疲れが溜まっていく。だから極力、競馬以外の仕事は受けないようにして、競馬に集中させてあげたいんだ」――と。
勝負の世界は男女関係なく、また基本的に負けることが多く、観ている側からでは分からない大変さはあると思いますし、精神的にも苦しい時はあると思います。それでも華やかで夢のある世界であり、多くの人たちを勇気づけたり感動させてくれる存在であることは間違いありません。
今週はオークスが行われますが、中央・地方関係なく、実力のある女性騎手が、桜花賞オークスに騎乗してきて、レースがより一層華やかになる時代というのも見てみたいものです。

それでは次回、東京優駿日本ダービー)編でお会いしましょう。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年5月22日(金) 10:00 覆面ドクター・英
オークス・2020
閲覧 1,835ビュー コメント 0 ナイス 9


ヴィクトリアマイルも的中で今春は乗ってきました。穴で期待のセラピアは取り消しとなってしまいましたが、アーモンドアイはやはり圧倒的に強いし、2着3着もズバリで稼がせてもらいました。
以前は早さが大事かと思って、前週の日曜段階でほぼ仕上げていましたが、意外に(それが普通か・・・)読まれる方の多くは週の後半のようなので、水曜の追い切りまでみてからの原稿のほうが予想精度が上がり、良いようです。
北海道は引き続きコロナの件で、仕事はまだまだ大変ですが、終息したら予想コメントを各レースで入れられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト桜花賞でもレシステンシアをズバッと差し切っての3戦3勝と、全勝のままオークス参戦となる。マイルよりは中距離が元々良さそうなタイプで、ここも当然最有力。エピファネイア産駒は、シンボリクリスエスシーザリオから高い能力を引き継ぎ、また前進気勢を持つためか、思った以上にやれているという印象。正直もっとズブい感じの怠け者が多いのかと思っていたのだが、闘争心豊富で観ていて楽しい(エピファネイア自身は、福永騎手が折り合いを気にするあまり、下げ過ぎて現役時代を終わってしまったが、怯え逃げでなくボス逃げのタイプで、もっと前に行っていれば更に結果残せていたのではと、私自身は考えている馬)。能力が一枚上なので、負けなしでの二冠達成も十分期待できるのでは。

2番人気想定 デゼル:2戦2勝で、ディープインパクト×母がフランスのオークス馬という良血で、かつこの距離に強いトップ厩舎・友道厩舎ということもあるのだが、さすがにちょっと人気先行では、との印象。前走スイートピーSも後方から余裕の差し切りだったとはいえ、相手が正直かなり弱かった。先々楽しみではあるが、この段階でこの人気で、上りの速さに飛びつくのはちょっと早計では。

3番人気想定 クラヴァシュドール:阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着と世代上位の力はあるが、成長力がいまひとつな感じもあるし、ハーツクライ産駒だからといって距離延長がそう良さそうにも思えず。この人気だと妙味はなく、微妙な扱いの馬か。

4番人気想定 ミヤマザクラ:京都2歳Sで2着、クイーンC勝ち、桜花賞は5着止まりだったが、ポポカテペトルマウントロブソンの下のおなじみの芦毛馬。距離延長は当然良さそうなのだが、晩成血統で完成は先か。春時点だと、まだ物足りない走りのままかも。

5番人気想定 サンクテュエール:アルテミスS2着、シンザン記念勝ちの実績。前走の桜花賞6着は藤沢和厩舎の苦手な道悪ととることもできるが、この厩舎らしくマイル以下ベストと思われる。桜花賞でも終い止まっただけに、オークス向きとは感じない。

6番人気想定 リアアメリア:昨秋はアルテミスSを勝ったが阪神JF6着、桜花賞10着と成績は下降気味。アルテミスS勝ちの頃は世代トップレベル評価だったが、気難しさを増してきており、掛かる面もあってこの距離は向かない。

7番人気想定 ウインマリリン:4戦3勝で前走はフローラSを勝っての参戦。スクリーンヒーロー×フサイチペガサスと、地味だが能力を秘めそうな配合で、距離延長もそう苦にしないのでは。3勝すべてをあげている横山武騎手が騎乗停止で、父に乗り替わるのもいまやマイナスに思えるが・・・・・・。

8番人気想定 マルターズディオサ:阪神JF2着、チューリップ賞勝ちと人気以上に走ったが桜花賞は8着止まり。思っていた以上にスタミナ型に出ることが多いキズナ産駒だけに、この距離延長はプラスに出る可能性があり、穴にはいいのでは。

9番人気想定 ホウオウピースフルブラストワンピースの半妹で、フローラS2着とようやく上昇してきた。距離をこなす力もありそうで、穴で楽しみ。

10番人気以下想定
スマイルカナ:フェアリーS勝ち、桜花賞でも道悪で差しにくい馬場状態を生かして3着と粘り込んだ。ただ、東京の長い直線を粘り込めるだけの力はなさそう。

リリーピュアハート:早い時期から福永騎手がこの馬でオークスに行きたいと言っていたように、母父ガリレオでもあり距離適性十分。同じ東京2400mのゆりかもめ賞勝ちもあり、前走の忘れな草賞3着は距離不足か(笑) 前走で権利をとれずだが、抽選を通って出てくるようならヒモで買いたい馬。(→出走確定)

アブレイズ:2戦2勝でフラワーC勝ち。約2ヶ月空いたキズナ×ジャングルポケットのスタミナ配合で、状態さえ良ければ穴で狙えるか。

マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックという、それなりの活躍は手堅い血統だが……。ファンタジーS2着、クイーンC2着と頑張ってきたが、桜花賞は12着とトップレベルとは少し差がある感じ。デビュー戦が福島1200mだったように、2400m向きではない。

ウインマイティーゴールドシップ産駒らしく距離延長の忘れな草賞を勝ち、重馬場巧者であることも示した。この距離は更に良さそう。道悪での穴候補か。

ウーマンズハート:昨夏の新潟2歳S勝ちの頃は期待されていたのだが、阪神JF4着、チューリップ賞6着、桜花賞16着とトップとは離される一方。晩成と思われているハーツクライ産駒でも、早い時期から活躍する反面、やる気を無くしてしまう(気性の問題で尻すぼみになる)、結果的には早熟に映る馬も結構いて、そのタイプに思える。

チェーンオブラブ:フェアリーS2着がオープンでは最高着順で、チューリップ賞9着、桜花賞14着と厳しそう。

フィオリキアリ桜花賞でのめりながらも最後方から7着まで押し上げてきて、キズナ産駒らしくこの距離になるのはいいのかも。

インターミッション:アネモネS勝ちで臨んだ桜花賞が13番人気14着と、まだ上とは差がある状況。



<まとめ>
最有力:デアリングタクト

ヒモに:ミヤマザクラウインマリリン

穴で:マルターズディオサリリーピュアハートアブレイズホウオウピースフル

[もっと見る]

2019年7月3日(水) 11:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第6回早期デビューの未出走馬~
閲覧 3,099ビュー コメント 0 ナイス 2

 早くも開幕から1か月が経過した「ウマニティPOG 2019」。JRAでは先週までに362頭の馬がデビューを果たし、32頭が新馬を、7頭が未勝利を勝ち上がりました。今後は7月20日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)、7月21日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を皮切りに、重賞やオープン特別のレースも施行されるようになります。

 もちろん、まだゲームとしては序盤の段階ですし、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはだいぶ先。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるのが「ウマニティPOG」ならではの醍醐味です。ただ、既にクラシック戦線での活躍を期待されるような評判馬が勝ち上がっているうえ、2勝目を目指す馬が増えてくる今後は、入札の状況にもいろいろな変化があるはず。相応の対策を踏まえたうえで戦略を練るべきでしょう。

 入札の参考にしていただくべく、今回はデビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月1日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月1日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2019/07/02 00:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2019/07/02 00:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

ギルデッドミラー(牝 父オルフェーヴル/母タイタンクイーン 松永幹夫厩舎) ※35位
オーソリティ(牡 父オルフェーヴル/母ロザリンド 木村哲也厩舎) ※83位
ルリアン(牡 父キズナ/母フレンチバレリーナ 佐々木晶三厩舎) ※56位
ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
ゴールドティア(牝 父キングカメハメハ/母ヒストリックスター 池添学厩舎) ※39位
ヒートオンビート(牡 父キングカメハメハ/母マルセリーナ 松田国英厩舎) ※72位
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位
サトノゴールド(牡 父ゴールドシップ/母マイジェン 須貝尚介厩舎) ※73位
ヴェルテックス(牡 父ジャスタウェイ/母シーイズトウショウ 厩舎未登録) ※47位
ヴァーダイト(牡 父ディープインパクト/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※58位
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位
リズムオブラヴ(牝 父ディープインパクト/母ミュージカルウェイ 藤原英昭厩舎) ※18位
タイミングハート(牡 父ディープインパクト/母リッスン 武幸四郎厩舎) ※85位
ダノングロワール(牡 父ハーツクライ/母ソーメニーウェイズ 国枝栄厩舎) ※70位
マイラプソディ(牡 父ハーツクライ/母テディーズプロミス 友道康夫厩舎) ※32位
ヴァンタブラック(牡 父ブラックタイド/母プチノワール 須貝尚介厩舎) ※25位
エレガントチャーム(牝 父ルーラーシップ/母オリエントチャーム 菊沢隆徳厩舎) ※65位
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位

 ほぼ同様の方法でピックアップした昨年の一覧には、カテドラルクラージュゲリエコントラチェックシェーングランツダノンチェイサーあたりがいました。3回東京や3回阪神でデビューする評判馬はどうしても注目を集めてしまいますが、現5歳世代のソウルスターリング、現4歳世代のワグネリアンなど、この時期にデビューした活躍馬もたくさんいます。
 なお、ヴェルテックスシーイズトウショウの2017)はまだJRAに登録されていないものの、この馬はシルクレーシングの所属馬で、池江泰寿厩舎に入厩予定とのこと。6月末から栗東の坂路に入っていますので、近いうちに登録されるでしょう。血統からも非常に楽しみな一頭です。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬をピックアップしてみました。
 気になるディープインパクト産駒は下記の通り。

レイドバックライフ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングライフ 矢作芳人厩舎)
オムニプレゼンス(牝 父ディープインパクト/母ヴァレリカ 国枝栄厩舎)
スマイルカナ(牝 父ディープインパクト/母エーシンクールディ 高橋祥泰厩舎)
サマービート(牡 父ディープインパクト/母オータムメロディー 藤原英昭厩舎)
サトノパシュート(牡 父ディープインパクト/母キャンディネバダ 厩舎未登録)
ヴァーダイト(牡 父ディープインパクト/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※58位
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位
サクラジマテソーロ(牡 父ディープインパクト/母ステラマドレード 田中博康厩舎)
ソフトフルート(牝 父ディープインパクト/母ストロベリーフェア 厩舎未登録)
マジックキャッスル(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 国枝栄厩舎)
ディープキング(牡 父ディープインパクト/母ダリシア 藤原英昭厩舎)
ゴールデンレシオ(牡 父ディープインパクト/母ディヴィナプレシオーサ 国枝栄厩舎)
ブラックマジック(牡 父ディープインパクト/母ナイトマジック 戸田博文厩舎)
シャドウブロッサム(牝 父ディープインパクト/母ヒアトゥウィン 厩舎未登録)
ジュヌヴィエーブ(牝 父ディープインパクト/母プラスヴァンドーム 中内田充正厩舎)
アトリビュート(牝 父ディープインパクト/母ブラックエンブレム 高野友和厩舎)
イースセティクス(牝 父ディープインパクト/母プリティカリーナ 萩原清厩舎)
ブルーミングスカイ(牡 父ディープインパクト/母ブルーミンバー 角居勝彦厩舎)
サンデーミラージュ(牡 父ディープインパクト/母ミセスリンゼイ 宮本博厩舎)
リズムオブラヴ(牝 父ディープインパクト/母ミュージカルウェイ 藤原英昭厩舎) ※18位
マテンロウディーバ(牝 父ディープインパクト/母ライトニングパール 厩舎未登録)
タイミングハート(牡 父ディープインパクト/母リッスン 武幸四郎厩舎) ※85位
リリーピュアハート(牝 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 藤原英昭厩舎)
ランクリッツ(牝 父ディープインパクト/母レインボーダリア 浅見秀一厩舎)
マンドゥ(牡 父ディープインパクト/母レディジョアン 加藤征弘厩舎)

 現在の日本競馬界を代表する種牡馬ということもあり、当然ながら入厩先もなかなか豪華なラインナップになっています。いわゆる“POG本”などで大きく取り上げられた馬もいますが、この中から穴っぽいところを狙ってみても面白そうです。

 ノーザンファームの生産馬はかなり多かったので、ディープインパクト以外の有力種牡馬、すなわちキングカメハメハダイワメジャーロードカナロアの産駒のみをご覧いただきましょう。

ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
ゴールドティア(牝 父キングカメハメハ/母ヒストリックスター 池添学厩舎) ※39位
コスミックエナジー(牝 父キングカメハメハ/母ミクロコスモス 高野友和厩舎)
ミアマンテ(牝 父キングカメハメハ/母ミスエーニョ 木村哲也厩舎)
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位
ペールエール(牡 父ダイワメジャー/母アピール2 安田隆行厩舎)
シャレード(牝 父ダイワメジャー/母ヴィヤダーナ 藤原英昭厩舎)
ショコラブリアン(牝 父ダイワメジャー/母カトマンドゥ 尾関知人厩舎)
ミュアウッズ(牝 父ダイワメジャー/母カリフォルニアネクター 尾関知人厩舎)
キャルハーフムーン(牡 父ダイワメジャー/母フィエラメンテ 萩原清厩舎)
フォーテ(牡 父ロードカナロア/母エノラ 藤原英昭厩舎)
サトノヴィーナス(牝 父ロードカナロア/母サトノユリア 平田修厩舎)
ビオグラフィー(牝 父ロードカナロア/母チアズメッセージ 藤岡健一厩舎)
ラフマニノフ(牡 父ロードカナロア/母ハッピーテレサ 石坂正厩舎)
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位
エルサフィーロ(牡 父ロードカナロア/母ローガンサファイア 厩舎未登録)

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みでした。

池江泰寿調教師>
レザネフォール(牡 父キングカメハメハ/母ラナンキュラス 池江泰寿厩舎)
レーヴドゥロワ(牡 父キングカメハメハ/母レーヴディソール 池江泰寿厩舎) ※22位

藤沢和雄調教師>
スパングルドスター(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※42位

中内田充正調教師>
ノクターンノーツ(牝 父Medaglia d'Oro/母サマーソワレ 中内田充正厩舎)
フリークアウト(牝 父キンシャサノキセキ/母ラスティックフレイム 中内田充正厩舎)
ジュヌヴィエーブ(牝 父ディープインパクト/母プラスヴァンドーム 中内田充正厩舎)
クラヴァシュドール(牝 父ハーツクライ/母パスオブドリームズ 中内田充正厩舎)
ヴァリッドブラック(牡 父ブラックタイド/母ヴァリディオル 中内田充正厩舎)

友道康夫調教師>
ジュンライトボルト(牡 父キングカメハメハ/母スペシャルグルーヴ 友道康夫厩舎) ※20位
マイラプソディ(牡 父ハーツクライ/母テディーズプロミス 友道康夫厩舎) ※32位
アドマイヤリゲル(牡 父ハービンジャー/母アドマイヤキュート 友道康夫厩舎)

角居勝彦調教師>
ヴェニュセマース(牝 父Siyouni/母スターズアンドクラウズ 角居勝彦厩舎)
ブルーミングスカイ(牡 父ディープインパクト/母ブルーミンバー 角居勝彦厩舎)

堀宣行調教師>
ヒシエレガンス(牡 父ハービンジャー/母ヴェルザンディ 堀宣行厩舎)
ヴィクターバローズ(牡 父ロードカナロア/母モスカートローザ 堀宣行厩舎) ※53位

 中内田充正厩舎はまだJRAの2歳戦を1回しか使っていませんが、ここからデビューラッシュとなりそう。しっかり注目しておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

リリーピュアハートの口コミ


口コミ一覧

My POG2019~2020結果

 ジュン☆彡 2020年6月3日(水) 00:47

閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 5

所属ワールド  オープン
所属ランキング 40位/12732人中
総合ランキング 183位
獲得賞金    3億4006.5万円
POGポイント  3億4072万PP
所有ポイント  102,744P
仮想オーナー馬 15頭/15頭
活躍馬     サリオス
総出資PP    4億6460万PP
最高落札価格  9540万PP
落札率     15/23(65%)
総成績     54戦8勝
勝率      14.8%
勝ち上がり率  40.0%
投資回収率   73.2%


🎠仮想オーナー馬🐎

①サリオス 牡3
厩舎:堀宣行 [美浦]
落札後成績:4戦2勝
(落札前成績:1戦1勝)
前走:東京優駿 G1
05/31 東京11R 2着
獲得賞金:1億6,010万円
落札価格:7400万PP

②タイセイビジョン 牡3
厩舎:西村真幸 [栗東]
落札後成績:5戦2勝
(落札前成績:1戦1勝)
前走:NHKマイル G1
05/10 東京11R 4着
獲得賞金:9,390万円
落札価格:2500万PP

③ワーケア 牡3
厩舎:手塚貴久 [美浦]
落札後成績:4戦1勝
(落札前成績:1戦1勝)
前走:東京優駿 G1
05/31 東京11R 8着
獲得賞金:4,110万円
落札価格:4070万PP

④リリーピュアハート 牝3
厩舎:藤原英昭 [栗東]
落札後成績:3戦1勝
(落札前成績:2戦1勝)
前走:優駿牝馬 G1
05/24 東京11R 9着
獲得賞金:1,147万円
落札価格:9400万PP

⑤🌟ミツカネプリンス 牡3
厩舎:鈴木伸尋 [美浦]
落札後成績:6戦1勝
前走:3歳1勝クラス
04/04 阪神05R 9着
獲得賞金:1,039万円
落札価格:250万PP

⑥レッドブロンクス 牡3
厩舎:石坂正 [栗東]
落札後成績:6戦1勝
(落札前成績:1戦0勝)
前走:3歳1勝クラス
04/26 京都06R 8着
獲得賞金:656万円
落札価格:2500万PP

⑦メメントモリ 牝3
厩舎:池添学 [栗東]
落札後成績:5戦0勝
(落札前成績:3戦1勝)
前走:3歳1勝クラス
05/31 京都06R 7着
獲得賞金:598万円
落札価格:2000万PP

⑧シャドウブロッサム 牝3
厩舎:藤岡健一 [栗東]
落札後成績:5戦0勝
(落札前成績:3戦1勝)
前走:3歳1勝クラス
05/31 京都06R 3着
獲得賞金:416万円
落札価格:9540万PP

⑨カイトレッド 牝3
厩舎:和田雄二 [美浦]
落札後成績:5戦0勝
(落札前成績:1戦1勝)
前走:アネモネS (L)
03/15 中山11R 9着
獲得賞金:220万円
落札価格:120万PP

⑩ピンクレガシー 牝3
厩舎:藤岡健一 [栗東]
落札後成績:2戦0勝
前走:3歳未勝利
03/20 阪神06R 9着
獲得賞金:150万円
落札価格:500万PP

⑪ケイアイリア 牡3
厩舎:平田修 [栗東]
落札後成績:4戦0勝
前走:3歳未勝利
04/12 阪神03R 16着
獲得賞金:120万円
落札価格:600万PP

⑫🌟オメガレイスター 牝3
厩舎:上原博之 [美浦]
落札後成績:3戦0勝
前走:3歳未勝利
05/09 東京05R 13着
獲得賞金:90万円
落札価格:200万PP

⑬ルリエーヴル 牝3
厩舎:松永幹夫 [栗東]
落札後成績:1戦0勝
前走:3歳未勝利
03/20 阪神06R 13着
獲得賞金:30万円
落札価格:6000万PP

⑭アロハヌイロア 牝3
厩舎:角居勝彦 [栗東]
落札後成績:1戦0勝
前走:3歳未勝利
04/04 阪神04R 6着
獲得賞金:30万円
落札価格:500万PP

⑮クリアサウンド 牝3
厩舎:杉山晴紀 [栗東]
落札後成績:0戦0勝
(落札前成績:3戦1勝)
前走:ファンタジー G3
11/02 京都11R 3着
獲得賞金:0万円
落札価格:880万PP

※獲得賞金順に表示 
🌟は筆頭オーナー

💬今週からの『🏆POG2020~2021🏁』も
 サリオス、タイセイビジョン級を
 なんとか指名できたらいいなぁ~😁
 まぁ獲得賞金が落札価格を大幅⤴に
 上回ってくれたらいいんですけど~💸
   

 フルふる 2020年5月26日(火) 08:33
【ワイド5,740円&1,750円的中】2020年5月24日 東京11R 優駿牝...
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 12

▲ウインマイティーが3着に入り、ワイド5,740円&1,750円が的中しました。たくさんの「ナイス」ありがとうございました。

桜花賞馬デアリングタクトが抜けた1番人気。2戦2勝のデゼルが2番人気、その後に桜花賞上位馬が続くという人気構成でした。

桜花賞とオークスでは距離の差が大きく、距離適性を見極めるのが課題とされていますが、桜花賞を差して勝った馬はオークスでも超高確率で好走します。惨敗した馬は記憶にありません。特に強い勝ち方をしたデアリングタクトに逆転できそうな馬は桜花賞組からは思い浮かびませんでした。

フローラSと忘れな草賞は残念桜花賞の性格が強いにも関わらず、過去に何度もオークス馬を排出しています。3歳牝馬にとってそれまで2000mを超えるオープン競走が皆無なので、距離が伸びてこその馬たちが結果を出してこれなかったことが要因だと思います。今年は4頭が出走して揃いも揃って人気を落としているので、これらの距離適性に賭けたほうが懸命だと判断しました。ウインマリリンは予想時の推定オッズ20倍がギリギリで旨味を感じなかったので、その他の3頭を買いました。

レースではスタートでリリーピュアハートが躓いてテンション下がりましたが、ウインマイティーが見せ場十分のレースで3着に入ってくれました。残り200では勝ったと思いました。悔しいです。切ったウインマリリンが2着に入ったのですが、最終オッズを見たら28倍になっていたので買えば良かったです。

https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=767802381a&race_id=2020052405021011

[もっと見る]

 ジュン☆彡 2020年5月24日() 16:13
で❔ウインウイン🎵(2020オークス)
閲覧 364ビュー コメント 2 ナイス 9

1着④デアリングタクト○
2着⑯ウインマリリン△
3着⑦ウインマイティー

🎠今週のMy POG馬・レース結果🐎
9着⑪リリーピュアハート◎

💬『ウイン・ウイン』か
 (ウインマリリン)
 (ウインマイティー)
 『デ・デ』はあると
 (デアリングタクト)
 (デゼル)
 思ったけど買ってなかった~🙍
 リリーピュアハート❤ですが
 まぁ抽選馬のワリには
 頑張ったってトコかなぁ~😅💦
 6番人気だったけどね~ヽ(゚Д゚)ノ
 来週の日本ダービー(G1👑)は
 My POG馬大将格
 サリオス&ワーケアに
 期待しよう~💃o(^o^)o💃
      

[もっと見る]

⇒もっと見る

リリーピュアハートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

リリーピュアハートの写真

リリーピュアハート

リリーピュアハートの厩舎情報 VIP

2020年5月24日優駿牝馬 G19着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リリーピュアハートの取材メモ VIP

2020年5月24日 優駿牝馬 G1 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。